エポックタイムズプロパガンダ・全体主義暗号通貨・地域通貨

エリック・ベセル:中国の新しいデジタル通貨は、中国国内だけでなく海外での大量管理のためのツールである

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Erik Bethel: China’s New Digital Currency Is Tool for Mass Control, in China and Beyond

アメリカの思想的リーダー

JAN JEKIELEK

www.theepochtimes.com/erik-bethel-chinas-new-digital-currency-is-tool-for-mass-control-in-china-and-beyond_4265462.html

世界銀行の米国代表を務めたグローバル・ファイナンスの専門家、エリック・ベセル氏は、中国の新しいデジタル通貨は「決済メカニズムを装ったトロイの木馬」だと言います。「中国政府がこれをモニタリングの道具として使い、社会的信用度と結びつけ、最終的には事実上、永遠に権威主義体制を維持する方法はたくさんあります」。

中国共産党が中国の新しいデジタル人民元を展開すると、すぐに他の国に採用するように強要する可能性があるとベテル氏は言います。

そして、デジタル人民元は最終的に世界の基軸通貨としての米ドルの役割を脅かし、アメリカと他の自由世界に壊滅的な結果をもたらす可能性があると主張しています。

以下は、2022年2月8日に放送されたアメリカン・ソート・リーダーズのエピソードを急いで書き起こしたものです。このトランスクリプトは最終的なものではなく、更新される可能性があります。


Erik Bethel

エリック・ベセルさん、アメリカン・ソート・リーダーズに出演していただき、ありがとうございます。

Erik Bethel

お会いできて嬉しいです。ありがとうございます。

Jan Jekielek

エリック、私たちは今、北京オリンピックの前夜です。また、中国が全てに革命を起こすと言われている、新しいデジタル人民元の採用を数日後に控えています。そして、あなたを含む多くの人々がそれを少し心配しています。その前に、そもそもなぜあなたがデジタル通貨に興味を持ったのかを教えてください。また、率直に言って、中国経済の全体像についても教えてください。

Erik Bethel

私がデジタル通貨に興味を持ち始めたのは、世界銀行の米国代表を務めていたときでした。世界銀行が行っていることは、人々が貧困から抜け出すために年間1,000億ドル近い資金を投入していることでした。しかし、多くの仲介者を経由したり、外交的には「リーク」と呼ばれるような特定の政府を経由したりして、実際に目的とする最終受益者に届いているのは、そのうちのほんの一部にすぎませんでした。

リークや中間業者、汚職をなくすには、テクノロジーを使うのが一番だと思いました。世界銀行という立場上、イーサリアムの創始者であるヴィタリック・ブテリンをはじめ、R3 CordaやHyperledgerなど、暗号通貨やブロックチェーンの関係者を招いて講演をしてもらうことができました。

世界銀行が資本とブロックチェーンを導入し、そのお金がどこに行ったのか、どのように使われたのかなどを誰もが台帳で確認できるようにすることを目的としています。このプロジェクトは、現在も世界銀行で行われています。現在も進行中です。ただ、少し時間がかかります。

私が最初にこのプロジェクトに注目したのはそのためです。正しい方法で行われれば、非常に自由なものになると思いますが、中国の場合のように悪い方法で行われれば、非常に悪い結果になるでしょう。

Jan Jekielek

あなたは中国の現実を知らないわけではありません。実際に中国に住んで、金融関連の仕事をしていたのですから。

Erik Bethel

私の3人の子供は中国で生まれました。そうです。

Jan Jekielek

では、あなたの経歴とそのことについて、少し教えてください…

Erik Bethel

私は米国国務省の出身です。父は外務官僚で、1950年代にハバナの大使館で働いていたキューバ人の母と出会いました。私はマイアミをはじめとするラテンアメリカで育ち、英語を話せるようになったのは人生の後半でした。私は7〜8歳までスペイン語で育ちました。

海軍士官としての任務を終えて、最初に就職したのはモルガン・スタンレーでラテンアメリカの仕事をしていました。モルガン・スタンレーの銀行員に似ていますが、スペイン語ができると判断されたのです。それで、その分野に放り込まれたのです。

その途中で、中国のプライベート・エクイティ・ファンドに参加しないかと誘われ、」これは面白い 」と思いました。初めて中国に行ったときは、メキシコシティやサンパウロのバージョンを想像していました。しかし、私が中国で見たものは、実際にははるかに大きなものでした。それは、10億5千万の人々が働き、出世し、経済を成長させていることでした。そして、楽観的な感覚を持っていました。私は、「これがどのように発展していくのか、非常に興味深いものになるだろう」と思いました。

これは2000年代半ばのことです。妻と私は上海に移住し、それからの7年間を上海で過ごしました。そこで3人の子供が生まれ、中国の文化、言葉、食べ物などを学び、中国人がとても好きになりました。そうは言っても、中国共産党のことはそれほど好きではありませんが。

Jan Jekielek

以上が中国側の話ですが、これをもう少し発展させたいと思っています。現在の中国の金融の実態をどう見ているのか、話してもらいたいと思います。その前に、導入が予定されている中国のデジタル人民元について少しお話ししたいと思います。いいですか?

Erik Bethel

まず、デジタル通貨とは何かということから始めましょう。人々はそれが何であるか、何でないかについて架空の概念を持っています。そして、さまざまなものと混同されています。ここでお話しする中央銀行のデジタル通貨は、ビットコインのような暗号通貨ではありませんね。また、テザーのようないわゆる安定したコインでもありません。Venmoでもありません。それは中央銀行の法的義務です。これはデジタル形式の法定通貨です。

つまり、1ドル、物理的な1ドル札をデジタルに変換したとしたら、それは何なのかということです。それは中央銀行の借用書です。世界のGDPの90%のようなものです。彼らの中央銀行は、自分たちの物理的なお金をデジタル化することを検討しています。最も進んでいるのはドラムロール、中国です。彼らは8年前からこの取り組みを行っています。

私が最後に言いたいのは、これは私が考える限り、必然だということです。カセットテープがCDになり、それがSpotifyになったように、コインや紙幣を超時代錯誤だと振り返る時が来るのではないでしょうか?昔のことを覚えていますか?そして、実際に紙切れを持っていた頃の博物館の作品を見ることになるでしょう。だから、それは避けられないことなのです。

さて、話は中国に戻ります。オリンピック期間中に、彼らはデジタル通貨を発表する予定です。これはモニタリングツールであり、決済メカニズムを装ったものです。これにより、中国人民銀行、つまり中央銀行は、すべての人の購買履歴を覗き見ることができるようになるのです。自分では、「おいおい、俺はシャルドネと寿司を買うだけだぜ」と思うかもしれません。しかし、もしあなたがそうでないとしたら?

もしあなたが中国の少数民族や宗教的な人だったらどうでしょう?もし中国で聖書を購入したら?中国には何億人ものクリスチャンがハウス・チャーチに住んでいます。もしかしたら、牧師さんにお金を渡しているかもしれません。中国政府がこれをモニタリングの道具として使い、社会的信用度と結びつけ、最終的には権威主義的な体制を永遠に存続させる方法はたくさんあります。それはとても恐ろしいことです。

Jan Jekielek

中国の社会的信用システムについて知らない人もいるかもしれませんので、簡単に説明してください。それについて説明していただけますか?

Erik Bethel

これはSFやブラックミラーのようなエピソードではありません。これは現実の話で、あなたは今、米国と同じようなクレジットスコアを持っているのです。住宅ローンを組もうと思えば、クレジットスコアを見ますよね。

しかし想像してみてください。信号無視をするかどうか、税金を滞りなく支払うかどうかなど、生活のすべてが処理され、評価が与えられ、その評価によって旅行に行けるかどうかが決まるのです。

ここ数年、中国では何千万人もの人々が、社会的信用度が高くないという理由で、親戚を訪ねるための旅行を拒否されています。もし、あなたが反体制派だったらどうでしょうか。現実的には、あなたは存在しません。これが社会的信用度です。これにお金の要素が加わると、人々にとってどれだけ不安になるかわかりますよね。

Jan Jekielek

そして、あなたは存在しない。つまり、自分の活動をシステムに拾われたくないために、自分が存在しないことを装う必要があるということですか?具体的にはどのような意味でしょうか?

Erik Bethel

キャンセルされるかもしれないということです。例えば、あなたが結婚したいと思ったとします。私のクレジットスコアが低いと、誰かが私と結婚したいと思うと思いますか?つまり、私は本当に効率的に良い仕事に就くことができないのです。中国共産党の党員になる資格もありません。たぶん、家も買えない。旅行にも行けません。つまり、現実的な目的のためには、私は一線を越えない限り、キャンセルされるのです。

さて、これらのことは非常に心配です。しかし、あなたは自分自身にこう言うかもしれません、「中国で起こったことは中国のままだ。彼らの価値観は我々とは違う。なぜ我々が気にする必要があるのか?」そうですね。その考え方は理解できます。しかし、私が心配しているのは、彼らが輸出に長けているということです。特にテクノロジーについては。

TikTokやHuaweiを禁止しようとしているのであれば、彼らが金融抑圧のために構築したインフラを活用した技術スタックを想像してみてください。 中国のデジタル通貨が世界中の権威主義政権に輸出されていることを想像してみてください。この半球のベネズエラ、キューバ、北朝鮮、イランを考えてみてください。ベネズエラのニコラス・マドゥロ政権は、自分たちの政府、チャビスタ政権が野党の活動を覗き見ることができるデジタル通貨を手に入れる機会を喜ぶと思いませんか?もちろん、そうでしょう。

さらに悪いことに、サンデーの上のチェリーのようなものですが、現在、外国為替取引の80以上の割合が米ドル建てです。つまり、ベネズエラの石油はドルで売られているのです。ザンビアの銅はドルで売られています。サウジアラビアの石油はドルで売られています。基本的に、すべての商品は米ドルで販売されています。これが、米ドルが世界の基軸通貨である理由の1つであり、主要な理由の1つです。

では、中国のデジタル通貨の技術をベネズエラで再現する手段があるとしたらどうでしょう。この技術がベネズエラの石油の売買や決済をデジタル人民元で行うようなシームレスなものであったらどうでしょうか。どうなるでしょうか?長期的に考えなければなりません。すぐには起こらないでしょうが、今後5年、10年の間に何が起こるのでしょうか。

中国が自分たちのデジタル通貨のデジタル技術を世界中に広めることが許されるとしたら、国家安全保障の観点から非常に大きな問題になる可能性があります。そしてそれは、今は誰も考えていないことなのです。考えている人はいますが、それほど多くはありません。

Jan Jekielek

この社会的信用システムが、デジタル時代の金融構造全体に組み込まれることの意味を、簡単に説明してください。彼らは、すべてのものをこの一つの通貨に統合したいのではないでしょうか?

Erik Bethel

高いレベルから順に説明します。習近平と中国共産党にとって、彼らが物事を見るときのレンズとなる操作フレームワークはコントロールです。10億5千万人もの人々がいるのだから、物事をコントロールする必要があります。そのための方法のひとつが、社会的信用度を、お金の使い方などの金融インフラと結びつけることです。

しかし、私が懸念しているのは、中国がこの技術を世界中に輸出しようとしていることです。これでは、自由のための活動に支障が出てしまいます。権威主義体制を支え、世界の基軸通貨である米ドルを弱体化させる可能性もあるのです。

Jan Jekielek

そして、もうひとつの要素がありますね。中国のデジタル通貨は、その透明性のすべてを国家の安全保障機関が即座に利用できるようにするという点で、私たちは同意しています。私が常に考えているのは、あなたが行う文字通りすべてのこと、つまり、あなたが持っている携帯電話の中でアプリが動きや音、映像などで拾うことができる金銭的なものすべて、そのすべてが、彼らが完成させつつあるこの巨大なAIシステムに供給され、あなたの評価の一部が変わり、人々が判断を下すことになるということです。

Erik Bethel

国民全体の性格を変えてしまうことになります。だから、クレジットスコアにどう影響するかで、物事をしなかったり、したりするんです。

Jan Jekielek

マイノリティ・リポートを思い出しました。基本的に犯罪以前のもの。このようなAIを想像すると、統計データを見て、「この人は反抗的な行動をとる傾向があるかもしれないな。そうなる前に、早めに街から排除したほうがいいかもしれない」と言ってくれるようなAIです。

Erik Bethel

今、中国がデジタル通貨にプライバシーを組み込むという声明をいくつか出していると言う人がいます。そうですか。中国は、香港の国内政治問題には干渉しないとも言っています。また、中国は島を作らないと言っています。南シナ海を軍事化することもありません。

だから、彼らの言葉を信じることもできるし、中国共産党の実績を見ることもできる。つまり、彼らは「弾圧には使われない」と主張し、「完全にプライベートなものになる」と主張することができるのです。しかし、それを判断するのは他の人に任せています。

Jan Jekielek

今日でも、例えばCOVID統計の話をしたいようですが、どうでしょうか?というのも、今日でも私たちの機関、大学、医療機関では、中国政権のCOVID統計を額面通りに受け入れる人たちがたくさんいるようです。私には合理的に思えるのですが。つまり、あなたが説明したような実績があるにもかかわらず、多くの人が信用しているように思えるのです。

Erik Bethel

その理由は、個人がミラーリングする傾向があるからだと思います。つまり、自分が透明で正直であれば、他の人も同じだと考えるのです。そうですね。この傾向は、一般的に親切で物事をオープンにする欧米諸国で特に顕著だと思いますが、世界には同じ価値観を持たない人たちがいることを知らないのです。だから、彼らが統計情報を提供してくれるなら、それは本物に違いないと考えてしまうのです。

Jan Jekielek

あなたは、デジタル通貨がここでどのようなものになるのか、またどのように違うのか、必然的なことだとおっしゃいました。なぜなら、今この番組を見ている多くの人が「そうだな…」と思っているはずだからです。

Erik Bethel

「私はすでにデジタルの中にいます。もうVenmoでも何でも使っているし」と思っているはずです。そうでしょう?

Jan Jekielek

そうですね。どんなデジタル通貨でも良いのですが、そう考えている人もいます。他の人たちは、中央のデジタル通貨が、まさに今あなたが説明したように、中国の政権が展開している以外のものであるはずがない、と考えているのではないでしょうか。率直に言って、今のところ私もある程度はそう考えていますよ。

しかし、その前に、あなたが中国に関心を持ち、中国の金融システムの現実を理解していることから、今日の現実がどうなっているかについて少し話したいと思います。今にも崩壊してしまいそうです。もちろん、現実はそのどちらにも当てはまらないのですが、あなたはどのようにお考えですか?

Erik Bethel

一言で言うのは難しいですね。というのも、IMFが今日か昨日、2022年の中国経済の成長率は5.7%になるだろうというレポートを出したんです。それが今は4.8%です。つまり、成長率の割合が大きく変化しているのです。本当のところは誰にもわかりません。

プライスウォーターハウスが中国の帳簿を監査していますか?私たちは、中国の経済状況に関する知識を、中国自身が発表する多くの統計データに基づいて反映させています。確かにウォール街はこのことについて考えているし、確かにIMFもそうですが、正直なところ、誰も本当のことを知らないのではないか?私にはわかりません。

Jan Jekielek

さて、質問ですが、中国の成功は誇張されていると思いますか、それとも控えめに見積もられていると思いますか?あなたは何を期待しますか?

Erik Bethel

中国はここ1ヶ月半ほどで準備率を下げ、また金利も下げました。金利を下げ、準備率を下げると、簡単に言えば、準備率とは、すべての商業銀行が中央銀行にいくら準備しておかなければならないかということで、雨の日のための準備と考えてください。

これを下げて金利を下げると、中国の中央銀行と財務省は、銀行にもっとお金を貸すように促すことになります。中国の中央銀行や財務省がやっていることは、銀行にもっとお金を貸すように促すことですが、それは経済がうまくいっていないからです。一方で引き締めを行うとなると、話は変わってきます。しかし、中国で見られるのは、現状に対する幅広い懸念です。

世界第2位または最大級の不動産会社であるEvergrandeがあります。この会社は壊滅的な、つまり大失敗をしてしまいました。ドミノ効果で他の不動産会社も同様の事態に陥っています。中国政府のトップは非常に強硬な指導者で、気まぐれに産業を潰そうとしていますよね。ある日、それはオンライン教育産業でした。別の日には、ジャック・マーが姿を消します。

このように、さまざまな要因があり、安定性に欠けることは中国経済にとって良いことではありません。ですから、今年の経済成長率は4.5%かもしれません。3%の成長かもしれません。6%かもしれません。それは誰にもわかりません。

Jan Jekielek

この不安定さを考えると。一般的に、業界のリーダーやビジネスリーダーから聞くのは、不安定なのは良くない、安定しているのは良いことです。そうでしょう?

Erik Bethel

あなたがヘッジファンド・マネージャーで、不安定さで生きているなら別ですが。

Jan Jekielek

そうですね。興味深い点です。あなたがおっしゃるような不安定さがあるにもかかわらず、なぜ多くのファンドが今でも中国に狂ったように投資しているのでしょうか?

Erik Bethel

正直に言うと、これは認識の相違です。これにはいくつかの要因があると思います。例えば、BlackstoneやBridgewaterなどの企業のトップが、Ray DalioやBridgewaterなどの企業のトップと同じようなことをしているとしましょう。例えば、Ray Dalioを例に挙げてみましょう。レイ・ダリオは何十年も前から中国と付き合ってきました。彼を代弁することはできませんが、おそらく彼は中国で長い歴史を持ち、多くの友人を作ってきたので、中国が間違った方向に進んでいるとは理解できないのでしょう。

だから、確証バイアスがかかっているのかもしれませんね。私にはわかりません。彼を代弁することはできません。1ヶ月半前にジェイミー・ダイモンが「JPモルガンは共産党よりも長生きする」と発言し、翌日には必死になって足取りを戻して深く謝罪しているのを見たばかりなので、恐怖の要素があるのかもしれません。つまり、恐怖の要素があるのです。そして、もう一つの要素は貪欲さです。

欧米の企業やファンドで、中国から資金を調達したり、中国で製品を作ったり、中国に売ろうとしたりしていないところを探すのは難しい。その上、ファンドマネージャーやCEOなどは、非常に短い注意力と短い時間しか持たないんですよね。

四半期ごとの収益や、平均的なCEOの寿命がどれくらいかはわかりませんが、中国と協力して、次のCEOへの道を切り開いていきましょう。そして、3年か4年で大金を稼いだら、フロリダに引退して心配しないことにします。そうすれば、すべての問題から逃れられる。このように、近視眼的な考え方が一般的なのです。

Jan Jekielek

中国の金融事情に詳しい多くの人から聞いた話ですが、大規模なファンドや企業などが中国に投資した場合、その資金を実際に引き出すことは事実上不可能だそうです。それはいわば紙の上に存在する投資です。大金ですからね。表向きはそこにある。しかし、実際にそれを元に戻そうとすると、簡単にはできないのです。

Erik Bethel

閉鎖的な資本勘定があるのですね。そう、その通りです。そして、余剰利益を中国に再投資していると推測されます。

そういえば、ひとつ言い忘れていたことがあります。ファンドマネージャーは、業界ではインデックスと呼ばれるものに基づいて資源を配分します。誰もが聞いたことのある主なインデックスはMSCIと呼ばれるものです。略語の意味は割愛しますが、数十年前にモルガン・スタンレーから生まれたものです。

このインデックスは円グラフに見立て、円グラフは地理的に整理されています。中国はそのパイの中では非常に小さいものでしましたが、時間の経過とともに増加していきました。ファンドマネージャーの評価は、そのパフォーマンスがインデックスと比較してどうかで決まります。つまり、インデックスのパイに占める中国の割合が増えれば、中国に資金を配分しなければならず、それは何兆ドルにもなるのです。

なぜなら、現時点では中国はもはや新興市場ではなく、モルガン・スタンレーのMSCI新興市場インデックスでは、中国に流れている資金を他の新興市場に回すことができるからです。

Jan Jekielek

いずれにしても、これらのファンドの多くでは、投資額を2倍に増やしているようですね。繰り返しになりますが、なぜそうしてはいけないのでしょうか?

Erik Bethel

結局のところ、モラルに縛られない資本は不道徳ですよね。金儲けのためならどこへでも行くのです。マット・タイビが10年以上前にゴールドマン・サックスを評したとき、ヴァンパイア・スクイッドは金の匂いがするものに血の漏斗を突き刺すと言っていました。これこそが、道徳的な良心を持たない資本主義の姿なのです。

では、私たちは新疆で人間の臓器摘出が行われていることを忘れているのか、それとも意識的に忘れているのでしょうか。忘れるというのは都合のいいことなのでしょうか。その存在を知っているのか、それとも中国で金儲けをしたいだけで、どうでもいいと思っているのでしょうか。そしてそれは、資本主義についてのとても悲しいことです。そうは言っても、私は資本主義者ですからね、念のため。まあ、これを見ている人に、私は資本主義者だと言っておきましょう。

Jan Jekielek

それで、最近チャマス・パリハピティヤが言っていたことを思い出すのですが、あなたが今言ったような種類の懸念は、このような立場にある多くの人々にとって、おそらくリストのトップではないでしょう。

Erik Bethel

それについては私もコメントできます。彼は本当に素晴らしい人です。彼の政治的信条には必ずしも賛成できないこともありますが、彼はとても頭のいい人です。国内でもトップレベルのポッドキャストであるAll-In Podcastで、彼は「新疆とウイグルは私の関心事のトップリストには入らない」という趣旨のことを言いました。そのため、彼はツイッターの群衆から非難されました。それは当然のことでしょう。

しかし、他のポッドキャストのメンバーの一人であるデビッド・サックスは、そのポッドキャストの中で、ところで、チャマスははっきりと謝罪したと述べています。それは、Chamathが不快な真実を暴露したということです。中国での少数民族の虐殺が重要なレベルに達しなければ、明日ウォルマートに行って中国製のものを買う人たちは気にならないのでしょうか?

オリンピックをボイコットするのでしょうか?みんなオリンピックを見ているのか、見ないほうがいいのでしょうか。人々は日々の生活を営んでいます。彼らは新疆で何かが起こっていることを理解しているかもしれませんが、彼らにとってそれは現実のものではなく、むしろ抽象的なものなのです。これは、私たちが直面しなければならない不快な事実です。そして、他の人たちは、道徳的に同等のことをしようとします。

「私たちは、同じように悪いことをしている他の国と協力している」と言うのです。しかし、100万人もの人々が収容所に入れられ、強制的に臓器を摘出され、不妊手術を受け、民族全体が完全に解体されてしまうような事態にまでは至らないと思います。人々は何が起こっているのか理解していないと思います。繰り返しになりますが、どこかで抽象化されているような気がします。

Jan Jekielek

この問題については、番組に出演している何人もの人たちが議論しています。つまり、中国では今現在、1つだけでなく3つのジェノサイドが起きていると言っても過言ではありません。その点については、ほとんどの人が同意していると思いますが、情報は広く共有されるべきだと思いませんか?自分が協力している国が何をしているのか、社会全体で。私たちは、国連条約に基づいて同意していると思います。ジェノサイド(大量虐殺)は、人間がお互いに行うことのできる最悪の行為です。

このことについて、社会的な情報が広まっていると思いますよね?しかし、この条約の理念である「二度と繰り返さない」という考えは、今も続いています。つい先日、ホロコースト・メモリアル・デーを迎えたばかりです。私は、この問題が今でも私の心の中にあると言えます。

Erik Bethel

そもそも新疆ウイグル自治区からはあまり情報が出てきませんからね。メディアは当然現地に行くことはできません。頻繁に、あるいは全面的に報道されているわけではありません。ちょうど今日か昨日、国連の人権委員であるミシェル・バチェレ(前チリ大統領)が新疆に行くと言っていましたが、中国の報道官は「新疆に来るのは歓迎するが、調査するためではない」という趣旨のことを言っていました。

彼女は何をするために行ったのでしょうか?シシケバブを食べるとか?しかし、彼女は大量虐殺が行われている新疆に行って、バスケットボールをするつもりなのでしょうか?つまり、彼女がそこにいる目的は一体何なのでしょうか?中国からはあまり情報が発信されていないので、とても悲しいです。

Jan Jekielek

ここで、中国のデジタル人民元を振り返るのは自然なことで、さらにデジタルドルの可能性についても少し考えてみたいと思います。あなたが懸念しているのは、まさにこれらのテクノロジーが、新疆ウイグル自治区で現在、最も過激な形で使用されていることですね。そうですね?西洋社会でこの種のテクノロジーが展開されるのを防ぐにはどうしたらいいでしょうか。特に、検閲や政府のコントロールなどへの恐怖が高まっている社会では?

Erik Bethel

ブロックチェーンと非中央集権の素晴らしい点は、通貨やソーシャルメディアなどの中央集権的なネットワークは、腐敗の中心点であると同時に失敗の中心点でもあるということです。ソーシャルメディア企業は、その企業の信念体系に反した思想やコメントを根絶するための一元的な手段を持っています。そのため、自分たちの政治的傾向に有利な方法で会話を誘導することができるのです。

私は彼らの政治的傾向についてコメントするつもりはありません。ただ、自由は必要だと思っています。同じように、もしデジタル通貨がうまくいけば… 話を戻します。デジタル通貨は、社会にとって非常に大きな資産となり得ることをうまくやっています。汚職、詐欺、マネーロンダリング、犯罪行為を根絶するか、少なくともかなりのレベルで排除することができます。市民に直接現金を支給することもできます。COVID小切手の代わりに、デジタルウォレットに直接お金を入れることができます。

何千万人もの人々に金融サービスを提供できるようになります。銀行口座を持っていないアメリカ人は700万人くらいだと思いますし、銀行口座を持っていない人は世界中に何十億人もいます。これがファイナンシャル・インクルージョンです。世界中の政府にとっては、税金の徴収や不正行為をなくすための手段にもなります。このように、すべてが良いことです。

しかし、その一方で、プライバシーの欠如のために、すべての良いことのバランスを取ることができるでしょうか?個人的にはこの点が気になっています。私の取引が政府に公開されている世界を想像してみてください。未来の米国政府が擬似的な善意を持っていると仮定して、まあ、私の健康のためには、アイスクリーム・サンデーをたくさん食べるべきでしょうか?アイスクリーム・サンデーやポーターハウス・ステーキやワインの割当量は多すぎるかもしれません。そして、私の未来のデジタルマネーにも割り当てがありました。もし私がSUVを運転していて、地球を守るために、気候変動のために、車を満タンにできないようにすべきだとしたらどうでしょうか。

人類のため、そして私自身のためになるのですから、それは擬似的な博愛主義だと思いますが、なぜ政府は私が自分の人生で何をすべきか、何をすべきでないかを教えてくれるのでしょうか?それが私の懸念です。それが本当なのか、想像なのかは、時間が解決してくれるでしょう。しかし、市民はデジタル通貨が個人の生活にどのような影響を与えるのか、慎重に考える必要があると思います。

Jan Jekielek

あなたは、このデジタル通貨の商工会議所のメンバーですね。例えばドルのような、プライバシーや匿名性を維持できる中央銀行のデジタル通貨を作ることは可能なのでしょうか。それによって政府は、あなたのお金を一瞬で奪う代わりに、あなたのお金をザッピングすることができなくなります。あるいは、AIが収集している他の統計データで何か良くないことがあったからといって、AIがそれをやってしまうかもしれません。

Erik Bethel

そうですね。簡潔に言えば、「イエス」だと思います。技術的な詳細には触れませんが、アカウントベースのシステムとトークンベースのシステムがあります。トークンベースのシステムでは、完全に匿名にすることができます。将来のインテリジェントなデジタル・ドル・プロジェクトには、完全なプライベートと完全なアノニマスの領域が含まれていると思います。そして、ここでは完全に追跡可能です。

そして、その中間にあるものがあります。私は、プライバシーのニーズと、デジタルウォレットを使って匿名で100万ドルの麻薬取引をされては困るという合法的な法執行機関のニーズとのバランスを取る必要があることを理解しています。

将来的には、政策立案者は、例えば0ドルから1万ドルの範囲内であれば、デジタルウォレットで行うことはすべてプライベートなものであると考えるべきだと思います。1万ドルから何万ドルまでは、疑似匿名となります。そしてその時点からは、連邦政府や国庫が見ることのできる政策として公開されます。このようなことができるのです。問題は、これらのデジタル通貨のインテリジェントなデザインに焦点を当てるために、重要な人々をどうやってテーブルに集めるかということです。

Jan Jekielek

それが問題なんです。今、連邦政府は質問をしていますよね?

Erik Bethel

ええ、ええ、(肯定)。

Jan Jekielek

あるいは、人々がそれについてどう考えているのかを知りたがっています。あなたはそれが避けられないと言っています。それはそれで面白いですよね。あなたが正しいと仮定しましょう。仮定しましょう。おそらく多くの視聴者や私自身が、「うわー、それってすごく怖いですよね 」と思っているとします。なぜなら、このような潜在的なコントロールレベルのために、人々は、まあ、それは私的なものだと言って、そのように言うでしょうが、実際には、常にバックドアがあり、政府がいつでもスイッチを入れて、突然、すべてがいわば中国のデジタル人民元になる可能性があるからです。

でも、あなたは彼らに何を言っているのでしょうか?あなたが彼らに何かを伝えていることはわかっています。それは何でしょうか?あなたは彼らに何を伝えているのでしょうか?

Erik Bethel

私たちが抱えている問題のひとつは、キッチンにたくさんのシェフがいることです。デジタル通貨の未来について、誰が采配を振るっているのかが不明瞭です。そこで、すべてのアクターを考えてみましょう。連邦政府、SEC、CFTC、OCC(通貨監督庁、銀行規制当局)。議会、民間企業、つまり銀行やクレジットカード会社も含まれます。誰もがこの問題について意見を述べていますが、誰も牛の角を持っていません。

連邦政府はレポートを発表しましたが、それは素晴らしいものでした。昨年の初めか半ばに発表されるはずだったのに、9ヶ月もかかってしまい、皆が連邦政府が何を言うか期待していたという意味では、少し物足りないものでした。そして、あまり多くのことは語られませんでした。インターンを2人雇って、週末にレッドブルを飲ませて、暗号ポッドキャストを見させても、同じだったでしょう。

私がこの問題で上級政策レベルの針を動かすことができるとしたら、連邦政府と財務省にサンドBOXと呼ばれる技術的サンドBOXを作らせ、多くの異なるプロバイダーがそのサンドBOXで作業し、自分たちの技術をテストできるようにすることです。規制当局はその様子を見ながら、何が有効で何が有効でないのか、一定期間の間にインテリジェントな判断を下すことができます。

つまり、テクノロジー企業が非常に管理されたサンドBOXの中で実験を行い、規制当局はそのプロセスの一部を担うことができるのです。しかし、議会のメンバーが「絶対にやらない」とか「絶対にやる」と言うような手探りのアプローチを取るのは賢明ではないと思います。

Jan Jekielek

中国のデジタル人民元は、表向きはまもなく導入されることになっています。

Erik Bethel

そうですね。

Jan Jekielek

実は、中国の政権は、様々な手段を使って、いわば強い絆で結ばれている国々に、デジタル人民元を採用するように圧力をかけているのですが、そのことについて教えていただけますか?その中には、ベネズエラのように、あなたが昨年初めに説明した理由で採用したい国もあるでしょう。

Erik Bethel

中国の動脈から世界のさまざまな国へのリンクとインフラを構築します。これまでにベルト・アンド・ロードに流れ込んだ資金は、推定8,000億ドルと言われています。本当の数字は誰も知りません。

アフリカのほとんどの国は、中国から借金という形で莫大な金額を受け取っているのです。多くの国が完済できないほどの借金です。皮肉なことに、私たちは2000年初頭にHIPCと呼ばれる大規模な債務救済プログラムを実施しました。アメリカ、世界銀行、その他多くのマルチラテラルが、多くの新興市場国に対する債務をすべて帳消しにしたのです。

そのため 2000年には非常に健全なバランスシートでスタートしました。しかし、中国から次々と融資を受けた結果、教師や警察官に給料を払えず、中国への返済に追われて倒れてしまったのです。

中国が行ったことは、これらの融資に担保付きの債務を付け、スリランカのような国が融資の返済ができなくなったときに、中国に資産を提供しなければならないようにしたことです。このように、中国はほとんどの新興市場国に対して桁違いのレバレッジをかけています。中国がこれらの国々を強力に支援することも考えられないことではありません。例えば、中国に多額の借金をしているザンビアがその例です。ザンビアは中国に多額の借金をしていますが、財政的には破綻しかけています。

中国がこう言うことも考えられないことではありません。「いいですか、借りているお金から数十億ドルを削って、デジタルのザンビアドルを作らせてください。ついでに言えば、銅の輸出についても、もう米ドルで決済する必要はない、デジタル人民元で決済してくれ」と言ってくる可能性もあります。このようなことが世界中で起こるでしょう。アメリカの政策立案者は注意を払う必要があると思います。これは本当に重要なことです。

Jan Jekielek

数週間後にデジタル人民元が少なくとも地理的に広く普及するとしたら、どのような影響があるのでしょうか?

Erik Bethel

数週間後に始まり、それを3年後にまで拡大して考えてみましょう。3年後には、世界の25の国が中国のデジタル通貨テクノロジースタックを使用していると仮定しましょう。その場合、どのような影響があるでしょうか。特に、これらの国がコモディティを輸出している国である場合、これらの輸出品の多くにドルが使われなくなったとき、ドルの基軸通貨としての地位はどうなるのでしょうか?経常赤字や貿易赤字をどのように解消していくのでしょうか。これらの疑問に答える必要があるのです。

Jan Jekielek

アメリカがドルの基軸通貨としての地位を維持することは、実際にはどのような意味があるのでしょうか?また、例えば25の小国がデジタル人民元を決済手段として採用することで、なぜその地位が脅かされるのでしょうか?

Erik Bethel

さて、これらは非常に複雑なマクロ経済の問題ですが、それを整理してみたいと思います。マクロ経済学者からは、「こいつは何を言っているのかわからない」と言われるかもしれません。だから、私はこれを単純な形に蒸留するつもりです。

経常収支の赤字、つまり貿易赤字は一般的によくありません。例えばドイツのように貿易黒字の国であれば、通貨が強くなることを期待します。単純に言えば。

例えば、ラテンアメリカのような大規模な貿易赤字を抱えている国であれば、通貨は弱くなるはずです。一方、米国は、このような論理のルールにすべて反しています。アメリカは異常な国です。巨額の貿易赤字を抱えているにもかかわらず、ドルは安定しています。それはなぜか?その理由は、地球上のすべての商品が、トルコリラで取引されているヘーゼルナッツを除いては、表に出てくると思います。しかし、地球上のすべての商品は米ドルで取引されています。

つまり、ドルは世界の商品の90%にとって事実上の通貨であり、交換手段と言ってもいいでしょう?だから、米ドルに対する人工的な需要が生まれるのです。だから、ひたすらドルを刷り続けることができるのです。今のところ、それは私たちに害を与えていません。しかし、もしドルが世界のFX取引の80%を占めていたのが、70%、60%、50%になったらどうなるでしょう?それは米ドルにどんな圧力を与えるのでしょうか?お金を刷り続ける能力にどのような影響があるでしょうか?

財政赤字と経常赤字を確実に解消できなければ、政府と国民の間の社会契約は破綻すると私は考えています。シアトルやポートランドで起きたアンチファの暴動がひどいものだったとしたら、退役軍人への支払いや社会保障費など、国民が政府に求める基本的なものを賄えない世界を想像してみてください。そうなると、とても恐ろしいことになります。

Jan Jekielek

現時点で、アメリカや他の自由主義社会がデジタル人民元に対抗する方法として、どのようなものがあるとお考えですか?

Erik Bethel

自由とプライバシーを重んじる国々と協力して、自由とプライバシーを促進する共通の基準を作ることは、米国にとって最善の方法だと思います。一方で、デジタル通貨を使って人々が不正な活動をしないようにするために必要な法執行規制は当然守るべきです。

政府は国民をモニタリングしない、令状なしにはモニタリングしない、国民のデジタルウォレットからお金を引き出さないなど、一定の原則を守る国の集まりと考えればいいでしょう。

ですから、共通の枠組み、共通の倫理的・道徳的基準を設けることは、少なくとも行うべきことだと思います。

Jan Jekielek

なるほど、共通の基準ということであれば理解できます。イノベーションに関しては完全に理解していますが、3年後には、中国共産党が実際に25の国またはいくつかの国を強引に動かして、デジタル人民元またはコントロール・コイン(私の中ではコントロール・コインと呼んでいます)を採用させるかもしれないということですよね。

Erik Bethel

そうですね。この点について私が思うのは、デジタル人民元は、石油や銅、コバルト、大豆などを決済する外国為替取引に使われる可能性が高いということです。しかし、中国の技術、つまりデジタル人民元を支える技術は、ポータブルなものです。どこにでも行けるのです。つまり、中国の技術を使ってウガンダ・シリングを作ろうと思っても、それはウガンダ・シリングのままですが、それを動かすのは中国の技術なのです。

この技術を自分でモニタリングできない特定の国の場合、北京は喜んで中国のどこかのクラウドでホストすることでしょう。国家安全保障の観点から私が懸念しているのは、中国が世界中の何百万人もの個人の決済にアクセスできるようになったことで、中国国内だけでなく、その力が他の場所にも及ぶことです。

それはすでにファーウェイで見られます。ファーウェイは数十カ国でモニタリング手段として利用されており、だからこそ禁止したのです。

Jan Jekielek

そうですね。例えば、アメリカ人がデジタル人民元を使って決済する必要があるとしたら、その国ではデジタル人民元が準基軸通貨のようなものになっていますが、それは中国が要求しているからですよね?中国の政権が要求しているのです。その技術が今、アメリカ人や他の自由社会の人々に使われているのでしょうか?

Erik Bethel

もちろん、その技術は数週間後にはアメリカ人にも使われるようになりますよね。オリンピック選手は皆、デジタル人民元のアプリをするように言われています。必然的に、数ヶ月後には、中国で働くすべてのアメリカの多国籍企業が、中国のデジタル技術、デジタル通貨技術のバージョンを使わなければならなくなるでしょう。

さらに早送りすると、アメリカの多国籍企業、例えばアフリカの国で働く石油会社は、最終的にその国のデジタル通貨を使わなければならなくなりますが、その通貨は中国が提供するものになるかもしれません。それが私たちにとって良いことでしょうか?

Jan Jekielek

でも、どうすればいいのでしょう?私には不吉な予感しかしないのですが。

Erik Bethel

少なくとも、何が起こっているのかを知るべきだと思います。頭の中を砂に埋めて、非常に傲慢な思い上がりで、「我々は米国であり、米ドルを持っています。他のすべてのことはナンセンスだ。そんなことにはなりません。頭を冷やして、世界での自分たちの立場についてもう少し謙虚になりましょう、特に金融に関しては。

明らかに、私たちは世界最大の金融市場であり、米国の債券市場であれ、通貨市場であれ、取引量は米ドルに大きく有利であることを理解しています。このシステムを変え、別の方向に動かすには、長い時間がかかるでしょう。まず第一に、何が起こっているのか、自分自身、特に政策担当者を教育しましょう。

第二に、中国のようになれば、中国のデジタル人民元に対抗できるというわけではないと思います。この点を強調したいと思います。繰り返しになりますが、そうですね。中国のようになればなるほど、信頼性は低下します。「デジタル・ドルがモニタリングツールになるのか、中国の電子人民元が同じくモニタリングツールになるのか、何が違うのか」と言われそうです。そうでしょう?

ですから、もし何かで競争するのであれば、プライバシー、セキュリティ、取引のスピード、決済などで競争すべきだと思います。つまり、通貨を競争の道具と考えるならば、その通貨が持つ競争力とは何かということです。中国がやっていることを真似しようとすると、負けてしまうのではないでしょうか。

Jan Jekielek

率直に言って、メッセージングや情報の共有がいかに重要であるかということです。なぜなら、中国の政権は、「アメリカが開発したものは、我々が持っているものと全く同じだ。我々の方が安定しているから、我々と一緒に行動するべきだ」というようなプロパガンダを大々的に展開することが想像できるからです。このように、考慮しなければならない要素がたくさんあります。

Erik Bethel

そうですね。私たちが独自のデジタル通貨を開発する場合、それは「もしも」ではなく「いつ」だと思いますが、アメリカ国民やこのテクノロジーのユーザーに対して、「私たちはこのように設計しました」ということを明確に示すべきだと思います。

ちょっと異端かもしれませんが、その技術の一部をオープンソースにします。オープンソースとは、コードの一部を公開して誰でも見られるようにすることです。そうすれば、中国が「これをモニタリングツールとして使っている」という考えを払拭することができるでしょう。

Jan Jekielek

それは興味深いアイデアですね。というのも、多くの人がこのような開発に大きな疑念を抱いていることが想像できますし、これを信頼できるという、ある種の自信を持ちたいと思うでしょうからね。

Erik Bethel

そうですね。

Jan Jekielek

私が言っているのはアメリカ人のことで、自由な社会で暮らす人々のことです。

Erik Bethel

正解です。欧米では採用はないでしょう。中国では、彼らは物事を強制的に起こすことができ、それが実現します。また、権威主義的な政権でも同じことができます。しかし、西洋では、人々を説得しなければならないと思います。これは自分たちのためになることです。そのほうが便利なのです。

私たちはますます「ポスト真実」の社会に生きていますが、これまで議論してきたすべてのことを支えるのは「信頼」だと思います。制度への信頼、メディアへの信頼、ソーシャルメディアへの信頼、ビッグテックへの信頼など、長年にわたって信頼が損なわれてきたことは茶番劇でした。私たちがデジタル通貨を開発する際には、オープンで透明性のある価値観を植え付け、通貨が悪のためではなく善のために使われるようにしたいと思っています。

Jan Jekielek

では、エリック・ベセルさん、番組に出演していただきありがとうございました。

Erik Bethel

お招きいただきありがとうございました。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました