エポックタイムズロックダウン医療・製薬会社の腐敗

スコット・アトラス博士 選挙によらない強力な「陰謀団」が、アメリカの科学資金と医療政策の両方を支配している

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Dr. Scott Atlas: A Powerful, Unelected ‘Cabal’ Controls Both Scientific Funding and Health Policy in America

www.theepochtimes.com/dr-scott-atlas-a-powerful-unelected-cabal-controls-both-scientific-funding-and-health-policy-in-america_4354182.html

「私たちは皆、資格のある人を信用しますが、資格だけではもう十分ではありません。実際、私たちは今、資格を持っている多くの人が信用できないことを知っています。」 -Scott Atlas

「アメリカを破壊するCOVIDを止めるために、トランプ・ホワイトハウスでの私の戦い」

COVID-19のパンデミックは、アメリカの公衆衛生装置の根深い問題を露呈しました。それは、期待されるほど客観的でもデータ駆動的でもない。選挙で選ばれない強力な少数派が、誰が資金を受け、誰が著名な雑誌に掲載され、誰が最終的にトップになるかを最終的に監督している、とアトラス博士は言います。

以下は、2022年3月22日に放送されたAmerican Thought Leadersのエピソードを急いで書き起こしたものです。この原稿は最終的な形ではない可能性があり、更新される場合があります。

Scott W. Atlas

スコット・W・アトラス医学博士は、フーバー研究所のロバート・ウェッソン・シニアフェロー(医療政策担当)です。

アトラス博士は、ヘルスケアへのアクセス、質、価格、イノベーションに対する政府と民間部門の影響を調査し、これらの分野における政府や業界のリーダーたちに頻繁に政策アドバイザーを務めています。2008年、2012年、2016年の大統領選挙期間中は、多くの米国大統領候補のヘルスケア担当上級顧問を務めました。また、米国上院・下院の複数の議員に助言を行い、医療保険制度改革について議会で証言したこともあります。2020年8月から12月まで、大統領特別顧問およびホワイトハウス・コロナウィルス・タスクフォースのメンバーとして国家に貢献しました。近著に「Restoring Quality Health Care」があります。A Six-Point Plan for Comprehensive Reform at Lower Cost (Hoover Press, 2020, 2nd ed.)」があります。アトラス博士のこれまでの医療政策関連の著書には、In Excellent Health: Setting the Record Straight on America’s Health Care System (Hoover Press, 2011), Reforming America’s Health Care System (Hoover Press, 2010), and Power to the Patient: Selected Health Care Issues and Policy Solutions (Hoover Press, 2005)があります。アトラス博士は、世界銀行の「成長と開発に関する委員会」に政府・学界のリーダーとともに参加しています。また、ラテンアメリカ、東南アジア、ヨーロッパなど米国外の数カ国において、ヘルスケアや医療技術に関する指導者への助言も行っています。アトラス博士は、世界中のさまざまなメディアで出版やインタビューを受けています。

また、この分野の主要な教科書であるベストセラー『Magnetic Resonance Imaging of the Brain and Spine』(現在第5版)の編集者でもあり、英語から中国語、スペイン語、ポルトガル語に公式に翻訳されています。また、過去30年以上にわたり、数多くの科学雑誌の編集者、副編集者、国内外の科学協会の理事を務めています。神経系疾患における新しいMRI技術の高度な応用を中心に医学研究を行いました。1998年から2012年までスタンフォード大学メディカルセンターの放射線科教授および神経放射線科部長を務め、それ以前の教授職では100人以上の神経放射線科フェローを育成し、その多くが現在、この分野の世界的なリーダーになっています。

医療の質とアクセスにおける政府と民間の役割、医療イノベーションの世界的動向、技術に基づく医療の進歩の将来に関連する重要な経済問題など、さまざまなテーマで講演を行っています。民間企業では、ライフサイエンスや医療技術分野の起業家や企業のアドバイザーを務めることも多くあります。

アトラス博士は、政策と医療におけるリーダーシップが評価され、数多くの賞や名誉を受賞しています。ヒルズデール大学では、「個人の自由と自由な社会への献身を認め、2021年フリーダムリーダーシップ賞を授与されました。数年にわたり、ノーベル医学生理学賞の指名委員会の臨時委員を務めています。また、「The Best Doctors in America」の創刊以来、毎年、同業者によって選ばれているほか、「The Best Doctors in New York」や「Silicon Valley’s Best Doctors」などの地域別リストでも紹介されています。また、母校であるイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校から、優れた卒業生に贈られる最高のキャリア達成賞である「2011 Alumni Achievement Award」を授与されました。

アトラス博士は、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で生物学の理学士号を、シカゴ大学医学部で医学博士号を取得ています。


Scott Atlas

スコット・アトラス博士、またAmerican Thought Leadersにご登場いただき、大変光栄です。

Scott Atlas

ここに来れてうれしいです。ありがとうございました。

Jan Jekielek

2020年に約4ヶ月間ホワイトハウスにいたことで、前政権のパンデミック対応を直に見ることができましたね。そして今に至ります。このヒルズデールで「科学と自由のアカデミー」を立ち上げ、科学の検閲をめぐるイベントを開催していますね。長い道のりです。どうやってここまで来たのか、教えてください。

Scott Atlas

複雑な質問ですね。まず、ホワイトハウス、タスクフォース、そして大統領への助言という環境に身を置いたときに、私が見たものをお話しします。ビルクス博士、ファウチ博士、レッドフィールド博士がホワイトハウスで州に対する連邦政策指導を5,6ヶ月行った後、私は7月末にホワイトハウスに着任したことを思い出してください。

私が赴任した当時は、国が大きな恐怖に包まれ、人々が死に、政策が機能していない状態でした。つまり、感染症を食い止めることも、蔓延を防ぐこともできなかったのです。リスクの高い人たちがまだ死んでいたのです。ロックダウンはすでに失敗していたのです。学校を閉鎖することで、子どもたち、そして若い世代全体を犠牲にしていたのです。

それについては、すでに重要なデータがありました。ですから、私が参加したとき、当時はとても素朴でした。フーバー研究所で10年以上、フルタイムで複雑な医療政策の問題に取り組む医療政策学者という、学術研究環境から来たのです。

もちろん、この100年間で最も複雑な医療政策の危機に直面したのは事実です。さらに、私は25年間、学術的な医療、臨床、研究、そして医学者としてデータを見るという高いレベルのバックグラウンドを持っていましたので、ホワイトハウスに入ったときも同じように、同じようなアプローチが見られると期待していました。

つまり、データに精通し、論文に精通し、自分で読み、適切な研究デザインや不適切な研究デザインに基づいて研究を批評する方法を知り、科学的プロセスに参加することです。私が見たものは、まったく正反対のものでした。私が見たのは、医学の専門家と称される人たちでしたが、実際にはそのような振る舞いはしていませんでした。私が聞いたり見たりしたのは、これらの会議で科学的な論文を持ち合わせていない人たちの行動でした。

彼らは、発表された文献についての実務的な知識を持っていなかったのです。私は、自分のコメントを発表するために、一度に15本から20本の論文を持ち込んだのです。

彼らのコメントは、何のデータもなく、個人的な名誉毀損攻撃でしかありませんでした。これは、他の官僚を援護することに興味を持ち、メディアを操作したり協力したりして、異なる意見を持つ人々(それは私自身でした)を批判する官僚の行動だと私は考えています。だから、この行動には唖然としました。何が起こっているのか、批判的な分析がなされていなかったのです。非常に稚拙な図表が作られていました。

本当に低レベルで、これには驚かされました。危機的状況にある大統領のアドバイザーとしての私の仕事は、大統領の質問に答えられるようにすること、研究を行う専門家がそこにいて、大統領の質問に答えられるようにすることでした。

そこで、私はそれを実行しました。西海岸から東海岸まで、科学者、医学者、研究者のグループを組織しました。UCLA、タフツ、ハーバード、スタンフォードなど、実際の研究を行うトップクラスの人たちです。そして、大統領と副大統領に会い、より詳しい情報を伝えました。他の医師たちからは脅しだと思われただけでなく、ビルクス博士が会議に出席できるように時間を調整したのに、最後の最後で彼女は引き下がったのです。これは、複雑な科学的・医学的政策の問題を検討するテーブルにつくべき人物の行動ではありません。私の考えでは、それは官僚の行動です。

これは私にとって衝撃的でした。私はこの前まで政治的な環境にいませんでしたし、これは政治的な問題ではないので、政治的な環境に入るとは思っていませんでした。人々が死んでいたのです。戸締まり、学校の閉鎖、会社の閉鎖、移動の制限、無症状者の隔離などの政策は、当時すでに感染の拡大を食い止めることができませんでした。高リスクの人々の死を食い止めることもできませんでした。そして、何百万もの家庭を崩壊させ、子どもたちを犠牲にすることになったのです。私は唖然としました。

そして、科学と自由のための研究所が必要だという考えに至ったわけですが、私、ジェイ・バタチャリヤとマーティン・クルドルフは、あなたがおっしゃるように、ヒルズデールの傘下にあるこの研究所の共同設立者です。どうすればそこまでたどり着けるのでしょうか。

というのも、パンデミックの全期間を通じて、そして現在もなお、私たちが目にしているのは、科学的プロセスに必要なこととは正反対のことです。NIHの責任者であるフランシス・コリンズ博士とファウチ博士が、科学的な議論に参加するのではなく、自分と意見の異なる人々を「やっつける」ためにメディアの友人を使って書いた電子メールが公開されているように、このプロセスはメディアと結託した非常に強力な科学者によって阻止されたのです。

私たちはこれを大学のキャンパスで見ました。私の大学、スタンフォード大学では、医学部の教授たちが集まって、自分たちの政治的感情のために、非常に動揺した方法で、専門家らしくない方法で、私を非難し、脅迫しようとしました。

私たちは大学の専門知識を必要としています。そしてまた、私たちが必要とする真実を見つけるためだけでなく、子どもたち、学生たちに、適切なプロセスは、中傷、非難、脅迫、中傷、彼らを黙らせることではないことを教えるためでもあるのです。

しかし、適切なプロセスとは、より多くの情報を入手し、人々が発言することを認めることです。大学が言論の自由を支持すると言うとき、それは「あなたは解雇されます」ということに限定されるものではありませんし、そうあるべきではありません。それは言論の自由ではありません。言論の自由とは、信頼に足る人間として発言することです。

もちろん、私はスタンフォード大学で25年間その実績があり、意見交換や科学的な討論を行ってきましたが、それは阻止されました。私を妨害したわけではありませんが、悲しいかな、他の人たちを脅かすことに成功したのです。他の人たちが名乗り出るのを拒んだのです。キャンパスや私の住む地域の人々が私のところに来て、「スコット、医学部では多くの人があなたを応援してくれたのに、私たちは怖くて前に出られありませんでした」と言ったのです。それはとても悲しいことです。

このような重要な時期に、学者レベルで自由な意見交換ができないのは非常に恐ろしいことです。現代の医学史上、専門知識を必要とする時期がなかったのに、それが止められてしまったのです。全てのプロセスが停止されたのです。

これは率直に言って スタンフォード大学の キャンパスメンタリティを汚染しています。他の場所でもそうです。もし学生が互いに異なる意見を聞かなければ どうやって批判的思考を学ぶのでしょうか それは定義上必要なことなのです

科学者でなくてもクリティカルシンカーになることはできますが、クリティカルシンカーでなければ正当な科学者になることはできないのです。批判的思考は許されず、メディアや皆さんの分野では、それが積み重なり、今日、ソーシャルメディア、YouTubuやTwittersから人々が排除され、検索エンジンで人々について毒のあることが書かれ、人格的中傷が行われているのを目の当たりにしています。

これは、客観的で、データに基づかない、不自由な社会であることを誇りとする社会にとって、適切なことではありません。そのような行為は許されるものではありません。今や科学そのものが、以前にも増して政治化されています。

私の考えでは、パンデミックが科学の政治化を引き起こしたのではなく、アカデミズムからの中傷、これらのすべてが暴露されただけです。それは、プレッシャーにさらされた人の人格が暴かれるのと非常によく似ています。

個人として、親として、家庭生活で、職場で、試練にさらされたとき、その人の本当の性格が現れますが、試されて失敗した人たちがいました。ひどい失敗をしたのです。無能だから失敗したのではありません。それもありますが。彼らは自分の傲慢さのために失敗したのです。

彼らは自分が間違っていることを認めようとしません。データは非常に明確です。ロックダウンは間違っていたのです。彼らは失敗し、人々を破壊しました。

私たちは非常に凶悪な方法で 子供たちを犠牲にしたのです。科学への信頼を回復する必要があります。できればメディアに対する信頼も回復させなければならないが、大学の指導者に対する信頼も回復させなければなりません。

これらはなくなってしまったか、ひどく損なわれています。そして、その方法、最初のステップは、彼らが前に出て、自分たちが間違っていたことを認めることです。CDCを含むアメリカの公共保健機関は、透明性という点で、また、自分たちが言っていることの高度な科学的根拠という点で、本当に劇的に失敗しています。やるべきことはたくさんあると思います。

Jan Jekielek

もちろん、あなたが誹謗中傷を受けている例をいくつも読みましたが、多くの人がいました。「スコット、あなたと討論したい 」と言い出した人はいたのでしょうか?

Scott Atlas

ファウチ、バークス、レッドフィールドに、私は「喜んでそうします」と答えました。「外部の研究者や疫学者を何人か呼んで、徹底的に議論したい 」と言ったんです。それで話はおしまいでした。専門家を呼んで大統領と会談し、翌日副大統領と会談しても、データについて議論する気は全くなく、ビルクス博士はその会談から手を引きました。

実は、スタンフォード大学医学部のグループがこの手紙を掲載したとき、それはたった一人の医学者、私が言うのもなんですが、マーティン・クルドルフが当時スタンフォードに公然と書き込んだのです。そして、彼は、スタンフォード新聞への手紙の中で、「署名者の誰に対しても、問題についての討論を挑みます。」と言っています。そして、スタンフォードの教授の中でマーティンの挑戦を受け入れた人はゼロでした。もちろん、私が言ったことはすべて正しかったので、そのデータについて議論することはできませんから。

私が言ったことは全て、ジョン・ヨアニディスや、後に他の人たちも、当時とても論議を呼ぶと思われていた事柄について言っていました。というのも、「なぜそうなったのでしょうか?なぜ、そのようなことが起こったのでしょうか?なぜ、この人たちはそんなことをしたのでしょう?とか、いろいろな憶測が飛び交うと思います。

しかし、それは選挙期間中でした。スタンフォードの郵便番号の97%、つまり教員はジョー・バイデンと選挙に投票し、3%がドナルド・トランプに投票したので、それがどれだけ関係しているかは分かりませんが、何か関係があったようです、これは驚くべき統計ですが、政治は決してこの中に入ってはいけないのです。

それで、なぜと考えざるを得ません。多くのことが組み合わさってできたのだと思います。これらの大学の教員や公衆衛生の指導者たちによるものも含めた恐怖、個人的な恐怖、そして、もし大統領がこの国の問題を解決しようとする大胆さを持つ人に対する反抗心や政治的憎悪だと思います。その大統領が自分たちが認めていない人であった場合、大統領がこの国の問題を解決しようとする人たちです

そのため、理性的な思考が失われたのは、さまざまなものが混ざり合った結果だと思います。NIHは研究資金を管理しているため、科学者や大学の昇進をすべてコントロールしています。そのため、NIHの指導者が言っていることに対して、若い助教授が進んで発言するような雰囲気にはならないことは想像がつくでしょう。

研究費の支配、学問的なキャリアや昇進の支配、研究費を得るために必要な雑誌による出版物の支配など、複雑な絡み合いがあり、不健全な関係になっているのです。そしてもちろん、企業や大手製薬会社、最近ではハイテク企業の影響もあり、科学という純粋な環境と素朴に考えていたものが、非常に複雑に汚染されているのがわかります。

Jan Jekielek

それはとても興味深いですね。このインタビューの少し前に、実はマーティン・クルドルフ博士と対談したんです。私たちはこの、学会や研究機関における資金分配と昇進などの間の資金調達の合流について話しました。しかし、ひとつだけ、ハイテク企業や大手製薬会社などの影響力については、話しませんでした。この図式にはどのように組み込まれているのでしょうか?

Scott Atlas

そうですね、やはり、私が始めたころは非常にナイーブだったので、衝撃的でしたね。例えば、タスクフォースのメンバーが、テレビで話している人たちのことをファーストネームで呼び、彼らが友人であることを示すのを聞いたとき、非常に微妙なショックを受けました。

彼らはこの人たちと関係を築き、自分たちの望むシナリオになるように彼らを利用していたのです。情報公開法に基づいて回収されたコリンズ博士のメールには、フランシス・コリンズとアンソニー・ファウチが、科学ではなく一般のメディアと共謀して、自分たちと意見の異なる人々を潰し、貶め、中傷していたことが示されています。

ところで 2020年2月にLancet誌の編集長宛にウイルス学者が手紙を書き、ウイルスが自然発生ではなく実験室から漏れた可能性があると考える人がいるとすれば、それは陰謀論であると述べたことは、近代史において前代未聞のことだと私は思っていますが、科学雑誌にもそれが見られました。今、知られていると言われても 2020年2月にはもちろん知られていません。現在も100%わかっているわけではありませんが、間違いなく自然なことだとは誰も言わないと思います。

そして、なぜそれが書かれたのかが、ここでのポイントです。あの手紙はすべて、他の人がそのような発言をしないように威嚇し、阻止するために書かれたとしか思えません。そして、これは非常に危険なことなのです。雑誌はその上、人格中傷を掲載していました。

このような、科学的根拠がなく、事実上証拠に反する意見書は、非常に権威があり影響力のある雑誌を本当に悪用しているのです。ランセット、ニューイングランド・ジャーナル、AMAジャーナル、世界最高のジャーナル、ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルなど、今でも影響力のある雑誌ですが、これらの雑誌で本当にゴミが作られました。これ以上続けることはできません。そして、このことの一部は、やはり、NIH補助金の審査も行う雑誌編集の有力者の陰謀に関連しています。

このように、非常に密接で、私が言うのもなんですが、不健全な関係があるのです。さらに、査読はすべて匿名で行われます。査読プロセスは、自分が誰であるかを明かす必要がなく、正直でいられるので、正直さを保証するもののように見えますが、実際には全く逆で、何の説明責任もなく、論文が出版されるのを止めることができるということなのです。

そして、そのようなことが起こったのです。2020年の1年間で、100人以上の科学者から、「まずは研究を続けてほしい」という手紙を受け取りました。「わたしたちは、前に出るのが怖いが、あなたの言っている事は全て正しい」

しかし、2つ目は、彼らの多くが、自分の研究を出版することができないと言っていました。これらの論文は、最終的に出版された非常に重要なものでした。その多くは、全部ではありませんが、オリジナルの統計モデルが極めて不正確であったことを示す論文も含まれています。マスクの集団使用は、感染の拡大を止める、あるいは防止する上で大きな効果がないことを示した論文もあります。

これらの論文は、最終的にはいくつか出版されましたが、何ヶ月もかかりました。雑誌の中でさえも、政治的な雰囲気に包まれるようになったのです。このようなことを、私たちはまず、科学と自由のための新しいアカデミーで探求し、暴露することになります。

そして、一般の人々を教育する必要があります。なぜなら、ここから生まれるものは、本当に、一般の人々から生まれるものでなければならないからです。トップダウンではだめなのです。アメリカ人や世界の市民が透明性を求め、誠実な科学を求め、産業界との関係も含め、率直に言って腐敗している関係を明らかにする必要があるのです。私たちは、これらの問題を明らかにしていくつもりです。そして同時に、これらの問題に対する解決策を見いだしたいと思っています。

Jan Jekielek

いいえ、もちろんです。これは……私が触れたかったのは、この業界に関する部分です。産業界はどのように関わってくるのでしょうか?

Scott Atlas

まあ、この業界はいろいろな意味で適合していますね。つまり、医療機器、薬理学的開発、診断学の分野では、世界で最も革新的な産業、民間部門を有していると言わざるを得ないのです。

これは間違いないでしょう。医薬品開発は世界のどこよりも優れていますし、医療機器の製造も優れていて、特許も独占しています。新製品も圧倒的です。特にがん治療薬では、承認済み医薬品への早期アクセスで優位に立っています。

このようなことは、まだまだあります。ですから、素晴らしい民間部門がないわけではありません。それは問題ではありません。基本的に、あなたがどんなに良い人であっても、あなたの会社がある製品で何十億ドルも稼いでいるならば、COVIDのワクチンを作っている会社の1つが驚くことでしょうか?

CEOがある日突然、「ああ、4回目のブースターが必要だ」と言い出したとしても、驚くことでしょうか。「4回目の接種が必要だ」まあ、会社の使命はお金を稼ぐことですから、驚くことではありません。それが理由で言ったとは言いませんが、それを切り離すのは非常に難しいことです。製薬会社のCEOが言ったのであれば、国民はそれを理解すべきですが、今回のように大統領に助言をする人がいる場合、テレビに出る人がいる場合、Wall Street Journalや他の有力紙に、ワクチンができるまでロックダウンしなければならないという記事を書く人がいる場合、それを理解することは困難です。そして、その人がワクチンを作っている主要企業の役員であることが判明したとき、これは問題です。この人たちが必ずしも腐敗しているとは言いませんが、その影響力は堕落しています。

これは利益相反であり、場合によっては身を引かなければならないこともあります。私たちは、製薬会社があるものに資金を提供したりしなかったりすることの深ささえ知りません。

この緊急事態に、前政権が製薬会社の責任を免除したことは知っています。それは、物事を迅速に、躊躇なく行うという利益の一部でした。それはとても良い意図だったと思います。しかし、今あるのは、ワクチンの副作用に関する透明性の欠如です。データの透明性が明らかに欠如しているのです。

そして、これらの企業に対する責任がゼロであることと相まって、これは問題なのです。ワクチンにはこれまで、死亡リスクの高い人々を死亡から守るという優れたデータがあったため、基本的にワクチンに対する信頼を不必要に損なっているのです。

しかし、透明性の欠如、ブースターをどんどん押し付けることによる金銭的利益という不健全な状況、政権内部のアドバイザーや大統領の耳目を集めた人々がいる場合、専門家としてテレビに出る人がいる場合、彼らがワクチンを作る製薬会社の諮問委員であることを明確にしない場合、私はそれは間違っていると思います。

多くの人が倫理に反すると言うでしょう。その解決策は、それを認めたり、明確に述べたりすることではなく、意図的であろうとなかろうと、そこに利益相反の問題があるのだから、身を引くことなのです。そして、アメリカ国民は一般的に聞いたことを信じるものです。つまり、この大パンデミックが起こるまでは、誰もがそうだったのです。そして、そのような時代は終わらせるべきだと思います。

私たちは皆、資格のある人々を信頼していますが、資格だけではもう十分ではありません。実際、資格を持っている人の多くは信用できないことが分かっています。ですから、私たちは、情報だけでなく、誰がそれを言っているのかを見るために、より批判的な帽子をかぶる必要があるのです。

そして、それを見直す必要があると思います。理論的にはすでに存在する利益相反を明らかにする必要があります。記事を書くとき、助成金を得るとき、それを宣言しなければなりませんが、それはもっと目に見えるものでなければならないのです。

そして実際、一部の人は退席する必要があるのです。さらに、35年、40年と官僚を続けてきた人たちの腐敗も違うと思うんです。政府内部で成功し、その地位を維持する方法は、無政治的だからではありません。不偏不党だからでもありません。高度に政治化された環境を巧みに操ることができるからです。

これは明らかなことです。あなたは官僚として、また準政治的な立場として、政府機関や政府機関の大きな部門を運営しているのです。メディアにも友人がいて、他の機関にも友人がいて、製薬会社にも友人がいて、モデルナ社のワクチンやファイザー社のワクチンの臨床試験を指揮するときには、お金につながるかどうかは別として、彼らと非常に緊密な関係を築いています。お金だけでなく、エゴや権力など、多くのものが人を堕落させます。権力は腐敗します。

利益相反を起こさないような人々の統合が必要です。選挙で選ばれた議員だけでなく、こうした機関の人々にもおそらく任期制限が必要でしょう。巨大で強力な資金提供機関を運営し、35年、40年と研究全体をコントロールするような人たちを置いておくわけにはいきません。

このような事態を目の当たりにしています。このパンデミックにおけるNIHとFDAの最大の失敗の1つは 2020年の春にすでにFDAの承認を受けていた薬の臨床試験を迅速に行うことに完全に失敗したことです。すぐに手に入る薬で、作用機序からして効くはずの薬について、すぐに答えを出すべきでした。そして、その後に出てきた、効くことを示唆する臨床的な証拠はたくさんあるのですが、それらの試験は行われなかったのです。今、私たちは2年目を迎えています。まだ、これらの試験は行われていません。

実際、そのうちの1つの試験は現在進行中です。そして、その結果は2023年に明らかになると言われています。パンデミックから3年後の話です。私たちは、自分たちが望むものを手に入れた人たちの説明責任を果たす必要があります。

彼らは自分たちが望む政策を実行に移しました。その政策は失敗したのです。COVIDの分類では90万人以上のアメリカ人が死亡し、何百万もの家族が崩壊しているのに、同じ人々が責任者になっているのです。どうしてそんなことが起こるのか理解できませんが、起こっているのです。データを十分に示さなかった製薬会社の人たちに対する説明責任が必要です。

私たちはデータの完全な一式を持っていません。CDCが発表したワクチンによる合併症のデータ一式を私たちは持っていません。なぜでしょうか?つまり、米国ではハイリスクカテゴリーの人々の95%以上がワクチンを接種しています。

私たちは、何億回となくこれらのワクチンを接種してきました。合併症に関する完全なデータはまだありません。なぜでしょうか?どういう科学的プロセスなのでしょうか?率直に言って、利害が一致しているのです。私の考えでは、動機はひとつではありません。さまざまな利害が交錯しているのです。製薬会社とそこから利益を得る人々との金銭的利害、これらの会社の顧問職、権力、傲慢、無能、そしておそらくは重大なミスの隠蔽もあります。

もしあなたが、最終的にウイルスそのものにつながる可能性のある研究に資金を提供する責任者であったとしたら、仮にその人であったとしたら、NIHで中国のそれらの助成金にサインし、その研究に部分的に資金を提供した人だとしたら、自分は安全性について世界で最も心配している人間であり、そんなリスクの高いことは絶対にしないと世間に思わせることに関心があるかもしれないと思い描くことでしょう。

コロナウイルスに関する研究があったことは知っていますし、それは非常に議論のあることですが、NIHはコロナウイルスに関する研究の一部に資金を提供しており、この研究に直接関係しないにしても、間接的には関係しているのですから。

しかし、私がここで言いたいのは、非常に強力な立場にある人々には、様々な動機があるということです。そして今、間違った戦略が使われた事が証明されました。ロックダウンは感染を止める事には成功しなかったですし、減らす事にも成功しありませんでした。

ロックダウンは何百万人もの人々を破壊し、医療を失い、大規模な景気後退によって、特に労働者階級と低所得者層の人々を殺したことが証明されました。このような証拠が出た以上、説明責任を果たすことなく、また国民にこれらの戦略が誤りであったことを知らしめることなく、前進することは非常に困難です。真実を明らかにしない限り、これらの機関や科学そのものに対する信頼を回復することはできないのです。

Jan Jekielek

NIHは、COVID-19に再利用できる可能性を示した薬剤の臨床試験をなぜもっと行わなかったのかについてコメントを求めたところ、すぐに返答はありませんでした。まあ、だから、これは私が言おうとしたことなんですが、証明はされているわけですから、そのあたりをもう少し詳しく説明していただけるといいんですが、正直言って、一般には知られていないと思います。

Scott Atlas

さて、これも問題なのですが、科学の検閲は2つの部分に分かれています。一つは、科学そのものによるもので、大学で受け入れられているシナリオに同意しない人々に対する脅迫的な風潮です。雑誌は、人を中傷するような意見書を書いています。研究発表の拒否、資金提供の流れです。

これは、科学と大学のコミュニティによる検閲です。そして、もう一つの検閲があります。メディアです。ソーシャルメディアも含めて、最近は街の広場になっているからです。メディアはとても重要です。言うまでもないことですが、メディアは科学と一般の人々との接点です。ですから、メディアが人々をフィルターにかけたり、ソーシャルメディアから追い出したり、そうでないものを誤報とみなす力を持つと、公共の利益や公共の議論にとって非常に有害なのです。メディアによる検閲は、余計に有害です。そして、私たちはそれを取り除く必要があります。ロックダウンは客観的に見て失敗でした。

さて、なぜ私がこのことを知っているのでしょうか?いくつかの研究を引用してみましょう。2021年春のビョルンスコフ、 “24カ国を分析し、ロックダウンはロックダウンなしと比較して 死者を減らさなかったと示しました。” スタンフォードの研究 2021年1月 ベンダヴィッドらが厳しいロックダウンは感染拡大を減らさないことを示しました。

2021年6月全米経済研究所 USCランド研究所 アルガルワルが43カ国とアメリカという州を分析し、ロックダウンは過剰死亡を増やすことを示しました。ロックダウンを実施すると、実は死亡数が下がってきていたのに、上がり始めてしまったのです。これはアメリカでも同じことが言えます。パンデミックではない年に何人が死亡したかという話になると、ロックダウンによって過剰な死亡が増加したのです。ロックダウンが人を殺したのです。

そして、最後に発表され注目されたのが、2022年1月に発表されたジョンズ・ホプキンスの研究グループによる研究です。その研究では、ロックダウンは死者を大幅に減らすことはできず、非常に有害であると結論付けています。

このパンデミックの前に パンデミックに関する文献に注意を払っていた人なら 正直言って何のニュースにもなりません。結論を繰り返しました。その結論とは ロックダウンはパンデミックで使うべきではないというものです。なぜならロックダウンは効果がないのです。なぜなら、ロックダウンは効果がないからです。

そして、ロックダウンは非常に破壊的です。SARS-2パンデミックの数年前から、そのことは知られていました。ロックダウンは失敗したのです。そして、それは問題ではありません。ロックダウンを実施したのは、つまりアメリカでは主に知事たちでした。

ロックダウンを実施するよう知事に助言したのは、タスクフォース医療側の責任者であるビルクス博士、最も影響力のあるファウチ博士、そしてCDCの責任者であるレッドフィールド博士でした。そして今、ファウチ博士がCDCだけでなく、連邦政府指導部の責任者になっています。

この人たちは自分たちが望むものを手に入れました。ロックダウンの実施、規制、学校の閉鎖、マスクの義務付けなどです。しかし失敗しました。約100万人のアメリカ人の死がCOVIDのせいだとされていますが、さらに悪いことに、彼らは家族を崩壊させました。

私が言うように、彼らは私たちの子供を犠牲にしました。ロックダウンの人々は、率直に言って、政策の結果を自分たちのものにしています。彼らは自分たちが欲しいものを手に入れ、それを勧めたのです。ですから、もしあなたが政策やパンデミック対策が非常に良かったと判断するならば、ファウチ博士とロックダウンの人たちを祝福すべきです。もし、結果に問題があり、恐ろしい結果だったと思うのであれば、実施されたことに反対している人たちではなく、実施されたことに助言した人たちに話を聞いた方がいいでしょうね。

Jan Jekielek

ごく簡単に、子供が犠牲になることについてお話します。何度かおっしゃいましたが、常に新しいデータが出てくるので、インタビューするときはいつもこの話に戻ってくるのですが、これはあなたにとって非常に重要なことなのです。フロリダ州のジョセフ・ラダポ外科医が、最近、公式に子どものワクチン接種に反対することを勧告した最初の人物になったと思います。それについてどうお考えか伺いたいと思います。また、より広い意味で、子供たちはどのように犠牲になったのでしょうか?

Scott Atlas

もちろんです。アメリカの子どもたちに対する最新の凶悪で本当に非倫理的な虐待は、大学のキャンパスや一般の、より若い子どもたちに実施されている政策にあると思います。それは、大学のキャンパスで、若い健康な人々がCOVIDによって重大な病気にかかる危険性がないにもかかわらず、若い人々にワクチン接種を要求していることです。これは事実であり、意見ではありません。これは世界中のすべてのデータです。

しかし、私たちは、私たち、大学の指導者たちは、どういうわけか、ワクチン接種が本当に大きな利益をもたらさない人たちにワクチン接種を強要しただけでなく、検査も強要しました。そして、誰も語らないことを思い出してもらいたいと思います。

2020年10月、CDCとその学校への勧告は、彼らのウェブサイトの出版物に、テストを受けたくない生徒にテストを要求することは非倫理的であると書きました。それは、もう通用しなくなりました。米国では医療倫理が著しく侵害されています。

実際、インフォームド・コンセントの研究をしている人は、被験者委員会が重きを置くことになっているんです。COVIDによる重大な疾病のリスクがない健康な幼児に、実験的なワクチンを注射することは、集団ベースでは健康な幼児、このような研究を計画する人々は、本当に医療倫理を破る境界を越えていると思うのです。

今、アメリカ社会ではモラルが崩壊しているのです。モラルの崩壊とは何でしょうか?モラルの破たんとは 2020年の春と夏からわかっていたデータにもかかわらず、健康な子どもはCOVIDによる重症化のリスクが極めて低いことを知っていたにもかかわらず、子どもは病気の主要な拡散者ではないことを知っていたにもかかわらず、学校を閉鎖するという深刻な問題を知っていたにもかかわらず、つまりアメリカの大学生の4人に1人が自殺を考えていました2020年6月のデータです。

学校閉鎖のため、2ヶ月の隔離の後、我々は10代の躁鬱病、不安障害、うつ病の爆発がありました。2020年の閉鎖期間中に、10代の少女の自殺未遂が爆発的に増え、10代の若者が医者にかかる自傷行為も2倍から3倍に増えました。

これは、子供がタバコを皮膚につけたり、手首を切ったりすることです。また、10代の若者の薬物乱用も爆発的に増えています。これはロックダウン中のことで、ウイルスによるものではありません。ウイルスが原因ではありません。ロックダウンがこれらのことを引き起こしたのです。

そして 2020年9月に学校を閉鎖しました。全国で、本当に1つか2つの例外を除いて 2020年の間にアメリカの子どもたちのおよそ17%が対面式の学校に通っていました。一方、純粋な国である西ヨーロッパでは、私たちと同じデータを持っていたため、ほとんどすべて開校していました。

健康な子どもたちのリスクが極めて低いことを示すデータを否定しなかったのです。ヨーロッパでは、教師が学校でCOVIDに感染するリスクは高くないというデータを否定していません。学校はCOVIDの病気が蔓延する場所ではないのです。

実際、私はいつも言っているのですが、もしリスクの低い仕事を設計するならば、教師になりたいと思うはずです。それで、代わりに学校を閉鎖したのですが、どうなったのでしょう?孤立を長引かせ、このような統計データを抱え込むことになったのです。アメリカの18歳から24歳の子供の50%が、人付き合いが怖いと答えています。アメリカの大学生年代の半数以上が 2020年の鎖国中に望まない体重増加をしています。

そして、その体重増加は平均28ポンド(約4.5kg)でした。それは美容上の問題ではありません。健康問題なのです。私たちはここで悪夢を作りました。心理的なダメージや失われた命だけでなく、この若者たちの公衆衛生にとっての悪夢を作ったのです。そこから抜け出すには、長い道のりが必要です。

私たち、そして私たちだけ、アメリカは、COVIDの管理の最大の罪は 2020年秋以降の学校の閉鎖であり、最も有害なものでした。そして、大学キャンパスでワクチン接種を義務付けているのは、ほとんど不可解なことだと思いますし、不可解なことだと思います。このように言っておきましょう。もし、大学生にワクチン接種を義務付ける理由が、高齢者を守るためだとしたら。そのこと自体が、人間として子供との社会的契約を破棄していることになります。

私たちは、子供を盾にするようなことはしてはいけないのです。父親である私は、子どもの盾になるのです。子どもは私の盾ではありません。だから、これは不可解なことなのです。

これは道徳的な大惨事であり、医療倫理の重大な崩壊です。私は率直に言って、医療倫理学者たちはどこにいるのか、とよく自問します。被験者委員会や大学の倫理担当者はどこにいるのでしょうか。健康な子どもたちがかかる危険性のない病気の実験的なワクチンを幼い子どもたちに注射する臨床試験を設計しているときに、そのようなことを言うのです。

これは、アメリカのような国にとっては不可解なことです。そして実際、他の国々はそのようなことはしていません。スカンジナビアのいくつかの国では、子供や、20歳以下の人々にはワクチン接種を勧めないことにしました。英国のNIHのワクチン委員会の諮問委員会は、16歳以下の人にワクチンを推奨するデータはないと言っています。ワクチンにはリスクがあるため、その費用対効果を考えてのことです。

しかし、3人に1人、8,000人の若い男性がワクチンによって心筋炎になる可能性があることは分かっています。これは、若い男性がワクチンによって心筋炎になるリスクが3〜8,000人に1人であることを考えると、非常に高い確率と言えます。公衆衛生の指導者たちが政策自体の害を全く考慮せず、COVID-19を何としても阻止しようと異様なまでに固執してきたという歴史的記録を考えると、公衆衛生の指導者の立場を完全に乱用していることになりますね。しかし、より具体的な問題として、若い世代を破壊したり、傷つけたりしたことは、歴史書の中で本当に悪名高く語り継がれることになるでしょう。それが、このパンデミックの間に行われたことについての私の予測です。

Jan Jekielek

偶然にも、今日は拡散を食い止めるための15日間から2年目の記念日です。今日で2年。科学自由アカデミーでは、こういう問題にどう対処するかという話をしたいのですね。具体的には、COVIDに関して、今何ができれば、主体的・積極的に物事を進められるとお考えでしょうか。

Scott Atlas

まあ、一般的なことと、具体的にやるべきことがあると思います。一般的なことは、CDCや公衆衛生局の人たちに、ロックダウンが失敗したことをデータで示すように仕向けることです。そして、二度と同じことを繰り返さないようにすることです。

私たちは誤りを認める必要があります。国民に説明する必要があります。その透明性だけで、国民はここに誠実さが存在すると安心するでしょう。さらに、より具体的に説明することもできます。西ヨーロッパの国々で起こっているようなことをする必要があります。感染症が増加しているにもかかわらず、規制が撤廃されつつあるのです。

つまり、率直に言って、このようなことの多くは非論理的です。もしあなたの国がすでに感染症が蔓延しているのなら、なぜあなたの国に人が来るのを止めなければならないのでしょうか?すでに大量の感染者がいるのなら、それだけで何の論理があるのでしょう。

しかし、第二に、これらの変種・・・期待値は国民と一緒に設定されなければならないのです。これは、私がホワイトハウスで実現しようとした大きなポイントですが、残念ながら、人々は私の言うことに耳を傾けませんでした。国民が期待することが必要なのです。

この病気、この感染症、このウイルスは消えることはないのです。魔法のように消えるわけではありません。そもそも、このような緩和策で消えると考えること自体、非合理的なのです。このウイルスはずっと存在し続けるのです。感染のサイクルは繰り返されますが、通常、他のパンデミックや他のウイルス、そして今回のウイルスでは、変異型や突然変異型は致死率が低いのですが、患者が出ないということは期待できません。しかし、2つの理由から、そのようなケースはそれほど危険ではないと考えています。1つ目は、ウイルスの進化です。

2つ目は、最近の推計によると、米国ではほとんどの人が感染しており、免疫学的な保護を受けていることです。さらに、多くの人々が予防接種を受けています。ですから、大規模な破壊を見ることはないでしょうが、症例を見ることはあるでしょう。

しかし、それはパニックを引き起こす原因ではありません。ヨーロッパで感染者が増えていますが、イギリスやスイスでは、マスクの義務付けを廃止すると言っています。ワクチンパスポートを廃止します。なぜなら、軽い病気ではそんなことはしないからです。それは論理的ではなく、破壊的でしかないのです。

そして、そのような作戦はいずれにせよ失敗するのです。失敗したというほどにはなっていません。国民は、何がうまくいき、何がうまくいかなかったのかについて正直に話し、どうなるのかについてある程度の期待を持たせる必要があるのです。

私たちはウイルスを排除することはできませんし、大量の死や破壊を期待することはできないという安堵感を与えることができます。新しいウイルスからは何でも起こりうる。変異株からはどんなことも起こり得ますが、確率的には、このウイルスからは起こり得ないのです。他の病気や高速道路での運転と同じように、また、年間5万人が死亡するインフルエンザと同じように、私たちはあるリスクを抱えて生きているのです。私たちはこのような死を好ましく思っていません。私たちは、人々を守り、人々が自分自身を守ることができるように、できる限りのことをします。

しかし、閉鎖はしません。学校に行くのにインフルエンザ・ワクチンの接種を義務付けることもありません。軽度のウイルスをテストしたり、テストしたり、テストしたりすることはありません。また、このワクチンのように再感染や病気の蔓延を防ぐことができないワクチンを強制することもありません。ワクチンにはそのような効果はありません。再感染に対する長期的な予防効果はないのです。

これはオミクロンのデータでわかっていることです。国民は真実を知る必要があります。そのためには、国民に現実を認識させ、いかなる理由があろうとも、この人たちに掘り下げさせないようにすることです。その理由は、自分たちのエゴなのか、政治的な理由なのか、さまざまですが、私が明示したとおりです。

私は懐疑的なので、理想主義的なことを言っていますが、この人達が名乗り出るとは思えません。正直に話すとは思えません。そのため、誰が事実とデータを一貫して語っているかを見極め、肩書きだけでなく、その人の発言に基づいて人を信頼し、ある程度自分でデータを学ぶという、批判的思考をする人に負担がかかると思います。ここはもっと個人主導で対応しないと、家族や子供に対する自分の責任を放棄することになると思います。

Jan Jekielek

スコット・アトラス博士、また来ていただけてとても光栄です。

Scott Atlas

お招きいただきありがとうございました。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました