情報

21世紀におけるグレシャムの法則

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Gresham’s Law in the 21st Century

電子ジャーナル「学術・専門図書館学」(Electronic Journal of Academic and Special Librarianship

v.10 no.1(2009年春号)

ジョシュア・フィネル(レファレンス・ライブラリアン)

マクニーズ州立大学図書館

要旨

調査によると、今日、ほとんどの人がインターネットを通じて情報ニーズを満たしている。 情報化時代への深化に伴い、情報経済のグレシャムの法則が現実のものとならないよう、図書館員は情報リテラシーのスキルを身につけるという役割を担わなければならない。 本稿では、グレシャムの法則を背景に、インターネットの確率的な性質について考察する。

論文

トーマス・グレシャム卿は、16世紀にイングランド王エドワード4世とエリザベス1世の財務連絡役を務めた英国の商人・金融業者である。 グレシャムは、銀貨を「切り取る」あるいは「削る」ことによって同じ価値で売るという一般的な習慣を中心に、「悪貨は良貨を駆逐する」という経済の基本法則を明らかにした。 簡単に言えば、削られていない硬貨を見つけたら、それを買いだめして、代わりに削られた硬貨で支払おうということだ。 しかし、悪貨は、この法則が成立するために必要ではあるが、それだけでは不十分である。 1891年、イギリスの経済学者ロバート・ギフェンは、イギリスの貨幣制度を振り返って、「ある国では、流通そのものが需要を上回らない場合には、良い貨幣も悪い貨幣も一緒に、あたかも全て良いもののように流通するだろう」(Giffen, 1891, p. 304)と述べている。 1962 年、政治哲学者の F.A.ハイエクは、この気持ちを代弁し、良貨と悪貨が何年も一緒に流通し ているにもかかわらず、良貨が不足していることを発見して困惑する歴史家について語った。 ハイエクはこう書いている。「彼(歴史家)は、摩耗も切り抜きも、この相対的な減価を引き起こしていないことを理解しなければならないだろう。 彼は、硬貨の相対的な供給を増加させるか、相対的な需要を減少させるかのどちらかの原因を探さなければならないだろう」(Hayek, 1962, p.102)。

現在の社会では、情報が日常的に扱われる通貨であり、インターネットが現在の交換市場である。グレシャムの法則は、「悪い情報が良い情報を駆逐しているのか」という根本的な問いを我々に投げかけている。 1979年、ホワイトハウスの図書館情報学会議で、ダニエル・ブーアスティンは、20世紀の技術(主にラジオとテレビ)が情報を瞬時に、しかも大量に生み出すことの意味を考察した。 この新しい技術を経済学に関連づけ、ブーアスティンは次のように述べた。「グレシャムの法則の皮肉な20世紀版として、情報は知識を流通から追い出す傾向がある」(Boorstin, 1989, p.46)。

しかし、重量や測定によってその価値を客観的に評価できるコインとは異なり、情報の質は複雑な問題である。 情報の価値はその用途に起因するものであり、ある用途に適したデータが別の用途では十分な属性を持たないという相対的な性質がある。 例えば、ジョージ・ワシントンに関する百科事典の項目を引用することは、5年生の期末レポートには良い情報かもしれないが、博士論文には悪い情報かもしれない。 このことは、情報の質は、情報を求める人や利用する人から独立して評価することはできないことを示唆している。 このため、良い、悪いといった単純な品質次元での評価は極めて困難である(Knight & Burn, 2005, pp.160-163)。

同時に、情報の活用と利用は、多くの場合、資源、特に時間を減らして行われる。 小学5年生も大学院生も、時間的な制約の中で仕事をしている。 したがって、人が見つけた情報は、そのタイムリーなニーズを満たすことはできても、要求の定める基準を十分に満たすことはできない。 締め切りが迫っているからと、ジョージ・ワシントンに関する百科事典の項目を論文に引用した大学院生には、学位が与えられないかもしれない。 このことは、情報の良し悪しを評価するための基準として、ユーザーの利用は必要ではあるが十分ではないことを示唆しているのではないだろうか。

情報は、その用途以外では、多面的な性質を持っている。 情報は、タイムリー、長い、言葉が多い、絵がある、信用できる、曖昧、論争がある、矛盾している、などの属性によって特徴付けられる。 このメタ情報、つまり情報についての情報は、ユーザーが適用可能性と品質をランク付けする場所である。 たとえば、ハリケーンを追跡している人は、絵画的な情報よりもタイムリーな情報に興味を持つかもしれない。 しかし、良い情報と悪い情報を区別するための基準として、特に重要なのが「信頼性」である。 いくら最新の情報であっても、信頼性がなければ悪い情報である。 例えば、ハリケーンの接近が危惧される中、避難すべきかどうかを確認するために www.weather.com をクリックすると、ハリケーンが自分の住む町に直接向かっていることが分かったとする。 あなたが車に荷物を詰め終わると、UPSのドライバーが荷物を届けに玄関にやってくる。 そのドライバーは、あなたの町は危険な状態ではないので、ここにいても大丈夫だと言っている。 このUPSの運転手が気象学のバックグラウンドを持っていない限り、ほとんどの人はUPSの運転手の最新情報をweather.comの信頼性と交換することになるだろう。

情報源の信頼性は、使うべき情報と捨てるべき情報を区別するための鍵である。 しかし、現在の情報経済では、信頼できる情報源もそうでないものも流通している。 ブーアスティンが想像し得た技術をはるかに超えて、21世紀には情報の氾濫が困惑するほどになっている。 インターネットは情報の生産を民主化し、誰もがその創造と普及に参加できるようにした。インターネットを良い情報や信頼できる情報を広める強力な手段にしているこれらの要因は、悪い情報や誤解を招く情報を広めることを可能にする同じ特性である(Bates, Romina, Ahmed, & Hopson, 2006, p.46)。

情報化時代の到来以前は、信憑性を評価する作業はずっと簡単だった。 伝統的に、印刷物の情報は、多くの専門家(ジャーナリスト、教授、編集者、査読者)によって、配信される情報の品質を保証するために実行されていた。 印刷された情報は時間と費用がかかるため、良い情報の普及はかなり遅れ、余裕のある人たち(大学、文化機関、雑誌の購読者)が買いだめすることになった。 その結果、悪い情報(非信用情報)はあまり出回らなくなった。 その代償として、生産手段を持つ人々に出版を制限するシステムの中で、より少ない人々が発言する機会を与えられた。

現代はその逆で、ネットでウェブページを公開することで意見を述べる機会が増える一方で、悪い情報がより多く流通するようになっている。 クリス・アンダーソンは、著書『ロングテール』の中で、「確率的なシステムでは、統計的なレベルの品質しか存在しない。つまり、あるものは素晴らしく、あるものは平凡で、あるものは絶対にくだらない」(アンダーソン 2006,70ページ)と書き、インターネット上の情報流通をカラフルに表現している。 インターネットが常に権威あるもの、信頼できるものであるとは限らないのと同様に、インターネットも信頼できない情報源で完全に埋め尽くされているわけではない。 アンダーソンは、大衆の共同作業と創造の力に敬意を表しながら、「十分な数の人々に創造する能力を与えれば、必ずや逸品が生まれる」と述べている。(アンダーソン 2006,p.126)と述べている。

しかし、そのような宝石は、何トンもの岩や砂利の下に埋もれているかもしれないということが、暗黙の課題となっている。 専門家が作ったWebページには、引用や文法的な正確さ、事実関係などにほとんど配慮していないものがたくさんある。 現在、Webという市場には、どちらも同じように価値があるように見えるものが流通している。 ウェブパブリッシングによって情報発信が瞬時にできるようになったことで、信用できない情報源から得た悪い情報は、それが作られるとほぼ同時に再びシステムに循環してしまうのである。 インターネットは、循環そのものが需要を上回らない限り、良い情報も悪い情報もあたかも一緒に循環するというギッフェンの指摘を拡大する。 ブログ、ウェブページ、ソーシャルネットワーキングサイトの数は日々増えており、飽和点には程遠い状態である。 この場合も、情報の質はユーザーのニーズを考慮しなければならないことを考えれば、求める情報によっては問題ないだろう。 しかし、メタ情報において重要なのは、情報の信頼性であり、情報の良し悪しを判断する材料となる。 誰でも自分の考えをオンラインで発表することができるため、良い情報に比例して悪い情報を見つける可能性はかなり高くなる。しかし、正確な映画の上映時間から権威ある健康情報まで、人々は適格な情報源から良い情報を求めている。

グレシャムの法則は正しいのだろうか?悪い情報が良い情報を駆逐しているのだろうか? 教育という観点からは、予備的な答えは「イエス」である。 全米の教育関係者は、生徒がインターネットを多用し、良い情報よりも悪い情報を多く引き出していることに気づいている。 ブライトン大学のタラ・ブラバゾン教授(メディア論)は、インターネットが「専門性をフラット化」していると考えている。 検索エンジンの最初の結果は、決して最も権威のあるものではないが、最も便利なものである。 よく研究された論文が不足していると感じて困惑している教授は、インターネットを見るだけで、良い情報が割高で、悪い情報がそれを縁の下の力持ちに押しやっていることを知ることができる。

医療業界も同様である。 オハイオ大学のコミュニケーション学部とアメリカ癌協会パートナーシップの研究者が行った共同研究では、情報源の信頼性は、情報収集者が受け取る情報の質に対する評価にほとんど影響を与えないという結論に達した。 肺がんに関する6つのメッセージ(信頼できる情報源から3つ、信頼できない情報源から3つ)を提示したところ、参加者はどちらも同じレベルの信頼性と真実性であると評価した。 研究者たちは、「インターネット上で信頼性の高い健康情報源を提示することは、信頼性のない情報源と比較した場合、消費者の品質認識にほとんど影響を与えない」(ベイツら 2006,p.49)と結論づけている。

おそらく、最も重要なことは、グレシャムの法則が政治の世界で効果を発揮していることだ。 アメリカの政治システムにおけるあらゆる問題と同様に、あるトピックについて強い党派的帰属意識を持っていたり、事前に信念を持っていたりする人々は、情報を求める際に自己選択を行う傾向がある。 しかし、21世紀の若い有権者は、情報を得た上で意思決定をするために、特定の大統領候補に関する情報を求めて、インターネット上の政治ブログを読んでいる可能性が高い。 幅広い情報源からわずかなコストで市民に情報を提供するブログは、ジョン・スチュアート・ミルが「思想の市場」として構想したものの一例であるはずだ。 しかし、ミネソタ大学モリス校のグレゴリー・シーグリー氏が行った研究によると、若者は信頼できるブログよりも党派的なブログを選ぶ傾向があることがわかった。 学生を対象に、政治的関心とコンピュータの使用に関する一般的な情報を記録した後、信頼できるものからそうでないものまで、いくつかの異なる情報源から選択させたのである。 驚いたことに、少なくとも2週間に1回は政治ブログを利用していると答えた学生は、数ある情報源のなかから信頼できるブログを選ぶ傾向が強かった(Sheagley, 2007, p.15)。

明らかに、グレシャムの法則は、今日の情報経済においても健在である。 1999年にノーベル経済学賞を受賞したロバート・マンデル氏が指摘するように、「グレシャムの法則の根底にある原動力は経済性である:我々は最も安い支払手段で負債や取引を解決する」(マンデル、1998,p.61)。 情報の場合、最も安価な支払い手段とは、信憑性に関係なく、簡単にアクセスできる情報である。 教育現場では、学生は日常的に、疑わしい出典を列挙した書誌を課題に提出している。 個人の健康に関して言えば、我々はWHO(世界保健機関)からの情報も、適当なウェブサイトからの情報も、同じように信用しようとする。 政治体制への参加に関しても、我々の信念や考えは、専門知識や事実ではなく、世界に対する我々の理解を共有する人々によって形成されている。 情報通の市民が民主主義の基盤である以上、情報経済における悪しき情報の氾濫は深刻な問題である。

悪い情報が良い情報を押しのけ、歴史的事実から政治的リーダーまで、あらゆる情報から判断する能力が危うくなっているのである。 しかし、インターネットが社会に定着する以前は、図書館はアイデアの市場として十分に活用されていた。公共図書館の目的は、個人の継続的な自己啓発に挑戦することだ。 歴史的に見ると、公共図書館は、あらゆる年齢や技術レベルに開かれたコレクションを提供し、正式な教育機関のプログラムを補完するために、幅広く収集してきた。 しかし、今日、図書館はもはや情報源とは考えられていない。 PEW Internet and American Life Projectによる最近の調査では、他のどの情報源よりもインターネットを利用する人が多いと報告されている(Estabrook, Witt, & Rainie, 2007, p.5)。良い情報も悪い情報もウェブ上で流通しているこの事実は、ユーザーが見つける情報の質が、素晴らしいものなのか、平凡なものなのか、そうでないものなのか、重大な懸念を抱かせるものである。

70年代後半、テレコミュニケーションの台頭とともに、Boorstinは図書館を「情報の高波、そして誤った情報からの避難場所」とすることを提案した(Boorstin, 1989, p.48)。 21世紀において、この呼びかけはさらに真実味を帯びている。 インターネットとは異なり、図書館のコレクションは多くの専門家によって開発され、コレクションに追加される情報の質を保証している。 その結果、図書館は、この情報経済の中で流通している悪い情報の高波から逃れるための避難場所となる。 グレシャムの法則に照らして、図書館は自らを良い情報の貯蔵所として売り込み始めることが望ましい。

しかし、単に良い情報を持っているだけでは十分ではない。インターネット上の健康情報の質に関する研究で明らかになったように、良い情報が存在しても、質の認識にはほとんど影響を及ぼさないのである。 インターネットには良い情報がある。 難しいのは、信頼できるものとそうでないものを見分けることだ。 したがって、図書館員は大衆に情報リテラシーのスキルを教える役割を担わなければならない。 情報リテラシーの高い人とは、米国図書館協会の情報リテラシーに関する大統領委員会の最終報告書では、情報が必要なときにそれを認識でき、必要な情報を見つけ、評価し、効果的に利用する能力を持つ人と定義されている(米国図書館協会、1989,p. 4)。良い情報の門番として、図書館員は情報リテラシー能力を一般市民に教えるユニークな資格を持っているのである。

次世代の司書は、図書館が良い情報を保存し収集することを確実にするだけでなく、この情報の知識を情報経済に還元する必要がある。 21世紀において、図書館は、グレシャムの法則が我々の情報社会で現実のものとならないようにするために不可欠な役割を担っているのである。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました