ディジュリドゥ健康増進法で気分や精神的ストレスを改善し自律神経の安定性を高める

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

睡眠ストレス・マネジメント音楽療法瞑想・呼吸

Didgeridoo Health Promotion Method Improves Mood, Mental Stress, and Stability of Autonomic Nervous System

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6765776/

要旨

伝統的な木管楽器であるディジュリドゥを用いた健康増進法の可能性について、特に気分、ストレス、自律神経の安定化の観点から検討した。

健康な日本人20名を対象にディジュリドゥ・ヘルスプロモーション法(DHPM)の10レッスンを実施し、気分調査票、血圧、ストレスマーカーとしての唾液アミラーゼ(sAmy)脈拍、Ln[低周波(LF)/高周波(HF)で表される自律神経バランスをレッスン前とレッスン前後に2回ずつ測定した。

対象者は、レッスンを受けた結果、日本語版Profile of Mood States 2nd Edition(POMS2)で測定された総気分障害(TMD:総合的気分障害の程度)が改善していた。その結果、被験者の脈拍はレッスン後に減少し、sAmyの減少と相関していた。また、被験者の年齢が高くなるほど、また授業前にTMDが高かった被験者、授業前にsAmy値が高かった被験者では、授業後にsAmyが減少することが明らかになった。Ln[LF/HF]で測定した自律神経バランスでは、レッスンの結果、副交感神経優位の被験者が有意に多かった。さらに、Ln[LF/HF]は10週間で減少したことが示されており、効果が持続することも明らかになっている。健康増進は社会全体にとって重要な関心事である。

今回の研究では、DHPMが気分、ストレス、自律神経の安定性に影響を与えることが明らかになった。今後の研究では、より長期的にレッスンを継続した場合の効果をモニターすることに焦点を当てるべきである。さらに、呼吸筋の強さなどの身体的影響も調べる必要がある。DHPMは労働者のメンタルヘルスを促進するために職場や地域の町内会・コミュニティでも採用される可能性がある。

キーワード

ディジュリドゥ健康増進法、気分、POMS2,TMD(気分障害)唾液アミラーゼ、自律神経バランス

1. はじめに

健康増進は、社会的・環境的環境によって引き起こされる疾患の予防に関して最も重要な概念の一つである[1,2,3]。フーリンは、健康増進をコミュニティの問題解決プロセスとして説明した[1]。しかし、その実施は大きな努力であり、様々な健康増進法を普及させるために、職場や地域の町内会/コミュニティのような小さなグループ環境から始まる。van Herten と van de Water が報告しているように、グローバルな健康と健康増進には多くの目標と決定がある[2]。したがって、健康増進法を教育し、訓練するために、小さなコミュニティグループから始めて、グローバルに考え、ローカルに行動することが重要である。先進国では、多くの人が職場環境や日常生活の個人活動などの社会的相互作用に起因する様々なストレスにさらされている[4,5,6]。

しかし、健康増進のためのコストなど、いくつかの課題があるかもしれない。McDaid と Park は、健康増進に関わる顕著なコストについて言及している。高所得国では、特にメンタルヘルスとウェルビーイング、および/または健康関連の手段を通じた不良メンタルヘルスの一次予防の分野では、比較的容易であろう。Joyceらは、メンタルヘルスと不安は職場における最も重要な健康問題のいくつかであり、労働者のメンタルウェルビーイングを維持するために経験的に支持された介入が行われるべきであることを示している[6]。もちろん、健康増進は複数の要因に依存する。

健康診断の受診率向上のための取り組み、職場のメンタルストレスを軽減するための法的措置、健康教育を通じた疾病予防のための取り組みなど、様々な政府の政策を制定し、奨励すべきである[1,2,3]。また、健康増進のための意識や動機づけも必要である。ストレスを解消するための日々の活動や生活習慣を通じて、国民の心身の健康を向上させることが重要である。特に、日常的な気分の安定化は非常に重要であり、過度の精神的ストレスを誘発しない一般的な方法を取り入れ、自律神経を安定化させる努力が健康増進には必要である。

健康増進は、一次予防策の実施という観点から理解することができる。メンタルヘルスや情緒的な健康に焦点を当てる場合には、これらの戦略を継続的に、かつ労力をかけずに実施することが重要である。さらに、より効果的な戦略には、例えば音楽や芸術、緊張やストレスを和らげる状況などの集団的な経験や楽しみを促進するための他の個人との接触が含まれるかもしれない。健康増進のために新しい戦略や方法を考案する場合には、気分調査や精神的ストレスの程度、自律神経系の変化などを調べて、その有効性を評価する必要がある。その上で、より多くの人にその有用性を広げるためには、どのような生活場面での導入が必要なのかを検討することが重要である。

ディジュリドゥは、オーストラリア大陸に自生するアボリジニの金管楽器である。木管楽器ではあるが、音の発生原理から木管楽器ではなく金管楽器に分類されている[7,8]。筆者の一人である小島T.は 2000年から伝統的な木管楽器であるディジュリドゥをマスターし、演奏家・演奏指導者として活躍している。腹式呼吸の促進、呼吸筋の適度な刺激、ディジュリドゥ演奏に伴う音の倍音や振動などの刺激が健康増進につながる可能性があることが認められている。また 2014年にはディジュリドゥ健康法推進協会(DHMPS)が設立され、マイスターと呼ばれるDHPMのトレーナーを含むディジュリドゥ健康法(DHPM)の開発に伴い、全国に展開されている。

ディジュリドゥについては、ディジュリドゥ演奏による呼吸筋強化効果を検証した報告がいくつか発表されている。これらの研究の被験者の多くは気管支喘息や睡眠時無呼吸症候群の患者であった [9,10,11]。Puhanらは、ディジュリドゥの演奏が日中の眠気や睡眠に関連するその他のアウトカムに及ぼす影響を評価し、中等度閉塞性睡眠時無呼吸症候群といびきを持つ患者において上気道の虚脱が減少することを発見した[9]。彼らは、定期的なディジュリドゥの演奏が、中等度閉塞性睡眠時無呼吸症候群の患者に受け入れられている効果的な代替治療法であることを発見した[9]。Eleyらは、オーストラリアのアボリジニの人々の喘息の有病率が比較的高いことから、気管支喘息に焦点を当てた。彼らは、ディジュリドゥの演奏が喘息のコントロールにプラスの効果があることを発見した[10,11]。

本研究では、DHPM(「健康増進法」としての演奏練習と準備運動を含む)の効果を気分変動、精神的ストレス指数、自律神経調節の観点から観察した。この研究は、DHPMのマイスターでありディジュリドゥ奏者でもある筆者(小島)が、ディジュリドゥを弾くとリラックス感が増し、気分が良くなるという学生の逸話を多く耳にしていたことから行われたものである。そこで私たちは、DHPMのレッスンが気分やストレス、自律神経系に与える影響を調べてみた。この論文のテーマについては、これまで研究エビデンスは見つかっていない。

DHPM授業は以下のように実施した。図1Aは、筆者の一人であるT.Kojimaが演奏しているディジュリドゥを示している。通常、ディジュリドゥは床や椅子に座った状態で演奏される。図1Bではディジュリドゥの種類をいくつか紹介している.この楽器は、4000年以上の歴史を持つアボリジニが1000年以上前に儀式で使用していた世界最古の木製楽器である[7,8]。ディジュリドゥは金管楽器である。ユーカリの木をシロアリに切り取られて楽器として使われ、図のようにそれぞれに色がついている。リードを使わずに唇を振動させやすくして音を出すために、他の金管楽器と同じように位置づけられている。また、演奏が上手になるにつれて、鼻腔から息を吸って口腔から吐く呼吸法で、呼吸による音の途切れがなく、長時間音が持続する「循環呼吸」などの演奏も行われるようになった。

図1 ディジュリドゥ演奏と健康増進法の教室

A)ディジュリドゥ演奏直前。B)いろいろなディジュリドゥ。C)実施中のディジュリドゥ健康増進法のレッスンの様子


図1Cに示すように、DHMPS岡山支部やマイスター養成講座などで行われている「DHPM」のレッスンでは、実際のディジュリドゥの楽器の代わりにプラスチック製のシリンダーが使用されている。なお、本研究の対象者は全員岡山支店でレッスンを受けた。

2. 材料と方法

2.1. 対象者

対象者は、DHMPS岡山支部で初めてディジュリドゥを始めた日本人初心者20名(男性1名、女性19名、平均年齢42.7±12.7歳、中央値43歳)であった。対象者は全員中等度から重度の疾患を持たないが、高血圧や糖尿病などの一般的な疾患を持つ者が含まれていた。本研究は川崎医科大学倫理委員会の承認を受けた(発行番号2416号、承認日2016年6月13日)。DHMPS岡山支部で募集した被験者のうち、ディジュリドゥ演奏に興味を持った被験者に口頭および書面でアプローチし、書面による同意を得た被験者を本研究の被験者として募集した。

2.2. DHPMにおける実際の方法

図2にDHPMの準備運動の概要を示す。これは10分間の準備運動であった。この10分間の間に、自然との一体感や脳幹の振動を感じ、次の人との一体感を感じ、全身をゆるめ、心のリラクゼーションを行うように促した。その後、実際のパフォーマンスに挑戦していただいた。

図2 DHPMの準備活動

DHPMの準備運動の概要である。10分間の準備運動で、自然との一体感や脳幹の振動を感じながら、さらに次の人との一体感を感じながら、全身をゆるめ、心をリラックスさせ、本番に没頭しようとする。


図3にDHPMの詳細を示す。ディジュリドゥを模したプラスチック製のチューブで遊びながら音を出した。詳細は以下の通りである。このDHPMはディジュリドゥそのものを演奏するものではないので、この健康法ではプラスチックチューブを道具として使用しているため、左右の腕(口の近くで、チューブを支えるために腕を前に伸ばした状態)が逆になっている。また、唇を動かして様々な音を出すことにも挑戦した。最後にクールダウンして1回のレッスンを終了した。約1時間のレッスンでした。

図3 DHPM

準備運動の後、プラスチックチューブを使用して実際にディジュリドゥを真似て吹いて音を出し、健康増進法を実践する。レッスンの実行。


2.3. 研究スケジュール

図4に被験者のレッスンと生物学的反応の検討に用いたスケジュールを示す。この研究に参加した被験者は10回のDHPMのレッスンを受けたが、10週間のコースの中でDHPMの最初の(激しい)期間は週2回のレッスン(3週間、6回)最後の(よりリラックスした)期間は2週間に1回のレッスン(8週間、4回)である。対照として、生体反応の測定をレッスン開始前に2回(1週間または2週間に2回)行った。生体反応として測定した項目は、気分調査(Profile of Mood States 2nd Edition(POMS 2)日本語版(金子書房株式会社、東京都)を用いた)血圧を用いた血圧測定、血圧を用いた血圧測定、血圧を用いた血圧測定、血圧を用いた血圧測定などであった。東京、日本)家庭用血圧計(オムロン上腕式血圧計、HEM-8713,京都、日本)唾液アミラーゼモニター®(ニプロ乾式臨床化学分析装置唾液アミラーゼモニター®を使用。製品コード59-014,ニプロ株式会社、大阪府、日本)唾液アミラーゼ(sAmy)測定によるストレス指数、自律神経バランスを測定したほか、TAS9VIEW®パルスオキシメーター(YKC、東京都、日本)を使用した。

図4 レッスンスケジュールと被験者の生物学的反応の測定

 

本研究に参加した被験者は、10回のDHPMの授業を受けた。最初の(激しい)期間は週2回の授業(3週間、6回)最後の(よりリラックスした)期間は2週間に1回の授業(8週間、4回)であった。対照として、全コース開始前に生物学的反応の測定を2回行った。生体反応として測定した項目は、気分調査(日本語版Profile of Mood States 2nd Edition(POMS 2)(金子書房株式会社、東京、日本)血圧、唾液アミラーゼモニタリング(ニプロ株式会社、大阪、日本)を用いた。唾液アミラーゼモニター®(ニプロ乾式臨床化学分析装置唾液アミラーゼモニター®、商品コード59-014)を用いてsAmy値を測定した。自律神経バランスはTAS9VIEW®パルスオキシメーター(YKC、東京都、日本)を用いて測定した。


2.4. 気分の調査(POMS2)

気分の調査は、POMS2 [12,13]を用いて行われた。POMS2は、従来は過去2週間程度の気分の状態を判定する記述的質問紙であるが、本研究では、その時点での気分の状態を評価するように求めた。

質問紙は30問の質問で構成されており、回答は「全くない」から「非常に男らしい」までの5段階であった。気分状態」は、以下の6つの尺度で測定した。

T-A:Tension-Anxiety(緊張不安)「きつく感じる/緊張している」は5段階で構成されていた。スコアが高いほど、被験者は緊張していると感じている。

D: Depression-Depression (Depression)は、”気分が落ち込んでいる、暗い “など5段階で構成されている。スコアが高いほど自信喪失感の増加を示す。

A-H:Anger-Hostility(怒り-宿題)「気分が悪い」など5つのステージで構成される。スコアが高いほど怒りの増大を示す。

F:「疲労感」や「疲れてしまう」など5段階で構成されている。スコアが高いほど疲労感が増していることを示す。

C:混乱、「混乱する」など5項目からなる。スコアが高いほど、混乱感が増し、思考力が低下していることを示する。

V:元気(Vigital)「活気がある」など5項目。この項目はポジティブな項目なので、他の5つの尺度とは異なり、スコアが低いと活動性が失われていることを示する。

Total Mood Disturbance(TMD)も算出された。これは、ネガティブな気分状態を総合的に表現したものである(下記の計算式)。主なスコアが高いほどネガティブな気分状態であることを示し、以下のように決定される。TMD = {[怒り-宿敵]+[混乱-恥ずかしさ]+[抑うつ-抑うつ]+[疲労-無気力]+[緊張-不安]}。・[活力]

2.5. 血圧と脈拍数

安静時、椅子に座り、腕を心臓の高さに置き、右前腕を中心に血圧と脈拍を測定した。

2.6. 唾液アミラーゼ

被験者は、まずレッスン前に口をすすぎ、POMS2アンケート回答を行い、血圧を測定した後、sAmy測定を行った[14,15]。専用スティック(ニプロ社製 唾液アミラーゼモニターチップ商品コード59-010)を舌下に30秒間置いた後、メーカーの指示に従い、唾液アミラーゼモニター®を用いてアミラーゼ濃度を測定した。結果は専用の用紙に記録した。

2.7. 自律神経バランスの測定

脈波はTAS9VIEW®パルスオキシメータ(YKC、東京都)を用いて測定した。測定時間は3分であった。この装置では、指先の動脈の容積の変化を波形で解析することで、平均波形の種類とパルス間隔の変動幅に基づいて多くの指標を表示することができる。また、変動の時系列データから、呼吸変動に対応する高周波変動成分(HF成分)と血圧変動に関連するマイヤー波に対応する低周波変動成分(LF成分)を抽出した。評価項目としては、Ln[LF/HF]で示される自律神経バランスを用いた[16,17]。本装置の説明書によれば、通常、2.0未満の値を「基本値」、2.0以上5.0未満を「注意力」、5.0以上を「注意力が強い」と定義しているが、本装置の説明書によれば、2.0未満の値を「基本値」、2.0以上5.0未満を「注意力が強い」と定義している。これらの場合、「注意」と「より強い注意」はLF/HFの比であるため、LFが表す交感神経とHFが表す副交感神経のバランスが高い、つまり交感神経優位であり、緊張やストレスの度合いが高いことになる。

2.8. 統計解析

統計解析は、SPSSバージョン22(IBM、シカゴ)またはMicrosoft Office Excel 2013を用いて行った。リスクの程度が5%未満の場合に有意差を示した(p<0.05)。

3. 結果について

3.1. 気分の評価:POMS2

図5Aは、20人の被験者のそれぞれについて、10回のレッスン前後のTMDの平均値と標準偏差を示したものである。TMDが有意に低下した被験者は8名であり、p値が0.05〜0.1の間で「低下傾向にある」と判定された被験者は2名であった。また、「レッスン前」と「レッスン後」の統計的比較ではなく、「レッスン前」と「レッスン後」の統計的比較ではなく、レッスン後のTMDの平均値がレッスン前に比べて減少したか増加したかという点では、18名の被験者が減少したのに対し、2名の被験者が増加していた。図 5B に示すように、数値が半減または増加すると仮定した場合、18 人の被験者が減少を示したのに対し、2 人の被験者が測定値の増加を示しており、この仮定に比べてカイ二乗検定では有意に低い値となっている。

図5 POMS2質問紙からのTMD

(A) 20名の被験者の10回のレッスン前後のTMDの平均値±標準偏差を示す。20人中8人の被験者は、レッスン前と比較してレッスン後に有意に低い値を示した。2名の被験者が減少傾向を示した(0.1>p>0.05)。B)レッスン前後のグループ間での比較ではなく、レッスン後の値がレッスン前の値と比較した人数とレッスン前後の値が比較された。予測値が半減または上昇すると仮定すると、18人で減少、2人で上昇する結果となった。カイ二乗検定では、有意に低下した被験者が多かった(p = 0.00035)


TMDの低下はネガティブな気分の低下と理解でき、この結果はDHPMのレッスンを受けることで気分状態が改善されることを示している。

TMDのレッスン前後の変化(後値-前値)との関係(被験者20人の10回のレッスン前後で測定)を図6に示す。また、年齢(図6A)とレッスン前のTMDの平均値との関係を示す(図6B)。いずれも有意な逆相関を示した。

図6 レッスン前後のTMDの変化(レッスン前後)と年齢、レッスン前のTMDとの関係

A)被験者20名における10回のレッスン前後のTMDの変化(後値-前値)と年齢との関係。結果は有意な負の相関を示した。(B)被験者20名の10レッスン前後のTMDの変化(事後値-事前値)とレッスン前のTMD値との関係。これは有意な負の相関を示した。


この結果から、対象者の年齢が高いほどレッスン後のTMDの低下が大きく、レッスン前のTMDが高いほどレッスン後のTMDの低下の度合いが大きいことが示唆された。

年齢については、一般的に高齢者は若年者に比べてTMDが高い(気分のマイナス要因が強い)ことを考慮すると、気分の観点から高齢者にはDHPMが有用であると推測される。

3.2. 血圧と脈拍

血圧は、レッスン前とレッスン後、またはレッスン全体が始まる前とレッスン全体が終わった後の2回に分けて比較した。しかし、特に変化は見られなかった。

図7Aは、TAS9VIEW®で測定した20名の被験者の脈拍数の平均値のレッスン前後の変動を示している。興味深いことに、3つのレッスンを除く全てのレッスン(5回目、7回目、8回目)で、レッスン前よりもレッスン後の方が脈拍が有意に低くなっていることがわかった。また、全20名の被験者の授業前後の平均値を比較すると、15名の被験者が低下し、5名の被験者が上昇していた。減少と上昇をそれぞれ 10 個ずつと仮定すると、カイ二乗検定では低下の方が有意に高いと判断された(図 7B)。

図7 授業前後の被験者の脈拍の変化とストレス指標となる唾液アミラーゼ値の変化

A)TAS9VIEW®で測定した脈拍数の変化。横軸は1回目から10回目までのレッスンを示している。実線は各レッスン前の20人の被験者の平均脈拍数を示している。点線はレッスン後の平均値を示している。5回目、7回目、8回目の授業時を除き、脈拍数は有意に減少している。

B)被験者20人の10回の授業の全ての平均脈拍数:15人の被験者で脈拍数が低下し、5人の被験者で脈拍数が上昇した。半分ずつを予測値としてカイ二乗検定を行った。値が有意に低下した被験者が多かった。

C)唾液アミラーゼについては、横軸は20名の被験者の各授業前の平均値を、縦軸はこれらの被験者の授業前後の平均値(後値-前値)の変化を示している。これは、有意な逆相関を示している。

D)横軸:TAS9VIEW®で測定した被験者20名の脈拍数値の変化(値後-値前)縦軸:被験者のレッスン前後の唾液アミラーゼ値の変化(値後-値前)。これは、有意な正の相関関係を示している。


これらの脈拍値の結果から、DHPMのレッスンを受けると脈拍が低下し、副交感神経が優位になることが予測された。気分の調査でのTMDの低下傾向とともに、鎮静化効果があると推測される。

3.3. ストレス指数:sAmy

sAmy値については、授業前後の変化を被験者全体で調べた場合と個人で調べたが、明らかな差は見られなかった。

しかし、図7Cに示すように、個別の場合には、レッスン前の平均値(X軸)が高い被験者ほど、10回のレッスンにおけるsAmyの平均変化(ポスト値-プレ値)の減少が大きい(Y軸)ことがわかった。これは、有意差のある逆相関を示した。この結果は、レッスン前のストレスレベルが高いほど、レッスンによるストレス解消効果が現れやすいことを示している。

さらに、図7Dに示すように、各被験者の10回のレッスン全体のsAmyの変化量(値後-値前)の平均値と脈拍の変化量(値後-値前)との間の相関は、統計的に有意な正の相関を示している。その結果、sAmy値で判定されるストレス指数の低下が大きい被験者ほど脈拍変化の低下が大きく、副交感神経作用が優位であることが明らかになった。このように、sAmy値と脈拍数の結果からDHPMのストレス軽減効果が推察されることがわかった。

3.4. 自律神経のバランス。Ln[LF/HF]

自律神経バランスは、TAS9VIEW®で算出したLn[LF/HF]で測定した。図8Aに示すように、10回のレッスンで20人の被験者のLn[LF/HF]の変動(ポスト値-プレ値)の平均値は、4回目と9回目を除いて低下した。仮に、授業の半分が低下し、残りの半分が上昇すると仮定すると、図8Bに示すように、カイ二乗検定では有意に異なる結果が得られる。この結果は、DHPMの優勢な効果が副交感神経に関係していることを示している。さらに、図8cに示すように、10回のレッスンでLn[L/HF]の減少または増加の回数を調べた。その結果、Ln[LF/HF]の減少がレッスン前よりもレッスン後に多く見られたのは12名、変化なしが3名、増加が5名であった。被験者の半数が下降し,半数が上昇すると仮定した場合,カイ二乗検定では減少を示す被験者の数が多いことが有意に示された。

図8 DHPMの自律神経バランスへの影響

 

A)10回のレッスンにおける被験者20名のLn[LF/HF]の変化の平均値(事後値-事前値)。4課と9課の場合を除いて値が低下している。

(B) パネルAの結果が半分ずつ減少し、半分ずつ上昇すると予測した場合を想定したカイ二乗検定。有意な減少を示す被験者が多かった(p=0.018)。

C)20名の被験者のうち10回の授業では、授業前よりも授業後の方がLn[LF/HF]の減少を示した被験者が12名、横ばいの被験者が3名、増加を示した被験者が5名であった。期待される変化の半分が減少し,半分が増加した状態でカイ二乗検定を行った。多くの被験者が有意な減少を示した(p = 0.021)。

D)DHPMの長期的な効果を観察するために、20人の被験者のLn[LF/HF]の平均値、中央値、分布を箱ひげ図とウィスカ図で示した。左から、レッスンに入る前の2回の測定値(1行目)1回目から6回目の測定値、すなわち、レッスン(最初の(激しい)期間)を週2回行うレッスン(計6回)の前(2行目)と後(3行目)7回目から10回目のレッスン(2週間に1回のレッスン、計4回:最後の(よりリラックスした)期間)のレッスンの前(4行目)と後(5行目)の測定値である。実線は有意差(p < 0.05)点線は傾向(0.1> p > 0.05)を示す。


さらに、10レッスンのグループ全体または20人の被験者全員を対象に、10週間のコースにおけるDHPMの最初の(激しい)期間は週2レッスン(3週間、6レッスン)最後の(よりリラックスした)期間は2週間に1回のレッスン(8週間、4レッスン)とし、前述の分析を行った。このように激しいレッスン期間とリラックスしたレッスン期間を設けたのは、Ln[LF/HF]で決定されるDHPMによる自律神経系への影響が持続するかどうかを判断するためである。

図8Dに示すように、最終レッスン(7回目から10回目)の各レッスンのLn[LF/HF]の事前値は、最初のレッスン開始前に測定した2つの対照測定値と比較して、20人の被験者のレッスンごとのLn[LF/HF]の事前値が有意に低くなってた。さらに、最終(よりリラックスした)期間(7回目〜10回目)の被験者20人の各授業のLn[LF/HF]の事前値は、授業の最初の(激しい)期間(1回目〜6回目)の被験者20人の各授業のLn[LF/HF]の事前値に比べて有意に低かった。また,授業の初期(第1回~第6回)や最終回(第7回~第10回)の各授業におけるLn[LF/HF]の事後値は,授業開始前と比較して低い傾向が見られた。

これらの結果から、DHPMの継続的な実践は、自律神経のバランスを安定させ、日常生活において副交感神経優位の状態を形成することにつながることが示唆された。

4. 考察

一般市民の健康増進に対する意識が高まり、様々な健康増進法が提唱されている。本研究では、まず研究成果と類似研究との関連性について議論し、次に研究の反省点をまとめ、最後に研究成果の健康増進分野への応用を提案する。

著者の一人である小島俊哉は、ディジュリドゥと呼ばれる伝統的な木管楽器の演奏に親しみ、DHPM(準備運動を含む「健康増進法」としての演奏練習)を考案した。この方法を採用することで、呼吸筋などの適切な筋肉を鍛え、精神面でのポジティブな貢献に加えて、患者の安定化が図れると考えたのである。そこで、気分変動、ストレス指数(心身ともに)自律神経コントロールの観点から、DHPMの効果を観察し、記録した。

呼吸筋の強化などの身体的効果も、DHPMのレッスンを受けた後にはかなりのものである。しかし、本研究シリーズでは、病院や実験室ではなく、小さな個室でのレッスンとなった。スパイロメーターは呼吸筋力を測定するのに有効な機器であるが、レッスンが行われる個室では使用できなかった。そのため、今回の研究では気分やストレス、自律神経系に着目した。今後、本研究をもとに呼吸筋力の調査を行っていく。

POMS2で測定した気分の変化は、10回のレッスンでネガティブな気分が緩和され、イキイキとした気分で生活するための基盤が形成されることを想定した。この効果は、レッスン前の年齢が高かったり、TMDが高かったりした被験者ほど大きかった。DHPMの有用性は、ネガティブな気分になっている被験者に認められた。

さらに、脈拍測定で観察された自律神経のバランスでも、レッスン後には脈拍バランスが著しく低下し、副交感神経が優位になっていることが認められた。さらに、sAmyの測定によりストレスレベルをモニタリングした結果、レッスンや被験者ごとに明確な結果は得られなかったが、レッスン前の値が高いほど、レッスン前後での低下が大きいことがわかった。さらに、これは脈拍の変化と正の相関を示した。つまり、ストレス指標であるsAmyの値も、レッスンを受けた後の脈拍数の減少(副交感神経が優位になる度合い)とともに減少していたのである。これら複数の指標が同じ傾向を示していることから、DHPMにはストレス解消作用があると考えられる。

また、自律神経系の変化については、脈拍を心拍計として考え、パルスオキシメーターを用いて自律神経バランスを調べ、Ln[LF/HF]を測定した。その結果、他の指標と同様に、多くの授業で、多くの被験者で副交感神経優位が見られた。さらに、今回被験者が実施したDHPMは10週間のスケジュールで、最初の(激しい)期間は週2回の授業(3週間、6回)最後の(よりリラックスした)期間は2週間に1回の授業(8週間、4回)となっていた。最終期では、Ln[LF/HF]で測定される自律神経のバランスが副交感神経優位になることが明らかになった。これらの結果から、各レッスンとその継続が副交感神経優位の状態、すなわちストレスの緩和、生活習慣としての過剰な緊張の緩和、安定につながることが示唆された。

DHPMには、精神的または自律神経をコントロールする効果がある。さらに、今回の研究では検証されていないが、呼吸筋の強化などの身体的効果も想定されている。これらの結果から、DHPMは心身ともに健康増進に寄与する一つの手段として推奨されるべきものと考えられる。

この研究にはいくつかの限界がある。その一つは、生活習慣、食生活、運動トレーニングの状況など、対照群がないため、対照群がないことである。そのため、DHPMトレーニング開始前に2回測定を行った。さらに、インフォームドコンセントを得る際には、この研究の目的と目的、使用する機器の性質、そしてこれらの機器がこの研究で何を明らかにするかを説明した。このように、被験者は、DHPMが気分、ストレス、自律神経系に影響を与える可能性があることを基本的に認識していた。この認識が実験結果に与える影響を最小限にする、あるいは回避するために、被験者はDHPMのレッスンを開始する前にパラメータを2回測定した。

今回の研究では、上記のような制約があっても、DHPMが気分の改善、ストレスの軽減、自律神経の副交感神経優位性を誘導することが検証された。心の健康と情緒の促進という観点からも十分に評価できる健康増進法である。この方法は、日常生活にどのように応用できるのであろうか?DHPMは、最初の2週間は週2回の授業で構成されており、その後は2週間に1回の頻度で授業を行うことができる。図1Cに示すように、教室のサイズは、好ましくは約20人までの少人数グループで構成されている。レッスンは、通常、経験豊富な参加者にとっては、約1時間以内に、またはそれ以下の時間で完了する。このような状況を考えると、職場の昼休みや就業時間後に教室を設置することも可能である。近年の労働衛生上の配慮では、メンタルヘルス不調の一次予防と更なる予防の重要性が強調されている[4,5,6]。さらに、三次予防策としてのメンタルヘルス不調者のリハビリテーションや職場復帰も課題となっている。一次予防、三次予防の目的で導入することは有益である。さらに、地域内にDHPM教室を設置することで、住民間のコミュニケーションの向上にもつながり、地域全体の個人の健康レベルが向上する。これらの目的は、提案するコンセプトと合致している。

ディジュリドゥ健康法推進協会では、DHPMを指導する指導者(マイスター)の育成にも力を入れている。この健康法は数人から 20人程度のレッスングループでの実施にも適しており(図1C)継続的に実施するためにはマイスターの育成も必要である。今後は、一般の健康な人々を対象とするだけでなく、企業や工場でも健康増進の一形態として実施することが可能である。最近では、様々な産業や工場の労働者にジムでの運動が奨励されている。Gazmararianらは、職場での介入を用いて身体活動(PA)に対する複数の障壁に対処することの有効性を評価した。彼らの結果は、あるグループが単独でジム活動に参加した場合、対照群と比較して有意な改善は見られなかったことを示した。しかし、ジムでのフィジカルトレーニングに基づく教育を行うと、改善は9カ月以上持続した[18]。Partonenらは、監督下での身体運動と明るい光への曝露を組み合わせることは、冬季の気分と健康関連の生活の質のある側面を改善するための効果的な介入であるように思われると報告している[19]。彼らの報告はフィンランドの被験者を対象としているので、明るい光は家庭環境において重要な要因であるかもしれない。しかし、総合的な健康増進のためには、身体的な運動と精神的な健康増進の組み合わせの方が確かに良い。さらに、これらの労働者が週に2回DHPMを実施すれば、身体的な健康だけでなく精神的な健康も向上するであろう。また、DHPMのもう一つの魅力は、地域の町内会やコミュニティが参加できることである。このように、地域の小さなグループから始めて、他の地域のグループにも広げていくのが良いであろう。このような取り組みは、ディジュリドゥを使った健康増進に役立つはずである。

今後は、DHPMの健康増進効果を他の類似した方法と比較して検討していく必要がある。今回の研究では、DHPMの設置場所の制約から身体的な変化は調べられなかったが、精神的な状態だけでなく、身体的な状態も改善するという点で、DHPMの特徴があると考えている。ジョギングやジムでのトレーニングなど、積極的な健康増進法は数多く存在する。また、一部の栄養補給、ビタミンなどの経口サプリメント、乏しい食事なども行われている。これらの方法とDHPMを比較すると、コスト面ではDHPMが有利であるが、DHPMは小さな音を出さないので、トレーニングや場所の確保のためにマイスターや講師が必要である。一度DHPMを経験した人は、以前よりも心身の健康に気を配るようになるかもしれない。これは、彼らがはるかに健康になるかもしれない。

5. 結論

DHPMを開発し、気分、精神的ストレス、自律神経系の安定性について評価した。その結果、10週間のDHPMを修了した被験者には、気分の改善が見られた。また、sAmyで測定したストレスは、被験者の年齢が上がるにつれて、レッスン後に減少した。さらに、10週間の間に自律神経系が副交感神経優位に傾くことが示されており、その効果が持続することも明らかになった。これらを総合すると、DHPMは健康増進のための十分なツールであると言える。今後は、職場や地域の近隣地域への展開も検討されるべきであろう。

  • 翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 機械翻訳による誤訳、文章省略の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker