グーグルが健康サイトの検閲を次のレベルに進めている

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

医療の誤報・偽情報・検閲
Google Is Taking Censorship of Health Websites to The Next Level

https://selfhack.com/blog/google-censorship-of-health-websites-is-taken-to-the-next-level/

執筆:ジョー・コーエン(BS)|最終更新日:2017年11月23日 2019年11月23日

も く じ

グーグル検閲

最近、健康の世界で面白いことが起こったのだが、それについてのニュース記事を見たことがない。

Googleは、何らかの真剣な支持を得ている「非主流派」の健康サイトを、例外なく意図的に検閲している。

ユーザーが見たい情報を表示しているわけでも、ユーザーが検索している内容を尊重しているわけでもない。それどころか、Googleはユーザーが見ることのできる健康情報を勝手に決めて、検索結果を裏から変えているのである。

まるで陰謀論のようだと思われるかもしれない。

しかし、それこそが私がこの記事を書いた理由なのである。この記事で紹介している証拠を見れば、これがおかしな陰謀論ではなく、現実であり、ほとんど秘密でもないことがすぐにわかるでだろう。

さて、私が言う「検閲」とは、Googleが意図的に大多数の健康系サイトに組織的なペナルティを課して、検索結果の1ページ目に表示されないようにしているということだ。SelfHackedは、Googleの最新の「ブラックリスト」に引っかかったサイトの1つだが、我々だけではない。

しかし、それだけではない。GoogleでSelfHackedのコンテンツを見つけるためには、検索語に「SelfHacked.com」を追加しなければ表示されない。これは、同じ検索をBing、Yahoo、DuckDuckGo、Ecosiaで試した場合のケースではなく、我々はまだ多くの健康関連の検索キーワードで上位にランクされている。(また、DuckDuckGoでは、ユーザーを追跡せず、広告の数も非常に少ないという利点もある)。)

この変更は、我々のようなサービスプロバイダーに影響を与えるだけでなく、すべての人が正確で科学的かつ有用な健康情報をオンラインで見つける能力にも大きな影響を与えることになる。

他の検索エンジンとは異なり、GoogleはSelfHackedを含む非主流の健康ウェブサイトを検閲している。もしあなたがまだGoogleを使っているのであれば、正確で有用な健康情報を見つける能力が損なわれる。

思想警察としてのグーグル

Googleは、健康コンテンツの思想警察になっている。

Googleが一部の右翼的な人物のプラットフォームを解除したり、検閲したりしているというニュースが多くあった。

EUはグーグルに約90億ドルの反トラスト法違反の罰金を科し、米国は独自に反トラスト法の調査を開始している。

上院では、グーグルが強い政治的偏見を持っており、それを検索結果(グーグルやYoutube)で人々に押し付けているという証言がなされている。

例えば、十戒には殺人という言葉が含まれているため、あまりにも物議を醸すので、youtubeはそのような動画を検閲している。

GoogleがJames Damoreを解雇したことや、彼らのイデオロギー的なエコーチェンバーについても知っている。

米軍とは協力しないのに、Googleは中国と協力しているという噂もある。ピーター・ティールは最近、ニューヨーク・タイムズ紙に、米国ではなく中国のために働く意思があることを記述した。

また、Googleが「Don’t be evil」という信条から脱却しようとしていることも分かっているが、これは私に言わせれば、そもそもかなりハードルが低いものだ。

しかし、あまり報道されていないのは、Googleが質の高い健康関連のコンテンツを検閲し始めたことである。それも、従来の医学・学術雑誌に掲載された研究結果に裏付けられたコンテンツを検閲しているのである。

Googleがビッグファーマの手中にあると指摘する人もいる。彼らは、グーグルがGSKと提携し、データの共有やビジネスパートナーシップの構築に積極的であるという証拠を挙げている。

さて、私は陰謀論者ではないし、Googleが大手製薬会社に買収されているとは思っていない。

少なくとも、それが彼らの主な影響力だとは思っていない。私は、Googleのイデオロギー的なエコーチェンバーのせいだと思っている。

問題は、Googleが検閲しているSelfHackedや他の何百ものサイトが信頼できないウェブサイトだと言う権限を、誰が与えたのかということだ。

例えば、Googleのジョン・ミューラーは、Googleは「専門性」「権威性」「信頼性」(E-A-T)を示すサイトをランク付けすると主張し続けている。私のようなウェブサイトの所有者は、自分のサイトがこれらの特徴を備えているかどうかを他の専門家に意見を求め、関連する専門家が承認するまで適宜調整することで、サイトのランキングを向上させることができるとまで言っている。

誰に聞いても、SelfHackedはすでに権威があり、信頼でき、専門知識を表示していると言われたということである。我々の記事のどれかを見て、自分で判断することができる。

しかし、彼らは明らかに我々にペナルティを与えることを決定した。結局のところ、Googleが新しいポリシーについて言っていることは明らかに嘘である。

要するに、Googleは自分たちがやっていることについて透明性がなく、この記事で紹介する検索の変更についても公に発表していないということである。しかし、その証拠は、どこを見ればいいのか知っていれば簡単に見つけることができる。

Googleは、自分たちの思想的な慣習や検索の変更について透明性がない。ランクインするためには、専門性、権威性、信頼性を示す必要があると主張しているが、これらの基準を満たすサイトにはペナルティを課している。

グーグルは、情報を検閲しないという提案を否決した

2007年、グーグルの創業者と株主は、検閲防止のための提案を否決した。否決された提案の文章の一部には、次のような記述があった[1]。

  • 当社は、積極的な検閲を行わない。
  • 当社は、あらゆる法的手段を用いて検閲の要求に抵抗する。会社は、法的拘束力のある手続きによって要求された場合にのみ、そのような要求に応じる。
  • ユーザーがアクセスしようとしているコンテンツをフィルタリングまたはその他の方法で検閲するという法的拘束力のある政府の要求に会社が応じた場合、ユーザーには明確に通知される。
  • 会社は、法的拘束力のある検閲要求に従ったすべてのケースを文書化し、その情報を一般に公開する。

これらはすべて合理的だと思わないか?しかし、Googleはそうは思わない。

2007年にGoogleが検閲反対の提案をダウンビットして以来、あなたが見ている情報が検閲されているかどうかを知ることはできない。

Googleの仕事とは?

まず、Googleとユーザーとの関係において、Googleの役割とは何かを考えてみよう。

Googleの仕事は、どちらかの立場に立つことではなく、ユーザーが探している情報を提供することである。

Googleは情報を探すための媒体であり、あなたが何を探すべきか、何を知るべきか、何を知るべきでないかを伝えることは彼らの仕事ではない。

彼らは公平なメディアであるかのように装っているが、実際には、どのサイトをランク付けし、どのサイトをランク付けしないかを決定するだけで、強い主張をしているのである。

もし人々が “不正 “を行い、”ブラックハット “なSEO技術を使って順位を上げているのであれば、彼らがペナルティを課すことも十分に理解できる。

誰にも気づかれることなく、Googleは何百、何千もの非機関的な健康ウェブサイトの結果を表示しなくなった。

Googleは、誰もが何でも公開できるプラットフォームであり、定められたルールに従えば平等に扱われると考えられている。しかし、我々はすべてのルールに従っているが、いまだに検閲を受けている。

プラットフォームであるGoogleは、訴訟に対する法的免除を受けている[2]。このような免責を認めた背景には、これらの企業がアイデアを自由に議論する場を提供しているという精神があった。一方、SelfHackedや新聞社のような出版社は免責されない。法律を破るような記事を掲載すれば、責任を負うことになる。

法的圧力を受けているとき、テック企業は “表現の自由は自社のコアバリュー “であり、”すべての人に声を届けることが使命 “だと主張する。

Googleは、自社のプラットフォームで何を誰に見せるかを非常に選別することで、プラットフォームというよりも出版社のように振る舞い、法律の精神と自社の掲げる使命に反している。

Googleは、ユーザーが探している情報を提供する公平なメディアであるべきである。その代わりに、どのサイトをランク付けしてはいけないかを手動で決めて、密かにペナルティを与えているのである。

Googleのアップデートで何百ものウェブサイトが深刻なペナルティを受けた

さて、はっきりさせておきたいのは、このリストにあるサイトの中には、確かに信頼性が低く、最高品質の健康情報を持っていないものもあるということである。それにもかかわらず、Googleは最近のアップデートで、どれだけ科学的に優れていても、十分に「主流」ではないと判断したサイトを片っ端からペナルティを課し、赤ちゃんを風呂水ごと一緒に捨ててしまった。

これは、過去1年間にGoogleのアップデートで打撃を受けたウェブサイトのほんの一部に過ぎない。Googleのアップデートが行われるたびに、これらのサイトはどんどん潰されている。

  • SelfHacked
  • WellnessMama
  • Mercola
  • MindBodyGreen
  • Dr. Axe
  • Dr. Weil
  • Chris Kresser
  • Bulletproof
  • Nootropedia
  • Kelly Brogan, M.D.
  • GreenMedInfo
  • Mark’s Daily Apple
  • PaleoHacks
  • The Third Wave
  • Robb Wolf
  • Dr Jockers
  • GundryMD
  • Patient.info
  • Ruled.me

潰されたサイトと、うまくいったサイトの一覧を見てほしい。

Googleは、新しいアップデートのたびに、たとえコンテンツが科学的に正確であっても、「主流」ではないと判断したサイトにペナルティを課してきた。どのサイトも免れていない。

Googleは今、客観的に悪い健康コンテンツをランク付けしている

人々は1日に約10億件の健康に関する質問をGoogleで検索している。最近の調査によると、インターネットユーザーの80%がオンラインで健康関連のトピックを検索したことがあるという。

Googleはかつて、ウェブサイトと暗黙の了解を交わしていた。「優れたコンテンツを作れば、ランキングに載る」というものだ。しかし、今はそうではない。少なくとも、健康関連のウェブサイトはそうではない。

この干渉の結果、Googleは現在、健康に関するトピックについて客観的に悪い情報を配信し、宣伝するようになっている。Bing、Yahoo、DuckDuckGoは、はるかに優れた検索結果を提供している。

公平に見て、Googleはかなりの期間、他の検索エンジンよりもはるかに優れてた。しかし、昨年のある時点で、Googleは、何千とは言わないまでも、何百という健康関連のウェブサイトに手動でペナルティを課すことを決定し、自らの時間をかけて検証したアルゴリズムを無視し始めた。

Googleで健康に関するトピックを入力して、最初の10件の検索結果を見てみてほしい。

WebMD、Healthline、そしていくつかの病院がほとんどである。次にそれをBingで入力してみると、Bingの方が毎回、より良い関連性のある結果を提供していることがわかる。

誤解のないように言っておくが、私が言っているのは反ワクチンのコンテンツのことではない。SelfHackedなどのように、科学的に正しい情報を得ることに非常に熱心で、すべての記述に科学的な研究結果を参照しているウェブサイトのことを言っている。

主流の病院や機関(メイヨー・クリニックやクリーブランド・クリニックなど)と提携していなかったり、WebMDやHealthline(2大サイト)ではなかったりする、文字通りすべての健康系ウェブサイトがペナルティを受けている。

今のところ、唯一の例外は、Googleがまだ手をつけていないような小規模な健康サイトだが、特に人気が出始めれば、ペナルティを受けることは間違いない。

このような最近の変化により、ネット上に空白ができ始め、非科学的で、時には危険な情報を提供する、より質の低い「健康サイト」が急速に増えている。

Googleは現在、客観的に見て悪い健康コンテンツを好んで掲載しており、大規模で組織的なウェブサイトと、疑わしくて非科学的な新しいブログのみをランキングに載せている。Bing、Yahoo、DuckDuckGoは、より良い検索結果を提供している。

機関投資家向けウェブサイトはSelfHackedよりも科学的ではない

機関投資家向けウェブサイトの定義

健康関連の “機関 “ウェブサイトとは、90年代に始まったメガブランドのウェブサイトのことで、多くは病院や政府機関のためのものである。

このようなサイトでは、お互いのサイトから情報を引用することもあるが、これは怠慢であるだけでなく、非常に複雑で議論の多い健康関連の問題について、誤ったコンセンサスがあるかのような錯覚を引き起こしかねない。

よく知られている「組織的」サイトの例としては、次のようなものがある。

  • WebMD(製薬会社と公然と提携している)
  • Healthline(1999年に設立され、Drugs.com、Livestrong、Greatist、MedicalNewsTodayを所有している
  • VerywellHealth (Cleveland Clinicと提携。About.comの会社としてスタート)
  • 多くの病院のウェブサイト(UMMC、Cleveland Clinic、Mayo Clinic、Sloan-Kettering、NYUなど)
  • 政府機関(NIH/Pubmed、CDC、ODS、FDAなど)

その他の医療系ニュースサイト(ほとんどの場合、WebMDやHealthlineが所有している
この「保護された」グループのウェブサイトを除けば、その他の合理的な規模のウェブサイトはすべてペナルティを受け、検閲を受け、人気のある検索語やキーワードでGoogleの1ページ目に表示されなくなっている。

「Institutional Health Website」とは、90年代に設立されたサイトのことで、そのほとんどが病院や政府機関である。彼らは互いに情報を取り合い、人々が疑問を抱かないような画一的なコンテンツを提供している。

機関投資家向けウェブサイトが情報を得る場所

これらの機関ウェブサイトの問題点は、SelfHackedのように査読付きの科学文献から直接情報を得ていないことである。

これは大きな問題である。

機関投資家向けの健康ウェブサイトが情報を得る主な参照元は、次の2つである。

  • Mayo ClinicやCDCなど、これらのサイトが自動的に「信頼できる」と判断した他のウェブサイト。(Healthline、WebMD、VeryWellHealthなどがこれにあたる)
  • 医師へのインタビュー(Cleveland Clinicがその良い例である。

時折、機関のウェブサイトが査読付きのソースにリンクすることがあるが、これらはリンクのごく一部に過ぎない。

最も重要なことは、これらのサイトでは、それぞれの記述がどこから来ているのか言及していないことである。

また、これらのサイトのコンテンツは、ほとんどの場合、科学的な資格を持たない人が書いている。そのため、自分の主張の出典を注意深く引用していない場合は、さらに問題である。

研究機関のウェブサイトでは、査読付きの科学論文を参照することはほとんどない。その代わりに、お互いの記事にリンクを張ったり、医師にインタビューして情報を得たりしている。執筆者は科学的な資格を持っていないことが多い。

WebMD

WebMDの名前からして、医師が記事を書いているように思えるが、実際に医師であるライターがいるとは思えない。

これが、誰が記事を書いているのかを教えてくれない理由の少なくとも一部ではないかと思う。

ここにあるように、WebMDのNAC(N-acetylcysteine)に関するこの記事の情報源は、病院(Sloan-Kettering、NYU Medical Center、University of Maryland Medical Center)からのものだけだ。

 

参考文献を検索してみても、NYUとメリーランド大学メディカルセンターが書いた論文すら見つからない。

Sloan-Ketteringの記事には、査読付き研究への参照が43件含まれている。これは、207件の参照があるNACに関する我々の記事と比較するまでは、印象的に聞こえるかもしれない。

WebMDは、記事の著者を隠している。また、病院のウェブサイトに掲載されていることが多いため、情報源を特定するのは困難である。

Healthline

私は、かつてHealthlineで記事を書いていた何人かの人にインタビューしたことがある。彼らは、がんなどの非常に深刻で複雑な医療トピックについてよく書いてた。その人たちに、SelfHackedの記事を書くことに興味があるかどうか聞いてみた。すると彼らは皆、同じような答えを返してきた。「私にはそのためのバックグラウンドがない。Healthlineの記事は簡単に書けるが、SelfHackedの記事を書く資格はない」。

Healthlineは複雑な医療トピックをカバーしており、その科学はライターが把握するのに十分な資格を持っていない可能性がある。

VerywellHealth

NACでGoogleのトップ5の結果に出てきたのを見て、VerywellHealthのランダムな記事をチェックすることにした。

(SelfHackedはかなり長い間、検索結果の1位になってたが、今ではGoogleの検索結果のトップ100にも入っていない)。

彼らの記事は、以下の記述を読んで完全に信用できなくなった。

  1. 「裏付けとなる研究が不足しているため、どのような症状にもN-アセチルシステインを推奨するのは時期尚早である」。
  2. 「N-アセチルシステインは、ある種の健康上の利点をもたらすかもしれないが、慢性的な健康問題をN-アセチルシステインのサプリメントで自己治療することは、深刻な健康上の問題を引き起こす可能性がある。」
  3. 「N-アセチルシステインの長期使用の安全性についてはほとんど知られていない。」

問題は、これらの記述のすべてが間違っていることである。これらの記述の具体的な参考文献はどこにあるのだろうか?これらの記述と一緒に参考文献が表示されていないので、わからない。

この記事の著者は科学的な訓練を受けておらず、自分の主張の科学的根拠を調べることにも長けていないようである。

  1. 通常量のNACを摂取することによる深刻な健康被害について言及した研究は一つもない。病院では何十年もの間、タイレノール中毒の患者を治療するために高用量のNACを安全に使用してきた。
  2. NACの一般的な錠剤には、システインの一種であるNACが約600mg含まれている。システインは、我々が食べる食品に含まれる必須アミノ酸である。一般の人は、1日に600mg以上のシステインを摂取することになる。もし、1日に70gのタンパク質を食べていたら、それだけで600〜650mgのシステインを摂取していることになる[3]。
  3. NACは何十年もの間、広範囲にわたって研究され、使用されてきた。NACの臨床試験は1,000件近く発表されており、PubMedで検索すれば誰でもその多くを自分で見ることができる。

VerywellHealth社のコンテンツが「米国公認の医師」によってレビューされたという主張は、その人物が誰であるか、その科学的背景、またはその医学的専門分野がわからないため、意味がない。大多数の認定医学博士は、サプリメントに関する深い知識を持っていないが、これらの投稿の審査を任されている。

さらに、VerywellHealthのコンテンツが不正確であることを考えると、半分の頭脳を持つ人がコンテンツをレビューしたとは思えないが、彼らは「認定医」がレビューしたと主張している。なんというインチキ

注:奇妙な偶然だが、私がこの記事を書いた直後(8月5日)に、彼らは内容を変更し、虚偽の情報を削除した。これは、彼らが良くないことに気付いたことを示している。しかし、彼らのコンテンツの信頼性や、そもそもなぜランキングに入っていたのか、なぜGoogleは彼らを信頼できると見ているのか、といった疑問はまだ残っている。

このSlack上の当社の科学ディスカッションチャンネルの1つからの抜粋からわかるように、私はもともと2019年7月12日にVerywellhealthのNACに関する投稿を見つけ、その月の終わりにそれについて書き始めた。

VerywellhealthのNACに関する投稿は、不正確で誤った情報を提供しているにもかかわらず、Googleの検索結果の上位5位にランクインした。

メイヨークリニック

Mayoclinicのクレアチンに関する投稿を見てみよう。この記事は、Googleの検索結果のトップに表示された。これは、WebMD、Healthline、VeryWellHealthなどのウェブサイトが、すぐにこの記事を主要な参考資料として使用し、この記事に書かれていることを完全に鵜呑みにすることを意味している。

問題は…

  1. この記事は包括的ではない。つまり、著者は記事を書く前に詳細な調査をしていないということである。
  2. 著者が記載されていないので、誰が書いたのか、さらに重要なのは、その人の資格や経歴がわからないことである。
  3. 査読者が記載されていないので、誰が査読したのか、あるいは専門家が査読したのかどうかもわからない。
  4. 参考文献は査読付きの雑誌ではないので、どこから引用しているのかを追跡するのは困難である。リンクされているサイトの多くは、高価なペイウォールに守られていることが多い。
  5. 提示された3つの参考文献のうち、どの情報がどの文献に記載されているのかがわからない。これでは、ある情報を探し出すのに1日がかりになってしまうし、そもそも情報源にアクセスするのにもお金がかかるのは言うまでもない。参考文献が増えるたびに、その情報がどこから来たのかを確認するのは非常に難しくなる。

 

つまり、コンテンツの質が良くないだけでなく、彼らが言っていることを確認するのも難しいのである。彼らは、読者が自分たちのコンテンツを盲信することを期待しているようである。

SelfHackedでは、すべての声明を参照しているし、すべての記事を資格のある科学者が書いているのはそのためである。

明らかにGoogleは、「信頼できる」機関からの情報であれば、このような劣悪な情報源が検索結果を支配しても構わないと考えている。

Mayo Clinicの記事がGoogleでクレアチンの検索で1位になっていることを正当化するのは難しい。この投稿は包括的ではなく、著者とレビュアーの名前が欠落しており、参照先も査読付きジャーナルになっていない。

Cleveland Clinic

Cleveland Clinicは、しばしば医師へのインタビューから情報を得ている。

問題は、一般的な医師は、患者の治療に追われてあまりにも忙しいということである。

最新のサプリメントや健康法について、最新の医学雑誌や科学雑誌に掲載されている情報を読み、それをオンラインで総合的に記事にするには、一日のうちに十分な時間がない。

そのため、医師へのインタビューからは、最新の科学的な健康情報を得ることはできない。

Cleveland Clinicは、その主張のほとんどを医師へのインタビューに基づいているため、最新の科学的情報ではなく、断片的な情報を提供していることになる。

SelfHackedの情報の入手先

SelfHackedは、健康・医療業界全体で最も厳しい情報収集のガイドラインを設けている。我々は、ほぼ医学、ピアレビューされた研究にリンクし、それらは通常、PubMedでチェックアウトすることができる。

特に、第三者のウェブサイトにはリンクしない。我々は、他人の意見ではなく、オリジナルの科学的ソースそのものにしか興味がない。我々は、最も正確な情報は、実際に研究を行っている科学者の口から直接得られるものだと信じている。

また、我々は “Trust, but verify “という概念を信じている。このコンセプトを実現するために、我々はすべての声明の最後にピンポイントの科学的参照を記載するようにしている。これにより、我々を盲目的に「信じる」だけではなく、「信じる」ことができるのである。言い換えれば、我々が言っていることを自分自身で確認することができるようにしたいのである。我々は、どのようなテーマに対しても、最も科学的に有効で、偏りのない、包括的な情報を提供することに専念している。

我々のライティングチームは、医学博士、博士、薬剤師、科学者、その他の認定されたヘルス&ウェルネスのスペシャリストで構成されている。

特にライターは、健康分野ではなく科学分野から起用している。ライターには、どんな結論であっても科学に従うことが唯一の目標であることを明確に伝えている。

我々のサイエンスチームに応募してきた人は、健康業界で最も厳しい審査を受ける。実際には、組織的な健康ウェブサイトに執筆したことのある応募者は、我々の厳しいテストに合格できないため、お断りすることが多いのである。

我々のチームに参加するすべての人は、長い専門的な科学のテストに加えて、論理的推論や読解力などの難しい評価に合格しなければならない。その後、テスト記事を提出し、科学者チームが彼らの仕事が我々の基準に合っているかどうかを確認する。

最後に、少なくとも2人の科学者が各記事の執筆後にレビューを行う。

我々のために働くライターは、社内の査読プロセスによって常に監視されており、科学的に重大な誤りを犯していると判断された場合には、二度と記事を書かせません。

このような厳格なプロセスでライターを審査している健康サイトは他にない。

このようなプロセスを構築し、現在の状態にまで改良するのに何年もかかった。企業として成長し、より多くのリソースを利用できるようになったことで、進化する品質基準を満たさなくなった古い記事を書き直したこともあった。

最後に、我々はWHO(世界保健機関)に正式に関連する非営利団体であるHON(Health On the Net)の認証を受けている。HONは、透明性と信頼性の高い健康情報をオンラインで提供することを目的としている。そのミッションステートメントによると、「HONは、有用で信頼できる健康情報のオンラインでの展開を促進し、その適切で効率的な利用を可能にするために設立された」[4]。

SelfHackedでは、このような理想を共有し、我々が提供するすべての情報が正確で、信頼性が高く、消費者に適切に利用されるように常に努力している。また、提携関係についても可能な限り透明性を保つようにしている。

しかし、このような厳格なプロセスを経ているにもかかわらず、Googleは、お客様が当社にアクセスしたり、当社のコンテンツを見つけたりすることを困難にすることを決定した。どうやらGoogleは、我々が検索結果の1ページ目に表示されることは許されないと考えているようである。科学的な研究と執筆活動を常に改善してきたにもかかわらず、これによって我々のトラフィックは昨年だけで90%も減少した。

SelfHackedは、PubMedでアクセスできる査読付きの研究にリンクしている。我々の記事は、資格のある医療専門家によって書かれ、内部の査読プロセスを経ている。厳格なプロセスにもかかわらず、過去1年間でトラフィックが90%削減された。

グーグルのE-A-Tの定義

Googleの品質評価者のガイドラインによると

“科学的トピックに関する高E-A-T情報ページは、適切な科学的専門知識を持つ人や組織によって作成されるべきであり、そのようなコンセンサスが存在する問題について、確立された科学的コンセンサスを示すものでなければならない。”

SelfHackedではこれに沿って、科学の専門家がPubMedに掲載されている研究を要約しており、特定のイデオロギーに適合する研究をチェリーピックすることなく掲載していることである。

Googleはあなたが何を見つけたいかを気にしていない

検索意図

検索エンジン業界には、”検索意図 “という言葉がある。

これは、実はGoogleが技術的に最も優れている部分である。つまり、検索結果に表示されたキーワードとまったく同じ言葉を使っていなくても、Googleはアルゴリズムを使ってユーザーが求めるコンテンツを解釈・予測しているのである。

Googleのような検索プロバイダーは、お客様が「本当に」見たいものを推測する能力に長けているため、お客様の検索キーワードを完全に鵜呑みにした場合よりも満足度の高いコンテンツを提供することができる。これは素晴らしいことで、Googleが伝統的に他の検索エンジンよりも優れていた理由の一つでもある。

Bingは、あなたが何を求めているかをより深いレベルで理解しておらず、タイトル、H2見出し、URL、記事の内容などに含まれる言葉に、より大きく依存している。

つまり、Bingはある意味で「頭の悪い」検索エンジンなのである。

問題は、Googleが最近、あなたが見たいものを無視して、代わりに自分たちが見てほしいものを表示することにしたことである。

Googleのアルゴリズムは、あなたの検索キーワードに基づいて、あなたが見たいものを推測することができる。しかし、最近では、あなたの検索意図を無視して、代わりに自分たちが見てほしいものを表示することにした。

健康の分野では、Googleはあなたが見たいものを表示しない

私は、「自然」や「非主流」の健康法には多くの可能性があると考えているが、一方で、自然の健康法を誇張する人たちも多くいると思う。

自然療法を信じるか信じないかにかかわらず、もし誰かが「自然療法」や「自然療法」と入力したら、その人が自然療法や治療法を見たいと思うのは明らかである。

これは当然のことで、1年前のGoogleはこのような結果を表示していた。しかし、今同じことをやってみても、自分の検索クエリに対して望んだ結果は得られないだろう。

つまり、Googleは、あなたが何を探したいのか、健康情報を探す意図はどうでもよくて、代わりにあなたに見てもらいたい情報を提供すると明言しているのである。

がんの自然治癒や治療法があるかどうかは議論の対象になるが、それを検索しても、見たい情報が表示されないとなると、問題は別である。

これは現在、健康に関する見たい言葉や考えに当てはまる。あなたが見たい投稿ではなく、Googleがあなたに見せたい投稿が表示される。

Googleは、あなたが探している健康情報を表示せず、彼らが許容できると判断したものだけを表示させる。

Googleでの「Natural Cancer Cures」と「Natural Cancer Treatments」の上位結果

検索結果のトップ10は、すべて自然ながん治療法に反対する投稿や、関連性のない投稿である。

ここでは、タイトルがすべてを物語っている、出てきたトップ記事を紹介する。

  • 自然ながんの「治療法」。What Are the Risks? – イェール大学医学部での話
  • 3つの自然がん「治療法」の真実-メモリアル・スローン・ケタリング社
  • がんの代替治療。考慮すべき10の選択肢 – Mayo Clinic
  • がんは「自然」。最良の治療法はそうではない – STAT
  • 写真のがんの「治療法」は動作しない – WebMD

私の個人的な意見としては、「自然ながん治療」の分野には多くのヤラセがあると思うが、それを決めるのはGoogleの仕事ではない。Googleの仕事は、人々が見たいと思う情報を提供することである。

Bingでの「Natural Cancer Cures」の上位結果

ご覧の通り、Bingで「Natural cancer cures」を検索すると、世界が大きく変わる。BingはGoogleよりも「頭が悪く」、検索意図をあまり理解していないにもかかわらず、人々が読みたいと思う記事を提供するのに非常に優れた仕事をしている。

  • トップ10の自然な、そして多分最高のがん治療法
  • 癌を自然に治療する。効果のある11の戦略
  • 考えるべき10の自然ながん治療法 – Dr. Axe
  • がん。禁断の治療法-自然ながん治療
  • 政府機関に葬られてしまったがんの自然治療法トップ7
  • 癌について 治療法とホームレメディー – Organic Facts
  • 承認されていないが効果的ながん治療法 – Health Impact News

繰り返しになるが、私はこれらの治療法のどれかが効くかどうか、あるいはこれらの記事がすべて完全なヤラセであるかどうかについて立場を取るつもりはない。読んでもいないのしたがって。また、SelfHackedでは自然ながん治療について書いたことはない。

私の立場は、検索エンジンはあなたが見たい情報を表示するべきであり、彼らがあなたに見せたい情報を表示するべきではないということである。

Googleが望めば、あるサイトが信頼できないとか、彼らの意見では物議をかもしているという警告を出すことができる。私はそれについて何の問題もない。問題なのは、ユーザーに何も伝えずに警告を出していることである。彼らは、自分たちが見てほしい情報を表示するようにアルゴリズムを調整しているのである。

人々が求めている情報を提供してくれるとGoogleに依存していることを考えると、これは権力の乱用であり、ユーザーとの信頼関係を破壊するものである。

検索結果を検閲することで、Googleは権力を乱用し、ユーザーが知らないうちに、ユーザーが見たいものを決定する権利を得ているのである。Bingはそのようなことはしない。

“Pulse Pressure SelfHacked “の検索結果

おかしなことに、我々のドメイン名「Selfhacked」を検索語に加えても、まだ表示されないことがある。

たとえば、「Pulse Pressure Selfhacked」で検索すると、1ヶ月以上前にその記事を公開しているにもかかわらず、どの結果にも我々は見つからない。

同じ内容をBingで検索すると、最初に出てくる。

Pulse Pressure Selfhacked.com」と検索すると、その時だけ表示される。つまり、この投稿がGoogleにインデックスされていることはわかっているが、彼らは我々が結果に表示されないようにしているのである。

Pulse Pressure Selfhacked」と入力すれば、何を見つけようとしているのか意図は明らかである。それなのに、その結果はGoogleにも表示されない。これも、Googleが検索意図を気にせず、代わりに見てもらいたい結果を表示している例である。

Googleは少数派の立場に立ち、自分たちのイデオロギーを人々に押し付けている

最近、Googleは、扇動に対するポリシーに違反したと主張する右派の専門家をYouTubeで禁止したことで話題になった。

しかし、Googleは少なくとも、これらの人物が自社のポリシーに反する行為を行ったこと、そしてそれが削除された理由であることを、わざわざ公に説明した。

しかし、主流ではない医療に関しては、それが「自然医療」「代替医療」「統合医療」のいずれであっても、社会経済的にも政治的にも、かなりの多数のアメリカ人が安全で効果的であると信じている。つまり、それは少数派のものではないということである。

ハリスの世論調査によると、アメリカ人の3人に2人が代替療法を安全(69%)かつ効果的(63%)と考え、半数が信頼できる(50%)と考えている[5]。

全体として、約2/3の人が「代替」療法は有効だと考えているのである。かなり多くの医師、科学者、医療専門家がこの点に同意するだろう。これは2019年のフリンジ・トピックではなく、実は主流の立場なのである。

主流の医療は人々を失望させている。我々は壊れたヘルスケアシステムにお金の20%を費やしており、人々はかつてないほど病気になっている。

したがって、自分の健康を自分の手で取り戻したいと考える人が増えているのも理解できる。

私は、自分を衰弱させ、仕事や学校に行くことができなくなった健康問題をすべて解決した。どんな医者でも解決できなかった。私は情報を「グーグル」で検索し、PubMedの記事をたくさん読み、パズルのピースを組み合わせていきた。

WebMDも見てみたが、情報は無関係か役に立たないものばかりであった。

しかし、Googleは最近、インターネット検索を独占的にコントロールできるようになったことで、エコーチェンバーを皆に押し付けることにした。そして今、彼らは自分たちの利益のためにその影響力を利用している。

Googleは、このような重要なテーマで少数派の立場をとり、自分たちのイデオロギーを人々に押し付けるべきではない。少なくとも、代替医療を弾圧するという決定を明確にし、ユーザーに知らしめるべきだと思う。

これは、右派の専門家を検閲し始めたときに私のような人々が恐れていた滑りやすい坂道なのである。彼らは、人々が従うべきイデオロギー的な道を描き始めており、それがどこに行き着くかは分からないのである。

そして今、アメリカ人の大多数が見たいと思っている健康情報を検閲する段階に来ている。

グーグルが製薬会社と手を組んでいることを考えると、ここには利益相反があるのではないかと考えざるを得ない。

Googleは検索結果を独占しており、そのイデオロギーをユーザーに押し付けている。多くの人が代替医療について読みたいと思っているのに、Googleはそれを知るべきではないトピックだと考えているのである。

次は何か?

誰かが “miracle stories about Jesus” を検索しているとする。Googleにその言葉を入力すると、すべての検索結果にそのトピックについて語った検索結果が出てくる。

ここで、Googleはイデオロギー的に宗教に反対しており、宗教が人のためになるとは思っていないことが推察される。

そのため、ある日、”イエスの奇跡の話はなぜ嘘なのか “という投稿だけを宣伝することに決めたかもしれない。彼らは、”宗教は有害である可能性がある “という理由で、人々を保護しているという主張をすることができる。

たとえあなたがイエスを信じていなくても、あるいは神を信じていなくても、それは問題だと思うかもしれない。なぜか?それは、Googleがあなたのためにその判断を下すわけではないからである。Googleの仕事は、あなたが探している情報を提供することである。

Googleが自分のイデオロギーに基づいて判断することに深く関わっていることは非常に問題であり、それがどこまで続くかはわからない。

Googleは、自らの信念を反映したコンテンツを宣伝することで、あなたのイデオロギーを形成する力を持っているのである。

検閲の証拠

Googleは、私が挙げたサイトにペナルティを与えるためにわざわざ行ったようである。

それは、Googleのランキングを見ればわかる。

通常、最初の5~7番目の結果は、前述の機関のウェブサイトから来ていることに気づくだろう。そこから先は少しおかしくなり、コンテンツの質が低く、信頼性の低いウェブサイトがランクインするようになる。

例1:カルダインの検3索

例として、過去4年間、ボディビルダーが使用する研究用化学物質である「Cardarine」のGoogle検索結果で、当社は1位または2位にランクインしていた。我々の記事は、科学的根拠に基づいた、公正でバランスの取れたものである。

我々は現在、カルダリンの検索結果で10位になっているが、これは衝撃的であった。機関投資家向けのウェブサイトではカルダリンについての記事も書かれていなかったので、比較的簡単にランクインできる言葉だったのである。

出てきたサイトは以下の通りである。

  • Sciencescape.org
  • Bluecloud.org
  • Woho.org
  • LFTW.org
  • CureAIDSReport.org
  • Jpnm.org
  • Quinnova.com
  • DimockCenter.org

これらのサイトはすべて、私がこれまでに見た中で最も信頼性の低いものの一つである。これらのサイトはすべて、カルダリンの効果を大げさに主張し、潜在的な副作用やリスクを最小限に抑えている。カルダリンは、我々があまり知らない物質であり、承認された医薬品ではなく、それを裏付ける証拠もあまりない。

これらのサイトの多くは、スタイルが似ていることからもわかるように、同じ個人や団体が所有している。

これらのサイトは、この物質を買わせるためのプロモーションページのようなものである。

これらのサイトはすべて、ウェブサイトが時間をかけて築き上げる「信頼」の大まかな尺度である「ドメインオーソリティ」がひどい。基本的に、SelfHackedの専門知識が何年もかけて蓄積された後、Googleは我々のコンテンツが、現在すべての検索結果のトップ10に表示されているこれらの明らかな詐欺ページよりも信頼性が低いと判断した。

Googleが信頼性の高いサイトにペナルティを与えたために、これらのサイトは野放し状態で成長しており、ドメインランキングの低いサイトが湧いてきて、誤った偏った情報を広める空白地帯となっている。

SelfHackedのようなサイトにペナルティを課すことで、Googleはその空白を作り、偽の健康情報を広める潜在的に危険なウェブサイトが埋めているのである。

これらのサイトの成長の様子を見てほしい。

Sciencescape

この記事を書いている時点では、SciencescapeがカルダインのGoogle検索結果のトップになっている。

彼らの記事のタイトルは、「GW501516」である。カルダリンについての衝撃的な秘密が明らかになった」というものである。

このドメインは、私のようなサイトオーナーがウェブサイトのパフォーマンスを追跡するために使用するサービスであるAhrefsで38のランキングを持っている。そのスコアは、特に検索結果の上位に表示されているサイトとしては、かなり低いものである。それに比べ、SelfHackedのドメインランキングは72で、Sciencescapeの2倍近くある。

しかし、この詐欺サイトはわずか4ヶ月で超急成長を遂げたのである。彼らのコンテンツも、上記の他のウェブサイトと同様に、極めて信頼性が低く、偏っている。

また、誰がこのサイトを所有しているのか、彼らがカルダリンの購入を宣伝している会社とどのような関係があるのかも不明である。

Bluecloud

Bluecloudは、この記事を書いている時点で、cardarineのGoogle検索結果の2番目に表示されている。

Sciencescapeと同様に、Ahrefsでのドメインランキングも驚くほど低く、わずか39である。

この記事のタイトルは「Cardarine: Stupid-Simple Guide To GW-501516 – Shocking Info Inside!” となっている。

彼らのコンテンツは、あからさまに偏っており、低品質で、信用できない。それは本質的に、未検証のボディービル研究用化学物質を販売するための明確なファネルである。今年に入ってからの彼らの爆発的な成長を見ることができる。

SciencescapeとBluecloudは、未検証のボディービル用化学物質を宣伝するために最近突然現れた信頼できないウェブサイトの例であり、しかもそれらは急速な成長を遂げている。

例2:アドラフィニルの検索

別の例として、Googleで「アドラフィニル」を検索すると、トップ5の結果が表示される。

毎月35,000人が「アドラフィニル」を検索しており、他の検索語(例えば「アドラフィニル 投与量」など)を含めるとさらに多くの人が検索しているため、この言葉にはかなりのトラフィックがある。

Googleは、これらの人々が質の高い検索結果を得られるようにすることに関心があると思うだろう。しかし、トップ5の結果はどれも総合的なものではなく、そのほとんどが比較的ドメインオーソリティの低い新興のウェブサイトによるものである。

  • ウィキペディア
  • HealthTrendsという新しいウェブサイト
  • Jonathan Roseland氏によるMedium.comへの投稿
  • PubChem
  • HVMN

実際の内容を見てみると、Mediumの投稿は信頼性がなく、ソースもなく、徹底していないことがわかる。(興味深いことに、Googleは著者のメインサイトにはペナルティを与えているが、Mediumにあるときは彼のコンテンツを信用している)。

一方、HealthTrendsの投稿は、悪くはないが、特別なものでもない。また、healthtrendsのトラフィックが急増していることがわかる。おそらく、最近Googleに打ちのめされた、より包括的で科学的に正確な健康サイトと競争する必要がなくなったからだろう。(もちろん、もし彼らが成長し続けるなら、Googleの次のアップデートの1つで不愉快なサプライズを受けることになるだろうが…)

 

PubChemは、プロの化学者以外は関連情報を収集することができないサイトである。adrafinilの記事を見てみよう。しかし、GoogleはPubChemを「信頼できる」と判断しているため、その内容がほとんどの人にとって実質的に役に立たないものであっても、表示され続けている。

HVMNの投稿を見てみると、同様に徹底していない低品質な投稿が見られる。それにもかかわらず、彼らのサイトのトラフィックは非常に急速に増加していることがわかる。これもまた、Googleの公開検索結果から、彼らのより良い競争相手がすべて排除されてしまったためだろう。

 

対照的に、アドラフィニルに関する我々の記事は、関連する博士号を持つ正当な科学者によって書かれ、認定された薬理学者と薬学博士によるレビューも受けている。必ずしも最高の記事とは言えないが、権威性と品質の点で現在のトップ5の結果のどれよりも優れているのは確かである。

しかし、Googleでは70位にしか表示されず、Bingでは全く同じ記事が10位以内に表示されているのである。

Googleでアドラフィニルを検索すると、信頼性のない、質の低い、あるいは読みにくい記事がトップ5に表示される。我々のアドラフィニルに関する記事は、Googleでは70番目の結果だが、Bingではトップ10に入っている。

例3:アシュワガンダ(Ashwagandha

我々は以前、”Ashwagandha “という天然サプリメントでトップ5に入ってた。このキーワードは非常に競争の激しいキーワードで、多くの検索クエリがある。今では、Googleの検索結果のトップ100には表示されない。そこで、誰が表示されているかを調べてみることにした。このトピックに関する包括的な記事がここにある。

トップ5の記事は現在

  • ヘルスライン
  • WebMD
  • Pubmed/NCBI
  • スローン・ケタリング
  • ガイアハーブ

最初の4つは、人々がその記事に興味を持っているかどうか、あるいは記事がうまく書かれているかどうかに関わらず、Googleのアップデートを考慮すると予想されたことであった。

5つ目は興味深いものであった。ドメインオーソリティがかなり悪く、しかも健康系コンテンツのウェブサイトではなかったからである。

これはガイアハーブスの記事の文字通り半分である。

このように、ドメインオーソリティの低いウェブサイトが、ひどい品質の記事を掲載しているにもかかわらず、競争の激しいキーワードで5位にランキングされている例がある。より質の高い投稿、ドメインオーソリティ、信頼性の高い何百もの健康系ウェブサイト(SelfHackedを含む)がこのトピックに関する記事を書いているが、どれも表示されていない。

ガイアは店舗であり、Googleはまだ健康サイトとしてタグ付けしていないため、ペナルティを与えなかったことが原因だと思う。

SelfHackedは以前、競争の激しいキーワードである「アシュワガンダ」の検索結果のトップ5に入ってた。Googleは現在、主流のウェブサイトや、有益な情報を提供せずにサプリメントを販売する企業をランク付けしている。

例4:アルファGPCの検索

GoogleでAlpha GPCを検索すると、最初の3つの結果は、WebMD、RXlist(WebMDが所有)、Neurohackerのものであることがわかる。

私は実際にNeurohackerのメンバーを知っていて、彼らが好きである。

ガイアと同様、彼らも最初はEコマースサイトとしてスタートし、昨年から健康情報を公開し始めた。そのため、Googleは彼らを健康コンテンツサイトとしてタグ付けしておらず、まだペナルティを受けていない。しかし、彼らがターゲットになるのもそう遠くないのではないかと、私は嫌な予感がしている。

いずれにしても、彼らのサイトにはいくつかの堅実な記事があるが、αGPCの記事はその一つではないことを認めざるを得ない。これは文字通り、αGPCの記事全体である。

それに比べて、αGPCに関する我々の記事は、よく書かれており、徹底しており、権威がある。また、薬理学の専門家によって書かれており、さらに2人の関連する専門家やエキスパートによる医学的なレビューも受けている。また、Pubmedや査読付きジャーナルに掲載されている42のユニークな文献がある。

しかし、我々のαGPCの記事は、Googleの検索結果の上位100位にも入っていない。誰にも見られず、誰にもシェアされず、何も変わらなければおそらくランクインすることはないだろう。

Neurohackerのトラフィックは上昇しており、彼らのドメイン・オーソリティ・ランキングは64である(現在72の当社と比較して)。彼らは、Googleのレーダーに映るまであと少しのところまで来ているが、その時点で、おそらく突然「謎の」トラフィックの減少に見舞われるだろう。

いずれにしても、まだそのようなことは起こっていないので、彼らの投稿は関連性や有用なコンテンツがほとんどないにもかかわらず、Googleで上位にランクされている。

SelfHackedのAlpha-GPCの投稿は、正確で読みやすく、科学的根拠に基づいた情報を提供しているにもかかわらず、Googleの検索結果の上位100位に入っていない。ほとんど有益な情報を提供していない投稿がランクインしている。

非機関の健康ウェブサイトへのトラフィック

ご覧の通り、SelfHackedはこの1年でGoogleのランキングに破壊されてしまった。我々は科学的な正確さとコンテンツの質に強くこだわっている。

我々二人は、この1年間でトップのSEO専門家に話を聞きたが、皆、呆れている。

しかし、より広い健康分野に目を向けると、他にも何百ものサイトがペナルティを受け、Mercolaのようなドメインオーソリティの高いサイトでさえもペナルティを受けた。

セルフハック

それをSelfHackedと比較してみよう。コンテンツが改善されても、ランキングは下がり続けた。アップデートのたびに、トラフィックはさらに減少した。

Googleからのトラフィック

この1年間、我々はコンテンツとユーザーエクスペリエンスを向上させるためにあらゆることを行ってきた。一流のSEO専門家に相談したり、技術的な問題を解決したりしたが、Googleからのトラフィックは減少し続けた。

これらのトラフィックの減少は、いつも他の非ブランドの健康ウェブサイトのトラフィックの減少と相関しているように思えた。

Googleトラフィック(1週間あたりのセッション数)。

DuckDuckGoおよびその他の検索エンジンからのトラフィック
技術的なSEOの問題を解決するにつれ、Bing、Yahoo、DuckDuckGoなど、他の検索エンジンが我々のコンテンツをランク付けするようになった。しかし、Googleのトラフィックは減少し続けてた。

DuckDuckGo(1週間あたりのセッション数)。

Bing

Examine

Examine.comを見てみよう。

Examineの創業者であるSol Orwell氏は、Redditに投稿を行い、トラフィックが減少した理由を理解するためにフィードバックを募ろうとした。

コンテンツが改善されても、Googleのトラフィックは更新のたびに減少し続けてた。同様に、Examineのトラフィックも明らかな理由もなく急減した。

マーコーラ

articles.mercola.com

Mercolaは、2019年6月のGoogle Broad Coreアップデートで、Googleトラフィックの99%を失ったと公表した。Kelly Brogan氏も自分のトラフィックについて同様の主張をしている。

メルコーラは、他のサイトから自分のサイトに行く何百万ものリンクを持っている。彼らは1997年から健康に関するコンテンツを書いている。22年分の健康コンテンツだ。ブランドが確立されているのである。

他のサイトからどれだけリンクが張られていても、Googleはそれを破壊してしまった。アルゴリズムの単純な調整では、このようなことはできない。これらのサイトを破壊するために計画的にアルゴリズムを変更する必要がある。

Googleは明らかにMercolaに大きなペナルティを課しており、検索結果に彼のドメインを入力しなければ、彼のコンテンツを見ることはできないことを知っておくことが重要だ。

しかし、検索結果に「mercola.com」と付加して入力しても、彼のサブドメインである articles.mercola.com は表示されない。ここには、彼のコンテンツの大半がある。製品、ペット、フィットネス、食品などの他のサブドメインだけがインデックスされる。

ここでは、彼のサブドメインであるhealthypet.mercola.comがそれほどひどい打撃を受けていないことがわかる。

healthypets.mercola.com

GoogleはMercolaに深刻なペナルティを課し、1年余りでトラフィックの99%を失った。

Googleによる検閲の結果

検閲の結果、Googleは健康分野でのイノベーションを阻害している。SelfHackedのようなサイトは、Googleのトラフィックを得ることなく、独立した深い健康コンテンツをリリースし続けることはできない。そのため、遅かれ早かれコンテンツを書くのをやめる必要がある。

さらに重要なのは、Googleが最高の健康・科学コンテンツをランキングしなくなったことが明らかになったことである。

あるサイトが最高のコンテンツを作れば、Googleはそのサイトをランキングするという暗黙の協定があった。今は違います。今では、Googleのイデオロギーに属していないと、表示されなくなっている。

こうした検閲の動きに加えて、Googleはゆっくりと、しかし確実に、検索結果に表示する広告の数を増やしており(有料化)、(ウェブサイトから取得した)トピックに対する独自の回答を与えることも増えてきており、そもそもGoogleのバブルから離れる必要すらなくなってきている。

このような変化により、食生活を維持しながら、トピックに関する優れた、徹底した、独立した科学記事を作成することが非常に困難になっている。

コンテンツを検閲することで、Googleは健康に関するイノベーションを抑制し、質の高いウェブサイトを廃業に追い込んでいるのである。

あなたにできること

1. トピックを検索するときには必ず、自分が信頼していて、自分が興味を持っているコンテンツをたくさん持っているサイトの名前を追加してほしい。

例えば、NACのようなサプリメントについて知ろうとしているなら、「NAC selfhacked.com」と検索すると、信頼性が高く、徹底的に書かれた、素人にもわかりやすいコンテンツが検索結果に表示されるようになる。

私自身、興味のある健康関連のトピックを調べる際には、必ず「SelfHacked.com」や「PubMed」といったキーワードを追加している。この小さなステップは、私が実際に探している正確で有用な情報を見つける前に、低品質のコンテンツの束をふるいにかけることのすべての手間と無駄な時間を節約する。

注:「キーワードSelfhacked」で検索しても、当社のサイトが表示されるとは限らない。最後に「.com」を必ず付けなければならない。

Google検索を行う際に、情報を見たいサイトの名前を追加する(例:「NAC selfhacked.com」)。

2. DuckDuckGoなど、他の検索エンジンを使う。

Googleはイデオロギーに満ちているが、冷酷なビジネスを展開している。Googleは、検索だけで全収入の80%近くを稼いでる。

彼らを変えさせるには、結局のところ、彼らの財布に打撃を与えるしかないのである。人々が他の検索エンジンに乗り換えるのを見れば、彼らはあっという間に変わってしまうだろう。

DuckDuckGoのような他の検索エンジンに乗り換えることで、Googleからパワーを奪おう。

3. 信頼できる情報源に直接アクセスすることで、インターネット上の中間業者であるサードパーティのコンテンツプロバイダーへの依存度を減らしよう。

健康分野の最新情報を得るためには、中間業者に頼らないのが一番である。

例えば、最新の健康情報を直接入手したい場合は、ここをクリックしてSelfHackedの公式メーリングリストに登録することができる。これにより、Googleのような企業がアクセスできる情報に影響を与えることなく、最新の情報を直接受信箱に届けることができる。

信頼できる情報源に直接アクセスすることで、可能な限り独立した立場を保つことができ、他の人の偏見や個人的な金銭的利益があなたの消費するコンテンツに影響を与えるリスクを排除することができる。

信頼できるコンテンツを提供してくれるGoogleを盲目的に信じてはいけない。信頼できる情報源を直接フォローすることで、情報と独立性を維持しよう。

4. この記事をシェアして、何が起きているかを理解してもらおう。

Googleのようなコンテンツプロバイダーが、あなたの情報アクセスを妨害しているという事実は、それだけでも十分に悪いことだが、最も憂慮すべき点のひとつは、あなたや他の人々にそのことを知らせることなく、このような行為を行っているということである。

そうすれば、情報の検索方法を変更することができ、健康や幸福に関連する重要なトピックについて、あなたの考えに影響を与えるGoogleの能力を奪うことができるからである。

Takeeaway

正直に言うと、医療や健康に関する「主流」のシステムは確かに存在するし、すべてが悪いとは言わない。

しかし、従来の医師がすべてを知っているとは限らないため、知識のギャップを埋めるための(いわゆる)「代替」の情報源が必要とされており、それがSelfHackedのようなサイトの存在理由である。SelfHackedのようなサイトが存在するのは、まさにそのためである。あなたのような人々が健康と医学の最新の科学的発展を把握するのを助けることは、まさにSelfHackedが情熱を持って取り組んでいることであり、それが我々の仕事の理由である。

残念ながら、Googleはもはやあなたが見たいコンテンツを表示することに興味がないように思える。

言い換えれば、Googleは自分のイデオロギー的なエコーチェンバーを世界中に押し付けているのである。

Googleは、我々のような健康系サイトにペナルティを課すようなアップデートを続けているため、あなたのような読者が最新・最先端の健康情報にアクセスすることがますます困難になっていくだろう。

彼らは、まったく同じ思想や方法を持つ、ごく一握りのサイトを後押ししている。そして、少し掘り下げてみると、それらのサイトは、科学的な文献に直接リンクするのではなく、お互いにリンクすることで輪をかけていることがすぐにわかる。これでは、情報の出所を追跡することは極めて困難であり、したがって、コンテンツの正確性や信頼性を自分で確認することもほぼ不可能である。

同時に、これらの大規模機関よりも科学に熱心に取り組んでいるウェブサイトを事実上検閲していることになる。

このような状況下では、偏った、あるいは歪んだ「科学」を利用して、潜在的な危険性やリスクを知らされずに商品を販売する、信頼できない新しいサイトが次々と現れることになる。以前は、実際に評判を守ってきた古い優良サイトとの競争で、この種の詐欺はあまり目立たなかったのだが、こうしたサイトがなくなったことで、誤解を招くような危険な健康情報が広まる可能性が急速に高まっている。

もし何も変わらなければ、正確で信頼できる健康情報を提供するオンラインのエコシステムは徐々に干上がっていき、最も偏った情報源、つまりGoogleが「承認した」主流の情報源と、過剰に宣伝された製品を売って手っ取り早くお金を稼ごうとしているたくさんのクラックポットのサイト以外には何も残らなくなってしまうだろう。

しかし、結局のところ、これは我々にとって単なるビジネスの話ではない。これは、読者の皆様にサービスを提供するという我々の使命であると同時に、グーグルのような「中立的」とされる検索プロバイダーの干渉を受けずに、探したい情報を決定するすべての人の自由のためでもある。

これは目の前で起きている非常に大きな変化であるにもかかわらず、報道機関もこの件については触れていない。この記事をお知り合いの人にシェアしていただき、情報へのアクセスに影響を与えようとするグーグルの試みの餌食にならないよう、情報発信にご協力してほしい。

体調不良の原因を突き止めるのに苦労していないか?

誰もがユニークな遺伝子コードを持っているので、食事やサプリメントへの反応は人によって異なる。SelfDecodeは、あなたの遺伝子を深く掘り下げ、健康問題の根源にあるかもしれない遺伝子を見つけることができる。そして、あなたの遺伝子に基づいてパーソナライズされた推奨事項を提供し、優れた結果をもたらし、最高の健康状態を達成するのを助ける。

私の健康を改善する

著者について
ジョー・コーエン(BS)

子供の頃、ジョーは炎症、ブレイン・フォグ、疲労、消化器系の問題、気分など、従来の医療や代替医療では十分に理解されていない問題に悩まされていた。良い情報やツールがないことに不満を感じたジョーは、健康を改善するために自分で実験し、自分で学ぶ旅に出ることにした。何千もの実験と医学論文を経験したジョーは、自分が必要とするときに欠けていたリソースとしてSelfHackedを設立した。現在、SelfHackedには毎月数百万人の読者がいます。ジョーは、起業家、作家、講演者として活躍している。彼はSelfHacked、SelfDecode、LabTestAnalyzerのCEOである。彼の使命は、人々が自分の健康を最適化するための最新の、偏見のない、科学的根拠に基づいた方法にアクセスできるようにすることである。

コメント コメント欄を設置しました!

タイトルとURLをコピーしました