8つの資本カテゴリー:全体主義に対するレジリエンスを高める方法

プレッパーズ、サバイバルツールレジリエンス、反脆弱性

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

 

1. 金融資本:

多くの人が最も直感的に知っているもの。お金、株式や債券のポートフォリオ、仕事から得られる収入、そして支出や借金など。

    • 分散型の暗号通貨:ビットコイン、イーサリウム
    • 金融プライバシーを重視し、個人の取引情報を保護する。
    • 地域通貨や互助的な経済システムを促進:イサカアワー、ブリストルポンドなど

2. 社会資本:

プライベートな人間関係や公的な人間関係のことである。我々を育て、導いてくれる人間関係、好意を持っている人との親密ではない関係、そして我々のニーズを満たし、商品やサービスを提供するために利用することができる人脈。

    • 地域コミュニティの結束を強化し、相互扶助のネットワークを構築する。
    • 暗号化通信を活用し、プライベートな人間関係を監視から守る:Signal、Tor、I2P、テレグラム
    • 非中央集権的な意思決定システムを導入し、コミュニティの自治を促進する:Loomio、Agoraなど
    • 互酬経済 互いに助け合うことを前提とした経済システム。参加者は、他者から受けた恩恵に対して、何らかの形で返報することが期待される。家族や近隣コミュニティの中で、伝統的に見られる形態。
    • 協同組合経済:協同組合を基本単位とする経済システム。日本の各地には、長い歴史を持つ協同組合の文化がある。相互扶助や連帯の精神は、資本主義的な競争原理とは異なる価値観を提供する。
    • コミュニティ・オーガナイジングの手法:危機の状況下で、コミュニティの結束を維持し、互助的な関係を築くための手法。これらの知識は、社会的なレジリエンスを高める上で不可欠である。

3. 生命資本:

我々を取り巻く土地、木、水、土、そして動物たちのこと。また、我々の体、つまり健康や体力、能力なども含まれる。

    • 健康管理:バランスの取れた食事、適度な運動、十分な睡眠、ストレス管理
    • 個別化医療・セルフケアの知識:自分の健康状態を把握し、適切なセルフケアを行うための知識と技術。自然治癒力を高めるためのアプローチを含む。
    • 自給自足のライフスタイルを促進し、外部の資源への依存を減らす:パーマカルチャー、アグロフォレストリーなどの持続可
    • 個人の健康データのプライバシーを保護し、監視医療を防ぐ。
    • 土地の共同所有や、コモンズの管理を通じて、自然資源の分散的な管理を行う:土地トラスト、コミュニティランドトラストなどの共同所有モデル
    • 応急医療の知識 怪我や病気の手当て、薬草の利用など、医療システムが機能しない状況下で役立つ知識。これらの知識は、コミュニティの健康を守る上での自助能力を高める。

4. 道具資本:

家、橋、建材、道具、保存食、コンピュータ、ソーラーアレイ、自動車など、目に見える所有物のこと。

    • オープンソースのテクノロジーを活用し、特定の企業への依存を避ける
      • オープンソースソフトウェア:Linux、LibreOfficeなど
      • オープンソースハードウェア:Arduino、Raspberry Piなど
    • 分散型の製造(3Dプリンティングなど)を促進し、物資の自給自足を図る。
    • シェアリングエコノミーを通じて、資源の効率的な利用を促進する
    • バーター経済(物々交換):歴史的に最も古い経済システムの一つだが、現代でもローカルなコミュニティの中で部分的に実践されている。
    • エネルギーの自給ツール:太陽光発電、バイオガスの生成など、エネルギーを自給するための技術。これらの知識は、エネルギー危機に備えるだけでなく、持続可能な社会を築く上でも重要である。

5. 知識資本:

自分が知っていることや、その知識を応用するための専門知識のこと。個人や集団が蓄積した経験や教訓。失敗から学ぶ能力、逆境を乗り越えた経験などが含まれる。ワクチンを拒否することを可能にする知識はどれだけ他の資本をもっていても買うことはできない。

    • オープンな知識共有プラットフォームを構築し、情報の自由な流通を促進する。
      • オープン教材:Khan Academy、Courseraなど
      • 暗号化学習プラットフォーム:Opet、Tutellus
      • 分散型ウィキ:Everipedia、InterPlanetaryWikiなど
    • 分散型の教育システム(オンライン学習など)を発展させ、中央集権的な教育機関への依存を減らす。暗号化学習プラットフォーム:Opet、Tutellus
    • 自給自足の知識:食料の栽培、狩猟、保存など、自給自足に必要な技術。これらの知識は、食料システムの混乱に備えるだけでなく、地域の食文化を守る上でも重要である。
      • サバイバルスキル:火起こし、シェルター作り、水の浄化など、野外で生き抜くための基本的なスキル。これらの知識は、災害時の生存能力を高めるだけでなく、自然との共生や自立心を養う上でも役立つ。

6. 感情資本:

パンチを受けても、心の中の嵐や外のドラマを冷静に乗り越えられる個人の能力によって測られる。個人や集団の精神的・宗教的な資源。信仰、価値観、意味の感覚などが含まれる。

    • マインドフルネスや瞑想などの実践を通じて、個人のレジリエンスを高める。
    • 自然信仰や民俗宗教:神道の自然信仰や、各地の民俗宗教は、日本人の自然観や世界観の基盤を成すものである。自然との共生や、霊性の尊重は、近代的な価値観への対抗軸となり得る。
    • 「もったいない」の精神:資源を大切にし、物を長く使い続ける「もったいない」の精神は、大量生産・大量消費の文化に対する抵抗力を持つ。この価値観を再評価することは、持続可能な社会を築く上で重要である。

7. 文化資本:

我々が暮らす地域の人々の物語、歌、習慣などによって定義される。逆境に強いコミュニティもあれば、そうでないコミュニティもある。その違いは、それぞれの文化資本の大きさを表している。

    • 地域の伝統や文化的アイデンティティを尊重し、グローバルな画一化に抵抗する。
    • 文化的表現の保護:クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    • 贈与経済:財やサービスを、見返りを求めずに提供する。互酬性の原理に基づき、長期的な互恵関係を築くことが重視される。伝統的な社会や、オープンソースソフトウェアのコミュニティなどで見られる。
    • 日本における文化資本:地域の祭りや伝統行事、方言や地域の言葉、伝統的な手工芸や技術 和紙、陶器、漆器、地域の食文化、

8. 資本の一形態としての時間:

これは、繁栄と豊かさに満ちた未来を望むならば、賢明に配分する必要のある、貴重で枯渇し続ける商品を意味する。

    • 自律的なライフスタイルを追求し、外部の時間的制約から自由になる。タイムバンク:Time Banks USA、hOurWorldなど
    • タイムバンキングなどの互恵的なシステムを通じて、時間の再分配を図る。シェアリングエコノミー:TaskRabbit、Timerepublik など
    • 長期的視点に立ち、持続可能な未来のために時間を投資する。スローライフ運動、ダウンシフト運動など
この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました