グリホサート農薬・GMO・食品添加物

グリホサート、ラウンドアップ、そして規制評価の失敗
Glyphosate, Roundup and the Failures of Regulatory Assessment

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC9229215/

オンライン公開 2022 Jun 13.

エヴァ・ノヴォトニー

ジル=エリック・セラリーニ学術担当編集者

要旨

ラウンドアップは、農業において最も広く使用されている除草剤である。グリホサートを「有効成分」として配合剤とともに含む。ラウンドアップには様々なバージョンがあり、その効果は配合剤によって多少異なる。遺伝子組み換え作物の多くはラウンドアップに耐性を持つように設計されており、作物の生育期間中に雑草を破壊することなく散布することができる。このように大量に使用された除草剤は、現在では世界中の土壌、水、空気、そして人間の体内からも検出されるようになった。また、ラウンドアップは食用作物にも残留する可能性がある。

多くの研究により、環境と健康に害があることが判明しており、ラウンドアップの使用を規制し、その様々な製剤が長期的に使用されても危険がないことを確認することが必要となっている。残念ながら、規制当局は「有効成分」であるグリホサートだけを評価し、有効成分よりもはるかに毒性の強い可能性のある製剤の毒性を無視することがある。

この不作為は、欧州連合司法裁判所の判決に違反している。規制当局と規制するはずの業界との間には密接な関係がある。規制当局と産業界との間の「回転ドア人事」、産業界が作成した未発表の論文に過度に依存する一方、独立した科学者が発表した論文は却下する、産業界が規制プロセスに強い隠然たる影響を及ぼす、などの異議申し立ての慣行がある。本稿では欧州連合(EU)に焦点を当てるが、米国でも状況はほぼ同じである。

キーワード:グリホサート、ラウンドアップ、規制、評価、EFSA、ECHA、EPA

1.はじめに

1990年代半ばに遺伝子組み換え(GM)作物が初めて市場に登場して以来、それらが耐性を持つように設計された除草剤ラウンドアップの使用が増えてきた。ラウンドアップは現在、世界で最も広く使用されている除草剤である。ほとんどの遺伝子組み換え作物はラウンドアップに耐性を持つように設計されており、他の形質を主目的として設計された作物もある。スーパーウィードの出現、水路の汚染、土壌の肥沃度の低下など、環境に対する被害も大きい。家畜の健康もグリホサートとラウンドアップの影響を受けている。Torrettaら[1]は、グリホサートとその製品について、その化学的特性、開発者(米国セントルイスのモンサント社)と欧州食品安全機関、食品農業機関、世界保健機関、その他安全性評価機関間の安全性に関する議論、日常使用における土壌、水、空気、食品、一部の繊維の汚染、ヒトと動物の健康への影響に関する研究、グリホサート使用の代替策など、多くの話題を網羅したレビューを発表している。倫理的な制約から、これを確認するためのヒトを対象とした研究は行われていないが、ヒトに悪影響があることは疑いようがない。遺伝子組み換え(GM)産業は、何百万食ものGM作物(そのほとんどはラウンドアップを散布したもの)を食べても悪影響はないと主張しているが、この主張には科学的根拠がない。実際、Swansonら[2]は、ラウンドアップの使用量増加と、肥満、高血圧、老人性認知症、数種類の癌を含む22の慢性疾患のうち一つ以上を患うアメリカ人の増加の間に強い相関関係があることを明らかにした。

ラウンドアップは、害を及ぼす可能性が非常に高いため、慎重に評価・監視されるべきであり、宣言された有効成分であるグリホサートと区別する必要がある。SéraliniとJungersによれば、ラウンドアップの製剤には一般的に約40%のグリホサートと、その効果を高めるアジュバント、その他の共配合剤が含まれている[3]。Haoら[4]によれば、これらの成分の中には有毒なものもある。ラウンドアップのあらゆる製剤の成分は商業上の機密事項であり、一般には公開されていないが、一般に知られているアジュバントのひとつに、毒性のある界面活性剤であるポリオキシエチレンアミン(POEA)がある。

欧州連合司法裁判所[5]は、認可手続きにおいて、活性物質だけでなく、その累積効果や製品中の他の物質と組み合わせた場合の効果についても評価しなければならないとしているが、必ずしも実施されているとはいえない。

グリホサートの安全性をめぐる議論に鑑み、現在では、宣言された活性物質を含まないラウンドアップのバージョンがある。グリホサートの代わりに、ペラルゴン酸など毒性が低いとされる物質が使用されている。しかし、SéraliniとJungersが発見したように、これらの製剤もまた有毒である[3]。新しい配合剤には、重金属や多環芳香族炭化水素が、水中のレベルの数百倍から数千倍のレベルで含まれている可能性がある。このように未申告の有害化学物質が含まれることは、EUの農薬に関する規則に違反する。

欧州連合(EU)でも米国でも、規制当局が農薬業界やGM業界に浸透しているため、グリホサート、ひいてはラウンドアップは安全な除草剤であるという主張が続いている。EUでは、2017年の前回アセスメントで、2022年12月15日までグリホサートの使用が認められた。新たなアセスメントが進行中で、その日までに完了する予定であった。しかし、当局には協議に対する多くの回答が寄せられており、期限までにすべての回答を検討することはできない。2022年5月10日、EFSAは、EFSAのピアレビューが2023年7月に出来上がる予定であることを発表した[6]。

この論文を書いている時点では、グリホサート、ひいてはラウンドアップについて、安全性の評決が再び下される可能性が高いようである[7,8]。

SzékásとDarvas [9]は、農薬のリスク評価の歴史、健康への害を示すグリホサートとその共配合剤に関する多くの研究、水路の汚染、食品中の残留物、様々な機関間での安全性に関する議論など、様々な関連テーマを論じている。Robinsonら[10]は、EUにおける評価プロセスが「ハード」法と「ソフト」法に支配され、それらが十分に実施されておらず、目的にも適わない場合があること、科学的不正行為が評価においていかに重要な役割を果たしているか、規制当局はほとんどの査読付き研究を却下し、業界が出資する研究を優先しているか、いかに科学手法が欠陥ある方法で用いられる場合があるか、規制機関の独立性が欠けているために規制がいかに苦しんでいるか、承認製品の安全を確保するためには何を改善すべきかを述べている。

2. EUはグリホサートの安全性をどのように評価しているか

2.1. 主要な関係者

グリホサートの安全性を評価するための計画は、欧州食品安全機関(EFSA)によって定められている[11,12]。EUの評価と承認のプロセスに大きく関与している機関は以下の通りである。

申請者、または申請者のグループは、グリホサート更新グループ(GRG)と呼ばれることがある。現在の評価では、GRGは他の利害関係者に加えて、グリホサートの製造または販売に携わるバイエル/モンサントを含む8社で構成されている[13]。

欧州委員会は、EU加盟国からラポータ(RMS)と呼ばれる専門家集団を任命している。このグループは、グリホサートに関する評価グループ(AGG)とも呼ばれることがある。今回の評価では、これらの国はフランス、ハンガリー、オランダ、スウェーデンである。評価段階が終了すると、欧州委員会は承認段階に関与する。

欧州食品安全機関(EFSA)は、グリホサートへの曝露によるヒト、動物、環境に対するリスクの評価を行う[14]。

欧州化学物質庁(ECHA)はグリホサートの危険性を評価し、発がん性、遺伝毒性、変異原性、生殖毒性、特定臓器毒性に基づいて分類している[14,15]。

加盟国は所轄官庁を通じて評価に参加し、承認段階では投票する。

2.2. アセスメントの手順

次に,アセスメントと承認の手順全体の骨格を説明する。現在形で書かれているが、ある事象は過去のものであり、執筆時点ではまだ未来のものである。

更新手続きを開始するために、申請者グループは申請書と包括的な書類をラポータ加盟国に提出しなければならない。報告者の評価は、申請者グループから提供された研究および一般文献にある研究に基づいて行われる。報告書はEFSAとECHAに渡され、EFSAとECHAは情報を評価し、報告書案をそれぞれのウェブサイトに掲載する。その後、公開協議が行われる(2021年11月22日に締め切られた)。コンサルテーションからのコメントは、その後、ラポータ加盟国によって対処され、その報告書はグリホサートの分類のためにECHAに送られる(2022年5月から6月が期限)。その後、申請者グループから追加情報を要求することができ、その後、ラポータ加盟国はEFSAに対して更新した更新草案を作成する。その後、加盟国の協力のもと、EFSAがピアレビューを実施する[14]。その後、EFSAは、すべての情報を関連付け、その結論を欧州委員会に伝え、欧州委員会はECHAの意見も受け取る。その後、EU委員会は更新報告書のドラフトを作成し、全加盟国に送付する。この段階で、申請者は更新報告書案について協議を受ける。欧州委員会と加盟国の協議の後、加盟国は欧州委員会の提案に対して投票を行い、グリホサートのEU内での使用が承認されるかどうかを決定する。いったん承認されると、個々の加盟国は、その国で使用されるグリホサートを含むあらゆる製品の安全性を評価する責任を負わなければならない[13,14]。しかし、欧州連合司法裁判所は、農薬(あるいはより一般的には「植物保護製品」)が発がん性や毒性といった人間の健康に対する直接的または長期的な害を与えないことを証明するのは申請者の責任であると述べている[5]。裁判所は、申請者の安全性の保証を検証するのは加盟国の権限ある当局の責任であると結論づけた。活性物質の承認は、限られた時間内に審査されなければならない[8]。

3. 規制上の欠陥

3.1. 一般的なコメント

2004年、英国の元環境大臣マイケル・ミーチャーは、GM作物に関する本[16]の序文で、「政党や重要人物への資金提供、意見形成者や意思決定者の周りのネットワーク、バイオテクノロジー産業と政府間の戦略的な仕事の交換を固定するなど、今日の権力の行使方法について多くを語っている」[すなわち「回転ドア人事」]と書いている。それ以来、ほとんど変化していない。欧州連合でも米国でも、規制は環境や国民の健康を守るためというより、規制の対象となる産業をさらに発展させるために設計されている。

  • (1) グリホサートとラウンドアップの区別がつかない、
  • (2) 規制当局と規制対象の業界との間の「回転ドア人事」、
  • (3) 安全性データを業界の未発表文書に頼り、独立した科学者の出版物はほとんど無視する、
  • (4) 業界による秘密裏に影響を及ぼす、

という4大問題が規制過程を腐敗させた。

3.2. グリホサートとラウンドアップの区別の不徹底

EU全体の規制認可プロセスでは、農薬製剤中の指定有効成分のみを試験し、実際に使用されている製剤を試験することはない。ラウンドアップ除草剤の配合剤は、有効成分であるグリホサートよりも約1000倍も毒性が高いため、この区別は重要である(Séraliniら[17])。さらに、配合剤は内分泌かく乱物質や神経系かく乱物質でもある。

Defargeら[18]は、彼らが研究した14種類のグリホサート系農薬の毒性および内分泌かく乱作用の主な原因は、グリホサートではなく、配合剤であることを明らかにした。

グリホサートをベースとしたものを含む9つの農薬製剤の毒性は、Mesnageらによって研究された[19]。ラウンドアップはグリホサートよりも125倍も毒性が強いことが証明された。この結果は、ラウンドアップの一日摂取許容量(ADI)の概念の妥当性に疑問を投げかけるものであり、規制当局の懸念すべきものである。ADIは、除草剤の活性主成分を含むが製剤全体を含まない様々な食品を動物に食べさせる試験に基づいている。この研究では、0.3ppmである現在のADIは、おそらく3ppbであるべきだと結論づけている。

3.3. EFSAの回転扉

新しい食品と飼料の評価には、EFSAが大きく関与している。残念ながら、この機関は、一般大衆が消費する食品の安全性を確保するというよりも、遺伝子組み換え産業や化学産業を保護するために行動してきた歴史がある。長年にわたり、欧州議会からその業務慣行、特に産業界との密接な関係を改革するよう繰り返し要請されてきた。2012年の報告書は、その不正行為を記述し、欧州議会は、その利益相反の管理の悪さから、EFSAの予算の排出を6ヶ月間延期した[20,21]。2017年6月、EFSAは「EFSAの独立性に関する方針」と題する文書を採択した。How the European Food Safety Authority assures the impartiality of professionals contributing to its operations」[22]だが、同月、EFSAの専門家の半数近くが利益相反を抱えていることが判明した[20,21,23]。EFSAで起こった出来事の非網羅的な年表は、数年後にも問題が残っていることを示した[21]。2021年3月に当局を改革するための新しい方針「リスク評価の透明性:新しい時代の始まり」が出され、「透明性と持続可能性に関する新しいルールは、EUの食品安全システムにおけるリスク評価者としてのEFSAの役割の遂行方法を変革することになる」と約束された[24]。

化学物質の安全性評価を担当する欧州化学物質庁(ECHA)も、利益相反に関する方針をめぐってグリーンピース[25]から異議を唱えられた。2017年にグリホサートの評価を公表する予定だったとき、リスク評価委員会の委員長と2人の委員は、庁内の規則に違反する利益相反状態にあった。

3.4. 未公表の業界文書への依拠

利益相反に加えて、EFSAは、評価の指針として未発表の企業文書に大きく依存した罪もある。ECHAとグリーンピースの間で交わされた書簡の中で、ECHAは「EUの法律は、産業界が実施または委託した未発表の研究を扱うよう求めている」と回答している[26]。

4つのラポータ加盟国は、EFSAとECHAへの報告書の中で、「EUで物質を販売するための更新承認を求めている企業が提出したすべての証拠を調査した」と述べている[11]。この文書では、他のエビデンスの情報源については言及していない。

批判は、(グリホサートは安全であるとする)業界主催の未発表の研究に大きく依存し、(ほぼ必ず有害であるとする)独立した科学者による研究を退けていることについてなされている。このような評価の不公平は、EUの「すべての研究は、承認された研究所でGLP(Good Laboratory Practice)に従って実施されなければならない」という要件から生じている。これらの研究所は、各国当局の監督下にある」 [8,27,28]。しかし、GLPは科学的研究の実施における卓越したルールを定めたものではなく、むしろGLPは、規制機関に提供する研究において、厳格な文書化とさらなる管理により、より高い信頼性と説明責任を確保することを意図したものであった。それにもかかわらず、GLPに準拠し、2017年のグリホサートの承認に用いられた研究の中には、不正な証拠に基づいていることが証明されたものがあった[10,27,28]。GLPの遵守を求める結果、多くの発表された研究がグリホサートの評価において検討対象から外されてしまう。GLPの遵守は、研究の信頼性を保証するものではなく、また、非遵守は信頼性の欠如を意味するものでもない。多くの業界主催の研究とは異なり、独立した科学者によって行われた研究は通常、査読を受けて発表されるため、他の科学者コミュニティがそれらを検証し、欠陥を見つけることができる。ある評論は、「グリホサートに関する科学文献の90%以上が規制当局によって信頼できないか無関係とされ、リスク評価は産業界から提供されたデータに基づくものとなっていたことを指摘している」 [29]。

化学専門家のTony Tweedaleは、GM Watch [30]に対して、EFSAの最新の文献レビューを分析し、グリホサートは内分泌攪乱物質ではないと結論づけた。このレビューは、モンサント社を中心とする農薬企業の連合体であるグリホサート・タスクフォースの委託を受けて、コンサルタント会社が実施したものである。Tweedale氏によれば、この問題に関して発表された研究は104件あり、そのうちのかなりの数がグリホサートは内分泌かく乱物質であると結論付けていたが、それらはすべて却下されたとのことだ。化学大手BASFの社員3人が定義した「関連性」と「信頼性」の基準を満たさない研究が7件あったが、「タイトルおよび/または要旨のスクリーニングだけで97件(93%)が除外された」。

2015年、世界保健機関傘下の専門機関である国際がん研究機関(IARC)は、グリホサートとグリホサート使用製品に関する有害評価を発表した(5.2節参照)[31]。この非難的な報告書は、農薬の推進派から猛烈な反発を受け、IARCが証拠を公表されたピアレビューされた研究と公に入手可能な政府報告書に限定するという選択に異議を唱えた[32]。対照的に、規制当局は主に産業界から提供された一般に入手できない未発表の研究を利用した。

3.5. 産業界の隠然たる影響力

2017年に完了したグリホサートの評価の間、EFSAはそのラポータ加盟国であるドイツに科学文献の最新のレビューを依頼した。これは、ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)によって行われた。しかし、BfRは独自のレビューを行わず(業界の論文の数が圧倒的であると判断したため)、業界のグリホサート作業部会の作業から引用したレビューを提供し、この目的のために修正された[33,34]。

さらに、2017年のグリホサート評価の際、EFSAと業界のロビイストとの間の電子メールのやりとりから、EFSAが通常のプロセスに従って、2015年の最終評価への業界代表の事前アクセスを許可していたことが明らかになった[35]。代表者は、何を編集すべきかについて質問され、結論と背景文書に変更を加えたようである。EFSAは、これらは通常「事実誤認や誤字」に限られると述べている。NGOは事前アクセスを禁じられた。

グリホサートは、EFSA、ECHA、BfRによって、そのような評価を導く規則に違反することによって非発がん性であると宣言された[36]。規則によれば、ある物質は、動物を使った2つの独立した研究で腫瘍の発生率の増加が認められた場合に発がん性があるとみなされる。しかし、上記の3つの当局は、そのような12の研究のうち腫瘍の発生率の増加を示した7つの研究を却下している。

欧州議会議員ら4人は、グリホサートの毒性および発がん性に関する未発表の研究へのアクセスを求めたが、EFSAは企業の商業的利益を守るためにこれを拒否した。しかし、EU一般裁判所は、EFSAの決定を覆した[37]。

IARCがグリホサートに関する来るべき2015年の報告書の作成に取り組んでいたとき[31,32]、モンサントはその結果を恐れ、報告書に疑いを投げかけようと画策した。発表された報告書は確かにグリホサートの有害性を認めたが、この憂慮すべき評決に対抗するモンサントの計画は、Kehrら[38]が説明したようにモンサントペーパーによって暴露され、これから要約されることになる。モンサントの規制製品安全性評価を率いる人物からの電子メールは、彼らが以前採用した戦略、すなわち「編集して署名するだけ」の学術毒性学者の名前でいくつかの論文を「ゴーストライティング」することを述べている。3人の「独立した」科学者の名前で発表された以前のゴーストライターの論文は、「除草剤ラウンドアップとその有効成分グリホサートのヒトに対する安全性評価とリスク評価」というタイトルだった[39]。この論文は、グリホサートには何の欠陥もないとし、グリホサートとラウンドアップの安全性を支持するものとして、規制当局を含めて広く引用された。この論文は、モンサント社と契約し、グリホサート製剤に発がん性の証拠があるとした毒物学者ジェームズ・パリーの報告書に対抗するために書かれたものであった。このゴーストライターの論文は、その目的を達成し、毒物学者の論文に取って代わることになった。

モンサントペーパーはまた、主著者であるG.-E. Séraliniの信頼性と評判をいかにして破壊しようとしたかを明らかにした。Séralini、ラウンドアップまたはGMトウモロコシ、またはその両方を与えたラットの健康への悪影響を見つけるの論文の信頼性を破壊しようとした方法を明らかにした[40]。論文は好意的な査読を受けてすでに出版されていたが、捏造された根拠に基づいて大規模な攻撃を受けた[41,42]。そして、この論文は「結論が出ない」という、科学出版では認められていない理由で撤回された。しかし、その論文は後に別の雑誌で再出版された[43](セクション5.2も参照)。

4. 米国における規制

米国で食品の安全性に責任を持つ規制機関は、環境保護庁(EPA)と食品医薬品局(FDA)である。EPAは、健康と環境に対する安全性を確保するために、農薬の許容量を設定する責任を負っている[44]。FDAは、食品と動物飼料に残留する農薬の量がEPAによって設定された許容範囲内であることを保証する責任を負っている[45]。

規制の失敗の多くは、欧州連合と同じようにアメリカでも起こっている。彼女の著書『ホワイトウォッシュThe story of a Weed Killer, Cancer, and the Corruption of Science, Gillam [46] (p. 114) wrote about the corrupt influence of Monsanto Company and others in the United States.は、アメリカにおけるモンサント社などの腐敗した影響力について書いている。「この記録から明らかなのは、米国の学者、つまり税金で運営されている機関に雇用されている人々が、モンサント社やその他の農薬企業、広報専門家と密かに協力して、自社製品の利点を誇示し、グリホサートやグリホサート耐性作物の問題を指摘するものに対抗し、好ましくない法律や規制を骨抜きにしようとする姿である」。

明らかに、EPAもFDAもきちんと仕事をしていない。The Detox Project [47]が83の食品を検査したところ、45に高レベルのグリホサートが残留しており、最大値は全粒粉100%のあるブランドのパンで1150ppbであることがわかった。

食品から検出された高濃度のグリホサートは、EPAがこの除草剤に懸念を抱いていないことを反映している。「EPAは引き続き、グリホサートが現行のラベルに従って使用された場合、人の健康に対する懸念すべきリスクはないと判断している。EPAはまた、グリホサートがヒトの発癌性物質である可能性は低いと判断した」 [44]。

5. 環境と健康への影響

ラウンドアップの製剤は、その「有効成分」であるグリホサートとは異なる環境と健康への影響を持つ。どちらも有害ではあるが、その方法は異なる。

5.1. ラウンドアップとグリホサートが環境に与える影響

土壌協会は、グリホサートが土壌と土壌生物に及ぼす影響の概要を発表しており[48]、いくつかのテーマが文献上、反対意見を喚起していることを明らかにしている。この概要では、グリホサートの土壌への収着と溶出のリスク、グリホサートの分解、グリホサートの土壌微生物への影響、土壌微生物群集の人口、機能、構造への影響、菌根菌への影響、グリホサートの反復散布による影響、作物に病気を引き起こす微生物の増加、土壌動物相とミミズへの影響について記述している。

1996年、モンサント社は、ラウンドアップの散布に耐えられるよう遺伝子操作された「ラウンドアップレディ」作物を初めて市場に投入した。その後、ラウンドアップの使用量は著しく増加し始め、特にラウンドアップレディ大豆、綿花、トウモロコシ(コーン)の作付けが広く行われるようになった。13年後、Benbrook [49]は、同じ土地でラウンドアップを繰り返し使用した結果、ラウンドアップに耐性を持つ雑草が出現したことを報告した。特に有害な「スーパー雑草」はパーマーアマランスで、米国のある場所で初めてラウンドアップに耐性を獲得したが、500エーカーにはびこっていたのが4年で約100万エーカーに急速に広がった。この雑草は成長が非常に早く、収穫機を損傷するほど強いため、特に防除が難しい雑草である。この雑草を制御できなかったために、放棄された農地もある。時が経つにつれ、ラウンドアップ耐性の雑草が増え、古い農薬が再び使用されるようになった。

Van Bruggenらによるレビュー[50]では、グリホサートの環境と健康への悪影響について多くの事例を紹介している(健康への影響については5.2節を参照)。著者はグリホサートとグリホサート系除草剤を区別しておらず、したがってこの区別のなさが以下の例にも当てはまることに留意しなければならない。環境に対する影響のうち、次のようなものがある。

  • グリホサートおよびその分解物であるアミノメチルホスホン酸(AMPA)は土壌中に蓄積され、水に影響を与える可能性がある。また、粘土分の多い土壌では1年以上残留する可能性がある。
  • グリホサートは、特定の季節に大気中や雨の中でも検出される。都市部からの流出水は小川や河川に流れ込み、最終的には海水に流れ込み、そこで高い残留性を示す。
  • グリホサートとAMPAは光合成を低下させる。
  • グリホサートとAMPAは、1997年に設定された一日摂取許容量を下回るレベルで飲料水中に一般的に含まれている。
  • グリホサートとAMPAは、植物製品に残留している。
  • グリホサートを投与された植物は、根の病原菌から身を守る特定の化合物を生成せず、感染により枯死する可能性がある。
  • グリホサートを推奨用量以下で使用した場合、植物の成長を促進する微生物に悪影響を及ぼす。

Santadinoらによるミミズへのグリホサートの影響に関する研究 [51]では、対照群の個体数は時間とともに増加したが、多年生雑草の通常用量またはその2倍の用量で処理した個体数は減少したことが判明した。このことから、グリホサートを投与されたミミズが絶滅し、土壌の肥沃度に影響を与える可能性がある。

Nicolasらにより、土壌糸状菌 Aspergillus nidulansに対する市販製剤 Roundup®(R450)の影響が調査された[52]。適用した致死量の中央値は、農業で使用する1 %の希釈値であった。この製剤は、技術的なグリホサートよりもはるかに高い活性を有していた。成長、細胞極性、エンドサイトーシス、ミトコンドリアは、中央値致死量以下で悪影響を及ぼした。この結果は、土壌生態系が損なわれる可能性を示唆している。

Hebertら[53]は、グリホサート分子が分解する際に、リンが土壌中に放出されることを見出した。グリホサートを長年にわたって作物に使用した結果、土壌に蓄積されたリンの量はまだかなり少ないものの、かなりの量に達している。また、リンは土壌から農業用水路に溶出し、栄養汚染に悩まされることもある。

5.2. ラウンドアップとグリホサートによる健康への影響

1978年から1986年にかけて、モンサントはグリホサートの毒性を調べるために、ラット、マウス、犬を使った実験を行った[54]。これらは米国環境保護庁に提出されたが、商業上の機密事項として扱われ、一般に公開されることはなかった。しかし、EPAは1980年代初頭に、ラットの腎臓に著しい損傷を与え、腫瘍形成の初期段階となりうる他の変化も示したいくつかのメモを公開した。さらに1983年にはマウスを使った実験で、多くの臓器に悪影響があることがわかった。1991年のEPAメモでは、EPAの専門家はグリホサートが膵臓、甲状腺、腎臓の腫瘍を引き起こすことを1985年以前に知っていたことが明らかにされている。この証拠とさらに多くの最近の研究にもかかわらず、EPAはグリホサートはラベルの指示に従って使用すれば人間の健康に対する懸念はなく、また人間に対する発がん性もありそうにないと主張し続けている[44]。

Séraliniらによる2年間の研究において、遺伝子組み換え(GM)トウモロコシとラウンドアップのラットへの影響が調査された[40,43]。腫瘍の形成や早期死亡を含む健康への悪影響が認められた。非進行性の触知可能な腫瘍の数は、処理した雌のラットでは対照群の2~3 倍であった。処理した雄ラットでは3つの腫瘍が発生し、対照の雄ラットでは1つの腫瘍が発生した。死亡率は、治療したメスでは対照群より早く、2〜3倍高かったが、オスでは結果はまちまちであった。ラウンドアップ(とGM作物)の安全性を主張するこの研究の批評家たちは、この発癌性試験で使われたラットが少なすぎる(1グループ10匹)と誤って呼んだと主張している。実際には毒性試験であり、1群10匹で十分である。発がん性研究では、まれな事象が見つからないリスクを下げるために、1群あたり60匹のラットが必要である。これほど少ない動物で、これほど多くの「まれな」腫瘍形成が起こったという事実は、ラウンドアップが健康に害を及ぼすという結論を実際により強固なものにしている。

グリホサートおよび発がん性配合剤を含むグリホサート系除草剤のIARC評価 [31]は、「グリホサートの発がん性については、ヒトにおける証拠は限られている」と結論づけた。非ホジキンリンパ腫については正の相関が観察されている」、「グリホサートの発がん性については、実験動物において十分な証拠がある」とした。また、様々な動物やヒトの組織を用いたin vitro試験において、DNA損傷の強い証拠があることを報告した。また、グリホサート、グリホサートベースの製剤、およびグリホサートの主要代謝物であるアミノメチルホスホン酸(AMPA、)が動物およびin vitroのヒト細胞において酸化ストレスを誘発するという強い証拠もある。さらに、グリホサート系除草剤に曝露したヒトにおいて、染色体損傷を示す証拠が発見された。

Defargeら[18]は、グリホサートとその農薬製剤14種の健康影響について、3つのヒト細胞株で調査した。HepG2、HEK293、およびJEG3の3 種類のヒト細胞株に対する健康影響を調査した。彼らは、グリホサートではなく、製剤が毒性および内分泌かく乱作用の主な原因であることを見いだした。さらに、11種類の製剤には重金属であるヒ素、クロム、コバルト、鉛、ニッケルが含まれており、これらも毒性および内分泌かく乱作用があることがわかった。

Van Bruggenらによるレビュー[50]では、グリホサートとAMPAの影響について以下のように記述されている。

  • 雄ラットに低用量のグリホサートを長期間投与すると生殖能力が低下したが、高用量を1回投与した場合はそのような影響は見られなかった。牛の卵巣の細胞培養でも同様に、低用量では機能低下が見られたが、高用量では影響がなかった。このような用量と効果の相関は、内分泌かく乱物質の典型的な例である。
  • グリホサートと界面活性剤ポリオキシエチレンアミン(POEA)およびMON 0818(POEAを含む)は、食物網の水生動物に悪影響を及す。
  • グリホサートは、魚とその病原菌や寄生虫との相互作用に影響を与える。
  • グリホサートで汚染された動物の飼料や水は、腸内細菌に悪影響を及ぼし、動物の健康状態を低下させる。腸内細菌もまた影響を受ける。
  • グリホサート耐性と細菌の抗生物質耐性の間に関連があることが観察されている。これらの耐性菌は、農地から動物やヒトに感染する可能性がある。
  • グリホサートは抗生物質耐性の促進剤である可能性がある。

妊婦を対象としたSilverらによるプエルトリコのPROTECTプロジェクト内の研究[55]では、妊娠26週頃に測定したところ、早産は尿中のグリホサート濃度が高いことと有意に関連していることが判明した。しかし、この相関は妊娠初期の週には見られなかった。AMPAについても同様の結果が得られた。

アルゼンチンでは、Avila-Vazquezら[56]が、発癌性配合剤を含むグリホサートベースの除草剤の環境利用にさらされた小規模農業集落を調査した。グリホサートは最初に濃縮され、その後、集落での散布用に調製された。研究者たちは、水、土壌、粒子状物質の汚染を調べるとともに、癌、流産、遺伝的異常の症例について疫学的評価を行った。自然流産は国民の3倍、遺伝子異常は2倍。癌の発生率は、発生率、有病率、死亡率ともに2〜3倍であった。

超低用量のラウンドアップを2年間投与したラットに関するMesnageら[57]の研究では、「全体として、メタボロームとプロテオームの障害は非アルコール性脂肪性肝疾患とその脂肪肝への進行のバイオマーカーとかなりの重複を示し、したがって慢性超低用量 GBH グリホサート系除草剤]の曝露に起因する肝機能障害を確認した」とされている。曝露による肝機能障害を確認した」。

グリホサートとラウンドアップバイオフローの両方が、in vitroのヒトとマウスの細胞株(Caco2とL929)に対して有意な用量依存的細胞毒性を示すことが、Truzziらにより明らかにされた[58]。

グリホサートに関する包括的研究の一環として、Ramazzini Instituteはパイロット研究の結果をいくつか発表している。これらの論文では、ラットにヒトに相当する用量(米国の1日許容摂取量は1.75 mg/kg bw/day)のグリホサートを13週間与え、出生前の段階から成体まで観察した。Manservisiら[59]は、内分泌系と生殖発生に影響を及ぼすことを明らかにした。Maoら[60]は、F1 仔の腸内細菌叢に変化を見出した。バクテリオデット属(Prevotella)が増加し、ファーミキューテス属(Lactobacillus)が減少していた。

1996年にラウンドアップの散布に耐性を持つ遺伝子組み換え作物が導入されて以来、米国ではラウンドアップの使用量が劇的に増加し、病気の発生率も上昇している。Swansonら[2]は、ある年の様々な慢性疾患によるアメリカ人の死亡者数とその年のグリホサート散布量との間に経時的な強い相関関係を見いだした。この論文で調査された病気は、肥満、脳卒中、高血圧、老人性認知症、アルツハイマー病、パーキンソン病、自閉症、そして数種類の癌など、全部で22の病気が含まれる。ラウンドアップという形で適用されたグリホサートのほとんどは、広く植えられているトウモロコシ(コーン)と大豆に適用された。

Detox Project [47]は、米国で83の必須食品をサンプリングし、半分以上がグリホサートの残留物を含んでいることを発見した。汚染された食品は、パン(特に全粒粉パン)、ひよこ豆、その他の豆類、オート麦を含む穀物を含んでいた。どの食品も遺伝子組み換え(GM)ではない。Non-GMO(非遺伝子組み換え)と表示された食品でさえ、グリホサートが残留しているものがあった。収穫前に作物を乾燥させるために散布されたものが、残留の主な原因である。1993年(GM作物が販売される前)から2016年まで、この間に追跡調査した南カリフォルニアの人々の尿中のグリホサート濃度は1208%も増加した。予想通り、オーガニック食品はグリホサート濃度が最も低かった。

Grauら[61]の研究では、フランスの一般住民を対象に様々な季節に採取した6795サンプルの99.8%の尿にグリホサートが検出された。

Haoら[4]は、グリホサート単独、およびグリホサートとエトキシル化製剤およびその混合物の、ヒトの肝臓、肺および神経組織の細胞株に対する影響を調査した。その結果、グリホサート単独では有意な影響がないのに対し、配合剤には細胞増殖を抑制する毒性があることがわかった。しかし、グリホサート自体に毒性があることを示す研究もある。

6. 考察

世界中の人々がグリホサート系除草剤のもたらす危険性を徐々に認識するようになり、その使用を中止するための行動を取ることが求められている。

2016年の市民運動は,EUに対して「グリホサートを禁止し,有毒な農薬から人々と環境を守る」ことを求める請願であった[62]。それは100万人以上の署名を集め、その結果、欧州委員会による検討の引き金となり、新しい法律をもたらす可能性があった[63]。2021年3月27日、このイニシアティブは実際に「フードチェーンにおけるリスク評価の透明性を高め、EFSAに提出される研究の信頼性、客観性、独立性を強化し、EFSAのガバナンスを強化する目的で」新しい透明性規則を法制化した[64]。

グループSecrets Toxiques [65]は、EU市場からグリホサートを含むいくつかの毒性製品を撤回するキャンペーンと請願書を有している。

アメリカや世界各国の地域や州では、グリホサートベースの除草剤を禁止したり、禁止を検討したりする動きが増えており、例えばオーストリアは2019年にグリホサートを禁止し[66]、ドイツは2024年からの禁止を計画している[67]。

グリホサートベースの除草剤を禁止しないまでも、少なくとも規制当局によって評価される必要がある。しかし、これは必ずしも実施されておらず、「活性原則」だけが評価されている。

米国では、ラウンドアップへの曝露が原因と主張する非ホジキンリンパ腫によって、多くの人々が深刻な健康障害を負ったり、死亡したりしている。グリホサートに関するIARCの報告書[31](上記5.2項参照)の所見の一つは、「非ホジキンリンパ腫について正の関連が観察された」ことであった。2021年までに、モンサント/バイエルに対して125,000件のそのような事例が裁判に持ち込まれた[68]。一審(原告に有利な判決が下され[69]、巨額の金銭的補償がなされた)では、電子メールを含むモンサントの大量の私的内部文書が裁判所に寄託された。モンサント社が、これらの文書の機密保持を期限内に要求しなければならないという警告に応じなかったため、裁判所は自由にこれらの文書を公開することができるようになった。その結果、「モンサントペーパー」がオンラインで公開され[39,70]、ラウンドアップの使用による害を明らかにする独立した科学者による研究の信頼性を破壊するためのモンサントによる秘密工作が明らかにされた。

グリホサートが禁止されれば、ラウンドアップに耐性を持つ単一の遺伝子組み換え作物は目的を失い、他の形質とともにラウンドアップ耐性を組み込んだ遺伝子組み換え作物は価値を失うだろう。農薬会社やGM会社がグリホサートとその製剤の安全性を粘り強く主張しているのは、このためである。

グリホサートとラウンドアップの安全性をめぐって、激しい論争が続いている。Séraliniらによる小規模な研究 [40,43]では、飲料水中の現実的なレベルのラウンドアップを摂取したラットが、生涯にわたって健康に深刻なダメージを受けることがわかった(セクション5.2参照)。グリホサートの安全性に関する決定的な科学的解答を提供するため、Ramazzini研究所は、グリホサートをベースとする除草剤の実生活レベルでの影響に関する最も包括的な研究を実施した[71]。研究の対象は、発がん性、長期毒性、神経毒性、内分泌かく乱作用、出生前発生毒性、マイクロバイオーム、多世代にわたる影響などである。独立性を保つため、産業界からの資金援助は一切受けず、世界的なクラウドファンディングに依存している。

7. 結論

欧州連合と米国におけるグリホサート規制は、利益相反に起因する不正行為によって腐敗している。農薬や遺伝子組み換え作物を生産する業界の関係者が規制当局の高い地位に就いており、規制当局の行動は、これらの業界の製品を市場に出すための申請に有利な結果が得られるように誘導されている。

人間や動物、環境にこれ以上害を与えないためには、徹底的な規制改革が緊急に必要である。独立した科学者が害を明らかにする論文を大量に発表し、その数が増えているにもかかわらず、評価プロセスでは官僚的な技術論でこれらの論文をほとんど退けてきた製剤の長期毒性を含める必要があるが、EFSA、ECHA、EPAによる規制の一部ではないし、IARCの作業の一部でもなかった。政府と規制当局は、その主要な目的が住民の福祉と環境を促進することであることを理解する必要がある。現在、政府は農薬や遺伝子組み換え作物を販売する巨大企業による巨額の利益によって経済を強化することに焦点を絞り、規制当局もこれらの産業と密接に連携している。その結果、人々や動物の健康が損なわれ、環境も悪化している。

今こそ、この腐敗を断ち切るときである。

資金提供について

このレビューは資金提供を受けていない。

利益相反

著者は利益相反を宣言していない。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました