個人・組織 / COVID-19

ウラジミール・”ゼブ”・ゼレンコ博士
Dr. Vladimir “Zev” Zelenko

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

www.zfreedomfoundation.com/about-4

Z-Freedom財団

過去2年間、世界中で何百万人もの命を救うことになったCOVID-19の治療法を発見し、実行した人物が、癌との長い闘いの末にこの世を去った。 48歳だった。

1973年にウクライナのキエフで生まれたゼブ氏の家族は、1977年に米国に移住し、ニューヨークのブルックリン、シープスヘッド・ベイに居を構えた。

ホフストラ大学で化学を専攻し、優秀な成績で学士号を取得した。 その後、Buffalo School of Medicineに進学し 2000年に医学博士号を取得した。

Zevは、後にCOVID-19の大流行が始まる2020年に、ニューヨーク州モンローで家庭医を開業していた。 批判的思考と科学的手法の両方を巧みに組み合わせ、神と患者の両方への愛からその応用を形にした医師として、ゼブは政治家や公衆衛生当局が規定の治療経路に落ち着くのを黙って待つことに満足しなかった。 人々が死んでいくのだ。 彼は、すぐに治療法の模索を始めた。

そして、その治療法として、ヒドロキシクロロキン(HCQ)、亜鉛、アジスロマイシン、その他様々な薬物、特にステロイドを組み合わせ、「ゼレンコ・プロトコル」として知られる治療法を発見したのである。 このプロトコルの鍵は、ウイルスが暴走して本格的な呼吸器疾患になる前に、細胞レベルの内部で治療するための非常に早い段階での介入にあった。

ゼレンコが亡くなるまでに、約7,500人の患者の治療を監督し、死亡した患者はわずか3人であった。 ゼレンコ・プロトコルの使用は世界中に広まった。

ゼレンコプロトコルは世界中に広がり、そのブレイクスルー治療法と患者のための率直な主張が認められ、他の勇気ある医師と共にノーベル賞候補となったが、ほとんどの場合、ゼブ氏は一般的な正論に大胆に対抗したために検閲と非難にさらされた。 世界中の政治家や医療関係者は、その動機が何であれ、ゼレンコ・プロトコルとそのシンプルで低コストの治療法の有効性を軽視するか、完全に否定しようとした。 ヒドロキシクロロキン(後にイベルメクチン)を他の薬と併用した場合の効果を意図的に隠すために、数多くの研究が行われた。

当時のニューヨーク州知事アンドリュー・クオモのような政治家が、患者の治療に ヒドロキシクロロキンを使用することを禁止する措置をとったこともあった。 ソーシャルメディアのプラットフォームもゼヴを黙らせる努力に加わり、ツイッターは2020年末にゼブをプラットフォームから追放したのは有名な話だ。

ヴォルテールが言ったように、「確立された人間が間違っている問題で正しいことをするのは危険である」。

過去2年間、彼のプロトコルの有効性を裏付ける数多くの研究があったにもかかわらず、この治療法へのアクセスは依然として人口のかなりの部分に否定され、多くの医師からは単に無視されている。

それでもゼヴは、政府の規制を回避できる別の治療法を探した。 そして、 ヒドロキシクロロキンと同じような働きをする天然サプリメント「ケルセチン」が、細胞内で発生中のウイルスを亜鉛が攻撃するのを助けることを発見した。 しかし、ゼブがよく言っていたように、「あったらいいなと思うような軍隊で戦争はしない。 と言っていた。 彼はケルセチンを発見し、それを ヒドロキシクロロキンの50口径に対して22口径に例えて、最終的にZ-Stackサプリメントの開発につながったのである。

ゼブは、過去1年半以上にわたって、mRNAワクチンの深刻な副作用と遺伝子コードの改変の両方を指摘し、率直な批判を続けてきた。 特に、インフォームド・コンセントができる年齢に達しておらず、COVID-19による重篤な疾病の危険性がほとんどない子供たちへのワクチン使用については批判的であった。 彼は、ウェブベースのポッドキャスト・インタビューや、全国各地での多数のライブ出演を通じて、幅広く自分の意見を伝えてきた。 彼は日常的に、拍手による中断やスタンディングオベーションで迎えられてきた。

2018年初頭に診断され、100%末期の予後を告げられた珍しい形のがんについて、ゼヴは繰り返し、神からの贈り物だったと言及した。 “私のがんは、COVID-19のパンデミックに備えるものである 」と、彼は言うだろう。 「また、患者を治療するために受ける迫害や嘲笑に耐えることもできなかった。 私は死を直視し、神と出会う準備を整えた。 私はこの世で何も恐れない」。

深い信仰心を持つ彼は、神が自分に特別な使命を与え、その使命を果たすために何百万人もの祈りが自分を生かしてくれたと、最後まで信じていた。

ゼブは最近、彼の重要な仕事を継続するために、新しいZフリーダム財団の設立を発表した。 また 2022年晩夏から初秋にかけて、『Zelenko』というタイトルの回顧録を出版することも発表している。

彼の遺族は、妻のリナート、二人の子供、シラとリバ、そして前の結婚との間の6人の子供、レヴィ・イッツチョク、エステル・トヴァ、エタ・デボラ、ノクム・ドヴィド、シュムエル・ノソン・ヤコブ、メンシェム・メンデルである。 また、両親のアレックス(アーロン)とラリサ(レア)弟のエフライム(チャニーと同居)。

第二次世界大戦中のカナダ空軍パイロット、ジョン・ギレスピー・マギーは、そのシンプルで美しい詩「High Flight」の中で、手を差し出して「神の顔に触れた」と述べている。 ウラジミール・”ゼブ”・ゼレンコという傑出した人物と、ほんの一瞬でも交わる機会に恵まれた人々にとって、この事例とこの魂は、神が地上での時間の間に多くの希望と多くの命を与えた人物の顔に触れることを、もはや待ちきれなかったことを知る感覚であろう。

ゼブ氏のお名前で追悼の意を表すことができる。

以下のフォーム(リンク先)に記入の上、送信してほしい。

www.zfreedomfoundation.com/about-4

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました