イースタンバージニア医科大学(EVMS)COVID-19 管理プロトコル 暴露前・暴露後の予防(I-MASK+プロトコル)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

MATH+ & I-MASKプロトコル コロナウイルス予防と治療
Pre and Postexposure Prophylaxis (The I-MASK+ protocol)

https://www.evms.edu/media/evms_public/departments/internal_medicine/EVMS_Critical_Care_COVID-19_Protocol.pdf

イースタンバージニア医科大学

医学教授、肺・クリティカルケア医学部長

ポール・マリク、MD、FCP(SA)FRCP(C)FCCP、FCCMによって開発され、アップデートされた。

2020年12月27日

これは、最良の(そして最新の)文献に基づいたCOVID-19に対する我々の推奨するアプローチだ。これは非常にダイナミックなテーマであるため、新しい情報が入り次第、ガイドラインを更新していく予定である。

EVMS COVIDウェブサイト

https://www.evms.edu/COVID-19/medical_information_resources/

Short url: evms.edu/covidcare

免責事項

本書に記載されている情報は、COVID-19の予防と治療に関する世界の医師へのガイダンスとして提供されている。私たちのガイダンスは、医療専門家がCOVID-19に対するアプローチを策定する際にのみ使用されるべきものだ。患者は治療を開始する前に必ず医師に相談すること。

[195,196]

暴露前・暴露後の予防(I-MASK+プロトコル)

I-MASK予防および早期治療プロトコルの構成要素は、図7,図9にある。最近のデータは、イベルメクチン、メラトニン、およびケルセチンとビタミン C の組み合わせが、暴露前および暴露後の予防において重要な役割を果たす可能性があることを示唆している[2,7]。COVID-19の予防のためのイベルメクチンの使用を支持する証拠は、Koryらによる包括的なレビューと以下のメタアナリシスによって提供されている(図8)。8] 我々の予防レジメンに含まれるすべての薬剤は、安価で安全であり、広く利用可能であることを強調することが重要だ。I-MASK +プロトコルは、常識的な公衆衛生上の対策、すなわちマスク、社会的遠距離、および大人数のグループの回避を含む全体的な戦略の一部[必須]でなければならない。

図7 I-MASKの予防と早期治療プロトコル

図8 イベルメクチンによる曝露前および曝露後の予防

I-MASK予防プロトコルのコンポーネント

イベルメクチン

暴露後の予防

(ClinTrials.gov NCT04422561 を参照)

0.2 mg/kg を直ちに投与し、2日目に繰り返し投与する。

暴露前の予防(医療従事者)および高リスク者(60 歳以上で合併症、病的肥満、長期療養施設など)の予防

0.2mg/kgを1日目、2日目(48時間後)に投与し、その後は隔週(2週間毎)で投与する。[9-13](ClinTrials.gov NCT04425850も参照)。

隔週投与が最も実用的で、費用対効果が高く、最も安全な予防レジメンであると考えられる。

以下の投与表および図8と9を参照

※一般健常者、リスクが高くない場合は、上記のプロトコルと同様に、0.2mg/kgを1日目、2日目(48時間後)に投与、その後は一ヶ月毎で投与。

注意

イベルメクチンにはいくつかの特徴がある。イベルメクチンには、重篤な薬物-薬物相互作用の可能性があるものが数多くある。最も重要な薬物-薬物相互作用は、シクロスポリン、タクロリムス、抗レトロウイルス薬、特定の抗真菌薬との間で起こる。イベルメクチンには驚くべき安全性の記録があるが [14] 、固定薬疹(びまん性発疹)およびスティーブンス・ジョンソン症候群はほとんど報告されていない。[15,16]

ビタミンD3 1000-3000 IU/日

代替戦略は、毎週40000 IUである。RDA(推奨日当)は800-1000 IU/日であることに注意してほしい。安全な1日の上限用量はおそらく<4000 IU/日だ。[10,17-37] ビタミンD不足は、COVID-19に感染するリスクおよび疾患から死亡するリスクの増加と関連している。

したがって、ビタミンDの補充は、特に脆弱な集団、すなわち高齢者、有色人種、肥満者、および緯度45度を超える地域に住む人々において、この疾患の影響を軽減するための効果的かつ安価な介入であることが証明される可能性がある。[22-37]

ビタミンD補給の恩恵が最も大きいのは、予防的にビタミンDを摂取しているビタミンD不足の人であろう;ビタミンD不足の人がCOVID-19を発症すると、その恩恵はかなり少なくなるであろう。この概念は、最近の研究で、長期療養施設の入所者でビタミンDの補給を受けている人の方がCOVID-19による死亡リスクがはるかに低かったことを実証したことによって裏付けられている。[38] さらに、元CDC(アメリカ疾病予防管理センター)チーフのトム・フリーデン博士が「コロナウイルス感染リスクはビタミンDによって低下する可能性がある」と述べていることにも注目すべきだ。

https://preventepidemics.org/covid19/press/former-cdc-chief-dr-tom-frieden-coronavirus-infection-risk-may-be-reduced-by-vitamin-d/

ビタミンC 500mg BID(1日2回) ケルセチン250mg(1日一回)

[39-50] ビタミンCは、I型インターフェロンの合成増加を含む重要な抗炎症性、抗酸化性、および免疫増強特性を有する[42,51,52] ケルセチンは、SARS-CoV-2を含む様々なウイルスに対する直接的な殺ウイルス性を有し、強力な抗酸化剤および抗炎症剤である[40,45,50,50,53-60]。

さらに、ケルセチンは亜鉛イオノフォアとして作用する。ビタミンCとケルセチンは相乗的な予防効果があると考えられている。ケルセチンおよび他のフラボノイドは、合成経路の複数の段階で甲状腺ホルモン合成を阻害することが、試験管内試験研究で実証されていることに留意すべきだ[62-65]。

ケルセチンの使用が甲状腺機能低下症と関連していることはまれだ。この関連の臨床的影響は、既往の甲状腺疾患を持つ個人または不顕性甲状腺症を持つ個人に限定されるかもしれない [66] 女性では、大豆の大量消費はTSH濃度の上昇と関連していた[67]

甲状腺機能への影響は用量に依存する可能性があり、したがって慢性的な予防的使用のために、我々は最低用量を服用することを示唆している。ケルセチンは、甲状腺機能低下症の患者には注意して使用すべきであり、TSHレベルはモニターされるべきである。また、ケルセチンは重要な薬物-薬物相互作用を有する可能性があることにも留意すべきだ

最も重要な薬物-薬物相互作用は、シクロスポリンおよびタクロリムスとの相互作用[68]。これらの薬物を服用している患者では、ケルセチンを避けるのが最善だ。ケルセチンを服用している場合は、シクロスポリンとタクロリムスのレベルを注意深くモニターしなければならない。

メラトニン(徐放性)

0.3mgから始め、許容される範囲で夜間に6mgまで増やす。[1,7,69-75]. メラトニンは、抗炎症作用、抗酸化作用、免疫調節作用および代謝作用を有しており、これらはCOVID-19疾患の緩和に重要であると考えられる。

コロナウイルスの自然の貯蔵庫であるコウモリは、メラトニンのレベルが非常に高く、これらの動物を症状のある疾患の発症から保護している可能性があることを認識することは興味深い。[76]

亜鉛

50 mg/日(亜鉛)。[46,48,49,77-80] 亜鉛は自然免疫および適応免疫に不可欠である[78] また、亜鉛はSARS-CoV-2ウイルスに対して試験管内試験でRNA依存性RNAポリメラーゼを阻害する[77]。

ビタミンB群複合体

[81-85]

任意 ファモチジン 20-40mg/日

[55-61]。低レベルのエビデンスは、ファモチジンが疾患の重症度および死亡率を減少させうることを示唆している。しかし、いくつかの研究の結果は矛盾している。ファモチジンはSARS-CoV-2パパイン様プロテアーゼ(PLpro)およびメインプロテアーゼ(3CLpro)を阻害すると推測されているが、このメカニズムは論争されている[58]。

さらに、ある研究では、PPIの使用者は、PPIを服用していない者と比較してCOVID-19検査陽性を報告するオッズが有意に高いことが示唆されたが、ヒスタミン-2受容体拮抗薬を服用している者はリスクが高くならなかった[62] このデータは、酸抑制療法が必要な場合には、ファモチジンが選択すべき薬剤である可能性を示唆している。

任意/試験的:医療従事者用 インターフェロン-α点鼻スプレー

[54]

図9 I-MASKの予防プロトコル

イベルメクチンの投与量

200ug/kgまたは12mg(80kg未満)または18mg(80kg以上)の固定投与量。[86] 製造元により、イベルメクチンは3mg、6mgまたは12mg錠剤として供給される。

イベルメクチンと相互作用することが知られている薬(引用はこちら

A
  • アバメタピル外用薬
  • アンプレナビル
  • アニシンジオン
  • アパルタミド
  • アプレピタント
  • アルモダフィニル
  • アタザナビル
B
  • ボセプレビル
  • ボセンタン
  • ブリガチニブ
C
  • クロラムフェニコール
  • クラリスロマイシン
  • コビシスタット
  • コニバプタン
D
  • ダルナビル
  • ダサチニブ
  • デフェラシロクス
  • デラビルジン
  • ジクマロール
  • ドロネダロン
  • デュベリシブ
E
  • エキナセア
  • エファビレンツ
  • エンザルタミド
  • エリスロマイシン
  • エタノール
  • エトラビリン
F
  • ホスアンプレナビル
  • ホスアプレピタント
  • フォスタマチニブ
I
  • イデラリシブ
  • インジナビル
  • イザブコナゾニウム
  • イトラコナゾール
  • イヴァカフトール
K
  • ケトコナゾール
L
  • ラパチニブ
  • レファムリン
  • レテルモビル
  • ロルラチニブ
M
  • ミベフラディル
  • ミフェプリストン
  • モダフィニル
N
  • ネファゾドン
  • ネルフィナビル
  • ネビラピン
  • ニロチニブ
O
  • オクスカルバゼピン
P
  • ピトリザント
  • ポサコナゾール
R
  • リボシクリブ
  • リファペンチン
  • リトナビル
  • ルカパリブ
  • ルフィナミド
S
  • サキナビル
  • セルパーカチニブ
  • シロリムス
  • ヨウ化ナトリウムi-123
  • ヨウ化ナトリウム-i-131
  • somapacitan-beco
  • ソマトレム
  • ソマトロピン
  • スチリペントール
T
  • タクロリムス
  • テラプレビル
  • テリスロマイシン
  • テロトリスタット
  • テムシロリムス
  • トロレアンドマイシン
V
  • ボリコナゾール
  • ワルファリン
食品

アルコール(エタノール)