がん(ワクチン関連)エポックタイムズライアン・コールワクチンの安全性・有害事象癌・ガン・がん

ライアン・コール博士:COVID-19ワクチンが自然な免疫反応を変化させることを示唆する、驚くべき癌の傾向について
Dr. Ryan Cole: Alarming Cancer Trend Suggests COVID-19 Vaccines Alter Natural Immune Response

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.theepochtimes.com/dr-ryan-cole-alarming-cancer-trend-suggests-covid-19-vaccines-alter-natural-immune-response_4250442.html?

2022年2月1日 アメリカの思想家たち

Cole Diagnostics社の設立者である病理学者のRyan Cole博士は、「自然免疫反応の変化が見られる」と言います。

コール博士によると、ここ数カ月の間に、子供の頃に発症した病気が大人になってから発症したり、珍しい癌が増えたりと、様々な不穏な動きが顕微鏡で確認されるようになったそうです。他の医師からも同様の意見が寄せられているが、厳密な調査は行われていないといいます。

「探さないで見つけることはできません」と彼は言います。

また、COVID-19の効果に影響を与える要因についても見てみましょう。アメリカでは、免疫システムの機能に不可欠なビタミンDが危機的状況にあるとコールは言います。「ビタミンDのレベルが上がれば、COVIDだけでなく、あらゆる季節のあらゆるウイルスを撃退する総合的な能力が上がるため、これは非常に重要な公衆衛生上のメッセージなのです」。

以下は、2022年2月1日に放送されたアメリカン・ソート・リーダーズのエピソードを急いで書き起こしたものです。このトランスクリプトは最終的なものではなく、更新される可能性があります。


Jan Jekielek

ライアン・コール博士、アメリカン・ソート・リーダーズに出演していただき、とても光栄です。

Ryan Cole

ありがとうございます、ヤンさん。

Jan Jekielek

コール博士、私たちは今日、ワシントンD.C.のリンカーン記念館で行われた義務化打破のデモ行進に参加しました。あなたも司会者の一人として参加されていたようですが、せっかくの機会ですので、このデモがどのようなものだったのか、また今日の成果をどのように感じているのか、お聞かせください。

Ryan Cole

COVIDの最前線で活躍してきた医師や科学者などのオピニオンリーダーたちが一堂に会し、今後に向けてのメッセージを共有する良い機会となりました。これまでに起こった非科学的な政策や手続きを止めようとしています。

世界中から集まった医師や同僚たち、マーコーラ博士、マローン博士、ウルソ博士、コリー博士など、早期治療を重視してきた人たちをご紹介します。これらの注射のリスクを見てきた人たちです。基本的に新しいウイルスが存在する今、注射は時代遅れであるという事実があります。オミクロン。

今回は、ワクチンを接種している人もしていない人も、また政党も関係なく、「私たちの体は私たちの神聖な神殿であり、特に子供たちにとって意味のないことを強制する理由はない」と言うことで、双方の人々を本当に団結させる機会となりました。これは良い機会でした。そうそう、同僚たちが「今日のMCをしてみないか?と言われて、「よし、面白そうだ 」と思ったんです。このような形で人々が集まってくるのを見るのは、とても良い機会でした。

Jan Jekielek

このように、長い間、あなたの仕事の中心であった診断薬ビジネスに長年携わってきて、突然、このリンカーン記念館のステージに立つことになった経緯は、必ずしも明らかではありませんね。私は、あなたの経歴や、あなたが取り組んできたこと、そして今取り組んでいることについて、少し調べてみました。そして、それはどのようにしてここにつながっているのでしょうか?

Ryan Cole

もちろん、すべては神のご加護です。私は外向的で内向的な性格です。病理学者として多忙な日々を送っています。メイヨークリニックで解剖学と臨床病理学、外科病理学のトレーニングを受け、免疫学の博士号を取得した後、ニューヨークの「ワールドエキスパート」で皮膚病理学のサブスペシャルティフェローシップを務めました。そう、私は病理学者で、18年前に独立しました。

Jan Jekielek

病理学を一般の方向けに簡単に説明してください。

Ryan Cole

ああ、そうですね。病理学では、私は、あなたが出会うことのない、あなたがいつも願っている最も重要な医師です。つまり、私はあなたの一部を手に入れ、あなたは私に会いに来ませんが、あなたの一部は私に会いに来るのです。つまり、私は医者にとっての医者なのです。癌や感染症の診断をします。私はあなたの血液検査パネルを見ます。微生物検査の報告書を見ます。

この業界では冗談で肉やジュースと呼んでいますが、とにかく体の組織や液体を見て、その人に起こっている病気のプロセスを分析するのです。つまり、私の仕事は診断医なのです。私は長年、救急病院や家庭医、皮膚科などで働いていました。ですから、私は臨床志向の強い病理学者なのです。ですから、臨床的なことも考えますが、医師が患者さんの病気を理解できるように診断します。

Jan Jekielek

この個人的な診療を何年も続けているのですか?

Ryan Cole

18年間で、約50万人の患者さんを診てきました。

Jan Jekielek

顕微鏡で見たとか、そういうことですか?

Ryan Cole

ほとんどが顕微鏡を通したものです。

Jan Jekielek

あなたが普段通りの生活をしていて、2020年の初めにコロナウイルスがやってきて、それでどうなるのですか?

Ryan Cole

免疫学やウイルス学の知識があったので、「これはおもしろい」と思いました。「新しいパンデミックとは何だろう?」と思いました。最初のSARS-CoV-1についてはよく知っていて、それなりに研究していました。MERSについても、よく調べていました。そこで私は、「よし、これもコロナウイルスだ。このウイルスは何が違うのか、何が同じなのかを見てみよう」と考えました。すると、オリジナルのSARS-CoV-1とほぼ80%の一致が見られました。

そこで私は、「なるほど、あの時何が起こったのかわかった」と思いました。SARS-CoV-1は、主に高齢者に感染し、その後、すぐに消滅しました。そして、感染した人たちは免疫を持ち、18年経った今でも免疫を維持していることから、私は「これなら何とかなる」と思いました。その後、世界の動きを見て、「これは面白いアプローチだ」と思いました。2週間で曲線を平らにして、その結果どうなるかを恐れているのです。

そこで私は、遺伝子配列を調べ、スパイクタンパクの違いは何か?これまでのウイルスと比較して、このウイルスの歴史はどうなっているのか。実験室でウイルス学や分子診断を行っていた私は、「よし、実験室で追加の検査を行う必要があるな」と思い、それを実行しました。最初は巨大企業の研究所に資金が流れていたので、苦労しましたが、私はそれを地域社会に還元しようとしています。最終的には、パンデミック期間中に、地域の独立した研究所で15万人以上の患者を検査しました。

Jan Jekielek

それはあなたの研究所ですか?

Ryan Cole

私の研究室です。ええ、そうです。州内で唯一の研究所ではありませんし、他にもたくさんの研究所がありますが、私たちが最初に言い出したのは、「7日も10日も待っていられない。ウイルスが複製されるまでには5~7日かかるから、それまでに答えを出すのは遅すぎる」と最初に言ったのは私たちでした。そこで私は、自分の地域で早期に検査を開始するために、できる限りのことをしようとしました。パンデミックの初期段階では、この点を重視しました。また、社会にどのような影響を与えているのか、誰が、どのような年齢層になっているのかを研究しました。社会の初期段階では、「2隻の船の物語」という興味深い実験例がありました。誰もが耳にしたことのある「ダイヤモンド・プリンセス」と、「USSルーズベルト」です。

このクルーズ船では、ウイルスが高齢者に影響を与え、症例死亡率の比率が高齢者に集中していることがわかりました。一方、USSルーズベルト号では、持病のある方が1名亡くなりましたが、感染率はどちらの船もほぼ同じでした。もし、Ayanaitis博士やJay Bhattacharya博士の研究に従っていれば、「ああ、疫学的には彼らの言う通りだ」と早くから分かっていたのです。そういった初期の研究があったのです。病理学者として、パターン診断医として、どのような病理がパターンなのかを考えてみましょう。

Jan Jekielek

パターンの話に入る前に1つだけ質問があります。何について正しいのでしょうか?スタンフォードのBhattacharya博士は、何について正しかったのでしょうか?

Ryan Cole

そうです。彼らが正しかったのは、テレビのテロップで伝えられているよりも、もっと多くの人がウイルスに感染しているということでした。そのため、致死率が何パーセントという恐ろしい数字になっていましたが、実際の致死率は、本当の感染者数を知らなければ算出できません。そこで彼らは地域に出向き、「これは病院に入院している人、亡くなっている人の数です。

しかし、実際の感染者数はそれよりもはるかに多く、この症例死亡率は何%ではなく、ほんの数%である」と。つまり、社会的には3%や8%の人が死ぬという構図になっていたのです。初期の北イタリアのデータを見ると、実際には、65歳以上で4つの合併症がある場合、亡くなる確率は0.5%か、1%か2%です。

しかし、65歳以下で併存疾患がない場合の致死率は、基本的にほぼゼロでした。そこで、[Ayanaitis 00:08:38]博士と、Great Barrington Declarationの著者の一人であるBhattacharya博士(私は彼と友人になりました)は、早期に正しい判断を下しました。しかし、政府の政策は、私たちが見たところ、データや実験室での例に従うのではなく、パニックや恐怖を煽るものでした。

あなたと私は以前にも少しお話しましたが、私たちはどちらもパターン化された人間です。私の仕事は、1日に何百万個もの細胞が私の目を通り、研究室の何百万ものデータパターンが私の目を通ります。年間4万件の生検を行い、何万件もの血液検査を担当しています。ですから、パターン、パターン、パターンです。そして、そのパターンに対する私たちの反応を見て、「待てよ、これでは意味がない」と気づいたのです。私たちのアプローチ、つまり公共政策は、医療と一致していませんでした。

Jan Jekielek

しばらくは一人で考えていたようですが、ある時、セミナーに招かれたそうですね。このことについて教えてください。少しだけ聞いたことがあります。

Ryan Cole

そうですね。これは思いがけない旅だったんですね。私は確かに、ラボを訪れる患者さんを教育していました。他の同僚から初期治療の講義を聞いたこともありました。また、再利用可能な医薬品についても調べていましたので、患者さんの治療を始めました。

最初の患者は私の弟で、肥満で1型糖尿病を患っていました。彼は少し体重を落としました。彼はいつも私に、今のことを人に話すように言っています。彼は私のCOVIDの最初の患者で、本当に具合が悪く、救急車で運ばれる途中でした。私は、「ERに行かないで、薬局に行ってください。イベルメクチンと言ってください」と言って、彼を治療しました。24時間後、彼は私に電話をかけてきました。「酸素濃度が86だったのを覚えてますか?今は98まで上がって最高の気分です」と。1日でです。これが、初期の治療法に対する初期の変異株の反応でした。

これが私の初期の経験でした。私は、検査を開始したときから患者さんを教育していましたし、チームだけでなく個人的にも何千人もの病気の患者さんを綿棒で吸い取りました。私のチームだけでなく、個人的に何千人もの病気の患者さんを綿棒で採取し、「ビタミンDの値を上げなさい」とアドバイスしていました。もしビタミンD不足のパンデミックが国際的に起こったら、免疫システムを調整してください。これは非常に重要なことです。私はこのような教育を行ってきました。

というのも、私は実際に医師として活動することを忘れていなかったからです。そんなとき、友人がラボにやってきて、こう言いました。彼女はCOVIDについて誰かに話してほしいと言っているんだ」と。地元のメディアは、私たちがどれだけ地域社会に貢献しているか、また地域社会のために何かをしようとしているかについて、いくつかの記事を掲載していました。私は、第一波が来ている間、文字通り3ヵ月間ラボに住んでいました。

州都に行って、昼食時にサンドイッチを食べながら20分間の雑談をして、COVIDについての豆知識を紹介しました。それまでに私は何千もの論文を読み、何千もの患者を診てきました。翌日、その楽しい講演をした後、私は何度か背中を叩かれ、「よし、楽しかった」と思いました。「1万回、5万回と再生されているじゃないか」

私は、「待てよ、再生回数?」私は何も投稿していません。誰かがビデオに撮って拡散したのですが、もちろんYouTubeは削除しました。ビタミンDを摂れば、何が起こると思いますか?初期の治療法があります。しかし、この注射は実験的なものです。長期的なデータのない社会で新しいものを使用する場合、インフォームド・コンセントは非常に重要です。

このように、私は非常に情熱的な方法で常識的なメッセージを伝えましたが、今日のデモ行進や講演でも多くの人の心に響きました。多くの人から 「あなたがしたあの講演 」と言われました。「そうなんだ、知ってるよ」みたいな。そして、他の多くの同僚が声を上げていないことにショックを受け、驚いています。最初の講演が終わった後、私はこの番組やあの番組に呼ばれて、「このことについて教えてくれませんか?それについて教えてくれないか?」と。そこで私は、非常にデータを重視し、科学的な真実を伝え、公共政策や人々に課している決定が、科学的に分かっていることと一致していない点を指摘するようにしてきました。

Jan Jekielek

それで、COVIDの患者さんの治療を始めたのですか?

Ryan Cole

ええ、そうです。

Jan Jekielek

なるほど。

Ryan Cole

興味深いことに、最初の患者は私の兄で、うまくいきました。型糖尿病患者で、併存疾患がありました。その頃には、誰が悪い結果をもたらすかがわかっていました。併存疾患、基礎疾患、高齢者です。次に治療したのは78歳の母で、おそらく兄から受け継いだのでしょう。しかし、彼女は36時間で回復しました。私の父はCOVIDに感染していませんでしたが、予防接種を受けました。このように、興味深い旅をしてきました。その後も患者は私のところにやってきて、「先生が治療してくれないんです。どうしたらいいですか?」 と。そして、国内の他の数人の同僚が助けてくれました。患者さんが多すぎて、テレヘルスサービスがあるんです。「助けてくれませんか?」

私は、医師としての使命は助けることだと思いました。医師と患者という神聖な関係は、人間性と「良きサマリア人」の物語に関わるものです。同僚の医師たちが何もしなかったり、間違った情報を得ていた初期の治療法を悪者扱いしたりするのを見ている間に、私は何かできることがあるはずだと思いながら、仲間が苦しむのを見ていられません。

科学的には、作用機序、病態生理学、薬物動態学などを読み漁り、悪者扱いされた初期治療薬が実際にどのように作用するのかを理解しました。また、イベルメクチンがRNAウイルスにどれだけの効果があるかは、10年以上前からわかっていたことです。ヒドロキシクロロキンについても、「これは抗ウイルス剤であり、単なる抗寄生虫剤ではない」という無数の研究やメカニズムがあります。そして実際、私たちはそのことをずっと前から知っていました。

Jan Jekielek

では、少なくとも検討する価値はあるということですね。

Ryan Cole

科学的根拠に基づいた検討に値するものであることは間違いありません。そうして、私は患者さんの治療を始め、現在までに350人から400人の患者さんを治療してきましたが、その中で病院に行った人は一人もいませんし、亡くなった人も一人もいません。早期治療が命を救うということですが、病理医は何のために患者の治療をしているのでしょうか?私の根幹は医師です。病理学を学ぶ前に医学を専攻していましたが、患者さんの苦しみを軽減できるのであれば、患者さんを苦しめることはないと思っています。それが私の使命なのです。

Jan Jekielek

これまで番組であまり話したことがなかったのですが、ビタミンDの価値について、率直に言って、これは医者を必要としないものですよね?

Ryan Cole

その通りです。

Jan Jekielek

私が理解しているところでは、適切なレベルのビタミンDを持っていると、ウイルスに対してかなり有利な立場に立てるということですね。先ほどのお話にもありましたが、もう少し詳しく説明していただけますか?

Ryan Cole

私は講演の中で、「ビタミンDが不足しているだけではなく、パンデミックレベルになっている」と述べました。これはパンデミックレベルです。現在、私たちはインドアなライフスタイルを送っていますが、研究室でこれらのパターンを見ると、いかに多くの人がビタミンD不足に陥っているかがわかり、ショックを受けます。そして、実際に患者にそれを確認しない医師があまりにも多いのです。

ビタミンDは、それ自体はビタミンではなく、春や夏に太陽の光を浴びたときに体内で作られるプロホルモンなのです。少し大げさですが、数年前に発表されたアンソニー・マルティーノ博士の研究でも、「ビタミンDレベルが正常であれば、インフルエンザや風邪にかかる傾向は半分になる」と言われています。ビタミンDが正常であれば、インフルエンザや風邪にかかりやすさが半分になり、かかったとしても症状や重症度が半分になる」と述べています。

ビタミンD濃度が高いと、約17種類のがんのリスクが減少し、冠動脈疾患による死亡率が低下し、骨粗しょう症の問題が減少し、ウイルス感染症が減少し、血液凝固障害が減少することが、医学文献に記載されています。このように、ビタミンDは人間の病態生理に欠かせないものなのです。

そこで私は、「ビタミンDのレベルを上げることができれば、COVIDで重症化する可能性はずっと低くなる」と話しました。2020年にカウフマン博士が行った大規模な研究では、19万1,000人の患者を対象にして、「ビタミンDレベルが50以上であれば、COVIDになる可能性は約半分になり、重症度は80%以上下がる」と発表しました。また、メイヨー・クリニックが行った研究では、ビタミンDが30以上あれば、ICUに入る可能性が非常に低くなるという結果が出ています。また、ビタミンDが30以下、20以下の場合は、高い確率で挿管される可能性があるということでした。

早くからシグナルが出ていたのですね。ビタミンDは、素晴らしい交響曲の指揮者のようなものです。ビタミンDは、体に「このセクションは入ってきて、あのセクションは音を消して、このセクションは入ってきて、メゾフォルテとフォルテで入ってきて、ピアノまで下げて」と伝えます。ビタミンDは、私たちの免疫システムの指揮者です。サイトカインストームの話を聞いたことがあると思いますが、このサイトカインストームは人々を襲います。

ビタミンDが不足すると、免疫系はパンクロックコンサートのモッシュピットのように、ピン、ピン、ピンと音を立ててぶつかり合い、スイッチを入れたり切ったりする信号がない状態になります。ビタミンDは、私たちの免疫反応を整える素晴らしい指揮者なのです。病理学者として、またパターンを研究する者として、免疫の健康全般にとってビタミンDがいかに重要であるかというメッセージを伝えようとしたのです。

Jan Jekielek

そうですね。そして、ビタミンDは万能ではありません。

Ryan Cole

ええ、そんなことはありません。

Jan Jekielek

…しかし、COVIDパンデミックの時代には、ほとんどの人が知りたいことのように思えますが、いかがでしょうか?

Ryan Cole

インフルエンザや風邪の季節になると、これも魅力的なデータが出てきます。肌の色が濃ければ濃いほど、また北半球に住んでいればいるほど、ビタミンD濃度が低くなる傾向があるのです。肌の色が濃いと天然の日焼け止めになるからです。

パンデミックの第一波の際の世界の死亡率を見ると、北部の都市には医療従事者のための壁があり、私のイギリスの病院の同僚は、「パンデミックの初期に亡くなった看護師や医師の同僚が全員、肌の色が濃いことは魅力的だ」と言いました。

これは公衆衛生上、非常に重要なメッセージです。なぜなら、ビタミンDのレベルが高ければ高いほど、免疫力も高まるからです。COVIDに限らず、どのようなウイルスシーズンでも、ウイルスと闘う総合的な能力が低下してしまいます。

そして、免疫反応の基本的なバランスが崩れてしまうのです。サンフランシスコ、シカゴ、デトロイト、ニューヨーク、そしてスウェーデンでの死亡者数を見ると、スウェーデンのパンデミックへの対応が批判されています。肌の色が濃いソマリア人やエチオピア人の女性や男性は、北の気候で肌の色が濃く、彼らの文化では肌を隠すのです。そのため、彼らのビタミンDレベルは8、7、9といったくる病レベルだったのです。

Jan Jekielek

それを調査したのですか?

Ryan Cole

これは調査済みです。これはデータですが、公衆衛生上のメッセージとして、「これはあなたが探しているロボットではありません。これは重要ではありません。これは私たちの健康にとって非常に重要なことなのです。繰り返しになりますが、あなたが指摘するように、それがすべてではありませんが、公衆衛生メッセージを無視して見てみると…。

私は数ヶ月前、人種とCOVIDに関する連邦委員会に4、5人で参加しましたが、その時に私が指摘したのは、「多くの人々に肥満の危機があるが、ビタミンDの危機もある」ということでした。

社会的格差がCOVIDのリスクを引き起こすという話を聞きますが、確かにそれも要因の一つかもしれませんが、私たちは基本的な生物学的格差にまで踏み込まなければなりませんし、肌の色が黒ければ、北の方に住んでいる人はさらにビタミンDが必要だと教えてはいけません。こ

れは進化生物学上の基本的なメッセージであり、私たちが共有すべきものです。シカゴに住む肌の色が濃い人は、肌の色が薄い人に比べてビタミンDの合成量が約6倍少なくなります。このような地域では、ビタミンDの重要性が非常に高くなります。もちろん、私たちは健康を最適化しようとしていますし、これは公衆衛生当局のメッセージでもあります。

安価で簡単にメッセージを発信できる方法はないでしょうか?これはその1つです。もちろんそれだけではありませんが、パターン診断の専門家としては、「これは面白い」と思いました。

Jan Jekielek

では、これらのパターンという点で、顕微鏡で見た他のものはありますか?

Ryan Cole

それはいい質問ですね。そして、これが興味深いことでした。パターン的には、初期の治療では同僚と一緒に見ましたが、私は大量の患者を治療したわけではなく、同僚の方が私よりも多くの患者を治療していました。しかし研究室では、注射が普及した後、かなりの量の皮膚生検を行っていました。

注射の後、子供によく見られるウイルス性の小さなぶつぶつがあることに気づきました。これは「伝染性軟属腫」と呼ばれるパラポックスウイルスの一種です。通常、子供たちはこれにかかります。伝染性が高いので「伝染性軟属腫」と呼ばれていますが、子供たちは小さい頃から伝染させられています。しかし、通常、双子や10代になると、免疫システムがそれを抑制します。

Jan Jekielek

罹患した人にはどんな影響がありますか?

Ryan Cole

このウイルスは、皮膚に小さなイボ状の隆起を起こすだけです。これはヒト乳頭腫ウイルスではありません。ヒト乳頭腫ウイルスではなく、パパポキシウイルスなのですが、この小さな白いイボ状のぶつぶつができるのです。

興味深いことに、子供たちは予防接種を受けることができるのですが、最初に高齢者に予防接種を行ったことを覚えていますか?私は、国内や地域の皮膚科医や家庭医から、たくさんの皮膚がんの生検を受けています。

そして、通常は子どもに見られるコブが、高齢者に見られるようになったことに気づきました。私は、「これは異常だ。私はこのようなことを見たことがありません。これは高齢者ではなく、子供の頃の感染症だ」と思いました。

そして、だんだんと増えてきて、「ちょっと待って、これは何かの免疫調節障害だ 」と思いました。実験的な治療法を用いることについては、特定の成分が何なのか、それが何をもたらすのかわからないという不安がすでにありました。

また、私はCOVIDの論文を何千何万と読んでいました。COVIDに夢中になっていました。オンライン講義でも、講義を読んでも、免疫反応を見て、誰かこのことについて書いている人はいないか、などと考えていました。なので、このコブを見つけ、免疫調節障害を見つけ、「これは問題だ」と思ったのです。

なぜなら、ウイルスを抑制するT細胞の一群は、がんも抑制するからです。それと同時に、約1〜2ヶ月後に突然、ある種の癌が発生しますが、これは50万人の患者の後に実験室でよく見られるものです。これは50万人の患者を対象にした研究室でよく見られる現象ですが、年々、何が起きているのかがわかってきます。

子宮内膜がんが増加し、ある種の… メラノーマも、より濃く、より早く見られるようになりました。もちろん、私は「これは閉鎖されているからなのか、それとも人々が医者に行っていないからなのか、あるいは診察を受けていないからなのか」と考えました。あるいは、「予防接種を受ける時期と相関があるのか?」と考えました。

しかし、パンデミック中に閉鎖されなかった診療所と閉鎖された診療所の両方を把握しています。そこで私は、統計分析と回帰分析を行い、「なるほど、これらの特定の事柄が増加している」と考えました。

同僚たちは、「それは単なる逸話だ」と批判するでしょう。しかし私は、「そうだ、君の言うとおりだ。私は年間25,000人の患者を診て、40,000回の生検を行っている。完全な統計を取ることはできない」と言えます。しかし、少なくとも私はパターンを見ました。すべての科学は観察から始まるのです。

そこで私はこの点を指摘しました。その後、興味深いことに、私が各地の講演会に招かれて話をしていると、他の腫瘍医が私のところに来たり、電話をかけてきたりしました。つい昨日も、ある放射線腫瘍医が私のところに来て、「あなたの言うとおりだ。何かが間違っている。私たちが普段抑えている癌を見ているのだから、この癌を管理できることはわかっている。」

患者は2年、3年、5年、6年と元気に過ごすことができますが、注射やブースターを受けた後、2ヵ月後には癌が野放しになっています。このようなことは、過去に簡単に対処できたことなのです。私は病理学者として、病態生理学的なメカニズムは何か、何が原因でこのような問題が起きているのかを調べます。オランダのFöhse博士らによる、ファイザー社のワクチンに関する非常に優れた論文が発表されました。

彼らは、ワクチン接種後の免疫システムをかなり詳細に分析しました。彼らの結論は、自然免疫反応に変化が見られるという意味で、憂慮すべきものでした。ニュースでは、抗体、抗体、抗体、あなたの抗体は何ですか?これは、私たちの免疫システムの中で最も重要な部分ではありません。最も重要なのはT細胞の反応です。

T細胞は免疫システムの海兵隊であり、最初に入ってくるものです。T細胞は、侵入者が入ってくると、小さな手榴弾を持って、パーフォリンという酵素で穴を開け、さらに強力な酵素を加えて、感染した細胞を吹き飛ばします。癌も同じです。免疫システム、T細胞、マクロファージ、樹状細胞などの兵士は、一日中同じことを繰り返しています。

彼らは最前線で「これは何かある、敵か味方か」と言っているのです。彼らはあなたの細胞と握手をして、「ああ、この細胞にはいくつかの変異がある。これは初期のがん細胞です。と言って、細胞を吹き飛ばしてしまうのです。

オランダで行われた研究では、この自然免疫系、自然免疫反応が変化して正しく機能していないようだと述べています。そして、この小さなパズルのようなパターンの受容体、つまり、これとこれをロックする、Toll様受容体と呼ばれるものがあります。

トール受容体7と8は、体に「おい、このウイルス、あのウイルスを撃退するためには目を覚ませ、オンにする必要があるぞ」というシグナルを伝えるのに非常に重要です。つまり、私たちの体には常にウイルスが存在していますが、免疫システムは「いや、私があなたを抑えておく。あなたは目を覚ますことはない。今すぐには感染しないよ。我々は活性化している。我々はあなたを撃退する方法を知っている」と言います。

また、自然免疫系との対話に重要なToll様受容体もあります。T細胞は、「あなたが正常な数であれば、私たちは元気になって、がん細胞を撃退しますよ」と言っているのです。しかし、ファイザーのFöhse博士の研究によると、これらの受容体が低下して調整されている、あるいは調整されていないものがあることがわかったのです。

そこで問題になるのが、兵士に送る信号です。兵士は兵舎で居眠りしていたり、酔っ払っていたりして、目を覚ますことすらできません。データを見てみると、予防接種の後、大量の帯状疱疹が発生しています。これは研究室で見た別のパターンでした。それはToll様受容体の制御が低下したからです。

同じように、癌の増加も見られました。それはなぜか?メカニズム的に、常にオンになっているはずのものが、意図せずにオフになってしまったからです。さらに、スパイクタンパク質が結合する他の遺伝子受容体もあります。ゲノムの守護神であるP53腫瘍抑制遺伝子の制御異常も、がんの経路につながる可能性がありますが、スパイクタンパク質の一部がこの遺伝子に結合することがわかっています。

乳がんでよく耳にするBRCA遺伝子も同じようなものです。BRCA遺伝子にも結合します。このように、研究室のオタク的な観点から、メカニズムがわかっています。つまり、実験室では、本来見られないはずのがんが、見られないはずの割合で、見られないはずの年齢層で増加していると言っているのです。

世界中の同僚と話をしていると、本当に必要なのは、科学者が…基本的にあなたを疎外し、「ああ、それは物語から外れているから見ないでくれ」と言うことだと検証し始めています。

私の考えでは、もし何か新規性のあるものがあれば、つまり、ウイルスは80%新規性がなかったにもかかわらず、SARS-CoV-1と酷似していたため、新規性のあるものがあれば、つまり、免疫反応を刺激するための遺伝子注入は、新規性のあるものであり、新しいものであると考えます。

ですから、私たちはフランスの法制度のように、無実が証明されるまでは有罪であるというアプローチをとるべきです。つまり、注射後のあらゆる副作用、通常とは異なる奇妙なパターンは、「その死について検死を行う必要がある」という赤旗の引き金となるべきだったのです。

健康で元気だった患者さんが、今は健康で元気ではありません。これは、世界中の人々に提供しているこの新しい実験的手法と関係があるのかどうかを調査する必要があります。これが論理的なことです。それが観察的で科学的なことなのです。

一方で、名前を言ってはいけない連邦捜査官たちが、彼らの名前を言うかどうかは問題ではありません。しかし、結局のところ、彼らは「検死はするな。そんなものは見ない。資金援助もしない」と言ったのです。これは道徳的、倫理的に見ても意味のないことだと思います。もし、何か新しいものを人々に提供し、安全で効果的で問題はないと言うのであれば、そのような主張をすることはできません。

実際、米国の広告における虚偽表示防止法に違反していると思います。人々に安全で効果的な実験に参加する必要があると言いながら、実験に参加するかどうかを調査していないのですから。警鐘を鳴らしてきた私たちは、多くの人が安全でも効果的でもないことに気づいています。研究室のパターンでは、がんに加えて、血液凝固因子の上昇がワクチン接種後の長い期間にわたって持続しています。

私たちは、COVIDで回復した患者とワクチンを接種した患者を比較し、これらの異なる疾患パターンを調べるべきです。なぜなら、ワクチンを接種した患者では、ウイルス全体のタンパク質の約12%しか摂取していないからです。

自然感染では、免疫系全体がお互いに話し合うことができます。ワクチンの場合は、それとは別の話です。そして、これらの注射は元の遺伝子配列から変更されることはありませんでした。さて、次はオミクロンです。この注射はオミクロンをカバーしていません。

これらの血液凝固パターン、死亡パターン、剖検パターン、癌パターン、ウイルスパターン、私が言いたいのは、病理学者は一般的に地域住民の健康に何か異常やミスがあることを最初に発見する人だということです。例えば、HIVが発見されたとき、ニューヨークでHIVに関連した皮膚がんを見た同僚の一人が、「ああ、これはある種の集団だ」と思ったことがあります。

そして、医師たちが集まって、実際に対話をすることが必要なのです。この2年間、私たちは社会の中で「このパターンを見ていますか?あなたはこのパターンを見ているのですか?その代わり、彼らはあなたを疎外したり、「それはおかしい、もちろんそんなことはない」と言います。

そうではなく、「テーブルに座って、一緒に対話し、データを集めて、これがシグナルなのか、そうでないのかを考えよう」と言うのです。もしそうでなければ、それは素晴らしいことですが、もしそうであれば、私たちはその理由を見つけるために訓練したことを人類に伝える義務があります。

Jan Jekielek

つまり、進行中であるべき研究の数々を不用意に提案してしまったのではないでしょうか。剖検の話をしましたが、今の話に基づいて、あなたが見てきたシグナルに基づいて、画像を見せてくれませんか?今、優先的に行うべきだと思う研究は何ですか?

Ryan Cole

第一に、連邦政府のデータベースでは、請求コードによって癌がシステムに登録されています。ですから、保険会社や政府にとって、あらゆる種類のがんについて年齢層別の統計分析を行うことはとても簡単なことです。保険会社や政府は、あらゆる種類のがんについて統計的な年齢層別分析を行うことができます。

また、予防接種を受けていない人、つまり予防接種を受けないことを選択した人との比較コホートを簡単に行うことができます。2018年から2019年にかけて行うことができ、データセットは公開されているはずです。

数百万人の患者の統計的有意性を示すことは非常に簡単です。これはとても簡単なことで、予防接種が開始された日に行うべきでした。

すべての政府機関がそれを追跡し、報告すべきでした。振り返ってみると興味深いのですが、最初の注射が行われてから、安全性に関する説明会、有効性に関する説明会、「これは成功しているが、これは成功していない」という説明会がどれだけ行われたでしょうか。

この1年間、FDA、CDC、NIHから、安全性に関する説明は1度もありませんでした。毎月のように行われているはずなのに、一度もありませんでした、やると約束していたのに、やらなかったのです。それは1つの研究しかなく、癌の上昇を統計的に分析しただけだったのです。

Jan Jekielek

では、はっきりさせておきたいのですが、2018年、2019年のデータをコントロールデータとして使用するのですね?

Ryan Cole

コントロールグループとして、正しいです。

Jan Jekielek

わかりました。そして、予防接種を受けていない人を別のグループとし、さらに予防接種を受けた人を関連付けるのです。

Ryan Cole

そうですね。予防接種が開始されてから現在までを比較するとよいでしょう。

Jan Jekielek

それと、ワクチンの種類が違うということもあります。それも重要な要素です。

Ryan Cole

その通りです。そして、2つのmRNAベースのものがあります。いずれも最終的にはスパイク状のタンパク質を作っています。体内で見られる毒性効果の重要な点は、スパイクタンパクが技術的に毒性を持っているということです。SARS-CoV-1ワクチンの失敗例や、MERSワクチンの失敗例など、毒性作用のために動物実験ができなかった歴史を知っているからです。

また、新たな野生型ウイルスが登場した際には、有害な免疫反応が発生することもわかっていました。このように、スパイクの完全な配列を使用することは望ましくないことが早くからわかっていました。スパイクを使わずに、受容体結合ドメインや別のタンパク質を使うことも検討されました。

しかし、最終的には「スパイクを使えばいい」ということになりました。ソーク研究所の研究では、スパイクタンパク質を小さな不活性粒子に付着させました。肺、脳、心臓、腎臓、肝臓など、感染した患者に見られたのと同じ病気が、スパイクタンパクだけでまったく同じように見られたのです。

つまり、スパイクがウイルス全体と同じような変化を引き起こすことがわかったのです。そこで私たちは、スパイクをタンパク質、つまりmRNAとして与え、体内でスパイクを作らせることにしました。

脂質ナノ粒子の場合は、ニンニクのようにどこにでも行くことができます。脂質ナノ粒子は、あらゆる器官に拡散し、血液脳関門を通過することができます。

脂質ナノ粒子には、これまで人間で試したことのない化学物質がたくさん含まれています。このように、人に投与して良い反応が得られることを期待しながらも、長期的な研究では、長期的なデータがどうなるかはわかりません。つまり、これは人類に対する壮大な実験なのです。

しかし、私たちには早くから毒性のシグナルがあり、「これは良くないのではないか」と言う機会がありました。特に、初期の治療で得られていた素晴らしいデータや、この病気から人々を救うためにできることは何もないという残念なシナリオを優先していたならば。この病気から人々を救うためにできることは何もないという残念な話です。

公衆衛生の観点からすると、ビタミンDのメッセージはすでに伝えられているので、これはナンセンスです。また、体重を減らすことも重要です。貧弱な欧米型の食生活を改めましょう、という話です。体を動かしたり、睡眠をとったりです。公衆衛生の観点からは、「どうしようもない」という言葉ばかりが聞こえてきました。

しかし、実験室の観点からは、誰が健康で誰が不健康かを観察しました。私はこれらの反応を見ました。だから、こういった研究はできたはずだし、やるべきだった。

ですから、私が最初に行うのは、がんの分析です。2つ目の研究は、外から見ている人たちによって行われ始めていますが、本来は連邦政府機関が行うべきものです。アメリカのデータは非常に貧弱で、世界の多くの国は我々よりもはるかに優れたデータを持っていますが、予防接種を受けたグループと受けていないグループでは、すべての原因による死亡者数が増加しています。

コロンビア大学の[Pundnatos 00:39:34]博士や、イギリスの神経生物学者Neil [Fentin 00:39:37]博士も同様です。彼らは、誰が予防接種を受け、誰が受けなかったかというデータセットを見ています。予防接種を受けた人は何で死んでいるのか?

その結果、全体的に死亡率は他のグループよりも上昇しています。つまり、長期的にも短期的にも、人間の免疫システムやこの毒素に何か仕組み上の問題があるということです。

そして、ここに興味深い点があります。私はスパイクタンパクを毒素と呼んでいますが、これについては批判されるかもしれません。ハーバード大学の緒方教授の研究によると、腕に注射を打つと、細胞はそのmRNAやDNAを使い、J&JがメッセンジャーRNAに変化してスパイクタンパクを作るそうです。それが腕に残っていれば問題ありません。

ハーバード大学の緒方博士の研究によると、実際には2〜4週間は全身を循環しているそうです。ソークの研究では、このスパイクが炎症を引き起こし、COVIDと同じ反応を起こすことがわかっています。つまり、2〜4週間は、免疫カスケードを引き起こす可能性のあるものが循環しているということです。

ですから、「注射で死亡するのは、歴史的に見ても最初の2、3日だけだ」と言われています。毒素は2~4週間は循環していないのです。だから、注射の2週間後に死んだ有名人の話を聞くと、ああ、これはあなたが探しているロボットではないな、注射のせいではないなと思うのです。

メカニズム的には、そのタンパク質は循環しています。つまり、注射のせいかもしれないのです。だから、これらの人々を検死して、循環するスパイクタンパクの存在を調べるべきだったのです。

その後、Journal of Immunology誌に掲載されたエクソソームの研究では、スパイクタンパクが4ヵ月間循環していることがわかりました。ブルース・パターソン博士の研究では、COVID後の患者さんを対象に、体内のどのような細胞がどのくらいの期間スパイクタンパクを持っているかを追跡していますが、最長で15ヵ月間スパイクタンパクを持っていることがわかりました。

だから、すべての注射がそうだとは言いません。そんなことは言いたくありません。しかし、多くの人がCOVID自体の症状が長く続いているのです。ですから、長期にわたる病気やワクチン傷害を起こしやすい遺伝的サブタイプを持つ人たちを研究する必要があります。

これらの研究は、実験室で分子レベルで行うことができます。あなたの遺伝子タイプはこれです。あなたの遺伝子タイプはこれで、COVIDのリスクが高いとか、あなたの遺伝子タイプはこれで、注射のリスクが高いとか。

非常に簡単な研究ですが、連邦政府機関に「これは我々が本当に検討すべきことだ」と言っても、「ダメだ」と言われてしまいます。と言うと、「ノー」と言われてしまいます。それは、大手製薬会社とその資金提供、そしてそれらが相互に依存し合っていることへの黙認なのかどうかはわかりませんが、これらの連邦政府機関は、今や市民よりも製薬会社を代表しているようなものです。

つまり、これらの機関は副作用を研究すべきであるにもかかわらず、自分たちに入ってくる収入に私利私欲を抱いているのです。なぜなら、自分たちは特許権を持っており、それを使ってワクチンを作り、国民に義務付けるからです。このように利害関係が絡み合っているのに、それを義務化するのは不道徳であり、倫理的でもありません。このような利害の対立は、完全で完璧な優れた科学を行う機会を妨げます。

Jan Jekielek

先ほどあなたがおっしゃったことに戻りますが、あなたが緊急に行うべきだと提案している研究のいくつかは、実際にはすでにデータが存在しているとおっしゃっているように感じました。今はただ、基本的に分析をするだけです。

Ryan Cole

その通りです。私の評価が間違っているかもしれませんし、もしそうであれば、私はそれを知りたいと思っています。これは人間性の問題であり、「害があるのかないのか 」ということです。そして、もしシグナルがあるならば、私たちは自分たちのやっていることをすぐに変える必要があります。AIアルゴリズムやソフトウェアの能力、そして請求コードを記録する連邦政府の大規模なデータベースがあれば、昨日のうちにそれが可能になります。

ファイザーのデータを隠そうとしているように、政治的な意志や資金があれば、あるいは3つ目は、彼らが私たちにそれをさせないようにしてくれればいいのですが。同時に、自分たちの政府のデータを調べるだけでも、とても簡単なシグナルになるはずです。

Jan Jekielek

つまり、あなたはこれらのデータがすべて利用可能になることを望んでいるのではないでしょうか。何らかの理由で今は入手できないデータですよね?

Ryan Cole

もし本当にパンデミックが発生したら、データや情報の透明性を確保する必要があります。人生で何が起こっているのかを知りたければ、お金の流れを追えばいいのです。真実を知りたければ、誰が黙らされているかを知ることです。ガリレオは塔に放り込まれましたが、彼の天文学的観測は間違っていませんでした。同僚との対話ではなく、物事を見て科学的に黙らされるのは非常に悔しいことです。

歴史的に見ても、科学は観察によって行われてきました。仮説を立て、実験を行い、それを確認するか否定するか。しかし、今の時代は、ある構成要素や基準に合わないものを見ると、「へえ、これは面白い考えだね。それは妥当なのか?それに基づいて何かをすべきか?そのデータを見てみるべきか?科学的に証明されているかどうかを確認すべきかどうか?「命がかかっていますからね。もしこれがパンデミックであるとすれば、我々はこれまでにないほど熱心に科学的な追求をすべきだ」。

Jan Jekielek

想定内というのは、基本的に何らかの理由で行われているのを見たことがないということですね。

Ryan Cole

その通りです。その通りです。「それを研究してはいけない。解剖はするな」と言われて、なぜしないのでしょうか。「そのデータベースを見るな」と。なぜ?もちろん、そうすべきだと思います。つまり、これは、明らかにウイルスに関することなんです。人間性の問題です。しかし、見ないことは悪い科学であり、見ていないものを見つけることはできません。

探さないものは見つかりません。ですから、私たちは探すべきであり、命を救うために、今、探すべきなのです。危害を加えないためには、それがもうひとつの重要なポイントです。もし、これらの方法が安全で効果的だと思っていたとしても、また、今まで使ってきたある種の薬が、後になってみると毒性を持っていたとしても、例えば、レムデシビルのように。1年前のWHOは、これを使うなと言っていました。

このように、私たちはすべての薬に目を向けるべきです。私たちは、これらすべての薬を見るべきであり、これらすべてのメカニズムを見るべきです。病理学にも目を向けるべきです。ワクチンにも目を向けるべきです。すべてに目を向けるべきなのです。それなのに、私たちが耳にするのは、「これとこれとこれをやれ、我々の言うとおりにしろ」という言葉ばかりです。それは非論理的です。私は科学者です。しかし、私たちがやっていることの多くは非論理的であり、資金も不足していますし、批判や関心を集めるとすぐに潰されてしまいます。

Jan Jekielek

利益相反の可能性と結びついた義務化の話が出ましたね。私は、なぜ義務化そのものが、「義務化をなくす行進」のMCになったのか、その全体像を十分に理解したかったのだと思います。

Ryan Cole

まず第一に、憲法の権利章典の原則、自律性と身体の自由、そして誰かに実験を強要することです。つまり、これらが安全で効果的であったとしても、私は義務化に反対します。あなたの体はあなたのものであり、あなたが持っている唯一のものだからです。それを侵害されるのは、この国が建国されたときの原則に反するからです。この国だけでなく、世界中で適用されるべき普遍的な原則だと思います。

2つ目は、実験的なものであるため、義務化すべきではないということです。どんな実験でも、機関審査委員会でも、どんな研究でも、インフォームド・コンセントを得なければなりません。同意を得られないものをさらに強制することは、ナチスドイツでの不幸な実験やその後の数多くの裁判が行われるまで、医学や倫理の分野で行われてきたすべてのことに反しています。

自分の実験台になることを人々に強いることは、私たちが誰であるかを示すものではありません。人として、人類として、医師としてだけではなく、私たちが何者であるかを示すものではありません。一方で、私たちは、すべての成分を人々に伝えていないものを義務づけています。過去30年間のデータ収集の結果、他のすべてのワクチンを合わせたよりも、この注射による死亡者数が多くなっています。VAERSシステムでは21,000件以上の死亡例が報告されていますが、これは非常に報告されていない数字であり、その統計や研究についてはまた別の機会にご紹介します。

Jan Jekielek

ちょっとだけ話に入りたいと思います。だから、他のゲストともその話をしましたが、やはりVAERSシステムはシグナルなのです。

Ryan Cole

シグナルですね。

Jan Jekielek

確定的なものではありませんよね。

Ryan Cole

でも、私たちが持っている最高のものです。

Jan Jekielek

そうですね。そうですね。しかし、私が言いたいのは、時々、このことが混同されているのを耳にすることがありますが、人々は「これは100%です。これは本物だ」と言われることがあります。

Ryan Cole

しかし、私がラボでシグナルを見ているのと同じです。そのため、先週、FauciとWalenskyが言ったように、人々は「ああ、でも、自動車事故の後にVAERSに報告される人もいるし、何かあったときには」と言うのです。私はこう思いました。「と思いました。しかし、麻疹ワクチンの後でも、おたふくかぜワクチンの後でも報告されます。つまり、システムへの報告という点ではリンゴ対リンゴの比較なのです。これが先日、彼らが議会で行った疑わしい議論でした。

というのも、VAERSのデータはEUROMOMOのデータ、つまりヨーロッパのデータや有害なシステムと非常によく一致するからです。イギリスのイエローカードシステムもそうです。また、ニュージーランドの報告システムの副作用なども一致しています。

このように、注射後に発生する副作用や死亡の数は、世界中で一貫しています。ですから、私たちは自分たちのVAERSシステムについてそのような議論をすることができます。しかし、私たちよりも優れたデータを持っている国々を見てみましょう。しかし、私たちよりも優れたデータを持つ国々では、依然として過剰な傷害や死亡のシグナルが見られます。これは人類に対する実験であり、私がこうした義務化に反対するもう一つの理由です。そして、今最も重要なのが基礎科学です。

私たちの政策は、科学の進歩に合わせて急速に進化すべきです。科学的には、現在、私たちは偶然に恵まれており、それがオミクロンです。オミクロンは本質的に別のウイルスです。枝分かれしていないのです。系統的なパターンや遺伝子を見ると、オミクロンは独自の家系で、他の亜種からは分岐していません。そして、ありがたいことに、結合しないので、風邪に似た作用をしています…異なる受容体について詳しく説明できますが、そのつもりはありませんが、風邪です。これはありがたいことです。

しかし同時に、ワクチンはそれをカバーしていません。そのスパイク上のタンパク質は今ではとても異なっているので、注射ではカバーできないのです。先に述べたように、この注射にはある種の毒性があることがわかっています。年前に絶滅してしまった武漢という初期の家系のために作られた注射を義務付けることは、存在すらしません。このショットはそのためのものです。

私たちは、「5世代前のウイルスのための注射をしたいが、これとは関係のないもののための注射をしてもいい」と言っているのです。先週、最高裁が絶対に間違っていたのはここです。なぜなら、医療従事者に対して、「まあ、それでも義務付けることはできる」と言ったからです。なぜ4ヶ月前の別のウイルスに感染したデータを義務化するのでしょうか?

今回のウイルスは、基本的に異なるウイルスです。そうですね。私たちは「SARS-CoV-2 Omicron」と呼んでいますが、本当にそうなのでしょうか?私と妻は、学部の優等生論文で分子系統樹を研究しました。だから、これは私たちがやっていることと同じなのです。系統樹や家系図、枝分かれを見ると、「仕事を続けるため、有給休暇を維持するため、レストランに入るため、社会で機能するために、死や害の可能性がある注射を打ってほしい」と言うのは非常識です。

Jan Jekielek

それと、もうひとつの要素があります。コロナウイルスは、私が理解している限りでは、かなりの頻度で変異することが知られています。おそらく、ワクチンの開発や治療法の開発などが行われている間に、このことは理解されていたのではないでしょうか。このことは、どのように方程式に組み込まれているのでしょうか?

Ryan Cole

さて、私たちは基本的にウイルスについては振り出しに戻りました。今、私たちは、より温和なウイルスを手に入れました。宇宙からの祝福、天からの祝福、何とでも言えますが、これは良いことです。これはほとんど天然のワクチンのように機能しています。ウイルスの他の部分と類似した配列を持っていますが、初期の亜種ほど有害ではありません。コロナウイルスは常に変異しています。

私たちがワクチン接種の道を歩み始めたとき、もし科学的に正直で、過去や現在の免疫学者の意見を聞いていたならば、コロナウイルスを追いかけることはできないと言っていたでしょう。40年経ってもHIVのワクチンができないのには理由があります。それは、ウイルスが常に変異するからです。急激な変化はあっても、それにしても急激な変化はあります。ウイルスには、一貫した突然変異率を持つ特定のファミリーがあります。

コロナウイルスの変異率が一定であることは、歴史的にウイルス学で知られています。ワクチンとは、事前に計画を立てるためのものです。ウイルスの中にタンパク質を見つけて、「よし、今これを投与すれば、免疫記憶を作ることができる」と考えます。そうすれば、そのウイルスがやってきたときに、体がわずかに刺激されてその記憶を思い出し、「ああ、これはわかる。これで撃退できる」と。

一貫して変異するウイルスのパンデミックの最中に、このようなことをしたことはありません。科学的にも意味がありません。私たちは常に、次の変異を捕らえようと「ワッカ・モグラ」をしていますが、常に私たちよりも先に変異が起こっているのです。この種のウイルスは、これまで一度もワクチンを作ることができませんでした。科学的に正直に言えば、ワクチンを作ることはできません。

しかし、受容体結合ドメインやヌクレオカプシドなどの他の方法では、まだ成功していません。ですから、私たちはこの難問に直面しています。「ブースターを手に入れよう」と思っても、ブースターは無意味です。ウィルスはウィルスになる、と言いたいところですが、そうではありません。ウィルスはウィルスになる、と言いたいところですが、ウィルスはウィルスになるのであって、ウィルスがしようとしていることをするのです。

ウイルスが常に我々を出し抜くような方法で、ウイルスに対して神を演じることは、知恵でも科学でもありません。そこで、「では、安全で効果的な早期治療は何か」ということになるのです。科学的に予防できると考えるのではなく、治療方法に焦点を当ててみてはいかがでしょうか。科学は素晴らしいものです。私たちは常にその方法を模索すべきです。しかし、良いことよりも悪いこと、または良いことよりも悪いことの可能性がある場合、医療では常にそのバランスを考慮しなければなりません。

この点において、私たちは倫理的なアプローチの多くを失ってしまいました。興味深いことに、ガバヤン・バンデンボス博士の研究を見てみると、彼は私たちが自然免疫を台無しにしていることを知っていますし、先ほどお話ししたフェーゼ博士の研究もそうです。英国では、感染する前に予防接種を受けた人は、ウイルスの特定の部分、ヌクレオカプシドに対する免疫反応が制限されていることがわかっています。

デンマークのデータによると、オミクロンの予防接種を受けた人は、受けなかった人よりも高い確率でオミクロンに感染していることがわかっています。これはデンマークでのデータですが、文字通り、予防接種を受けることで、受けない場合よりも高い確率で発症することになります。歴史は良い教師であり、もし私たちが歴史に耳を傾けていたら、「我々が行っている科学的アプローチは賢明なのか、そうではないのか」と言っていたでしょう。今では、過去を振り返って「そうではない」と言うのは簡単です。しかし、声高に主張する科学者たちの声に耳を傾けていたら、今のような状況にはならなかったかもしれません。

Jan Jekielek

あなたが顕微鏡の後ろから、いわば脚光を浴びるようになってから、ビジネスはどうなっていますか?

Ryan Cole

それが魅力的なところです。科学を語ることで異端視されている私は、攻撃を受けています。私は12の州の医師免許を持っていますが、そのうち4つの州の医師免許が現在攻撃を受けています。過去26年間に診察した50万人の患者の中で、私に対して苦情を言った患者は一人もいませんでした。同僚や政治団体が私のライセンスビジネスに対して政治的な攻撃をしているのです。

私が科学やデータを語ったために専門家としてふさわしくない行為をしたために、保険会社からパネルから外されてしまいました。1月1日の時点で、私のビジネスの約30%を失いました。結局、安全で効果的な薬を使うことで、3人から400人の人が病院に行かずに済んだことに腹を立てたのです。

科学的なデータや真実を語ったことで、私は罰せられたわけです。結局のところ、私はこのことを後悔しているのでしょうか?絶対にありません。私は命を救ったのですから。

Jan Jekielek

あなたや今日のイベントに参加していた他の人々のように物事を見ている医師が少ないのはなぜだと思いますか?

Ryan Cole

恐怖心です。恐怖こそが真のパンデミックなのです。私の同僚を責めるつもりはありません。彼らの多くは訓練を受けたばかりで、山ほどの借金を抱えています。もし声を上げれば、研修や医師としての仕事を失うことになります。一方、私と同年代の人たちは、子供が大学に通っていて、長い間キャリアを築いてきました。彼らは船を揺らしたくありません。

興味深いことに、声を上げている人たちは、独立していたり、仕事を失っても構わないと考えている人が多いのです。人間性の価値は、お金よりも大切なのです。同胞への接し方は、お金よりも大切なのです。私がこれまで話してきたこと、やってきたことで、私は利益を得ているでしょうか?絶対にない。私の同僚の多くはそうでしょうか?何人かは仕事を失い、何人かは契約を失い、何人かはライセンスを失いましたが、結局のところ、正直なところ、私の同僚がなぜ一歩踏み出さないのか分かりません。

そういったシナリオを想像することはできますが、同時に、真実は真実です。そして、どこまでいっても不便なこともある。そして、その不都合なデータを追わなければならない時もあります。そして、私は常に間違っている権利を留保しており、科学者の同僚にこう言います。もし私が間違っていたら、どこが間違っているのか教えてください。なぜなら、私たちが共有しているのは人類のためだからです」。もし、金銭的な利害関係が彼らを動かしているのであれば、正直で、完全で、完全な会話が阻害されることもあると思います。

私は誰の動機も問うことはできません。しかし、データ、科学、真実を共有する権利を求めて戦い、人類の自由のために戦っている人たちは、非常に似た考え方を持っているように思えますが、彼らは政治的に同じではなく、同じ倫理観を持っているのです。

Jan Jekielek

では、今日は魔法の杖で、政策的な考えを深めるお手伝いをしてください。何が出てくるかはわかりませんが、今、何を変えてほしいと思いますか?

Ryan Cole

第一に、公衆衛生が実際に公衆衛生に関わるものであってほしいと思います。この2年間の最大の悲劇は、より健康な国民になるためにできることがたくさんあったということです。すでにお話ししたこともありますが、公衆衛生に魔法の杖を振りかざしてみましょう。

2つ目は、政府を国民の医療に関与させないことです。政府や政策立案者が、あなたが受けるべき治療や受けないべき治療に口を出す必要はありません。医師は医師らしく、安全で効果的な薬を処方すればいいのです。良い医者であることを理由に罰することなく、子供たちを守りましょう。子供たちに実験をしてはいけません。

もし私が明日、魔法の杖を持っていたら、これらのことを言うでしょうね。私たちの公衆衛生を、健康に関するものだという意味で変えましょう。馬鹿げた義務教育は止めましょう。医者は医者でありましょう。子供たちを守り、次の世代を大切にしましょう。社会の構造は、子供たちをどう扱うかで決まるのです。

Jan Jekielek

ライアン・コール博士、この番組に出演していただきありがとうございました。

Ryan Cole

ヤン、光栄です。本当にありがとうございます。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました