パンデミックに直面したときの認識論的責任

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

コロナウイルス政策・公衆衛生(感染症)倫理・思想・ニューノーマル集団心理・大衆形成

Epistemic responsibility in the face of a pandemic

Epistemic responsibility in the face of a pandemic
Should non-experts defer to epidemiologists with regard to the response to the coronavirus pandemic? We argue that deference is required with regard to settled ...

ニール・レヴィとジュリアン・サヴレスク

要旨

コロナウイルスパンデミックへの対応について、非専門家は疫学者に従うべきか?

私たちは、解決された科学に関しては尊重が必要だと主張する。非専門家(つまり、自分の専門知識を持っていても、特定の質問には関係のない専門知識を持っている人)は、気候科学とワクチンの有効性に関しては、譲るべきである。

しかし、それらの問題は、多くの異なる種類の人々によって何度も適切に調査されてきたものであることから、そのような配慮が必要であることを示唆している。専門家でない者は、特に疫学の領域内の問題については、疫学者に委ねるべきであるが、パンデミックへの対応には、多くの分野の専門知識が必要である。

私たちは今、専門知識を提供することによって、委ねる価値のあるコンセンサスを構築するのが最善の方法である。倫理学者や哲学者は、政策対応に疑問を呈しても、認識論的に傲慢ではない。むしろ、彼らは信頼できるコンセンサスを構築するために責任ある役割を果たしているのである。

キーワード。責任、知識、証言、依拠


現在世界を襲っているCOVID-19のパンデミックは、私たちの倫理的なツールキットにとって重要な試練である。政府、機関、そして個人は、通常は準備不足であった生死に関わる決断を突然求められることになる。「曲線をフラットにする」、「社会的距離をとる」、「R0」など、突然おなじみになった語彙は、ほんの数週間前にはほとんどの人には知られなかった。専門家にとっても、すべての選択肢には大きな不確実性がつきまとっている。専門家が分裂し、確信が持てないとき、残りの私たちはどのように行動し、誰を信頼すべきかを決定する責任があるのだろうか。

この論文では、特に私たちのような人々、そして(私たちが想定している)このジャーナルの多くの読者の責任に焦点を当てている:ある分野の専門知識を持っているが疫学の専門家ではないと主張する人々。彼らは倫理学や法律の専門家かもしれないし、他の科学や医学の分野の専門家かもしれない。このような専門知識は、疫学の専門知識と同じくらい価値がある(と私たちは考えている)が、通常は、その分野での主張を評価するには不十分である。認識論的な限界に直面して、私たちの役割と責任とは何か?我々の責任は、パンデミックへの対応を決定する他の非疫学者(例えば、政治家やビジネスマン)のそれとどのように異なるのだろうか?

この論文では、確立された科学に直面して、疫学者以外の人々は(主に、いずれにしても)敬意を払うことによって、認識論的責任を果たしていることを主張する。私たちは、科学を二推しする能力を欠き、科学が確実に形成されているからこそ、科学に依拠すべきなのである。しかし、科学がまだ定まっていない場合、認識論的責任はそのような敬意を必要としない。科学的コンセンサスが信頼できるのは、様々な種類の専門知識を持った多くの異なる個人がストレステストで役割を果たし、それに貢献してきたからである。コロナウイルスのパンデミックについては、まだ信頼できるコンセンサスは存在しないが、認識論的責任は、先延ばしにするのではなく、テストにかけることを必要とする。倫理学者、哲学者、およびその他の非エピセミオロジストは、このストレステストにおいて重要な役割を果たすことができ、私たちがこの重荷をどのように背負うかは、生命とウェルビーイングで測定されるウイルスの最終的な犠牲者を定義するのに役立つだろう。

I. 平時における責任ある意思決定

責任ある行動には、厳しい認識論的条件がある1 。専門家が行動に責任を持つために、正確には何を知っていなければならないかについては、広範な議論があるが、無知が許されるという疑問はほとんどない。代理人が友人のコーヒーにヒ素を入れて友人を毒殺した場合、殺人罪(ヒ素と知っていた場合)、過失致死罪(ヒ素の容器と砂糖が似ており、同じ食器棚に保管されていたことを知っていたため、知らなかったが確認すべきであった場合)が成立する可能性がある。あるいは、彼女が砂糖とヒ素を同じ食器棚に保管するほど軽率だったために)、あるいは、砂糖がヒ素に置き換わったことを知らなかった、あるいは知るべきではなかった(置き換わった人が代わりに責任を負う)ために、完全に弁解されてしまうこともある。

行動には認識論的条件がある。なぜなら、行動の性質とそれがもたらすであろう影響の種類を理解していなければ、行動をコントロールすることができないからである。認識論的条件は認識論的義務を伴う。説明するために: 上記のケースの1つの変形例では、エージェントは、彼女が行動する前に、より多くの情報を収集すべきであったので、非難されるべきである。彼女は、彼女が加えていた物質が砂糖であるかどうかを確認すべきであった。このようなケースが示すように、エージェントは認識論的な行動に直接責任があるため、ある行動(または不作為)に対して派生的に責任を負うことがある:証拠を収集し、情報源を確認し、理由を量るという事前の義務を遂行したかどうか(またはどれだけうまく行ったか)についてである。認識論的行動は行動(本や論文を読む、グーグルで調べる、他人に聞くなど)であり、行動に対する認識論的条件は他の行動と同様にこれらの行動にも適用されることに注意することが重要である。例えば、私は自分の情報源を確認しなかったことに罪の意識があるが、それは、私が知っていた、疑っていた、あるいは知っていなければならないと思っていた場合だけである。

行動が重要であればあるほど、私たちの認識論的義務は大きくなる(他のことは同じである、もちろん)。新しいふきんを購入する前に多くの研究を行う人はほとんどいないが、反対に大きな住宅ローンを組む前に、地域について学び、慎重に家をチェックするために時間を費やすということをしないことは無責任だろう。したがって、個人は、自分の健康とウェルビーイング、そして(おそらくそれ以上に)自分に依存している人たちの健康とウェルビーイングに関しては、重要な認識論的責任を負っている。私たちは、親が、例えば、彼らが自分の子供を預けるケアの人々を吟味することを期待している。同様に、他者の健康と福祉に大きな影響を与えると予想される決定を下す人には、これらの決定が適切に情報提供されていることを確認するための重い認識論的責任がある。私たちの意思決定によって影響を受ける人々の数、影響を受ける程度、脆弱性によって決まる私たちの影響力の範囲が大きければ大きいほど、私たちの認識論的責任は重くなる。

これらの原則から、私たちがCOVID-19パンデミックに直面しているとき、意思決定者は特に重くのしかかる認識論的責任を負っていることがわかる。一方では、意思決定者の決定は、ウイルスで死亡する人々の数に影響を与える(死亡する人々の身元もある程度は明らかになる)。一方で、死亡者数を制限するための対策は、経済的にも社会的にもコストがかかり、そのコストはパンデミックから生き残った人々の健康と福祉に大きな影響を及ぼす。例えば、世界の大部分の地域で経済の大部分が停止した結果、確実に起こると思われる不況は、それ自体が致命的なものになるだろう。2008年の金融危機に続く不況は、ヨーロッパと北米で少なくとも1万人の自殺者を増やし2、OECD加盟国では25万人以上のがん関連死を増やしたと推定されている3。多くの国で課せられた閉鎖に関連した孤立感は、精神衛生にも影響を及ぼすであろう4 。経済的な影響、したがって(あらゆる可能性で)閉鎖によって引き起こされる不況の死亡率と罹患率への影響は、2008年の不況よりもはるかに大きいと思われる。

政治指導者は最も重い認識論的責任を負っているが、私たち一人一人が影響力のある領域を持っている。私たちのほとんどは、私たちの決定によって健康に影響を与える扶養家族や愛する人を持っている(例えば、私たちが感染した場合、彼らのリスクは大幅に上昇する可能性が高い)。

興味深いことに、多くの国では、自分自身のためではなく、他人のために感染を避けるように、個人に明示的に諭されている。医療当局が私たちが自分自身のためではなく、他者のために責任を負うことを強調してきたのには、2つの理由がある。第一に、人口の中で最も運動的で活動的なメンバーは、ウイルスによる重大な影響を受けるリスクが比較的低いように見え、多くは症状が軽度であったり、無症状であったりするが、コロナウイルスは、その広がりを制限するための対策がない限り、非常に感染力が強いのである。そのため、私たちには、直接、あるいは連鎖的に、脆弱な他者にウイルスを感染させないように、感染を回避する責任がある。第二に、当局は、一度に発生する感染者数、つまり入院を必要とする人の数を管理可能な状態に保つこと、つまり「フラットカーブ」の必要性を強調している。一度に必要とする患者数が少なければ少ないほど、人工呼吸器や訓練を受けた人員などの不可欠な資源の不足は小さくなる。

私たちは皆、意思決定者であるため、専門家と非専門家を問わず、認識論的な責任に直面している。しかし、異なる個人が異なる選択をし、異なる認識論的責任を負っている。パンデミックは、今私たちが直面している最も緊急な問題であるだけでなく、他の分野の専門知識を持つ疫学者ではない人々が、他の科学的(および医学的)な問題とは全く異なる種類の認識論的責任を負うという特徴を持っているのである。

II. エピステミックな定義

多くの科学的な問題については、他の分野で真の専門知識を持つ者を含め、非エピデミロジストは、(ほぼ独占的に)従属によって認識論的な義務を果たしている。このように、あるエージェントが、第一エージェントが第二エージェントの発言に基づいて命題を受け入れるときに、あるエージェントが別のエージェントに依拠する。認識論的従属の最も身近な種類は、証言への従属である:情報提供を目的とした明示的な主張である。哲学者が認識してきたように、証言の使用は世界を成功させるために絶対に必要である5 。しかし、認識論的尊重は、明示的な証言よりもはるかに広い範囲に及ぶ。

上記では、子供を他の人に預けている親の例を挙げた。私たちは、そうすることを決定するには、認識論的義務が伴うことを指摘した:介護者を調査する。私たちがホッブズの言う「自然界」に生きていたとしたら、この義務を果たすのは非常に困難なことであろう。他の個人が信頼できるかどうかをどうやって判断するのであろうか。うまく機能している現代社会では、この義務は比較的簡単に果たすことができる。私たちは、何らかの形で認定されたチャイルドマインダーに子供を預けている。一般的には、政府機関が私たちの負担の多くを引き継ぐ。検査官は、使用される施設が清潔であること、スタッフが適切な訓練を受けていること、(そのような活動を妨げるような種類の)犯罪歴を持っていないことなどを確認する。親がこれらの機関を十分に信頼していることに正当性がある限り、親の義務は、せいぜいチャイルドマインダーが適切な証明書を持っていることを確認することにある(実際には、それよりもさらに要求が少ないかもしれない:親は、公然と広告を出しているサービスは、少なくとも赤旗がない場合には、審査され、その証明書を信頼して取るという事実に頼ることができるかもしれない)。

能力を証明するために機関に頼る場合、私たちは機関に依存している。私たちはこれを日常的に行っており、認識論的責任の多くを私たちよりも優れた立場にある他の人に委託している。私たちは、誰かの教育能力や子どもへのコミットメントを自分自身で評価することはできないかもしれないが、多くの努力と時間がなければできないが、他の人が私たちのために仕事を引き受けることができる。このような認識論的なアウトソーシングは日常的に行われており、意思決定のあらゆるレベルで見られる。政治指導者は、自分たちの影響力の及ぶ範囲に関連する事実の全範囲を知ることができる立場にはない。例えば、金融政策や地政学、インターネットの安全保障、健康経済学など、専門知識を得るのが困難な専門科目について、十分に把握しているとは期待できない。彼らもまた、認識論的な責任を外注している。例えば、経済予測を作成するために適切な訓練を受けた官僚に頼ったり、官僚も政治家も学界や産業界に専門家の助言を求めたりしている。

このような認識論的配慮は、エージェントとしての私たちの限界を補うために必要であるが、実際には知識生成の中心的な役割を果たしている。科学は、エージェントのグループ(研究室内、研究室間、分野全体)に認識論的な労働力を分配することで機能する。科学は、それが驚くほど成功している企業であるように、分散認識の制度(査読のような)が発展したときにのみ、真に始まると言えるかもしれない。認識論的な依存は、私たちの限界を是正するだけのものではなく、認識論的な主体として成功するための中心的なものであるべきである。

しかし、他者の証言への依存は、認識論的責任の問題を特に尖らせている7 。科学の世界では、同じ研究室で同じプロジェクトに携わっている人たちが、お互いの研究を検証することができないのは日常茶飯事である。「喫煙が癌の原因であること」や「気候が温暖化していること」を自分自身で確認することは、ほとんどの人ができない。科学論文にアクセスでき、十分な科学的リテラシーを持っている人でも、これらの主張を自分自身で検証することはできない。引用された背景資料が信頼できるものであること、反対の声が無関係な理由でフィルタリングされていないこと、などを信頼して初めて検証することができるのである。私たちが信頼する必要性は、責任を持って信じるという義務と不協和音を立てている。

私たちは、専門知識のマーカーを使用することによって、このジレンマを交渉する。親が、潜在的なチャイルドマインダーが有能で信頼できることを保証するために、規制当局による認証に頼るのと同じように、政策立案者は、機関や他のそのようなマーカーによる認証を利用している。どのような専門性の指標を使用すべきかについては議論がある8 が、基本的なイメージについては広く合意されている。私たちは、資格証明書(評判の良い大学の学位、学識経験のある学会の会員など)、実績(著名な学術誌での出版など)、知的正直さ、独立性(信頼できる専門家は、業界からの資金提供を宣言し、業界から完全に独立している可能性がある)を利用する(表1)

表1 専門知識のマーカー

我々は、証言がその専門分野に関するものである限り、そのような目印を持っている個人からの証言をより重視するのは当然である。

  • 資格 高等学位の保有、機関への所属、学識経験者協会の会員
  • 実績 イベント予測の成功、査読付きジャーナルでの発表、賞や受賞歴
  • 知的誠実さ コンフリクトや資金源の申告、過去の誤りを認めること
  • 議論力 ライバルからの反論や、明らかな異常性を説明する能力
  • コンセンサス 複数の専門家からの証言は少数派からの証言を上回る

これらの専門性の指標は、最後の指標であるコンセンサスを除いて、個人に付随するものである。したがって、政策立案者や個人は、専門家だけでなく、専門家の間でのコンセンサス(あるいは何らかの割合で多数派の意見)を代表する発言に特に重きを置くべきであるし、またそうすべきである。したがって、政策立案者や個人は、専門家の主張だけでなく、専門家の間のコンセンサス(あるいは多数派の意見)を代表する発言にも特に重きを置くべきであり、そのために、全米科学アカデミーや英国医師会のような専門家を代表する機関の公式な立場には当然のことながら大きな重きを置く(興味深いことに、子どもの心理学的研究では、彼らは、相反する証言の出所を決定するために同じような手掛かりを利用しており、実績のある証言者を実績のない、あるいは実績のない証言者よりも好んで採用し、コンセンサスに反する証言は無視する10)。

III. コロナウイルス 完璧なエピステミック・ストーム

多くの問題について、政策立案者や個人は信頼できる情報にアクセスすることができ、それを利用して意思決定を行うべきである。例えば、がんの主要な環境や生活習慣の原因、ワクチンの有効性と安全性に関するコンセンサスがある。責任ある政府や個人は、この情報に導かれるべきであり、それを無視したり、その重要性を軽視したりすると、しばしば非難されるべきである。

もちろん、多くの難しい問題が未解決のままである。例えば、適切な税率についてはコンセンサスがない。個人所得税の税率は、スウェーデンの57.2%からシンガポールの22%まで、成功している国によって大きく異なっている。経済学者の間では、増税がインセンティブに与える影響や、インセンティブの低下が全体の税収や生産性にどの程度影響するかについて、激しい論争が繰り広げられている。したがって、経済政策を決定する者は、責任ある意思決定のためにコンセンサスに頼ることはできない。すべての意思決定において価値観が(適切に)役割を果たしているが、今回のような場合には、価値観が意思決定を形成する度合いの方がはるかに大きくなる可能性がある。今回のような政策は争われているが、その争点は現代政治の中心であり、どのような社会にしたいかが争われているからである。しかし、このような場合でも、専門家のコンセンサスが許容される選択肢の幅を狭めてしまう。ある所得範囲の税率が高すぎることに異論を唱える経済学者はほとんどいないだろうし、他の所得範囲の税率が高すぎることに異論を唱える経済学者はほとんどいないだろう。

コンセンサスが得られない場合は、様々な選択肢を実施した際のフィードバックが比較的信頼性に欠けるケースが一般的であり、当然のことである。個人所得税の税率を変更することは、非常に複雑でオープンなシステムの一つの要素を変更することである。そのため、シグナルとノイズを区別することは本質的に困難である。他の変数をコントロールする能力がなければ、観測された効果には複数のもっともらしい説明があるかもしれない。真の効果は、他の要因の組み合わせに比べれば小さいものである可能性が高い。このような理由から、意思決定者が専門家のコンセンサスによるガイダンスなしに選択をしなければならない場合、利害関係は、しばしば考えられているほど高くないかもしれない。

専門家間の論争が続くのは、異なる政策設定が結果に違いをもたらすためであり、それを検出することは困難である。また、ある政府が下した政策決定が、後日別の政府によって覆される可能性があるという理由から、ステークスは一般的に考えられているよりも低いかもしれない(もちろん、専門家のコンセンサスがない場合には、政府や個人が非常に大きな影響を及ぼす決定をしなければならないこともあることは認識しているが、例えば、親が自分の子供をある宗教の中で育てるかどうかを決定することを考えてみよう。)

専門家のコンセンサスがあり、専門知識が手に入りにくい分野では、責任ある意思決定者や一般の人々は、それに従う。antivaxerは彼らが専門家のコンセンサスに異議を唱える専門知識を持っていないので、認識論的に(そして行動的に)無責任である。そのような専門知識がない場合、責任ある行動者はコンセンサスに導かれる。同様に、気候変動否定論者は(ほとんどの場合)認識論的に無責任である。なぜなら、彼らの中にはコンセンサスに異議を唱える専門知識を持っている人が非常に少ないからである(もちろん、異論を唱える真正な専門家は存在し得るし、存在する。彼らは認識論的には無責任ではないかもしれないが、気候科学の場合のように、コンセンサスが非常に強い場合には、責任ある非専門家が多数派の証言を好むのである12)。)

コロナウイルスの危機が異なるのは、専門家のコンセンサスがまだ存在していないためであり、非専門家に委ねることができないからである。しかし、決定は分散のごく一部しか説明できない変数に影響を与えるため、利害関係が低いケースでもある。政策を決定しなければならない意思決定者にとって、それは完璧な認識論ストームである。意思決定者には、専門家のコンセンサスが不足しているにもかかわらず、さまざまな選択肢が非常に大きな効果をもたらすことが期待できる、つまり、死亡する人々の数(とアイデンティティ)に大きな違いをもたらすという、対応が急務となる課題が提示されるのである。また、ハッピーエンドというものは存在しない。

もちろん、感染症や伝染に関する専門知識が不足しているわけではない。疫学の科学は十分に発達しており、政府はその専門知識を正当に利用してきた。しかし、パンデミックは新型コロナウイルスによって引き起こされているため、数学的なモデル化は、せいぜい合理的な仮定に頼らなければならない。この記事を書いている時点では、感染者のうち無症状の人がどのくらいの割合でいるのかはわかっていない(アイスランドの一般市民の最近の研究では、13%がウイルスを持っていて、50%が無症状であったことを示している13)。感染者のうち無症状の人の割合がわからないため、この病気の感染致死率(つまり、この病気に感染して死亡する人の割合)もわからない。

ほとんどの国では、パンデミックに対応するために社会的距離を置き、ロックダウンを採用している。しかし、この介入の相対的な費用と便益(何もしない場合と、最も脆弱な人々を選択的に隔離し、マスクを義務化し、社会的距離を置くことを推奨するような破壊的ではない手段との相対的な費用と便益)を評価することは、COVID-19が放置された場合にどれだけ有害であることが証明されるのかを十分に把握していない限り、非常に困難である。感染者のうちどのくらいの割合で症状が出るのか、どのくらい深刻なのかもわからない。COVID-19で死亡する人の大多数は、少なくとも1つの併存疾患を持っており(約半数は3つ以上の併存疾患を持っている)、死因を特定することは困難である14。この事実は、この病気で死亡する人の何人かはほぼ同時期に死亡していることを意味し、彼らの損失(QALYsや調整なしでの寿命年数で測定される)は比較的小さい。したがって、COVID-19の犠牲者数は生の数字ではなく、過剰死亡率で測定される方がよく、過剰死亡率の数字は国によって大きく異なる絵を描いているように思われる15。ロックダウンのような物理的介入の有効性についても、議論の余地がある。我々はウイルスがどのようにして感染するかを理解しており、その理解はこの種の介入が有効であることを示唆している。しかし、呼吸器系ウイルスの蔓延を遅らせるための社会的隔離や隔離の有効性に関するゴールドスタンダードのレビューでは、効果が小さいか、不確かなものであることが示されている16。

このような不確実性を考えると、当然のことながら、疫学者を対象とした調査では、ウイルスの将来の感染者数の予測に劇的な違いがあることが明らかになっている17 。ニュージーランドとおそらくオーストラリア以外の国では、ウイルスの根絶が達成される可能性は低いと思われる。19ロックダウンはしばしば集団免疫の代替案として描かれているが、ワクチンが見つかるまでは、医療システムへの圧力を管理可能な状態に保ちながら、ゆっくりと集団免疫を達成する方法として見た方が良いかもしれない(「曲線をフラットにする」)。しかし、集団免疫は、感染によって将来的に(重要な)免疫が付与された場合にのみ達成可能であり、そのような免疫の持続期間と範囲は現在のところ不明である。したがって、ロックダウンは、現在のところ未知の大きさの害を避けることができるが、その代償として(深刻な不況が健康と福祉に及ぼす直接的・間接的な影響を中心に測定している)、それ自体が現在のところ不可解なものとなっている。これに基づいて、現在の対応は、正当化できる以上に、おそらくはそれ以上のコストがかかることが示唆されている20。

現在、広範囲にわたる介入を提唱する主流派と、研究を実施してより多くの情報が得られるまで待つことを勧める派との間の議論は、私たちの認識論的責任に関する重要な部分での議論である。双方とも、さらなる情報は非常に貴重であることを受け入れているが、一方では、強硬な介入が必要であることを知るのに十分な知識がすでにあると考えている。それは、コストについて十分に知っているからか、あるいは、偽陽性の潜在的なコストよりも偽陰性の潜在的なコスト(すなわち、そのような対策を実施しないこと)の方が著しく大きい可能性が高いことを知るのに十分な知識があるからである。

このような不確実性に直面した場合、意思決定者は予防原則に導かれることを望むかもしれない。大まかに言えば、選択肢の選択に直面したときには、重大な被害をもたらす可能性のある選択肢は常に回避すべきであるという原則である21 。ロックダウンのコストが大きいことが知られている一方で、ロックダウンがなければ症例数は指数関数的に増加し、非常に多くの死者が出るだろうと主張しているように見えるかもしれない(英国の政策を一元的に情報提供しているインペリアル・カレッジのモデリングチームは、介入がなければCOVID-19で世界全体で4000万人の死者が出ると推定している22)。

しかし、これまで見てきたように、これらの推計には、感染致死率(IFR)や介入の有効性についての疑わしい仮定が盛り込まれている。予防原則を、異なる(もっともらしい)仮定を用いたモデルに適用すると、IFRは彼らが考えているよりもはるかに低く、物理的障壁は彼らが考えているよりも効果的ではないと仮定すると、逆の結果が得られる:壊滅的な不況や不況による真に深刻な被害を避けるために行動すべきである。

疫学者ではない人々、意思決定者や他の分野の専門家が取るべきアプローチは様々であるが、以下の3つが最も広く提唱されているように思われる。

  1. 専門家間の議論を裁定しようとする。
  2. 専門家間の議論を裁こうとする。
  3. 競争する専門家のうち、どちらがより信頼性が高いかを特定する試み。

これらの選択肢はどれも口当たりが良くないが、中には他の選択肢よりも無責任なものもある。

A. 議論を裁く

これは、相反する専門家の証言に対する最も納得のいく対応ではないと考える。他の分野で真の専門知識を持つ者を含め、素人は、対立する問題を評価するのに適した立場にはない。彼らは通常、関連する科学の全体像を把握することしかできず、ほとんどの場合、疫学の理解だけでなく、専門家を二分する紛争について敬意を払うに値する意見を述べることができるような、高度に具体的で高度な専門知識を欠いている。一般人はしばしば「説明の深さの錯覚」に陥っている23 。このような錯覚に陥っているため、複雑な問題を自分自身で評価する能力が実際よりもはるかに大きいと思いがちである。私たちの一人は、説明的深さの錯覚が時にもたらす認識論的傲慢さのようなものが、素人が正当な理由もなく専門家のコンセンサスを拒否する原因になるのではないかと、別の場所で示唆している25)。

B. ライバルの専門家の違いを分ける

本物の専門家によって推奨されていることは知っているが、それらの間で正当に決定することができない、相反する選択肢に直面している人のための責任ある選択肢は、その差を分割するべきであると考えたくなる。つまり、彼女は2つの選択肢の中間に位置する政策を採用すべきである。このような見解は、認識論における調停的見解によっても支持されるかもしれない。このように、「自分の意見は、自分の意見とは異なるが、調停主義者は第三者にまで議論を広げていないが、彼らの見解の当然の帰結は、そのような第三者もまた、最初の意見の中間に位置する信念を持つべきである」ということである。

しかし、第三者の信任が同業者の信任と一致すべきであると考えるのは当然であるが、信任を保持すべき信任がその信任の内容を決 定させると考えるのは誤りである。ガルトンが示したように、多くの異なる(同じように専門家や非専門家の)個人の推測を平均化すると、驚くほど正確な 推定値が得られることがよくある27 。しかし、多くの質問では、その差を分割する方法がない。質問はイエスかノーか(この人は有罪か無罪か)であり、その差を分割すると、どの専門家が正しいかにかかわらず、どちらの最初の選択肢よりも悪い回答が得られることがある。患者を抗生物質で治療すべきかどうかについて意見の相違がある2人の医師を考えてみよう。二人とも、推奨量の半分の抗生物質を投与することは、全量を投与するよりも、全く投与しないよりも悪いということに同意するかもしれない。

専門家の意見の相違に直面したときに、自分の信念に対する信頼度を下げることで和解することは、通常、あるいは常に適切であるかもしれないが、競合する専門家によって推奨された選択肢の間で差を分けようとすることは、しばしば不適切である。このような方法で差を分割すべきケースと分割すべきでないケースを区別するには、専門家の知識が必要かもしれない(素人は、患者に推奨された量の半分を投与することが責任を持って進めるべき方法であると結論づけるかもしれない)。幸いなことに、専門家は、どちらの対応が最善であるかという点で大きく異なっていても、そのような分割がライバルの見解よりも悪いかどうかについてコンセンサスを得ることができることがあり、そのような場合には、政策立案者や個人はこの専門家のコンセンサスに委ねることができる。

現在のパンデミックは、このような分裂が正当化されるかもしれない状況にあるのだろうか?ロックダウンを推奨する疫学者たちは、その効果は用量に依存すると主張している。それにもかかわらず、利益がわずかにしか得られない閾値があるかもしれない。どのような社会も、経済全体を停止させたことはないし、停止させることもできない。例えば、食料の生産と流通は明らかに継続しなければならない。いくつかの部門をシャットダウンして他の部門をシャットダウンしないことで、完全なロックダウンの利益の大部分を得ることができるかもしれない。部分的なロックダウンが利益とコストのバランスをより良くするかどうかは、重要な部分では2つの要因にかかっている。

第一に、部分的なロックダウンによってR0(感染者が直接発生させた感染の予想数)が1以下になるかどうか、そして感染拡大を抑制する手段としてのいわゆる「追跡調査」の有効性にかかっている。R0が1を超えると、病気は指数関数的に広がり、医療システムを圧倒することを避けることは困難になる。トラック・アンド・トレース(感染者の自己隔離と組み合わせて)が非常に効果的である場合にのみ、R0が1を超えても国家は対応できると考えられる。ロックダウンを緩和した国からの最近のニュースは、これらの条件が満たされていないことを示唆している。ドイツでは部分的な緩和がR0を1以上に上昇させる原因となっているようで28 、最も積極的な追跡調査システムを持つ韓国でも事例が急速に上昇しているようで、社会的距離を取り戻すことを促しているようで29 、予備的な証拠は、少なくとも政策に関しては、この事例で差を分けることには反対であることを示しているようである。

C. 競合する専門家のうち、どちらが信頼できる可能性が高いかを特定する試み

これは、専門知識に関するほとんどの作家が推奨しているように思われる戦略である。我々のうちの一人は、他の場所でこの戦略に疑問を呈している30 が、このような議論で一般的に問題となっている種類のケースでは、そのメリットが何であれ、彼らの考察はここでは参考にならない。これまで見てきたように、アルビン・ゴールドマンやエリザベス・アンダーソンのような哲学者たちは、信頼できる専門家を見極めるための基準を提供しようと試みてきた。COVID-19に関する誤った情報が拡散しているので、この種の検査が必要になるかもしれない。しかし、変人と本物の専門家を区別することは、ここで私たちが直面しているジレンマではない。私たちは、真正な専門家からの相反する証言に直面して、どのように行動すべきかを決定することに直面している。両者は非常によく信用されている。

例えば、ニール・ファーガソン氏は、英国政府のウイルスへの対応に多大な影響力を持つモデリングを行っており、インペリアル・カレッジ・ロンドンの医学研究評議会グローバル感染症分析センターを率いている。賞、独立性、完全性、実績などの基準は、このような紛争の裁定には有用ではないように思われる。

したがって、政策立案者や他の非疫学者の指針となりうる3つの戦略は、ここではほとんど役に立たないと暫定的に結論づけている。他の戦略がない場合には、我々は別の方法で決断を下し、信頼性を調整しなければならない。どのように進めればよいのだろうか?我々は、他の分野の専門家に目を向ける前に、まず政策立案者に焦点を当てる。

専門家のコンセンサスは、政策立案者や個人が責任ある意思決定を行う上で最も重要な基準であり、コンセンサスが得られると確信している。しかし、その事実も、今、意思決定をしなければならない人たちにとっては、ほとんど役に立たない実際、コンセンサスは、これらの決定の結果として、おそらく大部分が得られるであろう。専門家がどれが適切なのかを確信を持って知るようになるのは、それらの政策の影響を評価し、他の政策(例えば、スウェーデンの規制の少ない政策)の影響と比較することである。意思決定者はこの情報を待つことはできない。

信頼できる科学的コンセンサスがない場合、政府の意思決定は他の要因によって動かされる可能性がある。実際の、非常に制限的な対応の一つの動機は、我々がゴールキーパーの誤謬と呼んでいるものかもしれない。ゴールの中央を狙ったペナルティキックは、左や右を狙ったものに比べてセーブされる可能性が低いという証拠がある32 。その理由の一つは,ゴールキーパーはペナルティを救おうとするために,通常,左右にダイブするのが普通だからである.彼らには,たとえダイビングをしないよりも,平均的にはダイビングの方が成功率が低いとしても,ダイビングをしたいというインセンティブがある。同様に、政府は、公衆衛生上の危機に直面した場合、壮大な介入に従事するインセンティブを持っているかもしれない。過剰な対応をしなかった場合のペナルティは、過剰な対応をした場合のペナルティよりも、国民の反感を買うという意味で非常に大きなものになるかもしれない。すぐに強力に行動していると見られたいというプレッシャーは、政治家とそのパフォーマンスを判断する人々の両方が受ける多くの心理的バイアスによって増大している(表2)。私たちは損失回避主義者であり、33 失われた目的よりも損失を重視している。反事実上の損失、つまり別の道を選択していたら被っていたであろう損失は目立たないので、不当に政府を非難する傾向がある。

しかし、私たちは時間的ディスカウント主義者でもある34 。そのため、大きな損失を先送りすることは、政治的にも心理的にも魅力的である。経済的な損失と関連する健康被害は、COVIDの死亡が今起きているのに対し、将来的には発生するだろう。最後に、我々はサリエンス・バイアスとアベイラビリティ・ヒューリスティック(利用可能性ヒューリスティック)35に悩まされている。2008年の危機に関連したがん死亡を想像するのは難しいが、人工呼吸器を使用している人を見るのは今の方が簡単である。

表2

コロナウイルスとの関連で、優れた意思決定を妨げる可能性のある心理的バイアス。これは非常に選択的なリストであり、他にも多くのバイアスが関与している可能性がある。バイアスを軽減することは難しいが、アルゴリズムを用いたコスト/ベネフィット計算は、バイアスを軽減するのに役立つかもしれない(このような分析への入力自体がバイアスの影響を受ける可能性があるため、万能薬ではない)。

バイアス効果
  • サリエンス・バイアス 当面の害を不当に重くすること
  • 行動への選好 感情的に満足する行動を好む;抽象的な害を防ぐよりも病気の命を救うことを好むようになるかもしれない
  • 時間的ディスカウント 今の人命を救う/害を減らすことを好むか、将来の人命を救う/害を減らすことを好むか。
  • 確証バイアス 自分の見解を裏付ける証拠(例:命を救うことになるということ)を探し、それに反する証拠(より大きな害をもたらす可能性があるということ)を見落とす傾向がある。
  • 錯覚的真実効果 何度も繰り返されているために流暢に処理されていること(例えば)の方が真実であると考える傾向
  • 単なる露出効果 慣れ親しんだものより慣れ親しんだものを好む傾向
  • 不作為バイアス 不作為(例:開業失敗)によってもたらされた害を、行動によってもたらされた害よりも深刻ではないとみなす考え方

 

このような要因が、政府の立場を難しくしている。コンセンサスの不在、政治的・心理的な配慮から生じる利害関係の高さ、即時行動を求める大きな圧力に直面しているため、多くの政府が課してきた制限を非難したくはない(さらに言えば、これらの制限は実際には適切であると判明する可能性もある)。彼らは、国民の圧力と政治的配慮から、行動しなければならないという大きなプレッシャーにさらされている。さらに、彼らは真の危機に直面している。つまり、人間の悲劇という真の実質的なリスクから生じる圧力に直面しているのである。上で述べたように、定住した科学に直面した場合、認識論的に責任ある行動をとるべきは、コンセンサスに従うことだと私たちは信じている。我々は、パンデミックに対する様々な対応の相対的な費用と便益については、実質的な不確実性があると主張してきたが、それにもかかわらず、責任ある非疫学者は、疫学者の世論調査を行い、多数派の意見に従うことが最善であると考えられるかもしれない。おそらく、すでにコンセンサスが生まれ始めているのではないだろうか。

しかし、出現しつつあるコンセンサスに不信感を抱かざるを得ない理由もある。信頼できるコンセンサスは、私たちが上で呼んだ、科学に特徴的な分散型認知の制度から生まれる。これらすべてに時間がかかる。科学はパンデミックに目がくらむようなスピードで対応してきたが、これらの分散したメカニズムが、好ましいメカニズム(集団思考や自己沈黙ではなく)を介してコンセンサスを生み出すのに十分な時間があったとは思えない。Eric SchliesserとEric Winsbergが主張しているように、「COVID-19とその影響を研究している秩序ある科学的なコミュニティは現在のところ存在しないため、新たに出現したコンセンサスは、人間に近いバイアスの結果である可能性がある」36。気候科学とCOVID-19に関する知識の状態との間のこれらの違いは、認識論的な違いを生み出している。

ジョン・イオアニディスのようなロックダウン懐疑論者は、コストのかかる可能性のある政策を実施する前に、より多くのデータを収集するよう促しているが、行動する前に待つことを決定すること自体が、非常にコストのかかる可能性がある。政府は、非常に重要な決定を避けることはできない。問題を裁定したり、(適切に生成された)コンセンサスに委ねることで決定することはできない。差額を分配する余地はあるかもしれないが、その戦略も今は現実的ではないように見える。私たちは、ここに良い対応策があるとは考えていない。しかし、最も悪いのは、特定の専門家への依存ではないだろうか。

上述したように、政府は選ばれた専門家からの助言に依存していることを指摘した。そのために、ほとんどの政府は、専門家による諮問委員会を設置したり、科学アカデミーに報告書を依頼したりするなど、助言を得るための形式的または半形式的な手続きをとっている。私たちは、これらの政策は、選定手順が十分に設計されていれば(狭義の党派的な偏見に過度に左右されていなければ)、それ自体が認識論的に責任があると考えている。政府の意思決定を導くためのより良い方法がない場合、政府は、これらの確立された機関によって、あるいはこれらの確立されたチャネルを介して導かれたときに、認識論的責任を果たす。信頼できるコンセンサスを得るための時間がまだない場合、これらの情報源に依存することは危険である。しかし、すべての戦略は非常にリスクが高く、専門家に依存するという方針自体が価値のあるものであることを考えると、このようなアプローチが推奨されると考えられる。この方針に従うことで、異なる政府が異なるアプローチをとるようになる可能性があることに留意すべきである。私たちは、この事実をそれを否定するものではないと考えている。他の領域の専門家でありながら、疫学の中での議論に直接貢献する専門知識を持たない私たちのような人々の認識論的責任に目を向ける。私たちの責任はさほど重くはない。死亡する人の数に大きな影響を与えるような決定をするという重荷は私たちにはない。とはいえ、私たちには重要な責任があると私たちは提案している。実際、私たちには認識論的な義務がある。私たちは定まった科学に従うべきであるが、科学が定まっていない場合、私たちはそれに疑問を呈する義務がある。

繰り返しになるが、COVID-19の科学と気候科学を対比させてみよう。気候科学における多くの問題は、哲学者や弁護士の権限を完全に超えている。しかし、気候科学は、それが政策に関連するものである限り、CO2と気温の関係をはるかに超えている。それは、人間の健康や福祉、規制の枠組みなどへの影響を包含している。つまり、気候危機への適切な対応のあり方が含まれているのである。これらの問題に関するコンセンサスが、中核となる科学的問題に関するコンセンサスのように広く深いものがあるとは言えないが、対応の大まかな概要、すなわちCO2の生産量を劇的に削減する必要性に関するコンセンサスに近いものが存在している。

このコンセンサスは、弁護士や経済学者、さらには哲学者37 が役割を果たしたからこそ生まれたものである。つまり、気候科学は、何十年にもわたって、すでに何度も何度も検証され、再検証されてきたコンセンサスを私たちに提示しているのである。様々な分野の多種多様な専門家が、すでに意見を述べているのである。コロナウイルスのパンデミックについても、科学の枠を超えた意見が必要とされている。パンデミックに対する適切な対応や対応を特定することは、疫学者だけの問題ではない。疫学者は経済学の専門家でも、メンタルヘルスや社会政策、政治や行動科学の専門家でもない。もし私たちがパンデミックについて信頼できるコンセンサスを得ようとするならば、科学に頼ることはできないその逆で、科学は適切なストレステストが行われたときに信頼できるものとなるが、そのためには現在、複数の視点からの意見が必要となる。今、多くの人たちの中で倫理学者には、科学を検証する役割があるのである。コロナウイルスが気候科学と違うからといって、科学を鵜呑みにするのが適切なのではない。それは同じだからである。気候科学においても、そのような推測が適切であった時代があったのである。気候科学に関しては、その時代はとっくに過ぎているが、パンデミックに関してはそうではない。

倫理学者は疫学者ではないので、その分野の専門家の範囲内にある問題に疑念を抱くべきではない(ただし、モデル化は疫学の領域ではない:数学的モデルに疑問を抱くことができるのは多くの異なる分野である)。しかし、彼らには関連性のある専門知識がある。疫学的モデルは価値がないわけではない:生命の価値に関する仮定を体現しており、その仮定は議論の余地がある。例えば、英国が頼りにしているモデルは、すべての命の価値を平等にカウントしている。これは防御可能な価値判断であるが、これは価値判断であり、議論の余地がある。多くの倫理学者は、命ではなく(質を調整したかどうか38)寿命を測定することを好むが、そうすることで、異なる予測や異なる政策ガイダンスが生まれる。なぜなら、COVID-19で死亡する人の大部分が比較的少量の命を縮めるからである(対照的に、多くの国では富が高齢者層に集中しているため、不況から生じる害は、若くて健康な人々をより大きく襲う可能性がある)。生命を均等に重んじる政策も、寿命を均等に重んじる政策も、どちらも平等主義的な政策である。どちらかを決めるのは疫学者の問題ではない。むしろ、倫理的な専門知識(とりわけ)が必要とされる。一般的なロックダウンもまた、価値判断を具現化している:とりわけ、負担はすべての人に平等にかかるべきであるということである。利益が高齢者に不釣り合いに流れる場合、この判断は議論の余地がある。私たちはここで特定の価値観を提唱しているわけではない。むしろ、価値判断は避けられないものであり、疫学者はその判断を下すのに最適な立場にはないことを強調している。

気候科学(例えば)とCOVID-19の科学を区別するのは、単に科学的な不確実性だけではない。前者のコンセンサスは、科学の枠を超えた分野の専門家が発言し、気候科学が用いた仮定に疑問を呈するなど、多角的に検証されてきたという事実である。完全に価値観の自由な科学などというものは存在しない39 が、科学の中には、他の科学よりも価値観の高いものもあれば、他の科学よりも価値観が争われやすいものもある。科学が公共政策へのインプットとしての役割を果たす限り、科学の資格だけでは、良い実践には十分ではない。それは気候科学に関しては確かに起こっているが、パンデミックに関してはまだ始まっていない。その結果、哲学者や倫理学者が気候科学で果たすべき役割は、現在でははるかに小さくなっており、その代わりに(大部分は)専門家に委ねるべきである。しかし、コロナウイルスのパンデミックは定まった科学ではなく、私たちにはパンデミックに対する政府の対応の中心的な側面に疑問を投げかける役割がある。

実際、私たち、そして疫学を公衆衛生政策に変換するために不可欠な専門知識を持つ他の多くの人々は、単に科学に疑問を呈する権利を持っているだけではなく、そうする義務を負っているのである。ロックダウンの費用と便益が適切に評価されて初めて、私たちは自信に満ちた意思決定を行うための知識を持つことができる。もちろん、経済学者がその役割を果たさなければならない。しかし、精神保健の専門家(例えば、病気への恐怖と比較して、孤立のコストを評価する)、社会学者(例えば、ロックダウンの下流への影響や、ロックダウンが子どもの発達にもたらす幅広い社会的変化を評価する)、教育者(Zoomを使った学校教育の効果を評価する)、その他多くの人がそうでなければならない。私たちはそれぞれ異なる役割を果たさなければならない。確実に生成されたコンセンサスがあるときには、私たちは先延ばしにすべきであり、今、私たちはそのコンセンサスの生成を支援することで自分たちの役割を最もよく果たすことができる。

認識論的責任は、異なる文脈で異なる人々に異なる義務を課す。専門知識を持たない個人が、専門知識を持っている人の結論を否定したり、推測したりすることは、しばしば認識論的に無責任である。その代わりに、確立された科学に直面した場合には、敬意が求められる。しかし、公共政策の問題については、専門知識は広く分布している。多くの異なる種類の人々が、そのような政策をストレステストする役割を果たすことができるし、果たすべきである。哲学者、倫理学者、弁護士、経済学者、社会学者、その他多くの分野の人々は、その分野に特化した問題については疫学者の専門知識を尊重すべきであるが、その結果として生じる政策の処方箋に疑問を呈することができるし、疑問を呈すべきである。広範な専門知識を持ち込むことによってのみ、信頼できるコンセンサスを得ることができるのである。

コメント コメント欄を設置しました!

タイトルとURLをコピーしました