生命倫理・医療倫理進化生物学・進化医学

エビデンスに基づく進化医学 -1
1 進化論的思考の小史

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

目次

  • 序文 xiii
  • 1 進化論的思考の小史 1
    • まとめ 1
    • はじめに 2
    • ダーウィン 3
    • ダーウィンの理論 6
    • 現代の統合 7
    • 暗黒の章 9
    • 結論 14
    • 参考文献 14
  • 2 生命の歴史における主要な変遷を概説する 17
    • まとめ 17
    • はじめに 18
    • 主な変遷 20
    • 結論 29
    • 参考文献 30
  • 3 中心的な謎の一つ。真核生物はなぜ一度しか進化しなかったのか?31
    • まとめ 31
    • はじめに 32
    • 結論 45
    • 参考文献 45
  • 4 生理学的進化に関するレベル・オブ・セレクションの考え方 49
    • まとめ 49
    • 結論 59
    • 参考文献 59
  • 5 生物学・生理学の最小機能単位としての細胞 63
    • まとめ 63
    • 始まりの時 64
    • 多細胞の出現 65
    • 進化。細胞のスタイル 69
    • 水陸間の移行と脊椎動物の進化 70
    • 進化を予測する細胞アプローチ 74
    • 私たちはこの環境の中にいるだけでなく、この環境の中にいる 77
    • 進化論的存在論と認識論に基づく生命倫理
    • 表現型や遺伝子の記述ではなく、進化論的存在論と認識論に基づく生命倫理 78
    • 万物の理論(TOE) 79
    • コーダ 81
    • 参考文献 81
  • 6 組織・臓器の発生 83
    • まとめ 83
    • はじめに 83
    • 肺胞の形態形成 85
    • 副甲状腺ホルモン関連タンパク質 86
    • ストレッチによる細胞-細胞間相互作用 88
    • 参考文献 89
  • 7 ホメオスタシスが破綻したとき 91
    • まとめ 91
    • はじめに 91
    • LIFの進化に関わるペルオキシソーム増殖因子活性化受容体γ 93
    • PPARγ、スタチン、TORはホメオスタシス機構としての
    • ホメオスタシスのメカニズム 93
    • ホメオスタシス(恒常性)とは何か?デウス・エクス・マキナ(機械の中の幽霊) 95
    • ルービックキューブは多面的進化のメタファーである 96
    • プレオトロピック機構のプロトタイプとしての肺 99
    • 相互作用のバリアとしての肺:細胞膜、皮膚、脳のホモログ 102
    • NKX2.1、甲状腺、下垂体、肺のプレオトロピック性 104
    • 甲状腺の系統樹 105
    • 甲状腺の系統と個体発生の進化的縦断的統合 105
    • 進化の回顧的理解 107
    • 結末 109
    • 結論 111
    • 参考文献 112
  • 8 発生過程におけるWntシグナル伝達 113
    • まとめ 113
    • はじめに 113
    • 肺胞のホメオスタシスにおける成長因子の役割 114
    • 肺胞のホモログとしての腎臓糸球体 116
    • パラクリンシグナル伝達の破綻による病理学的帰結 117
    • 参考文献 117
  • 9 ホメオスタシスの統合的制御-血管、神経、内分泌、神経内分泌、自律神経 119
    • まとめ 119
    • はじめに 119
    • 脊椎動物の進化の触媒としての水陸遷移 121
    • 肺の進化を理解する鍵は副甲状腺ホルモン関連タンパク質のシグナル伝達 121
    • 肺の進化の物理学 122
    • 膜脂質と酸素供給の機能的相同性 124
    • 大気中の酸素、生理的ストレス、遺伝子の重複、肺の進化 125
    • βアドレナリン受容体の複製とグルココルチコイド受容体
    • とグルココルチコイド受容体遺伝子の重複 127
    • 脊椎動物の生理学的進化におけるストレスの影響を証明する内温性/恒温性の進化 127
    • 逆進化としての冬眠 129
    • 細胞分子的アプローチによる進化の予測力 131
    • 結論 133
    • 参考文献 136
  • 10 内生的および外生的な治癒メカニズム 137
    • まとめ 137
    • はじめに 138
    • 治癒の内因性メカニズム 138
    • 分化した間質性線維芽細胞と筋線維芽細胞との間の微妙な恒常性バランス 138
    • と筋線維芽細胞との間の微妙な恒常性バランス 138
    • 筋線維芽細胞の増殖と瘢痕化におけるWnt/β-cateninの普遍性 DKK、Shh、Alphabet Soup 140
    • プロスタノイド、ホメオスタシス、そして再生 140
    • PGJ2 141
    • ApoE4 143
    • 進化医学と伝統医学 144
    • 進化の原理を用いた治癒のための外因性メカニズム 145
    • まとめ 145
    • コレステロールとホメオスタシス 145
    • 高コレステロール血症の病態 145
    • 抗炎症薬としてのスタチン系薬剤 146
    • PPARγとホメオスタシス 146
    • TORとホメオスタシス 148
    • 参考文献 148
  • 11 生体発生と系統発生の再現としてのシステムバイオロジー 151
    • まとめ 151
    • はじめに 151
    • 進化におけるパラダイムシフト 152
    • 内温性による連続的外転の進化の「原理証明」 154
    • 内温は物理学に反し、移動を促進する 155
    • 結論 157
    • 参考文献 158
  • 12 生理学的恒常性と再生、あるいは進化医学としての終末加算 159
    • まとめ 159
    • はじめに 160
    • 相反する視点 161
    • 環境との永続的な細胞間リンクとしての終末加算 163
    • 層状細胞間シグナルとしての終末加算 164
    • エピジェネティックな影響と終末加算 167
    • 生理的ストレス、血管シアストレス。ラジカル酸素種、制約条件下での突然変異=末端加算のメカニズム 168
    • ホメオボックス遺伝子とコリニアリティ、そして末端付加 169
    • 肺胞脂線維芽細胞による終末加算 170
    • 糸球体メサンギウム細胞の関与 170
    • PTHrPによる前下垂体、副腎皮質、副腎髄質への影響 171
    • カテコールアミンと肺・心臓の生物学 171
    • オキシトシンと内熱作用と網膜 171
    • 中枢神経系 172
    • 末尾追加「逆進化」・進化医学 172
    • 考察 173
    • 末尾に追加。ヘッケルの生物遺伝法則の基本 173
    • 遺伝子と表現型の間に進化の過程がある 174
    • おわりに 178
    • 参考文献 179
  • 13 幻の手足。想像力とエピジェネティクス 181
    • まとめ 181
    • はじめに 181
    • 幻肢感覚の背景 182
    • 幻肢感覚と末端加算の関連性 183
    • 非局在化としての幻肢感覚 183
    • 手足と心臓 184
    • 手足と二足歩行、鳥類・哺乳類の進化との関係 185
    • 手足と意識について 186
    • フラクタルとしての生命 186
    • 無生物から生物への連続体の縮図である意識 188
    • 参考文献 188
  • 14 宇宙における人間の位置づけ 191
    • まとめ 191
    • 序論 192
    • 生物学的な協力の要請を覆す擬人化 193
    • ユーフィジオロジー 193
    • 参考文献 200
  • 15 進化、欺瞞、そして公衆衛生 203
    • 要約 203
  • 第Ⅰ部 欺瞞は欺瞞である。ルールを証明する例外 203
    • はじめに 204
    • 始まりの時 204
    • エピジェネティクスとニッチ構築 205
    • 欺瞞はルールを証明する 205
    • 私たち自身の個人的なヘリオセントリズム 206
    • 欺瞞と社会病理 207
    • 生理的ストレス 208
    • 生物学の曖昧さ 211
  • 第II部. 欺瞞の同化による曖昧さの解消 214
    • はじめに 214
    • 最初のニッチ構築としての細胞-自己組織化が曖昧さを克服する 214
    • 内熱の進化は内部ニッチ構築として-あるいは自己組織化が生物学的な曖昧さを克服する 215
    • ストレスによる生理機能の段階的変化による内温性の進化は、二足歩行、鳥類とヒト科動物の前肢の進化、そして高次の意識を予測する 217
    • 寒冷ストレスとDRD4-7:リスクテイクが人類をアフリカから追い出したのか?218
    • アンドロゲンは生命の曖昧さを減少させるか 220
    • 芸術はいかにして生命の欺瞞を解決するのか 221
    • 音楽はいかにして生命の欺瞞を解決するのか 221
    • 文学は(欺瞞的に)生命の欺瞞を解決する 222
    • 人生の曖昧さ 222
    • 典礼は人生の曖昧さを解決する 222
    • 庭に戻る?222
  • パート III. 欺瞞と公衆衛生 222
    • 認知的不協和(Cognitive Dissonance)。科学的原理、病気、そして健康 223
  • パートIV.予測 生理学の第一原理に基づく生命倫理 224
  • 参考文献 226
  • 索引 227

序文

本書の著者であるジョン・S・トーデー、ニール・W・ブラックストーン、ヴィレンダー・K・リハンは、それぞれ発生生物学、医学、進化生物学という異なる学問的背景を持つ者たちである。私たちは、進化医学を「盲人と象の寓話」のようにとらえている。本書を執筆した目的は、進化と医学に関する情報が断片的でサイロ化されている現状を打破し、より統一的な見解を提供することである。この目標に完全に成功したとは言えないかもしれないが、必要性は明らかである。基礎科学として、生物学の中心的な理論が理解されていないことが、医学に悪い影響を及ぼしている。乳幼児死亡率、妊産婦死亡率、人工呼吸器による死亡率の上昇、過剰な薬物投与、病気の最終的な原因に対処せずに症状を取り除くだけの治療など、その結果、医療技術の進歩とそれに伴う医療の質の低下が見られる。

このような医学の失敗の多くは、健康とは病気がないことであり、病気とは健康がないことであるという古めかしい考え方に起因する。これは、生物学を機械として捉え、全体はその部分の総和に等しいという記述的な考え方からきている。それに対して、本書で説明されている機械論的進化論的アプローチは、健康と病気は機械論的連続体であり、その同一線上のどこにでも、診断的にも治療的にも介入する機会を提供し、患者が症状を呈する前から、真の予防医学として、罹患率と死亡率を低下させるというものである。そして、このアプローチは、現在行われている分子生物学的アプローチとは相反するものであり、脊椎動物の進化を促してきた細胞コミュニケーションの原理を排除し、機能的な生物学的背景を考慮せずに遺伝子の要素をひとまとめにしていることを指摘しなければならない。このような還元主義的なアプローチは、結果的に不条理な帰結をもたらすことになる。感染症、外科手術、外傷を除き、医学が相関的、連想的でなく、予測的になるためには、この状況を是正しなければならない。本書を読み終えて、読者がこのような視点を共有できるようになることを願っている。

1 進化論的思考の小史

まとめ

進化論は生物学の一般理論に限りなく近い。驚くべきことに、この理論の中心的な考え方は、19世紀のチャールズ・ダーウィンの業績に遡ることができる。ダーウィンは、先人や当時の社会・政治の流れから影響を受けていた。ダーウィンの進化論は、「自然淘汰に従う遺伝的変異」と要約できる。ダーウィンが公言した目標は、特殊創造説に対抗することであった。しかし、ダーウィンの説は広く受け入れられることはなかった。変異はどこから来たのか?どのように遺伝するのか?ダーウィンには、これらの疑問に対する答えがなかった。20世紀初頭にメンデルの業績が再発見され、遺伝学が発展することによって、これらの疑問に対する一つの答えが得られたのである。ダーウィンの理論とメンデルの遺伝学が融合した「現代総合学」は、遺伝の化学的基盤の探求と分子生物学の創始に自然につながったのである。進化は、集団における対立遺伝子頻度の経時的変化として再認識されるようになった。また、配列に基づく厳密な系統分類法が開発され、生命の歴史に関する理解が大きく進んだ。しかしながら、20世紀初頭に現代的な統合が現れると、進化思想の歴史において最も暗い章が展開されることになった。優生学、すなわち人類を改良するために交配をコントロールすることが、世界中に広まったのである。しかし、ダーウィン自身は優生学主義者ではなかった。ダーウィンは、繁殖をコントロールすることは、個人のレベルでは好ましいが、部族や社会のレベルでは好ましくないと主張し、優生学の知的基盤に反論するとともに、多階層進化論の発展を予見していたのである。

はじめに有名なドブジャンスキー[1]の指摘にあるように、「生物学では、進化に照らされないと理にかなったものはない」。進化論は、生物学の一般理論に最も近いものであり、すべての生物学者に共通の知的基盤を提供するものである。例えば、成長著しいゲノミクスの分野を考えてみよう。生物学者は、ゲノムの中で機能的に重要な部分を特定しようとするとき、異なる種のゲノムを比較する。種間で保存されている領域は、機能的重要性を反映していると考えられる[2, 3]。この考え方は、完全に進化的なものである。2つの種が共通の祖先から分岐した直後は、そのゲノムは非常によく似ていると予想される。時間が経つにつれて、突然変異がこの類似性を崩すように作用する。遠い祖先を共有する種では、ゲノムの一部はほとんど類似性を示さないかもしれない。しかし、純化選択によって、機能的に重要な部分に致命的な変異を持つゲノムを持つ生物は排除される。そのため、機能的に重要でない部分と比較して、遺伝的に重要な部分が保存されているように見えるのである。ゲノム研究では、このような進化の帰結を日常的に利用している。

しかし、皮肉なことに、進化生物学者は従来、生物と遺伝子(そして今ではゲノム)だけに焦点を合わせてきたのだと言うかもしれない。そのため、進化論は生物学の多くの分野にほとんど影響を及ぼしていない。ウィルキンス [4]が指摘するように

進化というテーマは、生物学全体から見ると、特別な、そして逆説的な位置を占めている。生物学者の大多数は、セオドシウス・ドブザンスキーの「生物学は進化の観点に立たなければ意味をなさない」という言葉におそらく同意するだろうが、ほとんどの人は、進化論的な考えを特に参照しなくても、極めて幸福に仕事を遂行することができる。「進化」は、不可欠な統一概念であると同時に、非常に余分なものでもあるようだ。

ウィルキンス [5] は、後にこれらの発言をさらに詳しく説明した。「…さまざまな生物学的プロセス(たとえば、生化学、生理学、発生など)における近因を研究する多くの生物学者は、しばしば進化的な考えや説明にはほとんどあるいはまったく頼らずに済むのである」。注目すべき学際的な雑誌BioEssaysの創刊編集者のこのような発言は、進化論がすべての生物学分野を統合する可能性を持っているかもしれないが、まだそうなっていないことを示唆している。少なくとも一部の生物学は、進化論の枠組みを特に参照することなく、今も行われている。このように、進化論が生物学分野を統合する上で果たしうる役割は、まだ十分に実現されていない。

しかし、この状況は変わりつつある。生物学は生命の歴史を包含しなければならないので、事実上、すべての生物 学者が歴史的な枠組みの必要性を認識している。さらに、この枠組みを提供するためのツールも、ますます充実してきた。最新の系統分類の技術は、ますます膨大になる塩基配列データを、より洗練された 突然変異変化のモデルを使って解析するものである。その結果、あらゆる種類の生物学的データに進化的思考を適用することが、徐々に可能になってきている。150年以上にわたる進化論的思考の約束が実現されつつある。

ダーウィン 進化論は、ゲノミクスの時代にあっても、19世紀のチャールズ・ダーウィンの業績に比較的無傷で遡ることができるのは驚くべきことだ。2009年はダーウィンの生誕200年であり、彼の最も重要な著作の一つである『自然淘汰による種の起源』の出版から150年であった。もちろん、ダーウィンはそれ以前の考え方の上に成り立っている。特に、2つのアイデアを紹介しよう。

19世紀のヨーロッパで発展した非常に強力な思想の一つは、地球の地質に関する「画一主義」の考え方である。ジェームズ・ハットンらによって開発されたこの考え方は、「現在が過去への鍵である」と要約され、最終的には図11に示すような、生命の歴史を理解する上で中心となる地質時間スケールにつながったのである。ハットンは、残念ながら、あまりに優秀であったために、誰も彼の言うことをよく理解できなかった。彼の理論は、チャールズ・ライエルの『地質学原理』によって一般化され、よりわかりやすくなり、ダーウィンに永い影響を及ぼした。

19世紀のヨーロッパにおける政治的・社会的な動きとしては、1848年に発表された『共産党宣言』などがある。共産主義は、ダーウィンの先達であるラマルクの進化論と密接に関係している。ラマルクの進化論は、通常「後天性の遺伝」と要約されるが、生物は新しい特性を獲得するために努力しなければならないと強調する。例えば、首の短いキリンは、毎日、毎年、首を伸ばし、首を長くする努力をしなければならない。そうして初めて、長い首を獲得し、受け継ぐことができる。このように、共産主義イデオロギーの弁証法と並行することは明らかである。

一方、ダーウィンの理論は、資本主義社会に強く根ざしていた。ダーウィンは、19世紀のイギリスの中産階級の出身である。ビクトリア朝のイギリスである。この頃のイギリスは、世襲制のイギリス貴族がイギリスの中産階級に大きく力を奪われていたが、階級構造はまだ非常に強固であった。しかし、これは非常に緩やかなプロセスであり、革命は起こらなかった。議会の貴族院やヴィクトリア女王など、それ以前の時代の名残が数多く残っていた。同時に、イギリスは世界から帝国を切り開こうとしていた。その際、このプロセスを「自然の摂理」という言葉で正当化する必要があったのだろう。自然なことだから、道徳的に正しいという考え方は、広く受け入れられていた。

イギリス社会が徐々に変化し、イギリスが世界の多くを征服していくのと同時に、変化は進歩的であり、世界はより良くなっていくという考え方が一般的になっていった。中流階級が権力を握ることで、経済が発展し、産業、科学、医学などが発展し、他国を征服することで「文明化」の影響があるとされたが、おそらく征服された国々はこれに対して異議を唱えただろう。

特に、1831年から1836年にかけてHMSビーグル号で世界一周の航海に出た若き日のダーウィンにとって、こうした社会的影響は重要であったことは間違いない。この旅でダーウィンは、サンゴ礁、フィンチ、カメなど、地質学的、自然史的なさまざまな側面を検証している。ダーウィンは自問自答することになる。南米の気候がイギリスと似ているにもかかわらず、なぜ独特の動植物が生息しているのか?また、南米の化石を発掘したとき、それが現代の南米の生物に似ていて、イギリスの化石が現代のイギリスの生物に似ているのはなぜでしょう?このような疑問は、探究心旺盛な人にとって、非常に大きな問題であった。

ダーウィンの理論

イギリスに帰国したダーウィンは、このような疑問について何年も考え、やがて自然淘汰による進化論を打ち立てた。しばらくは出版に抵抗していたが、アルフレッド・ラッセル・ウォレスの論文に押され、出版に踏み切った。ダーウィンは1858年にウォレスと短い論文を発表し、1859年に『種の起源』を出版した。ダーウィンは「種の起源」において、それぞれの種に神による「特別な創造」が必要ないことを読者に納得させることが目的であり、それゆえ「種の起源」というタイトルが付けられたのである。また、彼が生命の起源において創造主の役割を認めたことも注目すべき点である。これは『起源』の第1版では暗黙の了解であったが[6]、第6版ではかなり明確になった[7]。

この惑星が重力の法則に従って循環している間に、非常に単純な始まりから、最も美しく、最も素晴らしい形態が無限に進化してきたし、現在も進化しているというのである。

ダーウィンは、1871年に出版されたおそらく最大の著作『人間の進化』[8]の冒頭で、自らの理論を最も明確かつ簡潔に説明している。

人間が既存の形態の改良型子孫であるかどうかを判断しようとする者は、おそらく最初に、人間が身体構造および精神的能力において、たとえわずかであっても変化するかどうか、また、変化するとすれば、その変化は下等動物に優勢な法則に従って子孫に伝達されるかどうかを調べるだろう。..」。その結果、肉体であれ精神であれ、有益な変異は保存され、有害な変異は排除されることになるのだ。

ダーウィンの理論は、このように3つの原則から構成されている。

1) 生物は変化する2) この変化は遺伝する3) この変化は自然淘汰される変化の原因は全く特定されず、変化の存在は経験的に示されるだけでよい。遺伝のメカニズムも不特定多数であり、親と子の相関が経験的に証明される限り、全く未知のものである可能性がある。したがって、ダーウィンの理論は、遺伝やエピジェネティックな遺伝のメカニズム、あるいは文化的な遺伝のメカニズムとも両立する。自然淘汰の作用は、しばしば死亡率の差と考えられるが、死亡率のない差動繁殖も同様に有効である。

ダーウィンの進化論の核心はこうである。「遺伝性の変異は自然淘汰の対象になる」。しかし、ダーウィンの説は多くの人にとって納得のいくものではなかった。変異はどこから来たのか?変異はどこから来るのか、どのように伝わるのか。ダーウィンはこれらの疑問にうまく答えることができず、『起源』の後の版では、この点に関してますます空想的な考えを持つようになった。

一方、1865年、ドイツ語圏のアウグスチノ会修道士であるグレゴール・メンデルは、まさにこれらの疑問に対する実験を初めて発表したが、その意義はすぐには理解されないままであった。メンデルのデータは1900年頃に「発見」され、瞬く間に遺伝学の科学へと発展していった。1910年、ハント・モーガンがミバエの研究を開始した。1930年代から1940年代にかけて、モーガンの教え子であるセオドシウス・ドブザンスキーをはじめ、多くの著名な科学者が中心となって、ダーウィンの理論とメンデルの遺伝学の現代的統合が考え出されたのである。そして、遺伝の化学的性質の探求、DNAの構造の発見(1953)、分子生物学という分野の確立へと自然につながっていったのである。

分子生物学のルーツは、おそらく DNAの構造を発見した一人であるフランシス・クリック [9]によっ て最もよく説明されていることだろう。

というのも、聖職者から仕事の内容を聞かれたとき、私は結晶学者、生物物理学者、生化学 者、遺伝学者の混成であると説明したが、いずれにせよ、彼らには理解しがたい説明で、うんざりしてしまったからだ。

しかし、分子生物学が本当に力を入れているのは生物情報であり、この分野では 明らかに大きな進歩があった。生物学的情報が豊富になったことに関連して、系統学的手法にも大きな進歩があ った。ダーウィン自身、自分の理論が、すべての生物は系統樹の中でつながっていることを示唆していることを認識していた。実際、『起源』の唯一の挿絵は、そのような系統樹であった。このような系統樹は、化石の記録によって暗示される生命の歴史を示唆している(図12)。図12)。一番下にあるのは、最も古い分類群を含む最も古い地層である。これらの地層は、X軸方向に多様化し、Y軸方向に時間が流れている。今日、このような樹形図は、塩基配列データを用いて、突然変異率をモデル化した統計学的、数学的理論によって作られるのが一般的である。

ダーウィンの理論の中で、最も耐久性に欠けるのは、おそらく漸進的な変化に関するものであろう。進化はさまざまな速度で進行し、系統によっては、ほとんどあるいはまったく変化のない「静止」期間が長く続くことがある。真核生物はミトコンドリアを失い、二枚貝は頭を失い、ヘビは手足を失い、鳥は翼を失うなど、生命の歴史において複雑さが増す一方で、二次的な単純化も絶えず起こっている。

進化論は、ゲノムの時代においても、生物学の中心的存在であり続けている。ゲノムの機能領域を見つけることは、すべて進化論的思考に基づいている。先に述べたように、異なる分類群に保存されているゲノム領域は、通常、機能的に重要であることが分かっている。ゲノムのこれらの機能領域に突然変異が起こると、その突然変異は通常有害であり、突然変異を含む個体は選択によって除去されるか、突然変異のない個体ほど急速に繁殖できなくなる。また、進化学的な考察により、ほとんどの巨大ゲノムは、生物の「設計図」とは程遠く、実際には、移動性遺伝要素と呼ばれる小さなDNA断片の進化の遊び場であり、その絶え間ない複製により、今ではヒトゲノムや他の真核生物のゲノムの大部分を構成していることが分かっている[10]。ダーウィンは、移動性遺伝要素が発見される100年以上前にこの理論を提唱しているが、この理論(淘汰を受ける遺伝的変異)は、移動性遺伝要素の進化的成功を完璧に説明している。このように、現代の進化生物学は、分子生物学から生物、人間の文化や心理学に至るまで、あらゆる分野の研究を包含しているのである。

暗黒の章

生物学的情報の研究と解析の成功に酔いしれると、20世紀初頭の遺伝学者や進化生物学者が優生学という科学を受け入れたことを忘れがちになる。1920 年代になると、この運動は米国でピークに達する。この時、24の州で優生学的不妊手術を許可する法律が成立していた [11]。さらに、この運動は当時の著名な科学者たちによって主導されていた。例えば、1921年、ヘンリー・フェアフィールド・オズボーンはアメリカ自然史博物館の館長であると同時に第2回国際優生学会議の主催者でもあり、会議の広告には彼の署名が目立つように描かれていた。

優生学がもたらす悪質な影響に対抗して、いくつかの州では進化論を教えることを制限する法律が制定された。テネシー州では、この法律がスコープス裁判を引き起こした。オズボーンや他の著名な科学者がスコープス裁判で弁護側の証言を拒否したのは、優生学に反対するクラレンス・ダローの影響もあったかもしれない。ウィリアム・ジェニングス・ブライアンは、進化論を教えることに反対する立場をとっていた。しかし、ブライアンは個人的には原理主義者ではなかった。むしろ、彼は進化論の政治的、社会的な側面に反対し、創造論を進化論のこうした好ましくない分派を抑制するための道具とみなしていた。

しかし、優生学運動を停止させたのは、創造論者の反対ではなかった。むしろ、優生学がもはや政治的に通用しないことを誰の目にも明らかにしたのは、第二次世界大戦の恐るべき行き過ぎた行動だったのである。現代の進化論は、この暗黒の章をほとんど認識することができないでいる。その代わりに、優生学に対する批判は、不適格者を分類することの問題点と、有害な劣性対立遺伝子に対する選択の困難さに焦点が当てられている。劣性対立遺伝子はヘテロ接合体では隠蔽されるため、対立遺伝子の頻度が低い場合には選択はほとんど影響を及ぼさない。優生学は、科学的、道徳的に欠陥があるというよりも、適切に実施するのが難しすぎると見られているようである。実際、多くの良心的な進化生物学者が、選択によって抑制されない突然変異について警鐘を鳴らし続けている。例えば、この文脈でHerronとFreeman [12]はこう書いている。「将来への影響は不吉であり、明白な解決策は魅力的ではない」。

しかし、ダーウィンは優生学主義者ではなかった。ダーウィンは、『人間の進化』の中で、後に優生学と呼ばれることになる新生の政治運動に対して、繊細で強力な議論を展開している。この議論の第一段階として、彼は、ある状況下では個人の集団が選択されうることを指摘することによって、進化論を複数のレベルの選択へと拡張している。

忘れてはならないのは、高い道徳的水準は、個々の人間やその子供たちには、同じ部族の他の人間たちに対して、わずかな、あるいは全く有利さを与えないが、しかし、恵まれた人間の数が増え、道徳的水準が高まれば、ある部族が他の部族に対して非常に有利になることは確かであることである。愛国心、忠誠心、従順さ、勇気、同情心を高度に備え、常に互いに助け合い、共通の利益のために自己を犠牲にする用意のある部族を多く含む部族は、他のほとんどの部族に勝利するだろう。これは自然選択である。そして、道徳は彼らの成功の重要な要素の一つであるから、道徳の水準と恵まれた人間の数は、このようにどこでも上昇し、増加する傾向がある。

この文章でダーウィンは、少なくとも部分的には遺伝すると想定され、人間個人のレベルでは「…わずかな、あるいは全く利点を与えない。..」特性である道徳性に着目している。言い換えれば、生物学的階層のこのレベルでは、道徳は選択的に中立である。個人レベルの淘汰が働くとき、道徳的な個体は、平均して、非道徳的な個体よりも多くの子孫を残さない。したがって、道徳的な個体の頻度は、増加も減少もしない。愛国心、忠誠心、従順さ、勇気、同情などの精神を高度に備えた多くの構成員を含む部族は、他のほとんどの部族に勝利するだろう。…..」。つまり、部族間の争いが起こった場合、道徳的な人物を多く含む部族が、そのような人物の少ない部族に勝つということである。また、全体として高い道徳的水準をもつ部族は、全体として低い道徳的水準をもつ部族に比して、その頻度が高くなる。このように、部族レベルの選択の効果は、個人レベルの選択の効果とは異なる。後者は道徳的水準が異なる個体の頻度に影響を与えないが、前者は明らかに道徳的水準が全体として異なる部族の頻度に影響を与える。もし部族間淘汰が人類の進化に強力な力を持っていたとすれば、人間の道徳の存在はこの種の自然淘汰によって説明することができる。

ダーウィンが同時代の研究者たちと大きく異なるのは、このレベル・オブ・セレクションの考え方にある。彼はこう続ける。「われわれ文明人は。…..排除の過程を抑制するために最大限の努力をする。われわれは、身体障害者、身体障害者、病人のための施設を建設し、貧民法を制定し、医学者は最後の瞬間まですべての人の生命を救うために最大限の技術を発揮する」。そして、人間の同情心が、道徳と無力な人々への思いやりの基礎であることを指摘する。そして、こう結んでいる。「たとえ厳しい理性に促されても、人間の最も崇高な部分を損なうことなく、同情を抑えることはできない」 [8]と結んでいる。

現代の言葉で言えば、ダーウィンは淘汰のレベルの間の対立を認識しているのである。個人の淘汰のレベルでは、不適格者を滅亡させたり、そのような者の繁殖を積極的に阻止すること(これは優生学者が主張することである)は、適応的であると言えるかもしれない。一方、そのような政策をとる部族や集団は、その性質の「最も高貴な部分」、すなわち「愛国心、忠誠心、従順さ、勇気、同情心……」を失うことになる。そのすべてが失われる。このような社会は、人間性のこの部分を維持している他の社会との競争において、「厳しい理性の要請」にもかかわらず、失敗することになるのである。このように、優生学は個人のレベルでは選択されるが、集団のレベルでは反対されるのである[13]。優生学に対する私たちの道徳的反発は進化した。

優生学に関するダーウィンの知恵はほとんど忘れられてしまったが、一般的な集団の進化[14]、特に道徳の進化に関する彼の見解は、ここに見られるように現在では広く受け入れられている[15]。

自然淘汰は人間の善と悪の進化を支えている。この主張は突飛に聞こえるかもしれないが、考古学的・人類学的証拠と少数の理論家の研究が次第に明らかになってきており、旧石器時代の人々は共通の言語と文化を用いて集団化し、平等、自由、友愛を守る規範を発展させ、それによって利他的に振る舞う協力的集団を形成したことが明らかにされている。このような絆によって、集団は恵まれない隣人に対して団結した姿を見せることができ、それによって、自己のリスクはほとんどなく、おそらく掴んだ資源という点ではかなりの利益をもって、ライバルを戦闘で退治するための援軍を得ることができたのである。

余談だが、人間の協力関係には矛盾がある。グループ内での協力は、しばしば他のグループに対するより効率的な征服を促進する。

いずれにせよ、三銃士のモットーに代表されるように、人間社会には集団レベルの思考が一般的であることも間違いない。”All for one, and one for all “という三銃士のモットー、”Never… was so much owed by so many to so few “という英戦時のウィンストン・チャーチルの不滅の言葉、”When all are one, and one is all” (Led Zeppelin, Stairway to Heaven)というロックンロールで最も有名な曲の歌詞に見られるように、集団レベルの思考が人間社会に共通していることも確かである。そして、そう、たとえばアレクサンドル・ソルジェニーツィン[16]が描いたありそうもないケースのように、共通の敵がグループの結束を高める役割を果たすことはよくあることだ。「彼らが話したり考えたりしていたことは、すべて忘れ去られた。隊列全体が一つのこと、ただ一つのことだけを考えていた。10人より先に行け!」。「10人より先に行け!」「彼らを打ち負かせ!」。「物事はすべてごちゃごちゃになっていた。甘いのも酸っぱいのも、もうない。ガードもゼクもない。ガードとゼクは友達だった。もう1列は敵だった」。

場合によっては、ダーウィンが思い描いたような集団レベルの淘汰を、現代社会でも見ることができるかもしれない。例えば、福島第一原発の事故では、多くの作業員が「集団の利益」のために自己犠牲を払うことができるかどうかにかかっていた。例えば、地震発生から5日後のこのニュースでは、「50人の作業員が勇敢にも問題のある日本の原子炉に留まる」と題されている。「この自然な絆に加え、日本での仕事はアイデンティティを与え、忠誠を求め、特に熱烈な献身を鼓舞するものである。経済的苦境は、多くの日本人にとって神聖な終身雇用の概念をむしばんでいるが、職場は依然として強力な共同体の源泉である。..日本人は、集団の利益のために個人が犠牲になることを信じるように育てられた」[17]。そして、これらの労働者の犠牲がなければ、放射能の放出はもっと大きくなり、日本社会に大きな危機をもたらしたであろう。

結論

現代の生物学では、数年以上前の論文を引用することなくキャリアを全うする偉大な科学者もいる[18]。しかし、進化生物学の中心的な原理が、150年以上前のダーウィンの業績に遡ることができるのは否定できない。ダーウィンの理論とメンデル遺伝学の近代的統合は、変異と遺伝を理解するための機械論的基礎を提供したが、同時に優生学の時代の到来を告げた。しかし、ダーウィンの優生学に対する考え方は、マルチレベルの理論の価値を示し、進化論の暗黒の章をもたらした考え方に対抗するものである。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました