MATH+ & I-MASK/FLCCCイベルメクチンエポックタイムズスパイクプロテインワクチン

ポール・マリック博士 | スパイク関連疾患、ワクチン被害者への心理的虐待、早期治療の抑圧
Dr. Paul Marik: Spike-Related Diseases, Gaslighting of the Vaccine Injured, and the Suppression of Early Treatment

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

2022年10月25日 AMERICAN THOUGHT LEADERS

アメリカンソートリーダーズ

…www.theepochtimes.com/dr-paul-marik-spike-related-diseases-gaslighting-of-the-vaccine-injured-and-the-suppression-of-early-treatment_4818954.html?utm_source=epo

スパイク・プロテインは、おそらく人体にとって最も毒性のあるタンパク質の一つです。…もしあなたがLong-COVIDを持っているならば、絶対にワクチン接種を避けてください。

今日は、世界で最も多くの論文を発表している救命救急医の一人、ポール・マリック博士にお話を伺いました。彼は、Front Line COVID-19 Critical Care Allianceの共同設立者です。

「もし、多くの国が行っているように、早期、広範囲、早期治療を採用していれば、2020年の半ばにはこのパンデミックを制御し、終わらせることができたでしょう」とマリック博士は言います。「しかし、彼らはあなたにこのことを知らせようとはしません。家にいて、病気になってから病院へ行けというのです。とんでもないことです。」

適応外薬の弾圧、安全性データの操作、ワクチン被害者へのガスライティング(心理的虐待)など、医療の腐敗に関するマリック博士の見解について議論します。

「私は、医学雑誌に書かれていることが真実だと思っていましたが、それが完全に誤りであることがわかりました。

ヤキレック

ポール・マリック博士、American Thought Leadersにお招きいただき、大変光栄です。

ポール・マリック博士

ありがとうございます。
ヤンさん、ありがとうございます。

ヤキレック

あなたとお話できることを光栄に思います。あなたは、COVIDの初期治療にいち早く取り組んだ人物の一人ですね。つまり、2020年3月、バージニア州ノーフォークの病院でICUを率いていた頃の話です。その時の状況を教えていただけませんか?

マリック博士

ええ、ですから明らかに私はノーフォークにいました。ニューヨークもそう遠くはありません。これは3月のことですが、私たちはCOVIDがアメリカにやってきて、東海岸にやってきました。ことを知っていました。そして当時、ニューヨークを思い出してみると、標準的なケアの流れは、本当にケアをしないことでした。NIHやWHOは、特定の治療法はないと言っていました。呼吸ができなくなったら挿管して、人工呼吸器をつけて、死ぬしかないというものでした。

これはまったくもって、とんでもないことです。致死率の高い病気を抱えているのに、その患者を治療するために何かをしようとしないなんて、医学の基本に反することです。私たちは、これは非常に奇妙なことだと思いました。

当時、NIHが言っていたのは、「治療法はない」ということです。もし発症したら、家で様子を見なさい、もし青くなって息ができなくなったら病院へ行きなさい、ということです。つまり、これは理不尽なことだったのです。

そこで私たちは、まず私が、そして多くの同僚、コリー博士、ヴェローネ博士、マドゥロ博士が、「この病気についての理解をもとに、治療プロトコルを一緒に考えよう」と呼びかけました。つまり、これは無作為ではなかったんです。基本的には、当時の病気に対する理解と臨床観察に基づいたものでした。

COVID肺炎には2つの主要な要素があり、COVIDは肺を攻撃し、肺不全で死亡するのです。その2つの要素とは、炎症です。患者さんは肺に深刻な炎症を起こしていました。もうひとつは、血栓症が発生していたことです。当時も今も、それは間違いなくわかっていることです。ロケット科学ではありません。

そして、最も強力な抗炎症剤はコルチコステロイドで、肺に最も適したコルチコステロイドはメチルプレドニゾロンです。そこで、メチルプレドニゾロンとヘパリンを加え、これがプロトコルの基礎となり、入院患者の治療法としてMATH+プロトコルと呼ばれるものが開発されました。

これは合理的であると考えられ世界中で採用されました。当時、私たちはまず副腎皮質ステロイドを使い、次にヘパリンを使ったことで大きな批判を浴びました。みなさん「そんなことできない。ウイルス性の病気なんだから。人を殺すことになる」と言われ憤慨していました。しかし、私たちはそれがうまくいくのを見たのです。私たちはベッドサイドにいたのです。医師としてベッドサイドで何が起こるか見るのは、これ以上ないことです。

そしてもちろん、6カ月後に回復試験が行われ、信じられないかもしれませんが、副腎皮質ステロイドが命を救うことが示されたのです。残念ながら、この試験では使用するステロイドと量を間違えてしまいましたが、ステロイドは非常に強力なので、実際に死亡率を下げることができたのです。

ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン誌の編集者が、これに対して「私たちは運が良かった」と公言したのは不条理です。運が良かったのではありません。私たちは病気を理解し、ベッドサイドの臨床医として何が起こっているかを観察し、常識と基礎科学を駆使して患者を治療したのです。

そして、スパイクプロテインが血液凝固を活性化すること、血液凝固を著しく活性化することは明らかだったので、抗凝固剤であるヘパリンを追加したのです。そして、ヘパリンが命を救うことを証明する、実に優れた研究が行われるようになるまで、おそらく1年かかりました。

私のデータを見てみると、データについて議論する人はいますし、私の病院でもそうでしたが、私の手にかかると、保守的なデータを使ったとしても、病院での死亡率は10%程度でした。おそらく、もうちょっと低かったと思います。当時、ヒューストンで自分の病院を完全に管理していたVerone博士の死亡率は約6%でした。

病院での死亡率は、私たちがデータを発表しているので知っていますが、世界中で約20%、時には30%にもなります。つまり、控えめに言っても、人が死ぬリスクはあるのです。それで、私たちはこのプロジェクトに参加することになったのです。

悔しかったのは、みなが、なぜなのか何が起きているのかわからない、という反発を受けたことです。これはとても明白なことです。ロケット科学者やノーベル賞受賞者でなくとも、何が起こっているのかを理解することは可能です。これは臨床医学の基本です。あなたは問題を抱え、私たちは解決策を持っています。人々を治療するんです。無意味なことは止めましょう。

そして、今日まで、私たちは攻撃されてきました。私たちのプロトコルが命を救うという、圧倒的なデータがあるにもかかわらずです。そして、私たちのものだけではありません。世界中に似たようなプロトコルがあり、非常によく似たアプローチを用いて、同じことが証明されています。

ヤキレック

続けてお話しする前に、先生がノーフォークの病院でICUを運営されるようになった経緯と、先生のご経歴についてお聞かせください。

マリック博士

私はクリティカルケアの医師、つまり集中治療専門医です。南アフリカで研修を受けました。南アフリカで研修を受け、オンタリオ州ロンドンで集中治療のフェローシップを受けました。1990年代半ばから、さまざまな教育病院で学術的な仕事に携わってきました。

私の関心は、もちろんICUです。特に関心があったのは敗血症で、これはこの地球上で最大の死因のひとつです。敗血症で亡くなる人は、年間4,000万人にも上ると言われています。敗血症は深刻な炎症性疾患であり、COVIDとの間に明らかな重なりがあったのです。そこで、敗血症のプロトコルをCOVIDに適応させることにしたのです。

ヤキレック

もう少し詳しくお聞かせください。あなたのお話は少し控えめだと思いますので。COVIDがヒットする前から、あなたはとても有名だったのですね。

マリック博士

ええ、2つの理由があると思います。1つは、私が現状に挑戦していることです。私がこれまで教わってきました。のは、「言われたことをすべて信じるな」ということです。科学とは、現状に挑戦し、限界を押し広げ、時には不都合な質問をすることです。ですから、私たちが従ってきました。手順やプロトコルの多くは、完全にでたらめだったのです。

ヤキレック

これはCOVIDの前の話です。これは、医学のさまざまな分野のプロトコルを見ているところです。

マリック博士

ええ、これはすべてCOVID以前のものです。つまり、おそらく最も興味深いのは、中心静脈圧というものがあることです。右心房の圧力を測定するのですが、なぜかこれがICUでの輸液療法を指示する標準的な治療法として使われていたのです。これは完全にでたらめで、完全に悪い情報に基づいているのですが、標準的な治療法として、多くのプロトコルがこのパラメーターを測定して治療を指示するように主張していました。

私はこの件に関して重要な論文を書き、基本的にこれに疑問を呈し、これは完全にでたらめであると述べました。実際、これを支持する研究は、7頭の立ち姿の馬を使った研究だけでした。それが、ほぼすべてのICUで行われています、この広範な療法の科学的根拠となったのです。

私は反抗的な人間だと思われていたようですが、私は科学と真理に従います。そして、私が間違っていることもあれば、正しいこともあります。しかし、科学は問うものだと思うんです。ただやみくもに従うのではだめなんです。すべてを疑わなくてはならないのです。

COVIDでさらに重要になったのは、科学とは現状に挑戦し、質問し、議論し、データを調べ、反対データを調べ、そしてある種のコンセンサスを得ることに基づいています、ということだと思います。そして、それは自己修正されます。それが科学の良いところであり、私たちの理解が進むにつれて変化し、進化していくものなのです。

ヤキレック

これは非常に素晴らしいことです。正直なところ、「病状が極めて深刻になるまで治療しない」というアプローチの意義は、当初はよく理解できませんでした。また、入院する前に治療を行う外来診療というものも開発されましたが、それがどのようなものなのか、いかに入院させないようにするかということに、何の努力も向けられなかったことが不思議なくらいです。一度入院してしまうと、良い結果が得られる可能性は劇的に低くなりますからね。

マリック博士

そうです。

ヤキレック

それについてはいろいろな説がありますが、あなたはどう思われますか?

マリック博士

私たちは、患者さんが病院に来るまでに、かなり病状が悪化しており、人工呼吸器を装着してICUに入るリスクが高いことを、かなり早い段階で明らかにしました。このパンデミックをコントロールし、終息させる鍵は、早期治療であることをすぐに理解しました。つまり、病気の1日目、2日目、3日目に、効果のある再利用された薬で治療することが重要なのです。

これは常識的なことで、病気が進行するのを防ぐことができるからです。つまり、病気にならず、病院に行かず、死なず、病院の資源も使わないで済むのです。第二に、家族に病気をうつさない。そして3つ目は、地域社会に広めないということです。

ですから、多くの国が行ったように、早期、広範囲、早期治療を採用していれば、2020年の半ばにはこのパンデミックを制御し、終わらせることができたはずです。そして、それが唯一の解決策でしたし、現在も唯一の解決策なのです。

ご存知のように、再利用された薬はたくさんあります。ヒドロキシクロロキンやイベルメクチンに注目が集まっていますが、データを見ると、初期C-19というグループがありますが、病勢、重症度、入院のリスク、死亡のリスクを減らすのに非常に効果的に働く再利用薬が20種類はあるはずです。

しかし、誰もそのことを知りません。なぜなら、彼らはそのことを知られたくないからです。それは彼らのアジェンダの一部なのです。間違いなく、早期かつ積極的な治療の方針を採っていれば、こんなことは過去の問題になっていたはずです。今日、このような議論をすることはなかったでしょう。

ヤキレック

もちろん、COVIDをめぐる主流の意識を考えれば、それは大胆な発言と言えるでしょう。では、それを正当化してください。

マリック博士

そうですね。早期治療が病気の蔓延を防ぎ、感染を予防することは明らかです。なぜなら、そうすれば病気の蔓延を防ぎ、感染を防ぐことができるからです。そして、効果のある薬が複数あり、その例もあります。

例えば、ウッタル・プラデーシュ州では、非常に進歩的な行政が行われています。ウッタル・プラデーシュ州はインドの中でも非常に大きな州で、人口は約2億人、まさに一国分の広さです。この州では、イベルメクチンをはじめとするさまざまな薬剤で州内のすべての人を治療することにしました。

そして、COVID-19を止めたのです。死亡率は激減しました。メキシコや南米、アジアなど、世界には他にも多くの例があります。つまり、早期治療を積極的に行えば、この病気を取り除くことができるという、非常に優れた疫学的データがあるのです。

また、驚くべきことに、アメリカはCOVIDによる死亡率が最も高い国の一つであり、これは驚くべきことです。私たちは最も進歩的な国なのです。他のどの国よりも多くの資源を持っています。これだけの頭脳を有しているのです。しかし、アフリカの国々を見ると、死亡するリスクは限りなく小さく、これには多くの理由があると思います。

その一つは、興味深いことですが、まず、イベルメクチンは寄生虫病の予防薬として使われていることです。つまり、国民の多くがイベルメクチンにさらされているのです。イベルメクチンを大量に配布している国では、死亡率が非常に低いことが、4つか5つの独立した研究によって証明されています。

次に、人々は主に屋外で生活しており、私たちのように屋内にいるわけではありません。そのため、日光というものを浴びることができます。信じられないかもしれませんが、日光は一般的な健康状態、免疫システム、ビタミンDを向上させるという意味で、重要な治療因子です。

ですから、この異常事態を招いた要因は複数あると思います。しかし、なぜ疫学的なデータから、どの国がうまくいっていて、どの国がうまくいっていないのかを調べなかったのでしょうか。私たちは本当にひどい結果で、これには複数の要因があると思います。

ヤキレック

2つほど思い当たることがあります。つまり、おそらくこれらの国は若い国だと思いますし、また、肥満の割合もかなり低いのではないでしょうか。年齢と肥満の2つは悪い結果と高い相関がありますから。

マリック博士

その通りです。驚くことに、アメリカでは人口の30%以上が肥満と分類されており、肥満はCOVIDの重症化やCOVIDによる死亡の、最も重要とは言えないまでも、大きな危険因子となっています。そして、実際にCOVIDで死亡した若者の多くは肥満でした。脂肪組織にはACE2受容体が多く存在するようで、それが理由の1つと思われます。そして、脂肪組織がこれらの炎症性タンパク質の供給源として作用するのです。

つまり、あなたの言うとおり、私たちのひどく不健康なライフスタイルが原因だと思います。アメリカ人は太っているだけでなく、砂糖やでんぷんの中毒者ですから、血糖値のコントロールができず、これもまたリスクを高めることになります。

つまり、不健康なライフスタイルを送る肥満の人たちを、私たちが閉じ込めているのです。屋外に出て日光を浴びたり、運動をさせる代わりに、屋内に閉じ込めて、食べることだけをさせるのです。そうして、食生活の乱れとデンプン中毒の問題を永続させたのです。

ヤキレック

もうひとつの要素があります。太陽光のことですね?私たちの共通の友人であるライアン・コール博士が、1年ほど前に、ビタミンDの欠乏が悪い結果と相関していることを最初に教えてくれたんです。公衆衛生対策として、人々に「ビタミンDをしっかり摂りましょう」と言うのが一番分かりやすいように思います。

マリック博士

そうですね。ビタミンDに関する圧倒的なデータがあるのですが、連邦政府や州の機関はそれを認めたがらないのです。とても明白なことなのです。実際、ビタミンDレベルが50を超えると、COVIDで死亡する確率はほぼゼロになることがデータで示されています。ゼロです。

ビタミンD欠乏症のリスクが最も高いのは誰なのか、私たちは知っています。それは高齢者です。長期介護施設にいる人たちは、室内にいて屋外に出ることがありませんから。肥満の人。有色人種。これはとてもシンプルでわかりやすい介入でした。ビタミンDを摂取させ、さらに、屋外に出るように指示するだけです。日当たりのよい地域に住んでいるのなら、毎日太陽の光を浴びることです。

日光は、ビタミンDを作るという点でも、赤外線を出すという点でも、非常に優れた治癒力をもっています。ですから、一番いいのは、屋外に出て歩くことだと思います。運動をして、日光を浴びれば、精神的にもよいでしょう。そのような簡単な介入をすれば、何万人もの命を救うことができたと思うのです。

ヤキレック

しかし、現時点ではまだ、これらのことのいくつかを行うことができますね?なぜなら、現時点では、これはもう絶対に緊急事態ではないと主張する人が多いものの、まだ私たちと一緒にいるのですから。

マリック博士

そうなんです。COVIDはここにあり、おそらく長い間ここにあるでしょうから、人々は自分自身を強化する必要があります。COVIDに感染しないように、また、感染してもごく軽い感染で済むように、免疫システムを向上させるためにできることをする必要があります。

ビタミンDはその最たるものです。他にも、ビタミンC、メラトニン、日光、鼻腔スプレーなどがあります。ウイルスはどこで増殖するのでしょうか?どこで?鼻の中です。ですから、ウイルスを殺したいなら、単純に、殺ウイルス効果のある鼻腔スプレーを使えばいいのです。ですから、もしあなたが感染した場合、あるいは人ごみの中で多くの人にさらされ、感染の可能性がある状況にある場合は、鼻腔用スプレーを噴霧するだけです。私は特にポビドンヨード(1%溶液)を使っていますが、これは数秒でウイルスを殺すことができます。数秒で殺すことができるのです。

これは作り話ではありません。非常に優れた研究があります。無作為化比較試験で、COVIDを使用する人々を無作為に割り振ったのです。彼らはCOVIDを持っていました。病院に行くのを怖がっていた人たちです。COVIDの人が怖がっているなんて、想像してみてください。鼻腔スプレーとプラセボに無作為に割り振り、鼻腔スプレーはウイルス排出期間を著しく短縮し、入院率を低下させ、死亡を減少させました。死亡率が低下したのです。

このように安価で簡単な介入なのに、誰もそのことを話題にしようとしません。とんでもないことです。私たちには、この病気を抑えるための様々な予防法、早期治療法がありますが、彼らはこのことを知られたくないのです。家にいて、病気になり、病院へ行くことを望んでいるのです。これは言語道断です。

ヤキレック

早期治療プロトコルは何年もかけて磨き上げられたもので、私の知人も何人もそれを受けていて、誓っているようなものです。それについて簡単に教えてください。

マリック博士

予防プロトコルと早期治療プロトコルがあります。早期治療プロトコルではイベルメクチンを使用しますが、これは馬用の駆虫剤ではありません。これはFDAが仕組んだプロパガンダキャンペーンで、全くの嘘っぱちです。有毒な馬用駆虫剤だと言っているのです。

はっきりさせておきたいのは、イベルメクチンはこれまで37億回にわたって人間に投与され、ペニシリンの次に多くの寄生虫病をほぼ撲滅し、この地球上の人類の健康に最大の影響を与えたということです。完全に安全です。どのように強調したらよいかわかりません。完全に安全なのです。タイレノールで死ぬ可能性の方が高い。イベルメクチンよりもタイレノールで死ぬ可能性の方が高いのです。

この有効性については議論することができます。有効な薬だと信じていますが、選択肢がほとんどないのであれば、失うものはないでしょう?病気の患者がいて、完全に安全な薬があり、安価な薬があり、この薬を試して一体何を失うというのでしょうか?失敗を前提にした研究もありますが、最近、ブラジルで行われた非常に大規模な研究で、10万人以上の患者さんに予防投与したところ、COVIDにかかるリスクが93%減少したことが明らかになりました。

人々は、私はチェリーピッキングをしているのだと言います。しかし、これは良い研究だと思います。私は良い研究だと思います。信じられないかもしれませんが、イベルメクチンを投与し始めたら病気の経過が完全に変わったと、患者さんから何度も何度も聞かされました。ですから、私たちの初期治療プロトコルはイベルメクチンを使用します。ヒドロキシクロロキンを使用することもあります。栄養補助食品もいくつか使っていますが、非常に効果的なようです。

しかし、最大の問題は、これらの薬剤を適応外で使用していることです。適応外というのはどういう意味なのか、理解が不足しているように思います。製薬会社が医薬品を開発した場合、FDAに認可を申請しますが、それは特定の適応症に対するものです。例えば、乾癬の場合、その薬は乾癬に対して承認されます。

しかし、多くの薬は、本来ライセンスされている以外の用途があり、それをオフラベルと呼びます。病院で使われる薬の約2割は、毎日、適応外使用されています。それは当たり前のことなのです。実際、FDAは、FDAのウェブサイトを見ると、適応外薬物の使用を推進しています。彼らが言うのは、医師はFDAが承認した適応外医薬品を自分の裁量、医師の裁量で使用する権利が十分にあるということです。

しかし、COVIDで突然、ルールが変わりました。適応外医薬品を使うことはできず、その理由を聞かなければならないのです。明らかに、彼らは人々に適応外薬物を使用して欲しくありません。なぜなら、もしCOVIDを治療できる安価で効果的な薬があるのなら、安全性が確立されていない実験的なワクチンを接種したいとは思わないでしょう。つまり、選択肢を求める人々にとって有効な代替案だったのです。これは個人の選択と同意の自由と呼ばれるものです。そして、人々は、私はワクチンを打ちたくありません。このプロトコルで治療を受けたいのです。しかし、これは拒否されました。

ヤキレック

1つは2004年、もう1つは2014年に発表されました、関連疾患であるSARSとMERSに対する再製剤の使用に関する論文で、驚くべきことに、NIH自体が資金提供している研究です。それは私にとって衝撃的でした。

マリック博士

2004年、ベルギーで行われたSARS-1に対するクロロキンの使用に関する研究では、培養液中でクロロキンがウイルスを殺し、感染を抑えるのに非常に効果的であることが示されています。2005年には、アメリカのアトランタにあるCDC(疾病管理センター)が、まったく同じ内容の論文を発表し、クロロキンがSARS-1の抑制に非常に有効であることを示しました。

そして驚くべきことに、MERSが発生しました2014年に、ファウチが統括するNIHであるNIADから「The Use of Repurposed Drugs for the Treatment of MERS」という論文が発表され、26種類だったでしょうか、再利用薬がリストアップされたのです。2番目はクロロキンでした。

つまり、科学界やNIHは、再利用薬があること、再利用薬がSARSやMERS、SARS-2に使用できることを完全に認識していたのです。しかし、COVID-2が登場すると、なぜかそれが通用しなくなりました。なぜかというと、明らかに深刻な利益相反があったからです。それは不都合なことでした。再利用薬であることが不都合だったのです。

ヤキレック

つまり、これらの機関が認識していたであろうということだけでなく、これらの薬を試した医師は、本当に良い根拠を持っていたということですね?

マリック博士

その通りです。つまり、なぜこれらの薬が効くのか、生物学的な前提があったのです。だからこそ、彼らは研究を行い、実際に効く薬がたくさんあることを示したのです。パンデミック(世界的大流行)を防ぐには、再利用された薬剤が必要です。これは世界的な問題なので、これらの薬を世界中に配布し、パンデミックをコントロールすることは非常に簡単です。つまり、安価で再利用可能な、効果的で安全な医薬品を使用することが、明白な答えだったのです。

私が言いたいことはお分かりでしょう。ヒドロキシクロロキンは、適切な量を使用すれば安全であり、これは本当に重要なことです。イベルメクチンも極めて安全です。推奨量の10倍を使っても安全です。ビタミンD、ビタミンC、ニゲラサティバ、メラトニンなど、この病気をコントロールするための再利用薬として非常に効果的な薬がたくさんあります。しかし、それはシナリオに反していました。

ヤキレック

COVID-19への対応に関するランセット委員会の新しい報告書を最近見たのですが、そこには大きな欠点がいくつか指摘されています。どのようにお考えですか?

マリック博士

私たちは、WHO、NIH、CDC、FDA、これらすべての機関が、大手製薬会社に取り込まれていることを知っています。大手製薬会社が議題をコントロールし、安価で効果的な再利用薬がこの病気に役立つことは、大手製薬会社の利益にならないことは明らかです。お金にならないからです。残念ながら、お金の流れに従うしかないのです。

しかし、COVIDは、大手製薬会社のいたずらな行動に明るい光を当ててくれたと思います。はっきり言っておきますが、大手製薬会社は命を救ったり、人々の生活の質を向上させるためにビジネスをしているわけではありません。彼らの目的はただ一つ、金儲けです。たとえ、有害だと分かっている薬を売ったとしても。たとえ有害だとわかっている薬を売っていたとしてもです。

ヤキレック

今、私たちは大手製薬会社の問題について話していますが、遺伝子ワクチンの問題、それに対する反応、それに伴う害について話さなければならないでしょう。実際、私たちはこの会議で、スパイク関連疾患の治療法、そう呼ばれるものだと思いますが、について議論しています。

その前に、これは私も気づいたことなのですが。ジョー・ラダポ博士の本を読んでいるんです。博士も含めて、医学部で教わるワクチンについての教え方は、他のほとんどの薬や治療法についての教え方とは全く異なっていると言っています。それは、ほとんど、教化のようなものだと彼は言っていますが、彼自身もある時期そうだったそうです。どう思われますか?

マリック博士

そうですね、彼はとても賢い人です。私は最大限の敬意を表します。そして、彼の言うことはまったくもって正しいです。私は、ワクチンとワクチン接種が最も重要な開発であり、最も重要な医療介入であり、ほとんどすべての感染症の自然史を変えたと教えられてきました。そして、それを盲目的に教えられたのです。それを証明するデータは与えられていません。ワクチンは非常に効果的で安全であり、ほとんどすべての感染症の自然史を変えたと思われているだけなのです。

しかし、実際に見てみると、それは真実から大きくかけ離れています。はしか、おたふくかぜ、風疹、水疱瘡など、ほとんどの病気はワクチン接種の導入前に大幅に減少していましたし、その理由は清潔な水、衛生環境、より良い衛生状態といった単純なものでした。これらの介入は、ワクチン接種よりもはるかに大きな効果を感染症に及ぼしたのです。

確かに天然痘ワクチンは大きな効果をもたらしました。しかし、私たちの子どもたちは30種類ものワクチンにさらされています。その多くは効果がないことが分かっています。その多くは安全ではありません。そして、驚くべきことに、本当に驚くべきことに、これらのワクチンのどれもが、無作為プラセボ対照試験でテストされたことがなく、その安全性が評価されたことがありません。一度もです。そして、ワクチンに含まれているのはアルミニウム化合物です。アルミニウムを添加する理由は、これらの死んだワクチンの多くは、注射しても免疫反応が起きないからです。

ヤキレック

従来のワクチンだけの話ですか?

マリック博士

従来のワクチンです。

ヤキレック

続ける前に、このような方法でテストされたワクチンはないと言っているのですか?

マリック博士

そうです。

ヤキレック

ゴールドスタンダードでは。

マリック博士

無作為化対照のゴールドスタンダードです。実際には2つの研究があります。1つはガーダシル・ワクチンですが、彼らは嘘をつきました。彼らは、患者を活性ワクチンとアジュバント(アルミニウム)、またはプラセボ(生理食塩水)に無作為に割り付けたと言いました。人々はそう考えたのです。

しかし、実際にはプラセボ群にはアルミニウムのアジュバントが投与されました。プラセボは投与されませんでした。このアジュバントが、自己免疫疾患や炎症性疾患を引き起こすのです。ガーダシルとプラセボの副作用を比較すると、副作用は全く同じです。なぜか?なぜかというと、どちらもアルミニウムを含んでいるからです。

メルク社はこれまでにない新しい種類のアルミニウム化合物を使用し、それが実際にワクチンに含まれるアルミニウムであるという非常に良いデータがあります。完全に無作為化された対照試験が1つあり、参加者に活性ワクチン、アジュバント、生理食塩水を投与しました。1つの試験です。これは100匹の羊で行われました。なるほど、これは羊ですね。

ヤキレック

どのワクチンですか?

マリック博士

これは特別なもので、羊のためのワクチンでした。青タン病に関係するものでした。基本的に、ワクチンに含まれるアルミニウムをテストするためのもので、アルミニウムは有毒であることがわかりました。この羊は非常に病気の羊になりました。羊の行動が変わり、無愛想になりました。プラシーボ(偽薬)を投与された羊に比べ、多くの羊が死にました。

私の知る限り、羊のワクチンで行われた真の無作為化比較試験はこれだけです。驚くべきことです。ですから、人々はこれらのワクチンは安全で効果的であり、テストされていると考えているのです。それは真実ではありません。

多くのワクチンのアジュバントとして使われているアルミニウムが安全であるという推測は、根拠のないものなのです。それは一度もテストされていません。FDAやCDCは安全であると仮定していますが、一度もテストされていないのです。

そして今、私たちは以前のワクチンについて話しています。新しい実験的なワクチン(仮にそう呼ぶことにします)の話でもないのです。問題は、副作用、発ガン性、妊娠中の人への影響、子どもへの影響、複数の病気を持つ人への影響について、十分なテストが行われていないことです。あらゆる安全対策を迂回したのです。良い動物実験もありませんでした。

私たちはワクチンに何が含まれているのかさえ知らないのです。これは最も驚くべきことです。小瓶の中に何が入っているのかわからないのです、秘密だからです。秘密なんです。つまり、驚くべきことなのです。医師としてアンピシリンを処方するとき、私は分子構造を正確に知っていますし、それがどのように作用するか、その速度論、薬力学、副作用、すべて知っています。しかし、このワクチンについては秘密です。彼らは私たちに教えようとはしません。ワクチンに何が含まれているのかさえもわからないのです。

ドイツのあるグループが、実際に電子顕微鏡で調べたところ、ワクチンにはないはずのあらゆる種類の重金属が検出されました。つまり、私たちは人々が何を注射されているのか、その安全性については全く知らないのです。そして、私たちは今、ワクチンが安全でないこと、効果がないことをはっきりと知っているのです。

ヤキレック

最近、EUの証言でファイザー社の幹部が、自社の遺伝子ワクチンが感染テストを受けたことがあるかという質問に対して、基本的にノーと答えたという爆弾発言がありましたね。これに対して、あなたはどう思われますか?

マリック博士

つまり、彼らはワクチンに関して、すべて嘘をついてきたのです。私たちは、腕に注射をすると腕の中に残ると聞かされていました。それが完全に誤りであることが今判明しています。全身に分布しているのです。

最近の研究では、母乳にmRNAが含まれていることが確認されています。つまり、全身に行き渡ることが分かっているので、あれは嘘だったのです。病気の感染を防ぐと言われましたが、これも嘘です。入院のリスクを減らすと言われましたが、それも嘘だとわかっています。

ヤキレック

ちょっと待ってください。入院のリスクを減らすというのは、私が真実だと思っていたことです。そうではないのですか?

マリック博士

実際に今データを見てみると、ほとんどすべて・・・嘘の部分です。国民健康保険制度を見ると、スコットランドのデータを見ると、2種混合ワクチン、3種混合ワクチン、4種混合ワクチンでは、未接種者よりも入院のリスクが高いんです。これは本当に驚くべきことで、実際に、免疫系に影響を与えるため、これはイスラエルのデータであり、ヨーロッパ諸国のデータであり、英国のデータでもあります。ワクチンを接種すればするほど、COVIDにかかるリスク、COVIDで入院するリスクは高くなります。そして、これは作り話ではありません。

ヤキレック

すみません、私は、病気にかかる、病気になります、という点では、この負の効能を認識していましたが、重篤な転帰は、これらのワクチンが実際に行う、最後の効能であるはずでした。

マリック博士

そうです。私たちにはわかりません。要するに、オリジナルの武漢の変異株では、重篤な合併症のある人には効果があったかもしれませんが、それはわかりません。

しかし、現在、このワクチンは全く効果がありません。つまり、先祖返りの株なのです。彼らはもう存在しないウイルスを使用しています。存在しないのです。存在しないウイルスに対してワクチンを接種しているのです。死亡率を減少させたという考えには大いに疑問があります。

ヤキレック

しかし、現在ではこの新しい二価ワクチンがあり、これはオミクロン変異株にも効くとされています。

マリック博士

そうです。幸いなことに、私の理解では、このワクチンは8匹のマウスで広くテストされ、実際、8匹のマウスすべてがオミクロンを獲得したのです。つまり、抗体反応は起こしましたが、この8匹のマウスをオミクロンの感染から守ることはできなかったのです。つまり、このワクチンの科学的評価はその程度なのです。

ヤキレック

この新しいワクチン・プラットフォームは、まだ十分にテストされておらず、内容も明らかになっていませんが、8匹のマウスへの注射を基に承認されるというのは、いったいどういうことなのでしょうか?

マリック博士

そうです、私は、これらの機関が捕らえられていることを物語るものがあるとすれば、それは、基本的に機関が大手製薬会社の望む通りに動いていることを物語るものだと思います。

もう一つ例を挙げましょう。レムデシビルという薬があります。レムデシビル、それは効きません。効かないことは分かっています。毒性が強いことも分かっています。WHOはその使用を禁止しています。ですから、彼らは主人である大手製薬会社に従うために規則を曲げているのです。

ですから、規制機関の構造を変えなければならないのです。規制機関は、規制機関を支配している業界を規制するためのものであり、これを変える必要があるのです。完全に財務的なものでなければならず、利益相反は許されないのです。

ヤキレック

ホワイトハウスのCOVID-19対応コーディネーターであるAshish ジャー博士は、ワクチンによる深刻な副作用はないと言っていますね。これは直接の引用です。どう思われますか?

マリック博士

ええ、これは驚くべきことです。つまり、あのような人物が実際にそのような誤情報を提供することができるというのは、驚くべきことです。私は真実を伝えようとしているので、誤情報主義者とみなされるのですが、それは明らかに嘘です。

どうして嘘だとわかるのか。実は、ファイザー社自身のデータからなんです。情報公開法に基づいて、75年間隠されていたデータが初めて公開されました。

最初の90日間で、ワクチンに直接関連する死亡者が1,124人、そして42,000件以上の有害事象、その多くが重篤な有害事象であることがわかっています。そして、有害事象に関連する条件をリストアップしています。8ページにもおよびます。ですから、有害事象がなかったと主張するのは嘘です。

つまり、私たちは、このワクチンが安全でも効果的でもなく、非常に深刻な有害事象が発生したことを、その3カ月後には知っていました。そして、その時点で、このプログラムを停止するのに十分な情報がありました。

有害であることが判明したワクチンで、以前にも行われました。しかし、このデータは隠蔽されました。ですから、疑う余地はないのです。このデータは現在、誰でも見ることができるように公開されており、ファイザー社のワクチンに関連した死亡者数および重篤な有害事象の数が明確に記載されています。

ヤキレック

最も一般的な有害事象は何ですか?

マリック博士

そうですね。実はこれは非常に興味深い質問です。というのも、ワクチンによる有害事象は、長い間でいくらか異なっているからです。スパイク・プロテインは、おそらく人体にとって最も毒性の高いタンパク質の1つです。

まずファイザー社のデータ、そしてアメリカとドイツで行われたワクチンの有害事象に関します2つの独立した調査から、実に多くのデータが得られています。そして、有害事象の80%以上が神経学的なもので、これがこの病気をこれほどまでに破壊的なものにしているのです。

この病気の最大の特徴は、神経学的な障害があることです。最も一般的なのは、圧倒的な疲労感と倦怠感、そしてブレイン・フォグです。つまり、思考力、認知能力、人間としての正常な機能が損なわれてしまうのです。そして、末梢神経障害と呼ばれる、神経線維に対する抗体ができて、ひどい射撃痛、知覚異常、足のしびれ、ひどい痛み、焼けるような痛みなどが起こり、非常に大きな障害となります。これはよくあることです。

そして、明らかに心筋炎があります。これは隠すことができません。特に若い男性がかかりやすく、何らかの理由で心筋炎を発症しやすいようです。その他にも、さまざまな病気があります。耳鳴りと呼ばれるひどい耳鳴りがします。視覚障害もあります。歩行にも問題が出てきます。つまり、スペクトラムなのです。

実際、ワクチンに関連するさまざまな病状を説明したピアレビュー論文は 2000件以上発表されています。しかし、残念ながら、最も深刻なのは神経学的なもので、人々の仕事、通常の機能、歩行の能力を妨げてしまいます。つまり、これらは本当に深刻な合併症なのです。

ヤキレック

聞くところによると、COVIDと呼ばれる長期の症状には、ブレインフォグや疲労感などもあるそうで、重複しているようですね。そしてもちろん、予防接種を受けた人がCOVIDになりやすいという相互作用の可能性もあります。つまり、二重苦になる可能性があるのです。このような現象が観察されたのか、あるいはそれを測定する方法があるのかどうかは分かりませんが。

マリック博士

その通りです。おっしゃるとおりです。基本的には、スパイクプロテインの負荷と関係があります。スパイクプロテインの量が多ければ多いほど、合併症や臓器不全、死亡のリスクが高くなります。では、どうすればスパイクを増やすことができるのでしょうか?ワクチンを接種すればするほど、スパイクは増えます。しかし、コビッドを接種し、すでにワクチンを接種している場合は、さらにスパイクが増えることは明らかです。

コビッドに感染した場合は、早期に治療することです。なぜなら、早期治療の理由のひとつは、早期に治療すれば、スパイクプロテインの負荷を抑えることができるからです。つまり、合併症を引き起こすのはスパイクプロテインであり、スパイクプロテインの負荷なのです。

ですから、おっしゃるとおり、Long-COVIDワクチンを打ったほうがいいという誤情報がありましたが、それは一番いけないことで、スパイクプロテインの負荷がさらに増えてしまうからです。ですから、Long-COVID場合は、絶対にワクチン接種を避けた方がいいのです。

ヤキレック

なるほど、これは魅力的な話ですね。この病気の原因はすべてスパイクプロテインの負荷であることを示す証拠が存在するのですが、説明してください。

マリック博士

スパイク・プロテインは体に何をするのか。恐ろしいことをいくつもします。ひとつは、炎症促進作用です。食細胞と呼ばれるものに取り込まれ、脳の細胞、心臓の細胞、体中の細胞で、深刻な炎症を引き起こします。血管を覆っている細胞にも取り込まれます。

コール博士はすでに傑出した病理学者で、私たちの学会にも参加する予定ですが、明らかに病理学的な標本を作りました。詰まっています。細胞はスパイクプロテインで詰まっているのです。ですから、スパイクが腕の中にとどまっているという考え方は間違っています。

スパイクは循環して、プロ貪食細胞、つまり脳のミクログリア細胞に行き、炎症を起こします。そして、内皮細胞へ行き、内皮に悪い影響を及ぼします。内皮は血管を覆っています。

それでどうなるのか。血管を収縮させ、血液凝固を引き起こします。つまり、血流を阻害するのです。血流が妨げられると、いわゆる梗塞になります。血管が供給している組織が死んでしまうのです。ですから、スパイクにさらされた人の脳には、高感度MRIで調べると微小な梗塞があることが分かっています。これが1つのメカニズムです。

もうひとつは、信じられないかもしれませんが、スパイクを製造する際に、2種類の外来タンパク質を混入させたことです。一つはアミロイドタンパク、もう一つはプリオンタンパクです。プリオンは狂牛病のことです。

このワクチンを設計する際に、スパイクプロテインの受容体結合ドメインにプリオンを追加したのですが、そうすると、ACE2受容体により熱心に結合するようになります。つまり、このワクチンを接種した人は、プリオン病、つまり狂牛病にかかる危険性が非常に高くなるのです。実際、狂牛病の症例は数多く報告されています。

狂牛病にはアミロイド蛋白が含まれています。この血栓は非常に不思議なもので、非常に繊維状で、分解されにくく、アミロイドを有しています。これがメカニズムの一つです。

もうひとつは、ワクチンで傷ついた人によく見られる、自己免疫と呼ばれるものです。スパイクプロテインのドメインのいくつかは、宿主の抗原に非常によく似ています。これは分子模倣と呼ばれるものです。つまり、宿主がスパイクに対して免疫反応を起こすと、同時に宿主自身の組織に対する抗体が作られ、宿主は自分自身を攻撃していることになります。

つまり、宿主は自分自身を攻撃しているのです。ですから、これは完全な猛攻撃なのです。スパイクは炎症を引き起こし、スパイクは血液凝固を引き起こし、スパイクはアミロイドやプリオン病を引き起こし、スパイクはこれらすべての自己免疫疾患を引き起こすのです。あらゆる角度から猛攻撃を受け、それはスパイクが行うことのほんの始まりに過ぎません。スパイクが増えれば増えるほど、炎症も増えるようです。

病理医は組織を見ることができるので嘘をつきませんし、私もコール博士のスライドを見たことがありますが、スパイクプロテインを見ると驚きます。内皮細胞にびっしりと詰まっていて、つまりは血管に影響を及ぼしているのです。

また、これはパターソン博士の恐ろしいデータですが、循環白血球を調べました。コロナワクチン接種から18カ月後、循環白血球にはまだ細胞内にスパイク状のタンパク質があることを発見したのです。つまり、その影響は壊滅的で長期にわたるものであり、私たちにはわからないのです。

卵巣に行き、おそらく卵子を死滅させるのでしょう。女性は生まれながらにして有限の数の卵子を持っています。精子のように分裂するわけではありません。生まれつきの卵子の数は決まっていて、それしかありません。これはよく研究されたデータですが、2022年にヨーロッパの複数の国で出生率が大幅に低下しました。20~30%の減少で、出生率と生児数が突然減少しました。

つまり、スパイクはあらゆるところに行き渡るのです。体内のあらゆる臓器に行き渡り、壊滅的な影響を与えるのです。

ヤキレック

それで、あなたのグループは現時点で何人のワクチン傷害者と何人のLong-COVID患者を治療したのですか?

マリック博士

ええ、ですから、私個人は治療していません。FLCCCは情報提供、教育機関です。私たちの目標は、患者さんに情報を提供し、医師に情報を提供し、医師を教育することです。ですから、私たちが直接患者さんを治療することはありませんが、私たちのグループには患者さんを治療する仲間もおり、コーリー博士もその一人です。

しかし、実際に保守的な統計を見ると、これが恐ろしい理由なのですが、まず、連邦政府はワクチンによる負傷者を実体として認めていないのです。ですから、ワクチンで傷ついた貧しい人たちは、間違いなく、リソースが限られていて、ほとんどの医師が「何が悪いのかわからない」と言うでしょう。みんなそう言われるんです。ですから、医療を拒否され、補償を拒否され、治療を拒否されるのです。

ですから、数字がわかりにくいんです。VAERSのデータを使えば、100万人を超えると思われます。ファイザーのデータを見ると、200万から300万人以上です。ポルフィッシュという、独自にワクチン接種者を調べてインシデントを見た調査があります。6.8%でした。つまり、この国のワクチン接種者数に外挿すると、この国だけで、1000万から1500万人のワクチン傷害者がいるという話になるわけです。

これは人道的な大惨事です。100万人であろうと1000万人であろうと、私たちは大規模な医療破局に直面していると思います。なぜなら、このように大量のワクチン傷害者がいるのに、医療界は無視し、敬遠しているからです。というのも、ワクチンで傷ついた人たちは、医療界から無視され、敬遠されているからです。ですから、ワクチンによる傷害の結果は、Long-COVID場合の結果をはるかに上回ると私は考えています。

もちろん、長期のCOVIDは大きな問題ですが、その重症度は。..長期のCOVIDは一般的に良くなり、自己限定的になります。先ほど申し上げたように、ワクチンで傷ついた人の多くは重度の神経障害で、車椅子に乗っている人も少なくありません。そのため、私たちはこのカンファレンスを開催しています。私たちのカンファレンスは、基本的に医師がスパイク関連疾患をどのように管理するかを教えるためのものです。

私たちは、あらゆる分野に目を向けています。もちろん無作為化比較試験はありませんから、私たちのMATHプロトコルと同じように、基礎科学、臨床観察、患者の反応、そしてワクチンによる負傷者の治療に対する私たちの合理的なアプローチをまとめました。もちろん、より良いデータが得られれば、これは時間とともに進化していくでしょう。

しかし、この人たちを無視することはできません。つまり、何もしないでいられるわけがないのです。どうして「これが何だかわかりません、治療できません」と言えるのでしょう。それは非人間的で残酷なことです。私たちはこの人たちを治療しなければならないのです。この人たちは、本当の意味でのインフォームド・コンセントなしに、自分たちは社会に貢献しているのだと信じてワクチンを接種したのです。

ヤキレック

少なくとも、彼らに起こっていることが現実であることを認めるということです。

マリック博士

そうですね、その通りです。Ashish ジャーの「ワクチンによる傷害はない」という発言は、まったくもって笑止千万、恥ずべきことです。つまり、私たちは真実を直視しなければならないと思います。患者さんたちは嘘をついているわけではありません。作り話でもないこの人たちは重傷を負っていて、それを検査する客観的な手段があるんです。つまり、彼らが発症した自己抗体のすべてを見ることができるのです。普通の人はこんな奇妙な抗体を作らないから、何かとても不吉で悪いことが起こっているんです。そして、もちろん、彼らの体内にはスパイク状のタンパク質がすべて存在しています。

ヤキレック

先ほども少し触れましたが、このことから初期の治療プロトコルの話に戻ります。2020年3月に設計され、それ以来磨きをかけてきたこれらの初期治療プロトコルは、今日の治療の多くに影響を与えています。

マリック博士

そうですね。早期治療の問題のひとつは、炎症とウイルスです。先ほど申し上げたように、ワクチンが傷害を受けた場合、炎症と自己抗体が大きな問題となります。幸いなことに、イベルメクチンは注目すべき薬です。馬の駆虫薬と同じように、人々はイベルメクチンを馬鹿にしています。

もしCOVID用の薬剤を設計するとしたら、それはイベルメクチンと全く同じものになるでしょう。どんな薬でも必要とされる特性をすべて備えています。抗ウイルス剤なので、あらゆるRNAウイルスに効きます。これは疑いようのない事実です。抗炎症作用があります。これは確かです。イベルメクチンが非常に強力な抗炎症剤であることを示す研究が複数あります。

オートファジーと呼ばれるプロセスを刺激し、治癒のプロセスにおいて非常に重要で、患者がスパイク状のタンパク質を除去するのを助ける主要なメカニズムの一つであることが分かっています。イベルメクチンは、信じられないかもしれませんが、オートファジーを活性化します。

もうひとつ重要なことは、イベルメクチンがマイクロバイオームを変化させ、改善することです。私たちは腸内にすべての細菌を持っていますが、何が起こるかというと、ワクチンに含まれるCOVIDが、あなたのマイクロバイオームを非常に好ましくない形で変化させるのです。非常に好ましくない。マイクロバイオームに大きな変化をもたらし、それ自体が深刻な結果をもたらすのです。イベルメクチンは、マイクロバイオームの回復を助けます。

イベルメクチンは安全で、初期のCOVIDにも、傷ついたワクチンにも効く、多機能な薬なのです。イベルメクチンの販売で儲かることはまずありません。誰も儲けようとはしません。人々は、「利益相反があるのでは?イベルメクチンを売ってるのですか」?いいえ、これは安価なジェネリック医薬品です。WHOは実際に1錠2セントのイベルメクチンを手に入れた。2セントです。つまり、そんな安い薬でどうやって儲けるんでしょうか?

ヤキレック

ここで話しているように、あなたは医療機関の絵、非常に不穏な絵を描いていますね。いくつか質問させてください。1つは、少なくともあなたのような考えを持つ医師が少ないのはなぜですか?

マリック博士

私にとって非常に不可解な質問です。なぜでしょう?つまり、私には真実を語る以外の理由がないのです。誤情報を広めて何になるのでしょう?私はこれまでずっと真実を追究してきました。それが私たちの仕事です。私たちが理解できる限りの真実を伝えます。そして、目を見開いて何が起こっているのかを理解しようとする医師が、なぜこれほどまでに少ないのか、私には驚くべきことなのです。

なぜ、ほんの一握りの医師だけなのでしょうか。なぜ一握りの医師だけなのですか。おそらく、医師がただ従うだけの医療の時代になっているのだと思います。これは医学部でのトレーニングの一部で、レミングになるのです。ただ従うだけなのです。自主的に考えるというプロセスが失われているのです。

これは研修医にも見られます。彼らは考えることができないのです。両耳の間の物質が活用されていないのです。言われたことをそのまま口にするだけです。プロトコルに従うだけです。思考しないのです。ですから、それが原因の一つかもしれません。

何かが間違っています、何かが正しくない、と疑っているのかもしれませんが、自分のキャリアを恐れているのでしょう。医師が医師免許を失うと、基本的にキャリアが途絶えてしまうのは明らかです。ですから、恐れの要素もあるかもしれません。

3つ目は、単に無知であること、つまり、理解できない、知りたくないということなのかもしれません。また、医学雑誌に惑わされることもあると思います。私も以前はその部類に属していました。医学雑誌に書かれていることが真実であり、非常に尊敬されている医学雑誌が真実を語っていると考えていました。しかし、今では、それは完全に誤りであり、医学雑誌に書かれていることは本当に信じられないということが分かっています。医学雑誌が信じられなければ、誰が信じられるというのでしょうか。

ですから、医師は心を開いて、批判的に考える必要があるのです。彼らがよくやるのは、論文の要旨の結論の段落を読んで、それに基づいて評価することです。そして、その結論はいつも作為的で、論文の内容を反映していないのです。ですから、特に利益相反がある場合は、発表された内容を非常に疑わなければならないと思います。

製薬会社がデータを操作していることは知っています。彼らはデータを隠します。ゴーストライターに論文を書かせるのです。医学雑誌は本当に信用できないのです。マーシャ・アンジェルは、ニューイングランド・ジャーナルの編集長を何年も務めた英雄です。彼女は2004年に本を書き、基本的に医学雑誌は信用できない、医学委員会や組織も信用できない、なぜなら彼らは大手製薬会社に取り込まれているからだ、と述べました。

多くの医師が沈黙しているのは、様々な要因が重なっていると思いますが、彼らは真実を直視する必要があると思います。そして、誤情報の陰に隠れるのをやめる必要があるのです。

ヤキレック

おそらく自分が何に巻き込まれるのかさえわかっていなかったと思いますが、非常に早い段階で踏み出したことで、どのような結果に直面したのでしょうか?

マリック博士

おっしゃるとおりです。2020年3月にこれを始めたとき、正直に言うと、私は完全に世間知らずでした。何が起こっているのか、これがどこに向かっているのか、まったくわかりませんでした。しかし、明らかに時間が経つにつれて、他の意図があり、悪の勢力があることが明らかになり、私としては黙殺されたのです。

結局、私は仕事を辞めざるを得ませんでした。アメリカの医学委員会は私の後を追っています。バージニア州委員会も私を追及しています。医学雑誌も私を追いかけています。つまり、真実を語ろうとすると、追及されるのです。私は誤情報主義者と思われていますが、私の目的はただ一つ、科学的真実を語ることなのです。

ヤキレック

このような状態をどのように改革していくのか、お聞かせください。

マリック博士

道はほとんどないと思います。より多くの人々、世界の人々、私たちの仲間が、何が起こっているかを知る必要があるように、私たちは真実を広める必要があると思うのです。医師には、何が起こっているのかについて教育する必要があります。そして、代替医療制度が生まれると思います。多くの点で失敗しています。ですから、代替医療を提供する方法が生まれると思います。

そして、最も重要なことは、機関の運営方法を完全に改革することです。議会はこれを変えなければならないと思います。製薬会社と規制当局の間の持ちつ持たれつをやめ、規制当局は本来の目的である規制を行うべきでしょう。規制するはずの機関にコントロールされるのではなく、利益相反があると思われる場合は、どの機関でも働く資格を喪失させるべきでしょう。

ですから、多面的な対策が必要だと思います。人類を教育する必要があります。医師を教育する必要があります。製薬会社に振り回されるのではなく、健康や福祉、ウェルビーイングを促進するための代替医療制度が必要なのです。驚くべきことに、アメリカは世界の人口の5%しかいないのに、世界の処方箋薬の50%を消費しているのです。50%. アヘンは80%消費しているのです。

この国では、病気を治すわけでもない処方箋薬を使うことに執着しています。病気を治すものではありませんが、慢性的な薬物中毒を引き起こしているのです。つまり、ライフスタイルの変化や健康的な食事、健康的な生活に焦点を当てるのではなく、効き目がなく、副作用もある薬を使うことに執着し、人々は一生薬漬けになるのです。ですから、医療の機能を変える必要があると思うのです。

ヤキレック

ええ、つまり、あなたは早い段階で太陽の光について言及しましたね?ビタミンDだけでなく、赤外線で起こるミトコンドリアの活性化というのがあるんですが、それについては最近知ったんです。すごいことです。母の言う通り、太陽の光を浴びるといいんですね。いや、これは、あなたはここで非常に、非常に深い問題を提起しています。

マリック博士

私たちは基本に立ち戻らなければなりません。加工食品ではなく、丸ごと本物の食品を食べること。運動すること。外を歩くこと。太陽の下を歩きます。親切で人道的人間であること。私たちは人間性を回復し、基本に戻る必要がありますが、それは失われてしまったようです。

あなたができる簡単なライフスタイルの変更があります。ただ誰かを抱きしめる。愛情を示すだけでいいのです。社会的距離を置くことは矛盾しています。距離を置いていたら、どうして社交的になれるのでしょうか?私たちは、愛と思いやりと愛情を示し、仲間を大切にする必要があるのです。

ヤキレック

最後に、もし自分がワクチンを接種したと思っている人、あるいは接種した人を知っている人がいたら、どこに連絡を取ればいいでしょうか?また、誰に相談すればよいのでしょうか?

マリック博士

私たちのウェブサイトFLCCC.netには、ワクチンによる傷害を治療するための全プロトコルが掲載されており、これが最初のリソースになると思います。そして、そのような患者を受け入れてくれる臨床医を見つけることです。

最も重要なことは、こうした患者のほとんどが敬遠されることです。見放されてしまうのです。「これはワクチンによるものではない」と言われるのです。ですから、私たちは医師を教育する必要があるのです。この会議の最大の目的は、ワクチンによる傷害の広さと深さ、そしてその治療法について医師を教育することなのです。

医学の世界では、多くのことがそうであるように、長引けば長引くほど治療が難しくなります。そして、多くの患者は、本当に驚くべきことに、ワクチンと健康状態の変化との間に関連性を見出さないのです。つまり、奥さんがワクチンを接種した同僚と話していたのですが、彼は私にこう言っているのです。「あのですね、彼女の思考回路や考え方が、以前とは違ってきているんです。彼女は痴呆症になりつつあると思います。」と。私は「ワクチンの影響だと思いますか?」と言いました。すると彼は「よく考えてみれば、そうです、その通りです」と言うんです。

多くの人が健康上の問題、心臓の問題、精神的な問題を抱えながら、それをワクチンと結びつけて考えていないのだと思うのです。ですから、健康状態の変化とワクチン接種の間の時間的な傾向を見る必要があり、そうすれば、ワクチンによる傷害ではない可能性が高くなると思います。

ヤキレック

このような詳細を理解してくれそうな医師にアクセスできない人が、医師とつながる方法はあるのでしょうか?

マリック博士

私たちは直接患者さんを治療することはありませんが、コロナワクチンによる傷害を管理する医師が全国にたくさんいます。ですから、私がお勧めするのは、ウェブサイトからお住まいの地域の医師のリンクを見て、ワクチンによる傷害を管理する準備ができている医師を見つけることです。これが私の一番のアドバイスです。

いくつかのグループがあります。おそらく、この国で最も活発なのはReact 19だと思います。リアクト19。ワクチンによる負傷者を支援するための非営利団体です。それが彼らの活動です。React 19は、プロバイダーとリンクする手助けをすることができます。

ヤキレック

さて、ポール・マリック博士、この番組に出演していただき、とても光栄です。

マリック博士

そして、このような議論ができたことは、私たちにとって大きな意味があります。私はすべてを知っているわけではありませんし、すべてが正しいとは限りませんが、少なくとも私たちはオープンな議論ができますし、それが重要なことだと思います。

ヤキレック

ポール・マリック博士と私の「American Thought Leaders」にご参加いただき、ありがとうございました。司会のヤン・ヤキレックです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました