グローバルリサーチジョセフ・マコーラ食糧・インフラ危機

食糧不足はどこまで悪化するのか?
How Bad Will the Food Shortage Get?

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.globalresearch.ca/how-bad-will-food-shortage-get/5784726

Joseph Mercola 博士著

グローバルリサーチ 2022年6月27日

深刻な食糧不足が多かれ少なかれ世界中で避けられないこと、そして入手可能な食糧は何でも値上がりし続けることがますます明らかになってきている

ディーゼルや肥料などの農業投入物のコストは、意図的・偶然的な事象の組み合わせによる不足のために急騰しており、そのコストは秋から来年にかけて消費者の食料価格に反映されるだろう。

謎の火災、鳥インフルエンザ疑惑など不可解な事象により、家畜が死に絶え、重要なインフラが破壊されている。2021年4月末以降、全米で少なくとも96の農場、食品加工工場、食品流通センターが被害を受けたか破壊された

パンデミック後の世界需要、異常気象、食料在庫の逼迫、エネルギー価格の高騰、サプライチェーンのボトルネック、輸出制限、税金、ロシア・ウクライナ紛争の収束により、世界の食料価格指数は2022年4月の時点で2014年から2016年の平均を58.5%上回っている

これらの要因が重なると、食糧不足、食糧インフレ、そして場所によっては飢饉の発生が確実視されており、今こそ備えるべき時だ。

*

2年前の2020年5月、私はCOVID-19のパンデミックに続いて、企業や世界の供給ラインを意図的に停止させることによって、飢饉が起こると予測した1。

あなたが住んでいる場所によっては、今、多かれ少なかれ不足を感じ始めていることだろう。しかし、今現在の状況がどうであれ、今後数カ月から2023年にかけて、劇的な変化が起こる可能性がある。なぜなら、この成長期の収穫量の減少が明らかになる時期だからだ。

週を追うごとに、深刻な食糧不足が多かれ少なかれ世界中で避けられないこと、そして入手可能な食糧の価格は上昇し続けることが明らかになっている。

意図的・偶然的な事象が重なって発生した食糧不足により、軽油や肥料などの農業投入物のコストが高騰しており、そのコストは秋から来年にかけて消費者の食料価格に反映されることになる。

その上、謎の火災や鳥インフルエンザの疑惑など、不可解な出来事で家畜が死に、重要なインフラが破壊されている。2021年4月末以降、全米で少なくとも96の農場、食品加工工場、食品流通センターが火災で被害を受けたか、破壊された(下記参照)2,3。

また 2022年6月中旬には、カンザス州ユリシーズで推定1万頭の牛が不可解な状況下で死亡した4。公式には熱ストレスによる死とされているが、その可能性は極めて低いと思われる。熱で弱った牛が死ぬことは考えられるが、同じ日に1万頭も?

これらの要因が重なると、食糧不足、食糧インフレが起こり、場所によっては飢饉になる可能性もある。

犠牲者が出た時の記録的な気温は華氏100度(摂氏37.7度)前後と言われているが5,他の州でも華氏100度の気温があったが、牛の死は記録されていない。

これらの要因が重なると、食糧不足、食糧インフレが保証され、場所によっては飢饉になる可能性もある。もし、まだ迷っているのなら、すぐにでも準備を始めてほしい。準備を怠ると、この秋から来年にかけて、信じられないような困難な状況に陥る可能性がある。そんなことにならないように。

どの程度悪いのか?

2022年5月、多くの専門家が、来るべき食糧不足の必然性について発言し始めた。国連事務総長のアントニオ・グテーレスは、国際的な行動がとられない限り、「今後数カ月のうちに世界的な食糧不足が起こる恐れがある」と警告し6,『エコノミスト』は「来るべき食糧大災害」を表紙で取り上げた7。

2022年の世界経済フォーラム(WEF)のダボス会議では、国際通貨基金のクリスタリナ・ゲオルギエヴァ専務理事が出席者に「世界的に適正価格での食料入手への不安は天井知らずだ」と語り8,バイデン大統領は2022年3月、食料不足が「現実になる」9と記者に語っている。

2022年5月30日のロイターのレポート10によると 2022年4月時点で世界の食料価格指数は2014年から2016年の平均を58.5%上回っており、これは「流行後の世界の需要、異常気象、食料在庫の逼迫、エネルギー価格の高騰、サプライチェーンのネック・・・輸出制限と税金」が収束したことに加えてロシアのウクライナ侵攻が原因であるという。

ロシアとウクライナを合わせると、世界で取引されるカロリーの12%に相当する11。このタイミングでの紛争は、世界にとって特に危険なものとなっている。当然のことながら、輸入に大きく依存している国々は、最も急な食料価格の上昇を経験している。

2022年4月上旬、ロックフェラー財団のラジブ・シャー理事長とグロー・インテリジェンスの創設者サラ・メンカーは、迫り来る食糧危機を「プーチンの戦争」のせいにする論説12をThe New York Timesに発表したが、明らかに、プーチンがウクライナに入るずっと前から、世界飢餓への道を歩んでいたのである。

例えば、自然災害であれ人工災害であれ、天候は重要な役割を果たす。シャーとメンカーが指摘するように、「歴史的な干ばつ」が米国中西部、ブラジル、アルゼンチン、北アフリカ、中東13,インドなど世界の多くの地域を苦しめている14。一方、中国の農地は「60年ぶりの大雨」に溺れつつある15。

どの程度悪化するのか?

どの地域でどの程度悪化するかを予測するのは難しいが、どこに住んでいようと、ある程度の食糧不足に備えるべきであると言ってよさそうだ。

David Wallace-Wells が 2022 年 6 月 7 日の New York Times の論説で、Reuters と Shah and Menker が発表した価格指数チャートに言及しているように:16。

「…これらのようなチャートが明らかにシグナルを発していないことのひとつは、大量の飢餓である。しかし、サウスカロライナ州の元共和党知事で、現在は国連世界食糧計画(WFP)を率いるデビッド・ビーズリーによれば、このグラフはそれを暗示している。

ウクライナ戦争、気候変動、コロナウイルスの大流行によって悪化した食糧危機の結果、3億2300万人が「飢餓に向かって行進」し、4900万人が「文字通り飢餓の入り口」に立っているという可能性である。

4,900万人は、WFPの専門的な分類で言うところの「急性食料不安」に直面している数ではないことを心に留めておく価値がある。

この数字は、戦争前の2億7600万人、パンデミック前の1億3500万人、そして2017年に彼がWFPに加わったときの8000万人から増加しており、1回の指導者任期で4倍になっている、とビーズリーは言うのだ。4,900万人というのは、まさに最も直接的な死の危険にさらされている人たちの数だ。

戦争前、『私はすでに 2022年と2023年は第二次世界大戦以来、人道的な世界で最悪の2年間になるかもしれないと警告していた』と、先週の金曜日にローマから私に話してくれたビーズリーは言う。

私は、それがどれほど悪いことなのか、どれほど悪くなるのかを皆に伝えようとしている。そして、次の週には、私が言っていたことよりもひどいことになった、と言うんだ」・・・ビーズリーは 2023年はさらに暗い展開になるかもしれないと考えている。

今年の価格危機は、価格だけでなく、現在進行中の構造的条件(ウクライナにおける来年の作付けの失敗や、農家の年間総コストの3分の1以上にもなる肥料価格の高騰など)によって、多くの人々が食糧に手が届かない状態に追い込まれ、世界はかつて考えられなかったような真の食糧不足を経験するかもしれない」。

メンカーによれば、現在の問題は「周期的」ではなく「地震的」であり、「過ぎ去る一瞬の出来事ではない」17 という。ウォレス・ウェルズは次のように書いている18。

彼女は、パンデミックとそれに関連するサプライチェーンの問題による需要ショックだけでなく、豚インフルエンザによる中国の豚の個体数の回復とそれに伴う飼料需要の増加、貧しい国の公的債務の問題、ある商品の価格が別の商品を引き上げ、それがさらに別の商品を引き上げるという波及効果など、「すべて気候に関連する」供給ショックの記録を挙げて、さらに原因を列挙している。

これらの問題の一つ一つが単独でも大きなマーケットイベントと考えられる。「しかし、そのうちの5つが同時に起こると、それこそ激震が走る」と彼女は言う。

ロシアとウクライナが『世界のパン籠』に変身したのは、『過去30年間の農業の奇跡』であり、ポール・エーリックやローマクラブのような人々が行った激変の予測は無効であると、彼女は言う。

市場からの供給がなくなることは、『取るに足らない火種にはならない』と彼女は言う。その影響の大きさについては?私たちが作るのと同じくらい大きなものになると思う」。

グローバリゼーションは失敗のモデル

とはいえ、ウォレス・ウェルズ氏は、農業経済学者たちは、「ほとんどの食糧は国内で消費され、国際市場で取引されていない」ため、やや楽観的な見方をしていると指摘する。つまり、多くの地域で、不足分の代用品が用意されている可能性がある。

農業経済学者によれば、「基本的には、真の世界的食糧不足は存在せず、『価格危機』という気安い響きがあるだけ」であり、価格問題は解決可能である、とウォレス=ウェルズは述べている19。しかし、それには時間がかかり、多くの人はその時間を持てないだろう。個人的には、農業経済学者の楽観論に頼るのはあまり良い考えとは思わない。

参考記事
食料、収奪、依存 新世界秩序に抵抗する
コリン・トッドハンター著 グローバル・リサーチ社 2022年2月14日 私たちは現在、世界の農業・食品チェーン全体の企業統合が加速しているのを目の当たりにしている。アマゾン、マイクロソフト、フェイスブック、グーグ ...

多くの食料が地元で生産され、消費されているにもかかわらず、どこの農家も高騰する諸経費と必要な投入物の不足に悩まされている。そして、そのために地元の農家が食料を作れなくなれば、輸入が滞ったときに代替品がなくなる。

Gatestone Institute International Policy Council の Daniel Greenfield が指摘するように、グローバリゼーションは米国を極めて脆弱な状態にしている。グローバリゼーションは「世界秩序の無能さをグローバル化」する20。

「グローバリゼーションの提唱者たちは、マルクス主義の中央計画を、巨大企業が世界の障壁を越えて、地球上で商品やサービスを移動させる最も効率的な手段を生み出す、より柔軟なグローバルモデルで再現したにすぎない。..。

相互依存の世界が本当に意味するのは、アルジェリアのジハード主義者がパリで銃を乱射し、エルサルバドルのギャングがワシントンDCの目の前でアメリカ人の首をはね、ウクライナ戦争によるタンポンと車の欠乏だ。…..。

巨大企業が市場を統合し、ジャストインタイムの在庫システムで製品を供給するという技術的な新世界秩序は、今や壊れたサプライチェーンを通じて流れている。インフレの高まりと国際的な混乱で、大企業でさえ先の見通しを立てることが不可能になり、生産量を減らして不足に肩を落としている。

私たちは戦時経済下にあり、それは私たちのシステムがあまりにも巨大になり、混沌に適応するにはあまりにも柔軟性に欠けるようになったからである。バイデンは、時間が経てば経済全体がソビエト化されるまで、あらゆることに国防生産法を持ち出し続ける。政府が混沌の上に安定を押し付けようとすればするほど、支配的なプレーヤーは反応も生産性も低下する。

政府の規制によって市場が統合され、一握りの企業が市場の頂点に立つようになった。粉ミルクのアボット社のように、そのうちの1社が不調に陥ると、結果は壊滅的だ・・・。

商品棚に並ぶブランドの背後には、国家と結びついた一握りの巨大企業が、もはやコントロールできない広大なサプライチェーンから低品質の製品をのろのろと生産し、より良いパフォーマンスを求める競争圧力をほとんど感じない、きしむようなソビエト体制がある。…..。

ストレス下では、故障箇所はあまりにも明白であり、それほど明白でないのは、このシステムが故障箇所を修復するつもりがないことだ。..無関心なエリートは、意味のない安心感、口先だけのジョーク、冗談で問題に対処している。ソ連のプロパガンダのように、企業の声明が伝えるのは、システムを動かしている人々とその歯車の中にいる人々の生活の間の大きな距離だけである。..。

バイデンと民主党は、連邦政府の支出によって引き起こされたインフレから「利益を得ている」として企業を非難することに熱心であった。.. 民主党はグローバル化の最大の擁護者であった。彼らの規制は、記録的な市場の統合と国内の雇用削減につながった。

企業は、共和党の汚い仕事を中国に輸出し、民主党の「きれいな」事務職を国内に残すように圧力をかけられた。この荒廃は労働者階級と中産階級に大打撃を与え、経済全体を中国と、グローバリストだけが防弾だと信じることができる世界規模のサプライチェーンに依存するように作り直した・・・アメリカの経済主権を売り払った後、グローバリストは世界の安定を維持できないことが分かった。

パニックにならないこと 備えよ

予後は厳しいが、パニックは適切な対応ではない。しかし、パニックになるのではなく、冷静に準備をすることが大切である。基本的な備品やバックアップを準備すれば、次にどんな危機が訪れても対処できるようになり、より安心できるようになるはずである。

どのように準備するか、何を買いだめするかについては、個々の状況、場所、経済的手段によって異なる。農家と清流に囲まれた田舎に住んでいる人と、コンクリートジャングルに住んでいる人とでは、状況が大きく異なる。

だから、自分の周りの環境と個人の状況を把握すること。そのうえで、自分にとって最も緊急に必要なことを解決する方法を考えてみてほしい。例えば、

 浄水用のタブレットやドロップ、あるいは病原体やその他の不純物を除去できるベルキーなどの独立した浄水システム

(ポンプが停止して水道水が出ない場合に備えて、自宅の水道とは関係ない浄水システムという意味)などを備蓄しておくことだ。

汚染された水を飲むと深刻な病気や死に至る可能性があるので、小さなサバイバル用浄水器でもないよりはましである。雨水桶を雨樋に接続しておくのも良いアイデアである。庭の水やりにも使えるし、最悪の場合、飲料水、料理、スポンジバス用の新鮮な水源が確保できる。

保存可能な食品と生鮮食品をまとめ買いする

たとえば、フリーズドライ食品は25年以上の賞味期限がある。缶詰や、米や豆などの乾燥した主食も、適切な条件下では、賞味期限を過ぎても保存可能だ

鮭の缶詰、タラの肝臓の缶詰、イワシの水煮(植物油で保存されたものは避ける)ナッツ、粉ミルクホエイなど、水に混ぜて使うタイプの栄養パウダーもおすすめだ。

食品は湿度の低い冷暗所に保存するのが理想的だ。米や豆などのバルクパックは、脱酸素剤と一緒に食品用の密閉バケツに入れて保存するとよいだろう。真空パックにすれば、保存期間も長くなる。

参考記事
バケツ(ペール缶)で食品を保存して節約
6月 3, 2022 by Scott 非常食をバケツに大量に保存する方法を学ぼう。バケツ貯蔵用の安価なサバイバル食品プライムは、安価なままとは限らないし、食糧難に陥れば入手できなくなる可能性もある。価格が上がっていることは間 ...
エネルギーのバックアップ

エネルギー不足、ブラウンアウト、計画停電、電力網の完全停止などに備えて、ガス発電機やJackeryやInergyなどの太陽光発電キットなど、一つまたは複数の電源バックアップを考えておくとよいだろう。バックアップ電源があれば、数日以上電気が止まってしまっても、数百ドル分の食料が失われることを防げる。

規模を拡大し、余裕のある範囲で多様化する。理想的なのは、複数のシステムを導入することだ。ガス発電機しか持っていない場合、ガスが不足したり、価格が2桁に高騰したらどうするのか?逆に、曇り空で太陽電池の充電ができなかったらどうするのだろう?

調理のバックアップ

停電の間、水や食料を調理する方法も必要だ。電気も火も使わないソーラークッカー、小型のロケットストーブ、プロパンガスで動くキャンプ用コンロ、バックアップバッテリーに接続できる12Vの鍋などがある(ただし、これらに限らない)。

 家庭菜園を始め、基本的な技術を身につける

自宅で生産できる食料が多ければ多いほど、より良い暮らしができるようになる。最低限、発芽の種を買い込んで、芽を育てておく。スプラウトは栄養価が高く、栽培も簡単で、数ヶ月ではなく数日で食べごろになる。

もしスペースがあれば、庭を作り、地域の規制が許せば、ニワトリを飼い、安定した卵を供給することもできる(ただし、ニワトリも追加の餌が必要になる場合がある)。

ガーデニング
「ガーデニング」の記事一覧です。

また、缶詰やピクルスなど、基本的な食品保存の技術も学び始めよう。最初は難しく感じるかもしれないが、実はそれほど難しいことではない。例えば、洗っていない生の自家製卵は、1クォートの水に1オンスの石灰(水酸化カルシウム、別名「ピクリングライム」)を加えた石灰水で保存すると、冷蔵せずに賞味期限が約2年延ぶ21。

石灰水によって卵は密閉され、腐敗を防ぐことができる。卵を使用する前に、必ず石灰を洗い流してほしい。ただし、市販の卵の場合、ブルームと呼ばれる保護膜が洗浄時に剥がれるため、この方法は使えない。

発酵野菜も簡単に作れるし、畑の収穫物を長期保存することができる。私の発酵野菜のレシピを参考にしてほしい。下のビデオでは、スターターカルチャーとキネティックカルチャーの瓶の蓋を使うことの利点を説明している。必需品ではないが、野菜が発酵するときに出る臭いをカットすることができる。

 

劇的な変化を期待する

グレート・リセットには、世界の食糧システムの再構築が含まれていることを忘れないでほしい。そのため、現在の問題は何一つ効果的に対処・対策されないと断言できる。

彼らは、現在の食糧システムが崩壊することを意図している。そうすれば、特許を取得した実験室栽培の合成食品や遺伝子組み換え食品に基づく新しいシステムを導入し、デジタルID、二酸化炭素排出量追跡、プログラム可能な集中デジタル通貨とともに、食べたものだけでなく、あなたが行う他のすべてのことを追跡して、問題を「解決」できるからだ。

最終的な目的は世界人口の完全なコントロールであり、そのためには食糧システムを含む現在のシステムの破壊と解体が必要となる。この意図的な混乱から抜け出す唯一の方法は、自給自足をして、グローバリストの支配から離れた場所で、代替の並行システムを作ることだ。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました