NIHとWHOのコービッド治療の推奨事項には修正が必要か?

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

イベルメクチンフルボキサミン/シグマ1受容体一般記事-IVM
Do the NIH and WHO COVID treatment recommendations need to be fixed?
https://trialsitenews.com/do-the-nih-and-who-covid-treatment-recommendations-need-to-be-fixed/

スティーブ・キルシュ

2021年5月16日

はじめに

インド、ブラジルをはじめとするほとんどの国では、人々が医学的アドバイスとして最も信頼している2つの組織、米国国立衛生研究所(NIH)と世界保健機関(WHO)によるコービッド治療ガイダンスに依存している。

しかし、これらの組織のコービッドガイダンスに従うことで、世界中の何百万人もの人々の不必要な死を防ぐことができていない。

これらの組織が提供するガイダンスは正しいのであろうか?あるいは、彼らのガイダンスに従うことが有害である可能性があるのか?

インドは最近、コービッドの早期治療にイベルメクチンを標準治療として採用したが、これはWHOの勧告とは正反対のものであるため、これは現在、緊急の関心事となっている。

インドは正しいことをしているのだろうか?それとも、大きな間違いを犯しているのだろうか?世界中の人々が、双方の専門家の意見を聞いて、自分で判断することが大切だ。インドでは、各州が独自のガイダンスを出すことができる。ゴア州はイベルメクチンの投与を希望しているが、タミル・ナードゥ州はイベルメクチンを使用してはならないと決定した。どちらが正しいのだろうか?

この問題を解決するために、TrialSiteNewsはWHOとNIHに、これらの薬の世界的な専門家と、お互いに合意できるモデレーターとのオープンな議論のために専門家を提供するよう要請した。この会議ではライブのズーム会議で録画され、TrialSiteNewsとYouTubeに掲載され、世界中の人々が参照できるようになる。

一方、この論説では、NIHとWHOがヒドロキシクロロキン、イベルメクチン、フルボキサミンという3つの重要な薬剤について的外れな判断をしている可能性が高い理由と、世界の政府が彼らのガイダンスを無視して独立してエビデンスを評価すべき理由を説明する。

この記事は長い。とても長い。しかし、これは重要なテーマだ。なぜなら、これまでに300万人以上の人々がコービッドによって命を落としており、目に見える明確な証拠に基づいて行動しなければ、より多くの人々が不必要に命を落とすことになるからである。だからこそ、私が語るべき重要なストーリーにお付き合いいただきたい。

ヒドロキシクロロキンの場合

まず、コービッドと診断された直後の早期治療に使用されるヒドロキシクロロキン(HCQ)について説明する。両団体とも、感染後の早期治療にヒドロキシクロロキンを使用しないことを推奨しているが、その使用しない推奨を裏付ける発表された研究は1つもない。

2021年5月7日現在、早期治療に ヒドロキシクロロキンを使用した研究は29件あるが、いずれも最も重篤な転帰に対する否定的な結果は報告されていない。これらの試験で報告された最も重篤な転帰の平均的なリスク低減率は65%であった。このことを示すc19hcq.comのグラフを見てほしい。

懐疑的な人は、すべての研究が肯定的であるのは、ジャーナルが否定的な結果よりも肯定的な結果を発表する可能性が高いからだと言うかもしれない。しかし実際には、 ヒドロキシクロロキンの場合はバイアスが逆で、ポジティブな研究よりもネガティブな研究の方が掲載されやすいという正論がある。しかし、今回のケースでは懐疑論者が、発表されていない早期治療に否定的な試験を指摘できていないため、これらの批判は重要ではない。

さて、安全性について話そう。 ヒドロキシクロロキンはWHOの必須医薬品リストに掲載されており、つまり、医療システムにおいて最も安全で効果的な医薬品の一つである。全身性エリテマトーデスの患者は ヒドロキシクロロキンを投与され、生涯にわたってこの薬を使い続ける。この薬がFDAに承認されたのは65年以上前のことである。2016年には、米国で135番目に多く処方された薬で、400万件以上の処方があった。全身性エリテマトーデス患者および関節リウマチ患者を対象とした用量漸増試験では、1日800mgの終身投与および1日1,200mgの6週間投与が極めて良好な忍容性を示すことが立証されている。

WHOは、 ヒドロキシクロロキンは自己免疫疾患やマラリアに服用しても安全であるとしている。しかし、コービッドのために ヒドロキシクロロキンを服用するのは安全ではないという主張を裏付ける弱い証拠があることを認めている。しかし、これの問題点は、1)証拠の確実性が「低い」から「非常に低い」として認めていること、2)病期(ステージ)ごとに分けていないことである。私たちが関心を持っているのは早期治療であり、後期治療ではない。すべての研究を1つの分析にまとめることはできない。

早期治療の患者が ヒドロキシクロロキンを服用したときに実際に何が起こっているのかを確認するために、私はブライアン・タイソン氏とジョージ・ファリード氏に連絡を取った。彼らの診療所では、コービッドであらゆる年齢層の6,000人以上を治療する際に ヒドロキシクロロキンを使用している。WHOが主張している下痢や吐き気・嘔吐のリスクは、いずれも 「非常にまれで、非常に小さい」ものだ。一般的には、下痢は薬剤よりもコービッドが原因である可能性が高いとされている。ファリード氏によると、どの患者にも「心臓の問題はゼロ」だという。彼らの治療プロトコルから ヒドロキシクロロキンを外す理由はなく、アメリカでタイソンとファリードよりもコービッドによる入院率が低い医師を私は知らない。もしWHOが正しいのであれば、この異常事態とされるものをどう説明するのだろうか?タイソンとファリードは6,000人の患者と受け持ち、彼らの患者の平均年齢は60歳であったことから、とても運が良かったとは言えない。

つまり、これまでのところ、29の研究はすべて肯定的であり、何千もの症例に関する現実の証拠も研究と一致しているということだ。この薬が有効であるという我々の仮説は、データと一致している。しかし、WHOとNIHは、この薬を使うべきではないと言っているが、一貫して肯定的なデータに対するもっともらしい反論はない。

科学者の中には、Natureに掲載された ヒドロキシクロロキンの分析結果を引き合いに出して、 ヒドロキシクロロキンが有害であることを決定的に示す人もいる。しかし、これはメタ分析であり、非常に後期の入院患者に高用量の ヒドロキシクロロキンを投与した研究を重視している。早期治療の外来患者を対象とした試験は含まれなかったこの論文では、「外来患者、小児、妊娠中の女性、合併症のある人への一般化は不明確である 」と述べている。 それには私も同意する。

入院後期の患者に ヒドロキシクロロキンを大量に投与することを主張しているわけではない。それは負ける提案でしかない。よくわかるように、初期治療の結果はすべてポジティブ(上のグラフ)であるのに対し、すべてのステージを見るとネガティブな結果が出ているので、メタアナリシスを行う際にはデータの分別に注意することが非常に重要だ。

薬剤の投与タイミングがなぜ大きな違いを生むのか、簡単な例えで説明すると、火が小さいうち(初期)は小さなバケツの水でも効果がある。家が燃えてしまった後、同じバケツの水では、水の量を増やしてもダメージを修復することはできないし、残ったものをさらに傷つけてしまうかもしれない。

他の科学者は、FDAが ヒドロキシクロロキンのEUAを取り消した事実を参照するかもしれないが、その取り消しは外来患者ではなく入院患者を対象とした研究に基づいている。したがって、この議論は成り立たない。

最後に、Skipper研究に言及する人がいるが、これは外来患者を対象とした ヒドロキシクロロキン早期治療試験で、「ヒドロキシクロロキンは、初期の軽度のCOVID-19を持つ外来患者の症状の重症度を実質的に減少させなかった 」と結論づけている。私はその特定の研究についていくつかのことを知っているが、それは私がその研究に資金を提供した「個人的な寄付者」の一人だったからである。この要約は、薬が効かなかったということではなく、研究が力不足だったということを意味している。実際、彼らが調べた各指標を見ると、 ヒドロキシクロロキンを投与されたコホートの方が常に良い結果を出している。詳しくはこちらの分析結果を見てほしい。この研究には、論文で報告された入院率の51.7%低下よりも ヒドロキシクロロキンの効果を示す多くの情報が後ほど発表される予定である。

要するに、 ヒドロキシクロロキンは1日600mg以上の投与量で早期治療に有効かつ安全であるということだ。もし、そうでないと言う人がいたら、その主張を裏付ける臨床研究とリアルワールドでの証拠の両方を求めてほしい。そうすれば彼らは「あなたと話している時間はない」と言って立ち去るであろう。これは私にもよくあることである。イライラするよね。

イベルメクチンの場合

さて、コービッドの早期治療のためのイベルメクチンについて見てみよう。

NIHは、イベルメクチンが効くか効かないかはわからないとし、中立の評価をしている。

WHOとEMAのイベルメクチンに対する勧告は次の通りである。使用しないでほしい(臨床試験を除く)。

c19ivermectin.comの184人の著者が行ったイベルメクチンの早期治療に関する20の研究をまとめたものである。

報告された20の研究すべてが、最も重要な効果において肯定的である。私はすべての研究が統計的に有意であったと主張しているわけではない。なぜなら、いくつかの研究は「イベント」が比較的少ない小規模な研究であったため、効果の大きさが大きくても、統計的な有意性を得るのは難しいからだ。 しかし、6件は単独で統計的に有意であった。

最悪のケースを想定して、それぞれの研究が統計的に有意でないと仮定した場合の議論を考えてみよう。ある人は、どの研究からも何も結論づけられないと主張するかもしれない。20×0=0であり、結論はない。さらに、それぞれの研究が異なるため、データを組み合わせることはできないと主張するだろう。したがって、何も結論づけられないと。

これは論理的には聞こえるが、間違っている。

イベルメクチンはそれぞれの研究に共通する要素である。投与量も違えば、比較対象のグループも違うが、20の試験すべてにおいて、イベルメクチンを投与したコホートが勝利を収めている。これは、偶然にはとても起こり得ないことだ。例えるなら、NBAのチームにマイケル・ジョーダンを加えて変化があるかどうかを見ているようなものである。どうなるかは一目瞭然だ。

もしNIHが信じているように薬が完全にニュートラルであれば、すべての研究がポジティブになる可能性は2の20乗分の1,つまり100万分の1なのである。つまり、薬が中立である可能性は非常に低い。

肯定的な研究が否定的な研究よりも出版される可能性が高いという「出版バイアス」を主張することは誰にもできない。なぜならば、イベルメクチンの研究が完了し、否定的であったにもかかわらず、出版されなかった研究を誰も見つけることができなかったからだ。

例え話をしよう

1枚のコインを20人の人に渡して(1人ずつ連続して)各人が1回だけコインを投げて全員で表が出たとする。それぞれの人が1回しかコインを投げていないので、その20人の研究はそれぞれ単独では統計的には重要ではない。そこであなたはコインは片側の重みに偏り(違い)があるのか、それとも重みに違いのない均等なコインであるのかを答えるとする。その答えが正しければ、あなたは100万ドルを手にすることができる。均等でランダムなコインであれば20枚全てのコインで表が揃って出ることは100万回中99万9999回(0.0001%)ない。したがって、この質問をされた人は誰もが、このコインの重さは偏っている(違いがある)と答えるだろう。しかし、NIHやWHOは、それぞれの試験を単独では取るに足らないものとして見ておらず、彼らの頭の中では20×0=0なので、結論は何も出ず表か裏に賭ける可能性は等しい(違いはない)とみなす。

それでもWHOはこの薬が中立だとは言っていない。彼らはイベルメクチンを使用しないように推奨している(臨床試験の場合を除く)。つまり、WHOは正味の利益はマイナスであると結論づけているのである。これは証拠が示すものと正反対である。

もし、WHOが正しく、イベルメクチンが大きな害をもたらしていて、NIHが正しく、薬の効果は全くないとしたら、以下の観察結果をどう説明するのだろうか?

  1. メキシコではイベルメクチンの普及を奨励しているが、その病院はほぼ空っぽだ。イベルメクチンでなければ、なぜこのような奇跡が起きたのであろうか?ここではある1つの病院の話ではなく、メキシコのほぼすべての病院の話をしている。
  2. ファリード医師とタイソン医師は、 ヒドロキシクロロキンとイベルメクチンを使って6,000人以上のコービッド患者を治療していて、入院率がゼロに近いのはなぜであろうか?WHOによれば、どちらの薬も事態を悪化させるという。
  3. ペルー、メキシコ、ジンバブエなどの国での致死率の山と谷は、イベルメクチンの流通と失効に相関している。もし、イベルメクチンの配布や失効がこれらの影響を引き起こしたのではないとしたら、本当の原因は何だったのだろうか?
  4. メキシコで発表された20万人以上を対象とした研究では、イベルメクチン治療キットを服用した人の入院件数が52%以上減少した。治療キットが原因でないとしたら、何が原因なのだろうか?
  5. 国際的な専門家集団によって行われたBIRDのシステマティックレビューでは、すべてのデータを検討し、イベルメクチンを導入すべきだと結論づけている。このレビューが間違っているのなら、なぜ誰もその間違いを暴かないのであろうか?公表されている文献にも、世界中のプレプリントサーバーにも、この研究の欠陥を指摘する論文はない。それはなぜなのか?
  6. イベルメクチンを支持する新たな証拠に関するコーリー博士の包括的なナラティブレビューは、2つの異なるジャーナルでの査読を通過し(これは稀なことである)イベルメクチンはコービッドのすべての段階で有効であると結論づけている。では、もし彼らの結論に欠陥があったとしたら、査読を任された3人の政府高官の科学者は、どうしてその論文を受理したのであろうか?注:Frontiers誌の経営陣がコーリー氏の論文の検閲を決定した後、Frontiers誌が任命したゲストエディターのグループは、コーリー氏の論文を雑誌が拒否したことを科学的不正行為として一斉に辞任した。これは重要なことである。彼らが異議を唱えた不正行為は、コーリー博士ではなく、ジャーナルの経営陣によるものだったからである。
  7. ウッタル・プラデーシュ州の保健当局が記録を残している。予防薬としてのイベルメクチンはCOVID-19の感染率と死亡率を下げた。政府の発表であり、誰もそれに異議を唱えていない。彼らが間違っていたとしたら、本当の原因は何なのか?
  8. アンドリュー・ヒル博士に何が起こったのか?最初にイベルメクチンを推奨した後、なぜ彼は姿を消したのか?ヒル氏はWHOの依頼を受け、イベルメクチンの客観的な調査を行った。彼は、イベルメクチンは平均して75%の効果がある(48%から88%の改善が95%信頼区間)と結論づけたが、その後、研究スポンサーによって結論が書き直され、より多くの証拠が必要であると推奨することに同意した。ヒル博士に何が起こったのか、なぜ彼は姿を消したのか。
  9. もし薬が効かないのであれば、少なくとも1つのDB-RCTにおいて、非常に統計的に有意な用量反応関係が見られたことをどう説明するのだろうか?例えば、Ivermectin shows clinical benefit in mild to moderate COVID-19: A randomized controlled double-blind, dos-response study in Lagosでは、”The Days to COVID negativity [DTN] was significant and dose-dependently reduced by IV (p = 0.0066) “と結論づけている。p値が非常に低いので、誰も「運が良かった」とは言えないのだが、これを説明するのは難しいだろう。薬が何も作用しないのなら、どうしてこんなに低いp値が出るのだろうか?さらに、ヒル博士は、13の無作為化試験のうち10の試験で、ウイルス消失までの時間に統計的に有意な影響が認められ、その影響は1日投与の試験よりも複数日投与の試験の方が大きいと報告した。ここでも、深い用量反応の証拠が示されている。薬が効かなければ、そんなことは起こりえない。
  10. もし薬が効かないのであれば、なぜ現実の世界でその薬を処方した医師は皆、入院率の低下を報告するのでだろうか?世界中のどこかでイベルメクチンを処方し始めた医師が、その医師の入院率が下がらないからといって、イベルメクチンを出すのをやめたというケースはあるのだろうか?
  11. インドのAIMSの科学者たちは、イベルメクチンのデータをシステマティック・レビューした。下の図にあるように、システマティック・レビューは、エビデンスに基づく医療のピラミッドの中で最高レベルのエビデンスであり、「ゴールド・スタンダード 」である。その結果、「イベルメクチンを追加することで、通常の治療と比較して有意な臨床的改善が得られた(OR=1.98,95%CI:1.11~3.53,P=0.02)」としている。エビデンスの質は「非常に低い」と指摘されているが、これが現在の私たちの課題なのである。では、WHOの見解を正当化するような、反対の結果を示す質の高いエビデンスはどこにあるのだろうか?また、これらの質の低い研究で統計的に有意な一致が見られたことをどう説明すればよいのだろうか?

イベルメクチンが危険だと思うのであれば、これら、11の異常の真の原因を説明する必要がある。そのうちの1つを説明することさえできないのだとしたら、彼の話を真剣に聞く必要はあるのだろうか? 結局、反対の視点を持つ人は、その中のどれか一つを取り上げて、わずかな説明をすることしかできないのだ。

イベルメクチンが効かない証拠として多くの人が注目しているのが、JAMAに発表されたLópez-Medinaの研究である。この研究では、健康な患者がイベルメクチンを服用した場合、20%早く回復することがわかった。しかし、その効果は統計的に有意ではなかったため、使用すべきではないという結論になった。もし、ロペスの研究がよくできた研究だと言う人がいたら、この研究結果をまとめたこのページを紹介してほしい。それによると、この研究のすべての指標において、イベルメクチン群の方が優れていることがわかる。薬が効かないのなら、その一貫性をどう説明するのだろうか?確かに、どの効果も統計的に有意ではなかったが、(他の研究での効果と同様に)すべてポジティブなものであった。統計的に有意でないということは、「イベント」の数が少なすぎたため、研究の検出力が不足していたということだ。これは、若年層の患者を対象とした小規模な研究の場合に起こる現象である。最後に、これらの人々にこの分析結果を示し、ロペスの研究の欠陥を指摘した論文の欠陥を指摘するよう求める。

López-Medinaらのプロトコル違反 イベルメクチンとプラセボの投与が38回切り替わったこと、盲検化が行われなかったこと、Cali州でIVMのOTC販売(ドラッグストアで販売)が広く行われていたこと、イベルメクチン群と対照群で有害事象がほぼ同一であったこと
Protocol violations in López-Medina et al.: 38 switched ivermectin (IVM) and placebo doses, failure of blinding, widespread IVM sales OTC in...

安全性については、イベルメクチンの安全性は確立されている。研究では、幅広い用量と治療期間で安全性が確認されている。寄生虫感染症に関するWHOの様々な文書は、イベルメクチンの 「長い安全記録 」に言及している。 米国のVAERSやWHOのVigiaccessを含む医薬品データベースで報告された有害事象のプロファイルを検索したところ、イベルメクチンは歴史上最も安全な医薬品の一つであり、WHOによって多くの大陸で子供、妊婦、成人に広く配布されており、そのためWHOの必須医薬品リストにも掲載されている。約40億回分が処方されている中で、故意か事故かを問わず、イベルメクチンの過剰摂取による死亡例の報告を見つけることができなかった。

FDAは、馬用のイベルメクチンは人にとって安全ではないと言っている。しかし、誰が馬用のイベルメクチンを摂取するを推奨しているのだろうか。FDAは大量投与は安全ではないと言っているが、既存の臨床試験で検討された範囲を超える投与量を推奨している人はいないようだ。

要約すると早期治療に関するすべての研究では、イベルメクチンを投与したグループの方が、投与していないグループよりも良好な結果が得られており、すべての逸話的データは肯定的であり、イベルメクチンが突然安全でないとする新たな証拠はない。

したがって、早期治療のためにイベルメクチンを使用すべきであるという立場をとることは、イベルメクチンの使用を避けるという立場をとることよりも、より多くの命を救う可能性がある。これは僅差ではない。WHOやNIHの立場を正当化することはできない。

フルボキサミンの場合

WHOは最新の研究に疎く、フルボキサミンはコービッドの治療薬候補のリストにさえ入っていない。

c19early.comにアクセスして、チャートを見てほしい。フルボキサミンはこのリストの中で第1位の承認薬である。フルボキサミンは安価で安全、広く普及しており効果もある。しかしWHOのリストに掲載される価値はない。私はこの不掲載に注意を喚起しようとしたが彼らは私に迷惑をかけないように要求してきた。

NIHのコービッド治療ガイドラインにも掲載されているし、米国のトップ研究者による質の高い2つの無作為化試験(1つはDB-RCT、もう1つはNIHが「観察」と分類している準無作為化試験であるが、これは別の論説で議論する)が行われ、どちらも査読付き雑誌に掲載され、どちらの論文も権威ある「Editor’s Choice」に指定されていることをNIHは知っている。

つまり、フルボキサミンには、イベルメクチンや ヒドロキシクロロキンにはないものがある。それは、一流の研究機関に所属する高名な研究者が行った2つの質の高い研究であり、一流の査読付き学術誌に掲載され、2つの研究は重要な臨床エンドポイント(入院)において統計的に有意な結果を示し、2つの研究は介入試験であり、2つの研究は無作為化されており、2つの研究は編集者によって強調された。これらの理由から、主流の科学界は、フルボキサミンのケースがイベルメクチンや ヒドロキシクロロキンのケースよりも優れていると考えている。

私が知っている最も尊敬されている科学者は100%、もし自分がコービッドを発症し、今日入手可能な証拠に基づいて治療法を選択しなければならないとしたら、他の2つの薬よりも即座にフルボキサミンを選ぶであろう。一流の医学部がフルボキサミンと他の選択肢を検討した結果、フルボキサミンのケースが明らかに最も強いというコンセンサスが得られた。また、まだ発表されていないがフルボキサミンとイベルメクチンの効果を比較したDB-RCT研究を知っているがフルボキサミンの方が圧倒的に効果があった。

主流の科学専門家が一貫して優れた評価をしていることは重要だ。なぜなら、ある国がイベルメクチンや ヒドロキシクロロキンを治療の推奨項目に加えた場合、フルボキサミンを加えることも「当然のこと」になるはずだからだ。残念ながら、これは現在、世界のどこでもそうではない。しかし、FLCCCは、エビデンスと世界中の医師の併用経験に基づいて、初期の外来治療ガイドラインにフルボキサミンを追加した。

JAMA誌に掲載された最初のフルボキサミンの研究(Lenze)では、呼吸困難と定義された入院基準に対する保護効果は100%であった(ほとんどの人がそれで入院するので、トラックに轢かれて入院した場合はカウントしたくなかったのだろう)。フルボキサミンを投与された80名の患者は、臨床エンドポイントを満たさなかったのに対し、プラセボを投与された72名の患者は8.3%であった。これは、効果の大きさが100%で、つまり、負けることが不可能な数字だ。

しかし、この数字は小さく、この研究は 「仮説生成」とみなされた。

ある教授は、「その研究の著者は、その結果は、これが有効な治療法であるという明確な呼び名よりも、仮説を生み出すものであると結論づけている」と指摘している。そりゃそうだ。論文にそう書いておかないと、JAMAに掲載されないのだから。しかし、著者たちは本当にそう思っているのであろうか?もちろん、そんなことはない。したがってその点については私の言葉を信じてほしい。なぜなら、彼らに公の場で質問すれば、彼らは党の方針に沿って期待された通りのことしか言わないからだ。

JAMAの論文がフルボキサミンがコービッドに効くかもしれないという仮説を生み出したわけではない。仮説を立てたのは、SSRIのデータを見て、これらの人々の入院率や死亡率が、マッチした同世代の人々よりも著しく低いことに気づいた多くの独立した研究者たちである。また、ワシントン大学の研究は、フルボキサミンが敗血症の炎症を抑えることを示したバージニア大学の研究に基づいて行われた。Reiersen博士は、コービッドにも効果があるのではないかと推測した。彼女は仮説を立て、その仮説を裏付ける研究を行ったのである。JAMAの研究は、3つの異なる国の異なる研究者が行った仮説を裏付けるものだったのだ。

さらに注目すべきは、JAMA論文が発表された翌日に開始されたGolden Gate FieldsのSeftel博士によるフルボキサミンの確認試験では、患者は薬を投与するかどうかを選択することができ、病状の悪い患者ほど薬を投与することを選んだということだ。また、最初は治療を拒否していた患者が症状を発症し、その後、治療群に入れてほしいと申し出た患者が8人だった。つまり、この試験は無作為ではなく、無作為よりも悪いものだったのだ。このバイアスのために、治療群は本当に悪い結果になるだろうと予想すべきであった。

しかし、その逆が起こった。治療を受けた77人の患者のうち、100%が平均3日で正常な状態に回復し、仕事に戻ることができたのに対し、治療を拒否した患者の入院率は12.5%であった。そのp値は0.0026である。

したがって、「無作為化されていない」と言ってこの試験を否定する人は、的外れだ。この試験の結果は、JAMAの結果よりも、p値が強いこと、無作為化がより「困難」であったこと、医師がすべての患者に直接アクセスしていたこと、などである。また、PCR検査で陽性になった後、速やかに薬剤が投与されたことも、この試験が100%成功した重要な要因となっている。

このように、効果の大きさが100%の研究が2つあり、それぞれp値が<.01となっている。それが第3相試験で確認されない可能性はどのくらいあると思うか?私は、確認されない可能性は基本的に2つしかないと思う。

Seftel論文では、フルボキサミンを投与された77名の患者にはコービッドの症状が現れなかったのに対し、無投与群では60%の患者に症状が現れたという、誰も見向きもしなかった印象的な結果が出ている。もし薬が効かないのであれば、どうしてこのようなことが起こるのか、誰もうまく説明できていない。確かに、偶然に起こる可能性はなかった。偶然に起こる確率は10の14乗分の1、つまり不可能に近いのだ。ここには統計的な脆弱性はない。薬が効かなければあり得ない結果なのである。

最後に、Seftel博士が使用した薬の用量は、50mg BID x 14dであり、これはFDA承認用量(Lenze研究で使用された最大用量)の3分の1である。このような少量であっても、患者は一様に24時間以内に症状が改善し、ほとんどの患者は3日以内に正常な状態に戻った。この低用量の投与は、非常に良好な忍容性を示し、本剤による副作用の報告はなかった。ゼロだ。

まとめると、37年間の安全性の記録を持つ安価な薬が、FDAの承認用量の1/3の量で投与され、(大多数の患者に)副作用がなく、入院や死亡、長期にわたるコービッド症状の予防に100%の効果があったということだ。これだけの条件のなにが気に入らないのだろうか? もし、複数の質の高い研究が行われ、すべての統計的に有意な臨床エンドポイントでより良い結果が得られた承認薬があれば、それを使うべきである。そうでなければ、なぜ今、フルボキサミンを投与してはいけないのだろうか?

また、実際にフルボキサミンを処方している医師のデータもある。彼らは一様に「魔法のように効く」と言う。フルボキサミンを処方し始めた医師の中で、処方をやめた人は一人もいない(他の薬を試して効かなかった人が処方をやめるのを見たことがあるので、説得するのは難しいと思う)。例えば、インドのマハラシュトラ州ブルダナ地区の医師であるAmol Kothalkar博士は、何ヶ月も前からフルボキサミンを診療に使っているが、彼はフルボキサミンを信頼しており、コービッドにこの薬を処方しない医師は倫理的にありえないと何度も私に言っていた。Kothalkar医師は、コービッド患者の血液検査を定期的に受けており、フルボキサミン治療の開始とCRPの急速な正常化との間の因果関係を確認することができるという珍しい存在である。彼は、ウイルスの初期段階で十分な治療を行えば、すべての患者が速やかに回復し、入院したり、長期にわたるコービッドになったりすることはないことを知っている。

フルボキサミンがコービッドを悪化させるという証拠は全くなく、効かないと報告した医師もいない。中立的、否定的な逸話はない。待つことでより良い結果が得られるというデータはない。また、若年層では薬効/リスク比が1以下であるというデータもない。実際、これまでに得られたすべての証拠は、子供たちが非常に早くウイルスを退治できることを示しており、医師たちはその効果に驚いている。

私が好む話は、競馬場で働く人たちの話である。彼らは最初、フルボキサミンの服用を選択しなかった。..医師のアドバイスに従って服用したのは40%程度であった。しかし、2週間後、従業員たちが2つのグループの間のはっきりとしたコントラストを目の当たりにすると、後に病気になった従業員の100%が薬を飲ませてくれと要求したのである。病気になっていない競技場の管理職も、万が一病気になったときにすぐに治療を始められるようにと、フルボキサミンの処方を求めたのである。このように、効果が非常に大きかったので、専門家ではない人たちにとっても、薬が効いているかどうかがはっきりしていた。彼らは、バイアスがかかっていないことを示す特定の分析や研究、あるいはp値に振り回されることはなかった。なぜこれが重要かというと、研究に全く関与していない人(競技場管理者)も含めて、誰の目にも薬が効いていることが明らかだったので、医師の側にバイアスがかかっていなかったことを意味するからだ。

私が疑問に思うのは、競馬場の従業員の100%が薬の効果を明らかにしているのに、NIHの専門家がすべてのデータにアクセスしても、その薬が効きそうかどうかを単純には判断できないということである。

もちろん、NIHは、これらの結果は偶然に起こりうるものだから、慎重にやっているのだと主張するだろう。

確かに、これらのポジティブな結果はすべて偶然に起こりうるものである。私は、この結果が偶然に起こった可能性が10の14乗分の1(100兆分の1)であることを認めるが、現実的には、これが「偶然に」起こることはありえない。

私が言いたいのは、この薬が効くという統計的な確実性は、通常の条件で科学者が要求するものよりもはるかに高いということである。私たちは、2つの無作為化試験でp<.01と、積極的な推奨には十分すぎる結果を得ており、さらにp<10-14の症状データという追加の贈り物も得ている。

私はこの結果をデータサイエンティストと議論したことがあるが、彼らは私に「薬が効かないなんてありえない」と言った(そしてすぐに「ありえない」とは効かない可能性が極めて低いという意味だと明かした)。したがって、私にとっては、フルボキサミンがNIHから中立の勧告を受けている(WHOでは言及されていない)ことは、馬鹿げているとしか言いようがない。

もしNIHの誰かが、Seftelが観察した結果を薬ではないと説明できるバイアスや交絡因子を考え出してくれれば、NIHが間違っていたという私の主張は喜んで撤回する。誰もが同じように奇跡的な違いを見て、同じように反応したので、観察者の偏りではなかった。症状のリストから不安を取り除いても数値は変わらないので、薬が抗不安薬だからというわけでもなかった。そして、患者は誰が病気にならないかを知ることができなかった。なぜなら、もしそのことを知っていたら、その患者は治療を受けないことを選択していたはずだからだ。また、コービッドには、入院のリスクや長時間の症状をすべて取り除くことができるものがないので、プラシーボ効果ではなかった(考えてみてほしい。もし、プラシーボ効果があれば、DB-RCTのどの群に登録した人でも3日で回復し、長時間の症状が出る人はいないはずだ)。そして最後に、薬の使用を中止した4ヶ月後には、治療を受けた患者には長距離のコービッドがなく、薬を拒否したグループはまだ苦しんでいたのだから、薬自体が試験中の症状を軽減したということにはならない。これらはすべて検証可能であるが、効果が薬以外に起因することを証明できる人に100万ドルを提供するとしても、誰もそれを確認しようとはしなかった。

コビット早期治療基金がEUAを申請したところ、FDAから「EUAを取得するには証拠が不十分」と却下されてしまった(EUAのハードルは非常に低く、ベネフィットがリスクを上回る証拠があるとFDAが信じることが必要なだけだ)。では、なぜSeftelの研究がこのような素晴らしい結果になったのか、彼らはどう説明するのであろうか?説明していない。彼らは、観察者の偏りや無作為化の問題があるのではないかという手のひらを返したような議論で完全に否定している。それは妥当性に欠けており彼らと議論することができない。

世界中がコービッド感染症を治療する魔法の薬を切実に求めているのだから、全世界(特にインドとブラジル)がSeftel氏の研究が有効かどうかを検証することに集中していると思うだろう。なぜなら、もし有効であれば、我々はすでに答えを持っているからだ。では、この「競馬場の奇跡」が起きたとき、なぜ世界各国の政府や主要なマスコミは、これを肯定するか反証するかで大騒ぎしなかったのだろうか?肯定されれば、10年に一度の話題になるだろう。「60ミニッツ」以外の主要メディアは、誰もこの件を調べようとはしなかった(私たちは、エミー賞受賞記者を含む複数の広報・メディア専門家の協力を得て、プレスへの働きかけを行った)。60ミニッツが何も問題を発見していなかったら、まったく違うストーリーになっていただろうと思う。調査報道は死んだのか?私たちが得た反応は、人々は忙しすぎて調査する時間がなく、登録完了まであと6ヶ月かかるであろう第3相試験を待ちたいというものだった。数日で終わる調査のために、半年も待つのは間違ったトレードオフのように思える。記事の正当性を確認するための1日か2日の調査ができないために、命が失われるのか?

つまり、この薬が本当に効くということ以外には、事実に合致した合理的な説明ができないということである。中立と言っても、事実に合わず、全く正当化できない。もし「ニュートラル」であれば、誰かが私の家のドアをノックして、100万ドルの賞金を請求しているだろう。彼らは、Seftel試験だけでなく、Lenze試験、フランスでの2つの観察研究、ドイツでの1つの観察研究、米国での2つの観察研究(TriNetXとStanford/UCSF)を説明することができるであろうし、複数の国で何百人もの患者にこの薬を使用している医師が、実際には何もしていないのに、薬が効いているように誤解されていたことも説明できるであろう。この薬を使用した人たちは皆、「運が良かった」だけだと思わなければならない。

最後に言いたいのは、証拠が説得力を持っていると信じているのは私だけではないということだ。コービッドにフルボキサミンを処方したことのある医師は、誰もが信じている。NIH、CDC、学界から30名の感染症専門家からなるキーオピニオンリーダーパネルは、2021年1月22日にズームで集まり、フルボキサミンのデータを検討した。彼らは、コービッドにフルボキサミンを使用することを医師が患者に話すべきだと、2:1以上の差で投票した。

最後に、エモリー大学医学部の学部長であり、再医薬の世界的な専門家であるVikas Sukhatme氏も、最近では妻のVidula氏と共著でインドのTimes of Indiaに寄稿し、フルボキサミンの使用を公に呼びかけている。

重要な質問 私たちは、完璧で決定的な高品質の研究を待つ必要があるのであろうか?私はそうは思わない。

私は、パンデミックの際に質の高い研究結果が出るのを待ってから提言を行うのは不適切だと主張する。私が知っている他の医師は、それを「非倫理的」または「犯罪的」と呼んでいる。

例えば ヒドロキシクロロキンの場合、医学界はLancet誌に掲載されたヒドロキシクロロキンに関する研究を受け入れ、 ヒドロキシクロロキンは利益よりも害が大きいと結論づけた。筆頭著者はハーバード・メディカル・スクールの教授で、トップジャーナルに掲載された。そしてその結果は誰もが思っていたこと、つまり ヒドロキシクロロキンは効かないということを裏付けるものであった。それ以上のことはできないであろう?

ただ一つ問題があった。誰もが決定的なものとして信頼していたその研究は、科学者によって急速に攻撃され、その後ジャーナルによって撤回された。本当のジャンク・サイエンスは撤回されてしまうものだ。

逆に、これらの薬が有効であることを示すいわゆる質の低い研究は、不正や不正確であると攻撃されたことはなく撤回されたこともない。では、なぜそれを信じてはいけないのだろうか?

皮肉なことに、「質の低い」研究ではなく、科学者全員が信じた質の高い研究が、撤回された唯一の論文となっている。

質の低い、あるいは中程度の研究がたくさんあれば、正しい答えが得られるのであろうか?そうだ!

NIHやWHOは、質の低い研究をたくさん行っても、薬が効くかどうかは全くわからないと主張する。なぜなら、 100×0は0のままだからだ。彼らは、”anecdote(逸話) “の複数形は “anecdotes (複数の逸話)”であり、データではないと言うであろう。彼らは、質の高いデータのみが推奨事項に影響を与えることで、自分たちは「良い科学」を実践し、エビデンスに基づく医療の原則を守っていると主張するであろう。

私は、彼らのやり方には敬意を持って同意しない。私はMITで学んだエンジニアとして、証拠をどのように組み合わせるか、そして結果を最適化する可能性が統計的に最も高い決定を下す方法を教わった。

エビデンスの質が低いと何が起こっているのか全く分からないというのは、明らかに間違っている。すべての研究には欠陥があるが、何百人もの研究者が参加した独立した研究の間で一貫した合意が得られている場合、これらの研究が伝えようとしていることを無視するのは無責任だ。イベルメクチン、 ヒドロキシクロロキン、そしてフルボキサミンの両試験の多くは、利益相反のない質の高い研究である。誰もこれらの研究者の間に共謀があったとは言っていないし、「決定的な証拠」もない。したがって、これらの不完全な研究を完全に無視するのではなく、その限界を理解し、正確である可能性を評価することができるのだ。

例えば、過去100回の研究で常に正しい答えを出している研究者が行った研究があれば、他の要素がすべて中立であれば、この最新の研究論文も正確である可能性はかなり高くなるであろう。通常、この分析には時間がかかるので誰もやらないのであるが、ここでは今日の状況が違う。5月14日の時点で、58万5千人以上のアメリカ人がコービッドで亡くなっており、皆が待ち望んでいるフェーズ3の研究はまだ6ヶ月以上先になる可能性がある。

私は、これらの薬の試験がどれも完璧であったと主張するつもりはない。そうではなかった。すべての研究には欠陥がある。

しかし、私が主張したいのは十分に大きな効果量があれば、質の低い研究であっても効果を示すことができるということだ。

どのようにしてそのようなことが起こるのかを理解するには、簡単な例を挙げるのがよいだろう。例えば、グルコースメーターを持った12歳の子供たちに、インスリンを注射すると血糖値が下がるかどうかの研究を依頼したとしたら、彼らの研究は100%肯定的なものになるであろう。逆に、同じ子供たちが生理食塩水を注射する実験をしたら、誰も効果を見いだせないだろうと思う。つまり、これらの研究を発表した何百人もの研究者と何十もの雑誌の一人一人が平均的な12歳の子供よりも能力が低いと思わない限り、彼らが発表した結果は全体として間違っているよりも正しい可能性の方が高いと考えるべきなのだ。

別の言い方をすれば、20以上の独立した第2相試験が行われ、すべてが100%一貫してプラスの効果を示し、その後の第3相試験で20の第2相試験すべてが間違っていて、効果がないかマイナスの結果が出たのはいつ以来であろうか?私の知る限りこのようなことは医学の歴史上一度もない。

質の低い研究を選別することなく、質の高い研究が完成するのを待つことができればいいと思う。その方が手間もかからないし信頼性も高いしたがってね。

しかし、今はもう時間がない。

インドだけでも毎日3,000人以上の人が亡くなっているのだ。したがって、今ある最高の科学的証拠を使って、最も多くの人の命を救う可能性の高い行動方針を提言することが必要だ。

そのためには、これらの研究の一つ一つを詳細に評価する必要がある。しかし、少なくとも1つの研究が正しいと仮定すれば、すべての研究が肯定的であったため、問題は大幅に単純化される。つまり20の研究のうち少なくとも1つはよくできていて、正しい答えを得ているという確信がある限り、すべての研究が肯定的であるための分析の必要はない。

もし間違っていたとしても、すぐに修正することができる

今から数カ月後、質の高い第3相試験が完了し我々の間違いが明らかになれば、その時点で間違いを修正することができる。人は間違いを犯すものだ。しかし現実的には第3相試験を待つ必要はないだろう。なぜなら解決法を広く展開し、それが間違っていた場合、統計データが変わるわけではないので、すぐに気づくことができ、その後、間違いを修正することができるからだ。つまり、今すぐ行動を起こし限られた証拠に基づいて行動することのデメリットはほとんどない。

実際、これらの3つの薬はいずれも安全で、早期に投与した場合に病気が悪化するという証拠もないため、最悪のデメリットは間違いを犯したときの恥ずかしさである。逆に治療を推奨しないことに固執すると、何十万人もの人が不必要に命を落とすことになる。

つまり、これは危機的状況ではないのである。NIHやWHOのこのような不当な推奨を無視し始めれば、世界中でより多くの命を救うことができるようになるであろう。

中立の評価は、実際には「使ってはいけない」と世界中で解釈されている

NIHとWHOは、自分たちの治療ガイドラインは診療ガイドラインであり、推奨を得るためのハードルは非常に高く、またそうあるべきだと主張している。エビデンスが不十分な治療法がガイドラインに掲載され、後にそれが正しくないことが判明した場合、絶対的な効果が証明されている治療法に対する信頼できるゴールドスタンダードとしてのNIHとWHOの評判に傷がつくことになる。

また、ガイドラインは義務ではなく、医師がイベルメクチンやフルボキサミンをコービッドに処方するのは自由であることも指摘している。

また、自分たちの仕事は、救える命の数を最大化することではないことも指摘する。彼らの意見では、推奨を正当化するのに十分な証拠がある場合にのみ推奨を行うということだ。

これらの議論はすべて公正で真実である。しかし、彼らの提言が世界中の政府や公衆衛生当局によってどのように解釈されているかという現実を無視している。

現実の世界では、医師、公衆衛生当局、メディア、そして一般の人々は、この論文にまとめられているような詳細な調査をする時間がない。その代わりにガイドラインに頼り、中立的な立場を「その薬は使うべきではない」と全員が解釈している。そして、ネガティブの評価はさらに悪いものである。要するに、世界中の(ほとんどの)医師は、NIHやWHOで推奨されていないものは、(適応となる臨床試験を除いて)使うべきではないと言っているのである。

中立/ネガティブの評価がどのように解釈されるかの例は、非常に驚くべきものだ。オランダはイベルメクチンを処方した医師に15万ユーロの罰金を科す。オーストラリアでは、イベルメクチンを処方した医師を刑務所に入れる。アメリカの薬局では、イベルメクチンが入手できないと言って処方箋の記入を拒否するであろう。もしあなたがYouTubeでコービッドの治療法としてイベルメクチンや ヒドロキシクロロキンについて語るなら、それはYouTubeのガイドライン違反であり、医師は自分のビデオを削除され、チャンネルを凍結され既存のビデオを消されてしまう。もしあなたがこれらの薬がコービッドに対して効果があると言及した場合、Mediumはあなたのアカウントを永久に取り消し、あなたのコンテンツをすべて削除する。もしあなたがFacebookで友達に「60ミニッツでフルボキサミンについて紹介される」と伝えようとすると、Facebookはその投稿を削除し、今度同じようなことをしたらあなたのアカウントを停止すると伝える。もしあなたがTogether Trialの中間結果を知らせるために個人的なメールを連絡先に送ろうとすると、SendGridはあなたのアカウントをキャンセルし、メッセージ内のリンクを削除し、すべての連絡先を削除し、購読停止リストを削除する。

インドの医療関係者のトップは、コービッドの有用な早期治療法は(モノクローナル以外には)ないという立場を正当化するために、NIHの中立・否定的なガイドラインを指摘している。ブラジルの主流メディアは、これらの薬剤に関する中立/ネガティブの立場を利用して、効果が証明されている治療法がなく、早期治療は危険であるため、早期治療を避けるようにブラジル国民に教えている。このNIHやWHOの中立やネガティブの評価は、結果をもたらすわけである。

想像してみてほしい。医者に行って ヒドロキシクロロキン、イベルメクチン、フルボキサミンについて尋ねたら、医者は 「これらの薬はコービッドの治療にWHO、NIH、FDAから推奨されていないので、処方しない 」と言われたとする。これは基本的にNIHやWHOが世界に向けて発信していることだ。

中立の推奨は、半分の研究で有益性が示され、半分の研究で有害性が示された場合にのみ適切である。その場合は中立の立場で、完全に正当化しなければならないだろう。私は、彼らがいかに正しいかについて短い論説を書いてもいいと思う。

しかし、現在の状況はそうではない。私たちは15/15の勝敗記録を持っていない。 ヒドロキシクロロキンでは29勝0敗、イベルメクチンでは早期治療で20勝0敗という記録があるのに、WHOは医師に「使ってはいけない」と言っているのだ。本当なのか?

勝敗数29/0無敗が「使ってはいけない」ということなら、ポジティブな勧告を受けるためには何が必要なのだろうか?

各勧告には、文字による評価と数値による評価がある。

  1. 推奨文の評価。A = 強い、B = 中程度、C = 任意
  2. エビデンスの評価
    • I = 主要な制限のない1つ以上の無作為化試験
    • IIa = その他の無作為化試験または無作為化試験のサブグループ解析
    • IIb = 非無作為化試験または観察コホート研究
    • III = 専門家の意見

もし、NIHがこれら3つの薬の推奨のリコメンドを変更し、IIaのエビデンス評価にBまたはCの推奨評価を与えたら、おしまいだ。

これは、「通常見たいと思うような第3相試験はまだないが、この3つの薬を服用すると、服用しない場合よりも良い結果につながることは明らかである、ということを効果的に世界に伝えられることになる。我々は、より多くの情報が得られれば、将来的にガイダンスを変更する権利を有している。」

別の視点

私が最も尊敬する科学者・医師の一人が、こんなことを書いてくれた。

イベルメクチンとフルボキサミンに効果がある可能性は非常に高いと思うが、既存の研究にはいくつかの限界がある。さらなる研究が必要であり、それを行うことが重要であることに同意する。倫理的に問題があるとは思わない。なぜならば、治療効果をもっと確認する必要があるからである。またプラセボを服用している人でも、研究に参加している人にとってはメリットがある。例えば、私たちは患者さんを注意深く観察し必要に応じて病院に行くようにアドバイスする。それだけで、たとえプラセボを服用していても命を救うことができるかもしれない。プラセボのリスクを負いたくない、医師が薬を処方してくれるかどうかを確認したいという人は、それを選択すればよいのではないだろうか。しかし、私にとって理想的なのは、得られた知識が他の人にも役立つ可能性がある試験に参加することだと思う。もし、治療効果が完全に証明される前にすべての研究を止めてしまったら、治療効果を明らかにする機会を奪ってしまうことになり、得られた知識によって全世界に利益をもたらす可能性のある方法で治療を受けるという潜在的な選択を人々に許さなくなってしまう。

 

このような意見は尊重するが、私が言いたいのは、これらの薬が効かないということはほとんどありえないということと、観察研究、無作為化研究、逸話的な報告のいずれに対しても、もっともらしい代替説明を誰も思いつかないということを合わせて考えると、命を救うために今すぐ使用し、これらの薬が配備された後に死亡数が減少するのを観察することが必要だということだ。この方法では薬の正確な効果の大きさを知るために必要な「きれいなデータ」を医学界から奪うことになるが、私は、今、命を救うことの方が重要であり、これらの第3相試験は結果が出るまでに約1年かかると主張する。そして、これらの第3相試験は結果が出るまでに約1年かかる。つまり、「苦難のバランス」を考えれば、今すぐ薬を投入することが明らかに有利なのだ。これが、ICMRがイベルメクチンと吸入ブデソニドの両方をガイダンスに含めた正しい判断の理由である。

人命に関わることでなければ私の友人の立場は妥当なものかもしれない。しかし、今回はそうではない。彼女の主張は自分のアプローチが失われる命の数を最小限にするとは言っていないことに注意してほしい。彼女がそう言わないのには理由がある。

彼女は、より多くのデータを待つことで長期的には失われる命の数を最小限に抑えることができるかもしれないと主張することができるが、それは推測の域を出ない議論である。

薬が効くのか、効かないのか、害があるのか。観察されたデータに基づいて、データに最も適合する仮説が「薬が効く」という仮説であることに、まったく疑問の余地はない。彼女も効果が本物である可能性が90%以上であることを認めている。したがって証明されるまでは使用することが、今日救われる命の数を最大化する可能性が最も高い行動だ。

簡単に言えば、もし私があなたに1枚の宝くじが入っている封筒と、最低1枚以上で10枚の宝くじが入っているかもしれない2枚目の封筒の選択肢を提示したら、あなたはどちらを選ぶか?という話だ。

認知的不協和への対処法(皮肉的)

この記事に書かれている議論は、多くの人にとって不快なものであろう。特に、NIHやWHOが間違ったことをしないという信念を持っている人にとっては。

もし、この記事についてどう思うかと聞かれたら、以下のような対応をしてみてはどうだろうか。

  1. 記事を読んで、確かにすべての効果はポジティブなものだったが、すべての研究は何らかの形で信用できないので、データがないということになる、と伝えてみよう。20の悪い研究は、20×0である。これは最も人気のあるテクニックだ。なぜなら証拠を無視することができれば、それで終わりだからである。効果がなく、すべての薬にはリスクがあるので、その薬は使うべきではないと結論付けられる
  2. 著者は医者ではないので議論する価値もないと指摘する。人格攻撃は、メリットを議論することを避けられるので便利だ。
  3. 頼りにしているサイト「c19early.com」は、報復を恐れて身元を明かさない人物が作成したものであり、そのサイトは動的なものであるため査読を受けることができず、信頼できないことを指摘する。そして、彼らがサイトをチェックして、サイトの内容のすべてが実際に正確であることは無視して誰も気づかないことを願おう。
  4. ヒドロキシクロロキンの効果を証明したLancet誌の論文が撤回されたことを指摘する。もちろん、これは実際には全く逆なのだが、これを言えばほとんどの人があなたを信頼するので、あなたが正しいと信じて騙すことができる(実際にこれを信じている医師もいる)。
  5. ヒドロキシクロロキンが推奨されなかった理由は効果がなかったからではなく、WHOが承認したもっと効果的な初期治療法があるからで、WHOは効果の低い治療法を人々に使ってほしくなかったのだ、と伝えてみよう。
  6. 記事が長すぎて、まだ読む時間がないけど、後で忙しくないときに返事をするよ、と伝えよう。そして、忙しくなるようにしよう。
  7. WHOやNIHはあくまでも彼らの意見であり、誰もが自分の意見を持つ権利があることを指摘しよう。彼らの意見は最高品質のエビデンスの評価に基づいているはずなので、エビデンスが得られない場合は、たとえ命が失われようとも中立的な評価をしなければならない。残念ながら、この議論には一貫性がないため、それほど良いものではない。もし研究がすべて欠陥品であれば質の高い研究が行われるまでは中立的な評価を下すべきだと主張しよう。
  8. メルク社はイベルメクチンをコービッドに使用すべきではないと言っており、新薬を製造していてすべてを失うので信頼できると指摘してみよう。メルク社はジェネリック医薬品ではない、より収益性の高い薬を追求しており、ジェネリック医薬品が有効となると彼らの潜在的な収益に悪影響を及ぼすということを誰にも知られないようにしてほしい。
  9. 薬局は処方箋の発行を拒否し、製薬会社はイベルメクチンの供給を停止するだろうと指摘する。こうすれば記事の内容がすべて正しくても何も変わりはしない。
  10. 単に読むのを拒否するだけにしておく。私が「記事を読んで間違いがあれば教えてほしい」と頼んだとき、実際、感染症の第一人者たちはそうしていた。彼らは党派に逆らうことはできないし、そうでなければ今後の研究に資金が投入されないからだ。組織はそのことを長く覚えている。
  11. 「フェーズ2の研究がフェーズ3の研究と逆転することはよくあることだ。だがここでは注意しなければならない」と伝えよう。もし彼らがその後、「本当に?」と聞いてきたら、「すべての研究を探すような時間はない」と言って立ち去ろう。

まとめ

致命的な事故を最小限に抑えたいのであれば、現時点での最良のエビデンスに基づいて意思決定を行い、致命的な事故を最小限に抑える可能性が最も高い選択肢を選ぶべきである。

これは全くもって、ぎりぎりの選択ではない。3つの薬には一貫性があり、説得力のある証拠がある。手元にあるデータの一貫性と、何百人もの医師と何千人もの患者からの逸話的な報告で確認できることから、この薬が主張通りに作用する可能性ははるかに高い。誰も、これらの証拠のほんの一部にも当てはまるような別の説明を提示していない。

もし私たちがこの薬を勧めるのが間違っていたとしても何の問題もない。しかし、もしその薬を勧めないことが間違っていたら、何百万人もの人々の命を不必要に犠牲にすることになる。

この3つの薬はニュートラルでもネガティブでもない。ポジティブな薬なのだ。これらの薬は医師が今すぐ使用することを明示的に許可すれば命を救うことができるし、そうなるだろう。

現在NIHに対する国民の信頼は過去最低の水準に向かっている。この記事では、その理由のいくつかを紹介した。この3つの薬に対する彼らの立場は擁護できるものではない。国民の関心が高い問題であるにもかかわらず、両機関は、それぞれの薬剤に関する世界的な専門家との公開討論を拒否するだろうと私は予想している。

彼らが断る理由は、そのような議論に負けることを知っているからである。それもひどく。しかし、インドだけでも毎日何千人もの人が死んでいるのに、中立的なオープンフォーラムで自分たちの推奨を守るにはあまりにも忙しすぎるという理由で、何らかの言い訳をするだろう。

今日、これらの薬を使っている医師たちと話してわかったのは、入院や死亡、長距離コービッドを劇的に減らすことができるのは、すべての感染者(年齢や危険因子、症状にかかわらず)を、イベルメクチンとフルボキサミンの2つの薬だけで、できるだけ早く治療することだということである。私は、この2つの薬を早期に(コービッドの症状が出てから 24時間以内に)投与された人で、入院したり、死亡したり、長期に渡ってコービッドを発症した人を一人も知らない。これは、複数の国で複数の医師が治療した600人以上の外来患者の未発表の有効性データに基づいており、この組み合わせによる有効性シグナルは、予期せぬ毒性を伴わないことを示している(両薬剤間に薬物相互作用はない)。FLCCCのプロトコルにこの組み合わせが追加されてからは、この組み合わせによる有害な報告はない。

医師のみなさんへのお願い

検査で陽性になった場合、症状が出るのを待たずに治療を行ってください。待つのは、家全体が火事になるのを待ってから消防署を呼ぶようなものです。コービッドは、David Ho氏がHIVの治療をすべきだと言ったように、迅速かつ懸命に治療されるべきです。そして、HIVでその教訓を学ぶのに何年もかかったように、コービッドでも、医師がこのウイルスをあのウイルスと同じように扱うべきだと理解するには、残念ながら同じくらいの時間がかかるでしょう。人類の歴史の中で、遅れて治療した方が良い結果が得られるウイルスはなかった。古い習慣はなかなか消えません。

医師が症状を待たずにコービッドを治療すべきであるように、NIHとWHOはさらなるデータを待つべきではありません。世界は火の海と化しており、今すぐ行動を起こす必要があります。消防隊長は、火災に対処するための最良の戦略を決定する前に、大規模な無作為化試験を求めることはありません。彼女は、たとえその証拠が完璧ではなくても、手元にある証拠に基づいて、死亡や障害を最小限に抑えるための最良の決定を下します。WHOやNIHも同じことをすべきだと思います。WHOやNIHも同じように、救える命の数を最大化するために、提言の内容を早急に調整すべきだと思います。


スティーブ・キルシュは、シリコンバレーを拠点とするハイテク分野の連続起業家である。また、20年以上にわたって医療関係の慈善活動を行っている。パンデミックが始まったとき、彼はM10の本業を辞め、COVID-19早期治療基金(CETF)を立ち上げた。CETFは、再利用された薬の外来臨床試験を行う世界中の研究者に資金を提供している。CETFは、David Boulwareが行ったヒドロキシクロロキンに関する臨床試験や、フルボキサミンの第2相および第3相臨床試験など、数多くの研究プロジェクトに資金を提供した。最近では、60分番組でフルボキサミンに関する彼の研究が紹介された。彼には利益相反はなく、彼の目的は人命救助に貢献することである。2003年には、ヒラリー・クリントンからNational Caring Award(ナショナル・ケアリング賞)を授与された。この記事はパンデミック時のエビデンスに基づく医療の失敗について、この1年間で学んだことを共有し、人々が自分の過ちに気づき、見方を変えてくれることを願って書いたものである。

コメント

バクスター 2021年5月16日

イベルメクチンの効果が現実に証明されて以来、私はイベルメクチンを支持している。より多くの証拠が出てきた今、フルボキサミンの方が良いかもしれないが、どちらもとても良い薬だ。NIHやWHOの勧告に関する質問であるが、もちろん彼らはお金のために嘘をつき、隠ぺいしている。何百万人とは言わないまでも、何十万人もの人々が苦しみ、死に、社会的に距離を置き、マスクをし、その他すべての不要なことをしている。99%の医師は医師ではなく、指示に従うだけのようだ。ピエール・コーリー博士は、彼が出演していたポッドキャストの中で、最も良い言葉を述べてた。彼は「患者を第一に考えよ」と言った。そのポッドキャストに出演していた次の医師は、「訴えられたらどうしよう?それは患者を第一に考えているとは言えない!!! コーリー博士は正しい!」

アヌラーダ 2021年5月16日

記事を全部読んだが素晴らしい記事だと思った。何かの含みがあるようなのは癪に障るが。研究を重視するあまり催眠術をかけるような含みがあるようで癪に障る。良い研究は素晴らしいけれども患者を治療しなければならないのは医師であり、医師は政府や組織のコンセンサスを待ってOKを出すことはできない。特にこの3つの薬は何十年も前から安全性が証明されているのだから。

レオ 2021年5月16日

ここブラジルでは状況は切迫している。早期治療を擁護した大統領に反対した主要メディアに支持された政党が、これらの薬に反対するキャンペーンを行い、さらには禁止するために裁判を起こしている。

stk 2021年5月16日

次はブラジルが候補に挙がっている。ブラジルでは、主流のメディアがすべて早期治療に反対しているので、かなり厳しい。インドで実績を上げればブラジルも注目してくれると期待している。

ケン・カプラン・エスケー 2021年5月16日

1. c19hcq, c19early, et al. のウェブサイトの著者は匿名で、自分の仕事を見せず、査読のために調査結果を発表していない。私は統計学者ではないし、専門外の無知を公言しているが、著者が身元を明かさず、ましてや研究の正式な審査を受けていない以上、これらのウェブサイトの証拠を真剣に受け止めることは困難だ。

2.キルシュ氏は非常に頭が良く資金力もあるようだが、医学界や政府の政策決定者が利用できる様々な疑惑のある研究の有効性について、NIHやWHOの結論に反論しようとするのではなく、実行可能だと思われる治療法の包括的な研究に資金を提供し、合理的な論争を超えた結果を得てはどうだろうか。

SARS-COV-2をめぐる研究に確信を与えようとする利他的な富裕層が、この世界的大災害から 1年以上経っても現れないのは本当に理解できない。

人々は苦しみ多くの人が亡くなっているのに、世界では薬の有効性が議論され続けている。もしかしたら我々は「真実を扱うことができない」のかもしれない。

私の2セントは、あなたのマイルストーンが変わるかもしれない。

フィリペラフェリ 2021年5月16日

1 .ヒドロキシクロロキンによる早期治療に関する29の研究があり、ALLがポジティブであれば、ネガティブにすることに統計的な奇跡はない。hcqmetaのオーナーを罵るのは勝手だ。彼らが匿名だと言っても構わない。それは重要ではない。

そして、匿名であるかどうかで何が変わるのでだろうか?ハーベイ・リッシュ教授、ピーター・マカロー氏、ディディエ・ラウール氏、この3人は素晴らしい実績を持っているが、彼らも同じことを言ってテレビに顔を出したことで彼らは侮辱を受けている。

2 .質問すべきは、なぜ今日まで誰もヒドロキシクロロキン+アジスロマイシンの大規模でよくできた外来試験を行わなかったのかということだ。NIHは無限の予算を持っている。WHOもそうだ。

stk 2021年5月16日

ケン、「事実は揺るがないのだから、人々は人格攻撃に頼らざるを得ない」という私の指摘を証明してくれてありがとう。体制に反する発言をしても何の影響もないと思っているなら、あなたは小さなグループの一員だ。

c19earlyのサイトには小さな誤りがあったが、著者に注意すればすべて修正される。正当な修正が却下された人の話は聞いたことがない。他に例はあるだろうか?

臨床試験に資金を提供することについては、素晴らしいアイデアだと思う。私はすでに100万ドルの資金を投入したが、すべての負担を一人で負うべきではないと思う。救済するのは私の責任か?Patrick Collisonは非常に寛大で、Jeff Skollは非常に寛大で、Marc Benioffは非常に寛大で、FluLabは驚くほど寛大であったが、大口寄付者についてはそれだけだ。CETFは命を救うために貢献したいと考えている人たちからの資金を喜んで受け入れる。私はフルボキサミンの第3相試験(終了までに予想以上の費用がかかっている)を完了させるための資金を集めることもできない。大口のドナーは私に声をかけてくれない。代わりにゲイツ財団やスタンフォード、UCSFなどに話をする。しかし、トップの再利用薬であるフルボキサミンを見てほしい。誰が実際に結果を出しているのだろうか?そして、他に何も効果がなかった患者のLong-COVIDに対して100%の効果を発揮した薬があり資金を必要としているが、まだドナーはいない。もし命を救いたい、あるいは長期にわたるコービッドを治したいと思っているドナーを見つけたら、私はぜひ資金を提供したい「間違いのない」試験を幅広く用意している(効果があることはすでにわかっているが、他の人に「それを証明する」ための資金がない場合)。また、cyproheptadine、吸入アデノシン、fluvoxamine、fluoxetineなどのDB-RCTを行ってくれる病院をご存知であったら教えてほしい。資金を受け入れてくれる病院を探しているが、今のところ買い手がいない

ブルールー 2021年5月16日

スティーブさん、今までありがとう。私は数ヶ月前(8月から)から人にイベルメクチンを勧めているが、病院に行かなければならなかった人、飽和度が下がった人、肺炎になった人は一人もいなかった。その中には60代、70代、80代後半の方も含まれている。あなたのおかげで、私のところに来た人にはフルボキサミンの推奨を追加している。ken kaplan氏への良い回答だ。彼は、あなたが言うように、攻撃、攻撃、攻撃をするためにTSNのコメント欄に存在しているようだ。彼は、多くの勇敢な医師たちがしなければならなかったように、自分のキャリアのために音楽に直面することはない。その事実を指摘してくれてありがとうございます。本当にありがとう。あなたはヒーローだ。

コメント コメント欄を設置しました!

タイトルとURLをコピーしました