スイス・ポリシー・リサーチビッグテック・SNS抵抗戦略・抵抗運動

Googleから逃れる方法
How to escape Google

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

swprs.org/how-to-escape-google/

2019年の米国検索エンジン市場 (SparkToro)

更新日2022年3月

公開。2021年12月

シェアするTG/TW/FB

インターネットユーザーの94%は何もわからないと回答しているか?

Google検索は、米国のオンライン検索市場で約70%のシェアを持ち、Google画像、Googleマップ、Google傘下のYouTubeを加えると94%にもなる(上図参照)。

もし、あなたがこの94%に属しているならば、悪い知らせがある。

米国の有名なポッドキャスターが最近発見したように、Googleは確かにユーザーから「情報を隠している」これは実は年も前から知られていたことだが、コロナウイルスの大流行で特に明白かつ深刻になった。

実際、Googleによる検閲はひどくなっており、現在、先進的なインターネットユーザーは、実際に何かを検索するためではなく、現在の検閲の程度をモニタリングするために主にGoogleを利用している。

注目すべきは、Googleの検閲は、検索結果だけでなく、検索候補にまで影響を及ぼすということだ。つまり、Googleは、まず検索する対象を操作し、次に得られる結果をさらに操作している。米国の研究者ロバート・エプスタイン博士は、これをSEMESearch Engine Manipulation Effect)と名付けた。この効果は、実際に試してみる価値がある(下記参照)。

Googleは何を隠しているのか?一言で言えば、「権威のない情報源」を隠している。言い換えれば、権力者たちがあなたに知られたくない、あるいは考えもしたくないことを隠している。

これは、Googleが当初、「情報の優位性を保持する」ために、米国の情報機関と軍隊が資金を提供し、支援する研究・新興プロジェクトであったことを考えると、それほど驚くべきことではない。

本質的に、Google検索はオンライン刑務所図書館になっているのだ。

幸いなことに、Google検索には、思ったほど多くはないものの、いくつかの代替手段が存在する。実際、Google検索の本当の代替品は、現在2つしかない。

この2つの選択肢は、マイクロソフトのBingと ロシアのYandexである。

独占企業であるマイクロソフトとロシアのプロバイダーであるヤンデックスが、多かれ少なかれ検閲のない検索結果を提供していることは、いささか皮肉なことであり、両者ともそれなりの理由があるのだろう。しかし、これらは現在、Googleに代わる唯一の現実的な選択肢なのである。

しかし、他の多くの独立した検索エンジンはどうだろうか?実は、そのほとんどは、GoogleやBingが提供する結果に依存しているだけで、独立した検索エンジンでも、実際の検索エンジンでもない。

例えば、StartpageはGoogleの検索結果を提供しているに過ぎない。

DuckDuckGo、Yahoo、Qwant、Ecosia、Swisscows、MetaGerなどの検索エンジンは、主にMicrosoftBingに依存しているが、中には他の文脈情報源や重要なプライバシー機能を追加しているものもあるかもしれない。しかし、ほとんどの検索で、あなたは単にBingの結果を得ることができる。

もし、マイクロソフトのBingが、ある日、Googleのような検閲を適用することになったら(あるいは、そうせざるを得なくなったら)、洗練された西側のインターネットユーザーは、ロシアのYandexに頼るか、最終的に独立した、本物の、検閲のない検索エンジンを作らなければならなくなるだろう。(以下の更新を参照)

そうでなければ、インターネットは文字通り、かなり暗い場所になってしまうだろう。

もうひとつ、YouTube。YouTubeもGoogleに属している(2006年から)。

そのため、「物議を醸す話題」に関するYouTube動画を探すのはますます難しくなっている。多くの場合、探しているものはすでにYouTubeによって削除されているかもしれないが、そうでない場合でも、検閲の厳しいYouTubeの検索結果やおすすめには表示されない可能性がある。

その代わり、YouTubeの動画を独自にインデックス化しているBingをベースとした代替検索エンジンを使い、「site:youtube.com」を追加してトピックを検索する必要があるのだ。

あるいは、Odysee、Bitchute、Rumble、Brighteon、DTube、あるいはArchive.orgなど、最初から別のビデオプラットフォームを使用するのもよいだろう。

独立した映像制作者も、こうした代替プラットフォームに移行せざるを得なくなっている。現在、YouTubeで映像を制作することは、水辺に砂の城を建てるようなものだからだ。

オンライン・メディア・ソース、検索エンジン、広告ブロッカー、ペイウォールの回避、検閲について詳しく知りたい方は、「オンライン・メディアの高度な利用法」を見てほしい。9つの提言」を見てほしい。

更新情報

2021年6月、米国の独立系ブラウザ開発会社ブレイブは、独自の検索インデックスを作成・利用する検索エンジン「ブレイブサーチ」のベータ版を公開した。

2004年に設立された英国の検索エンジンMojeekも、現在約40億ページの独立した検索インデックスを構築している。

スイスのメタ検索エンジンeToolsは、Google、Bing、Yandex、Brave、Mojeekの検索結果を組み合わせている。

さらに、2020年末には、中国のテクノロジー企業であるファーウェイが、米国の中国企業に対する制裁に対抗して、独自の検索エンジン「ペタルサーチ」を立ち上げた。

2022年3月、Google、Microsoft Bing、DuckDuckGoは、ロシアに関連する複数のウェブサイトを検索結果から削除またはランクダウンさせると発表した。このように、オンライン検索エンジン市場は、ますます地政学的な戦場となりつつあるようだ。

比較する1)Google2)Bing3)Yandex4)Mojeek5)Brave6)Petal7)eTools

GoogleとYandexの比較

ロシアのYandexは、Googleとは逆の方法で検索候補を操作しているようだ。例えば、「Pfizer vaccine」と検索すると、現在最初の検索候補は「Pfizer vaccine deaths」と「Pfizer vaccine side effects」の2つである。一方、Googleでは、「Pfizer vaccine」は、「near me」、「booster」、「FDA approval」、「for kids」、「efficacy」などに自動補完されているようだ。

「ファイザーワクチン」ヤンデックス vs. グーグル

GoogleとBingの比較

コロナウイルス:「計画的パンデミック」 (Bing)か「計画ツール」 (Google)か?

コロナウイルスGoogleとBingの比較

文学

ビデオGoogleとBingの比較

GoogleとBingの違いに関する「ミームまとめ」(2019)

こちらも見てほしい

 

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました