7. 危機(経済・環境・国際)ガーデニングロバート・マローン

2022年に向けて準備をしよう Robert Malone

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Get Prepared for 2022

rwmalonemd.substack.com/p/get-prepared-for-2022?s=r

#standwithUkraine

ロバート・W・マローン医学博士、MS

一応、言っておくが、我々は皆、#standwithUkraine(ウクライナとともに)をすべきだと思う。とはいえ、米国も世界も暗黒の時代に突入し、この戦争の終わりはまだ見えていない。

では、これからどうするのか?これから数日、数週間、数カ月、ロシアとウクライナに何が起ころうとも、状況は悲惨であることは分かっている。破壊、負傷、死亡を聞いて心が痛むと言う以外、私はここでこの問題にこれ以上立ち入るつもりはない。関係するすべての人々にとって恐ろしいことだ。

ご存知の方もいらっしゃると思うが、ジルと私は2020年のCOVID-19アルファ株で供給不足が起こることをかなり前から予測していた。 そして、現在の経済状況とロシア・ウクライナの混乱により、さらなる供給不足と一般的な経済的困難が起こる可能性が高いことを認識する必要があるという結論に達した。

まず、最初に。このロシア・ウクライナ戦争がアメリカ人にどのような影響を与えるかについて説明しよう。

ロシアはヨーロッパで第5位、名目GDP(国内総生産)で世界第11位、PPP(購買力平価)で第6位の経済規模を持つ国である。ロシアの輸出品トップ10を紹介しよう。

  • 1. 石油を含む鉱物性燃料 1,413億ドル(総輸出額の42.1%)。
  • 2. 宝石、貴金属:304億ドル(9%)
  • 3. 鉄鋼:160億ドル (4.8%)
  • 4. 穀物類:95億ドル (2.8%)
  • 5. コンピュータを含む機械類:83億ドル(2.)
  • 6. 木材:82億ドル(2.5)
  • 7. 肥料:70億ドル(2.1)
  • 8. 銅:56億ドル(1.7%)
  • 9. アルミニウム:55億ドル(1.6)
  • 10. 魚:46億ドル(1.4)

つまり、ロシアからの輸出のトップ10は、これらの製品ということになる。

これは全輸出品目の75%弱にあたる。つまり、例えばアルコール(ウォッカ)は入っていないなど、小さなものがたくさんある。

ロシアへの輸入のトップは、自動車(110億ドル)包装薬(102億ドル)自動車部品(82億1000万ドル)放送機器(67億5000万ドル)飛行機、ヘリコプター、宇宙船(48億1000万ドル)である。

ロシアは主に中国(471億ドル)ドイツ(300億ドル)ベラルーシ(134億ドル)米国(92億1千万ドル)イタリア(87億9千万ドル)から輸入している。ロシアの経済規模を考えると、これらの輸入額はそれほど大きくはないように思われる。特に、中国が制裁に加わるかどうかが現時点では不明であることから、今回の制裁はロシアにわずかな影響しか与えないと考えることができるのではなかろうか。中国はメディアを厳しく統制しているが、表明されているのは、「特別軍事作戦」(彼らの言葉)の終了を交渉する上で特別な役割を果たすと考えていることだ。

また、戦争や制裁の気まぐれを満たすために、輸送が急転直下することがないことも知っている。

ウクライナの経済規模は190カ国中64位である。つまり、ロシアよりずっと小さい。ウクライナの輸出品トップ10を紹介しよう。

  • 1. 穀物類。94億ドル(総輸出額の19.1%)
  • 2. 鉄、鋼:77億ドル(15.6%)
  • 3. 動物性/植物性油脂、ワックス:58億ドル(11.7%)
  • 4. 鉱石、スラグ、灰:44億ドル(9%)
  • 5. 電気機械、設備:25億ドル(5.2%)
  • 6. コンピュータを含む機械類:19億ドル(3.9%)
  • 7. 油糧種子:18億ドル(3.7)
  • 8. 食品産業廃棄物、動物飼料:16億ドル(3.2%)。
  • 9. 木材:14億ドル(2.9%)
  • 10. 鉄鋼製品:8億7780万ドル (1.8%)

木材、石油、貴金属、鉄、穀物など、いずれの国にも起因する供給障害により、世界的な需要の高まりが予想される。多くの品目の供給と価格設定に影響が出ることは間違いない。これは、さらなるインフレを意味する。

金利が上昇し、ロシアと世界の木材・金属が不足する中、1)新築住宅のコストが上昇する、2)住宅ローン金利は人為的に低く抑えられていない限り上昇する、3)住宅市場は不安定になり、多くの人が今は新築住宅を購入する時期ではないと認識する、と考えてよいのではなかろうか。連邦政府は、連邦レベルの低金利融資制度を継続し、住宅産業を人為的に支援するよう圧力を強めていくだろう。しかし、インフレ圧力により、連邦政府はそのような低金利融資を支えるためにお金を刷りたくはないだろう。そのため、どうすべきかについて多くの意見が出され、Catch-22の状態に陥ることになる。

小麦やトウモロコシの不足を想定すれば、その結果生じるインフレ圧力は、食卓に並ぶ穀物やパンの価格に影響を与えるだけではない。これらの価格上昇は、肉類の価格にも影響を与えるだろう。牛肉、豚肉、鶏肉由来の食品が不足し、大幅なコストアップになることが予想される。つまり、冷凍食品からペットフードまで、あらゆるものが値上げされることになる。また、馬用の穀物や一般畜産物の価格も上昇する。

そして、EU(欧州連合)である。輸送を含む資源がウクライナ支援のために流用されるだろう。EU諸国が普段ロシアから調達している石油やガス(その他の品目も)が不足すると、製造、輸送、暖房など、石油系エネルギーに依存するあらゆるものに支障をきたすだろう。自動車やコンピュータの部品が一つでも手に入らなければ、その品物を製造することはできないことを忘れてはならない。例えば、コンピュータのチップのように(台湾の例だが、それはまた別の話)。

つまり、品不足と大量の品不足、そしてさらなるインフレ圧力が予想される。

平常心バイアスとは、災害に直面したときに陥る心理状態のことだ。災害が発生する可能性やその影響を過小評価してしまう。その結果、人々は災害に対する十分な備えをすることができず、より大きなスケールでは、政府が災害に対する備えを国民に課すことができない事態を招く。- ウィキペディア


以下、ジルと私は非常に基本的なアドバイスをしているが、そのうちのいくつかは我々自身が今実践していることだ。これは、我々がCOVID-19の影響を予期していたのと同じように、我々が考えている実践的な内容である。我々の意図は、友人や隣人が自分自身を準備し、保護するのを助けることだ。このリストにあるような極端な対策については、(個人的には)「様子見」モードである。

重要なのは、世界の大きな流れを認識し、自分自身の判断で行動することだ。レガシー・メディアが何を考え、どう対応すべきかを教えてくれるのを当てにしてはいけない。この2年間で学んだことは、レガシー・メディアは真実を伝えることを信頼できないということだ。彼らは、政府(あるいは世界経済フォーラム)が望むような形で、あらゆることを言い繕うだろう。しかし、事態が悪化した場合に備えて、少し時間をかけて、資源を投入し、準備をすることは、家庭や農場での良い習慣になると思う。

我々が見ているすべての情報は、歴史的なレベルのインフレが続き、さらに加速する可能性があることを示唆している。つまり、今日貯めた1ドルは明日には価値が下がるということだ。支配者たちは、政治的な目的のために、現在の不換紙幣を基盤とした銀行・金融制度を武器にすることに何の問題もないことが分かっている。正直なところ、この農場では、財務管理に関して何をすべきか悩んでいる。そこで、いつものように、グローバルに考え、ローカルに行動することを心がけている。我々の場合は、フェンスや建物など農場のインフラを、地元の製材所や熟練した労働力を使って整備することに資金をつぎ込んでいる。皆さんも、ご自身や家族がどのような計画を立て、適応していくべきか、ご自身で考えてみてはいかがだろうか。

我々の「備え」リスト

  • ガソリンやディーゼルを入れた車を近くに置いておく。燃料の価格は上昇し、入手可能性は低下するだろう。
  • あなたがあなたの田舎の農場のためのディーゼルタンクを持っている場合、それを充填しておく。
  • 液体石油を持っている場合は、タンクを十分に蓄えておくこと。また、もしあなたが
  • バーベキューは、タンクを満タンにしておくか、炭を常備しておくとよいだろう。そうすれば、調理や湯沸かしの方法がある。
  • 暖炉がある場合は、薪や燃料を用意しておくとよいだろう。
  • 発電機がある場合は、それが正常に作動し、燃料があることを確認してほしい(地方の方の場合)。
  • 今こそ、お金を賢く使う時である。インフレが進んでいるが、何らかの形で流動資産として貯蓄しておくと安心である。金融の専門家である友人たちは、大きな経済的混乱が起こる可能性があり、そのような状況(たとえばウォール街の暴落)では、現金が王様になると助言している。
  • 中古の購入も検討する。特に大きなものは。
  • バックアップ体制を整える。データストレージ(ディスクドライブ、icloudなど)。インターネットの混乱に備える。
  • 車の価格が下がることを期待しない – 新車の入手性は低い状態が続く .
  • コンピュータ、機械、電子機器、自動車部品などのサプライチェーンや供給は、(今以上に)混乱するだろう。
  • 家に現金を少し置いておく。
  • 信用を高め、カードの残高を少なくしておく – 景気が悪くなると、ローンが組みにくくなる。
  • 飛行機のチケットは値上がりする。今後の旅行がわかっている場合は、今すぐ予約しよう。
  • 基本的なものはしっかりストックしておく。少なくとも2週間、それ以上快適に暮らせるような物資を確保してほしい。
  • 輸入品については、手に入りにくくなることを覚悟して、可能な限り買いだめしたり、代用品を探したりして調整しよう。我々の例では、トラクターの部品のサプライチェーンが問題になっている。
  • もしあなたが “プレッパー “であるなら、今が見直すべき時かもしれない。
  • 家の中に水を確保しておく。電力網の問題は、どこで、どれくらいの期間発生するかは不明だが、予想できるし、そうすべきである。私にとっては、人と動物のために3日分の飲料水を用意しておくということだ。また、トイレを流すためのバケツや水源を家の近くに置いておくる。
  • このように、基本的なものは手元に置いておき、ブラックアウトやブラウンアウトに備えるのである。起こるかもしれないし、起こらないかもしれないけれど、準備はしておくことだ。
  • 代謝を良くすること。つまり、体重を減らすことと、運動量を増やすことだ。
  • ビタミンD3(血中濃度が十分に高いことを確認してほしい)亜鉛、そして良質なマルチビタミンが重要だ。入門書が必要な方、岩の下で生活していた方は、FLCCCのウェブサイトで詳細を見てほしい。
  • 処方箋や薬の残量を減らさないようにしよう。
  • 病院ではなく、緊急医療センターを利用する。1) 待ち時間と費用が一般的に安い。2) COVIDポリシーはまだ有効である-病院はまだ安全な場所ではないので、急病でない限り避けるべきである。幸いなことに、アメリカでは代替医療を受ける選択肢がたくさんある。健康でいることは、病院に行かないための最良の方法である。
  • 代替となるニュースソースを探す。一つの情報源に頼らないでほしい。
  • アメリカ政府は、ストレスが溜まるとプロパガンダを垂れ流してくる。「批判的な耳」を持って耳を傾け、ほとんどのソーシャルメディアや検索エンジンの客観性が損なわれていることを覚えておくこと。
  • ほとんどのメインストリームメディアは政府のスパイが入り込んでいる(これについてはGlenn Greenwaldの記事を参照のこと)。メディアが報道する内容は正確でないことが多く、少なくとも不完全なものである。バノンのwar roomと並んで、グリーンウォルドのSubstackも良い一次ニュースソースとして強くお勧めする。余談だが、アメリカの戦争プロパガンダに関する興味深い記事をこちらで読んだ
  • 余談だが、インターネットがブラックアウトやブラウンアウトした場合、多くの人がAMラジオやハムラジオの機能を構築している。現在でも、AMラジオは(メキシコなど)国外から放送されているものもあるが、他の情報源がダウンした場合、大規模な緊急時のニュースを知るには良い場所である。
  • COVIDと健康関連の情報はまだ隠蔽されている。米国政府は、製薬業界とヘルスケア業界によって完全に規制を掌握している。COVIDの主要な情報源として、主流のニュースソースに依存しないようにしてほしい。
  • 柔軟に対応しよう。
  • 地域社会 – ご近所や友人をどのように助けることができるかに目を向けてほしい。特に、高齢者、体の弱い人、孤立している人など。

最悪の事態に備え、最善を尽くすためにあなたがしていることを自由に書くこと。

今のところ、政府がそうしないと言わない限り、我々にできる最善のことは、自分の人生を生きることだ。自分の好きなことに忙しくしてほしい。ハイキングでも、読書でも、ガーデニングでも、イベントや教会、ボランティア活動でも、何でもいいのである。家族や友人から孤立しないようにしよう。他者とのつながりによって、我々は中心を保つことができるのである。マティアス・デスメット博士の教えを思い出してほしい。大衆形成の精神病の根本原因は、社会的孤立である。自由奔放な不安は、我々の健康や精神的な幸福にとって良いものではない。それは、我々が大衆形成の催眠の魔法にかかる方法なのである。だから、自分の人生を生きよう-ただ、どんな悪いことが起きてもいいように、もう少しだけ覚悟を決めよう。

あなたの家族や友人のために、そのようなリーダーになろう。つながっていよう。強くあれ。中心を保つ。覚悟を決める。そして、元気でいること、友よ。

タイトルとURLをコピーしました