金融危機・インフレ

世界的な金融津波は始まったばかりだ
Global Planned Financial Tsunami Has Just Begun

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.globalresearch.ca/global-planned-financial-tsunami-has-just-begun/5784217

F・ウィリアム・エングダール著

グローバル・リサーチ、2022年6月25日

一世紀以上前に米国連邦準備制度が創設されて以来、大規模な金融市場の崩壊はすべて、中央銀行が政治的な動機で意図的に引き起こしたものである。状況は今日も変わらない。明らかに米国FRBは、自らが作り出した人類史上最大の投機的金融バブルを暴落させるために、金利という武器を使って行動しているのである。世界的な暴落は、1931年のオーストリアのクレディ・アンシュタルトや2008年9月のリーマン・ブラザーズのように、常に周辺部から始まる。金融市場がすでにメルトダウンしている中で、FRBがほぼ30年間で最大の単独利上げを決めたことは、世界恐慌とさらなる悪化を保証することになった。

FRB、ECB、日銀が国債を買い占め、前例のないゼロに近い金利、あるいはマイナス金利を14年間も維持することで作り上げた「安い信用」バブルの規模は、想像を絶している。金融メディアは連日ナンセンスな報道でそれを覆い隠し、世界経済はいわゆる「スタグフレーション」や不況への備えが整いつつある。今後数ヶ月の間に起こることは、劇的な政策転換がない限り、史上最悪の経済恐慌である。ありがとう、グローバリゼーションとダボス会議。

グローバリゼーション

グローバリゼーションの背後にある政治的圧力と、1994年のマラケシュ協定によるブレトンウッズ・ガットの貿易ルールからの世界貿易機関の設立は、西洋、特にアメリカの先進工業製造業が海外に逃げ出し、極端に低賃金の国で生産を行う「アウトソース」ができることを保証するものであった。1990年代後半に、中国ほど利益を提供した国はなかった。中国は2001年にWHOに加盟し、それ以来、欧米から中国製造業への資本流入は驚異的なものとなっている。中国がWHOに加盟したことで、欧米から中国の製造業への資本流入が著しくなり、中国のドル債務も積み上がっている。今、記録的な負債に基づいたグローバルな世界金融構造がすべて崩れ始めている。

2008年9月のリーマン・ショックを意図的に許した中国指導部はパニックに陥り、地方政府に前例のない信用供与を行い、インフラ整備を依頼した。その中には、高速鉄道網のような部分的に有用なものもあった。しかし、その中には空っぽの「ゴーストシティ」の建設など、明らかに無駄なものもあった。世界恐慌の懸念が後退し、建設用鉄鋼、石炭、石油、銅などに対する中国の空前の需要は、他の国々にとっては歓迎すべきことであった。しかし、2008年以降の米国FRBとECB、そしてそれぞれの政府の行動は、ウォール街や欧州、そして香港にある世界の大手民間銀行によるシステミックな金融不正行為に何の対処もしなかった。

1971 年 8 月、ニクソンが世界の基軸通貨である米ドルを金から切り離したことで、世界的な金の流れに水門が開かれた。1999年11月、ウォール街の要請でクリントンがグラス・スティーガルを廃止して以来、米国内外で無秩序な金融投機に有利な、より寛容な法律がことごとく課されるようになった。1999年11月、ウォール街の要請でクリントンがグラス・スティーガルを廃止し、巨大銀行の設立を許したため、政府は「大きすぎて潰せない」と宣言した。それはデマだったが、国民はそれを信じ、何千億円もの税金で救済された。

2008年の危機以来、FRBをはじめとする世界の主要中央銀行は、大手金融機関を救済するために、いわゆる「ヘリコプターマネー」と呼ばれる前代未聞の信用供与を行ってきた。実体経済の健全性は目標にされなかった。FRB、日銀、ECB、イングランド銀行の場合、過去14年間で合計25兆ドルが「量的緩和」による債券や住宅ローン担保証券のような危険資産の購入を通じて銀行システムに注入された。

量的緩和の狂気

ここからが、本当に悪い方向へ進み始めた。JPモルガンチェース、ウェルズ・ファーゴ、シティグループ、あるいはロンドンではHSBCやバークレイズといったウォール街の大手銀行は、大手企業の顧客に何十億ドルもの資金を貸し付けた。借り手はその流動性を、新しい製造技術や鉱業技術への投資ではなく、自社株の価値を高めるために使った。

ブラックロック、フィデリティ、銀行、その他の投資家は、このタダ乗りに大喜びした。2008年のFRB緩和開始から2020年7月までに、約5兆ドルがこうした自社株買いに投資され、史上最大の株高を引き起こしたのである。その過程ですべてが金融化された。企業は2010年から2019年の間に3.8兆ドルの個人向け支払いを行った。テスラのように一度も利益を得たことのない企業は、フォードとGMの合計よりも価値が高くなった。ビットコインのような暗号通貨は、2021年後半には時価総額が1兆ドルを超える評価額に達した。FRBの資金が自由に流れる中、銀行や投資ファンドはジャンク債やトルコ、インドネシア、あるいは中国などの新興国債権など、高リスク・高収益の分野に投資した。

2008年以降の量的緩和とゼロ金利の時代には、米国債の膨張を招いた。2020年1月以降、FRB、イングランド銀行、欧州中央銀行、日本銀行は、合わせて9兆ドルのゼロ金利に近い信用を世界の銀行システムに注入してきた。2019年9月のFRBの政策変更以来、ワシントンが3年足らずで10兆ドルという驚異的な公的債務を増加させることを可能にした。その後、FRBは再び密かにウォール街を救済し、毎月1200億ドルの米国債とモーゲージ担保証券を購入し、巨大な債券バブルを作り出した。

無謀なバイデン政権は、経済の不必要な締め付けに対抗するために、いわゆる景気刺激策を何兆ドルも配り始めた。1980年にGDPの35%だった米国債は、現在ではGDPの129%を超えている。それを可能にしたのは、FRBの量的緩和、何兆もの米国債と住宅ローンの購入、そしてゼロに近い金利であった。今、FRB は量的緩和を解除し、QT や引き締め、さらに利上げによって経済から流動性を引き揚げ始めている。これは意図的なものです。インフレを見誤ったFRBがつまずいたのではない。

エネルギーが崩壊を促進

悲しいことに、FRBや他の中央銀行家は嘘をついている。金利を上げるのはインフレを治すためではない。不動産、農地、商品生産、産業、水など、世界の資産、富の支配を世界的にリセットするためだ。FRBは、インフレが世界経済全体に波及し始めたばかりであることをよく理解している。ユニークなのは、産業界のグリーンエネルギー指令が、このインフレ危機を初めて後押ししていることだ。

世界的な肥料不足、天然ガス価格の高騰、世界的な干ばつによる穀物供給の損失、肥料や燃料のコスト高騰、ウクライナ戦争などにより、遅くとも今年の9月から10月の収穫期には、世界的に食料とエネルギーの価格がさらに爆発することが確実になっている。それらの不足はすべて意図的な政策の結果である。

さらに、バイデン政権の反炭化水素アジェンダに導かれた世界の主要工業国の病的な主張により、はるかにひどいインフレが起こることは確実だ。この議題は、米国のエネルギー長官が爆発的なガソリン価格に対する答えとして、「代わりにE-オートを買いなさい」と述べた驚くべきナンセンスに代表されるものである。

同様に、EUはロシアの石油とガスから段階的に撤退することを決定し、その主要経済国であるドイツは最後の原子炉を停止し、さらに石炭工場を閉鎖する動きを見せているが、実行可能な代替案はない。その結果、ドイツをはじめとするEU諸国はこの冬に停電を経験し、天然ガス価格は高騰し続けるだろう。ドイツでは6月の第2週にガス料金がさらに60%上昇した。緑に支配されたドイツ政府とEU委員会によるグリーンアジェンダ「Fit for 55」は、はるかに安価で信頼性の高い炭化水素を犠牲にして、信頼性が低くコストの高い風力と太陽光を推進し続け、前例のないエネルギー主導のインフレを確実なものにしている。

FRBはプラグを抜いた

ほぼ30年間で最大の0.75%のFRB金利引き上げと、さらなる引き上げの約束によって、米国の中央銀行は今や、単に米国の債務バブルだけでなく、2008年以降の303兆ドルの世界債務の大部分も崩壊させることを保証している。世界の金融システムの中心は株式ではなく債券である。

米国の住宅ローン金利はわずか5ヶ月で2倍になり6%を超え、住宅販売は今回の利上げの前にすでに急落していた。米国企業は超低金利の時代に記録的な負債を抱えた。その負債の70%は「ジャンク」以上の格付けを受けている。2006年の非金融部門の企業債務は9兆ドルであった。現在では18兆ドルを超えている。今、それらの限界企業の多くは、古い債務を新しい債務でロールオーバーすることができず、今後数ヶ月の間に倒産が続くだろう。化粧品大手のレブロンが破産を宣言したばかりだ。

ビットコインに代表される高度に投機的で規制されていない暗号通貨市場は、投資家がそこに救済措置がないことに気づき、崩壊しつつある。昨年11月、暗号世界の評価額は3兆ドルだった。現在では半分以下になり、さらに崩壊が進行している。今回のFRBの利上げ前でも、アメリカのメガバンクの株価は3000億ドルほど下がっていた。世界経済の崩壊が進むにつれ、株式市場ではさらなるパニック売りが起こり、これらの銀行は今後数ヶ月の間に新たな深刻な銀行危機が起こることがあらかじめプログラムされている。

米国の経済学者Doug Nolandが最近指摘したように、「今日、”サブプライム “ジャンク債、レバレッジドローン、買い時払い、自動車、クレジットカード、住宅、太陽光の証券化、フランチャイズローン、プライベートクレジット、暗号クレジット、DeFiなどなど、膨大な数の “周辺” が存在する」。この長いサイクルの中で、何千万人もの消費に拍車をかける一方で、何千もの不経済な企業に資金を供給する巨大なインフラが発展してきた。「周辺部」はかつてないほどシステミックになっている。そして、物事は壊れ始めている。

連邦政府は今後、過去最高額の30兆ドルの連邦債務を抱えることによる金利負担がはるかに大きくなることに気づくだろう。連邦債務がゼロに近かった1930年代の大恐慌とは異なり、今日の政府は、特にバイデン予算措置以来、限界に達している。アメリカは第三世界の経済になりつつある。もしFRBが何兆ドルもの米国債を買わなくなったら、誰が買うのだろう?中国か?日本か?それはないだろう。

バブルのデレバレッジ

FRBが量的引き締めを行い、毎月数百億ドルの債券やその他の資産を引き揚げ、主要金利も引き上げているため、金融市場はデレバレッジを始めている。BlackRockやFidelityのような主要プレーヤーが自分たちの目的のためにメルトダウンをコントロールしようとするため、この動きはぎくしゃくしたものになる可能性が高い。しかし、その方向性は明らかである。

昨年末までに、投資家は株を買うために1兆ドル近い信用取引負債を借りていた。これは上昇相場での話だ。今はその逆で、信用取引の借り手はデフォルトを避けるために、より多くの担保を提供するか、株を売ることを余儀なくされている。それがメルトダウンを促進する。今後数カ月で株式と債券の両方が暴落すれば、401-kなどの制度に加入している何千万人ものアメリカ人の個人退職金も消えてしまう。アメリカのクレジットカード、自動車ローン、その他の消費者債務は過去10年間に膨れ上がり、2021年末には4兆3000億ドルという記録的な規模になっている。その負債、特にクレジットカードの金利は、すでに16%という高水準から急上昇する。そして、そのようなクレジット・ローンの債務不履行が急増する。

米国以外では、スイス国立銀行、イングランド銀行、ECBまでもがFRBの利上げに従わざるを得なくなり、中央銀行の金利ではコントロールできないインフレの高騰の中で、デフォルトや倒産が世界的に雪だるま式に増えていくのが目に見えている。世界の非金融企業債務の約27%は中国企業が保有しており、その額は23兆ドルと推定される。さらに32兆ドルの企業債務を米国やEUの企業が抱えている。今、中国は30年以来最悪の経済危機の真っ只中にあり、回復の兆しはほとんどない。中国の最大の顧客である米国が経済不況に陥る中、中国の危機は悪化するばかりである。それは世界経済にとって良いことではないだろう。

3.2兆ドルの国家債務を抱えるイタリアは、債務残高対GDP比が150%に達している。ECBのマイナス金利だけが、新たな銀行危機でそれが爆発するのを防いできた。今、ECBのラガルドのなだめるような言葉にもかかわらず、その爆発はあらかじめプログラムされているのだ。債務残高260%の日本は先進国中最悪で、7兆5千億ドル以上の公的債務を抱えてゼロ金利の罠に陥っている。円安は深刻で、アジア全体を不安定にさせている。

世界の金融システムの中心は、一般に信じられているのとは異なり、株式市場ではない。国債、社債、代理店債などの債券市場である。この債券市場は、2021年以降、米国やEUでインフレが高進し、金利が上昇したため、価値を失いつつある。世界的には250兆ドルもの資産価値があり、金利が上昇するたびにその価値は低下している。債券の価値がこれほど大きく反転したのは、40年前のポール・ボルカー時代に「インフレを抑え込む」ために20%の金利が設定された時である。

債券価格が下がれば、銀行の資本価値も下がる。債券価格が下がると、銀行の資本価値が下がる。最も価値が下がるのは、フランスの大手銀行とEUのドイツ銀行、そして日本の大手銀行である。JPモルガンチェースのような米国の銀行は、大規模な債券の暴落に対するエクスポージャーがわずかに低いと考えられている。彼らのリスクの多くはオフバランスのデリバティブなどに隠されている。しかし、2008年とは異なり、今日の中央銀行は、ゼロ金利とQEの10年を再び繰り返すことはできない。今回は、元イングランド銀行頭取のマーク・カーニー氏などのインサイダーが3年前に指摘したように、危機は新しい中央銀行デジタル通貨を世界に受け入れさせるために利用されるだろう。これは、ダボス会議の人々が「グレート・リセット」と呼んでいるものでもある。それは良いことではない。世界的に計画された金融津波が始まったばかりだ。

 

F. William Engdahlis 戦略リスクコンサルタント、講師。プリンストン大学で政治学の学位を取得し、石油と地政学に関するベストセラー作家である。

グローバリゼーション研究センター(CRG)のリサーチ・アソシエイト。

この記事の出典はGlobal Researchです。

著作権 © F. William Engdahl, グローバルリサーチ, 2022

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました