コミュニティ心理学・プラセボ

Glasl 紛争エスカレーション 9ステージモデル

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Glasl’s Nine-Stage Model Of Conflict Escalation
Glasl's Nine-Stage Model Of Conflict Escalation
Glasl's escalation model is a very useful diagnostic tool for the conflict facilitator, but also valuable as a means for sensitizing people to the mechanisms

2000年10月

トーマス・ジョーダン

この紛争エスカレーションモデルは、フリードリッヒ・グラスルの著書「Konfliktmanagement. Ein Handbuch für Führungskräfte, Beraterinnen und Berater, (Bern: Paul Haupt Verlag, 1997. endnotesも参照). グラスルのオリジナルの段階分析は70ページ以上にも及び、私の要約は決して彼のモデルを完全に正当化するものではない。しかし、この要約はフリードリッヒ・グラスルによって精査され、承認されている(一部修正を加えている)。

グラスルのエスカレーションモデルは、コンフリクトファシリテーターにとって非常に有用な診断ツールであると同時に、コンフリクトエスカレーションのメカニズムを人々に理解してもらうための手段としても有効である。紛争が制御不能になるのを防ぐためには、どのような手順を踏めばよいのかを認識することができる。また、より学術的な観点から、このモデルは、紛争に関わる人々に作用する状況的な圧力を重視した紛争エスカレーションの理論を提供している。このモデルでは、個人に原因を求めるのではなく、対立する利害や立場を処理する「穏健な」方法が失敗したことに起因する、紛争関係の内部論理があることを強調している。勢いのあるエスカレーション・メカニズムに抵抗するためには、意識的な努力が必要である。

ステージ1 硬直化

紛争拡大の第1段階は、人間関係の中で何らかの問題や不満をめぐる対立が、解決に向けての努力に耐えられないことがわかったときに起こる。問題が残っていて、イライラしている。困難を克服しようとする努力が繰り返されても失敗するため、関心事を移す自然な流れが妨げられてしまうのである。当事者は、特定の分野では前進していないことを何度も思い知らされる。関心や意見が、「こうあるべきだ」という固定観念になってしまう。紛争当事者の認識では、これらの立場は互いに相容れないものになりがちである。

このような立場は支持者を惹きつけ、特定の立場を中心としたグループ、あるいは特定の立場に対する賛否両論のグループが形成されるようになる。次の段階では、これらのグループはますます統合され、より限定された政党になっていく。誰が内と外に属するかという境界線がますますはっきりしてくる。ある政党のメンバーは、状況に対する共通の解釈を持ち、すべての関連情報の認識に影響を与える共通の選択的フィルターを作る。一方の党員は、他方の党員に関するネガティブな情報をすぐに拾い上げる。これらの情報は非常に重要視され、ポジティブな情報は登録されない。政党間の違いは、類似性よりも重要である。

違いを克服しようとするもどかしい努力は、緊張した状況で行動するための習慣的な行動パターンの開発につながる。進展がない場合、当事者は避けられない相互依存関係をますます意識するようになる。相手とのやりとりは期待はずれで、時間とエネルギーの無駄だと認識される。相手が頑固で理不尽だと感じていても、当事者は解決しようと努力している。しかし、その努力が実を結ばないうちに、相手が本当に問題を解決したいと思っているのか疑わしくなってくる。また、何か下心があるのではないかと疑うようにもなる。

当事者間のコミュニケーションは、依然として相互性に基づいている。責任ある人間としての当事者の基本的な地位が認識されており、相互作用において公平であろうとする。

ステージ2への移行は、当事者の一方または両方が、真っ当で公正な議論によって問題を解決する可能性への信頼を失ったときに行われる。真っ当な議論を放棄して、戦術的・操作的な議論のトリックを用いると、紛争はステージ2に移行する。

ステージ2 討論と極論

相手が筋の通った議論に従わないように見えるので、議論は言葉による対立に発展しがちである。相手は自分の立場を押し通すために、より強力な方法を探する。強さを得るために、柔軟性のない立場にますます固執する傾向がある。紛争はもはや明確に定義された問題だけに限定されるものではなく、当事者は自分たちの一般的な立場が危機に瀕していると感じ始める。つまり、自分がどのように見えるかにますます注意を向けるようになる。つまり、従順、不安、無能ではなく、成功している、強い、巧みであるということだ。議論は、どちらの立場にメリットがあるかだけではなく、どちらの立場を最もうまくアピールするか、議論の結果が自分の評判にどう影響するかなどにも焦点が当てられるようになる。相手に対する戦術的な優位性を蓄積することが重要な関心事となる。

合理的で問題に関連した議論だけでは成功が望めない場合、当事者は次のような「準合理的」な議論に頼る。

  • 非難を避けるために、現在の問題の根本的な原因について言い争う。
  • 相手の立場の意味合いや結果を強く誇張して、不条理なものとして提示する。
  • 中心となる問題と他の問題との関係について示唆に富むコメントをし、その問題をより大きな価値のある検討事項に結びつける。
  • ある立場の正当性を得るために、公認の権威や伝統に言及すること。
  • 相手に「合理的な妥協」を受け入れさせるために、代替案を極端なものとして提示する。

これらの戦術的なトリックは、感情的に相手のバランスを崩したり、小競り合いの中で優位に立つことを目的としている。そのため、言葉のやりとりの重心は、合理的な議論から感情や相対的な力関係へと移っていく。当事者は、もはや言葉の意味を想定することはできず、隠れた意味や結果を探さなければならない。これにより、人間関係に強い不信感が生じる。当事者は、お互いに相手を犠牲にして利益を得ようとすることを期待している。一方の当事者がそのような利益を得ることに成功すると、他方の当事者はますます腹を立て、それを補う方法を探し始める。すべての発言や行動は、それが行為者の評判や相対的な立場にどのように影響するかという点で、さらに重要性を増していく。譲歩や弱さと見られるようなことをするのは危険なので、どちらの側も厳しい対立を避けようとする。議論は、融通の利かない立場がぶつかり合うディベートに変わる。しかし、第2段階では、共通の目標や利益に向けた取り組みはまだ一部であり、協力と競争の間を行き来する傾向がある。

不信感が募ると、不安感やコントロール不能感が生じる。これを補うために、当事者は正義感や強さなどの自己イメージを強調するようになる。この段階での攻撃的な行動は、主に自尊心を高め、相手に印象を与えるためのものである。相手をコントロールしようとする真摯な努力は、その後のエスカレーションの段階に属する。

イライラするような経験から、緊張感が高まり、それが爆発的に放出されることが多くなる。このような行為は、圧力を逃がすための弁の役割を果たすが、実際の問題解決にはつながらない。相手の経験が繰り返されると、典型的な行動パターンのイメージが形成される。しかし、これらのイメージはまだステージ4の敵のイメージほどグローバルでステレオタイプなものではない。

ステージ3の閾値は、お互いの関心事について話を聞くという各当事者の基本的な権利に関連している。一方の当事者が、これ以上話し合っても無駄だと感じ、相手に相談せずに行動を開始すると、紛争はステージ3に移行する。

ステージ3 言葉ではなく行動

ステージ3では、これ以上話し合っても解決しないと考え、行動に移す。共通の関心事や協力再開の見通しは影を潜め、お互いを競争相手として見るようになる。相手に阻まれているという感覚が最も強く、自分と相手との間の依存関係が非常に厄介に感じられる。そこで敵対者は、相互依存関係を一方的な依存関係に置き換えて、相手を支配できるようにしようとする。この段階での最も重要な目標は、相手の目標達成を阻止し、自分の利益を押し通すことである。

一方的に行動することで、相手を屈服させたいと考えているが、相手からの圧力に屈服している姿を見られるのは絶対に避けたいと考えている。口頭で言われたことが信用できなくなると、行動や非言語的なコミュニケーションが出来事の流れを支配するようになる。これは、エスカレーションのプロセスを加速させる傾向がある。

各当事者の中では、共通の態度や解釈に従わなければならないという圧力が高まる。イメージ、態度、解釈は、最も単純な共通項に還元される傾向があり、それは広範囲にわたる差別化の喪失につながる。一体感や苦境を共有しているという感覚が強くなり、相手の懸念や視点に共感する能力がさらに低下する。言葉によるコミュニケーションが減り、信頼できないため、お互いの行動パターンや推定される意図について当事者が作り上げたステレオタイプのイメージや解釈について、真のフィードバックを得る機会がほとんどない。考えられる動機や隠された戦略についての空想は、チェックされずに発展する可能性がある。

真の意味での言葉によるコミュニケーションの可能性が限られているため、閉塞感はさらに高まる。当事者は、自分がコントロールできない外部環境の虜になっていると考えるようになる。そのため、出来事の経過に対する責任を否定する傾向がある。自分たちの行動の大部分は、相手の行動に対する必要な反応とみなされるようになる。

ステージ4への敷居は、相手の社会的評価、一般的な態度、地位、他人との関係に対するベールに包まれた攻撃である。「否認可能な懲罰行動」(下記参照)は、ステージ4に陥る特徴的な兆候である。

ステージ4 イメージと連合

ステージ4では、対立はもはや具体的な問題ではなく、勝利か敗北かということになる。自分の評判を守ることが大きな関心事となる。

ステージ2と3で進化した「典型」は、今では統合され、補完されて、相手に対する本格的な一般的で一貫したイメージになっている。これらのイメージは、ステレオタイプであり、非常に固定的で、新しい情報による変化に非常に強い。このようなイメージは、環境から何を期待できるかを知るという、オリエンテーションの感覚を与える重要な役割を果たす。紛争当事者は、相手側のメンバーとイングループのメンバーの両方に集団的特徴を帰属させ始める。特定のグループに属しているという理由だけで、個人が特定の特性(信頼性がない、無能、ボス性など)を持っていると認識される。

否定的な他者像は、偏見や動機・意図の帰属からなるが、第5段階のように、正当に扱われるべき人物としての相手の基本的な道徳性を否定するには至っていない(以下参照)。否定的なイメージは、当事者が出会うたびに視界を占めるスクリーンになっている。これらのスクリーンは、当事者がお互いの本当の複雑さと個性を見るのを妨げる。どちらの側も、相手から提示された自分のイメージを受け入れることはできない。相手のイメージは激しく拒絶されるが、同時に各当事者は自分の他者イメージを相手に認めさせようとする。第4段階のダイナミクスの顕著な症状は、ファシリテーターに質問されたときに、相手のポジティブな性質を言及するのが難しいことである。相手は教育を受けていないと思われているのである。「そういう人は変われない 」と。

また、ステレオタイプの力は、それぞれの当事者に与えられた役割に適合しなければならないという微妙なプレッシャーにもつながる。このような行動の期待から逃れるのは非常に難しい。両者とも、自分の行動は相手の行動や意図に対する反応であり、対立がさらにエスカレートすることに責任を感じていないと感じるようになった。

相手に危害を加えるために、行動規範の隙間を見つけようとする努力が相互作用に浸透している。ルールは形式的に守られているが、非友好的な行為から逃れるためのあらゆる機会が利用される。この段階でのやりとりの典型的な形態は、「否認可能な懲罰行動」である。相手は挑発され、侮辱され、批判されるが、形式的にはエチケットを侵害しない形である。暗示、曖昧なコメント、皮肉、ボディランゲージなどで打撃を与えることができるが、加害者は異議を唱えられれば、意図したものではないときっぱり否定することができる。しかし、相手はそのことを率直に話すことができないため、報復行為が行われる可能性が高い。このように、攻撃がベールに包まれていることで、公衆の面目を失うような劇的な事態は避けられる(ステージ5参照)。

この段階では、当事者は積極的に傍観者の支持を得ようとする。他者の目に映る自分のイメージを高めるための行動が計画され、実行される。また、当事者は支持者を募るために、意識的に公共の場で対立を演出しようとする。

紛争の活動は、問題に関連した結果を得ることよりも、相手に影響を与え、権力闘争で優位に立つことに焦点が当てられるようになる。相手のアイデンティティ、態度、行動、立場、人間関係などが攻撃の対象となる。紛争の原因は、相容れない立場という観点からではなく、相手の性格そのものに根ざしていると考えられるようになる。

第5段階への限界は、一方または両方の当事者が公的に面目を失うことにつながる行為によって構成される。誰かの基本的な名誉が何度も故意に、特に公共の場で傷つけられた場合、その争いはステージ5に移行する可能性が高い。

ステージ 5 面目丸つぶれ

ステージ5への移行は特に劇的である。「面目」(face)という言葉は、人のコミュニティにおけるその人の基本的なステータスを意味する。立派な市民とみなされている限り、その人は無傷の「面目」を持ち、公正な扱いと尊敬を受ける権利がある。「面目」は、グループのメンバーが、その人が持っている基本的なステータスに挑戦するようなあからさまな行動を避けることによって再現される。「面目」は、私的なゴシップや個人的な意見ではなく、公的な出来事によって傷つけられる。面目を失うということは、紛争当事者が、突然、相手の仮面を見破って、不道徳な、非常識な、あるいは犯罪者の内面を発見したと感じることを意味する。一方の当事者が他方の当事者に対して抱いているイメージの変革は急進的である。それは、古い偏ったイメージの拡大ではなく、相手の本当の、そして全く異なる性質を突然見抜いたように感じられるのである。相手が最初から結果的に不道徳な戦略をとっていたと感じるのである。彼らの「建設的」な動きはすべて、彼らの真の意図を隠すための欺瞞に過ぎなかった。もはや曖昧さはなく、すべてが明確に見える。

そのイメージや立場は、もはや優劣ではなく、天使と悪魔のようなものである。自分の側は世の中の善良な力の代表であり、相手側は破壊的、人間以下、獣的な力の代表である。相手はもはや迷惑なだけでなく、道徳的な腐敗の化身でもある。この段階の顕著な兆候は、相手を前にして身体的な吐き気を覚えることだ。ステージ4では、相手のイメージは、相手の無能さやイライラするような行動を描く要素で構成されていた。ステージ5では、相手のイメージの中心は、相手に帰属する道徳的な劣等感である。対立はもはや具体的な問題ではなく、聖なる価値観の普及か否かについてのものである。

相手のイメージの変容は、否定的な期待と疑念の役割を劇的に増大させる。一見、建設的に見える相手の動きはすべて欺瞞として片付けられ、たった一つの否定的な出来事が相手の本性を示す決定的な証拠となる。そうなると、お互いの信頼関係を築くことが非常に難しくなる。相手の誠実さに対する最低限の信頼を確立するために必要なジェスチャーは極端になり、しばしば屈辱的に感じられる。例えば、誠実な建設的意図を証明するために、一方の側が過去の発言について公的に謝罪することを求められることがある。しかし、当事者は、そのような譲歩が弱さや罪悪感と解釈されることや、自分の公的地位がさらに低下することを恐れることが多い。このような状況では、相手を否定することが、道徳的に優位に立つための唯一の選択肢となることがある。

面目丸つぶれになった事件の後には、大抵の場合、当事者が誠実さや道徳的信頼性といった世間の評判を回復させようと献身的に努力する。このような努力は、今や紛争のプロセスを支配しているかもしれない。面目を失われ、それに続く報復行為により、紛争当事者は傍観者から孤立することが多い。これにより、紛争について和らげるフィードバックを得る機会が減り、エスカレーションのメカニズムがさらに悪化する可能性がある。

ステージ6へのしきい値は、ステージ5よりも劇的ではないと考えられる。当事者が最後通告や戦略的な脅しを始めたとき、紛争はステージ6に入る。

ステージ 6 脅しの戦略

他に方法がないと思われるので、紛争当事者は、相手を望ましい方向に向かわせるために、損害を与える行為の脅しに頼る。ステージ6の戦略的な脅しは、ステージ4で特徴的だった否定可能な懲罰行為とは大きく異なる。後者は主に鬱積したフラストレーションを発散させる機能を持っている。戦略的な脅しは、相手に一定の譲歩を強いるために積極的に用いられる。

戦略的な脅しをかけるには、3つの段階がある。

  1. 当事者は、退かないことを示すために相互に脅しをかける。脅迫する側の目的は (c) 制裁の脅しをかけることで、相手に特定の要求や規範に従わせる。
  2. 次の段階では、脅威はより具体的に、明確に、強固になる。当事者は、脅威の深刻さを高めるために、信頼性を失うことなく退くことのできない献身的な自己コミットメントを表明する。
  3. 第3段階では、脅威は最後通告として定式化され、相手はどちらか一方の決断を迫られる。

このダイナミズムの結果として、当事者はイベントの流れをますますコントロールできなくなる。自らの行動によって、迅速かつ過激に行動しなければならないという圧力が生じる。

状況の認識は、ますます現実離れしていく。脅迫する側は、自分の要求だけを見て、相手が暴力を使わないようにするために必要な抑止力として脅迫を考える。相手が圧力に屈することを期待している。しかし、脅迫された側は、脅迫が現実になった場合のダメージを考え、反撃のために結集する。無力感から恐怖を感じ、抑えきれないほどの怒りを覚えることもある。

この段階では、紛争はますます複雑化し、把握が困難になり、コントロールが不可能になる。当事者は自分の行動によって、お互いの行動に時間的なプレッシャーをかけ、それによって乱れた混沌とした環境の中で代替行動の結果を検討する可能性を狭めてしまうのである。ある程度のコントロールを保つために、各当事者は、自分たちの問題や立場を、自分たちが選んだ形で正確に処理しなければならないと主張する。

このような状況では、パニック的な衝動に支配されることが多くなる。強力な効果が期待できそうな行動はすべて魅力的である。この段階では、自分の不満をメディアに訴えることはよくあることである。

脅威の戦略を成功させるためには、信頼性が必要である。そのため、脅しをかける当事者は、相手や傍観者に、その脅しが現実であり、深刻であることを確信させる必要がある。脅威の信頼性を高めるためには、相手が譲歩しない場合に脅威を実行することを公に約束するような行動をとることがある。脅威の信頼性を高めるために、公的な宣言や小規模な攻撃的行為を行うことがある。相手はこれを相手の攻撃的な意図と能力の証明とみなし、対抗策を求める。脅威の戦略に縛られることで、当事者は代替行動を選択する自由を大きく制限される。

第6段階の深刻なリスクは、ストレス、コントロールできない攻撃的な行動、乱流と複雑さの増大により、当事者が自律的に行動する小さなユニットに崩壊してしまうことである。そうなると、主要な関係者の間で拘束力のある協定を結んでも、破壊行為を止めることはできない。

ステージ7への敷居は、脅しが実行された場合に起こりうる結果への恐れである。当事者が積極的に相手の制裁可能性を傷つけようとすると、紛争は第7段階に移行する。脅威戦略は、当事者が「脅威が抑止力になるかもしれない」と考えている限り、機能する。しかし、ステージ6の内部ダイナミクスは、当事者が脅威を行動に移すように仕向ける。

ステージ7 限定的な破壊的打撃

ステージ6の脅しは、当事者の基本的な安心感を損なう。今、彼らは相手が非常に破壊的な行為を行うことができると期待している。自分のさらなる生存を確保することが重要な関心事となる。相手を含めた解決策を考えることはもはや不可能である。相手は障害物とみなされ、相手を傷つけようとする標的攻撃によって排除しなければならない。相手はもはや純粋な敵であり、人間性を持っていない。人間としての尊厳はなく、敵はただの障害物となっている。これは、何をすべきかを議論する際に、「排除」や「絶滅」といった言葉を使うことにまで及ぶかもしれない。

攻撃の対象は、相手の財源や法人格、管理機能を破壊したり、弱体化させたりするなど、敵の制裁の可能性を狙ったものである。恐怖とストレスが強引な攻撃につながり、相手からは極端だと思われたり、少なくとも大きく誇張されたりする。攻撃は報復につながり、さらに破壊的なものになることが多い。イライラした状況では、攻撃することで自分は力があり、コントロールできるという感情が生まれ、二次的な利益を得て、さらにエスカレートしていく。相手の損失は、自分の利益やニーズの観点からは何の利益にもならないにもかかわらず、利益として計算される。当事者は、敵がさらに大きな損失を被るという見通しさえあれば、損失を被ることを覚悟するかもしれない。悪意が強力な動機になるかもしれない。

目的は、相手の火力を無力化して、自分の生存を確保することになる。より長期的な視点で相手をブロックする能力を確保するために、優位性が求められる。

もはや真のコミュニケーションはない。ステージ6では、脅威の戦略は少なくとも最低限のコミュニケーションの上に成り立っている:相手が最後通告を拒否するか受け入れるかを知る必要がある。第7段階では、各当事者は自分のメッセージを表現することにのみ関心があり、それがどのように受け取られるか、あるいはどのような反応があるかについては気にしない。脅しの後、すぐにコミュニケーションが中断されるのは、ステージ7のダイナミクスの兆候である。

この段階では、倫理的な規範は、より差し迫った問題の下に置かれる。以前の段階では、当事者は規範の隙間を利用していたが、今では面倒であれば脇に追いやられる。これは戦争であり、通常のルールは適用されない。

当事者たちは、もはや勝つことは不可能だと考えている。負け犬の遠吠えである。生き残ることと、相手から受けるダメージを少なくすることが主な目的である。

ステージ8への限界は、相手のコアを直接狙う攻撃、つまり敵を粉々にしたり、重要なシステムを破壊することを目的とした攻撃である。

ステージ8 敵の断片化

この段階では、攻撃が激化し、敵の重要なシステムやパワーの基盤を破壊することを目的とする。具体的には、相手を無力な断片にしたり、相手の意思決定能力を破壊したりすることが目的となる。交渉人、代表者、指導者を標的にして、自陣での正当性と権力を破壊することもある。相手側の一貫性を保つシステムが攻撃され、相手側のアイデンティティそのものが崩れて、自らの内部矛盾や固有の遠心力によって崩壊することが期待される。

ある政党が粉々になるような攻撃を受けると、その政党は内部の対立を抑えるために強い努力をせざるを得なくなる。そうすると、党内のストレスや内圧が高まり、さらに相手を攻撃しなければならないという圧力が強くなる。そうなると、党派がバラバラになり、お互いに争うようになり、事態は完全にコントロールできなくなる。

相手側への攻撃は、すべての生命の兆候を対象としている。相手の存在基盤を破壊することが最大の目的となる。唯一の抑制要因は、自分の生存への関心である。

ステージ9への限界は、自己保存の欲求を放棄したときに到達する。そうなると、それ以上の破壊行為には全く歯止めがかからなくなる。

ステージ9 共に奈落の底へ

紛争拡大の最終段階では、敵を殲滅しようとする欲求があまりにも強く、自衛本能さえもおろそかになる。自分の生存すら危ぶまれ、組織・集団・個人としての自分の存在意義を破壊してでも、敵を殲滅しなければならない。破滅、破産、懲役刑、肉体的被害、もはや何も問題ではない。

すべての橋は燃えてしまい、戻ることはできない。良心の呵責もない破壊の総力戦が繰り広げられる。罪のない犠牲者も、中立の立場の人もいない。奈落の底へと向かうレースの中で、唯一残された関心事は、敵も一緒に落ちることを確認することである。

巻末資料

グラスルの最新作には英語版がある。Confronting Conflict (Bristol: Hawthorn Press, 1999. ISBN 1 869 890 71X)では、グラスルのエスカレーションモデルの縮約版が提示され、工場と学校での紛争という2つの事例で説明されている。しかし、紛争エスカレーションモデルの完全版は、ドイツ語でしか出版されていない。グラスルのKonfliktmanagementの最新版(第6版)は1999年に出版されている。

グラスルの本の書評が次のように掲載されている。

‘F. Glasl: Konfliktmanagement. Ein Handbuch für Führungskräfte, Beraterinnen und Berater,’ review by Thomas Jordan in International Journal of Conflict Management, vol 8:2, 1997, pp.170-174.

グラスル自身が書いたエスカレーションモデルの英語での要約は、次のように出版されている。

GLASL, F. (1982) ‘The process of conflict escalation and roles of third parties,’ in G. B. J. Bomers and R. B. Peterson, (eds) Conflict management and industrial relations, (pp. 119-140) The Hague: Kluwer Nijhoff Publishing.

略歴

トーマス・ジョーダンは、スウェーデンのヨーテボリにある人間・経済地理学部の研究員で、紛争解決のコースを教えている。

「いいね」ボタンを設置しました。
良かった記事に  して頂けると嬉しいです。記事作成・構成の参考にします。
いいねランキングはこちら

備考
機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、画像は原文と異なることがあります。
翻訳ソフト:DeepL /文字起こし:Otter 
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました