エポックタイムズパンデミック・ポストコロナワクチン医療・製薬会社の腐敗研究方法・科学全般

マーティン・クルドルフ博士:公衆衛生資金の「カルテル」を解体し、開かれた科学的探求を復活させる方法

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Dr. Martin Kulldorff: How to Dismantle the ‘Cartel’ of Public Health Funding and Rekindle Open Scientific Inquiry

www.theepochtimes.com/mkt_app/dr-martin-kulldorff-how-to-dismantle-the-cartel-of-public-health-funding-and-rekindle-open-scientific-inquiry_4373507.html

「新しいアイデアは、常に科学の周辺から生まれます。ですから、私たちは新しいアイデアの出現を奨励しなければなりません。科学が教義を持つ宗教になってはいけないのです」

ヒルズデール大学のCensorship of Science会議で撮影されたこのエピソードでは、疫学者、生物統計学者、ハーバード・メディカル・スクールの元教授であるマーティン・クルドルフ博士と対談しています。クルドルフ博士は、「グレートバリントン宣言」の共著者で、隔離ではなく弱者への「重点的保護」を主張した人物です。

クルドルフ氏は、科学界の政策、研究資金、キャリアアップを支配する「権力の中枢」と見られるものを論破します。

「ファウチ博士は、世界で最も大きな感染症研究資金の塊の上に座っているようなものです。だから、パンデミック戦略に関する彼の見解に反対するのは、ちょっとした勇気が必要なのです」。

KulldorffはBrownstone Instituteの科学ディレクターであり、Hillsdale CollegeのAcademy for Science and Freedomの創設フェローです。

「私は、400年にわたる啓蒙や科学の進歩が終焉を迎えることを非常に懸念しています。そして、それを避けるために、我々は一生懸命に働かなければならないと思います。」

以下は、2022年3月31日に行われたこのAmerican Thought Leadersのエピソードのラッシュトランスコードです。このトランスクリプトは最終的な形ではない可能性があり、更新される可能性があります。

Martin Kulldorff

マーティン・クルドルフ博士、またAmerican Thought Leadersにご登場いただけてとても光栄です。

Martin Kulldorff

本当にありがとうございます。こちらこそ、よろしくお願いします。

Jan Jekielek

実は、今撮影しているように、拡散を遅らせるための15日間が発表されてから、今日で2年間になるのですが、この時点で皆さんの反応を伺うには良い機会だと思ったのです。

Martin Kulldorff

そうですね。2年前から15日間以上経っていると思うので、数学的に問題がある人もいるのかもしれませんね。当時は明らかに、医療制度に負担をかけたくないという理由がありました。つまり、皆が同時に病気にならないように、カーブを平らにすることが重要だったのです。しかし、学校を閉鎖したり、大学を閉鎖したりする理由はありませんでした。

なぜなら、誰でも感染する可能性がある一方で、この病気による死亡リスクには1000倍以上の差があり、入院にも大きな差があることを、当時すでに知っていたからです。ですから、病院の負担を最小限にするために、重要なのは高齢者を守ることでした。

ですから、子どもたちがまだ学校に行っている間に、リスクの高い高齢者を保護することを、最初からもっと行うべきでした。ですから、学校の閉鎖は決してあってはならないことです。このことは、スウェーデンの例からもわかります。スウェーデンでは 2020年の春に大きな第一波がありました。彼らは1歳から15歳までの保育園の閉鎖や制限をすることはありませんでした。そして、18億人の子どもたちの中で、このファーストウェーブでの死者はゼロ、入院もほとんどなかったそうです。

また、スウェーデンは野戦病院を作りましたが、それは使われませんでした。今となっては、そんなことは知る由もないので、そのキャパシティを作ることは良かったと思いますし、カーブを平らにするために、高齢者に細心の注意を払い、レストランや人ごみに行かないように促すことは良かったと思います。しかし、学校を閉鎖したことは、間違った判断でした。

残念ながら、15日間だけであれば、子どもたちへの被害はそれほど大きくはなかったのですが、それが長い間続いてしまったのです。1年以上も学校が閉鎖された子供たちがたくさんいます。そして、2022年の初めにも、学校が閉鎖されたところがありました。これは、子どもたちにとって非常に悲劇的なことでした。これは、私たちが子どもたちから奪ったものであり、二度と取り戻せないものなのです。

Jan Jekielek

これらの政策が発表されたとき、私たちはどのくらい早くスウェーデンのデータを知ることができたのでしょうか、それは、スウェーデンのデータはとても説得力があるように聞こえるからです。

ある時点で、その情報を見て、軌道修正する機会があったかもしれませんね。

Martin Kulldorff

そうですね。私もそうなると思っていました。もちろん、近隣のスカンジナビア諸国や他のヨーロッパ諸国ではそうなっていましたが、アメリカではそうではありませんでした。スウェーデンの公衆衛生局が2020年6月か7月に発表したスウェーデンからの報告書がありますが、その夏の終わりには『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』が、学校閉鎖の賛成と反対の証拠を調べた記事を掲載しましたが、スウェーデンのデータには全く触れていませんでしたから、これはある意味驚くべきことです。

欧米の主要国で学校を開き続けた国が1つあったようですが、それが良いことかどうかの評価で、ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンは、そのデータにさえ触れていないのです。新薬の治験で、比較するプラセボがないようなものです。秘密でもなんでもなく、公開された報告なのですから、なぜジャーナルがそのような情報を記載しないのか、私にはまったくわかりません。

Jan Jekielek

さて、このようなことは、今日お話ししたいことの大きな疑問に間接的につながると思いますが、それは、科学がどのように行われるかということに関する、一種の構造があるということです。特に、私たちは健康科学や公衆衛生といった切り口で見ていますが、あなたは劇的な改革が必要だと主張し、ここ数年起こったことはすべてその指標であると述べています。

Martin Kulldorff

400年にわたる科学的進歩の啓蒙が終わりを迎えるかもしれないことを、私はとても心配しています。科学は重要ですから、そうならないように私たちは懸命に働かなければならないと思います。なぜなら、科学は重要だからです。科学は私たちの文化や文明の重要な一部であり、私たちがどのように生き、どのように推論するかということなのです。

Jan Jekielek

飛び入り参加します。いいですか?ということは、もちろん、とても大きなことなのですが。400年にわたる啓蒙活動が終わりを告げようとしています。具体的にはどのようなことが終わりを迎えているのでしょうか?

Martin Kulldorff

科学のためには、開かれた議論、オープンな考察が必要です。科学者には、あるトピックについて私とは異なる見解を持っていてほしいのです。そうすれば、私は彼らから学び、自分の見解を変えたり、彼らの見解に反論したりすることができます。そして、新しいアイデアは常に科学の周辺から生まれるものです。

今回のパンデミックのように、科学が教義を持つ宗教のようになってはいけません。今回のパンデミックのように、科学が独断専行するようなことがあってはなりません。そして、それに疑問を持つ人々は、検閲されたり、中傷されたり、中傷されたりしました。このようなことは、科学の権威の最上位から起こっているのです。

そして、科学に対する信頼、公衆衛生に対する信頼は悪化しています。それには理由があります。科学的な方法で適切に運用されていないシステムを信用してはならないのです。このパンデミックの大きな致命傷は、死亡したすべての人たちです。しかし、もう一つの致命的な問題は、科学と公衆衛生、そして科学と公衆衛生への信頼です。この信頼を回復するために、私たちは非常に懸命に働かなければならないのです。

Jan Jekielek

システムを信頼しない人々に対する反応の1つとして、あなたのおっしゃるように、誤報との戦いと呼ばれるものにますます大きな焦点が当てられていると思います。この点について、あなたの考えを聞かせてください。

Martin Kulldorff

なぜなら、科学者はもちろん、学術誌も必要ですし、一般の人々も、誰もが自分の意見を述べることが許されるのであれば、誤報警察を設置する必要はないと思うからです。誤報として検閲されたものの、後になってそれが真実であったことが判明することがたくさんあります。これは非常に危険なことです。

科学が誤っていた一例として、COVID感染から回復した後の自然免疫についてです。ですから、2回目に感染しても、今は免疫システムが働いているので、全く感染しないか、軽症ですむかもしれません。このようなことは、紀元前430年のアテネのペスト以来、2500年前からわかっていたことなのです。

それが突然、そうでなくなったのです。私たちはそれを否定したようなものです。窓から投げ捨てたようなものです。2020年の秋に、COVIDから回復した後に自然免疫に疑問を呈する嘆願書を書き、イギリスの最も有名な医学雑誌の1つであるLancetに掲載された科学者の大集団がいるのです。現在、その請願書の署名者の一人であるCDCの長官がいます。

COVIDから回復した後、自然免疫を認めないCDC長官がいるということは、かなり驚くべきことです。そして、ワクチンによる免疫よりも優れたCOVIDから回復した自然免疫を持つスタッフを解雇する大学や大学の学長や病院の学長、有名な大学病院の学長などがいることは、かなり驚くべきことなのです。

だから、その代わりに、病院はこういう人たちを雇うべきなんです。COVIDから回復した看護師を雇い、最も敏感な患者、老人病棟やICUの高齢者に使うべきなのです。なぜなら彼らは、私たちが守るべき高齢で体の弱い患者たちにCOVIDを広める可能性が最も低い人たちだからです。

ですから、大学や病院が、この病気を広げる可能性が最も低いスタッフを解雇するというのは、私には理解できないのです。

Jan Jekielek

もちろん、一般的な状況として、病気があるとき、誰かがその病気にかかり、それを乗り越えて、免疫を得るということがあります。つまり、COVIDが異常値なのではないかという指摘がありました。素人目には、そうだ、自然免疫が起こるのだ、と思い込むのは必ずしも明らかではないと思うのですが、いかがでしょうか?なんで2500年も納得してるんだ、みたいな。

Martin Kulldorff

まあ、ほとんどの感染症がそうなんですけどね。例えばエイズのような例外はありますが、私たちの免疫システム全体がそのようにできているのです。COVIDに関しては、他に4種類のコロナウイルスが集団で固有に循環しており、その4種類すべてにおいて免疫を持っているのです。ですから、COVIDが違う動きをすると考える理由はありません。つまり、ワクチンの目的は自然感染を模倣することであり、死に至るような悪い結果を招くことはありません。

つまり、ワクチンはあなたの免疫システムを刺激するものです。ですから、もしワクチンが病気から回復するよりも優れた免疫力を発揮するとしたら、それはとてもショッキングなことです。

Jan Jekielek

ええ。

Martin Kulldorff

同じようにできるのであれば、それは非常に成功したワクチンと言えるでしょう。COVIDに関しては、パンデミック開始後3カ月で、少なくとも3カ月は予防効果があることがわかりました。パンデミック開始から6ヵ月後には、少なくとも6ヵ月間の予防効果があることが分かっていました。パンデミックが始まってから1年後には、少なくとも1年間は予防効果があることが分かっていました。

ワクチンを接種する前に、自然免疫とワクチンを比較する研究は当然ながら行っていません。しかし、ワクチン発売から半年後の2021年夏には、例えばイスラエルでの研究により、ワクチンを接種した場合、接種せずにCOVIDから回復した場合と比較して、症状を伴う感染のリスクが27倍高いことが既に分かっていました。

また、入院についても多少異なる数字が出ています。しかし、死亡については、両群ともゼロでした。つまり、ワクチンと自然免疫の両方が、死に対して非常によく守ってくれたのです。もちろん、現在では、ワクチンを接種していても、いずれはCOVIDに感染し、パンデミックは終息することがわかっています。これは私たちが長い間言い続けてきたことですが、ほとんどの人がCOVIDに感染し、自然免疫を獲得した時点でパンデミックは終了し、その後、風土病となり、人々はまだ感染していることになるのです。

しかし、その後、免疫力が非常に低下します93歳まで穏やかに推移し、例えば、5回目の感染でCOVIDで死亡する可能性もあります。

Jan Jekielek

今日も、私が知る限りでは、自然免疫に疑問符がつくのはどうしてでしょうか。

Martin Kulldorff

科学的な構造が壊れ、科学が壊れ、公衆衛生が壊れているのだと思います。いろいろな側面があるのでしょう。そこで、科学的なキャリアを積むという意味で、一歩踏み込んで、科学がどう動いているかを見てみることにします。そのためには、3つの柱があります。1つは、科学的なキャリアを積むには、科学論文を発表し、それを履歴書に記載する必要があります。そして、それによって科学者としての地位を確立するのです。

先ほどお話した『ランセット』もその一つです。ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンも、より権威のある雑誌です。そして、そこにはもちろん編集者がいますし、誰が掲載されるか、何が掲載されるかを管理する査読者がいます。

科学の各分野には、それぞれ小さなグループがあります。私の同僚でオックスフォード大学のスネトラ・グプタ博士が言うには、カルテルのようなもので、彼らが論文を使用し、副編集長などになっているのだそうです。キャリアを積みたいのであれば、こうした雑誌に掲載されることが重要です。

そして、もうひとつは研究費です。研究を行うには資金を得る必要がありますが、履歴書に書くには、例えば国立衛生研究所から資金を得られるだけの科学力があることを示す必要があります。このように、研究者として研究費を獲得することが、2本目の足というか、2番目の部分です。

そして、3つ目の足が、大学が管理するプロモーションです。これが最も分権化されているものです。しかし、そこしかし、他の大学の同じ分野の人たちからの推薦状や評価状が必要です。つまり、助成金を評価するのも、一流誌に掲載される研究者を評価するのも、昇進するのも、同じグループの人たちなのです。ですから、科学で成功するためには、そのような集団の一員にならなければなりません。

その結果、集団思考が生まれ、グプタ博士の言う「カルテル」を支配する上級研究者に反するような意見を、あえて端っこやフリンジに出そうとしなくなるのだと私は思います。グプタ博士が「カルテル」と呼ぶものを牛耳る幹部たちが、それに反する意見を言うのです。感染症技術の各分野には、このような集団が存在するのです。これは医学や公衆衛生だけでなく、他の分野でも同じです。

ある分野では、非常にオープンマインドで、新しいアイデアや新しいことに取り組む人たちがいるので、これは完全にうまくいくと思います。他の分野では、あまりうまくいきません。というのも、コントロールする側の人間が、自分の意見を守ろうとしたりすることがあるからです。

つまり、科学の分野によって異なるのです。つまり、科学の中央集権化のようなものになるのです。実際、パンデミックの際には、アメリカやイギリスといった科学大国ではなく、カタールやイスラエル、デンマーク、スウェーデン、アイスランドといった国から、優れた研究がもたらされました。カルテルから切り離されているわけではありませんが、少し周辺に位置しているのです。特に資金面では、同じジャーナルで出版しなければなりませんが、資金面では少し周辺にいるのです。

これは、アメリカやイギリスの科学の中心地では、このパンデミックに対処するために必要な研究を行ったり、必要な知識を得たりする能力がなかったということの表れだと思います。それは、このカルテルシステムのせいだと少し思います。

Jan Jekielek

まず、行われなかった研究のうち、あなたが当然行うべきであると主張するものから始めましょう。つまり、行われたにもかかわらず、無視された研究もあるのです。これは2つ目の項目で、すでに少しお話しました。しかし、ここでは、実際に行われなかった調査から始めましょう。

Martin Kulldorff

パンデミックが始まってすぐに、治療法を見つけるために必要な研究を行わなかったことです。ですから、他のウイルスやものに使えそうな既存の薬がたくさんあるのです。その多くはジェネリック医薬品で、これらがCOVIDに効くかどうかを迅速に判断するための、しっかりとした無作為化試験は行われませんでした。

小規模な研究はたくさんありましたが、それはNIH(国立衛生研究所)特にNIHの一部である国立アレルギー・感染症研究所の仕事でした。NIHの一部である国立アレルギー・感染症研究所は、そうした研究を行いませんでしたが、行うべきでした。少なくとも12種類の既存薬について、数カ月以内にCOVIDに効くか効かないかを調べるための研究を行うべきでした。

そこで、1つだけ良い研究が行われたのですが、それはレムデシビルの研究でした。なぜかというと、それはプロプライエタリだからです。レムデシビルを所有する会社は、こうしたランダム化比較試験を行うにはお金がかかるので、お金をかけるだけの価値があると判断したわけです。もしCOVIDを治療することができれば、この薬で多くの利益を得ることができるため、それを行う価値があると判断したのです。

結局、非常に堅実な試験で、この薬はあまり効果がないことがわかりました。それでもなぜかFDAに承認されましたが、あまり効きません。しかし、この薬だけは、非常にしっかりした、良い研究が行われました。他の多くの薬についてもそうするべきだったのです。

おそらく、ほとんどの薬は効かないことがわかったでしょう。しかし、効く薬が1つか2つか3つあるかどうかを調べるために行うべきです。そうすれば、さまざまな治療法について、効くか効かないかの意見の相違がなくなるはずです。なぜなら、もし大規模で確実な無作為化試験が1つ行われていれば、どちらか一方に決まっていたでしょうし、特定の薬が効くか効かないかについて言い争う必要もなかったでしょうから。

Jan Jekielek

この点について少しですが、現時点では、有望視されている一連の薬剤があり、そのほとんどは、これらの再利用された薬剤であると理解しています…

Martin Kulldorff

そうですね

Jan Jekielek

…例えば、私が覚えているのは、RCTの規模ではないかもしれませんが、フルボキサミンのような小さなものがあったということです。確か、抗うつ剤でしたよね?ある種のRCTで有効であることがわかりました。しかし、「さあ、みんな、これを使おう」というような形で、すぐに採用されたわけではありません。そうでしょう?

Martin Kulldorff

そうですね。もし大規模なランダム化比較試験が行われていれば、非常に明確な答えが得られ、どの薬が効くか効かないかについて、もっとコンセンサスが得られていただろうと思います。パンデミックが始まってすぐに、こうした研究を始めるべきだったのは、国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長と、NIHのフランシス・コリンズ所長でした。

つまり、私たちが知識を見出すことを確認するのは、彼らの責任だったのです。さて、私たちが研究しなかったものもあります。例えば、小規模の血清有病率調査が行われました。これは、何人がすでにこの病気に罹っているのかを調べるものですが、その人たちが抗体を持っているかどうかをチェックするものです。例えば 2020年の春にスペインで行われた研究では、さまざまな年齢の6万人を無作為に抽出し、非常に優れた研究が行われました。また、スウェーデンやイラン、日本など、他の国でも小規模な研究が行われました。

サンタクララで行われたジェイ・バタチャリヤらによる重要な研究がありますが、これは米国で最も重要な研究だと思います。しかし、これは1つの郡での小規模な研究でした。本来は、全米のさまざまな州、都市、年齢層の人々を無作為に選び、さまざまな時期に継続的なサーベイランスを実施すべきであったのです。つまり、抗体のレベルがどの程度なのかを常にモニターすることです。

しかし、これは公衆衛生の問題なので、NIHの責任ではありません。それはCDCの責任ですが、CDCはそのようなことはしていません。CDCは膨大な資金と予算、そして多くのスタッフを持っているのですから、そのような研究を行うべきでした。パンデミック時のCDCの優先事項の1つであるはずなのに、それをしなかったのです。

Jan Jekielek

今お話を聞いていて思ったのですが、これは一種の連鎖ですよね?もし自然免疫が重要でないのなら、自然免疫がどの程度あるのかを研究することも重要ではないかもしれません。このように、異なる機関が行ったこと、行わなかったことは、孤立したものではないのです。

Martin Kulldorff

そうですね。彼らが何を考えていたのかはわかりませんし、もしかしたら考えていたこととは違うかもしれません。他の国では、こうした血清有病率調査をいくつか行っていましたね。

Jan Jekielek

Sunetra Guptaが「カルテルモデル」と呼んだ、科学を行うためのこのモデルは、集団思考に影響を受けやすいと思います。ある分野を担当するグループが、突然、何らかの理由で特定のことを強く信じてしまったら、そのシステムは崩壊してしまいます。そのため、このシステムを修正する必要があるのではないでしょうか。

Martin Kulldorff

重要なのは、分権化を進め、権力の中枢を持たないようにすることだと思います。例えば、科学研究費に関して言えば、ファウチ博士が世界最大の感染症研究費を握っているようなものです。なぜなら、博士は自分の家族を養うために必要な研究資金や、研究資金に依存している研究室の他のメンバーを支援するための研究資金を使うかもしれないからです。つまり、研究資金を提供する人が戦略の立案者でもあるという利益相反が起きてしまうのです。そうなれば、他の科学者はその戦略に疑問を持つ勇気がなくなるからです。

NIHは連邦政府の研究機関ですから、その違いは歴然としています。ですから、パンデミックに対処するために必要なすべての研究が行われるようにすることに焦点を当てるべきでした。しかし、どのような公衆衛生戦略をとるかという点では、NIHの役割ではありません。それはCDC(疾病管理予防センター)の役割です。

アンソニー・ファウチがCDCの仕事に介入したため、彼の仕事ではないCDCの仕事をすることになったのですが、これは分離されているべきでした。正直なところ、ウイルス学者、免疫学者である彼には、こうしたことに対処する公衆衛生の専門知識はないのです。しかし、彼は自分の仕事をしませんでした。それは、COVIDにどのような治療法が有効か、あるいは有効でないかを調べるための研究に資金を提供することでした。

私は、すべての感染症研究がこのような1つの研究所に集中することは破壊的だと思います。もちろん、研究資金の提供元は他にもいくつかあり、ひとつはゲイツ財団、もうひとつはイギリスのウエルカム・トラストです。しかし、ファウチや、イギリスのウエルカム・トラストを運営するジェレミー・ファーラーは、皆、同じ考えを持っていたのです。ウェルカム・トラストの代表であるジェレミー・ファーラーは、英国政府への主要なアドバイザーの一人であり、英国でのロックダウンの主要な提案者の一人でした。

ゲイツ財団がロックダウンを推進していたことも知っています。そうすると、自分たちの間にコネがあって、お金をコントロールしている人たちは、他の科学者が自分たちの戦略に反対することが非常に難しくなってきました。同時に、他の科学者もその流れに乗り、ファウチやファーラーを支援しようとしました。本当にそう思っているかどうかは別として、おそらくそうなのでしょうが、そのために彼らの意見を支持する動機付けがあったのです。

ですから、研究資金を与えるという点で、少数の権力者が存在しないように、研究資金を分散化する必要があると思うのです。ジャーナルを見ると、あまりいい仕事をしていません。例えば、マスクの場合、COVIDのマスクの無作為化試験が2つ行われています。この2つの研究は、無作為化されているので、最高の研究です。1つはデンマークで行われたものですが、出版するのに非常に苦労しました。トップジャーナルから次のジャーナルへと渡り歩きました。最終的には出版されましたが、最初に送られた雑誌ですぐに出版されるはずだったのです。

問題は、その研究がマスクの効果を示すことができなかったことです。つまり、当時の一般的な考え方に沿っていなかったのです。もう1つの研究はバングラデシュで行われた無作為化試験で、マスクの有効性は0〜18%という結果でした。もちろん、これは非常に低い数値です。例えば、このような低い有効性のワクチンを承認することはないでしょう。

つまり、どちらの研究しかし、マスクによる感染予防の効果は全くないか、非常に限定的であるとされています。ですから、ジャーナルも問題の一部であり、なぜこのようなジャーナルが必要なのかというと、実は分散化させる方が簡単だと思うのです。というのも、なぜこのような雑誌が必要なのかというと、当時は紙媒体のコピーをとって、それをすべての大学の図書館に送る必要があったからです。

他の科学者が何をしているかを知るには、そうする必要があったのです。各大学は自分たちの科学者を出版するシステムを作ればいいのです。そして、もし科学者を雇うのであれば、その科学者が良い研究を発表することを信頼し、それを喜んで発表するようにすべきです。なぜなら、研究を発表させる気がないのに、なぜ誰かを教授として働かせることができるのでしょうか?

ですから、大学が自分の研究を発表していれば、その科学者は遅滞なくすぐにそれを発表すればいいということになり、これは重要なことです。また、どの雑誌に掲載されるかということには、何の威信もありません。ですから、どの雑誌に掲載されたかということではなく、その雑誌が自立していなければならないのです。そしてもちろん……。

Jan Jekielek

科学者のことですね……すみません。そうですよね?科学者はジャーナルからの後押しを必要としません。それって…

Martin Kulldorff

そうなんです。今の仕組みでは、キャリアを積むためには、これらのトップジャーナルで論文を発表する必要があります。そうでなければ、准教授、そして正教授へと昇進することはできませんが、これはある種、人為的なものなのです。各大学に所属する科学者をすべて発表させ、その論文について他の人がどう思うか、引用回数、注目度1,記事にしてもらえるか、ブレークスルーにつながるかどうかで判断すればいいのです。

つまり、プロモーションは本来、実際の科学を評価するものであるべきなのです。しかし、人々は怠惰です。だから、実際に論文を読むのではなく、「ああ、『New England Journal of Medicine』に掲載されたんだから、きっとすごいことなんでしょう」と思ってしまうのです。ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン誌に掲載されたのだから、素晴らしい論文に違いない。しかし、実際にシステムがあれば、もっと早くなるはずです。しかし、もし大学が自分たちの科学者を発表するだけなら、もっと早くなるでしょうし、ジャーナルの刷り込みがなくても論文を判断することができます。

なぜなら、たとえ有名な雑誌であっても、『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』や『ランセット』などの科学誌の間には、質の面で大きなばらつきがありますし、雑誌の中でもばらつきがあり、雑誌の間でもばらつきがあるからです。つまり、本当に良い論文、リーガルサイエンスは、いわゆるローティアジャーナル(lower tier journals)に多く掲載されているのです。一方、上位のジャーナルには、ちょっとイマイチなものもそれなりに掲載されています。ですから、これらのジャーナルの匿名の査読者に、昇進のために必要なこれらのジャーナルで、誰がこれらの論文を掲載されるべきかを決めさせず、よりオープンな査読システムにした方がいいのです。

なぜ「下級」ジャーナルにはより良い作品が含まれるのか

もし大学が自分たちの科学者を出版するのであれば、査読を受けるべきですが、2,3,4人に送ることができるような、オープンな査読を行うことができます。そして、その人たちがコメントをして、これは素晴らしいとか、これはもっとうまくできるとか、これは完全にゴミだとか、いろいろ言うわけです。しかし、オープンな査読を行うには、現在、ほとんど匿名の査読が行われており、あるグループが匿名で他のグループを貶めるような事態を招いていると思います。

Jan Jekielek

つまり、間違っていたら指摘してほしいのですが、現在のシステムでは、政治がそのプロセスに容易に入り込んでしまうということです。

Martin Kulldorff

そうですね、アカデミックポリティクス、つまり学会の中の政治ですね。もちろん、その分野では国政になる可能性もあり、そういう意味合いもありますが、学術的な政治であることは間違いありません。なぜなら、科学におけるブレークスルーは、しばしば周辺部や新しいアイデアから生まれるものであり、中央集権やカルテルは新しいアイデアを阻害するからです。ですから、中央集権的なカルテルを解体し、より分散化する必要があるのです。

もうひとつの問題は、助成金を申請する際に、自分がやりたいことを申請することです。そして、2つの助成金を申請して、1つは採択されたけれども、もう1つは採択されないということがあります。しかし、実は一番興味のない助成金をもらってしまうこともあるのです。そこで、科学者たちは、より面白いことをするために、補助金を横流しするのです。しかし、より良いシステムは、助成金を将来性で評価するのではないと言うことだと思います。科学者を評価するのは、彼らがすでに行ったことのあることであるべきなのです。

過去3年間、あるいは過去5年間に行った研究を評価し、良い研究をしていれば、今後も良い研究を続けてくれると信頼します。もし、いい加減な研究をしていたら、突然、素晴らしい研究をしてくれるとは思えません。

良い研究といっても、必ずしも大きなブレークスルーをもたらす研究というわけではありません。それもまた良い研究です。例えば、糖尿病にはこの薬は使えないというしっかりした研究であれば、この薬は糖尿病にとても良いという研究と同じように良い研究になり得ます。また、私はワクチンの安全性を研究していますが、あるワクチンが何らかの副作用を引き起こすことを発見した場合、それを知ることは重要なことです。

薬を評価するための優れた研究が必要なのはもちろんですが、ワクチンが有害反応を示さないことを知ることも同様に重要です。なぜなら、そうすることでワクチンに対する信頼が高まり、より多くの人が喜んで摂取するようになるからです。良い研究とは、結果に依存するのではなく、どのようにデザインされ、科学的根拠がどれだけしっかりしているかに依存するのです。

Jan Jekielek

さて、早速ですが、どんな研究がなされなかったのか、あるいはなされたのかについて、議論されなかったトピックの1つが、このワクチンの安全性の問題です。ワクチンの安全性に関して、適切な研究が行われなかったという懸念がありますよね。それについてどうお考えですか?

Martin Kulldorff

ですから、アメリカにも他の国々と同様に、ワクチン安全性モニタリングシステムがあります。そして、私たちはそれを最適に利用してきたとは思えません。メディアを見ると、ワクチン有害事象報告システム(VAERSシステム)に注目が集まっていますが、これはFDAとCDCが共同で運営しているシステムです。これはFDAとCDCが共同で運営しているシステムですが、最高のシステムとは言えません。自然発生的な報告ですから、あまり良いシステムとは言えません。つまり、もしあなたがワクチンを接種し、5日後に脳卒中を発症した場合、あなたや奥さん、医師、看護師、いとこがVAERSシステムに報告することができるのです。

しかし、ワクチンを接種した翌週に発症したからといって、脳卒中を引き起こしたのがワクチンであるとは限りません。ワクチンを打った数週間後、あるいは1週間後にたまたま発症したということもあり得ます。つまり、VAERSのシステムは分母となるデータが不足しているのです。さて、ワクチン接種後数分後に起こる事象であれば、あまり問題にはなりません。例えば、ファイザーやモデルナでは、ワクチン接種後、通常30分以内にアレルギー反応であるアナフィラキシーを起こすことが分かっています。VAERSのような自発的なシステムによって、そのような情報を得ることができるのです。

しかし、その他の副反応について本当に知るためには、他の2つのシステムに頼らざるを得ません。1つはCDCのワクチン安全性データリンクで、これは素晴らしいシステムです。電子カルテを見て、この人たちはワクチンを打ったんだな、その何日後に脳卒中になったんだな、心筋炎になったんだな、心臓発作になったんだな、発作になったんだな、などなど正確に知ることができるのです。そうすれば、何人が被爆したのか、何人がこれらの事象を起こしたのか、正確に把握することができるのです。

例えば、今から10年前、MMRVワクチンの麻疹、おたふくかぜ、風疹、水痘は、麻疹、おたふくかぜ、風疹、水痘と別々のワクチンを接種するよりも熱性けいれんを多く発生させるということがわかりました。そのため、1歳を過ぎたら、熱性発作のリスクが高まるので、このMMRV混合ワクチンを接種しないようにという勧告に変わったのです。これは、熱性けいれんのリスクが高まるためで、他のワクチンに比べて深刻な有害事象ではありませんが、それしかし、この種の有害反応は最小限に抑えたいものです。

CDCはVaccine Safety Datalinkを用意していますが、信頼できるデータを公表する代わりに、例えば、ファイザーとモデルナのワクチンが心筋炎を引き起こすことを決定的に示すデータを公表しています。心筋炎はまれな副作用で、若い人に多く、女性よりも男性に多くみられます。

つまり、この副反応は非常に確かな証拠なのです。これは、Vaccine Safety Datalink(ワクチン安全性データリンク)からわかっていることです。VAERSシステムでも報告はありましたが、VAERSシステムからでは、その確かな結論を出すことはできません。しかし、残念ながら、CDCは、VAERSシステムからのすべてのデータを、適切な分母を用いず、因果関係があるかどうかを判断できないまま、公表しています。

同時に、Vaccine Safety Datalinkのデータも厳重に管理しています。同じように、FDAにはBESTシステムと呼ばれる、健康保険の請求データに基づいた類似のシステムがあります。このシステムからは、この件に関するデータはあまり得られていません。心筋炎のように問題があれば報告するシステムも重要ですが、ワクチンの信頼を得るためには、それが原因で何か他のことが起こらないことを示すことも重要だと思います。

ですから、CDCとFDAは、これらの優れたシステムからの結果を非常にタイムリーに報告し、それを継続的に行うことが重要です。そうすれば、私たちは副作用をモニタリングしており、これが発見され、これが発見されなかったということを一般の人々が知ることができます。

Jan Jekielek

つまり、私たちはここに一連のものを見ているのです。先ほどの話を思い出さずにはいられません。やるべきことが、単に行われていないだけの研究もあります。また、何らかの理由で無視されたデータもあります。そして、このような、データが公開されないという状況もあります。データを広く利用できるようにするための規範が何なのか、私にはわかりません。

そこで、この分野に飛び込んで、最適な状況とは何か、その方向へ向かうためにすぐにできることは何か、ということを議論しませんか?

Martin Kulldorff

CDCの研究は、特定の公衆衛生問題を対象とし、現在の現象に関する知識を収集するものだからです。

NIHの場合は、分散化する必要があると思います。科学者が、約束したことを実行するために必要な助成金を得るのではなく、優れた科学者であるために、以前に行った研究に基づいて助成金を得ることができれば、新しい研究課題が出てきたときに、簡単にシフトできるようになります。なぜなら、今は、例えば2年前の2020年3月に研究アイデアがあったとしても、NIHに助成金を申請しなければならず、審査に8カ月もかかってしまうからです。そして、助成金が下りれば、さらに数カ月、あるいは、助成金が下りなかった場合は、再度、申請書を作成し、送付しなければなりません。ですから、プロジェクトを開始するまでに、少なくとも1年はかかることがあります。

しかし、パンデミックのような新しい事態が発生すると、そのような時間はないのです。ですから、もし科学者が、これから何をするかという約束ではなく、これまでの実績に基づいて研究を受けるという状況があれば、今やっていることに重点を置いて、たまたま最も興味深いことにシフトすることが容易になります。科学者は、興味深い問題を見つけ、それを解決しようとすることに長けていると思います。それが科学者の仕事です。

新しい重要な発見をいち早く見つけようとする競争意識は、その意味で優れていると思います。しかし、科学者たちは、これまで助成金をもらってやってきたことをやらなければならないので、それができないということは、NIHやNIAIDが、それらの研究を始めるための資金を迅速に提供しなければならないことを意味しています。200万ドルでも500万ドルでも100万ドルでもいいから、Aという薬がCOVIDに効くかどうかを評価する無作為化試験を早くやってくれませんか」と、基本的にはいろいろな大学の科学者に呼びかけます。しかし、彼らはそれもしませんでした。

つまり、この2つのうちどちらかがCOVIDに効いたと思うのですが、彼らはそれをしませんでした。これは、資金調達の仕組みの失敗であると同時に、新しいものが出てきたときに、科学者が最も重要だと思うことをより自由に行えるようにするという意味しかし、失敗だと思うのです。これはシステム的な問題です。もうひとつは人格的な問題で、NIAIDのディレクターがこれらの研究を立ち上げなかったことです。ファウチ博士は、これらの研究を迅速に立ち上げるための資金を持つ数少ない人物のひとりでしたが、彼はそれをしなかったのですから。これは、ファウチ博士の側しかし、NIHの側しかし、大きな失敗だったと思っています。

Martin Kulldorff

では、他の研究についてはどうでしょうか。今、私たちはどの研究を行うべきか、そしてそれを迅速に行うべきかを話しています。他の分野についてはどうでしょうか?どのようなデータが存在するのか、検討されているのか、わかりますか?例えば、自然免疫の情報とかね。

Martin Kulldorff

それも存在しません。CDCはそのデータを収集しなければなりませんが、NIHのデータとは少し異なり、パンデミックに対する最適な戦略を見出すために必要な情報を集めることになります。CDCには、インフルエンザをモニタリングするためのサーベイランス・システムがあります。CDCは特定の医師と契約し、患者がインフルエンザに感染しているかどうかの検査を行っています。このように、インフルエンザをモニタリングするためのシステムがあります。スペインや他の国で行われているように、血清有病率調査や抗体検査を継続的に行うべきでした。

Bhattacharya博士はIoannidis博士やBendavid博士らと共にサンタクララ研究において素晴らしい仕事をしましたが、彼らはそのためのリソースを少しでも確保するために奔走しなければならず、彼らが働くスタンフォードに近いサンタクララ研究においてそれを成し遂げました。というのも、この病気がどれほど危険かどうかを知るために、すでにどれだけの人が被爆しているかを知る必要があったからです。自分が発症したことを知らずにかかった人、病院に行かずに発症した人が何人いるのでしょうか。

パンデミックの初期には、致死率が3〜4%という話もありましたが、これは病院に行った場合であり、その時点ですでに重症者の仲間入りをしているわけですから、かなり高い数値になります。しかし、より重要なのは、感染者を対象とした場合、致死率はずっと低く、1%未満でした。しかし、有名な大学、裕福な大学でありながら、サンタクララ郡で小さな調査をするための資金を集めることしかできませんでした。

ロサンゼルスでも2回目の調査を行いましたが、全国規模のモニタリングシステムを構築することはできませんし、そのような能力を持った科学者はいないでしょう。そのため、CDCがモニタリングシステムを構築し、モニタリングする必要があるのです。

Jan Jekielek

そして、死亡率や重篤な疾患の発生率が、これらのモデルで予測されたものと全く違うことが、驚くほど早くわかったことでしょう。

Martin Kulldorff

そうですね。インペリアル・カレッジのモデルのことですね?

Jan Jekielek

そうです。

Martin Kulldorff

つまり、CDCがやらなかったもう一つのことは、誰かがCOVIDで死んだと報告されたとき、彼らはCOVIDで死んだのか、それともCOVIDで死んだのか、ということです。医療カルテを見て、この人たちはCOVIDで死んだと報告されているが、実際にCOVIDで死んだのでしょうか?

COVIDが主な死因であるか、あるいは一因である可能性があるわけです。COVIDが主な死因なのか、あるいは副次的な死因なのでしょうか。もしかしたら、そのせいで1〜2ヶ月早く亡くなっているかもしれませんし、陽性反応が出たからと言って全く関係ないことで亡くなっているかもしれません。

COVIDで死亡したと報告された人々の無作為抽出サンプルについて、そのような調査を行うべきでしたし、子どもの数はわずか数百人でしたから、すべての子どもについて行うべきでした。子供の場合、CDCはすべての子供について、実際にCOVIDで死亡したかどうか、COVIDで死亡したかどうかを確認するのは簡単だったでしょう。

Jan Jekielek

さて、今気づいたのですが、CDCは今日、私たちが記録しているように、データの多くを改訂しましたね?

Martin Kulldorff

25%くらいは下がったと思うのですが…。

Jan Jekielek

そうなんです。

Martin Kulldorff

…子供たちのために。

Jan Jekielek

そして、小児科医の死亡が非常に大幅に減少しました。

Martin Kulldorff

パンデミック時には、計画を立てるためだけでなく、国民に正確な情報を伝えるためにも、正確な情報を持つことが重要なのです。COVIDのリスクについて、一般市民が正確な知識を持っていなかったことは、調査からわかっています。

米国と英国で行われた調査では、英国ではCOVIDによってかなりの割合、正確な数字は忘れましたが、5%程度がすでに死亡していると考えられていたそうです。また、アメリカでの調査では、高齢者はCOVIDで死亡するリスクを過小評価する傾向があると言われています。しかし、若い人たちはそのリスクを大幅に過大評価していました。

Jan Jekielek

多くの場合、桁違いです。

Martin Kulldorff

うん。そうなんです

Jan Jekielek

そうですね。そうです

Martin Kulldorff

そして、そのような正確な情報を提供することで、人々のパニック段階を下げることができたと思います。公衆衛生に携わる者であれば、そういった情報を正直に、正確に伝えることが公衆衛生の原則の一つだと思います。そして、わからないときは、そのことを正直に話すべきです。

公衆衛生局やCDCなどが、後になって事実と異なることを言ったために、公衆衛生局は今、そのことを痛感していると思います。そしてもちろん、CDCの言うことをなぜ一般市民が信用しなければならないのでしょうか?

Jan Jekielek

この会議は、あなたが立ち上げに関わった「科学と自由のアカデミー」の一部で、私たちはこれらのことを議論するつもりです。しかし、より良い方向に物事を変えるために、今すぐできることは何でしょうか?

Martin Kulldorff

ひとつは、科学者の検閲を直ちにやめることです。私はTwitterやLinkedInで自分自身を検閲していますが、それは、科学者への誹謗中傷や、科学の政治化を排除するためのコミュニケーション・プラットフォームを維持したいからです。科学者であることはとても不思議なことで、私は自分の政治的見解を明言したことはありません、なぜなら関係ないと思うからです。私はただ、自分が理解している公衆衛生学を、誰にでもわかるように説明しているだけです。

そして、公衆衛生学者として、私は誰にでも話をする義務があると思うのです。政治的見解がどうであろうと関係ありません。このような検閲をなくし、科学者がどのような見解を持っていようと、これらの問題についてどのように考えていようと、発言することを奨励することは、ある意味、簡単な最初の一歩だと私は思います。

私たちが話したことの中には、もっと長期的なもの、たとえば研究費の運用方法の改革もあります。これは、数年、あるいはもっと長い時間をかけて行わなければならないことだと思います。

Jan Jekielek

そういえば、ファウチ博士が書いたと思われるFOIA(情報公開法)に基づく電子メールの中で、あなたはフリンジサイエンティストと表現されていましたね。ですから、先ほど先生がおっしゃったように、変化はフリンジから生まれるのかもしれません。しかし、実は、最後に、あなたにコメントする機会を与えたいと思います。『エポックタイムズ』誌のFOIA(情報公開法)によると、あなたやGreat Barrington Declarationの人々がエイズ否定論者として記述されていますね。

Martin Kulldorff

そうですね。私たちをエイズ否定論者と比較したのです。

Jan Jekielek

そうですね。

Martin Kulldorff

私たちがGreat Barrington Declarationで集中保護を提案したのは、このことを非常に深刻に受け止め、高齢者やハイリスクの人々をよりよく保護する必要があると考えたからなのです。そのため、COVIDに怯えるラップトップ層の若い人たちを保護したのですが、彼らのリスクは非常に小さいため、保護する必要はありませんでした。

同時に、高齢の労働者階級、バスの運転手、タクシーの運転手、レストランで働く人、料理を運ぶ人、若い在宅勤務のノートパソコン専門家を保護することはしませんでした。高齢でリスクの高い人たちを保護するのは、お粗末な仕事でした。グレートバリントン宣言の目的は、より良い保護を奨励することでした。

そのためにできることはたくさんありましたし、現在しかし、CDCが強調している、子どもや若年層へのワクチン接種や、現役世代の解雇ではなく、高齢者へのワクチン接種の徹底など、できることはたくさんあるのです。なぜなら、これらのワクチンで保護されないと死亡する可能性があるのは彼らなのですから。

Jan Jekielek

この機会にお聞きしたいのですが、念のため、今日のデータでご理解いただいたように、ワクチンはハイリスクグループを重症化や死亡から守ってくれるのですね。

Martin Kulldorff

もしあなたが高齢で、例えば60歳くらい、あるいは50歳くらいで、COVIDを受けていないなら… COVIDを受けていれば、自然免疫による保護がありますが、受けていないなら、確かに… ワクチンは重要な保護を提供します。ですから、高齢者はワクチン接種を受けるべきです。

しかし、その代わりに、私たちは、子供たちがCOVIDで死亡するリスクはごくわずかであることから、予防を必要としない人々を守ることに重点を置いてきました。子どもたちがCOVIDで死亡するリスクはごくわずかです。歴史的に見ると、その年の重症度にもよりますが、毎年200人から1000人の子どもがインフルエンザで亡くなっていますが、COVIDはそれよりも低いリスクなのです。

COVIDはそれよりもリスクが低いのです。ですから、ワクチンによる子どもたちへの恩恵は微々たるものです。また、そのリスクについては、まだ適切なデータがないため、正確にはわかりません。

Jan Jekielek

最後に感想をお願いします。

Martin Kulldorff

すべてのパンデミックは終わります。このパンデミックは終わりつつあり、十分な数の人々が自然免疫を獲得した時点で終わり、そして、パンデミックは風土病となるのです。ですから、私たちの残りの人生とともにありますが、これまでのような大混乱を引き起こすことはないでしょう。同時に、ウイルスによって人々が死ぬという意味で大混乱を引き起こした一方で、私たちの対策は、教育システム、教育はもちろんのこと、糖尿病治療、心血管疾患の成果、がん検診やがん治療を受けるべき人が受けられなかったり、メンタルヘルスなど、あらゆる公衆衛生上の被害を巻き起こし、さらに大混乱を引き起こしたのです。

このように、COVIDそのものではなく、ロックダウンなどの対策による巻き添え被害が、今、私たちに大きな負担となっているのです。私たちは、国家として、また世界として、それらを克服し、生じた損害を修復するために団結しなければならないと思っています。なぜなら、これは私たちが今後何年も抱えていかなければならないことだからです。15年、20年と生きてきた人が、適切ながん検診を受けなかったために、3,4年で子宮頸がんで亡くなってしまうかもしれないのです。

ですから、これまで無視されてきた他の公衆衛生のニーズに追いつかなければなりません。また、1つの病気だけに焦点を当てることはできません。短期的なものだけに焦点を当てることもできません。すべての病気に目を向け、長期的に取り組まなければなりません。今回のパンデミックでは、それができませんでした。これは大きな失敗でした。このパンデミックにどう対処したかは、過去最大の公衆衛生上の大失敗だと思います。

Jan Jekielek

マーティン・クルドルフ博士、またご登場いただけてとても光栄です。

Martin Kulldorff

ありがとうございました、ヤン。

American Thought Leadersのニュースレターを購読して、エピソードを見逃さないようにしましょう。

エポックTVをソーシャルメディアでフォローする

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました