FLCCC Weekly Update 2022年1月12日:Kids & COVID

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

MATH+ & I-MASK/FLCCC
FLCCC Weekly Update Jan. 12, 2022: Kids & COVID
FOXニュース 0:21

オミクロン・コビッドの感染者数が急増しているため、来週は数百万人のアメリカ人が病欠すると予想されています。アメリカでは、月曜日に過去最高の患者数を記録した後、金曜日には新たに100万人近くの患者数を記録しました。

しかし、この政権は、抗マラリア薬であるヒドロキシクロロキンやイベルメクチンなど、効果のある治療法を認めようとしません。これらは安価で、ジェネリック医薬品であり、特許も切れています。なぜ政府は、感染の兆候があった時点でインフルエンザの症状を治療するのではなく、2週間病気になって人生を棒に振ろうと言っているのでしょうか?今、私の前にいるのはピエール・コリー博士です。コリー博士は、最前線のCOVID-19(Critical Care Alliance)の社長兼最高医療責任者です。

私とロン・ジョンソン上院議員と一緒に序論します。コリー博士、お集まりいただきありがとうございます。何が起こっているのでしょうか?

Pierre Kory 1:13

皆さんが目にしているのは、システムの産物です。システムは完全に構造化されています。その構造は恐ろしいもので、完全に営利目的の製薬会社の利益のために行動するようにできています。

実際には、まるで封鎖されているかのように、承認されず、評価もされません。今回のパンデミックでは、これらの薬剤が最も効果的であることが証明されています。世界中で使用されています。地球上の25%がイベルメクチンとCOVIDを使用しています。73の対照試験がありますが、それらは無視されています。システムは製薬会社が行った大規模な二重盲検ランダム化対照試験にしか耳を傾けません。

一方、ジェネリック医薬品は、何十回もの試験を行っているのに、承認されないというのは、まったくもって不合理です。承認されたばかりの薬でも、一つは効きません。インドでは効かないことがわかっているので注文をキャンセルしましたし、もう一つの薬は非常に毒性が強いのです。

FOXニュース 2:46

気持ち悪いですね。ヒドロキシクロロキンとイベルメクチンがCOVIDの治療に効果があることは事実です。

Betsy Ashton 3:02

私は、FLCCの医師たちと一緒に仕事をしてきました。この2年間、FLCCのプロトコルにある特許切れの薬を使った早期治療がうまくいっています。それに加えて、彼らの数学的プラス病院治療プロトコルは、ERやICUにいた患者にも効果があります。瀕死の状態だった患者さんが、薬を手にした途端、驚くほどの回復を見せたのです。

このグループが行った治療がなければここにはいなかったであろう人々を、私がインタビューした何十人もの人々に紹介することができます。そしてもう1つ、このグループは、パンデミックの際に命を救うための情報を共有するために集まった医師たちですが、彼らはそれを無料で提供しています。

これらのプロトコルはすべて無料で世界中に配布されています。今、ピエール・コーリーが話したように、世界の25%の人々が、医師たちが話していた薬を使っています。

そして、そのほとんどが、この国の私たちよりも良い結果を出しています。誰かがそのことについて質問をするべきです。大手メディアの誰かがね。さて、とにかくFLCCのウィークリー・アップデートへようこそ。

私はベッツィー・アッシュ、古いレポーターです。しかし、私はこの同盟のクリエイティブ・ディレクターである医師たちと一緒に仕事をしており、今夜は皆さんが求めているテーマを取り上げます。

これは本当に重要なことです。質問に答えてくれる人がいます。子どもたちはどうするの?子供たちが健康で安全でいるためにはどうすればいいのでしょうか?幸運なことに、私たちはFLCCの新しいメンバーを迎えることができました。小児科医のエリザベス・ウィズ・マンパー博士です。

彼女が、子どもたちとCOVIDの事実について、いろいろと教えてくれるでしょう。そして、お子さんやお孫さんの健康と安全を守るためにはどうしたらいいのでしょうか。また、今夜はピエール・コリーさんが来てくれますので、ぜひご覧ください。

彼は少し遅れてくるでしょう。彼は他のインタビューなどで忙しいのです。私たちはできるだけ彼が世界に向けて話をするようにしています。しかし、ポール博士、アメリカは私たちと共にあります。

そして、何も言わずにお医者さんのところへポールさん、リズさんに新しいお医者さんを紹介する準備はできていますか?そうですね、できるかな?その必要があるかもしれませんね。

Pierre Kory 5:46

賭けてもいい、あ、あれだ

Betsy Ashton 5:46

恐怖です。

Pierre Kory 5:48

遅れてきた、ポール。ポールがどこにいるのかわかりません。しかし、大丈夫。さて、私たちは 彼女を見ています。なぜ参加しないのかわからない。こんにちは、リズ

Elizabeth Mumper 6:02

会えて嬉しいわ こんにちは。

Paul Marik 6:05

マンパー先生をご紹介できて光栄です。彼女は小児科医で、子供の慢性・急性疾患を数多く扱ってきた豊富な経験を持っています。彼女はCOVIDの専門家であり、あらゆる問題に精通していますので、早速ですがマンパー先生をご紹介します。

Elizabeth Mumper 6:29

ありがとうございます、ポール。本当に光栄なことです。私は1年ほど前からあなた方を見てきました。そして、これ以上の人はいないと思えるチームの一員になれたことを嬉しく思います。

これから私の画面を使って、FLCCが開発したいくつかの原則を小児に適用するための基本的なコンセプトを序論します。私の画面を見ていない方は、ベッツィーさんやポールさん、ピエールさんが教えてくれると思いますが、何が良いかというと、私たちはそれを見ているのです。

私は複雑な慢性疾患に関心があり、自閉症のパンデミックに歯止めをかけようとしています。私が学んだ栄養生化学の多くは、その情熱の結果、痛みを伴うものでした。

私は、機能性医学研究所の認定を受けた機能性医学の医師でもあります。だからこそ、このパンデミックの中で、子どもたちのために何か良いことができないかと考えているのです。

そこで今回は、子供のマスクについて少しお話したいと思います。皮肉なことに、バージニア州リッチモンドの郊外にあるヘンリコ郡では、私の同僚の一人が教育委員会に所属していて、子供たちがセラピストと一緒にマスクをしてスピーチセラピーを受けていることを報告していました。

私はこれを、恐怖心から行動し、あまり合理的に考えていない地域から生まれた、ちょっとおかしなこととして利用してきました。明らかに、スピーチセラピーでは、子供たちが音を理解しようとするときに、セラピストの口元を見るということが起こってほしいことの一つです。

今は、昔のように健康な子供たちはいません。私が子供だった50年代と比べると。この国では、慢性疾患が蔓延しています。その変曲点は1989年頃でした。そのため、これまでのような急性疾患だけではなく、慢性疾患を抱える子供が非常に多くなっています。喘息は最も一般的な慢性疾患であり、アレルギー、糖尿病、自閉症スペクトラムの子供たちに1型糖尿病や2型糖尿病が見られるようになってきました。

これは私のライフワークです。私が医学生だった頃、自閉症の発症率は5000人に1人でした。ですから、自閉症の子供が生まれると、VCUでは全員が呼ばれ、「こんなことは二度と起こらないだろう」と言われていました。最新のデータによると、残念ながら44人に1人の割合で自閉症の子供がいることがわかりました。小児白血病やその他の癌に対する驚異的な進歩のおかげで、癌にかかっても生き延びる子供たちが増えています。

同様に、エイズの子供たちも治療によって長く生き延びることができるようになっています。発作は増加傾向にあり、他の多くの疾患と共存しています。また、肥満も大きな問題で、現在、アメリカの子供たちの30%が体重過多または肥満であると言われています。肥満がCOVIDの病気の大きなリスク要因であることは、皆さんもご存知のことと思います。

そこで、アフリカについて少しお話したいと思います。アフリカの子どもたちは土の中で遊んでいます。アフリカは、COVIDのパンデミックに対して、アメリカよりもはるかに優れた対応をしています。その理由としては、多くの国民が常用しているイベルメクチンやヒドロキシクロロキンの使用などが挙げられます。

実際、アフリカの人々はイベルメクチンを「サンデー、サンデー」と呼んでいます。長年にわたる膨大な情報によると、子供たちを殺菌しすぎたり、泥遊びをさせなかったりすると、自己免疫力が高まり、アレルギーや喘息などの免疫系が変化してしまうことがわかってきました。免疫系を強化するためには、犬に赤ちゃんを舐めさせるといいでしょう。子供は土の中で遊ばなければならないし、動物に舐めてもらわなければならないというのは、本当にその通りです。

そして、乳児期や幼児期に過剰な衛生管理をするべきではありません。そこで、マスク着用の義務化を考えた人たちに質問ですが、マスクをしている場合、子供はどうやって食事をするのでしょうか?犬になめられたり、泥んこ遊びをして育った子供たちは、ハシモト病やセリアック病、1型糖尿病などの慢性疾患にかかる可能性が低いことがわかっています。ハッピーバースデーの歌は、子供たちが手を洗う時間に再利用され、手を洗っているときにハッピーバースデーの歌を自分で歌うのです。

私の診療所で気付いたことの一つは、細菌を恐れ、手洗いや清潔さを保つことに強迫神経症のような行動をとる子供たちです。これはとても残念なことだと思います。アフリカの話をしましたが、アフリカのいくつかの国を調べて、COVIDによる100万人あたりの死亡者数をアメリカと比較してみました。ご覧のように、アフリカ全体の死亡率は、アメリカよりもはるかに高い数値を示しています。

現在、ペルーは残念ながらそのような状況にありますが、私たちはそれにうまく対処できませんでした。ですから、子供時代のCOVIDを視野に入れる必要があります。自転車や自動車の事故、子どもの自殺などと比較してみると、実際にはそれほど多くないことがわかります。アメリカ、イギリス、イタリア、フランス、スペイン、ドイツ、韓国の7カ国で調査が行われました。

つまり、小児死亡のおよそ半分がCOVIDによるものなのです。それなのに、この病気から子どもたちを守るために、学校を封鎖したり、集団生活を義務づけたりと、特別な措置がとられているのです。

私が最も顕著に感じたのは、子供たちの精神的な健康への深刻な影響です。そこで、いくつかのデータを紹介したいと思います。これは、CDCのMN WRから直接得たものです。パンデミック期間中のメンタルヘルス関連の救急外来の受診状況を調べたところ、全く良い結果が得られませんでした。思春期のメンタルヘルス関連の請求は 2018年と2019年に比べて 2020年の春には2倍になりました。医療関連の請求は減少し、実際、私の診療所では、井戸端会議やその他の病気の訪問は45~65%減少しました。

そして、私の最も好きな患者さんの何人かが、何ヶ月にもわたって自殺をするほど落ち込み、不安を抱えていたことを心配しなければなりませんでした。幸いなことに、彼らは今のところ全員生きています。

もうひとつの問題は、小学生を1年間コンピュータの前に座らせるとどうなるかということです。まず第一に、すべての子供がインターネットにアクセスでき、適切なコンピュータを利用できるわけではありません。特に貧しい家庭では、全家庭に1台の端末しかなく、その携帯電話をみんなで共有しなければならないこともあります。

しかし、私が最も不満に思ったのは、このテクノロジーを利用しているのに、発達段階にない子供たちが利用していることでした。私には小学3年生と4年生を教えている娘と息子がいますが、幼稚園をバーチャルで教えようとしていた人たちを知っています。

彼らは子供たちにカメラの電源を入れるように指示したり、ズームの技術を使いこなそうとしたりすることに多くの時間を費やしていました。推定では、子供たちはその年に期待されていた学習内容の30%しか学べなかったそうです。

ブラウン大学で行われた非常に興味深い研究を序論します。彼らは子供の神経発達に関する大規模な研究を行っています。2020年と2021年の認知機能のスコアを 2011年から 2019年までの過去数十年分のスコアと比較しました。その結果、パンデミック前の子どもに比べて、パンデミック後の子どもの認知能力が著しく低下していることがわかりました。

これは私にとって非常に気になることです。このデータによると、以前は早期学習複合得点が100点前後だったそうです。大人のIQのようなものですが、パンデミックの子どもたちは、86や78といった大幅な減少が見られました。

このような障害が、幼児教育や幼児期の社会性の重要性を示すデータにどれほど影響するのか、実際に子供たちを前向きに追跡調査しなければなりません。このデータは非常に気になります。

では、オミクロンは子供たちはどうでしょうか?いつものように見出しが怖いですよね。オミクロン・ケースが60%増加し、入院が14%増加したという話です。小児科で言うと、入院はいつも冬に増えます。ですから、小児科の季節性を知らない人にとっては、非常に誤解を招く表現になってしまいます。実際、私の地元の病院の小児科病棟では、夏には1人か2人か3人の子供が入院します。通常は、扁桃腺を切除したり、腕を骨折したりするために来院します。

私が研修医プログラムを運営していたとき、たまたま小児科のローテーションを夏に行った場合、研修医が十分な教育を受けているとは思えませんでした。一方、冬になると、センサーがチームに入り、患者さんを管理することになります。ですから、このような見出しは非常に誤解を招きやすいと思います。

しかし同時に、現在のオミクロンに対する有効性が実証されていないという多くの証拠があるにもかかわらず、12歳以上の子供にワクチンのブースター投与が承認されたこともわかりました。オミクロンについてよく考えてみると、緊急外来が70%減少し、入院が55%減少し、ICUへの入室が66%減少しています。

そして、この数字は子供たちにとってはさらに良いものではないかと思います。さて、間違いありません。オミクロンの方が確実に感染力があります。結び目の話をしたときのことを思い出すと、基本的に何人の人に感染する可能性があるかということですが、アルファは1~2人、おそらく3人の範囲、デルタは3~5人、オミクロンは7~10人といったところでしょうか。だからこそ、これほど多くの症例を目にすることができるのです。

これが集団免疫を得るための方法であり、他の変異型に対する交差防御を備えた、ウイルスに対する広範で強固かつ持続的な免疫を持つ人々を実際に育成する方法なのかもしれません。なぜなら、実際にウイルスに感染すると、注射を受けた場合のようにスパイクタンパク質に対する抗体ができるだけでなく、核酸カプシドタンパク質やウイルスに含まれる他のタンパク質に対する抗体もできるからです。

これは非常に有効な防御手段となります。このように、オミクロンが本当に増加しているのを見て、私たちは、死亡率が遅れていることは認めざるを得ませんが、ICU率や死亡率が大幅に増加していないことに気付きました。

しかし、ほとんどの人にとって、オミクロンはそれほど深刻ではないと思われます。これはERの受診率の比較で、オミクロンとデルタを比較していますが、ERへの受診や入院、ICUへの入院や人工呼吸の必要性などのリスクが非常に低いことがわかります。

つまり、オミクロンで人工呼吸器を装着するリスクがわずか0.07%であれば、かなり大きな違いです。また、5歳以下の小児では、オミクロンによる救急外来受診の全体的なリスクは3.89%で、デルタで21%と報告された値よりも低かったのですが、正直なところ、私の患者の21%近くがデルタ・変異株で救急外来を受診したとは思えませんでした。入院については、デルタが2.5%であるのに対し、オミクロンは0.96%でした。

このように、様々な年齢層における傾向を調べています。それでは、ここで一旦、画面の共有をやめて、視聴者の方から何か質問がないかどうかを確認したいと思います。

Betsy Ashton 22:52

1つはメリッサ・チャペルさんからで、赤ちゃんのオミクロンに関する情報やデータを教えてほしいとのことです。私には生後2ヶ月の子供がいるのですが、オミクロンにかかることをとても心配しています。

Elizabeth Mumper 23:06

私の臨床経験をお話しますが、これは私の診療所での臨床観察ですので、それなりの価値があるとお考えください。この2週間で、私は3人の赤ちゃんにオミクロンに感染しました。1人は生後2ヶ月です。その赤ちゃんは24時間ほどピンクアイにかかっていましたが、他の症状はなく、親よりもずっと良い結果でした。

私はその赤ちゃんが心配でした。私はその子を心配して、2,3日の間、毎日様子を見ました。その子は無事に乗り切ったのですが、もう一人、生後10ヶ月の子供がいて、オミクロンと思われる陽性反応が出ました。それを証明する遺伝子配列はありませんでした。

しかし、私の地域ではそれがパンデミックっています。その子は3日間ほど鼻水が出ていましたが、すぐに治りました。3人目の患者は生後6ヶ月から8ヶ月で、軽い上気道炎の症状がありましたが、無事に治りました。

これにはいくつかの理由があると思います。1つは、これは理論的にもデータ的にも多少の違いがあるということです。生後間もない子供は、高齢者に比べてACE2受容体の数が少ないと言われています。そのため、ウイルスが付着して問題を起こすような受容体が、若い人の方が少ないという考えがあります。

通常、赤ちゃんが敗血症になることを心配しますが、私の経験では、NS3は問題なく過ごせましたので、あまり心配しないようにしてください。

Betsy Ashton 24:39

私たちにはまだ2,3枚の写真がありますが、これは良い写真です。これはいいですね。ソニアさんからの質問ですが、甲状腺機能低下症の若い人にイベルメクチンやヒドロキシクロロキンを投与することについて教えてください。

Elizabeth Mumper 24:55

ええ、それは興味深い質問ですね。なぜなら、理論的には、もし影響があるとしたら。治療法については、プレゼンテーションの後半で触れようと思います。その際にお伝えしたいのは、大人ほど子供にイベルメクチンが必要だとは思わないということです。ビタミンDやビタミンC、ケルセチンなどのケアを行えば、必ずしもイベルメクチンを使う必要はないと思います。他にも、甲状腺機能に影響を与える可能性があるという理論的な問題もあります。

そして、もしあなたがイベルメクチンを本当に長期的に、おそらく予防のために、そしてハイリスクのキットに使用していたとしたら、彼らの花火の研究に従うべきではありません。その通りです。そのことを頭の片隅に置いておく必要があるということに同意します。

Paul Marik 25:51

さて、基本的には、彼女の第2部の講演で、なぜそれをしなかったのかを説明し、その後、いくつかの質問を受け付けることにしましょう。

Betsy Ashton 26:00

次の質問は、スティーブがCOVID-19で子供を治療しなかった場合、子供をどのように治療するかというものでした。では、どうぞ。

Elizabeth Mumper 26:09

いくつかのアイデアをお持ちしました。さあ、始めましょう。まず最初にはっきりさせておきたいのは、これは進行中の作業だということです。私はこれらの提案のいくつかに取り組みました。しかし、ピエールとポールの間で、どのようなものを含めるべきか、どのような用量があるのかについて、意見を一致させることができませんでした。ですからこれは、ガイダンスの必要性が高かったために、私たちがまとめたラフドラフトです。

これは私のニーモニック(記憶術)で、私が提案している内容の一部を覚えてもらうためのものです。そして、エトセトラの部分は、おそらく拡大されると思います。

そして、これを変更するかもしれません。しかし、いくつかの基本的なポイントを皆さんと一緒に見ていこうと思いました。それでは説明します。まず、慢性疾患は最適な管理を受けるべきです。覚えておいてほしいのは、ほとんどの場合、健康な子供たちはCOVIDで問題なく過ごせるということです。

しかし、糖尿病やがん、先天性心疾患、嚢胞性線維症などの慢性肺疾患、そして特に肥満など、併存する疾患が心配です。そのため、慢性疾患を持つ子どもたちのニーズに応える方法を検討している人もいます。ここでは、いくつかの参考資料を紹介しました。

しかし、基本的には、慢性疾患を持つ子供たちを個人として扱い、それぞれの状況に目を向ける必要があると思います。積極的に社会的隔離をしなければならない子もいるかもしれません。

しかし、それはあくまでも最後の手段として使うべきだと思います。私たちは、糖尿病患者の管理を徹底して行い、ヘモグロビン値をCの1桁にしたいと思っていますが、それはとても良いことです。嚢胞性線維症の子供たちには、胸部理学療法や抗生物質のモニタリング、喀痰培養などの継続的な治療を行っています。

このように、慢性疾患を持つ子供たちをしっかりとケアすることが重要です。また、肥満の子供がいる場合は、Cormodeの併存疾患がなく、健康的な子供の場合よりも、このプロトコルを積極的に行うべきだと思います。

私は予防を重視しています。慢性疾患を予防する方法の1つとして、母乳育児を奨励しています。母乳育児は、小児期に発症する1型糖尿病、自己免疫疾患、セリアック病、炎症性腸疾患、がんなどのリスクを低減することがわかっています。また、感染症、アレルギー、自己免疫のリスクが低下することもわかっています。

このかわいそうな子供は、アレルゲンの皮膚テストを受けたばかりです。この子は、アレルゲンの皮膚テストを受けたばかりなので、腸の健康を重視した診療を行っているため、何かのアレルギーを持っている可能性があります。FLCCでは、COVID対策の一環としてプロバイオティクスの話をしていますね。

私たちは、プロバイオティクスを活用して、生後1年目の子どもの腸内環境を非常に多様なものにしようとしています。一般的に、慢性疾患は腸内細菌叢の多様性の低下と相関していることがわかっています。また、母乳で育てられた子供は、呼吸器系疾患や消化器系疾患での入院が少ないこともわかっています。

次に、2つ目のヒドロキシクロロキンについてですが、私はFLCCの大ファンであり、ヒドロキシクロロキンGRANTの効果を信じています。私は、自閉症で大きな炎症性腸疾患を持つ、肥満で非常に炎症を起こしている1人の患者にしか使いませんでした。

私は、この薬を投与すべきではないという勧告には賛成できません。だからこそ、子供への投与を安心して行えるようにしたかったのです。例えば、子どもの全身性エリテマトーデスにヒドロキシクロロキンを使用する場合、以下のような投与ガイドラインがあります。一般的には、1日あたり約400ミリグラムを超えないようにします。そのための参考文献をいくつか紹介しました。

世界の国々を見習って、子供にもヒドロキシクロロキンを使うべきだと考えています。しかし、一般的に子供はこの薬をよく使います。だから、特定のケースに限って使用し、まず基本的な栄養学的な問題を解決すべきだと思います。

次にイベルメクチンですが、私もイベルメクチンの大ファンで、クリニックを閉鎖せずに仕事を続けながら15ヶ月間服用しました。そして皮肉にも、完全にワクチンを接種した人と接触してしまったのです。だから、イベルメクチンは、予防と早期治療の両方において本当に重要だと思います。

私の一番の問題は、私の地域ではイベルメクチンが非常に高価であることです。しかし、子供への安全性についてのデータをお伝えしたいと思います。これは、確かアフリカで行われた1000人以上の子供を対象とした研究です。彼らは体重が15kg以下でした。疥癬やストロンチウムなど、様々な寄生虫に対してイベルメクチンが投与されていました。

そして、有害事象は合計で1.4%しかありませんでした。どれも重篤なものではありませんでしましたが、どれも深刻なものではありませんでした。そして必ず回復がありました。ですから、イベルメクチンは大人だけでなく、子供にも安全であることを示すデータだと思います。ライフスタイル、これは私が強調したい部分です。

これは、私が機能的医療を専門とする医師であることに由来しています。私の診療所では、子供の生活の基本的な部分として、栄養、睡眠運動(今では運動よりも社会的に受け入れられている言葉ですが)ストレス管理、人間関係などを考慮し、処方箋に頼るのではなく、これらの基本に基づいた治療を行うようにしています。簡単におさらいすると、アメリカの子供たちの栄養状態は良くありません。1日に5種類の野菜を摂る子供が少ないとか、肥満の州が多いといった調査結果が出ています。

私の診療所では、COVIDが封鎖された最初の10ヶ月間に、体重が大幅に減少しました。残念ながら、COVIDへの反応を良くするためには、栄養が逆効果になってしまったのです。睡眠衛生についてもお話ししたいのですが、私たちは多くの睡眠に関する提案をしています。

私たちは、エプソム塩を使った入浴法を実践していますが、これはマグネシウムの吸収が子供たちに伝わり、より良い睡眠をもたらすからです。また、必要に応じて、不安を解消するためにマグネシウムを経口投与することもあります。

これは興味深いことですが、長年、脳にはひとつのシステムしかないと言われてきました。しかし、私の母校であるバージニア大学では、非常にエキサイティングな研究が行われ、夜になると脳が少し縮小し、脳内の液体を循環させ、脳内のゴミを取り除くことがわかりました。ですから、COVIDやその他の病気と闘っているときに子供たちにしてほしいことのひとつは、神経系の解毒がうまくいくように、よい睡眠をとることです。また、外で遊んでいる子供たちがマスクをしているのを見ると、とても悲しくなります。

ロックダウンで最初に起こったことは、子供たちがスクリーンをずっと見ていることでした。小学生が暴力的なビデオゲームをしているのを見て、私はとてもショックを受けました。多くのゲームは、基本的に標的を与えてそれを殺すというものです。子供たちは親と一緒に来て、親は子供たちが殺される恐ろしい悪夢を報告し、子供たちは自分が殺されると感じていました。

そして、彼らがこのようなゲームをしていたことがわかりました。ですから、幼い子供がビデオゲームに熱中すると、さまざまな悪影響が出る可能性があることを認識しておいてください。リスクのある子どもたちの多くは、学校で多くの支えとなる人間関係を得ており、クラス担任もその一人です。COVIDの期間中、多くの親がひどい失業や経済的ストレスを抱えていたことがわかっています。家庭内暴力や薬物乱用の割合が急増し、児童虐待の割合が急増したことも分かっています。

このように、ネットワークやコミュニティを持つことには価値があります。また、子供たちをアパートにロックダウンることには大きな危険が伴います。私はビタミンBが大好きですが、ビタミンDには免疫に関する素晴らしい側面がたくさんあります。

これは特に重要なことで、私が最初にこのことを知ったのは自閉症の患者さんでした。というのも、自閉症の子供の多くはインターフェロンガンマとTGFアルファが非常に高く、これらは非常に炎症を起こしやすいからです。

そこで私たちは、ビタミンDのレベルを上げて、対抗的な調節サイトカインであるアイル10を増やすという戦略をとっています。つまり、ビタミンDは素晴らしいものなのです。もう1つは、ビタミンDが海馬で働き、子供が学校で学んだことを今日、明日と思い出すのを助けるということです。特に、パンデミックによる教育への影響は甚大でした。FLCCが引用した研究によると、COVIDの罹患率や死亡率はビタミンDレベルと逆相関していることがわかっています。

この点については、多くの文献があります。私は、ビタミンDの最適値を50~80の範囲にしたいと考えています。ご存じないかもしれませんが、1デシリットルあたり30ナノグラムを適正レベルと定めたのは、くる病を予防するためでした。

私は、くる病を防ぐだけでなく、それ以上のことをしたいと思っています。私の患者さんには、良い記憶と良い免疫システムを持ってもらいたいと思っています。

これらは、その子が住んでいる地域や、どれだけ日光を浴びるか、黒い肌か白い肌かなどによって大きく異なります。しかし、一般的なルールとして、私は投与量のガイドラインを示しました。ビタミンDの過剰摂取を心配することはあまりありませんが、ビタミンDが不足している子供たちを見ていると、それが原因で合併症を起こすことがあります。思春期の女の子が不安障害や抑うつ障害を抱えている場合、私たちはビタミンDの値を調べることがあります。

その結果、ビタミンDの値が13や17であったとしても、私は決して驚きません。そして、50~60を超えると劇的に良くなることが多いのです。次にビタミンCですが、食事のガイドラインを見ていて面白いと思いました。生後0カ月から6カ月までは40ミリグラム、6カ月から12カ月までは50ミリグラムの摂取を推奨しています。

そしてすぐに、腎臓結石や吐き気、下痢など、過剰摂取に伴う副作用についても言及しています。アスコルビン酸は水溶性なので、子供たちはたいてい素晴らしい腎臓を持っていることを指摘しておきます。ですから、ピエールやポールがICUで大人と同じような腎臓病に悩まされることはありません。だから、子供たちは大抵の場合、おしっこを出してアクセスすることができます。

しかし、頻繁に投与したり、緩衝剤を使用することで、下痢を避けることができます。このように、これまでのアドバイスはあまりにも保守的だったと思います。だから、私は天才たちについて行きます。ポールは、ビタミンCと敗血症に関するブレイクスルー研究を行ったので、ここに入れておきます。

私のヒーローの一人であるライナス・ポーリングは、ビタミンCについて膨大な量の論文を書いていますが、ここ数年になって初めて気づいたのですが、彼はそのような立場からキャリアを通じて多くの批判を受けてきましたが、それでも彼の正しさは証明されていると思います。

私の経験では、慢性疾患や自閉症の子供たちには、ビタミンAが不足している子供が多く見られます。これはビタミンA欠乏症の発疹で、顔にもできますし、腕にもできます。

これは腕だと思います。それを使うわけです。ビタミンAとビタミンDが含まれているタラ肝油を復活させるべきではないかと考えていますが、私たちの祖母はそれを使っていました。祖母の時代には、子供たちは野菜や果物を食べていて、スキットルやドリトスばかり食べていたわけではありませんでした。ですから、ビタミンAは抗ウイルス剤として見落とされているのではないでしょうか。それから、回復についても強調したいと思います。ほとんどの子供たちはCOVIDでうまくいきます。

では、データを見てみましょう。生存率は99.998%です。癌、嚢胞性線維症、慢性肺疾患、糖尿病など、小児科のあらゆる患者を対象としています。多系統炎症症候群については多くのことが書かれており、小児科医は自分の患者がこれに該当するのではないかと恐れています。

しかし、有病率や発症率を見てみると、100万人月あたり5.1人でした。つまり、それほど頻繁に起こるものではありません。通常、COVIDの4週間後くらいに発症します。発熱、発疹、目の充血、下痢、嘔吐など、小児科医や家庭犬をお持ちの方にとっては、川崎病や毒素性ショック症候群と同じような症状を呈することがあります。また、かなりの量の炎症を伴います。

しかし、もし私たちが炎症にうまく対処できていたら、このような重篤な症状は出なかったと思います。そう頻繁に。もう1つのポイントは、私の周りでは1年ほど前からこの話をしていたにもかかわらず、Dr.ファウチはつい最近この点を認めたということです。入院してCOVID検査で陽性になった子供の多くは、実際にはCOVIDに感染していません。

入院の主な理由はCOVIDではありません。例えば、腕を骨折して病院に行った場合、自動的に検査を受けることになりますが、その際に陽性反応が出る可能性があります。ここでPCR検査の問題が出てきますが、私の地元の病院では、どのようなサイクル番号を使っているのかがわかりません。

私の地元の病院では、どのような周期で検査を行っているのかがわかりません。サイクルタイムが高いと、ごく少量のウイルスの破片が検出されるため、偽陽性が多くなることがわかっています。

しかし、それでも、虫垂炎で来院した子供たちは、検査が陽性であればCOVIDを持っていることになります。約40%は無症状でした。28%が非常に軽度の中等度の病気で、7.7%が重度、12.8%が重症、12%がCOVIDによる多系統炎症症候群でした。

このように、無症状あるいは軽い風邪をひいている子供たちが地域社会で元気に走り回っているという背景を考慮して、この問題を考えなければなりません。また、アフリカ系アメリカ人や混血児、ラテン系の子供たちは、入院のリスクが高いこともわかっています。

これらのデータを整理する必要があると思います。ビタミンDの不足や、医療機関へのアクセス、早期治療の不足など、さまざまな問題があります。しかし、これが事実です。基本的には、COVID自体が原因で死亡する健康な子供を見つけるのは非常に難しいのです。ホプキンス大学のMarty Makary氏は、48,000件の保険請求を調査しましたが、重大な既往症がある場合を除き、死亡した子供を見つけることはできませんでした。

しかし、これは健康な子供には稀な現象であり、親御さんは比較的安心しているはずです。さて、ここからは「エトセトラ」です。そして、ここにはさらにいくつかの項目を追加するかもしれません。しかし、私が最初に言いたいのは、IGAや呼吸器・胃腸の分泌物は、COVIDに対する主要な防御策の一つであるということです。

そして、子供たちに是非とも推進したいことの一つです。SARS-Covidは呼吸器、目、胃腸から侵入しますが、IGAは私たちを守ってくれる主要な免疫グロブリンです。

そこで、自閉症スペクトラムの子どもたちのために、サッカロミセス・ブーラルディを使用することにしました。これは、悪い酵母に噛みつく良い利用法だと考えていて、第一第二の免疫が非常に不安定な子供たちによく使っています。

しかし、私が最も気に入っているのは、分泌型IgAの分泌量を増加させることで、これはC diffに対する良いツールでもあります。サッカロミセス・ブーラルディの使用は、これまで考えられなかったことの一つであり、役に立つかどうかについて研究すべきかもしれません。子供たちのIGAの防御力を高めることができれば、COVIDに直面したときにも、より良い結果が得られると思います。

私の師匠の一人であるシドニー・ベイカーは、現在サグハーバーで医師をしていますが、彼は機能的医療運動の創始者の一人でもあります。これは、サッカロミセス・ブーラディーの摂取方法について、親御さんに配布された資料です。ゆっくり始めれば、かなりの量を増やすことができますが、子供の様子を観察しなければなりません。ですから、このスライドを見直すつもりはありません。参考にしていただければと思い、お渡しします。

さて、亜鉛についてですが、COVIDの予防や治療に亜鉛を使うか使わないかという記事があります。なぜなら、亜鉛はナッツや種子に含まれていますが、窒息の危険性があるため、ほとんどの親は与えません。ハマグリやカキは、ほとんどの立派な幼児が食べようとしません。また、きちんとした食事も、摂る子と摂らない子がいます。

しかし、NIHは無限の知恵をもって、臨床試験でない限り、同期を推奨していますが、それには時間がかかります。それまでの間は、臨床的な証拠や経験でわかっていることに基づいて行動すべきだと思います。

つまり、亜鉛は基本的に、抗炎症作用や抗酸化作用など、あらゆる有用な作用を持っています。亜鉛は金属結合を誘導します。これは、自閉症患者の大きな問題で、多くの子供たちは解毒やマテルの代謝の調節ができないのです。

そこで、食欲を増進させ、解毒を助けるために、亜鉛を投与することがあります。自閉症の患者さんは、食作用を助けるナチュラルキラー細胞の機能が非常に低い傾向にあります。

このように、私には大きなメリットがあると思います。また、私の経験では、銅の毒性や枯渇を見ることは非常に稀です。多くの子供たちは銅が比較的高く、負けています。ですから、銅が不足している子供を捕まえるのは難しいのです。見ておくべきだというのは同意します。警戒すべきだと思います。

しかし、私は長所が短所を大きく上回っていると思います。私の同僚のウォルシュ博士は生化学者で、ファイファー研究所の責任者を長年務めていました。

彼は囚人たちを使って一連の実験を行いました。囚人に会いに行き、彼らのベースラインの亜鉛レベルを調べ、亜鉛を補充したという面白い話をしてくれました。

彼が書いた論文については、参考文献を示しましたので、そちらをお読みください。彼は、洗面台を交換すると、シャワー室での刺し合いがなくなったことを証明しました。カフェテリアでの喧嘩も減りました。

このような行動上の問題を抱える人がいる根本的な生物医学的理由について考えさせられます。彼はチャールズ・マンソンも研究していますし、ここでベートーベンの毒物分析を許可されたのも彼です。非常に興味深い人物ですね。

しかし、味覚と嗅覚にはジンが非常に重要であることがわかりました。パンデミックの間、人々は味覚や嗅覚を失うことがCOVIDの兆候であると話していたので、私はしばしば疑問に思っていました。

もしそれが、人々が本質的に消耗していることを意味するならば、彼らは店を見て、私たちの体の中で少なくとも300の生化学反応を行っているという事実を含めて、あらゆることをしようとしているようです。ケルセチンについて少し触れておきましょう。果物や野菜、種子、穀物、ケール、赤玉ねぎなどがあります。幼児や小学生で、これらの食品を食べる人はあまりいないでしょう。

アレルギーの炎症や自己免疫疾患に効果があり、抗凝血作用もあるので、ビタミンCと一緒に摂るとより効果的ですね。私は、FLCCCプロトコルに記載されている用量よりも少し高い用量を使用する傾向があります。エビデンスがあれば、これを変更することも可能です。

繰り返しになりますが、これは皆さんに指針や子供たちを提供するための最初の試みです。これは私の経験に基づくものです。ですから、これが最終版になるとは言っていません。メラトニンは、睡眠以外にも非常に重要です。メラトニンは非常に優れた抗酸化物質です。そのメカニズムは、睡眠を誘発するのに重要なM1受容体やM2受容体とは独立しています。メラトニンは、気分、学習、記憶、免疫活動の調節に役立つことがわかっています。睡眠と覚醒のリズムが確立されていない赤ちゃんには使用しないほうがいいでしょう。

しかし、他の睡眠衛生対策を尽くした後に、幼児に使用することはあります。最大でも5~3ミリグラム、場合によっては5~10ミリグラムを使用することもありますが、典型的なケースではありません。短時間作用型のメラトニンを服用すると、夜中の2時や3時に悪夢を見て目が覚める人がいるので、長時間作用型のメラトニンを常に投与できれば理想的だと言えるでしょう。メラトニンの短時間作用型を服用すると、夜中の2時や3時に悪夢を見る人がいるからです。また、子供たちがうまく作用するためには、錠剤を噛まずに飲み込むことができなければなりません。

しかし、現在、メラトニンのスプレーには興味深いものがあり、将来的にはうまくいくと思います。プロモーターDは、生後1ヶ月までの乳児に認可されているので、私はこの製品が大好きです。小児科医や家庭医は、低年齢ではあまり研究されていない薬を使わなければならないことが多いからです。投与量は、1日1キロあたり5~1ミリグラムです。一日一回だけでもいいし、分割してもいい。

このことは、私たちや、アルファゲルを持つ子供たちにとって、哺乳類製品を避けなければならない問題となっています。妊娠中や授乳中の使用には注意が必要とされていますが、私の考えでは、リスクに比べて利益の比率が高いと思います。妊娠中の研究や授乳中の研究を見てきましたが、副作用が見られたのは、人間が使用する量よりもはるかに多い大量投与の場合だけでした。

ここはジョン・スタインベックの別荘ですが、私が41年ぶりに1ヶ月間、診療を休んだときの話を簡単にしたいと思います。私の目的は、自閉症の子供の医療問題に対処する方法についての本を書くことでした。

しかし、COVIDがその邪魔をしてしまい、Children’s Health Defenseからは、子供のCOVID治療について書いてほしいと頼まれ、結局、電子書籍にすることになりました。

そして、ボビー・ケネディと彼のチームからは、先ほどコメントにあったFauciの本を手伝ってほしいと頼まれましたが、皆さんの中にも読んだ方がいると思います。電子書籍をお勧めしますが、もう少し詳しく読みたい方には、6月に書いたものであることをお断りしておきます。その時に知っていたことに基づいて書いたものです。

その後、明らかに多くのことが起こっています。ここでは、トラウマの生物学と今回のパンデミックが子供たちに与える影響についてお話したいと思います。皆さんは、脳が生まれたときには構造的に完成していないことをご存知でしょう。

つまり、自然は子供たちに、生まれてきた環境がもたらす特定のニーズに適応する機会を与えてくれるのです。しかし、「COVID」のような閉鎖的な環境に適応するには、子どもたちは十分な能力を備えていないと思います。

彼らには十分な栄養が必要です。学校が閉鎖されると、多くの貧しい子供たちに温かい食事が提供されなくなります。また、鉛や水銀、アルコール、さらには人工的なスパイクプロテインなどの有害物質を避けるための手助けも必要です。養育環境が整っているのが一番ですが、親が失業などの経済的な問題で常にストレスを抱えていては、良い子育てや養育をすることは難しいでしょう。そのため、子供たちにとっては最悪の状況となっています。

私たちはもっとうまくやらなければならないと思います。COVID世代の子供たちが、心理的、社会的、教育的に長期的な影響を受けるのではないかと、私はとても心配しています。言っておきますが、科学は不完全で、常に進化しています。だから、「何も変えないで、じっとしていよう」「3年後の二重盲検法による試験を待とう」という姿勢にはとても不満があります。

さて、最後に知識だけではなく、知恵の価値について思い出していただきたいと思います。マーク・トウェインは、「知らないことが問題になるのではありません。それは、あなたが確実に知っていることです。そうではありません。」

そしてもうひとつ、私が好きなのは、「人を騙すのは、騙されたことを納得させるよりも簡単だ」という言葉です。それでは、このような示唆に富んだアイデアをもとに、スライドショーを終了し、質問を受け付けます。

Betsy Ashtonさん 58:16

ワオ。8時を過ぎてしまいましたね。でもね、これは本当に、本当にいい情報でした。このままお付き合いいただき、いくつかの質問にお答えいただければと思います。

私たちはあなたにいくつかの質問があります。我々はあまりにも、博士マリクのためにいくつかを持っています。あなたはすべての準備ができているとレスポールは、あなたがここにジャンプして何かを言いたいでしたか?すぐに?

Paul Marik 58:38

はい。ワオ。驚きの連続でした。先生、ありがとうございました。そこで最初の質問ですが、COVIDを受ける子供たちは、ビタミンやプロバイオティクスなどをすべて摂取させることになると思いますよね。質問は、どの子にマクドネルのヒドロキシクロロキンを飲ませたいかです。どのようにして決めるのですか?

Elizabeth Mumper 59:00

スライドショーの中で、入院のリスクが非常に高いと思われる子供にヒドロキシクロロキンを使用していることをお話ししました。彼は自閉症だったので、入院は彼と彼の家族にとって最悪の事態でした。

しかし、彼は素晴らしい結果を出しました。彼は4,5日前からかなり具合が悪くなっていました。お母さんは24時間以内に良くなったと言っていました。

これはとても良い話です。イベルメクチンについては、私はもっと広く使用しています。私が言いたいのは 肥満、糖尿病、慢性肺疾患、嚢胞性線維症などの慢性疾患を持つ子供がCOVIDに感染した場合、すぐにイベルメクチンを投与するべきだと思います。だから、病気になった最初の日に投与したいと思っています。健康で痩せた子供の場合、特に大家族で犬にすり寄られた場合、その子の免疫力はかなり高いと思うので、他の栄養補助食品を最初に投与し、イベルメクチンは投与しないかもしれません。

残念なことに、今では町の2つの薬局でしか私の処方箋を扱ってもらえず、価格も高騰しています。誰もが気づいていると思いますが。私は、個々の患者さんに目を向けたいと思います。

私が経営に不満を持っていたのは、「病気になるまで家で何もしないでいる」という考え方です。そして、病院に行くのです。小児科医は予防が大事なんです。

私はまず、そういった生活習慣のすべてを利用しようと思います。それから、私の患者さんの中には、現在のコストではイベルメクチンを買えない人もいます。

しかし、ハイリスクであったり、かなりの重症であったりする場合には、イベルメクチンを投与する価値があると思います。だから、例えばパルスオキシを持っている人がいれば、それはしっかり9596円以下です。イベルメクチンについては、入院のリスクがある子や、誰かと同居していて感染したら大変なことになる子には、イベルメクチンを投与します。

私は彼らにイベルメクチンを与えるつもりです。私の経験では、誰もがそれに耐えています。

Betsy Ashton 1:01:23

それは私たちが学んできたことでもあります。エレン・マコーミックさんからの質問ですが、COVIDに感染した子どもたちは、すでにワクチンを接種しているにもかかわらず、学校に戻るためにワクチン接種の証明書の提示を求められています。

彼らはどうすればいいのでしょうか?

Elizabeth Mumper 1:01:40

そうですね、これに対抗できることを心から願っています。そこで、抗体依存強化というものについて、少しお話しておく必要があります。まず第一に、自然免疫はワクチン免疫よりも優れています。COVIDを受けて回復した子供たちは、あらゆる種類のタンパク質に対する抗体を作っており、優れたT細胞免疫を持っています。そうなれば、ワクチンを接種する必要はありません。

私はそのことを主張しているわけではありません。しかし、コビッドワクチンが展開された最初の6ヶ月間に重大な有害事象が報告された数は、過去30年間の他のすべてのワクチンの報告数よりも多かったのです。

つまり、すべての小児用ワクチン、すべての成人用肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチン、帯状疱疹ワクチンは、私の意見では大失敗だと思います。私は、すでに病気にかかっている患者さんには、ワクチンを接種してほしくないと思っています。

そして、私たちは議会に行って、州議会に行って、そのことを教育しようとしています。しかし、すべての子供たちにワクチンを接種させようとする非常に早い回転の列車があるようです。

私はその前提に同意していません。親は自分の子供の擁護者でなければならないと思うので、その場合は弁護士を立てて戦うかもしれません。

Betsy Ashton 1:03:29

ジョン・パーシーからポールへの質問があります。オミクロンはCOVIDを問題にしないようにしますか?あなたはどう思いますか?あなたのどちらですか?

Paul Marik 1:03:41

ええ、それが100万ドルの質問です。私たちにはわかりませんし、水晶玉もありません。いくつかの異なるシナリオが考えられます。一つは、免疫を持った人口のほとんどに感染が広がり、そのまま消えてしまうかもしれませんし、あるいは、再び変異するかもしれません。ですから、慎重にならざるを得ないと思います。ビタミンD、ビタミンC、メラトニンなど、COVIDに感染しないように、またその影響を最小限に抑えるために、できる限りのことをしなければなりません。そして、私たちはそれを見守らなければなりません。

Betsy Ashton 1:04:40

テレサ・ヒッキーさんから、子供たちについての質問です。子供のビタミンD欠乏症はどのくらいあるのでしょうか?

Elizabeth Mumper 1:04:48

そうですね、驚くほど多いです。理論的には、ビタミンDを摂取するには北すぎる緯度に位置しています。私のアフリカ系アメリカ人の患者さんを検査すると、ほとんど全員がビタミンD不足です。しかも、ほんの少しではなく、9~11のレベルなのです。また、自閉症の患者にもよく見られます。

ビタミンDの欠乏が自閉症の危険因子であることが明らかになっているので、そのような子供たちを検査しています。正直なところ、ウィルゼックの診察を受ける白人の患者さんのビタミンD濃度を定期的にチェックすることはありません。

しかし、特に冬場にはビタミンDを補給するように患者さんに話しています。そして、私が誰かを困らせたとは思っていません。ビタミンDの値が低下したときに、スライドに示した量を推奨するかどうかを確認しないことで、ビタミンDの値が11や12の子供がいたとしても、実際には50~60~70の範囲に上げる前に大量のビタミンDを与えることができるのです。

このような人は、たとえ日光を十分に浴びることができたとしても、より多くのサプリメントを必要とするでしょう。

Betsy Ashton 1:06:30

わぁ。マーガレット・ワードさんからポールさんへの質問ですが、オミクロンの目への影響についてお話いただけますか?なぜこの変異型が目に影響を与えているように見えるのか、あなたの考えを聞かせてください。私はこれを知りませんでした。私は目の問題を抱えています。この件に関するあなたの答えを知りたいです。

Paul Marik 1:06:50

それについてはわかりません。目の質問については、マンタさんに相談してみるのもいいかもしれませんね。

Elizabeth Mumper 1:06:59

そうですね、臨床医としては、オミクロンは最初の兆候として喉の掻痒感があり、ひどい咳はあまり見られないようです。また、結膜炎のような目の所見もあり、目はCOVIDウイルスが最初に感染する場所の1つであることが分かっています。

これは私の純粋な憶測ですが、臨床的にはあり得ることだと思います。クリニカル・パールと言えるでしょう。

Betsy Ashton 1:07:51

さて、これが最後の質問になりますが、私たちは順調に進んでいます。これはローラ・カスナーさんからの質問ですが、何度感染してもCOVIDにならない人が何パーセントかいるのでしょうか?あなたはどうしたいと思いますか?

Elizabeth Mumper 1:08:11

わかりません。

Paul Marik 1:08:14

ええ、いい質問だと思います。私は、もしあなたが十分な回数の感染を期待しているならば、COVIDを得ることができると思います。ウイルス量が十分に多ければ、COVIDになると思いますが、COVIDから身を守るような何らかの遺伝的体質を持っている人はいないと思います。医学的に。間違っているかもしれませんが、特にこの変異株の場合は感染力が強いと思います。私はそうは思いません。エリザベス、あなたはどう思いますか?

Elizabeth Mumper 1:08:49

私は、小児科医のような人たちは、もう41年間も唾を吐きかけられたり、吐かれたりしてきたと思いますよ。小学校の先生は、他のコロナウイルスにもたくさん触れてきました。ですから、私の患者さんは皆、COVID-19ではなく、コロナウイルスに感染しています。

しかし、かなりの量の交差反応性免疫があります。ですから、幼い子供たちと頻繁に接触している人たちは、逃れることができるほどの交差反応性を身につけているのではないかと思います。しかし、そのようなデータはまだありません。何が起こるか見守るしかありません。

Betsy Ashton 1:09:30

何が起こるか。それまでの間、私たちは今夜多くのことを学びましたし、これはまさにスーパードクターでした。どうもありがとうございました。リズ・マンフォードです。

あなたをお迎えできて本当に良かったです。このようなことが続くと、またこのようなことをしなければならなくなるでしょう。人々は本当に子供たちのことを気にかけているし、子供たちは学校に通っているし、困ったものね。だから、これからもたくさんの質問が出てくるでしょう。

そしてもちろん、ポール、あなたは私たちの中でトップの男です。皆さん、これから始まることについて知っておくべきことがいくつかありますよね。そう、今夜はこれだけの時間しかありません。

しかし、もし皆さんの質問に答えられなかった場合は、来週末に来てください、もっとたくさんの質問を用意しています。なぜなら、マリク博士とコリー博士、私たちの重要なチームがプロトコルを更新しているからです。オミクロンから入ってくる新しい情報や研究など、彼らは常に物事を更新していますが、更新された、私が回復するプロトコル、オミクロンを直接より直接的に扱う更新されたI-Maskプラスプロトコルがあります。

そしてもちろん、私たちが聖書と呼んでいるものは、ポール博士の治療プロトコルですが、これは信じられないほどです。世界中のどんな医師でもこれを見れば、COVIDに対して何をすべきかがわかります。

彼はそれを更新していて、すでに赤い印をつけています。それは完璧で完璧なものになるでしょう。来週中には、FLCCCのソーシャルメディアをチェックして、何か準備ができたら、ウェブサイトをチェックしてください。

そして、その情報を得ることができるでしょう。そうですね、flccc.netというサイトがありますので、そこには良い情報が満載です。また、amazon.comで買い物をする際には、新しい情報を知っておく必要があります。正直なところ、私たちは皆、いずれかの時点で買い物をします。

今回、Amazon smileが私たちに微笑んでくれました。アマゾン・スマイルは、対象となるお買い物の価格の0.5%を、非営利団体である私たちがCOVIDと闘うために必要な情報を世界に発信するために寄付してくれます。

ご存知でしたか? Amazon Smileでは、対象となるAmazonでの購入金額の0.5%をFLCCCに寄付しています。アマゾンスマイルの検索バーに Amazon Smileの非営利団体検索バーに “Front Line Covid 19 Critical Care Alliance Inc “と入力し、選択ボタンを押すと準備完了です。お買い物の際は、必ずsmile.amazon.comから始めてください。

Amazon Sign-In

 

そして、shopping@smile.amazon.com を開始するたびに、あなたは無償でFLCCを支援することになるのです。これは本当に素晴らしいことです。

私たちの活動を継続的に支援してくださる皆さんに感謝しています。このような方法でも、商品でも、あるいは小切手でも、皆さんの小切手はとても素晴らしいものです。

私たちはそのことにとてもとても感謝しています。しかし、皆さんに知っておいていただきたいことがあります。1月23日(日)にワシントンDCで医師、コーリー、マリクの話を直接聞きたい方は、デモ行進がありますので、彼らや他の医師、看護師、医療従事者と一緒に行進してください。

つまり、彼らは皆、上から目線で「これが効くとわかっていても使ってはいけない」と言われるのではなく、再び自由に医師として活躍したいと考えているのです。

あなたは彼らのそばにいて、サポートをすることができます。義務化に反対している人には、情報を提供して、義務化を打ち破ることができます。他にもいろいろなことがあります。

しかし、私たちの医師は、「医師は医師らしくあれ」ということを特に懸念しています。それから、もうひとつ付け加えておきたいのは、私たちがずっと宣伝してきた簡単な薬や安価な薬を使ったプロトコルでCOVIDを打ち負かした話を、ホストからどんどん送ってほしいということです。特にビデオを送ってくれると嬉しいですね。

そして、他の多くの人々にも感動を与えてくれます。だから、どんどん投稿してください。ここにもいくつか紹介します。何人かは残っておしゃべりしていますが。お礼を申し上げたいと思います。

そして、来週もここにいます。先生方、ありがとうございました。そして、私たちを助けてくれた皆さんにも感謝します。また来週お会いしましょう。

コメント コメント欄を設置しました!

タイトルとURLをコピーしました