クリス・マーテンソン政治・経済金融危機・インフレ

ドルの死 Chris Martenson and George Gammon LIVE 

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Death of the Dollar

Chris Martenson0:25

こんにちは。皆さん、このライブキャストへようこそ ピークプロスペナンススタジオからです。本日の司会はクリス・マーテンソン博士です。クリスと呼んでください。素晴らしい番組にしましょう。今日は親友の特別ゲスト George Gammonをお招きします。

この番組で聞くことは医学的または財政的な助言とみなされてはならないので、覚えておいてください。この番組では、医療や金融に関する助言は一切行いませんので、ご自身の判断でお願いします。データとは、情報とは、行動に移すことができるデータです。

ですから、私たちは、世界で何が起こっているかを理解する手助けをするためにここにいるのです。そして、本当に複雑な環境を乗り切るために、できる限りの仕事をしています。今、この瞬間 世界ではいろいろなことが起こっています。

そこで、今日は経済について、もちろんGeorge Gammonと一緒にお話しします。彼はまさにマクロのスペシャリストです。そして、ドルの死について話すつもりです。ペトロドルが抜かれたことを考えると、これは完全な可能性です。そこで、誰もが気になるインフレについてお話しします。そしてもちろん、食料と食料不安などについても。これが私たちが今生きている世界なのです。

さて、今日の番組ですが、今日の番組にはスポンサーがついています。スポンサーはsecure.comです。セキュアというのは、今の世の中、セキュアなメッセージングとか、そういうのが必要な会社ですよね。セキュアのスペルはSEKです。独自の暗号化技術を使って、完全にプライベートで安全なインスタントメッセージや電子メールを提供する会社なんです。

今の時代。あなたのメールやメッセージ、あるいは銀行の情報さえも簡単に悪者に傍受され、あなたの個人情報、写真、チャット、電子メールが ね、それらは一貫してビッグテックによって採掘され、販売されているのです。

だから、あなたが無料の製品を使用するとき、あなたは製品であり、あなたのデータを気にしない安全な、あなたの電話番号を尋ねたことはありませんあなたは簡単に、安全なユーザーと非ユーザーと同様に通信することができ、あなたの医者、銀行員、弁護士や他の誰かに完全に安全な電子メールを送信することができます。

メッセージを破棄する時間を設定することもできます。インターネットプロバイダでさえ、あなたのメールを覗き見することができます。デジタル・アイデンティティの絶え間ない盗難を防ぐには、cureが最適なソリューションです。メッセンジャーなら月5ドル、メッセンジャーとEメールを合わせても月10ドルしかかかりません。

secure.comにアクセスし、今すぐプライバシーを取り戻しましょう。Peekのインサイダーは25%オフ、インサイダーでない方はプロモコードpeak15で期間限定15%オフです。本日のスポンサーであるセキュアに感謝します。では、さっそく本題に入りましょう。

本日は盛りだくさんの内容です。我々はここでモニターしています。時間があれば、あなたのコメントをスクリーンに映し出し、議論するのが適切でしょう。そのため、コメントする際には、私たちがそのコメントをここに持ってきて話をする可能性があることをご承知おきください。それでは、特別ゲストのGeorge Gammonをお招きします。ジョージさん、どうもありがとうございます。

George Gammon 3:42

お招きいただきありがとうございます。このような形で、このような形で、このような形で、このような形で。

Chris Martenson 3:47

ええ、確かにそうですね。このような、「クラッシュ・コース」を更新する時期が来たため、ジョージは、もう一度、このコースを見直すつもりです。経済、エネルギー、環境などを通して、この講座は、人々が経済の仕組みを本当に知ることが、今日、これまで以上に重要だと思います。

私は何千人もの聴衆と話をしてきましたが、いつもこう質問します。「聴衆の中で、銀行システムでお金がどのように作られるのでしょうか、どこで学びましたか?手を挙げたのは2人だけで、1人はオベリンの急進的なマルクス主義の経済学教授の下で修士号を取得した人、もう1人はUMassのマルクス主義の経済学教授でした。誰も

George Gammon 4:40

他のマルクス主義者は、銀行システムの仕組みを知っている人たちです。

Chris Martenson4:44

ええ、まあ、それは本当です。では、そこから始めてもいいでしょうか?つまり、私たちの理解を助けるのにこれ以上の人はいないと思うんです。つまり、お金とは何なのでしょうか?お金とは何でしょうか?

George Gammon 4:55

まあ、お金は価値の貯蔵物であるべきです。お金について考えるとき、その最も純粋な形は、過剰な生産性を保存する方法であると思います。そして、それは1つである必要があります。そのほかにもいくつかあります。

マイク・マロニーは、この点について非常によく説明しています。また、取引もできる必要があります。そのほかにも、7つの異なる条件を備えている必要があります。しかし、私にとって、お金と通貨の違いは、通貨は本当に取引できるものだということです。そのため、非常に効率的に取引を行うことができます。しかし、お金は過剰な生産性を貯蔵するものです。

例えば、金(ゴールド)のようなものです。40時間働いて1000ドル稼いだとして、そのうち500ドルしか消費しないとしたら、その余剰生産性、つまり500ドルを価値の下がらないものに蓄えておきたいと思うのです。というわけで、お金については、まずそこから始めることになります。多くの人がお金だと思っているのは、単なるドルであり、これは通貨です。

つまり、通貨はどのように機能するのでしょうか、ということです。通貨はどのように作られ、私は破壊され、そしてどのように機能しないのでしょうか。まずは商業銀行制度から始めなければならないと思います。

誰かが銀行に融資を受けに行くとき、 例えば、家を買うために、承認されれば ウェルズ・ファーゴが50万ドルを融資するとします。家を買うために、他の誰かから50万ドルを取り上げるのではなく、実際に新しいドルを生み出しているのです。だから、総貨幣供給量、例えばm2を測定値として見た場合、あまり良い測定値ではありません。

しかし、これを例として挙げます。m2のマネーサプライは、他の条件が同じなら、 融資額50万ドル分だけ増えているはずです。 そのお金が銀行に返済されると、事実上、破壊されると考えていいでしょう。これをもっと理解するために、極端に言うと 例えば、今日融資を受けて、明日返済するとします。そうするとね、マネーサプライが500増えて、50万円減るんです。

次の段階として、連邦準備制度の話をします。多くの人が、連邦準備制度は、お金を印刷しています、 しかし、それだけでできるわけではありません。FRBがバランスシートを9兆、10兆、15兆に拡大しても、実体経済で商品やサービスを購入する通貨単位が増えるとは限らないという観点から、それは政府の赤字支出に大きく関係しています。

そしてもちろん、商業銀行の話に戻りますが、彼らがどれだけ融資しているかということです。金利をゼロにすれば、より多くの人がローンを組めるようになります、というのがその論拠です。銀行は儲かるなら喜んで融資をするはずです。ある程度はそうでしょう。しかし、例えば消費者のバランスシートが完全にレバリングされているようなシナリオもあります。

私はバランスシートを見るのが好きなのですが、世界中のあらゆるお金を手に入れることができます。バランスシートの容量を設定することで、銀行システムでどのようにお金が作られるかを、より正直に見ることができると思うのです。

私は、銀行が世界中のあらゆるバランスシートの能力を持つことができる、と言っています。しかし、貸し出す借り手がいなければ、あるいは返済してくれる可能性の高い人がいなければ、良いローンがなければ、ローンを組むことはないでしょう。

消費者も同じです。金利を0%にすることだってできるのに。しかし、別のローンを組んだり、別の借金を支払ったりするのに十分な収入がなければ、その借金をすることはないでしょう。つまり、多くの変数が関係しているのです。

George Gammon 9:21

しかし、政府が赤字国債を発行し、その国債を購入した場合、2つの異なるグループによって購入される可能性があります。このあたりからニュアンスが変わってきますが、聴衆の皆さんはこの程度の議論、この程度の詳細には対応できると思います。

例えば、ジャネット・イエレンが10億ドル相当の国債を発行するとします。この国債を購入する可能性があるのは、2つのグループです。ノンバンクか、銀行か。ノンバンクはURIのような、普通の人たち、銀行はJPモルガンのような、FRBに口座を持っている銀行で、銀行準備金を使うことになるでしょう。

銀行の現金のようなものです。ドルが商業銀行システムにとって負債であるのと同じように、FRBの負債となります。JPモルガンが国債を買えば、その国債はバランスシートに入って、連邦政府の、つまり銀行の準備金となり、連邦政府は小切手を発行することになるわけです。ネットバランスでは、流通するドルの量が増えることになります。そもそもドルは、国債を買うために実体経済から出たわけではありませんから。

しかし、一般市民や銀行以外の団体が実際に国債を買えば、経済からドルを吸い上げ、同じドルを再び使うことになるので、ネットバランスでは、FRBが量的緩和を行うまでは収支が合わないことになります。そこで起こるのが、プライマリーディーラーと呼ばれる人たちです。

FRBが「やりたい」と言うと、これはニューヨーク連銀のトレーディングデスクです。10億ドル分の国債を買いたいと言っています。プライマリーディーラーから、国債を買いたいのですが、プライマリーディーラーだけが、取引できる相手なので それでプライマリーディーラーから10億ドル分の国債を買うわけですが、どこで買ったんでしょう?

さて、一般大衆から買ったとして、FRBがその国債を買うとすると、FRBがやっていることは、ドルを追加で作っていることになります。なぜでしょう?なぜそんなことが起こるのでしょう?なぜかというと、一般の人々は、銀行以外の組織と、資産を現金と交換しているからです。国債を取引しているのです。

つまり10億ドルで、商品とサービスを追いかける通貨供給量、つまり貨幣供給量が10億ドル増加したのです。もう一度言いますが、みんなが同じページにいるように、ジャネット・イエレンが10億ドルを発行して国債を発行し、それを銀行が買えば、ジャネット・イエレンがお金を使い、実体経済に戻れば、もともとドルが吸い出されていなかったので、お金の供給が増えることになります。

しかし、国債を銀行以外が購入した場合、FRBが介入してQEを行うと、通貨供給量が増えます。銀行以外の事業者が国債を取引して、追加の通貨単位を購入するから、やはり全体のm2の通貨供給量が増えるのです。ですから、もしあなたがこのことを理解できれば、FRBで働く99%の人たち以上のことができるようになります。

Chris Martenson12:32

そうですね、ニュアンスの違いは本当に重要です。持ってきてくれてありがとうございます。もう一つ、私が2010年頃に拾ったニュアンスがあるのですが、私は実際に個別にまで踏み込んで、CUSIP番号と呼ばれる、実際に発行される債券のトランシェを特定します。1.5%の10年債を発行するとか、そういうことですね。

これには番号が付いていて、大きな数字で表示されています。それを追跡して、FRBのバランスシートに至るまで追跡して、ジョージが、財務省がオークションを行って、JPモルガンとかがそれを買うんです。そしてその日のうちに、FRBのバランスシートに載ることになるのです。

つまり、FRBが直接それらを買っているようなもので、それは負債を貨幣化することであり、私にとっては、それがインフレを引き起こすのです。なぜなら、あなたが言うように、10億ドルの赤字国債の入札が行われ、正直言って、それは今年、おそらく数兆ドルの赤字支出になるでしょう。

George Gammon 13:30

いつも、ああ、そうだ、2兆円でしょう、と言っていたら、全体の債務負担に5兆円も追加されるのです。だから、その余分な3兆や4兆はどこに行ったんです、ということになるんです。まあ、気にすることはありません。

Chris Martenson13:43

しかし、それはつまり、余分なステップを入れて、さらに混乱させるようなものではありませんか。しかし、もしあなたが理解したら、JPモルガンを半日仲介して、彼らはVIGを持って、もちろん、それはとても良いビジネスだと思いますが、FRBは基本的に、赤字支出をすべて可能にしているだけですよね?

George Gammon 14:01

なぜなら、もしあなたがJPモルガンで、国債をFRBに売ることができなかったら、自分のバランスシートで国債を保有しなければならないでしょう。だから私は、損益計算書を気にしなければならないのです。だから、あなたの国債は買いたくありません。だから、FRBに頼れないのなら、もっと高い金利を要求するだろうし、そうなる可能性が高い。

このように、FRBは理論的には市場に大きな影響を与えることができます。しかし、実に興味深いのは、FRBが量的緩和を行う場合、金利を抑制します、つまり買い取った債券の価格を上昇させると思うでしょうが、過去には、実際には逆のことが行われています。

というのも、市場がやってきて、よし、FRBがこんなことをしたら、インフレになりそうだ、だから持っている国債を全部売り払おう、そうすればFRBが需要を増やしているにもかかわらず、価格が下がるでしょう、と言うからです。つまり、FRBからの需要が増加しても、総需要は実際には減少するんですね。つまり、本当の相関関係があるのです。

Chris Martenson15:19

世界で13兆ドルものマイナス利回りの債券をどこで手に入れたのでしょうか?つまり、それは、私にはたくさんの需要のように聞こえます。

George Gammon 15:28

そうですね、マイナスですね、今あなたはECBについて話していて、日銀についても話していますか?すごい。

Chris Martenson 15:34

そうですね、マイナス利回りの債券、つまりゼロ以下、マイナスの収益率の債券があり、その数は13兆ドルに達し、その中にはトリプルAの企業も含まれていましたし、多くの国債も含まれていました、主にヨーロッパのものです。しかし、私にはそれが大きな需要に思えて、人々はそれを買っているのだと思います。バランスシートよりもはるかに大きな数字です。

George Gammon 15:55

しかし、FRBのバランスシートを見ると、具体的には、私が言及したのはこれですが、次に10年物国債を見ると、ここ米国では、QE1,QE2,QE3,そしてCOVID以降のQE4しかし、FRBが外で買い込んでバランスシートのサイズを増やしているときに、10年物の金利は、実際には10年国債の収率は下がらず上がっていることに気がつくでしょう。

そして、量的引き締めを行ったとき、あなたはそれを覚えていますか?2018年のことですか?そんな感じでしょうか?

Chris Martenson 16:32

はそれほどうまくいかなかったのですか?

George Gammon 16:33

いや、そうじゃなかったよ。そして今、私たちはそのことについても話すことができます。今、彼らはFRB議事録の中で、月に950億円相当の義務を果たすと言い出しています。これは、実際に市場を崩壊させた前回のQtラウンドの時よりもずっと多いのです。

しかし、前回の量的引き締めの際には、実際に在職中の金利は下がりました。これは非常に直感に反することですが、FRBがQtを行えばディスインフレに、FRBが実際に量的緩和を行えばインフレになると市場が見ていることが主な原因です。だからFRBのバランスシートと株式市場には強い相関関係があるのだと私は思っています。FRBがQEを実施すると、株式市場は上昇します。

つまり、株式市場、S&P500は、FRBのバランスシートにほぼ追随しています。ほとんど同じです。そこで疑問が湧くんですが、S&P500はどうなるんでしょう?QTで月に95兆円、失礼、950億円を出すようになって、バランスシートの規模が小さくなり始めたら?バランスシートとS&P500の間には、まだこのような相関関係があるのでしょうか?それはおそらく、過去2~3週間のイールドカーブの反転が教えてくれていることでしょう。

Chris Martenson18:00

さて、私は写真が大好きです。アーロン、この画像を表示させることができますか?載せる?そうです。ジョージ、あなたの写真はあなたの顔を隅に追いやりますよ。しかし、ここで見ているのは中央銀行の流動性で、これを大手ハイテク企業の評価額と比較しています。

Apple, Amazon, Facebook, Google, Microsoft, Netflix, Tesla, now falls in there. この相関性を見てください。つまり、これは偶然ではないんです。そうです。

George Gammon 18:27

S&Pでも同じことなんですけどね。同じこと?ええ、そうです。そうです。そしてまた、これは金利が上昇することで、多くの意味をなすと思うのです。

したがって、債券の価格が下がる、あるいはFRBが実際に量的緩和を行うことで、市場はそれをインフレと見なし、したがって債券から株式へと回転しているのです。そして、FRBの需要は過剰な供給を吸収していないだけなのです。

Chris Martenson18:57

これはS&Pに対するFRBのバランスシートです。同じように、非常に強い相関関係が見られます。明らかに、しかし、私が混乱しているのはここなのです。債券が何らかの形で現実を反映しているということが、私には理解できないのです。QE期間中は需要が減り、売られていると言いたいのでしょう。

利回りは上昇していますが、ジョージはまだ2%未満です。イタリアの10年債をお見せすると、2%前後です。だから、どんな状況でもイタリアには何も貸しませんよ。

しかし、年率5.5%の損失が保証されているんです。公式なインフレ率もそうですが、もっと正直に言えば、その倍近いかもしれません。今、彼らの債券や没収証明書は誰が買っているのでしょうか?

George Gammon 19:50

それは、信じられないかもしれませんが、それが彼らの最良の選択肢であるか、金融工学によってより良い利回りを得る方法があり、負の実質金利を持たないですか、あるいは単に資本増価のためにそれを購入しています、大規模な資金プールなのです。つまり、市場の大部分は、債券としてではなく、株式として買っているのです。つまり、価格への投機で買っているのです。

もう一つの方法は、その財務省、特にTビルを利用できる場合です。それを使ってバランスシートを管理することができるのです。多くの大手銀行がそうしています。なぜなら、国債を持っていれば、転売によって多くの利益を得ることができるからです。特にバーゼル3では、規制当局の目から見て、より高い利回りを持つゴミのような資産を、デリバティブや、国債を使ってバランスシートの見栄えを良くすることができるのです。

Chris Martenson20:55

例えば、債券の利回りが2%しかないとして、それを5倍にレバレッジをかけて、同じ額の現金を使って5倍買うことができれば、実質10%の利回りを得ることになりますよね?

George Gammon 21:11

つまり、2%の債券を手に入れたら、それを20人に貸し出して請求することができる、というようなことですね。ああ、それもありますね。そう、再担保というレートです。このようなことが常に起こっているのを、彼らは見ています。私たちの親友、ジェフ・スナイダーは、これを担保倍率と呼んでいます。あるディーラーが1つの国債を持っていて、文字通り1つの国債を、例えばヘッジファンドや年金基金など20の異なる団体に貸し出すとします。

これらの企業は、その国債を自分のもののように使います。ドル流動性の担保として使うのです。ドル流動性の担保にしたり、規制当局のバランスシートに使ったり、様々な理由で、あたかも自分達が所有しているかのように使うのです。そうではなくて、たった一つの財務省を、20人または20の団体が、自分のものとして主張しているのです。そして、実際にその財務省を所有している元のプライマリーディーラーに、少しばかりのスプレッドを支払っているのです。つまり、その財務省を所有している人にとっては、マイナスの利回りになるわけです。

しかし、20倍で貸し出して大儲けするのはどうなんでしょう?つまり、大量の資金が集まって債券を保有するのは、利回り以外の理由もあるということを、みんなに理解してもらわなければなりません。そう考えれば、少しは納得がいくのではないでしょうか。というのも、ご指摘の通り、債券は利回りを得るためだけにあるのです。まともな神経の持ち主なら、絶対に買いません。

Chris Martenson 22:44

まあ、私はそれを理解できないので、彼らが何か役に立つことを見つけてうれしいです。そうそう、ここにいる夜嫌いの人たちが言うように、リポテクションはとんでもない酔っぱらいなんです。

George Gammon 22:59

ええ、彼は、いや、彼は本当に良い男です。ってな感じで、「某 “なんです。そう、彼は偉大だ。

Chris Martenson23:06

ああ、素晴らしい。それを聞けてうれしいです。それで、一晩中ありがとうございました。それで、ええ、私たちはどこですか?そういえば、6月にthere is a rebel capitalistがありますね。

George Gammon 23:18

あ、そうそう。6月末にRebel capitalsのライブがあるんですが、あなたが登壇するのでしょうか?そうなんです。素晴らしいセグエだ。そうですね、rebel capitals.live.comで見てもらえると思いますが、通常12~13人ほどのスピーカーを予約していますが、今のところ7~8人を予約しました。誰が来たかは見ての通りです。今予約している人たちも、同じくらい素晴らしい人たちになるはずです。

Chris Martenson23:46

ええ、きっと素晴らしいものになりますよ。本当に楽しみです。他のスピーカーに会うのも楽しいですしね。しかし、こういったものに来てくれる人たちに会うのも大好きです。だから、今から楽しみにしているんです。というのも、このツアーは複雑に聞こえるからです。

しかし、あなたが始めたことに話を戻します。銀行に行って、50万ドル借りたい、サンフランシスコの郊外にある家の半分を買うからです、と言いましたね。車庫も買うし、車の右側も買うし、だから50万ドル必要なんです。

そうすると、多くの人は、他の人が50万ドルを銀行に預けているから、ジミー・スチュワートが古い映画、白黒の「素晴らしき哉、人生」に出てくるのと同じだと誤解するんですね。そうです。何人かの人が現金を預けて、それを彼が人に貸すんですね?そういう仕組みにはなっていません。

もちろん、銀行が「ジョージ、我々はあなたが好きだ。あなたはいい人だと思います。キーボードをカチャカチャやって、50万ドルを手に入れたら、そのお金を作ったことになります。通貨は、負債を相殺するものとして、その瞬間に作られたのです。そうです。つまり、あなたの負債と、彼らの資産が一致したわけです。そうして、通貨が作られました。しかし、それは消えてしまうこともあります。

さて、ここで質問ですが、FRBはQEの一環として、2つの大きなブロックを買いました。1つは住宅ローン担保証券で、これは私の考えですが、間違っているかもしれません。誤解を恐れずに言えば、もし私が50万ドルを取り出したら、それは本当の現金ですよね?その50万ドルを、例えばガレージビルダーに渡しますよね。それは彼らのお金です。

あなたはガレージを手に入れましたが、彼らは50万ドルを手に入れました。それは彼らのもので、野に放たれました。その抵当権は、銀行の向こう側にあります。そこに連邦準備制度理事会(FRB)がやってきて、こう言います。その50万ドルの抵当権を銀行から買い取ります。銀行は500キャッシュを再び保有することになりますが、この抵当権付き証券をこっちで保有しているのです。そうでしょう?では、ちょっと想像してみましょう。

私か、あなたが倒れて、返済不能になり、ガレージノートが不履行になったとします。そうはなりません。まだ2ブロックある最初の500ドルは車庫を建てた人に支払われ、銀行は500ドルを取り戻しました、でしょう?つまり、1つの取引に対して2つの金額が存在するのではありませんか?

George Gammon 26:13

銀行がそれを取り戻したということで、具体的に何を指しているのか理解できました。

Chris Martenson26:17

銀行はその住宅ローンをバランスシート上に保持していたのですが、それが売却されたのです。

George Gammon 26:22

そして、それは売り払われたのですか?そうです。それから

Chris Martenson26:26

連邦準備制度理事会はそれを受け取り、50万ドルを与えました。そしてその代わりに

George Gammon 26:31

というわけで、彼らはそれを不履行にしたのです。

Chris Martenson26:34

そして、所有者が債務不履行に陥った。

George Gammon 26:37

そうです、FRBがヘアカットをする一方で、あるいは資産を持っている人がヘアカットをするのですが、それは必ずしも50万ドルのユニットが2つあることを意味しないのです。なぜなら、今おっしゃっているように、モーゲージ担保証券は銀行のバランスシート上の資産でした。それがFRBとの間で資産スワップを行っただけなのです。50万ドルの融資を、50万ドルの準備金に置き換えただけなのです。50万ドルを銀行準備金50万ドルに交換するだけです。

この50万ドルは、実体経済の中で、商品やサービスを追いかけて循環しているのではなく、FRBの負債に過ぎないのです。通貨供給量全体の末端を増加させるためには、商業銀行の負債でなければならないのです。見てください。それは商業銀行の資産なんです。

というのは、その50万ドルを銀行の準備金として使って、バランスシートをさらに拡大すれば、将来さらに融資を行うためのバランスシートの余力ができるので、実際には商業銀行の負債となり、実体経済で流通しているドル供給が増加することになります。

Chris Martenson27:48

この話の最後のしわ寄せは、銀行システムがFRBに預けている準備金でしょう。彼らは余剰準備金の利息を得る権利から、実際の利益を得ているのです。IOはそうです。ああ、そうですか。それは実際のホットキャッシュですね?だって、それは株主やみんなに還元される利益でしょう?

George Gammon 28:10

これは素晴らしい指摘で、マクロの世界でさえ、考え抜いた人はほとんどいません。GFC の前に遡ると、システムにはほとんど準備金がありませんでした。つまり、FRB のバランスシートは 8000 億ドルでした。

現在の9兆円と比べてみてください。システム内の準備金の量は、銀行準備金の量は、銀行の現金のことですが、これは負債で、FRBは400億クリス400億(B)しか持っていません。ですから、これは大幅な増加です。

つまり、GFCの前の時代に戻ってきたのです。私が言いたいのは、銀行は他の銀行や、預金と競争する必要があり、それが最も安い外貨準備の調達手段だったので、バランスシートを拡大することができたのですが、 しかし、今は完全にそうなっています。FRBが金利を5%に引き上げると、銀行が支払う金利、つまり当座預金や普通預金の金利が上がることになります。なぜなら、すべての銀行が、外貨準備のために競争しているからです。希少価値があるんです。

さて、どうなるでしょうか。リスナーの皆さんはご存知だと思いますが、FRBはシステムに銀行準備金を流し込んでいます。だからオーバーナイトレートの自然金利は当然0%、いや、少しマイナスかもしれませんが、FRBがやってきて、iosr(準備金に対する金利)ということをしなければならないのです。

そこでFRBは、よし、銀行よ、支払おう、例えば2%だ、と言わなければなりません。なぜなら、支払わないのなら、FF金利を我々が選んだ水準に維持することはできないからです。例えばFed Fundsが2%だとすると、銀行は低金利で貸さないように、iosrを2%まで上げなければなりません。そうすれば、オーバーナイト金利は同じか、その範囲内に保たれるのです。

しかし、これでは銀行が実際に支払う金利を上げる動機付けにはならないのです。なぜかというと、銀行はあなたのお金を必要としていないからです。もうあなたのお金は必要ないのです。あなたのお金はもう必要ないのです。実際、あなたは彼らにとってはほとんど迷惑な存在です。これが、COVIDの時に全ての銀行が閉鎖された主な理由の1つです。

しかし、その多くが支店として再開されたのを見たことがありません。コロンビアに来る前のことですが、私が取引しているWells Fargoは、フェニックスの私の向かいにあります。9時から5時までしか営業していませんでしたが、ドライブスルーで、ドアに鍵がかかっていました。

予約なしでは入れないようなところでした。どうなってるんだ、ここは?カスタマーサービスはどうしたんです?答えは、「ない」です。なぜ?なぜなら、あなたは彼らにとって迷惑な存在だからです。彼らはあなたを必要としていないのです。最初の話に戻りますが、FRBが金利を上げると、預金獲得競争がなくなるので、銀行は金利を上げず、同じ金利で支払いをする可能性が高いのです。

これは銀行の純粋な利益です。だから、あなたはこう言うのです。「大したことじゃないでしょう?25ベーシスポイント?そうです。では、この金利を引き上げて、正常化して3%か4%に戻したとしましょう。そうなるとは限りませんが、しばらくの間、そうなったと仮定しましょう。そうすると、連邦政府は4兆ドルの銀行準備金に対して4%の金利を支払うことになります。繰り返しますが、これは単なる利益です。さて、本当に面白いのは、私はこう言おうとしたことです。

Chris Martenson31:58

この40,000,000,000%、つまり4兆が400億になるわけです。そうです。それで、何を自由にするつもりですか?リスクフリーの現金?FBIの印刷機から直接あなたに?すごいな まあ、これは電子的な、小さなキーボードなんですけどね。

George Gammon 32:15

そうそう。ほとんどの人が気付かない、あるいは深く考えていません、素晴らしいポイントです。しかし、本当に興味深いのは、それが著しくインフレになる可能性もあるということです。なぜなら、銀行は余分な利益をどうするつもりなのでしょうか、と考える必要があるからです。

しかし、その資産を誰から買うのでしょうか?もし銀行が、あなたや私のような銀行以外の団体から買っているとしたら、それはどうなるのでしょう?通貨供給量が増えて、実体経済に流通するドル量が増えて、商品やサービスを追いかけることになります。銀行は、例えばクリス・マーチンソンから、株を買おうとしています。株を持っていても、その株でビッグマックや車を買うことはできませんよね?現金と同じようなものです。

しかし、「銀行さん、この株をあげますよ」と言えばいいんです。銀行はあなたに10万ドルを渡します。すると突然、以前は存在しなかった10万ドルの資金が発生するわけです。商業銀行システムの負債が増えるのです。そう考えると、10万ドル分だけ、 私の親友のジョセフ・ワンは、かつてFRBで働いていました。

彼はニューヨークのトレーディングデスクを担当していました。これは彼が何度か指摘したことですが、マシューがFRBから受け取った400億ドルの追加資金、つまり単なる無料の資金が、実体経済に注入され、過去数年間に経験したものよりさらにインフレを悪化させる可能性があります、というのはどういうことだったのでしょうか。つまり、意図しない結果や波及効果がたくさんあるのです。まったく気が遠くなるような話です。

Chris Martenson34:05

そうですね、では、舞台を整えたいと思います。では、戻りましょう。素晴らしい。ありがとうございます、アーロン。ここで、2つのことに注意したいと思います。

まず最初に、私の小さな魔法をここに許可するように描きます。ほとんどの人はこのことを意識していません。でもね、この点は重要だと思うので、何度も言いますが、「ほらね」です。これはCOVIDの大出世ですが、実は9月からこのリストができるんです。

ジョージ、ここで何が起こっているのかについて話してもらえますか?2019年9月からです。その頃、私の髪が燃えていたことを思い出してください。それで、終わりに近づいていたのですか?

George Gammon 34:39

そうだ。それでレポ金利が10%に跳ね上がったんです。それで実際、FRBは一瞬、FF金利のコントロールを失いました。レポ金利が10%に上がるとどうなるかというと、他のあらゆるところから流動性が吸い上げられ、港のあらゆる種類のボートが潮流を止められなくなりますよね。

潮の流れが良くなれば、あちこちの金利が上がることになるわけです。だからFRBは介入して、可能な限りのことをしなければなりませんでした。その結果、金利は下がりました。しかし、これは不吉な警告のサインです。なぜなら、主要なドル資金調達市場である米国レポがあるのですから。

この市場は基本的に爆発しています。赤旗や炭鉱のカナリアについて語る前に、このことがあります。実際、もしFRBがそこに介入しなかったら、銀行システムの大部分が完全に崩壊していたでしょう。GFCのときに見たのとよく似たことが起こっていたでしょう。それでは

Chris Martenson36:00

をご覧ください。もう1つ簡単に。これはまさにゾンビ会社ですね。ゾンビ会社とは、全く知らない人のために説明すると、2022年の会社です。

これからゾンビの話をします。そうでしょう、ジョージ?ゾンビ企業というのは、営業利益で負債の金利をまかなうこともできない会社のことですね。つまり、クレジットカードの請求額が高額で、その利息を収入で返済することしかできないような会社です。事業を継続するためには、信用を得る必要がありますよね?つまり、これは6社に1社の割合で、19%ですから、18%に相当します。

この小さなCOVIDは、FRBにとって非常に都合のいい時にやってきて、こんなことができるようになりました。 ジョージ、あなたも私も、5年前にこんなことがあったら、信じなかったでしょう。その末に10年物国債が1%になっていたとは信じられませんでした。

しかし、危機が去って、ほら、ほら、続けて。これが終わると言われているものなんですね。そうです。で、あなたは、月980億円って言ったんですか?そう言ったのでしょうか?

George Gammon 37:16

1ヶ月に950億円だそうです。国債が600,35とモーゲージ担保証券でした。そのため、国債よりもモーゲージ担保証券市場、つまり住宅ローンにどう影響するかは分かりませんが、おそらくほとんどの人に当てはまることに影響するので、平均的なジョーとジェーンが注視すべき重要なことだと思います。

それは住宅ローンの金利でしょう。住宅ローン金利が急速に上昇する理由は、FRBが住宅ローン市場をバックアップしているとき、彼らはヘアカットをしようが気にしないので、マイナスの実質利回りは、彼らは知らない、本当に認めていません、ただ、我々が他の目的を達成するために必要な価格で購入すればいいだけです。

しかし、現実の世界では、年金基金や銀行が住宅ローン担保証券を保有する場合、リスクプレミアムが必要になります。そのリスク・プレミアムの一部がインフレ期待です。これは先ほどの話に戻りますが、なぜ債券を買うのでしょうか?

FRBは住宅ローン担保証券を大量に買うのをやめましたから、当然、住宅ローン金利はフェドファンドよりも速く上昇します。

忘れてはならないのは、FRBが行ったのは月1200億ドルからゼロへのテーパリングですが、ゼロでも買い続けていることです。なぜなら、毎日、国債や住宅ローン担保証券が満期を迎え、支払いが行われ、それをただ転がしているだけだからです。

だからバランスシートの規模は変わりません。あるいは、スワップラインや常備レポのような他の理由で、バランスシートの規模が少し上がるかもしれません。しかし、もし国債を償還せずにそのままにしておくなら、国債を買い足すことはできません。

つまり、民間部門はこれらの住宅ローン担保証券をどんどん吸収しなければならず、民間部門が要求するリスクプレミアムが上昇する可能性が高い、つまり住宅ローン金利が上昇することになります。

もしFRBが金利を上げ続ければ、そしてところで、FRBがこの声明を出したとき、これは前回の会議の議事録ですが、クリス、ここで彼らは95Qtまたは305億月の住宅ローン担保証券を行うことについて話していたのです。

また、今後数回のFRB会合で50ベーシスポイントの金利引き上げを行うということも話していました。だから、彼らはまだカーブに遅れていることになります。まあ、実質金利がマイナスになることは間違いないでしょう。

しかし、今の住宅ローン金利が5%、あるいは5%を少し超えるくらいだとしたら、想像がつくでしょう。例えば50ベーシスポイントの引き上げと、民間部門がリスクプレミアムをより高い割合で吸収しなければならなくなるような引き上げを2回ほど行ったとします。つまり、住宅ローン金利が7%になる可能性があるのです。その上、非常に早く、つまり、2,3ヶ月といったところでしょうか。

Chris Martenson 40:45

多くの市場で住宅市場がクラッシュしないとは思えません。つまり、それはそのうちの1つです。2008年のバブルは何かあると思ったのですが、何もありません。私の家でもそうです。

私は西マサチューセッツの田舎に住んでいますが、その価値は十分にあると思います。しかし、ちょっと前に、いいタイミングで借り換えをしたんです。鑑定士に来てもらって、買ったときよりも35%ほど高く査定してもらいました。

ちょうど1年半前のことです。なるほど。しかし、3038,40%も上昇した市場もあります。前年比です。ええ、そうです。それがバブルでないわけがありません。

George Gammon 41:18

そうですね、私が見た最も簡単なチャートは、1900年までさかのぼってインフレ調整したアメリカの住宅価格です。住宅価格はインフレ率に合わせて上昇するはずです。なぜなら、住宅価格は所得の派生物に過ぎず、それ自体もインフレ率の派生物のようなものだからです。

90年代後半から2000年代前半にかけて、物価は放物線を描いて上昇しました。歴史的なトレンドのはるか上方まで上昇したのです。そして 2012年に再び下落に転じました。そして、歴史的な水準、つまり1997年までさかのぼった水準で、ほぼ底を打ちました。

そして、1900年までさかのぼります。それ以来 2006年の時点までではなく、インフレ調整後の価格では、さらに上昇しています。ですから 2006年にバブルだったと主張するならば、現在の価格もバブルであると主張しなければなりません。さて、大きな違いは供給サイドです。ここが面白いところで、GFCの頃は供給が過剰でした。しかし、今は供給が非常に限られています。

しかし、単純な需要と供給ですが、供給が非常に少なくても総需要を十分に破壊すれば、名目価格を下げることができる点があるのです。そこで問題なのは、住宅全体の供給が不足している中で、名目価格を下げるのに十分な総需要を破壊するには、住宅ローン金利はどの程度まで上昇しなければならないのでしょうか、ということです。今、私が言った数字があります。

Chris Martenson43:21

その最初の兆候が現れています。私はRedditでパーソナルファイナンスのサブRedditを見て回っていたところです。

昨日、誰かが質問しました。「ねえ、新しい住宅ローンの計算で、家を入札しようとしているんですが、新しい住宅ローンの計算が来て、月に300ドルも高くなったんですが、どうしたらいい?というように、自分のできることを最大限にしていたために、それで苦労している人たちをすでに見ているわけです。そして、多くの人が持ち家の夢をあきらめざるを得なくなっています。あるいは、何か他の手段を考えなければなりません。

しかし、はっきりさせましょう。FRBは住宅を救済すると決めて、住宅ローン金利を引き下げることにしましたが、これは彼らの政策です。FRBに対する私の大きな批判の一つは、FRBが社会工学に関与しているということです。この世代に報酬を与えよう。この世代には報酬を与え、この世代はバスの下に投げ捨てましょう。これはひどい考えだと思います。ひどい話だと思います。

George Gammon 44:17

しかし、これは……つまり、彼らは経済全体に対してそれを行ってきたんです。彼らはすべてをマイクロマネジメントしようとしました。まあ、つまり、金利はお金の値段であることを忘れてはいけません。

お金はあらゆる取引の半分を占めています。ですから、もし価格統制が行われているとしたら、基本的に貨幣の価格統制が行われているとしたら、あらゆるものの価格を操作していることになるのです。したがって、本当の意味での価格発見ができません。

その結果、膨大な量の資源の誤配分と投資の失敗が生まれます。チャートを出せるかどうか分かりませんが、アメリカの実質GDPのチャートを見れば、このようなことが起こっているのが分かります。

1980年から2008年までを見ると、特定のトレンドラインで成長しているのがわかります。そして、GFCが起こりました。ご存知のように、株価は急落し、再び上昇に転じました。

しかし、同じペースで成長するわけではありません。成長し、トレンドラインは少し平坦になり、そしてCOVIDに到達します。その後、ご存知のように下降しますが、再び上昇し始め、トレンドラインが少し平坦になります。

これは何を意味するかというと、政府の介入が増えれば増えるほど、車の非常ブレーキのような役割を果たし、車の速度が落ちるということです。そして、このように、シフトが貨幣、ヘロインだと言っているようなものなのです。

つまり、それが一番いい方法なんです。貨幣的ヘロインを与えれば与えるほど、経済はより無気力になり、より不健康になります。回復に時間がかかればかかるほど 2008年に戻っても不思議ではありません。GDPが2007年の水準に戻るだけで、4〜5年かかりました。

1920年のような時代背景を考えてみてください。大恐慌を経験し、経済が急速に回復して、以前の水準に戻るのに1〜2年かかります。中央計画家が、このようなことに首を突っ込んでいるからです。FRBは貨幣の価格を細かく管理しているので、全ての価格シグナルと経済全体が歪んでしまいます。

そして、政府がGDP全体に占める割合がどんどん大きくなっています。クリス、1900年代初頭までさかのぼると、GDPに占める政府支出の割合は5%でした。つまり、GDP全体のうち95%は民間企業が担っているということです。

では 2020年から2021年まで早送りしてみるとどうでしょう。ホワイトボードのビデオで計算したところ、政府支出がGDPの55%以上55%を占めていました。政府がいかに非効率的か考えてみてください。地元の陸運局にその自動車販売店が、経済の55%を占めていると考えてみてください。

GDP全体に占める政府支出の割合は、毎年増加しています。つまり、政府は拡大し、民間部門は縮小しているのです。つまり、ゼロ成長とは言わないましかし、少なくとも無気力な経済成長、そして景気後退を期待するしかないでしょう。

これは、イールドカーブの反転によって、債券市場が「みなさん、景気後退を予期しているよ」と言っているのと同じことだと私は思います。つまり、アメリカの歴史書で見たことも考えたこともないような経済恐慌に陥らなかったのは、COVIDの時だけなのです。ロックダウンの時も、景気刺激策の小切手を全部出したからです。

つまり、政府は、5兆ドルの赤字支出をしたのです。しかし、景気刺激策がなくなるとどうなるか。貯蓄率が急上昇して、ご指摘のマネーサプライになり、平均的なアメリカ人の当座預金口座にあるお金の量と総額は、完全に放物線を描くことになるのですが、まあそれはいいとして。

しかし、お金の印刷がなくなったら、どうなるでしょうか。さて、突然ですが、現実に戻らなければなりません。生産が十分でなければ、生産量より消費量の方がはるかに多いというのは、間違いなく事実です。それは間違いなく事実で、さらに悪化しています。貿易赤字に目を向ければ、生活水準を大幅に下げる必要があるということです。

もうひとつの選択肢は、政府が赤字支出を続けることでしょう。しかし、あなたが助けようとしている貧しい人々や中流階級が支払うことになる無料の昼食はありません。インフレ率が上昇するか、物価水準が通貨供給量に比例して上昇することになりますから。だから、先がないんです。

Chris Martenson 49:51

どこの国がお金の印刷と会計を、監査を受けることを許さない民間の中央銀行に任せるんだ?それは天才的です。そして、あなたがかぶっている帽子にたどり着きました。

George Gammon 50:03

そうですね、冗談抜きで。もっと説明責任を果たす必要があります。つまり、FRBがやってきて 2020年の3月。ジャンク債を買い、企業のジャンク債を買い、「連邦準備法のことは気にするな」と言ったのです。「連邦準備法なんて気にしなくていい、関係ない。

私たちは特別目的事業体としてやっているだけです。CNBCはそのことを話題にしませんでした。規制するはずの法律文書をあからさまに無視しているという事実を認めませんでした。連邦政府の憲法と同じで、完全に無視しているのです。そして、私たちは法の国ではなく、人の国になってしまったのです。これは非常に危険な兆候です。

Chris Martenson50:44

それでは、私が本当に興奮したものを紹介させてください。これは今日のウォールストリートジャーナルの記事です。なるほど。石油会社の幹部は議会の前に出て、価格高騰を否定しなければならないんですね。民主党の議員たちは悲しいことにエネルギー企業の重役たちを引き連れて彼らを非難し、こう言います。

エクソンは230億円、シェブロンは160億円の2021年の純利益を計上し 2014年以来最も利益を上げた年であると。ところで 2015年から1617年にかけては、マイナスの年でした。配当金を払い続けるために多額の借金をせざるを得なかったのです。しかし、これを見てください。

彼らは、実際にここに戻ってくる何かを生産します、これらの企業の後に起こっているのです。私はショックを受けています。GDPの55%が政府支出だなんて。いいですか?この人たちは不真面目なのでしょうか?私にとってはジョージ 彼らは不真面目なのですか?エネルギーは、他のすべてのものを進歩させるための活力源であることを理解していないからです。

この数字でさえ、Exxonは230億円を稼ぎ、Pfizerは昨年、ワクチンで200億円を稼ぎました。政府は、誰もが受けることを強制し、彼らは白人から購入しました。なぜ民主党はPfizer幹部の大金を理由に足を引っ張らないのでしょうか?

George Gammon 52:03

全ては劇場だ。これは絶対的な政治的劇場です。もしあなたが経済学のほんの基本を知っているなら、このナンセンスを見抜くことができます。それはこのトピックに関するもので、何も新しいことではありません。

つまり、フリードマンは1970年代にこのことを話していたのです。特に、私がかなり広範囲に渡って研究しようとしました、ローマクラブの論文を参照していました。これはローマクラブの論文で、「成長の限界」と呼ばれています。彼らは1972年にこれを書きました。

これを書いたのは、1968年にローマクラブを立ち上げた人物で、クラウス・シュワブの基調講演をした人です。当時はまだ世界経済フォーラムと呼ばれていませんでしたが、シュワブの基調講演に参加しました。1973年に開催されたダボス会議でのことです。

そこで私は、もしかしたらフリードマンがこのことについて議論していたかもしれないと思い、実際に議論してみました。そして彼は、あなたが今示した民主党の見出しに非常に当てはまることを指摘しました。物価高や価格高騰の治療法には理由があります。

それは、2つのことを行うからです。これは価格シグナルに戻るのですが、彼らは金利に価格統制をかけることによって破壊しているのです。しかし、物価は、特に高い物価は、2つのことをします。供給が増え、需要が減ります。

これが自然な平衡メカニズムです。しかし、私たちは何をしているのでしょう?今、私たちはその逆をやっているのです。私たちがしようとしていることは、石油会社を炭火で焼くことです。エリザベス・ウォーレンは風説の流布について話しています。それでどうなるんだ?つまり、供給を増やすための資金が減り、設備投資に回せる資金が減るということです。

ところで、このESGの動きによって、すでにペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)とみなされている投資家がいるということです。ESGに加え、風前の灯のような税金を払わなければならないとしたら、将来、より多くの供給を行うための資金が減ることになります。掘削量は大幅に減るでしょう。これが最終的な結論です。政府は一方でそれを行い、他方で我々の何だったかを奪おうとしているのです。私よりもあなたの方がこの略語をよくご存知でしょう。

私たちの石油備蓄はSPR SPSPです。そうです。つまり、戦略的石油備蓄のようなものです。そう、これは絶対的な緊急事態のためのものです。石油がいくらで手に入るかわからない場合です。第三次世界大戦とか、そんな感じでしょうか。そう遠くない未来に起こるかもしれませんね。

しかし、これは中間選挙に向けたジョー・バイデンの票稼ぎのためのものではありません。SPRはそういうものではないのですか?

Chris Martenson55:13

さて、あなたは価格が高いと言いましたが、私たちは需要破壊を起こすべきでしたね?なぜなら、それが私の言いたいことであり、需要Konstruktionを生み出しているからです。

George Gammon 55:22

その通り、その通りです。そして、2つの方法、クリス、しかし、価格を下げようとするためにこれを解放することによって、需要が増加し、その後、人々を降下させ、ガスSTEMIチェックについて話していることです。消費者物価上昇の解決策は、単に物を増やすのではなく、お金を増やすことだと信じさせようとしている政治家たちがいるわけです。

物価が上がるのを見ると、人々は本当に頭を悩ませるものです。この問題を解決するには、お金を増やせばいいのだと考えてしまうのです。しかし、この問題の解決策は、必要なものをより多く供給することだということを理解していません。しかし、価格が上がっているので買えません。これは直感に反しています。

しかし、私が言いたいのは、政治家がタッグを組んで、需要を増やすために価格を下げ、STEMIチェックを出し、需要を増やしています、ということです。そして、彼らはそれをプーチンのせいにするでしょう、もちろん。そして、おそらく価格統制を行い、さらに供給を破壊するでしょう。そして、価格統制を解除しなければならなくなった時、1970年代に見られたように、さらに価格が上昇するでしょう。

しかし、彼らは価格シグナル、価格メカニズム、価格発見を完全に破壊しているのです。これは中央計画によるもう一つの経済の歪みで、ある時点で、生活水準の低下で代償を払わなければならなくなります。資産価格の結果であれ、商品やサービスに対するドルの価値の低下であれ。フリーランチはないのです。

Chris Martenson57:08

そうです、ありません。バーバラ・ブラウンが書いているように、インフレのために再選されないことは、ジョー・バイデンにとって緊急事態なのです。そうです。それが、今この時点で起こっている総体的な緊急事態です。しかし、私がここで言いたいのは、このような不真面目なリーダーたちがここにいるように見えるということです。

彼らの多くは、ハンマーを叩いたり、加工工場で働いたりして手を汚したことがありませんし、実際に損益計算書や給与台帳のFTEを担当したこともありません。彼らの多くは、エリート加工工場を経て、アイビーリーグのエリート校を出て、正しい事務職やインターンシップに就き、こうして弁護士になっているのかもしれませんね。

つまり、エネルギービジネスがどのように機能しているのでしょうか、この人たちは理解していないのです。商品価格は私たちが決めるのではなく、この市場で決められるんですよね?石油会社がアメリカの価格を決めるわけではありませんから、その話をしなければならないでしょう。

価格を決めるのは、サウジアラビアが価格を決めるというような長期契約を結んでいる場合だけです。サウジアラビアは今、軽質油のアラブに大きなプレミアムをつけています。しかし、私は同じものを見ています。この件について、あなたの見解をお聞かせください。

私にとっては、ヨーロッパがロシアの石炭を採らないことを決めたという話を聞いて、身の毛もよだつ思いです。では、本当に素早くこれを引き上げましょう、アーロン。では。

George Gammon 58:47

というわけで、ザノッティ。クリス

Chris Martenson58:48

見てください、ロシアにはこの上の棒があります、読めないかもしれませんが。これはロシアが供給している石炭の量ですが、彼らは、ああ、これは必要ない、と言っているのです。次に、ガスの量を見てください。これは75%から100%までのスケールで、75%から100%がここにあります。そして残りはすべて40です。そしてこれが下、20%30%が土地です。

つまり、大量のガスがあるわけです。それから、石油製品も。これも同じです。東側の国境で50%以上です。だから、ブリュッセルのテクノクラートたちが、ロシアからの輸入は一切認めない、と決めればいいのです、とジョージは考えています。それは市場の仕組みではありません。行き場のない冷えた船が走り回っているのとはわけが違うのです。アルディでラーメンを買うのとはわけが違うんだ。これは全く違うのです。

George Gammon 59:46

そうなんです。そして、人々が理解していないのは、これは本当にそうではありません、ということです。ロシアにはある程度の影響がありますが、ヨーロッパやアメリカほどではありません。さらに言えば、ロシアに影響を与えるものではありません。

まず第一に、プーチンが気にすることはありませんし、ロシア国民に悪影響を与える可能性があるとしても、彼の行動を阻害することはありません(私はそれほどでもないと主張します)。

先日、あるビデオで石炭価格のチャートを使って私の主張を説明しましたが、考えてみてください。このチャートの石炭価格は、測定単位が分かりません。しかし、50ドルくらいから、たぶん2020年か2021年には、そうなっているでしょう。

しかし、最近になって350ドルにまで上昇しています。とてもとても早く、つまり、まさにムーンショットです。そして今、300ドルと言うところまで下がっています。

つまり、ロシアは1年半前にこの石炭を50ドルで売っていましたが、今はさらに値引きして売っているのです。中国に売るとしましょう。すると中国は、「おい、おまえの買い手は俺だけだ」と言います。だから、300ドルは払わない、250ドルでいい。

1年半前は50ドルだったのが、今は250ドルになったわけです。ところで、これはドル建てで販売されることが多いでしょう。そして、彼らの経費はルーブル建てなのです。だから、みんなルーブルが破壊されたと話していましたが、ちなみに今は侵攻前より上がっています。

しかし、ルーブルが極端に下がっていたときでさえ、これらの企業のマージンや利益率は大幅に上昇したことになります。なぜなら、彼らはある通貨建てのものを売っているからです。そして、彼らの経費が使われている通貨は価値が下がっているのです。

私が言いたいのは、ロシアにはそれほど大きな影響を及ぼしていないということです。しかし、ヨーロッパの貧しい人々や中産階級には大きな影響を及ぼしているのです。米国しかし、食糧不足、あるいは食糧価格の高騰が起こるでしょう。

しかし、結局のところ、政治家は、あなたのことも将来のことも考えず、ただ再選されるためのシナリオを考えるという、政治劇のようなものです。そして今、この制裁は西側の金持ち、少なくとも食料価格を上げる余裕のある人たちが、自分たちの気分を良くするため、あるいは引用符なしで何かをやっているように感じるために必要なことは何でもやっています、その好例です。

しかし、これは貧しい人々や中流階級の犠牲の上に成り立っているのです。つまり、中流階級を犠牲にして金持ちがいい思いをしているわけです。制裁とはそういうものです。ソーシャルメディアでは多くの反発があります。ロシアがヨーロッパを支配するのを放っておいてどうするのでしょうか、とね。

私は、「配られた手札で勝負するしかないのであって、手に入れたいものを手にすることはできません」と言いたいのです。残念ながら、このESGの動きと、過去数年間に私たちが行った多くのことのせいで、私たちはここであまり力を発揮することができません。多くの人が不満を抱いているのは知っています。しかし、それが現実なんです。

では、どうすればいいのでしょうか?と聞かれますが、私は「まず、戦いに臨むなら、自分の顔を殴るのをやめることです」と答えます。そして、それはまさにヨーロッパがやっていることです。彼らはそうするつもりです。

もし止めれば、石炭を完全に断つことになります。天然ガス、石油、肥料、これらすべてを断ち切れば、そうなります。中央計画家が持つ制裁の中に、これらのための切り分けを作りました。しかし、彼らが予想しなかったのは、このような覚醒した物語や中止された文化を押し進めたために、企業がこれを取り込んでしまったことです。

企業も基本的に自分たちを制裁しているのです。つまり、EUは全面的に、あるいは当初想定していた以上にロシアを制裁しているのです。そして、このような話は、ほら、さらなる制裁、もっともっと厳しい制裁が必要だと思うのです。

今日、私はあるツイートを発信しました。制裁が我々に不釣り合いな悪影響を及ぼしていることを示す多くのデータと、これらの論点の多くを提示しました。そして、政権が、誰もが、もっともっと制裁を強化することを話しています、と言いました。

自国の経済を破壊するほどの制裁が必要なのでしょうか。特にアメリカでは、金利を上げるわけにはいきません。例えば、FRBファンドが234%で、実質金利をプラスにするわけにはいきません。しかし、これだけの制裁を制定して、物価が上がったらどうなるでしょうか。

もうひとつ、みんなが理解していないのは、ヨーロッパで価格が上がれば、他の国から供給が吸い上げられるということです。したがって、ヨーロッパの需要に対抗するためには、アメリカでもコロンビアでも日本でも価格を上げなければならなくなるのです。

アメリカ人は、必要なガソリンや石油はすべて手に入れました、あるいは必要な食料はすべて手に入れました、と考えたがりますが、そうではありません。

食料の例では、たくさんの農地がありますが、その農地に肥料を与えても、あまり効果がありません。例えば、ポタッシュのように、カナダから手に入れることができます。しかし、もっともっと高い値段で手に入るでしょう。なぜなら、ロシアからの供給を断てば、国全体、あるいは世界中がカナダから同じ肥料を手に入れようと競争することになるからです。したがって、アメリカの農家は使用量を減らすか、つまり作物の収量を大幅に減らすか、投入量の増加を補うために価格を上げなければならなくなります。だから

George Gammon 1:06:34

メディアによって感情的になりすぎて、制裁の影響をよく考えることができないので、人々は本当に理解していないのだと思います。そして、こんなことは言いたくないのですが、本当にそうなんです。しかし、私たちが今ロシアに反撃できる方法で、私たちに大きな悪影響を及ぼさないものはほとんどないのです。

Chris Martenson 1:06:58

完全に同意します。ところで、私はこの会話をしたいと思います。というのも、あなたと私は、検閲の境界線のまわりで踊る必要があり、私はかなりそれにぶつかってしまったからです。そしてそれは常に標的を移動させています。

しかし、それはこのライブキャストが終わってからにしましょう。それを録画して、私のサイトのピーク繁栄にアップすることができます。しかし、人前ではあまり話さないようなことも話しておきたいんです。その中には、世界経済フォーラムが何を目指しているのでしょうか、何が起こっているのでしょうか、私が本当に考えているシナリオのコントロールが含まれています。

それは、リーダーシップが、ESGの物語でお話したような物語に献身的になっているか、あるいは、他の物語、覚醒した物語、それらが何であれ、私が驚嘆するほど速く離陸して波及しているかということです。だから、どちらかが起こっているのですが、それが起こっているのは無能としか言いようがありません。

George Gammon 1:07:53

クリスに1ドルです。私たちは、この結果としてのドルの退位についてさえ話しませんでした。あなたが話している目覚めた物語やすべて、先に行きましょう、私たちはロシアのFX口座にすべきです。そして、ドルが基軸通貨の地位を失うための歯車を動かし始めましょう。まるでそれが今ではなく、あなたの子供や孫に悪影響を与えそうにないかのように?

つまり、消費者物価のインフレについて話したいと思っているのでしょう。この数週間、私は本当によく考え、自問しました。それとも米ドルのためのウクライナなのでしょうか?もしあなたがロシア人なら、ここに座ってこう考えるでしょう、「ウクライナに問題がある。」

Chris Martenson1:08:47

彼です。そして私有財産であるヨットを使っています。

George Gammon 1:08:51

そうですね、ええ。この制裁は彼らよりも私たちを傷つけるかもしれませんが 中国という国があるということは、つまり、もし中国が、今日、私のビデオでこの思考実験について説明しましたが、もし我々が基軸通貨の地位を失ったら、

例えば、2035年までに、一晩でそうなるわけではありません。しかし、2035年までに基軸通貨の地位を失い、人民元が基軸通貨になるとします。そうなると、中国は私たちを制裁できるようになります。例えば、イランを制裁するのと同じように。

つまり、個々の人々を制裁することができるようになるのです。そこで一般のアメリカ人に聞きたいのですが、もし中国がカナダを制裁して、今後一切肥料を売れなくなったらどうしますか?そして、そのことに腹を立てて、ソーシャルメディア上で「こんなの嘘っぱちだ」と言ったとしましょうか。

中国政府はその時、cbdcを使うでしょうし、アメリカ人に適用されるソーシャルスコアを使うでしょう。彼らは世界の基軸通貨を手にしているので、こんなことができるのです。そして、「あなたの発言は気に入らない。」

今すぐです。個人レベルで制裁を加えることができるのです。これが、私たちが向かっている方向です。なぜか?政治家たちが出てきて、ああ、ロシアの外貨準備高を凍結してやる、と言うからです。そうすると、他のすべての国や地球全体が、友好国である米国でさえも、そこに座って、「ロシアにあんなことをしたのなら、次は私にもできるでしょう」と言うのです。

つまり、世界的にドル建ての負債、つまりユーロドル制度が少なくなり、将来のドル需要が少なくなることを意味します。貿易赤字の規模を拡大し続けると、輸出したドルはドル建て債務によって吸い上げられなくなり、流通し、他の通貨と交換されます。

ドルの供給が増えれば、輸入する全ての物の価格が上昇し、月に1000億円もの価格が上昇します。毎月1000億円もです。そして、この問題はさらに悪化します。さて、明るい兆しもあります。長期的に見れば、アメリカの製造業のレベルが上がるかもしれません、という話もあります。

しかし、それは規制や税制を緩和した場合のみです。アメリカを再び偉大な国にしなければなりませんが、この言葉は使いません。しかし、起業家精神を、再び偉大にする必要があります。価値の下がった通貨を持つことを利用するために、自由市場資本主義ではなく、資本主義を再び作る必要があるのです。

なぜなら、そこには長所と短所があるからです。間違いなく長所と短所があります。ただ、自由市場資本主義を悪者扱いし続けることが怖いんです。つまり、ドルが基軸通貨としての地位を失うことで経験するのは、詐欺の側面だけで、私たちは何の利益も得られないということです。

Chris Martenson 1:12:00

さて、このドルの死は、この全体的なこと、つまりペトロドルの喪失は本当に重要なことだと私は考えています。多くの人はこのことを理解していません。1971年8月15日に金本位制から離脱したのは、キッシンジャーが仕掛けた天才的なことだと思います。

1971年8月15日に金本位制から離脱したため、その後数年間は状況が思わしくなく、少しばかり奔走しました。1973年から74年にかけて、食糧インフレが史上最高値になりました。少し怪しくなってきたので、ドルは何かで裏付けされなければなりませんでしたが、それはできませんでした。正直なところ、金を持って予算を守るだけでは無理だったんです。

そこで代わりにキッシンジャーが、サウジアラビアにこう言いました。「いいか、石油を売るなら、ドルで売れ。」ニューヨーク銀行がお金を預かって、メロン銀行のあなたの口座に移します。それで国債を買うことができます。なんて素敵な取引なんでしょう?ニューヨークのサーバーで空想の数字を取引するだけで、石油が全部入ってくるんです。そう、これは経済の活力源なのです。つまり、このシステム全体が

George Gammon 1:13:03

アメリカ国内のドルだけでなく、アメリカ国外のドルやユーロドルのシステムも国債にリサイクルされていたんですね。

Chris Martenson 1:13:12

そのため、石油を買おうとするグルジアの国々は、ドル建てで買わなければならなかったのです。ですから、もしあなたがペルーで、クウェートから石油を買いたかったら、ドルで買わなければならなかったのです。

つまり、ペルーがドルを保有するためには、対米貿易収支をプラスにしなければならないのです。つまり、ドルを手に入れるために、すべてのプレーヤーに輸出したいと思わせるようなものです。だから、いい取引なんです。このペトロドルは何兆ドルも何十兆ドルも出回っています。

しかし、実際にそこにあるわけではありません。実際には国債や銀行口座にあり、その多くが経済に還元されています。

これは素晴らしいことです。前置きが長くなりましたが、なぜこのことが重要なのでしょうか、ここで考えてみたいと思います。なぜあなたに出演してもらいたいかというと、これはもうすぐ反転するのです。潮流がすでに緩み始めているのが感じられるからです。

そして、弛んだ潮の流れが、この物語では逆の流れになりそうなのです。これは私の人生の中で最大の出来事です、私に関する限り。なぜなら、そう、私たちはこの大きな特権を手に入れ、それが消えようとしているからです。

George Gammon 1:14:09

ええ、特権であり、負担でもありますね。製造業の基盤を空洞化させるという点では、負担となりました。国債の入札があり、常に人工的な入札が行われていたからです。そのため、人為的に低い金利が設定され、生産量よりも多く消費することができたのです。

ですから、私たちが生産する以上のものを消費しているなら、誰かがそれを生産しなければならないのです。だから私たちは、生産したものをそのまま海外に輸出すればいいのです。そして、緑の紙切れを渡し続ければいいのです。そして、彼らが作ったものをすべて私たちに提供するのです。ああ、いい話だ。

しかし、そうなるとアメリカ国内で生産する必要がなくなります。つまり、恵みであると同時に災いでもあるのです。ですから、もし私たちが予備役の地位を失ったら、また、とんでもないことになると思います。最後に、呪いでもあります。

しかし残念ながら、私たちは過剰消費と資産バブルを中心に経済を構築してきたので、234年、あるいは5年間、大きな経済的痛みを経験し、米国の生活水準が下がって、他のすべての通貨に対して切り下げられた通貨を持つことの利点を活用できるようになり、経済的優位性を得る必要があるのです。

しかし、正しいことを行わず、規制を強化し、資本を悪者にし、起業家や生産者を悪者にし続ければ、通貨はどんどん下がっていきます。通貨は競争力を持つものの、それを利用することはありません。その結果、生活水準が長期的に低下していくだけなのです。

このように、非常に多くの変数があるため、非常に魅力的なのです。しかし、そこで重要なのは、歯車が動き出したということです。第二に、私たちはロシアの外国為替口座、つまりロシアの外貨準備口座を凍結しました。

少なくとも、しばらくの間、ドルは、世界の通貨として、取引されていると主張することができます。私も全く同感です。しかし、肝心なことは、中央銀行は、準備資産としてのドルの保有量をどんどん減らし始めるということです。理由は明らかです。

私の資産は、商業銀行や連邦準備銀行の負債であり 連邦準備銀行は、これらの銀行を支配しているので、 連邦準備銀行は、他人の負債でない、唯一の準備資産を保有することができます。現在、金として保有しています。ビットコインを論じたいかもしれませんが、身近で、使い慣れたものが、金となるでしょう。

つまり、国債を買うために持っていくドルが減るということです。彼らは今、金を持つことを選択しているのですから。国債を買う需要がなければ、国債の金利は上がります。住宅ローンの金利が上がり、自動車ローンの金利が上がります。クレジットカードの負債も、金利が上がるということです。

このようなことを経済の中で行っているのです。それが70%の消費です。これはまた、この政治劇の短絡的な、あるいは意図しません、あるいは意図した結果なのです。どこで聞いたか思い出せないのですが、クリスが聞いた話を思い出します。しかし、私たちが日本に原爆を投下したとき、私はその話を聞いたことを思い出します。

George Gammon 1:18:03

当時の同盟国はそれを見て そして、彼らはこう言ったんです、「おいおい、タイムアウトだ、大丈夫だ」と。今、私たちは、アメリカ政府が本当に他国に核爆弾を投下する意思があることを理解しました。

今、私たちは米国と友好的です。しかし、5年後にはどうなっているのでしょうか?私にはわかりません。10年後はどうなっているのでしょう?それは誰にもわかりません。アメリカはおかしな人物を選ぶかもしれません。それはわかりません。結局のところ、第二次世界大戦の終わりに私たちが行ったことの結果として、多くの同盟国が独自の核プログラムを開始したのです。

しかし、30日前にやったことは、金融核爆弾に匹敵するものでした。インド、サウジアラビア、中国、そして明らかにロシアは、ルーブルでビジネスを始めていますし、他の種類の通貨でも勝っています。ですから、私たちの同盟国でさえも、私たちがロシアにしたことを見て、「ちょっと待て、次は私たちかもしれない」と言い出すでしょう。

そして、準備資産としてのドルや国債をバランスシート上で保有する量を減らしていくことでしょう。ということは、やはり金利が追い風になるわけです。だからといって、明日から金利が10%になるわけではありません。明日、ドルがトイレットペーパーになるわけでもありません。

短期的に見れば、ドルの価値が上がるというのは正論ですが、15年先には、ドルで買えるものが今よりずっとずっと少なくなっています、ということです。私たちが何か重大な変化を起こさない限り、アメリカの生活水準が下がる可能性が高いのです。

Chris Martenson1:20:02

さて、私は核爆弾に例えるのが好きです。というのも、つい2ヶ月ほど前、カナダが核爆弾のようなことをしました。政治的に好ましくないからです。彼らは何の法律も破っていないのに、トラック運転手に資金を提供する運動に寄付をしたんです。私が知る限り、彼らはカナダ人でしたよね?つまり、彼らは人々にお金を与えていたんです。

そしてそれは違法ではありませんでした。何の問題もなかったんです。しかし、遡及して銀行口座を凍結することにしたんです。すぐにです。それはショックでした。しかし、もっと衝撃的だったのは、銀行がそれに従ったことです。TD銀行、CIBC、どこもかしこも、ああ、そうしましょう、そうしましょう、と。政府がそうしろと言ったからです。だから、すぐに、そう、凍りつくような効果があることがわかるでしょう。

私は下へ行きました。私はアメリカの支店にあるTDに、14年間メインビジネス用の口座として預けていました。全口座を閉鎖して、別の銀行に移りました。なぜかというと、ムカつくからです。でもって、ロシアにも同じことをやって、ロシアに、お前たちの外貨準備は主権でも外貨準備でもないことを示したんです。

そうです。それは、あなたが今やっていることが気に入らないからです。私が気に入らないのは、こういうことです。私は戦争が好きではありません。戦争は本当に悪い考えだと思います。だから侵略には反対だ。ファンではありません。

しかし、リビアで起きたことも、シリアやイラク、今イエメンで起きていることも好きではありません。どこの国でもファンではありません。絶対にだ。しかし、私たちは今、ダブルスタンダードを実践しています。大きな二重基準で、これは全く容認できないということです。

しかし、我々は知っています、ロシアがそれを行うとき、それは戦争犯罪である我々がそれを行うとき、それは巻き添え被害です、異なる言語、異なるものです。そうですね そのようなことはさておき、この考え方は、不真面目な人たちが真面目な外交をしようとしています、

そして70年のドル、60年のドル、雨、ブレトンウッズ後のオイルマネーのリサイクル、これは確立したシステムで、機能しています、そして彼らはそれを破砕しようとしているだけなのです。

しかし、彼らは自分たちが何をしているのか分かっていないのでしょう。あるいは、わかっていたとしても、彼らの意図は物事を破壊することにあるのです。そうでしょう?

George Gammon 1:22:14

つまり、彼らはうまくやるかもしれません、ということです。

Chris Martenson1:22:16

彼らがすること、しないこと、どちらが悪いのでしょうか。この物語では、無知と悪意、どちらが最悪の結果なのでしょうか。私は知りません。しかし、どちらも同じところに行き着くのです。だから、学問的な話ですが、私はどちらもあると思います。だから私は、あなたと同じジョージに、文脈を伝えるために、人々に訴えかけたいのです。私はそう考えています。

George Gammon 1:22:47

特に貧しい人々や中流階級の人々にとっては、間違いなくそうでしょう。特に国債の金利にとって重要であり、あるレベルではアメリカの消費者物価指数にとって重要です。先ほど、中央銀行がバランスシート上でドルを保有することの責任について話しましたが、FRBはドルを凍結することができ、銀行はそれを利用することができません。

今、私たちはロシアに支払いをすることさえ許可していません。ドル建てで。ドルでの支払いも認めていません。これは狂気の沙汰です。

しかし、フィードバックループを考えてみると、ドルの価値がどんどん下がり始め、特に石油、エネルギーに対しての価値が下がり始めると、 そうすると、他の中央銀行がさらに速いスピードでドルを処分する動機になり、ドルの価値はさらに下がり、さらに多くの中央銀行が国債を売り、ドル資産を売り続けることになります。

なぜでしょう?そもそも、なぜ多くの国がドルや国債を保有しているのでしょうか、考えてみてください。1973年から74年にかけて、サウジアラビアと取引をしたからというだけではありません。キッシンジャーとオイルマネーのように、中国のような国は、多くのものを作っていますが、エネルギーはあまり持っていません。

だから、国債を保有することを好むのです。将来、この国債で石油をどれだけ買うことができるだろうかと考えるからです。国債はドル建てで、世界的な基軸通貨ですから、将来必要なもの、つまりIEエネルギーを手に入れるために、その価値を維持する可能性が高いのです。

しかし、もしドルの価値が将来購入する必要のあるものと比べて著しく低下し始めたら、突然、ドルを処分したり、国債を買わなかったりする動機がさらに強まることになります。ですから、私たちが今やっていることは、まったく意味のないことばかりなのです。

近視眼的で愚かな行為、あるいは悪意があると言うのであれば別ですが。どうでしょう。後者であることを祈ります。どっちが悪いかなんて分からない。誰が知っています?

Chris Martenson1:25:54

わかりません。わからないんです。しかし、そうなんです。だから、ここで、それがどれだけ馬鹿なことなのかを説明します。

私はこの研究を読みました。イギリスから出たもので、ある教授が発表したものですが、彼はよく知られた人物です。彼は政界でよく知られています。気候変動が原因ですが、脱炭素化は可能であり、かなり早く達成できると言っています。

ということは、経済の8%がなくてもやっていけるということですよね?それは、いやいや、私が体から熱を出すと、それは8%にしかならないと言っているようなものです。私が呼吸している酸素が原因です。残りは、エネルギーが主な資源であるようなものです。

どうして、みんなこれを理解しないんでしょう。私はこの事をテーブルに叩きつけ続けています。なぜなら、8%のエネルギーがなければ、残りの92%は何もできないからです。そうです。そうでしょう?そうだ。エネルギーは人生のすべてです。

George Gammon 1:26:48

この点をさらに説明すると、私が米国でガソリン価格が上昇し、それが経済に大きな悪影響を及ぼすという話をするときはいつも、そうなのです。この点をさらに説明すると、私が米国でガソリン価格が上昇し、それが経済に大きな悪影響を及ぼすという話をすると、人々は、ああ、それは大したことではない、と答えます。

私は車を運転しません。自転車で通勤しています。だから、たいしたことではない。では、あなたがスーパーで買った食品は誰が運んでいると思いますか?そして、彼らがトラックに何を積んでいると思いますか?それは、空気ではありません。酸素でもなく、ディーゼル燃料です。だから、人々はその関連性を理解するのに苦労するのです。

もうひとつ、名前は忘れましたが、ドイツで最大の化学メーカーの経営者の話を聞きました。その化学薬品は、ほとんどすべてのものに使われています。その化学薬品の大部分を作るのに必要なのが、天然ガスなのです。そこで彼は、もしあなたが天然ガスを遮断することを検討しているなら、彼は政治家と話しているのですが、もしあなたがロシアからの天然ガスを遮断することを検討しているなら、あなたは自分が生み出すことになるドミノ効果を想像すらできないでしょう、と言ったのです。

なぜなら、小さな例ですが、私たちの会社は化学製品を生産できなくなるからです。したがって、他の会社はその原料を生産することができません。そのため、食料品店の棚に何も並ばず、ドイツの天然ガスがあたかも家を暖めるだけのものであるかのように見られるという事態が、あっという間に起こってしまうのです。

しかし、エネルギーが文字通り、私たちが触れるあらゆるものに関係していることを、人々は理解できないのです。エネルギーが少なければ、定義上、経済生産高も低くならざるを得ません。つまり、エネルギーが少なければ少ないほど、生活水準が下がるのです。要するに、これが結論です。このことを人々は理解する必要があります。

Chris Martenson1:28:58

そうですね、その通りです。そしてこれが、悪いシナリオが問題を引き起こすところです。イーロン・マスクが何かしたり、電気自動車が登場したりすると、いつでも非常に肯定的な報道がなされます。クリス、あなたは電気自動車を運転することを理解していません。

電気自動車への補助金を見てください。できることなら、このチャートを出して、化石燃料、つまりディーゼルやジェット燃料などと比較して、電気自動車が現在何マイル走っているかを示したいのですが。ガソリンと比較すると、とても細い線になっていますね。この大きなグラフの中の1ピクセルに過ぎません。ちっぽけなものです。だから、いずれはそこにたどり着けないというわけではありません。しかし、今はそうではないんです。

しかし、そうですね、BASFのCEOが言っていたことですが、彼はそう言っていたように思います。それは正しいことを言いました、そのように聞こえる。彼は、そう、ところで、あなたが我々のガスを遮断したことで、4万人の人々が来週から一時帰休になります、と言っていましたね。

自分たちの会社だけで4万人が解雇されるんですよ?そして、その影響が波及しているのです。化石燃料に代わるものはありません。アンモニア肥料を作るハーバーボッシュ・プロセスも、エチレンを作るBASFプロセスも、他の原料も、すべてそうです。

延々と続きます。 ほとんどの人は知りませんが 石油の70%は物を動かすために使われています。30%は無数の工程に使われています。医薬品からあらゆる衣服まで あらゆるものを支える産業工程です。名前は難しいですが、不可能です。何十億もの異なるものがあります。そうです。だから、もしそれを減らしていったら、物も少なくなるし、経済も小さくなってしまうでしょう。

George Gammon 1:30:48

未来 そうですね、人が減るということではありませんね。

Chris Martenson 1:30:53

ええ、あなたはそうしようとしています。

George Gammon 1:30:55

大規模な、大規模なスケールで。だから、人々は、善と悪の戦いであろうと、すべてを映画のように作ろうとするのです。そして、そのようなニュアンスになってしまうのです。

あるいは、これは非常に単純なことで、クリス、私たちがすべきことは、ただ太陽と風力からより多くのエネルギーを生産し始めることで、そのプロセスが即座に起こるかのように、あるいはグリーンエネルギーへの移行が大量の炭素エネルギーを必要としないかのように、物事を見るのです。

例えば、あなたが風車を立てたいとします。それは素晴らしいことです。しかし、その風車は鉄でできています。石炭がなければ、鉄は作れません。ですから、もしあなたがそれを考えるなら、ステップ1を過ぎたところで、グリーンエネルギーへの移行は不可能であることに気づくでしょう。

もし、今、炭素エネルギーの使用量を減らしても、このようなユートピアのビジョンに到達するためには、今後数年間は炭素エネルギーの使用量を増やさなければならないのです。そして、実際に使用するエネルギー源のエネルギー密度を心配する必要があります。密度の低いエネルギーに移行すると、経済活動が低下します。人々は、「まあ、いいじゃないですか。

しかし、ここで理解しておかなければならないのは、決定的な解決策はなく、あるのはトレードオフの関係だけだということです。空気をきれいにしたいのなら、それは素晴らしいことです。

しかし、それは経済を縮小させ、世界中で何億人もの人々を殺すことになります。それを回避する方法はありません。人々は、目の前の決断を理解していません。彼らは、私たちが達成できる銀の弾丸が1つだけあると思っているのです。

この狂ったオルト・ライト共和党を排除しさえすれば。George Gammonやクリス・マーテンソン博士のような気違いを排除しさえすれば、 YouTubeから排除し、彼らの誤報を全て検閲しさえすれば、政治家がこのお金を全て使うことを許し、2~3年後には風力と太陽光で全てのエネルギーを生み出し、ロシアから完全に切り離せば、何も心配することはありません。

彼らは、これが選択肢の一つであると実際に信じているのです。そして、科学を否定する愚かな人々がいなければ、この選択肢を実現できたのです。

そして、彼らはそれが選択肢ではないことを理解していないのです。そして、あなたは一連の悪い選択肢を手に入れました。だから、最も悪いものを選択しなければならないのです。人々はまた、映画の中で暮らすのが好きです。どういうわけか、トム・クルーズやミッション・インポッシブルがやってきて、映画の最後にその場を救って、みんなをいい気分にさせるのです。それは現実ではありません。

Chris Martenson1:34:19

さて、ありがとうございました。あなたは非常に多くの重要なことをおっしゃいましたが、エネルギー密度、このルートを理解する人は非常に少ないです。

私の友人でハーゲンという人がいますが、彼はこれを自然エネルギーとは呼ばず、リビルドバブルと呼んでいます。ソーラーパネルもダメになりました。だから、設置したら終わりというわけではありません。グリーン・ユートピアに船出し、グリーン・エネルギーで生活するためには、パネルを何度も作り直さなければなりません。

そこで、まじめな人がまず考えるのは、これらのものからの出力だけで何か作れないですか、ということです。ミルウォーキーのような都市を選び、無制限の太陽光発電と風力発電を設置しますが、これらを再構築する必要があります。そのエネルギーを使って、どうすればいいかを考えなければなりません。その後、エネルギーが残っていれば、それを使って生活することができます。

George Gammon 1:35:14

そう、それがサステナブルの定義です。そうなんですが、これが持続可能性の定義なんです。

Chris Martenson1:35:20

それが持続可能であるということです。私たちはそのようなものは持っていません。プランBがないのです。エネルギー政策が発表されたのを見ました。エネルギー政策が発表され、それを読みましたが、効率化については何一つ書かれていませんね?

もし、私たちが本当に望むなら、アメリカは今、2倍の化石燃料を燃やしています。ヨーロッパに行くと、彼らは狭い場所に住んでいて、ヒートポンプを使ったり、いろいろな工夫をしていることがわかります。

しかし、家を断熱し、ヒートポンプを設置することは、私たちにとって最も大きなメリットです。そんなお金ないでしょ?だから本気じゃないんです。だから、悪意があろうと無能であろうと。ジョージ このままでは滝の上まで直進してしまいます。

George Gammon 1:35:57

先日、他ならぬイーロン・マスクのツイートを見ました。彼は、言い換えですが、基本的に企業のESG運動は悪魔であるという結論に達したと述べています。そうなんですか?そうなんです。で、私は、センセーじゃないんです。そこは大げさに言っているわけではありません。それらは、悪魔とか鬼とか、そんな風に言っていました。イーロン・マスクは、テスラやソーラーシティを始めた人です。

あなた方はそのことに注意を払うべきです、確かに。繰り返しますが、トーマス・ソルが何年も前に教えてくれたことですが、解決策はなく、あるのはトレードオフだけなのです。ですから、私たちは感情的でない大人の会話で、私たちが対処している実際のトレードオフについて話し合い、最善の道を決定しなければなりません。

Chris Martenson1:36:57

私が長い間言い続けているこの言葉は、問題と苦境の違いを理解する必要があります。だから、何らかの方法でそれを管理する必要があるのです。日本は2008年に人口が頭打ちになり、高齢化で転落していますね。

これは問題ではありません。何か魔法のようなもので解決できるわけではありません。苦境を何とかしなければならないのです。しかし、彼らは銀行システムで何をやっているのでしょうか?負債サイクルを成長させ続ける必要があるような。

日本の国民一人当たりの借金は爆発的に増えているわけですよね?同時に、彼らは実行可能な労働者をどんどん減らしているのです。これは完全に脳死した考えとしか言いようがありません。しかし、私が一番不満なのは、このような人たちがすべて指導的立場にあるということです。

この軌道は完全に持続不可能であり、長く続ければ続けるほど事態が悪化することに、どうして気づかないのでしょうか?なぜなら、苦境に長く居座れば居座るほど、苦境に対処したくなくなるからです。たとえ、結果を何とかしなければならないとしても。長く待てば待つほど、一般的に、選択肢が少なくなっていくので、その管理を始めなければなりません。

George Gammon 1:38:05

そうですね、そうです。この問題を解決して、他のエネルギー源に移行させる方法は、民間部門の起業家たちによってのみ解明されるでしょう。

繰り返しますが、この人たちを悪者にするのはやめましょう。資本を悪者にするのもやめましょう。だから、もう一度言いますが、今、私たちはこの制裁措置が気に入らないのです。しかし、自由な市場が価格を決めるようにすべきです。

もし、原油の価格が1バレル150ドルなら、それはそれでいいのです。1バレル300ドルに上昇しても、それはそれとして、多くの痛みを引き起こすことになります。しかし、民間部門に解決策を求めたいのであれば、価格が上昇するのを待つしかないのです。それが唯一の方法なのです。これは1970年代のミルトン・フリードマンに遡ります。

Chris Martenson 1:39:07

ジョージ、もう少し話したいことがあります。しかし、このライブキャストはここで終わりにします。

というのも、この他の話にはセンサーが付くと思うので、それを続けて、peak prosperity.comに投稿することにします。しかし、これを終える前に、rebel capitalistは、あなたのウェブサイト、あなたのYouTubeチャンネルです。他には?人々はどこに行けばあなたを見つけることができるのでしょうか?

George Gammon 1:39:28

私の名前はGeorge Gammonで、GA m m o nです。YouTubeには2つのチャンネルがあります。そして、あなたが講演するライブイベントカンファレンスをチェックしたいなら、それはまさにrebel capitals.live.comです。

Chris Martenson 1:39:47

素晴らしい、このホワイトボードは素晴らしいです。本当に素晴らしいものばかりです。そうそう、あなたが行うすべての教育について、本当にありがとうございます。あなたは世界に大きな奉仕をしていて、人々を教育するために自分の時間を自由に使っていることがわかります。ボリス、これで終わりです。これが魔法のホワイトボードです。

George Gammon 1:40:02

明日のホワイトボードビデオはこれです。

Chris Martenson 1:40:05

ドル後の世界。

George Gammon 1:40:08

それこそアメリカはどうなるんでしょう?10年後のアメリカはどうなっているのでしょうか?それとも15年後?そうです、基軸通貨ではなくなります。ですから、私はその思考実験を行っています。

Chris Martenson1:40:18

なるほど、素晴らしい。私の最後のビデオ更新は、今、農業で何が起きているのでしょうか、肥料が失われているのでしょうか、そしてこれを追跡するものでした。これは、そこから浮かび上がった一つの楽しい小さな事実です。世界は使い果たそうとしています。使い果たすのではなく、リンの生産量のピークに達し始めます。20-30年頃です。

以前は遠いことのように聞こえますが、今では本当に近いことのように聞こえます。そう、それで、それで、それで、硬い岩石鉱物です。非新規の再生可能な天然資源です。採掘して、畑に植え、海に流す。

George Gammon 1:40:51

リンのほとんどは誰が生産しているのでしょうか?モロッコ、中国です。中国が最も多く生産しているわけではないかもしれませんが、中国はかなりの量のリンを生産しています。これは9ヶ月前、あるいは1年前に調べたからわかるのですが、9ヶ月か1年か、そのくらいの期間です。

プーチンはジンピンに、こうなるよ、だから肥料を手に入れるのは難しいよ、というシグナルを送ったのでしょうか。だから肥料を手に入れるのが大変なんです。

ところで、これも記事にすると思いますが、中国はあらゆる種類の商品を備蓄しており、小麦、大豆、先ほどお話したリンなど、ほとんどすべての商品の備蓄を最も多く持っています。プーチンはこのような事態を招いたのです。

Chris Martenson1:41:58

まあ、そんな感じです。彼らは深刻な人々を持っていますし、彼らはそうします。中国には権力者の地位にある真面目な人々がたくさんいて、とてもよく教育されていて、前向きな考えを持っています。私は彼らの多くと話をしたことがあります。そう、彼らは真面目なんです。彼らは真面目な人たちです。

彼らはそれを理解しています。この時点で世界に何が起こっているのかを理解しているのです。しかし、プーチンはこの事態を予見していました。2018年、彼の国債は約1200億円から30億円に減少しました。

George Gammon 1:42:22

クリスに金。そして金はどうなったのでしょうか?ええ、そうです。その通りだ。クロミア 2014 我々が最初の制裁を加えた時 彼は何をしました?彼は金を蓄え始めました。

Chris Martenson1:42:34

うん、中国もやってたと思います。彼らは金の数については特に慎重です。私は、彼らが発表するどの数字も信じていません。彼らはもっと多くの金を吸い上げているように感じます。少し前に誰かと話していたんですが、その時は 精製所には報酬があるそうです。

誰かが、中国の造幣局のスタンプが押された棒を見つけたら、それは中国からの金の逃避行ということです。国内で製造されたもので、その後、彼らはそれを見ていないのです。

つまり、中国には、年間400トンほどの、ナンバー3生産者ナンバー4がいないのです。しかし、どんなものでしょう?誰もそれを見ていないのです。だから だから、彼らはそれを世界に放出しないために、備蓄しないことに忙しいだけなのです。そうです。これが来るのを見ましたか?

George Gammon 1:43:14

そしてもう一つ、ここで話すと楽しいことがあります。ロシアは1グラムあたり5000ルーブルで金を買うと言いました。そして

Chris Martenson1:43:27

今日、それを中断したようです。ああ、そうなんですか?そうなんです。

George Gammon 1:43:32

オーケー。ルーブルがドルに対して値上がりすれば、金の価格が暴騰する裁定機会が生まれる可能性があるからですね?

Chris Martenson 1:43:47

ルーブルは非常に急速に価値を失いましたから。そして今、ルーブルの価値は急速に下がり、さらに下がっています。そうなんです。さて、そろそろ終わりにしましょう。皆さん、本日はありがとうございました。そして、このライブタグは素晴らしいものでした。

George Gammon 1:44:09

ライブストリームに参加してくれてありがとうございます。感謝します。

Chris Martenson 1:44:13

ええ、私もです。そして、これからもこの活動を続けていきます。そして、毎週木曜日の7時にライブストリームをするつもりです。あなたが戻ってくるのを見るのが大好きです。

そして、ジョージと私はこの会話を続けるつもりです。もしあなたがそれを見つけたいなら、それはピーク繁栄で終わるでしょう、私たちがそれを記録した後、おそらく数時間以内に。それでは皆さん、ご清聴ありがとうございました。

本当にありがとうございました。また次回お会いしましょう。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました