グローバルリサーチ

ドイツ政府、コビッドワクチンで5,000回に1回の割合で重篤な傷害を引き起こすことを認める – しかし、独自のデータでは、実際の回数は300回に1回であることが判明
German Government Admits COVID Vaccines Cause Serious Injury for One in 5,000 Doses – But Its Own Data Show the Real Rate Is One in 300 Doses

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

「」

ドイツ政府は2日、コビッドワクチンが5,000回に1回の割合で深刻な副作用を引き起こすことを公に認めた。

厚生省のツイートにはこう書かれていた(Google翻訳による)。「5,000人に1人がCOVID19 #ワクチン接種後に重篤な副作用に罹患しています。もし #副作用 が疑われる場合は、医師の診察を受け、症状を@PEI_Germany に報告してください。」 とある。

その後、この数値は報告率に関するものであり、個人ではなく線量に関するものであるとの訂正を加えた。”訂正だ。PEI_Germanyによると、重篤な反応の報告率は、ワクチン1,000回接種あたり0.2報告とのことだ。”その後、元のツイートは削除され、訂正版がアップされた。

これは政府からの異例で歓迎すべきことであり、おそらく政府が新型コビッドワクチンによる傷害の規模を適切に認識し始めたのだろう。

しかし、5,000人に1人という数字は確かに低い方だ。訂正ツイートでは、重篤な副作用の報告率であることが明らかにされており、PEIのウェブサイトを見る限り、ドイツのイエローカードやVAERSの受動報告システムに相当する有害事象報告率を指しているようだ。仮にこれが正しいとすると、10倍程度の過少報告率が予想され、本当の重篤な副作用の数は10倍以上である可能性があるということになる。

ドイツは、実はワクチンの安全性をモニタリングすることに長けている。ドイツの医薬品規制当局であるPEIは、受動的な報告システムに加え、SafeVac 2.0という能動的なワクチン安全性モニタリングアプリを運営している。このモニタリングアプリのデータは、先月発表されたワクチンの安全性に関するヨーロッパ全体のレポートに含まれており、ドイツのワクチン接種者の0.3%が、初回接種の際に少なくとも1つの重篤な副作用を報告していることが示された。この報告書にはこう書かれている。

COVID-19ワクチンの初回投与を受けたドイツの参加者520,076人のうち、1,838人(0.3%)が少なくとも1つの重篤な副作用を経験したと報告している。BioNTech/Pfizerとモデルナの投与を受けた合計1,191人(0.2%)と39人(0.2%)が重篤な副作用を経験したと報告し、AstraZenecaの投与を受けた608人(0.7%)が重篤な副作用を経験したと報告している。

このドイツの数字は、ヨーロッパ全体の割合と一致しているとのことだ。

「サイト全体で0.2-0.3%が、初回および/または2回目の投与後に少なくとも1つの重篤な副作用を報告している。」

しかし、0.3%という数字は、ツイートで引用されている1,000人あたりの0.2%(すなわち0.02%)の15倍であることに注意したい。もしツイートの数字が、私が疑っているように、パッシブ・レポート・システムからのものであれば(ツイートは読者をPEIのパッシブ・レポート・ポータルに誘導しているので、その可能性は高いと思われる)、これは15倍の過小報告率となり、ほぼ予想通りである。

しかし、ではなぜドイツ政府は、ワクチンの副作用に注意を喚起する際に、最先端のワクチン安全性モニタリングツールによる0.3%という数字ではなく、0.02%という数字を使うのだろうか?その疑問は、自分では解決していないと思いたい。

SafeVac 2.0のデータを見つけるのは簡単ではなかった。PEI のウェブサイトをいくら探しても見つからず、もしあったとしても、どこにも見当たらなかった。結局、一般的なウェブ検索で、上記のヨーロッパ全体の研究の中に組み込まれているのを見つけることができた。

ドイツでは以前から、ワクチンの重篤な副作用の発生率が高いことを懸念する声が上がっていた。5月、ワクチンの安全性に関する別の研究を主導している科学者のHarald Matthes教授は、彼のデータによると、ドイツでは約0.8%のワクチン接種者が深刻な副作用に悩まされていると述べた。これは国際的な証拠と一致しており、彼らを助けるためにもっと多くのことがなされる必要がある、と彼は言った。

この数字は驚くべきものではない。スウェーデン、イスラエル、カナダなど他の国々で知られていることと同じである。ちなみに、ワクチンの製造会社でさえ、すでに同じような数値を研究していた。…..重度のものも含めて、ほとんどの副作用は3〜6ヶ月で治まり、80%は治る。しかし、残念ながら、もっと長く続くものもある。

ドイツでは、コビッドワクチン接種後に重篤な副作用を示す症例が約50万件もあることを考えると、私たち医師は行動を起こさなければならないのである。私たちは治療の申し出に応じ、反ワクチン派と見なされることなく、学会や公の場でオープンに議論しなければならない。

ドイツの大手保険会社の役員も2月に、自社のデータではワクチンの重篤な損傷はドイツ政府の報告の約10倍で推移していると発言している。

その他、イスラエル政府の調査では、ワクチン接種者の0.3%がコビッド接種が原因で入院したと報告し、米国CDCの調査ではワクチン接種者の0.9%がワクチン接種が原因で医療機関を受診したと報告している。

では、そのエビデンスは一貫しているかというと、そうではない。ワクチン接種を受けた人の0.3-0.9%(その割合は接種回数によって異なる)が、医療処置や入院を必要とするようなワクチンに対する重篤な反応を起こすということだ。

これらのデータは、インフォームド・コンセントを得る一環として、もっと広く公表されるべきである。コビッドワクチンを接種するすべての人は、重篤な副作用の発生率が300回に1回程度(年齢や性別によって異なる)であることを書面で知らされるはずである。このような頻度は、現在の表示のように「まれ」ではなく、「まれ」と呼ぶのが適切であることに留意してほしい。もちろん、これはワクチンとしては極めて高い頻度であり、特に若い年齢層に対しては、ワクチンを承認すべきかどうかという重大な問題を提起するものである。

このように、深刻なワクチン反応に関する政府独自のデータであることを知る人はほとんどおらず、政府もそれを伝えようとする明らかな努力はしていない。

だから、ドイツ政府がワクチンの重大な副作用に対する認識を高めるために実際に何かをしてくれたことに、1つのエールを送りたい。しかし、次回は、15倍も小さい数字ではなく、実際のデータを使ってほしいものだ。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました