WEF/グレート・リセット食料備蓄・保存

グリーンピース元会長のパトリック・ムーア博士が、エリートは世界の人口を減らすために「自殺協定」を結んでいると発言

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

 

“私たちは今、国際的にも国内的にも非常に強力な組織やエリートが、基本的に自殺行為である政策を呼びかけている状況に直面しています。基本的に、ある種の死の願望なのです。


Patrick Moore 0:00

グリーンピースが成長するにつれ、2つのことが起こりました。まず、運動団体というよりもビジネスとして成長しました。なぜなら 2000人の従業員を抱え、彼らに給与を支払うための資金を調達しなければならなかったからです。そのため、優先順位が少しずつ変化していきました。

次に、グリーンピースは、人間を地球の敵として表現することにしました。当初は環境だけでなく、強い人道的ビジョンを持っていましたが、グリーンピースの平和は、人類が核戦争で自滅するのを阻止することです。ですから、人間への配慮が必要だったんですね。

しかし、最終的に環境保護運動は、人間を自然の敵として特徴づけることにしました。言い換えれば、私たちだけが悪の種なのです。他の生物はすべて善なのです。これでは、あまりにも原罪に近い。

私は、火と硫黄のような男ではありません。人間も自然の一部だと信じています。まあ、そうですから。ですから、人間も自然の一部だと思うんです。悪い人間より良い人間の方がずっと多いしですしね。悪い動物もいると思うゾウのようにね そして、私はそれが事実であることを知っています。

Chief Nerd 1:12

私は何人か経験したことがあります。(笑)

しかし、グリーンピースの話に戻りますが、子供の頃、地球を救おうとか、ハグしようとか、そういうことをやっていた子供でしたか?木を抱きしめるような人でしたか?歩きながら木を見て、木を抱きしめるような人でしたね。

そして、彼らが地球にこんなことをしているなんて信じられない、この金持ちたちはこんな悪いことをしているんです、だからグリーンピースに入ろうと思いました、そんな人でしたね。そして、14、15、16歳のあなたに関するコンテンツがあったのですが、それは何だったのでしょうか?

Patrick Moore 1:41

私の父は伐採人でした。ですから、私の周りの人たちやフィッシャーの人たちもそうでした。ですから、生き残るためには、自然から何かを得なければならないということを、私たちは知っていました。そのことに疑問の余地はありません。

ですから、今日、エネルギーを使うなというキャンペーンは、80億人の人口を考えると、とても馬鹿げています。ですから、私はこのことについてバランスをとっているのです。一方的なものではありません。

もちろん、私たちは地球を守らなければなりません。それは私たちを養ってくれるものです。しかし、同時に私たち自身も生きていかなければなりません。

そして、この世からあなたがいなくなるまでに、どれだけ短い時間で食べ物がなくなっていくかを、人々は理解していないのです。近年、誰もそれを体験していません。

しかし、私たちは今、非常に多くの強力な組織が、国際的にも国内的にも、基本的に自殺行為であり、ある種の死の願望であるような政策を求めている状況に直面しているのです。

そして、それは声を大にして言いたくはないことかもしれませんが、そこには真実があります。しかし、人が多すぎると思っている人がたくさんいます。

私自身はそれはおかしいと思います。私たちは以前よりかなり豊かになりました。ほんの20年前までは。20年前に比べれば、テクノロジーと科学の知識で今は恵まれています。

Chief Nerd 3:07

ムーア博士あなたが話している組織や企業は、誰のことを指しているのでしょうか?世界経済フォーラムのことですか?

Patrick Moore 3:13

ええ、まあ、そこから始めましょう。

Chief Nerd

そうですね。おそらくあなたはクラウス・シュワブに対して、ある言葉をお持ちだと思いますが。

Patrick Moore

ええ、「何も持たなくても幸せになる」と言った男です。

Chief Nerd 3:25

みんなが理解できるよう彼がどういう人か教えてもらえませんか?

Patrick Moore 3:28

彼は可愛い子です。そうですね。…..私たちがここまで来てしまったのは悲しい状況です。私は45-50年の進化を経て、この思考回路でここまで深刻になるとは思ってもいませんでした。

気候変動が初めて問題になった時、私たちは騙されているのだと気付きました。それは全てお金に関する事でした。アメリカでは、科学研究の80%が大学で行われています。大学は基本的に、政治家が望むことを伝えるために、政府補助金を得て、お金を搾り取る機械になっています。政治家が欲しいのは、人々を恐怖に陥れる話です。

あなたがSUVで高速道路を運転していて、孫を殺すのではないかと心配になり、罪悪感を感じ、財布を開いてグリーンピースに多額の小切手を送り、政治家がそれを誇張するわけです。世間では、メディアはそれを誇張し、活動家はそれを誇張します。

科学者はある意味で沈黙を守っています。なぜなら、政治家から科学者へのお金は 州、市、国、国際レベルの官僚を経由しているのを 誰も見ていないからです。そのお金は、人々を怖がらせ、コントロールしやすくする物語を作るために使われるのです。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました