WEF/グレート・リセットロバート・マローン

ダボス会議と世界経済フォーラム、そしてその下僕たち
自称グローバリストの大君主に仕えるために訓練された者たちとは?

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Davos Man, his World Economic Forum, and his Servants

ロバート・W・マローン医学博士、MS

「すべては自分たちのために、他人のためには何もしない」というのは、世界のどの時代においても、人類の主人たちの下劣な格言であったように思われる。」

『アダム・スミス 第4章、448頁。- 国富論』(1776)-第III巻


「私たちが非常に誇りに思っているのは、WEF Young Global Leadersで各国のグローバルキャビネットに浸透していることだ。(YGL)の存在だ。」

クラウス・シュワブ(2017年)


世界経済フォーラム(WEF)という貿易組織のグローバリストメンバーとその下僕は誰なのか、なぜ気にする必要があるのか、そしてどうすればいいのだろうか。

まず、「彼らは誰なのか?」 現在100名のWEF正会員(「戦略パートナー」)は、世界の大企業とそのオーナーや経営者(「ダボスマン」と呼ばれる)から選ばれている。 WEFを支配する企業、オーナー、経営者のリストは開示されておらず、メンバーは間接的に推測するしかない。 しかし、WEFのメンバーは単独で行動しているわけではなく、世界各地に分散した様々な研修生グループを育成し、彼らは概ねWEFの指導者が策定・配布する詳細な方針・立場に従って行動している。 これらのトレーニングプログラムは30年以上にわたって運営され、その結果、世界中で何千人ものWEFで訓練されたオペレーターが配置され、分配され、急速に昇進しているのである。 WEFのクラウス・シュワブ会長は、これらの工作員が、メディア、金融、テクノロジーなどの主要産業の影響力のある場所と同様に、様々な政府の重要なポジションに戦略的に挿入されてきたと、有名な主張をしている。

「ダボスマン」とは、元ハーバード大学国際問題研究所所長サミュエル・ハンチントン博士(1927-2008)の造語で、「国家への忠誠心はほとんど必要なく、国境はありがたいことに消えつつある障害物と見なし、各国政府はエリートのグローバルな活動を容易にするためだけにある過去の残滓とみなす」社会カーストに属する新興経済エリートを定義したものである。 2004年にThe National Interest誌に掲載された彼の先見の明のある論文のタイトルがそれを物語っている。「デッドソウル アメリカン・エリートの非国有化 」である。

2005年のThe Guardianに掲載された 「Davos man’s death wish 」という記事の中で、Timothy Garton AshはDavos ManとWorld Economic Forumを評している。

「ダボスマンは、主に白人で、中年で、ヨーロッパ系かアングロサクソン系である。もちろん、今年のダボス会議の参加者の中には、インド人、中国人、アフリカ人、そして女性もいる。しかし、彼らは依然として少数派である。ダボス会議の支配的な文化は、依然として西洋の白人である。

ダボスマンは、才気と愚かさを併せ持ち、国家やイデオロギーの偏見で自分の長期的利益を見失い、もう一方の手で自分が築いたものを破壊するという厄介な前史を持っている。」

ウィキペディアでは、「メガロマニア 」を 「権力と富への執着、壮大な計画への情熱 」と定義している。 また、この用語を以下の心理学用語と関連づけている。自己愛性人格障害、誇大妄想、全能感(精神分析)子供の発達段階の一つ。ダボスマンは誇大妄想の定義に当てはまり、自分の強迫観念や壮大な計画を世界に押し付けようとするために、自分が信じる財力や政治力を手に入れ、あなたやあなたの家族、そして世界を自分のビジョンに従わせようとしているのである。

WEFについては、アンドリュー・マーシャルが簡単な紹介文を作成し、「世界経済フォーラム:歴史と分析」と題する2015年の記事で発表しているので、ぜひ一読されることをお勧めする。WEFの会員は、3つのカテゴリーに分かれている。地域パートナー、産業パートナーグループ、そして最も尊敬される戦略的パートナーだ。企業や業界団体からの会費は、フォーラムの運営資金となり、会員企業には特別なアクセスとアジェンダの設定が提供される。現在の戦略的パートナーの全リストは、こちらでご覧いただける。

「なぜ気にする必要があるのか?」WEFは 2019年後半から私たち全員が経験しているロックダウン、義務化、権威主義的なワクチンキャンペーン、早期治療の選択肢の抑圧、反対する医師のグローバルなターゲット、検閲、プロパガンダ、情報、思想統制プログラムの世界的に調和した計画、開発、実施を首謀した組織である。 これは、SARS-CoV-19が世界に広がり始めて以来、彼らが人為的かつ意図的に作り出した社会的・経済的混乱を利用し悪化させることによって、(彼らの会長クラウス・シュワブによって名付けられ説明された)進行中の「グレートリセット」によって、彼らのメンバーの経済的・政治的利益を前進させようと世界を支配し管理しようとしてきた者たちが使用する組織構造なのである。

この業界団体の思惑と計画は、イアン・フレミングやジョン・ル・カール、ロバート・ラドラムの二流版によって作られた国際スパイ小説のあり得ない不吉な筋書きのように読めるし、聞こえる。 残念ながら、彼らは世界有数の富裕層の資金力に支えられているのだ。 このような自称宇宙の支配者が誇らしげに出版している混乱した考え方や疑似科学の例として、私はCOVID-19を頑張って読むことをお勧めする。「The Great Reset」「 The Great Narrative for a better future」 (Klaus SchwabとThierry Malleretによるもの。), そして 「How to Prevent the Next Pandemic」 ( Bill Gates)である。 それぞれの政策ポジションとその相互関係の詳細なインタラクティブな要約(”トランスフォーメーション・マップ“)はこちら、COVID-19についてはこちらでご覧いただける。

「何ができるのか?」 2019年9月以降、皆さんが目にし、体験してきたことを踏まえて、鏡を見て、この2つの質問を自分自身に投げかけてみてほしい。

「この人たちは、私や子どもたちの未来を託せる人たちだろうか?」

「彼らは私の利益、価値観、そして私が信じていることを代表しているか?」

もし、彼らを信頼できない、あるいは、彼らがあなたの利益や価値観を共有していないと判断したならば、彼らがあなたの人生のすべての側面を支配することを防ぐために行動する時が来た。 そうでなければ、WEFはあなたの所有するものをすべて奪い、あなたの人生のすべての側面を完全に支配しようとする。 彼らの「グローバル・フューチャー・カウンシル」の重要な予測のひとつは 20-30年までにあなた(あるいはあなたの子どもたち)は何も持たなくなり、幸せになるというものだ。 以下は、彼らが描く明日のビジョンの他の側面へのリンクだ。

「私たちでなければ、誰を? 今でなければ、いつ?」

スーザン・ジョージ、「Whose Crisis, Whose Future?」 (Polity Press and John Wiley & Sons, 2010)。

あなたの答えがどうであれ,世界,あなたの日常生活,あなたがアクセスできる情報,あなたが考えることを許されたもの,あなたが所有することを許されたものを支配しようとする人々が誰なのか,あなたは知る資格があります. 彼らが誰を代表しているのか、そして彼らの名前は何なのか、知るに値する。 このエッセイとそれに付随するスプレッドシートの目的は、これらの人々が誰であるか、どこから来たのか、倫理や政策の立場は何か、どこで働いているか、どの部門で働いているか、いつWEFの言いなりになるように訓練されたか(同じ学年のメンバーの間にはしばしば密接なつながりがある)についての情報と透明性をあなたに提供することだ。

これらの人々は、ビジネスが経営と意思決定プロセスの中心にある、選挙で選ばれない政府のグローバリズムの形態を信じ、支持するように訓練されてきた。 彼らは、WEFメンバーのビジネスの利益が米国の憲法よりも優先される官民パートナーシップを代表するグローバルな多国籍政府の利益を促進するように訓練されてきた。 WEFは、独立した国家という概念は時代遅れで、すべてをコントロールするグローバルな政府に取って代わらなければならないと考えている。 彼らは基本的に反民主主義者であり、彼らの見解は基本的にコーポラティズムとグローバリストであり、これは別の言い方をすれば、全体主義的ファシズム(世界的規模でビジネスの利益と国家の権力とを融合させること)に賛成しているのである。これらの人々は、彼らが居住し、働き、政治的な役職に就いている国民国家の利益を代表しているのではなく、むしろ、国家とその憲法を支配する世界政府というWEFのビジョンに忠実であるように思われるのだ。 私の考えでは、政治家になっている研修生やWEFメンバーの場合、特に「各国のグローバルなキャビネットに入り込む」ために利用されている人たちは、ホスト国において外国人エージェントとして登録することを強制されるべきであると考えている。

ダボスマンの手下は外国人工作員 1938年米国外国人諜報員登録法(FARA)の正式名称は、「米国内でプロパガンダを広めるために機関に雇われた特定の人物の登録を要求するための法律、およびその他の目的 」である。 ウィキペディアを引用すると

「外国代理人登録法(FARA)(2 U.S.C. § 611 et seq.)は、外国の利益のために国内の政治活動や宣伝活動に従事する者に、司法省への登録とその関係、活動、関連する金銭報酬の開示を義務づける米国の法律である。その目的は、外国政府や外国団体の利益を代弁する個人の身元を政府や一般市民に知らせることだ。この法律は、国家安全保障局(NSD)の防諜・輸出管理課(CES)のFARAユニットによって管理・施行(または施行しない…)されている。」


The Malone Institute(主にJill Glasspool-Malone博士とAnita Hasbury-Snogles博士)は、スウェーデンのPharos foundationとPharos Media Productionsと共同で、数ヶ月の時間と数百の労働時間を費やして既存の公開されている過去のデータ源を調査し、二つのWEF研修プログラム、World Economic Forumの「明日のグローバルリーダー」(1993年から2003年の1年プログラム)と「ヤング グローバル リーダー」(2004年から2005年の5年プログラムで、今も継続中)からの卒業生の詳しい概要を作成した。 ファロス財団の概要はこちらでご覧いただける。これらの人々は、銀行・金融、その他のビジネス分野(健康・バイオを含む)学術・健康、メディア、テクノロジー、物流、芸術・文化、スポーツ、政治・政府、シンクタンク、通信、不動産、金融投資・持ち株会社、各種NGO、エネルギー、航空宇宙・軍事、食品・農業など幅広い主要ビジネス分野だけでなく「各国のグローバルキャビネットに入り込む」WEF会員の利益を代表する海外エージェントとして意図的に国際的に配置されている。

このリストは、次のリンクからダウンロードできる。

WEF研修生リスト

このリストは、世界経済フォーラムの「明日のグローバルリーダー」(1993年から2003年まで実施された1年間のプログラム)と「ヤング・グローバル・リーダーズ」(2004/2005年から現在も実施されている5年間のプログラム)の修了者の概要をまとめたものだ。

このリストを作成するために、Malone InstituteとPharos Foundationは、World Economic Forumの検索エンジンを使用し、公表されているリスト、Wayback Machineアーカイブ、Wikispooks、その他の補完的な情報源をクロスチェックした。100%正確ではないかもしれないが、可能な限り正確で最新の情報を提供するよう努めた。 WEFのウェブサイトから削除された人物もいるし、リストには載っていないものの、クラウス・シュワブ自身が「若き世界の変革者たち」のメンバーとして特定した人物もいる。情報がほとんど提供されていない方々を特定し、確認するために、手作業による徹底的な調査を行った。情報が不足している場合は、関連する国や役職などを探し、追加することを試んだ。 また、World Economic Forumのウェブページや、Wikipedia、LinkedIn、企業ページ、記事などに掲載されている既存の経歴へのリンクも用意した。また、場合によっては(入手可能な場合)その人が所属していた組織へのリンクも提供している。可能な限り、多くの場合、役職と組織は最新のものに更新されている。

WEFが選んだセクターの名称は、年々変化しているため、スプレッドシートでは、最新のセクターとポジションを最もわかりやすい言葉で表現しているが、特にビジネスセクターでは、より詳細な情報を得るためにサブセクターを追加している場合がある。WEFが使用している地域名称も年々変化しているため、よりシンプルな地理的地域を使用している。また、性別、政治的立場、健康状態、備考の欄も追加した。

このリストは、どなたか間違いを見つけたり、より多くの情報を持っている場合、訂正や追加をすることが可能だ。 もし、追加情報、詳細、訂正があれば、info@MaloneInstitute.org まで連絡してほしい。

WEFのYLTとGLTの卒業生の詳細なリストをダウンロードすることができるランディングページは、ここだ。


ソース情報 この要約は、リストアップされたグループ(GLT = Global Leaders of Tomorrow、YGL = Young Global Leaders)のみを対象としており、ご自身でクロスチェックできるよう、ハイパーリンクでソースが提供されている。WEFの研修生グループには、「若手科学者」などがあり、今後同様のサマリーシートで取り上げる予定だ。以下のリストは、上記のマスターリストに記載されているメンバーの全資料を含んでいるわけではない。

2003年にGLTプログラムに選ばれた経済学者のリチャード・ワーナーによると、「明日のグローバルリーダー」プログラム(GLT)は閉鎖され、フォーラムで難しい質問をする人が多すぎたため、「ヤング・グローバルリーダーズ」(YGL)というもっとコントロールしやすいグループとして再起動された(「COVID対策と経済に対する中央管理」と題するポッドキャストはこちらから見てほしい)。 最近卒業したクラスの多くは、WEFに代わって「第四次産業革命を推進する」革命家であると明示されている。

タイトルとURLをコピーしました