幸福と健康

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

哲学/思想
Happiness and Health

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30601719/

2019年4月1日

アンドリュー・ステップー

Department of Behavioural Science and Health, University College London, London WC1E 6BT, United Kingdom; Email: a.steptoe@ucl.ac.uk

概要

幸福感と健康の関係についての研究は急速に発展しており、幸福感の低下が不健康の原因となるだけでなく、疾病リスクの一因となる可能性が模索されている。幸福には、情動的幸福(喜びや楽しみの感情)目的論的幸福(人生の意味や目的の感覚)評価的幸福(人生の満足度)など、いくつかの構成要素が含まれている。

幸福感は、いくつかの矛盾した結果があるものの、前向きな観察研究において、一般的に死亡率の低下と関連している。交絡や逆因果関係が大きな問題となっている。また、限られた範囲の健康状態において、罹患率や病気の予後との関連も確認されている。

幸福感と健康を結びつける可能性のあるメカニズムには、身体活動や食事の選択などのライフスタイル要因と、神経内分泌、炎症、代謝経路などの生物学的プロセスがある。しかし、主観的な幸福感の実質的かつ持続的な改善や、身体的な健康状態への直接的な影響を示す介入方法はまだない。しかし、この分野は大きな可能性を秘めており、集団の健康に好影響を与えることが期待されている。

キーワード

主観的幸福度、死亡率、罹患率、肯定的感情

はじめに

幸福、より広くは主観的幸福は、過去10年間で公共政策、経済学、心理学の主要なトピックとなっている。10年前、Stiglitz-Sen-Fitousi Commission on the Measurement of Economic Performance and Social Progress(経済成果と社会進歩の測定に関するスティグリッツ・セン・フィトゥーシ委員会)という画期的な委員会が開催され、幸福の問題が世間の注目を集めるきっかけとなった(136)。経済学者を中心としたこの委員会は、社会進歩の尺度としての従来の経済パフォーマンス指標の限界を明確に示し、主観的な幸福も考慮に入れるべきだと主張した。2011年の国連総会では、すべての加盟国に幸福度を測定し、それを公共政策に役立てることが決議された。この総会では、世界幸福度報告書が作成され、各国の幸福度の年次ランキングが発表され、各国のマスメディアで話題になっている(54)。ポジティブ心理学は、米国、英国、カナダ、オーストラリア、デンマーク、シンガポールなどの大学で、専門的な学会や学術誌、大学院での学位取得が認められており、一つの学問分野となっている。経済学者や心理学者による数多くの一般書が幸福の価値を称賛しており(33,36,48,80,84)幸福のためのライフコーチングも盛んに行われている。このような注目を集める一方で、様々な方面から懐疑的な反応が寄せられている(32,41)。その中でも、健康分野での論争は非常に大きなものであった。バーバラ・エーレンライクの『Bright-Sided. How the Relent Promotion of Positive Thinking Has Undermined America』(イギリスでは『Smile or Die』に改題)では、幸せが身体の健康に関係しているという主張に特に注目している(38)。

重い病気にかかっていたり、痛みを感じていたりすると、幸せを感じる能力が低下することは、経験上よく知られている。しかし、それ以上に、なぜ幸福と健康を研究することが興味深く、有用なのであろうか?うつ病や苦痛と健康の関係については、すでに多くの証拠が存在する。縦断的な集団研究では、これらのネガティブな心理状態と冠動脈心疾患(CHD)(24)脳卒中(82)2型糖尿病(50)の発症との関連が報告されており、一方、うつ病は、慢性閉塞性肺疾患、糖尿病、CHD、脳卒中、一部のがんの罹患が確認された人々の死亡率の増加を予測している(3,5,89,106,109)。ポジティブな幸福が、単に抑うつや苦痛がないことを反映しているだけだとしたら、幸福に関する研究は何か新しい境地を開くのだろうか?

このレビューでは、健康の文脈で幸福を真剣に考える2つの大きな理由を提案する。第1の理由は、抑うつや苦痛などの否定的な状態がないからといって、その人が幸せであるとは限らないということである。その人は感情的にニュートラルな状態にあり、おそらく苦痛を感じてはいないが、特に幸せだとも感じていないかもしれない。さらに、気分の変動は激しく、多くの経験はほろ苦く、肯定的な感情と否定的な感情の両方を引き起こす(78)。いくつかの研究では、負の感情を考慮しても維持される幸福感と健康の関連性が報告されており、幸福感と健康の関連性には特徴があることが示唆されている。

幸福と健康を調査する2つ目の理由は、介入の可能性があるからである。ポジティブな幸福感を向上させ、幸福感を育むための技術が開発されているが、これはうつ病や苦痛に対処するための技術とは異なる。幸福が保護的であるならば、幸福を対象とした介入は、公衆衛生に好ましい影響を与えるかもしれない。

本稿では、幸福感と死亡率および罹患率との関係について、特に身体的健康アウトカムに焦点を当てた疫学的証拠をまとめている。幸福と健康を結びつける可能性のある行動的・生物学的経路を概説し、幸福を促進するために考案された介入策をレビューする。私は、幸福の達人たちの荒唐無稽な主張は疑ってかかるべきであるが、幸福と健康の間の真の関連性を解明し、個人や集団の健康の文脈で評価する必要があると主張する。

幸福の概念化

健康に関する文献では、幸福はいくつかの異なる概念を表すために使用されている(137)。感情的な幸福(快楽の達成と苦痛の回避)とユーダイモニアまたはユーダイモニックな幸福(人生における意味と目的)の区別は、古代から認識されている(116)。アリストテレスは『ニコマコス倫理学』の中で、快楽主義のような下品な快楽の追求よりも、ユーダイモニア、すなわち目的を持ってよく生きることを支持した。一方、19世紀のジェレミー・ベンサムのような功利主義者は、快楽は本質的に善であり、苦痛は悪であるとし、したがって、政策の決定は最大多数の最大快楽に基づいて行われるべきだと主張した。最近では、表1に示すような3つの分類法が提案されている。感情的(ヘドニック)幸福とは、幸福感、喜び、高揚感などの肯定的な感情や気分の状態、苦痛や抑うつの回避を意味する。Eudaimonic well-beingは、個人の可能性の実現や人生の目標の達成に関する判断を含む。Eudaimonic Well-beingの有力な分類法の一つでは、表1に示すようないくつかの側面が定義されている(118)。第3の要素は評価的幸福であり、自分の人生の質や良さに関する人々の判断を反映しており、人生に対する満足度として運用されることが多い。

表1 主観的幸福度の分類法
表1  主観的ウェルビーイングの分類A
タイプ 説明
感情的な幸福 幸福、喜び、高揚感、活力、喜び、陽気などの前向きな気持ちの経験
幸福の幸福 繁栄、自律感、個人の成長、環境の習得、他者との前向きな関係、自己受容など、人生の意味と目的の評価
評価的な幸福 人々の生活の質に対する満足度の評価

参考文献から引用 表128


主観的幸福に関連する構成要素として、楽観主義がある。楽観主義とは、人生においてポジティブな結果が得られるという一般的な期待である。楽観主義と疾病リスク、予後、健康行動、生物学的プロセスを関連付ける文献は増えている(65, 85, 114)。残念ながら、紙面の都合上、本稿では楽観主義について述べることはできない。

健康研究において、測定は重要な問題である。感情的な幸福感やポジティブな気持ちは変動する可能性があり、「どのくらい幸せですか」というような単純な質問に対する回答は、大きく異なる解釈の余地があるため、解釈が難しい。単発の幸福度の単純な評価は、最も頑健性に欠け、健康アウトカムとの関連性は一貫していない(83)。研究者たちは、さまざまな言い回しでこの概念にアプローチする多項目の質問票を開発した(137)。しかし、回顧的な評価は、想起の失敗や再帰性バイアスなどの要因により、実際の経験を正確に反映していない可能性がある(62)。生態学的瞬間評価(EMA)日記法、日再構成法(最近の活動に関連した気分を測定する手法)に基づく代替法が、健康の文脈で適用されている(28,133)。このような方法は、人々に最近の短い期間について報告を求め、過去の評価を重ねることなく感情状態を直接調べることで、情動的幸福の測定精度を向上させている(73)。

Eudaimonicな幸福の評価は、現在の感情の評価よりも広範な認知処理を必要とし、時間的に集約された属性に関する比較的複雑な内省を伴う。これは評価的幸福の測定についても同様である。主観的幸福のこれらの側面に関するいくつかの質問票が開発されているが、その中には一定の時間枠(例えば、過去数週間)を持つものもあれば、より自由記述の多いものもある(34,118)。例えば、「何と比べて、誰と比べて、自分の生活に満足しているか」という質問に対して、回答者がこれらの尺度をどのように解釈しているのかを知ることはしばしば困難である。

主観的幸福度の異なるタイプは、平均して正の相関関係にあるが(63)、特に喜びを感じることなく人生の意義や充実感を得ている人や、その逆の人も多くいるようである。幸福感を調べるには、生活満足度のような単一の尺度で十分だと主張する研究者もいる(26, 80)。しかし、主観的幸福の3つの次元の生物学的相関には重要な違いがある可能性があり、介入への影響も異なる可能性がある。そのため、健康に関する研究では、異なるタイプの幸福を考慮することが重要であると考えられる。

主観的幸福には、さまざまな要素が関係していると考えられている。特定されている主な要素のいくつかを図1にまとめたが、これらの関連性については膨大な文献がある(4, 26, 35)。様々な要素は、異なるタイプの幸福に等しく影響を与えるとは限らない。例えば、収入や社会経済的資源は、評価的な幸福感とは強く関連しているが、情緒的な幸福感とはあまり関連していない(60, 61)。また、主観的な幸福感の相関関係は、ライフ経過によって顕著に異なることがわかっている。健康に関する研究の観点からすると、図1に挙げた要因の多くは、それ自体が健康アウトカムに関連している。このことは、幸福と健康の間の関連性がこれらの要因に依存しないのか、あるいは幸福は単に便利な集約的尺度なのかという疑問を提起する。

図1 幸福に寄与する要因のまとめ。

 

幸福と死亡率:縦断的観察研究

かなりの数の前向き観察研究が、一般集団とベースライン時に病気と診断された個人の両方において、主観的な幸福感と死亡率の低下を関連づけている(25)。2017年に行われたメタアナリシスでは、125万人以上の参加者を対象とした62の一般集団研究が特定された(87)。交絡因子の調整後、これらの分析では、ベースライン時の主観的幸福度が高い人は、幸福度が低い人と比較して、プールされたハザード比(HR)が0.920[95%信頼区間(CI)0.908-0.934]であり、幸福感が全死因死亡率に関連して保護力を発揮する可能性が示された。これらの結果は、生きがいに焦点を当てた研究の別のメタアナリシスでも裏付けられている(27)。このような関連性は、男性と女性の両方において、また、米国とカナダ、ヨーロッパのいくつかの国、および日本、韓国、台湾を含む太平洋アジアの国々で募集されたサンプルにおいて報告されている(29,45,70-72)。追跡期間は、2年から 20年以上にわたっている。ほとんどの死亡率調査は、必然的に中高年を対象としたものであり、若年者を対象とした調査は、イベント発生率が低いために、その効果は限定的である。しかし、高齢者だけでなく若年者を対象とした研究もあり、その結果、予防的な関連が示されている(55)。

多くの分析では、幸福の様々な側面を取り入れた集計方法が用いられているが(64, 74, 145)、主観的幸福の種類を直接比較したものは少ない(45, 86)。それにもかかわらず、死亡率との関連は、感情的および評価的な幸福の明確な尺度(17, 75, 125, 134)やEudaimonic well-beingの様々な側面との間で観察されている(55, 128, 139)。ほとんどの研究者は、過去1週間、1ヶ月、またはより一般的な経験について回答者に質問することで幸福度を評価している。EMAで測定されたポジティブな気分状態は、死亡率の低下と関連しているという証拠もある(133)。大半の研究は、1回の調査で幸福度を評価しており、最近の一時的な経験の影響を受けている可能性がある。しかし、効果の持続時間も調査されている。4年間の繰り返し測定で幸福度が高いと答えた人は、1回だけの測定で幸福度が高いと答えた人よりも死亡率が低い(149)。

これらの研究では、主観的幸福感の増大による保護効果が、抑うつや苦痛などのネガティブな感情状態とは無関係であるかどうかが重要な問題となっている。この問題については、回帰モデルにベースラインの抑うつや陰性感情の測定値を追加して、関連性の強さが減少するか完全になくなるかを調べている。一部の研究では、うつ病が幸福度と生存率の関連性を説明しているようだが(53)、他の研究では、うつ病やその他の否定的な状態は幸福度と生存率の関連性を著しく変化させないことが示されている(119, 134, 149)。特に注目すべき例は、前述のEMAの研究で、ポジティブな感情の瞬間的な評価の繰り返しと生存率との関連は、同時に行われたネガティブな感情の評価とは無関係であった(133)。

関連性の不一致とその説明

このように多くの証拠があるにもかかわらず、いくつかの大規模研究では、幸福感と生存率の関連性を確認することができなかった(83,104)。ほとんどの研究では死亡率を測定するために医療登録を使用しているため、結果のばらつきを説明するために症例確認を行うことは考えにくい。幸福度の測定に問題がある可能性もあるが、この文献では出版バイアスも確認されており(25,87)これは結果が無効な分析が発表される可能性が低いことを示唆している。妥当性に対する他の2つの大きな脅威は、交絡と逆因果である。

ほとんどすべての調査で人口統計学的因子が考慮されているが、ベースラインの健康状態(臨床的疾患の有無と健康障害の認識の両方)の調整はあまり一貫していない。主観的幸福度と死亡率との関連がどの程度消失するか(72,143)あるいは共変量の調整後も存続するか(19,134)は、分析によって異なる。2017年のメタアナリシス(87)では、バイアスのリスクが最も低い研究(ベースラインの健康状態の調整を含む)における主観的幸福感の増大と死亡率の低下の関係は、バイアスのリスクが中程度または深刻な研究(HR 0.928,95%CI 0.913-0.944)よりもわずかに強かった。しかし、交絡を完全に排除することはほとんどできず、主観的幸福度の高さが死亡率の低下を予測する上で、測定されない変数が寄与している可能性がある。ある研究では、主観的幸福度と転帰の遺伝子や環境因子による交絡の可能性を検討するために双子のデザインを用いている(119)。約4,000人の双子における感情的・評価的な幸福度と中央値9年間の全死亡率との関連は、全サンプルだけでなく、二卵性双生児と一卵性双生児のペア内で調整した分析でも見られた。しかし、因果推論を強化するためには、メンデルの無作為化や回帰不連続デザインなど、他の方法論で観察研究を補完する必要がある。

逆の因果関係の議論は、死亡するリスクが高い人は、幸福度評価の時点で既存の健康問題を抱えているというものである。これが幸福度の低下につながり、幸福度とその後の死亡率との間に偽りの関連が生じる可能性がある。幸福度評価時の不健康に関する統計的調整は、既存の疾病状態や隠れた健康問題の重さを考慮していないことが多いため、不十分である可能性がある。この問題に対処するための戦略として、ベースライン評価から数年以内に発生した死亡を除外するという方法がある。これは、ベースライン時に重篤な病気を患っている人は、限られた期間しか生きられないという理由からである。

表2は、主観的幸福感の持続が生存率に及ぼす影響について、Zaninottoらが行った分析結果をまとめたものである(149)。この研究では 2002年から 2006年の間に3回、生活の楽しさが高いと報告した人と低いと報告した人の数と、7年後の死亡率を比較した。参加者は,0~3回の高い楽しみを報告することができた。年齢と性別のみで調整したモデルでは、2回または3回の高い楽しみの報告に対するHRは、それぞれ0.73と0.60であった。社会人口統計学的因子、ベースラインの健康状態、ベースラインの抑うつ状態を調整すると、HRは1に向かったが、完全に調整したモデルでも関連は有意であった。共変量は、生活を楽しむ期間と生存率の関係の約40%を占めていた。表2の下段には、最後の楽しみの測定から 2年以内の死亡を除外してもパターンはほとんど変わらないことが示されており、今回の結果に逆の因果関係があるとは考えにくい。

表2  4年間の人生の楽しみとその後の死亡率 (N = 9,365)a,b
表  24年間の生活の楽しみとその後の死亡率( N = 9,365) a、b
2002年から2006年の間に人生を非常に楽しんだという報告の数
無し 1 1レポートあたりの増加
すべての原因による死亡率: N(%) 400(31%) 298(23%) 283(22%) 329(25%)
統計モデル
年齢、性別(モデル1) 1(参照) 0.87(0.73、1.03) 0.73(0.62、0.87) 0.60(0.51、0.70) 0.84(0.80、0.89)
+ベースライン人口統計要因c(モデル2) 1(参照) 0.88(0.74、1.05) 0.76(0.64、0.90) 0.64(0.55、0.75) 0.86(0.82、0.91)
+ベースラインヘルスインジケーターd(モデル3) 1(参照) 0.93(0.78、1.11) 0.83(0.70、0.99) 0.75(0.64、0.87) 0.91(0.86、0.95)
+ベースラインうつ病e(モデル4) 1(参照) 0.89(0.75、1.06) 0.76(0.64、0.91) 0.63(0.54、0.74) 0.86(0.82、0.90)
完全調整済み(モデル5) 1(参照) 0.93(0.78、1.12) 0.83(0.70、0.99) 0.76(0.64、0.89) 0.91(0.86、0.96)
2008年以前の死亡を除く
すべての原因による死亡率: N(%) 355(30%) 279(24%) 262(22%) 283(24%)
完全調整済み(モデル5) 1(参照) 0.94(0.78〜1.13) 0.84(0.70〜1.01) 0.72(0.61〜0.86) 0.90(0.85から0.95)

略語:ref、参照カテゴリ。

95%信頼区間ハザード比。

B結果10個の帰属データセットに基づきます。

c富、教育、民族性、結婚歴、雇用。

d自己評価による健康状態が公正/不良であり、長期にわたる病気、冠状動脈性心臓病、癌、脳卒中、慢性肺疾患、糖尿病、関節炎、および日常生活動作の障害を制限します。

eうつ病とうつ病の現在の症状。

幸福感と罹患率

幸福感と生存率に関する研究は、さまざまな病気の発症率や予後に関する研究によって補完されている。幸福感とCHD発症との関連性については、やや一貫性がない(13, 37)が、イギリス、カナダ、日本で行われた多くの研究では、快楽的幸福感と富栄的幸福感の両方とCHD発症との間に、健康行動や否定的感情などの共変量とは独立した関連性があることが示されている(14, 31, 138)。また、全く関連性がないとした研究(42,96)や、単純な分析では関連性が認められるが、共変量を考慮した後では関連性が認められないとした研究(101,149)もある。また、CHDの症状によっても関連性が異なる可能性がある。例えば、Whitehall IIコホートの分析では、狭心症の発生率の方が、致死性CHDや非致死性心筋梗塞よりも強い影響を示し、後者は健康行動や心血管危険因子を考慮した後でも有意ではなかった(15)。

前向きな研究によると、社会人口統計学的因子、心血管疾患歴、血圧、喫煙などの健康行動、感情的苦痛などの共変量とは別に、感情的活力(eudaimonic要素と感情的要素の組み合わせ)ポジティブな感情、生きがいなどが、脳卒中発症リスクの低下と関連していることが示されている(69,76,105)。糖尿病、心血管疾患全般、高血圧に関する研究でも、幸福度の高い人ほど発症率が低いことが報告されているが、その効果は喫煙、身体活動、飲酒などの行動を考慮した後には弱まる(12, 16, 140)。また、11カ国の参加者を対象とした調査であるSHARE(Survey of Health and Retirement in Europe)において、関節炎の発症は、9年間にわたる幸福度と逆相関していた(100)。ウイルスを実験的に投与した研究では、ポジティブな感情が強いほど、関連する共変量とは無関係に、上気道疾患の発症に対する脆弱性が減少することが示されている(28)。

慢性疾患に関する研究に加えて、身体能力や障害に関する研究も行われている。情緒的な幸福(生活の楽しみ)に関するある研究では、社会人口学的因子、ベースラインの健康状態、運動機能障害、健康行動、抑うつ症状とは無関係に、楽しみが大きいと回答した人ほど、8年間の日常生活動作(ADL)の障害の発生が減少することが示された(127)。これらの知見は、歩行速度の客観的な測定値によっても裏付けられた。というのも、ベースラインで幸福度が高かった人ほど、数年間にわたる歩行速度の低下が小さかったからである。Health and Retirement Study(66)では、生きがいも4年間の歩行速度の低下を防ぐ効果があった。同様に、Rush Memory and Aging Projectの分析では、ベースライン時に生きがいが大きいと報告した高齢者では、認知因子、抑うつ症状、社会的ネットワーク、フレイル、血管疾患とは無関係に、基本的・道具的ADLと移動性の障害の発生が減少することがわかった(21)。

また、主観的幸福感が高齢者の認知機能低下や認知症リスクを予測するかどうかにも関心が集まっている。米国とシンガポールで行われた研究では、主観的幸福度が高いと、関連する共変量をコントロールした後に、認知症や軽度認知障害のリスクが減少することが示唆されている(20,115)。一方、Maastricht Aging Studyの12年間の追跡調査では、ポジティブな感情と記憶、実行機能、処理速度の低下との間に関連性は認められなかった(8)。これらの結果は気になるところではあるが、しっかりとした結論を出すためにはさらなる証拠が必要である。さらに、人生の後半に認知機能が低下すると、幸福感の低下や生きがいの喪失につながるという指摘(144)もあり、関係は双方向的であることを示唆しているため、状況はさらに複雑である。

幸福感は、病気や障害の発生率だけでなく、予後にも関係しているかもしれない。うつ病と多くの重篤な疾患の予後の悪さを関連づける文献は数多く存在するが(3, 5, 89, 106, 109)、主観的な幸福感の保護効果を示す証拠はあまり明確ではない。脊髄損傷、冠動脈疾患、心不全などの様々な疾患に関する研究のメタアナリシスでは、快楽的な幸福とユーダイモニックな幸福の回復と生存に対する保護効果がわずかに認められた(77)。例えば、National Health and Nutrition Epidemiologic Follow-Up Studyの分析では、年齢、民族、自己評価された健康状態、身体活動を調整した後、生活の楽しみが糖尿病患者の10年間の全原因死亡率の減少と関連していることが明らかになった(94)。とはいえ、予後に関する研究は、ベースラインの病気の重症度をしっかりと測定していなければ、解釈が難しい。症状の重い人は、予後が悪い可能性が高く、また、症状が重かったり、医療従事者とのコミュニケーションが悲観的であったりするために、幸福度が低いと報告する可能性がある。このようなシナリオは、幸福度と予後の間に偽りの関連をもたらす可能性がある。このようなプロセスは、健康状態や患者の認識に関する詳細な証拠がない場合、評価することが困難である。

幸福と健康を関連付ける経路

幸福と健康の間に強固な関連性があると仮定して、2つの経路が提案されている。1つ目は、習慣的な行動習慣がこの2つを結びつけ、主観的な幸福度が高い人は健康的なライフスタイルを送り、罹患率や早死にのリスクを低減するというものである。2つ目は、幸福の生物学的相関が、健康アウトカムとの関連性を媒介するというものである。

行動プロセス

これまでのセクションで明らかになったように、健康行動を考慮に入れると、幸福と健康の関連性が幾分弱まることが多く、これらの要因が重要な媒介役を果たしていることを示唆している。しかし、好ましい健康行動が幸福と関連しているという証拠はどのくらいあるのだろうか?逆に、食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足の人の方が、健康的な習慣を厳格に守っている人よりも幸せであると想像されるかもしれない。

この文脈で最も広く研究されてきた行動は身体活動である。身体活動不足とうつ病の間の双方向の関連性は長年にわたって認識されてきたが、この文献は現在、主観的幸福に関する研究によって補完されている。活動の客観的な指標(加速度計)を用いた横断的な分析では、高齢者のさまざまな幸福の指標と軽度および中等度/重度の身体活動との間に正の関連が示されている(10, 23)。身体活動の背景は関連性がある。約100件の研究のメタ分析では、精神的健康は余暇および移動時の身体活動と正の関係があるが、職業的活動とは負の関係があることがわかった(142)。何年にもわたって身体活動と主観的な幸福度を評価する縦断的研究は、幸福度が高いほど、時間の経過とともに活動が維持または増加することを予測し(6, 67, 123)余暇時間の身体活動の変化が幸福度の変化を予測することを示している(141)。また、身体活動がポジティブな感情と生存との関連性を部分的に媒介することを示す証拠もある。デンマークの研究では、CHD患者607人を5年間にわたって追跡調査した(57)。肯定的な感情は、身体活動の多さと同様に、全死亡率の低下を予測した。ポジティブな感情は身体活動とも関連しており、身体活動を統計モデルに入れると、幸福度と死亡率の関係はもはや有意ではなかった。同様に、安定したCHD患者を対象としたHeart and Soul Studyの分析では、ポジティブな感情の大きさが、平均7年間の全死亡率の低下と関連していることがわかった(56)。この関係は、心疾患の重症度とうつ病をコントロールしても有意に保たれたが、身体活動を考慮すると解消された。

貧しい食生活が将来のうつ病と関連しているという縦断的な証拠があるため、食生活と主観的幸福感との関連も検討されている(81)。果物や野菜の消費量と主観的幸福感との間には、横断的および縦断的な集団研究において興味深い関連性が報告されている(11,95)。しかし、果物と野菜の摂取を促進する短期介入試験では、結論は出ていない(30)。

また、生活満足度の低さと過度の飲酒、喫煙、日焼け止めの不使用との関連性が指摘されているが(49)これらの関連性が健康アウトカムに及ぼす重要性は不明である。健康行動のもう一つの側面として、予防医療サービスの利用が関係している可能性がある。Health and Retirement Studyの分析では、eudaimonia(生きがい)が大きいほど、コレステロール検査、大腸内視鏡検査、マンモグラフィ、パパニコロウ検査(女性)前立腺検査(男性)を受ける可能性が高くなることが示された(68)。これらの関連性は、年齢、民族、配偶者の有無、教育、富、保険加入状況、慢性疾患とは無関係であった。また、生きがいの大きさは、入院日数の少なさとも関連していた。これらの知見は、主観的な幸福感のライフスタイルとの相関が、健康上のプラスの結果に貢献する可能性を示している。

幸福感と生物学的プロセス

健康に関連する生物学的プロセスと幸福を関連付ける初期の研究は、大学生を対象としたものが多く、サンプル数も少なかった(112)。表3は、少なくとも100人以上の参加者がいる集団およびコミュニティサンプルから得られた証拠をまとめたものである。この表には、実験的研究、気分と生物学的変化の個人内関連性研究(1,59,121)学生を対象とした研究(43,126)慢性疾患患者を対象とした研究(9,22)共変量で調整されていない結果を示した報告(117)は含まれていない。最も一貫した証拠は、感情的な幸福感とコルチゾール出力との関連性であり、幸福感が高い人ほどコルチゾールレベルが低く、1日の唾液分泌量の減少が急であることが示されている(病気の脆弱性を軽減するマーカー(2))。これらの関連性は、アンケートやEMAを含むさまざまな幸福感の尺度を用いて観察されており、これらの関連性は、人口統計学的因子、抑うつ、苦痛などの共変量を統計的に調整した後も有意である。ほとんどの研究は横断的に行われているが、EMAで測定したポジティブな感情が、3年後のコルチゾール出力の低下を予測したという報告もある(132)。

表3 主観的幸福度とバイオマーカーの関連性
表3  主観的幸福とバイオマーカーとの関連
バイオマーカー サンプル 主観的な幸福度 幸福との関連 調整
神経内分泌
コルチゾール 216人の男性と女性、45〜59歳(135)。 PA(EMA) 1日の出力を逆に∝PA 年齢、性別、SES、BMI、喫煙、目覚めの時間、苦痛
334人の男性と女性、18〜54歳(110)。 PA(毎日の評価) 男性:1日で
急激に減少∝PA女性:1日でより平坦に減少∝PA
年齢、民族、時期、目覚めの時期
男性と女性4,474人、50〜74歳(131)。 PA(EMA) 1日の出力を逆に∝PA 年齢、性別、SES、民族性、BMI、ウエスト/ヒップ比、喫煙、有給雇用、起床時間、うつ病
490人の男性と女性、30〜54歳(91)。 PA(アンケート) 日中の急激な減少∝ PA 年齢、性別、人種
DHEAS 男性と女性6,309人、50〜90歳(129)。 感情的で幸福な幸福(アンケート) 男性:より高いレベル∝感情的で幸福な幸福
女性:関連性なし
年齢、SES、結婚状況、喫煙、慢性疾患、うつ病
男性と女性1,040人、平均55歳(147)。 PA(アンケート) 関連付けなし 年齢、性別、教育、喫煙、アルコール、ウエスト/ヒップ比、慢性疾患、NA
炎症
C反応性タンパク質 男性と女性2,853人、50〜74歳(131)。 PA(EMA) 女性:レベルは逆に∝PA
男性:関連なし
年齢、SES、民族性、BMI、ウエスト/ヒップ比、喫煙、有給雇用、起床時間、うつ病
797人の男性と女性、平均51歳(52)。 生活満足度 レベルは逆に∝人生の満足度ですが、うつ病と不安の調整後は有意ではありません 年齢、性別、教育、BMI、不安神経症、および抑うつ症状
男性と女性6,335人、50〜90歳(129)。 感情的で幸福な幸福(アンケート) 男性:関連
性なし女性:より高いレベルの逆∝感情的で幸福な幸福
年齢、SES、結婚状況、喫煙、慢性疾患、うつ病
男性と女性1,946人、18〜96歳(58)。 PAと生活満足度(アンケート) レベルは逆に∝人口統計とうつ病を調整した後のPAと生活満足度ですが、健康行動は調整しません。特に関連する身体活動 年齢、性別、民族性、教育、身体活動、喫煙、アルコール、BMI、うつ病。
乾燥血液スポットからのC反応性タンパク質
IL-6 146人の男性と女性、30〜54歳(111)。 PA(アンケート) リポ多糖で刺激されたIL-6を逆に∝PA 年齢、性別、人種、BMI、白血球数
男性と女性2,519人、50〜74歳(131)。 PA(EMA) 男性:関連なし
女性:逆レベル∝PA
年齢、SES、民族性、BMI、ウエスト/ヒップ比、喫煙、有給雇用、起床時間、うつ病
135人の女性、61〜91歳(44)。 PA(アンケート)
幸福の鱗(アンケート)
レベルは逆に∝正の関係であり、他のスケールではありません 年齢、教育、SES、結婚状況、健康、投薬、喫煙、アルコール、うつ病
心臓血管
血圧 162人の男性と女性、45〜59歳(132)。 PA(EMA) 3年後に逆に測定された歩行収縮期圧∝ PA 年齢、性別、SES、有給雇用、BMI、喫煙、投薬、苦痛
心拍数 216人の男性と女性、45〜59歳(135)。 PA(EMA) 男性:歩行心拍数の逆数∝PA
女性:関連なし
年齢、性別、SES、BMI、喫煙、身体活動、苦痛
HRV 967人の男性と女性、34〜83歳(124)。 PA(アンケート)
幸福の鱗(アンケート)
HRVは、未調整または調整済みの分析では∝幸福ではありません 年齢、性別、BMI、喫煙、身体活動、慢性疾患、投薬、月経状態
代謝
HDLコレステロール 男性と女性6,381人、50〜90歳(129)。 感情的で幸福な幸福(アンケート) 男性:関連なし
女性:より高いレベル∝感情的で幸福な幸福
年齢、SES、結婚状況、喫煙、慢性疾患、うつ病
1,017人のアメリカ人と374人の日本人の男性と女性、平均54〜55歳(146)。 PA(アンケート) HDLは積極的に∝米国ではPAだが、日本のサンプルではない 年齢、性別、教育、慢性疾患、投薬、NA
トリグリセリド 男性と女性6,386人、50〜90歳(129)。 感情的で幸福な幸福(アンケート) より高いレベルの逆∝感情的で幸福な幸福 年齢、性別、SES、結婚状況、喫煙、慢性疾患、うつ病
HbA1c 男性と女性3,907人、平均67歳(51)。 人生の目的 4年後に測定されたより大きなHbA1c∝人生の目的 年齢、性別、教育、SES、結婚状況、BMI、身体活動、自己評価による健康、障害、ベースラインHbA1c、うつ病
一般
アロスタティック負荷 45,225人の男性と女性、平均45歳(120)。 PA(アンケート) 逆に大きなアロスタティック負荷∝ PA 年齢、性別、喫煙、身体活動、飲酒、NA
898人の男性と女性、平均46歳(150)。 人生の目的 4年後に逆に測定されたより大きなアロスタティック負荷∝人生の目的 年齢、性別、民族、教育、PA、NA

略語:BMI、ボディマス指数; DHEAS、デヒドロエピアンドロステロン硫酸塩; EMA、生態学的な瞬間的評価; HbA1c、糖化ヘモグロビン; HDLコレステロール、高密度リポタンパク質コレステロール; HRV、心拍変動; IL、インターロイキン; NA、悪影響; PA、プラスの影響; SES、社会経済的地位(収入、富、職業等級); ∝、重要な関連。

幸福感と炎症の抑制との関連性については、あまり一貫性がない。主観的幸福度は3種類とも評価されているが、C反応性タンパク質やインターロイキン6(IL-6)との関連は研究によって異なり、男性では逆相関を示し、女性では示さないものもある。また、いくつかの研究では、健康行動や苦痛を共変量として加えた後に効果が有意でなくなっており、交絡があることを示している。感情的幸福の心血管相関に関する研究も結論は出ていない。しかし、主観的な幸福感のさまざまな側面と、血漿コレステロールや糖化ヘモグロビンなどの代謝パラメータとの間には、肥満度や苦痛などのさまざまな共変量をコントロールした後に、関連性があるように思われる(51, 129)。さらに、複数の生物学的システムにまたがる生理学的機能不全の総合的な指標であるアロスタティック負荷に関する2つの大規模な分析では、年齢、性別、健康行動、負の感情をコントロールした後に、感情的幸福感および幸福感との逆相関が示されている(120,150)。また、主観的な幸福度の高さは、自己申告による睡眠の質の高さと関連している(103)。

幸福感と生物学的プロセスを関連付ける縦断的な研究は少ない。炎症や神経内分泌のプロセスは主観的な状態に影響を与えるため、多くの関連性は双方向的であると考えられる(90)。さらに、幸福、生物学的機能障害、および健康の間の関連性を確立した研究はまだほとんどない。例外として、English Longitudinal Study of Ageingにおいて、10年間のeudaimonic well-beingと関節炎罹患率との関連を調べた研究がある(102)。幸福度が高ければ、関節炎の発症率の低下が予測されたが、2年後に測定されたCRPは、関節炎のリスク増加とも関連していた。媒介分析では、C反応性タンパク質が幸福度と関節炎発症率の関連性のかなりの部分を占めていた。

介入研究

幸福感と健康に関連する可能性のある介入には、2つのタイプがある。1つ目は、幸福に直接焦点を当てたポジティブ心理学的介入(PPI)である。これには、マインドフルネス、祝福を数える、特徴的な強みに注目する、ポジティブな心理療法、ポジティブな経験を味わう、その他の手順を含むプログラムが含まれる(18,122)。2つ目は、必ずしも主要な結果としてではなく、幸福に影響を与え、健康に独立した効果をもたらす可能性のある介入である。例えば、身体活動の強化や社会活動の増加などである(40,97)。効果的なPPIやその他の介入は、主観的幸福感を高めるとともに、抑うつ症状を軽減する可能性が高いため、幸福と健康との関連が抑うつや苦痛とは無関係であるかどうかという問題は、介入研究では扱いにくい。

科学的に信頼できる研究において、既存の身体疾患を持つ人々の病気の発症を予防したり、予後を改善したりすることを示した幸福の介入はまだないが、この分野は比較的新しいものである。健康に影響を与えるためには、数ヶ月から数年の間、持続的に幸福感を高めるような介入が必要となるであろう。これまでのところ、多くのPPIは短期的な効果に焦点を当てている。2013年に行われたメタアナリシスでは、主観的な幸福感を介入後6か月までモニターした39件の試験で、PPIに無作為に割り付けられた人と比較条件に割り付けられた人の間に、わずかではあるが有意な平均差が認められた(18)。Proyerら(113)は、オンラインPPIの3.5年後までの幸福感の変化を評価し、持続的な効果を見出したが、割り当てられた介入を気に入り、継続して使用した人に限られ、追跡調査への損失は70%以上であった。介入は、主に心理的苦痛の軽減に焦点を当てて、さまざまな病気の患者でテストされた。がん、心血管疾患、その他の疾患の患者を対象とした100件以上の試験の概要は、マインドフルネスが対照条件と比較して、抑うつ症状、不安症状、自己申告のストレスを改善すると結論づけているが、かなりの異質性と出版バイアスのリスクがある(46)。しかし、結果は様々である。例えば、新たにHIV陽性と診断された人を対象とした5セッションの個別介入では、主要なポジティブな感情のアウトカムに有意な影響は認められなかった(93)。慢性疼痛患者を対象としたマインドフルネスのいくつかの研究では、疼痛の報告を減らすことなく、苦痛や生活の質に良好な効果があることが示されている(7)。

ポジティブ心理学に基づいていない様々な介入の幸福への効果も検討されている。これらには、社会的活動や社会的支援グループ、記憶トレーニング、運動教室、多成分プログラムなどがある。65歳以上の参加者を対象とした44件の試験のメタアナリシスでは、特に3か月以上継続したプログラムで、生活の質、ポジティブなメンタルヘルスと生活満足度、および抑うつ症状の軽減に有益な効果が認められた(40)。有意ではあるが、効果は概して小さく、追跡調査を行った研究もほとんどなかった。

幸福に関するPPIまたはその他の介入の効果が、身体的な健康アウトカムに影響を与えるほど大きいかどうかはまだわかっていない。しかし、幸福への介入が、健康に関連する行動的および生物学的プロセスに影響を及ぼす可能性を示す証拠もある。例えば、自己肯定と人生の良い点について考えることを含むポジティブな感情への介入は、患者教育と比較して、経皮的冠動脈インターベンションを受けた患者の12か月後のフォローアップにおける自己報告の身体活動の増加につながった(108)。12週間のウェブベースのマインドフルネスの介入は、心理的な幸福感や生理学的なパラメータに有意な効果がなかったにもかかわらず、心臓病患者の身体活動の増加を促した(148)。12ヵ月後には、身体活動の差はほぼ維持されたが、幸福感や生物学においては比較群との差はまだなかった(47)。

炎症性バイオマーカーに対するPPIの効果についても、いくつかの無作為化比較試験が行われている。マインドフルネスに基づく方法、認知行動療法、リラクゼーションを含む19件の試験のメタ分析では、介入前後のレベルを比較してCRP濃度が有意に低下したことが報告されたが、その差は追跡調査では持続しなかった(99)。その効果は、ベースライン時に心理的苦痛を訴えていた人でより顕著であった。IL-6などの他の炎症性バイオマーカーの結果は有意ではなかった。コルチゾールに対するマインドフルネス介入の効果は、これまでほとんど否定的であった(98)が、他の形態の瞑想は、コルチゾールおよび様々な心血管パラメータの短期的な減少をもたらすようである(107)。

Yoga, mindfulness-based stress reduction and stress-related physiological measures: A meta-analysis
Practices that include yoga asanas and mindfulness-based stress reduction for the management of stress are increasingly popular; however, the neurobio…

幸福を対象とした介入の研究は急速に進展しており、研究者は、将来、優れた試験方法を遵守した、より大規模で厳密な研究が行われることを期待できる。しかし、多くの研究者が懸念しているのは、健康増進のために人々に幸福の追求を促すことが適切であるかどうかという点である。もちろん、幸福の追求を促す動機は他にもたくさんあるが、幸福に高い価値を置くことは、期待通りの経験が得られなかった場合に、有害な影響を及ぼす可能性がある(88)。幸福が健康に有益であるとしても、それは病気の発症や予後に影響を与える数多くの要因の一つに過ぎず、他の生物学的および行動学的プロセスに比べて重要性が低いことはほぼ間違いない。幸福を追求していても、健康状態が悪化すると、罪悪感や挫折感が生じる恐れがある。健康という観点から幸福度を高めることのメリットを判断するには、バランス感覚が必要である。

おわりに

動きの速いこの分野には、まだ多くの疑問が残されている。幸福と健康の間の双方向の関連性を完全に理解するには、疫学研究と臨床、生物行動学、実験的研究の統合が必要である。健康アウトカムに関する研究は、これまで観察型の疫学研究が中心であったが、これらの研究では、複数の共変量を考慮したとしても、因果関係を確信を持って立証することはできない。この観察研究の限界は、他の健康関連現象のマトリックスの中に組み込まれている幸福に特に関係している(図1)。幸福度の変化によって健康状態が変化することを対照的な介入研究によって証明すれば、確固たる結論が得られるだろうが、そのようなプログラムには、主観的な幸福度を長期間にわたって変化させる強固な方法を用いた縦断的な試験が必要である。一方、因果関係に関する研究では、道具変数法、自然実験、消極的対照研究など、観察研究から得られる結果よりも説得力のある結果をもたらす可能性のある方法がまだ利用されていない(79)。また、腸内細菌叢が脳機能や感情状態に及ぼす影響など、新たな発見も関連してくるだろう(92)。幸福度のばらつきにどの程度対処する必要があるのか(17)幸福度の低さをネガティブな感情状態からどのように切り離すのがベストなのか(78)など、まだ決着がついていない問題もある。健康分野への介入は、主観的幸福の持続的な改善を誘導するための一般化可能で費用対効果の高い方法を考案し、健康な集団や慢性疾患を持つ人々への影響を評価できるようにすることが重要である。国民の幸福度を高めることは、立派な社会的目標であるが、これが健康の改善につながるかどうかはまだ証明されていない。