スパイクプロテインワクチンの安全性・有害事象ワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ

証拠書類_COVID19 国家レベルの被害 22年11月22日
EvidentiaryDocument_COVID19NationalLevelHarm_01122022

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

目 次 

EvidentiaryDocument_COVID19NationalLevelHarm_01122022

注:原文での太字強調は訳に反映されていません。

目次

  • 1  COVID-19ワクチンの効果なし、害と毒性
    • 1.1 政府のCOVID-19監視データの分析では、ワクチンの有効性が否定的であることが示されている(世界と国のデータ)。
      • 1.1.1 高率のCOVID-19ワクチン接種により、世界のCOVID-19感染率と死亡率はそれぞれ低率の4倍と3倍になった。
      • 1.1.2  COVID-19ワクチン接種により、非接種者よりもCOVID-19感染率が上昇した
      • 1.1.3  COVID-19ワクチン接種は非接種者よりCOVID-19死亡のリスクを増加させた
      • 1.1.4  COVID-19ワクチン接種により非接種者よりもCOVID-19入院のリスクが増加した
      • 1.1.5 医療機関が算出したCOVID-19症例率に見られる統計的偏りは、ワクチン効果の負の害のシグナル(データ)を実質的に排除していた。
      • 1.1.6 コロナウイルスとワクチン科学の数十年にわたる基礎に根ざした、ワクチン効果の否定とワクチン失敗の生物学的説明
      • 1.1.7 ウイルス感染の抗体依存性増強(ADE)に関連する生物学的特徴は、ワクチン・サーベイランス・データの結果を反映している(結果論)。
      • 1.1.8  COVID-19ワクチン失敗の背景にある抗原インプリンティング(三位一体の一部)
      • 1.1.9  ADE、抗原インプリンティング、ウイルス変異のリスクと、70歳以下の人口動態における高いインフルエンザ様生存率、優れた自然免疫の比較から、全人口ワクチン接種が支持されたか?
    • 1.2  FDA管轄下の毒性COVID-19ワクチンロットの証拠は世界的な影響を及ぼした
      • 1.2.1 ワクチン開発専門家はVAERSデータからワクチン安全性のシグナルを特定した
      • 1.2.2 コミールナティは毒性学的特性が十分に調査されていない有毒で危険な化学物質で構成されている(安全性データシートの開示)。
    • 1.3 ワクチンによる亢進した疾病の発症メカニズム(スパイクプロテイン、脂質ナノ粒子関連)
      • 1.3.1 ファイザーは、予測可能な安全性シグナルを明らかにした、膨大な量の有害事象報告への準備が出来ていなかった。
      • 1.3.2 脂質ナノ粒子(LNP)は炎症性で毒性がある
      • 1.3.3 ワクチンによって誘発されるスパイク・プロテインは、病態を誘発し、併存疾患を悪化させる一連の病原メカニズムを駆動する
      • 1.3.4 スパイクプロテイン誘発性プリオン病は時限爆弾の可能性がある
    • 1.4 規制当局による審査では、前臨床における安全性の理解において重大な欠陥が指摘されている。
    • 米国、欧州、豪州)。
      • 1.4.1 生体内分布研究はスパイクプロテイン-ACE2病理学的メカニズムを迂回する
      • 1.4.2 前臨床毒性試験で炎症反応の悪化が明らかになったが、mRNAを含まない脂質ナノ粒子製剤は評価されず
      • 1.4.3 自己免疫性、遺伝毒性、発がん性の臨床前評価が規制当局の審査で詳述されていない。
    • 1.5  eua承認時のコミルナティの臨床的有効性と安全性の主張は改ざん可能であった
      • 1.5.1 コミルナティの偽造可能な95%のワクチン有効性はどのように決定されたのか
      • 1.5.2 偽陽性の高い診断方法は偽のデータを生成する(経験則)
      • 1.5.3 統計分析により、EUA承認時にコミルナティが安全でなかったことが確認される
      • 1.5.4  FDAが承認したコミルナティの第3相臨床試験デザインの安全性への影響
  • 2  SARS-COV-2の特徴は、自然界に前例のない感染力増強機能獲得技術である
    • 2.1  SARS-COV-2の人獣共通感染症(ウイルス前駆体または動物宿主)についての確たる証拠はない
    • 2.2  SARS-COV-2のスパイクプロテインは、ヒトへの感染性と病原性を強化する機能獲得技術に富んでいる。
      • 2.2.1  SARS-CoV-2スパイクプロテインのユニークな2-in-1 フーリン切断部位と核局在化シグナルは、自然界で前例がなく、特許侵害の可能性がある。
      • 2.2.2  SARS-CoV-2はHIV-1の配列を持ち、ACE2以外の細胞侵入機構のうち、HIV-1と同じリンパ球侵入経路を利用する。
      • 2.2.3  SARS-CoV-2がマウスで激しく進化した結果、オミクロンが生まれた(トランスジェニックマウス?)
    • 2.3  SARS-Cov-2の起源に関する隠蔽工作と適切な調査の失敗
    • 2.4 ロシアの国境沿いにあるペンタゴン運営のバイオラボがSARS-COV-2の機能獲得起源に関与していたのか?中国はハメられたのか、非難されたのか?
      • 2.4.1 ペンタゴンの資金源であるエコヘルス同盟(機能獲得、隠蔽)からハンター・バイデンのパート所有のメタビオタ、オフショアのバイオラボ(ウクライナ、カメルーン)まで追跡せよ
    • 2.5 抑制可能なSARS-COV-2アウトブレイクがパンデミックに至った理由
      • 2.5.1 パンデミックに火をつけた国際保健規制の失敗
      • 2.5.2  WHOの渡航制限に関する助言は世界的なウイルスの蔓延を促進したか?
    • 2.6 コロナウイルスとコビッド19のワクチン接種による永続的な大量死の可能性をコントロールしたのは誰なのか?
    • 2.7 パンデミック条約やその他の法的文書は誰がコビッド19の調査をする前に作られたのか?
  • 3 履歴と経験
    • 3.1 人獣共通感染症変異RNAウイルスに関する珍しいワクチン研究開発およびリスク要因の経験
  • 4参考文献

1  COVID-19ワクチンの効果なし、害と毒性

第1部組織COVID-19ワクチンの有害性に関する証拠は、多数の民間研究を通じて入手可能である:(1)Our World in Data(OWID)、およびニュージーランド、イングランド、スコットランド、カナダの結果(詳細結果および注釈付きグラフへのハイパーリンク)1、(2)ワクチン有害事象報告システム(VAERS)の毒性COVID-19ワクチンロットの結果(詳細結果および注釈付きグラフへのハイパーリンク)2(私のウェブサイトのブログを通じて)。これらの結果がオンラインで入手できなくなった場合は、電子メール(covid19vaccinesafetynz@protonmail.com)でコピーを請求してほしい。セクション1.1.1~1.1.4では、ワクチンによるSARS-CoV-2感染、入院、死亡率の上昇に関する世界および国内のエビデンスを示している。セクション1.2は、米国疾病管理センター(CDC)のワクチン有害事象報告システム(VAERS)のデータを用いた、1年間のワクチン有害事象の分析である。

そして、1.1.5~9節ではCOVID-19ワクチン接種に伴うCOVID-19感染率およびエビデンス上の疾病率の向上について生物学的に説明し、VAERSの毒性・有害性ワクチンロットの結果については1.2.1~2と1.3節で説明する。2022年にこの集団レベルのワクチンの有効性と安全性-死亡率データを見直すことは、2021年12月にCOVID-19ワクチンの最初の緊急使用承認(EUA)で宣伝された95%の有効性と安全性の説明と2021/2022年に生じたものとの違いの裂け目を説明するために、私たちに役立つものである。1.4節と1.5節の目的は、この大きな差がどのように生じたかをワクチン開発の観点から説明することである。

1.2.1~1.5.4項に当てはまる総論として、COVID-19 mRNA遺伝子治療-ワクチンの模範としてコミルナティの安全性と有効性を優先して精査した。これには2つの理由がある。第一に、ニュージーランド(すなわち私の母国)の保健省および政府が使用する主要なワクチンであり、そのワクチン接種政策、義務付け、キャンペーンは大きな議論を呼び、国内分裂を引き起こし、前例のない地域被害と結びついて国民的反感を買ったが、本質的にはCOVID-19ワクチン接種に起因しない(すなわち既存の病状)ものであるとされたからだ。第二に、コミルナティは、食品医薬品局(FDA)によるEUA承認後の最初の12カ月間で、米国で最も多くの死亡と入院に関連していた。FDAは、政府用ワクチンとして初めてコミナティを承認し、世界的な影響力を行使したため、極めて重要な焦点となったのである。

FDA(米国)、欧州医薬品庁(EMA、EU)、オーストラリア医薬品庁(TGA、オーストラリア)の規制当局提供の資料(1.4項に引用)およびコミルナティのEUA承認を裏付けるその他の特別な引用資料を、ニュージーランドのMedsafeおよび保健省の評価とは別に、より広い安全性理解のためにレビューした。これは、ニュージーランドの保健省の指導者、政府、政治家、学者、医療関係者、その他の利害関係者が、海外やニュージーランド国内で発生したことを、引用された物語を超えてより広く理解するために行われたものである。

これらの分析的要約のワクチンリスクに関連する結論と、これらの政府によって提供された有効性と安全性の物語(1.1.2-4節)には根本的な違いがあることがわかるだろう。これらの医療機関が算出したワクチン未接種のCOVID-19症例率(すなわち、感染、入院、死亡)に明らかな分子と分母の偏りがあることを理解すれば、これらの違いは十分に調整可能であろう。これらの明らかなバイアスは、基本データ(1.1.5節)にある負のワクチン効果を本質的に排除するものであった。これらのバイアスを取り除くために、私はアーカイブされたウェブデータを用いて2021-2022年の症例を累積合計(2020)から分解し、最新の政府人口推定/国勢調査データを用いて残存ワクチン非接種人口合計(2021)を導き出し、期間指定の粗累積症例数を算出した。

これらの分析の目的は、政府のワクチン監視とファーマコビジランスデータに明らかな集団レベルの安全性の重要なシグナルがあることを証明し、この証拠に基づく情報を共有することで、(1)ニュージーランドと海外のワクチン効果、ワクチン失敗、毒性ワクチンロットの証拠に対する幅広い認識(2) MoHと他の医療機関によるCOVID-19未接種患者率算出に見られる統計バイアスへの監視を促進することであった。3)ニュージーランド集団におけるCOVID-19抗体依存性ウイルス感染増強(ADE)、ワクチン関連増強病(VAED)、抗原インプリンティングに関する臨床研究、(4)COVID-19重症転帰に最も頻繁に関連する併存疾患を悪化させるCOVID-19ワクチン接種の役割に関する臨床研究、であった。結局のところ、これらの安全性と有害性の問題は、抗原的に異なる株と大量接種を伴うパンデミックの波が発生したときに、血管や重要な臓器を裏打ちする重要な生理学的受容体を標的とするコロナウイルススパイクプロテインベースのワクチンに予測通り現れるであろう(1.1.6~9節)。

1.1 政府のCOVID-19サーベイランスデータの分析により、ワクチン効果の否定的な結果が示された(世界および国内のデータ)

1.1.1 高率のCOVID-19ワクチン接種により、世界のCOVID-19感染率と死亡率はそれぞれ低率の4倍と3倍に増加した。

結論から言うと高率のCOVID-19ワクチン接種を達成した国は、低率のワクチン接種を達成した国よりもCOVID-19感染率および死亡率が著しく高かった。Our World in Data(OWID)の解析により、COVID-19ワクチン接種率が高い国は、ワクチン接種率が低い国に比べて、人口100万人当たりの加重平均感染率(4.0倍)、100万人当たりの死亡率(3.2倍)、人口100人当たりの接種率(4.6倍)が有意に高くなることが示された。COVID-19の感染とそれに伴う死亡の割合は、ワクチン接種率の高い国では予想より大きく、低い国では予想より小さかった。これらの群間差は非常に有意であった。

OWIDデータ(12月31日まで)は、77か国、45億回接種、23億人接種、人口39億人、診断例2億2700万件、死亡例410万件から構成されている。3これらの77カ国は、関連するパラメータ(すなわち、人口100万人当たりの総症例数および総死亡数、人口100人当たりの総ワクチン接種数)の完全なデータセットを提供し、ワクチン接種率の高いグループと低いグループに編成した(グループ1:N=57カ国、人口100人当たり≥50人、グループ2:N=20カ国。グループ-2:N=20カ国、人口100人あたり50人未満)。グループ加重平均の100万人当たりのCOVID-19感染率と死亡率および人口比率は、それぞれWelchの対応のないT-検定および独立性のカイ二乗検定を用いて比較された。

100万人当たりの感染率が16,440(SD=29,770)に対し、加重平均65,202(SD=55,318、標準偏差)があり、これは、グループ-1と-2それぞれで、100万人当たりの接種者数が加重平均66.8(SD=9.3)および14.6(SD=13.3)であることと関連していた(ウェルチ不変の検定、100万人当たりの感染率差異、t(62)=4.9,2-tailed p<0.00001)。観察されたCOVID-19感染の割合は、予想よりもグループ1(高ワクチン率)で高く、グループ2で低く、これらのグループ差は非常に有意であった[カイ二乗独立性検定、X2(df=1、N=3,877,605,243)=19,818,764、p<0.00001].これらの結果から、高いワクチン接種率は、低いワクチン接種率の国と比較して、予想よりも有意に高いCOVID-19感染率および人口比率と関連していることが示された。

グループ1およびグループ2の人口100万人当たりのCOVID-19関連死亡数は、それぞれ368(SD=703)に対し、加重平均1,174(SD=1,094)であった(ウェルチの不対T検定、COVID-19死亡数/100万の差、t(52)=3.8、2-tailed p<0,0004).観察されたCOVID-19関連死の割合は、予想よりもグループ1(高ワクチン率)で高く、グループ2で低く、これらのグループ差は非常に有意であった[独立性のカイ二乗検定、X2(df=1、N=3,877,605,243)=280,763、p<0.0004 =280,763,p<.00001]. これらの結果は、高いワクチン接種率が、低いワクチン接種率の国と比較して、予想よりも有意に高いCOVID-19関連死亡率および人口比率と関連していたことを示している。

上記の結果は、2021年11月(OWIDデータ)までの感染率と死亡率に対するワクチン接種前後の影響を比較した因果関係分析によって裏付けられた4。この研究では、COVID-19ワクチン接種が、ワクチン接種がない場合に予想されるよりも100万人当たりの死亡(y1)および100万人当たりの感染(y2)を因果的に増大する傾向が統計的に有意に強いことが示されている。Y1(死亡)は128カ国で構成され、国別割合の増減比は+115/-13、因果関係の平均値は+463%であった。Y2(感染症)は103カ国で、国別割合の増減比は+105/-16、因果関係の平均は+261%であった。

1.1.2  COVID-19ワクチン接種により非接種者よりCOVID-19感染率が増加したこと

結論から言うとCOVID-19ワクチン接種はSARS-CoV-2感染を防げなかった。それどころか、一般にCOVID-19の1回、2回、3回接種者では、未接種者に比べてCOVID-19の感染率が有意に高かった。

ニュージーランドニュージーランド保健省(MoH、22/02/22から22/4/7まで、≥12yr demographics.5 Statistics New Zealand.6)のデータは、彼らのCOVID-19ワクチン戦略が当初宣伝されたようにCOVID-19感染から人々を保護せず、むしろワクチン未接種者と比較して、すべての接種量グループにおいてCOVID-19感染のリスクと率を著しく増加させていることを示している。ニュージーランドMoHのデータによると、COVID-19ワクチン接種者(1〜3回接種)はCOVID-19累積感染症の96%を占め、12歳以上の人口(NZ Stats:4,345,230)の93.4%を占めた。10万人当たりのCOVID-19感染者数は、1回接種者、2回接種者、3回接種者でそれぞれ累積7,311人、16,222人、8,608人と、非接種者より多かった。これは、1回接種者(1.5倍)、2回接種者(2.0倍)、3回接種者(1.5倍)のCOVID-19感染率が、未接種者と比較して高いことに相当する。COVID-19感染症の発生割合は、予想よりも1回接種、2回接種、3回接種で高く、未接種者で低いことが確認された。これらの差は、すべてのワクチン投与群で極めて有意であった(カイ二乗独立性検定、すべてp<0.00001).このデータは、1回、2回、3回接種群は、未接種群と比較して、COVID-19感染リスクが有意に増加したことを示している。

イギリス英国健康安全局(UKHSA)のワクチンサーベイランスデータによると、そのワクチン接種戦略はイングランドの集団(すなわちオミクロン)におけるSARS-CoV-2感染を予防しなかった。むしろ、このワクチン戦略(1回、2回、3回接種)は、ワクチン接種を受けた労働年齢成人(18~59歳)と高齢者(≧60歳)の感染率、割合、絶対リスクをワクチン未接種者に比べて有意に増加させることが明らかになった。2022年のUKHSAのデータは、2021年11月8日から2022年3月31日(すなわち、2021年第49報から2022年第13報)の間に分析された7,8.この分析は、UKHSAの「未調整」のCOVID-19感染、入院、死亡率データが、生データから計算できるものより有意かつ不均一に変化していたため、生のCOVID-19患者データおよび接種者と人口合計から計算した割合を使用して行われた。一方、ワクチン未接種者のCOVID-19感染率は、ほぼ計算通りであった。

COVID-19感染の大部分(73%)はワクチン接種者が占めており、ワクチン接種を受けた労働年齢の成人が全感染に占める割合が最も高かった(57%).10万人当たりのCOVID-19感染者数は、1剤、2剤、3剤接種の労働年齢層で、未接種者(18~59歳)よりそれぞれ4,927人,20,516人,3,396人多く、10万人当たりのCOVID-19感染者数は、1剤、2剤、3剤接種の高齢者で未接種者(60歳以上)よりそれぞれ2,835人,33,566人,1,928人多くなっている。これは、現役世代のワクチン接種者(1回投与1.6倍、2回投与3.5倍、3回投与1.4倍)およびワクチン接種高齢者(1回投与1.8倍、2回投与10.1倍、3回投与1.5倍)のCOVID-19感染率が、未接種の人と比べて高いことに対応するものである。1回接種の小児・若年者では、ワクチン未接種者(18歳未満)と比較して10万人あたり4,757人多く、これはワクチン未接種者よりも1.3倍高い感染率に相当する。労働年齢成人および高齢者(1回、2回、3回接種)、キッズユース(1回接種)において、ワクチン接種者の感染割合は予想より高く、ワクチン非接種者の割合は低く、これらの差は非常に有意だった(独立性のカイ二乗検定、すべてp<0.00001). つまり、COVID-19ワクチン接種は、当初英国政府が謳ったCOVID-19感染防御には至らず、むしろワクチン未接種者よりも感染リスクを有意に増加させたのである。

スコットランドPublic Health Scotland(PHS,9 Mid-2021 population estimates.10)のデータでは、ワクチン接種者(1-3回接種)が全COVID-19感染者の80.6%を占め、人口の78.6%を占めた。10万人当たりのCOVID-19感染者数は、ワクチン1回接種者で2,780人、2回接種者で5,599人多く、3回接種者ではワクチン非接種者に比べ2,063人少なかった。これは、1回接種者(1.3倍)、2回接種者(1.7倍)でCOVID-19感染率が高く、3回接種者(0.74倍)では未接種者に比べて低いことに対応する。COVID-19感染の観察割合は、予想よりも1回目および2回目接種者で高く、未接種者で低く、この観察-予想割合の差は3回目接種者で逆転した(すなわち、接種-低い、未接種-高い)(カイ二乗独立検定、すべてp<0.00001).このデータは、1回目および2回目接種者は、未接種者に比べてCOVID-19感染のリスク(すなわち累積率および割合)が増加したことを示している。同時に、3回目の接種により、この感染リスクの増加は一時的に改善された(すなわち、ブースター間隔より短い期間であった).

カナダカナダ公衆衛生局のデータ(PHAC)11によると、COVID-19ワクチン接種者(1〜3回接種、5年以上の人口構成)は、人口の71.1%を占める一方、累積COVID-19感染症の84.8%を占めている(カナダ統計局)12。10万人当たりの累積COVID-19感染症の数は、1〜2回および3回接種者でそれぞれ211,620および756人と、非接種者に比べて多くなっていた。これは、1回接種者(1.4倍)、2回接種者(2.2倍)、3回接種者(2.4倍)が、未接種者と比較してCOVID-19感染率が高いことに相当する。COVID-19感染症の発生割合は、予想よりも1、2、3回接種者で高く、未接種者で低いことが確認された。これらの差は非常に有意であった(カイ二乗独立性検定、すべてp<0.00001).このデータは、1回、2回、3回接種群は、未接種群と比較してCOVID-19感染のリスク(すなわち累積率および割合)が増加したことを示すものである。

1.1.3  COVID-19ワクチン接種により未接種群よりCOVID-19死亡リスクが増加したこと

結論から言うとオミクロン波期間中の全国レベルでは、様々な用量および人口統計学的カテゴリーにおいて、COVID-19ワクチン接種に著しいCOVID-19死亡防止効果がない、あるいは効果があった。COVID-19ワクチン接種により感染率が上昇したにもかかわらずCOVID-19による死亡が予防されたという政府の主張(全般)は、そのデータの大部分、特にCOVID-19による死亡負荷の大部分を占める高齢者において裏付けがない(UKHSA、90%)。

イングランドUKHSAのCOVID-19死亡データでは、子供、若者、労働年齢の成人におけるCOVID-19ワクチン接種には、ワクチン未接種(1回、2回、3回接種)に対するCOVID-19死亡予防効果がゼロから無視できるほどあったが、COVID-19検査陽性後28日以内の死亡のほとんどを高齢者ワクチン接種者が占めた13,14。COVID-19による死亡のうち、ワクチン接種高齢者(60歳以上、1-3回投与)が76.5%、ワクチン非接種高齢者が13.6%を占め、高齢者はイングランド人口の23%を占めた。COVID-19による死亡は、1回接種高齢者では48人、2回接種高齢者では451人多く、3回接種高齢者では未接種高齢者に比べて216人少なかった。これは、ワクチン未接種者と比較して、1回接種者、2回接種者、3回接種者では、それぞれCOVID-19死亡率が1.2倍、2.7倍高く、0.2倍低いことに相当する。1回および2回接種の高齢者集団では、ワクチン未接種のCOVID-19死亡割合は予想より低く、ワクチン接種のCOVID-19死亡割合は予想より高く、この観察-予想割合差は3回接種の高齢者で逆転した(すなわち、ワクチン非接種-高、ワクチン接種-低)(カイ二乗独立検定、すべてp<0.002).この高齢者データは、1回および2回のワクチン接種がCOVID-19死亡のリスクを増加させる一方で、3回目の接種がこのCOVID-19死亡の不利益を一時的に(すなわち、免疫が衰えるまで)改善することを示している。

イングランドの人口の5分の1を占めながら、ワクチン接種を受けた子供と若者は、全COVID-19死亡の0.04%、ワクチン未接種の子供と若者は0.11%をそれぞれ占めた。つまり、18歳未満の者のCOVID-19による死亡リスクは、比較的非常に低いということである。免疫のピーク時には、1回および2回接種の子供-青年層では100万人あたり1人多く、3回接種群(18歳未満)では100万人あたり2人少なく、これは1回および2回接種の子供-青年層のCOVID-19死亡率が1.4倍および1.5倍高いことに相当する。COVID-19による全死亡者(18〜59歳)のうち、現役世代ワクチン接種者(1〜3回接種)は5.7%、ワクチン非接種現役世代は4.1%を占め、人口の57%を占めた。労働年齢成人10万人当たりの死亡者数は、ワクチン未接種者よりそれぞれ1.8,1.4,7.1人少なく、これは1回および2回投与のCOVID-19死亡率が0.8倍、3回投与のCOVID-19死亡率が0.2倍に相当する。労働年齢成人では、1-3回投与では、ワクチン未接種者の死亡割合は予想より高く、ワクチン接種者の死亡割合は予想より低かった(カイ二乗統計、すべてp値<0.02).つまり、ワクチン接種は、労働年齢成人におけるCOVID-19感染の割合とリスクを高めると同時に、COVID-19検査陽性後28日以内の死亡率をワクチン未接種者に比べて(今のところ)低下させるものであった。

スコットランドPublic Health Scotland(PHS,15 Mid-2021 population estimates.16)のデータによると、ワクチン接種者(1-3回接種)は全COVID-19死亡者の83.9%を占め、全人口の78.5%を占めている。10万人当たりのCOVID-19死亡者数は、未接種者に比べ、2回接種者では11人、3回以上接種者では3人多かった。これは、2回接種者(1.9倍)および3回接種者(1.2倍)でCOVID-19による死亡率が高いことに対応していた。観察されたCOVID-19死亡の割合は、予想よりも2回接種群および≧3回接種群で高く、未接種群で低く、この差は2回接種群および≧3回接種群のいずれにおいてもp<.05レベルで有意だった(独立性のカイ二乗検定、2回投与p=<.00001、≧3回投与p=0.047).このデータは、ワクチン未接種者と比較して、完全接種者と≧3回接種者のCOVID-19死亡率および割合にワクチン接種の有意な不利益があることを示している。

カナダカナダ公衆衛生局のCOVID-19死亡データ(PHAC、感染症データ引用、表2、カナダ統計局17)は、COVID-19ワクチン接種者(1〜3回接種)が累積COVID-19死亡の71.5%を占めながら、人口の71.1%を占めたことを示している。ワクチン接種によりCOVID-19死亡予防の効果はわずかであり(1-、2回接種)、不利益をもたらした(3回接種)。10万人当たりのCOVID-19死亡者数は、3回接種の方が未接種者より、1.2人多く、1回および2回接種の方はそれぞれ2.2人および0.5人少なかった。これは、3回接種群のCOVID-19死亡率が1.1倍と高く、1回接種群(0.81倍)および2回接種群(0.96倍)のCOVID-19死亡率が非接種群と比較して低いことに相当する。COVID-19死亡の観察割合は、予想よりも3回接種者で高く、未接種者で低く、この観察-予想割合の差は、1回および2回接種者で逆転した(すなわち、接種-低、未接種-高).これらの差は3回投与群と1回投与群で有意であった(カイ二乗独立性検定、1回投与p=0.04,2回投与p=0.28,3回投与p=0.01)。このデータは、3回投与ワクチン接種者がワクチン非接種者と比較してCOVID-19死亡のリスクが有意に増加したことを示している(すなわち、率および割合)。

1.1.4  COVID-19ワクチン接種により未接種者よりCOVID-19入院のリスクが増加した

結論から言うとオミクロン波中の全国レベルでは、様々な用量および人口統計学的カテゴリーにおいて、COVID-19ワクチン接種に著しいCOVID-19入院予防の不利または無利点があった。COVID-19ワクチン接種により感染率が上昇したにもかかわらずCOVID-19入院が予防されたという政府の主張(全般)は、特にCOVID-19入院の大部分を占める高齢者(UKHSA、54%)のデータでは裏付けがない.

ニュージーランドニュージーランド保健省のデータ(MoH、COVID-19感染データの引用を参照)では、COVID-19ワクチン接種者(1〜3回接種)が累積COVID-19入院の89.4%を占め、12歳以上の人口(NZ Stats:4,345,230)の93.4%を占めた。COVID-19による入院は、1回接種者では10万人あたり累積66件多く、2回接種者、3回接種者ではそれぞれ105件、239件少なく、未接種者に比べて多かった。これは、COVID-19の入院率が1回接種者では1.1倍と高く、2回接種者では0.8倍、3回接種者では0.5倍と、未接種者と比較して低いことに相当する。観察されたCOVID-19による入院の割合は、予想よりも1回接種者で高く、未接種者で低く、この割合の差は、2回接種者と3回接種者で逆転した(すなわち、接種者-低く、未接種者-高く)(独立性のカイ二乗検定、1回投与p=0.047、2-,3回投与p<0.00001).

しかし、この期間の後半(03/05/22~04/07/2022)では、10万人当たりの入院が1回接種者で累積27件、2回接種者で10件多く、これは、1回接種者(1.2倍)および2回接種者(1.1倍)が非接種者と比べてCOVID-19入院率が高いことと対応する。観察されたCOVID-19入院の割合は、予想よりも1回投与および2回投与ワクチン接種者で高く、ワクチン非接種者で低かったが、これらの差は統計的に有意ではなかった(カイ二乗独立性検定、1回投与p=.18、2回投与p=.23).このデータは、オミクロンの波の初期段階、つまり被接種者の免疫が低下する前に、2回接種者と3回接種者に適度なCOVID-19入院予防効果があったが、1回接種者では入院リスクが上昇していたことを潜在的に示している。しかし、オミクロンの波が進み、免疫が低下すると、1回接種者と2回接種者では、未接種者に比べてCOVID-19入院予防効果はよくてもなく、悪くてもディスベネフィットとなり、3回接種者では相対リスクが0.5xから0.8xに増加した。

イギリスUKHSAのCOVID-19データでは、1回および2回接種の高齢者ではCOVID-19入院のディスベネフィットが中程度に大きく、子供、若者、労働年齢の成人ではCOVID-19接種による入院予防効果がワクチン未接種者(1、2、3回接種)よりも無視できるほど中程度に大きいことが示された。18,19 COVID-19入院のうちワクチン接種高齢者(60歳以上、1-3回接種)は45.7%、非接種高齢者は8.1%を占め、高齢者はイングランドの人口の23%を占めた。COVID-19による入院は、1回接種高齢者では28件、2回接種高齢者では532件多く、3回接種高齢者では未接種高齢者に比べて360件少なかった。これは、ワクチン未接種高齢者と比較して、1回接種高齢者ではCOVID-19入院が1.1倍、2.1倍、3回接種高齢者では0.2倍多いことに相当する。ワクチン未接種高齢者のCOVID-19入院割合は予想より低く、1回および2回接種高齢者のCOVID-19入院割合は予想より高く、3回接種高齢者ではこの割合差が逆転(すなわち、未接種-高、接種-低)した(独立性のChisquare検定、2および3回接種p<0.00001、1回接種p=0.16).この高齢者ワクチン接種のデータは、1回および2回接種がCOVID-19入院のリスクを増加させることを示している。同時に、3回目の接種は、このCOVID-19入院の不利益を一時的に改善した(すなわち、一時的に).

イングランドの人口の5分の1を占めながら、COVID-19による全入院の0.8%をワクチン接種した子供・青年が、9.0%をワクチン未接種の子供・青年が占めた。免疫のピーク時には、1回接種、2回接種、3回接種のキッズユースでは、接種していない層と比較して10万人当たりの入院が24,35,34件少なく、これは接種していない層と比較してCOVID-19入院率が0.5x、0.2x、0.3xに相当している。COVID-19入院患者(18-59歳)のうち、ワクチン接種した現役世代(1-3回接種)は22.8%、ワクチン未接種現役世代は13.5%を占め、人口の57%を占めたが、ワクチン接種した現役世代は、18-59歳では、22.8%、13.5%を占めた。10万人当たりの労働年齢成人のCOVID-19による入院は、ワクチン未接種者に比べてそれぞれ8.8,8.2,61件少なかった。これは、COVID-19の1回および2回接種の入院率がワクチン未接種者の0.9倍、3回接種の入院率が0.3倍であることに相当する。労働年齢成人では、1~3回接種の場合、ワクチン未接種者のCOVID-19入院割合は予想より高く、ワクチン接種者のCOVID-19入院割合は予想より低かった(独立性のカイ二乗検定、すべてp値<0.0005).すなわち、ワクチン接種は、労働年齢成人におけるCOVID-19感染の割合とリスクを高める一方で、COVID-19検査陽性後28日以内のCOVID-19入院率をワクチン非接種者に比べて(今のところ)減少させることがわかった。

スコットランドPublic Health Scotland(PHS,20 Mid-2021 population estimates21)のデータによると、ワクチン接種者(1-3回接種)は全COVID-19入院の79.1%を占め、全人口の77.3%を占めた。10万人当たりのCOVID-19入院患者数は、1回接種者、2回接種者、3回接種者でそれぞれ5件、25件、6件多くなっている。これは、1回接種者(1.1倍)、2回接種者(1.2倍)、3回接種者(1.1倍)で、未接種者と比較してCOVID-19による入院が多いことに相当する。観察されたCOVID-19入院の割合は、予想よりも1~3回接種者で高く、未接種者で低く、この差は 2回接種者では p<0.05レベルで有意であった(独立性のカイ二乗検定、1回接種p=0.45、2回接種p=<.00001、3回接種p=0.09).このデータは、ワクチン未接種者と比較して、すべてのワクチン投与群のCOVID-19入院率および割合に、ワクチン接種による限界-最小の不利益を示し、これは2回投与ワクチン群の割合で有意であった。

カナダカナダ公衆衛生局のデータ(PHAC、感染症データ引用、表2、カナダ統計局22)では、COVID-19ワクチン接種者(1〜3回接種)が累積COVID-19入院の74.2%を占めながら、人口の71.1%を占めたとされている。10万人当たりのCOVID-19による入院は、1回接種者、2回接種者、3回接種者でそれぞれ累積8.3、3.6、14.9件と非接種者より多い.これは、1回接種者(1.1倍)、2回接種者(1.1倍)、3回接種者(1.3倍)で、未接種者と比較してCOVID-19の入院率が高いことに対応するものであった。COVID-19入院の割合は、予想よりも1回接種、2回接種、3回接種で高く、未接種者で低かった。これらの差は非常に有意であった(独立性のChisquare検定、すべてp<0.0007).このデータは、1回、2回、3回投与ワクチン接種群が、ワクチン非接種群と比較してCOVID-19入院のリスクを有意に増加させたことを示している(すなわち、累積率および割合)。

1.1.5 医療機関の計算可能なCOVID-19症例率に見られる統計的偏りは、ワクチン効果の負の害のシグナル(データ)を実質的に排除している。

最重要事項このセクションでは、これらの医療機関の計算可能なワクチン未接種COVID-19感染、入院、死亡症例率(すなわち、ニュージーランド、スコットランド、カナダ)、または彼らが提供する「未調整」率(イングランド)に明らかな分子と分母の著しい偏りがあることを詳述している。これらの明らかなバイアスは、基本的にワクチン効果やワクチンの失敗を排除し、国レベルでのワクチンによる害を不明瞭にするものであった。

バイアスが顕在化する主な方法は、以下の4つであることが明らかになった。(1)最新の政府推計/国勢調査に比べて総人口を過小評価した全国医療データベース人口集計を提供し、そこから過小評価された残りのワクチン未接種人口集計を算出する(例:ニュージーランド、スコットランド)(分母バイアス)(2)高い接種率以前に生じた2020-2021年の症例を2022年の未接種データにバンドルした累積症例集計の使用(例:。カナダ、ニュージーランド)(分子の偏り)、(3)理由や前提を明示せずに一律に変更したワクチン接種者の感染率・疾病率を「未調整」として提供した(例.イングランド)(「未調整」率の変更)、(4)ADEの生態や早期(すなわち初回接種)および後期(すなわち免疫力の低下)の感染、入院、死亡リスクへの影響を反映しないワクチン接種者と非接種者の定義の使用(すなわち、すべての国)(定義の偏り)であった。

COVID-19の感染率および疾病率の向上について、医療機関によるワクチン接種群と非接種群の違い(社会的行動の相互作用、検査行動、ワクチン接種の優先順位、自然免疫など)に起因する固有の偏りと片付ける前に、私の考えでは、何よりもまず、より優位な三つの率に関する問題を反映しなければならないと考えている。第一に、上記で要約し、1.1.5.1節で詳述したように、エビデンスにおける分子と分母の著しい偏りである。第二に、他の3つのコロナウイルスとそのスパイクプロテインベースのワクチンプロトタイプに共通する、抗体依存性のウイルス感染促進(ADE)の30年にわたる科学的証拠は、ADEが説明の最前線にあるべきことを意味している(1.1.6項)。私の考えでは、このADEの鑑別診断は、この現象が臨床研究のための重要な医療機関の優先事項であり、インフォームド・コンセントのガイドラインの重要な問題であることを保証するものであったはずだ。第三に、特定の政府とその関連会社が、コロナウイルスのスパイクプロテインの機能獲得型遺伝子改変に持続的に膨大な資源を投入し、人獣共通感染症の必要性を特に回避し、ヒトへの感染率と疾病率を高める一方で、COVID-19大流行の起源におけるその役割を検閲・抑圧しようと働いていたという忌々しい証拠(第2部)である。

上記の概要は、特にイングランドとスコットランドの医療機関の議論の構成と非常に目立つ尻押しについて、より広い文脈を与えている。UKHSA(31/03/202223)とPHS(16/02/2022 24)は、ワクチン接種状況別のCOVID-19症例を掲載した最終報告書において、両者ともそのデータをワクチン効果算出に使用しないよう強く注意を喚起している。その代わり、UKHSAは表5を、PHSはUKHSAの報告書4と6を紹介している25。これらの報告書は、国レベルの結果を代表することができない比較的小さな、あるいは高度に選択された集団を用いて、アルファ株とデルタ株に大きく偏ったワクチン効果に関する主に非査読の出版物のリストを提供した(すなわち、確証バイアス)。彼らの議論は、コロナウイルスADEの数十年にわたる基礎的な生物学に関する議論や、より一般的には、負のワクチン効果やワクチン失敗をそれぞれ説明する抗原刷り込みに関する議論を欠くことが目立っていた。私の考えでは、ADEと抗原インプリンティングに直面するコロナウイルスの現在のデータを議論する際に、過去のワクチン効果の発表は無関係であり、どちらも元のワクチン株とは抗原的に異なる新しい株によって現れる(1.1.6-8項)。

1.1.5.1 医療機関が計算するワクチン未接種COVID-19症例率に見られる重大な分子と分母の偏り

以下は、政府医療機関の計算可能なCOVID-19症例率に見られる重大な分子と分母の偏りについてである。この偏りは、負のワクチン効果害信号と緊急調査が必要なワクチンの失敗(すなわち、ADE、VAED、抗原性刷り込み)を本質的に排除している。

ニュージーランド(保健省、MoH)

MoHは、2020年2月26日以降の累積データを提供したため、スポットレート計算における分子の偏りを防ぐために、ウェブアーカイブデータを使用してオミクロン波のデータを分解する必要があった。MoHは、Health Service User(HSU 202026)の≧12yr人口推定値(すなわち、2020/07/01の4,209,057)27を提供したが、より最近の、より大きなニュージーランド統計局(NZ-Stats)の≧12yr人口推定値(21/12/31の434万5230)28からは、残存する未接種の合計を計算することができなかった。ニュージーランドのワクチン接種率が極めて高いことを考えると、残留ワクチン非接種人口を計算するためにどの人口合計を使うかは重要である。この問題は、統計的な偏りに関するあらゆる議論を支配する。MoHの表(「民族別ワクチン接種率」)にHSU2020≥12yrの人口合計を記載することで、NZ Statsと比較して残留ワクチン未接種人口を実質的に半減させることができた。これにより、計算可能な粗予防接種率が2倍となり、2回接種者以外のワクチン効果のマイナスが実質的に解消されることになる。

2022年3月1日から7月4日までの週平均の残留ワクチン未接種者数は、NZ-Statsの12年以上の人口合計からCOVID-19予防接種登録(CIR)接種者合計を引いたもの(すなわち、NZ-Stats-マイナスCIR-全線量)を用いて28万8322人、HSUの12年以上の人口合計からCIR接種者合計を引いたもの(すなわち、HSU-マイナスCIR-全線量)を用いたものは15万2149人であった。オミクロンの波と調査期間の大部分において、12歳以上のワクチン未接種者の累積新規COVID-19感染者は45,309人であり、10万人当たりの累積未接種率は、NZ-Stats-minus CIR-alldosesで15,715、HSU-minus CIR-all-dosesで29,779となる。そのため、粗製ワクチン未接種累積率は、NZ-Statsの母集団を用いて導き出された率よりも1.9倍増加した。1回、2回、3回投与の累積感染率は、それぞれ10万人あたり23,026人、31,937人、24,323人であった。1回投与の累積感染率比は0.8倍(NZ-Stats 1.5倍)、2回投与は1.1倍(NZ-Stats 2.0倍)、3回投与は0.8倍(NZ-Stats 1.5倍)であり、1回投与の累積感染率比は、NZ-Statsの1.8倍(NZ-Stats 2.5倍)となっている。私は、HSU2020の提供により、MoHの緊急調査が必要なワクチン効果のマイナスが解消されたと結論付けた。このことは、国家予防接種プログラムのウェブサイトによると、ニュージーランドではこれまで、予測可能な抗体依存性のウイルス感染増強、ワクチン関連増強病、抗原インプリンティングを調査するための資金提供が行われていないことの説明にもなっている29。

計算可能なCOVID-19率の分母の偏りに関して大きな懸念は、2022年8月0430日から8月8日午後11時59分の間に、MoHがHSU2020からHSU2021に切り替えた31ため、12歳以上の人口合計が420万9057から445万2797(+24万3740人)に増え、NZ-統計2021 12歳以上人口を10万7567人上回ったことである。2022年03月01日から2022年07月04日(つまり私の主な調査期間)の間、HSU2020と2021の両方の人口を用いてCOVID-19症例率を再計算すると、粗ワクチン累積感染率と入院率はHSU2020を用いるとHSU2021より2.6倍も大きくなった。HSU2020を用いることで、COVID-19感染・入院に対するワクチン効果のマイナスは、2回接種群以外ではほぼ解消された。一方、HSU2021を使用した3回接種の入院群を除くすべての用量で、COVID-19感染と入院に対する顕著な負のワクチン効果が明らかになった。数ヶ月の差は何なのだろう。

HSU2020(括弧なし)とHSU2021(括弧あり)を比較すると、1回接種、2回接種、3回接種のCOVID-19感染率比はそれぞれ0.8x(2.0x)、1.1x(2.8x)、0.8x(2.1x)であり、HSU2021は、COVID-19感染率比が2倍となった。COVID-19の入院率比(RR)は、HSU2020(括弧なし)とHSU2021(括弧あり)を用いた場合、1回接種、2回接種、3回接種でそれぞれ0.6x(1.6x)、0.4x(1.1x)、0.3x(0.7x)であり、HSU2021(括弧あり)とHSU2020(括弧あり)ではそれぞれ1倍と2倍と3倍となった。RR>1.0は、他の指標(すなわち、-ARRおよびカイ二乗観察-期待割合差)と共に、負のワクチン効果を示す。これらの率比は、HSU2021を用いることで、10万人あたり、1回接種者では COVID-19感染が11,581、20,492、12,878人増加し、1回および2回接種者では入院が195、23人増加し、3回接種者では COVID-19入院が110人減少することに相当する。もしMoHがオミクロンの波が押し寄せる時期にHSU2021の人口集計を出していたら、COVID-19感染や入院を防ぐためのワクチン効果に負の問題があることが(つまりNZ Statsの時以上に)強く明らかになっただろう。その結果、ニュージーランド人はワクチン接種のインフォームドコンセントの際に、抗体依存性のウイルス感染増強による生涯の健康リスクについて強調された警告を受けなかった。同時に、これらの問題を知っていた医師は、政府のガイドライン(NZDSOS)に従わないとして、医師登録抹消の危機にさらされた。

深刻な懸念は、MoHがその欠点を知りながらHSU2020の人口合計を提供したことである(Excelページ「HSU人口」要約表参照)。32 MoHは、HSUの合計が、ある年のみで医療サービスを受けた人やPHOに登録された人だけを含むため、総人口推定値ではないことを確認した。HSUは、非常に疎外されたグループや15-45歳の若者、特に男性、アジア系やMELAA民族の人々を見逃すことが知られていたが、COVID-19は誰も見逃さない。このため、HSUの合計を使った残留ワクチン非接種者数の計算は、これらの欠落に対して極めて敏感なものとなる。私の見解では、HSU2020とNZ Statsの人口を使用することで、計算可能なワクチン未接種患者率を増加させるのにどのような影響があるかは明らかであったはずだ。

MoHは、HSUデータベースの使用により、分子と分母に同じ人口統計情報源を使用することで分子の分母の偏りを防いでいると根拠も示さずに主張している。上記のように、HSUの人口総数が少ないため、NZ Statsの人口総数またはHSU2021と比較して算出される未接種率に著しい分母の偏り(1.9倍または2.6倍)が生じていることが明らかである。これらのよく知られたHSU人口の欠点と、残存するワクチン未接種COVID-19率の分母の偏りへの明らかな影響を考えると、MoHは依然としてStats NZにHSU人口を作成するために使用した方法と、COVID-19ワクチン接種率と広い使用(すなわち、率計算)のための分母としての適切性をピアレビューするように要求した33。

イングランド(UKHSA)

UKHSAは、説明なしに一律に調整されていなかった感染、入院、死亡のワクチン接種済み人口動態率を「未調整」として提供していた。49報(2021)から2報(2022)にかけて、提供された「未調整」の症例率と、私が計算した2回接種のCOVID-19感染率(18歳以上の層)、入院率(30歳以上または40歳以上の層)、死亡率(40歳以上または50歳以上の層)の間には、大きな、あるいは巨大な格差があった。UKHSAは、提供されたワクチン接種例率を大幅に下げ、ワクチン未接種例率はほぼ据え置いたが、この行為をもってしても、急速に悪化する2回接種の陰性ワクチン効果を隠すには不十分であった。その後、2022年第3週からUKHSAは2回接種の症例率の提供を3回接種以上に切り替え、2回接種のオミクロン感染率、入院率、死亡率の大幅な悪化を、すぐに公開できる状態から取り除いた。

2022年第3週から13週まで、≧3回接種のCOVID-19感染率(>18yrの人口動態)は、依然として非接種率より有意に高く、≧3回接種のワクチン効果の負の部分が浮き彫りになった。報告3-13,2022は、若年層のCOVID-19感染率を修正する一方で、ワクチン非接種のCOVID-19感染率、ワクチン接種と非接種のCOVID-19入院・死亡率(すべての層)には無視できるほどの変化がないことを強調している。私の考えでは、ほとんどの未調整率データに変化がないことは、私の粗率計算の方法論を立証するものであり、同時に偏った説明のできないUKHSAの率データの変化を暴露するものである。私の方法は、UKHSAのCOVID-19感染、入院、死亡の生の症例データ(「報告書49-13表:ワクチン接種者と非接種者の集団におけるCOVID-19感染、入院、死亡の未調整率」34)、およびUKHSAが使用した国家予防接種管理サービスCOVID-19ワクチン接種者集団データ(NIMS、「レポート表49-13」35 04/22現在、UKHSAはワクチン接種状況別の症例データを提供していないため、ワクチン効果の陰性化、ひいては抗体依存性の感染増強の証拠を監視することは不可能である。

スコットランド(Public Health Scotland、PHS)。PHSは、スコットランドのGP診療所に現在登録されている人を表すCommunity Health Indexデータセットを使用した。PHSは、残存ワクチン未接種者総数を算出するためのこのデータベースの限界を宣言したが、この欠点を軽減するために率算出方法を変更しなかった。PHSのデータ(5/11/21から11/02/22までの週報)は、毎週、また1週間内の3つのデータ表(すなわち、COVID-19感染、急性入院、死亡)のそれぞれで人口合計が大きく変動していた。また、12月17日から12月31日の間に、ワクチン未接種者の人口が減少し、それに伴ってワクチン接種者の人口が増加するという説明のつかない事態が発生し、1週間で総人口を約10%も減少させる結果となった。この不当な行為は、計算可能な2回接種の陰性ワクチン効果を実質的に減少させるものであった。

私の評価期間中(05/11/21-11/02/22の報告)、平均人口合計は5,557,878(COVID-19感染表)、5,442,343(COVID-19急性入院表)、5,857,333(COVID-19死亡表)で、最小-最大合計人口の差異は558であった。感染表)、848,320(入院表)、20,292(死亡表)であり、COVID-19感染表、入院表、死亡表の平均人口合計は、差がないはずのところ、最小で414,991人であった。さらに、2つの期間(11月21日から12月21日)と12月24日から2月11日)の間に、ワクチン未接種者と人口の平均値が急激に減少しているが、これには説明がない。ワクチン未接種者の平均人口は607,949人減少し、ワクチン接種者の平均人口は58,125人増加しただけで、平均人口は549,824人減少した(COVID-19感染表)。同様に、COVID-19急性期入院表では、この2つの期間の間にワクチン未接種者、ワクチン接種者、総人口の平均減少は、それぞれ717,072、49,381、766,452であった。COVID-19死亡表から得られた平均総人口は5,857,333人であり、スコットランドの2021年中期国勢調査人口推定値5,479,900人と比較しているが、この2つのサブ期間の差はわずか11,157人である。つまり、PHSのワクチン未接種者数、PHSが提供するすべての年齢調整率、COVID-19の感染率、入院率、死亡率の表記は、極めて慎重に扱うべきものだと私は考えている。

この極端な分母の偏りをさらに悪化させたのは、PHSが2013年の欧州標準人口(ESP)データを用いてCOVID-19急性入院率および死亡率のデータを年齢標準化したことである。年齢標準化は、一般に、国間の比較可能性を確保し、異なる人口年齢構造を反映するために、発生率および死亡率データの重み付けに用いられる36.PHSは、ワクチン未接種者は COVID-19ワクチン2回以上の接種者よりも若く、高齢者は若年者よりも入院する可能性が高いと主張して、週次データへの年齢標準化の使用を正当化している。パンデミックのこの段階では、50歳未満のワクチン接種率はやや低かったが(35ページ)37、UKHSAのデータが示すように、COVID-19による死亡(すなわち、ワクチン接種79%、接種/非接種96%)と入院(すなわち、ワクチン接種53%、接種/非接種65%)は、50歳以上人口の方が多く、間違いなく年齢標準化の必要性は無意味なものであった。スコットランドは、UKHSAのように人口統計学的なデータを提供してくれれば、データと結論についてより透明性を高めることができたはずだ。私の考えでは、年齢標準化は、料金計算に不特定多数の分子と分母のバイアスをもたらすもう一つの手段であった。PHSは、22年2月16日をもってワクチン接種状況別の症例データの提供を停止したため、ワクチン効果の陰性化、ひいては抗体依存性の感染増強の証拠を監視することができなくなった。

カナダカナダ公衆衛生局(PHAC)は、週や月の新規症例データではなく、2020年12月14日(つまり、ワクチン接種キャンペーン開始日)以降の累積症例データを提供した。各報告書の図5(「Distribution of confirmed COVID-19 cases reported to PHAC by vaccination status as of」すなわち2022年05月08日38)には、COVID-19症例、入院、死亡の累積ワクチン非接種率が、ワクチン接種率とともにそれぞれ45.0%,55.9%,56.7%と示されている。しかし、2022年5月と4月11日の差(1カ月の新患数)を用いてワクチン未接種率を計算すると、それぞれ19.3%(2.3倍減)、22.4%(2.5倍減)、30.5%(1.9倍減)となってしまうのである。私は、20年12月14日以降の累積データを使用することで、ワクチン未接種の割合と率が高くなり、ワクチン効果の有害シグナルのマイナスが実質的に排除されると結論づけた。

表3(「ワクチン未接種例における重篤な転帰のリスク、完全接種例と追加接種例との比較、2022年4月11日から2022年5月08日」、年齢5歳以上)PHACは、2剤(3倍)および3剤(5倍)のCOVID-19入院の4週齢標準化率比、2剤(5倍)と3剤(7倍)のCOVID-19死亡(すなわち、、。ワクチン未接種とワクチン接種の比較)。PHACは、「2022年4月11日から2022年5月08日まで、完全ワクチン接種例と比較して、ワクチン未接種例は入院する確率が3倍高く、病気の結果として死亡する確率が5倍高かった」という関連説明文を提供している。追加で完全接種した症例と比較すると、ワクチン未接種の症例は、この同じ4週間の間に、入院する可能性が5倍、病気で死亡する可能性が7倍高かった(表3)」しかし、私の分析によれば、表3に関連するPHACの説明に近似する唯一の方法は、表3の凡例にあるように、2022年4月11日から5月08日までの新規症例ではなく、2020年12月14日からの累積データを用いて率比を算出することである。

2022年05月08日時点の率分析に2020年12月14日以降の累積生データを用いることで、ワクチン未接種者は2回接種者、3回接種者に比べて、COVID-19入院率が2.7倍、5.2倍高く、COVID-19死亡率が3.1倍、5.2倍高くなったことになる。私が計算した累積率比は、PHACの年齢標準化COVID-19入院率比と同様の結果であったが、彼らの年齢調整COVID-19死亡率比は中程度に高かった(上記参照).しかし、2022年4月11日から5月08日までの新規症例(すなわち、表3の凡例に記載)を用いて率比を計算すると、PHACが提示した結論とは根本的に異なるものとなってしまった。すなわち、2回接種者と3回接種者は、未接種者に比べて、COVID-19の入院率が1.1倍と1.7倍、COVID-19の死亡率が0.8倍と1.0倍であったのである。つまり、PHACの年齢調整率と関連する説明は、おそらく2020年12月14日以降の累積データを用いて導き出されたものであるが、2022年4月11日から5月08日の間に2剤・3剤接種者のCOVID-19入院率が高く、3剤接種者のCOVID-19死亡予防ができない(つまり、COVID-19死亡率比が未接種の1.0倍になる)ことは不明瞭にされているのであった。PHACはまた、2回接種と3回接種のCOVID-19感染率が高いこと(すなわち、それぞれワクチン未接種者の1.2倍と2.1倍)を伝えなかった。この問題は、1.1.2-4節の率分析に用いたPHACレポートのすべての表3(3月24日、39 4月29日、40 5月27日、41 2022)でも同じであった。

症例定義のバイアス

COVID-19感染率バイアスの極めて重要な形態は、ワクチン未接種者とワクチン接種者の定義に関連しており、ADEの生物学と抗体免疫の低上昇および低消化レベルの感染リスクインパクトを反映していなかった(1.1.6.2項および1.1.7項)。UKHSA、PHS、PHACは、それぞれ2回目、3・4回目の接種後14日以上の者をワクチン接種群(2回接種)、ブースト群(≧3回接種)と定義し、14日未満の患者リスクは前回のワクチン接種や未接種の群に転嫁した。UKHSAとPHSでは、検体日の21日以上前に1回接種を受けた者を初回接種者と定義した(PHAC≧14日)。一部接種者は検体日の前に1回接種した者(UKHSA<20日、PHAC<14日)、PHSはこれらを未接種とした。MoHの定義はあまり明確ではなかった。一般に、これらの定義は、ウイルス感染の抗体依存性増強(ADE)の生物学を無視している。ADEは、最初のワクチン接種後まもなく免疫の上昇に伴って観察される低濃度の非中和抗体や感染力増強抗体の存在下で観察されるものである。評価したすべての国で、1回接種のワクチン接種者のCOVID-19感染率がワクチン非接種者よりも高いという証拠が示された(すなわち、イングランド1.4倍、スコットランド1.3倍、カナダ1.4倍、ニュージーランド1.5倍).このことは、これらの政府のワクチン接種者の定義が、ADEが予測されるCOVID-19感染に対するリスクの広範さを捉えるには不適切であったことを示唆している。

さらに、評価したすべての国の一般的なコメントとして、COVID-19による死亡および急性入院の症例定義は、全原因による罹患および死亡の定義を反映できていない.その代わりに、医療機関は、重篤な疾患の結果を評価するために、ブースター日に比べて一貫性のない、非常に狭い28日間の窓を分離した。この評価ウィンドウは、すでに発生していたワクチン誘発毒性および害の大部分(すなわち、2021年11月までの私のVAERS偵察分析を通じて、ワクチン接種後2週間以内にc.50%)を回避している。私の見解では、この狭いウィンドウに基づく政府の説明は最良のケースであり、重篤なワクチン有害事象と、ADEが発生しうる初回接種とブースター接種後のそれぞれ21-14日の期間、および保護免疫が衰えるブースター間の長い期間を除外したものである。

1.1.5.2 医療機関のワクチン有効性否定を無効とする論拠の裏付け

UKHSAとPHSは、ワクチン接種者と非接種者の違いによる固有のバイアス(例:社会的行動的相互作用)があるため、症例、入院患者、死亡者のワクチン接種状況をワクチン効果の評価に用いてはいけないと伝えている。この生来のバイアスが、政府のサーベイランスデータや「未調整」とされるレートの使用で明らかになる分母や分子のバイアスとどのように比較されるかは、定量的に根拠のない意見陳述から評価することは不可能である。本節では、絶対リスク減少(ARR)=ワクチン未接種率-ワクチン接種率、率比(RR)=ワクチン接種率/ワクチン未接種率という数式に着目し、固有のバイアスを分離する。負のワクチン効果は、負のARRまたはRR>1.0によって示される。

社会的行動バイアス

ワクチン有効性が負の場合、ワクチン未接種者はワクチン接種者よりも発症率を下げる行動をとり、ワクチン接種者は発症率を上げる行動をとったことが示唆される。これは、ワクチン未接種者が社会的距離を保ち、より頻繁にマスクを着用し、人、公共交通機関、公共イベント、密集した集団、仕事から遠ざかっていたことを示唆するものである。また、ワクチン接種者は、自分たちは保護されているという政府の説明を信じ、あるいは信頼し、その結果、危険な行動をとり、ワクチン非接種者よりも感染率を高めた可能性があることを示唆するものである。つまり、彼らは社会的距離を保つことやマスクの着用にあまり厳しくなく、社会化率を上げ、公共交通機関の利用率を上げ、公共の超拡散イベントにより頻繁に足を運んだということになる。これは正しいことだろうか?

自然感染の偏り

UKHSAとPHSは、先行感染がワクチン未接種者の自然獲得免疫のバックグラウンド率を増加させ、その結果ワクチン未接種者の感染率を低下させ、負のワクチン効果を生み出す可能性を示唆した。ニュージーランドでは、この議論は破綻している。なぜなら、私たちの国民は、まだ地域社会における最初の真のパンデミックの波を経験していたからだ(つまり、過去に感染したことがない)。しかし、私の計算によると、負のワクチン効果は最初のオミクロンの波ですでに明らかだった。北半球では、自然感染確認率を示す核タンパク抗体血清有病率は18.1%(UKHSAレポート36,2021年8月)から36%(UKHSA、レポート12,2022年2月)に上昇した。しかし、統計的に有意な負のワクチン効果は、2021年8月(UKHSAレポート36)およびワクチン接種状況別の症例率を開示したその後のすべてのレポートですでに明らかであった。これらの報告書は、オークランドが2021年8月にロックダウンされ、それに続いて義務付けられ誘導された全国ワクチン接種キャンペーンの直後に保健省に提供されたことに留意すべきである。

テストの偏り

これは、ワクチン未接種者は検査を受ける可能性が低く、および/またはワクチン接種者は検査を受ける可能性が高いことを意味する(すなわち、ワクチン接種を受けて保護されているはずであっても)一方で、サイクル閾値>35を使用する高偽陽性PCR診断方法の政府による使用の影響を受けている可能性がある(1.7.2項参照、すなわち偽ケース生成)。2回接種のワクチン効果陰性(-ARR%,RR>1.0)をワクチン失敗(ARR=0,RR=1.0)に変換するには、未接種COVID-19症例率を2.4x(イングランド)、1.7x(スコットランド)、2.2x(カナダ)、2.0x(ニュージーランド)と増やす必要があり、検査率はこれらの症例率倍数より大幅に増加する必要があることを意味する。このシナリオでは、ワクチン接種の利点はなく、害だけがあったことになる。また、検査の偏りは、ワクチン未接種者がCOVID-19検査を避けることができたと仮定する(例えば、仕事、学校、公共の集まり、県境、国境を越える場合など)。検証可能な証拠はないが、2021年5月からソーシャルメディア上で、この特定の分析に詳述されていない少なくとも1つの政府医療機関が、ワクチン接種者とワクチン非接種者で異なるPCRサイクル閾値を使用して、ワクチン再感染を起こしたという主張が生じた。時間が経てば、異なるPCRサイクル閾値の使用がより広く症例率に影響を与えたかどうかを理解することが重要である。

1.1.6 数十年にわたるコロナウイルスとワクチン科学の基礎に根ざしたワクチン効果の否定とワクチン失敗の生物学的説明

定義抗体依存性のウイルス感染促進は、スパイクプロテインを標的とするコロナウイルスワクチンに関連するよく知られた現象である。この現象は、ある株へのワクチン接種後、別の株への再感染時にウイルス感染力が増強されるものである。このように、ADEは細胞へのウイルス感染における抗体特異的な代替メカニズムである。ワクチン関連強化型疾患(VAED)の高度な定義には、ある株(すなわちWuhan)でワクチン接種を受けた人が異なる株(すなわちデルタ、オミクロンなど)に暴露された場合に、臨床症状が変化することが含まれる43。しかし、より広範なVAEDの定義として、私は表5の脚注a)(11ページ)に詳述されているファイザーのVAEDの疾患、臓器・組織、症状の一覧44に示唆されているものを支持する。その理由は1.3節で明らかになるが、血管内皮関連、血液凝固関連、心臓、呼吸器、脳、腎臓、消化器など特定の臓器と組織に関連したワクチン関連病理と症状として要約することができる。

鑑別診断

私の見解では、ワクチン効果に否定的であったり、ワクチンによってCOVID-19感染率が高まった場合、集団の免疫反応がウイルス感染を促進した(すなわち、抗体依存性ウイルス感染促進、ADE)、あるいはCOVID-19ワクチンが集団の免疫系または反応を損傷・破壊して人々をより感染しやすくした(すなわち、ワクチン誘発AIDS)ことになると思われる。表面糖タンパク質抗原を用いた変異しやすいRNAウイルスに対する免疫では、抗原インプリンティング(1.4.2項)と抗原的に異なる株(すなわちオミクロン)による免疫逃避の組み合わせと同時発生により、ワクチンの失敗が起こると予想される。ワクチンの失敗により、有効性はゼロになる傾向があるが、ゼロより小さくなることはないだろう。

重要なことは、計算可能なCOVID-19の症例率に顕著な偏りがあるため、負のワクチン有効性が、ワクチン失敗または正の有効性に変換されていることである。これだけの率隠しの努力をしても、ニュージーランド、イギリス、スコットランド、カナダでは、オミクロンの波の中でADE、VAED、抗原刷り込みを研究するためにどれだけの臨床研究プロジェクトに資金が提供されたのだろうか?ブレイクスルー感染症やワクチン失敗という言葉を使ったワクチン効果や抗原インプリンティングの論文を読む際には、これが想定されているのか45、それともADEが評価され、これらの感染症への関与が排除されたのかを理解することが重要である。

1.1.6.1  COVID-19以前のコロナウイルススパイクプロテインワクチンプロトタイプの3年間の出版物の大部分は、ワクチン誘発性ADEリスクについて警告していた。

コロナウイルスとそのスパイクプロテインを用いたワクチンプロトタイプの動物実験に関連したウイルス感染の抗体依存性増強(以下、ADE)とそれに関連したワクチン関連増強疾患(VAED)について、ヒトと動物用ワクチン分野で30年にわたるワクチン産業の遺産が存在する。コロナウイルスワクチンが誘発するADEのメカニズムを説明する重要な科学出版物や、多数の動物実験およびヒトの生体外/体外での研究結果は、ADE/VAEDの生物学的副作用を実証している。このコロナウイルススパイクプロテインワクチン誘発性ADEの遺産には 2002年に出現したSARS-CoV-1,46,47,48,49,50,51,52,53,54,55,56,57中東呼吸器症候群(MERS)、58,59およびネコ感染性腹膜炎(FIP)に関する研究60,61,62,63,64,65が含まれている。

SARS-CoV-2のパンデミック以前には、コロナウイルスのスパイクプロテインを用いたワクチン(すなわち、引用されたSARSとMERSの論文のほとんど)に関連するADEのリスクについて、白黒の雑誌の文章で書かれた十分な科学的警告があり、SARS-CoV-2のスパイクプロテインを用いたワクチンについて「害は高い確率である」ことを知っていたのである。18年前、私はこのADEに関する洞察(およびスパイクプロテイン-ACE2による病態の可能性が高い)を用いて、SARS-CoV-1を開発および資金獲得のためのワクチン候補として選択から外した。この思いは、2020年12月13日の私のブログにも反映されている66が、第2節を読めば明白になるだろう。したがって、私の長年の見解では、COVID-19の感染率の上昇とワクチンによる発病は十分に予測可能であった。

私の経験では、ワクチンの研究開発プロセス、特にリードの最適化の間と臨床試験に入る前に、既知および理論上のリスクを特定し、それらのリスクを監視し軽減する計画を提案するかプログラムを終了させることが、イノベーターに課せられた責務であった。COVID-19以前は、これはヒトでワクチンを試験する前に要求される研究開発プロセスの義務的な部分だった。上記のADEに関する出版物はすべて、COVID-19ワクチン会社の研究開発科学者、大規模な資金提供を受けた機能獲得研究(Part-2)を通じた国立衛生研究所(NIH)の科学指導者、FDA/その他の医薬品規制当局、WHO COVID-19ワクチン諮問委員会の専門家が、遺伝子組み換え前駆安定剤(すなわちNIH技術移転67)の規制承認やその促進を受ける前から容易に入手できたものであった。68,69したがって、コミルナティのFDA、EMA、TGAの規制審査文書でADEに関する記述を探しても、何も見つからないだろう。スパイクプロテイン・ワクチンのADEの歴史的遺産を考えると、そしてインフォームド・コンセントのプロセスを考慮すると、私の意見では、これは目立って不吉なものだった。

1.1.6.2  COVID-19後の発見は、SARS-CoV-2のADEと概念的なADE-中和閾値に関連する生物学的因子を確認するものである。

COVID-19患者から得られた抗スパイクモノクローナル抗体と血漿サンプルを用いた最近の研究により、SARS-CoV-2関連ADEに関与する多くのメカニズムが浮き彫りにされた。これらのメカニズムには、特定の抗体受容体(すなわち、Fcγまたは結晶化可能なフラグメント、FcγR、すなわちFcγRIA、FcγRIIIA)および補体成分受容体(すなわち、C1q-、呼吸器上皮細胞を含む細胞表面に遍在して発現する)を発現する単球、マクロファージ、Bリンパ球などの免疫細胞が関与している。これらのADE機構は、FcγR依存性だがACE2非依存性、FcγR依存性だがACE2依存性でSタンパクの構造変化依存性(すなわちN末端ドメインの感染性増強抗体)、あるいはFcR依存性とACE2依存性の両方のADEがありうる。70,71,72,73,74,75,76,77 ADE条件下ではウイルス遺伝子あるいは調節不能なホスト免疫遺伝子発現増加が明らかで、ADEは生物学的には良性ではないことを示している78。

一般に、ADEをin-vitroで評価するための実験条件は様々であり、生物学的研究の典型として、ex-vivo/in-vitroで起こることが必ずしもin-vivoでヒトに再現されるとは限らない。しかし、一貫したテーマとして、ADEは時間依存的、抗体濃度依存的に作用し、ウイルス量依存的に作用するわけではないことが示された。

SARS-CoV-2感染によりADE抗体が誘導され、感染後少なくとも6カ月間ADEプロファイルが誘発された。79 SARS-CoV-2中和活性はIgG陽性血清のほとんど(すなわちCOVID-19患者検体の63%)で検出されたが、ADE抗体は急性COVID-19患者の40%以上から検出された。中和活性はほとんどのIgG陽性血清で検出されたが、ADEはFcγRまたは補体受容体の存在下、中和以下の条件でこれを打ち消した。80感染性を高めるN末端ドメイン(NTD)抗体も濃度依存的に作用し、受容体結合ドメインのオープンコンフォメーションを誘導してACE2結合を増強することが示されたが、中和抗体が高濃度の場合には効果がなかった81。COVID-19感染者由来のあるモノクローナル抗スパイクプロテイン抗体でヒト用として承認されているものも、狭い範囲の抗体濃度でADEを引き起こす可能性がある82,83,84,85。

同様に、SARS-CoV-2スパイクプロテインmRNAワクチン接種(スパイクバックス、モデルナ)後に採取した血清は、早期から、少なくとも接種後6カ月までADEを引き起こす可能性があるとされている。感染の中和とADEの両方が検出され、中和は高い血清濃度で、ADEは低い濃度で実証された。ADEは抗体と血清濃度の比較的狭い範囲で観察され、培養に加えたウイルス量は本測定法におけるADEの発現とは無関係であった86。

重症のCOVID-19感染症は、通常、SARS-CoV-2スパイクプロテイン特異的な高力価の抗体と関連していた。87あるプレプリントスタディでは、SARS-CoV-2スパイクプロテイン特異的抗体価が高い重症高齢者患者の血漿中に、FcγRII受容体を介したSARS-CoV-2細胞侵入促進がより一般的に検出されることが強調されている88。

意義まとめて考えると、このADE時間依存性あるいは抗体濃度依存性現象は、COVID-19感染初期あるいは感染後数ヶ月まで、あるいはワクチン接種後の初期(すなわち、低上昇型免疫)および数ヶ月(すなわち,COVID-19の重症度は、ADE感染増強抗体と関連している可能性があり、抗スパイクプロテイン抗体価と正の相関がある。

1.1.7 ウイルス感染の抗体依存性増強(ADE)に関連する生物学的特徴は、ワクチンサーベイランスのデータ結果を反映している(結果論)。

生物学(invitro/ex-vivoデータ)で明らかなADEの時間依存性または抗体濃度依存性は、計算可能なレートからレートバイアスを取り除くと、ニュージーランド、イングランド、スコットランド、カナダの医療機関COVID-19感染および+/死亡データ(in-vivoデータ)において仮定的に発現している。この負のワクチン効果は、負の絶対リスク減少(-ve ARR)、1.0xを超える率比(RR)、および統計的に有意な観察-予想比率差によって証明された。

初回接種のCOVID-19感染率比(ニュージーランド1.5x、イングランド1.4x、スコットランド1.3x、カナダ1.4x)に見られる負のワクチン効果は、感染のADEが抗体濃度依存性を示すという生物学的知見と一致するものであった。言い換えれば、ワクチンによって誘導された免疫が上昇しても、まだ中和に至らないか、ADE中和の閾値を下回ると、ADEは仮に発現する。UKHSAのデータは、報告39週目(2021年9月26日)92から報告2週目(2022年1月9日)93の間に、2回目のワクチン効果(-ARR%、RR>1.0)がすべての人口統計学的に時間と共に着実に悪化したことを最もよく示しており、これは急速に弱まるワクチン誘発免疫と抗原的に異なるオミクロン株の出現に関連していると推定された。これらの2回接種の結果は、感染のADEが時間および抗体濃度に依存することを示すと考えられる。COVID-19の感染率比は2回目から3回目にかけてすべて改善し(ニュージーランド2.0×1.5x、イギリス18-59歳3.5×1.4x、60歳10.1×1.5x、スコットランド1.7×0.74x)、ワクチンの負の有効性が、3回目になると緩和されたことが示された。このことは、ADEの抗体濃度依存性現象を支持するものである。すなわち、3回目の接種により、中和抗体濃度が中和未満から中和閾値以上に上昇し、ADE中和の閾値を超えたことが確認された。

COVID-19による死亡(77%)および入院(46%)の大部分を占めたイングランド高齢者ワクチン接種者(1-3回目)からは、いくつかの興味深いADE様現象が浮き彫りにされた。まず、1回目の接種でワクチン効果がマイナスになり(死亡:RR 1.2x、ARR-0.048%、入院:RR 1.1x、ARR%-0.028%)、2回接種の高齢者で約10倍以上悪化した(死亡:RR 2.7x、ARR-0.45%、入院:RR 2.1x、ARR%-0.53%)ことである。解析期間(オミクロン波、1-3回接種)を考えると、この2回接種のデータは、免疫力の低下を推定させるものであった。次に、3回目の投与は、抗体レベルをADE-中和の閾値以上にすることにより、この2回投与のワクチン効果のマイナスを改善した(死亡:RR 0.2x,ARR+0.22%,入院:RR 0.2x,ARR%+0.36%)。この3回目の投与による改善現象は、スコットランドのデータでも明らかで、2回目の投与による率比(1.9倍)が3回目の投与(1.2倍)で改善されたのである。しかし、これは全人口レベルでワクチン効果のマイナスをプラスに転換するにはまだ不十分であった。

このUKHSA COVID-19の死亡・入院データには、初回接種期間の短さに伴う時間依存性・濃度依存性現象(=濃度依存性)、あるいは初回接種を完了できなかった人の免疫低下と2回接種との関連(=時間・濃度依存性)が見られることも特徴的であった。UKHSA COVID-19死亡・入院データ、PHS COVID-19死亡データでも、COVID-19死亡率に2回接種の場合と比較して3回接種の改善効果(=濃度依存性)が強調されている。時間依存性と改善現象の両方が、COVID-19のADE生物学で議論されているように、推定上のADE中和閾値に対する抗体濃度の影響を示している可能性がある。

スコットランド(すなわち、1回、2回、3回投与でそれぞれ1.1x、1.2x*、1.1x)およびカナダのデータ(すなわち、1回、2回、3回投与でそれぞれ1.1x*、1.1x*、1.3x*)でも、COVID-19による入院の割合が非接種者に比べ高く、集団レベルで負のワクチン有効性が示された。アスタリスク*は、COVID-19による入院の割合が予想よりもワクチン接種者で高く、非接種者で低かったこと、そしてその差が有意であったことを示す。

このADE現象は、1回、2回、または3回投与のデータにおける時間/濃度依存性に基づくCOVID-19入院率および死亡率の上昇を部分的に説明できるかもしれない。しかし、COVID-19の入院率および死亡率における潜在的なADE効果は、同時期に発生した他のワクチン関連疾患増強現象(VAED)と交絡している。これらの交絡現象は、furin/ACE2が豊富な組織および臓器におけるウイルスフリーのスパイクプロテイン関連の一連の病態と推定的に関連しており、これはリスクの高い集団(すなわち、高齢者)における重度のCOVID-19転帰と関連する最も一般的な併存疾患と重なる(1.3.3節参照)。脂質ナノ粒子の化学物質が誘発する炎症反応(セクション1.3.2)は、おそらくこれをさらに複合化または増強するものと思われる。これらの交絡問題は、28日間の有効期間外にも時間をかけて現れる可能性があり、したがって、おそらくワクチン接種とは無関係であると説明されるか、記録されるであろう。

1.1.8  COVID-19ワクチン失敗の根底にある抗原インプリンティング(三位一体の一部)

「抗原インプリンティング」または「原初の抗原原罪」と呼ばれる、古くから知られているワクチンの原理95,96に基づき、SARS-COV-2武漢Hu-1ワクチン株との免疫系による最初の接触により、スパイクプロテインの特定の部分(すなわちエピトープまたは抗原性ドメイン)に対する一次免疫反応が起こり、抗体(B-リンパ球による)およびCD4+/CD8+T-リンパ球(T細胞)が生成された。そして、これらのB-およびT-リンパ球の一部は、局所のリンパ節でメモリーB-およびT-細胞に分化した。これにより、将来の免疫応答は、限られた数の抗体およびT細胞応答に固定され、(再)感染時に呼び出すことができるようになり、これを抗原インプリンティングと呼んでいる。その結果、ワクチン接種者が新しいSARS-CoV-2変異株(アルファ、デルタ、オミクロンなど)に感染すると、中和抗体が標的とするウイルススパイクプロテインの重要部分(すなわち、受容体結合ドメイン、RBD)が元の武漢胡1ワクチン株と異なるため、免疫システムは、元の武漢胡1抗体記憶応答を優先的に「思い出す」ことになった。しかし、オミクロン株はRBDやその他の重要な部位に変異があったため、これらの想起された反応はオミクロン株から身を守ることができなかった。

97,98,99,100,101,102 これらの発表は、抗原インプリンティングがSARS-CoV-2の変異株に対する免疫に重要な役割を果たしていることを確認し、なぜオミクロン変異株がワクチンから逃れ、オミクロンワクチン失敗が見られるのかを説明するのに役立っている。抗原インプリンティングは、モデルナのmRNA-1273またはB.1.351/B.1.617.2(ベータ/デルタ)二価ワクチン(mRNA-1273.213)でブーストした被検者でも証明されている。二価のブースターは、オリジナルのSARS-CoV-2武漢Hu-1株のスパイクプロテイン抗原を認識するメモリーB細胞(MBC)を高い割合で誘導した。この二価ワクチンの発見は、ニュージーランド、イングランド、スコットランド、カナダなどのように、オリジナルの武漢Hu-1株ワクチンを使用した率が高い国が、その後、新しいパンデミックの波が到来すると、二価/多価ワクチンを使用または義務付けようとする場合に重要な意味をもつ(プレプリント)103。

抗原インプリンティングは両刃の剣である。なぜなら、わずかに移った株への(再)感染時に迅速な集団防御の手段を提供できる一方で、パンデミック時にエラーを起こしやすいRNAウイルスによく見られる著しい変異に直面すると、集団防御を達成する妨げになる可能性があるためだ。抗原インプリンティングは、抗原的に異なるエピトープに対する新たな防御免疫反応の生成を犠牲にして、ワクチン失敗を招くからだ。104,105抗原インプリンティングは、人獣共通感染症の突然変異を起こしやすい呼吸器系RNAウイルスが、パンデミック時にワクチン革新者やグローバル/国家的ワクチン戦略家(すなわち、WHO、医療機関、医薬品規制当局)に問題をもたらす理由をこのように説明している。

抗原性インプリンティングは2つの重要な問題を提起している。第一に、私の考えでは、ADEとウイルスの突然変異が三位一体となっている以上、ワクチン接種のインフォームドコンセントの重要な部分であるべきだった(すなわち、突然変異を起こしやすいウイルスに対するパンデミック波中のワクチン接種に伴う予測可能かつ科学的に明白な危険性)。第二に、オミクロンの変異株は、より毒性の高い型に戻る可能性があり(すなわち、病気の増加を引き起こす)、これは、(再)感染時に有効なワクチン誘発免疫反応によって、第二世代の二価/多価ワクチンであっても、ほとんど異議を唱えられない可能性があることである。この論文では、「この組み換え体は、オミクロンと同様の免疫逃避特性を示す一方で、ヒトACE2受容体を発現するマウスでの挙動はデルタに近い」(すなわち、より病原性が高いことを示すデータ)ことが述べられている107。

1.1.9  ADE、抗原インプリンティング、ウイルス変異のリスクと、70歳以下の人口層におけるインフルエンザ様生存率の高さ、優れた自然免疫は、全住民のワクチン接種を支持したか?

パンデミックの2020年段階をカバーするメタアナリシス研究では、感染致死率の中央値が0.15%108から0.27%であることが確認され、70歳未満の人々の中央値は0.05%(すなわち10万人あたり50人の感染)に減少している109。これは、70歳以上の人々がCOVID-19感染と死の負担と重症化リスクを最も負っていることを意味している。これに対し、季節性インフルエンザの世界的な推定死亡率は0.04%であり、70歳未満ではCOVID-19と同様であった110。

パンデミックの最悪期である2020年を対象とした2つのグローバルレビューでは、健康な成人、若者、子供における高い生存率が明らかになった(Study-1:111 0-19歳: 99.9973%,20-29歳: 99.986%,30-39歳: 99.969%. 40-49歳:99.918%。研究-2:112 0-34歳:99.996%。35-44歳:99.932%)。リスクキャリブレーションでは、0-34歳のSARS-CoV-2による死亡率は、自動車事故などによる死亡率と同程度であった(Study-2)。さらに、18歳未満の死亡率は0.003%未満、つまり10万人あたり3人であり、インフルエンザに匹敵する(CDC、表2)113。私の考えでは、子供、若者、労働年齢の成人の生存率は、政府の医療やメディアの報道が示唆するよりも高かった。

オミクロンの疾患の重症度は デルタよりも有意に低かった(すなわち、症候性疾患への進行、入院、ICU入室、機械換気、入院期間、死亡について50-70%以上、p<0.05)が、初期のSARS-CoV-2変異株よりもはるかに高い感染性と関連していた115,116,117,118,119,120,121,122,123…。COVID-19の武漢Hu-1からオミクロンへのパンデミックは、最初のパンデミックの波では高い病原性と低い感染性から、オミクロンの波では著しく低い病原性で高い感染レベルへの傾向を示しているように見えた(OWID graphic,global.124 UKHSA Figures 53,58 and pgs.65,75,125 Scotland data.参照)。図7と図11.126)。このことは、このパンデミックの間、感染力がダーウィンの特質であったことを示唆している。つまり、病弱な人々は、無症状または軽症で公に流通している人々ほどにはウイルスを感染させないということである。これは、500年にわたるインフルエンザの大流行で私が観察した傾向と似ているようだ(=私的研究、ハイパーリンクを参照)127。

私の考えでは、高い感染性と高い病原性(特にオミクロン)を混同し、これをすべての人口層におけるワクチン接種の動機付けに利用することによって、人類の低リスクの部分は、COVID-19ワクチン接種よりも優れた自然免疫(すなわち、防御期間、交差防御、より広い抗ウイルスT細胞およびB細胞免疫)を開発する機会が奪われたのである。128,129政府はまた、予防的疾病管理(すなわちイベルメクチン)のために、全住民にワクチン接種することなく、ワクチン以外の選択肢を持っていた(2.6項)。

1.2  FDA管轄下の毒性COVID-19ワクチンロットの証拠は世界的な影響を及ぼした

結論から言えば米国政府のワクチン有害事象報告システム(VAERS)データの私の分析によると、130 COVID-19ワクチン関連の1年間の死亡と入院(「有害事象」、2021年12月7日まで)は、それぞれ過去32年間と20年間の米国における他のすべてのワクチン有害事象と同等の数であった。少数のワクチンロットが、これらのCOVID-19ワクチン関連の有害事象の大部分と関連していた。さらに、ワクチンロット間の有害事象の分布は不均一であった(すなわち、偏りやピークがあった).これらの有害事象のほとんどは、より多くの州に送られた少数のロットに関連していた。この少数派のロットは、11州以上(死亡)および19州以上(入院)に送られた場合、これらの閾値未満の州に送られたロットと比較して、出荷したロットの割合ごとに州ごとの有害事象の加重平均値および中央値が有意に高かった。これらの問題は、米国のすべてのCOVID-19ワクチンで再現された。これらの結果は、ワクチンのロット構成や仕様に大きな違いがあること、または、中央のワクチン配布メカニズムを通じて調整された高リスク層(すなわち、高齢者)の標的ワクチンの使用があることを意味すると思われる。ワクチンに関連する有害事象の90%は、mRNA遺伝子治療ワクチンに関連していた。

米国での集団レベルのワクチン使用1年後に、固有のロット番号と有害事象に関連するロットが20,556個あった。COVID-19ワクチン関連死亡は、米国における全ワクチン関連死亡の32年分に相当し、BNT162b2(Comirnaty)の15.4年分、Spikevaxの13.2年分、JanssenのCOVID-19ワクチンの3.2年分が含まれていた。COVID-19ワクチンによる入院は、米国における全ワクチンによる入院の20年分に相当し、コミナティで10.5年、Spikevaxで7.6年、Janssen社のCOVID-19ワクチンで3.2年分であった。

死亡例は10,428例で、そのうち7,259例がロット番号で識別される775ロットに関連していた。その結果、1ロットあたりの平均死亡数は9.4(95%信頼区間8.9-9.8、最小1、最大142)、中央値は1.0となった。ロットごとの死亡者数は、歪みとピークを示し、ロット間の分布が不均一であることが示された。ロット番号で識別される57ロットと118ロットは、それぞれCOVID-19ワクチン関連死亡の半分と4分の3を占めた。11州以上に送られた少数のCOVID-19ワクチンロット(775ロット中123ロット)が全死亡の75%を占め、州に送られたロットの割合ごとに、州ごとに加重平均2.54、中央値2.36の死亡と関連した。一方、10州以下に送られたロットは、1州に送られるロット数あたり、加重平均値1.30、中央値1.00の死亡に関連した。これらの加重平均と中央値の違いは統計的に有意であった(それぞれWelchの不対T検定とMann-Whitney U検定、すべてp<0.0001)。

48,851件の入院があり、そのうち33,632件はロット番号で識別される2,508件のロットと関連していた。この結果、1ロットあたりの平均入院件数は13.4件(95%信頼区間12.9~13.9、最小1件、最大489件)、中央値は1.0件となった。ロットごとの入院件数は、歪度とピークを示し、ロット間の分布が不均一であることが示された。ロット番号で識別される84ロットと165ロットは、それぞれCOVID-19ワクチン関連入院の半分と4分の3を占めた。19以上の州に送られた少数のCOVID-19ワクチンロット(2,508のうちn=203)が全入院数の84%を占め、1州に送られたロットの割合ごとに、1州あたり加重平均4.66、中央値4.31の入院と関連していた。一方、18州以下に送られたロットは、1州に送られたロット数あたり、加重平均1.42、中央値1.00の入院と関連した。これらの加重平均と中央値の違いは統計的に有意であった(それぞれWelchの不対T検定とMann-Whitney U検定、すべてp<0.0001)。

カイ二乗適合度検定では、11州以上と10州以下(死亡)、19州以上と18州以下(入院)でグループ化した場合のCOVID-19ワクチン関連死亡と入院の合計の観察分布は、予想分布と有意に異なっていた(すべてp<0.00001).予想されるロット関連有害事象の合計は、観察されたロット関連有害事象の合計(すなわち、死亡については11州以上または10州以下、入院については19州以上または18州以下のグループ分け)とロットが送られた州の総数によって按分することで導き出された。

この分析は、受動的ファーマコビジランス監視システムの固有の限界を考慮し、VAERSデータは慎重に解釈されなければならないことを理解した上で行われた。したがって、VAERSの主な用途は、安全性シグナルの早期発見と規制当局および医学研究の調査への指示であるべきである。このことは、私がロット番号に関連する重篤な有害事象に限定して分析を行い、COVID-19遺伝子治療ワクチンとの直接的な関連性を明らかにしたことを説明するものである131。上記の問題を振り返ると、前例のないレベルのCOVID-19ワクチン関連の死亡と入院、ワクチンロット間の有害事象の偏り、そしてロット番号に関連した有害事象の米国州での集積パターンが組み合わさって、調査が必要な安全性の問題があることをFDAと疾病管理センター(CDC)に警告する必要があったのである。私の考えでは、この調査は、幼児、若者、妊婦へのワクチン使用の拡大、成人のブースター、政府の従業員への義務付けを承認する前に行われるべきものであった。FDAとCDCは、毎週あるいは隔週で、統計的データマイニングの手法を用いて安全性のシグナルを検出し、VAERSやその他の安全性データをレビューするという約束を守ったのだろうか(6ページ)132。

COVID-19ワクチンの1年間の使用と前例のないレベルの重篤な有害事象の発生後、観察された重篤または重度の有害事象(SAE)のレベルが非常に過小報告された可能性があることは、極めて懸念すべきことである。独立したVAERS調査は、コミルナティ第3相臨床試験のSAE発生率と投与されたワクチン量に基づく予想SAEに対する観察SAEは、31倍の過小報告要因を示した(2021年6月8日までのデータ)133。さらにこの先行引用VAERS調査は、報告の削除と入力遅れ、重度から軽度への再コード化の証拠を示し、過小報告をさらに誇張することになった。歴史的に、VAERSの報告が義務付けられている医療従事者とワクチン会社が、これらのVAERS報告の大部分(68%)を占めており、VAERSデータは、規制および医療仮説に基づく調査に値する安全性シグナルを強調する上で、ある程度の妥当性を持っていることを意味している134。

安全性を理由とする市場撤退に関する上記のデータに安全性の観点を与えるために、1976年から2019年の間に米国で3つのワクチン撤退があった:豚インフルエンザ(死亡53例、ギランバレー症候群10万接種あたり1例、4500万接種)、135ロタシールド(腸管脱出症15例、1万接種あたり1例)136、ナサルフル(ベル麻痺、10万接種あたり13例の過剰症例)137である。

137が、かつての通常であった。毎年使用される市場量の多い季節性インフルエンザワクチン(=2018-19年:1億6900万回分が配布されたが、すべてが利用されたわけではない)138についてさらに展望を述べると、COVID-19ワクチン関連の死亡は米国における全季節性インフルエンザワクチン関連の死亡と入院のそれぞれ10年分、5.4年分に相当する。2022年12月1日現在、VAERSデータベースによると、EUA承認以降、米国におけるCOVID-19ワクチン接種に関連する死亡者数は18,557人、入院者数は89,085人で、私が前回ダウンロードした2021年12月7日からそれぞれ78%と82%増加している140 COVID-19ワクチンすべてが市場から撤退するのはいつなのだろうか?

1.2.1 ワクチン開発専門家がVAERSデータから特定したワクチン安全性シグナル

マイク・イェドン博士(元ファイザー・グローバルR&Dアレルギー・呼吸器担当副社長兼最高科学責任者)142を含む「How Bad is my Batch」(以下HBIMBチーム)141の複数のワクチン業界の専門家も、VAERSデータの詳細分析を実施した。

彼らの分析に基づき、以下のような強いVAERS安全性シグナルが確認された。

  • 1)有害ロットは、ロット番号の数学的シリーズの一部であった。例えば、同じ最初の2文字(すなわち、EN、EP、ER、EWなど)を持つファイザーのロットは、有害事象の異なる範囲を占める傾向があり、アルファベットが上がるにつれ毒性が減少した。各アルファベットグループ内には、高毒性ロットと低毒性ロットがあり、その中間はほとんどなかった(すなわち 2000の範囲から37に急激に低下した)。もし有害事象が個々の併存疾患のランダムな結果であるならば、なぜ数学的・アルファベット的シリーズに属するワクチンロット(すなわち、EN6198、EN6199、EN6200、EN6201、EN6202、EN6203、EN6204、EN6205、EN6206、EN6207、EN6208、あるいは小児のほぼすべての死亡および障害に対するEW0150~EW0217)で優位に発生していたのか。統計学者は、この安全性シグナルは非ランダムであると結論付けている143。
  • 2) mRNAの安定性の割合:これは死亡と重篤な有害事象のロット変動のそれぞれ3分の1と半分を説明し、mRNAの安定性の割合が高いほど、生物学的に活性な非分解mRNAが毒性有害であることを示す有害事象の割合が高いことと関連していた144。
  • 3)米国の州の偏り:ケンタッキー、モンタナ、アラスカ、テネシー、ノースおよびサウスダコタなどの一部の州では、10万人当たりの死亡者数が4倍から11倍になっており、より毒性の強いバッチを受け取ったか、これらがより脆弱な人々に投与されたことが示唆されている145。
  • 4)ワクチン接種日前後の統計的なクラスタリング:死亡の高い割合はワクチン接種日に発生しており、多くの人がワクチン接種後2時間以内に死亡している。VAERSのデータとファイザーがFDAに提出したEUA接種後の90日間の有害事象報告書から、ほとんどの死亡が接種後24時間以内に起きていることが確認された。146,147有害事象を経験した人の70%が、1回目または2回目の接種後48時間以内に症状を発症していた(カイ二乗統計、p<0.0001)148。
  • 5)年齢による偏り:死亡のロット変動の3分の1を年齢が説明した。約4分の3が60歳以上、4分の1が40~60歳であった。COVID-19ワクチンは、高齢者を死亡に、若年層を重傷または慢性疾患に苦しめる傾向があった149。
  • 6)ジェンダーバイアス:女性は男性よりはるかに多くの副作用を経験したが、この重要な安全性情報は、世界中のインフォームドコンセントから欠落している150,151。

HBIMBチームは、コミナティのEUA承認を裏付ける欧州医薬品庁(EMA)、FDA、ファイザーの各種文書を精査し、ファイザーがFDAのEUA承認を裏付けるためにGMPに準拠していない2種類の製造プロセスを利用していたことを発見した。152,153,154 mRNA原薬も非常に不安定で、前例のないことに最大50%の劣化したmRNAフラグメントを含むことが許可されている。HBIMBチームの調査によると、これらのmRNA分解物は特性評価されておらず、その生物学的活性は不明だった。また、mRNAの脆弱性に関連し、よく混合され、均質で一貫性のある最終用量バイアルを作成するための技術的な問題があるため、最終用量バイアルも特性評価されていなかった。これは、活性mRNA成分がロットバイアル間で不均一に分布し、同一ロット内で毒性の高いバイアルと低いバイアルが存在し、mRNAが急速に分解されることを意味する。

無傷のmRNAの割合が高いバッチは有意に毒性が高く、相対毒性(有害事象全体に対する重篤な有害事象の割合)は製造後最初の30〜40日で急激に低下し、その後プラトーになった。また、回帰モデリングにより、毒性のロット変動の半分以上は、無傷のmRNAの割合で説明できることが示された(r2乗=0.56)。したがって、重篤な有害事象を促進すると考えられる無傷のmRNAの割合が高い要因としては、製造日に近いこと、製造現場から最終使用場所までの輸送・保管時間が短いこと、需要が高いため保管期間が短いこと(すなわち、ワクチンの義務付けや「仕事のために刺す」雇用主の方針、オミクロンの高い伝染性と媒体中の高い病原性の混同などによる)、が挙げられる。

1.2.2 コミールナティは、毒性学的特性が十分に調査されていない有毒で危険な化学物質で構成されている(安全性データシートの開示)。

コミルナティのmRNAの成分規格を超えた場合、あるいは未知の毒性物質が含まれていた場合、理論的には何が関与しているのだろうか。

ファイザーの安全性データシート(SDS)によると、コミナティはBNT162b2と同義であり、PF-07302048(すなわち化合物番号)と同義で、すべてPF-07305885を含んでいることが確認されている。化学ファミリーとしてのコミナティは、「PF-07305885(BNT162b2)と脂質を含む脂質ナノ粒子」と説明されている155。コミナティのSDSから、その組成について疑問が生じる問題が2つ発生した。まず、なぜPF-07305885はSDSに非公開の専有化学物質として記載されているが、FDAや欧州医薬品庁(EMA)の規制文書には一切明記されていないのか。156,157化合物PF-07302048は、SDSのセクション2.2(「混合物」)に詳述されているように、PF-07305885とは区別されるものである。引用文献とSDS、および以下の引用文献の表P.1-1の間で製品内容を比較する158 PF-07305885とは何か?

SDSのセクション5.2(「化学物質から生じる特定の危険性」)は、コミナティがHSNO法1996(SDSセクション2)の下で解釈される「化学物質」または「危険物質」として名目上分類されたことを示している159。SDSのセクション3.2には、mRNAをカプセル化した脂質ナノ粒子製剤の2つの化学物質ALC-0315(陽イオン脂質)とALC-0159(PEG-脂質)のリストが記載されている。EMAは、これらの化学物質を「新規」と表現し、完全な情報が提供されていないことを確認している160。ALC-0159162とALC-0315163の非コミルナティ研究グレード版の安全性データシートは、心臓および肝臓障害、CNS抑制、貧血、頭痛、無気力、眠気、麻薬、せき、生殖および催奇形性作用などの安全性および毒性の重大問題を強調している。SDSの項

11.1 (「EC規則No.1272/2008で定義されたハザードクラスに関する情報」)において、承認前に毒性学的特性が十分に調査されていないことを警告している。

コミルナティのSDSは、偶発的な注射の際に局所的および全身的な副作用が発生する可能性があることを強調している。SDSの7.1項(「安全な取り扱いに関する注意事項」)では、この危険な化学混合物の吸入による曝露、皮膚、目、衣服との接触を避けるべきであると規定している。コミルナティの毒性については、SDSの4.1項で吸入、眼、皮膚への接触、摂取の応急処置について記載し、医師の診断を受けるよう指導している。第8項では、この危険な混合化学物質を取り扱う際には適切な個人保護具の使用を勧めており、不浸透性の手袋や使い捨ての衣服、皮膚接触を防ぐためにコミルナティを取り扱う際には全身保護具を着用することを挙げている。5.3節(消防士のための特別な保護具)では、消防士に自給式呼吸器、完全な消防服、および個人保護具を着用するよう助言することで、潜在的な害を示す。これらの極端な暴露防止措置は、コミルナティが安全であるという概念を覆すものである。

1.3 ワクチン関連疾患の発症メカニズム(スパイク・プロテイン、脂質ナノ粒子関連)

このセクションでは、mRNA脂質ナノ粒子ベースのCOVID-19ワクチンに関連する予測可能な発症メカニズムをレビューし、前述の理由とファイザーの90日間の認可後有害事象報告累積分析(すなわちファイザーFOI開示)により、コミルナティに焦点を当てる。脂質ナノ粒子の炎症促進性反応原性および補体活性化関連疑似アレルギー(CARPA、セクション1.3.2)に加えて、ウイルスを含まないスパイクプロテインが直接疾患を引き起こす、または重度のCOVID-19転帰に共通の既存の併存疾患を悪化させる少なくとも5の広範な発症メカニズムが存在する。これらの発症メカニズムには、アンジオテンシン変換酵素2受容体(ACE2)と他のリガンドとの相互作用(CD147)、エクソソーム、免疫介在性/自己免疫(1.3.3節)、プリオン病(1.3.4節)、ADE/抗原性刷り込み(1.1節)などがある。この機構構成は、SARS-CoV-1以降のコロナウイルス機能獲得戦略家の戦略的意図を理解するレンズにもなる(2002年、2項)。私は、人獣共通感染症やパンデミックを引き起こし、遺伝的に多様な人間集団に感染する変異しやすいRNAウイルスを標的とした、計算機設計による合成ロングペプチドベースのワクチン開発者として、「the」機能獲得戦略家や世界のワクチン戦略に影響を及ぼす人々の頭の中で、技術革新の時点でどのような病原メカニズムが挿入または依存されたかを理解したいと思った。

1.3.1 ファイザーは、予測可能な安全性シグナルを明らかにした膨大な量の有害事象報告(Comirnaty Adverse Event Report)に対する準備が整っていなかった。

前文私のVAERSロット番号による死亡および入院の分析(セクション1.2、すなわち毒性のあるCOVID-19ワクチンロットの統計的証拠を特定すること)と大量の関連有害事象(699,839)、死亡(10,428)および入院(48,851)を支える特定の目的については、それらの関連症状、疾患および病状のレビューをしないことにした。このため、ファイザー社が2021年2月28日にFDAに提出したコミルナティの承認後有害事象(AE)報告の90日間累積分析(FOI)164を検討し、その中で米国が症例報告の3分の1を占めていることを確認した。これらの症例報告はファーマコビジランスの専門家によって処理され、害やリスク要因を定義するために使用される症状、疾患、病状の分析に一定の信頼性を付加している。

ファイザー社は、この膨大な量の有害事象に対する準備不足を、「本製品に関して寄せられた多数の自発的有害事象報告のため、販売承認者は重篤な症例の処理を優先した」と述べている。この記述は、報告書に記載されたデータの内容や量にバイアスがかかっている可能性を示しており、解釈や分析に注意が必要であることを示唆している。ファイザーは、この前例のない量のAEレポートに対処するため、サポート技術のアップグレード、プロセスソリューションの導入、人員の大幅増員を余儀なくされた(6ページ)。

ファイザーは、42,086件の有害事象を報告し、その結果、1,223人が死亡(2.9%)し、11,361件の未回収のAEが発生(27%)した。有害事象数は 158,893件で、1件当たりの有害事象数は 3.8件であり、COVID-19で死亡した人の95%は平均4つの合併症を持っていた(第1.3.3項)165と補完的である。7つの臓器分類で82%のAEを占めた。AEの3分の1は一般および注射部位関連(すなわち局所および全身反応原性)に分類され、神経系障害16.3%、筋骨格系および結合組織障害10.9%、胃腸障害8.9%、呼吸および胸腔障害5.6%、皮膚および皮下障害5.3%、感染症2.9%であった。

ファイザーは、症例報告データを調査するために、1,290件の特別な関心を引くAEリストを利用した(付録1,30~38ページ)。このリストは、Phase-3試験で確認された重症/重篤なAE、EUA承認前にFDAが作成した30のAEリスト(17ページ)166および過去のワクチンAE(一般)等から構成されているようである。コミルナティの有害事象を、ウイルスフリーのスパイクプロテイン(1.3.3項)に関連する幅広い発症機序のカテゴリーに(再)分類すると、安全性シグナルが浮かび上がってくる、(1)免疫効果(すなわち。ADE、抗原刷り込み)、(2)ACE2およびCD147受容体やエクソソームが豊富な組織・器官に関連するワクチン関連疾患増強(VAED)、(3)脂質ナノ粒子の炎症性反応原性およびCARPA/アナフィラキシー、(4)免疫媒介/自己免疫、に分類されている。167,168,169ファイザーは、血管内皮および血液凝固関連、心臓、呼吸器、脳、腎臓および消化器などの疾患、器官および組織、および症状を特別に関心のある有害事象として分類し、これと同じ一連の暗示的な発症メカニズムを挙げ、VAEDの検索基準(表5脚注aおよび7)で使用した。

ファイザーは、VAEDを重要な特定リスクおよび潜在的リスクとして特定した。驚くべきことに、報告すべきリスクのリストにはADEについての言及はなかった。動物実験におけるADEとそれに関連する疾患の重症度や死亡率に関するスパイクプロテイン抗原ベースのワクチンプロトタイプの豊富な文献を考慮すると、VAEDと並んでADEも監視されると期待されたのであるが。VAEDは138例あり、主に重篤で、その呼吸器変異株を含むVAEDと疑われる事象が317例報告され、そのうち38例が死亡している。また、ワクチン接種者に確認されたCOVID-19感染症は1,927件(=症例数の4.6%)だった。これらの明らかなCOVID-19ワクチンの失敗は、ADEと抗原性インプリンティングを鑑別診断(=医学的可能性)のトップに据えることになると思う。私の考えでは、ADEはファイザーのファーマコビジランス計画にVAEDと並んで記載され、規制当局や医療機関が要求する市販後試験で積極的にモニターされるべきだった(すなわち、旧来の正常な状態である)。

局所および全身性の反応原性AEをまとめると、2%以上の症例で報告された93,473件のAEの半分以上は、LNPによって引き起こされた強固な炎症反応と関連していた可能性がある(表2,8-9ページ)。さらに、関連する可能性があるが、2,958件のアナフィラキシーAEがあり、そのうち2,341件は重篤であり、9名が死亡した。これは、指定された基準を満たす1,002例(2.4%)に相当する。アナフィラキシーの発症時間(中央値)は数時間以内であった(表4,10ページ)。このファイザー社の報告書では、アナフィラキシーの検討において補体活性化関連偽アレルギー(CARPA)については触れていない。CARPAは、化学毒性(すなわち、PEG-脂質関連、セクション1.3.2)に対する潜在的に致死的なアナフィラトキシン/マスト細胞媒介の全身循環ストレス反応である。

ACE2受容体が高発現している組織(1.4.5項)を仮定して、心臓、消化器、神経系疾患をグループ化すると、93,473件中27%のAEがACE2スパイクプロテイン関連疾患と関連する可能性があることが示された。また、有害事象42,086例中8.3%(1例平均3.8件)がACE2に関連する病態であり、CD147受容体発現組織およびエクソソーム関連組織・器官との重複分布(例,心・脳・肺・腎血管内皮、心臓、脳、肺、腎臓、表7,16-24頁、1.3.3項)。発症までの時間の中央値は、心血管系で、24時間未満、血液系と神経系で、1日、腎臓系で、4日であった。

免疫介在性および自己免疫性AE(AESI)は症例の2.5%(1,050例)を占め、中枢・末梢神経系、心臓、皮膚、膵臓に影響を及ぼす重篤なAEが780例、致死的なAEが12例であった。筋骨格系のAESIは症例の8.5%を占め、3,640件のAEが発生し、そのうち1,614件が重篤であった。関節痛が3,525件と最も多く、関節炎、関節リウマチ、多発性神経炎、ウイルス感染後疲労症候群が残った(表7、p.20)。関節痛は自己免疫と関連している可能性があり、スパイクプロテインの模倣/交差反応(T細胞および/またはB細胞)および/またはLNP製剤とmRNAの自然免疫による炎症性反応(1.3.2項)が関与している可能性がある。発症までの時間の中央値は、免疫介在性/自己免疫性で、24時間未満、筋骨格系で、1日であった(1.3.3項)。

自発的に報告されたファーマコビジランスデータの限界、これらのAE症例報告と共に投与されたワクチンの用量に関するデータが得られないこと、パンデミックのこの特定の期間のCOVID-19発病率データがないことを考えると、コミルナティの「好ましい利益:リスクバランス」に関するファイザーの結論は、その報告書に記載されているリスク-利益分析の定量結果には根拠がない、と私は考えている。ファイザー社は、記載された各AESIにおいて、「この累積症例レビューは、新たな安全性の問題を提起するものではない」と結論付けている。私見では、ファイザーのEUA投与後90日間の安全性評価は、その潜在能力を十分に発揮できず、EUAでの安全性理解は、規制当局がEUA承認前に適切な前臨床および臨床安全性情報を要求しなかったことにより損なわれた(1.4-5節)。

これらの予測可能な病理は、COVID-19ワクチンの害と致死に関する科学的発表の急増リスト(1,250の安全関連発表:一般に、171子供172)と、保険業界全体の現象として2021-2022年に複数の大陸で健康保険と生命保険の請求と支払いが前例のないほど増加したことの説明に役立つ173,174,175,176,177,178,179,180。

1.3.2 脂質ナノ粒子(LNP)は炎症促進性と毒性を持つ

mRNA遺伝子治療ワクチンで使用されているmRNA-LNP技術プラットフォームは非炎症性であると仮定すると、解説書(一般)において、局所および全身の反応原性がmRNAワクチンによって生じる強固な免疫反応と混同されている理由を説明することができる。この反応原性は、LNP製剤の化学物質(すなわち、炎症性サイトカインやケモカイン、何千ものアップレギュレートされた遺伝子を含む)によって引き起こされる強い自然炎症反応を表している可能性がある181。COVID-19以前の文献では、mRNA-LNPの炎症促進性についても詳述しており、これは主にmRNAを包むために用いられたLNP製剤と関連している。この炎症促進作用は、複数の動物種で一貫しており、mRNA-LNPの慢性投与は、肝障害を含む毒性副作用を生じさせた182,183。

コミルナティのSDSには、誤って注射した場合に起こりうるアナフィラキシーを含むアレルギー反応について明記されている。これは、PEG-脂質(ALC-0159)が細胞への取り込み前に脂質ナノ粒子から本質的に交換され(53頁)、このPEG-脂質をより生物学的に利用しやすくしているためである184。このバイオアベイラビリティの向上は、コミナティを含むCOVID-19遺伝子治療ワクチンで見られる、いわゆるCOVID-19 mRNA遺伝子治療ワクチンのアナフィラキシー問題に関与している可能性がある190,191,192。mRNA-LNPの慢性投与試験では、補体活性化関連偽アレルギー(CARPA)として、化学毒性(すなわちポリエチレングリコール、PEG)に対するアナフィラトキシン/マスト細胞媒介の全身循環ストレス応答が潜在的に致命的なアナフィラキシーを説明している193,194。

このように、医薬品規制当局がEUA(1.4項)前にコミルナティのLNP製剤の化学物質について、炎症性サイトカインやケモカインなどの毒性データを要求しなかったため、局所および全身性の反応原性、アナフィラキシー/カルパ安全問題の特定の原因を特定し、炎症性の増強した免疫反応から強力な免疫反応を識別する能力が排除されたのである。

1.3.3 ワクチン誘発性スパイクプロテインは、病態を誘発し、併存疾患を悪化させる一連の病態発生メカニズムを駆動する

このセクションでは、SARS-CoV-2およびウイルスフリーのスパイクプロテインが、併存する疾患を直接引き起こしたり悪化させたりする3つの幅広い病理学的メカニズムについて概説する。細胞表面プロテアーゼ(すなわち酵素タンパク質はさみ)であるフーリンは、SARS-CoV-2スパイクプロテインとACE2受容体との結合(すなわち感染性、病原性)をつなぐ共通項である。感染性、病原性)、195,196,197,198を引き起こす。これは、ACE2が豊富な組織や器官において、リスクの高い集団(すなわち、高齢者、男性)において、重度のCOVID-19転帰と関連する組織や器官が関わる最も流行する併存疾患と重なる(下記参照)。これらのメカニズムは、フーリン、高齢者によく見られる既往症や併存疾患を危険にさらし、SARS-CoV-2が独自にコードしたフーリン切断部位(FCS)を中心に据える(セクション2、機能獲得)。このユニークなFCSは、SARS-CoV-2の核局在シグナル配列の一部でもあり、ヒトにおける感染性と病原性を高めることを目的とした2in1遺伝子挿入と思われる(2.2.1節、機能獲得)。

ウイルスフリーのスパイクプロテインワクチンmRNAで製造されたスパイクプロテインは、5日以内にヒト血漿中にピークを示し、初回接種後数週間血漿中を循環し199、接種2カ月後にはリンパ節で検出可能である200。さらに、ワクチンによって送達されたmRNAは、注射部位から動物の全身に速やかに移動し、6-48時間以内にピークを迎え、心臓、肺、脳、肝臓、リンパ節、脾臓、副腎、生殖腺などの組織に蓄積される201,202,204。したがって、ウイルスを含まないスパイクプロテインは注射部位のmRNA転写と注射部位から遠い組織のmRNA摂取により推定上発生することになる。

メカニズム1 ウイルスに感染していない

スパイクプロテインSARS-CoV-1およびSARS-CoV-2感染時には、スパイクプロテインの受容体結合ドメイン(RBD)がヒトACE2と結合し、ウイルスの侵入と病原性を誘発する205,206,207。ACE2受容体は、肺胞および呼吸器表面、血管内膜(すなわち内皮)、心筋、動脈平滑筋、脳、腸、腎臓、皮膚、リンパ系、造血幹細胞、内分泌および生殖組織に優位に存在する。208,209,210,211,212,213さらに、心臓病、高血圧、認知症ではACE2の発現が増加しており、214,215 SARS-CoV-2感染またはワクチンによるスパイクプロテインに対する疾患感受性が高まっていると推定されている。COVID-19の重症化に関連する最も一般的な併存疾患および最も重要な危険因子は、心臓血管系(高血圧、心不整脈を含む)、慢性閉塞性肺疾患、肥満、糖尿病、癌、脳血管障害、認知症、急性および慢性腎臓病に関連している216,217,218,219,220,221,222。このような併存疾患の範囲は、SARS-CoV-2の血管内皮、心血管系、呼吸器、脳、腎臓に対する組織向性に起因するものと思われる。223高齢と男性の性別も、COVID-19の重症化の危険因子であった224,225,226。

SARS-CoV-2のスパイクプロテインとそのS1サブユニットは、ウイルスから遊離した状態で、用量および時間依存的にヒトの血管内皮の損傷および機能障害を引き起こすことができる。227,228このことから、ヒトによるスパイクプロテインの時間制限付きワクチン生産と血液循環への放出(またはエクソソーム経由)にスポットライトが当てられている。ウイルスフリーのスパイクプロテインは、脳内皮接合タンパク質の分解を誘導し229、細胞ストレスを誘発することによって脳周皮細胞の血管および免疫機能を調節し230、炎症性反応および血液脳関門機能の変化を引き起こす231。脳血管周皮細胞および内皮細胞のACE2の発現は、スパイクプロテインによって用量および流量依存的に調節される232,233。ウイルスフリーのスパイクプロテインは、ACE2受容体に結合してACE2のダウンレギュレーションを引き起こし、ミトコンドリア機能を阻害し、234酸化ストレスと炎症を引き起こし、血液凝固メカニズムを誘発する235,236,237このダメージミルーは、肺疾患の重症化に寄与し238心筋梗塞、脳卒中および腎臓損傷の素因になる239,240。

ウイルスを含まないスパイクプロテインは、主に心臓、腎臓、肺に発現しているCD147受容体に結合する。スパイクプロテインによるCD147の活性化は、心肥大と不全を促進し241、心筋周皮細胞を介して微小血管傷害、炎症、血液凝固機構を誘発する242。血管傷害は、熱ショックタンパク質90,243、アンドロゲン(すなわち男性)、TNF-α、その他のシグナル伝達経路によっても仲介される可能性がある。244,245スパイクプロテインはまた、腸の炎症につながる動物腸細胞におけるACE2非依存性血管内皮増殖因子のアップレギュレーションを促進する246。

メカニズム2 スパイクプロテインのエクソソーム

エクソソームは、感染症やワクチン接種の後に全身を循環する。エクソソームは、細胞から分泌される小胞で、微生物の攻撃やストレス状態に反応するなど、生理的および病理学的な理由で発生する。一般に、エクソソームは、炎症、酸化ストレス、内皮機能障害、血栓症、止血、心疾患、心機能障害などのさまざまな疾患プロセスに関与している252,253,254,255。したがって、SARS-CoV-2エキソソームが炎症、凝固、補体経路、および免疫調節に関与し、エキソソーム関連バイオマーカーが疾患の重症度と相関することは当然と言える。256コミールナティのワクチン接種は、スパイクプロテインS2サブユニットを含むエクソソームも誘導し、これは初回接種の14日後に血漿中に検出され、2回目接種の14日後までに著しく増強され、4カ月後にも検出可能であった。スパイクプロテインを搭載したエクソソームの動態は、抗体反応を追跡し、免疫原性にも関与している可能性が示された257,258。

メカニズム3 自己免疫と免疫介在性

mRNA、ウイルスベクター、不活化ワクチン259,260によるCOVID-19ワクチン接種は、自己免疫性肝炎、261,262,263血液性自己免疫、264,265ギランバレー症候群、266 IgA腎症、CNS脱髄自己免疫、267脳炎自己免疫、268などを含む自己免疫疾患の新規発症および再燃と関連しているとされてきた。しかし、ワクチン関連自己免疫疾患のリスクに関する情報は議論の余地があり、発生率の低さと自己免疫疾患の多様性が妨げとなっている269。ワクチンによる自己免疫リスクは、スパイクプロテインmRNAを取り込む組織と炎症性脂質ナノ粒子に対する組織-器官の感度を知ることが優先される(1.4.1~3項、前臨床安全性試験の赤字)。

COVID-19ワクチンが自己免疫を引き起こすとされる主なメカニズムには、自己抗体や自己細胞を介した自己攻撃をもたらす分子模倣や交差反応、自己寛容を壊すのに役立つ炎症性ワクチンアジュバントや免疫賦活剤、非特異的バイスタンダー活性化などがある270,271,272。研究者たちは、SARS-CoV-2スパイクプロテインとヒト組織抗原の間に、T細胞およびB細胞を介した高度な擬態および交差反応性があることを証明し、予測された。273この交差反応性には、ヒトのバリアー蛋白、肺サーファクタント、心臓血管、肺、神経系、胃腸、結合組織、甲状腺組織などが含まれる274,275,276,277,278,279このように、T細胞や自己抗体による分子模倣と交差反応性はCOVID-19感染とワクチン接種によるマルチシステム疾患プロセスに関与する可能性があると考えられる。COVID-19ワクチンのmRNAは、脂質ナノ粒子製剤と同様に、炎症と免疫を誘発するToll様受容体と細胞内インフラムソーム成分に関与する免疫賦活剤としても作用する280。

組織内の細胞は、遺伝子治療ワクチンのmRNAを取り込み、それをスパイクプロテインに転写して、HLAクラスI分子の細胞表面にCD8+T細胞エピトープを提示する(すなわち、非自己、自己/模倣。282,283、そして、HLAクラスII分子(すなわち、呼吸器官および消化管)のCD4+Tcellエピトープを発現する潜在的に非従来型の抗原提示細胞も、非自己および自己免疫による攻撃や自己免疫の標的になる可能性がある284。285このT細胞エピトープの提示は、ヒト白血球抗原システム(HLA)を介して行われる正常な敵味方の免疫学的監視過程である。

結論ウイルスを含まないスパイクプロテインが病気を引き起こしたり、重篤なCOVID-19の結果に共通する既存の併存疾患を悪化させたりする、これらの予測可能な発症メカニズム(すなわち、組織-器官トロピズム-分布の共有、フーリンおよびACE2)を考えると、この同じ疾患、器官・組織および症状の配列を特別な関心のある有害事象として挙げ、ワクチン関連疾患憎悪の検索基準として使用しているファイザーの観察は興味深いものだった(表5の脚注a、および7)。これらには、血管内皮や血液凝固関連、心臓、呼吸器、脳、腎臓、消化器などが含まれる286。

1.3.4 スパイクプロテイン誘導性プリオン病は時限爆弾の可能性がある

コミルナティとスパイクバックスのmRNAによってコードされるSARS-CoV-2 Wuhan Hu-1スパイクプロテインは、プリオン病のリスクをもたらす可能性のあるいくつかの特徴を持っている。プリオンは、自己増殖し、脳内で有毒なタンパク質の凝集体を形成することで神経変性疾患を引き起こす可能性のあるミスフォールドしたタンパク質を表している。筋萎縮性側索硬化症、前頭側頭葉変性症、アルツハイマー病、ハンチントン病などのプリオン病は、通常、急速に進行し、常に致死的である287,288。

Wuhan Hu-1スパイクプロテインは、スパイクプロテインS1サブユニット内にいくつかのヘパリン結合部位を持ち、ヘパリンや他の凝集しやすいヘパリン結合タンパク質と結合する289,290プリオン様ドメイン(PrD)が受容体結合ドメイン(RBD)内に存在し、RBDとACE2受容体が接触する7アミノ酸中5つがこのPrD内にあり、ウイルス付着と細胞侵入を促進すると考えられている291。理論的には、コンフォメーションが変化したスパイクプロテインのRBD(すなわち、前駆安定化、1-up-2-down configuration)は、脳内に高レベルで存在し、神経変性疾患と関連することが知られている、脳の凝集しやすいタンパク質(すなわち、βアミロイド、αシヌクレイン、タウ、TDP-43.)の凝集を種触媒することができる292,293。

また、スパイクプロテインには、グリシンジッパーモチーフ(GxxxG)と呼ばれる、2つのグリシンアミノ酸が3つのアミノ酸の間隔で並ぶ5つのプリオン配列があり、タンパク質のミスフォールディング感受性と関連していると言われている。したがって、COVID-19ワクチン接種後に自由に循環する、あるいはエキソソームを含むスパイクプロテインに含まれるジッパーモチーフ、および/またはワクチン接種後のCOVID-19感染(すなわちリスクの増大)に関連するジッパーモチーフは、プリオンとして振る舞い、将来、神経変性疾患と関連付ける可能性があると考えられる。スパイクプロテインのジッパーモチーフについて説明すると、ウシ・プリオンのMADCOWには10個の連続したGxxxG配列があり、一方、アルツハイマー病のβアミロイドには4個がある294,295。

コミナティとSpikevaxは、ウラシル(UΨ)の代わりに、修正RNAヌクレオシドN1-methyl pseudouridine(Ψ)を使用しており、296 FDA説明文書によれば、これは自然免疫系の活性化を抑え、スパイクプロテインの発現を増強するために行われた(pg. 16)。297この修飾RNAヌクレオシドを含むRNA分子は、二次構造の変化を引き起こし、コドン読み停止問題に直面することがあるため、プリオンの可能性が生じる298。文献によると、COVID-19ワクチンmRNAは、16のUGタンデム反復(ΨGΨG)、さらなるUG(ΨG)リッチ配列、および2つのGGΨA塩基配列(G:グアニン、U:ウラシル、A:アデノシン)を含む。このように、mRNAワクチンは、TDP-43やFused in Sarcoma(FUS)のようなRNA結合タンパク質を、理論的には、病的なプリオン構造に折り畳むように誘導することができる。

SARS-CoV-2スパイクプロテインのエキソソーム排出の可能性は、プリオンに関連した2つの問題を提起する。301第二に、組換えプリオンタンパク質またはプリオン病動物からの感染組織の伝達は、トランスフェクトされた動物のプリオン病を引き起こす。302,303,304,305,306これは、スパイクプロテインのエクソソーム排出による伝達性プリオン病の一見未評価の可能性を強調する。エクソソームは、上皮分泌物、唾液、尿、粘液、呼吸器疾患時の呼吸器分泌物、血液、母乳、脳脊髄液、羊水などのあらゆる体液で確認されている。307,308,309,310,311ファイザーは、妊娠、授乳、職場において吸入または皮膚接触を介してコミルナティの二次曝露の可能性を予測し(試験計画書セクション8.3.5)、その可能性的排出リスクと有害性を理解している。312コミルナティのEUA承認を裏付ける、事前に引用された規制当局の審査資料には、排出結果は開示されていない。したがって、ブースター時期にCOVID-19スパイクプロテインのエクソソーム排出は、職場、学校、家庭、および一般環境における未評価の環境ハザードとなる可能性がある313,314,315。

1.4 規制当局の審査は、EUA承認時のコミナティの前臨床安全性理解における重大な欠陥を示唆(米国、EU、オーストラリア)

コミルナティのEUA承認をサポートする以下のFDA(米国)、316欧州医薬品庁(EU、EMA)、317医薬品局(オーストラリア、TGA)318の規制文書をプールし、特に引用した他の文書もレビューした。これは、コミルナティの前臨床安全性評価で何が欠けていたかを特定するために行われた。もしそれがあれば、クラス初の新規遺伝子治療ワクチン技術を用いた大量接種の前に、ワクチンの安全性をより幅広く理解することができたと思われる。コミルナティのこれらの海外規制当局の評価を私がレビューしたところ、赤旗が上がった。コミルナティには、予測できる安全性リスク(すなわち、ADE、抗原インプリンティング、ウイルスフリースパイクプロテイン関連病変、脂質ナノ粒子化学毒性、遺伝毒性、生殖能力-生殖問題)が多数あった。(1)前臨床安全性試験のレパートリーはもっと多かったが、規制当局の審査では提供されなかったのだろうか?(2)規制当局がコミルナティの前臨床安全性評価のハードルを低くしてしまったのか?

1.4.1 スパイクプロテイン-ACE2病態メカニズムを迂回した生体内分布試験

重要なことは、生体内分布試験において、スパイクプロテインをコードするmRNA-LNPは、様々な投与経路でルシフェラーゼを発現するサロゲートmRNA-LNPに置換されたことである。その結果、ワクチン接種後のスパイクプロテインmRNAとその転写されたスパイクプロテインの組織分布と動態に関するコミルナティ特有のデータは、規制当局の審査では開示されなかった。そのため、規制当局は、コミルナティのスパイクプロテインの薬物動態や、注射部位から離れたACE2受容体との高親和性結合によって引き起こされる病態について、関連する種で全く、あるいはほとんど理解していなかったようである。

私見では、毒性試験にラットを用いれば、コミルナティの安全性のプロフィールはお世辞にも良いとは言えなかっただろう。これは、心・脳・呼吸・腎血管内皮、心筋、肺胞、脳、消化管、生殖腺などACE2を多く含む組織で、ラットのACE2受容体とスパイクプロテインが低親和性で結合することを反映したものである。結局、SARS-CoV-1(2002)スパイクプロテイン受容体結合ドメインは、マウスACE2受容体にヒトACE2よりも低い親和性で結合し、ラットACE2との結合はさらに低い親和性(すなわち、バックグラウンドレベルに近い)であることが分かっていた。319,320毒性評価により適切な種は、ヒトACE2トランスジェニックマウス321,322、およびヒトACE2相同性が高く、SARS-CoV-2と結合親和性が高い非ヒト霊長類323,324であったと思われる。

重要なことは、コミナティの静脈内投与経路が規制当局の審査文書に詳述されていないことである。その代わりに、コミナティのLNP-spike protein mRNAは、LNP-ルシフェラーゼ-mRNAを用いたラットの単回静脈内投与試験で代替された(すなわち、フーリンによるACE2相互作用を回避するため)。スパイクプロテインをコード化したmRNAをマウスに静脈内投与することで、ヒトでの偶発的な静脈内投与を模倣し、急性心筋炎をコミルナティリスクとして特定し、臨床試験における心臓、内皮、血液凝固バイオマーカーの使用を指示した可能性がある325。

1.4.2 前臨床毒性学で衰弱した炎症性反応が明らかになったが、mRNAを含まない脂質ナノ粒子製剤は評価されなかった。

安全性の観点から、脂質ナノ粒子(LNP)で送達される修飾mRNAは複雑な分子であり、コミルナティ、LNP送達システム、LNP成分、および製造されたスパイクプロテインの安全性を評価し、薬物動態(すなわち、吸収、分布、代謝、排泄、代謝)を完全に理解する必要がある。326コミルナティの薬物動態に関する規制当局の審査では、コミルナティ、LNP製剤、LNP成分(すなわち、ALC-0159およびALC-0315)についての詳細な説明は行われなかった。したがって、規制当局は、ワクチン接種後にスパイクプロテインのmRNA、LNP化学物質、または製造されたスパイクプロテインに何が起こったかを判断することができなかった。また、コミルナティのLNP製剤またはその新規成分に関する規制当局の審査文書には、反復投与毒性評価が記載されておらず、観察された炎症性反応がLNP製剤によるものかmRNAの免疫原性の結果であるかを識別することが不可能であった。

コミルナティと他のCOVID-19 mRNA-LNP変異株を用いた反復投与毒性試験では、1つの種(すなわち、合併症のない健康な若いラット)のみが用いられ、TGAによれば、このことはファイザーによって十分に正当化されるものであった。この規制当局による承認は、ラットACE2がヒト化スパイクプロテインと低親和性で結合し、LNP製剤が炎症促進性であるというよく知られた問題にもかかわらず、行われたものである。このラット毒性試験は、1週間間隔で3回筋肉内投与し、3週間の回復期を経て、用量漸増なしで実施されたものである。TGAは、免疫反応がピークに達するまでに2~3週間かかることから、1週間の間隔が最適ではないと判断した。コミルナティの新規脂質賦形剤は肝保持時間が長く(EMA:ALC-0315 6週間、ALC-0159>2週間)、3週間の臨床試験ブースター間隔が計画されていた。それにもかかわらず、TGAや他の規制当局がこれを許可した。

毒性試験の圧倒的な所見は、強い炎症反応であり、ワクチン接種後9日目に発熱とラットの体重の統計的に有意な減少をもたらし、重大な全身性疾患を示唆するものであった。関連する病態としては、注射部位の炎症と異常な臨床病理(すなわち、中程度の強さの白血球増加、強い一過性の網状赤血球減少および赤血球パラメータの中程度の減少、フィブリノーゲン値の上昇、急性期タンパクの有意な増加、アルブミン/グロブリン比の減少、および有意な肝酵素の上昇)および組織病理(すなわち…,組織学(排出リンパ節、脾臓および骨髄の高細胞化、およびおそらくLNPの脂質に関連した可逆的な門脈肝細胞空胞化)である。これらの結果は、mRNAを輸送するために使用されたLNPが非常に炎症性であると記述した他の前臨床試験と一致していた328。

TGAは、治療に関連した顕微鏡所見が注射部位や周辺組織、排液リンパ節、骨髄、脾臓、肝臓に認められ、「免疫反応や炎症反応と一致する」とコメントした。ワクチン接種後48時間の時点で、放射性標識されたLNP mRNAルシフェラーゼがラット体内に広く分布していることを考えると、血管、心臓、脳、肺、腎臓、腸管、内分泌腺、生殖腺、胎盤に関する組織病理学、免疫毒性、バイオマーカーの情報がいずれの規制審査でも示されなかったのは驚くべきことであった。

1.4.3 自己免疫性、遺伝毒性、発がん性の臨床前評価がレギュラトリーレビューで詳述されていない。

ファースト・イン・クラスのmRNA遺伝子治療ワクチンであるコミルナティの自己免疫性、遺伝毒性(遺伝子の変化を引き起こす能力)、発がん性に関する試験情報は、意外なことに3つの規制当局の審査で提供されなかった。自己免疫疾患に関する情報がなかったことは、私にとって赤旗となった。この基本的なリード最適化研究科学は、ヒトワクチンの安全性を予測し、臨床試験法を開発し、規制当局への申請と治験責任医師のパンフレットをサポートするために行われるべきものだったからだ。さらに、SARS-CoV-1とMERSコロナウイルスのスパイクプロテインワクチンプロトタイプの失敗は、肺組織における自己免疫と一致した発症メカニズムに関係していると考えられている329。

コミルナティのmRNAによってコード化されたSARS-CoV-2スパイクプロテインは、その配列相同性およびヒト組織タンパク質との交差反応性の可能性を、他の関連する予測評価とともに計算機で確認することができたはずだ。SARS-CoV-2スパイクプロテインのモノクローナル抗体と組織抗原を用いた試験管内試験アッセイは、自己免疫の可能性を評価するための次の論理的ステップであったろう。この研究は独立した研究者によって行われ、SARS-CoV-2スパイクプロテインと組織抗原の間に高度な交差反応性があり、したがってCOVID-19感染による自己免疫の可能性(セクション1.3.3)、そして暗にワクチン接種による自己免疫の可能性を証明することができた。

遺伝毒性について大きな懸念があるのは、SARS-CoV-2がスパイクプロテインS1およびS2サブユニット間に機能的核局在シグナル(NLS)モチーフ「PRRARSV」をユニークに持つことが最近発見されたことである。この機能的なNLSモチーフにより、SARS-CoV-2のスパイクプロテインは、感染した気道上皮細胞において核内に移動し、スパイクプロテインmRNA、そしておそらく全ゲノムを核内に輸送することができる(プレプリント)。330その病原性における役割はまだ一般には解明されていない。このNLSモチーフは、SARS-CoV-2がACE2を介して細胞侵入するために用いる、独自にコードされたアルギニン-ダブレットを含むフーリン切断部位(FCS、「PRRA」)を構成するものでもある。さらに、この12塩基のFCSを含む19塩基のゲノム部分が、特許取得済みの逆相補体人工配列と100%一致することを確認した。このモデルナ社の特許は、FCSを含む腫瘍関連ポリペプチドと、遺伝子発現をダウンレギュレートするために使用できる標的配列の相補体であるシード領域を含む19〜25ヌクレオチドの非コードRNAからなるマイクロRNAシード相補体部位をカバーしている(2.2.1節で引用)。遺伝毒性の可能性についてさらに懸念を抱かせるのは、コミルナティの改変mRNAとSARS-CoV-2のRNAがヒトの細胞内でin-vitroにDNAに逆転写されることを確認した最近発表された2つの論評である331,332。

一般的なコメントとして、スパイクプロテインのmRNA逆転写、さらにはゲノム統合や遺伝子導入の可能性333,334、あるいは核局在シグナルやマイクロRNAの種子補填部位の生物学的役割について支持または反論する文献はない、少ない、あるいは論争の的になっているかもしれないが、これは研究の実施や発表が許可されていなかったことの反映かもしれない。これは、産業と科学のパラダイムが中央集権的にコントロールされている典型であると私は考えている(すなわち、COVID-19、気候変動、地球工学的気候変動、化石燃料の埋蔵量)。それは、そのようなことが起こらないという証拠にはならない。

1.5  EUA承認時のコミルナティの臨床的有効性と安全性の主張は改竄可能であった

2022年の海外集団レベルのワクチン有効性と安全性-死亡率データを見直すことは、COVID-19ワクチンの最初の緊急使用承認(EUA)で宣伝された95%の有効性と安全性の主張と2022年に生じたものとの間の大きな隔たりを説明するのに適している。私の考えでは、このコミルナティの違いのキャズムの2020年側(すなわち。私が最も重視しているのは、第1章「はじめに」で述べた理由によるものである。(1)全ウイルスゲノムシークエンスや生きた全ウイルスの存在を確認するためのウイルス培養を行わずに、臨床試験症例を診断するために高い偽陽性診断法を使用したこと(2)研究者の裁量で、明らかな是正や説明なしに有効性の計算からかなりの量の不確実なデータを除外したこと(3)予測可能な病理学的メカニズムを評価するためのバイオマーカーモニタリングの証拠を提供しない臨床試験、(4)COVID-19の重篤な転帰と関連するACE2/フーリンが豊富な組織-を含む合併症に苦しむ最も適したリスクを持つ集団を優先しない臨床試験の組み込み基準、など。

FDAをはじめとする医薬品規制当局は、第3相試験デザインを受け入れ、コミルナティの安全性と有効性を確認した上でEUAの承認を得るという全体的な責任を負っていた。私は、95%のワクチンの有効性と安全性が保証されているという結論に、全く自信を持てなかった。

1.5.1 コミルナティの偽造可能な95%のワクチン有効性はどのように決定されたのか?

ファイザー社は、EUA承認の基礎となるコミルナティの中間安全性(中央値2カ月)および有効性データに基づき、コミルナティが安全であり、投与2日後7日から監視期間終了時(平均46日間の監視)まで実験室診断による症候性COVID-19疾患を予防する95%の有効性があることを示すデータを発表した。この95%相対ワクチン効果(すなわち、RVE=1-接種リスク/非接種リスク、接種リスク=8例/18,198例、非接種リスク=162例/18,325例)は、絶対リスク減少0.84%(すなわち、ARR%=接種リスク-接種リスク)または人口10万対840例減少に相当する。このデータと計算は、ファイザー社が発表した結果の表2から導き出されたものである335。

私は、95%のワクチン効果という主張は、常に精査され、慎重に扱われる必要があったと考えている。なぜなら、平均監視期間が46日(すなわち免疫のピーク時)しかなく、抗体依存性のウイルス感染促進による予測可能な負のワクチン効果や抗原インプリンティングによるワクチン失敗のリスクは、免疫が衰え、後にデルタやオミクロンといった抗原的に異なる株の出現により常に増加すると考えられていたからだ。このワクチン効果への注意は、コロナウイルス(=ADE/VAED)や一般的なワクチン生物学(=抗原インプリンティング)、ウイルスの突然変異(=パンデミックの波と関連)についての理解、あるいは産学で何十年も前から存在していた知識も応用されたものだった。このことは、コロナウイルスワクチンの専門知識を主張する者、あるいはそれに頼る者(研究開発プログラムリーダー、規制当局の専門家、国内外のワクチン諮問委員会の専門家、政府のワクチンアドバイザーなど)は知っていたであろう/知るべきであっただろう。

メリーランド大学薬学部保健学科助教授でBritish Medical JournalのシニアエディターであるPeter Doshiは、95%コミナティの有効性計算を批判した336。それによると、有効性計算に含まれていない「疑われるが未確認のCOVID-19症例」(すなわち「PCRで確認されていない症状のあるCOVID-19」)が3410例存在するとのことである。FDAは、COVID-19の疑い例3,410例を正当化するために、「接種後7日間に発生したCOVID-19疑い例のアンバランスは、COVID-19と症状が重複するワクチンの反応原性を示す可能性がある」(pg.42。337私の考えでは、この言い訳じみたFDAの根拠は、ワクチン接種群で1,594例のCOVID-19疑い例、プラセボ群で1,816例の未確認例があったという事実を反映したものではない。

なぜ、170例がPCRで確認され(すなわち、コミルナティ8例+プラセボ162例、または4.7%)、それにもかかわらず3,410例のCOVID-19疑い例がPCRまたは代替診断法で確認されなかったのか(すなわち、95.3%)?なぜ治験責任医師は、この大量の症例を追跡調査し、再標本化したり、予備の診断方法を使用しない裁量権を持ったのだろうか?なぜFDAはこの問題を言い逃れたように見えたのか?「全体として、これらのデータは、プロトコルで規定された、疑われるが未確認のCOVID-19症例の報告が、他の方法では発見されなかったであろう臨床的に重要な有害事象を隠してしまったという懸念を生じさせるものではない」私の計算では、3,410人の被験者を追加した場合の相対的なワクチン有効率は19%であり、EUAに必要なワクチン有効率の最低値50%を下回っている338。

Doshi教授は、もう一つ重要な有効性の問題を提起した。投与2日目から7日前までにプロトコルに重要な逸脱があった」として、説明なしに有効性計算から除外された371人の被験者のうち、コミルナティ対プラセボの割合が5対1の不均衡があった(表2,18頁、FDAレビュー)。もし、プロトコル逸脱者の6分の4(n=247)を陽性例としてコミルナティのデータに戻し、コミルナティとプラセボ群のプロトコル逸脱者を1対1(それぞれn=62)でバランスさせた場合、相対ワクチン効果は-59%となり、2021/2022年に観察された負のワクチン効果を再現することになる。これらの問題は、Doshi教授が「報告された有効性結果の信頼性と意味」について懸念を抱かせた。私の考えでは、これらの問題は、コミナティのEUA承認を阻止するのに十分であったはずだ。

1.5.2 高い偽陽性診断法は偽データを生成する(ルール・オブ・サム)。

コミルナティのワクチン有効性評価は、主にリアルタイムポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR、略称PCR)確認症例と1つ以上の非特異的なフッ素胃腸様症状(すなわち、COVID-19および他の呼吸器・胃腸ウイルスおよび非感染性疾患に適用可能)の使用に基づいていた339。Michael Yeadon博士(元ファイザー・グローバルR&D社アレルギー・呼吸器担当副社長兼最高科学責任者)と他の研究者は、コミルナティの有効性評価の欠点についてEMAに請願した(2020/12/01)340。したがって、「BNT162b(「ファイザーワクチン」)のフェーズII/III試験の現在の試験デザインは、有効性を正確に評価するのに不適切である」、と述べている。

その上で、YeadonらはEMAの申請書において、「ACTION REQUESTED 2. BNT162の第III相試験(NCT04368728)は、その試験デザインが修正されるまで中止すること。ファイザー社製ワクチン、またはPCR結果が感染の主な証拠となる他のワクチンについて、EUAまたは無制限ライセンスが発行される前に、第3相または第2/3相試験でワクチン効果を決定するために使用されたすべてのエンドポイントまたはCOVID-19症例は、いくつかの試験で使用された高いサイクル閾値を考慮して、サンガー配列決定(「試験したサンプルが実際に、固有のSARS-CoV-2のゲノムRNAを含むことを確認」)によって感染状態を確認すべきである。”と述べた。

2020年1月からSARS-CoV-2の診断に世界中で使用されたPCR法は、急遽「査読付き」のCorman-Drostenプロトコル(つまり、。24時間、「Received 2020 Jan 21;Accepted 2020 Jan 22.」)341、査読前(2020年1月17日)にWHOのウェブサイトからダウンロード可能だった342。このプロトコルについて、専門科学者の国際コンソーシアムは「重大な欠陥」があるとし、ジャーナル撤回を請願し343、その審査報告「External peer review of the RT-PCR test to detect SARS-CoV-2 reveals 10 major scientific flaws at the molecular and methodological level:consequences for false positive results」が添付されている。344これらの専門家によれば、この検査法は「SARS-CoV-2に起因する感染とCOVID-19という病気に関連する感染の世界的な誤診」につながった。

このWHOが推進するCorman-Drosten PCR基準プロトコルは、45サイクルの閾値を推進した345,346。この専門家の国際コンソーシアムによると、サイクル閾値(Ct)値35サイクルの後に陽性と評価されたPCRデータは全く信頼できない(「ヨーロッパと米国のほとんどの研究所におけるように」)347、なぜならこれが97%以上の偽陽性例を生み出すことが分かっていたからである348。この最後に引用した論文によると、「Ct=25では、最大70%の患者が培養で陽性のままであり、Ct=30では、この値は 20%に低下することが観察される。Ct=35では、PCRの陽性結果を報告するために使用した値で、培養の3%未満が陽性となる」さらに、ある系統的レビューでは、PCRで特定されたRNA断片ではなく、完全な生きたウイルスがウイルス感染に必要であることを思い出させながら、サイクルの閾値が高いものは感染力を持ちそうにないと結論付けている349。

私は、WHO事務局長Tedros Adhanom Ghebreyesus(2020/03/16)が、「私たちはすべての国に対してシンプルなメッセージがある-テスト、テスト、テスト」(すなわち。これらの高い偽陽性PCR症例発生装置を使用すること)350その1年もしないうちに、WHOは偽陽性データの発生を最小限に抑えるためにPCRプロトコルの勧告を修正した(2021/01/13)。351残念ながら、その時までに、このWHOが推進したオリジナルのコーマン・ドロステン高偽陽性PCRプロトコルは、2020年の世界および国内の症例診断に使われ、旅行制限、ロックダウン、社会的距離、マスク着用、労働力の閉じ込め、経済活動の閉鎖などの政策の正当化に用いられ、その後、2020-21に世界中の低リスク層へのワクチン接種を誘導し義務付けるために使われてしまったのだと私は考えている。

私の考えでは、この高い偽陽性PCR問題(私はこれをインチキCOVID-19症例発生装置と呼んでいる)と生ウイルス確認の失敗により、3,410例の疑いあり未確認症例と有効性計算から除外された偏った371名のプロトコル逸脱者を考慮せず、大幅にフィルターされた170名の被験者におけるコミルナティ第3相臨床試験の有効性データが無効となる可能性があったのである。つまり、私は、コミルナティが主張するEUA承認時のワクチン有効性95%には、全く自信がなかったのである。

余談であるが、2021年2月12日、そしておそらく2021年8月17日、情報公開(FOI)要求に対する保健省の回答からは不明であるが352、ニュージーランドはまだ40というサイクル閾値を使用していた(FOI開示)353。オークランドが2021年8月にロックダウンすることになったあの1件のデルタケースを診断するのにどのサイクル閾値を使用したか、全生ウイルス存在を確認するのに別の診断方法が使われたか(そして2022年の間)知ることは興味深いことだろう。結局、このロックダウン期間中に500万回以上のCOVID-19ワクチン投与が行われた354。

1.5.3 統計分析により、EUA承認時にコミナティが安全でなかったことを確認する

ファイザー社の第III相臨床安全性データを、クラセン博士の論文にあるような統計解析によって再評価すること355で、コミルナティがEUA承認時に安全でなかったことが示された。コミルナティは、プラセボ群に比べ、重度および関連する有害事象を有意に多く発生させた。私の考えでは、2020年12月に世界のメディアを賑わせたコミナティの安全性に関する説明は、改竄可能なものだった。

私は、コミルナティの第III相試験の公表データを用いて、先に引用したクラセン社の論文に沿った主要な安全性データのグループ分けの統計分析を行った。この解析では、ファイザー社がEUA承認の根拠とした非盲検試験期間の2カ月間の安全性中間データを使用した(補足表S3、S4,356 CCCA slides 11-12357)。関連するAE(医師評価、プラセボ1,311名、コミルナティ5,241名、4.0x)、重度のAE(身体機能に支障、プラセボ150名、コミルナティ262名、1.8x)、重度のAE(A&E出席または入院、プラセボ116名、コミルナティ127名、1.1x)、死亡のデータ(プラセボ14名、コミルナティ20名、1.4x)について評価が行われた。独立性のカイ二乗検定を用い、コミルナティと有害事象のカテゴリーとの関係を検討した。関連する重篤な有害事象および死亡の割合(症例数をコホート合計で割ったもの)は、コミルナティ投与群で予想より高く、プラセボ投与群で予想より低いことが示された。これらの差は、重度および関連するAEで非常に有意であった(p<0.00001)。重度および重篤なAEは、ファイザー社がFDAに提出した90日間の承認後AEレポート(1.3.1項)で優先的に扱ったタイプである。なお、FDA、EMA、TGAの各審査資料には、病態メカニズムによるAEの再分類を含むこの種の統計解析は行われていない。

1.5.4  FDAが承認したコミルナティの第3相臨床試験デザインによる安全性への影響

EUA承認の根拠となったFDA承認のコミナティの第3相臨床試験デザインの安全性に関する結果の1つは、予測可能な発症メカニズムを検出するためにバイオマーカーアッセイが使用されたという証拠が示されていないことだった。このような使い方をすれば、予測可能な安全性の問題や不顕性疾患、併存疾患を対照臨床環境下で検出できた可能性がある。専門家によれば、バイオマーカーアッセイは、凝固/血液凝固問題(すなわち、D-ダイマー、その他)、内皮障害(すなわち、オクルディンおよびクラウディン)、炎症反応(C反応性タンパク質、炎症性サイトカイン)、心臓障害(トロポニン)、自己免疫疾患マーカー(すなわち,言い換えれば、バイオマーカーは、1.3節で詳述したように、予測可能な発症メカニズムに使用されるべきものであったということである。また、非盲検下での長期の臨床試験期間中にADEを検出するためのアッセイも使用されるべきであった。さらに、私や他の研究者の見解では、ADE、VAED、および抗原性刷り込みの実質的なリスクに関する情報は、臨床試験のインフォームドコンセントの重要な部分であるべきだった。

カナダのCovid Care Alliance(CCCA)は、幼児へのCOVID-19ワクチン使用をサポートするために使用されたものを含むコミナティの臨床試験の主な欠点と考えられるものを見事に要約した(Pfizer:「利益よりも害」)360。CCCAは、臨床エンドポイントの提案を追加し、私の考えでは、有効性と安全性に関する重要な未解決問題に答えるであろう有益な代替臨床試験デザインを提供してくれた。

  • (1) COVID-19とコミナティの併用投与歴がないこと。
  • (2) COVID-19+プラセボ投与歴なし(安全性と有効性の比較評価)。
  • (3)既感染者+コミルナティ(すなわち、有効性効果またはワクチン誘発性病態を理解するため)。
  • (4)既往感染者+プラセボ(自然免疫防御力の比較評価)。ファイザー社が最後の2つの試験群を省略したことは、(再)感染に伴うワクチン誘発性病態(すなわち、ADE/VAED)の評価とコミナティと自然免疫の比較を回避したことを意味する。

地域社会に関連した疾病予防のエンドポイント(次を参照)の評価に加え、私の考えでは、この研究はウイルス感染(すなわち、全ウイルスゲノム配列決定、ウイルス培養)、ウイルス負荷、ウイルス排出を確認すべきだった(M. Yeadonも)361。これにより、ワクチンのSARS-CoV-2感染予防能力、ウイルス負荷と感染の減少、予防期間の確認を行うことができただろう。

コミュニティCOVID-19疾患の人口統計学的負担に基づき、ファイザー社の研究は最も適切なリスク集団(すなわち、複数の合併症を持つ高齢者)を優先していなかったというのが、CCCAと私の見解であった。1.1.3-4節では、COVID-19による死亡と入院のほとんどをワクチン接種を受けた高齢者が占めており、高齢者のリスク要因が確認されている。1.3.3節のメカニズム1では、COVID-19の重篤な転帰に関連する最も一般的な併存疾患と最大の危険因子(すなわち、高齢者、心血管、呼吸器、脳および腎システムに関連する併存疾患、肥満、および糖尿病)が確認されている。しかし、ファイザーの第3相試験において、75歳以上の高齢者は被験者のわずか4%であり364,1つ以上の合併症を持つ被験者は21%に過ぎなかったため、高齢者は優先的に考慮されなかった。その代わりに、コミナティの使用や有害事象の発生がより少ない(すなわち、既往症や併存疾患が少ない)若年層が優先的に採用された365。

EUA実施後、コミルナティの第3相臨床試験を28カ月早く盲検化解除した(すなわち、コミルナティをプラセボ群に投与した)重要な結果は、コミルナティ群とプラセボ群の間のワクチン効果、ワクチン誘発性病態およびADEに関する統計的差異を検出する可能性を排除するものであった。このことは、コミルナティの第3相安全性評価を根底から覆すことになると私は考えており、このニュースが発表されたとき、私は強く疑った。私の考えでは、コミルナティの安全性の主要評価項目は、COVID-19の重症化に関連する疾患を併発した高齢者(すなわち、最もリスクの高い人、1.3.3メカニズム1項)を優先した試験において、感染・伝播防止と、0日からのCOVID-19疾患、死亡、ワクチン有害事象(A&E訪問、入院、疾病期間、症状スコア等)の両方をプールした全原因疾患罹患の両方にすべきだったのである。

その結果、もしFDAがファイザーに対し、その第3相Comirnaty試験において、重度のCOVID-19転帰に関連する複数の最も一般的な併存疾患を持つ高齢者を優先し、バイオマーカーを使用するよう主張し、ファイザーが28カ月早く試験を盲検化することを許可しなければ、EUA後にワクチンによる害を否定する能力あるいはワクチン関連死亡をワクチン接種によるものではないとして記録する能力を防ぐことができたはずだ(すなわち、医療機関、検視機関およびファーマコヴィジランスユニットによるものである)。しかし、このような明らかな第3相安全性監視の欠点を許したのは、FDAやその他の規制当局であった。

2  SARS-CoV-2の特徴は、自然界には存在しない感染力増強機能獲得技術である

SARS-CoV-2の起源がコロナウイルスと推定されることを詳述し、武漢ウイルス研究所(Wuhan-IV)以外の起源が考えられることを強調する理由は主に2つである。第一に、ワクチン接種前の未接種者の高い感染力(12/2021)とワクチン接種者の抗体依存的なウイルス感染促進による感染率の向上は、遺伝子組み換えのSARS-CoV-2スパイクプロテイン(すなわち、受容体結合ドメイン、およびN末ドメイン)により促進された可能性があることである。第二に、もしWuhan-IVからSARS-CoV-2前駆体が偶然に放出されなかったとすれば、世界は将来のパンデミックに対して脆弱なままである。

このセクションでは、人獣共通感染症に関する確たる証拠の欠如、SARS-CoV-2における進化的に前例のない機能獲得、SARS-CoV-2の起源の隠蔽、および関与した主な機能獲得研究ネットワークと資金提供者について詳述する。これは、Wuhan-IV以外のSARS-CoV-2の他の起源の可能性についての洞察を与えるものである。つまり、以下の内容は確定的なものではなく、非難するものでもなく、情報共有に基づいて提供されるものである。私の考えでは、これは主流メディアと政府のシナリオが避けてきた常識的な知識である。したがって、もし国防総省とNIHが資金提供したコロナウイルスの機能獲得と人獣共通感染症の専門家が、SARS-CoV-2の機能獲得起源を隠蔽しようとしたことが明らかになれば、彼とその1度下のつながり(すなわち、武漢-4、チャペルヒルのノースカロライナ大学、メタビオタ、WHO)を正当に精査して何がわかるか調べたのであろう。私は、COVID-19の起源が国際的な犯罪現場になりうるかのように調査されなかったと結論づけた。

米国下院外交委員会報告少数スタッフ調査報告書(HFACR)「COVID-19世界パンデミックの起源、中国共産党と世界保健機関の疑惑の役割を含む」366と「COVID-19の起源:武漢ウイルス研究所の調査」367、さらにCOVID-19起源証拠出版物は非常に参考になる参考文献である368。しかし、私の考えでは、HFACRの報告書は多くの事実に基づくデータ、情報、証拠を提供しているが、結論は政治的な動機によるもので、交絡する問題を反映していない可能性がある。

2.1  SARS-CoV-2の人獣共通感染症(ウイルス原遺伝子または動物宿主)に対する確たる証拠はない。

SARS-CoV-2の最も近い既知の新型コロナウイルスB系統のコウモリ由来RaTG13株とBANAL-52株の間には、著しい進化のギャップが存在する(すなわち、平均遺伝子類似度が約96%)369。これは数十年にわたる進化の分岐を意味する370,371。マレー・パンゴリンから分離されたコロナウイルスは、SARS-CoV-2と同じスパイクプロテイン受容体結合ドメイン(RBD)配列を共有しており、パンゴリンは、より詳細に調査されるまでコウモリと人間の間のSARS-CoV-2宿主として機能していた可能性があることを示唆している。しかし、SARS-CoV-2とは異なり、現在までに確認されているすべてのセンザンコウロウイルスには、S1とS2のサブユニットの間に、独自にコードされたアルギニン-ダブレットを含むフーリン切断部位がない。同時に、パンゴリンには前駆ウイルスが見つかっていない。このことは、パンゴリンがSARS-CoV-2の起源でないことを示唆している373。

華南海鮮市場やその取引先で動物を徹底的にサンプリングし、中国の31省から8万点の野生動物(パンゴリンを含む200種以上の動物)、家畜、家禽のサンプルを検査したにもかかわらず、ウイルスやSARS-CoV-2特異抗体が陽性となるものはなかった。374私の考えでは、遺伝的に近い動物由来SARS-CoV-2の前駆動物と関連動物宿主がない以上、COVID-19大流行の動物由来という証拠はゼロなのである。

SARS-CoV-2の特定で有名な科学者、Zheng-Li Shi博士によると、最も近い親戚はコウモリコロナウイルスのRaTG13で、これはSARS-CoV-2と全ゲノムレベルで96.2%同一であった。SARS-CoV-2のスパイクプロテインをコードするS遺伝子とRaTG13は、他のコウモリのSARSr-CoVよりも長いことから、関連性がある可能性が示唆された。しかし、RaTG13はフーリン切断部位、SARS-CoV-2に似た受容体結合ドメイン(RBD)を持たず、ヒトACE2にも高い親和性で結合しない。375 SARS-CoV-2とSARS-CoV-1のS遺伝子の大きな違いはN末ドメインに3つの短い挿入があることと受容体結合ドメインにある5つの主要残基中4つが変わっていることだった376。

コウモリの人獣共通感染症に由来すると主張するShi博士の時間をかけた研究成果は、中国の国家衛生委員会がヒトからヒトへの感染を確認したのと同じ日(2020年1月20日)にNature誌に投稿された。Shi博士は、RaTG13がShiらが2012-2013年に発見したID4991,377であることを明らかにし、彼らのコウモリ・ズーノーシス由来の物語を導く補遺を発表せざるを得なかった378現実には、全ゲノム配列は2018年に得られ、2020年1月の記述通りではなかった。そのミスリードで、Shi博士は何かを隠蔽していたのか、そしてそれはSARS-CoV-2由来と関係があったのか。以下のプレプリントは、Shi博士の追記を必要とした争点について詳述し、「この論文は、コウモリコロナウイルスとSARS-CoV-2を早急に関連付け、コウモリからヒトへのSARS-CoV-2動物原性感染を支持するために、コウモリ起源の可能性を描くために急いだ」と結論づけた379。

遺伝的に類似したコウモリのSARSr-CoV(すなわち>>96.2%)とそのSARS-CoV-2前駆ウイルスを保有するコウモリの宿主が確認されていない中、Shi博士らがどのようにコウモリと地元のHuanan水産市場との推測的な動物原性関係を作り上げたかを理解することは重要である。最初にShi博士は、「これまでの研究で、いくつかのコウモリのSARSr-CoVはヒトに感染する可能性があることが示されている”と述べている。その引用された発言を裏付ける3つの研究のうち2つは、Wuhan-IV、ノースカロライナ大学チャペルヒル校などが行ったACE2受容体を発現するヒト細胞株を用いたコロナウイルス機能獲得研究に基づいており、いずれの場合もRalph Baricが責任著者となっている380,381。3つ目の引用文献は、コウモリのSARSr-CoVとSARS-CoV-1の人獣共通感染症(ACE2受容体を介したもの)の間のリンクを作成し、これはWuhan-IVに所属し、対応著者としてShi博士とDaszak博士、その他がいる。382 2番目の推測的人獣共通感染症のリンクは、「初期の患者のほとんどは元の水産市場と接触の履歴を持っていると見られる」という不確かで不明瞭な引用によって作成された。

私の考えでは、これらの先行引用文献は、華南市場のコウモリの人獣共通感染症に関する確たる証拠は何もなく、むしろ米中コロナウイルス機能獲得研究ネットワークの主要な主役を浮き彫りにしたものである。武漢ウイルス研究所(Dr. Shi et al.)や中国のその他の研究機関、ノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNCCH,Dr. Ralph Baric et al.384,385,386,387)は、コロナウイルスの機能獲得に関する世界的な研究拠点として知られていた。389,390,391,392,393,394,395 NIHは、Dr. Baricの機能獲得研究、動物由来研究、その他の研究に、1986年から1億6千万ドルを超える資金を提供しており、彼はコロナウイルスの機能獲得に関するエキスパートとして、ほとんど他に類を見ない存在となっている396。この共同ネットワークの研究の多くは、ヒトに感染しないコロナウイルスのスパイクプロテインを改変し、人獣共通感染症の発生を必要としないようにすることに焦点を当てたものであった。

2.2  SARS-CoV-2のスパイクプロテインは、ヒトへの感染力と病原性を強化する機能獲得技術を持っていた。

研究者たちは、SARS-CoV-2の潜在的な起源種を理解するために、SARS-CoV-2のスパイクプロテインが様々な動物種のACE2受容体にどのように結合するかを調べた。驚くべきことに、SARS-CoV-2のスパイクプロテインは、ヒトのACE2受容体に最も強く結合することがわかった(2019年12月株、ヒト>センザンコウ>イヌ>サル>ハムスター>フェレット>ネコ>トラ>コウモリ>ハクビシン>ウマ>ウシ>ヘビ>マウス)。通常、人獣共通感染症ウイルスは、変異的に適応するまでは、元の宿主種に対して初期に最も高い結合親和性を示し、新しい宿主種の受容体に対しては初期に低い親和性を示すとされている。本研究の結果は、SARS-CoV-2スパイクRBDが、センザンコウ、コウモリ、マウスのACE2受容体ではなく、ヒトに似たACE2への選択によって進化したことを示唆している397。この論文の最初のプレプリントバージョンではさらに、「データは、SARS-CoV-2がヒトに感染するために独自に適応していることを示し、それが自然界で稀な偶然の出来事によって生じたのか、それともその起源が他の場所にあるのかについて、重要な問題を提起している」398と結論づけている。31/01/2020),399しかし、この暫定的な見解は、彼らの権威あるNature Medicineの出版物「The proximal origin of SARS-CoV-2」において変更された400.

SARS-CoV-2は遺伝子組み換えマーカーがないため、人間が作り出したものではないという主張は、2つの点で根拠がない。第一に、Ralph Baric博士らは 2005年の時点で遺伝子組み換えの痕跡を残さないとされる方法を作り出しており、2016年までにWuhan-IVの科学者はその能力を獲得した(2001-2016)。401,402,403,404,405 SARS-CoV-2のフーリン切断部位と以下に述べるその他の機能配列は、確立した特許ノウハウ(2005)406と、先に引用した痕跡のない遺伝子改変と組み換えコロナウイルス法、および4000以上のコロナウイルス特許がカバーするその他の特許手法の組み合わせで追加できたはずである407。第二に、最近のプレプリントによると、SARS-CoV-2ゲノムは、ユニークな制限酵素認識部位のパターンを含んでおり、逆遺伝システムおよび合成ウイルスに典型的なウイルスゲノムの効率的な分解再アセンブリを可能にしている。このことから、SARS-CoV-2は実験室で作られた感染性クローンであろうと結論づけられた408。

SARS-CoV-2のスパイクプロテインとその受容体結合ドメイン(RBD)には、(1)すべてのB系統のベータコロナウイルス(すなわち、フーリン切断部位、FCS)、(2)すべてのコロナウイルス(すなわち、HIV-1の配列)の中で進化的に前例のないいくつかのユニークな生体分子的特徴がある。HIV-1配列)、または(3)すべてのウイルス、およびフーリン切断部位を含むことが知られているすべてのウイルスにおいて(すなわち、より長い核局在シグナルモチーフの中に含まれる独自にコードされたアルギニン二重鎖からなる2in1 FCS。FCSを含みかつ隣接するウイルス前例のない19ヌクレオチド配列の逆相補体である19ヌクレオチド配列を含むモデルナ特許の人工配列。)。これらの特徴(以下に引用)は、ヒト-ACE2-受容体結合親和性をヒトに感染するSARS-CoV-1(2002)よりも10-20倍増加させ、その感染性と病原性に不可欠であった409、410スパイクプロテインとそのRBDは、少なくとも2015年からピーター・ダザック博士(エコヘルス同盟)、ラルフ・バリック博士と同僚、ジング・リ・シ博士などの研究者が遺伝子改変と置換を行っているウイルスの部分と同じものである。

2.2.1  SARS-CoV-2スパイクプロテインのユニークな2-in-1 フーリン切断部位と核局在化シグナルは自然界では前例がなく、特許を侵害する可能性がある。

SARS-CoV-2の前駆体にフーリン切断部位が追加されたのは、高病原性HIV、エボラ、マールブルグウイルスが自然に使用していることにヒントを得た可能性がある。411 フーリンは細胞膜結合型プロテアーゼで、スパイクプロテインS1およびS2サブユニットをFCSで切断してACE2媒介の細胞侵入を可能にするためにSARS-COV-2に利用される。413,414血清中のフーリンレベルの上昇は、肥満や糖尿病の患者、男性、高齢者において顕著であり、これらは最も一般的な併存疾患であり、COVID-19の重症化に関わる最大の危険因子である。このように、1.3.3メカニズム-1で検討したスパイクプロテインの発症機序は、furinとACE2-受容体の発現上昇に加え、3因子共通の組織や臓器に蔓延する合併症を中心に据えている。同時に、SARS-CoV-2は、他の特徴の中でも、遺伝的に挿入されたfurin切断部位を提供し、感染性と病原性を触媒して強化した。

2018年、Daszak博士(EcoHealth Alliance)は、波及力のある遺伝子組み換えコウモリSARS関連コロナウイルス(SARSr-CoV、Project DEFUSE)を作成するために米国国防高等研究計画局(DARPA)から資金調達をしようとした。Daszak博士は、「SARS-CoVのすべてのS遺伝子配列を解析し、S2に適切に保存されたタンパク質分解切断部位と、潜在的なフーリン切断部位の存在を確認した」後、コウモリSARS様コロナウイルスのスパイクプロテインにヒト特異的プロテアーゼ切断部位を移植し、ヒト細胞系での増殖能を評価しようとしたのである。Daszak博士は、受容体結合ドメインとN末端ドメインの変更を含む、複数のヒト用コドン最適化SARSr-CoVを作成し、その感染性と病原性の変化について評価することを計画した(13,17ページ)。彼は、特にBaric博士とShi博士に仕事を外注する予定であった(pg.3)。415 Daszak博士のプロジェクトDEFUSEの資金提供申請は、機能獲得/二重使用研究に関わるため、安全性の懸念からDARPAによって拒否された。「EcoHealth Allianceは、P3COフレームワークの制限と関連するDURC制限を回避しようとする意図的に見える、ヒトに進化したSARS-CoVではなくコウモリSARS-CoVバックボーンを使用しようとしたが不合格になった」416。

SARS-CoV-2のFCSは、プロリン・アルギニン・アラニン(CCT.CGG.CGG.GCA PRRA)をコードする12塩基配列内のアルギニン2コドン(CGG.CGG)から構成されている。FCSは、すべてのB系統のβ-コロナウイルスにおいて進化的に前例がないが、417,418,419,420,421は、CGG-CGGにコードされたアルギニン二重鎖を含むFCSが、すべての既知のウイルスFCSにおいて前例がないことを意味している。さらに、SARS-CoV-2スパイクプロテインの42個のアルギニンアミノ酸のうち、2個のアルギニンだけがCGGコドンによってコードされており、これはFCSをコードするアミノ酸である422。このことから、SARS-CoV-2のFCS獲得メカニズムとして、ウイルス組み換えはおそらく除外でき、ヒトゲノム由来(すなわち、機構論的には可能)か、CGG-CGGコードしたアルギニンFCSを特に欲するヒトによる由来であることがわかる。

この特許は、2013年にさかのぼる他の4つの特許の継続特許である。424 5つの特許すべてに共通するのは、少なくとも1つのタンパク質切断シグナルおよび/または部位からなる腫瘍関連ポリペプチドで、フーリン切断部位の使用を指定している。この特許は、遺伝子発現をダウンレギュレートすることができる標的配列に相補的なシード領域を含む19〜25ヌクレオチド長の非コードRNAからなるマイクロRNAシード相補部位も対象としている。モデルナのUS9587003B2における特許配列リストには、5′-CTACGTGCCCGCCGAGGAG-3′(SEQ ID11652,Ambatiらのnt 2733-2751)からなる人工配列断片が記載されていることが判明した。425,426これはCTCCTCGGCGGCACGTAGの逆相補体であり427、PRRA furin切断部位をコードするヌクレオチド23601-23619からのSARS-CoV-2 Wuhan-Hu-1株と100%マッチする(CCT.CGG.CGG.GCA)428この19塩基配列はBLASTデータベースにおいてSARS-CoV-2を除いて哺乳動物またはウイルスゲノムに先行するものが存在しない。この配列が30,000塩基のウイルスゲノムにランダムに存在する確率は3.21×10-11と見積もられている(Ambati et al)。

さらに、この「PRRA」フーリン切断部位(細胞侵入)は、より長い機能的核局在シグナル(NLS)配列「PRRARSV」内に包含されている。このNLS配列は、SARS-CoV-2スパイクプロテインが、感染した気道上皮細胞において核内に移動することを可能にする。また、スパイクmRNAを核内に移行させ、場合によっては全ゲノムに移行させる可能性もある。このスパイクプロテインの核内移行は、すべてのコロナウイルスに前例がなく、新しい病原性の特徴を示している(preprint)。429このように、FCSを含むCGG-CGGにコードされたアルギニンダブレットは、既知のすべてのウイルスにおいて前例がなく、長いNLS配列に内包され、集合的に2in1の感染性・病原性強化機構を提供するのだ。その確率は?自然か、それとも機能獲得か?

もし将来のCOVID-19多系統ワクチンがまだWuhan-Hu-1株を含んでいるとしたら、その技術的動機を考えてみてほしい。ワクチン設計と抗原組成は、常に科学的に正当化されなければならない。武漢-Hu-1ワクチン株の感染や疾病に対する防御能力は、抗原的に異なる株(すなわち、オミクロン変種や懸念される新しい変種)では、限界的な否定的なものになる/なるであろう。また、新しいワクチン株は抗原性インプリンティングの問題に直面し、疾病予防の効果が損なわれる可能性が高い(1.1.8項)。Wuhan-Hu-1の将来のワクチンへの組み込みは、この変異していない多機能PRRARSV感染性-病原性増強配列が、他の変異していないスパイクプロテイン機能獲得型感染性-病原性増強配列とともに保持されることを確実にするものである。Wuhan-Hu-1が将来的にワクチンに含まれることを強く疑ってかかること。

2.2.2  SARS-CoV-2はHIV-1の配列を持ち、ACE2以外の細胞侵入機構のうち、HIV-1と同じリンパ球侵入経路を利用する。

2つの研究グループがSARS-CoV-2にHIVの塩基配列を同定した。1つのグループはスパイクプロテインに4つのHIV-1の挿入(すなわちgp120、Gag)を確認した(PDF参照-打ち切り前に入手430)。これらの配列は、すべてのコロナウイルスの系統において進化的に前例がない。これらの挿入は一次配列では非連続的であるにもかかわらず、3Dモデリングによって、受容体結合ドメインの形成に役立っていることが明らかになった。著者らは、「2019-nCoVスパイクプロテインの4つの挿入部すべてが、無関係のウイルス(HIV-1)の2つの重要な構造タンパク質と偶然に一致したとは考えられない」と述べている431。ノーベル賞受賞者のLuc Montagnier(すなわちHIV発見者)を含む別のグループは、SARS-CoV-2のWuhanゲノムの2.5%が、Env、Pol、インテグレース遺伝子から18〜30塩基長の16種類のHIV1、HIV2、SIV断片でできていたことを発見している。これらの断片のうち12個はORF1abとスパイクプロテイン遺伝子に集中していた。著者らは、ゲノムが改変されたことを示唆した432,433。

これらのHIV-1 gp120の挿入は、SARS-CoV-2がリンパ球機能関連抗原-1(LFA-1)経路を利用して活性化CD4+T-リンパ球に感染し、プログラム細胞死またはアポトーシスを引き起こす能力を説明するかもしれない。興味深いことに、武漢ウイルス研究所のZheng-Li Shi博士が、このLFA-1経路に関する論文の共著者である。LFA-1経路は、HIV-1が活性化CD4+T-リンパ球に感染するために使用する経路と同じであり、最終的に後天性免疫不全症候群またはAIDSを引き起こすことになる。435,436重症のCOVID-19疾患は、入院患者の60〜70%において、リンパ球の著しい減少(すなわちリンパ球減少症)と関連しており、致命的な感染症はより重症で進行性のリンパ球減少症と関連していた。437,438もしこのCD4+T-リンパ球の侵入経路が有効であれば、SARS-CoV-2感染者が長期的にはエイズ様症状を発症するシナリオが推測できる(つまり、時間が解決してくれる)。

2.2.3  SARS-CoV-2がマウスで猛烈に進化した結果、オミクロン(トランスジェニックマウス?)

驚くべきことに、SARS-CoV-2オミクロンの前駆体は、2020年半ば頃にヒトからマウスに「ジャンプ」し、前例のないレベルの45ポイントの突然変異を急速に蓄積し、ヒトへの感染力と伝播力を強化した上で再びヒトに「ジャンプ」するという、分子学的にマウス進化の時期と一致している証拠がある439)。440,441結果として、オミクロンの受容体結合ドメイン(RBD)は、オリジナルのWuhan-Hu-1株の2.4倍の親和性でヒトACE2受容体に結合するようになった。同時に、RBD特異的な中和抗体も結合親和性を低下させている。また、オミクロンの細胞侵入プロセスに根本的な変化が見られるという証拠もある442。私の考えでは、もしこの研究が結論において妥当であったとしても、誰かがこのパンデミックを操作していることに大きな疑問を投げかけるものだと考えている。

Daszak博士はまた、Wuhan-IV(NIHとの共同研究)と協力して、免疫調節性のORFXアクセサリータンパク質を組み込むことによって、コウモリSARSr-CoVに対する防御免疫反応を阻害する方法を開発した。これにより、その感染力と病原性が高まった。この遺伝子改変は、組換えウイルスゲノムに分子的痕跡を残すことなく行われた443。米国下院外交委員会少数スタッフの調査によると、4つの痕跡のない組換えウイルス株が「これらの株がヒト細胞株、ハクビシン、コウモリに感染し、ACE2を利用するかテストした」とZengの博士論文が引用されている444。機能獲得研究者はまた、ヒトACE2受容体を発現する試験管内試験システム(すなわち連続継代)やトランスジェニックマウス(ヒト化ACE2)を用いて、SARS-CoV-2のヒトへの適合性を訓練した445,446,447。

2.3 SARS-CoV-2の起源を適切に調査するための隠蔽と失敗

US Right to Knowが情報公開で入手した電子メールは、27人の著名な公衆衛生科学者が執筆したLancetの「COVID-19は自然起源ではないとする陰謀論」448を非難する声明が、Daszak博士によって支持・編集されたことを示している(「Please note that COVID-19 doesn’t have a natural origin」449)。449,450,451 Daszak博士は、Ralph Baric博士らと交わした電子メールの会話で、「昨晩、私たちが送った声明についてLinfaと話をしたんだ。彼は、あなたも私も、そして彼も、この声明に署名すべきではないと考えている。そうすれば、私たちとの間に距離ができ、したがって、逆効果になるような働きはしないだろう。” “そして、私たちの共同研究に結びつかない形で出すことで、独立した声を最大化させる。” 452 2020年2月のLancetの声明では、著者は「競合する利害関係がない」と宣言したが、Daszak博士とWuhan-IV機能獲得研究との関連について世間が懸念した後、「Lancetは手紙の著者27人に競合する利害関係を再評価するよう求めた」453このLancet調査は多数の署名者がWuhan-IVと関連していたため終了された454,455。

Daszak博士の機能獲得研究の隠蔽に関するもう一つの事実として、Daszak博士が米国科学技術アカデミー会長から送られた手紙を編集したことを明らかにする情報公開メールがある。その中には、「専門家の初期の見解では、入手可能なゲノムデータは自然進化と一致しており、このウイルスがヒトの間でより速く広がるように設計されたという証拠は今のところない」という一行が含まれていた。456またDaszak博士はパンデミックの始まりに、Anthony ファウチ博士に対して、COVID-19が研究所由来だという主張を公に否定したことに感謝するメールを送った(1150ペ-ジ)。).457

これらのことは、エコヘルス・アライアンスやその仲間がSARS-CoV-2の前駆体を作ったことを証明するものではないが、ダザック博士が、人獣共通感染症なしにコウモリコロナウイルスを人間に感染させることを目的とした機能獲得研究での彼や他の人々の役割を積極的に隠蔽しようとしたことを示すものではない。Daszak博士の共同研究は、主に米軍と政府機関から資金提供を受けていた(2.4.1項)。

様々な起源に関する隠蔽工作に加えて、COVID-19の起源の物語も、公に改ざんされるにつれて順次変遷してきた。この進化する検閲メディアシナリオは当初、武漢華南市場の人獣共通感染症の証拠がゼロであるにもかかわらず、自然起源を主張し、機能獲得起源(すなわち、Daszak博士らによる陰謀とされる)の可能性を隠蔽していた。その後、発生が武漢で最初に公式に診断されたことから、武漢-IVからの偶発的な放出であるとするシナリオに変更された。しかし、もしRaTG13が武漢IVが研究していたSARS-CoV-2に最も近い遺伝子親和性(すなわち96.2%の相同性)であれば、武漢への偶発的放出ではSARS-CoV-2の起源を説明できないことになる。結局、最後の3.8%の配列相同性、高親和性スパイクプロテイン-hACE2結合、アルギニンFCSと核局在シグナルをコードする2in1ダブルCGGコドンなどが、どのようにして付け加えられたのかを分子レベルで詳細に説明する必要がある。

SARS-CoV-2の起源は武漢-IV以外にあり、あらゆる可能性を考慮すれば、中国国内でも国外でも発生しうるという理論的な見方が提起された。武漢での偶発的な放出の可能性に対する中国共産党(CCP)による隠蔽工作の疑惑は無視されるべきではないし、罪を示唆するものでもないが(すなわち、HFACR-1:458 pgs.23-37. HFACR-2:459 pgs. 6,19-29,58-59、データベース削除.460. )、2019年10月の武漢軍事世界大会の期間中および終了後のアスリートにおける以前のSARS様症例461,462,463,464,465,466,467および2019年秋のSARS様症状での武漢病院訪問の著しい増加468もそうであってはならない。武漢軍事世界大会へのSARS-CoV-2の輸入の可能性は、これまで前駆ウイルスおよび動物宿主を確認できなかった武漢華南市場放出という偶然と考えられるものをconfoundしている。中国由来の可能性を評価する際には、中国の科学がFCSやNLS、LFA-1などを追加して機能的なウイルスを得るための実証済みの能力あるいは研究意図を持っていたことを示す発表済みの科学がないことも考慮しなければならない。

WHO469,470,471や国連軍縮局(UNODA)472などは、なぜSARS-CoV-2パンデミックの起源を当初からもっと広く(すなわちすべての可能性を)調査しなかったのだろうか?武漢の軍事世界大会でSARSに類似した症例が出現したため、中国以外が起源である可能性もあった。ペンタゴン-NIH-UNAIDから資金提供を受けていたDaszak博士が、1年遅れで中国に派遣されたWHOの11人のCOVID-19発生源調査チームのアメリカ代表として認められたのはなぜか。473 DEFUSEプロジェクトのDaszak博士(すなわち、FCSを意図した)が、SARS-CoV-2(すなわち、FCSを含む)を隠蔽しようとして捕まったことを考えると、DAS-19はSARSの発生源であることがわかる。彼はCOVID-19ワクチン開発に協力するWHOの専門家グループの一人でありながら、The Lancet声明と関連するFOIメールの開示によって機能獲得型起源を隠蔽しようとしていることが判明した(つまり、2020/04/16更新)474、Daszak博士が遅まきながらWHO中国起源調査チームに加わったことで、何らかの利害関係が生じたかどうかを問わなければならない(2020年11月現在)475。

ダザック博士の隠蔽工作の失敗について、博士から1度離れた者を調査するという調査原則を適用すれば、この危険な研究に資金提供したペンタゴン/国防総省とNIH/NIAID、オン/オフショアDoD Biolabs(すなわち、2・4項と安全違反で2019年8月に閉鎖されたフォート・デトリック476)、コロナウイルス機能獲得研究を行っている米国と他の大学(すなわち,ノースカロライナ大学チャペルヒル校など)、武漢-IVと中国の研究関連会社とその資金提供者(つまり、資金提供された国際共同研究を含む)、メタビオタ(2.4項)、WHO(ウクライナ生物脅威削減プログラムにおける国防総省との提携、2.4項など)である。しかし、混乱した状況や他の可能性があったにもかかわらず、中国が非難された。

2.4  SARS-CoV-2の機能獲得にロシア国境沿いの国防総省が運営するバイオラボが関与していたのか?中国はハメられたのか、非難されたのか?

以下の75の引用文献を検討し、上記の問題を振り返ったとき、一つの疑問が湧いた。米国やウクライナを含むロシア国境沿いの国々、ロシア、中国、イラン間の国々で行われたペンタゴンのバイオラボ/生物兵器研究、ペンタゴンが資金提供した機能獲得や動物原性感染症の専門家が、何らかの形で(すなわち、国家的に深く認可されて)別のSARS-CoV-2の起源に関係しているのではないか?言い換えれば、中国はCOVID-19に濡れ衣を着せられ(2014-2017)、非難された(2019)のだろうか?

国防脅威削減局(DTRA)が実施する協力的脅威削減プログラムおよびその子会社の生物学的脅威削減プログラム(BTRP)を口実に、米国国防総省(DOD)はウクライナ保健省と提携して、病原体やバイオテロリストがもたらす脅威の生物学的検出と削減を支援することになった477,478,479。2005年、この口実で、バラク・オバマ上院議員とディック・ルーガー上院議員はウクライナ政府と提携し、危険な病原体の処理と研究のためのレベル3バイオラボをオデッサに建設することを許可した480,481,482関連BTRP契約により、米国は厳格な機密保護を提供しながら、ウクライナがその致命的病原体で何をするかについて国防省に事実上の完全運用支配を与えた483,484。2022年3月現在、BTRPウクライナのパートナーには、WHO、世界動物衛生機関、米国疾病管理予防センターなどの機関も含まれている。485このレベルの国連関連機関や米国国内機関の関与を得るには、ウクライナは戦略的に重要であったに違いない。

このBTRPを口実に、米国防総省は、ウクライナとロシア国境沿いの他の国々(すなわち、グルジア、カザフスタン、タジキスタン、キルギスタン、アルメニア486,487)でバイオラボの大規模ネットワークを運営し、ブラック&ヴィーチ特別事業団(以下、ブラック&ヴィーチ)が主要契約者となっていた。488年、DTRAは生物脅威削減統合契約の一つをブラック&ヴィーチに授与したが、その中にはウクライナ当局との最初のタスクオーダーも含まれた。489それ以来、ウクライナ(1億4020万ドル490,1億1660万ドル491)、カメルーン、イラク、アルメニアなどでバイオラボを建設・運営するために3億3750万ドルの国防総省/DTRA契約を獲得した492,493国防総省/DTRAとロシア防衛省は、米国が2億ドルを投入してウクライナの46のバイオラボを支援したと述べている494,495.

2022年2月、ロシア当局は、米国国防総省とウクライナが、コロナウイルス、インフルエンザ、フィロウイルス(すなわち、致死性の高いアフリカ出血熱)を含む利得機能合成生物技術を使用して、ウクライナで非常に危険な病原体の研究を実施することにより生物兵器条約第1条に違反していると主張した496,497,498,499,500ロシア当局は、これらのプログラムも渡り鳥とコウモリをベクターまたは中間宿主とするウイルス拡散を評価していると主張している。ウクライナも近年、高病原性疾患の不可解な発生に数多く直面している。501,502,503,504ロシア防衛省は、ドンバスでアフリカの珍しい出血性ウイルス、クリミア・コンゴ出血熱、アフリカ豚熱が100倍も増加しているとも報告している505そのアフリカ関連はどのようにして起こったのか?

2022年10月25日、ロシアは、米国とウクライナがウクライナで禁止されている生物学的活動に参加したとする条約第6条に基づく公式な訴状を提出した。ロシアがウクライナで行った特別軍事作戦の間、一部はこうした侵略を意図した生物実験室が動機となって、「ウクライナ領土における米国とウクライナの軍事生物活動の本質を明らかにするさまざまな文書と証拠」、および米国とウクライナの生物兵器条約の条項の不履行を入手したのである506。507真剣な調査が行われていないように見えるこの間に、NATOは何百億ドルもの不換紙幣を軍事援助して、世界の地政学、エネルギー供給、経済を不安定にし、核瀬戸際政策を引き起こすロシアとの代理戦争に資金を供給してきたのだ。ウクライナにおける国防総省の生物学的脅威削減プログラムとのWHOの提携は、ロシアの主張と彼ら自身の遅れた中国由来の調査を行う国連にとって、何らかの利害の衝突を生じさせたのだろうか。

2.4.1 EcoHealth Alliance(Gain-of-Function,Cover-up)からハンターバイデンの一部所有のMetabiota、オフショア生物研究所(ウクライナ、カメルーン)までのペンタゴン資金を追う。

このセクションは、以前に議論した、暴露された隠蔽工作から1度離れたお金を追うという調査原則も適用する。そこには非難する意図はなく、単に、主流メディアの物語からほとんど逃れてきた、より広い関連する事実を人々に評価させる動機があるだけである。Daszak博士の機能獲得/ズノーシス研究の共同研究は、主にDoD/DTRA、NIH/NIAID、USAID PREDICTから資金提供を受けている。USASpending.govによると、Daszak博士は、コウモリコロナウイルス出現研究(すなわち、2014年から)、コウモリ由来および他の人獣共通感染症潜在ウイルス(Henipaviruses)、重症出血性疾患(すなわち,508 NIHとEcoHealth Allianceは、なぜ武漢-IVでのコロナウイルス機能獲得研究に資金を提供したのだろうか?これは、米国政府がSARS-CoV-1とMERSの機能獲得研究に対する2014年から2017年の短期間(つまり、なぜそんなに短いのか)のモラトリアムを回避するためだったのか509,510それとももっと戦略的な理由があったのだろうか?

USAIDのPREDICTプロジェクト(Emerging Pandemic Threats program 2009)では、EHAとMetabiotaがコア実施パートナーとして記載されており512,513、その後継のGlobal Virome ProjectではDaszak博士とMetabiotaの最高科学責任者がリーダーシップチームとして記載されている514。EHA、Metabiota、Wuhan-IV(Dr. Zhengli Shi)の研究者は、中国のコウモリ感染症に関する研究で共同研究を行った515。同様に、EHAとMetabiotaは、コロナウイルス多様性のグローバルパターン(2017)、516アフリカコロナウイルス監視(2006-2018)、517中国野生動物-ズーノーシスリスク、518ウイルス多様性、519ヘニパウイルス、520エボラ、521ヘルペス、522コウモリのフラビウイルスなどの多くの研究で協力した。523この共同研究は、USAID PREDICTプロジェクト、Google.org、Skoll財団およびRockefeller財団、DoDからさまざまな資金提供を受けている524。

Metabiotaは、パンデミック追跡・対応企業で、パンデミック保険を販売し、動物原性病原体の研究を行い、ウクライナ、グルジア、カメルーンなどでバイオラボを運営している525。2014年にMetabiotaは、ウクライナとグルジアで不特定の研究開発プログラムおよびサービスに関してDOD/DTRAから2390万ドル契約を獲得した526 Metabiotaもキエフでブラック&ヴィーチとオフィスを共有した527。

また、MetabiotaはキエフのBlack&Veatchと事務所を共有し、地域のバイオセキュリティ会議にDoDとBlack&Veatchとともに参加した528。

2014年の2390万ドルのDoD/DTRA契約は、おそらくMetabiotaの2015年の3000万ドルのシリーズA投資529を支援し、Rosemont Seneca Technology Partners(RSTP)が主導し530、Google Venturesがシンジケートに入っていた531,532 RSTPは 2009年にハンターバイデンとクリストファーハインツ(前米国務長官のジョンケリーの継子)が設立した投資会社Rosemont Capitalから派生した会社であった。ハンター・バイデンの放棄されたノートパソコンから取り出された電子メール(=。”the Biden Laptop illuminated previously convoluted webs of the people you see leading the charge for global governance”)533は、2014年にMetabiotaとRSTP投資委員会の間で、彼がBurisma幹部のVadym Pozharskyiに「ウクライナ科学」(次参照)に関する投資の売り込みをしながら主要決定者として関与したことを示唆した534,535この資金ラウンド後、2015年に彼の名がRSTPのウェブサイトから削除されているので、ハンター・バイデンが公にRSTPと距離を置いたのかもしれない。536,537しかし、Fox Businessの掲載されたBidenのメールによると、彼はまだRSTPの株を所有しており(2017)、2016-17年にRSTP投資についてRSTP幹部と通信していたため、ハンターバイデンはRSTPとつながっていた538これは、Burisma取締役として寛大な報酬を受けている間に、国防省ウクライナ契約期間のMetabiotaとUkraine Scienceとつながっている。

あるバイデンのラップトップ・ウクライナ・サイエンス関連の電子メールは、バイオテクノロジーの幹部(つまり。Metabiota)は、2014年にロシアがクリミアを併合した直後に、ハンター・バイデンに対して、「私は添付のメモを作成した。そこには、Metabiotaの概要、ウクライナにおける私たちの関与、そして、ウクライナのロシアからの文化的・経済的独立と西洋社会への継続的統合(現在2022年に早送り)を主張するために私たちのチーム、ネットワーク、コンセプトを潜在的に活用できる方法について書かれている539 Metabiotaがどのようにしてその大掛かりな戦略上の偉業を達成しようとしたのか?一方、RSTP取締役のハンター・バイデン(2014-2019)とデボン・アーチャーは、米国上院委員会の調査によって確認されたように、Burisma取締役として数百万ドルの報酬を受け取っていた。ハンター・バイデンの父親が副大統領で「政権のウクライナ対応の表の顔」であった時期に、「ハンター・バイデン、ブリスマ、汚職」(必読)540が確認されている。

ネイサン・ウルフ博士はメタビオタの創業者兼会長であり、世界経済フォーラム(WEF)のヤング・グローバル・リーダー541であり、メタビオタは2021年のWEF Technology Pioneer(何の技術で?)542である。ウルフ博士は2004年からエコヘルスの編集委員を務め 2008年から解散までDARPAの防衛科学研究評議会に所属していた543。Wolfe博士は、国防総省の様々な支部、NIH、Google.org、Skoll財団、National Science Foundation、Gates Foundationなどから 2000万ドル以上を受け取っている544。Metabiotaの前に、ウルフ博士はGlobal Viralを設立し、Global Viral Forecasting Initiativeのディレクターを務めた。この組織は、Google.orgとSkoll Foundationからそれぞれ550万ドルの助成金を受け、カメルーン、コンゴ民主共和国、中国、マレーシア、ラオス、マダガスカルで将来の大流行の証拠を早期に検出した545、546.Metabiotaは、主にDoD/DTRAと国土安全保障省からの助成金と契約で3850万ドルを中央アフリカ全域で実施し、547,548には2014年のシエラレオネでのエボラ危機と関連するものが含まれている549。シエラレオネのエボラ出血熱の発生におけるMetabiotaの監視の役割は、大きな論争がないわけではなかった550,551,552,553,554カメルーンでは、Metabiotaはコロナ-、サル痘-、インフルエンザ-、出血性熱ウイルス(すなわち、エボラ)研究している。偶然にも、これらのウイルスのうち3つが国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(イングランド公衆衛生サービスIC)となったのである。

Daszak博士の機能獲得型隠蔽工作の暴露、MetabiotaのWolf博士との長年の研究協力、そして彼らの長年の共同出資者である米国国防総省/DTRA、NIH、USAIDなどを考えると、当然疑問がわいてくる。米国政府、あるいは国防総省を介した国際的な深層国家が、ヒトへの感染力と病原性を強化したコロナウイルスを作り出すことができる第2の機能獲得型研究開発軸を運営していたのだろうか?もしそうなら、それはウクライナ、カメルーン、あるいはロシアの国境沿い、中国とイランの間にある国にあったのだろうか。

2.5 抑制可能なSARS-CoV-2の発生がパンデミックにつながった理由

SARS-CoV-2の特定の機能獲得病原体を証明することは、徹底した独自の調査なしには難しいが、患者ゼロから本格的なパンデミックに至る一連の出来事で明らかなことは、国際保健規則の義務(IHR555、すなわち越境感染症の制御に関する国際規則のコード)を果たしていない2人の主人公によって、世界的に広がる重要な初期段階において抑制可能なアウトブレイクが促進されたということである。

2.5.1 パンデミックに火をつけた国際保健規則の義務不履行

米国下院外交委員会報告少数スタッフ調査報告書(HFACR)「COVID-19世界パンデミックの起源、中国共産党(CCP)と世界保健機関の疑惑の役割を含む」556には、次のように記されている。「加盟国に課せられた義務に加えて、IHRはWHOに特定の行動と行為を要求していることに注目することが重要である。他の義務として、WHOは世界的な公衆衛生監視と重要な公衆衛生事象の評価を行い、加盟国に公衆衛生情報を発信し、IHRに基づいて加盟国から通知された特定の事象がイングランド公衆衛生サービスIC(国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態)に該当するかどうかを判断する任務を担っている。これらの義務のそれぞれにおいて、WHOはその使命を果たすことができなかった」

HFACR報告書は、以下のIHR条文違反を指摘した(43~47頁)。

  • (1)第9条:SARSに類似した症例に関する台湾CDCの非公式メールを評価し、加盟国に報告することを怠った。
  • (2)第9条:武漢におけるSARS様事例のヒト-ヒト感染に関するHo博士による1月4日の非公式警告を評価しなかったこと(香港大学感染センター、WHO協力センター、「UHK-WHO-CC」)。
  • (3)第10条:WHOは、中国が協力を拒否した場合、台湾CDCとUHK-WHO-CCによるヒト-ヒト感染に関する報告への対応を中国共産党に要求し、他のWHO加盟国に警告する権限を与えられていた。”WHOはそれを怠った”
  • (4)第11条:WHOは第5条~第10条で受け取った公衆衛生情報を全加盟国に速やかに伝達することを義務付けている。WHOは台湾CDCとUHK-WHO-CCの非公式警告を加盟国に知らせなかったとされる。(5)第12条:次を参照。

第12条:国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(イングランド公衆衛生サービスIC)の決定。HFACR(pgs.7-15,43-47)によれば、テドロス事務局長は2020年1月23日にイングランド公衆衛生サービスICを宣言せず、1週間遅らせたことで、第12条に従わなかった557。2020年2月23日までにWHOに送られたり公表された第12条関連の決定情報には次のようなものがあった。(1)台湾CDC(電子メール、31/12/2019558)とUHK-WHO-CC(04/01/2020)からの非公式な連絡。(2) WHOの武漢への代表団はすでにヒトからヒトへの感染を確認していた559(3)中国の国家衛生委員会は医療従事者を含むヒトからヒトへの感染を確認した(2020/01/20)560しかし、中国の当局者が公式発表の少し前にヒトからヒトへの感染を知っていた証拠がある(HFACR pgs.7-15). 最初の症例は2019年11月中旬に公に報告された561,562(4)新規原因コロナウイルスの特定とその遺伝子配列およびSARS-CoVとの類似性が知られていたこと。(5)春節に関連する中国の人々の継続的な大規模な海外旅行が世界的な伝播リスクを生じさせた。(6)ベトナム、563タイ(2020/01/13)、香港、日本、韓国、564台湾、米国でCOVID-19感染者が確認されたこと。

上記の情報に第12条で指示されたIHR付属書2の決定手段を適用し、緊急委員会のメンバーの半数がすでにイングランド公衆衛生サービスIC宣言を推奨していたことを反映し、1月中旬までに数百万人の海外旅行者が中国から出発したことを反映し、テドロス長官は2020年1月23日までにイングランド公衆衛生サービスIC宣言を正当化できる十分な情報を持っていたのである。なぜテドロス事務局長は2020年1月23日またはそれ以前にイングランド公衆衛生サービスICを宣言しなかったのか565。

さらに、WHOが歴史的にインフルエンザのパンデミックを宣言する基準(すなわち、WHO地域の2カ国以上でウイルスのヒト-ヒト感染が広がり、さらにWHO地域の異なる少なくとも1カ国においてコミュニティレベルのアウトブレイクが発生)によれば566、COVID-19を2020/03/11にパンデミック宣言した時点でフェーズ6基準を大きく超えていた。この日までに、SARS-CoV-2はすでに114カ国に広がっていた567。この遅すぎたパンデミック宣言と同時に、世界銀行のパンデミック緊急融資ファシリティ債の条件付き「払い出しトリガーメカニズム」において、WHOは極めて重要な役割を果たした568,569。

2.5.2  WHOの渡航制限に対する助言は、世界的なウイルスの拡大を促進したのか?

2020年1月30日にイングランド公衆衛生サービスICを宣言したことで、WHOの権限は拡大し、疾病の拡大を防ぐために渡航や貿易の制限に関する勧告を出し、世界的な対応を調整することができるようになった。しかし、その4日後の2020年2月4日、テドロス総局長は「国際旅行や貿易を不必要に妨害する」措置は必要ないと勧告した570。WHO理事会に出席した中国大使の一人は、一部の国による湖北省からの搭乗者の旅行制限措置を非難し、「これらの措置はすべてWHOの勧告に著しく反する」と述べた。その1カ月後、WHOは海外渡航に関する勧告を更新し、「WHOは引き続き、COVID-19の発生国への渡航または貿易制限の適用を避けるよう勧告する」571この中国渡航禁止の失敗は、トランプ大統領が「米国はコロナウイルスの「誤った管理」の役割を見直す間はWHOへの資金提供を停止する」(=「米国はコロナウイルスの「誤った管理」役割を見直す」)と述べたことが報じられていることの説明に役立つ。年間4億ドル)572この資金提供の脅威は、物議を醸したハンター・バイデンの父親が米国大統領に就任することで解消された573,574,575,576。

疾病モデリングによると、中国において、渡航制限を含む非薬品による介入が1週間、2週間、3週間早く実施されていれば、感染地域数を大幅に減らしながら、感染者をそれぞれ66%、86%、95%減らすことができたということです577。この研究は、WHOが2020年1月23日以前にイングランド公衆衛生サービスICを宣言していたら、2.5.1節で詳述したIHR違反が起こっていなかったら、WHOが不必要に国際旅行や貿易を妨害するような措置を勧告しなかったら、武漢軍事世界大会中とその後にSARS様事例について早期に開示されていたら、抑制可能な流行がパンデミックに火を付けなかったかもしれないということを示していることになる。

2.6 コロナウイルスとCOVID-19ワクチン接種による永続的な大量死の可能性をコントロールしたのは誰か?

コロナウイルスの機能獲得研究を米国、中国、あるいは潜在的にはロシア、中国、イラン、その他の国にあるペンタゴンが運営するバイオラボで行うことの重要な結果は何だったのだろうか?それは、民主的に選ばれた政府の権限外で活動する強力で戦略的に攻撃的な国家、誰か、グループ、または組織体(すなわち、国境を越えたディープ・ステート)に、大量虐殺を行う潜在的な手段(Control of Genocide-potential)を与えたのである。

イングランド公衆衛生サービスICの宣言が遅れたこと、IHRの重大な条文違反、パンデミックの重要な初期段階での旅行や貿易を制限する措置を取らないよう世界に勧告したことは、何を教えてくれるのだろうか。それは、国境を越えた疾病対策の意思決定がもたらす仮説的な結果として、世界的な疾病の蔓延が促進される可能性を照らし出しているのだ。

パンデミックの初期にイベルメクチンの予防的使用を推奨しなかったことは、対照臨床試験(WHO,578 NIH579)以外ではどのような重要な結果をもたらしたのか?このリーダーシップにより、インドのようにCOVID-19の流行波の際に国家レベルで疾病と死亡の影響を改善する安価(バングラデシュでは、5日間コースで0.60~1.80米ドル)で早期の予防手段がなくなった583,581,582。584,585イベルメクチンは、スパイクプロテイン受容体結合ドメイン(RBD)とACE2受容体の相互作用を阻害する。586,587,588,589イベルメクチンは、ACE2-スパイクプロテイン-フーリンの相互作用に対する医療対策を提供でき、全住民をワクチン接種する必要なしに、この機能獲得型SARS-CoV-2を中和できたはずだ。結局、このWHOのガイドラインに従った政府は、国民にワクチンを接種する以外に方法がなかったということである。このように、グローバルに活動する医療機関の科学諮問委員会が、パンデミック時の重症化率や死亡率をコントロールする国の治療やワクチン接種のガイドラインに影響を与えることがあることを、私たちは知っている。

全国的に高いワクチン接種率を急速に達成した結果、何が起こったのだろうか?EUAで各国政府が推進したように、症状のあるCOVID-19感染を防ぐことができなかったのである。むしろ、抗原的に異なる株(すなわちデルタ、オミクロン)の出現により、政府の監視データで発見・摘発される前に、予測可能な生涯固定のADEと抗原刷り込みの可能性をヒト集団に急速に確立したと私は考えている。すべてのことを考慮すると、SARS-CoV-2の非ズーノーシス型の出現によって、永久に続くグローバルスケールの人間の淘汰のバイオシステムが作られたように思われる。このため、毎冬、あるいはパンデミックの波のたびに、ワクチン接種者の感染率、発病率、死亡率が高くなることが予想される。ADEや抗原刷り込みによる感染関連疾患や、併存疾患や不顕性疾患を持つリスクの高い集団におけるワクチン関連疾患の亢進により、過剰な死亡率が上昇し続けるだろう。この過剰な死亡や疾病は、ワクチン接種に起因しない死亡、既往症による死亡、成人突然死症候群、long-COVID、原因不明の自然死、あるいはその他の医学的あるいは検視官のでっち上げた分類として説明されることになる。政府はワクチン接種の有無による監視データを提供しなくなり、病気や死亡の分類は時間とともに変化していくだろう。一方、統計学者は、政治的なシナリオを支持するために、継続的に再分類されたデータを「処理」することになる。

2.7  WHO COVID-19調査の前にパンデミック条約または他の法的文書?

国際保健規則(IHR 2005)は、公衆衛生上の懸念がある越境感染症の取り扱いと報告における各国の責任と権利、およびアウトブレイクが国際的懸念のある公衆衛生緊急事態(イングランド公衆衛生サービスIC)を構成するかどうかを決定する基準を定義する包括的な法的枠組みを提供している590,591。2022年1月、米国は新興感染症の発生に対する警告、通知、対応についてより明確な基準、用語、タイムラインを提供するためにIHR2005規則の一連の改正案を詳細に提案しているが592、これはおそらく、第2章5節のIHR条違反が詳細に反映されたものだろう。

対照的に、十分に規定されたIHR2005(+/-修正)に加えて、WHOは、2019年に失敗した将来の感染症危機から世界を守るためにと思われる追加の法的手段(複数可)を起草している593,594この法的手段またはIHA修正の提案は、以下のことに関連したWHOの行為に関する調査の前に行われた。

  • 1)国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態を宣言することの遅れ。
  • 2) COVID-19の世界的流布を促進した可能性のあるIHR条項違反と渡航助言。
  • 3) EUA関連のワクチン効能の主張、政府の政策、ワクチンの義務付け、メディアの恐怖心を煽る、偽陽性の高いCorman-Drosten PCRプロトコルの世界的な普及。
  • 4) COVID-19パンデミックの中国起源調査において、すべての潜在的起源を緊急に調査しなかったこと(ウクライナや他の戦略的に位置するペンタゴンバイオラブを含む)。
  • 5)イベルメクチンの使用を管理された臨床研究でのみ推奨し、WHO加盟国には予測可能な有害なワクチンを配備する以外の選択肢をほとんど残さなかったこと。
  • 6) COVID-19ワクチンの世界的な普及。このワクチンは、ウイルス感染の抗体依存性増強とワクチンに関連した疾患増強が予測されるものだった。
  • 7)国防総省/NIHが資金提供したコロナウイルス機能増加の専門家ピーター・ダザック博士を、COVID-19ワクチン開発および遅れた中国起源調査に協力する専門家グループに入れたこと。

科学者、医師、弁護士、市民社会擁護団体の連合体である世界健康評議会(WCH)は、世界的流行病条約やその他の法的手段を実施しようとするWHOの動きに反対している。WCHや他の団体によると、これはIHR(2005)以上にWHOの権限を拡大し、不当なイングランド公衆衛生サービスICやパンデミック(サル痘)を宣言する可能性があり、民主的に選ばれた政府のパンデミック疾病対策戦略を一つの戦略で覆し、この権限を医師でない者(すなわち。パンデミック条約は、人々の自由意志に反して、ロックダウンを課し、不適切で安全でないワクチンを全人類に強制接種するために使われることもありうる。WHOはまた、標準化された医療を強制し、安全でない、効果のない、高価な治療法を、再利用された安全なジェネリック医薬品や感染由来の自然免疫よりも優先させる可能性もある。このような条約は、グローバルなバイオサーベイランス(デジタルID、ワクチンパスポート)を確実に実施し、政府が管理するデジタル通貨と権力の乱用の可能性(現金の凍結など)にもつながる可能性が高い。

忘れてはならないのは、さらに掘り下げると、私の考えでは常識では考えられないようなWHO関連のリーダーシップの事例を発見することができる(例:WHOによるイングランド公衆衛生サービスIの呼びかけの遅れ)。エボラの流行に対するWHOのイングランド公衆衛生サービスIC呼び出しの遅れ599,600、ジェノサイドウォッチ(Genocidewatch. comによるスーダンのコレラ流行に対するWHOの対応に関する2017年のテドロス総裁への公開書簡、テドロス・ゲブレイエソスがWHO事務局長就任前に幹部メンバーだったエチオピアのティグラヤン民族解放戦線執行委員会の部下による大量虐殺容疑601、ワクチン接種による人口抑制のために数十年にわたるWHOの研究開発イニシアチブとケニアの若い女性に対する破傷風のワクチンと偽った不妊ワクチンの無認可試験容疑604)などがある。

なぜニュージーランドはWHOに頼って、国境を越えた疾病対策やワクチン戦略を提唱し、国民の安全を確保・保護できないのだろうか。

3 レジュメと経験

3.1 人獣共通感染症変異RNAウイルスに関する珍しいワクチン研究開発とリスクファクターの経験

私のLinkedInとORCIDのプロフィールを見ると、非常に関連性の高いワクチンイノベーションのキャリアが浮き彫りになる。私は、呼吸器系のパンデミックを引き起こす人獣共通感染症変異RNAウイルスに対するワクチンソリューションを共同開発し、36年以上にわたってワクチンを使用してきたという、一般的ではないキャリア経験を持つ専門家である。これには、企業の研究開発リーダーのリーダーシップと、契約製造業者や研究機関、専門的なサービスプロバイダー、パートナーからなるグローバルなバリューチェーンが関与している。このリーダーシップにより、英国、米国、EU、オーストラリア、中国の規制当局に焦点を当てたリード最適化、前臨床、臨床研究開発、製造プロセス開発のすべてにおいて、初日から規制当局の専門リソースと開発に関する専門知識が提供されることが保証されたのである。このリーダーシップのもと、当グループはスケーラブルな合成万能インフルエンザA型ワクチンを開発し、初期のヒトでの概念実証に成功した。また、ヒトインフルエンザチャレンジスタディを実施する能力も開発し、最終的にこのような研究の世界的独占を打ち破った。

私は獣医師としてワクチン接種のプロであるが、SARS-CoV-2まではヒトの分野でも同じように活動していた。私は2005年から合成万能T細胞ワクチンを用いたプレパンデミックインフルエンザ予防接種を 2008年からはSequirus、GSK、Sanofiのアジュバント精製および組み換えサブユニットワクチン(すなわちヘマグルチニン茎抗体戦略)と組み合わせて、インフルエンザA型パンデミックの脅威に対する世界的支持者になっていた。1986年以来、私の36年間のキャリアの中で、ワクチンは最も重要な位置を占めている。私は、人獣共通感染症で突然変異を起こす可能性のあるRNAウイルスに対して、国際的に懸念されるアウトブレイクの前または直後に展開できる利点(すなわち、合成、拡張可能、安定、元コールドチェーン)を持つユニバーサルT細胞ワクチンと免疫療法(すなわち、すべてのウイルス株とHLAサブタイプ/民族に対して1つのワクチン、抗原性刷り込みを緩和)の概念を共同提唱し、共同改革を行った(2002年以降)。私はこのコンセプトとビジョンのために、EU企業の製薬会社やライフサイエンスの投資家から2300万ポンドを調達し、ワクチン会社を設立して指揮した(2003-2012)。

しかし、私は、30年にわたる抗体依存性ウイルス感染増強(ADE)とワクチン関連疾患増強(VAED)の遺産を考えると、スパイクプロテイン抗原を用いた変異しやすいコロナウイルスに対するワクチン接種(2004年以降)には賛成できない。血管や臓器(心臓、肺、脳、腎臓、生殖腺、内分泌)の重要な生理的受容体に結合する遺伝子組み換えスパイクプロテイン抗原を用いたワクチン接種は、100%確実に病態を引き起こす(2004年以降、SARS)ことがわかっているので反対である。私は、70歳以下の層ではインフルエンザと変わらない病気であり、すでに有効な治療法があるにもかかわらず、不適切な試験と急遽承認された有害なワクチン接種よりも、優れた自然感染由来の免疫の使用を選択する権利があると信じている。私は、サーベイランスデータから予測可能なADEが発見される前に行われる電撃的なワクチン接種キャンペーンには反対である。私は、核酸ベースのワクチン技術(すなわち 2002年以来、あらゆるRNAまたはDNAワクチン)に関して、逆転写とゲノム組込み、癌、自己免疫に関する長年の懸念を持っている。

また、私は、太陽・地磁気(すなわち、概日システム調節障害、宇宙線誘発電離、気候変動関連の寒冷ストレス誘発免疫抑制)に起因する環境誘発性免疫抑制と直接的・間接的に関連する呼吸器系パンデミック(インフルエンザ)を引き起こす人獣共通感染症変異傾向のRNAウイルスに関するリスクファクターの希少研究専門知識を持っている(超連結リンク)(2015年から)。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました