ピーター・フィリップス博士に聞く、グローバル資本主義とウクライナ危機
Global Capitalism and the Ukraine Crisis with Dr. Peter Phillips

ロシア・ウクライナ戦争戦争・国際政治

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

市民の真実

フィリップス博士はソノマ州立大学社会学部教授で、「ジャイアンツ:グローバル・パワー・エリート」の著者です。


Peter Castagno 0:03

こんにちは、ポッドキャスト「市民の真実」をお聴きいただいているようですね。今日は、ソノマ州立大学社会学部教授で、「巨人、世界のパワーエリート」という本の著者であるPeter Phillips博士にお話を伺うことができ、とても嬉しく思っています。

フィリップス博士は、グローバル資本主義の頂点にある権力ネットワークを広範囲に描き出し、最大の多国籍金融会社、企業、メディア、シンクタンク、その他の影響力のある機関の間に広範な相互関係があることを実証しています。本日はありがとうございました。フィリップス博士

Peter Phillips 0:34

どうもありがとうございます。

Peter Castagno 0:39

ええと、あなたが巨人について分析する主要な機関の1つがNATOであり、密接に関連する外交政策、シンクタンク、大西洋評議会です。そこで、現在進行中のウクライナの危機に関連して、大西洋評議会についての見解を述べていただけませんか。

ウクライナの危機とロシアとの関係全般に関する西側メディアの報道に対する影響力、そしてそれが多国籍資産運用会社やその他の特別な利害関係者の利益とどのように関係しているのでしょうか、お聞かせください。

Peter Phillips 1:10

大西洋評議会は61年に設立され、NATOの主要な諮問機関となっています。三極委員会のようなもので、大西洋評議会の役員には世界中から人が集まっていますが、ほとんどがアメリカ人で、高度な安全保障に関心を持つ人たちばかりです。

つまり、海外でのドルを守るということです。つまり、私たちの経済成長と拡大を守るということです。そして、ロシアや中国などの反対勢力に否定的なレッテルを貼り、NATOに可能な限り彼らの政権交代に関与するよう求め、あるいはそこでの脅威を確実にすることです。

プーチンを排除したい、ロシアで政権交代を行い、ロシアとシベリアの膨大な資源を開放して、原料の収集と自転車による投資を行いたい、とかなり直接的なことを打ち出しています。エリート資本家、投資、企業、彼らは投資先よりもお金を持っています。ですから、中国を開放し、中国とロシアをアメリカの資本投資に開放してほしいと思っています。

つまり、彼らの戦略は、ロシアで政権交代を実現することです。20年前、彼らはそれを実現したと思っており、エリツィンが死にました。ロシアの資源を手に入れた億万長者たちは、プーチンを強力にバックアップしています。アメリカの制裁、ウクライナ戦争、NATO、戦略家たちは戦争を望んでおり、ロシアが戦争に巻き込まれることを望んでいます。

ロッキード・マーティンの株価は、この3週間で28%も上昇しましたから、非常に儲かっているのです。イデオロギー的には、世界に新しいヒトラーが誕生したことで、大西洋評議会のウェブサイトでも、プーチンの顔とヒトラーの顔が半分ずつ掲載されていますね。つまり、新しいヒトラーが誕生したと言っているわけですが、これはつまり、彼は救いようがないと言っているわけです。つまり、彼はこうしたことをすべて知っていて、それを見て、もちろん、非常に脅威を感じているのです。

NATOは旧ソ連諸国をすべて占領し、ロシアを包囲していますし、私たちが作った兵器でさらに大きく包囲しているからです。そのため、ロッキード・マーチンは、ウクライナのような国がNATOと手を組むことを決め、それを変えることで大金を手にすることができるのです。つまり、彼らは一直線に、資本の拡大と拡張をするわけです。

ウクライナの場合、親ロシア派の政権がありましたが、5,6年前にアメリカが資金を提供して起こしたクーデターで倒されました。それ以来、CIAはロシアがクリミアを決して手放さないことを知っていました。クリミアは、ロシア海軍の主要な暖流港の一つでした。それを手放すはずがないとわかっていたのです。

ですから、ウクライナから切り離されたクリミアは「クリミア」と呼ばれ、ある種、人為的に置かれたものでした。昔、ソ連がウクライナから分離したとき、独立するか、ロシアの一部になるかを90%投票したそうです。私たちアメリカは、「ロシアはクリミアを侵略しました」と言うでしょう。しかし、彼らはそのような根拠で侵略したことはありません。ロシアはすでに人口の90%を侵略する必要がなかったのです。そして、彼らは巨大な力を持っていました。

Peter Phillips 5:43

彼らはあきらめないということを表明しました。しかし、「ロシアは残虐行為を行い、ソビエト連邦を支配・再確立しようとしている」と、NATOを支持するような反応を示しているのです。そうではありません。そのような事態にはなっていません。

ウクライナでクーデターが起こり、ロシアはウクライナを失ったと感じました。ウクライナは広大な領土で、4千万人以上の人々が国境を接しており、何十年、何百年にもわたってロシアの一部であったのです。彼らはそれを手放すつもりはありませんでした。

そして、それが最終的に紛争につながることも知っていたのです。NATOはこの紛争を奨励し、大西洋評議会はこの紛争を奨励し、プーチンを悪者にし、制裁と戦争にかかる費用でロシアを破産させることができると十分に知りながら、そうなるようにあらゆる努力を払っていました。

戦車やスティンガーミサイル、ジャベリンを打ち負かすことができる大量の武器をウクライナに提供することはもちろんのこと、何千もの武器がウクライナに持ち込まれました。つまり、歩兵が戦車と戦えるわけです。

だから混乱しています。私はこの事態を非常に憂慮しています。核兵器の応酬にエスカレートしないか心配です。ロシアはすでにそのことを警告しています。アメリカはロシア政府と競争しているようなもので、新兵器が飛来する前にロシア政府が崩壊するか、押し出されるかを心配しているのです。これは非常に危険な状況です。

Peter Castagno 7:49

ええ、その通りです。そして、あなたはロッキード・マーチンについて言及しましたね、確か。確か1998年の NATO拡大のための委員会は、ロッキード・マーチンの元幹部が委員長を務めていましたね。

Peter Phillips 8:02

ええ、ロッキード・マーチンはNATOに非常に深く関わってきました。新しい国が参入すると、毎年予算の2%を軍事的成長と拡張に費やすことが義務づけられるからです。その資金の多くは、ロッキード・マーチンやノースロップ・グラマンが、NATOが使用する標準的な兵器を提供するために使われるのです。つまり、軍事市場の拡大がその正体なのです。

Peter Castagno 8:34

そうです。それは、アメリカとロシアの間で進行中の経済的断絶についてのあなたの見解と、それが多国籍資本家階級にどのような影響を与えるかをお聞きしたかったのです。例えば、ブラックロックのように、多国籍資産運用会社が米国の戦略的利益の枠内で、あるいはより主に自国の経済的問題の利益の枠内で運営されるとお考えですか?CEOのラリー・フィンクは外交問題評議会の役員ですが、例えば中国に大規模な投資をしており、このような新しい冷戦が進行する中で、彼らを見ますか?まあ。

Peter Phillips 9:15

ブラックロックは5年前に北京に事務所を開設しました。そして彼らは、5年前から投資をコントロールできるような、中国の資本や世界中の資本を求めています。しかし、5年前、ブラックロックは4兆円だった運用額が、今では8兆円になっています。つまり、投資し、コントロールする資本の量を大幅に増やしたのです。

しかし、彼らの最大の問題は、資本投資のための安全な港を見つけることです。戦争が起きれば、投資先の選択肢が広がる。もしロシアで政権交代が実現すれば、ブラックロックはモスクワに進軍し、ソ連の資源を買い付けて投資するリーダーの一人となることでしょう。つまり、彼らは政権交代に期待しているのです。

しかし、プーチンはそれに抵抗し、ロシアの億万長者たちの支持を受けています。しかし、そうすることで、ロシアの労働者たちに「ベターメント」をもたらし、ソ連崩壊後に起こった中産階級の生存と収入という点での悲劇的な落ち込みを逆手に取ったのです。

プーチンはそれを逆転させ、ロシアの労働者に大きなチャンスをもたらしました。中国も、ご存知のように、中産階級の育成と国民のベターメントを認めるという点で大きな前進を遂げました。つまり、物事が良くなったという理由で、その国の大衆に強く支持されている政権が2つあるのです。

アメリカでは、貧困が拡大し、労働者階級の収入と機会が減少しています。ですから、もっと良い投資機会が必要だと言い続けているのです。ブラックロックやラリー・フィンクをはじめとします1317の巨人を守るためです。

私の本の中でお話しした巨人とは、1兆ドル以上の投資資産を持つ巨大な資本投資会社で、わずか5年で2倍になりました。このように資本が集中することで、世界中の所有者の数が減り、100人程度の人間が中央で管理するようになり、政治プロセスを支配するようになります。NATO、大西洋評議会、三極委員会などの組織は、拡大・発展を続けるための政策を打ち出し、メディアと連携して、何が起こっているかを自分たちの視点で宣伝しています。

メディアは現在、特にCNNがウクライナの戦争をどのように報道しているかというと、犠牲者やその家族についてばかり報道しています。しかし、プーチンは無抵抗だったわけではありません。NATOはプーチンを戦争に巻き込み、彼を悪魔化し、世界中で核によるホロコーストが起こる危険を冒すことで、そのような戦争が起こるという恐怖によってプーチンが押し出されることを期待します、という一般的な願望があったと思います。

Peter Castagno 13:08

あなたは今、巨人のように、防衛請負業者やメディア複合企業など、あらゆる企業の株式の過半数を保有します17の主要な多国籍資産管理会社について議論しましたね。

Peter Phillips 13:22

すべての大企業が投資しているお金を作るものです。

Peter Castagno 13:26

もちろんです。しかし、それは彼らの報道と外交政策における一つの大きな利益相反のようなものです。この本を読むまであまり意識していなかったのですが、オムニ、オムニ・コモン・グループ、インターパブリック・グループといったPR会社の影響力と、彼らがどのように世間の認識に影響を及ぼしているかということです。人々の理解を助けるために、そのことについて少し話していただけますか?

Peter Phillips 13:48

オムニコム、WPP、インターパブリックグループは、世界三大PR会社です。この本には、彼らがプレスリリースや公式声明を管理している何百もの企業のリストが載っていて、その意味するところは、ノースロップグラマンやブラックロックなどの投資会社が所有している国内の主要メディアが、アメリカ国民や世界の人々に目的や方向性について誤った情報を与え続けるプロパガンダコントロール機構に直面していることを明確に示しています。

つまり、民間資本が、自分たちがいかに素晴らしいかを公に宣言しているのです。この投資家の下にいる多くのメディアは、完全にそれに同調しています。今日、アメリカの企業メディアが報道する内容は、客観的な方法で十分に紹介されているとは言えません。そこにはある意図があります。その意図とは、反対派を悪魔化し、アメリカの進む方向を賞賛することです。

Peter Castagno 15:22

世界経済フォーラムは、COVID時代に大きな注目を集めました。例えば、衝突スワップ、グレートリセット、ヤング・リーダーズ・プログラムなど、多くの著名な政府高官を擁しています。そのようなグループが国際システムの中でどのような役割を担っているのでしょうか、説明していただけますか?

Peter Phillips 15:54

ダボス会議では、世界の大企業は5人の代表者を送ることが許されています。そして、そのうちの1人を除いては、女性でなければなりません。それがアファーマティブ・アクションの側面です。そして、数日間にわたって会議が開かれます。会議、スピーチ、講演、企画会議、その他さまざまなことが行われます。

もしあなたが、そんな余裕はない、あるいは30歳の若者で、どこかの企業に勤めています、あるいは個人で活動しているのであれば、彼らが費用を負担してくれるでしょう。この奨学金制度には、約1万人が招待されています。グローバル資本をリセットして、民間資本による支配を継続させ、より人道的な方法で支配させるために、グレートリセットが世界の前進を導くことを期待しているグループです。

ロッキード・マーティンが世界に対してより親切になることを望んでいますが、同時に、武器を売り続け、多くのお金を稼ぎ、富を集中させることも望んでいます。つまり、世界経済フォーラムが掲げる「グレート・リセット」とは、世界の支配的な力の源であるグローバルキャピタルの存続を守ることなのです。

私には、このようなことが恐ろしいのです。非常に集中した少数の人々が関与する民間団体があります。つまり、わずか50人か100人の政策委員会によって、わずか数千人が支配され、その全員が主要な投資会社に深く投資しており、全員が億万長者なのです。

彼らが守り続けようとしているのは、彼らの生活様式なのです。そして、彼らは自分たちが直面している困難な状況に気づいていたのです。そして、機会が彼らの最大の関心事の一つであったわけですが、その後、私たちが非常に心配している地球環境、環境破壊の危機が訪れ、彼らはそれに対処できるようになりたいと思うようになったのです。

しかし、地球環境の危機に対処し、その進行を遅らせ、自分たちが何かしていると主張したいのです。戦争も同じで、悪のヒトラーをやっつけるために、戦争は正当化されなければなりません。そしてそれは、私たちにとってさらにさらに危険なものになるのです。

つまり、私たちは経済崩壊に直面しているのです。世界に無制限に富を集中させ続けても、いつかは崩壊しないとは限りません。投資に対するリターンがなければなりません。もしリターンがなければ、停滞に陥り、最後は大量の失業と市民の不安に終わります。ですから、彼らはそれをできるだけ遅らせようと、できる限りのことをしているのです。

Peter Castagno 19:11

なるほど、素晴らしい。それから最後の質問ですが、あなたは「巨人」についても触れましたが、ハイテク大手の役割についてお聞かせください。そして、大西洋評議会や主要なメディア複合企業に対する影響力、また、このウクライナ危機やその他の主要な時事問題に対する国民の認識にどのように影響を及ぼしているかということです。

Peter Phillips 19:36

ハイテク大手は、資本が大規模に投資され、大きなリターンを得ている場所です。そのように富を集中させることは、他のものと同様に無限に続けることはできませんし、器が豊かになるには何らかの限界がありますし、その他にも、経営者はハイテク企業を通じてグローバルな資本を持っていますが、GoogleとFacebook、これらは人間の思考を大きく支配しています。

たぶん、あまり雄弁に語らなかったと思います。しかし、まさにその通りなんです。これはフレームであり、何が起こっているかを理解するためのフレームです。さて、真実はどうなのでしょうか、グーグル検索してみましょう。どちらかというと、本当のところはどうなのでしょうか、大きな誤魔化しがあるんですね。

このような情報によって、私たちはグローバル資本主義の支配の度合いに全く気づかないままです。このことを理解することは、とても重要だと思います。巨人は、資本がどのように集中しているかを構造的に理解することを意図しています。その仕掛け人、関係者が誰なのでしょうか、かなり詳しく見ています。

また、アップデート版では、そこにいた300人の人々がどのように変化したかをよく見ています。そして、新しい人たちが入ってきて、以前いた人たちと全く同じように見えます。ハーバード、エール、プリンストンの人たちや、世界中のエリート大学の人たちが集まっているわけです。

そして、彼らはみな億万長者で、トランスナショナルな資本階級の存在を象徴しています。トランスナショナル資本家階級というのは、同じようなライフスタイルを持ち、世界の大都市で働き、巨額の資本を支配し、8割の人々の生活、生きづらさを解消している人たちのことを指します。

つまり、世界の80%の人は1日10ドル以下しか稼げないのです。これは非常に驚くべきことです。世界の半分の人々は1日2ドル以下しか稼いでいないのです。この富の不平等があまりにもひどいので、彼らはそのことを話したがらず、「トリクルダウンが起こって、良くなって、資本が増えて、人々が機会を得られるようになります」と言い続けようとしています。

世界の人口の下位3分の2は、10年前、20年前よりも不利な状況にあります。そして、そのような状況は、世界中の人々にとってますます顕著になってきています。

ロシアと中国は、できる限りのことをやっていますが、それを継続するための資源は限られています。そこで、私たちは資本投資と戦争の脅威で彼らを圧倒しようとしています。そして、秘密工作も行います。つまり、グローバル資本に代わって、アメリカの軍産複合体の内部で、誰かの暗殺が行われたとしても、前代未聞ではありません。

Peter Castagno 23:23

フィリップス博士、ありがとうございました。リスナーの皆さんには、「ジャイアンツから低能なエリートへ」という本をお勧めします。この本には、世界システムの構造的な力と、私たちの見解や、世界を理解するために与えられる情報に影響を与えている人物の名前が、詳細に記されています。私たちに話してくれてありがとうございました。

Peter Phillips 23:45

お招きいただきありがとうございます。あなたがしていることに本当に感謝しています。もちろんです。では、また。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました