WEF/グレート・リセットグリホサートグローバルリサーチ農薬・GMO・食品添加物食糧安全保障・インフラ危機

食料、収奪、依存 新世界秩序に抵抗する
Food, Dispossession and Dependency. Resisting the New World Order

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.globalresearch.ca/food-dispossession-dependency-resisting-new-world-order/5770468

コリン・トッドハンター著

グローバル・リサーチ社 2022年2月14日

私たちは現在、世界の農業・食品チェーン全体の企業統合が加速しているのを目の当たりにしている。アマゾン、マイクロソフト、フェイスブック、グーグルなどのハイテク/ビッグデータ複合企業が、コルテバ、バイエル、カーギル、シンジェンタといった従来のアグリビジネス大手に加わって、自分たちの食糧と農業のモデルを世界に押し付けようとしている。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団も関与している(ナブダニヤ・インターナショナルの『Gates to a Global Empire』に記載)。農地の買収、アフリカでもてはやされた(しかし失敗した)「緑の革命」の推進、生合成食品と遺伝子工学技術の推進、より一般的には巨大農業食品企業の目的の推進など、さまざまな形で関与している。

もちろん、この背後にいる億万長者たちは、自分たちのやっていることを、「気候にやさしい解決策」で地球を救い、「農民を助け」、「世界を養う」というある種の人道的努力であるかのように見せかけようとしている。しかし、冷静に考えてみると、彼らが本当にやっていることは、帝国主義の収奪的な戦略を再包装し、グリーンウォッシュしているのである。

以下の文章は、食料と農業に影響を与える現在の主要な傾向を示し、まずゲイツ財団が推進する工業的、(遺伝子組み換え)化学物質集約的農業の失敗モデルと、それが先住民族の農業と農民、人間の健康、農村コミュニティ、農業生態系、環境に与える悪影響に注目する。

そして、このモデルに対する代替案として、有機農業、特にアグロエコロジーに焦点をあてて議論する。しかし、これらの解決策を実行に移すには障壁がある。特に、アグリテックやアグリビジネスのコングロマリットという形で、主要な組織を取り込んでいるグローバルな農業資本の影響力がある。

次に、現在進行中のインドの農業危機と農民の闘いは、世界にとって何が問題なのかを集約しているため、インドの状況に焦点を当てた議論を展開する。

最後に、COVID-19「パンデミック」は、資本主義の危機と、食料と農業を含む世界経済の再編成を管理するための隠れ蓑として利用されていると論じている。

著者について

コリン・トッドハンターは、グローバリゼーション研究センター(CRG)のリサーチ・アソシエイトである。

2018年、執筆活動が評価され、エンゲージング・ピース・インクから「リビング・ピース・アンド・ジャスティス・リーダー/モデル」に選出された。

目次

  • 第1章 有毒な農業-ゲイツ財団から緑の革命まで
  • 第2章 有害農業 遺伝子工学-価値の獲得と市場依存性
  • 第3章 アグロエコロジー – ローカリゼーションと食料主権
  • 第4章 開発を歪める-企業の掌握と帝国主義の意図
  • 第5章 インドにおける農民の闘い-農地法と新自由主義の死刑宣告
  • 第6章 植民地時代の脱工業化-捕食と不平等
  • 第7章 新自由主義者のプレイブック-経済テロと農民の首の潰し合い
  • 第8章 ニューノーマル-資本主義の危機とディストピアリセット
  • 第9章 ポストCOVIDディストピア-神の手と新世界秩序

第1章 毒性農業 ゲイツ財団から緑の革命へ

2018年12月現在、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の資産規模は468億ドル。世界最大の慈善財団であり、どの政府よりも多くの世界保健のための援助を分配している。

ゲイツ財団は、CGIARシステム(旧国際農業研究協議会)-食料安全保障の未来を目指すことを表明したグローバル・パートナーシップ-の主要な資金提供者である。

2016年、ゲイツ財団は、国際開発の方向性を危険かつ無責任に歪めていると非難された。その告発は、Global Justice Nowによる報告書「Gated Development – Is the Gates Foundation always a force for good?」に記されている。

報告書の著者であるマーク・カーティス氏は、財団がアフリカ全土で工業的農業を推進していることを説明し、アフリカ大陸で食糧の大部分を供給している既存の持続可能な小規模農業を弱体化させるものであるとしている。

カーティス氏は、同財団が米国の農産物商カーギル社と共同で、アフリカ南部で「大豆のバリューチェーンを発展させる」800万ドルのプロジェクトを進めていることを説明した。カーギル社は、大豆の生産と取引における世界最大の企業であり、南米に多額の投資を行っている。そこでは、遺伝子組み換え大豆の単一作物(および関連農薬)が、農村住民を追い出し、健康問題や環境破壊を引き起こしている。

ゲイツ財団が資金提供するプロジェクトにより、カーギルはこれまで未開拓だったアフリカの大豆市場を獲得し、最終的には遺伝子組み換え(GM)大豆を同大陸に導入することが可能になると思われる。ゲイツ財団は、デュポン、シンジェンタ、バイエルなど、他の化学薬品会社や種子会社が関与するプロジェクトも支援している。ゲイツ財団は、工業的農業のモデル、農薬や遺伝子組み換え特許種子の使用の増加、改良普及サービスの民営化を推進している。

ゲイツ財団が行っているのは、「アフリカ緑の革命のための同盟(AGRA)」イニシアティブの一部であり、アフリカの飢餓と栄養不良は主に技術と市場の機能不足の結果であるという前提に立っている。AGRAは、種子や土地などの問題でアフリカ政府の農業政策立案に直接介入し、アフリカ市場を米国のアグリビジネスに開放してきた。

アフリカの種子供給の80%以上は、数百万人の小規模農家が年ごとに種子をリサイクルしたり、交換したりすることでまかなっている。しかし、AGRAは商業的(化学薬品に依存した)種子システムの導入を支援しており、少数の大企業が種子の研究開発、生産、流通をコントロールできるようになる危険性がある。

1990年代以降、USAIDとG8がゲイツ氏らとともに後援した国の種子法の見直しが着実に進み、アフリカ大陸のあらゆる大規模な種子企業の買収など、多国籍企業の種子生産への関与に門戸が開かれているのである。

ゲイツ財団は健康分野にも積極的である。工業的農業を推進し、健康を害する農薬に依存していることを考えると、皮肉なことだ。

ゲイツ財団は世界保健機関(WHO)とユニセフの有力な資金提供者である。ゲイツは近年、WHOの予算に対して最大または第2の貢献者となっている。このことは、なぜ多くの国際的な報告書が農薬の健康への影響を省いているのかを明らかにするものであろう。

農薬について

2021年の論文「Growing Agrichemical Ubiquity: New Questions for Environments and Health」(Community of Excellence in Global Health Equity)によると、農薬の使用量と曝露量は、前例がなく世界史的な規模で発生していること、農薬は今や身体と環境を循環しながら浸透していること、除草剤グリホサートはこの使用量の増加を促す大きな要因であったことが述べられている。

著者らは 2015年にWHOの国際がん研究機関(IARC)がグリホサートを「probable carcinogen」と宣言すると、その安全性に関する脆弱なコンセンサスがひっくり返ったとしている。

彼らは 2020年に米国環境保護庁がグリホサート系除草剤(GBH)は人間の健康にリスクを与えないと断言し、グリホサートと非ホジキンリンパ腫の関連性や肝臓、腎臓、胃腸系への非がん影響に関する新しい証拠を明らかに無視したと指摘している。

複数著者による論文には、次のように記されている。

「わずか20年弱の間に、地球の多くがグリホサートでコーティングされ、多くの場所で、すでに化学物質で汚染された人体や他の生物、環境に重ね合わされている。」

しかし、著者らは、グリホサート(ラウンドアップが最も有名で、当初はモンサント社、現在はバイエル社が製造)は、広範囲に浸透する唯一の農薬ではない、と付け加えている。

「例えば、殺虫剤イミダクロプリドは米国産トウモロコシの種子の大部分をコーティングし、米国史上最も広く使用されている殺虫剤となっている。2003 年から 2009 年の間に、イミダクロプリド製品の売上は 245% 増加した (Simon-Delso er al 2015)。このような使用の規模、そして身体や環境への重複した影響は、特に規制やモニタリングの能力が比較的高い国以外では、まだ十分に考慮されていない。」

イミダクロプリドは 1994 年に欧州での使用が認可された。その年の 7 月、フランスの養蜂家は予想外のことに気がついた。ヒマワリの花が咲いた直後、かなりの数の巣が崩壊し、働き蜂が飛び立ったまま戻ってこず、女王蜂と未熟な働き蜂が死に絶えたのだ。イミダクロプリドを有効成分とするガウチョという全く新しい殺虫剤が、初めてヒマワリに散布されたからだ。

2022 年の論文「白血病とリンパ腫の治療を受けた子供にネオニコチノイド系殺虫剤が検出される」 (Environmental Health) では、子供の脳脊髄液 (CSF) 、血漿、尿に複数のネオニコチノイドが検出されたと述べている。世界で最も広く使用されている殺虫剤の一種として、環境、野生生物、食品にいたるまで、いたるところで検出される。

世界で最も広く使用されている除草剤であるグリホサートは腸内細菌叢に影響を与え、世界的な代謝健康危機と関連している。また、人間や動物にエピジェネティックな変化を引き起こし、病気が世代交代して現れる

フランスの研究チームは、人々の食事に含まれるGBHの化学調合剤に重金属を発見した。他の農薬と同様に、GBHの10-20%は化学合成物質で構成されている。石油系の酸化分子などの汚染物質のファミリーと、毒性および内分泌かく乱物質として知られるヒ素、クロム、コバルト、鉛、ニッケルなどの重金属が確認された。

1988年、RidleyとMirly(モンサントの依頼)は、ラットの組織におけるグリホサートの生物濃縮を発見した。残留物は骨、骨髄、血液、甲状腺、精巣、卵巣などの腺のほか、心臓、肝臓、肺、腎臓、脾臓、胃などの主要臓器に存在した。また、グリホサートは眼科の変性水晶体変化と関連していた。

Stout and Rueker (1990) の研究(これもモンサントの依頼によるもの)では、ラットのグリホサート暴露後の白内障に関して、重要な証拠が示されている。興味深いことに、イギリスにおける白内障手術の実施率は、1989年から2004年の間に「非常に大幅に増加」し、人口10万人あたり173件(1989)から637件(2004)になっている

WHOによる2016年の調査でも、白内障の発症率が大きく上昇していることが確認されている。環境リスクによる疾病負担の世界的評価」によると、白内障は世界的に失明原因の第1位となっている。世界的に見ると、白内障は失明の51%を占めている。米国では 2000年から2010年の間に、白内障の患者数は2050万人から2440万人へと20%増加した。2050年には、白内障の患者数は5000万人に倍増すると予測されている。

グリホサートが誘発する病態と精子のエピジェネティックなトランスジェネレーション継承の評価」の著者たち「Generational Toxicology」(Scientific Reports, 2019)は、祖先がさまざまな因子や毒物に環境暴露されることで、成人病のエピジェネティックなトランスジェネレーションが促進されると指摘した。

彼らは、グリホサートが疾患と生殖細胞(例えば精子)エピミューテーションの世代間継承を誘発することを提案した。観察によると、グリホサートの世代間毒性は、将来の世代の疾病病因に考慮する必要があることが示唆された。

2017年の研究では、Carlos Javier Baierらは、マウスにグリホサート系除草剤を繰り返し経鼻投与した後の行動障害を記録した。GBHの経鼻投与は行動障害を引き起こし、運動活性を低下させ、不安誘発性行動を誘発し、記憶障害を生じさせた。

この論文には、GBHが胎児の脳の発達にダメージを与えることを確認した世界中の多くの研究、そして、繰り返し暴露されることで成人のヒトの脳にも毒性を示し、運動量の変化や不安感、記憶障害をもたらす可能性があることを示す参考文献が掲載されている。

グリホサート曝露後のラットの脳領域における神経伝達物質の変化に関する2018年の研究のハイライトは、ラットの神経毒性である。そして、未熟なラットの海馬においてグリホサート系除草剤が引き起こす神経毒性のメカニズムを調べた2014年の研究では、モンサントのグリホサート系ラウンドアップが様々な神経毒性プロセスを誘導することが明らかにされた。

論文「グリホサートは、ラットのNOX1トリガー酸化ストレスを介して血液-精巣バリアを損傷する。Long-term exposure as a potential risk for male reproductive health’ (Environment International, 2022) では、グリホサートが血液精巣関門(BTB)損傷と低品質の精子を引き起こすこと、グリホサートによるBTB損傷が精子の質の低下に寄与することが指摘された。」

Multiomics reveal non-alcoholic fatty liver disease in rats after chronic exposure to an ultra-low dose of Roundup herbicide (2017) という研究により、超低用量ラウンドアップ除草剤に慢性的に暴露したラットの非脂肪酸肝疾患(NFALD)が明らかにされた。NFALDは現在、米国人口の25%、欧州でも同数の人が罹患しているという。

2020年の論文「Glyphosate exposure exacerbates the dopaminergic neurotoxicity in the mouse brain after repeated of MPTP」は、グリホサートがパーキンソンの環境リスク因子である可能性を示唆している。

2019年のラマッツィーニ研究所の13週間のパイロット研究では、GBHsの発達と内分泌系への影響を調べたところ、出生前から成体までのGBHs曝露により、雄ラットと雌ラットの内分泌作用と生殖発育パラメータの変化が引き起こされることが実証された。

とはいえ、Phillips McDougallのAnnual Agriservice Reportsによると 2019年の世界の農薬市場のうち、除草剤は金額ベースで43%を占めている。グリホサート使用量の増加の多くは、米国、ブラジル、アルゼンチンでのグリホサート耐性の大豆、トウモロコシ、綿花の種子の導入によるものである。

企業の最優先事項はボトムライン(あらゆるコスト、あらゆる手段で)であり、公衆衛生ではない。CEOの義務は、利益を最大化し、市場を獲得し、理想的には規制や政策決定機関をも取り込むことだ。

また、企業は前年比成長率を確保しなければならないが、それはしばしば、これまで開拓されていなかった市場に進出することを意味する。実際、前述の論文「Growing Agrichemical Ubiquity」の中で、著者らは、米国のような国々が依然として農薬使用量の増加を報告している一方で、この増加のほとんどは南半球で起きていることに言及している。

例えば、カリフォルニア州の農薬使用量は2005年から2015年にかけて10%増加したが、ボリビアの農民の使用量は低い水準から始まったものの、同期間に300%増加した」。中国、マリ、南アフリカ、ネパール、ラオス、ガーナ、アルゼンチン、ブラジル、バングラデシュなど多様な国々で農薬使用量が急増している。高いレベルで成長しているほとんどの国では、規制の施行、環境モニタリング、健康モニタリングのインフラが脆弱である

そして、この成長の多くは除草剤の需要増に起因している。

「インドでは2005年以来250%増加し(Das Gupta er al 2017)除草剤の使用は中国で2500%(Huang, Wang, and Xiao 2017)エチオピアで2000%急増した(Tamru er al)。) 米国、ブラジル、アルゼンチンにおけるグリホサート耐性の大豆、トウモロコシ、綿の種子の導入が需要の多くを牽引していることは明らかだが、そのような作物を承認も採用もしておらず、零細農業が依然として支配的な国々でも除草剤の使用量が劇的に拡大している」

国連の毒物専門家であるBaskut Tuncakは 2017年11月の記事でこう述べている。

「私たちの子どもたちは、除草剤、殺虫剤、殺菌剤の有毒なカクテルにさらされながら育っている。それは彼らの食べ物や水の中にあり、公園や遊び場にまでかけられている。」

2020年2月、Tuncakは、危険性の高い農薬がもたらすリスクを安全に管理できるという考えを否定した。彼はUnearthed(グリーンピースUKのジャーナリズムサイト)に対し、農業のために危険性の高い農薬が広く使用されていることについて、持続可能なものは何もない、と述べた。労働者を毒殺しようが、生物多様性を消滅させようが、環境に残留しようが、母親の母乳に蓄積しようが、これらは持続不可能で、安全に使用できず、とっくに使用を段階的に中止すべきだったとTuncakは主張した。

2017年の論文で、彼はこう述べている。

「国連子どもの権利条約は…国家が有毒化学物質への曝露、汚染された食物や汚染された水から子どもを保護し、すべての子どもが到達可能な最高水準の健康に対する権利を実現できるようにする明確な義務があることを明確にしている。現在の農薬制度では、これらの権利やその他多くの子どもの権利が侵害されている。これらの化学物質はどこにでもあり、目に見えない」。

Tuncakは、小児科医は小児期の農薬への曝露が病気や障害の「サイレント・パンデミック」を引き起こしていると指摘した。また、妊娠中や幼少期の暴露が先天性欠損症、糖尿病、がんと関連していることを指摘し、子どもはこれらの有害化学物質に対して特に脆弱であることを述べた。

彼は、規制当局が産業界が出資する研究に圧倒的に依存し、独立した科学が評価から排除され、当局が依拠する研究の機密性が損なわれている現状を変えなければならないと結論づけた。

UnearthedとNGO Public Eyeの共同調査により、世界の5大農薬メーカーが収入の3分の1以上を有力製品、つまり人の健康や環境に深刻な危険をもたらす化学物質で稼いでいることが明らかになった。

2018年の売れ筋「作物保護製品」の膨大なデータベースを分析した結果、世界の大手農薬メーカーは、人や動物、生態系への危険性が高いと分類される農薬から売上の35%以上を稼いでいることが判明した。この調査では、農薬大手のBASF、バイエル、コーテバ、FMC、シンジェンタが、規制当局によってがんや生殖障害などの健康被害をもたらすとされた化学物質から、数十億ドルの収入を得ていることが確認された

この調査は、アグリビジネス情報企業フィリップス・マクドゥーガル社の農薬販売に関する膨大なデータセットの分析に基づいている。このデータは 2018年の農業用農薬の世界市場576億ドルのうち、約40%をカバーしている。43カ国に焦点を当て、その間の金額で世界の農薬市場の90%以上を占めている。

ビル・ゲイツが農業食品コングロマリットのニーズとバリューチェーンに合致した化学薬品集約型の農業モデルを推進する一方で、特にイギリスとアメリカでは疾病率が急増している。

しかし、主流のシナリオは、「ライフスタイルの選択」に起因すると言われる彼らの病気や状態を個人のせいにすることだ。しかし、モンサント社のドイツのオーナーであるバイエル社は、4万人以上の人々が、除草剤ラウンドアップへの暴露によって自分または自分の愛する人が非ホジキンリンパ腫を発症し、モンサント社がそのリスクを隠蔽したと主張して、モンサント社を提訴したことを確認している

毎年、新しい癌の数が着実に増加し、同じ癌による死亡者数も増加しているが、どの治療法もその数に変化をもたらさない。同時に、これらの治療法は製薬会社の利益を最大化し、農薬の影響は主流の病気の話から目立った形で欠落したままである。

ゲイツ財団は、その覇権主義的な戦略の一環として、世界の食糧安全保障を確保し、健康と栄養を最適化することを望んでいると述べている。しかし、農薬の健康への悪影響は無視し、農薬を生産する企業の利益を促進し続けることに満足しているようだ。

なぜゲイツ氏はアグロエコロジカル・アプローチを支持しないのだろうか?国連の様々なハイレベルの報告書は、公平な世界的食料安全保障を確保するためにアグロエコロジーを提唱している。これは、零細農家をそのまま残し、欧米の農業資本から独立させるもので、ゲイツ氏が支援する企業の根本的な目的とは相反するものである彼らのモデルは、所有権を奪われ、投入物を市場に依存させることに依存している

このモデルは、何十年にもわたって国家に押し付けられてきたもので、ドル建ての債務返済と世界銀行/IMFの「構造調整」指令に関連した外貨収入を得るために農業輸出の単一作物を基本とするシステムの力学に依存しているその結果、食糧を生産する農民が移動し、欧米の農業食品の寡占化が進み、多くの国が食糧自給率から食糧不足の地域に変貌してしまったのである

ゲイツ氏は、「食料安全保障」の名の下に、アフリカで欧米の農業資本を強化しようとしている。1960年代の脱植民地化当時、アフリカは食糧自給どころか、1966年から70年にかけて年平均130万トンの輸出を行う食糧純輸出国だったという事実を無視するのは、彼にとっては非常に都合がいい。しかし、現在、アフリカ大陸は食料の25%を輸入しており、ほぼすべての国が食料の純輸入国となっている。より一般的には、発展途上国は1970年代には年間10億ドルの黒字を出していたが 2004年には年間110億ドルを輸入するようになった。

ゲイツ財団は、企業による工業的農業システムを推進し、グローバルな新自由主義、化石燃料依存の食糧体制を強化する。この体制は、その性質上、不公正な貿易政策、人口移動と土地収奪(ゲイツはかつてこれを要求したが、婉曲的に「土地移動」と呼んだ)商品の単作、土壌と環境の劣化、病気、栄養欠乏の食生活、食物の種類制限、水の不足、汚染と生物多様性の根絶を助長・助長するものである。

緑の革命

同時に、ゲイツは企業利益による知識の収奪と商品化を支援している。2003年以来、CGIARとその15のセンターは、ゲイツ財団から7億2000万ドル以上を受け取っている。2016年6月の記事でヴァンダナ・シヴァは、センターが研究と種子の企業への譲渡を加速させ、知的財産権侵害と知的財産法や種子規制によって作られた種子の独占を促進していると指摘している。

ゲイツ氏は、ゲノムマッピングを通じて種子コレクションの特許を取るための世界的なイニシアチブである多様性シークにも資金を提供している。700万もの作物の種子が公的な種子バンクに保管されている。これでは、5つの企業がこの多様性を所有することになりかねない。

シバは言う。

「DivSeek」は、遺伝子バンクに保有されている農民の多様な種子の遺伝子データをマッピングするために2015年に開始された世界的なプロジェクトである。農民から種子と知識を奪い、種子の完全性と多様性、進化の歴史、土壌とのつながりを奪い、『コード』に還元するものである。種子のデータを 「採掘」して、コモンズを 「検閲」するための抽出プロジェクトなのである

彼女は、この多様性を進化させた農民はDivSeekに居場所がない、彼らの知識は採掘され、認識も名誉も保存もされない、遺伝的コモンズの囲い込みであると指摘している。

種子は1万年前から農業の中心的存在である。農民は数千年にわたり種子を保存し、交換し、発展させてきた。種子は世代から世代へと受け継がれてきた。農民は種子、知識、土地の管理者であった。

20世紀に企業がこれらの種子を取り上げ、ハイブリッド化し、遺伝子組み換えを行い、特許を取得し、単収と化学物質の投入を伴う工業的農業のニーズに応えるように作り上げたときまでは、このような状態であった。

土着農業を疎外することでこれらの企業の利益を図るため、育種家の権利や知的財産をめぐる多くの条約や協定が各国で制定され、農民が伝統的な種子を自由に改良したり、共有したり、再植したりすることができなくなったのである。これが始まって以来、何千もの種子品種が失われ、企業の種子がますます農業を支配するようになった。

国連食糧農業機関(FAO)の推計によると、世界でたった20種の栽培植物が、人類が消費する植物性食品全体の90%を占めているという。このように、世界の食料システムの遺伝子基盤が狭いため、食料安全保障が深刻な危機にさらされているのである

農民を在来種の使用から遠ざけ、企業の種子を植えさせるために、種子の「認証」規則や法律が、商業種子大手の代理として国家政府によってしばしば持ち込まれる。コスタリカでは、種子に関する制限を覆すための戦いが、米国との自由貿易協定の締結によって失われたが、これは同国の種子生物多様性法を無視したものであった。

ブラジルの種子法は、種子の企業所有権体制を構築し、何世代にもわたって地元で適応してきたすべての在来種を事実上排除している。この体制は、農民が自分たちの種子を使用したり、品種改良したりすることを止めさせようとするものである。

これは種子を私有化しようとする試みである共通の遺産であるものを私有化すること。種子の生殖質に手を加え(あるいは盗み)その所有権を主張する企業によって、種子が体現する世代間の知識が私有化され、横取りされるのである。

企業が種子を管理することは、地域社会とその伝統の存続に対する攻撃でもある。なぜなら、農村コミュニティでは、人々の生活は何千年もの間、植え付け、収穫、種子、土壌、季節と結び付いているからである

これはまた、生物多様性への攻撃であり、世界中で見られるように、土壌、水、食料、食生活、健康の完全性、そして強力な多国籍企業によってあまりにも頻繁に腐敗してきた国際機関、政府、役人の完全性への攻撃でもある。

規制や「種子認証」法は、産業界に代わって、「安定した」「均一な」「新しい」種子(企業の種子を意味する)だけを市場に流通させることによって、伝統的な種子を根絶するために導入されることがよくある。これらの種子は、登録・認証された「規制された」種子としてのみ認められている。これは、企業の意向で土着の農法を根絶やしにする皮肉な方法である

政府は、アグリビジネス複合企業の要求に応え、そのサプライチェーンに適合するよう、不公平な貿易取引、ひも付き融資、企業が支援する種子制度を通じて、大きな圧力を受けているのだ。

ゲイツ財団は健康について語るが、農薬が甚大な被害をもたらす、高額の助成を受けた有毒な農業の展開を促進するものである。貧困と栄養失調を緩和し、食糧不安に取り組むと言いながら、食糧不安、人口移動、土地収用、コモンズの私有化、弱者や周縁化された人々から支援を取り除く新自由主義政策を永続させる原因である、本質的に不当なグローバル食糧体制を後押ししている。

ビル・ゲイツの「慈善活動」は、新自由主義的なアジェンダの一部であり、同意を製造し、政策立案者を買収・共依存させようとするもので、それにより、既存の権力構造に挑戦し、このアジェンダの障害として作用する、より根本的な農地改革を阻止し疎外するものである。

ゲイツとその取り巻き企業の活動は、帝国主義の覇権主義と収奪戦略の一部である。これには、食料を生産する農民を追い出し、農業に従事する人々を欧米の農業資本が支配するグローバルな流通・供給チェーンの必要性に服従させることが含まれている。

そして今、「気候の非常事態」という概念の下、ゲイツらは最新のテクノロジー、すなわち遺伝子編集、データ駆動型農業、クラウドベースのサービス、研究所で作られた「食品」、独占的な電子商取引の小売・取引プラットフォームなどを推進している。- 世界単一の精密農業という名目で。

しかし、これは半世紀以上前から起こっていることの延長線上にあるに過ぎない。

緑の革命以来、米国のアグリビジネスと世界銀行や国際通貨基金などの金融機関は、企業の種子や独自の投入物、そして化学薬品集約型農業が必要とする種類の農業インフラを建設するための融資で、農民と国家を釣ろうとしてきた。

モンサント・バイエル社をはじめとするアグリビジネス企業は、1990年代以降、遺伝子組み換え種子の展開により、世界の農業と農民の企業依存に対する支配力をさらに強化しようとしてきた。

ヴァンダナ・シヴァは、報告書『Reclaim the Seed』の中で次のように述べている。

「1980年代、化学薬品会社は遺伝子操作と種子の特許を新たな超利益の源泉と見なし始めた。彼らは、公的な遺伝子バンクから農民の品種を取り出し、従来の育種や遺伝子操作によって種子をいじり、特許を取得した

シヴァは、緑の革命と種子の植民地主義、農民の種子と知識の海賊版について語っている。メキシコだけでも768,576の種子が農民から持ち去られたと言う。

「農民の創造性と育種に関する知識を具現化した種子を奪うこと。シード・コロニゼーションの「文明化的使命」とは、農民は「原始的」であり、彼らが育種した品種は「原始的」で「劣悪」で「低収量」であり、優れた育種家集団の優れた種子、いわゆる「近代品種」「改良品種」で「代替」「置換」しなければならないという宣言である。」

緑の革命以前は、古い作物の多くがカロリーあたりの栄養素の数が劇的に多かったことは興味深いことだそのため、一日の食事に必要な量を満たすために摂取しなければならない穀物の量が増えたのである。たとえば、雑穀の鉄分は米の4倍。オーツ麦は小麦の4倍の亜鉛を含んでいる。その結果、1961年から2011年の間に、世界で直接消費される穀物のタンパク質、亜鉛、鉄の含有量は、それぞれ4%、5%、19%減少したのである

高インプットの化学薬品集約的な「緑の革命」モデルは、単作農化の推進を助け、食生活の多様性を失わせ、栄養価の低い食品を生み出す結果となった。その長期的な影響は土壌の劣化とミネラルの不均衡を招き、ひいては人間の健康に悪影響を及ぼしている。

この議論に重みを与えているのが 2010年にInternational Journal of Environmental and Rural Developmentに掲載された論文「Zinc deficiencies in Agricultural Systems」の著者たちである。

「緑の革命によって推進された作付システムは、…作物の多様性を低下させ、微量栄養素の利用可能性を低下させる結果となった。微量栄養素の栄養不良は、多くの開発途上国で慢性疾患(がん、心臓病、脳卒中、糖尿病、骨粗しょう症)の発生率を高めており、30億人以上が微量栄養素の欠乏の影響を直接受けている。作付強度の高い地域では、ミネラル肥料の偏った使用と有機肥料の減少が栄養不足の主な原因となっている。」

著者らは、土壌中の微量栄養素の欠乏と人間の栄養との関連性がますます重要視されていることを示唆している。

「さらに、農業の集約化により、作物への養分の流れが増加し、作物が養分をより多く取り込むことが必要である。これまで、微量栄養素の欠乏は、主に土壌の問題として、またごく一部ではあるが植物の問題として扱われてきた。現在では、人間の栄養の問題としても扱われている。土壌や食料システムが微量栄養素の障害によって影響を受け、作物生産量の減少や人間や植物の栄養失調や病気につながるケースが増えている。」

例えば、インドは現在、様々な主食を自給しているかもしれないが、これらの食品の多くは高カロリー低栄養であり、より栄養的に多様な作物システムを置き去りにし、間違いなく土壌から栄養素を採掘してきた。ここで、1974年に亡くなった著名な農学者ウィリアム・アルブレヒトの重要性と、健康な土壌と健康な人間に関する彼の研究を見過ごすわけにはいかない。

この点で、インド在住の植物学者スチュアート・ニュートンは、インドの農業生産性に対する答えは、国際的、独占的、企業連合的な化学依存の遺伝子組み換え作物の推進を受け入れることではない、と述べている:インドは枯渇し、虐待された土壌を回復し育成する必要があり、疑わしい化学物質の過多で、人間や動物の健康を危険にさらし、それ以上土壌を傷つけてはならない。

インド農業研究評議会の報告によると、土壌は栄養分と肥沃度が不足してきている。肥料、殺虫剤、農薬の無分別かつ過剰な使用による土壌侵食で、毎年5334万トンの土壌が失われているのである。

こうした有害な影響や化学物質に依存した作物の健康への影響は別として(academia.eduのサイトにあるローズマリー・メイソン博士の報告を参照)New Histories of the Green Revolution (Glenn Stone, 2019)は緑の革命が生産性を高めたという主張を否定し、The Violence of the Green Revolution (Vandana Shiva, 1989) はパンワクチンの農村コミュニティへの悪影響を(中略)詳述し、Bhaskar Saveが2006年インドの役人にあてた公開状では生態系の荒廃を論じている。

そして極めつけは、『Journal of Experimental Biology and Agricultural Sciences』に掲載された2019年の論文で、インドの在来小麦品種は、グリーン革命品種よりも栄養価が高いことを指摘していることだ。グレン・ストーン教授が、緑の革命が実際に「成功」したのは、インドの食事に小麦を多く入れること(他の食材を置き換えること)だったと論じていることを考えると、この点は重要である。ストーン教授は、一人当たりの食料生産性は全く向上していないか、むしろ低下していると主張している。

ハイブリッド種子と関連する化学物質の投入が、より高い生産性に基づいて食糧安全保障を強化するという約束で販売され、緑の革命は多くの地域の農業を一変させた。しかし、パンワクチン州などでは、種子や化学薬品を手に入れるために農民はローンを組まなければならず、借金は常に心配の種になったとシバ氏は指摘する。多くの農民が貧困に陥り、農村の社会関係も根本的に変化した。以前は農民は種子を保存し交換していたが、今では悪徳金貸しや銀行、種子製造・供給業者に頼るようになったのであるシヴァは著書の中で、緑の革命とその影響から生じた社会的疎外と暴力について述べている。

また、バスカール・セーブについても論じる価値がある。彼は、緑の革命を推し進めた実際の理由は、政府と一部の産業が好む都市・工業の拡大を促進するために、比較的腐敗しにくい少数の穀物の市場余剰を増やすというはるかに狭い目標であり、インドの人口の大部分を占める農村の人々が長年恩恵を受けてきた、より多様で栄養十分な農業は犠牲になっていると主張した。

以前は、インドの農家はほぼ自給自足で、余剰生産も行っていたが、一般的にはより多くの品目をより少量ずつ生産していた。特に生鮮食品は、都市部の市場に供給するのは困難であった。そのため、農民たちは、購入した資材を必要としない伝統的な多品種栽培ではなく、小麦、米、砂糖など少数の換金作物を化学的に栽培するように指導された。

背の高い在来種の穀物はバイオマス量が多く、モンスーンの豪雨の際には日陰を作り土壌の浸食を防いでいたが、矮性種に置き換えられた。矮性種は雑草をより活発に繁殖させ、日光をめぐって新しい作物とうまく競争できるようになった。

その結果、農家は除草や除草剤の散布に多くの労力と費用を費やさなければならなくなった。さらに、矮性穀物作物のわらの生育が悪くなり、土壌を肥沃にするための有機物が少なくなったため、外部からの投入が必要になった。必然的に農家は化学肥料を増やし、土壌の劣化と侵食が進んだ

化学肥料で栽培された外来種は「病害虫」に弱く、さらに化学肥料が投入されることになった。しかし、害を受けた昆虫は抵抗力をつけ、繁殖していく。その捕食者であるクモやカエルなど。- そして、その虫を捕食し、個体数をコントロールしていたクモやカエルなどの捕食者も駆逐された。ミミズやミツバチのような有益な種も多くいた

インドは南米に次いで降水量が多い国である。植物が生い茂る場所では、土壌が生きていて多孔質であるため、雨の少なくとも半分は土壌と地層下にしみ込んで蓄えられる。

そして、かなりの量が深く浸透し、帯水層や地下水面を涵養する。つまり、生きた土壌とその下にある帯水層は、巨大な貯水池の役割を担っているのだ。半世紀前、インドのほとんどの地域では、雨が止んだ後も一年中十分な真水が確保されていた。しかし、森を切り崩すと、雨を吸収する大地の力が激減する。小川や井戸は枯渇する。

地下水の涵養量が激減する一方で、地下水の採水量は増加の一途をたどっている。現在、インドでは1950年当時と比較して、毎日20倍以上の地下水を採掘している。しかし、村々では手汲み、あるいは手回しで水を汲み、天水農業を行っているインドの人々の多くは、一人当たり何世代も前と同じ量の地下水を使い続けている。

インドの水消費の80%以上は灌漑用水で、中でも化学栽培された換金作物が最も大きな割合を占めている。例えば、化学栽培されたサトウキビ1エーカーには、ジョワー、バジュラ、トウモロコシの25エーカー分の水が必要である。製糖工場も大量の水を消費する。

「栽培から加工まで、1キロの精製糖に2〜3トンの水が必要だ」。セーブさんは、この水を使えば、栄養価の高いジャワールやバジュラ(在来種の粟)を伝統的な有機栽培で150〜200キロ栽培できると主張した。

セーブはこう書いている。

「この国には150以上の農業大学がある。しかし、毎年、各大学から数百人の 「高学歴 」の失業者が輩出され、農民を誤導し、生態系の劣化を広げるだけの訓練を受けている。学生が農学修士号を取得するために費やす6年間、唯一の目標は短期的な、そして狭く認識された「生産性」である。そのために、農民は100のことをしたり、買ったりするように促される。しかし、将来の世代や他の生物のために土地が傷つくことのないよう、農家が決して行ってはならないことについては、何も考えようとしない私たち国民と政府は、私たちの機関が推進するこの産業主導の農業のやり方が、本質的に犯罪的で自殺行為であるという現実に目覚めるときが来たのだ!」

緑の革命が、その破壊的な環境への影響、生産性の高い伝統的な低投入農業とその健全な生態学的基盤の弱体化、農村住民の移住、コミュニティ、栄養、健康、地域の食料安全保障への悪影響という点で失敗だったことはますます明白になっている。

収量が増加しても、地域の食糧安全保障、1エーカーあたりの栄養、水位、土壌構造、新たな病害虫の発生といった観点から、収量増加の代償は何だったのか、と問う必要がある。

第2章 遺伝子工学 価値の獲得と市場依存性

遺伝子組み換え作物は、しばしば緑の革命2.0と表現されるが、これもまた、1.0と同様、約束したことを実現できず、しばしば破壊的な結果をもたらしてきた。

にもかかわらず、遺伝子組み換え作物は素晴らしい成功であり、世界的な食糧不足を避けるために、世界はさらに多くの遺伝子組み換え作物を必要としていると、業界と潤沢な資金を持つロビイスト、そして買収されたキャリア科学者は言い続けているのである。遺伝子操作作物は世界の食糧を確保するために必要である、というのは使い古された業界のスローガンであり、機会があるごとに繰り返される。遺伝子組み換え作物が大成功を収めたという主張と同じように、これも神話に基づくものである。

世界的に食糧が不足しているわけではない。科学者のジョナサン・レイサム博士が論文「食糧危機の神話」(2020)で証明しているように、将来のどんなもっともらしい人口シナリオの下でも、不足することはない。

食と農の再考/食糧危機という神話

しかし、現在、新しい遺伝子ドライブと遺伝子編集の技術が開発され、業界はこれらの手法に基づく製品の無秩序な商業的リリースを求めている。

この業界は、遺伝子編集によって作られた植物、動物、微生物が、安全性のチェック、モニタリング、消費者表示の対象となることを望んでいない。これは、これらの技術がもたらす現実的な危険性を考えると、憂慮すべきことだ。

まさに、古いGMOのワインを新しい瓶に詰めたようなものである。

162の市民社会、農民、企業団体は、欧州委員会のフラン・ティマーマンス副委員長に対し、新しい遺伝子操作技術が既存のEU GMO(遺伝子組み換え作物)基準に従って規制され続けるよう要請している。

同連合は、こうした新しい技術は、新しい毒素やアレルゲンの生成、抗生物質耐性遺伝子の導入など、さまざまな好ましくない遺伝子組み換えを引き起こす可能性がある、と主張している。その公開書簡は、意図的な改変であっても、食品安全、環境または動物福祉の懸念を引き起こす可能性のある形質をもたらす可能性があると付け加えている。

欧州司法裁判所は2018年、新たな遺伝子組換え技術で得られた生物は、EUの既存のGMO法の下で規制されなければならないとの判決を下した。しかし、農業バイオテクノロジー業界からは、ゲイツ財団の資金援助を受けて、この法律を弱めようとする激しいロビー活動が行われている。

同連合は、新しい遺伝子組み換え技術は、開発者が自然界で起こるものとは全く異なる大幅な遺伝子変更を行うことができることを、さまざまな科学的出版物が示しているとしている。これらの新しい遺伝子組み換え作物は、古いタイプの遺伝子組み換え作物と同様かそれ以上のリスクをもたらすという。

これらの懸念に加え、中国の科学者たちによる論文『除草剤抵抗性』「遺伝子編集は気候に優しく、農薬の使用を減らすという遺伝子組み換えの推進者の主張にもかかわらず、我々が期待できるのは同じことの繰り返し、つまり除草剤耐性のある遺伝子組み換え作物と除草剤の使用量の増加である」と述べている。

遺伝子組み換え作物はより早く開発され、より利益を生み、消費者が店頭で商品を購入する際には隠される。同時に、農家にとっては、コストのかかる除草剤の踏み絵が強化されることになる。

規制をかわすだけでなく、経済、社会、環境、健康への影響評価を避けることによって、この産業が何よりもまず、価値の獲得と利益、民主的説明責任の蔑視を動機としていることは明らかである。

インドにおけるBtコットン

このことは、インドで公式に承認された唯一の遺伝子組み換え作物である白金綿が、モンサント社の利益には貢献したものの、インドの多くの小規模・零細農家に依存と苦痛をもたらし、農学上の持続的利益をもたらさなかったことを見れば、明白であろう。A・P・グティエレス教授は、Btコットンがこれらの農民を事実上、企業の縄張りに置いたと主張する。

モンサント社はこれらの綿花農家から何億ドルもの利益を吸い上げ、一方、業界から資金を得た科学者は、インドでBt綿を展開することで彼らの状況が好転したというマントラを常に押し通そうと躍起になっているのである。

2020年8月24日、インドのBt綿に関するウェビナーが開催され、カリフォルニア大学バークレー校天然資源学部上級名誉教授のAndrew Paul Gutierrez、インド中央綿花研究所前所長のKeshav Kranthi、FAO元インド代表のPeter Kenmore、世界食糧賞受賞者のHans Herrenが参加した。

ヘレン氏は、「Bt綿の失敗」は、植物保護に関する不健全な科学と農業開発の誤った方向性がもたらす典型的な例である、と述べた。

「インドにおけるBtハイブリッド技術は、インドの綿花復活のための真の解決策を否定し、実施しないように仕向けた、エラー駆動型の政策である。それは、デシ原種とアメリカ綿種の純系品種に非Bt/GMO綿をHDSS(高密度短期栽培)することにある。」

そして、農業と食料システムの変革が必要であり、それには再生農業、有機農業、バイオダイナミック農業、パーマカルチャー、自然農法などのアグロエコロジーへの移行が必要であると主張した。

ケンモア博士は、Btコットンは老朽化した害虫駆除技術であると述べた。

「ヒ素、DDT、BHC、エンドスルファン、モノクロトホス、カルバリル、イミダクロプリドと、何世代にもわたって殺虫剤の分子が歩んできた道をたどっているのである。社内研究では、各分子を生化学的、法的、商業的にパッケージ化してから発売・販売促進することを目指している。そして企業や公共政策の関係者は収穫量の増加を主張するが、一時的な害虫抑制や二次的な害虫の発生、害虫抵抗性をもたらすに過ぎない」

危機の繰り返しが、市民活動や生態学的なフィールドリサーチに火をつけ、地元に適応したアグロエコロジー戦略を生み出している。

そして、このアグロエコロジーは

「現在では、市民グループ、政府、国連 FAO から世界的な支持を得ている。インド綿花における彼らの強固なローカルソリューションは、Bt綿花のようなエンドトキシンを含む新しい分子を必要としない。

インドで導入された長期のBt綿はハイブリッドに組み込まれ、農民をバイオテクノロジーと殺虫剤の踏み絵に引き込み、遺伝子組み換え種子メーカーを利することになったからである

と指摘している。

天水地における長期のハイブリッドBt綿の栽培は、インドに特有のものである。これは収量に貢献しない価値捕捉メカニズムであり、低収量停滞の主因であり、生産コスト上昇の一因である

Gutierrezは、綿花農家の自殺の増加は、その結果生じる経済的苦境と関係があると主張した。

彼はこう主張した。

現在のGMハイブリッドシステムに対する有効な解決策は、非GMの高密度短期稔性綿花の改良品種の採用である

Kranthi博士は、収量、殺虫剤の使用量、灌漑、肥料の使用量、害虫の発生と耐性に関するデータを提示し、公式統計(eands.dacnet.nic.in と cotcorp.gov.in )の分析では、インドではBtハイブリッド技術は収量でも殺虫剤の使用でも明確な利益をもたらしていないことを示したと述べた。

また、Btハイブリッドが飽和状態にあり、肥料の使用量が最も多いにもかかわらず、マハラシュトラ州の綿花収量は世界で最も低いと述べている。マハラシュトラ州の収量は、Btハイブリッド、肥料、農薬、灌漑などの技術をほとんど使用していない天水栽培のアフリカよりも低いのである。

インドの綿花の収量は世界で36位で、過去15年間停滞しており、Bt綿の栽培面積が増えたにもかかわらず、殺虫剤の使用量は2005年以降常に増えていることが明らかになった。

Kranthiは、ピンクボラムのBt綿に対する抵抗性、吸汁性害虫の蔓延の増加、殺虫剤や肥料の使用量の増加傾向、コストの増加 2014年と2015年のネットリターンのマイナスなど、Btハイブリッド技術が持続性のテストに失敗したことも調査で明らかになっていると主張した。

Herren博士は、遺伝子組み換え作物は、技術が用途を探す場合の例であると述べている。

それは本質的に、広い意味での弾力的、生産的、生物多様性のあるフードシステムを構築し、それが社会的、環境的、経済的側面において持続可能で手頃なソリューションを提供するためのシステムアプローチをとるのではなく、症状を治療することである

さらに、Bt綿の失敗は、植物保護に関する不健全な科学と農業開発の誤った方向性が何をもたらすかを示す典型的な例であると主張した。

私たちは、「世界はもっと食料を必要としている」という根拠のない主張で変革を阻む既得権益を押しのけ、将来を見据えた政策を立案し実施する必要がある。私たちには、食料と栄養の安全保障に対するアグロエコロジーのアプローチがうまく機能するという、必要なすべての科学的・実際的証拠がある

インドのBt綿を大成功だと言い続ける人々は、課題(Andrew Flachsによる2019年の本「Cultivating Knowledge」に記されている)を故意に無視したままである。インドにおけるバイオテクノロジー、持続可能性、綿花資本主義の人的コスト)農家が直面している、財政難、害虫抵抗性の増大、規制されていない種子市場への依存、環境学習の根絶、生産手段の制御不能、バイオテクノロジーと化学物質の踏み絵(この最後の点こそ、業界が意図したもの)である。

しかし、最近になって、インド政府はバイオテクノロジー産業と手を組んで、同国におけるBt綿の成功を記念すべきものとして伝えようとし、それによって他の遺伝子組み換え作物のひな形としてその普及を推進している。

しかし、遺伝子組み換え作物推進派は、飢餓や貧困の問題を政治的な文脈から切り離して、「農民を助ける」「世界を養う」という概念を宣伝戦略の支柱として利用し、時間をかけずに成果を上げてきたのである。遺伝子組み換え作物推進派の科学者たちの中には「高慢な帝国主義」が存在し、貧困、飢餓、栄養失調の根本原因や、食糧正義と食糧主権に基づく真の解決策から目をそらすような遺伝子組み換え「解決策」を積極的に押し進めている。

遺伝子組み換え作物の性能は、熱い論争を巻き起こしてきた問題であり、PC KesavanとMS Swaminathanが2018年にCurrent Science誌で取り上げたように、その効果、特に除草剤耐性作物(2007年までにすでに世界中で栽培されているバイオテクノロジー由来の作物の約80%を占めている)環境、人間の健康、食糧安全保障に与える壊滅的影響、特に中南米などでの影響を疑う十分な証拠がすでに存在する。

ケサバン氏とスワミナサン氏は、この論文の中で、遺伝子組み換え技術は補完的なものであり、必要性に基づいたものでなければならないと主張している。99%以上のケースで、従来から行われている品種改良で十分であるという。この点で、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団のような強力な利害関係者が、世界の農業に遺伝子組み換え作物を導入することを促進するために、遺伝子組み換え作物よりも優れた従来の選択肢やイノベーションを見過ごしたり、横流ししたりしてはならない。

ヨーロッパでは、遺伝子組み換え作物は非遺伝子組み換え作物と実質的に同等ではないことが認識されているため、遺伝子組み換え作物に対する強固な規制メカニズムが整備されている。数多くの研究が、「実質的な同等性」の前提に欠陥があることを強調している。さらに、GMOプロジェクトの当初から、この技術に関する深刻な懸念の横並びが起こり、産業界の主張とは裏腹に、ヒルベックら(Environmental Sciences Europe, 2015)が指摘するように、GM作物の健康影響に関する科学的コンセンサスは存在しない。したがって、GMに関する予防原則を採用することは、有効なアプローチである

カルタヘナ議定書もコーデックスも、GMが従来の品種改良とは異なること、そしてGMOを食品に使用したり環境に放出する前に安全性評価が必要であることに同意している点で、GM作物と食品に対する予防的なアプローチを共有している。遺伝子組み換え作物の商業化を控え、それぞれの遺伝子組み換え作物を独立した透明性のある環境、社会、経済、健康への影響評価の対象とする十分な理由がある。

したがって、批評家の懸念は、「科学は決定している」「遺伝子組み換えに関する『事実』は議論の余地がない」という業界のロビイストの主張によって一蹴されるわけにはいかない。このような主張は、単に政治的なポーズであり、政策課題を遺伝子組み換えに有利になるように傾ける戦略の一部である。

とはいえ、世界の食糧不安と栄養失調は、生産性の欠如が原因ではない。食糧不公正が世界の食糧体制に組み込まれたままである限り、遺伝子組み換えが世界の食糧供給に必要であるというレトリックは、それが単なる誇張であるとみなされるだろう。

例えば、インド。世界的な飢餓の評価では芳しくないが、インドでは食糧穀物の自給を達成し、全人口を養えるだけの食糧(カロリー)が確保されている。牛乳、豆類、粟の生産量は世界一で、米、小麦、サトウキビ、落花生、野菜、果物、綿花の生産量は世界第2位である

FAOによると、食の安全保障とは、すべての人が、いつでも、活動的で健康的な生活を送るために必要な食事と食の嗜好を満たす、十分で安全かつ栄養のある食料を物理的、社会的、経済的に入手できる状態で達成されるものである。

しかし、多くのインド人にとって、食料安全保障は遠い夢のままである。インドの人口の大部分は、健康を維持するために十分な食料を手に入れることができず、また、十分なレベルの微量栄養素を摂取できる多様な食生活を送っているわけではない。総合的な国民栄養調査2016-18は、インドの子供と青少年を対象とした、全国的に代表的な栄養調査としては初めてのものである。それによると、5歳未満の子どもの35%が発育不良で、学齢期の子どもの22%が発育不良で、青少年の24%が年齢の割に痩せていることが分かった。

インドでは、農民が十分な食料を生産していないため、人々は飢えていない。飢餓や栄養失調は、不十分な食料分配、(ジェンダー)不平等、貧困などさまざまな要因から生じる。実際、何百万人もの人々が飢えたままなのに、国は食料を輸出し続けている。豊かさの中にある 「欠乏」なのだ。

農民の生活について、遺伝子組み換えのロビー団体は、遺伝子組み換えは生産性を高め、耕作者の収入を確保するのに役立つと言う。しかし、これも誤解を招きかねない。政治的、経済的な背景を無視している。豊作であっても、インドの農家は財政難に陥っている。

インドの農家は、生産性が低いために苦境に立たされているのではない。新自由主義的な政策、長年にわたる怠慢、そして世界銀行と略奪的なグローバル農業食品企業の要請による零細農家を追い出す意図的な戦略の影響から、彼らは動揺しているのである。農村部の貧しい人々のカロリーや必須栄養素の摂取量が激減しているのも不思議ではない。いくら遺伝子組み換え作物を増やしても、このような状況を正すことはできない。

しかし、インド国内外を問わず、遺伝子組み換え作物推進派は、この状況を自分たちの目的のために捻じ曲げ、世論や政策決定者を動かすために集中的なPRキャンペーンを展開しているのである。

ゴールデンライス

業界は長年にわたり、ゴールデン・ライスを推進してきた。遺伝子操作されたゴールデン・ライスは、遠隔地の貧しい農民の食生活に必要なビタミンAを供給する現実的な方法である、と主張してきた。ビタミンAの不足は南半球の多くの貧しい国々で問題になっており、何百万人もの人々が感染症や病気、失明などの病気にかかる危険性が高い。

ロックフェラー財団の資金援助を受けて開発されたゴールデンライスは、ビタミンA欠乏症で毎年死亡する約67万人の子供と失明する35万人の命を救うのに役立つと考える科学者もいる。

一方、評論家はゴールデン・ライスには重大な問題があり、ビタミンA欠乏症に対処するための別のアプローチを実施すべきだと言っている。グリーンピースなどの環境保護団体は、ゴールデンライス推進派の主張は誤解を招くものであり、ビタミンA欠乏症対策における実際の問題を単純化しすぎていると指摘している。

多くの批評家はゴールデン・ライスを、バイオテクノロジー企業とその同盟者が、より収益性の高い他の遺伝子組み換え作物の世界的な承認への道を開くことを期待する、誇張されたトロイの木馬とみなしている。ロックフェラー財団は「慈善団体」とみなされるかもしれないが、その実績は、土着農業や地域・国家経済を犠牲にする商業的・地政学的利益を促進するアジェンダに深くかかわってきたことを示している。

2013年に英国の環境大臣だった、今は失脚したオーウェン・パターソンは、遺伝子組み換え反対派が「世界を養う試みに暗い影を落としている」と主張した。彼は、世界の子どもの死因の3分の1を占めるビタミンAを強化した米を迅速に普及させるよう呼びかけた。彼はこう主張した。

「この技術について、ごく少数の人が思い悩んでいるために、小さな子供たちが失明したり、死んだりするのは、本当に嫌なことだ。私はこのことをとても強く感じている。彼らのやっていることは絶対に邪道だと思う」

The Observerの科学ライターRobin McKieは、ゴールデンライスについて、業界の常套句をすべて無批判に紹介する記事を書いた。Twitterでは、The ObserverのNick Cohenが、こうつぶやいて支持を表明している。

「遺伝子組み換えゴールデン・ライスに対する反対運動ほど、無知な西洋人の特権が無用な不幸を引き起こす例はない」

企業ロビイストのパトリック・ムーア、政治ロビイストのオーウェン・パターソン、バイオテクノロジーのスピン商人マーク・ライナス、高給取りのジャーナリスト、あるいは事実よりもスピンに従事しているロビイストCSプラカシュのような人物からであろうと、レトリックは、反GM活動家や環境保護主義者は金持ち国に住む特権階級の人々に過ぎず、貧しい人々に遺伝子操作作物が与えるとされる恩恵を否定している、というよくできた皮肉なPRラインを取るのである。

ゴールデン・ライスの支持者が用いる中傷や感情的な恐喝にもかかわらず 2016年に学術誌『Agriculture & Human Values』に掲載されたグレン・ストーンとドミニク・グローバーの論文では、ゴールデン・ライスが実現しなかった約束について反GM活動家が非難する証拠はほとんどないとされている。ゴールデンライスは圃場への導入からまだ何年も経っておらず、準備ができたとしても、支持者が主張する高尚な健康効果には遠く及ばないかもしれないのだ。

ストーン氏は次のように述べている。

「ゴールデン・ライスはまだ市場に出る準備ができていないが、環境活動家がその導入を妨げているという一般的な主張の裏付けはほとんど見いだせない。遺伝子組み換え反対派が問題なのではない。」

さらに、この米は、主要な研究が行われているフィリピンの米育種研究所の試験圃場では、単に成功していないだけであると付け加えた。2013年の抗議活動では、活動家がゴールデンライスの試験圃場を1つ破壊したが、この行為がゴールデンライスの承認に大きな影響を与えたとは考えにくい。

ストーン氏はこう語る。

「試験圃場を破壊することは、反対を表明するための怪しげな方法だが、これは長年にわたる複数の場所の多くの圃場のうち、小さな1つの圃場にすぎない。しかも、彼らは10年以上前からゴールデンライス批判者を 「殺人者 」と呼んでいる。」

ゴールデン・ライスはもともと善意に裏打ちされた有望なアイデアであったと考え、ストーンはこう主張した。

「しかし、もし我々が遺伝子組み換え作物をめぐって争うのではなく、貧しい子供たちの福祉に実際に関心があるのなら、可能な解決策を公平に評価しなければならない。24年間の研究と品種改良の結果、ゴールデン・ライスはまだ発売されるには何年もかかるというのが単純な事実なのである」

研究者たちは、すでに農家で栽培されている非GM株と同じように収穫できるベータカロチン濃縮株を開発することにまだ問題があった。ストーンとグラバーは、ゴールデン・ライスのベータ・カロチンが栄養不良の子供たちの体内でビタミンAに変換されるかどうかさえまだ不明であると指摘する。また、ゴールデン・ライスのβカロチンが、収穫期と収穫期の間に長期間保存された場合や、人里離れた地方で一般的な伝統的な方法で調理された場合に、どの程度持ちこたえることができるかについても、ほとんど研究がなされていない。

GMWatchの編集者であるクレア・ロビンソン氏は、保存中や調理中に米に含まれるベータカロチンが急速に分解されるため、発展途上国のビタミンA不足の解決策にはならないと主張している。また、腸での吸収や、そもそもゴールデン・ライスから届けられるβ-カロテンの量が少なく、ばらつきがあるなど、さまざまな問題があるようだ。

一方、グレン・ストーンによれば、ゴールデン・ライスの開発が忍び寄る中、フィリピンでは非GM方式でビタミンA欠乏症の発生率を切り下げることに成功したという。

ここで提示された証拠は、ゴールデン・ライスが商業的な市場に到達できなかったのは活動家のせいではないのに、なぜゴールデン・ライスの支持者が批判者を中傷し、罵倒し、感情的に恐喝し続けるのか、という疑問を私たちに抱かせるかもしれない。彼らは誰のために、この技術を強く推し進めようとしているのだろうか?

2011年、昆虫生態学と害虫管理のバックグラウンドを持つ上級科学者、マーシャ・イシイ=エイトマンは同様の質問を投げかけた。

「この野心的なプロジェクトは、何百万人もの人々の苦しみをなくすと主張しているが、誰が監督しているのだろうか?」

彼女は、その質問にこう答えている。

ゴールデン・ライスの発明者、ロックフェラー財団、USAID、広報・マーケティングの専門家などとともに、シンジェンタが座っているエリート、いわゆる人道委員会である。この大規模な実験がもたらす政治的、社会的、生態学的な影響を評価する農民や先住民、生態学者や社会学者は一人もいないのである。そしてIRRIのゴールデンライス・プロジェクトのリーダーは、以前モンサント社の研究部長だったジェラルド・バリーに他ならない。」

農薬アクションネットワーク・アジア太平洋のエグゼクティブディレクター、サロジェニ・V・レンガムは、関係するドナーや科学者に、目を覚まして正しいことをするよう呼びかけた。

「ゴールデン・ライスはまさに 「トロイの木馬 」である。アグリビジネス企業が遺伝子組み換え作物と食品を受け入れさせるために行った広報活動なのである。私たちは、ゴールデン・ライスの普及を支援しているすべての人々、特に援助団体に、彼らの資金と努力は、モノカルチャー農園や遺伝子組み換え作物の普及によって生物多様性を破壊するのではなく、自然や農業の生物多様性の回復に費やした方が良いという強いメッセージを送りたい」と述べた。

そして、彼女は正当な指摘をしている。病気や栄養失調、貧困に対処するためには、まずその根本的な原因を理解する必要がある。

著名な作家であり学者であるウォルデン・ベロは、過去30年間にフィリピンを経済の泥沼に突き落とした複合的な政策は、債務返済の優先、保守的なマクロ経済管理、政府支出の大幅削減、貿易・金融自由化、民営化・規制緩和、農業の再編、輸出指向の生産などを含む「構造調整」であると指摘している。

クレア・ロビンソン(Claire Robinson)は、農業経済の再編について、かつて葉物野菜は裏庭でも水田でも、稲が育つ水路のほとりで栽培されていたと述べている。

用水路には魚もいて、害虫を食べてくれた。このように、人々は米、緑葉野菜、魚と、β-カロテンを含む健康的な栄養素をバランスよく摂取することができた。

しかし、土着の作物や農法は、化学薬品に依存した単一栽培に取って代わられた。緑の葉野菜は農薬で殺され、人工肥料が導入され、その結果、化学物質で汚染された水では魚は生きられなくなった。さらに、土地へのアクセスが悪くなったことで、多くの人は裏庭に葉野菜を植えることができなくなった。人々は米だけの貧しい食事しかできず、ゴールデン・ライスという「解決策」の基礎が築かれたのである。

フィリピン、エチオピア、ソマリア、アフリカなど、IMFや世界銀行の「構造調整」の影響で、農民経済は荒廃し、欧米のアグリビジネス、操作された市場、不公正な貿易ルールに依存するようになった。そして、遺伝子組み換え作物は、貧困に関連する病気に取り組むための「解決策」として提供されるようになった。農業経済の再編から利益を得た企業は、今度はその破壊から利益を得ようとしている。

2013年、土壌協会は、貧困層はビタミンAの欠乏だけでなく、より広範な栄養失調に苦しんでいると主張した。最善の解決策は、サプリメントや栄養強化は緊急用の貼り薬として使い、その後は貧困と栄養失調のより広い問題に取り組む方策を実施することだ。

より広範な問題に取り組むには、栄養不良のより広い問題を対象とした、より多様な作物の栽培に必要なさまざまな種子、道具、技能を農民に提供することが必要である。例えば、熱帯地域で育つサツマイモと、米国で育つビタミンAを豊富に含むオレンジ色のサツマイモを交配して、栄養価の高い作物を作ることもその一例である。ビタミンAがゴールデンライスの5倍というこのオレンジ色のサツマイモを、ウガンダやモザンビークの農家に提供するキャンペーンが成功している。

過去20年間にゴールデン・ライスに費やされた資金、研究、宣伝が、ビタミンA不足に対処する実証済みの方法に使われていれば、発展途上国の失明は何年も前に根絶していたはずである。

しかし、私たちは真の解決策を追求する代わりに、議論を封じようとする中傷やGM推進派のスピンを受け続けているのである。

小規模農家が採用している伝統的な農業生態学的手法の多くは、現在では、高生産性で栄養価の高い、持続可能な農業に適した洗練されたものとして認識されている。

アグロエコロジーの原則は、食料と農業に対するより統合された低投入システムのアプローチであり、地域の食料安全保障、地域の熱量生産、作付けパターン、1エーカーあたりの多様な栄養生産、水位安定性、気候変動への耐性、優れた土壌構造、進化する害虫や病気の圧力に対処する能力を優先させるものである。理想的には、このようなシステムは、最適な自給自足、文化的に適切な食品を得る権利、土地、水、土壌、種子などの共有資源の地元所有と管理に基づいて、食料主権の概念に裏打ちされていることだ。

価値の獲得

伝統的な生産システムは、輸入された「解決策」とは対照的に、農民の知識と専門性に依存している。しかし、インドの綿花栽培を例にとると、農民は伝統的な農法から離れ、(違法な)遺伝子組み換え除草剤耐性のある綿花の種に押され続けている。

研究者のGlenn StoneとAndrew Flachsは、この伝統的な農法からの転換の結果が、農民の利益になっていないように見えると指摘している。これは、遺伝子組み換え種子や関連化学物質について農民に「選択権」を与えるということではない(これも業界でよく言われることである)。むしろ、遺伝子組み換え種子会社と除草剤メーカーが、非常に有利な市場を活用しようとしているのである。

インドにおける除草剤市場の成長の可能性は非常に大きい。その目的は、バイオテクノロジー業界で最大の稼ぎ頭である除草剤耐性形質を持つ遺伝子組み換え種子をインドに開放することである(2015年の世界の遺伝子組み換え作物面積の86%にグリホサートまたはグルフォシネートに耐性を持つ植物が含まれており、2,4-Dに耐性を持つ新世代の作物が誕生している)。

その目的は、農民の伝統的な経路を断ち切り、産業の利益のために企業のバイオテクノロジー/化学製品の踏み台に乗せることだ。

ruralindiaonline.orgのウェブサイトのレポートによると、南部オディシャのある地域では、農民が(違法な)高価なGM除草剤耐性綿花の種に頼るようになり、伝統的な食用作物に取って代わったことが明らかになっているかつて農民たちは、前年に家族で収穫したものを保存しておいた平飼いの種を混植し、食用作物のバスケットを収穫していた現在、彼らは生計を立てるために、種子業者や化学物質の投入、不安定な国際市場に依存しており、もはや食料を確保することはできない。

アグロエコロジーや伝統的な小規模農業の利点の強調を求める声は、過去や「農民」へのロマンティックな憧れに基づいているわけではない。入手可能な証拠によれば、低投入法を用いた小規模農業は、大規模な工業的農場よりも全体の生産性が高く、収益性も気候変動への耐性も高くなりうる。多くのハイレベルな報告書がこの種の農業への投資を求めているのは、それなりの理由があるからである

世界的に工業的農業が補助金の80%、研究資金の90%を握っているという事実など、圧力にもかかわらず、零細農業は世界の食糧供給に大きな役割を担っている

このような資金注入の結果としてのみ利益を上げられるシステムを支えるために、また、農業食品の寡占企業がその事業による健康、社会、環境の膨大なコストを外部化しているために、大量の補助金と資金が投入されているのである。

しかし、政策立案者は、利潤を追求する多国籍企業が自然資産(「コモンズ」)の所有者であり管理者であるという正当な主張があることを受け入れる傾向にある。これらの企業やそのロビイスト、政治家たちは、自分たちの農業のビジョンについて、政策立案者の間に「厚い正統性」を固めることに成功している。

これらの資産の共同所有と管理は、公共の利益のために人々が協力するという概念を体現している。しかし、これらの資源は国家や私企業によって横取りされてきた。例えば、カーギルはインドの食用油加工部門を買収し、その過程で何千人もの村の労働者を失業させた。モンサントは共謀して知的財産権のシステムを設計し、あたかも自分たちが種子を製造し、発明したかのように特許を取得できるようにした。またインドの先住民族は、国が鉱山会社と共謀して古来の土地から無理やり追い出された

必要不可欠な共有資源を手に入れた者は、それを商品化しようとする。木材のための木、不動産のための土地、農業用種子など、人工的な希少性を作り出し、他のすべての人々にアクセスのための代償を強いる。このプロセスには、自給自足を根絶することが含まれている

世界銀行の「農業ビジネスを可能にする」指令から、世界貿易機関の「農業に関する協定」や貿易関連の知的財産協定に至るまで、国際機関は、種子、土地、水、生物多様性、その他我々全員のものである自然資産を独占しようとする企業の利益を擁護してきた遺伝子組み換え農業を推進するこれらの企業は、農民の貧困や飢餓に対する「解決策」を提供しているわけではない遺伝子組み換え種子は、価値を獲得するメカニズムに過ぎないのだ。

「世界を養う」ために遺伝子組み換えが必要だという遺伝子組み換えロビーのレトリックを評価するには、まず、(補助金による)過剰生産を背景に飢餓と栄養失調を助長するグローバル化した食糧システムの力学を理解する必要がある私たちは、資本主義の破壊的で捕食的な力学と、農業食品大手が新しい(外国)市場を求め、既存の生産システムを彼らの利益にかなうものに置き換えることによって利益を維持する必要性を認めなければならない。 そして私たちは、遺伝子組み換え作物の「解決策」を積極的に推し進める、遺伝子組み換え作物推進派の科学者たちの中にある、まやかしの「高慢な帝国主義」を拒絶する必要がある。

例えば、『南アジア研究』誌の論文「Food Security and Traditional Knowledge in India」で概説されているように、数世紀にわたる伝統的知識を活用し、食糧安全保障のための有効なアプローチとして認識されつつある農耕生態系は、技術的な干渉によってすでに破壊されたり損なわれたりしているのだ。

この論文の著者である Marika Vicziany と Jagjit Plahe は、インドの農民は何千年にもわたり、移住や取引ネットワーク、贈答品交換、 あるいは偶然の拡散によって入手したさまざまな動植物の標本を用いて実験を行ってきたと述べている。彼らは、インドの食糧安全保障にとって伝統的知識が極めて重要であり、学習と実践、試行錯誤によってそのような知識が進化してきたことに注目している。農民は鋭い観察眼と記憶力を持ち、教えや語りによって知識を伝えている

その農民の種子と知識が、企業によって流用され、化学薬品に依存した独自の交配種が作られ、今では遺伝子操作されているのである

大企業は、その種子と合成化学物質の投入により、伝統的な種子交換のシステムを根絶してしまった彼らは事実上種子を乗っ取り、農民が何千年にもわたって培ってきた生殖能力を海賊版で奪い、その種子を農民に「貸与」している食用作物の遺伝的多様性は激減した。種の多様性の根絶は、単に企業の種を優先させただけではない。緑の革命では、農民が保管していた、実際には収量が高く気候に適した伝統的な種を意図的に横取りしたのである。

しかし、「気候の非常事態」を口実に、私たちは今、グローバルなアグリビジネスとハイテク企業が支配する単一世界の農業(「Ag One」)というゲイツのビジョンを受け入れるよう、南半球に働きかけているのを目の当たりにしている。しかし、環境を略奪し、自然界を劣化させたのは、いわゆる先進国や富裕層のエリートたちである。

豊かな国々とその強力な農業食品企業には、自分たちの家を整理し、牧場や単一作物商品のための熱帯雨林の破壊を止め、海への農薬の流出を止める責任があるのだ。過剰に生産され、余剰となったトウモロコシなどの飼料作物のための市場として機能するようになり、遺伝子組み換えグリホサート依存の農業の展開を止め、あらゆる段階で化石燃料に依存する長いサプライチェーンに基づく食糧のグローバルシステムに歯止めをかけるために、まったく比例しない成長を遂げてしまった食肉産業を抑制すること。

(遺伝子組み換え作物を使った)農業の一つのモデルをすべての国が受け入れなければならないと言うことは、自然の生態系と調和した独自の種子と慣習で機能していた土着の食糧システムをすでに破壊してしまった植民地主義者の考え方を引き継ぐものである。

第3章 アグロエコロジー

ローカリゼーションと食料主権

業界関係者や科学者は、農薬の使用や遺伝子組み換え作物は「近代農業」に必要だと主張する。しかし、そうではないことを示唆する十分な証拠がある。産業界がいくら「安全な」レベルで存在していると安心させようと思っても、私たちの体を有毒な農薬で汚染する必要はない。

また、「近代農業」における合成農薬や遺伝子組み換え作物の必要性に疑問を呈する人は、無知であるか、あるいは「反科学」であるという、業界が推進するシナリオもある。これもまた事実ではない。「近代農業」とはどういう意味なのだろうか。それは、グローバルな農業資本とその国際市場やサプライチェーンの需要に適合したシステムを意味する。

作家であり学者であるBenjamin R Cohenが最近述べたように。

「長距離輸送が可能で、店や家庭で数日以上持ちこたえることができる農産物を栽培するという近代農業のニーズを満たすことは、段ボールのような味のトマトや、以前ほど甘くないイチゴを生み出すことになりかねない。それは現代農業のニーズではない。グローバルマーケットのニーズなのである」

都市化、巨大スーパーマーケット、グローバル市場、長いサプライチェーン、外部からの独自投入(種子、合成農薬・肥料、機械など)化学物質に依存した単収、高度加工食品、市場(企業)依存などが、農村コミュニティ、小規模独立企業、小規模農家、ローカル市場、短いサプライチェーン、農場内資源、多様なアグロエコロジー作物、栄養密度の高い食事、食料主権を犠牲にしている。

代替的な農業・食品システムが必要なことは明らかだ。

2009 年に 400 人の科学者が作成し、60 カ国が支持した「開発のための農業知識・科学・技術の国際評価」 (Agriculture at a Crossroads)は、世界の農業の生産性を維持、向上させるためにアグロエコロジーを推奨し ている。この報告書は、南半球における「持続可能な農業」の最大の研究であり、57 カ国、3700 万ヘクタールの 286 のプロジェクトを分析し、平均して作物収量が 79%増加したことを挙げている(この研究には、「資源保護」の非有機的従来アプローチも含まれている)。

この報告書は、アグロエコロジーは工業的農業と比較して、食糧安全保障と栄養、ジェンダー、環境、収量を大幅に改善すると結論付けている。

論文「Reshaping the European Agro-food System and Closing its Nitrogen Cycle」で伝えられているメッセージ。One Earth誌に掲載されたThe potential of combining dietary change, agroecology, and circularity (2020), is that organic-based, agri-food system could be implemented in Europe and allowing a balanced coexistence between agriculture and the environment.この論文は、ヨーロッパで有機農法をベースとした農業食品システムが実現し、農業と環境のバランスのとれた共存が可能になるというものである。これはヨーロッパの自治を強化し 2050年に予測される人口を養い、ヨーロッパ大陸が人間の消費に穀物を必要とする国々に穀物を輸出し続け、農業による水質汚染と有害物質の排出を大幅に削減することを可能にするものである。

ジル・ビレンらによる論文は、食料安全保障、農村開発、栄養改善、持続可能性を保証するために有機農業が不可欠であると結論付けた、長い研究・報告書の流れに沿ったものである。

2006 年に出版された「有機農業の世界的発展」。ニールズ・ハルバーグとその同僚は 2006年の著書「有機農業の世界的発展:課題と展望」の中で、食糧不安に苛まれる人々がまだ7億4000万人以上おり(現在少なくとも1億人以上)その大半は南半球に住んでいると論じている彼らは、「南半球」の農地面積の約50%を有機農業に転換すれば、自給率が高まり、同地域への食料純輸入が減少すると述べている

2007年、FAOは、有機モデルは費用対効果を高め、気候ストレスに直面したときの回復力に貢献すると指摘している。FAOは、生物多様性を時間(輪作)と空間(混作)で管理することにより、有機農家は労働力と環境要因を利用して持続的に生産を強化でき、有機農業は農家が独自の農業投入物に依存する悪循環を断ち切れると結論付けている。

もちろん、有機農業とアグロエコロジーは必ずしも同じものではない有機農業は、巨大なアグリフードコングロマリットが支配するグローバル化された食の体制の一部であることに変わりはないが、アグロエコロジーは有機農法を用いながらも、理想的には地域化、食料主権、自立の原則に根ざしたものである

FAO は、アグロエコロジーが食料自給率の向上、零細農家の活性化、雇用機会の拡大に寄与することを認めている。また、有機農業は、現在の世界人口に対して一人当たりで十分な食料を生産することができるが、従来の農業よりも環境への影響を少なくすることができると主張している。

2012年、国連貿易開発会議(UNCTAD)のペトコ・ドラガノフ事務次長は、アフリカの有機農業へのシフトを拡大することは、大陸の栄養ニーズ、環境、農家の収入、市場、雇用に有益な効果をもたらすと述べている。

国連環境計画(UNEP)とUNCTAD(2008)が実施したメタ分析では、アフリカにおける114件の有機農業の事例を評価している。この2つの国連機関は、有機農業はほとんどの従来の生産システムよりもアフリカの食糧安全保障に貢献することができ、長期的に持続可能である可能性が高いと結論付けている

このほかにも、ローデール研究所、国連グリーン・エコノミー・イニシアティブ、タミルナドゥ州女性共同体、ニューカッスル大学、ワシントン州立大学など、有機農業の有効性を証明する研究・プロジェクトが数多くある。また、マラウイでの有機農業の成果も見逃せない。

しかし、キューバは、工業的化学物質集約型農業からの脱却において、世界で最も短期間に大きな変化を遂げた国なのである。

アグロエコロジーのミゲル・アルティエリ教授は、キューバがソビエト連邦の崩壊によって経験した困難のため、1990年代に有機農法やアグロエコロジーの技術へと移行したと指摘している。1996年から2005年まで、キューバの一人当たりの食糧生産は、より広い地域全体で生産が停滞していた時期に、毎年4.2%増加した

2016年には、キューバには38万3,000の都市農園があり、5万ヘクタールの未利用地を利用して150万トン以上の野菜を生産している。最も生産性の高い都市農園では、合成化学物質を使用せず、1平方メートルあたり最大20kgの食品を生産し、これは世界最高水準である。ハバナやビジャクララで消費される生鮮野菜の50〜70%以上を都市農園でまかなっている。

アルティエリ氏と同僚のフェルナンド・R・フネス=モンゾーテ氏は、すべての農民農場と協同組合が多様なアグロエコロジーデザインを採用すれば、キューバは人口を養うのに十分な生産量を確保でき、観光産業に食料を供給し、外貨を稼ぐための食料も輸出できると計算している

システム・アプローチ

アグロエコロジーの原則は、還元主義的な生産高化学集約型の産業パラダイムからの転換を意味する。このパラダイムは、とりわけ人間の健康や土壌、水資源に大きな圧力を与える結果となる。

アグロエコロジーは、伝統的な知識と現代の農業研究に基づき、現代の生態学、土壌生物学、害虫の生物学的防除の要素を利用している。このシステムは、農薬や企業の種子を使わずに、農場内の再生可能な資源を利用し、害虫や病気を管理するための内生的な解決策を優先することで、健全な生態系管理を行うものである。

学者であるラジ・パテルは、アグロエコロジーの基本的な実践について、無機肥料の代わりに窒素固定豆を栽培し、害虫を駆除するために花を使って益虫を呼び寄せ、より集中的に植えることで雑草を駆除すると説明している。その結果、洗練されたポリカルチャーが生まれ、1つの作物だけでなく、多くの作物が同時に生産されるようになる。

しかし、このモデルは、グローバルなアグリビジネスの利益に対する直接的な挑戦である。現地化と農場での投入に重点を置くアグロエコロジーは、所有権のある化学薬品や海賊版の特許種子や知識、長大なグローバルサプライチェーンに依存する必要はない。

アグロエコロジーは、一般的な工業的化学物質集約型の農業モデルとは全く対照的である。このモデルは、狭い収量-出力パラダイムに固執する還元主義的思考に基づいており、食と農に対する社会-文化-経済-agonomicシステムの統合的アプローチを把握することができない、もしくは把握する気がない可能性が高い。

アグロエコロジーの原則と短いサプライチェーンに基づく、地域に根ざした民主的な食糧システムが求められている。遠くの企業や高価な環境破壊物質への依存ではなく、地元や地域の食料自給につながるアプローチ。この2年間で、世界経済の大部分が閉鎖されたことによって明らかになったことは、長いサプライチェーンとグローバル市場がショックに対して脆弱であるということだ。実際、さまざまな経済封鎖の結果、何億人もの人々が今、食糧不足に直面している。

2014年、当時の国連特別報告者オリヴィエ・ドゥ・シュッターによる報告書は、民主的に制御された農業システムにアグロエコロジーの原則を適用することで、食糧危機と貧困の課題に終止符を打つことができると結論づけた。

しかし、欧米の企業や財団は、伝統的な農業や真の持続可能な農業・食品システムを弱体化させ、企業による食糧の買収をある種の「グリーン」な環境ミッションとしてパッケージ化し、「サステナビリティ」の時流に乗りつつある。

ゲイツ財団は、「Ag One」イニシアチブを通じて、全世界でひとつのタイプの農業を推進しようとしている。農民や一般市民が何を必要とし、何を望んでいるかに関係なく、トップダウンのアプローチで。企業の統合と中央集権に基づくシステム。

しかし、このようなモデルを推進する人々の権力と影響力を考えると、これは単なる必然なのだろうか?ETCグループと共同で報告書を発表した「持続可能な食料システムに関する国際専門家パネル」によれば、そうではないようだ:「A Long Food Movement: このパネルは、ETCグループと共同で、「長いフード・ムーブメント:2045年までにフードシステムを変革する」という報告書を発表している。

この報告書は、市民社会と社会運動(草の根組織、国際NGO、農民・漁民グループ、協同組合、組合)が、資金の流れ、統治構造、食糧システムを根底から変革するために、より緊密に協力するよう呼びかけている。

この報告書の主執筆者であるパット・ムーニー氏は、アグリビジネスが伝えるメッセージは非常にシンプルであると語る。連鎖する環境危機は、政府が最も強力な企業の起業家精神、深い懐、リスクを取る精神を解き放たなければ開発できない強力な新しいゲノムおよび情報技術によって解決することができる、と。

ムーニーは、私たちは何十年もの間、新興技術に基づく同様のメッセージを発してきたが、技術は現れないか、横ばいになり、成長したのは企業だけであったと指摘している。

ムーニーは、アグロエコロジーのような真に成功した代替案は、しばしば、それを脅かす産業によって弾圧されると主張するが、市民社会には、特に健全で公平なアグロエコロジー生産システムの開発、短い(コミュニティベースの)サプライチェーンの構築、統治システムの再編と民主化において、驚くべき反撃の実績があると述べている。

そして、その指摘は的を射ている。数年前、オークランド研究所は、気候変動、飢餓、貧困に直面するアフリカ各地のアグロエコロジー農業の成功に焦点を当てた 33 のケーススタディに関するレポートを発表した。これらの研究は、農業の変革が、気候の公正を確保し、土壌と環境を回復させながら、いかに経済、社会、食糧安全保障に多大な利益をもたらすかについて、事実と数字を示しながら説明している。

この研究は、農民の所得、食糧安全保障、作物の回復力を高めながら、農業の収量を増加させる手頃で持続可能な方法など、アグロエコロジーの複数の利点を強調している。

報告書では、アグロエコロジーが、植物の多様化、間作、土壌肥沃化のためのマルチング、肥料や堆肥の施用、害虫や病気の自然管理、アグロフォレストリー、水管理構造の構築など、さまざまな技術や実践を用いることが説明されている。

アグロエコロジーの成功例や、農家がグリーン革命の思想と実践を捨ててアグロエコロジーを取り入れた例は、他にもたくさんある。

アップスケール

Farming Matters のウェブサイトでのインタビューで、ミリオン・ベレイは、アグロエコロジー農業がいかにアフリカにとって最良のモデルであるかに光を当てている。Belayは、アグロエコロジーの最も優れた取り組みの1つが1995年にエチオピア北部のティグライで始まり、現在も続いていると説明する。

4つの村から始まり、良い結果が出た後、83の村に拡大され、最終的にはティグライ州全体に拡大された。国レベルでスケールアップするよう農業省に提言された。現在、プロジェクトはエチオピアの6つの地域に拡大している。

このプロジェクトがメケレのエチオピア大学による研究の支援を受けていることは、こうした実践が有効であり、農民と土地の双方にとってより良いものであることを意思決定者に納得させる上で極めて重要であることが証明されている。

Bellayは、東アフリカで広く普及しているアグロエコロジーの実践法である「プッシュプル」について説明している。この方法では、重要な飼料種や野草の近縁種を選択的に間作することで害虫を管理し、害虫は同時に1つ以上の植物によってシステムからはじかれ、「おとり」の植物に引き寄せられ、それによって作物を害虫から保護することができる。

プッシュプルは、畑の害虫を生物学的に制御し、農薬の必要性を大幅に減らし、特にトウモロコシの生産量を増やし、農家の収入を増やし、動物の飼料を増やし、その結果、乳量を増やし、土壌肥沃度を改善するのに効果的であることが証明されている。

2015年には、この農法を利用する農家は9万5,000軒に増えた。成功の基盤のひとつは、東アフリカで15年以上にわたって、茎虫とストライガに対する生態学に基づく効果的な害虫管理ソリューションに取り組んできた国際昆虫生理生態センターとローサムステッド研究所(英国)の協力による、最先端の科学の導入である。

この本は、政府機関や研究機関などの主要機関の支援によって何が達成されるかを示している。

例えばブラジルでは、行政が農民の農業とアグロエコロジーを支援し、公共部門の学校や病院とサプライチェーンを構築してきた(食料調達プログラム)。これによって適正な価格が確保され、農民が団結するようになった。これは、社会運動が政府に圧力をかけて実現したものである。

 

また、連邦政府は在来種の種を持ち込み、国中の農家に配布した。在来種の種を手に入れられなくなった農家が多かったため、企業の進出に対抗するために重要なことであった。

しかし、アグロエコロジーは「南半球」のものとだけ見なされるべきではないだろう。フード・ファースト社のエリック・ホルツ-ジメネズ社長は、世界の多くの問題に対して、農業を超えた(しかし農業に関連した)具体的で実用的な解決策を提供すると主張している。そうすることで、アグロエコロジーは、一般的な病的な教条主義的新自由主義経済学に挑戦し、その代替案を提供する。

アグロエコロジーを拡大することで、飢餓、栄養失調、環境悪化、気候変動に対処することができる。豊かな国々で安全な労働集約的農業労働を創出することによって、労働力の海外移転と、外部委託された仕事を遂行するために汗水たらして働くことになる他の地域の農村住民の移住との相互関連にも取り組むことができる。新自由主義グローバリゼーションは、米国と英国の経済を蝕み、既存の土着の食料生産システムを追いやり、インドなどの農村インフラを弱め、安い労働力の予備力を作っている2方面のプロセスである。

様々な公式報告書では、飢餓人口を養い、低所得地域の食糧安全保障を確保するためには、小規模農家や多様で持続可能なアグロエコロジカル農法を支援し、地域の食糧経済を強化する必要があると論じている。

オリビエ・デ・シュッターは言う。

「2050年に90億人の人口を養うためには、最も効率的な農業技術を採用することが緊急に必要である。今日の科学的な証拠は、飢えた人々が暮らす場所、特に不利な環境において、食料生産を高めるには、アグロエコロジカルな方法が化学肥料の使用よりも優れていることを証明している

デ・シュッターは、小規模農家が生態学的手法を用いることで、重要な地域において10年以内に食料生産を2倍にすることができると示している。科学文献の広範なレビューに基づき、彼が携わった研究は、食料生産を高め、最貧困層の状況を改善する方法として、アグロエコロジーへの根本的な転換を呼びかけている。この報告書は、アグロエコロジーへの根本的な転換を実施するよう国家に呼びかけている。

アグロエコロジーのサクセスストーリーは、開発が農民自身の手にしっかりと委ねられたときに何が達成されるかを示している。アグロエコロジーの実践を拡大することで、迅速かつ公平で包括的な開発が可能となり、将来の世代にも持続させることができる。このモデルには、ボトムアップで生まれる政策と活動が含まれ、国家はそれに投資し、促進することができる。

適切な道路、貯蔵施設、その他のインフラに支えられた地域市場へのアクセスを備えた分散型の食糧生産システムが、グローバル資本のニーズに応えるために支配・設計された搾取的な国際市場よりも優先されなければならない。

国や地域は、最終的に狭義の食料安全保障の概念から脱却し、食料主権の概念を取り入れる必要がある。ゲイツ財団とアグリビジネス複合企業によって定義された「食の安全保障」は、専門化された生産、土地の集中、貿易自由化に基づく大規模な工業化された企業農業の展開を正当化するために使われてきたに過ぎない。その結果、小規模生産者が広範囲にわたって土地を奪われ、世界的な生態系の劣化を引き起こしている。

世界中で、機械化された工業規模の化学薬品集約的な単一作物栽培へと農法が変化し、農村経済、伝統、文化が損なわれたり、根絶されたりしているのがわかる。地域農業の「構造調整」、独自の種子や技術に依存するようになった農民の投入コストの高騰、食料自給率の破壊が見られるのである。

食料主権は、健康的で文化的に適切な食料を得る権利と、人々が自分たちの食料と農業のシステムを定義する権利を包含している。「文化的に適切な」とは、人々が伝統的に生産し、食べてきた食品と、それに関連する社会的に埋め込まれた慣習を指し、コミュニティと共同体意識を支えるものである。

しかし、それはそれだけにとどまらない。私たちと「地元」の関係は、非常に生理的なものでもある。

人々は、地元の土壌、加工、発酵の過程と深い微生物学的なつながりを持っており、それが腸内マイクロバイオーム(人間の土壌と同じような6ポンドにも及ぶバクテリア、ウイルス、微生物)に影響を及す。そして、実際の土壌と同じように、マイクロバイオームも摂取したもの(あるいは摂取しなかったもの)によって劣化してしまう。腸には主要な臓器の神経終末が多く存在し、マイクロバイオームが効果的に栄養を与えているのである。グローバル化した現代の食品生産・加工システムと化学物質によって、マイクロバイオームがどのように破壊されるのか、現在も研究が続けられている。

資本主義は生活のあらゆる側面を植民地化し、劣化させるが、私たちの存在の本質を、生理学的なレベルでも植民地化しているのである。農薬や食品添加物によって、強力な企業はこの「土壌」を攻撃し、人体も攻撃しているのだ。健康な土壌で栽培された地元産の伝統的な加工食品を食べるのをやめ、化学物質を含んだ栽培・加工活動にさらされた食品を食べ始めたとたん、私たち自身が変わり始めたのである。

食料生産と季節をめぐる文化的伝統とともに、私たちは地元に深く根ざした微生物学的なつながりをも失った。その代わりに、企業の化学物質や種子、そしてモンサント(現バイエル)ネスレ、カーギルといった企業が支配するグローバル・フードチェーンが使われるようになった。

主要な臓器の機能に影響を与えるだけでなく、腸内の神経伝達物質は、私たちの気分や思考に影響を与える。腸内細菌叢の組成の変化は、自閉症、慢性疼痛、うつ病、パーキンソン病など、さまざまな神経症状や精神疾患に関係していると言われている。

サイエンスライターで神経生物学者のMo Costandiは、腸内細菌とそのバランス、脳の発達における重要性について述べている。腸内細菌は、脳内の不要なシナプスを除去する免疫細胞であるミクログリアの成熟と機能を制御している。腸内細菌の組成の加齢による変化は、思春期の髄鞘形成とシナプスの刈り込みを制御し、したがって、認知発達に寄与する可能性がある。加齢に伴う腸内細菌の変化は、思春期における髄鞘形成とシナプス刈り込みを制御している可能性があり、したがって認知機能の発達に寄与している可能性がある。これらの変化を乱せば、子供や青年にとって深刻な影響を与えることになる。

さらに、環境保護主義者のローズマリー・メイソンは、肥満の増加は腸内細菌の豊かさの低下と関連していると指摘する。実際、現代の食物システムにさらされていない部族は、マイクロバイオームが豊かであることが指摘されている。特に、世界で最も広く使われている除草剤グリホサートは、コバルト、亜鉛、マンガン、カルシウム、モリブデン、硫酸塩などの必須ミネラルを強力にキレートする作用があることから、農薬のせいであるとメイソンは主張する。また、有益な腸内細菌を殺し、有毒な細菌を許してしまうとメイソンは主張する。

もし政策立案者が、グリーン革命の手法や技術が推し進められた程度にアグロエコロジーを優先すれば、貧困や失業、都市部への移住を取り巻く問題の多くが解決される可能性がある。

アグロエコロジー国際フォーラムの2015年宣言は、真にアグロエコロジー的な食糧生産に基づき、新しい農村と都市のつながりを生み出す草の根の地域食糧システムを構築することを主張している。アグロエコロジーは、工業的な食品生産モデルの道具になるように共依存されるべきではなく、それに対する本質的な代替策であるべきだと述べている。

宣言では、アグロエコロジーは政治的なものであり、地元の生産者とコミュニティが社会の権力構造に挑戦し、変革していく必要があると述べている。特に、種子、生物多様性、土地と領土、水、知識、文化、コモンズの支配権を、世界を養う人々の手に渡すことが重要だ。

しかし、アグロエコロジーを拡大するための最大の課題は、大企業による商業的農業の推進と、アグロエコロジーを疎外しようとする試みにある。残念ながら、グローバルなアグリビジネス関係者は、科学、政策、政治の領域でうまく紡がれた複雑なプロセスの網に基づき、「厚い正当性」の地位を確保している。この正統性とは、アグリビジネスのコングロマリットが持つロビー活動、資金力、政治力に由来し、政府省庁、公的機関、農業研究のパラダイム、国際貿易、食と農に関する文化的物語を取り込み、形成しようとするものである。

第4章 開発の歪み

企業の取り込みと帝国主義的意図

多くの政府がアグリテック/アグリビジネス業界と手を組み、国民の頭越しにその技術を宣伝している。公益に資するはずの科学機関や規制機関が、業界とつながりのある重要人物の存在によって破壊され、強力な業界ロビーが官僚や政治家を支配している。

2014年、Corporate Europe Observatoryは、過去5年間の欧州委員会について批判的な報告書を発表した。同報告書は、欧州委員会が企業のアジェンダに喜んで仕える存在であったと結論付けた。遺伝子組み換え作物や農薬について、アグリビジネスの側に立っていた。アグリビジネスとそのロビイストがブリュッセルの舞台を支配し続けたため、ヨーロッパはより持続可能な食と農のシステムへ移行するどころか、逆のことが起こったのである。

 

欧州の消費者は遺伝子組み換え食品を拒否しているが、欧州委員会は、ユニリーバなどの巨大食品企業やロビー団体「フードドリンクヨーロッパ」に助けられ、バイオテクノロジー部門からの遺伝子組み換え食品を欧州に入れるという要求に応えようと様々な試みを行ってきた。

報告書は、委員会が調査したすべての分野で企業アジェンダを熱心に追求し、大企業の利益と同調する政策を推し進めたと結論付けている。このような利益は、社会全体の利益と同義であるという明らかな確信のもとに、このようなことが行われた。

それ以来、ほとんど変化していない。2021年12月、Friends of the Earth Europe(FOEE)は、アグリビジネスとバイオテクノロジーの大企業が現在、新しいゲノム技術に関する表示と安全性のチェックを一切削除するよう、欧州委員会に働きかけていると指摘した。ロビー活動を開始して以来(2018年)これらの企業は少なくとも3600万ユーロを費やして欧州連合にロビー活動を行い、欧州委員やその内閣、局長らと182回、つまり1週間に1回以上会談しているとのことだ。

FOEEによると、欧州委員会はロビーの要求を新法に盛り込み、安全性チェックの弱体化や遺伝子組み換え表示の迂回を盛り込むことに余念がないようだ。

しかし、国内および国際的な主要機関に対する企業の影響力は、何も新しいものではない。

2020年10月、クロップライフ・インターナショナルは、FAOとの新しい戦略的パートナーシップは、持続可能な食糧システムに貢献すると述べた。また、業界とFAOにとって初めてのことであり、共通の目標が共有されるパートナーシップで建設的に働くという植物科学分野の決意を示すものであるとも述べている。

クロップライフ・インターナショナルは、強力な業界団体であり、世界最大の農業バイオテクノロジーおよび農薬企業が会員として名を連ねている。バイエル、BASF、シンジェンタ、FMC、コルテバ、スミトマ・ケミカルなどだ。植物科学技術の振興という名目のもと、同協会は何よりもまず、会員企業の利益(ボトムライン)を優先している。

2020年に行われたUnearthed(グリーンピース)とPublic Eye(人権NGO)の共同調査で、BASF、Corteva、Bayer、FMC、Syngentaは、規制当局によって深刻な健康被害があるとされた有毒化学物質を販売することで数十億ドルの利益をもたらしていることが明らかになった。

また、その売上のうち10億ドル以上が、ミツバチに対して非常に毒性の高い化学物質(一部は現在ヨーロッパ市場で禁止されている)によるものであることも判明した。これらの売上の3分の2以上は、ブラジルやインドなどの中低所得国で行われたものである。

2021年の国連食糧システムサミットにおける民衆の自律的対応の政治宣言では、グローバル企業が多国間の場にますます入り込み、さらなる工業化、農村コミュニティからの富と労働力の抽出、企業権力の集中を確保するために持続可能性の物語を共用していると述べている。

このことを考えると、クロップライフ・インターナショナルが FAO のアグロエコロジーへのコミットメントを頓挫させ、食システムのさらなる企業植民地化を推し進めようとすることが大きな懸念材料となる。そして、クロップライフ・インターナショナルのメンバーの利益を脅かす代替開発および農業食品モデルに対して、FAO内部からイデオロギー的攻撃が行われているように見えるのである。

報告書「誰が私たちを養うのか?The Industrial Food Chain vs the Peasant Food Web」(ETC Group, 2017)では、小規模生産者の多様なネットワーク(the peasant food web)が、最も飢え、疎外された人々を含む世界の70%を実際に養っていることが示された。

旗艦報告書では、工業的フードチェーンで生産された食品のうち、実際に人々に届くのはわずか24%であることが示された。さらに、産業用食品は私たちに多くの犠牲を強いていることが示された。産業用食品に1ドル使われるごとに、その後始末にさらに2ドルかかるのである。

しかし、その後、2つの著名な論文が、小規模農家は世界人口の35%しか養っていないと主張している。

論文の1つは、「世界の食料のうち、小農はどれだけ生産しているのか?(Ricciardi et al, 2018)である。もう一つは、FAOの報告書『どの農場が世界を養い、農地はより集中してきたのか?(Lowder et al, 2021)である。

主要8団体は、FAOが持つ多くの確立された立場を覆すLowder論文を鋭く批判する書簡を送ったばかりである。書簡はオークランド・インスティテュート、ランドワーカーズ・アライアンス、ETCグループ、ア・グローイング・カルチャー、アフリカ食料主権同盟、グレイン、グランズウェル・インターナショナル、農業貿易政策研究所によって署名されている。

この公開書簡は、農民(小規模農家、職人漁師、牧畜民、狩猟採集民、都市部の生産者を含む)がより少ない資源でより多くの食料を供給し、世界人口の少なくとも70%にとって主要な栄養源であることを再確認するようFAOに呼びかけている。

ETCグループは、この2つの論文に反論する形で、16ページの報告書「小規模農民と農民はそれでも世界を養っている」を発表した。この報告書では、35%という数字に至るまでに、著者たちがいかに方法論や概念上のごまかしに甘んじ、ある重要な欠落があったかが示されている。特に「家族農業」の定義の変更や「小規模農場」を2 ha未満と定義することが挙げられる。これは 2018年にFAOが小規模農家を表現するための普遍的な土地面積の閾値を拒否し、より繊細な国別の定義を優先するという独自の決定と矛盾している。

また、ローダーらの論文は、農民農場が大規模農場よりも1ヘクタール当たりにより多くの食料とより栄養価の高い食料を生産しているとする最近のFAOや他の報告書とも矛盾している。政策立案者が農民の生産に注目するのは間違っており、より大規模な生産単位にもっと注意を向けるべきだと主張している。

FAOへの公開書簡の署名者は、食料生産が食料消費の代理であり、市場における食料の商業的価値が消費される食料の栄養的価値と同一視できるというローダー研究の仮定に強く反対している。

この論文は、独自の技術と農業食品モデルを推進するために農民生産の有効性を弱めようとするアグリビジネスのシナリオに食い込んでいる。

小作農はコングロマリットによって邪魔な存在とみなされている彼らのビジョンは、一次産品の大量生産に基づく狭い生産高のパラダイムに固執しており、食糧主権や1エーカー当たりの多様な栄養生産などを考慮した統合システムアプローチを把握しようとはしない。

このシステム・アプローチは、地域社会を根絶したり、残った者をグローバルなサプライチェーンやグローバル市場のニーズに従属させたりするのではなく、繁栄と自立に基づく農村や地域の発展を後押しするものである。

FAOの報告書では、世界の小規模農家は農地の12%を利用して、世界の食料の35%を生産しているに過ぎないと結論づけている。しかし、ETCグループによれば、FAOの通常のデータベースやそれに匹敵するデータベースで作業すれば、農民は農地と資源の3分の1以下で世界の少なくとも70%の人々を養っていることが明らかになるという。

しかし、たとえ35%の食料が12%の土地で生産されているとしても、大規模な化学薬品集約型農業ではなく、小規模な家族農業や農民農業に投資すべきだということにならないか?

すべての小規模農家がアグロエコロジーや無化学肥料農業を実践しているわけではないだろうが、地元の市場やネットワークに不可欠であり、地球の裏側にいる企業や機関投資家、株主の利益ではなく、コミュニティの食糧需要に応えることができる可能性が高いのである。

企業がある組織を掌握するとき、最初に犠牲になるのは真実であることがあまりにも多い。

企業帝国主義

FAOの共同支配は、より広い傾向の一部である。世界銀行が農業ビジネスを可能にし、ゲイツ財団がアフリカの農業をグローバルな食糧とアグリビジネスの寡占に開放する役割を果たすなど、企業のシナリオは支持を集め、民主的な手続きを回避して、種子独占と独自の投入物を押し付け、強力な企業が支配するグローバルな農業食糧チェーンの底辺に奉仕している。

世界銀行は、企業主導の農業産業モデルを推進し、企業は自由に政策を書けるようになっている。モンサントは、種子の独占を生み出すために、知的財産権の貿易関連の側面に関するWTO協定の起草に重要な役割を果たし、世界の食品加工産業は、衛生植物検疫措置の適用に関するWTO協定の形成に主導的な役割を果たした。コーデックスからインド社会の再編を目的とした「農業に関する知識イニシアティブ」に至るまで、強力なアグリビジネス・ロビーは政策決定者への特権的なアクセスを確保し、自分たちの農業モデルが確実に浸透するようにしてきた。

多国籍アグリビジネス複合企業による究極のクーデターは、政府高官、科学者、ジャーナリストが、利益至上主義のファウチュン500企業が自然資産の管理者であるという正当な権利を有していることを当然のこととして受け止めていることだ。これらの企業は、本来は人類の共有財産であるものを所有し管理する究極の正当性を持っていると、多くの人に信じ込ませている。

水、食料、土壌、土地、農業は、強力な多国籍企業に引き渡され、利益を得るために搾取されるべきであり、これらの企業は人類のニーズに何らかの形で応えているという建前がある。

工業的農業を推進する企業は、国家レベルでも国際レベルでも、政策決定機構に深く入り込んでいる。しかし、単に悪い食品を生産し、世界的に食糧不足の地域を作り、健康を破壊し、小規模農場を貧困化させ、食生活の多様性と栄養価の低い食品をもたらし、小規模農場より生産性が低く、水不足を生み、土壌を破壊し、依存と負債から燃料と利益を得ているというシステムの「正当性」はいつまで持続できるのだろうか?

強力なアグリビジネス企業は、政府や規制機関を取り込み、WTOや二国間貿易協定を利用して世界的な影響力を行使し、アメリカの軍国主義や不安定化の背後で利益を得ることができるようになって初めて活動できる。

例えば、ウクライナ。2014年、同国の小規模農家は農地の16%を運営しているが、農業生産物の55%を提供している。ジャガイモの97%、蜂蜜の97%、野菜の88%、果物・果実の83%、牛乳の80%である。ウクライナの小規模農家が、素晴らしい成果を上げていたことがわかる。

2014年初頭のウクライナ政府崩壊後、外国人投資家と欧米のアグリビジネスが農業食品部門をしっかりと支配する道が開かれた。2014年にEUが支援したウクライナへの融資によって義務付けられた改革には、外国のアグリビジネスに利益をもたらすことを意図した農業の規制緩和が含まれていた。天然資源と土地政策の転換は、外国企業による広大な土地の買収を促進するために行われていた。

オークランド研究所の政策ディレクター、フレデリック・ムソーは当時、世界銀行とIMFは欧米企業に海外市場を開放することに熱心で、世界第3位のトウモロコシ輸出国と第5位の小麦輸出国であるウクライナの広大な農業部門の支配をめぐる高い賭けは、見過ごされた重要な要因を構成すると述べている。また、近年、外国企業がウクライナの土地を160万ヘクタール以上取得したという。

欧米のアグリビジネスは、クーデターのずっと前からウクライナの農場を狙っていた。同国には欧州の耕作地の3分の1がある。2015年のOriental Reviewの記事では、90年代半ば以降、米ウクライナビジネス評議会の舵取りをするウクライナ系アメリカ人が、ウクライナ農業の外国支配を促すのに尽力してきたと指摘している。

2013年11月、ウクライナ農業連盟は、遺伝子組み換え種子の普及を認めることで、グローバルなアグリビジネス生産者を利するような法改正案を作成した。2013年にウクライナ市場にGM作物が合法的に導入されると、様々な推定によると、全大豆畑の最大70%、トウモロコシ畑の10~20%、全ヒマワリ畑の10%以上に植えられた(または国全体の農地の3%に相当する)。

2020年6月、IMFはウクライナとの間で18ヶ月間の50億ドルの融資プログラムを承認した。ブレトンズウッド・プロジェクトのウェブサイトによると、国際金融からの持続的な圧力を受けて、政府は国有農地の売却に関する19年間のモラトリアムを解除することを約束した。世界銀行は、6月下旬に承認されたウクライナへの3億5千万ドルの開発政策融資(COVID「救済パッケージ」)の条件として、公有地売却に関するさらなる措置を組み込んだ。これには、「農地の売却と土地の担保利用を可能にする」ための「事前行動」の要求が含まれていた。

これに対し、フレデリック・ムソーは最近、次のように述べている。

「その目的は明らかに民間投資家と欧米のアグリビジネスの利益を優先させることだ…欧米の金融機関が悲惨な経済状況にある国に…土地を売るよう強制するのは間違っているし、非道徳的だ」。

IMFと世界銀行は、グローバルなアグリビジネスと「グローバリゼーション」の不正なモデルへのコミットメントを続けているが、これは継続的な略奪のためのレシピである。バイエル、コルテバ、カーギル、あるいはビル・ゲイツが先導しているアフリカ農業の企業権力奪取の類であろうと、民間資本は「自由貿易」と「開発」という、それとは全く違う決まり文句の陰に隠れて、この事態を確実にし続けることだろう。

インド

食糧と農業の未来をめぐる戦いを凝縮したような国があるとすれば、それはインドである。

インドの農業は岐路に立たされている。13億人を超える人口の60%以上が現在も農業で生計を立てていることを考えると、この国の将来がかかっている。不謹慎な利権者たちは、インド固有の農業食品部門を破壊し、自分たちのイメージ通りに作り替えようとしており、農民たちは抗議のために立ち上がっている。

インドの農業と農民に何が起きているかを理解するためには、まず、開発のパラダイムがいかに破壊されたかを理解する必要がある。かつて開発とは、植民地的な搾取を断ち切り、権力構造を根本的に見直すことであった。今日、新自由主義的なイデオロギーは経済理論としての仮面を被り、それに続く国際資本の規制緩和により、巨大な多国籍コングロマリットが国家主権を蹂躙することができるようになった。

国際的な資本移動の規制緩和(金融自由化)は、事実上、地球を世界の富裕な資本家のための自由奔放な大当たりと化している。第二次世界大戦後のブレトンウッズ金融体制の下で、各国は資本の流れに制限を加えていた。国内企業や銀行は、許可を得なければ、他国の銀行や国際資本市場から自由に借入をすることができず、また、他国から簡単に資金を出し入れすることもできなかった。

国内の金融市場は、他の場所の国際的な金融市場から分断されていた。政府は、他国の金融政策や財政政策に拘束されることなく、かなりの程度、自国のマクロ経済政策を実行することができた。また、市場の信頼を求めたり、資本逃避を心配したりすることなく、独自の税制や産業政策をとることができた。

しかし、ブレトンウッズが解体され、世界的な資本移動の規制緩和が進んだ結果、金融危機(ソブリン債を含む)が多発し、国民国家の資本市場に対する依存度が深まっている。

支配的なシナリオはこれを「グローバリゼーション」と呼び、無限の利益成長、過剰生産・過剰蓄積・市場飽和の危機、収益性を維持するための新たな未開拓(海外)市場の開拓の必要性に基づく捕食的新自由主義資本主義の婉曲表現である。

インドでは、その意味が非常にはっきりと見て取れる。インドは民主的な発展の道を歩む代わりに、外国金融の体制に従うことを選択し(あるいは強制され)どの程度の支出が可能かのシグナルを待ち、経済主権の威信を捨て、民間資本が市場に進出し獲得する余地を残しているのだ。

インドの農業食品部門は確かに開放されており、買収の好機となっている。インドは世界銀行の歴史の中で、どの国よりも多くの資金を世界銀行から借りている。

1990年代、世界銀行はインドに市場改革を指示したが、その結果、4億人が農村から追い出されることになった。さらに、世界銀行の「農業ビジネスの実現」指令は、欧米のアグリビジネスとその肥料、農薬、殺虫剤、特許種子に対して市場を開放し、農民には多国籍企業のグローバルなサプライチェーンへの供給作業を強いるものである。

その目的は、「市場改革」という名目で、強力な企業に支配権を握らせることだ。この多国籍企業は、納税者から多額の補助金を受け取り、市場を操作し、貿易協定を作成し、知的財産権体制を確立する。それによって、「自由」市場は「価格発見」や「市場」の神聖さについての決まり文句を作り上げる人々の歪んだ妄想の中にしか存在しないことを示すのだ。

インドの農業は完全に商業化され、大規模な機械化(単作)企業が、大衆を養いながら何億もの農村の生計維持に貢献している小規模農場に取って代わろうとしている。

インドの農業基盤は、国、文化的伝統、コミュニティ、農村経済の根幹をなすものであり、根こそぎ破壊されようとしている。インドの農業は長年にわたって莫大な過小投資を受けてきた。そのため、現在では、インドの農業はバスケットケースと呼ばれ、業績不振で、過小投資に関与したまさにその利害関係者に売却される時期が来ていると誤って描かれている。

今日、私たちは「外国直接投資」やインドを「ビジネスフレンドリー」にするという話をよく耳にするが、その良さそうな専門用語の裏には、現代の資本主義の強硬なアプローチが隠されている。それは、初期の産業資本主義がイギリスの農民に対して行ったのと同様に、インドの農民にとっても残酷なことなのだ。

初期の資本家とその応援団は、農民があまりにも自立しており、快適であるため、適切に搾取することができないと訴えた。実際、多くの著名人が、農民が土地を離れ、工場で低賃金で働けるように、農民の貧困化を提唱した。

事実、イングランドの農民は、自立した人々から生産手段を奪うことによって、土地を追われたのである。労働者階級には自立心が残っていたが(自己教育、製品のリサイクル、倹約の文化など)これも結局、広告と教育システムによって根絶され、資本主義が製造する商品への適合と依存が確実なものとなったのだ。

その意図は、インドの離農者が欧米のオフショア工場で安価な労働力として働くよう再教育されることにある。たとえ必要な数の雇用が創出されていないとしても、そして資本主義の「グレートリセット」のもとでは、人間の労働力は大部分が人工知能主導のテクノロジーに取って代わられることになるのだ。AIが将来もたらす影響はさておき、その目的は、インドがグローバル資本主義の完全な子会社となり、農業・食品部門がグローバル・サプライチェーンのニーズに合わせて再編され、都市労働者の予備力となって、西欧の資本との関係で労働者の立場をさらに弱めることに事実上役立つことだ。

独立した耕作者が破産するにつれ、最終的には土地が合併され、大規模な産業耕作を促進することが目的である。農業に残った人々は、企業のサプライチェーンに吸収され、大規模アグリビジネスやチェーン小売業者が指示する契約に基づいて働くため、圧迫されることになる。

2016年の国連の報告書によると 20-30年までにデリーの人口は3700万人になるという。

この報告書の主執筆者の一人、フェリックス・クロイツィヒはこう述べている。

「新興のメガシティは、工業規模の農業とスーパーマーケットチェーンにますます依存し、地元のフードチェーンを混雑させるだろう。」

工業的な農業を定着させ、田園地帯を商業化しようというのだ。

その結果、主に都市化された国は、工業的農業に依存し、脱窒食品、ますます単調な食生活、農薬の大量使用、ホルモン、ステロイド、抗生物質、さまざまな化学添加物で汚染された食品など、工業的農業に付随するすべてのものに依存することになるだろう。この国には、急増する健康障害、劣化した土壌、昆虫の生息数の減少、汚染され枯渇した水源、世界の食糧生産とサプライチェーンを支配する種子、化学薬品、食品加工企業のカルテルが存在するのである。

しかし、未来を見通すのに水晶玉は必要ない。農村地域の破壊、地方の貧困化、都市化の進行は、それ自体、インドの混雑した都市に問題をもたらし、貴重な農地を食い尽くしていることに加え、上記の多くはすでに起こっている。

多国籍企業が支援するフロントグループは、このような未来を確保するために舞台裏で懸命に働いている。2019年9月にニューヨーク・タイムズが報じた「A Shadowy Industry Group Shapes Food Policy Around the World」によると、国際生命科学研究所(ILSI)が政府の保健・栄養団体に静かに潜入していることがわかった。記事は、ILSIが、少なくともインドにおいて、世界的にハイレベルな食糧政策の形成に影響を及ぼしていることを明らかにしている。

ILSIは、高レベルの脂肪、砂糖、塩分を含む加工食品の展開を承認する物語と政策の形成に貢献している。インドでは、肥満、心血管疾患、糖尿病の割合が増加する中で、ILSIの影響力が拡大している。

欧米諸国では過去60年の間に、食品の質に根本的な変化があったことは注目に値する。多くの基本的な主食に含まれる微量元素や微量栄養素の含有量が著しく低下しているのだ。

2007年、栄養療法士のデビッド・トーマスは「McCance and Widdowson’s the 6th Edition of the Mineral Depletion of Foods Available to Us as a Nation」の中で、飽和脂肪、加工度の高い肉類、精製炭水化物を含む便利で調理済みの食品への急激な変化と、重要な微量栄養素を欠きながらも着色料、香料、保存料など化学添加物のカクテルでパックされていることが原因だと述べている。

トーマスは、グリーン革命の作付システムや慣行の影響もさることながら、こうした変化が食生活に起因する不健康のレベルを上昇させる大きな要因になっていると提案した。さらに、現在進行中の研究では、微量栄養素の欠乏と身体的・精神的な健康状態との間に大きな関係があることが明確に示されている、と付け加えた。

糖尿病、小児白血病、小児肥満、心臓血管障害、不妊症、骨粗しょう症、関節リウマチ、精神疾患などの増加には、食事と微量栄養素の欠乏との直接的な関係があることが示されている。

しかし、これこそILSAが支持するフードモデルである。ILSIのメンバーは、コカコーラ、デュポン、ペプシコ、ゼネラルミルズ、ダノンなどであり、1700万ドルの予算を提供する400の企業メンバーのためのフロント集団に過ぎない。報告書によると、ILSIはモンサント社をはじめとする化学会社から200万ドル以上を受け取っている。2016年、国連の委員会は、モンサントの除草剤ラウンドアップの主要成分であるグリホサートは「おそらく発がん性はない」という裁定を下し、WHOのがん機関による以前の報告書と矛盾する結果を出した。この委員会は、ILSIの2人の職員が中心となって運営された。

インドから中国まで、不健康な包装食品に警告ラベルを貼ったり、身体活動を強調し食品システム自体から注意をそらす反肥満教育キャンペーンを形成したり、権力の回廊と密接な関係を持つ著名人が、農業食品企業の利益を高めるために政策に影響を及ぼすよう協力されてきた。

アフリカで起こったような IMF と世界銀行の構造調整プログラム、NAFTA のような貿易協定とそのメキシコへの影響、国内および国際レベルでの政策機関の共同支配、規制緩和された世界貿易ルールなどを通じて、その結果は世界中で同様である。貧しく、多様性に欠ける食事と病気は、規制のない世界市場と超国籍複合企業を中心とする企業化モデルによって、伝統的で固有の農業と食品生産を置き換えた結果として起こっているのだ。

第5章 インドにおける農民の闘い

農地法とネオリベラルな死の鐘

以下の章に登場する内容の多くは 2021年末にインド政府が、議論されている3つの農業法を廃止すると発表する前に書かれたものである。これは 2022年に主要な農村地帯で州選挙が予定されていたことから、戦術的な作戦に過ぎない。これらの法律の背後にある強力なグローバル利権は消えておらず、以下に述べる懸念は依然として非常に適切である。これらの利害関係者は、インドの一般的な農業食品システムを置き換えるという数十年にわたるアジェンダの背後にいた。法律は取り下げられたかもしれないが、農業部門を取り込み、根本的に再構築するという目標と基本的な枠組みは残っている。インドにおける農民の闘いは終わっていない。

1830年、英国の植民地行政官メトカーフ卿は、インドの村々は小さな共和国で、自分たちの中に欲しいものはほとんどすべてあると言った。インドの耐える力は、こうした共同体に由来する。

「王朝は次々と倒れるが、村落共同体は変わらない。王朝は次々と倒れるが、村落共同体は変わらない。村落共同体は、彼らの幸福と、自由と独立の大部分を享受するのに高度に役立っている」。

メトカーフは、インドを服従させるためには、この「耐える」能力を壊さなければならないことを痛感していた。イギリスから独立して以来、インドの支配者たちは、インドの農村の活力をさらに削ぐことになった。しかし、今、インドの農村とその村々に死をもたらす可能性のある出来事が起こりつつある。

インドの未来には計画があり、現在の農民のほとんどはその計画に関与していない。

3 つの重要な農業法案は、大規模な商品取引業者やその他の(国際)企業の利益のために、インドの農業食品部門に新自由主義のショック療法を押し付けることを目的としている:「大きくなるか出ていくか」の風景の中で、ほとんどではないにしても多くの零細農家が壁にぶつかる可能性がある。

この法律は 2020年農産物取引・商業(促進・円滑化)法 2020年価格保証・農業サービスに関する農民(権力強化・保護)協定法 2020年必須商品(改正)法から構成されている。

これは、インドの土着農業にとって最終的な死刑宣告となる可能性がある。この法律により、マンディ(農民が業者へのオークションを通じて農産物を販売するための国営市場)が回避され、農民が他の場所で民間業者に販売できるようになり(物理的にもオンラインでも)公的セクターの規制の役割が損なわれることになる。民間に開放された取引所では、手数料を徴収しない(マンディで徴収された手数料は州に入り、原則、農家を支援するためのインフラ強化に使われる)。

これにより、マンディの外で活動する企業部門は、(少なくとも当初は)農民により良い価格を提供するインセンティブを得ることができる。しかし、マンディシステムが完全に停止すると、これらの企業は取引を独占し、この分野を取り込んで農民に価格を指図するようになるだろう。

また、農産物の保管や投機がほとんど規制されなくなり、農業部門は大企業による自由奔放な利益追求の場にさらされ、食糧安全保障が脅かされることになるかもしれない。政府はもはや、主要な農産物を規制し、消費者が適正な価格で購入できるようにすることはないだろう。この政策的基盤は、影響力のある市場関係者に譲り渡されることになる。

この法律により、カーギルやウォルマートのような多国籍農業食品企業や、インドの億万長者資本家ゴータム・アダニ(アグリビジネス複合企業)やムケシュ・アンビニ(リライアンス小売チェーン)が、何をいくらで栽培するか、インド国内でどれだけ栽培するか、どのように生産・加工するかを決定することができるようになる。 工業的農業は、このモデルがもたらす健康、社会、環境の破壊的コストとともに、標準となるであろう。

ワシントンでの鍛造

今回の農業法案は、米国とインドの一握りの億万長者を利する、30年来の計画の最後の断片である。つまり、農業を生活の糧としている何億もの人々(人口の大多数)の生活が、こうしたエリートの利益のために犠牲にされることを意味している。

有名な経済学者ウツァ・パトナイクによれば、英国の富の多くは、インドから45兆ドル吸い上げたものである。イギリスはインドを低開発することによって豊かになった。今日、現代の東インド型企業に過ぎないものが、現在、この国の最も価値ある資産である農業を自分たちの手で手に入れようとする過程にある。

世界銀行の融資報告書によると 2015年までに集計されたデータに基づき、インドは同機関の歴史上、簡単に最大の融資先となった。1990年代のインドの外貨危機を背景に、IMFと世界銀行はインドに数億人を農業からシフトさせることを望んだ。

当時最大で1200億ドルを超える融資と引き換えに、インドは国営の種子供給システムを解体し、補助金を削減し、公的農業機関を経営し、外貨獲得のために換金作物の栽培にインセンティブを与えるよう指示された。

この計画の詳細は、ムンバイの政治経済研究ユニット(RUPE)による2021年1月の記事「モディの農産物法は30年前、ワシントンDCで作成された」に出ている。この作品は、現在の農業「改革」は、帝国主義がインド経済をますます取り込んでいくという、より広範なプロセスの一部であると述べている。

「リライアンスやアダニといったインドの巨大企業は、通信、小売、エネルギーなどの分野で見られるように、外国投資の主要な受け手である。同時に、農業、物流、小売の分野でも、多国籍企業やその他の金融投資家がインドに進出している。多国籍商社は農産物の世界貿易を支配している。インドの農業と食糧経済を外国人投資家とグローバルなアグリビジネスに開放することは、帝国主義国の長年のプロジェクトである。」

この記事は、インドに対するプログラムを定めた1991年の世界銀行の覚書の詳細を示している。

それによると、当時のインドはまだ1990年から91年にかけての外貨危機にあり、IMFのモニタリング下にある「構造調整」プログラムに身を投じたばかりであった。1991年7月のインド予算は、インドの新自由主義時代の宿命的な始まりとなった。

モディ政権は上記のプログラムの実施を劇的に加速しようとしているが、これまでワシントンの支配者にとっては遅すぎた。

現政権以前から起こっていることだが、モディはこのアジェンダの最終的な構成要素を押し通すために特別に育てられたかのようだ。

自らを世界的なコミュニケーション、ステークホルダーエンゲージメント、ビジネス戦略の大手企業と称するAPCO Worldwideは、ウォール街や米国企業の体制と強固なつながりを持つロビー機関であり、そのグローバルアジェンダを促進するものである。数年前、モディはAPCOを利用して、自分のイメージを一新し、選挙に強い親企業的な首相に変身させた。また、モディが州首相としてグジャラート州で成し遂げたことは、経済的な新自由主義の奇跡であるというメッセージを伝えるのにも役立ったが、実際のところはまったく違っていたのである。

数年前 2008年の金融危機の後、APCOは、世界的な不況を乗り切ったインドの回復力は、政府、政策立案者、経済学者、企業、ファンドマネージャーたちに、インドがグローバル資本主義の回復に大きな役割を果たすことができると信じさせた、と述べている。

このことは、グローバル資本が地域や国家に進出し、土着のプレイヤーを駆逐することを意味する。農業に関して言えば、これは「農民を助ける」「急増する人口を養う」必要性についての感情的で一見利他的なレトリックの背後に隠されている(これがインドの農民がまさに行ってきたことであるという事実とは無関係に)。

モディはこの目標に賛同し、インドは今や世界で最も「ビジネスフレンドリー」な国の一つであると誇らしげに語っている。モディの真意は、公営企業のさらなる民営化を促進し、環境を破壊する政策をとり、労働者に「自由」市場原理主義に基づく底辺への競争に参加させることによって、インドが「ビジネスのしやすさ」と「農業ビジネスの実現」に関する世界銀行の指令に準拠していることだ。

APCOは、インドを1兆ドル規模の市場であると述べている。国際的なファンドを位置づけ、企業が市場を開拓し、製品を販売し、利益を確保する能力を促進することについて述べている。これらはいずれも、食料安全保障はおろか、国家主権のためのレシピでもない。

著名な農学者であるMSスワミナサンは、次のように述べている。

「独立した外交政策は、食糧安全保障があって初めて可能になる。したがって、食糧は単に食べるという意味合いだけではない。それは国家主権、国家権利、国家の威信を守るものだ」。

農業における公的セクターの役割を大幅に縮小し、民間資本の便宜を図る存在に貶めようとするものである。カーギル、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド、ルイ・ドレフュス、ブンジ、インドの小売・アグリビジネス大手、世界のアグリテック、種子、農薬企業、「データ駆動型農業」を推進するシリコンバレーのニーズに合った産業(GM)商品作物農業が標準となるだろう。

もちろん、APCOが言及したファンドマネージャーや企業も、少なくとも土地の購入や土地投機を通じて、有利な立場にあることは間違いない。例えば、カルナタカ州土地改革法では、企業が農地を購入することが容易になり、その結果、土地のない人が増え、都市部への移住が増加することになる。

現在進行中のプログラムの結果、インドでは1997年以降30万人以上の農民が命を落とし、さらに多くの農民が負債、換金作物への移行、経済自由化の結果、経済的苦境に陥ったり、離農したりしている。インドの多くの農家にとって農業が成り立たなくなるような戦略が続けられてきたのである。

2004年から2011年にかけて、インドの耕作者数は1億6,600万人から1億4,600万人に減少している。毎日約6,700人が離農している。2015年から2022年にかけて、耕作者の数は1億2700万人程度まで減少すると見られている。

私たちは、数十年にわたる農業部門の縮小、投入資材コストの高騰、政府支援の打ち切り、農民の所得を押し下げる安価な補助金付き輸入品の影響などを目の当たりにしてきたのである。過去10年間のインドの高いGDP成長率は、安価な食料とそれに伴う農民の貧困化によってもたらされたものであり、農民の収入とその他の人々の収入との間の格差は非常に大きくなっている。

不良企業が多額の手当てを受け、ローンを帳消しにされる一方で、収入が安定せず、国際市場価格にさらされ、安価な輸入品が農家の生産コストをまかなえないという不幸を助長している。

8億人以上の人口を抱えるインドの農村は、間違いなく地球上で最も興味深く複雑な場所だが、農家の自殺、子供の栄養失調、失業の増加、非正規化の進行、債務超過、農業の全体的崩壊に悩まされている。

インドが依然として農業を基盤とする社会であることを考えると、今起きていることは文明の危機と言えると著名なジャーナリストのP Sainathは言う。また、そのプロセスを5つの言葉で表現すると、「田園地帯の略奪的商業化」である。そして、その結果をもう5つの言葉で表現すると、「歴史上最大の人口移動」である。

例えば、農民の窮状を浮き彫りにしている豆類の栽培を考えてみよう。『Indian Express』紙の報道(2017年9月)によると、豆類の生産量は前12カ月間で40%増加した(過去最高の生産量となった)。しかし、同時に輸入量も増加したため、ブラックグラムは1キンタル当たり4,000ルピーで販売されるようになった(前12カ月間よりはるかに低い価格)。その結果、価格が下落し、農家の収入は減少した。

世界銀行の関税引き下げの圧力により、インドネシア産パーム油の輸入(カーギル社の利益)のおかげで、インド固有の食用油部門はすでに縮小している(インドは1990年代に食用油をほぼ自給していたが、現在は輸入コスト増に直面している)。

インド政府に対して、農家への支援をさらに減らし、輸入と輸出志向の「自由市場」貿易に開放するよう求める富裕国からの圧力は、偽善以外の何物でもないのである。

2017年末の「Down to Earth」サイトでは 2015年に米国で約320万人が農業に従事していたと記載されている。米国政府は彼らにそれぞれ平均7860ドルの補助金を支給している。日本は14,136ドル、ニュージーランドは2,623ドルの補助金を農業従事者に支給している。2015年、イギリスの農家は2,800ドルを稼ぎ、補助金によって37,000ドルが加算された。インド政府は平均して873ドルの補助金を農家に支給している。しかし 2012年から2014年にかけて、インドは農業と食料安全保障に関する補助金を30億ドル削減した。

政策アナリストのDevinder Sharmaによると、米国の小麦と米の農家に支給される補助金は、この2つの作物の市場価値よりも高い。また、ヨーロッパでは1日当たり、牛1頭がインドの農家の1日の収入よりも多くの補助金を受け取っているという。

インドの農家は、これにはとても太刀打ちできない。世界銀行、WTO、IMFは、インドの土着農家を事実上弱体化させる役割を担ってきた。

そして今、新しい農業法に基づいて、公共部門のバッファストックを減らし、企業の指示による契約農業を促進し、農産物の販売と調達のための本格的な新自由主義的市場化を進めることによって、インドは一握りの億万長者の利益のために農民と自国の食糧安全保障を犠牲にしようとしている。

もちろん、すでに何百万人もの人々がインドの田舎から追い出され、都市に職を求めなければならなくなっている。コロナウイルスに関連する隔離事件が示唆するものは、これらの「出稼ぎ労働者」の多くが都市の中心部で安定した足場を得ることができず、村に「帰郷」せざるを得なかったということであろう。彼らの生活は、30年にわたる新自由主義的な「改革」の後でも、低賃金と不安定さによって定義されている。

変革のための憲章 2018年11月下旬、当時デリーで行われていた大規模でよく知られた農民の行進に合わせて、All India Kisan Sangharsh Coordination Committee(約250の農民組織の傘下団体)から憲章が発表された。

憲章にはこう書かれていた。

「農民は過去の遺物ではなく、農民、農業、村落インドはインドと世界の未来に不可欠である。歴史的な知識、技術、文化の担い手として、食の安全、安心、主権の担い手として、生物多様性と生態系の持続可能性の守護者として、である。

農民たちは、インド農業の経済的、生態的、社会的、存在的危機と、国家による農業の無視や農民コミュニティに対する差別が続いていることに警鐘を鳴らした。

また、略奪的で利益に貪欲な大企業の浸透が深まっていること、国中で農民が自殺し、農民と他の部門との間に耐えがたい債務の負担と格差が広がっていることを懸念した。

2021年2月23日、バルネラでの労働者と農民の集会の様子(出典:Countercurrents)。

憲章は、インド国会に対し、インドの農民の、農民による、農民のための2つの法案を可決・成立させるために、直ちに臨時国会を開催するよう求めた。

国会で可決されれば、とりわけ「Farmers’ Freedom from Indebtedness Bill 2018」は、すべての農民と農業従事者のローンの完全免除を規定するものであった。

2つ目の法案「The Farmers’ Right to Guaranteed Remunerative Minimum Support Prices for Agricultural Commodities Bill 2018」は、政府が種子、農業機械・設備、ディーゼル、肥料、殺虫剤の価格を具体的に規制し、農業への投入コストを引き下げる措置を取る一方、最低支持価格(MSP)以下の農産物購入は違法かつ罰則の対象とするものであったはずだ。

憲章はまた、公共配給システムの普遍化、他で禁止されている農薬の撤回、包括的な必要性と影響評価なしに遺伝子組み換え種子を承認しないことについての特別な議論を要求した。

その他にも、農業や食品加工への外国直接投資の禁止、契約栽培という名の企業の略奪からの農民の保護、農民生産者組織や農民組合を創設するための投資、適した作付パターンと地域の種子多様性の復活に基づくアグロエコロジーの推進などが要求された。

2021年の今、これらの要求に応えるどころか、インド政府は-最近の法案によって-農業の企業化、公的流通制度(とMSP)の解体を推進・促進し、契約栽培の下地作りを行っていると見ることができる。

前述の2018年の2法案は現在失効しているが、農家は、親企業的(反農家的)な新しい農業法を、MSPを農家に保証する法的枠組みに変えることを要求している。

実際、RUPEは、必須作物・商品の政府調達によるMSPを、トウモロコシ、綿花、油糧種子、豆類などにも拡大すべきと指摘している。現在、MSPによる政府調達の主な受益者は、米や小麦を生産する特定の州の農民だけである。

インドの一人当たりのタンパク質消費量はひどく低く、自由化時代にはさらに低下しているので、公共配給システム(PDS)での豆類の供給は長い間遅れており、切実に必要である。RUPEは、インド食糧公社にある食糧穀物の「過剰」在庫は、政府が国民に穀物を配給することを怠るか拒否した結果に過ぎないと主張している。

(PDSをよく知らない人のために説明すると、中央政府はインド食糧公社を通じて、国営の市場ヤードやマンディで農民からMSPで食糧穀物を購入する責任を負っている。そして、その穀物を各州に割り当てる。その後、州政府が配給所に配送する)

もし、より広範囲の作物をMSPで公的調達することが実現し、米と小麦のMSPが全州で保証されれば、飢餓や栄養失調、農民の苦難に対処するのに役立つだろう。

公的セクターの役割を後退させ、外国企業にシステムを委ねるのではなく、公的調達と公的配給をさらに拡大する必要がある。そのためには、調達先をさらに各州に広げ、PDSの対象品目を拡大する必要がある。

もちろん、ここで「コストがかかりすぎる」と赤旗を出す人もいるだろう。しかし、RUPEが指摘するように、企業やその超富裕層のオーナーが受け取る現在の手当て(「インセンティブ」)の20%程度で済むことだ。また、インドでたった5つの大企業に提供された融資が 2016年には全農業負債に匹敵したことも考慮する必要がある。

しかし、政府の優先順位はここにあるのではない。

MSP、インド食糧公社、公共流通システム、公的な緩衝在庫の存在が、政府機関と同席して自分たちの希望リストを示したグローバルなアグリビジネス関係者の利益重視の要求にとって障害となることは明らかである。

RUPEは、インドが世界の穀物消費量の15%を占めていることに着目している。インドの緩衝在庫は世界の在庫の15〜25%、米と小麦の世界貿易の40%に相当する。これらの在庫が大幅に減少すれば、ほぼ間違いなく世界価格に影響を与える。農家は価格の下落で打撃を受け、その後、インドが輸入に依存するようになれば、国際市場で価格が上昇し、インドの消費者が打撃を受ける可能性がある。

同時に、富裕国はインドに対して、わずかな農業補助金を廃止するよう大きな圧力をかけているが、自国の補助金はインドの何倍もある。その結果、インドは輸入に依存するようになり、自国の農業は輸出用作物へと再編される可能性がある。

もちろん、膨大なバッファストックは存在するが、インドが保有するのではなく、多国籍商社が保有し、インドは借入資金でそれを買い取ることになる。つまり、物理的なバッファストックを保有する代わりに、外貨準備を保有することになるのである。

歴代の政権は、インドを不安定な外国資本の流れに依存させ、インドの外貨準備高は借入と外国投資によって積み上げられてきた。資本逃避の恐怖は常に存在する。政策はしばしば、国際資本の要求に譲歩することで、こうした資金流入を引きつけ、維持し、市場の信頼を維持しようとする動きに支配されている。

このような民主主義の圧殺と農業の「金融化」は、国家の食糧安全保障を著しく損ない、14億人近くの人々を国際的な投機家や市場、外国投資のなすがままにすることになる。

もし撤廃されなければ、最近の法案はインドの農民と民主主義に対する究極の裏切りであると同時に、食料安全保障と食料主権を責任能力のない企業に最終的に明け渡すことになる。特に、紛争や公衆衛生への不安、無秩序な土地や商品の投機、価格変動が起こりやすい不安定な世界では、この法律は、最終的にインドの人口を養うために外部の力に頼ることにつながり、手探りの輸入に戻る可能性がある。

第6章 植民地時代の脱工業化

捕食と不平等

オックスファムの報告書「The Inequality Virus」によると、世界の億万長者の富は 2020年3月18日から12月31日の間に3.9tnドル(兆円)増加したとのことだ。彼らの総資産は現在、$11.95tn(約11兆円)に達している。世界で最も裕福な10人のビリオネアは、この期間にまとめて5,400億ドルも富を増やしたことになる。2020年9月、ジェフ・ベゾスは876,000人のアマゾン社員全員に105,000ドルのボーナスを支払っても、COVID以前と同じように裕福でいられただろう。

同時に、何億人もの人々が職を失い(have lost)困窮と飢餓に直面することになる。2020年には、世界中で貧困にあえぐ人々の総数が2億人から5億人増加している可能性があると言われている。貧困に苦しむ人々の数は、10年以上、危機以前の水準にさえ戻らないかもしれない。

インド一の富豪で、ガソリン、小売、通信を専門とするリライアンス・インダストリーズの代表であるムケシュ・アンバニは 2020年3月から10月の間に資産を2倍に増やした。現在、彼は783億ドルを保有している。アンバーニ氏の富がわずか4日余りで平均的に増加したことは、リライアンス・インダストリーズの全従業員19万5000人の年間賃金の合計を上回る額に相当する。

Oxfamのレポートによると、インドでのロックダウンは、同国の億万長者の富を約35%増加させる結果となった。同時に、84%の世帯がさまざまな程度の収入減に見舞われた。2020年4月だけで毎時間約17万人が職を失ったという。

また 2020年3月以降のインドの上位1億人の所得増加は、1億3800万人の最貧困層一人一人に94,045ルピーの小切手を渡すのに十分であると指摘している。

報告書はさらにこう述べている。

「・・・アンバニがパンデミック時に1時間で作ったものを、未熟練労働者が作るには1万年かかり・・・アンバニが1秒で作ったものを作るには3年かかる。」

ロックダウンの間とその後、都市の何十万人もの出稼ぎ労働者(製造された、深まる農業危機を避けるために都市に逃げるしかなかった)は、仕事もお金も食べ物も住まいもない状態に置かれた。

COVIDが、想像を絶する金持ちの権力を強化するための隠れ蓑として利用されてきたことは明らかである。しかし、彼らの権力と富を高めるための計画はそれだけでは終わらないだろう。

テクノロジー界の巨人

grain.orgのウェブサイトに掲載された記事「デジタルコントロール:ビッグテックの食品・農業への進出とその意味」は、バイエル、シンジェンタ、コーテバ、カーギルなどがその支配力を強める一方で、アマゾン、グーグル、マイクロソフト、フェイスブックなどが世界の農産物部門にいかに迫っているかについて述べている。

ハイテク大手のこの分野への参入は、農家に製品を供給する企業(農薬、種子、肥料、トラクターなど)と、データの流れをコントロールしデジタル(クラウド)インフラにアクセスできる企業と食品消費者との間の互恵的な統合をますます進めることになる。このシステムは、企業の集中(独占)を前提としている。

インドでも、グローバル企業がeコマースを通じて小売を植民地化している。ウォルマートは2016年、ネット通販スタートアップのJet.comを33億米ドルで買収してインドに進出し 2018年にはインド最大のネット通販プラットフォームFlipkartを160億米ドルで買収した。現在、ウォルマートとアマゾンは、インドのデジタル小売分野のほぼ3分の2を支配している。

アマゾンとウォルマートは、略奪的な価格設定、大幅な値引き、その他の不公正なビジネス手法を使って、顧客を自分たちのオンラインプラットフォームに誘い込んでいるのである。GRAINによると、両社がディワリ祭のセールでわずか6日間に30億米ドル以上の売上を上げたとき、インドの小規模小売業者は必死でオンラインショッピングのボイコットを呼びかけた。

2020年、フェイスブックと米国のプライベート・エクイティ企業KKRは、インド最大級の小売チェーンのデジタル店舗であるリライアンス・ジオに70億米ドル以上を出資した。顧客は間もなく、フェイスブックのチャットアプリ「WhatsApp」を通じて、リライアンス・ジオで買い物をすることができるようになる。

小売業に対する計画は明確で、何百万もの小商人や小売業者、近所のパパママ商店を根絶やしにすることだ。農業の分野でも同じことが言える。

その目的は、農村部の土地を買い占め、合併し、金融投機家、ハイテク大手、伝統的なアグリビジネス企業が所有または管理する化学薬品漬けの無農薬農場を展開することだ。最終的には、ハイテク企業、アグリビジネス企業、大手小売企業の利益にかなう契約農家制度が構築される。零細農民の農業は邪魔者扱いされる。

このモデルは、運転手のいないトラクター、ドローン、遺伝子組み換え/ラボ生産された食品、土地、水、天候、種子、土壌に関するすべてのデータを特許化し、農民からしばしば海賊版を入手することに基づくものである。

農民は何世紀にもわたって蓄積された知識を持っているが、一度失ったら二度と取り戻すことはできない。農業部門の企業化は、何世紀にもわたって伝統的な知識を活用し、食糧安全保障のための有効なアプローチとして認識されつつある農業生態系を、すでに破壊したり、弱体化させたりしている。

そして、これらの企業の億万長者の私腹を満たすために、何億人もの人々が家を追われることになるのだろうか。大金持ちの収益を上げるために、人間と生態系と自然のつながりを破壊する、近視眼的な収奪的資本主義のシステムから生じる単なる「巻き添え被害」である。

インドの農業食品部門は、何十年もの間、グローバル企業の注目を集めてきた。米国などのアグリビジネスが市場に深く浸透し、ほぼ飽和状態に達しているため、インドは事業を拡大し、事業の存続とすべての重要な利益成長を維持する機会を提供するものである。そして、シリコンバレーのハイテクプレーヤーと手を組むことで、数十億ドル規模のデータ管理市場が生まれつつある。データや知識から土地、天候、種子に至るまで、資本主義は最終的に生命と自然のあらゆる側面を商品化(特許化、所有)せざるを得なくなる。

独立した耕作者が破産するにつれて、最終的には土地が合併され、大規模な産業耕作を促進することが目的である。実際、RUPEのサイトに掲載されている「The Kisans Are Right: 彼らの土地は危機に瀕している」というRUPEのサイトには、インド政府がどの土地を誰が所有しているかを確認し、最終的には(外国人投資家やアグリビジネスへの)売却を容易にすることを目的としていることが紹介されている。

最近の農業法案(現在廃案)は、所有権の剥奪と依存という新自由主義的なショック療法を課し、最終的に農産物部門の再編成の道を開くことになる。COVID関連の締め付けによって生じた大規模な不平等と不公正は、これから起こることの単なる味見に過ぎないかもしれない。

2018年6月、海外小売・電子商取引反対共同行動委員会(JACAFRE)は、ウォルマートによるフリップカートの買収について声明を発表した。インドの経済・デジタル主権と数百万人の生活を損なうものだと主張した。

この買収により、WalmartとAmazonはインドの電子小売業を支配することになる。この米国企業2社は、インドの重要な消費者データやその他の経済データも所有することになり、GoogleやFacebookと並ぶインドのデジタル支配者となる。

JACAFREは、ウォルマートやアマゾンのような外国企業がインドの電子商取引市場に参入することに抵抗するために結成された。そのメンバーは、主要な貿易、労働者、農民の組織を含む100以上の国の団体を代表している。

2021年1月8日、JACAFREは公開書簡を発表し 2020年9月に国会で可決された3つの新しい農業法は、農業バリューチェーンの無秩序な企業化を可能にし、促進することを主眼としている、と述べた。これにより、農民や農産物の小規模取引業者は、少数の農業食品および電子商取引大手の利益に従属させられるか、あるいは完全に根絶させられることになる。

政府は、巨大企業が、少なくともデジタルや電子商取引のプラットフォームを通じて、バリューチェーン全体を支配することを助長している。書簡では、新しい農業法をよく調べれば、無秩序なデジタル化がその重要な側面であることが明らかになるとしている。

そして、このことはIT for ChangeのParminder Jeet Singh(JACAFREのメンバー)にも理解されている。Singhは、Walmartによるオンライン小売企業Flipkartの買収に言及し、Walmartが実店舗を持つインドに参入することに強い抵抗があったが、現在ではオンラインとオフラインの世界が融合していると指摘する。

それは、今日、Eコマース企業が消費に関するデータをコントロールするだけでなく、生産、物流、誰が何をいつ必要とするか、誰がそれを生産するか、誰がそれをいつ移動させるか、といったデータもコントロールしているからである。

データ(知識)のコントロールを通じて、電子商取引プラットフォームは物理的経済全体を形成することができる。懸念されるのは、アマゾンとウォルマートが世界的に十分な影響力を持ち、インド経済の大部分を多かれ少なかれ支配するデュオポリー(二社独占)となることだ。

Singhは、インド企業を規制することはできても、グローバルデータ、グローバルパワーを持ち、規制がほぼ不可能な外国企業に対しては不可能であると述べている。

中国は自国の企業を育成することでデジタル産業化に成功したが、EUは今や米国のデジタル植民地になっているとSinghは指摘する。インドにとって、その危険性は明らかである。

インドには自国のスキルやデジタル形態があるのに、なぜ政府は米国企業にインドのデジタルプラットフォームを支配させ、買わせるのだろうか?

そして、ここでは「プラットフォーム」がキーワードとなる。私たちは市場の根絶を目の当たりにしているのである。プラットフォームは、生産から物流、さらには農業や農作業のような主要な活動まで、すべてをコントロールするようになるだろう。データはプラットフォームに力を与え、何をどれだけ製造する必要があるかを決定する。

デジタル・プラットフォームは、システム全体の頭脳となる。農家には、どれくらいの生産量が見込まれるか、どれくらいの雨が予想されるか、どのような土壌の質があるか、どのような(遺伝子組み換え)種子や投入物が必要か、いつまでに生産物を準備する必要があるかなどが伝えられることになる。

生き残る貿易業者、製造業者、一次生産者は、プラットフォームの奴隷となり、独立性を失うだろう。さらに、人工知能が上記のすべてを計画・決定するようになれば、Eコマース・プラットフォームは恒久的に組み込まれることになる。

もちろん、物事は長い間この方向に動いてきた。特に、インドが1990年代初頭に新自由主義の教義に屈服し始め、借入金や外国資本流入への依存度を高め、破壊的な世界銀行やIMFの経済指令に従順になるなど、それがもたらすものすべてに屈服し始めて以来、そうなってきたのである。

ノックアウトの一撃

しかし、私たちが現在目撃している3つの農業法案と(外国の)電子商取引の役割の増大は、農民と多くの小規模独立企業に究極の打撃をもたらすだろう。これは、長い間、インドを彼らの企業帝国の王冠の中の潜在的な宝石とみなしてきた有力者の目的であった。

このプロセスは、数十年前にアフリカ諸国に課された構造調整プログラムに似ている。経済学教授のMichel Chossudovskyは、1997年の著書『The Globalization of Poverty』の中で、経済とは次のようなものであると指摘している。

「既存の生産システムを同時に置き換えることによって、経済は開放される。中小企業は倒産に追い込まれるか、世界的な流通業者のために生産することを義務づけられ、国営企業は民営化されるか閉鎖され、独立した農業生産者は困窮する”(p.16)。

ジャカフレは、政府は、すべての経済主体が適切な評価を受け、その役割を保証されるような全体的な新しい経済モデルに向けて、取引業者、農家、その他の中小規模のプレーヤーなど、すべての関係者と緊急に協議する必要があるとしている。中小規模の経済主体が、デジタル技術を駆使した少数の大企業の無力な代理人に成り下がることは許されない。

JACAFREはこう結論付けている。

 

「我々は政府に対して、農家が3法の廃止を求める際に提起した問題に早急に対処するよう要請する。特に、取引業者の観点から、農産物のバリューチェーンに沿った中小取引業者の役割を強化し、企業化から保護しなければならない」と結んでいる。

インドで進行中の農民の抗議運動が、単に農業に関するものではないことは明らかである。それは、この国の心と魂をかけた戦いなのだ。

農民、農民組合、その代表者は、法律の撤廃を要求し、妥協は受け入れないと表明している。農民のリーダーたちは 2021年1月の農業法施行に関するインド最高裁の停止命令を歓迎した。

しかし、農民代表と政府との10回を超える協議から、一時は与党政権が法律の実施を撤回することはないと思われた。

2020年11月には農民を支援する全国的なゼネストが行われ、同月には約30万人の農民がパンワクチン州とハリヤナ州からデリーに行進し、指導者が中央政府との「決戦」と称した。

しかし、農民たちは首都に着くと、そのほとんどが警察が設置したバリケード、掘り返された道路、水鉄砲、警棒、有刺鉄線で阻止された。農民たちは5つの主要道路沿いにキャンプを張り、仮設テントを建てて、要求が満たされない場合は数カ月間滞在することを視野に入れていた。

2021年まで、数千人の農民が国境沿いの様々な場所にキャンプを張り、寒さ、雨、灼熱に耐えた。2021年3月下旬、デリー国境のシングーとティクリには約4万人の抗議者が野営していたと推定される。

2021年1月26日のインド共和国記念日には、数万人の農民がトラクターの大車列を組んで農民パレードを行い、デリーへ乗り込んだ。

2021年9月、インドのウッタル・プラデーシュ州(UP州)のムザファルナガル市で、数万人の農民が集会に参加した。同州の他の集会には、さらに数十万人が集まった。

これらの巨大な集会は、モディ首相のバラティヤ・ジャナタ党(BJP)が統治する、人口2億人のインドで最も人口の多いUP州における2022年の重要な投票を前にして行われたものである。2017年の下院選挙では、BJPは総議席数403のうち325を獲得した。

ムザファルナガルの集会で、農民のリーダーであるラケッシュ・ティカイト氏は次のように述べた。

「我々は、たとえそこに我々の墓地が作られても、そこ(デリー周辺)の抗議地から離れないという誓約を取る。必要なら命を捨てるが、勝利するまで抗議地から離れない。」

Tikaitはまた、モディ率いる政府をこうも攻撃した。

「私たちは、国が売られるのを止めなければならない。農民は救われるべきであり、国は救われるべきなのである」。

警察の残虐行為、特定の著名なメディアの論客や政治家による抗議者の中傷、抗議者の不法拘留、言論の自由の締め付け(ジャーナリストの逮捕、ソーシャルメディアのアカウント閉鎖、インターネットサービスの停止)は、農民の闘いに対する当局のアプローチの症状であり、それ自体、回復力、断固たる態度、抑制によって定義されてきたものである。

しかし、農民の闘争が一夜にして起こったわけではない。インドの農業は何十年もの間、意図的に政府の支援に飢えており、その結果、農民の、いや文明の危機が十分に立証されるようになった。現在私たちが目にしているのは、外国の農業資本がインド農業に新自由主義的な「最終解決策」を押し付けようとする中で、不公正と無視が頭打ちになった結果である。

農民であれ、行商人であれ、食品加工業者であれ、あるいは小さな商店であれ、地元の市場と土着の独立した小規模企業を保護し、強化することが不可欠である。そうすれば、インドは自国の食糧供給をよりコントロールし、自国の政策を決定する能力と経済的独立性を確保できる。言い換えれば、食糧と国家主権を守り、真の民主的発展を追求する能力を高めることができる。

米国とそのイデオロギー経済学者はこれを「経済の自由化」と呼ぶ。自国の経済政策を決定できず、食料安全保障を外部勢力に明け渡すことが、どうして自由化につながるのだろうか。

BBCが、世界の政治的権利と自由に関する年次報告書の中で、アメリカに拠点を置く非営利団体フリーダムハウスが、インドを自由民主主義国家から「部分的自由民主主義国家」に格下げしたと報じたのは興味深いことだ。また、スウェーデンに本拠を置くVデム研究所が、インドは今や「選挙による独裁国家」であると述べていることも伝えている。エコノミスト・インテリジェント・ユニットの民主主義指数による報告でも、インドは良い結果を出していない。

BBCは、イギリスがCOVIDに関連した権威主義に傾いていることを無視しているが、インドに関する報告には中身がないわけではない。ナレンドラ・モディ首相が政権をとって以来、反イスラム感情の高まり、表現の自由の低下、メディアの役割、市民社会への制限に焦点が当てられている。

これらすべての領域で自由が損なわれていることは、それだけで懸念材料である。しかし、分裂と権威主義に向かうこの傾向は、別の目的も持っている。それは、企業がこの国を乗っ取るための道筋をスムーズにすることだ。

注目をそらすための宗教上の「分割統治」戦略であれ、言論の自由の抑圧であれ、警察やメディアを利用して農民の抗議を弱体化させながら不人気な農業法案を適切な議論なしに議会に押し通すことであれ、人々の生活とインドの文化・社会構造に根本的な悪影響を与える非民主的な大強奪が進行中なのである。

一方では、インドを支配しようとする企業やプラットフォームを所有する一握りの数十億の富豪の利益がある。一方では、何億もの耕作者、業者、さまざまな小規模企業の利益があり、これらの富裕層は、これまで以上の利益を追求するために排除されるべき単なる巻き添えと見なしている。

インドの農民は、現在、グローバル資本主義と植民地型の脱工業化に対する最前線にいる。そこでは究極的に、民主主義とインドの未来をめぐる闘いが繰り広げられているのである。

2021年4月、インド政府はマイクロソフトと覚書(MoU)を締結し、現地パートナーのCropDataが農民のマスターデータベースを活用できるようにした。このMoUは、農業分野における「破壊的」技術やデジタルデータベースの展開に関わる「AgriStack」政策構想の一環と思われる。

報道と政府の声明によると、マイクロソフトは、共同プラットフォームを構築し、作物の収量、気象データ、市場の需要や価格などの農業データセットを取得することにより、農家の収穫後の管理ソリューションを支援するとのことだ。これにより、ポストハーベスト管理や流通を含む「スマート」農業のための農家向けインターフェースが構築されることになる。

CropData社は、5,000万人の農民とその土地記録からなる政府のデータベースへのアクセスを許可される予定である。データベースには、農家の個人情報、所有する土地の概要(地籍図、農場面積、土地所有権、地域の気候・地理的条件)生産内容(栽培作物、生産履歴、投入履歴、生産品質、保有機械)財務内容(投入コスト、平均収益、信用履歴)などが含まれる予定である。

デジタル技術を駆使して、資金調達、投入、栽培、供給・流通を改善することが目的だと明言されている。

農家との協議や農家の関与がないにもかかわらず、AgriStackの青写真は先進的な段階にあるようだ。テクノロジーは確かに農業を改善する可能性があるが、強力な民間企業に支配権を渡すことは、市場の獲得と農家への依存という点で、彼らが必要とすることを促進するだけだろう。

このような「データ駆動型農業」は、最近の農業法案に不可欠であり、耕作者、その農場所有地、地域の気候条件、栽培内容、平均生産高のデジタルプロファイルを作成する提案が含まれている。

これについては、農民の移動、マイクロファイナンスによる農民のさらなる搾取、農民のデータの悪用、説明責任のないアルゴリズムによる意思決定の増加など、多くの懸念が提起されている。

お馴染みのプレイブック

RUPEは3部構成の記事で、新自由主義資本主義がいかに農民を土地から排除し、企業利益のための活発な土地市場を促進したかを説明している。インド政府は、国内のすべての土地に「決定的な所有権」を設定し、所有権を特定できるようにして、土地を買ったり奪ったりできるようにしようとしている。

メキシコを例にとって、RUPEは言う。

「メキシコと違って、インドでは大規模な土地改革が行われたことはない。しかし、現在の土地の「決定的な権利化」計画は、1992年以降のメキシコの財産権譲渡の動きと明らかに類似している。..インドの支配者は、ワシントンで書かれたメキシコの脚本に忠実に従っている」。

この計画では、農民が土地へのアクセスを失ったり、法的所有者として特定されたりすると、略奪的な機関投資家や大規模アグリビジネスが土地を買い占めて合併し、高投入で企業に依存した産業農業の展開をさらに促進させるというものだ。

これは世界経済フォーラムなどが推進するステークホルダー・パートナーシップ資本主義の一例で、政府が民間企業によるこうした情報の収集を促進し、民間企業がそのデータを使って(政府が制定した土地法の改正により)機関投資家のための土地市場を開発し、零細農家はその犠牲になって土地を追われる、というものである。

データ駆動型農業という良さそうな方針の下、情報を収集(海賊版)することで、民間企業は農家の状況を自分たちの目的のために利用することができるようになる。

55の市民社会団体や組織が政府に宛てて、このような懸念やその他様々な懸念、特に農民のデータプライバシーに関する政策の空白と現在の政策構想における農民自身の排除を表明している。

公開書簡の中で、彼らはこう述べている

「データが新たな石油となり、産業界が次の利益源として注目している今、農家の利益を確保することが必要である。フィンテックを通じて、持続不可能な農業投入物の販売と、これに対する農家の融資や債務の増大、さらに民間企業による収奪の脅威を組み合わせた、いわゆる「ソリューション」の市場として、企業がこれをさらなる利益創出の可能性としてアプローチしてもおかしくはないだろう。」

彼らは、インドの農業を苦しめる問題に取り組もうとする提案は、これらの問題の根本的な原因に対処しなければならないと付け加えている。現在のモデルは、構造的な問題を解決するために技術を利用することを強調する「技術解決主義」に依存している。

また、アルゴリズムに基づく意思決定により、政府側の透明性が低下しているという問題もある。

署名者55名は、政府がデジタル推進の方向性やパートナーシップの基本について、農民組織をはじめとするすべてのステークホルダーと協議を行い、農民や農民組織からのフィードバックを十分に考慮した上で、この点に関する政策文書を発表するよう要請している。農業は州の管轄であるため、中央政府は州政府とも協議する必要がある。

政府が民間団体と始めた、個々の農家やその農場に関する個人情報を含む複数のデータベースを統合・共有する構想は、包括的な政策枠組みが整備され、データ保護法が成立するまで保留にするよう、彼らは述べている。

また、AgriStackの開発は、政策の枠組みとしても、その実行においても、農民の関心と経験を主要な出発点とすべきであると提唱している。

書簡では、新農業法を精査すれば、無秩序なデジタル化が重要な側面であることが明らかになるとしている。

現在の政策の軌道を考えると、独占的な企業が所有する電子商取引の『プラットフォーム』が、いずれインド経済の大部分を支配することになる可能性が高いのである。小売、物流、栽培に至るまで、データは確かに「新しい石油」となり、プラットフォームが何をどれだけ製造する必要があるかを決定する力を持つようになるだろう。

マイクロソフトやその他の企業にこの分野に関するすべての情報を渡すことは、彼らの手に力を与えることになる。

バイエル、コーテバ、シンジェンタ、および従来のアグリビジネスは、マイクロソフト、グーグル、および大手ハイテク企業とともに、AIによる無人農場や、アマゾンやウォルマートが支配する電子商取引による小売を促進することになるだろう。データ所有者、独自の入力サプライヤー、小売関係者のカルテルが経済の頂点に立ち、有毒な工業用食品とそれに関連する破壊的な健康への影響を売り込んでいるのである。

そして、選ばれた代表者は?彼らの役割は、これらのプラットフォームと、上記のすべてを計画し決定する人工知能ツールの技術的な監督者に非常に限定されるだろう。

人間と土地のつながりは、新自由主義資本主義の教義に従ったAI主導のテクノクラート的なディストピアに還元される。AgriStackは、このエンドゲームを促進するのに役立つだろう。

第7章 新自由主義者のプレイブック

経済テロと農民の首の潰し合い

巨大小売店の棚に並ぶブランドは膨大に見えるが、これらのブランドを所有しているのは一握りの食品会社であり、その会社は、原料として比較的狭い範囲の農産物に頼っているのだ。同時に、この選択の幻想は、世界銀行、IMF、WTO、そしてグローバルなアグリビジネスの利権によって、農産物の輸出を促進するために農業の再編を強いられた貧しい国々の食糧安全保障を犠牲にしていることが多いのだ。

メキシコでは、多国籍食品小売・加工企業が食品の流通経路を乗っ取り、地元の食品を安価な加工品で置き換え、しばしば政府の直接支援を受けている。自由貿易協定と投資協定はこのプロセスに不可欠であり、公衆衛生に対する結果は壊滅的である。

メキシコ国立公衆衛生研究所は 2012年に食料安全保障と栄養に関する全国調査の結果を発表した。1988年から2012年の間に、20歳から49歳までの太りすぎの女性の割合は25%から35%に、この年齢層の肥満の女性の数は9%から37%に増加した。5歳から11歳のメキシコの子どもの約29%が太り過ぎであることが判明し、11歳から19歳の若者の35%も同様であり、学齢期の子どもの10人に1人が貧血を経験している。

前食糧権利特別報告者オリビエ・ドゥ・シュッターは、貿易政策により、新鮮で腐りやすい食品、特に果物や野菜の消費よりも、保存期間の長い加工・精製された食品への依存度が高まっていると結論付けている。さらに、メキシコが直面している体重過多と肥満の緊急事態は回避できたはずだとも述べている。

2015年、非営利団体GRAINは、北米自由貿易協定(NAFTA)が食品加工への直接投資とメキシコの小売構造の変化(スーパーマーケットとコンビニエンスストアへ)をもたらし、グローバルなアグリビジネスと多国籍食品企業がメキシコに出現したと報告している。

NAFTAは、外国人投資家が企業の49%以上を所有することを妨げる規則を撤廃した。また、生産に必要な最低限の国内生産物を禁止し、外国人投資家が初期投資からの利益とリターンを保持する権利を拡大した。1999年までに、米国企業はメキシコの食品加工産業に53億ドルを投資し、わずか12年で25倍になった。

米国の食品企業は、ティエンダ(角店)と呼ばれる小規模業者の支配的な食品流通網を植民地化し始めた。これにより、米国食品企業は、小さな町やコミュニティの貧しい人々に食品を販売し、宣伝することができるようになり、栄養価の低い食品が広まるようになった。2012年までに、小売チェーンはティエンダをメキシコの主な食品販売源として駆逐してしまったのである。

メキシコでは、食料主権の喪失が国民の食生活に壊滅的な変化をもたらし、多くの小規模農家が生計を失った。この変化は、米国からの余剰商品(補助金により生産コストを下回る価格で生産)のダンピングによって加速された。NAFTAは、何百万人ものメキシコの農民、牧場主、中小企業を急速に破産に追い込み、何百万人もの移民労働者の逃亡を招いたのである。

メキシコで起きたことは、インドの農家への警告となるはずだ。グローバル企業は、契約栽培、公共部門の支援制度の大幅な後退、輸入品への依存(将来の米国の貿易協定によって後押しされる)大規模(オンライン)小売の加速を通じて、農業食品部門の完全企業化を図ろうとしているのだから。

インドのローカル市場と小規模小売業者の最終的な運命の可能性を知りたいなら 2019年にスティーブン・ムニューシン米財務長官が述べたことを見ればよい。彼は、「アマゾンが 全米の小売業を破壊した 」と述べた。

グローバル vs ローカル

アマゾンのインドへの進出は、ローカル市場とグローバル市場の間のスペースをめぐる不公平な戦いを凝縮している。企業やプラットフォームを所有する、相対的に一握りの数十億の富裕層がいる。そして、これらの富裕層から、より大きな利益を追求するために排除されるべき単なる巻き添えとみなされている何千万もの業者や様々な小規模企業の利益がある。

アマゾン

アマゾンの会長であるジェフ・ベゾスは、インドを略奪し、何百万もの小規模業者や小売業者、近所のパパママ商店を根絶やしにしようとしている。

このような人物は、ほとんど呵責を感じない。

2021年7月、自身の民間宇宙会社が作ったロケットで短期間の宇宙飛行から帰還したベゾスは、記者会見でこう語った。

「私はまた、すべてのアマゾンの従業員とアマゾンの顧客に感謝したい。あなたたちはこのすべてを支払ってくれたのだから。」

これに対し、米国の下院議員Nydia VelazquezはTwitterにこう書き込んだ。

「ジェフ・ベゾスは宇宙へ行くためにお金を払ったことで話題になっているが、彼がこの地球上で作り出した現実を忘れてはいけない」

彼女は 2021年5月の研究「アマゾンの方法」を筆頭に、数々の報告書で明らかになったアマゾンの税金逃れについて、#WealthTaxNowというハッシュタグをつけた。ロンドン大学の研究者による『Amazon Method: How to take advantage of the international state system to avoid paying tax』(アマゾン・メソッド:国際的な国家システムを利用して税金を払わない方法)である。

ベゾスが2020年1月にインドを訪問した際、両手を広げて歓迎されたとは言い難いのも不思議ではない。

ベゾスはツイッターに投稿してインドを褒め称えた

「ダイナミズム。エネルギー。民主主義。#IndianCentury」

与党BJPの外交部トップは、こう反撃した

「ワシントンDCの従業員にこのことを伝えてほしい。さもなければ、あなたの魅力的な攻撃は時間とお金の無駄になりそうだ」。

現政権が提案している外国人による経済買収の制裁を考えると、戸惑いはあるものの、ふさわしい反応である。

ベゾスがインドに降り立ったのは、同国の反トラスト規制当局がアマゾンに対する正式な調査を開始し、小規模店舗の店主が街頭でデモを行うという事態が発生したためだ。全インド貿易連合(CAIT)は、全国の加盟団体の会員が抗議のため300都市で座り込みや市民集会を行うと発表した。

ベゾスの訪問に先立ち、CAITのプラヴィーン・カンデルワル書記長はモディ首相への書簡で、アマゾンはウォルマート傘下のフリップカートのように、「数千の小規模商人の閉鎖を強いる略奪価格設定のため、「経済テロリスト」であると主張した。

2020年、Delhi Vyapar Mahasangh(DVM)は、AmazonとFlipkartが、自社のプラットフォームで特定の販売者を他の販売者よりも優遇し、手数料の割引や優先的な出品を提供していると主張し、提訴している。DVMは、小規模業者の利益を促進するためのロビー活動を行っている。また、AmazonとFlipkartが携帯電話メーカーと提携し、両社のプラットフォームで独占的に携帯電話を販売することについても懸念を表明した。

DVMは、これは反競争的な行動であり、小規模な業者はこれらの機器を購入し販売することができないと主張した。また、eコマース企業が提供するフラッシュセールや大幅な値引きについても、小規模な業者では太刀打ちできないとの懸念が示された。

CAITは 2019年には5万以上の携帯電話販売業者が大手Eコマース企業によって廃業に追い込まれたと推定している。

ロイターが明らかにしたアマゾンの内部文書では、アマゾンがインドのプラットフォームで売上の大半を占める一握りの販売業者に間接的に出資していることが示されていた。インドでは、アマゾンとフリップカートは、第三者の売り手と買い手との取引を有料で促進する中立的なプラットフォームとしてのみ機能することが法的に認められているため、これは問題である。

その結果、インドの最高裁判所は最近、アマゾンが反競争的なビジネス慣行の疑いでインド競争委員会(CCI)の調査を受けなければならないとの判決を下した。CCIは、アマゾンとフリップカートが競争を破壊するために行ったとされる大幅な値引き、優先的な出品、排他的な戦術について調査すると述べている。

しかし、これらの企業の暴走に手をこまねいていた強力な勢力が存在する。

2021年8月、CAITはNITI Aayog(インド政府の有力な政策委員会シンクタンク)が消費者庁の提案する電子商取引ルールに介入していると攻撃した。

CAITは、シンクタンクが明らかに海外の電子商取引大手の圧力と影響下にあるように見えると述べた。

CAITのBC Bhartia会長は、長年沈黙を守ってきたNITI Aayogのこのような無神経で無関心な態度を見て、深くショックを受けていると述べている。

「海外の電子商取引大手は、FDI 政策のあらゆる規則を回避し、国の小売・電子商取引の状況をあからさまに侵害し破壊してきたが、電子商取引規則案が電子商取引企業の不正行為を終わらせる可能性がある時に、突然口を開くことにした。” と述べている。

しかし、これは政府の政策の軌跡を見れば予想されることだ

農地三法に対する抗議行動で、農民は催涙弾を浴びせられ、メディアで中傷され、殴られた。ジャーナリストのSatya Sagarは、政府のアドバイザーが、農民の抗議に弱腰に見えると外国の農業食品投資家に不評で、農業部門、そして経済全体への大金の流入が止まると懸念していると指摘している。

政策は、外国投資を誘致し、維持し、国際資本の要求に譲歩することで「市場の信頼」を維持しようとする動きに支配されている。このように、「海外直接投資」はモディ政権にとって聖杯のような存在になっている。

政府が抗議する農民に対して「厳しい」行動を取る必要があったのも不思議ではない。なぜなら、インドが緩衝在庫を撤廃して食糧政策の責任を民間業者に委ねれば、国際市場で食糧を購入するために、これまで以上に外貨準備を誘致し維持することが必要になるからである。

インドの農業食品を根本的に再構築する計画は、農業部門の「近代化」という名目で国民に売られている。そしてこれは、ザッカーバーグ、ベゾス、アンバーニといった、自分たちのために富を生み出すことに長けた自称「富の創造者」たちによって実行されることになっているのである。

これらの「富の創造者」が誰のために富を生み出すかは明らかである。

People’s Reviewのサイトでは、Tanmoy IbrahimがAmbaniとAdaniを中心としたインドの億万長者層についての記事を書いている。インドにおける縁故資本主義の本質を概説することで、モディの「富の創造者」が公金や人々、環境を略奪する全権を与えられている一方で、真の富の創造者(特に農民)がその存在をめぐって戦っていることが明らかになる。

農地危機と最近の抗議行動を、政府と農民の間の戦いと見なすべきではない。メキシコで起こったことが何であれ、その結果は、公衆衛生のさらなる悪化と生活の喪失という点で国全体に悪影響を及ぼすだろう。

インドでは過去20年間に肥満の割合がすでに3倍になり、糖尿病と心臓病の大国となりつつあることを考えよう。全国家庭健康調査(NFHS-4)によると 2005年から2015年の間に、5歳から9歳の子供の5人に1人が発育不良であることが判明したにもかかわらず、肥満者の数は2倍に増えた。

これは、億万長者(コンプラダー)資本家のムケシュ・アンバニとガウタム・アダニ、そしてジェフ・ベゾス(世界一の富豪)マーク・ザッカーバーグ(世界第4位の富豪)カーギル財閥(140人の富豪)ウォルマート財閥(米国の富豪)にこの分野を譲り渡すための代償に過ぎないだろう。

これらの人物は、インドの農業食品部門の富を吸い上げる一方で、何百万人もの小規模農家や地元の零細小売業者の生活を否定し、国家の健全性を損なうことを目的としているのである。

2021年9月5日、インドのウッタル・プラデーシュ州のムザファルナガル市で行われた集会に、数十万人の農民が参加した。同州の他の集会にも、同様の人数が集まった。

著名な農民の指導者であるRakesh Tikaitは、これはインドの農民の抗議運動に新たな命を吹き込むことになるだろうと述べた。彼はこう付け加えた。

「我々は、ウッタルプラデシュ州の全ての都市や町を回り、モディ政権が反農民であるというメッセージを伝えることで、抗議活動を強化する」。

ティカイトは抗議運動のリーダーであり、バラティヤ・キサン連合(インド農民組合)のスポークスマンである。

2020年11月に農業3法が廃止されるまで、数万人の農民がデリー郊外に集結し、農業・食品分野を企業に事実上委ね、インドを国際商品・金融市場の言いなりにすることになるこの法律に抗議の声を上げていた。

ウッタルプラデシュ州の集会とは別に、ハリヤナ州のカルナルにも数千人の農民が集まり、モディ率いる政府に法律の廃止を迫り続けている。この抗議行動は、8月下旬に同じくカルナル(デリーの北200km)で行われたデモで、農民が高速道路を封鎖した際の警察の暴力に対抗するものでもあった。警察は農民たちにラティチャージを行い、少なくとも10人が負傷し、1人が心臓発作で死亡した。

ソーシャルメディアに登場した動画には、政府高官のAyush Sinhaが、高速道路に置かれたバリケードを突破したら「農民の頭を叩き割る」と警官を激励する様子が映し出されていた。

ハリヤナ州首相Manohar Lal Khattarは言葉の選択を批判したが、「法と秩序を確保するために厳格さを維持する必要がある」と述べた。

しかし、それはちょっと違う。インドの農業食品部門を目の敵にして頭上を旋回する海外のスカベンジャーをなだめるために、「厳しさ」、つまり明白な残忍性を課さなければならないのである。

当局がこのような言葉から距離を置こうとするほど、「頭を叩き割る」ことは、インドの支配者と海外の農業食品企業の億万長者がまさに必要としていることなのである。

政府は、「市場の信頼」を維持し、農業部門への外国直接投資(別名、農業部門の買収)を誘致するために、世界の農業資本に対して農家に厳しい態度を示していることを示す必要がある。

現在は農地法の廃止で多少(一時的に)マシになったものの、インド政府が自国の農業食品部門の支配権を譲り渡そうとしたことは、米国の外交政策の勝利を意味するように思われる。

経済学者のマイケル・ハドソン教授は2014年にこう述べている。

「アメリカの外交が第三世界のほとんどを支配できているのは、農業と食糧供給のコントロールによるものだ。世界銀行の地政学的な融資戦略は、自国の食用作物で自給するのではなく、換金作物であるプランテーション輸出作物を栽培するよう説得することで、各国を食糧不足地帯にしてきたのである。」

世界の農業の支配は、アメリカ資本主義の地政学的戦略の触発であった。緑の革命は石油富裕層の好意で輸出され、貧しい国々は農業資本の化学物質と石油に依存した農業モデルを採用した。このモデルは投入物と関連インフラ開発のための融資を必要とする。それは、債務による束縛、不正な貿易関係、石油価格ショックに脆弱なシステムといったグローバル化されたシステムに国家を陥れることを意味する。

2020年12月、Press Trust of Indiaが発表した写真は、抗議する農民に対するインド政府のアプローチを定義している。準軍事的な服装をした警備員がラティを振り上げている。シーク教徒の農民の長老が、その威力を実感しているところだった。

しかし、「農民の頭を叩き割る」ことは、世界中の「自由民主主義国家」が自国民の多くを全体主義に近い形で捉えていることの象徴である。その理由を理解するためには、さらに分析の幅を広げる必要がある。

第8章 ニューノーマル

資本主義の危機とディストピアのリセット

今日、世界経済フォーラムは、その影響力のある会長Klaus Schwabのビジョンによって、ディストピア的な「グレート・リセット」、すなわちわれわれの生活、仕事、相互関係を変えることを意図した地殻変動の主要な中心的存在となっている。

グレート・リセットは資本主義の転換を想定しており、製薬会社、ハイテク/ビッグデータ大手、Amazon、Google、大手グローバルチェーン、デジタル決済部門、バイオテクノロジー企業などの独占と覇権を高めるために生活や部門全体が犠牲になり、基本的自由と大規模モニタリングに対する永久的な制限がもたらされることになる。

COVID-19のロックダウンと規制を隠れ蓑に、中小企業が倒産に追い込まれるか独占企業に買収される「第4次産業革命」を口実に、グレートリセットが加速している。経済は「リストラ」され、多くの仕事と役割はAI駆動のテクノロジーによって担われることになる。

そして、「持続可能な消費」と「気候の非常事態」というレトリックに支えられた「グリーン経済」への推進を目の当たりにしている。

(資本主義にとって)不可欠な新しい利潤追求の場が、自然のあらゆる側面の「金融化」と「所有権化」を通じて生み出され、環境保護という詐欺的な概念のもとに、植民地化、商品化、取引されることになる。つまり、「ネット・ゼロ・エミッション」を口実に、汚染者は汚染を続けるが、先住民や農民の土地や資源を炭素吸収源として利用・取引(そしてそこから利益を得る)することで汚染を「相殺」できる、というのが本質的な意味である。今度は「緑の帝国主義」に基づく、もうひとつの金融ねずみ講である。

世界各国の政治家は、グレートリセットのレトリックを使い、「ニューノーマル」のために「より良いものを作り直す」必要性を語ってきた。これらはすべて的を得ている。ほとんど偶然の一致ではない。

しかし、なぜこのようなリセットが必要なのだろうか。

資本主義は、生存可能な利潤を維持しなければならない。一般的な経済システムは、採掘、生産、消費のレベルを上げ続けることを要求し、大企業が十分な利益を上げるためには、年間GDPの一定レベルの成長を必要とする。

しかし、市場は飽和状態になり、需要率は低下し、資本の過剰生産と過剰蓄積が問題となっている。これに対して、労働者の賃金が圧迫される中で消費者需要を維持するために信用市場が拡大し個人債務が増加し、金融・不動産投機が高まり(新しい投資市場)株の買い戻しと大規模な救済・補助金(民間資本の存続のための公的資金)軍国主義の拡大(経済の多くの部門の大きな推進力)などが起こってきた。

また、グローバル企業が外国で市場を獲得し、拡大するために、海外での生産体制が崩されるのを目の当たりにしてきた。

しかし、これらの解決策は応急処置に過ぎない。世界経済は、持続不可能な債務の山で窒息しそうになっていた。多くの企業は、負債の利払いをまかなうだけの利益を上げることができず、新たな借金をすることでしか事業を維持することができなかった。売上高の減少、マージンの圧迫、限られたキャッシュフロー、高レバレッジのバランスシートがいたるところで台頭していた。

2019年10月、国際通貨基金の会議での講演で、イングランド銀行前総裁のマービン・キングは、世界は新たな経済・金融危機に向かって夢遊病者のように歩いており、彼が「民主的市場システム」と呼ぶものに壊滅的な結果をもたらすと警告した。

キング氏によると、世界経済は低成長の罠にはまり 2008年の危機からの回復は大恐慌の後よりも弱くなっているという。そして、FRB(連邦準備制度理事会)をはじめとする中央銀行が政治家と密室で協議を始める時期が来たと結論づけた。

9月16日、現先取引(レポ)市場では金利が急騰した。連邦準備制度理事会(FRB)は4日間にわたり1日750億ドルの介入を行い 2008年の危機以来、このような大規模な介入はなかった。

カーディフ大学のファビオ・ヴィギ教授(批評理論)によれば、FRBは当時、緊急金融プログラムを開始し、毎週数千億ドルをウォール街に投入していたとのことだ。

この2年ほどの間に、「パンデミック」という名目で、経済は閉鎖され、中小企業はつぶされ、労働者は失業させられ、人々の権利が破壊されるのを目の当たりにしてきた。ロックダウンと規制がこのプロセスを促進した。これらのいわゆる「公衆衛生措置」は、資本主義の危機を管理するために役立ってきた。

新自由主義は、労働者の収入と福利厚生を圧迫し、経済の主要部門をオフショア化し、需要を維持し、金持ちがまだ投資して利益を得られるような金融ネズミ講を作り出すために、あらゆる手段を用いてきた。2008年の大暴落の後、銀行部門への救済措置は一時的な休息に過ぎなかった。数十億ドルの救済措置とともに、Covid以前はもっと大きな衝撃とともに暴落が戻ってきた。

ファビオ・ヴィーギは、「パンデミック」がこのような事態に果たした役割に光を当てている。

「・・・なぜ、普段は不謹慎な支配的エリートが、ほとんど非生産的な人々(80歳以上)だけを対象とする病原体に直面して、世界の利益生産マシンを凍結することにしたのか、疑問に思い始めた人もいるかもしれない。」

ヴィギは、コビッド以前の時代、世界経済が再び巨大なメルトダウンの危機に瀕していたことを説明し、スイス国際決済銀行、ブラックロック(世界で最も強力な投資ファンド)G7の中央銀行家などが、差し迫った大規模な金融メルトダウンを回避するためにどのように動いたかを記録している。

ロックダウンと世界的な経済取引の停止は、FRBがハイパーインフレを避けるために実体経済を停止させる一方で、(COVIDという名目で)不振の金融市場に新しく印刷した貨幣を流し込むことを意図したものだった。

ヴィギは言う。

「ロックダウンをしなければならなかったから (2020年3月に)株式市場が崩壊したのではなく、金融市場が崩壊したからロックダウンをしなければならなかったのである。ロックダウンは商取引を停止させ、信用需要を奪い、伝染を止めた。つまり、異常な金融政策による金融構造の改革は、経済のエンジンを切ることを前提にしていたのである」。

それはすべて、COVIDの「救済」という名目でウォール街を数兆円規模で救済し、その後、資本主義を根本的に再構築する継続的な計画であった。それは、中小企業を倒産に追い込むか、独占企業やグローバルチェーンに買収させ、それによってこれらの略奪的企業の継続的利益を確保し、ロックダウンと自動化の促進によって生じる数百万の仕事を根絶させるというものであった。

一般市民は「COVID救済」パッケージのツケを払うことになる。金融救済が計画通りに進まなければ、おそらく「ウイルス」の口実で正当化されるだろうが、「気候の緊急事態」という口実でさらなるロックダウンを見ることになるかもしれない。

救われたのは大金融だけではない。以前は不振だった製薬業界も、金儲け主義のコビッドワクチンのおかげで、大規模な救済措置(ワクチン開発・購入のための公的資金)と命綱を得たのだ。

私たちが目にしているのは、世界中で何百万人もの人々が生活を奪われていることだ。AIや生産・流通・サービス提供の高度な自動化が進む中、大量の労働力はもはや必要ない。

それは、資本主義的経済活動が必要とする労働力を再生産し、維持するために従来から機能してきた大衆教育、福祉、医療の提供や制度の必要性と将来について、根本的な疑問を投げかけるものである。経済が再編されるにつれて、労働と資本の関係も変容している。労働が労働者階級の存立条件であるならば、資本家の目には、もはや必要とされない(余剰)労働力のプールをなぜ維持するのだろうか。

同時に、人口の大部分が永久失業状態に向かうなか、支配者たちは大衆の反対や抵抗にうんざりしている。私たちは、移動と集会の自由から政治的抗議と言論の自由に至るまで、自由を抑制するように設計された新興の生物安全保障モニタリング国家を目撃しているのである。

「非生産的」で「無駄飯食い」とみなされる人口が増加しているトップダウンの監視資本主義体制では、個人主義、自由民主主義、自由な選択と消費主義のイデオロギーという概念は、政治的・市民的権利や自由とともに「不必要な贅沢品」とエリートによって見なされているのだ。

オーストラリアで進行中の専制政治を見れば、この国がいかに早く「自由民主主義」から、集会や抗議行動を許さない無限の封鎖を行う残忍な全体主義的警察国家に変貌したかがわかるはずだ。

健康を守るという名目で殴られ、地面に投げつけられ、ゴム弾で撃たれることは、「命を守る」ために社会的・経済的に破壊的な隔離によって社会全体を荒廃させるのと同じくらい理にかなっている。

これにはほとんど論理性がない。しかし、もちろん、今起きていることを資本主義の危機という観点からとらえれば、もっと理にかなったものになるかもしれない。

2008年の大暴落に続く緊縮財政は、最初の封鎖が行われたときにはまだその衝撃に動揺していた一般市民にとって十分に悪いものだった。

当局は、今回はより深く、より厳しい影響と、より広範な変化が起こることを認識しており、大衆がより厳しく管理され、来るべき隷属に備えなければならないことを断固として主張しているようである。

第9章 「ポストCOVIDディストピア」

「神の手」と「新世界秩序」

オーストラリアでは、長期にわたる封鎖措置の間、言論の自由はもとより、抗議する権利、公衆の面前に集まる権利も停止された。当局が無意味な「ゼロ・コビッド」政策を追求したため、そこは巨大な流刑地のようであった。ヨーロッパ全土で、そして米国とイスラエルで、移動の自由とサービスへのアクセスを制限するために、不必要で差別的な「COVIDパスポート」が展開されつつある。

繰り返すが、各国政府は、「グレート・リセット」、「第4次産業革命」、「ニューノーマル」、あるいは資本主義の再編成と普通の人々への残酷な影響をごまかすために使われる他のどのような良さそうな用語であれ、その背後にある巨大金融、ゲイツ財団、ロックフェラー財団、世界経済フォーラム、軍事・金融産業複合体の億万長者の主人たちに対して決意を示さなければならない。

COVIDは、何兆ドルもの資金がエリートの利益団体に渡ることを確実にし、一方で一般人や中小企業には閉鎖や制限が課された。勝者は、アマゾン、大手製薬会社、ハイテク企業である。敗者は中小企業や多くの国民であり、労働する権利や、彼らの祖先がそのために闘い、しばしば命を落とした市民権全般を奪われたのだ。

グローバリゼーション研究センター(CRG)のミシェル・チョスドフスキー教授は言う。

「グローバルマネーの金融機関は、危機に瀕している実体経済の「債権者」である。世界経済の閉鎖は、世界的な債務超過のプロセスを引き起こした。世界史上前例のない、数兆円のドル建て大当たり債務が193カ国の国民経済を同時に襲っている。」

2020年8月、国際労働機関(ILO)の報告書はこう述べている。

「COVID-19危機は、世界のすべての地域で経済と労働市場に深刻な混乱をもたらし 2020年第2四半期には約4億人のフルタイム雇用に相当する労働時間の損失が推定され、そのほとんどは新興国と発展途上国である。」

最も脆弱なのは、世界の労働人口の半分に相当する16億人のインフォーマル経済労働者で、彼らは大きな雇用喪失を経験している部門で働いているか、ロックダウンによって収入に深刻な影響を受けている。影響を受ける労働者の大半(12億5000万人)は、小売業、宿泊・飲食サービス業、製造業に従事している。そして、そのほとんどが自営業やインフォーマルセクターでの低収入の仕事である。

この点で、政府がロックダウンを課したインドは特に影響を受けた。この政策は結局、2億3000万人を貧困に追いやり、多くの人の生活と人生を狂わせた。アジム・プレムジ大学持続可能な雇用センターが2021年5月に作成した報告書は 2020年後半になっても雇用と所得がパンデミック前の水準に回復していないことを浮き彫りにしている。

報告書「State of Working India 2021 – One year of COVID-19」は、正規の給与所得者のほぼ半数がインフォーマルセクターに移行し、2億3000万人が国の最低賃金貧困ライン以下に落ち込んだことを強調している。

COVID以前にも、インドは1991年以来最長の経済減速を経験しており、雇用創出力は弱く、開発は不均一で、大部分がインフォーマル経済であった。RUPEの記事は、経済の構造的な弱点と、一般庶民のしばしば絶望的な窮状を浮き彫りにしている。

モディの締め付けを乗り切るため、上位25%の世帯が1.4倍であるのに対し、最貧困層の25%の世帯は所得の中央値の3.8倍を借りている。この研究は、負債の罠への影響を指摘している。

半年後にも、弱者世帯の20%で食料摂取量がロックダウンレベルであったことも指摘されている。

一方、富裕層は十分な配慮がなされていた。Left Voiceによると

「モディ政権は、労働者の命や生活を守ることよりも、大企業の利益を優先し、億万長者の財産を守ることでパンデミックに対処してきた」

各国政府は今や世界的な債権者の支配下にあり、post-COVIDの時代には、労働者の手当や社会的セーフティネットの取り消しを含む大規模な緊縮財政が行われるだろう。返済不可能な数兆ドル規模の公的債務が展開されている。国家の債権者はビッグマネーであり、国家の民営化につながるプロセスで主導権を握っている。

2020年4月から7月にかけて、世界中の億万長者が保有する総資産は、8兆ドルから10兆ドル以上に膨れ上がった。チョスドフスキーは、億万長者の新世代のイノベーターたちが、増え続ける新興テクノロジーのレパートリーを利用して、ダメージを修復するために重要な役割を果たすことになりそうだ、と述べている。しかし、彼が指摘するように、これらの堕落した億万長者は貧困化させるだけの存在に過ぎない。

このことを念頭に置いて、US Right To Knowのウェブサイトに掲載された記事では、ゲイツ氏が主導する、合成物質や遺伝子組み換え物質を生産するための生物学のプログラミングに基づく、食の未来についてのアジェンダが暴露されている。この考え方は、情報経済におけるコンピュータのプログラミングを反映している。もちろん、ゲイツとその仲間は、そのプロセスや製品に特許を取得し、あるいは取得しようとしている。

例えば、ゲイツが支援する「カスタム生物」を作る新興企業、イチョウ・バイオワークスは最近175億ドルで株式公開した。同社は「細胞プログラミング」技術を使って、人工的に作られた酵母やバクテリアの商用株に風味や香りを遺伝子操作で組み込み、超加工食品用のビタミン、アミノ酸、酵素、風味などの「天然」成分を作り出す。

イチョウは、食品やその他多くの用途のために、最大2万個の人工「細胞プログラム」(現在5個)を作成する予定である。「生物学的プラットフォーム」を利用する顧客に課金する計画である。その顧客は消費者でも農家でもなく、世界最大の化学、食品、製薬会社である。

ゲイツ氏は、グリーンウォッシュ(環境保護)政策によって偽物の食品を押し付けている。もし彼が本当に「気候の破局」を回避し、農民を助け、十分な食料を生産することに関心があるのなら、我々の食料に対する企業の権力と支配を強固にする代わりに、地域社会に根ざした、主導的なアグロエコロジー的アプローチを促進するはずである。

しかし、ゲイツ氏はそうしない。なぜなら、民主的プロセスを回避して自らのアジェンダを展開しようとするゲイツ氏が人類のすべての問題に対する答えとみなす、特許、外部からの独自投入、商品化、グローバル企業への依存の余地がないためである。

インドが留意すべきは、これが「食」の未来であるということだ。もし農民たちが農業法案を撤回させることができなければ、インドは再び食品の輸入や外国の食品メーカー、さらには実験室で作られた「食品」に頼るようになるだろう。偽物や有毒な食品が伝統的な食生活に取って代わり、栽培方法はドローンや遺伝子操作された種子、農民のいない農場が主流となり、何億もの人々の生活(と健康)を荒廃させることになるだろう。

世界銀行グループのデビッド・マルパス総裁は、これまで実施されてきたさまざまなロックダウンの後、より貧しい国々が立ち直るための「援助」を行うと述べている。この「援助」は、新自由主義的な改革と公共サービスの弱体化が実施され、さらに定着することを条件とするものである。

2020年4月、『ウォールストリート・ジャーナル』は「IMF、世界銀行は発展途上国からの援助要請の洪水に直面している」という見出しを掲げた。1.2兆ドルの融資枠を持つ金融機関から、多数の国が救済や融資を要請している。依存心を煽るには理想的な方法だ。

債務救済や「支援」の見返りとして、ビル・ゲイツのようなグローバルな財閥は、国の政策にさらに口を出すことができ、国民国家主権の残骸を空洞化させることができるようになる。

この計画を推進する億万長者層は、自分たちが自然と人間すべてを所有し、その両方をコントロールできると考えている。例えば、大気を地球工学的に変えたり、土壌微生物を遺伝子操作したり、実験室でバイオ合成の偽食品を生産して自然よりも優れた仕事をしたりすることで、そのようにできるのだ。

彼らは、人間であることの意味を再構築することによって、歴史に終止符を打ち、車輪を再発明できると考えている。そして、彼らはこれを早急に達成することを望んでいる。何千年にもわたる文化、伝統、慣習を事実上一晩で根絶やしにしようという、冷たいディストピアのビジョンである。

そして、それらの文化、伝統、慣習の多くは、食物やその生産方法、自然との根深いつながりに関連している。私たちの祖先が古くから行ってきた儀式や祝祭の多くは、死から再生、豊穣に至るまで、存在の最も基本的な問題に折り合いをつけるための物語や神話に基づいて築かれたものであることを考えよう。これらの文化的な信念や習慣は、自然との現実的な関係や、人間の生命を維持するための自然の役割を神聖化する役割を担っていたのである。

農業が人類の生存の鍵を握るようになると、作物の植え付けや収穫など、食料生産に関連する季節の行事がこれらの習慣の中心になった。例えば、北欧の多神教ではFreyfaxiが収穫の始まりを示し、LammasまたはLughnasadhは最初の収穫/穀物の収穫を祝うものである。

人類は自然とそれが生み出す生命を祝福していた。古代の信仰と儀式には希望と再生が込められており、人々は太陽、種子、動物、風、火、土、雨、そして生命を育みもたらす季節の移り変わりと必要かつ直接的な関係を持っていた。農耕生産と関連する神々との文化的・社会的関係は、健全な実用的基盤を持っていたのである。人々の生活は、何千年もの間、植え付け、収穫、種、土、季節と結びついてきたのだ。

例えば、ロバート・W・ニコルズ教授は、ヴォーデンとトールの信仰は、太陽と大地、作物と動物、夏の明るさと暖かさ、冬の寒さと暗さの間の季節の回転に関するはるかに古い、より根強い信仰に重ね合わされたものだと説明している。

文化、農業、生態系の重要な関係、特にモンスーンや季節ごとの植え付けや収穫の重要性を理解するのにインドをおいて他にないだろう。都市に住むインド人の間でも、農村に根ざした自然に対する信仰や儀式は根強く残っている。これらは伝統的な知識体系と結びついており、生活、季節、食べ物、料理、食品の加工と調理、種の交換、医療、知識の継承などが相互に関連し、インド国内の文化的多様性の本質を形成しているのである。

工業化時代の到来により、人々が都市に移り住み、食と自然環境とのつながりが希薄になったとはいえ、伝統的な「食文化」(食の生産、流通、消費を取り巻く習慣、態度、信念)は今もなお繁栄し、農業や自然とのつながりが続いていることを明らかにしている。

神の手

1950年代にさかのぼると、ユニオン・カーバイド社が、人類が直面するいくつかの問題を「解決」するために空から降ってくる「神の手」として描いた一連のイメージに基づく企業物語に注目すると興味深いものがある。最も有名なイメージの1つは、インドの土壌に同社の農薬を注ぐ手が、伝統的な農法がどこか「後進的」であるかのように描かれているものである。

よく知られた主張とは裏腹に、この化学薬品主導のアプローチは食糧増産につながらず、生態系、社会、経済に長期にわたり壊滅的な影響を及ぼした。

数年前、コカコーラのテレビ広告キャンペーンが、現代性を甘い飲み物と結び付け、アボリジニの古代信仰を有害で無知な時代遅れのものとして描き、視聴者に製品を売り込んだことが、『食品と文化研究』(Bob Ashley et al)の中で紹介されている。雨ではなくコカコーラが、乾燥した人々に生命を与える存在となったのだ。この種のイデオロギーは、伝統文化を信用せず、欠陥があり、「神のような」企業からの支援が必要であるとする、より広範な戦略の一部を形成している。

今日、農民のいない農場は、運転手のいない機械によって運営され、ドローンによってモニタリングされ、実験室ベースの食品が標準になることが話題になっている。特許を取得した遺伝子組み換え種子を化学薬品に漬け、バイオテクノロジー企業によって加工され、食品に似たものになる産業用「生体物質」のために栽培された商品作物である。

インドのような場所では、すでに(COVID以前から)多額の負債を抱えている農民の土地は、最終的にハイテク企業、金融機関、グローバルなアグリビジネスに引き渡され、ハイテク、データ駆動型の遺伝子組み換え産業汚泥を生産することになるのだろうか。

これは、世界経済フォーラムが推進する素晴らしい新世界の一部なのだろうか?一握りの支配者たちが、人類を蔑視し、自分たちが自然や人類の上に立つと信じ、傲慢な態度を示している世界。

ヘンリー・キッシンジャーが設立したキッシンジャー・アソシエイツの元ディレクターで、ビル・クリントン政権の上級管理官、外交問題評議会のメンバーであるデビッド・ロスコフは 2008年の著書『スーパークラス』で、このエリートは6千から7千人(世界人口の約0.0001%)で構成されていると述べている。2008年に出版された『スーパークラス:グローバル・パワー・エリートと彼らが創る世界』という本の中で述べている。

このクラスは、巨大企業と連動した政策立案エリートで構成されており、グローバル・パワー・ピラミッドの絶対的頂点に立つ人々である。三極委員会、ビルダーバーグ・グループ、G8,G20,NATO、世界銀行、世界貿易機関などで議題を設定し、金融資本と多国籍企業の最高レベルの出身者が中心となっている。

しかし近年、ジャーナリストのエルンスト・ウォルフが「デジタル金融複合体」と呼ぶものが台頭し、「一つの世界」という農業のグローバル化を推進するようになった。この複合体は、マイクロソフト、アルファベット(グーグル)アップル、アマゾン、メタ(フェイスブック)など、すでに述べた多くの企業や、ブラックロック、バンガードといった多国籍投資・資産運用会社で構成されている。

これらの企業は、政府や欧州中央銀行(ECB)米国連邦準備制度といった重要な機関を支配している。実際、ブラックロックとバンガードはECBとFRBを合わせたよりも多くの金融資産を持っているとウォルフは述べている。

ブラックロックとバンガードのパワーと影響力を理解するために、ドキュメンタリー映画「モノポリー:グレートリセットの概要」を見てみよう。この映画は、世界の大企業の株式は、同じ機関投資家によって所有されていると論じている。つまり、コーラとペプシのような「競合する」ブランドは、同じ投資会社、投資ファンド、保険会社、銀行によって株が所有されているので、本当の競合相手ではない、ということだ。

小さな投資家は、より大きな投資家に所有されている。小さな投資家は大きな投資家に所有され、その投資家はさらに大きな投資家に所有されている。このピラミッドの一番上に見えるのは、2つの会社だけである。バンガードとブラックロックである。

2017年のブルームバーグのレポートによると 2028年にこの両社を合わせると、20兆円もの投資額を持つようになるそうである。つまり、所有する価値のあるものをほとんどすべて所有することになる。

デジタル金融複合体は、生活のあらゆる面を支配しようとしている。キャッシュレス化、デジタル・バイオ医薬品技術と連動したワクチン接種の義務化、個人情報とデジタルマネーの管理、そして食料と農業を含むあらゆるものの完全な管理などを望んでいるのだ。

2020年初頭以降の出来事から分かることは、責任感のない権威主義的なグローバルエリートは、自分たちが作りたい世界の姿を知っていて、その議題を世界的に調整する能力を持ち、それを達成するために欺瞞と二枚舌を使っているということだ。そして、資本主義の「自由民主主義」が一巡したこの勇敢なオーウェル的世界では、真に独立した国民国家や個人の権利の居場所はないだろう。

デジタル金融複合体による「自然の金融化」と国や企業の「グリーン・プロファイリング」によって、国民国家の独立性はさらに損なわれる可能性がある。

再びインドを例にとれば、インド政府は国債への外資流入を容赦なく誘致している(グローバル投資家にとって有利な市場を作り出している)。このような国債に投資家が大きく動くと経済が不安定になり、また、インドの「グリーン・クレデンシャル」が国際的な信用格付けの引き下げに織り込まれる可能性があることは、想像に難くない。

では、インドはどのようにしてグリーン・クレデンシャルを示し、その結果「信用力」を高めることができるのだろうか。おそらく、遺伝子組み換え部門が「気候にやさしい」と誤解を招くような、除草剤耐性のある遺伝子組み換え商品作物の単一栽培を許可したり、先住民を追い出して彼らの土地や森林を「ネットゼロ」グローバル企業の炭素吸収源として使い、彼らの汚染を「相殺」することによって、であろう。

食料生産、自然、そして人生に意味と表現を与える文化的に埋め込まれた信念の間のつながりが完全に断ち切られると、実験室で作られた食料で生活し、国家からの収入に頼り、満足できる生産活動や真の自己実現が奪われた個々の人間が残ることになるのである。

最近インドで起こった農民の抗議行動や、食料と農業の将来をめぐる世界的な闘いは、人類の将来の方向性に関するより広い闘いと一体であると考えなければならない。

ポスト開発理論家のアルトゥーロ・エスコバルが説明するように、求められているのは「開発への代替案」である。

「第二次世界大戦から70年経っても、ある種の基本的なものは変わっていない。第二次世界大戦後70年を経ても、ある種の基本は変わっていないからだ。世界の不平等は、国家間でも国内でも依然として深刻だ。環境破壊と人間の移動は、政治的、生態学的要因によって引き起こされ、悪化の一途をたどっている。これらは「開発」の失敗を示す症状であり、知的・政治的なポスト開発プロジェクトが依然として緊急課題であることを示す指標である。

ラテンアメリカの状況を見ると、開発戦略はアブラヤシ農園の拡大、鉱業、大規模な港湾開発などの大規模な介入を中心に行ってきたとエスコバルは言う。

また、インドでも同様で、商品の単一栽培、田舎への隔離、生物多様性の横取り、何百万人もの農村住民の生計手段、不必要で不適切な環境破壊と住民移転のインフラプロジェクト、社会の最も貧しく周縁化された層に対する国家の支援による暴力が行われているのだそうだ。

これらの問題は、開発の欠如ではなく、「過剰な開発」の結果である。エスコバルは、先住民の世界観や、人間と自然の不可分性・相互依存性に解決策を見出そうとしている。

彼だけではない。作家のフェリックス・パデルとマルヴィカ・グプタは、アディバシ(インドの先住民族)経済が将来への唯一の希望になると主張している。なぜなら、インドの部族文化は資本主義や工業化に対するアンチテーゼであり続けるからである。彼らの古くからの知識と価値観は、自然から得るものを抑制することで、長期的な持続可能性を促進する。また、彼らの社会は、階層や競争ではなく、平等と共有を重視している。

これらの原則は、私たちが地球上のどこに住んでいようと、私たちの行動の指針となるべきものである。ナルシシズム、支配、エゴ、人間中心主義、種族主義、略奪に支配されたシステム。天然資源が再生されるよりはるかに速いスピードで使い果たされているシステムである。私たちは川や海を汚染し、自然の生息地を破壊し、野生生物種を絶滅の危機に追いやり、汚染と破壊を続けているのである。

その結果、限りある資源をめぐって果てしない争いが起こり、核ミサイルがダモクレスの剣のように人類の頭上にぶらさがっている。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました