WEF/グレート・リセットプロパガンダ・全体主義マスク世界健康評議会(WCH)・WHO未来学・シンギュラリティー・人工知能

ありふれた光景の中に隠れる 医療用マスクに隠されたテクノクラシーの専制政治
Hiding in Plain Sight: Technocratic Tyranny Behind a Medical Mask

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

propagandainfocus.com/hiding-in-plain-sight-technocratic-tyranny-behind-a-medical-mask/

2022年5月22日

著者紹介

ヴァレリー・キリー、ダニエル・ブローディ

はじめに

過去250年の間に形作られたハイテクによる世界支配は、それを支えるプロパガンダによるところが大きい。プロパガンダは人類を普遍的な集団に統合し、権力者に利益をもたらす方法で物質世界とその多様な資源と自然プロセスを捕らえ、支配し、操作するものである。金銭的利益の熱心な追求は、我々をますます技術開発へと駆り立てるが、それはまた、我々が求める技術革新と、技術革新の拡大においてより効率的に進むべき道についての新たな認識を我々にもたらす。その結果、将来の利益が増大する。しかし、この「概念化-生産-利益-技術革新」の永久的なフィードバック・ループには、世界をここまで発展させたシステムに精神的、金銭的に完全に投資している人々には、ほとんど気づかない弱点があるようだ。

物理的な限界を超えるための道具や、限られた知識を応用するための技術を求めるという、人間としての自然な探究心は、堕落し、損なわれている。このイデオロギーは、利益と権力に対する非合理的な欲望を持つ人々に、テクノクラート的封建主義の指示を生活のあらゆる場面で実現するよう命じている。マーティン・ルーサー・キングが観察したように、ビッグ・テクノロジーの世界的支配は、一種の「悪魔の破壊的吸引管」として理解することができ、自然界、物質資源、時間、エネルギー、身体、知性を吸い上げ、精神的にも肉体的にも、自分自身の刑務所の建設に参加するように欺かれている。新しいテクノロジーの可能性に利益が潜んでいるように見えると、吸引管が動いて別の魂を吸引する。この大きな技術の宇宙の中心には、本質的に価値のある商品と結びついていない中央銀行の通貨というブラックホールがある。

我々は裸でこの世界に入り、広大で容赦ないプロパガンダ・システムに直面する。このプロパガンダは、人生におけるすべての高尚な追求は、この最大の詐欺を手に入れることにかかっているという広範な神話に我々を引き込む。貨幣は、後期資本主義における卓越した技術であり、現在では、現在の装いの新しい、より効率的な形態(不換紙幣)に変容する恐れがある。何千年も使われてきた通貨という物質的媒体は、今日では中央銀行の世界的システムによって所有され、再生産されているが、やがて新しい技術、すなわちデジタル・ビットとバイトによる貨幣へと変異していくだろう。もしテクノロジーが、我々の目的をどのように適用するかという知識のギャップを埋めるものであるとすれば、貨幣は自由と富へのすべての門を(アン)ロックするキーテクノロジーとなるだろう。

この記事は、国民の認識を管理し、この巨大な欺瞞のシステムを支えるという任務を負った主流メディアの主要な神話作家によって組み立てられた、主要な技術開発の歴史をたどるものである。我々の目的は、人類の救世主と主張されるテクノロジーについて概観し、人類をこの永遠に続く技術開発の世界的プロジェクトに統合しようとするプロパガンダについて批判的な分析を提供することだ。マイケル・レクテンワルドが観察するように、テクノクラートの専制政治は「ビッグ・デジタル」の支配者たちによって維持されている状態であると我々は考えている。

メガデータサービス、メディア、ケーブル、インターネットサービス、ソーシャルメディアプラットフォーム、人工知能(AI)エージェント、アプリ、そして発展途上の独占企業…(これらは)…国家によって組み込まれるか、新しい企業国家権力の要素となる。

コビッド19のプロパガンダを例に、記事を8つのセクションに分ける。最初の章では、精神分析における理論に基づいた大衆説得の組織的システムとしてのプロパガンダの近代史と、このシステムがその後いかに戦争や政策、製品を売るために権力中枢によって利用されてきたかを取り上げている。コビッド19危機の展開は、グレート・リセット、第四次産業革命(あるいは新世界秩序)などと呼ばれる新しい社会・経済・政治・宗教的秩序への同意を得るための手段として機能してきたのである。2つ目は、政府や官庁が大手ハイテク企業と連携して、メディアを通じて国民の認識を作り出し、管理する方法を取り上げる。3つ目は、疑わしい国家政策や計画の順守を製造するために、視聴者の感情がどのように操作されるかに注目する。4つ目は、ハイテク・プロパガンダが、多国籍企業の巨大なハイテク企業から資金提供を受けている、選挙で選ばれたわけではない巨大なグローバル官僚機構に、いかに国家主権や民意を損なわせるかを取り上げている。

第5章では、政府、情報機関、大手ハイテク企業が、長年計画されてきた新しいバイオセキュアなデジタル経済の技術的構造を開発する際の相互関係と重複する利益について論じている。第6章では、武器の開発とハイテク医療との関連について論じる。第7章では、PR会社によって行われた過去のプロパガンダ・キャンペーンを振り返る。それらは共通の敵を特定し、怒りとヒステリーを煽り立てる役割を果たした。最後のセクションでは、過去から現在に至るまで、心理的・技術的プログラムを通じて計画された大衆欺瞞と社会統制のパターンと、これらの公式プログラムが未来に何を予兆しているかについて論じている。

1 ビッグテックのプロパガンダはこれまで何を売ってきたのか?

まず、プロパガンダの技術が精神分析学の研究によってもたらされ、その後、今日パブリック・リレーションズ(広報、戦略的コミュニケーションなど)として知られるグローバル産業で体系化され応用された前世紀に目を向けることが有効である。エドワード・バーネイズは、その代表作である『プロパガンダ』(1928)の中で、「蒸気機関、複数の新聞社、公立学校、つまり産業革命の三位一体は、王から力を奪い、民衆に与えた」と指摘している。王が失った権力を民衆が手に入れたのである。経済力は政治力を引き寄せる傾向があり、産業革命の歴史は、その力がいかに王と貴族からブルジョアジーに移ったかを示している。普通選挙と普通教育はこの傾向を強め、ついにブルジョアジーさえも一般民衆を恐れるようになった。大衆は王になることを約束したからだ」。

しかし、貴族が失ったものは、過去250年の短い期間に、Peter Phillipsがその著書で述べているように、多国籍企業の「巨人」の手に集約されたグローバル・パワーという装いで取り戻されたのである。政府と手を結んだこの時代の巨人たちは、民主的な選挙プロセスを弱体化させ、大衆から自分たちの生活を再生産する能力を奪う政策とエリートの力関係を神秘化するために働いている。大衆文化の一員として、我々は公立の学校やメディアで消費するために作られた広報メッセージの厚いベールに包まれ、心を麻痺させ、消費者の理性的プロセスを消し去り、重要な公共的重要性の問題から注意をそらしている。マスコミュニケーションの技術は、明らかにすると同時に隠すものであり、市民を必要な幻想にさらすことで収奪システムへの同意を作り出し、世間の目から経験的な世界を隠している。

パワーエリートと現代のプロパガンダの関係の説明として、政治社会学とメディア社会学の教授であるPeter Phillipsらは 2017年に「帝国、戦争、資本主義を売る」と題する章を執筆している。「トランスナショナル資本家階級に奉仕する広報・宣伝企業」と題する論文を発表した。著者らは、「ニュース」の80%以上が、企業、政府、軍事-情報機関、および多国籍エリート「超階級」(別名:管理職技術者貴族)を代表するPRP(public relations and propaganda)企業によって「ニュース」組織に供給されているグローバルニュース制作装置について説明した。その超国家的な超階級は、「ダボス会議に出席し、プライベートジェットに乗り、巨大企業と連動し、政策を構築する世界のエリート-グローバルなパワーピラミッドの絶対的頂点に立つ人々」によって構成されている。グローバルパワーピラミッドの頂点には、「世界銀行、国際通貨基金、G7(グループ・オブ・セブン)G20(グループ・オブ・トゥエンティ)世界社会フォーラム、三極委員会、ビルダーバーググループ、国際決済銀行、その他の超国家組織がある」のだそうだ。

その意味するところは 2017年にフィリップスらが書いたように、「ジャーナリストは、企業のニュースメディアにおいて、PRP企業や政府のプレスリリースにますます依存した二次的立場をとっている。.. 今日の世界は、PRP-軍産-メディア帝国があまりにも強力かつ複雑で、大半のニュース会場において、世界の出来事に関する基本的真実が隠されるか、偏向されるか、単に全く報道されないことに直面している 」ということなのである。

軍産メディア複合体の火力における重要なメカニズムは、たった3つのチャンネルを通じて西側メディアに情報を流すことだ。スイス・ポリシー・リサーチという組織は、「これはメディア・システムの最も重要な側面の一つでありながら、一般にはほとんど知られていない。西側メディアの国際報道のほとんどは、ニューヨーク、ロンドン、パリに拠点を置くたった三つのグローバル通信社によって提供されている」と指摘している。ロイター、AFP、APの3社は、ゲートキーパーとしてだけでなく、「プロパガンダの伝達者」としても機能している。このように、今日の世界は、企業統合と民主主義的機関の掌握という強力な力によって支配されている。「スイス・ポリシーの分析によれば、「これらの機関が果たす重要な役割は、西側メディアがしばしば同じトピックについて、同じ言葉を使ってさえ報道することを意味する」。

2020年初頭、世界的なニュース宣伝マシンの威力を示すかのように、世界の人々はあるニュースサイクルの間に眠り、翌日、まるでスタートレックのスコッティに転送されて、根本的に新しい社会や政治の現実を知るかのように目を覚た。武漢の水上マーケットから逃亡した謎の新型殺人ウイルスのニュースがヘッドラインで一斉に流され、市民は混乱と恐怖と混沌をニュースとしてパッケージングされた情報電撃戦にさらされることになった。レガシー・メディアとソーシャル・メディアのプラットフォームが力を合わせ、ストーリー、最新情報、断片的な情報、数字、警告、発表、分析、公式アドバイスなどの形で、断片的な爆発的事実を延々と展開し、非衛生的かつ非人道的に処理されている動物、防護服を着た職員、死んでいく人々などの鮮明な画像で満たされている。このような世界的な騒乱のシミュレーションによって、市民は自宅の安全、そして答えの確保に躍起になった。決定的な答え。首尾一貫した答え。どんな答えでもいい。そして、早く。

新型の致命的なコロナウイルスだ!

あなたは無防備だ!

誰もが危険だ!

あなたはバイオハザードだ!

家にいなさい!

指示に従え!

ヒステリーと混乱の雲行きが怪しくなり、「新しい日常」の輪郭が見え始めると、ビッグ・テックは、ブレイブニュー・マントをまとって混沌の渦の中から現れ、ブレイブニュー分野の門番の栄冠を手に入れたのである。サイエンス(The Science™)である。サイエンス」(別名アンソニー・ファウチ)が進化し、ビッグ・テックが許容される意見の境界をパトロールする中、呆然と殻に閉じこもった市民は、以前の知識の破片と格闘し、まるで自分の生存がかかっているように、今起こったことを合理的に理解しようとした(GoogleとFacebookはそう伝えている)。その過程で、彼らは慣れ親しんだニュースやソーシャルメディアのフィードに命からがらしがみつき、怯えた子供のように固まった抱擁で、好みの情報源をこれまで以上に強く握りしめていることに気がついたのだ。

ウイルスと戦うために、つまり生き残るために、信頼できる情報を毎日得るには、他にどこに頼めばよいのだろうか。自分たちが突然住むことになった、新しく混乱した生物学的に危険なミクロの世界を、他にどのようにナビゲートすればよいのだろうか。最愛の友の呼吸や触覚に潜み、自分自身を致命的な病気の媒介者に変えてしまうかもしれない謎の致死的病原体に、いつでもどこでもつきまとわれているトラウマを和らげるために、彼らが切望する万華鏡のような医療アドバイスを提供してくれるのはビッグテックとビッグメディア以外にはいないのだろうか?そして、ビッグ・テックとワールド・ワイド・ウェブ以外のどこに行けば、日常生活を続けることができるのだろうか?自然界から追放された我々にとって、媒介されたオンラインの世界だけが頼みの綱だったのだ。

そうして、ビッグテックは、急速に回転するニュースサイクルを展開し、我々の生活の奥深くにまで入り込み、その物語を大衆の心や一人ひとりの精神に不可欠な要素にしたのである。かつてテクノロジーは便利で助けになるものだったが(時には邪魔になることもあったが)今ではそれなしには生きていけない。擬似的な医療戒厳令を伴う世界的な健康上の緊急事態が、ビッグテックに単なる同意だけでなく社会的な共生を可能にした。Facebook、Microsoft、Googleにとっては小さな前進かもしれないが、デジタル経済と新しいメタヴァースの来るべき仮想時代にとっては大きな飛躍である。

ダボス会議に出席し、プライベートジェットに乗り、政策立案をする世界のエリートを代表する世界経済フォーラムの創設者クラウス・シュワブは、ブレイブ・ニュー・テクノロジーの次の課題は、「お金を稼ぎ、人間関係を構築する環境を含む」仮想現実への没入であると告げている。..オフラインとオンラインの区別はますますあいまいになり、識別が難しくなり、現実そのものの意味が進化するだろう」[1]。

グローバル金融は同じ賛美歌から歌い、長い間計画されてきたデジタル経済と仮想世界に、技術的に強化された人間たちを充満させることに賭けている。2021年、バンク・オブ・アメリカは「ムーンショット」投資アドバイスを発表し、ブレイン・コンピュータ・インターフェイス、感情AI、バイオニック・ヒューマン、合成生物学、「インターネット/物理的世界に取って代わる相互運用する仮想世界 」の宇宙など、金融の恩恵を約束する儲かる「破壊の領域」14項目を挙げている。ブルームバーグは、バンク・オブ・アメリカのムーンショットについて、「将来に向けて注目される14のテクノロジーは、現在、市場規模が3300億ドルに過ぎない」と書いている。これらを合わせると 20-30年代には年36%増の6兆4000億ドルに達する可能性がある。ちなみに、S&P500企業の利益は、歴史的に年6%成長している。バンク・オブ・アメリカの上位3社の株主には、世界最大の資産運用会社であるブラックロックが含まれている。ブラックロックは、「国家と金融寡頭政治の境界が事実上存在しない」ほど、「世界の秘密権力」「政府の第4部門」と称され、金融による社会統制が可能な、来るべきデジタル生体認証アイデンティティと経済の銀行業務とデジタル/暗号通貨の側面で中心的役割を果たすと予想される。

一方、マイクロソフトは 2020 060606という不思議な番号の特許を申請している。これは、人間の身体と脳の活動データを収集し、暗号通貨の採掘と授与に使用し、スマートフォン、コンピュータ、またはモノのインターネットや来るべき身体のインターネット上の画面なしデバイスなど、ウェブに接続されたデバイスに送信することができる技術である。体温、体内画像、眼球運動、血流、脳の電気的活動など、さまざまなタスクの実行中に収集・送信されるデータである。このような内部および外部の身体活動データが収集されるであろうセンサーは、特許出願によれば、「例えば、機能的磁気共鳴画像(fMRI)スキャナーまたはセンサー、脳波(EEG)センサー、近赤外線分光法(NIRS)センサー、心拍モニター、熱センサー、光学センサー、無線周波(RF)センサー、超音波センサー、カメラ、あるいは身体活動を測定または感知できる他のセンサーまたはスキャナー、人体をスキャンすることができるがこれに限られない」ものである。例えば、fMRIは、血流に関連する変化を検出することによって身体活動を測定してもよい。fMRIは、磁場と電波を使用して、身体の詳細な画像(例えば、活動領域を検出するための脳内の血流)を作成することができる。” これらのデータを外部機器やブロックチェーンに送信するセンサーがマクロ、マイクロ、ナノのどれになるかは、ヒト・動物・製品のホストへの装着および/または移植の方法と同様に、大きく開かれている。

リアルタイムの大量モニタリング、身体の自律性、デジタルアイデンティティ、デジタル通貨、仮想世界との統合がもたらす意味は、特に第4次産業革命の巨人たちによる、デジタル、身体、生物のアイデンティティがまもなく融合するという宣言を考えると、極めて憂慮すべきものである。イーロン・マスクは、「デジタル超知能」が権力者によって人々に武器として使われるリスクは「核兵器よりはるかに危険だ」と警告している。しかし、同時に彼は、AIの優位性に我々の有意義な社会参加を委ね、生物学的知性とデジタル機械知性の融合、あるいは脳とテクノロジーの融合に避難することが必然であることを売り込んでいる。ビッグテックの宣伝文句に登場する華やかさの多くは、人間を自らのデジタル洞窟のメタバースに縛り付けているデジタルの鎖の張力をごまかし、隠している。このようなシミュラクルでは、住民は媒介された超現実を、ビッグテクノロジーの巨人が新世界経済に参加できる者を判断する力を蓄えて使っている経験的世界と勘違いしているのだ。しかし、我々はどのようにしてここまで来たのだろうか?どこに不満があるのだろうか?人類はどうなってしまうのか?

シミュラクル:現実との対応関係から解放され、もはや現実を反映する必要のない純粋な記号としての「もの」やイメージまたはそれらのシステムを意味する(原語はフランス語)

2. 情報を使って幻想を作り出す。ニュースとしての呪文

ビッグ・テクノロジーは、グローバルなシミュラクルにおいて人間の存在を許容することで得られると主張される利益を伝える中心的存在である。2014年、The Interceptは、エリートが権力構造とその重要な関係を欺くことによって維持し、それによって、本来なら拒否するはずのアジェンダに人々が無意識に従うように仕向ける戦術を覗き見ることができるように、世界を欺くことを任務とする人々のために作られた一連の流出したトレーニング資料を公開した。この教材は、英国の合同脅威研究情報グループ(以下、JTRIG)–テロリズムの問題をターゲットにすることを任務とする英国信号情報局GCHQのサイバー作戦ユニット–によって開発されたものである。2014年に出版され、最近では「テロリズム」の意味が、一般的な政治的常識に疑問を持つ者にも拡大したため、JTRIGの教材は、大衆操作と支配がどのように達成されるかを理解する上で極めて重要なものとなっている。訓練教材は「欺瞞の技術」と呼ばれた。Training for a New Generation of Covert Operations)」と呼ばれ、NBCニュースが2010年と2012年に開催したNSAのサイバースパイ会議において発表された。

9.11,そしてそれに続くすべての世界的な心理作戦は、公共の言論を破壊し、反対するグループ、機関、または政府を「テロリスト」(または「テロリスト」の同調者)に変えてしまったので、我々はJTRIG資料を採用して、我々の分析の枠組みを作り、読者にビッグテクノロジーのプロパガンダ技術が集団に対して展開される方法をより深く理解してもらうようにする。

エドワード・スノーデンによるJTRIGのリーク文書は、「世界のあらゆる地域」で「サイバースペースにおける影響力」を達成するために関連する心理学と認知科学の文献を要約したものである。JTRIGが「ターゲット」と呼ぶ聴衆を「欺き」、「混乱させ」、「劣化させる」ことが仕事の順序だった。コミュニケーション・プラットフォームとして使用されるテクノロジーは、Facebook、Twitter、Webページ、世界のニュースメディアなどである。これらの伝達手段を利用するために、「ニュースメディアの構築」と「メディアの金融構造」への配慮がアドバイスされた。騙して操る対象は、個人から集団、そして「地球規模」の「一般大衆」である。訓練の究極の目的は、人間の知覚と行動を効果的に操作し、「リアルワールドまたはサイバー世界で何かを起こす」ことができる「サイバー・マジシャンを作り出す」ことであった。感染による死亡率が0.1%程度のウイルスから、恐怖にさらされた人々を自発的に「その場に避難する」ように仕向けるのは、その一例だろう。反射的に行動し、蚊に対するチェーンフェンスと同じくらいウイルス粒子に対して有効なマスクを着用するように仕向けるのもその一つである。

JTRIGの文書に記載されている社会的条件付けのアプローチの多くは、手品、知覚的錯覚、「詐欺の原理」の戦術を展開することを中心に展開されている。これらはすべて、人間の情報処理システムの脆弱性を利用し、「ターゲット」が目の前にあるものを見ないようにし、代わりに、そこにないものを見るように仕向けることに依存している。家に閉じ込められ、公民権を剥奪され、強制的に注射され(レイプされ)すべての反対意見を検閲または禁止されたときに、全体主義の重要な戦術を見ることができないのは、その一例であろう。「新型」コロナウイルス™(生存率99.86%)を街角で見かけることも、その一例だろう。安全なものは危険だ。危険なものは安全である。JTRIGは「本物と偽物を交換し、その逆もしかり」と指示した。

サイバーマジシャンは、どのようにしてこのような知覚の妙技を実現するのだろうか?サブリミナルメッセージか?秘密の催眠術?電子的なマインドコントロール?可能性はある。無意識の市民を対象に行われたMKウルトラの研究から得られた膨大な知識は、新しいバイオテクノロジーやナノテクノロジーが開発されるにつれ、秘密の精神操作や行動修正の技術に反映されるようになったのかもしれない。神経科学者で、DARPA、ペンタゴン、米特殊作戦司令部の生物戦およびバイオセキュリティの専門家であるジェームズ・ジョルダーノ博士は 2018年に、標的となる個人の思考や行動は、従来の情報的手段だけでなく、生物学や神経学の技術によって操作することができると説明している。同氏は「サイバー連動型神経認知操作」「指向性エネルギー装置」「ナノニューロテクノロジー」「経頭蓋神経調節」などを挙げた。ジョルダーノは、Westpoint Modern War Instituteで、「The Brain is the Battlefield of the Future 」と題した講演で、「個人を細胞のレベルからシステムのレベルまで混乱させ、個人から社会構造に至るまで様々なレベルで混乱させることが可能である 」と語っている。

プロパガンダで社会組織を混乱させるという点では、国家とその認識管理装置は何十年も前から手品師の技術を展開してきた。第二次世界大戦中にイギリス軍で「マジック・ギャング」を率いたジャスパー・マスケリーンから、1950年代にCIAで働いたジョン・マルホランドまで、彼の手品技術は秘密活動に適応され、「CIA Manual of Trickery and Deception」で最高潮に達しており、幻影術は現代の統治の構造そのものに織り込まれているのである。2012年、JTRIGは自らを 「conjuring with information 」と表現した。JTRIGは、世界を欺く構成要素を示すスライドで、すべての事例における基本的な「構成要素」は、1つの単純だが重要な人的資源である「注意」を制御することから始まると説明している。

JTRIG 2014,スライド18/50

パーセプション・マネジメントは「アテンション・マネジメント」であるとJTRIGは指摘する。その「欺瞞の策略」のマトリックスの最初のステップは、「注意をコントロールする」ことであり、レガシーメディアの生死を左右する格言である。例えば、ゴリラの着ぐるみを着た人間が、観客の目の前でスクリーンを横切り、フレーム内の他の人が前後に投げるボールの回数を数えるよう視聴者に指示すれば、見えないように歩くことができるという発見を考えてみよう。人間の心のスポットライトである「注意」は、その視野の中にあるものを目に見えるようにし、認識できるようにし、その視野の外にあるものを知覚の暗闇の中に追いやる。だから、COVIDの症例数、入院数、死亡数、警告、勧告、規制、The Science™、ワクチン接種率など、日々刻々と変化する情報に注目が集まる中、我々に迫ってくる技術専横の怪物には、医療用の変装はほとんど必要ないだろう。それは、ゴリラの着ぐるみを着た人がニュースの合間に見え隠れしているのと同じように、目に見えないのである。

JTRIGの心理学用語で「影響」と呼ばれる感情を強めることで、注意の目くらまし効果を高めることができ、同時に、何もないところから作り出される感情の投影のために知覚の背景を準備することができる。JTRIGは、「認知的ストレスを与える」「生理的ストレスを与える」「感情的ストレスを与える」と助言している。そして、殺人ウイルス、毎日の死の警告、軟禁、経済破壊、隔離、強制、規則、分裂、孤立、終わりの見えない状況より優れたテクニックがあるだろうか?ストレス下では、ターゲットは反射的、自動的、感情的に反応する傾向がある。したがって、恐怖や怒りといったプロパガンダに適した感情がより容易に呼び起こされる。恐怖や怒りは、殺人ウイルス、ワクチン未接種者、反マスク者、テロリストといった脅威の源に、レーザーのように注意を集中させる。これらはすべて、不合理な固定観念と盲目的な行動を引き起こす。

一方、闘争・逃走反応は、共通の敵に向けられるのを待つ引き金になっている。予防接種を受けていない隣人、反対意見の科学者、抗議者、独立した思想家は、出来合いのプロパガンダの中傷で撃墜されるよう脅かされる。コビディオット、反ワクチン派、陰謀論者、フリーダム・ファイター。JTRIGはその秘密欺瞞マニュアルの中で、「共有感情を利用する」と説明している。「人は合理的な理由ではなく、感情的な理由で決断を下す」と。JTRIGの効果とオンラインHUMINT作戦のための行動科学サポート」と題する補足文書の中で、防衛省の心理学者は、欺瞞の技術の一部は、例えば宣伝者の邪魔をする人々の「信用を落とし」、「中傷」、「品位を落とし」、「不信を促進」することだと説明している。サイバーマジシャンにとっての価値は、否定された宣伝対象に対して民衆が溜め込んだ感情を吐き出すことで、現実を覆すことができることだ。言論は危険で検閲は安全、政府は味方で味方は敵、自由は罠だが囚われは自由にしてくれる、これが「今日の公式敵」™の提供するところだ。ハートの女王をスペードのエースにすり替えるのが騒ぎに紛れて行われるように、社会政治の世界で本物を偽物にすり替えるのは、感情で「おとり」「目くらまし」しながら行われるのである。それは、コロナウイルスの変異株を帽子から取り出すようなものである。

3. イリュージョンの高等技術

パワーエリートは、ターゲットの知覚の盲点の暗闇に潜むように、大衆が関与できる別の現実を投影し、大衆を動員して、精神的にも肉体的にも自分たちの牢獄を建設させなければならない。この点で、プロパガンダの専門家の仕事は、ターゲットの行動を望ましい方向に誘導することができる幻想的な知覚を誘発することだ。この「呪術」の鍵は、期待を管理することだ。

JTRIGは2012年、サイバーマジシャンたちに「我々は、自分が見たい、聞きたい、感じたい、嗅ぎたい、味わいたいと強く思っているものを見たり、聞いたり、感じたり、味わったりするように偏っている」と伝えている。例えば、ボールは、見る人の期待によって空中で消えることができる。何度もボールを上に投げた後、マジシャンがもう一度ボールを上に投げるジェスチャーをして、膝の上にボールを落とすと、観客の多くは期待通りにボールがマジシャンの手から離れるのを見ることができる。そして、彼らの知覚システムが現実に追いついた瞬間に、ボールが消えるのが見える。

そして、社会的、政治的な認識も同様である。感情が高ぶり、注意が集中した状態にある集団は、自分が見たいと思ったものを見る。例えば、医療化された市民は、自分たちの命におびえ、あらゆるウイルスに目を奪われている。何が真実で何が真実でないかを決定し、科学的現実を定義する自由な力をビッグ・テックが持つという仮定は、それゆえ、専制政治としてではなく、健全な医療アドバイスとして見られる。ソーシャルメディアのゲートキーパーがテクノクラシーの反対者を黙らせることは、検閲でもなく、全体主義的コントロールでもなく、The Science™(別名、ニューノーマの経済)を守ることだと考えられている。デジタル化された通貨、アイデンティティ、経済の台頭は、バイオメトリクス管理網としてではなく、「一緒に分離」して「COVIDセーフ」を維持するという優れた医療衛生と見なされている。そして、これらすべての手段によって人類がテクノロジーの奴隷となることは、The Virus™を根絶することだと考えられている。あなたはテクノクラシーを、私は医学界のエスタブリッシュメントを見る。「本物を隠し、偽物を見せる」JTRIGは、熟練したマジシャンのような洞察力で指示した。

COVID-19「ワクチン」の展開にも、同じレベルの演出が施されている。COVID-19や血栓形成、臓器破壊、新型遺伝子ベースのワクチンによる医学的・微生物学的危害に焦点を当てたCOVID物語の両側のモニタリングの目により、COVID注射は技術的というよりむしろ製薬的ツールとして概ねポジティブな公共イメージを享受している。医学的、科学的な期待に包まれ、ストレスと恐怖に浸され、技術的な奴隷化の道具としての中心的な役割は、まばゆく、まぶしく、反対を招く、医療上の蜃気楼の陰で、かすかで不十分な定義のままである。

コビッドワクチンはビッグファーマに歴史的な利益をもたらしたが、新興のテクノクラート的世界秩序に対するその有用性は比較にならないほどである。強制的な世界的予防接種キャンペーンは、デジタル通貨社会的信用様式の金融および生体認証管理への複数のエントリポイントを持つワクチンパスポートを介した、世界的デジタルID課題の槍玉にあげられている。さらに、ファイザーやモデルナがCOVID-19の下で推進しているような定期的なバイオ・ナノ注射(アップデート)は、身体のインターネット、ヒューマン・マシンやブレイン・ウェブ・インターフェースなどの第4次産業革命技術や、人間への技術的アップグレードを展開するために必要なグローバルなハードウェアの配信システムを提供している。2012年にmRNAワクチン開発のための産業界への資金援助の後押しが、その防衛高等研究計画局(DARPA)を通じて、医療界ではなく米軍からなされたことは、ワクチン接種キャンペーンの中心ではなく、脚光を浴びるものとして受け止められている。つまり、医学的、微生物学的データが証明しているように、米軍がもたらしたCOVID-19という名の注射は、公衆衛生対策としては必要でも効果的でもなかったのである。しかし、社会病質的なテクノクラシーが支配する新しい世界のためのデジタル・インフラの重要な要素なのである。

医療対技術というような期待値を引き出す知覚力を説明するために 2012年にサイバーウィザードを目指す人たちに鳥の画像を見せました。あるいはウサギ。画像のフレームによって、「イースター」や「バッグス・バニー」などの期待でプライミングされた観客はウサギを見る傾向があり、「飛行」や「翼」などの概念でプライミングされた観客は鳥を見る傾向があるのだそうだ。

JTRIG 2014,スライド22/50

あなたにはワクチン接種キャンペーンが見える。私には第四次産業革命が見える。

4. 世界の「健康」ステージのアクターとしての世界保健機関(WHO)

優れたマジシャンならおわかりのように、手品には技術的な熟練だけでなく、演技力や演劇的なスキルが必要だ。説得力のあるシナリオを演じることは、観客の注意を引きつけ、見物人を幻想の世界へいざなうのに十分な感情を呼び起こすために重要である。JTRIGは、マスメディアの消費者を欺くという意味でも、説得力のある演技の重要性を忘れてはいなかった。「エレガンス」と「クリエイティビティ」を駆使して「ターゲットの心の中に、受け入れるべき経験を構築し、それを悟られないようにすること」とJTRIGはアドバイスしている。信頼できる味方を装うことも、計画の一部だった。潜入のための「模倣」、「ミラーリング」、「シミュレーション」は、信頼関係の構築、共感の「ゲーム」、安全やセキュリティなどターゲットのニーズを利用することと同様に、すべて重要な戦術だったのである。

ビッグ・テックが世界的な権力のマトリックスに密かに法的な導管を敷設しているように、WHOはその中心的存在で、技術的専制政治が隠れることができる本物の医療介入という幻想を世界に抱かせる上で、現時点では主要な役割を果たしている。

ウクライナに注目が集まる中、WHOは、パンデミックの予防と対策に関する国際条約という名のもとに、良質の官僚主義的偽装による前例のない権力奪取を静かに指揮してきた。2022年3月3日に国際交渉が開始され 2022年の間に起草、交渉される予定のこの条約は、WHOの下に世界規模の集中指揮のメカニズムを確立し、すべての国のパンデミック対応に対する普遍的な支配権を付与しようとするものである。この条約が締結されれば、WHOは各国の憲法や民法を上書きし、「厳格な公衆衛生措置」「デジタル化されたモニタリング」「情報風土管理」、つまり検閲を実施することが可能になる。この条約の主要な立案者の一人は、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団から資金提供を受けている「Governing Pandemics Institute」の研究リーダーである。この条約が実施されれば、国際法上の拘束力を持ち、WHOの選挙で選ばれたわけでもない官僚たちが、仲間のエリートたちによって設置され、その時々の健康危機™に応じた独裁的な命令によって世界を統治する権限を得ることになる。

このような前代未聞の世界的影響力を得るために、WHOは国際保健社会のリーダーとしての揺るぎない信頼と輝かしい評判を武器にしてきた。しかし、WHOは世界各国の健康を代表していると広く認識されているが、実際は権力の言いなりで、世界の権力ピラミッドの頂点に位置する利潤追求者のために活動している。アンソニー・ファウチ率いるFDAが、監督するふりをしている業界団体から資金提供を受けているように、そしてCDC財団の寄付者がファウチュン500のリストのように見えるように、WHOは企業による買収の模範となる存在なのだ。1948年に加盟国の資金で運営される政府機関として発足したWHOは、やがて民間からの「寄付」が流入し 2020年には予算外資金がWHO予算の8割を占めるに至った。ビル・ゲイツが「健康」という名目で世界帝国を築いたことを検証したグリーンステインとロフレドは、資金源のバランスはWHOの性格と倫理観の基本であると指摘している。なぜなら、任意の資金は「特定の目的のために利用できる・・・言い換えれば、WHOの資金の大部分は紐付きである」のだ。その紐の先には、世界有数の製薬会社やハイテク企業への介入の仕掛け人であるビル・ゲイツがいる。例えば 2020年から2021年にかけて、ビル&メリンダ・ゲイツ財団とゲイツとロックフェラーが支援するGAVIワクチンアライアンスの間で、ゲイツのWHOにおける財政的影響力は他の追随を許さず、二つの組織で総額10億ドルを超えている。

WHOが公務員から捕虜になるまでの長い間に、「強力な予算管理」を行う大口寄付者によってWHOの「使命が操作されている」という懸念が2002年にThe Lancet誌で分析された。このレベルの操作によって、当時は「政治主導の焦点」になったと分析し、「こうした圧力は高まる一方である」と警告している。12年後の2014年、グローバルヘルス関係者の証言に基づく報告書は、WHOの資金調達の取り決めが、グローバルヘルスガバナンスに対する商業的、製薬会社寄りの単一疾患アプローチを生み出し、特に医薬品とワクチンにおける市場性のある技術的介入に近視眼的に焦点を合わせていることを明らかにした。単一疾患、技術に焦点を当てたモデルは、世界的な公衆衛生の分野では「ゲイツ・アプローチ」として知られていた。このアプローチは、ビル&メリンダ・ゲイツ財団とGAVIによって、WHOと世界の公衆衛生全般で推進された。GAVIのウェブサイトには、「長期的な目標は、ワクチン市場の健全性を向上させること」と記載されている。市場寄りのグローバルヘルスガバナンスへの移行と並行して、保健政策の専門家は、医薬品やワクチンにあまり焦点を当てず、保健インフラや健康の社会的決定要因といった要素により広く焦点を当てる「保健システム強化」からの移行を説明した。「ゲイツ・アプローチ」は、それゆえ、「間違いなく貧困国の保健システムを衰退させることに貢献している」と2014年の報告書は結論付けている。

例えば、COVID-19への対応を通じて、WHOは信頼できる保健機関として説得力のある台本通りの役割を果たす一方、ゲイツ財団と共同で、新薬やワクチンの臨床試験を「非倫理的」と見なし、「緊急」の「医療対策」を迅速に市場に投入できるよう「規制促進経路」を利用したアプローチをとっている。ナノテクノロジーにとって幸いなことに、WHOのファストトラッキング機構の責任者はナノ粒子の専門家であり、mRNAコビッドワクチンなどのナノ医薬品について、より迅速な規制プロセスを提唱してきた経歴がある。

2014年の報告書では、世界の保健関係者へのインタビューについて、「ビル・ゲイツと彼の財団は、保健システムに関する米国の考え方の技術的偏向を極端に表現したものとして描かれることが多かった」と述べている。「彼らはこれに取り憑かれている」と、世界レベルの政策と強いつながりを持つ英国在住のワクチン専門家はコメントしている。「しかし、こうした新しいグローバルヘルス関係者の議題設定力は、明らかに金銭的なものだけでなく、ビル・ゲイツがグローバルヘルスのリーダーとして獲得した個人的な力を反映している。公衆衛生の専門家たちは、しばしば内心で彼を「信じられないほど強情」だと批判し、彼の技術指向のアプローチをナイーブだと揶揄したが、ビル・ゲイツは明らかに崇拝の対象にもなっている。「ビルが話すと、人々は耳を傾ける」と、ある関係者は述べている。

JTRIGの用語で言えば、ハイテク界の大物がWHOを通じてグローバルヘルスガバナンスの権力を買い、威張り散らすことは、潜入作戦の範疇に入るだろう。ロックステップ時代のCOVID-19以来、病気のコントロールと人口のコントロールは一体であり、WHOを制するものは世界を制するのである。

WHOが提案したパンデミック予防・準備条約は、それゆえ、卓越した技術者であるゲイツと、彼が代表する略奪的利益団体に、健康危機によって世界を支配する力を与えることになる。ビッグ・テックが試行錯誤の末に確立した、策略と詐欺を駆使して世界規模の健康危機を作り出すインフラは、さらに、グローバル・ガバナンスを幻想家たちの手に委ねることになる。その手は、世界の統治を医療化するだけでなく、テロリズム、政治的暴力、大量虐殺の信頼できる申し立てを含む、グローバル・リーダーシップの素顔を「事実確認」する力を握っているのである。

5. テクノロジーの勇敢で新しい未来

テクノロジーの枠組みをCOVID-19に適用すると、ビッグ・テックがあらゆる場面で目につくようになる。過去数十年に発表されたパンデミック計画のシナリオや未来文書から、ハイテク企業の巨人ゲイツがWHOに出資し、世界の「健康」政策を指揮し、GoogleとFacebookがThe Science™を取り締まり独裁し、ビッグデータ企業のパランティアがデジタルパンデミックパイに指を入れるまで、ビッグテックがCOVID潮流の頂点に乗って、Peter Phillipsのいうように世界のパワーピラミッドのピークにずっと近づいてきている。

例えば、ロックフェラー財団のロックステップ・シナリオは、COVID-19に対する世界の最も抑圧的な政治的反応の多くを驚くほど詳細に予言しており、医療や医薬品というよりも、むしろ技術的な変化を徹底的に促進することを中心に据えている。2010年の報告書は「テクノロジーと国際開発の未来へのシナリオ」と題され、今後数十年間に政治的、経済的に「テクノロジーの可能性を形作る」ために、世界の関係者が「さまざまな戦略を想像し、そしてリハーサルする」ことを支援することを目的としている。この報告書の目的は、新しいテクノロジーを「拡大・普及」させるために、「可能性の範囲についての理解」を促進することであった。

10年後に現実のものとなったシナリオ「ロックステップ」は、野生のガチョウに由来するウイルスが「世界中を飛び回る」というものであった。これに対し、指導者たちは「より強固な権力」を手に入れ、「全市民の生体認証ID 」などの新しい技術を導入した。

2020年、客観的な現実が2010年のロックステップの「フィクション」をロックステップの精度で模倣したとき、このレポートの寄稿者の一人であるピーター・シュワルツは、セールスフォースの未来最高責任者になっていた。同社は、マイクロソフトと軍事情報機関のマイトレとともに、デジタルコビッドワクチンIDシステム、ワクチン資格情報イニシアチブ(VCI)を支援しており、世界中の生体IDシステムへのいくつかの可能な導管の一つである。ロックフェラー財団は、その一部として、ゲイツ財団とともに 2021年にWHOのグローバルなデジタルワクチン認証規格に資金を提供した。そして2022年初頭、テクノクラシーの使者である世界経済フォーラム(WEF)は、デジタルIDに付随するデータの利用を管理する人工知能「データインターミディエーター」を提案した。2月に発表された「Advancing Digital Agency: 第4次産業革命センターとデータ・ポリシー・ガバナンスのWEF上級職員が執筆した「Advancing Digital Agency: The Power of Data Intermediaries」は、最も重要な日常活動にはデジタルIDを採用すべきだけでなく、データの行き先、見る人、その理由を自律したエージェントとしての我々ではなく、AIが決定すべきことを提案している。個人データ、代理権、自律性をAIに委ねることは、すべて「人間とテクノロジーの相互作用の再構築」の一環であるとWEFは書き、AIが人間の主権と同意という負担を愛情をもって軽減してくれる力を持つと賞賛している

買い物や銀行、医療やモニタリング、旅行、通信機器の入手と使用、通信サービスプロバイダーによるモニタリング、政府サービスやソーシャルメディアへのアクセスに至るまで、WEFの意向に沿えば、我々はデジタルIDを介して、すべてを見通す目、すなわち一般的なAIの視線に幽閉されることになる。

デジタルエージェンシーの推進 2022年、P.20

人間のエージェンシーをAIにアウトソーシングすることは、グローバル・テクノクラートを目指す人たちの頭の中では、差し迫った社会的ニーズとなっているのである。「許容可能なデフォルト状態への移行は、世界が人間とテクノロジーの相互作用の形而上学的状態がこれまで以上にシームレスになるメタバースの創造に向かうにつれて、これまで以上に緊急性を帯びている 」と、WEFはデジタルエージェンシー報告書に記している。「スクリーンレスのメタバースという複雑な問題に向かうにつれて、人々の「『人間らしさ』に対する理解が変容しつつある」とWEFは付け加えている。

世界的な権力ピラミッドの頂点に立ち人類を見下ろしている人々の間では、「『人間らしさ』に対する理解」が根本的に変容しているのかもしれない。しかし、人間らしさ、主体性、同意にこだわり、クラウス・シュワブによって定義された存在ではなく、自ら定義した存在としてオフラインのアイデンティティに執着する、共感的で倫理的な知識を持った現場の人間にとっては、人間らしさはこれまでと同様に人間らしく、そして神聖なものだ。

メタバースへの道を開くために、我々の伝統的な人間性の理解を変えることは、ウイルスや医学や科学とはほとんど関係がない。むしろ、この変革はトランスヒューマニスト的な第四次産業のアジェンダと密接な関係があり、それはテクノクラート的エリートの目的にかなうものである。彼らの意図は、世界経済フォーラムの巧妙で賢明な言葉で確実に言い換えられ、誤った博愛、調和、優しさの言説に彩られている。一体性と公平性のレトリックは、COVID-19の堕落に疲れた読者のための強壮剤として、世界経済フォーラムのドグマのページを飾っている。

JTRIG2014,50枚中17枚目のスライド

作られた相互の「信頼」の精神に基づき、AIは「有意義に」「シームレスに」、主権と代理権の常識的理解から、すべてを包含するデジタルシミュラクルという新しい世界へあなたを送り込む。JTRIGの訓練マニュアルにあるように、「ブレンド(と)イミテーション(模倣)」して欺く。花の上にいるカマキリが獲物をおびき寄せるために環境を「模倣」するのと同じである。

6. 医療テクノクラシーの道具 健康技術としての兵器技術

2010年のロックステップ報告書の直後、ロックフェラー財団は中国教育部とともに2013年に北京でサミットを開催し、グローバル・ガバナンスの将来についてのシナリオを再びワークショップで議論した。2010年と同様、今回は「健康」という切り口で、テクノロジーに焦点が当てられた。サミットの参加者は、ロックフェラー財団、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、世界銀行の上級代表、製薬業界の代表など、現代のCOVID-19の権力闘争の紳士録のようなものであった。CDCはビル&メリンダ・ゲイツ財団から1億7400万ドル以上を受け取り、アストラゼネカ、エマージェント・バイオソリューションズ(後にワープスピード作戦の契約者となる)フェイスブック、IBM(COVID-19に対する「データ駆動型」技術的対応のパートナー)ジャンセン/ジョンソン&ジョンソン、マイクロソフト、ファイザー、シュワブ慈善基金(チャールズ・シュワブ社)などから寄付やパートナーを受けている。本物を隠す」という命令と一致して、利益相反に関するこのような情報の門番は、現代の慣行に現れている。2022年現在、CDC財団の「寄付者とパートナー」のページは、以前は一般に公開されていたが、現在はアクセスに「承認」が必要になっている。

ロックフェラー・北京サミットは、グローバル・ガバナンス・コミュニティに対し 2020年から20-30年にかけて、「高いレベルの確実性」をもって、多くの技術的発展を期待するよう助言した。それらの技術には、「遺伝子操作や人間とロボットの混合による人間の再工学」、ナノボットとナノテクノロジー、合成生物学と「人間がデザインした生命」、オプトジェネティクス、すなわち光信号を用いた脳の遠隔モニタリングと制御、ビッグデータと相互作用する組織埋め込み型センサーなどが含まれる。自己複製するAI、遠隔医療とAIによる医療・健康サービスの提供、そして「豊富なデータ、デジタルによる人々の追跡と連携は『プライバシーの死』を意味し、物理的な交流が一過性のバーチャルなつながりに取って代わるかもしれない」という未来が待っている。 」

再び「本物を偽物に、その逆」を置き換えた2013年の北京サミット報告書に挙げられた技術は 2001年のNASA・ラングレーによる「未来の戦略的問題/未来の戦争」と題されたプレゼンテーションを思い起こさせるものであった。2013年にロックフェラー財団と中国政府が健康への介入として挙げたのと同じ技術の多くは、12年前にNASA-Langleyが戦争の道具として挙げていたものだ。NASAの文書は、「情報機関」への「警告」と称して、DARPA、CIA、DIA、FBIなど30以上の他の国家安全保障機関との先物取引の成果を列挙し 20-30年以降への技術ロードマップを提供している。

流出した講義の冒頭では、当時、世界は「トリプル/エクスポネンシャル技術革命」と呼ばれる、技術的変化が「数十年ではなく数ヶ月のスケール」で起こる渦中にあったことが述べられている。

NASAの 「ヘッドアップ 」は、国家安全保障のパートナーに対して 2020年までに世界がバイオ・ナノ時代の幕開けを迎えることを警告するものであった。バイオ・ナノの未来は、テレ・エブリシング、人間の遺伝子組み換え、AI、合成生物学、スマート・ダスト、サイボーグ、「識別とステータス」目的の「すべて/すべての人」のマイクロ波尋問による「密かなナノタギング」、ブレイン・マシン・インターフェース、通信・計算・感覚拡張・健康モニタリング・脳刺激機能を備えた装着型/埋め込み型の個人用電子機器を含む技術革新を伴うものであった。2020年のバイオ・ナノ時代に続いて、メタバースが本領を発揮する不特定の時期に到来する仮想時代が来る予定だった[2, 3, 4]。

このような技術の必要性をNASAは指摘し、それに比べて人間は「大きく、重く、柔らかく」、「物流的に」大変であるなど、「ますます重大な制限/欠点」を持っていることを指摘した。その結果、「人命救助、手頃な価格、有効性の向上」を実現するロボット工学と比較して、「人間の『付加価値』は急速に低下し、マイナスになる」という。この文書の著者であるNASAラングレー主任研究員のデニス・ブッシュネルは 2011年に環境科学者の聴衆に対して、「人間はますます競争に勝てなくなる。..(今後数十年間に)人間が一日中何をするかは明らかでない」と述べた。ブッシュネルの専門家に対する不吉な予言は、タイム誌の奇妙な表紙と、今後数十年の間に人間は、機械によって時代遅れになる時代のためにアップグレードされた新しい存在に移行するというトランスヒューマニズムの主張によって、世論に前景化されたものである。

ロックフェラー・北京サミットでは、人間の廃絶を約束するトランス・ヒューマニズム技術へのスムーズな移行について、レイ・カーツワイルが共同設立したシンギュラリティ・グループに属するシンギュラリティ大学の未来学者ミッシェル・ザッパの言葉を引用している。米国の政府機関や学術分野の著名人であるカーツワイルは 2045年までに「人間と機械、物理的現実と仮想現実の区別がなくなる」という有名な予言をしている。20-30年代には、人間の脳は、個々のニューロンと外界の電子機器の間を双方向に伝染する人体内のナノボット(小型ロボット)を介して、クラウドベースのコンピューターに接続されるとカーツワイルは予想している。カーツワイルのシンギュラリティでの同僚であるザッパは、ロックフェラー・北京の報告書の中でこう宣言している。

「我々には、この崖っぷちに、蹴飛ばされ、叫ばされながら、引きずり込まれる以外の選択肢はない 」と。

ザッパがこの主張のために使った受動的な表現は、ビッグテックの不穏なトレンドの特徴であり、我々を崖っぷちに「引きずり込む」責任のある有力者を公の場で明確に認めようとしないことだ。サイエンス™の背後にある魔法の力が、人類をトランスヒューマンな道に追いやっているのだろうか?

注目すべきは、北京サミットから6年後、その共催者である北京ユニオンメディカルセンター(PUMC)が、最終的に世界を変え、人類を技術の崖っぷちに追い込んだパンデミックの宣言に、キックアンドスクリームかしなやかに導かれたかにかかわらず、共同で責任を負っていたことだ。PUMCの科学者たちは 2019年12月に武漢で肺炎で入院した5人の患者の気管支肺胞標本を分析したチームに所属していた。チームは、ウイルスを分離し、核酸を抽出し、「新規のコウモリ媒介CoV」…ヒトの重症で致命的な呼吸器疾患に関連していることを特定したと報告した。あとは、新しいテクノクラート的な世界的「健康」-統治秩序の確立という点では、歴史に残ることだ。

7. ビッグ・テックによる偽りの救済

治療可能で生存しやすい呼吸器ウイルスの初期段階から、その扇動プロパガンダは世界を震撼させたが、JTRIGの策略と欺瞞のマニュアルに概説された原則は、完全に発揮されている。したがって、これらの原則を適用すること自体が、一般大衆に対して行われる大規模な洗脳キャンペーンにとって、大きな技術的飛躍であると言うことができるだろう。「武漢ウォーキングデッド」の初期のシーンのいくつかは、致命的な病原体の影響を暗に受けて突然倒れる(しかし倒れるのを中断するのに十分な力がある)謎の人物の粗い映像で、観客の未知のものに対する原初の恐怖を誘発するものだ。武漢で最初の肺炎患者が出た後のメディアの電撃的な情報提供(「物語の断片を提示す」、「認知ストレスを与える」、「感情ストレスを与える」、「幻惑する」、「おとり」)から、技術的専制を遠ざける知覚の手品(「注意をコントロールする」、「本物を隠し、偽物を見せる」)まで。「また、集団ヒステリー、医療過誤、検閲、データの錯綜から健康上の緊急事態を作り出す(「共有感情を利用する」、「模倣する」、「信用を落とす」、「発明する」)ために、幻想は今日の命令になっている。

それは、ビッグ・テックが、われわれの苦痛を和らげるために役立つ一握りのツールを提供する良きサマリア人を装う、広範で強力な幻想だ。「誤った情報」からわれわれを守り、「病んだ」仲間にさらされるわれわれを追跡し、オンラインで隔離されているわれわれから解放してくれる。最も基本的な運用レベルでは、この幻想はJTRIGが「偽の救出作戦」と表現しているもので、偽旗の近縁種である。ビッグテックは、我々をトランスヒューマニズムの深淵に引きずり込むのではなく、COVID-19からの安全性と保護という蜃気楼の中に誘い込み、陥れてしまったのである。もちろん、これは最初の偽救出作戦ではないし、最後の作戦でもないだろう。

例えば、1990年の「赤ん坊の保育器劇」は、砂漠の盾/嵐の侵攻でクウェートを英雄的に救出するように国民全体を動かしたが、この種の演出は、その後のイリュージョン・ジャンルの演出を受け入れる心の準備にも役立ったのであった。ジェシカ・リンチの物語は、不人気な戦争で行動を継続させるために必要な、作られたヒロインへの愛国心を煽った。2003年3月、強力なPR会社であるレンドン・グループは、神話の製造において中心的存在であった。テロから大量破壊兵器、レッド・スケア、COVID-19まで、非常事態宣言はプロパガンダの手品と手品の舞台を整える役割を果たす。国家安全保障、ビッグ・テック、ビッグ・ファーマのどれをとっても、常に救世主に変装した捕食的超国家的権力が救いの手を差し伸べる。COVIDマジックショーの小道具が、彼ら自身の欺瞞の緊張の下で分裂し、ほころび始めたように [5, 6, 7, 8, 9, 10, 11] 、エリートたちは、来るべきサイバーマジックショーのための次の緊急背景を準備しながら、第三次世界大戦という脅威に目を眩ませておとり捜査を始めたのである。

新しい病原体,ロシアとの衝突,サイバー攻撃 [12, 13],サプライチェーンの崩壊,あるいは気候の緊急事態がすべてその枠の中に入っているのである。新たな危機が発生すると、偽旗と偽救済のシナリオが自ずと出来上がってくる。パワーエリートは、(ナノ)テクノロジー、検閲、全体主義的統制、市民の自由と権利の除去、あるいはそれらに残されたものを用いて、地球を守り、インターネットを守り、商品とサービスを回復し、あるいは病原体と闘うだろう。毎日放送される「State of Emergency™」のストーリーの断片の間に、ビッグテックは隠れ続け、前進し続けるだろう。プロパガンダのトリックや詐欺のおかげで、味方のように思われているテクノクラシーは、我々のストレスやトラウマや恐怖の盲点の安全から、人類とテクノロジーが衝突する崖っぷちにますます近づいて、我々をおびき寄せるだろう。

参考記事

https://alzhacker.com/states-of-emergency-1/

8. ビッグ・テック・プロパガンダは何を脅かすか?

これまで明らかにしてきたように、テクノロジーの研究、開発、生産のグローバルなシステムは、大衆の心、したがって人間の主体性や主権、そしておそらくは人間の生存そのものにかなりの脅威を与えているのである。どうしてそうなるのだろうか。技術とは、人間が限られた知識を目的のために応用しようとする努力の自然な結果ではないだろうか?今日、「国際社会」として知られているこのグローバルな秩序は、社会的、経済的、政治的発展と組織化の長く複雑なプロセスの産物であり、その妊娠期間は数世紀にも及んでいる。法律、医学、銀行、国家戦略、宗教など、さまざまな分野の男女からなる専門ギルドや社会が、主要な物語を作り、それによって、永久的な生産、破壊、消費のシステムに適合する世界と人間の目的についての容認できる見解を維持している。

バーネイズは、このプロセスは「大衆の組織化された習慣や意見を意識的かつ知的に操作すること」によって導かれる、と見なしている。この誘導は、「われわれの目に見えない支配者」、すなわち「大衆の心を支配する電線を引き、古い社会的力を利用し、世界を束縛し導く新しい方法を考案する」巨人が率いる世界システムの本質的なものである(10)。ジャック・エルールも同じように指摘している。

古典的なプロパガンダは。…..垂直方向のプロパガンダであり、指導者、技術者、政治や宗教のトップによって作られるという意味で、その権威の優れた位置から行動し、下の群衆に影響を与えようとする。このようなプロパガンダは上からやってくる。それは、政治的飛び地の秘密の奥深くで構想され、集中的なマスコミュニケーションのあらゆる技術的方法を用い、個人の大衆を包み込むが、それを実践する者は外側にいる

技術開発を促進する道具としての資本の生産は、より高い効率と速度に対する製造上の必要性と密接に結びついたものである。これらの生産要素がなければ、資本投資は安価な労働市場へと飛び去ってしまう。不換紙幣は、工業生産の機械的、生物学的重要部品のすべてを潤滑に動かし、機械とレバーを握る人間の動きを動機づける合成油である。資本の約束が時間を計る技術革新を生んだように、現代のプロパガンダは、勤勉さ、精神的ストレス、欠食、胃の不調、金銭がすべて妥当な形だけの報酬であり、自己破壊的なシステムに加担した結果であるという必要な幻想を維持するのに役立ってきたのである。バーネイズは、「現代のプロパガンダとは、ある企業、思想、集団に対する大衆の関係に影響を与えるような出来事を作り出したり、形作ったりする、一貫した永続的な努力である」と述べている。状況を作り出し、何百万人もの人々の心の中に絵を描くというこのやり方は、非常に一般的なものである。

100年近く前のバーネイズの観察以来、「何百万人もの人々の心の中の絵」は指数関数的に広がり、何十億人にも及んでいる。ポスト工業化社会の巨人たちは、マスメディアのインフラが世界中に拡大するにつれ、サイバネティック・コミュニケーションの技術的進歩を通じて、自分たちの計画に対する国民の同意を獲得し、動員することに成功した。特に9.11以降、メディアを統合することで、公共の重要な問題に対する認識と意識をコントロールする努力は、より高いレベルの影響力を持つに至った。大衆をコントロールするプロセスの中心は、重要な問題に対する認識をコントロールすることだ。

例えば 2013年のスノーデンの情報公開は、大衆の心理を操作し、コントロールするためにテクノロジーがどのように展開されているかを明らかにするのに大いに貢献した。ガーディアン』紙のスノーデンへのインタビューは、「パトリオット法」以降の時代において、多くの人々がすでに自国政府について疑っていたこと、つまり、自国民を平然とスパイしていることを証明したに過ぎない。しかし、歴史を知っている市民にとっては、NSAのPRISMプログラムに関するニュースは驚くに値しない。前世紀には、あらゆる人々の私生活を突破し侵害しようとする政府の努力が山ほどあったのだから。シャンロック作戦(1945-1975)ミナレット計画(1967-1973)コインテルプロ(1956-1971)メインコア(1980年代-現在)ステラーウィンド(2001-2011)エシュロン(1966-現在?)は、「自由」社会におけるエリート権力がその特権を独占しようとどのように動いているかを部分的には示している。

世界中にメッセージを伝えるための個人用携帯端末の利用が増えるにつれ、企業人格という法的虚構によって偽装されたビッグテックの巨人と個人市民の間の権力を平等化するためのインターネットへの信頼も高まってきた。一般市民は、伝統的なエリートによる言論統制を緩和するような方法でデジタル・コミュニケーションの力にアクセスし、それを導くことができる相対的な力と自律性に関して、ほとんど誤った希望を持っているように思われる。情報のデジタルな性質と、テキスト、画像、ビデオで広められるストーリーのほぼリアルタイムな生産が、権威に挑戦し、その隠れた欠陥や乱用について大衆に警告する気概をもつ「(マス)メディアのエリート支配と反体制者の疎外」を可能にしているのだ。マスメディア・コミュニケーションのインフラそのものが、ビッグ・テックの巨人たちのものなのである。

企業のメディア統合の背後には、権力の収束と共同調整がある。AT&Tに22年以上勤務した遠距離通信専門家マーク・クラインは 2006年6月に起こされた集団訴訟の中で、AT&Tのすべての通信データトラフィックをNSAと事実上共有する「スプリッター」を維持することを仕事の一部として要求されたと証言している。彼はまた、「シアトル、サンノゼ、ロサンゼルス、サンディエゴなど、他の都市でもこのような(スプリッタが)設置されていることを知った」とも述べている。電子フロンティア財団の市民権保護の擁護者たちは、「AT&TがNSAの管理するモニタリング能力を展開することは、国際トラフィックだけを捕らえるために必要な場所よりもかなり多くの場所を含むらしい」と記述している。通信に対する大きな政府・大きな技術の統制を調整するこのような努力は、近年、「無法に議会を迂回し・・・プライバシー保護を骨抜きにする」大統領令から生まれている。

「国家安全保障と緊急事態準備通信機能の割り当て」(行政のインターネット「キルスイッチ」の正当性を定義する大統領令)に従い、ビッグテックシステムは「・・・新たな脅威、危機、緊急事態のあらゆる状況下でNS/EP通信サービスや施設の開始、調整、復旧、復元を支援できる・・・産官共同センター」も担っている。この命令の平凡な名称は、その施行が司法審査から自由であることから、国民の言論の自由に対する支配力を強化しようとする企業(およびソーシャル)メディアの対応策を反映したものである。

政党政治に関して、イアン・ヘイニー・ロペスは言う。「彼らは規制国家の支配権を企業に譲り、赤字を縮小したいと言いながら、実際には、大金持ちへの減税や企業への多額の補助金に巨額の資金を費やしている」。ロペス氏は特定の政党を犯人としているが、実は両党とも「戦争党」という同じコインの表と裏に過ぎない。大衆の声は、今日のビッグ・テックがどのように運営されるかについて、事実上フィルターにかけられ(検閲され)発言することができない。「群衆」(リップマン)の声は、事実上、選挙を直接買うことができる(企業経営者)」によってさらに損なわれている。アメリカの政党政治を超えて、国境を越えた大企業の要求に従うより大きな国際システムが、国家や政府に次ぐ世界的な地位を占めている。その一方で、主流企業メディアは、規制緩和の賜物として、エリートの利益に挑戦したり逆らったりするような反対意見を排除するために、公共の言説に対する権力を握ってきた。組織的な疎外化のプロセスは何十年も前から行われており、オルダス・ハクスリーは鋭い観察でこのことを指摘した。

“権力を永久に維持したければ被支配者の同意を得なければならない。” “彼らは、私が『すばらしい新世界』で予見したように、一部は麻薬によって、一部はこの新しいプロパガンダの技術によってそうするだろう。”

1960年代初頭以来、処方箋や薬物に対する絶え間なく広がる魅力と偏愛、そして西洋の医薬ヘゲモニーの台頭は、世界中の広大な人口が数十年にわたる「大規模な過剰処方」によっていかに快適に麻痺させられ、黙らされ、鎮静化され、疎外されてきたかを示している [14, 15, 16]。「彼らはそれを行うだろう」とハックスレーは観察しており、「人間の合理的な側面を迂回し、彼の潜在意識とより深い感情、そして生理学にさえ訴えかけることによって、彼が実際に奴隷を愛するようにする」[17]のである。アマゾン、アップル、グーグル、マイクロソフト、フェイスブックなどのパーソナル・ホーム・アシスタントが今や数え切れないほど多くの家庭に普及しており、社会的なつながり、安全、安心に対する普遍的な憧れは、主要な商人、マーケッター、そして国家によって絶えず盗聴されながら満たされてきたのだ。

まとめ

本稿で述べた技術的変化は、新しい技術秩序の巨人たちが世界を支配しようとする近未来を見る一つの窓を提供している。我々は、技術革新から生まれた様々な幻想やトリックについて述べてきた。それらは、困惑する群衆に対して、目眩まし、おだて、強要して、テクノクラシーの要求に従わせるために展開されてきた、あるいは展開されていると思われるものであった。

これまで述べてきたような変革は、社会の中の市民であること、より大きな文明世界の中の人間であることの意味について、我々が共有する概念に必要な根本的変革があることを前提にしている。このような概念の変化は、コミュニケーションに対する支配が完全に実現されたときに訪れる。ラインホルド・ニーバーは約70年前、「世界政府という幻想」の中で次のように述べている。

「この時代の悲劇的な特徴は、現代人の宿命である世界的な不安の中に表れている。前世代が、人間の肉体が受け継ぐあらゆる病気を解決できると信じていた技術的な達成は、我々の不安を生み出し、少なくともそれを強調したのである。」

ニーバーは、現代の深刻な社会問題を正確に描写した預言者のように見えるかもしれない。憲法、民法、自然権によって保障されたプライバシーと主権を守ろうとする人。権力者との対話を求めるが、現在、安全や安心という希望と偽りの名のもとに、国民への責任を売り渡そうとしている人たち。

交換可能な通貨は今や多国籍銀行や大手ハイテク企業の十字架の上にあり、デジタル革命が、スピード、安全性、セキュリティという緊急性を謳ったグローバルな奴隷状態を、あらゆるコストで積極的に先導していることがわかる。このデータ、アイデンティティ、通貨のグローバルな統合計画は、個人の自律性、主権、主体性、身体の完全性を維持するための人間の最後の抵抗である。この瞬間の歴史は誰が書くのだろう。人間か、それとも機械か?

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました