ロバート・マローンワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ遺伝子ワクチン抵抗戦略・運動

ディフィート・ザ・マンデート LA -義務化を打ち破れ ロサンゼルス

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Defeat the Mandates LA

rwmalonemd.substack.com/p/defeat-the-mandates-la

ロバート・W・マローン医学博士、MS

私は、オープンハートで、治癒を約束する医師として、3つのシンプルな言葉を携えて、皆さんのもとにやってきた。 どの言葉も、誠実な人々の心の中で鐘のように鳴り響く。

誠実さ 威厳 共同体

誠実さとは、自分の発言や生き方、他人への接し方において、真実を貫くことを意味する。

尊厳は、自分自身、お互い、そして我々の住む世界に対する敬意から生まれる。

共同体は、我々を結びつけ、互いに結びつけ、我々の人生に目的と意味を与えてくれるものである。

ローマ・カトリック教会の博士である聖アウグスティヌスの有名な言葉に、「真理はライオンのようなものだ」というものがある。あなたはそれを守る必要はない。放っておけばいい。それは自分自身を守るだろう」

戦争で儲けた陰謀団に対抗したハリー・トルーマンは、「私はただ真実を告げ、彼らはそれを地獄だと思う」という有名な言葉を残している。

私はパロアルトで生まれ、ゴレタで育ったが、生まれ故郷のカリフォルニアに戻っても、ほとんど分からない。 私の青春時代の開放的で自由を愛する社会はどうなってしまったのだろう。 なぜ、言論の自由が蔑ろにされ、なぜ、ロサンゼルス・タイムズは何の根拠もなく、人々にナチスのレッテルを貼る必要があるのだろうか? ナチスが左翼政党として権力を握ったこと、そして彼らの台頭の特徴は、検閲、プロパガンダ、人々をコントロールするための大衆形成精神病を積極的に利用したことを忘れているのだろうか?

私はオバマとバイデンのキャンペーンに寄付をしたが、今では後悔している。 この2年間、特にここカリフォルニアで、世界経済フォーラムで学んだギャビン・ニューサム知事の下で見たものは、目に余るものがあった。 今、Unipartyは彼を大統領に押し上げようとしている。彼と彼の党が全体主義的な命令と法律を拡大する前に、彼を止めなければならない。 医学的緊急事態は存在しない。 カリフォルニア民主党とそのWEFの同盟者が我々に課そうとしているこれらの法律を正当化する理由はないのである。

これは私の真実であり、自明の理であると信じている。

SARS-CoV-2やCOVID-19に対する公衆衛生上の対応を政治化すべきではなかった、しかし我々はここにいる。 それが、世界経済フォーラムの党利党略の信奉者たちによってなされたことなのだ。

COVIDの遺伝子ワクチンについては、科学的に解決されている。

これらはオミクロンの感染、複製、拡散を防ぐ働きはなく、完全に安全というわけでもない。

これらのワクチンは、武漢株という別のウイルス用に設計されたものである。高齢者や体の弱い人を元のウイルスから守るために意味があるかどうかは関係ない。 だから、そのような議論はやめよう。我々は前向きに考えなければならない。

これらの遺伝子ワクチンは、オミクロンの感染やウイルスの複製、他者への感染を防ぐものではない。 日常生活の中で、友人と、家族と、我々は皆、この事実を知っている。世界中のデータから、三種混合ワクチンを接種した人は、オミクロンによる感染、病気、死亡のリスクが高まる可能性があることが分かっている。

これらの遺伝子治療は漏れがあり、耐久性に乏しく、米国のすべての男性、女性、子供がワクチンを接種したとしても、これらの治療では群衆免疫を獲得し、COVIDを阻止することはできないのである。また、完全に安全とは言えず、そのリスクの全貌は未だ不明である。 これに対して、健康な免疫系がCOVIDに感染し回復した後に獲得する自然免疫は、長期間にわたり、広範囲にわたって、このウイルスによる病気や死亡から高い保護効果を発揮する。

リスクがあるのなら、選択肢がなければならない。

これは現代の生命倫理の基本的な岩盤の真理である。

すべての医療行為、ワクチン、医薬品にはリスクがある。

我々は皆、そのリスクを理解し、そのリスクを喜んで受け入れるかどうかを自分で決める権利を持っている。これを否定することは、人間の尊厳を否定することだ。 これらの検閲とプロパガンダのキャンペーンは、我々を軽んじている。

悪は多くの根源を持っている。人間の尊厳を否定する意志は、最も大きなものの一つだ。 我々は皆、心の中で、そして魂の中で、これが真実であることを知っている。

私はヒポクラテスの誓いを深く心に刻んでいる医師だが、何よりも夫であり、父親であり、祖父である。今、私は子どもたちについて、そして子どもたちに対する我々の責任についてお話ししたい。

何はさておき、我々は子供たちを育て、守らなければならない。 これが第一の仕事である。 これはあなたの仕事である。 私の仕事でもある。我々を守るのは、彼らの仕事ではない。 そして、この2年間、我々の社会と公衆衛生の対応は、彼らを守ることに失敗してきた。 公衆衛生システムが子どもたちに要求してきた多くのことが、子どもたちに直接害を及ぼしてきたのだ。

子どもたちの自傷行為、自殺、薬物乱用は世界中で増加している。 不安、いじめ、脅迫、強要が常態化している。幼い子どもたちのIQは低下している。 幼少期の根本的な遅れが計測される。 そして、高齢者をウイルスから守るために、子どもたちに遺伝子ワクチンを注射することによる身体的被害が起こっている。子どもたちは決してマスクをしてはいけないし、このような虐待は二度と起こしてはいけない。

親として、子どもたちを守るのはあなたの責任である。もし、このような遺伝子ワクチンで害を受けたら、あなたが面倒を見なければならない。 そしてあなたは、あなたと彼らの残りの人生において、それを背負うことになる。もしあなたの子供がこれらのワクチンによって害を受けたら、あなたは悲しみと介護の負担を一人で背負うことになる。

これらの遺伝子ワクチンは、あなたの子どもを傷つける可能性がある。 脳、心臓、免疫系、そして将来子供を持つ能力を損傷する可能性がある。 そして、このようなダメージの多くは修復することができない。

したがって、お願いだから、あなたの子供がこれらの実験的な医療製品によってダメージを受ける可能性があるということについて、情報を入手してほしい。 誰にも指図されないでほしい。 自分の頭で考えてほしい。 なぜなら、子どもたちを守り育てるのは、あなたの責任だからだ。 もし、子供たちが被害を受けたら、州知事も、連邦政府の公衆衛生担当者も、テレビの医者も、あなたを助けてはくれないだろう。 あなた、あなたの家族、あなたの子どもは、自分たちでその重荷を背負わなければならないのだ。

~~~~~~~~~~

最後に、希望がある。 我々はこれを乗り越えることができる。 我々はすでに、群衆の狂気、大衆形成、レガシーメディアの影響、公衆衛生政策を捻じ曲げてきたハイテクが推進する恐怖と心理操作を突破している。オミクロンは、ワクチンは安全で効果的であり、早期の薬物治療は効かないという承認された物語を破壊した。 大統領が予言し、メディアで金をもらっている恐怖政治家たちが推し進めた暗い冬は、実現しなかった。

我々は自由な国民であり、農民、商人、店主、地主によって作られた憲法に基づき、これまで250年近く自分たちを統治してきた。 これらの先人たちは、王政と寡頭政治を拒否し、世界に刺激を与え続ける憲法を作り、そのために戦ってきた。 丘の上に輝く都市。 キャメロット。我々は、選挙で選ばれたわけでもない世界経済フォーラムに管理される必要はないのである。 彼らは自分たちを管理することさえできないのだから。

私が子供の頃、ある優れた人物が「自分の国が自分のために何をしてくれるかではなく、自分が自分の国のために何ができるかを問いなさい」と言った。これは我々の国である。この素晴らしい贈り物は我々のものであるが、それを守りたいのであれば、守らなければならない。彼の言葉を心に刻んでおくこと。

我々は皆、リーダーになれる。そして今こそ、その任務を果たすときだ。 この3つの言葉を胸に刻むことができれば、我々はこの難局を乗り切ることができる。

誠実さ /Integrity

尊厳 /Dignity

共同体/ Community

タイトルとURLをコピーしました