ワクチン遺伝子ワクチン抵抗戦略・運動

ブルクハルト博士の検死プロトコル
Dr. Burkhardt’s protocol for autopsy

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.skirsch.com/covid/Burkhardt.pdf

更新日:2021.09.27 ロイトリンゲン

I. コロナワクチン接種に関連した死後検査(剖検)に関する注意と提案

主な内容

  • 血栓塞栓症(マクロ/ミクロ血栓として)
  • 血管炎
  • 心筋炎
  • 特異な炎症反応(自己免疫反応?)
  • 異物

I.1. 身体の検査

  • 全身の状態を注意深く観察する。
  • アレルギー性-紅斑性反応における変色、例えば、白血球減少性血管炎に伴う血色素沈着症における褐色の着色。

接種部位の組織採取(皮下組織、筋肉組織):注射側の腋窩リンパ節、腫大リンパ節の観察

下肢静脈のチェック、特に寝たきりの人は足底の静脈の血栓チェック。

I.2. 体腔

一般的な慣習に従って、3つのボディケーブを開く。すべての臓器および異常な病変(梗塞、出血、血栓など)からの組織学的サンプリング

I.2a. 胸郭

血管を切断して血栓塞栓症のチェック。

局所病変の確認。両肺のイントト固定と連続切片による作製の可能性あり。

心筋の組織学的標本を様々な部位から採取する。

特に心臓突然死の場合、心房-心室-結節 (Aschoff-Tawara-node)領域の伝導系を検査することも可能である。

I.2b: 腹部

脾臓(組織学)およびパイエルシェプラークに特に注意する。肝静脈を末梢まで切断する (Veno-Occlusive Disease)。オバー(異物沈着疑惑)。

I.2c: 脳

梗塞/出血に関する検査

可能であれば、全体を固定し、固定後に神経病理学的検査を行う。特に注意すること:大静脈。

下垂体の観察

重要

  • 死者の視覚に問題がある場合の目の検査
  • 聴覚障害のある患者の内耳の検査.

I.3. 組織採取

上記の試料に加え、すべての臓器から定期的に試料を採取する。

すべての認識可能な病変部、特に血管壁を有する血栓からのサンプリング 筋肉のサンプリング、少なくとも2 箇所、いずれの場合も下腿筋 骨髄サンプル、2 箇所の造血活性部位からのサンプリング

Glandula Parotisからのサンプリング(自己免疫現象?)

I.4. 一般的な検討事項

すべての関連する変化および重要な正常所見を写真で記録すること。組織学的サンプルの評価が終了するまで、さらなる検査に備え、臓器を保存する。

免疫組織学的/PCR(ウイルス断片)調査のための組織学的サンプルの包埋。

自己融解がない場合、電子顕微鏡による検査(ウイルス粒子/断片、不慣れな物質などの検索)。

II. コロナワクチン接種後の死者または生存患者の生検による臓器サンプルの評価

– 顕微鏡検査、組織検査、免疫組織化学検査

II.1. いずれの場合も、すべての臓器について。

  • 二重屈折素子の検索
  • 染色 染色:HE、PAS、鉄
  • 免疫組織化学的手法によるスパイクタンパク質検出(抗SARS-CoVスパイクタンパク質抗体)

II.2. 炎症の場合、組織像に応じて免疫組織化学的にさらに定義する。

  • CD3(Tリンパ球)
  • CD4(ヘルパー細胞)
  • CD8(細胞傷害性リンパ球)
  • CD14 単球
  • CD20 (Bリンパ球)
  • CD56 細胞接着
  • CD 68 マクロファージ
  • CD 31/ D2-40 内皮細胞
  • 補体

II.3. いわゆる「ブレイクスルーワクチン」が疑われる場合、すなわちワクチン接種にもかかわらずコロナ感染している場合

  • SARS-CoV-2 RNAまたはヌクレオカプシドの検出による確認。
  • 可能であれば電子顕微鏡検査

III. さらなるアプローチ

親族とおそらく検察官の同意のもとに、すべての臓器のパラフィン包埋と組織切片 (HE、PAS、FE)。ワクチンの適用部位を含む病変の観察。参考となる病理医による精緻な検査。

その後、所見に応じて、提携する特別な研究所または参照研究所でさらなる調査を実施する。


アルネ・ブルクハルト教授・博士(Prof. Dr. Arne Burkhardt )

ロイトリンゲン病理学研究所 Obere Wässere 3-7

72764 Reutlingen ドイツ

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました