Facebook:医療情報の価値ある判断材料となるのか?

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

コロナウイルス医療の誤報・偽情報・検閲
Facebook: A Worthy Judge of Medical Info?

https://www.medpagetoday.com/blogs/vinay-prasad/91526

by ヴィネイ・プラサド(MD, MPH) 2021年3月8日

この数ヶ月間、Facebookは第三者機関のファクトチェッカーを利用して、COVID-19のニュース記事や論説が虚偽であるか、誤解を招くものであるかを判断していた。最近では、ジョンズ・ホプキンス大学教授でMedPage Todayの編集長であるマーティー マカリー氏(MD, MPH)によるWall Street Journalの意見記事が誤解を招くものであると判断された。FacebookのチェッカーであるHealthFeedback.orgによると、「3人の科学者がこの記事を分析した結果、科学的な信頼性は全体的に非常に低いと推定される」とのことである。

マカリー氏は論説の中で、COVID-19は4月までにほとんどなくなるだろうと主張している。はっきりさせておきたいのは、私はマカリー氏の意見を訴訟することには興味がないということであり、それはオピニオンが伝えることでもある。4月30日はすぐにやってくるし、それを知ることもできる。それよりも、8,000億ドル規模の企業が、一人の教授が書いた論説に「誤解を招く」というスタンプを押すことができるかどうかをどのように決定するかについて考えたいのである。

この第三者によるファクトチェックシステムはどのように機能しているのであろうか。その分野のトップレベルの学者から評価を得ているのか?なぜ論説を対象とするのか?この記事を調べていくうちに、そのプロセスが曖昧であることがわかった。しかし、明らかになったのは、査読者が誰であるかということである。

彼らは、ツイッターで巨大なフォロワー数を持つ学者たちに偏っている。彼らはたいてい同じような世界観を持っていて、その世界観をツイッターで宣伝している。別のケースでは、あるレビュアーが「ファクトチェッカー」に選ばれる前に、すでに記事への批判をツイートしていた。これは独立した公正なプロセスではなく、反対意見を消滅させるために、Twitterの有名人から批判を選んでいる。

仕組み

FacebookはHealthFeedback.orgに、少なくともいくつかの記事のファクトチェックを依頼している。このサイトは、1つの記事につき2〜4人のレビュアーを募り、評決を下す前にそのフィードバックをまとめているようである。このサイトは新しいもののようである。COVID-19の前に3件、後に7件の論文レビューが掲載されている。COVID-19以前のレビュアーは10人 2020年1月以降は19人。すべてのレビューのデータを抽出した。

ファクトチェッカーかTwitterの有名人か?

COVID-19の開始以降に選ばれた19人のファクトチェッカーのうち、15人(79%)がアクティブなTwitterアカウントを持っている。これらの人々には、平均42,000人(中央値10,000人)のフォロワーがついている。ファクトチェッカーのうち4人は、複数回にわたって活動している。これは独立した公正なプロセスではなく、反対意見を消滅させるために、Twitterの有名人から批判を選んでいるのである。

COVID-19のレビュアーを、COVID-19以前のファクトチェッカーや一般の学者と比較してみよう。COVID-19以前のHealthFeedback.orgの3つのレビューに対する10人のファクトチェッカーのうち、リピートしているレビュアーはいなかった。半数がTwitterを利用しており、平均フォロワー数は442人(中央値130人)であった。

これらの率を平均的な学者と比較するために、私はジョンズ・ホプキンス大学疫学部の教員リストを訪れた。10人の研究者を選び、彼らのTwitterアカウントを検索した。10人のうち3人だけがTwitterアカウントを持ち、平均フォロー数は800(中央値120)であった。

一般的な科学者はツイッターをやっていないし、優秀な研究者の多くもツイッターをやっていない。しかし、HealthFeedback.orgは、パンデミックのファクトチェックのために、平均4万人のフォロワーを持つTwitterの有名人を選んでいるようである。

このサイトで使われている独立したファクトチェッカーたちは、平均的な疫学関係の教員よりもはるかに活発にツイッターを利用しているようだ。COVID-19のポリシーについての考えを述べ、制限を続けることを支持する人もいれば、マカリーは制限を緩める計画を始めるべきだと提案している。

誰がどう考えても誰が正しいのか、これは公正なプロセスなのか。彼らは、自分の意見を事前に宣伝できるウェブサイトに偏っている科学者を使って、意見記事を審査しているのである。ツイッターを検索すれば、自分の過去のツイートを見ただけで、マカリィを肯定的に評価する人を3人、否定的に評価する人を3人見つけることができると断言する。

利害の対立

あるケースでは、ファクトチェッカーが選ばれたのは、その人がすでに記事に批判的なツイッターのスレッドを書いていたからだと思われる。レビューには、「分かりやすくするために軽く編集した 」と書かれている。つまり、あるツイッターユーザーが記事に批判的であることを表明し、その意見が独立したファクトチェックとして選ばれたのである。これは非常に問題のある選考方法だ。というのも、独立性とは、一般的に、批評家が記事を事前に判断していないことを意味するからである。

また、編集者が論文を選んでから査読者を選ぶというプロセスにも反しているように思われる。例えば、裁判の陪審員が、「被告は絶対に有罪だ」とツイートしたことで選ばれたとしたらどうだろうか。

すべてはツイッターに始まり、ツイッターに終わる

ファクトチェックのまとめでは、ツイッターへのより大きな借りがあることがわかる。Wall Street Journal紙のマカリー氏による論説を分析した記事には、Eric Topol氏(医学博士)とCaitlin Rivers氏(博士)のツイートのスクリーンショットも掲載されており、その主張を補強している。このように、たまたまツイッターをやっていた学者をファクトチェッカーとして多用していることに加え、編集者はツイッター上のコメントを忠実に追って、おそらくどのトピックを選択するかについても指導しているようである。

これは独立したファクトチェックではなく、集団的なものである。

編集者が論文を選んでから査読者を選ぶというプロセスにも反しているように思われる。例えば、裁判の陪審員が、「被告は絶対に有罪だ」とツイートしたことで選ばれたとしたらどうだろうか。

高校の徒党を組んでいるような感じである。人気のある子たちである。彼らはその立場を利用して、自分たちが反対する意見に 「誤解を招く」というレッテルを貼っている。

これは単なるアイデアの戦いであり、ディベートに過ぎないと主張する人もいる。議論といっても、レビュアーたちが反論を書けばいいのであるが、彼らはそれ以上のことをする。彼らは、プラットフォームの力を使って、マカリィの論説に誤解を招くようなレッテルを文字通り貼っているのである。これは議論から大きく飛躍している。レッテルを貼ることで、読者が自分の意見を決める能力を奪ってしまうのである。それは、学問の精神に反している。

Facebookはゴミの海なのに、これが警察の仕事なの?

フェイスブックはゴミの海であることは明らかだ。非論理的な議論、誤った主張、有害な意見など、Facebookを開けば、どんな反対意見でも見つかる。だから私はFacebookを開かない。それなのに、組織が「誤解を招く」というレッテルを貼ろうとしている記事は、ごく一部にすぎない。そのうちのひとつがマカリィのオピニオン?このシナリオは奇妙だ。

一方で、明らかに間違ったニュース記事があっても、フェイスブックは何もしない。

私が見つけられなかったもの

ファクトチェッカーが何十億もの記事やFacebookの投稿の中からどの記事を確認するように求められているのか、説明がなかった。編集者はどうやって選ぶのか?記事を判断する基準についての漠然とした説明があっただけで、査読者間の論争がどのように処理されるのかはわからなかった。また、査読者がどのようにして選ばれ、辞退した場合はどうなるのかについての説明もなかった。誰が誰にどれだけお金を払っているのかについての情報は見つからなかった。不服申し立てがどのように処理されているのか、証拠を見つけることができなかった。

これはオピニオンです

繰り返しになるが、マカリィの記事はオピニオンであり、それは定義上、データの解釈に基づいた彼の視点であるというカフカ的な指摘をしなければならない。フランツ・カフカの小説のように、マカリィはフェイスブックによるショー・トライアルを受け、意見がよく知られているツイッターの有名人たちによって、自分の意見記事で世間を欺いたことで有罪とされてしまったのである。マカリィが正しいか間違っているかはわからないし、時間が解決してくれるだろう。しかし、私が知っているのは、このプロセスは受け入れられないし、公平ではないということだ。Facebookはこれを 「ファクトチェック」と呼ぶべきではない。それは正しくない。ツイッターの友達の発言をチェックしているだけなのだから。

Vinay Prasad, MD, MPHは、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の血液腫瘍学者で医学准教授、『Malignant: How Bad Policy and Bad Evidence Harm People With Cancer』の著者。

  • 翻訳記事では翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 誤訳、文章省略、非リンク化の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker