人口減少・マルサス主義未来学・シンギュラリティー・人工知能生命倫理・医療倫理

それはあなたの人生についてのことだ! なぜ新しい社会が必要なのか
Es geht um Ihr Leben! Warum wir eine neue Gesellschaft brauchen

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

futurict.blogspot.com/2021/01/es-geht-um-ihr-leben-warum-wir-eine.html

パート1

経済が持続不可能であると言うとき、それが何よりも意味することは、それが生死の問題であるということである。特にコロナ禍のこの時期、終末ムードが広がっている。多くの場所で、トリアージについて書かれている。病院のベッドは不足している。誰もが救われるわけではないと言われている。一部の人にとって、それは死刑判決を意味する。他の基本的な民主的権利も揺らいでいる。新しいシステムが必要であることはますます明らかになっている。循環経済、共有経済、透明で参加型の情報エコシステム。  

人類の将来の課題についての議論の中で、ある時点で同僚に連れてこられた英語の教授と時折やり取りした。ある日、彼は政府のために働いていると私に言った。彼のオフィスはかつて、バッキンガム宮殿から目と鼻の先だった。あなたは彼の発言を真剣に受け止めなければならなかった。彼らは、政治的な考慮事項と戦略に光を当てることができた。

2016年3月13日のある日、彼は Roy Scrantonの著書、「Learning to Die in the Anthropocene: Reflections on the End of a Civilization」が私の注意を引いた。[1]目が覚めた瞬間だった! 問題があることは理解した。大きな問題である!一部の人々が「七面鳥の錯覚」と呼ぶ問題[2] :すべてがそのままで問題ないという錯覚. 毎日お世話になっております。ついに感謝祭[3]が間近に迫っている-そしてそれはすべて終わった…

私たちも毎日、大丈夫だと言われる。ああ、物事はさらに良くなるだろう!しかし、それは 21世紀全体にも当てはまるのだろうか? それとも、世界システムが人類に提供するために圧倒される「Day X」までしか適用されないのだろうか?

私はその本を見た。私たちの「人口過剰」の惑星での出来事がますます人間によって形作られる「人新世」の時代に、重要な資源が不足する恐れがある。例えば、水や油。その結果、多くの人が死ぬ可能性がある。多くの多くの。何人いるの?そして、彼らはどのように死ぬのだろうか?誰に当たるだろうか?

「持続可能性の欠如」、「気候変動」、「人口過剰」などの言葉では、経済危機、飢饉、伝染病、戦争など、すぐに何が待ち受けているかを知ることはできない。より良い未来よりも黙示録である!

なぜ誰もそれについて話さなかったのだろうか?何もなかった?それとも本当にひどかったのか?話にならないほど悪いのか?あまりにも悪いので、誰もそれについて考えず、残りの時間をできるだけ楽しむことを好んだ-「Xデイ」まで?信じられなかった。経済は終わりにはほど遠いように見えた。しかし、大きな問題があることを示す兆候もあった。そして、彼らは積み重なった-残念ながら!COVID-19のパンデミックで、Xデイがすでに来ていたのだろうか?

基本的に、私たちは 1970年代初頭に何が待ち受けているかを知ることができたはずだ。しかし、私たちはそれを抑制した。1972年、「成長の限界」[4]というタイトルの本がセンセーションを巻き起こした。地球の限られた資源を考えると、単純なコンピューターモデルを使用して、21世紀には必然的に経済崩壊と大量絶滅に直面するだろうと予測した。多かれ少なかれ、人類の約3分の1が早死にするだろうと。ひどい考えだ!

これは本当にありえるのか?これは、1977年5月23日にトップクラスの科学者が取り組んでいた詳細な調査を依頼した米国大統領ジミーカーターによって尋ねられた質問でもあった。その名は「グローバル2000」[5] 1980年7月24日、報告書が公開された。2000ページにもおよぶ大作だった。150万部売れたベストセラーだ。学校に行ったときも棚にあった。私は自分の小遣いでそれを購入し、150ページのあらすじをすべて読んだ。結論は次のとおりだった。そう、問題だった。それはこう言った:

「現在の傾向が続けば 2000年の世界はより混雑し、私たちが現在住んでいる世界よりも混乱の影響を受けやすくなるだろう。人口、資源、環境に関わる深刻なストレスが目の前にはっきりと見えている。物的生産量が増えても、世界の人々は多くの点で今日よりも貧しくなるだろう」

本当に見通しが立たない!

さまざまなシンクタンクが問題を解決する最善の方法を考えていたことは想像に難くない。第三次世界大戦は本当に選択肢ではなかった。それは、人類と地球に予測不可能なリスクをもたらした。では、何ができるだろうか?他の人を救うために特定の人を殺すことなのか?

それはまさに私が得た印象だが、徐々にである。ずっと信じられなかったからだ。2015年10月の初めに、科学論文が送られてきた。「AAAI 2016シニアメンバートラック配属」、それは重要なことに違いない。「AAAI」は「人工知能推進協会」を意味する。どうやら、人工知能学会は私の何かに対する評価を知りたがっていたようだ。

いわゆる「トロッコ問題」についてだった。[6]この倫理的ジレンマの中で、あなたは次のような質問に直面する:あなたが線路上でポイントマンをしていて、列車があなたに向かってスピードを上げてきたとする。ポイントを変更しないと蹂躙される共有トラックに5人の建設作業員がいる。しかし、そうすると、他のプラットフォームで遊んでいる子供など、他の誰かが死んでしまう。何をする?または、何をすべきなのか?

あなたが何をしても、それは間違っている。ただのジレンマ!しかし、より小さな悪は何だったのか?

思考実験は、5人を死なせるよりも1人を犠牲にする方がよいと思われるように設計されている。しかし、それは人の死が必然的に来なければならないことが示唆されているため、道徳的な脱線につながる.

自動運転車に関連して、トロリー問題に関する議論が大きな話題になった。結局、ほぼ全員がそれについて話し合った。Nature[7]やすべての主要な新聞で読むことができる。自動運転車には人を認識できるカメラが搭載されているため、まったく新しい問題が生じている。

例えば、おばあさんと子供のどちらかを決めなければならない場合、どちらが死ぬべきだろうか? 60歳の億万長者と大学生のどちらかを選ばかれなならない場合、どちらが死ぬべきだろうか? 貧しく健康な人間と金持ちで病気の人間のどちらかを選べるとしたら、どちらが死ぬべきだろうか? 従業員と失業中の宝くじ当選者のどちらを選ぶかというと、どちらが死ぬべきだろうか? ロビン・フッドと司祭のどちらかを選ぶとしたら、どちらが死ぬべきだろうか? ほら、すぐに地獄を想像することになるのだ!

思考実験は罠だ。連邦憲法裁判所の立場は完全に明確であるにもかかわらず、それは道に迷っている。しかし、軍はあきらめなかった。高層ビルに飛行機が激突したら?2001年9月11日のニューヨークでのような悲劇が繰り返されないように、それを撃ち落とさなければならないのではないだろうか? 彼らは、良心による決定ではなく、法的な確実性を望んでいた。そして、それはついにテレビで交渉された…

「The TV Event」は2018年10月17日に発表された。[8] 作家で弁護士のフェルディナント・フォン・シラッハの戯曲を基にした映画。タイトルは「恐怖」[9] ストーリー:テロ容疑者が操縦する飛行機が、設計された墜落によって満員のサッカースタジアムを血の海に変える。それが仮定である。インターセプターが上昇する。パイロットは飛行機を撃墜する命令を待っている。しかし、これが欠けている。結局、彼はハイジャックされた飛行機を撃墜して、恐れられていたテロ攻撃を回避した。飛行機の乗客は死ぬ。

その結果、パイロットは裁判にかけられる。彼は無罪にするべきなのか、それとも有罪か? それが問題だ。そして視聴者にも。ある意味、あなたにとっても!

最後に、「テレビの人々の名において」評決が下される。[10] ドイツ、オーストリア、スイスで同時開催!テレビ裁判は 3カ国すべてで並行して放送された。翌日、トーマス・フィッシャーは ZEIT新聞で、「『テロ』-フェルディナンド・フォン・シラッハがすべてのチャンネルに登場!」という見出しで次のように尋ね 。

しかし、観客は決定した:彼は無罪だ!パイロットは明らかに憲法に違反していた、上司の命令にも反していた。そして、彼は飛行機の乗員を殺した。国家の夢の義理の息子の半分である、このようなハンサムで、知性があり、勇敢な兵士をどうしたら投獄することができるのか?!

その後、観客が、どのような罠におびき寄せられたのかが明らかになった。その後の議論で、ドイツ連邦軍の将軍は、基本法の変更を要求した。 しかし、元連邦内務大臣で弁護士のゲルハルト・バウム氏は反対した。[12] さもなければ、議論は完全に脱線し、予見できない結果をもたらす可能性がある。憲法のために、そして私たち全員のために。

ドイツ語圏の国では、なぜ「人民の名において」テレビ法廷が開かれたのか? このようなことが以前に起こったことを思い出せない。そこで、途方もないアイデアが私に忍び寄った。将来私たちに影響を与える何かについて、ある種の承認を得たのか? テレビの視聴者は、特定の状況下では、たとえ平時であっても、人が殺される可能性があることを受け入れて、独自の判断を下したのだろうか?

自動運転車の避けられない事故から人々を救うために開発されたのと同じルールが、世界の資源がもはやすべての人にとって十分ではない状況に最終的に適用されれば、状況は完全に変わるからだ.。私たちの惑星で予測された状況。その場合、AIベースのレスキューアルゴリズムはキラーアルゴリズムになる。[13] 今日とは異なり、資源不足は第三世界の国々だけでなく、すべての国を襲った.

実際、ある時点で、経済パフォーマンス、つまり「収容力」に基づいて、さまざまな国の人口が将来どれだけ大きくなるかの予測を発見した。その数字は衝撃的だった。それを真剣に受け止める必要があったか?それとも不誠実だったか?もしかして怖がらせ?

ダモクレスの剣

2016年3月には、ゲストとして教授を迎えた。彼女は人工知能の分野で働いている。私はすぐに、彼女が「AIベースの安楽死」という1つのトピックに悩まされていることに気付いた。どうやら、ジャーナリストは何年も前に、この主題についての意見を繰り返し求めていたようだ。

自分の耳が信じられなかった。安楽死?そうすれば、私たちはファシズムに戻っていただろう!それはどういう意味だろうか?人工知能に生死を決定させるつもりだったのだろうか?[14] 責任ある政治家や軍人ならいい​​のに!そうすれば、人々に死刑を宣告したのは彼らではなかっただろう。おそらく少なくとも。責任者は、生死を自律的に決定する人工知能を持つことになる。毎日の病院生活の中で、彼女は悲惨な仕事を非常に目立たず控えめに行っていた-そしてあちこちで彼女の人生の数年が始まった… [15]

私はその教授に「AIと安楽死」に関する資料を探すように頼んだ。新聞記事や出版物はあったか。証拠は?しばらく時間がかかったが、探していたものが見つかった。まず、このトピックに関する2つの研究論文を突き止めることができた。1つは 2005年のもので、「Een computermodel voor het ondersteunen van euthansiebeslissingen」(「安楽死の決定をサポートするコンピューターモデル」)というタイトルだった。[16] もう1つは 2010年のもので、「Ethische modellen voor euthansiebeslissingen」「安楽死決定の倫理モデル」である。[17]

2017年末には、生と死を決定するソフトウェアについて読むことができる。[18] ビッグデータは、医療システムのコストを節約するために使用される。たとえば、高額な手術に対して誰が支払いを受け、誰が支払われないかを決定する場合などである。では、市販のソフトウェアツールが、医師ではなく、患者の生死について決定を下すようになったのだろうか? それは依然として人間の尊厳と医師のヒポクラテスの誓いに適合していたか? とにかく、全体の信頼性はどれくらいだったか?質問は正当化された!自分の寿命を予測して管理するアルゴリズムは、大幅に間違っている可能性があるためだ。[19] それなら、二重に不運だったかもしない!

それは正義とは何の関係もなかった。科学的にもそうではないかもしれない。それはまさに新しいビジネスモデルだった。死を伴うビジネス。人々をもう少し早く死なせてお金を節約した場所。もちろん、これはビッグデータがなくてもできたはずだ。しかし、医師たちはそれを望んでいなかった。彼らはそのような決定に責任を持ちたくなかった。彼らは「あまりにも人間的」だったのか?治療を拒否するための議論が不足していたか? アルゴリズムは引数を提供したのか?

いずれにせよ、アルゴリズムが次善の防御的な意思決定を促進することは確かである。結局のところ、責任は常にアルゴリズムに押し付けられる可能性がある。では、「人口過剰」問題を解決するためのタイムリミットは、アルゴリズムによってすぐに決まるのだろうか?ダモクレスの剣は、私たちの知らないうちに私たちの上に浮かんでいたのか?

パート1の終わり

[1] www.amazon.com/Learning-Die-Anthropocene-Reflections-Civilization/dp/0872866696/

[2] de.wikipedia.org/wiki/Truthahn-Illusion

[3] de.wikipedia.org/wiki/Thanksgiving

[4] de.wikipedia.org/wiki/Die_Grenzen_des_Wachstums

[5] de.wikipedia.org/wiki/Global_2000_(Studie)

[6] de.wikipedia.org/wiki/Trolley-Problem

[7] The Moral Machine experiment: www.nature.com/articles/s41586-018-0637-6

[8] www.daserste.de/specials/ueber-uns/terror-von-schirach-interaktives-fernsehereignis-hart-aber-fair-100.html

www.ard.de/home/die-ard/presse-kontakt/pressearchiv/_Terror___von_Schirachs_Justizdrama_als_Fernsehereignis/3308200/index.html

[9] de.wikipedia.org/wiki/Terror_–_Ihr_Urteil

www.daserste.de/unterhaltung/film/terror-ihr-urteil/index.html

[10] www.spiegel.de/kultur/tv/terror-in-der-ard-im-namen-des-fernsehvolkes-a-1089541.html

[11] www.zeit.de/gesellschaft/zeitgeschehen/2016-10/ard-fernsehen-terror-ferdinand-von-schirach-fischer-im-recht

[12] www.youtube.com/watch?v=T9hluQoiYYM

[13] www.nzz.ch/meinung/ethisch-sterben-die-gefahr-der-moralischen-entgleisung-ld.1542682

[14] Tatsächlich arbeitet man am “Turing Triage Test”, d.h. KI-Systemen, die Triage-Entscheidungen ununterscheidbar von Menschen treffen können (R. Sparrow, The Turing Triage Test, Ethics and Information Systems 6, 203-213 (2004) link.springer.com/article/10.1007/s10676-004-6491-2). Die Firma “Babylon Health” scheint solche KI-Lösungen bereits kommerziell anzubieten (Entscheiden am Ende Algorithmen über Leben und Tod? DIE WELT, 24.12.2020, S. 14). Bereits am 23. April 2020 war im “MIT Technology Review” zu lesen: “Doctors are using AI to triage covid-19 patients. The tools may be here to stay” (www.technologyreview.com/2020/04/23/1000410/ai-triage-covid-19-patients-health-care/)

[15] Was Sie wissen müssen, wenn Dr. Big-Data bald über Leben und Tod entscheidet: „Wir sollten Maschinen nicht blind vertrauen“, deutsch.medscape.com/artikelansicht/4906802 (der vorherige Titel schien übrigens zu sein: „Todes-Algorithmen“ diktieren Therapie und Kosten); Der Todesalgorithmus: Computer berechnet Lebenserwartung

daserste.ndr.de/panorama/archiv/2017/Der-Todesalgorithmus-Computer-berechnet-Lebenserwartung,todesalgorithmus112.html (man lese insbesondere die Abschnitte „Todesurteil per Mausklick“ und „Berechnungen, die über Leben und Tod entscheiden“); Künstliche Intelligenz: Der Todesalgorithmus

www.zeit.de/kultur/2017-09/kuenstliche-intelligenz-algorithmus-spam-autonomes-fahren

[16] www.boekwinkeltjes.nl/b/153342874/Een-computermodel-voor-het-ondersteunen/

www.bol.com/be/f/computermodel-voor-ondersteunen-van-euthanasiebeslissingen/37129233/

books.google.de/books/about/Een_computermodel_voor_het_ondersteunen.html?id=eXqX0Ls4wGQC

[17] nanopdf.com/download/ethische-modellen-voor-euthanasiebeslissingen_pdf

[18]https://web.archive.org/web/20171222135350/http://www.zdf.de/nachrichten/heute/software-soll-ueber-leben-und-tod-entscheiden-100.html

[19] www.sueddeutsche.de/digital/falsche-genanalyse-von-us-firma-sorry-fehldiagnose-1.2031046

www.focus.de/gesundheit/news/riesige-genom-studie-wissenschaftler-untersuchen-seltene-resistenz-gegen-gendefekte_id_5438194.html

パート2

経済が持続不可能であると言うとき、それは何よりもこのことを意味している。特に、コロナが溢れるこの時代、終活の気持ちが広がっている。いろいろなところで、トリアージのことが書かれているね。病院のベッドは不足気味である。誰もが救われるわけではないと、彼らは言う。ある人にとっては、これは死の宣告を意味する。

…では、「人口過剰」という問題を解決するためのタイムリミットを、今度はアルゴリズムが決めるのだろうか?知らないうちにダモクレスの剣がぶら下がっていたのだろうか。

それを知るために、何人かの人に探りを入れてみた。知る必要のあった人たち…

2017年8月13日、考察イベント終了後、まとめメールを書いた。

11.8.に有資格者から検証してもらった。

[連邦機関の科学担当者が] 「持続可能性の欠如により30億人が不自然な早死にをする可能性があるという数字を確認した」と。

[連邦政府に助言を与える教授が] 「法的・倫理的要件を将来にわたって完全に満たすことはできない」と指摘した。「これからの課題は、強制的な手段でなければ解決できない」と。…

このような発言は、残念ながら真に受けざるを得ないのである

2019年1月18日、環境庁の調査のため、リサーチアシスタントからインタビューを受けた。サステナビリティの課題は、多くの人にとって死活問題であることを伝えると、「全くその通りだ!」と絶賛した。こんなに感動するとは思ってもいなかった。

政治も企業も、どうしてこんなにヘマをしてしまったのだろう。最も衝撃的だったのは、世界有数のロボット工学の専門家であり、ロボット倫理学者である方との出会いだろう。2018年5月5日の会議は、人類の将来の問題とその対処法についてだった。教授は、私が残念ながら時間がないと言うまで、その幅広い知識で私を感動させようとした。戦争や災害時に適用されるトリアージ[2]の原理を説明してくれたのである。それによると、被害者は3つのクラスに分けられる。リソースの不足で対処できない絶望的なケース、緊急に助けを必要とし、救助措置が期待できるケース、そして優先順位の高いケースの対処が終わり、そのためのキャパシティができたときに交代する3番目のクラスである。だから、状況によっては後者が助けを得たが、もしかしたらそうではなく、助けがなくても生き延びられるかもしれない。

この戦争と効率化の論理は、どうやら将来の市民社会の計画にも適用されようとしているようである。だから、希望が持てない人は選別された。また、「選ばれて」優遇される人もいた。そして、どうにかしてまだ生きられるかもしれない人たちがいた。

この地獄は、私たちの社会の未来になるはずだったのか?これを進歩と呼ぶのか?いいえ、結構です!私は、「何も知らされないままでいいとは思わない」と抗議した。でなければ、自分自身やお互いを助けるための対策がとれなくなるからだ。例えば、第3グループに入れられて、いつかは援助が受けられるかもしれないし、受けられないかもしれないという場合、「大丈夫だ」というのはダメだったんだ。数時間後には手遅れになる可能性があるからだ。一方、救助が望めないと言われた場合、友人に電話をすれば、助けに来てくれるかもしれないし、少なくとも救助を手配してくれるかもしれない。そして、相互支援と連帯によって、危機を乗り越えることができるのである。

そして、「Disruption for Good」(善なる破壊)が必要だろうという結論で、会議は終了した。現在の経済システムは、社会を奈落の底に突き落とすものであり、人々の生存の可能性を高めるより良いものに置き換えなければならない。単に一部の人を淘汰するだけではダメなのである。このような軍事的な論理は、現代社会にはふさわしくない。危機的状況を未然に防ぎ、それが不可能な場合は可能な限り緩和することが政治の仕事であった。

その少し前に、同僚と私は「トロッコ問題」[3]についての論文を書いていたのであるが、たまたまチームのリトリートで議論したことがきっかけだった。論文のタイトルは 「An Extension of Asimov’s Robotic Laws」(アシモフのロボット法則の拡張版)である。

SFファンなら、物理学者のアイザック・アシモフがすでにロボットについて哲学的に考察し、戦時中の1942年(!)には、ロボットが人間とどう付き合うべきかという基本原則をいくつか打ち立てていたことはご存じだろう。

  • 1. ロボットは、 受動性によって 人類に危害を加えたり、人類に危害を加えることを許してはならない。
  • 2. ロボットは、旧法に違反することとなる場合を除き、人を傷つけ、または不作為により人に危害を加えてはならない。
  • 3.ロボットは人間の命令に従わなければならない-その命令が先の法則に反しない限り。
  • 4.ロボットは、その行動が最初の3つの法則に反しない限り、自らの存在を守らなければならない。

「トロッコ問題」の倫理的ジレンマに鑑み、このルールにさらに2つのルールを加えるべきと主張した。

  • 5.人間もロボットも、倫理的ジレンマの発生を最小限に抑えるために、あらゆる手段を講じなければならない。
  • 6. ルール(1)~(4)が倫理的ジレンマにつながり、それを回避できない場合、ルール(5)が求めるように、すべての人に平等な機会を与え、必要に応じてランダムに決定されるべきである。

もちろん、これから無差別に人を殺せというのではない。むしろ、機会やリスクを公平に分配することで、倫理的ジレンマの発生や死のリスクを軽減するインセンティブを全員に持たせるべきだろう。人工知能(AI)がすべての欲求を同時に満たすことが不可能な場合、すなわち、ルール(1)~(5)を満たすためにあらゆる努力を行っても、倫理的ジレンマや資源・目標の衝突が避けられない場合は、機会均等の原則を適用すべきとされている。まるで、人生における100人のジョーカーが、自分にとって特に重要な時に活躍するようなものだと想像していただければと思う。

いずれにせよ、上記のアプローチは、倫理的なジレンマを引き起こす状況を作り出すこと、あるいは不作為によってその状況を引き起こすことを禁止している。なぜなら、そのような状況は、「より小さな悪」という意味で、通常の状況では絶対に禁止されていることを合法的に見せかけることができるからだ。もし、倫理的なジレンマが言い訳として許されるなら、結局、民主主義や人権の排除さえも、より小さな悪と考えることができるだろう。極端な状況下では、意図的に民間人を殺すことが正当であるかのようにさえ思えるが、これは実際には厳しく禁じられている–戦争法の下でもだ

不和

シリコンバレーのIT企業として広く知られる元CEOにトロッコ問題の論文を送ったところ、2017年10月15日に返信があった。

「こんにちは、ダーク」

「この記事を書いてくれて本当にありがとう。私は今、あなたの拡張機能を「ヘルビングのロボット工学の第5法則と第6法則」と呼んでいます(添付のプレゼンテーションのスライド11番を参照)。…

ゲンフにある非政府組織で働くことになり、世界を変えることになった。

Er hatte mir schon einmal am 28.Juni 2016 geschrieben:

「ダーク さん、お元気ですか ?

ドライバーレスカーとコネクテッドトラフィックの領域は、きっとあなたにとって大きな関心事であり、多くのメディアで取り上げられています。私のレーダースクリーンに映し出されるものを、あなたがすべて捉えていないことを前提に、以下の記事からお送りします。」

h

「個人的によろしくお願いします」

同じ日の20時1分、私はそう言った。

「…興味深い記事をありがとう。」

私はこの議論を知っているし、その裏にはもっと多くのことがあると信じている。

ある状況下で人を殺すことを合法化したいとか、AIを使ったシステムで人を殺すことを認めたいとか、そういう人たちがいるようだ。

なぜか?この地球には人口過剰の問題があり、それを「修正」しなければならないと言うからだ。その「解決策」には、第三次世界大戦、誘発性疾患、安楽死などが含まれているようだ。

現在の法律では、緊急事態であっても、これを認めることはできない。

法令による。

1)みんな平等だから、自分の命はみんなの命と比べて高く評価されるべきではない。

2) n>1の命を救うために、人を殺すことは許されない 。

この法的設定を変えようとする試みがあり、そうすれば、人道的危機の際に特定のエリートは生き延びられるが、他の人々は殺されてしまうことになる。これこそまさに、許されないことだ。リーダー(例えば船長)は、他のみんなを救うために最大のリスクを負わなければならない。そうでなければ、モラルハザードが発生する。

しかし、法律では、生存の*可能性を最大化する、つまり死亡確率や死亡率を最小化するような行動を取らなければならないことも求められている。

その方法については、ResearchGateに寄稿した「生き残るために民主主義2.0と資本主義2.0が必要な理由」[5]と「社会4.0」というタイトルで紹介している。社会をアップグレードする、しかし、どのように?[6]

Seine Antwort ließeinige Tage auf sich warten.Ich machte mir sorgen.Hatte ich womöglichübertrieben,gar etwas Falsches gesagt?Lag ich mit meiner analysise völlig daneben?Doch dann,am 6.Juli 2016 erhielt ich endlich seine Antwort.Sie lautete:

「こんにちは、ダークさん-それは良い分析です…」

殺人ロボットを含む自律型兵器を止めるための世界的な取り組みが、4500人以上のAIやロボットの専門家、数万人の医師が署名したにもかかわらず、これまで政治的な成功を収められなかった理由がご理解いただけたかと思う。[7]一方、「虐殺ロボット」を題材にしたビデオも話題になっている。顔認識で人を識別し、小型の爆薬で殺害することができるドローンだ。[8]技術的には、今日すでに可能である。軍はすでにドローンの大群を放つことができる。[9]事実上、ここから逃れることはできない。もちろん、これが国民に対して使われることがあるかどうかは別問題だ。そうではないだろう。なぜなら、今はもっと繊細な方法で人を殺すことができるからだ。しかし、アルゴリズムが死刑を執行するシナリオまであとどれくらいなのだろうか。デジタルホロコーストの危機か?

まだ、疑うことを知らない人々の背後で何が起きているのか信じられないという人のために、もう一つ事件を付け加えておこう。2018年秋、2人の学識経験者と面談した。結局、「Emerging Trends Reshaping the International Security」(国際安全保障を変える新たな潮流)という会議で話がまとまった。そこで提案されたコンセプトは、私たち全員に衝撃を与えた[10]

戦争でもなく、平和でもなく、「アンピース」、つまり「不和」と訳される新しい社会状況について、ある講演者が話していた。かつて資源が乏しいときに起こったような、国家間の損な戦争は避けたい、まさに「アンピース」という新しい政治形態が必要だということだったのだろう。そうすれば、国家間で争うのではなく、人口過剰などの問題は地域ごとに解決できる。これは間違いなくジョージ・オーウェルの「1984年」を彷彿とさせる。戦争は勝つために行われるのではなく、人々を威嚇し、永久的な非常事態を正当化するために行われるのだ。

メモに戻る。これらは「ハイブリッド戦争」(様々な戦争的手法を組み合わせ、自国民に対する情報戦、すなわちプロパガンダと偽情報[11]を確実に含むだろう)について述べている。しかし、それで終わると思うのはナイーブなことである。確かに、私のノートには、「Maybe we should kill just a few people」(何人か殺せばいいんだろう)という言葉もある。つまり、戦争状態以外での殺戮が明示的に意図されていた社会が「システムに関係ない」人たちから「解放」されることが、今や期待されていたのだろうか。それなら、殺人計画というのもうなずける。

[1] Fortsetzung von futurict.blogspot.com/2021/01/es-geht-um-ihr-leben-warum-wir-eine.html

[2] de.wikipedia.org/wiki/Triage

[3] de.wikipedia.org/wiki/Trolley-Problem

[4]https://www.researchgate.net/publication/319205931_An_Extension_of_Asimov%27s_Robotics_Laws

[5] www.researchgate.net/publication/303684254

[6] www.researchgate.net/publication/304352735

[7] futureoflife.org/open-letter-autonomous-weapons/

[8] www.youtube.com/watch?v=6Ipkq-BASaM

[9] www.youtube.com/watch?v=CGAk5gRD-t0

[10] www.zeit.de/kultur/2017-09/kuenstliche-intelligenz-algorithmus-spam-autonomes-fahren

[11] www.militairespectator.nl/thema/operaties/artikel/behavioural-change-core-warfighting

パート3 死刑

2020年3月30日午後3時ごろ、上記のテキストの変形がコンピューター雑誌でオンラインになった。[1]しかし、2時間後に再びオフラインになった。爆発的すぎる… また、2020年1月30日の法的手続きで、何が起こるかを見越して、トロリー問題の論理と(潜在的にアルゴリズムがサポートする)死の決定の適用は、-これが本当に必要か、または関連性がない場合、民主的で立憲的な社会秩序の中核的内容が脅かされ、「気候の緊急事態」などの危機的状況にあってはならない。しかし、裁判所はこの問題を取り上げることさえしなかった。それにもかかわらず、新聞記事[2]効果。ただし、インターネット検索で見つからない場合がある。一部の国では、死亡率がしばらくの間、ほぼゼロになった。その後、「第二波」が予言され、すべてが最初からやり直した。私たちは今、第四の波に達しており、第五の波はすでに予言されている。[3]

それで、不幸はそのコースを取った. 2019年10月の時点で、何か起きているのではないかと考えていた。とりわけ、2019年10月17日に12月号を予定している雑誌から、「無事に危機を乗り切りたい」という問い合わせがあった。貢献できるだろうか?もちろん。私の記事は「Master the Disaster」(災害を克服する)と題されていた。[4]「すべての領収書はすぐに届くか?」と私は尋ねた。「デジタルツールと新しいアイデアで対抗しているのであれば、そうではない」これに続いて、「システムのアップグレードを求める嘆願」が続いた。私は、「都市や地域をイノベーションエンジンに、一種の巨大なメイカースペースに変えなければならない」と提案した。危機に対する参加型のレジリエンスと崩壊に対する協力も求めた。

しかし、この記事が掲載される前に、2019年11月5日に「Bloomberg」で読んだ人がいる: [5]「地球が気候危機に打ち勝つには、より少ない人数で済むと科学者は言う」、 「11,000人以上の専門家が緊急事態宣言に署名し、エネルギー、食物、生殖を直ちに変えなければならないことを警告している」。私は鳥肌が立った。2019年10月にパンデミックシミュレーションゲームがあったことを知ったのは、後になってようやく、政治家にパンデミックと戦うための費用のかかる新たな対策を講じるよう促すことを目的としたものだった。6]以前、グローバル準備監視委員会は、その報告書「危険にさらされている世界」で次のように要求していた。致命的な呼吸器病原体の」では、私たちはパンデミック実験に参加していたのだろうか? 私はそう望んでいなかった!

しかし、人口抑制や人口減少の呼びかけは新しいものではなかった。すでに10年前の2009年5月26日に、「ウォールストリートジャーナル」[8]で、「億万長者が世界の人口を縮小しようとしている…」というタイトルで、ニューヨークでの独占的な会議についての記事を読むことができた。また、「The Guardian」は 2009年5月31日に次のように報じている

「世界で最もエリートなクラブだ。一般の方は申し込む必要はない。確かに、参加を求める方法はない。あなたは単に、非常に豊かで、非常に寛大でなければならない。もちろん、それは冷笑的な意味だった。あなたはすでに残りを知っている。では、世界で最も裕福で最も権力のある人々は、地球の人口を削減する必要があると考えていたのだろうか? 」[10]

現在のパンデミックの原因が何であれ、2019年末の時点で、彼らのほとんどは自分たちに何が待ち構えているかわからなかった。COVID-19は 2020年にニュースの見出しを飾っただけだ。中国が世界保健機関に報告したときには、すでに手遅れだった。ウイルスはすでに世界の半分に広がり、その後まもなく世界の隅々で猛威を振るい始めた。ある時点で別のパンデミックや肺疾患に直面することはわかっていたが、準備が著しく不十分だった。人工呼吸器、マスク、消毒剤が不足していた。数十年保管されていた消毒剤のストックの中には、前年に処分されたものさえあった。[11]

膨大な数の人々が亡くなり、戦争のように突然「トリアージ」の話題が口をついて出た。勇気を持った人々は自問自答した:高齢で虚弱な人々は、医療制度に多大な労力と高い費用をもたらしたために、故意に「処分」されたのだろうか? 「Senocide」の話が広まった: [12]それは非常に古いものに特に大きな打撃を与えた。今、「選ばれた」と「呪われた」、そして世界の残りの部分を備えた、トリアージに基づく新封建社会が到来したのか? それは本当に必要だったのだろうか、それともこの危機は、システムの変更をいつの間にか開始するために使われていたのだろうか?

Twitterで、私は一方的な「安楽死」について暴言を吐いた。[13]誤解していたに違いないと言われた。実際に?「ドイツの医療チームはまた、ナーシングホームの感染患者と80歳以上の感染者のための緊急サービスが『アヘン剤と睡眠薬による迅速な終末期ケア』を提供したと報告している」と述べた。

フェルディナント・フォン・シラッハが再び実地法廷で名を馳せたとき、疑いの余地はほとんどなかった。彼の新しいテレビイベントは、壮大な装いでドイツとスイスに降り立った。「神」という称号は霊的な洞察を約束した。代わりに、それは人間の究極の推定である安楽死に関するものだった。年配の男性の妻が亡くなり、それ以来、彼は人生への興味を失っていた。彼は自らの命を絶ち、かかりつけの医師による安楽死を強制したかったのである-倫理委員会の前で!

今回もフォン・シラッハは、心理的なトリックでテレビの視聴者を指で包み込む方法を知っていた。どうやら彼は確立された立憲国家に対して巧妙に扇動した視聴者を扇動することに抵抗できなかったようだ-結局のところ、テレビは彼にこのためのプラットフォームを提供した. 主題が独立して真剣に検討され、あらゆる側面から議論される前に、扇動されたテレビの人々は、以前の判例法とは正反対の新しい法的原則に投票することが許可された.

どういうわけか、それ以上のものがあると感じた。それで、ウィキペディアで彼の家族歴を調べた。彼の祖父であるバルドゥル・ベネディクト・フォン・シラッハを見てみよう。[14]そうすれば、あなたも私と同じように驚かれることだろう…

しかし、内容に戻る。放送される前から、誤解を招くという理由で、医師たちは自殺映画に反対していた。[15]倫理は投票の問題ではない、とDie Zeitは抗議した。[16]「デア・シュピーゲル」も「最初の安楽死イベント」について疑問に思った: [17]「パンデミックの最中に、最初の[テレビ番組]はテーマの夜の光景「神」を組織した:スター俳優とテレビ視聴者自殺の賛否について判断する。恐ろしい実践的な法廷である」確かに!連邦憲法裁判所は、2020年2月のパンデミックの開始と同時に商業的安楽死の禁止を解除した[18]。ロックダウンとトリアージが行われる前に。原則として、現在、産業規模での安楽死を妨げるものは何もない。ちなみに、同様の法律がポルトガル[19] 、オーストリア[20]、そしておそらく他の国でも可決された。「License to Die」と題されたBlickの

人気記事は、さらに先へ進んだ。[21]

「階級に関係なくトリアージを行う」

靴屋の息子であるドミニク・ジャン・ラリーは、ナポレオン戦争の過程で、軍医および野戦外科医として新しいトリアージを実施した。彼は負傷者の軍階級に注意を払わなかった。…

パンデミックにより、トリアージが見出しに戻ってきた。最後の人工呼吸器を手に入れるのは誰? … 9段階のスケールは、集中治療医が必要に応じて、医療倫理の原則に従って患者を分類し、決定が透明で後で理解できるようにすることを目的としている。

死に至る痛みから

の解放今後の冬にトリアージに失敗した人は、病院内の外部の自殺支援を通じて、予見可能な最期を短縮する選択肢を少なくとも持つべきである。彼が明示的にそう望む場合。安楽死は殺人ではなく、死に至る痛みからの解放ではあるが、現在、大学病院では自殺幇助は法的に許可されていない.

残念なことに、多くの健康な人々は、痛みの経験にも共感にも基づいていない、善行の倫理に耽溺している。愛するペットに与えられた救いは、人間にも与えられるべきである。

「疲れ果てた人間をペットのように眠らせましょう-それが私たちの文明がどこまで来たかなのです! 」 明かりのスイッチのように生命を消すことができるということは、人々が生物学的ロボットとしてますます理解されるテクノロジー主導の時代に完全に適合しているようだ。「本当に本気なのか?」と自問自答することがある。

ここまで来るべきではなかった。2017年9月11日、私は急きょ、検察官の隠れ家での講演に招待されたからだ。それは、デジタル化の影響と法的影響についてだった。そこで私は、持続可能性の問題とデジタル自動化の文脈において、人口減少と安楽死だけでなく、新しい全体主義の脅威にさらされているという事実に明確に注意を向けた。

しかし、状況は絶望的ではない、と私は続けた。たとえば、循環型経済や分かち合い経済、民主的資本主義、新しい金融システム4.0、デジタル民主主義、都市オリンピックなど、より良い解決策があるだろう。しかし、代わりにパンデミックが発生した。最初は 1日あたり、5,000人のコロナ死者が発生し、次に10,000人が死亡した(出典:ウィキペディア)。[22]私は、これらの死亡率が計画されているとまでは言わない。[23]「それは優生学なのか?」歴史家はまだ疑問に思っていた. [24]多くのコロナ死者はそのままで十分に悪い。しかし残念なことに、それはさらに悪化する。2020年4月5日に、私は Twitterでコロナ対策の二次的な影響について警告した(ポイント2を参照)。

しかし、このトピックが注目を集めたのは 2021年1月中旬のことだった。[25] 2020年8月31日、ブルームバーグは次のようにも読めた。[26] COVID-19によって引き起こされたサプライチェーンの混乱の結果として、パンデミック自体よりも多くの人々が飢餓で死亡する可能性がある。1日あたり、12,000人である。その間、第一次世界大戦よりも多くの人がおそらくCOVID-19と取られた措置の副作用で死亡した!!!

世界人口の増加を止めようとすると、毎年約8000万人が死亡する必要がある[27]毎年、第二次世界大戦とホロコーストを合わせた人数と同じ数になるだろう。もしローマクラブの予言が信じられるなら、今世紀中に人類の3分の1が早死にするだろう。うまくいけば、それは計画ではなかった!それとも、そうだろうか?「第三の波」がすでに予言されていたからだ。感染者数は、2021年のイースターまでに10倍になると予測されていた[28]か、感染者数が50倍になることさえあった[29]

間もなく、全員が「ワクチン接種を受けるか、回復するか、死亡する」と、退任するドイツの保健大臣は約束した。[30]それで、死亡率は急上昇するか?そうすれば、ブラジルやインドに見られるように、世界はすぐに一種の戦場になるだろう。野心的な政治的持続可能性の目標は、他の方法では達成できないのだろうか? [31]

このすべてが私を言葉を失った。業界がそれを台無しにしてしまったようで、政治と法制度がそれを可能にしたようだ。私たちは完全な政治的失敗に直面した。さらに悪いことに、担当者は、COVID-19の状況を考えると、すべてが正常であるかのように振る舞った。誰も辞任を強いられたとは感じなかった。代わりに、「体系的に関連する」ための余地しかない「ニューノーマル」を導入しようとした。この文脈では、必然的にユヴァル・ノア・ハラリを思い出した。ユヴァル・ノア・ハラリは、エリートたちが技術的に寿命を延ばしたり、不死にさえなろうとする試みに直面して[32]、私たちに次のように警告した: [33] [1] www. pcwelt.de/ratgeber/Kommentar-Es-geh-um-ihr-Leben-10782364.html [2]

バイオエンジニアリングの開発と組み合わせることで、人工知能-人類を小さなクラスの超人と、下等で役に立たないホモサピエンスに分割することができるのである。超人であることは非常に危険である。そうなると、大衆の未来は、少数のエリートの善意にかかっている。もしかしたら、数十年間は善意があるかもしれない。しかし、危機の時代-たとえば気候の大混乱-には、余分な人間を海に投げ捨てることは非常に魅力的で簡単なことだろう。

[1] www.pcwelt.de/ratgeber/Kommentar-Es-geht-um-Ihr-Leben-10782364.html

[2] www.nzz.ch/meinung/ethisch-sterben-die-gefahr-der-moralischen-entgleisung-ld.1542682

[3] www.tagesschau.de/inland/wieler-rki-warnungen-fuenfte-welle-101.html

[4] schweizermonat.ch/master-the-disaster/ avenue.argusdatainsights.ch/Article/AvenueClip?artikelHash=b28a0607bbbe46fe9920d2d08f0726a2_8CB9FE5DAC4DED10B46B02983DFD3B41&artikelDateiId=240430037

[5] www.bloomberg.com/news/articles/2019-11-05/scientists-call-for-population-control-in-mass-climate-alarm

[6] www.centerforhealthsecurity.org/event201/

[7] reliefweb.int/sites/reliefweb.int/files/resources/GPMB_annualreport_2019.pdf, page VIII

[8] www.wsj.com/articles/BL-WHB-1322

[9] www.theguardian.com/world/2009/may/31/new-york-billionaire-philanthropists

[10] In ähnliche Richtung geht dieser Bericht mit dem Titel „Survival of the Richest“: onezero.medium.com/survival-of-the-richest-9ef6cddd0cc1

[11] www.tagesanzeiger.ch/wie-der-bund-seine-alkoholvorraete-aufloeste-und-nun-neu-aufbauen-muss-396748928247

[12] www.nzz.ch/feuilleton/niall-ferguson-was-bedeutet-es-dass-das-coronavirus-altersdiskriminierend-wirkt-ld.1547902

www.nzz.ch/schweiz/triage-richtlininen-in-den-spitaelern-loesen-harsche-kritik-aus-ld.1584225

[13] www.welt.de/politik/ausland/plus206815855/Corona-in-Frankreich-Den-aeltesten-Patienten-helfen-sie-nur-noch-beim-Sterben.html

www.springermedizin.de/covid-19/infektionserkrankungen-in-der-hausarztpraxis/statt-beatmung-sterbehilfe-bei-ueber-80-jaehrigen-patienten/17842446

[14] de.wikipedia.org/wiki/Baldur_von_Schirach

[15] www.faz.net/aktuell/feuilleton/medien/offener-brief-zu-gott-von-ferdinand-von-schirach-17063545.html

[16] www.zeit.de/kultur/film/2020-11/gott-ferdinand-von-schirach-ard-fernsehen-ethik-abstimmung-sterbehilfe

[17] www.spiegel.de/kultur/tv/schirach-themenabend-gott-der-tod-ist-ein-lehrmeister-aus-deutschland-a-60284923-bcbb-4c53-8e82-90f8996b80b1

[18] www.spiegel.de/panorama/justiz/sterbehilfe-bundesverfassungsgericht-erlaubt-geschaeftsmaessige-beihilfe-zum-suizid-a-313fb29b-43af-4524-a16c-b469daf33062

[19] www.nzz.ch/international/portugal-das-parlament-will-die-aktive-sterbehilfe-erlauben-ld.1541916

[20] www.zeit.de/gesellschaft/2020-12/oesterreich-sterbehilfe-verfassungsgericht-hilfe-selbststoetung-selbstbestimmung

[21] www.blick.ch/meinung/kolumnen/kolumne-geschichte-ueber-die-triage-in-der-corona-pandemie-lizenz-zum-sterben-id16215543.html

[22] en.wikipedia.org/wiki/Template:COVID-19_pandemic_data

[23] www.spiegel.de/wirtschaft/soziales/lockdown-was-corona-mit-dem-zweiten-weltkrieg-zu-tun-hat-kolumne-a-1fb695d7-56b5-40e4-807e-9c379762fa3a

[24] www.tagesanzeiger.ch/ist-es-eugenik-482375266020

[25] www.nzz.ch/wirtschaft/corona-auch-die-abkuehlung-der-wirtschaft-kostet-menschenleben-ld.1596469

[26] www.bloomberg.com/news/features/2020-08-31/hunger-is-threatening-to-kill-more-people-than-covid-this-year

[27] Diese Schätzung beruht auf der Differenz zwischen den Geburten und Todesfällen laut www.worldometers.info.

[28] www.focus.de/gesundheit/coronavirus/die-corona-erklaerer-10-mal-so-hohe-corona-inzidenz-zu-ostern-virologe-merkel-koennte-wieder-recht-haben_id_12866183.html

…www.focus.de/gesundheit/coronavirus/bis-zu-100-000-faelle-pro-tag-drosten-habe-schlimme-befuerchtungen-was-im-fruehjahr-und-sommer-passieren-koennte_id_12896893

[29] www.welt.de/wissenschaft/plus224692877/Virologe-zu-Mutationen-Dann-ist-die-Inzidenz-in-drei-Monaten-bei-5000-Prozent-von-der-heutigen.html

[30] www.zdf.de/nachrichten/politik/pressekonferenz-spahn-biontech-moderna-lieferungen-100.html

[31] Irgendwie ahnt man, dass es einen Zusammenhang mit dem „Klimanotstand“ geben könnte ) www.theeuropean.de/rainer-zitelmann/karl-lauterbach-plant-nach-corona-oeko-diktatur/). Auch in der „Welt“ ist von Corona als Generalprobe für die Klimakrise die Rede (www.welt.de/kultur/plus223754002/Dauerhafter-Lockdown-Corona-als-Generalprobe-fuer-die-Klimakrise.html). Was bedeutet es also, 55% CO2 bis 2030 einzusparen, wie es von der Europäischen Union geplant ist? (www.welt.de/wirtschaft/article215766858/55-Prozent-weniger-CO-Von-der-Leyen-wagt-beim-Klimaplan-das-Maximum.html, www.tagesanzeiger.ch/eu-staaten-und-europaparlament-einig-zu-klimaziel-fuer-2030-371688887118). Bedenkt man, dass etwa ein Drittel der CO2-Emissionen durch die Industrie, ein Drittel durch den Straßenverkehr und ein Drittel durch private Haushalte verursacht wird, dann muss man Energie-Erzeugung und Straßenverkehr innerhalb von 10 Jahren auf andere Technologien umstellen, was kaum möglich ist, oder Verkehr und Industrieproduktion auf ein absolutes Minimum reduzieren. Das lässt den Lockdown logisch erscheinen. Eine reduzierte Bevölkerung würde die Erreichung der Klima-Ziele natürlich erleichtern…

[32] Tatsächlich beschloss der Schweizer Nationalrat, dass jeder, der nicht widerspricht, in Zukunft als Organspender behandelt würde (www.nzz.ch/schweiz/nationalrat-will-mit-neuer-regelung-mehr-organspenden-ld.1623638) am gleichen Tag, als „Die Republik“ für die Sterbehilfe plädierte (www.republik.ch/2021/05/04/sterben-lassen). Natürlich fragte man sich da unwillkürlich, ob Reiche für immer zu leben hofften, während Arme sterben müssten (www.tagesanzeiger.ch/warum-arme-in-der-schweiz-haeufiger-an-covid-19-sterben-563912155655, www.tagesanzeiger.ch/wo-man-versichert-ist-kann-ueber-leben-oder-tod-entscheiden-752186910381).

[33] www.ynharari.com/book/21-lessons-book/

パート4 生きることを学ぶ!

それでも、状況はまったく絶望的というわけではない。しかし、私たちは、持続可能ではないシステム、つまり憲法上も持続可能でもないシステムからの非常口を見つける必要がある。実は、「終末」は避けられないものではなく、出口はある。つまりは私たちは、死ぬことを学ぶのではなく、生きることを学ぶのである。[1]しかし、どうやって?

資源不足が予想される場合、何をすべきかは明らかである。可能な限り資源消費を減らし、埋蔵量を増やし、資源効率を上げ、循環型経済を構築し、財やサービスを共有することである。

科学的な見地から言えば、世界を一元的にコントロールすることは、世界的な危機に立ち向かうための正しい戦略ではない。むしろ、世界の経済・社会システムは、驚きや衝撃、災害や危機から柔軟かつ迅速に回復できるよう、レジリエンスを高めていく必要がある。そのためには、冗長性、解決策の多様なアプローチ、分散型組織、参加型アプローチ、地域のデジタル支援、管理可能な地域組織による高度な自律性、そして連帯感が必要である。[2]目標は、より長い期間、局所的に持続的に機能するソリューションでなければならない。

一方、中央集権的なデータ駆動型AI制御の世界を目指すアプローチには懐疑的であり、言い換えれば、人々は基本的にそのシステムから受けた指示を実行する世界である。この文脈では、デジタルワクチンや免疫パスポートといった概念や、「身体のインターネット」[3]を可能にするある種の電子IDは、不適切であるとして拒絶されるべきである。[4]彼らは、基本的な権利を恣意的に付与したり差し止めたりすることで、人々がモノのように管理されることを可能にするだろう。このような懸念は、民主主義憲法が基礎とする中心的概念、すなわち合法的な政府の前提条件である人間の尊厳を侵害する[5]。

こうしてデジタル化を正しい方向に導くのだ。

[1] www.project-syndicate.org/commentary/artificial-intelligence-resilience-covid19-climate-change-by-dirk-helbing-and-peter-seele-2020-11

[2] Master the Disaster, Schweizer Monat, schweizermonat.ch/master-the-disaster/

[3] www.weforum.org/agenda/2020/06/internet-of-bodies-covid19-recovery-governance-health-data/

www.rand.org/blog/articles/2020/10/the-internet-of-bodies-will-change-everything-for-better-or-worse.html

[4] www.project-syndicate.org/commentary/digital-id-covid19-human-rights-surveillance-technology-by-dirk-helbing-and-peter-seele-2020-09

[5] de.wikipedia.org/wiki/Menschenwürde

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました