西側諸国はいかにしてウクライナに戦争を持ち込んだか
How the West Brought War to Ukraine

ロシア・ウクライナ戦争社会問題

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

How the West Brought War to Ukraine

目次

  • 『西側諸国はいかにしてウクライナに戦争を持ち込んだか』への賛辞
  • タイトルページ
  • 著作権について
  • 謝辞
  • 目次
  • 概要
  • はじめに 物語が戦争を推進する理由
  • 1. 欧米の挑発行為 1990-2014
  • 2. 欧米の挑発行為 2014-2022
  • 3.もう一方の足に靴を履かせる
  • 4. 米国の先制攻撃に対するロシアの懸念
  • 5. NATOの拡大に警鐘を鳴らす政策専門家たち
  • 6. ロシア恐怖症の政策立案者は過去の過ちを二転三転させる
  • 7. 過度に悲観的なシナリオは自己実現的な予言になるか?
  • 8. 反実仮想の歴史と結論
  • 引用文献
  • 索引
  • 著者について

賛辞

西側諸国はいかにしてウクライナに戦争を持ち込んだのか?

「非常によくできていて、非常に合理的だ。もっとよく知られるべき資料をレビューしている」

-ノーム・チョムスキー(マサチューセッツ工科大学名誉教授、アリゾナ大学言語学桂冠教授

「この本は素晴らしい小著であり、緊張感のある文章で論理的に構成されており、読みやすく、説得力があるが適切に注意喚起されている。ウクライナで激化する戦争を引き起こした傾向と出来事に関する貴重な入門書である。本書に記された歴史を理解せずして、欧州東部国境における米露の対立の緩和はありえないだろう」

-チャス・フリーマン(前国防次官補 国際安全保障問題担当)、『Arts of Power: Statecraft and Diplomacy(権力の芸術:国務と外交)』著者

「米国とNATOのウクライナへの軍事的関与が生み出した危険について、素晴らしく、驚くほど簡潔な説明である。アメリカとヨーロッパの安全保障について合理的かつ責任を持って考えることができるすべての市民が読み、熟考する必要がある。

-ジャック・F・マトロック・ジュニア、1987-1991年駐ソ連米国大使、『超大国の幻想』著者

「米国の国家安全保障とヨーロッパの平和を憂う者にとって、本書は必読の書である」

-ダグラス・マクレガー(米陸軍大佐(退役)、『Margin of Victor』の著者、イラクの73イースティングの戦いでの武勲、SHAPE(連合国欧州最高司令部)のNATO統合作戦センター長を歴任。

ウクライナの惨事の真の原因を理解することに興味がある人にとって、『西側諸国はいかにしてウクライナに戦争を持ち込んだか』は必読書である。プーチンではなく、米国とNATOの同盟国が主犯であることを、アベローは明確かつ説得力のある形で証明している。

-ジョン・J・ミアシャイマー(『大国政治の悲劇』の著者、シカゴ大学R・ウェンデル・ハリソン政治学特別教授)。

「簡潔でありながら、包括的でわかりやすい概説書である。ヨーロッパに再び戦争が起こった経緯を理解する上で、貴重な資料である。ベンジャミン・アベローは、ウクライナの危機が予測可能であり、予見されていたこと、そして回避可能であったことを実証している」

-リチャード・サクワ(『フロントライン・ウクライナ』『プーチン・パラドックス』の著者、ケント大学ロシア・ヨーロッパ政治学教授)

「ベン・アベローは、誤ったシナリオを越えて、ウクライナ危機の真実へと私たちを導いてくれる」

-エール大学シニア・グローバル・ジャスティス・フェロー、米露協調のためのアメリカ委員会ディレクター。

「米国・NATOとロシアの間のウクライナ代理戦争において、私たちは人類文明を終わらせかねない核のエスカレーションの脅威に直面している。アベローの本は、この脅威と、ソ連崩壊後30年経ってなぜこの脅威が再び現れたのかを理解したいすべての人にとって必読の書である」-ギルバート・ドクトロー(作家

ギルバート・ドクトロウ (Memoirs of a Russianistの著者、ブリュッセル連合国欧州本部を拠点とする歴史家、独立系ロシア専門家)

タイトル:How the West brought war to Ukraine : Understanding how U.S. and NATO policies led to crisis, war, and the risk of nuclear catastrophe / Benjamin Abelow

Subjects LCSH:ウクライナ紛争(2014年~)|米国-外交関係-ロシア(連邦)|北大西洋条約機構。| 北大西洋条約機構 (NATO)-ウクライナ | 欧州-対外関係-ロシア(連邦)-21世紀. | 西側諸国-対外関係-ロシア(連邦)-21世紀. | 国家安全保障-ヨーロッパ | 国家安全保障-アメリカ | 安全保障-ヨーロッパ. | 安全保障-国際-ヨーロッパ-歴史-21世紀 | キューバ・ミサイル危機(1962)。| 南オセチア紛争(2008年 | 核軍備管理 | 核危機管理 | 核戦争 | 地政学 | バルト三国 戦略的側面 | 世界政治 | 国際関係論 | 政治学 | BISAC: 歴史/戦争と紛争/一般。| 政治科学/国際関係/一般。| 政治科学/安全保障(国内・国際)|政治科学/世界/ロシア・旧ソビエト連邦。

謝辞

技術的な質問に答えてくれたり、以前の草稿にコメントをくれたり、その他の種類の手助けをしてくれた、Brennan Deveraux少佐、Jay R. Feierman, Richard Sakwa, Gilbert Doctorow, George Goss, Viktoryia Baum, Pam Auerbach, Mark McCarty, John Hayden, Alex Tabarrok, Adam Abelow, Kimberly Peticolas そして Jonathan Rubinに感謝を述べたい。ここに名前を記載することは、本書で述べられている考えを支持することを意味するものではない。すべての見解、および事実、解釈、判断の誤りは、著者が単独で責任を負うものである。

概要

1823年のモンロー・ドクトリンの策定以来、米国は200年近くにわたり、西半球のほぼ全域に対して安全保障上の権利を主張してきた。米国領土の近くに軍隊を配置する外国は、それがレッドラインを越えていることを認識している。このように、米国の政策は、潜在的な敵対国がどこに軍隊を置くかが決定的に重要であるという信念を具現化している。実際、この信念は米国の外交・軍事政策の基礎であり、これに違反することは戦争の理由とされる。

しかし、ロシアに関しては、米国とNATOの同盟国は、この同じ原則を何十年にもわたって無視して行動してきた。ロシアに向けた軍事力の配置を、その国境にまで進めてきた。その際、ロシアの指導者がこの前進をどう受け止めるかについて十分な注意を払わず、時には冷淡に無視した。もしロシアが米国の領土に対して同等の行動、例えばカナダやメキシコに軍を配置したならば、ワシントンは戦争に突入し、外国勢力の軍事的侵攻に対する防衛的対応としてその戦争を正当化したであろう。

このような観点から見ると、ロシアのウクライナ侵攻は、悪意あるロシア指導者の野放図な拡張主義ではなく、誤った西側政策に対する暴力的で破壊的な反応であり、米国とその同盟国からの攻撃的脅威のない地域をロシア西部の国境付近に再確立しようとする試みであったと考えられる。ロシアがウクライナに侵攻した理由を誤解した西側諸国は、誤った前提のもとに存立の判断を下している。そうすることで、危機を深め、核戦争へと夢遊病的に向かっているのかもしれない。

この議論は、多くの学者、政府高官、軍事オブザーバーの分析に基づいており、このプレゼンテーションの中で紹介し、引用する。その中には、ジョン・ミアシャイマー、スティーブン・F・コーエン、リチャード・サクワ、ギルバート・ドクトロウ、ジョージ・F・ケナン、チャス・フリーマン、ダグラス・マクレガー、ブレナン・デヴローが含まれている。

はじめに 物語が戦争を動かす理由

ロシアがウクライナに侵攻してから数カ月、アメリカの関与について提示される説明は変化した。ウクライナの自衛のための限定的かつ人道的な取り組みとされていたものが、将来、ロシアが再び戦争を起こす能力を低下させるという、新たな目的を含むようになった。

実は、この戦略的目的は最初からあったのかもしれない。米国の新政策が発表される1カ月以上前の3月、チャス・フリーマン前国防次官補(国際安全保障問題担当)は、次のように見ている。

私たちが行っていることは、戦闘の終結や妥協の促進よりも、むしろ戦闘を長引かせ、ウクライナの抵抗を支援することを目的としているようだ。

フリーマンの指摘は、アメリカの二つの戦争目的は互いに相容れないものである、という不快な真実を示している。人道的な努力は破壊を最小限に抑え、戦争を迅速に終わらせることを求めるが、ロシアを弱体化させるという戦略的目標には、ウクライナの戦場でロシアから人員と機械を枯渇させる、最大限の破壊を伴う長期の戦争が必要である。フリーマンは、この矛盾を暗く皮肉な言葉で表現している。「私たちはウクライナの独立のために最後のウクライナ人まで戦う」

アメリカの新しい軍事目標は、アメリカをロシアとの直接対決の姿勢に置くことである。その目的は、ロシア国家の一部である軍部を機能不全に陥れることである。戦争が始まって以来、バイデン政権と議会はウクライナに500億ドル以上の援助を割り当てたが、その大部分は軍事的なものであった。アメリカ政府高官は、ウクライナで12人のロシア人将官を殺害し、ロシアの黒海艦隊の旗艦であるモスクワ号を沈め、40人の船員と100人の負傷者を出すことをアメリカの情報機関が可能にしたことを明らかにした。アメリカのヨーロッパの同盟国は、出荷する兵器の数と殺傷力を大幅に増加させ、その列に加わった。英国の指導者は戦場を拡大しようとし、ウクライナ軍に西側兵器を使ってロシア国内の補給線を攻撃するよう公然と奨励した。

ロシアの侵攻が始まって3日後の2月27日、プーチン大統領は、西側指導者の「攻撃的な発言」に対抗して、ロシアの核戦力の警戒態勢を強化したことを明らかにした。5月には、プーチン氏のメディア関係者が英首相に対し、ロシアの陸上攻撃型核魚雷による放射能津波を英国が被る危険性があると発言、警告を発した。この警告やその他の核戦争に関するロシアの警告は、ほとんどの西側メディアによって、単なるプロパガンダとして退けられてきた。しかし、2月27日のプーチン大統領の発表から24時間以内に、米軍は2001年の世界貿易センタービル事件以来初めて警戒態勢をデフコン3に引き上げた(2)。その結果、両国はヘアトリガー発射政策に近づき、事故や政治的誤算、コンピューターエラーによって核交換に至る可能性が高まったと言える。

さらに、ロシアが負け始め、その全体的な軍事力が低下し、モスクワが自らを侵略に対して脆弱であると認識した場合、何が起こるかを考えなければならない。そのような状況では、ロシアの計画者たちは、敵軍を破壊するために低収量の戦場用核兵器を使用することを考えるに違いない。このため、米国家情報長官は5月の上院軍事委員会での証言で、プーチン氏は「彼の視点から見て、彼の政権とロシアに対する存立危機事態」があれば、核兵器を使用するかもしれないと述べた。ロシアが核兵器を使用した場合、欧米の核による対応とそれに続くさらなるエスカレーションの圧力は抗しがたいものになるかもしれない。しかし、そのような状況、すなわちロシアの損失と枯渇こそ、米国の新政策が達成しようとするものである。

最後に、戦争が長引き、ロシアのエリート層がプーチン氏に反発し、プーチン氏が政権を追われる事態になったらどうなるかということである。ここでいう「政権交代」とは、米国では共和党の新保守主義者と民主党のリベラルな介入主義者の非公式な連合体によって模索されている、自慢の目標のことである。プーチン氏の代わりに、アメリカの利益に従順で、女々しい操り人形が誕生することを想定しているようだ。ブリュッセルの独立系政治アナリストで、ロシア史の博士号とポスドクを持つギルバート・ドクトロウのコメントである。

何を望むか注意しなさい。ロシアは米国より多くの近代兵器を持っている。ロシアは米国を30分で平定することができる。このような国に混乱をもたらしたいのか?しかも、もし(プーチン氏が)ひっくり返ったら、誰がその座につくのだろうか?小心者なのか?エリツィン(初代ロシア大統領)のような新しい酔っぱらいか?それとも、ランボーのように、ボタンを押すだけの人物だろうか?私は、米国のような国がロシアのような国で政権交代を行うことは、極めて軽率だと思う。それはほとんど自殺行為だ4。

ロシアの軍隊を消滅させることが当初からのアメリカの計画であったかどうかは別として、この政策は、すでに広く受け入れられているロシアに関する西側の包括的な物語から論理的に、予測可能でさえあるとして、驚くにはあたらない。この物語によれば、プーチン氏は飽くなき拡張主義者であり、その決定には国家安全保障上のいかなるもっともらしい動機もない、ということになる。プーチン氏は新たなヒトラーであり、ロシアのウクライナへの進出は第二次世界大戦中のナチスの侵略に似ているというのである。同様に、西側諸国が妥協して紛争を早期に終結させようとするのは、希望的観測であり、宥和的であると描く。アメリカの新たな軍事目標は、このようにモスクワの動機と戦争の原因に関する西側の認識から直接生まれたものである。

つまり、ウクライナ戦争に関する西側のシナリオは正しいのか、という重要な問題が浮かび上がってくる。もしそうであれば、西側諸国の政策は、たとえ核紛争のリスクを伴うとしても、間違いなく意味を持つかもしれない。しかし、もしそのシナリオが誤っているならば、西側諸国は誤った前提のもとに存亡にかかわる決断を下していることになる。もしこのシナリオが誤っているならば、迅速に交渉して、戦闘員や民間人の命を守り、同時に核戦争のリスクを大幅に減らすような妥協案は、宥和政策とは言えないだろう。むしろ、それは現実的な必要性であり、道徳的な義務でさえあるだろう。最後に、ロシアの動機に関する西側のシナリオが誤りであるならば、西側が現在とっている行動は危機を深める可能性が高く、核戦争につながる可能性がある。

本書で私は、西側のシナリオが誤りであると主張する。決定的な点で、それは真実とは正反対である。戦争の根本的な原因は、プーチン大統領の野放図な拡張主義やクレムリンの軍事計画家の誇大妄想にあるのではなく、ソ連解体期に始まり、開戦まで続いた西側のロシアに対する挑発の30年に及ぶ歴史にある。このような挑発行為によって、ロシアはどうしようもない状況に追い込まれ、プーチン氏とその軍部にとっては戦争が唯一の有効な解決策と思われた。その際、私は米国に注目し、特に鋭い批判を加える。なぜなら、米国は西側の政策形成に決定的な役割を果たしたからだ。

欧米を批判することで、モスクワの侵攻を正当化したり、ロシアの指導者を免責にすることが私の目的ではない。プーチン大統領には何の報告もしない。これから述べることとは関係なく、彼には戦争に代わる選択肢があったと信じている。しかし、私はプーチンを理解したい。彼が戦争を始めるに至った因果関係を合理的に評価するという意味で。

欧米の挑発行為とは何を指すのだろうか。NATOの東欧諸国への進出が緊張を高めたという指摘がよくある。この主張は正しいが、不完全なものである。そもそもNATOの拡大が意味するものは抽象的であり、ロシアに対する実際の脅威は理解されていないことが多い。同時に、米国とその同盟国は、単独で、あるいは互いに連携して、NATOとは直接関係のない挑発的な軍事行動をとっている。NATOに注目することは重要だが、NATOだけに目を向けると、西側諸国がロシアにもたらした苦境の全容と深刻さが見えなくなってしまう。

本書で解説する西側諸国の挑発行為について、以下に列挙する。過去30年間、米国は、あるときは単独で、あるときはヨーロッパの同盟国とともに、次のようなことを行ってきた。

  • NATOを東に1,000マイル以上拡大し、モスクワに対するこれまでの保証を無視して、ロシアの国境に押しやった。
  • 抗弾道ミサイル条約から一方的に離脱し、新たにNATOに加盟した国々に抗弾道ミサイル発射装置を設置した。この発射システムには、核弾頭を搭載したトマホーク巡航ミサイルなど、ロシアへの攻撃用核兵器を搭載し、発射することができる。
  • ウクライナで起きた極右武装クーデターの下地作りに協力し、直接的に扇動した可能性がある。このクーデターにより、民主的に選出された親ロシア派政権が、選挙で選ばれたわけでもない親欧米派政権に取って代わられた。
  • ロシア国境付近で無数のNATO軍事演習を実施した。その中には、ロシア国内の防空システムに対する攻撃を模擬したロケット弾の実弾演習なども含まれている。
  • 緊急の戦略的必要性もなく、そのような動きがロシアにもたらす脅威を無視して、ウクライナがNATOの一員になると主張した。NATOは、戦争を回避できる可能性があるにもかかわらず、この政策を放棄することを拒否した。
  • 中距離核戦力条約から一方的に離脱し、米国の先制攻撃に対するロシアの脆弱性を増大させた。
  • 二国間協定を通じてウクライナ軍を武装・訓練し、ウクライナ国内で定期的に合同軍事演習を実施。その目的は、ウクライナを正式にNATOに加盟させる前に、NATOレベルの軍事的相互運用性を実現することであった。
  • ウクライナの指導者がロシアに対して非妥協的な姿勢をとるよう導き、ロシアの脅威をさらに悪化させ、ウクライナをロシア軍の反撃の経路に置いた。

この危機の深さ、数十年にわたる進展、そして熱核戦争(水素爆弾による戦争)は、関係するすべての国と人類全体にとって存亡の危機であることから、私はできる限り明確かつ体系的にこの問題を論じたい。私はこの本を8つの短い章から構成し、段階的に論点を構築していく。

第1章では、1990年から2014年にかけての欧米によるロシアへの挑発行為を時系列的に調査している。

第2章では、この調査を2022年2月のロシア侵攻の始まりまで広げている。

第3章では、「靴が反対側にある場合」、つまり西側がロシアに対して行ってきたようにロシアが米国に対して行った場合、米国はどのように対応するのかを問う。

第4章では、1987年の中距離核ミサイル条約からの米国の離脱がロシアの安全保障に与える影響について述べる。

第5章では、米国の外交専門家たちが、NATOの拡大が災いをもたらすと公然と警告していたことを説明する。

第6章では、NATOの拡大政策の失敗を招いた責任者たちが、今になってその誤りを倍加させようとしていることを説明する。

第7章では、潜在的な敵の意図を過度に悲観的に捉えることが、いかに自己成就的予言になりがちかを説明する。

第8章では、西側諸国が異なる行動をとっていたらどうなっていたかという反実仮想の歴史を提示する。また、ウクライナの惨状は誰が第一義的な責任を負っているのかという問題にも言及する。

1. 西側の挑発行為 1990-2014

この物語は、ソ連が終焉を迎えようとしていた1990年に始まる。西側の指導者たちは、NATOの支援のもとで東西ドイツの統一を目指した。そのためには、モスクワが東ドイツから約40万人の軍隊を撤収させることに同意する必要があった。モスクワを安心させるために、西側諸国はNATOをロシア国境まで東進させないという考えを伝えた。

機密解除された関連文書が掲載されているジョージ・ワシントン大学の国家安全保障アーカイブの分析によれば、「1990年のドイツ統一から1991年にかけて、西側指導者からゴルバチョフらソ連当局者にソ連の安全に関する保証が次々と与えられた」のである。これらの保証は、時に主張されるように、NATOの東ドイツへの進出の問題だけでなく、NATOの東欧諸国への進出にも関わるものであった。しかし、数年のうちに、NATOはロシアとの国境に向けて拡張を始めた。この保証は正式な条約にはなっていなかったが、「NATOの拡大について誤解されたというその後のソ連とロシアの不満」は、単なるロシアのプロパガンダではなく、むしろ西側諸国政府の「最高レベルにおける同時期の(メモ)文書に基づくもの」であった(5)。

同様の結論は、Joshua R. ShifrinsonがInternational Security 誌に発表したものである。ハーバード・ケネディスクールのベルファー・センターでのインタビューで、シフーリンソンは、「米国がソ連を欺き」、交渉の精神に違反した証拠について述べている6。

私は、ソビエトに面と向かって語られていることと、アメリカが奥の部屋で自分自身に語っていることを同時に見ることができた。ロシア人の多くは。..1990年に米国から非公式な非拡大の誓約を提示されたと繰り返し主張している。そしてこの25年間、西側の政策立案者たち、少なくともアメリカは、「そんなことはしていない、何も書かれていないし、署名もされていない。そして私が(公文書館で)見つけたのは、ロシアのシナリオは基本的に起こったことと同じだということだ7。

このエピソードを語るにあたって、私は西側の保証に法的拘束力があるとか、保証の違反がロシアのウクライナ侵攻を完全に説明すると言っているのではない。西側諸国がモスクワを欺くために行動し、このエピソードがNATO、特に米国を信頼できないというロシアの意識の土台となったことを指摘したいだけである。

NATOの拡大路線は90年代半ばに明らかになったが、決定的なのは1999年に東欧の3カ国を正式に加盟させたことである。イラク戦争で指揮官として活躍したダグラス・マクレガー陸軍大佐(退役)は、そのうちの1カ国を正式に加盟させたことについて、次のように語っている。

NATOが当時敵対していたからというよりも、ポーランドが敵対していると知っていたからだ。ポーランドはロシアに敵対してきた長い歴史がある。…..ポーランドはむしろ、現時点ではロシアとの戦争のきっかけになる可能性があるのだ9。

この最初のNATO 新規加盟国グループの加盟から 2 年後の2001 年、ブッシュ大統領は一方的に抗弾道ミサイル (ABM)条約を脱退した。さらに2004年には、ロシアと国境を接するルーマニアやエストニアなど、東欧諸国を新たに加盟させた。この時点で、NATOはロシアに向かって1,000マイル近くまで拡大したことになる。

2008年、ルーマニアのブカレストで開催されたNATO首脳会議で、NATOはいわゆるブカレスト・メモランダムで、ウクライナとグルジアを加盟させる意向を表明した。両国はロシアと国境を接している。欧州のNATO加盟国には大きな抵抗があったが、ブッシュ政権は同盟の上級メンバーである米国の立場を利用してこの問題を推進し、「我々は本日、これらの国(ウクライナとグルジア)がNATOの一員となることに合意した」という明確な声明が覚書に含まれた。しかし、実際にこれらの国々を加盟させる正式なアクションは取られなかった。

ロシアは当初から、ウクライナとグルジアの加盟の可能性を存亡の危機ととらえていた。ウクライナはロシアと1,200マイルの陸上国境を接しており、その一部はモスクワからわずか400マイルしか離れていない。2008年、当時駐ロシア大使だったウィリアム・J・バーンズ氏(現CIA長官)は、ロシア外相との会談について、ワシントンに送った電報の中でこう述べている。バーンズは、ロシアがウクライナとグルジアのNATO加盟を越えてはならない一線とみなしていることを指摘した。この事実は、バーンズが電報につけた見出しに反映されていた。「Nyet Means Nyet [No と言ったら Noだ]: ロシアのNATO拡大路線」である。バーンズは、「ロシアは包囲され、この地域におけるロシアの影響力を弱めようとしていることを認識しているだけでなく、ロシアの安全保障上の利益に深刻な影響を与える予測不可能で制御不能な結果を恐れている」10と書いている。

ウクライナとグルジアに関するNATOの発表から 4 カ月後の2008 年 8 月、ロシア軍はグルジアに侵攻し、グルジア軍と短期間の戦争を行った(いわゆる「5 日戦争」または「露グル戦争」)。ロシア軍の侵攻は、米国が資金、武器、訓練を提供したグルジア軍が、グルジアの半自治区(南オセチア)に14時間にわたる大規模な砲撃とロケット弾の攻撃を加えたことが、その近因であった。この地域はロシアと国境を接しており、ロシアと密接な関係にある。注目すべきは、米国がグルジア国内で2,000人規模の軍事演習を行った数日後に、この攻撃が行われたことである。米国政府関係者や米国メディアは、ロシアの侵攻をいわれのない侵略と誤解することもあった11。

グルジアの攻撃という直接的な挑発は別として、ロシアの行動は、より一般的には、西側の軍事力、特に米国が先導するNATOの軍事力がロシア国境を侵犯したことに対する反応であった。マクレガー大佐はこう説明する。

ロシアは最終的にグルジアに介入したが、その目的は、NATO加盟国、特に当時のグルジア政府のように自分たちに敵対する加盟国を国境で容認しないことを私たち(アメリカ)に示すためだった。つまり、今、私たちが対処していること(ウクライナ戦争)は、まさにバーンズ大使が「No means no」と言ったときに恐れていた結果だと思う12。

2013 年後半から 2014 年初めにかけて、キエフの独立広場で反政府デモが発生した。米国が支援したこれらの抗議は、暴力的な挑発者たちによって破壊された。この暴力は、武装した極右のウクライナ超国家主義者が政府の建物を占拠し、民主的に選ばれた親ロシアの大統領を国外に脱出させるというクーデターで頂点に達した。シカゴ大学のジョン・ミアシャイマー教授(政治学)は、この結果をこう表現している。「キエフの新政府は根っからの親西欧で反ロシア的であり、ネオファシストと呼ぶにふさわしい高位なメンバーが4人含まれていた」13。

米国はこれらの出来事に一定の役割を果たしたが、その関与の程度や、米国が直接的に暴力を煽ったかどうかは、決して公にされることはないだろう。確かなことは、1991年以来、米国はウクライナの民主化運動に50億ドル(約7000億円)を投入してきたこと14と、クーデターの1カ月前に現職大統領の後任を決めるために水面下で動いていたことである。この事実は、ヴィクトリア・ヌーランド国務次官補とジェフリー・パイアット駐ウクライナ大使の通話がハッキングまたはリークされ、その音声がネット上に公開されたことで明らかになったものである。プリンストン大学とニューヨーク大学のロシア研究の権威である故スティーブン・F・コーエンは、次のように述べている。

メディアは予想通り、リーク元とヌーランド氏の失言(「Fuck the EU」)に焦点を当てた。しかし、本質的に明らかになったのは、米国の高官が、民主的に選ばれた大統領を追放するか無力化することによって、反ロシア的な新政府を樹立しようと画策していたことである。..16。

米国の正確な役割はともかく、ロシアは、米国がクーデターの基盤作りに深く関与し、暴動を誘発した可能性があると正しく認識した。これに対して、クーデター後の政府や西側諸国が、ロシアが以前から交渉していたクリミアのセバストポリにある重要な暖流海軍基地の使用を阻止しようとするかもしれないという十分な根拠のある懸念から、ロシアはクリミアを併合することになった。ジョン・ミアシャイマーはこう書いている。

元駐モスクワ大使のマイケル・マクフォールが指摘するように、プーチンによるクリミアの占領は長い間計画されたものではなく、ウクライナの親ロシア派指導者を打倒したクーデターに呼応して衝動的に行われたものである。実際、それまでのNATOの拡大は、ヨーロッパ全体を巨大な平和地帯にするためのものであり、危険なロシアを封じ込めるためのものではなかった。ところが、(クリミア)危機が始まると、アメリカとヨーロッパの政策立案者は、ウクライナを西側に統合しようとして危機を誘発したことを認めることができなくなった。彼らは、問題の真の原因は、ロシアのレバンキズムと、ウクライナを征服しないまでも支配しようとする欲望にあると断じた17。

2. 西側の挑発 2014-2022

西側諸国では、先に述べた西側の挑発行為の一部または全部が広く認められているが、2014 年以降、新たな挑発行為は発生していないとされることがある。これは、2014年のクーデターから2022年のロシア侵攻まで8年経過しているため、プーチン大統領の国家安全保障上の動機は無視できるという主張の一部として行われることが多い。実際、2014年以降も欧米のロシアへの挑発は続いていた。実際、それらは間違いなく激化し、ロシアの安全保障をより直接的に脅かすような性格に変化していった。

ロシアがクリミアを支配した後、米国はウクライナへの大規模な軍事支援プログラムを開始した。米国議会調査局によれば、2014 年以降、2022 年の開戦以降に開始された軍事支援の大部分を含まない部分的な会計処理は 40 億ドル超(5700億円)に達し、そのほとんどが国務省と国防総省を通じて行われている18。

2016 年、アメリカは対弾道ミサイル (ABM)条約の破棄に先立ち、ルーマニアで ABM サイトを稼働させた。ABMシステムは、表向きは防衛的なものであるが、マーク41「イージス」ミサイル発射台を使用しており、飛来する弾道ミサイルを撃ち落とすためのABMだけでなく、トマホークのような核を搭載した攻撃兵器も搭載することが可能な、多様なタイプのミサイルを搭載できる。トマホークの射程は1,500マイルで、モスクワやロシア奥地を攻撃できる。また、最大150キロトン(広島を破壊した原子爆弾の約10倍)の収量を持つ水爆弾頭を搭載できる。ポーランドでも同様のイージス艦が建設中で、2022年末の運用開始を予定している。イージス艦の発射台には24基のミサイルが搭載可能で、48基のトマホーク巡航ミサイルを比較的至近距離からロシアに発射できる可能性がある。

プーチン大統領は、攻撃能力を持つイージス艦がロシア国境近くに存在することは、ロシアにとって直接的な危険であると断固として主張している。米国は、イランや北朝鮮から飛んでくる欧州向け弾頭を阻止するためのABMサイトだと主張している。しかし、ロシア国境付近で攻撃的脅威として機能する可能性があることを考えると、アメリカがABM基地を設置した目的は、おそらく第一の目的は、そのような脅威はないともっともらしく否定しながら、モスクワにさらなる攻撃的圧力をかけることにあるのかもしれない。

プーチン大統領のABM施設に関する懸念に対するアメリカの回答は、攻撃的な使用のために発射装置を構成するつもりはないと主張することであった。しかし、この対応では、ロシアはシステムのポテンシャルで脅威を判断するのではなく、たとえ危機的状況であってもアメリカの意思表示を信用する必要がある。ランチャーを製造するロッキード・マーチン社のイージス艦のマーケティングシートに、「システムはどんなミサイルでもどんなセルにでも受け入れるように設計されており、比類ない柔軟性を提供する能力である」19と書かれていることは、ロシアの安心感を高めることはできない。

2017 年、ドナルド・J・トランプ大統領の政権は、ウクライナに致死的兵器の売却を開始した。これは、非致死的な物品 (例えば、防護服や様々な種類の技術装備)のみを販売していた2014年から2017年の政策からの変更であった。トランプ政権は、新たな売却を「防衛的なもの」と説明した。しかし、致死性兵器に適用する場合、「攻撃的」と「防御的」というカテゴリーは主に見る人の心の中に存在する。武器を所持している人にとっては防御的、照準を合わせている人にとっては攻撃的である。ジョン・ミアシャイマーが指摘するように、「これらの兵器はモスクワにとって確かに攻撃的に見えた」20。

2019 年、米国は 1987 年の中距離核兵器に関する条約から一方的に離脱した。この措置の戦略的意義については、第 4 章で述べる。

ウクライナへの致死的兵器の売却を開始したのは米国だけではなかった。また、ウクライナがまだNATOに加盟していないにもかかわらず、ウクライナと軍事 的に協調していたのも米国だけではなかった。ミアシャイマーはこう指摘する。

他のNATO諸国は、ウクライナに武器を出荷し、その軍隊を訓練し、空と海の合同演習に参加することを許可して、この行為に参加した。2021年7月、ウクライナとアメリカは、黒海地域で32カ国の海軍が参加する大規模な海軍演習を共催した。シーブリーズ作戦は、ロシアが領海と見なす場所に故意に侵入したイギリス海軍の駆逐艦に発砲するなど、ロシアを挑発するところとなった21。

NATOの外で行動する西側諸国がウクライナ軍を武装させ、訓練し、調整している間にも、NATO 自体は ロシア近郊で積極的に軍事演習を進めていた。例えば、2020 年、NATO はエストニア国内で実弾演習を実施した。この演習はロシア国境から70マイル離れた場所で行われ、最大射程185マイルの戦術ミサイルを使用した。これらの兵器は、最小限の警告でロシア領土を攻撃することができる。西側諸国は、このようなロケット弾はロシアによる攻撃後にのみ使用されると主張しているが、賢明な軍事計画者は、潜在的な敵の表明した意図に国家の安全を賭けることはなく、むしろ、攻撃能力とハードウェアの位置に注目するだろう。

こうした軍事活動を積極的に進める中で、NATOはウクライナのNATO加盟を主張し続けた。2021年6月にブリュッセルで開かれた会議で、NATOはその約束を再確認した。私たちは、ウクライナが同盟の一員となるという 2008 年のブカレスト首脳会議での決定を再確認する」23 その2 カ月後の2021 年 8 月、米国防長官とウクライナ国防大臣は「米・ウクライナ戦略防衛枠組み」に署名した24 この枠組みは、NATOの宣言を、ウクライナがNATOに加盟するかどうかにかかわらず、直ちに開始する地上の軍事事実を変化させるという 2 国間(米国・ウクライナ)の政策決定として転換している。そして、この署名の9週間後、米国務長官とウクライナ外相が同様の文書「戦略的パートナーシップに関する米・ウクライナ憲章」に署名した25。この文書も国防省の署名と同様に2008年と2021年のNATOの宣言を参照し、それらの声明を二国間で、NATOに何が起ころうと、直ちに開始できるように運用するものであった。

このように、2017年から2021年の期間、ロシアの国境付近では2組の軍事活動が合流することになる。第1に、二国間の軍事関係で、致死的兵器の大量輸送、ウクライナ国内でのウクライナと西欧の共同訓練と相互運用性演習、ルーマニアでの攻撃型ミサイルランチャーのオンライン化、そしてポーランドもすぐにそれに続くことになる。第2に、ロシア国内の標的への攻撃を模擬した実弾ミサイル発射を含むNATO自身の軍事活動である。さらに悪いことに、これらの模擬攻撃は、ロシアと国境を接するNATO加盟国から発せられ、モスクワへの以前の保証を無視してNATO加盟が認められた。しかも、ウクライナのNATO加盟が再確認される中で、このようなことが起こった。ロシアは、このような軍事活動の合流を、自国の安全保障に対する直接的な脅威と認識した。とミアシャイマーは説明する。

当然のことながら、モスクワはこの進展する状況に耐え切れず、ウクライナの国境に軍隊を動員し、ワシントンに決意を示し始めた。しかし、バイデン政権はウクライナに接近し続けたため、何の効果もなかった。このため、ロシアは12月[2021年]に本格的な外交的対峙を促した。ロシアの外相セルゲイ・ラブロフがこう言ったように。「私たちは沸点に達した」26。

また2021年12月、『フォーリン・ポリシー』誌に寄稿した在米ロシア大使は、NATOがロシア近郊で年間およそ40回の大規模な訓練を行っていることを指摘した。彼は、「状況は極めて危険である」と警告した。彼は、13年前にウィリアム・バーンズの「Nyet means Nyet」電報で明らかにされたことを再び述べたのだ。

何事にも限界がある。もし私たちのパートナー(米国とNATO諸国)が、我が国の存立を脅かす軍事戦略的現実を構築し続けるなら、私たちは彼らに同様の脆弱性を作り出すことを余儀なくされるであろう。もう退く余地はない。NATO 加盟国によるウクライナの軍事的探査は、ロシアにとって存亡の危機である(27)。

ミアシャイマーは、次に何が起こったかを説明した。

ロシアは、ウクライナが決して NATOの一員にならないことを書面で保証し、1997 年以来東ヨーロッパに配備してきた軍事資産を撤去するよう要求した。その後の交渉は、ブリンケン(米国務長官)が明言したように、「変えることはない。変えることは何もない」と明言した。その1カ月後、プーチン氏は、NATOの脅威を排除するためにウクライナ侵攻を開始した28。

原著を購入した方は、この続きにアクセスすることができます

In a recent interview, Richard Sakwa suggested that Mr. Zelensky could have made peace with Russia by speaking just five words: “U…………….O”

Amazonキンドル版 150円で販売されています。

文字列を検索してください。Uから始まる5単語です。

スペースを含みます。ピリオド、引用符は含めません。

※流用を防ぐために、パスワードを変更する可能性があります。

7. 過度に悲観的なシナリオが自己実現的な予言となる理由

邪悪で、非合理的で、本質的に拡張主義のロシアと、それに対抗する高潔な米国と欧州というストーリーは、過去 30 年間に起こった方向性の一致した一連の出来事、つまりその意義と意味が容易に明らかになるはずの出来事と矛盾し、混乱し、奇妙な混同を生じている。実際、欧米の優勢なシナリオは、それ自体が一種のパラノイアと見なすことができるかもしれない。

米国とその同盟国がロシアに対して行ってきた挑発行為は、状況が逆であれば、とっくにロシアとの核戦争の危険を冒していたであろうほど重大な政策的失敗である。米国の指導者たちが今やっているように、そうではないと主張することは、現実を無視した危険な行為である。場合によっては、意図的なデマゴギーであることも確かだ。しかし、一部の政策立案者にとっては、新しい事実を使い古された物語に照らして解釈し続けるという単純な理由から、善意で行っているに違いない。

主要な報道機関にも責任がある。読者のために事象を適切に文脈化しようとするのではなく、政府の好むシナリオを捏造してきた。その動機が何であれ、主流メディアは国民に誤った情報を与えるプロパガンダ体制を実施し、今も実施し続けており、ロシアにとっては国民の国民性に対する損傷としか受け取られようがない。ネット上の情報提供者も同じようなことをしている。実際、ピューリッツァー賞受賞ジャーナリストで憲法修正第一条弁護士のグレン・グリーンウォルドが示したように、異論を唱える意見に対する大規模な検閲は、現在、アメリカでもヨーロッパでも社会の多くのレベルで行われている41。

ウクライナから発信される恐ろしい映像を憤慨や怒りなしに見ることは難しいが、盲目的な感情に屈し、西側の支配的な物語を受け入れることは危険な誤りである。アイゼンハワー大統領が大統領としての最後のテレビ演説で米国民に警告した軍産複合体と呼ばれる官僚権力と商業利益の結びつきを含む、ワシントンの最悪の勢力を後押しするものである。この物語は、最もロシア恐怖症で軍国主義的なヨーロッパの指導者たちや、誤ったアメリカの政策に立ち向かう度胸のない指導者たちをも可能にしている。この物語は、アメリカやヨーロッパの市民の心を曇らせ、ジンゴイズムや戦争を煽ることにつながっている。

本書における私の第一の目標は、誤った物語を正すことである。それは非常に現実的な理由であり、誤った物語は悪い結果を招くからだ。物語は必然的に行動に反映される。物語は記述的であると同時に生成的である。現実のモデルとして機能することで、ナラティブは行動のガイドとなる。そして、行動と反応、押しと戻しのダイナミズムを通じて、すでにあるとされる結果を生み出すことができる。このように、潜在的な敵の意図を過度に悲観した物語、すなわち私が「疑いの物語」と呼ぶものは、それが軽減しようとする脅威そのものを増大させる可能性がある。

このような説明は、エスカレーションと戦争に至る軍拡競争という古典的なダイナミズムの根底をなすものである。これは、容赦ない拡張主義と西側の宥和政策というイメージを伴う第二次世界大戦のパラダイムではなく、ドイツ、イギリス、西ヨーロッパ、そして最終的にはアメリカが破滅に向かって歩き出した第一次世界大戦のパラダイムを示すものである。しかし現在、核兵器の性質上、破局はより容易に、より壊滅的な影響をもって起こりうる。

第一次世界大戦のように、互いに相手の最悪の事態を恐れて、必然的に攻撃的な可能性を持つ軍事戦略によって自らを無敵の存在にしようとする。これはまさにジョージ・ケナンがNATOの拡大について予言し、それが正しかったことが証明された。防衛の名の下に正当化されたNATOの拡大は、ロシアに攻撃的な脅威として認識され、西側諸国から拡張主義者として認識される行動につながった。2014年、リチャード・サクワはケナンが予期していた事態について、ピタリとした回顧を述べている。

結局、NATOの存在は、その拡大によって誘発される安全保障上の脅威を管理する必要性によって正当化されるようになった。旧ワルシャワ条約機構とバルト諸国は自国の安全保障を強化するためにNATOに加盟したが、その行為はロシアに安全保障のジレンマをもたらし、すべての国の安全保障を損なった42。

サクワが書いているように、米国とその同盟国がNATOの外で並行して軍事拡張を行ったため、状況は悪化の一途をたどっている。

プーチンは、その権威主義的傾向がどのようなものであれ、生まれながらにして決められた道を歩んできたわけではない。プーチンもまた、人間である以上、その心理、信念、価値観といった「内なるもの」と、対峙するダイナミックな「外なるもの」の組み合わせに左右される、というのは、昨今の時代感覚からすると異端ともいえるかもしれない。これは、まさに真理である。同様に、ある種の外的な出来事に慢性的にさらされると、その人の内なる傾向が変化し、少なくとも、ある種の傾向が選択的に拡大し、他の、時には正反対の傾向が犠牲になるということも、真実である。

西側諸国は、大小のステップを踏みながら、ロシアの合理的な安全保障上の懸念を無視し、無関係とみなして、ロシアの包囲と侵略に対する懸念を煽った。同時に、米国と欧州の同盟国は、西側が良心を示すことによって理性的な行動者が安心することを暗示してきた。つまり、兵器、訓練、相互運用性演習は、いかに挑発的で、強力で、ロシアの国境に近かろうと、純粋に防衛的であり恐れるに足りないということである。西側諸国、特に米国の指導者たちは、多くの場合、プーチン氏を積極的に見下し、時には面と向かって損傷してきた。

その際、西側諸国は、プーチン氏が実際には存在しない戦略的脅威を想像していると示唆した。このように、ロシアの安全保障に正当な懸念がないことを前提に、暗黙のうちに非合理性を非難する西側の枠組みが、現在の支配的なシナリオの多くを支えている。また、ワシントンで重要な役割を担っているロシア・タカ派のイデオロギー的な立場も、このようなものである。個人的な関係では、脅迫的な行動とパラノイアの告発の組み合わせは、ガスライティングとみなされるだろう。国際政治の世界ではどうだろうか。

戦争や軍事的脅威の時代には、自由主義国の指導者であっても権威主義に傾く。大きな危険を感じると、権力の手綱を締め、トップダウンの統制を行い、反逆とみなされる国内の行動や言動のカテゴリーを拡大することがある。本書に書かれているような挑発行為が、プーチン氏をはじめとするロシアの政治家や軍人の心の中に、包囲感や非常事態感を醸成していったと考えるのは、決して極論ではない。私が言いたいのは、欧米の行動がロシアの外交政策だけでなく、ロシアの国内政治の不都合な側面にも寄与している可能性を考えなければならないということである。実は、ジョージ・ケナンは1998年にこのことを予言していた。NATOの拡大は「ロシアの民主主義の発展に悪影響を及ぼす」と述べている(43)。

政治的アクターは、個人であれ、官僚機構や国家などの企業アクターであれ、静的な存在ではない。むしろ、私たちが「政策」と呼ぶ人間の決定は、意識的な意図、無意識の動機、歴史の偶然、そしてバイデン大統領の口から発せられたような露骨な脅迫、屈辱、無礼なやりとりや言葉など、個人的な人間同士のやりとりの連関から生まれてくるものである。そして、米国とそのヨーロッパの同盟国の行動が、プーチン氏の国内政策を含む政策に、一部の人が考える以上に深い影響を及ぼし、今も及ぼし続けている可能性は十分にある44。

8.反実仮想の歴史と結論

ウクライナの人道的惨事、何千人ものウクライナ人(一般市民と兵士)の死、ウクライナ人の軍隊への徴用は誰が責任を負うのか?ウクライナの家庭や企業が破壊され、中東からの難民に加え、難民危機が発生していることの責任は誰が負うのか?ロシア軍に所属する何千人もの若者の死に誰が責任を負うのか。彼らのほとんどは、ウクライナ人と同様、自分たちの国家と家族を守るために戦っているのだと信じているに違いない。ヨーロッパや米国の経済や市民に与え続けている損害の責任は誰が負うのだろうか。ウクライナやロシアからの穀物輸入に大きく依存しているアフリカで、農業の崩壊が飢饉を引き起こしたら、誰が責任を取るのだろうか?そして最後に、ウクライナでの戦争が核の応酬にエスカレートし、本格的な核戦争になった場合、誰が責任を取るのだろうか。

近接的な意味で、これらの問いに対する答えは簡単である。プーチン氏の責任である。彼は戦争を始め、軍事プランナーとともに、その遂行を指揮している。彼は戦争をする必要はなかった。それが事実だ。しかし、事実は、他の事実と照らし合わせて解釈されなければならない。そうすれば、米国と欧州の政策立案者が戦争に大きな責任を負っていることが明らかになる。

モスクワ、ワシントン、ヨーロッパの各首都の相対的な責任をどう判断するかは、特定の歴史的出来事、関係者の行動、近接的・遠距離的因果関係をどう重視するかによるだろう。しかし、私はあえて、すべてを考慮した場合、第一の責任は西側諸国、特に米国にあると判断することにする。この点を論じるのに、完全に満足のいく方法を私は知らない。少なくとも何らかの意思を持ち、選択の自由を持つさまざまな行為者の間で責任を配分するための有効な方法論は存在しない。しかし、私は、反実仮想の歴史を構築することによって、洞察を得ることができると信じている。もし米国が別の行動をとっていたら、私たちは今どうなっていただろうか?これは「もしも」のゲームであり、このゲームが生み出す予測は決して証明も反証もできない。しかし、この反実仮想は、過去30年の歴史とうまく調和し、私の考えでは、明らかになり、説得力がある。

もし米国がNATOをロシアの国境まで押しやらなかったら、核搭載ミサイル発射システムをルーマニアに配備せず、ポーランドやおそらく他の地域にも計画しなかったら、2014年に民主的に選ばれたウクライナ政府を転覆させることに貢献しなかったら。ABM条約と中距離核ミサイル条約を破棄し、配備の二国間モラトリアムを交渉しようとするロシアの試みを無視しなかったこと、ロシア国内の目標を攻撃する練習のためにエストニアでロケットの実射演習を行わなかったこと、ロシア領近くで32カ国による大規模な軍事訓練を調整しなかったこと、米国軍をウクライナ軍に絡めなかったこと。米国とNATOの同盟国がこうしたことをしなければ、おそらくウクライナの戦争は起こらなかっただろう。これは妥当な主張だと思う。

実際、ここで取り上げた数々の挑発行為のうち、2つか3つが起こらなかったら、今日の状況は大きく変わっていただろうと私は思う。私は、砂浜の城を砂のカップで建てるという例えを使ったことがある。どのような配置でどれだけの砂を積めば構造物が耐えられるかを簡単に予測することはできないが、砂の量が多ければ多いほど、高く積めば積むほど、そして配置が不安定であればあるほど、構造物が不安定になることは明らかである。西側諸国は、明晰な思考を持つ合理的な行為者であれば、崩壊に至る可能性が高いと認識したであろう構造物に、カップやカップの砂を積み重ねたと言えるだろう。ウクライナ戦争はそのような崩壊の一つであり、米国の戦争プランナーがいくらロシアの軍事力を削ぎ落とせると想像しても、さらなる惨事が続かないとは限らない。

そして、それさえも終わりではない。米国政府は、その言動を通じて、ウクライナの指導者、そしてウクライナ国民がロシアに対して強硬な立場を取るように仕向けた可能性がある。米国は、ドンバス地方でキエフと親ロシア派の間の交渉による和平を迫り、支援する代わりに、ウクライナの強い民族主義勢力を奨励した。ウクライナに武器を流し、ウクライナ軍との軍事統合・訓練を強化し、NATOへの編入計画を断念し、ウクライナの指導者や国民に、ウクライナのために直接ロシアと戦争するかもしれないという印象を与えたかもしれない。

こうしたことは、2019年の選挙で、平和を掲げて70%以上の民衆の支持を得て当選したウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領にも影響を与えたかもしれない。しかし、結局、彼はそれを実行することができなかった。戦争が迫っていても、彼は平和のために妥協することはなかった。ロシアが侵攻する5日前の2月19日、ゼレンスキー氏はミュンヘンでドイツのオラフ・ショルツ首相と会談した。ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、ショルツ首相は和平交渉の仲介を提案した。ショルツ首相は、ゼレンスキー氏にウクライナはNATOを放棄して中立を宣言し、西側とロシアとの安全保障協定に参加するようにと。この協定にはプーチン大統領とバイデン氏が署名し、ウクライナの安全を共同で保証することになる。ゼレンスキー氏は、プーチン氏がこのような協定を守ることは信頼できないし、ウクライナ人の多くはNATOへの加盟を望んでいると述べた。ドイツ側は「和平の可能性は薄らいでいる」と心配した。

リチャード・サクワは最近のインタビューで、ゼレンスキーはたった5つの言葉を口にするだけで、ロシアと和平を結ぶことができたのではないか、と示唆した。「ウクライナはNATOに加盟しない」サクワは続ける。「プーチンが(NATO拡大の決定的な重要性について)はったりをかけていたのなら、はったりをかわせばいい。国家の運命、とりわけ自国民の運命に対する軽薄なアプローチである」46。

ドンバス紛争の終結を交渉することを選挙で強く支持された平和の擁護者が、なぜ踵を返して戦争に賭けることになったのだろうか。米国がウクライナに誤った非現実的な考えを押し付けていなければ、ウクライナはとっくにロシアと共存の道を歩み、政治的中立の立場をとっていたはずだ。ヨーロッパには、中立の由緒ある歴史がある。オーストリアもフィンランドもソ連に対して中立を守り、そこから大きな利益を得ている。モスクワの政権形態は変わっても、中立の地政学的根拠は同じである。なぜウクライナではそうならなかったのだろうか。

2019年にゼレンスキーが当選した直後、スティーブン・F・コーエンはインタビューで、ゼレンスキーがウクライナの極右からの命に関わる脅迫を含む圧力を克服するには、米国の積極的な支援が必要であると示唆した。この支援なしには、ゼレンスキー氏は和平を求めることができないだろうとコーエンは予測した。

[ウクライナの新大統領、ゼレンスキーは和平候補として出馬した。しかし、彼の意志、これが重要なのであるが、ここ(アメリカ)ではあまり報道されない。彼らはファシストだと言う人もいるが、超国家主義者であることは間違いない。彼らは、もしゼレンスキーがプーチンと交渉する路線を続けるなら、排除して殺すと言っている。アメリカが背中を押してくれないと、ゼレンスキーは前に進めない。もしかしたら、それだけでは不十分かもしれないが、ホワイトハウスがこの外交を奨励しない限り、ゼレンスキーにチャンスはない。…..47。

私の知る限り、ゼレンスキーは和平交渉のために、アメリカから実質的な支援を受けることはなかった。その代わり、彼はアメリカの有力政治家や国務省の高官の訪問を何度も受け、その全員が、NATOに加盟し、ロシアとの国境に米軍の前哨基地を設置する「権利」と定義されるウクライナの絶対的自由という理論的原則を吹聴した。結局、この「自由」は夢物語に過ぎなかった。それはアメリカの目的、より正確にはアメリカの特定の政治的、軍事的、財政的財閥の利益を推進したが、ウクライナを破壊してしまった。

アメリカの目から見ても、この西側諸国の計画は、理解しがたい理由で実行された危険なブラフゲームであった。ウクライナは、どう考えても米国の安全保障上の重要な利益ではない。実際、ウクライナはほとんど重要ではない。アメリカの立場からすれば、ウクライナの人々を軽蔑して言うのではないが、ウクライナは無関係である。アメリカ国民にとってウクライナは、ほとんどのアメリカ人が、完全に理解できる理由から、適当に探さなければ地図で見つけることができない他の50の国のどれよりも重要な存在ではない。そう、ウクライナはアメリカとは無関係なのだ。もし米国とNATOの指導者たちがこの明白な事実を認めていれば、このような事態は起きなかっただろう。

対照的に、1200マイルに及ぶ国境線を共有し、西側から3度にわたる大規模な陸路侵略の歴史を持つロシアにとって、ウクライナは最も重要な利害関係者であり、最も最近のものでは第二次世界大戦中にロシア人全体のおよそ13パーセントが死亡している。

西側が武装し、訓練を受け、軍事的に統合されたウクライナの存在をロシアが認識していることは、最初からワシントンにとって明らかであったはずだ。まともな人間なら、西側諸国の兵器をロシア国境に置いても強力な反応が起きないと信じることができるだろうか。まともな人間なら、この兵器を置くことでアメリカの安全保障が強化されると信じることができるだろうか。もし不確実性が残っているとすれば 2008年にウィリアム・バーンズ駐ロシア大使(現在はバイデン氏のCIA長官)が、ロシアにとってウクライナは最も赤い線であると電報で伝えたときに、それは取り除かれたはずだ。その理由は、ロケット科学者でなくとも理解できるだろう。しかし、この明白な現実は、米国務省や国防総省、NATOやメディア、そして現職の米大統領の多くには不透明なようだ。

では、米国とヨーロッパの同盟国の市民はどうなるのだろうか。

率直に言って、それは彼ら-私たち-を非常に悪い状況に追い込むことになる。それは、全世界を核戦争の危険にさらすという非常に危険な状態であるだけでなく、アメリカ政府の愚かさと盲目さ、そしてヨーロッパの指導者たちのほとんど想像もつかないほどの恭順と臆病さによってのみ到達しうるものなのだ。最近のインタビューで、ギルバート・ドクトロウは、アメリカ国民が戦争について最も知るべきことは何だと思うか、と聞かれた。彼の答えはこうだ。「あなた方の命が危ない」彼はこう続けた。

プーチン氏は、ロシアのない世界を想定していないことを公言している。そして、もしアメリカの意図がロシアを破壊することであるなら、アメリカの意図は自滅になる。…..。[アメリカは、自ら作り出した存亡の危機に直面している。そして、この脅威からの脱出は、誰の鼻先にもある。プーチン氏と取引することだ。..48

ワシントンとヨーロッパの首都の政策立案者たちは、彼らの戯言を無批判に増幅する捕虜になった卑屈なメディアとともに、粘性の高い泥の樽の中で尻餅をついているのだ。この樽に足を踏み入れるほど愚かな人々が、樽を傾けて私たちを道連れにする前に、どうやって脱出する知恵を見出すかは想像に難くない。

著者について

ペンシルバニア大学でヨーロッパ史の学士号を、エール大学医学部で医学博士号を取得。ペンシルベニア大学でヨーロッパ史の学士号を取得し、エール大学医学部で修士号を取得。ワシントンDCで核兵器政策に関する講演、執筆、議会への働きかけなどを行う。その他の専門分野は、宗教の学術的研究およびトラウマの心理学。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました