ワクチンワクチンの安全性・有害事象

ワクチンによる死
Death by Vaccine By Llewellyn H. Rockwell, Jr.

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.lewrockwell.com/2022/07/lew-rockwell/death-by-vaccine/

ルウェリン・H・ロックウェル・ジュニア著

2022年7月18日

論争の的になるようなテーマを扱うときは、私たちが知っていることから始めて、そこから進めていくのが良い方法だ。COVID-19ワクチンについて、私たちが確実に知っていることは何だろうか?それは人を殺すことだ。

Jon Rappoportは1年前にこのことを指摘している。「独立研究者バージニア・ストーナーによる5月4日の新しい報告書は、米国のワクチン死亡者数を明らかにした。報告書のタイトルは『致命的なCOVID-19ワクチンの隠蔽』である。

ストーナーは、アメリカ政府独自の数字を使っている。

以下は、彼女のレポートの主な引用である。

「今年、ワクチン有害事象報告システム(VAERS)に報告された死亡例が大幅に増加した。それは『陰謀論』ではなく、紛れもない事実だ」。

この4ヶ月間だけで、VAERSは30年以上の歴史の中で受け取った死亡報告の40%以上を受け取ったほど、前例のない大きな増加について話している。

VAERSの死亡報告の増加は、ワクチン接種の増加によるものではない」。

「直近では、4月5日に2794人、4月12日に3005人、4月26日に3848人と。..21日間で1054人が死亡している

一つの仮説は。..高齢者や病弱者、多くは長期介護施設にいる人々が、COVID-19ワクチンキャンペーンの最初の標的となり、彼らが偶然に死亡する可能性が非常に高いということだ。そして、これらの偶然の死は、VAERSに報告されるワクチンによる死亡の疑いの増加につながる』。

VAERSのデータは、その仮説を支持するものではない。第一に、高齢者だけでなくすべての年齢層でCOVID-19ワクチンによるVAERS死亡報告が劇的に増加したからである。..全体として、すべての年齢層でCOVID-19注射によるVAERSへの死亡報告が劇的に増加した-COVID-19注射が(今のところほとんどない)18歳以下のグループでさえもである』。

Stonerは、COVID以前のワクチン接種による死亡例と、これまでに報告されたコビッドワクチンによる死亡例を表にしている。

それ以前の年では、2億5千万から3億5千万のワクチン接種で、年間およそ100人が死亡している。一方、COVIDは1億5千万回の接種で3800人が死亡している。

専門家は、膨大な数のワクチンを投与しているのだから、死亡者数(100人または3800人)はどちらも心配ないと言うだろう。しかし、これは欺瞞である。

長年にわたり、報告されているワクチンによる負傷や死亡の背後にあるものについて、(主流派でさえ)多くのことが書かれてきた。本当の傷害の数は、報告された数字の10倍から100倍の範囲であると推定されている。

コビッドワクチンによる3800人の死亡報告は、本当の数字を推定すると急騰することになる。

ストーナーが報告書で指摘しているように、公衆衛生当局は、オーウェル式に『ワクチンは安全で有効である』と繰り返し言っている。彼ら自身の数字を素直に分析すれば、彼らの姿勢と完全に矛盾する。

同様に、主要なマスコミ、政治家、企業、有名人は、「躊躇している」人々が「科学に従って」光を見さえすれば、ワクチンは a) 必要であり、b) 驚嘆すべきものであると国民を説得するために全力を注いでいる。

まあ、小さなカルトもあるが、あれは巨大だからね。

バージニア・ストーナーの報告書は、カルトが推し進める陰謀論に真っ向から反論するものだ。

全人類が未発表のRNA技術を使った大規模な実験にさらされているとしたら、腕に打つのは実は遺伝子治療だとしたら、遺伝子研究の分野全体が見せかけと嘘と驚くべき誤算に満ちていて、全体の遺伝子構造に波及効果をもたらすとしたら、他に何を期待できるというのだろう。

Stonerのレポートが示していること、暗示していることをそのまま期待することになる。 「コビッドワクチンは建物の災害である。」

バーノン・コールマンは適切な質問をする:

コビッド・ワクチンはいったい何人の人を殺したのだろうか?

「ワクチンがどれだけの人々を殺しているのか、あるいは、どれだけの人々を殺すことになるのか、誰も知らない」。

しかし、主要メディアがこれらの死についてほとんど言及しているのを見たことがないが、ワクチンを投与された後に死亡したり負傷したりした人がすでにいる。

【衝撃VAERSが発表した最新のコビッドワクチンによる死亡事故(乳児、10代、若年層がワクチン接種後に死亡している)。

openvaers.com covid データ(ワクチン有害事象の1%しか報告されていないと推定される。)

注:現在、英国のファイザー社の分析データプリントに以下のパラグラフが追加されている。

イエローカード制度にADRの疑いがあると報告されても、それが必ずしもワクチンによるものとは限らない。..」

私の考えでは、これはワクチンに関連する非常にリアルな問題から注意をそらそうとするまた別の試みである。私たちは、患者がコビッド検査陽性から60日後に死亡した場合、コビッドによる死亡数に加えられることに注目しているが、もし誰かがコビッドワクチン接種後60分で死亡したとしたら、それは単なる偶然に過ぎない。

PFIZER(英国データ)-傷害の一部:脳卒中、心臓発作、流産、ベル麻痺、敗血症、麻痺、精神障害、失明、難聴、帯状疱疹、脱毛症、COVID-19など。

このたび、英国のアストラゼネカ社の分析データプリントに、「イエローカード制度にADRの疑いがあると報告されても、それが必ずしもワクチンに起因するものとは限らない・・・」これは、ワクチンに関連した非常に現実的な問題から注意をそらそうとするまた別の試みだと私は考えている。私たちは、患者がコビッド検査陽性から60日後に死亡した場合、コビッドによる死亡数に加えられることに注目しているが、もし誰かがコビッドワクチン接種後60分で死亡したとしたら、それは単なる偶然に過ぎない。

ASTRAZENECA(英国データ)– 数多くの傷害の中には、失明、脳卒中、心臓発作、流産、敗血症、麻痺、ベル麻痺、難聴、帯状疱疹、脱毛症、COVID-19が含まれる。

欧州の副作用報告データベース:モデルナPfizer-BiontechAstraZenecaJanssen

  • デレク・スローン議員は、医師や科学者に対するコビッド19ワクチンの検閲について懸念を表明した(ビデオ – bitchute)。
  • モデルナ社が、同社のCOVID-19ワクチンの製造に使用された新しいmRNA技術に基づくインフルエンザ予防接種の最初のヒト試験を開始 (記事 – Daily Mail)
  • 以下は、FDAが作成したコビッドワクチンの副作用の可能性のあるワーキングリスト案だ(資料の16ページ参照)。これは、ワクチン展開が始まる前の2020年10月に発表されたものである。
  • カナダの内部告発者、ライオンズゲート病院で24時間に13人の死産を暴露 コビッド19ワクチンが原因 (記事 – dailyexpose.jp)
  • コビッド注射後に2620人の赤ちゃんがVAERSで死亡… (記事 – vaccineimpact.com)
  • コビッド19ワクチンを接種して足を切断した人のリスト (記事 – thecovidworld.com)
  • 韓国のコビッドワクチン犠牲者の遺族、集団追悼式で愛する人を悼む (記事 – thecovidworld.com)
  • 3日間で3人のサッカー選手が倒れる – (hugotalks – video on brandnewtube.com)
  • ポール・ディマティナ:オーストラリアン・フットボール・リーグの伝説的人物が、ファイザーのブースター注射にひどく反応し、病院に運ばれる (記事 – the covidworld.com)
  • シチポル・ボボーンキティパイサル:26歳男性がモデルナ COVID-19ワクチン接種後1日で死亡、調査開始 (記事 – thecovidworld.com)
  • コビッドワクチン後の負傷報告が100万件に迫る中、CDCとFDAはファイザー、モデルナブースターをすべての成人にクリア (記事 – childrenshealthdfense.org)
  • 欧州の副反応データベースでコビッド注射後に29,034人が死亡 2,804,900人が負傷 – ファイザー注射後に企業記者が心膜炎 (記事 – vaccineimpact.com)
  • ファイザーの主要なコビッドワクチン試験で何人が死亡したのか?ファイザーが伝えた以上の数 (記事 – childrenshealthdefense.org)
  • 台湾が12歳から17歳までのファイザー社製注射を中止する中、ファイザー社が5歳から11歳向けの注射に危険成分を密かに追加 (記事 – vaccineimpact.com)
  • アストロワールドの隠蔽工作?ヒューゴ・トークス (動画 – brandnewtube.com)
  • 5歳児の予防接種開始で重傷者の報告が急増 (記事 – childrenshealthdefense.org)
  • ドイツ通信社、ワクチン完全接種後5ヶ月で「急死」した欧州選手75人のリストを作成。
  • ファイザー社製ワクチンの接種後、数時間で神経障害を起こし車椅子生活になった女性(記事-theexpose.uk)。
  • 米国の小児疾患院は今、乳児の心臓病患者であふれかえっている (記事 – theexpose.jp) 著作権 ©The Expose. こちらを見てほしい。

COVID-19のワクチンは人を殺すとしても、人の命を救うことにもなるのでは、と思うかもしれない。しかし、実際には、いわゆるコビッドの「パンデミック」を防ぐには効果がない。ヴァスコ・コルマイヤーが言う、『ファイザーとバイオNTechのCOVID-19ワクチンは、イスラエルでは39%しか効果がない。ついこの間まで、ワクチンメーカーは自社製品の有効性を92から98パーセントと主張していたのだから。

しかし、メーカーの当初の主張は、現実のデータが入ってくるにつれて、着実に修正されてきている。今年3月に南アフリカから『アストラゼネカのワクチンはB1351コビッドを予防しない』というニュースが流れた。その数ヵ月後、『ヒル』紙はベイラー医科大学のウイルス学者が観察した記事を掲載した。

「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン誌に掲載された新しい研究によると、ファイザー・バイオテック社のワクチンは、南アフリカのB.1.351に対して51%の防御力しかないことが判明した」。

つい2週間ほど前、シノバク・バイオテック社のワクチンを接種した患者は、6ヶ月後に抗体がゼロになったことがわかった。つまり、このワクチンは体内に注入されてから半年もすれば、COVID-19に対する防御効果はゼロになってしまうのだ。

ワクチンの有効性に関する初期の主張が大幅に誇張されたものであったことは、変異株を考慮に入れても、厳密なデータから明らかである。もちろん、このことは製薬業界の動きをよく知る者にとっては驚くことではない。医薬品メーカーは、自社製品の有効性を誇張する一方で、副作用を極力控えめにする傾向がある。そのために、自分たちが望むような結果が得られるように操作された臨床試験を行うのである。悲しいことに、規制当局の掌握と呼ばれるシステムの腐敗のために、彼らはしばしばそれを免れている。このため、メーカーの試験結果は、独立した試験や実際のデータで再現されることはほとんどないのである。

これが、コビッドワクチンで起こったことだ。メーカーはコビッドのパンデミックによってもたらされた非常事態を利用して、自分たちの望む結果を得るために急遽、不完全な試験を行ったのである。彼らの注射の有効性は、当時流通していた変異株であっても、当初彼らが主張した92-98%の範囲には到底及ばないと信じるに足る理由がある。

言うまでもないが、39%というわずかな数字でさえ、まだ誇張されているのではないかという疑いが強い。というのも、ワクチン接種に関わるすべての人たち(メーカー、政治家、規制当局、医学界、企業内科学者)が、この大失敗に直面し、面目を保つために最善を尽くしているからである。データが悪いとはいえ、その衝撃を和らげるために、データが加工されたことは間違いない。

この傾向は、CNBCの記事で、ファイザーの効果が39%しかないにもかかわらず、重大な病気から守ってくれると主張していることからもよくわかる。しかし、これは単純に事実ではない。イスラエル政府が発表したデータを調べればすぐにわかることだ。CNBCが報道したのとほぼ同時期に、イスラエル保健省は国内のコビッド感染者について報告する公報を発表している。そのデータによると、イスラエルでは137件の重症例があり、そのうち95件は完全なワクチン接種者、42件はワクチン未接種または一部接種者だった(こちらと こちらを参照)。つまり、重篤なケースの大部分は予防接種を受けた人で占められていたのである。もし、この記事が主張するようにワクチンが重篤な病気を防ぐのに有効であったなら、この数字はまったく違ったものになるはずだ。イスラエル保健省が発表した数字は、ファイザー社が主張する重篤なコビッドから身を守る効能が、単に真実でないことを示している。

このことは、エルサレムのヘルツォーク病院長であるコビ・ハヴィヴ博士の証言によって確認されている。最近のテレビのインタビューでハビブ医師は、完全なワクチン接種を受けた人が入院の約90パーセントを占めると述べている。イスラエル国民の90%以下が完全なワクチン接種を受けていることを考えると、ワクチン接種によって罹患を防げないばかりか、実際に重症のコビッド患者になる可能性が高くなると思われる。ハヴィヴ博士は言う、「そう、残念ながら、ワクチンは・・・よく言われるように、その効果が薄れてきているのである」。その通りである。ハヴィヴ博士のインタビューはYouTubeにアップされているので、彼の口から直接真実を聞くことができる。権威ある検閲機関がこれを取り上げるのにどれだけの時間がかかるか興味深いところである。こちらを見てほしい。

しかし、もっと悪いことがある。小さな子供たちがいかに敏感で繊細であるかは、誰もが知っている。今、怪物たちは彼らにも殺人的なワクチンを打とうとしているのである。CDCは12歳までのCOVID-19ワクチンブースター接種を推奨する』と最近のCBCニュースのヘッドラインは言っている。

記事の冒頭は以下の通りである。

12歳から15歳の何百万人ものアメリカ人は、ファイザーのCOVID-19ワクチンのブースターショットを受けることができる。CDCは現在、ファイザーのCOVID-19ワクチンを接種した12歳のアメリカ人は、最初の2回の接種の後、早ければ5ヶ月で3回目の接種を受けるべきであると言っている。CDCの担当者は、約500万人の青少年が3回目の接種を受けるのに十分な時間が経過していると言っている。

「一体なぜ、こんなことをするのか」と不信に思う人がいる。

3つの基本的な事実は、データや研究によって十分に立証されている。

  1. 健康な子どもは、Covidが重症化するリスクはほぼゼロである。
  2. ワクチンを接種しても、子どもたちがウイルスに感染するのを防ぐことはできない。
  3. コビッド注射には、重篤な副作用のリスクがある。

トビー・ロジャース博士が行った費用便益分析によると、5歳から11歳の年齢層では、COVID-19で死ぬ子供を1人救うために、117人の健康な子供がワクチン関連の副作用で死ななければならない。

日本での調査によると、ファイザーのワクチンで死亡する若者は、コビッドで死亡する若者の7百分の一であるという。

私たちは、このパンデミックに対処する際、事実と科学に従わなければならないと繰り返し言われてきた。

健康な子供であれば、病気そのものによるリスクはほとんどないが、予防接種によるリスクは非常に大きい。

ワクチンは感染や伝達を止めるものではないので、子どもたちや地域社会をウイルスの蔓延から守ることはできないのである。

このような予防接種を行うことは、科学的にも医学的にも意味がない。SARS-CoV-2のワクチンを子供たちに接種することは、良い医学の信条にも、証拠に基づく科学にも違反しているのである。

世界有数のワクチン科学者であるロバート・マローン博士によれば、費用対効果の分析が全くできていないとのことだ。

子どもたちにワクチンを接種しようとする人たちは、科学にも論理にも従わない。子供たちにコビッドワクチンを打つことは、幼い命を不必要に重大なリスクにさらすことになる。

心筋炎および心膜炎の発生率は、若年者、特に男児では317人に1人と高い可能性があり、投与回数が増えるごとにさらに増加する。

そして、致命的な血栓や、ギラン・バレー症候群などの深刻な症状を引き起こす危険性がある。

驚くべきことに、すでに多くの子供たちが2回の接種を受け、効果がないことが判明しており、ブースターが必要な理由となっている。

しかし、このブースターは、すでに最初の提供物よりもさらに役に立たないように見える。つまり、このブースターを受け取った人は、ウイルスに感染する可能性が高くなるようだ。

やがて、医学的な正当性が全くないまま、無意味で危険な注射を3回打たれた12歳の子供たちが大勢出てくるだろう。

ロバート・ケネディJr.は、子供たちにコビッドワクチンを注射することは犯罪であると言った。彼は間違ってはいない。

すでにワクチンで命を落とす子どもたちが続出している。

ワクチンを接種したばかりの子どもたちの中には、重篤な症状を発症したり、死亡したりする子もいる。 健康な子どもたちの命が理由もなく絶たれ、その両親は悲しみに暮れることだろう。」

私たちは、彼らがより多くの人を殺す前に、彼らを止めるためにできる限りのことをしなければならない。私たちが知っていることに基づいて行動すれば、この悪魔のような怪物を止めることができるのである。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました