COVID-19およびSARS-CoV-2ワクチン接種後の機能性神経障害について
Long-COVIDの機能発現は、ワクチン接種後の効果とは異なる

Long-COVID/後遺症ロバート・マローンワクチン後遺症

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Functional neurological disorders after COVID-19 and SARS-CoV-2 vaccines

rwmalonemd.substack.com/p/functional-neurological-disorders

この記事は、についてのMedpage Todayの COVID-19感染またはワクチン接種後の機能的神経障害を詳述した重要な研究レビューにリンクされている。 私は通常、Medpage Todayの記事をわざわざ再掲載することはない。なぜなら、彼らは疑似mRNAワクチンについて発言した医師や科学者に対して極端な偏見を抱いているからだ。今日、私は例外を認める。なぜなら、彼らは偏見なくこのレビューを掲載したからだ。

この記事の大半は有料なので、ここでは教育目的でのみ一部を掲載している。

以下のMedpageの記事の副題に注目してほしい(「Long-COVIDの機能症状はワクチン後の影響と異なる」)。本文中でMedpageは、ワクチンによる有害事象が以前考えられていたよりも一般的であることを実際に認めているのである! これは、医師の教育を目的とした医学雑誌からの誤った情報の流れが減ってきている証拠なのだろうか? 期待するしかないのだが…。

私の経験では、ワクチン接種後の痙攣は、耳鳴り(耳鳴り)とほぼ同じ頻度である。この何気ない観察に基づくと、ワクチン接種後のFNDはかなり一般的で、(もし本当なら)人口の大部分に長期的な神経学的影響が予測されるのではないかと思う。

COVID感染、ワクチン後の機能性神経障害の出現 – Long-COVIDの機能発現は、ワクチン接種後の効果とは異なる

2023年3月24日、Medpage Today

SARS-CoV-2感染後の機能性神経障害(FND)患者は、コロナワクチン後のFND患者と症状が異なることが、レトロスペクティブデータから明らかになった。

マドリッドのHospital Universitario Ramón y CajalのAraceli Alonso-Canovas医学博士と共著者によると、post-COVIDのFND患者は、高齢で、より遅発性で、障害度が高い傾向があった。

コロナワクチン接種後のFNDは、より古典的なFNDに近く、若く、急性に発症し、振戦が最も多い表現型であったと、研究者はJournal of Neurology, Neurosurgery & Psychiatryに報告した(新しいタブまたはウィンドウで開く)。

Alonso-Canovas氏は、MedPage Today誌に、「COVID-19感染やワクチン後のFNDは、これまでの報告よりも多く、異なる臨床プロファイルを持つという多施設共同全国調査による証拠を初めて示した。この結果は、post-COVIDの神経症状を持つ患者を診断する際に、FNDを考慮する必要性を指摘するものである」と、彼女は付け加えた。

「Long-COVIDは包括的な用語であり、多くの異なる状況を考慮する必要がある」とAlonso-Canovasは述べている。「神経症状がある場合、FNDを除外するために、注意深い病歴と検査が必須である」それは、治療可能な可能性のある、よく定義された臨床症状だからだ。

FNDは、重大な構造的脳損傷を伴わない、脳信号の異常によって引き起こされる障害を指す。FNDは、10万人あたり年間4~12人に発症すると推定され、神経内科の外来患者の約6%を占めている。

ワクチン接種がFNDの引き金になることもあるし、感染症を含む他のストレス要因も同様である。専門家は、FNDを持つ人の中にはCOVIDの長期服用者がいる可能性があると主張しているが、評価する研究はほとんど行われていない。

「神経学的検査でこれらの特徴を探らなければ、診断が見落とされる」とEspayはMedPage Todayに語った。 「治療上の意味を考えると、Long-COVIDの機能的サブタイプを確認することは必須である」

表現型は、FND患者の65%が純粋な運動型、32%が混合型感覚運動型であった。1名の患者は孤立性感覚症候群であった。疲労(72%)、疼痛(57%)、認知障害(30%)が一般的であった。

post-COVID群の人々は、年齢が高く(ワクチン後群の46歳に対して35歳)、障害も高かった(それぞれ76%対31%)。また、COVID接種後群では、男性が多く(24%対15%)、心理的困難を抱えたことのある人が多く(50%対23%)、突然のFND発症が少ない(38%対62%)傾向にあった。

ポストCOVID群では、58%が以前にLong-COVIDの診断を受けており、87%の患者で回復期内にFND症状が始まった。ワクチン接種後群では、ほとんどの症例でワクチン接種後1週間以内にFND症状が始まった。

全体として、22人のFND患者(48%)が精神科または心理学の専門家による治療を必要とし、15人(33%)が理学療法を必要とし、1人が言語療法を必要とした。発症から平均14カ月の追跡調査の結果、46%が改善、39%が安定したまま、9%が悪化した。3名の患者は診断後、フォローアップが不可能であった…。


実際の科学論文も読者の興味を引くと思うので、そのハイライトを以下に掲載する。なお、本記事は有料である。

COVID-19およびSARS-CoV-2ワクチン接種後の機能的神経障害:全国多施設共同観察研究

BMJジャーナル「Journal of Neurology, Neurosurgery & Psychiatry」

(この記事の大半は有料なので、ここでは教育目的でのみ一部を掲載している)。

はじめに

機能性神経疾患(FND)は、神経内科を受診する際の一般的な原因である。解離性発作、運動障害、認知障害が主な表現型である。診断は、臨床検査で注目される身体的徴候の矛盾、不調和、変動性というポジティブな条件で行われる。FNDの発生と永続には、異常な感情処理と期待が関与している…

SARS-CoV-2ワクチンの開発にあたり、ワクチン接種後にFNDを発症した症例がいくつか発表され、機能神経学会からも公式に警告が出された。また、COVID-19後症状(Long-COVID-19と呼ばれている)は、神経内科の受診理由としても頻繁に見られるようになった。これらの患者では身体症状障害が多く、社会経済的に大きな影響がある可能性が考えられる。

私たちの経験では、FND患者の一部は、COVID-19の感染やワクチン接種との関連性を示すことがある。ここでは、COVID-19またはSARS-CoV-2ワクチンが主な発症要因であったFND患者のコホートについて報告する。

メソッド

FNDに特別な関心を持つ8つの三次大学病院において、観察的な後方視的分析を行った。電子カルテ(2020年3月~2022年11月)をレビューし、新型コロナウイルス感染症(Co-FND)またはSARS-CoV2ワクチン(Va-FND)後に発症したFNDが記録された。FNDの診断は、臨床歴と検査での運動・感覚陽性徴候に基づき、専門家によって行われた。したがって、解離性発作、認知障害、PPPDのような孤立した表現型は除外された。障害とは、現役の被験者では症状による休職、学生や退職した被験者では日常生活動作の障害と定義した。

結果

患者46名、女性36名(78%)、平均年齢43±13歳を対象とした。Co-FND群33名(72%)、Va-FND群13名(28%)である。表現型は、純粋な運動型が30人(65%)、混合型感覚運動型が15人(32%)、孤立型感覚症候群が1人だった。ほとんどの患者が混合運動表現型を示し、振戦/ジャークス(23人)、歩行異常が最も多かった(22人)。疲労(72%)、痛み(57%)、認知障害(30%)がよくみられた。

Co-FND群では、19名(58%)が以前にLong-COVIDの診断を受けていた。FND症状は87%で回復期内に開始した。Va-FND群では、ほとんどの症例でワクチン接種後1週間以内にFNDの症状が始まった。

22名(48%)が精神科/心理学の専門医による治療を、15名(33%)が理学療法、1例が言語療法を必要とした。発症から平均14±8カ月の追跡調査の結果、46%が改善、39%が安定、9%が悪化していた(3名は診断後に追跡調査不能)。追跡調査終了時、63%に障害がみられた。

Co-FND群とVa-FND群を比較すると、Co-FND群で年齢が有意に高く(46±12 vs 35±10、p=0.0229)、障害度が高い(76% vs 31%、p=0.0071)ことが確認された。また、男性(24% vs 15%)、過去の心理的困難(50% vs 23%)、突然の発症(38% vs 62%)の頻度が高いという傾向も見られた。

考察

今回の結果は、いくつかの理由から興味深いものである。まず、COVID-19感染後にFNDを発症した患者とSARS-CoV-2ワクチン接種後にFNDを発症した患者では、異なる臨床プロファイルが存在する可能性が示唆された。後者の特徴は古典的なFNDによく似ており、患者が若く、急性に発症し、振戦が最も多い表現型である1。 したがって、このグループのFND診断はより簡単であると考えられ、FNDの発表報告のほとんどがSARS-CoV-2ワクチンに関連していることを説明できると考えられる。 一方、COVID-19感染後のFND患者は、より高齢で、より遅発性で、より高障害の傾向があった。このことは、COVID-19感染後の多くの症状を取り巻く不確実性とともに、適切な臨床専門家がいない場合、FNDの診断をより困難にしている可能性がある。

第二に、私たちの結果は、Long-COVID診断の課題を浮き彫りにしている。この包括的な用語には、疲労、認知愁訴、痛みなど200以上の異質な症状が含まれ、これらはFNDでも一般的であり、特に私たちのサンプルでは頻度が高い。Long-COVIDは、定義、診断基準、バイオマーカー、そして明確な基礎病理を欠いている。このような不確実性の中で、COVID-19後の症状を持つすべての患者が必ずしもLong-COVIDであるとは限らないという指針が必要であり、幅広い鑑別診断を考慮する必要がある。今回の結果は、60%近くの患者がLong-COVIDの診断を受けていたことから、FNDはこの鑑別の一部であるべきであることを示唆している。ウイルス感染やワクチンは、FNDの潜在的な引き金となることが長い間認識されていた。

最後に、FNDは治療可能な障害の原因である。Long-COVIDに特異的な治療法はないため、FNDの患者を認識することは、早期治療を計画し、予後を改善するために不可欠である。診断の共感的なコミュニケーションに基づく集学的アプローチ、特定の物理的および心理的な治療法は、一部の患者の助けになるかもしれない。

本研究には、主にサンプル数が少ないことと、後方視的であることという限界がある。検査で運動または感覚の陽性徴候を示す患者のみを対象としたため、選択バイアスがある可能性がある。彼らは、高度に専門化されたリソースであるFNDクリニックから主に募集された。このことは、COVID-19感染やSARS-CoV-2ワクチン後のFNDの過小評価につながると思われる。

結論

COVID-19パンデミックは、世界的に複雑なストレス要因を導入しており、FNDの発生率の増加が指摘されている。COVID-19感染やワクチン接種後のFNDの特異的な発生はますます認識されるようになってきているが、報告不足やLong-COVIDとして誤診される可能性もある。FNDは治療可能な障害の原因であり、その早期発見は治療計画や予後の改善に不可欠である。


この論文の興味深い点は、病気とワクチンの両方がFNDを引き起こすという明らかな結果と、ワクチンがより若い患者のコホートに影響を与えるということ以外に、ジャーナルがこれらの発見にもかかわらず、ワクチンが「安全かつ有効」であると結論付ける必要性を感じなかったことである。ジャーナルによるCOVID-19ワクチンの有害事象の取り締まりの時代が、ついに終わりつつあるということだろうか。

また、FNDが過小報告されているのは、発見における医療システムのシステム的な失敗によるものであり、診断が不十分であるために治療が行われていないと著者は考えていることも興味深い。

神経症状がワクチンと関連し、かつて信じられていたよりもはるかに一般的であることをジャーナルが発表している今、人々は神経症状を論じることでガス抜きされることをやめるのだろうか。


最後に、上記の文章では、 Functional NeurologicalSocietyがFNDとSARS-CoV-2疑似mRNAワクチンについて公式な警告を発したことに触れている。この文献はその警告につながるものではなく、その文献は別の論文 “Functional disorders after COVID-19 vaccine fuel vaccination hesitancy“にリンクしている。 1年前に発表されたその論文では、著者たちは、FNDの症例はあったが、どういうわけか、ワクチン接種のためらいを生むかもしれないので、これらはあまり強調されない必要があると結論付けている。検閲とプロパガンダの観点から、この件に関する意味合いを考えてみてほしい。

論文より:

COVID-19ワクチン接種後に見られる可能性のある様々な有害事象のうち、機能性(かつて心因性とも呼ばれた)神経学的障害(FND)の発生は、医療従事者、メディア、世論にとって難しい問題で、ワクチン接種キャンペーンにマイナスの影響を与えるかもしれない。実際、SARS-COV-2のワクチン接種キャンペーンがようやく一般大衆に浸透してきたこの数ヶ月の間に、COVID-19ワクチン接種後にFNDを発症した若い女性が2人いた。

ワクチン接種プログラムの成功は、一般市民の高い受容率と人口カバー率に依存しており、そのためには、ワクチンの安全性と有効性に関する科学的データの奨励と効果的な情報キャンペーンが不可欠である。ワクチン接種に対する自信のなさや、サービスがあるにもかかわらず接種を遅らせたり拒否したりするような、ワクチン接種に対する自己満足によって特徴づけられる「ワクチンのためらい」は、COVID-19ワクチン接種プログラムの成功を損なう恐れがある。

WHOは最近、ワクチン接種のためらいを世界の健康に対する脅威のトップ10にランク付けしたが、Centre for Countering Digital Hateの新しい報告書は、ソーシャルメディア企業が反ワクチン運動を自社のプラットフォーム上に残すことを許していると非難している。このため、健康専門家は、COVID-19ワクチンとメディアで取り上げられたさまざまな有害事象との間に直接的な関連性がないことを強調しようとしているが、そうした試みはおそらく十分ではない。FNDに関しては、医療界がもっと声を大にしてFNDについてメディアや世論に知らせることで、「eヘルスリテラシー」の確立に向けたさらなる一歩を踏み出すべきであると提言する。

国民は科学や医学の真実の語り部を必要としていた。科学や医学に対する信頼を回復するために必要なのである。その信頼が失われてしまったのには理由がある。科学と医学の公式ゲートキーパーがその行為を一掃するまでは、彼らは人々の信頼に値しない。

タイトルとURLをコピーしました