【GPT-4+Alzhacker 】運動と併用した定期的なサウナ入浴が心肺機能に及ぼす影響:マルチアーム無作為化比較試験
Effects of regular sauna bathing in conjunction with exercise on cardiovascular function: a multi-arm, randomized controlled trial

LLM - LaMDA, ChatGPT, Claude3温熱療法・寒冷曝露・サウナ・発熱

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35785965

Effects of regular sauna bathing in conjunction with exercise on cardiovascular function: a multi-arm, randomized controlled trial

目的
  1. 本研究の目的は、座りがちな集団において、サウナ浴と運動の相乗効果を明らかにすること。
運動全般
  • 有酸素運動の前にレジスタンス運動を行うことで、高いエネルギー消費と脂肪量の減少が期待できる。
  • 運動トレーニング期間が長いほど、心血管系の適応がより顕著に現れる。
  • レジスタンス運動と有酸素運動を組み合わせたトレーニングは、動脈硬化と血圧の減少において、有酸素運動のみのトレーニングより効果が低いことが報告されている。
介入方法
  • マルチアームRCTで、座りがちな集団を対象に、8週間の運動とサウナの介入(EXS)、通常の運動(EXE)、対照群(CON)を比較。
  • 8週間の運動介入は、週に150分の中強度運動が推奨される身体活動ガイドラインに忠実。
    1. トレーニングセッションは、全身のウォームアップ、レジスタンス運動、有酸素運動の順で行われ、運動強度を徐々に増加。
サウナ
  • 熱馴化研究では、有酸素性体力を向上させるために熱を使用することの有効性が示されている。
  • 熱の使用は、低酸素よりも低い相対的な作業負荷で、より大きなレベルの急性生理的緊張と細胞応答を誘発することが示されている。
  • 本研究で見られた現在の心血管系の適応は、動脈の構造的変化というよりも機能的強化の結果である可能性がより高い。
  • サウナ入浴に対する心肺機能の適応のメカニズムは十分に検討されていないが、熱馴化に対する心血管系の適応はよく知られている。
  • 温熱療法は安静時収縮期血圧とDBPの両方を平均4mmHg減少させることが示されており、約5mmHgのBPの減少が個人のBP分類を改善すると仮定されている。
運動+サウナ
  • これまでの研究で、受動的な熱の使用、サウナへの露出、運動とサウナへの露出から、ポジティブな急性心血管系反応が得られている。
  • サウナ浴は臨床集団およびスポーツ選手集団の両方において、運動プログラムへの効果的な付加的手段であることが示されている。
  • 定期的なサウナ浴を加えることで心肺機能を増加させ、安静時収縮期血圧の減少につながったことが示唆されている。
  • 運動トレーニングと受動的な暑熱は、動物モデルにおいて心筋収縮力の改善につながる相加的な効果を持つことが示されている。
結果
  • EXE群はCON群と比較して、心肺機能の改善と脂肪量の減少が確認。
  • しかし、EXE群とCON群の間で、血圧や動脈硬化などの他の二次変数の変化には差がなかった。
  • EXS群はEXE群と比較して、心肺機能がより向上し、安静時収縮期血圧と総コレステロール値がより低下。
  • 運動後のサウナ浴は増強効果があり、全体的なトレーニングストレスが増加することが示された。
  • EXS群における安静時収縮期血圧の低下には、総コレステロール値の同時低下が寄与している可能性がある。
  • 本研究では、EXS群の安静時収縮期血圧値は介入後EXE群より8mmHg低く、これはほぼ全血圧カテゴリーに相当する。
  • 安静時収縮期血圧の5mmHgの低下と全死亡リスクの低下との間にほぼ直線的な関係があると報告されているので、これは臨床的に重要な新しい発見であり、注目すべきである。
タイトルとURLをコピーしました