ロバート・マローン政策・公衆衛生(感染症)

政府とWHO コロナの嘘 Robert Malone
これは微妙に違う。無能なのか、極悪な悪意なのか。その違いを見分けるのは難しい。

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Government and WHO CORONA Lies

rwmalonemd.substack.com/p/government-and-who-corona-lies?s=r

Robert Malone MD, MS

現職の大統領とその側近が、国連と世界保健機関(WHO)に向かい、少し充実した時間を過ごし、憲法を回避するための投票をしようとしている今、現状を簡単に見直す良い機会だと思う。

この人たちは私たちの信頼を得ているのだろうか?世界的な健康政策を決定し、取り締まる権利があるのだろうか?どうやらジョー・バイデン(あるいは彼の現在の操り人形師)とトニー・ファウチはそう考えているようだ。


ここ2,3年の間に我々が耳にしたCOVIDの嘘を簡単にリストアップしてみよう(スコット・アトラス博士に感謝し、謝意を表する)

  1. SARS-CoV-2コロナウイルスは、インフルエンザウイルスよりもはるかに高い致死率を持っている(数桁の差)
  2. COVID-19による死亡のリスクは誰もが持っている
  3. このウイルスは新しい(「新型」)ため、誰も免疫を持っておらず、迅速なワクチン開発と配備が不可欠である
  4. 誰もが危険であり、感染を拡大させる
  5. 無症状の人が感染拡大の大きな原動力となる
  6. 学校や会社を閉鎖し、自宅に閉じこもり、COVID以外の医療を停止し、旅行を中止することで、ウイルスを阻止/排除することができます
  7. マスクは、すべての人を守り、蔓延を止めることができます
  8. 免疫による保護は、ワクチンによってのみ得ることができる
  9. 感染と回復によって得られる自然免疫は短命でワクチンによる免疫より劣る

このような嘘をついたのは誰なのだろうか?

  1. デボラ・バークス(アンソニー・ファウチの薫陶を受けた人物)である。
    彼女は州知事に対するホワイトハウスの公式ガイダンスを事実上すべて書き上げました。
    これは公衆衛生政策を決定する州の憲法上の権限を簒奪するものであった
  2. アンソニー・ファウチ
  3. フランシス・コリンズ

彼らの政策決定はどのようなものだったのだろうか?

  1. 「曲線を平らに」…そして 「全例停止」
  2. マスクはなし すべてマスク
  3. ロックダウンだ 学校閉鎖 事業所閉鎖 医療制限 多くの制限 強制 隔離
  4. 病院がCOVID-19を過剰に診断し、レムデシビルと人工呼吸を過剰に使用し、医原性(薬剤・医師による)過剰死亡の大波を引き起こすための逆金融優遇措置
  5. 早期治療を止め、再利用薬の使用を阻止する
  6. 「唇が青くなったら病院に来い」

彼らの政策判断の効果は何だったのだろうか?

  1. ウイルス?ウイルスに起因する>1,000,000人のアメリカ人死亡者。一人当たりの死亡率が世界で最も高い国の一つです
  2. ロックダウン?大量の死を引き起こし、特に労働者階級と貧困層の何百万もの家族や子供たちに深刻な被害を与えた

より良い代替案は 2020年3月までに知られていた「標的型防御」として知られている

イオアニディス・STAT 2020年3月17日号

大失敗の予感?コロナウイルスの大流行で、私たちは信頼できるデータなしに意思決定をしている


カッツ NYタイムズ 2020年3月20日

 

コロナウイルスとの闘いは病気より悪いのか?

パンデミックに打ち勝つには、もっと的を射た方法があるはず。


アトラス、ワシントン・タイムズ 2020年3月26日号

 

広範な隔離とすべての人的交流の停止では、COVID-19のパンデミックは封じ込めない。


Kulldorf, CNN em Espanol 2020年8月20日(彼は英語で発表することができなかった。..)

OPINION I 学校を開くか開かないか:スウェーデンの経験

代替政策はどのようなものが提案されたのか?

  1. ハイリスクグループの保護をかつてないほど集中的に強化する
  2. 医療、学校、企業、病院を含む社会を再稼働させる
  3. 病院の収容能力を注意深く観察し、必要な場合は補う

この一連の政策提言は 2020年10月04日に「グレートバリントン宣言」として成文化された。

ウィキペディアによると

「グレートバリントン宣言は、COVID-19のパンデミックとロックダウンに対応して2020年10月に発表された公開書簡である。 1][2] それは、最も危険な人々を安全に保ち、社会が他の方法で正常に機能していると主張する「集中保護」の周辺概念によって、有害なCOVID-19ロックダウンを避けることができると主張した [3] 想定した結果は、3ヶ月でSARS-CoV-2を通過する集団免疫ができたことである。 [1][2][3] オックスフォード大学のSunetra Gupta、スタンフォード大学のJay Bhattacharya、ハーバード大学のMartin Kulldorffによって書かれたこの文書は、マサチューセッツ州グレートバリントンのアメリカ経済研究所で起草され 2020年10月4日にそこで署名、10月5日に公開された。 [2][4] この文書は、集団感染による疾病負担が許容されること、いかなる感染も長期的な滅菌免疫を付与することを根拠なく推定し、身体的距離、マスク、コンタクトトレース[5]、最初の感染から数ヶ月後に衰弱した症状に苦しむ患者がいるLong-COVIDについては何も言及していません。」

なぜ国民はロックダウンを信じたのか」?

  1. 信頼の文化(信任された階級のもの)
  2. 恐怖心(政府、WHO、レガシーメディアが国民に対して積極的に武器化した)
  3. 反対意見の悪魔化(世界的に協調されたプロパガンダと検閲のキャンペーン)
  4. レガシーメディア、ソーシャルメディア、政治キャンペーン

嘘を裏付ける重要なメッセージ

  1. もしあなたがロックダウンに反対なら、あなたは利己的で、命よりも経済を選んでいる
  2. もしあなたがロックダウンに反対なら、あなたは感染を緩和することなく拡大させることに賛成であり、したがって不必要で予防可能な死に賛成していることになる

公衆衛生の基本的な倫理の積極的な破壊と否定

「学校が検査戦略を実施する場合、検査は任意で提供されるべきです。保護者が検査を望まない生徒を含め、検査を望まない人を検査することは非倫理的であり、違法である」

CDC 2020年10月13日

子どもへのワクチン接種の義務化

「しかし、このワクチンの安全性については、接種を開始しない限り、決して知ることはできない。そういうものなのです。」

エリック・ルービン(MD)。ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン誌編集長 2021年10月26日

小児のワクチン承認に関するFDA諮問委員会。

科学への信頼を回復するには?

  1. 公的な場で誤りを認める
  2. リーダーシップを変える
  3. 利益相反規制を強化し、政府機関の指導的地位に任期制を導入する
  4. 厳格な期限付きで「公衆衛生上の緊急事態」の定義を明確にし、延長するための立法措置の要件を追加する
  5. 規則を定めるのではなく、助言するという保健機関の適切な役割を復活させる
  6. メディアのファクトチェック
  7. 研究資金の分散化
  8. 新たな透明性と説明責任の導入
    1. 論文や助成金のレビューの匿名化解除
    2. 政府機関や委員会に対する独立したモニタリングを強化する
    3. 倫理、自由な討論に関する大学の評価
    4. ジャーナリスト、医師、科学者のための論理と倫理を含む新しいトレーニングプログラム

 

タイトルとURLをコピーしました