ロバート・マローンワクチンワクチンの安全性・有害事象

データは嘘をつかない | mRNA-ワクチンと全死亡率との相関関係
ロバート・マローン博士、テオ・シェッターズ博士と話すマルリース・デッカーズ氏

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Data doesn’t lie: mRNA-vaccines and correlation to all-cause mortality

rwmalonemd.substack.com/p/data-doesnt-lie-mrna-vaccines-and

先日オランダを旅行した際、De Nieuwe Wereld PodcastのMarlies DekkersがTheo Schetters博士と私にインタビューしてくれた。 そのビデオはオランダの視聴者向けに作られたもので、現在youtubeにアップされているが、そのプラットフォームには残りそうもない。 そこで、Theoと私がこのインタビューで取り上げたテーマは重要だと考え、ここにダウンロードし、掲載した。 テオが公開するデータや分析は、企業メディアによって無視される可能性が高く、また、大手ハイテク企業であるメタ/フェイスブック、グーグル/アルファベット、ツイッターによって検閲される可能性が高い。 しかし、それは開示され、議論されるに値しないことを意味するものではない。テオは、非常に真面目で、よく訓練された、責任感のあるウイルス学者、免疫学者、ワクチン専門家だ。 彼はオランダで非常に尊敬されており、この困難な時期に真実を追求し、報告するために必要な勇気を持っている。

以下、ポッドキャストのトランスクリプトから、インタビューの最後の部分を抜粋した(コメントはそのまま残している)。

 


背景

Theo Schetters博士は、 オランダのナイメーヘン大学で医学博士号を取得し、王立協会(ロンドン)から客員科学者賞を受け、英国ロンドン、ミルヒルの国立医学研究所でマラリア免疫学に 従事しました。

1988年から2014年までインターベットインターナショナル(オランダ・ボックスメール)に勤務し、ニワトリのコクシジウム症に対するワクチン(ノビリス® Cox ATM)、犬のバベシア感染症に対するワクチン(ノビバック® Piro)を開発しました。また、リピセファルス・マダニが関与する疾患に対する改良型ワクチン製剤の発明者でもあります。

現在、マダニおよびマダニ媒介性原虫感染症に対するワクチン開発に注力するProtActivity社の取締役を務めています。2004年、フランス・モンペリエ第1大学薬学部のMedal of Honourを受賞、同大学細胞分子生物学研究所(所長Andre Gorenflot教授)との長年の共同研究への貢献が認められ、Professeur Invitéを授与されます。

Veterinary Parasitology, Trials in Vaccinology” (Elseviers Science Publishers) および “Parasitology” (Cambridge University Press) の編集委員を務めています。

シェッターズ博士は、類まれな才能を持ち、非常に尊敬されているワクチン学者です。彼の警告が、政府や世界の保健指導者によって無視されないことを期待しましょう。これは長いインタビューです。この研究では、オランダにおけるブースターワクチン接種キャンペーン(60歳以上のコホート)と過剰な全死因死亡率との相関の可能性を統計的に検証しています。

仮説は基本的に、地域ごとのワクチン接種と、ワクチン接種者の60歳以上のコホートにおける過剰な全死因死亡率の急増との間に、時間的(time)統計的相関があります、というものです。オランダ政府は、遺伝子ワクチンの「ブースター」投与を地域ごとの接種波として展開する戦略を採用しており、時間と地域ごとにデータを分類した上で相関の可能性を検証する機会を提供しています。

これにより、データ解析手法の内部統制が可能となり、解析の威力を高めることができます。 テオは今、そのデータをオランダ政府に送っています。 彼の研究は、今年発表されたものの中で最も重要なものの一つだと思います。なぜなら、試験対象者(60歳以上)のコホートにおけるワクチンと超過死亡率との相関は、極めて強いと思われるからです。

私は、これらの結果が投稿され、査読を受け、査読雑誌に掲載されることを楽しみにしています。ただし、彼の研究結果の政治的意味合いから、起こりうる政治的反発に立ち向かおうとする雑誌編集者を見つけるのは難しいかもしれません、と警戒しています。

ビデオと原稿の中で、テオは、彼が今座っているデータの味を提供しています。 これらのデータと分析がさらなる精査に耐えれば、私が思うに、この発見は政策の変更を余儀なくされるか、あるいは世界の公衆衛生政策決定過程と意思決定者の独立性と完全性の危うさをさらに証明することになるでしょう。


トランスクリプトからの抜粋

(アクセントや第二言語の問題により、トランスクリプトは100%完璧ではない。

Theo Schetters

当初からわかっていたのは、COVID(SARS-CoV-2)は非常に変異の多いウイルスだということでした。私はいつも、ウイルスの後ろを注射器を持って走っているようなものです、と言っていました。 そのため、変異についていけないのです。

そして、実際に今、そのような状況になっています。オランダの国立衛生研究所は、オリジナルのワクチンを2回接種した人は、現時点では もう予防効果がゼロであると発表しています。 つまり、有効性の面では(予防効果は)ゼロであるというのが公式な結果です。

そして、安全面でも問題があります。オランダでは、私はある種の有名人なので、多くの人が私にコンタクトを取ってきます。オランダでは、私はある種の有名人なので、ワクチン接種後に非常に悪い経験をした人たちからメールや電話がかかってきます。

そして悲しいことに、この人たちは政府のルールに従い、政府を信頼していたにもかかわらず、今、このようなひどい副作用があるため、政府は耳を貸そうとしないのです。放置されているんですからね。話にならないんです。というのが、今の状況です。

私は時々、殺人があって、その死体が湖に投げ込まれたと例えることがあります。ある時期が過ぎるとその死体が浮かび上がってくる、これが今起こっていることなのですが、これはとても難しい、大変難しい話なのです。これらのワクチンは市場に出回っています。

これらの企業は莫大なお金を稼いでいるのです。なぜこれらの企業は、私たちが要求するような研究をしないのでしょうか?なぜなら、この技術によってDNAが変化するリスクはないのでしょうか、という話になると、その研究は学者や研究グループが金曜日の午後に行うことになるからです。そして、それが今起こっていることです。

これらの企業は、いつになったら資金や手段やすべてを手に入れることができるのでしょうか?

Robert Malone

……私はすべてを見てきました。医薬品開発におけるルールは、製薬業界にいるのであれば、無理に質問しないことです。なぜなら、気に入らない答えが返ってくるかもしれないからです。

Theo Schetters

その通り、そうです。

Robert Malone

そして、これは明示的なものです。 製薬会社がそれをしない理由は、そうすることが彼らの経済的利益にならないからです。そして、規制当局は、FDAやEMAが空白を埋めることを要求し、仕事をすることに失敗しています。

いいですか? 世界の規制当局は、国際整合化委員会のガイダンスやEMA、FDAの規制を正しく適用するよう製薬業界に要求するという仕事を怠ってきました。のです。それが生態系の仕組みです。製薬会社はそのような研究を行いません。政府は、私たち全員が同意しているから、これらの研究を行うのだという強制的な機能がない限り、これらの研究に資金を提供することはありません。

Theo Schetters

ええ、その通りです。

Robert Malone

規制で定められていること、何十年も前から皆が合意してきたことを、製薬会社に強制しないという意識的な決定があったんです……。

Theo Schetters

ただ捨てられただけです。

では、このメッセージをどのように国民に届けていくのでしょうか。オランダではほとんどの人がワクチンを接種しています。75%というところでしょうか。ですから、「あなたの体には、あなたの人生を終わらせるようなものが入っていますよ」と言って、彼らを怖がらせてはいけないのです。いや、そういうことを言いたいのですから。公平に見て、それ(ワクチン受け入れに起因する死亡確率)はそんなに強くないんです。

ワクチンを接種してから1年以内に全員が死ぬというようなことはないことは分かっていますが、一定の割合で大きな問題を抱えている人がいます。そして、ポイントは、このことについてオープンでフェアでなければならないと思うのです。

コロナ社のワクチンだけでなく、この技術が「コロナ社で使ったからもう大丈夫」と紹介されているようなものだからです。mRNAワクチンは、誰もが知っているものです。

Robert Malone

インフルエンザ。モンキーポックス(mRNAワクチンの登場)

Theo Schetters

その通りです。私 たちは、この技術は成熟しておらず、将来的には何かできるかもしれないと言いますが、 同じ技術でオミクロンの変種コロナワクチンのような他のすべてのワクチンや変種を開発する段階にはないことは確か です。なぜなら、この問題を解決できなかったからです。ワクチン接種後に人が死ぬという問題があるのです。そして、病気になるのです。

Robert Malone

子供も含めてですね…

Theo Schetters

そうですね。

Robert Malone

そして、生殖に関する健康への影響もあります。

Theo Schetters

はい。

Marlies Dekkers

では、副作用についてはどうなっているのでしょうか?つまり、これが未来なのです。私には恐ろしい響きです。しかし、現在では、人々は何に注意すればいいのでしょうか?どんな不満があるのでしょうか、どんなことを聞けば「なんです」と思うのでしょうか、それはおそらくワクチンと関係があるのです。

Theo Schetters

ええ。この技術の問題点は、このmRNAが体内を移動することです。 医師はそうではないと言われましたが。

Marlies Dekkers

いいえ、腕の中に入れておくべきです。

Theo Schetters

つまり、すべての臓器に影響を及ぼす可能 性があるということですね。そして、それが今、医師が見ているものです。彼らは、それが何であるか分からないあらゆる種類の症状を見ているのです。また、副作用は1つだけでなく、あらゆるものに及ぶ可能性があるため、統計学的に見ても非常に難しいのです。もちろん、凝固障害や心筋炎はわかっているのですが、それ以外にもさまざまなことが起こっているのです。

オランダでは、予防接種の回数と、その後1週間以内に死亡する人の数との間に、良い相関関係があることが明らかになっています。例えば、この1週間に1万件のワクチン接種を行ったとします。すると、この1週間で、125人ほど死亡が増えるのです(私の注-60歳以上のコホートでは10万人あたり800人、1/800の死亡に相当します)。

Marlies Dekkers

では、どのようなデータを使っているのでしょうか。テオ・シェッターズ博士:私は 、中央統計局と国立衛生研究所のデータを使っています。重要なのは、彼らは毎週データを報告していますが、私たちが作成したグラフは報告していないことです。

つまり、4回目の予防接種を受けた人の累積人数が表示されるのです。そして、上昇する曲線が表示されます。週ごとの変化は見えませんが、週ごとの変化を計算し、中央統計局から超過死亡率の数字を受け取ると、同じようなダイナミクスを示します。

Marlies Dekkers

つまり 、その週に多くのワクチンを接種すれば、その分過剰死亡も増えるということです。

Theo Schetters

その通りです。そうです。

Marlies Dekkers

その週のワクチン数が少なければ、その分…

Theo Schetters

死亡者数が少ないこと。

Marlies Dekkers

鳥肌が立ちました。

Theo Schetters

ええ。ポイントは、もちろん、私たちは本当の、私たちが粒状データと呼ぶものを得ていないことです。これはグループ単位の数字です。つまり、このグループはこの数のワクチンを受けたということです。そして、その年齢層で、この数の過剰死亡が見られます。しかし、これが本当に一人一人の相関関係があるのかどうかはわかりません。

ロナルド・メザは統計学の教授で、ここで議論して、1週間以内にデータを出してくださいと言いました。何が起きているのかがわかります。単純なことです。しかし、(詳細な)データを得ることができません。ですから、相関関係や観察が残るのです。

しかし、今では、少なくとも予防措置について話すなら、予防措置としてワクチンを販売するほど強くなってきていると思います。私たちの安全を守るためにね。そこで私は、現在も同じような議論をしています。因果関係を証明することはできませんが、予防的措置からくる相関関係が見られたら、これを止めましょうと言うべきです。

Robert Malone

全死因死亡率は、予想もしなかったことを示す究極の指標なんですね。だからこそ、私たちは臨床研究において常にこの指標を持たなければならないのです。しかし、またしても、他の多くの事柄と同様に、私たちは何十年にもわたって学んできたことを無視し、全死亡の重要性を否定してきたのです。

Theo Schetters

ええ私たちが行ったのは、保健所の所長に書留で手紙を送り、この結果を報告し、私の懸念を表明することです。そして、予防的な観点から、ワクチン接種の戦略を再考してほしいという質問もしました。というのも、これは本当の警告だと思うからです。しかし、これは特に…。

 

Robert Malone

800人に1人というのは、かなり大きな数字ですね。

Marlies Dekkers

かなり大きな数字です。Robert Malone博士:現在、心筋炎の発症率は5,000人に1人と公的に認められている政府もあります。

Theo Schetters

ええ、そうです。そこで、現在行われているワクチン接種キャンペーンについてお話しすると、オランダの良いところは、キャンペーンで行われることです。ですから、もし危険信号が表面化しやすくなったら……時間的な余裕をもって、簡単に……できるんです。

Marlies Dekkers

……フォローします。テオ・シェッターズ博士:(ブースター) それは60歳以上の人にしか与えられないんです。そうなんですか?ということは、比較的高い数値が出るのは、超高齢者が(ワクチンで)多く死んでいるからかもしれませんね。

Robert Malone

これは重要なことで、少なくとも1年前に初期のデータから引き出されたものです。これは、私や他の人が作った論理的欠陥の1つで、CDCや他の公的機関がウイルスのリスクを層別化していないと批判しました。

私はピーター・ナバロと一緒に論説を書き、ワクチン接種を最も必要とする人たちだけに集中させ、その他の人たちにはスウェーデンのように自然免疫を獲得させ、最も必要とする人たちのためにワクチン逃避変異体の進化を促すのではなく、ワクチンを保存させるべきだと述べました。そして、ウイルスのリスクだけでなく、ワクチンのリスクも年齢によって層別化されるというデータが出てきました。

この年齢層別解析は通常行われていることですが、私たちには隠されていました。そして、有害事象は高齢者や基礎疾患を持つ人たちに集中していることがわかりました。つまり、予防接種キャンペーンと相関する死亡率上昇のシグナルは、年齢によって層別化されている可能性があるということです。それは他のすべてのデータと完全に一致します。

Theo Schetters

その通りです。そこで、3つの年齢層に分けると、死亡率が最も高いのは、80歳以上であることがわかります。

Robert Malone

 残念なことですが、彼らは最も必要としている人たちなのです。

Theo Schetters

その通りです。

Robert Malone

 しかし、私たちは真実から目をそらすわけにはいきません。

Theo Schetters

しかし、ロバート、現時点ではまだワクチン接種が必要なのでしょうか?なぜなら、私たちはオミクロンについて、ここでは集団免疫の良いレベルについて話しているからです。では、その年代の人たちのリスクはどうなのでしょうか?

Robert Malone

ですから、私は国際医師・医学科学者協会の会長として、他の団体を代表しています。私たちは17,000人の医師と医学者だけで、すべて検証済みで、看護師はいません。これが私たちの組織の基本です。ヶ月前、私たちは記者会見を 行い、www.globalcovidsummit.org、明確な 明確な声明を 発表しました。

私たちの意見では、組織として、これらのワクチンは撤回されるべきです。リスクと便益の比率から見て、もはや正当化できないからです。そして、この技術の発端を作った責任者として、私はよく批判を受けます。自分のしていることに気づかなかったのでしょうか?そして、規制当局の開発、試験、臨床のための通常の基準が回避されることを、私は知る由もなかったのです。

しかし、私は、技術やそのリスクとメリット、製剤の性質、シュードウリジンの役割、それらすべてについて詳しく知っている人間として立っているのです。私や私が代表を務める組織の意見としては、データが十分に明らかになったので、現在行われているワクチン接種のキャンペーンはもはや正当化されないと考えています。

Theo Schetters

同感です。

Robert Malone

そしてさらに、早期(多剤)治療が命を救うというのが私たちの意見です。現在では、早期治療の選択肢が広くなったということです。イベルメクチンやヒドロキシクロロキンに関する報道攻撃は、すべてそうです。

それらをすべて脇に置いたとしても、他にもたくさんの薬剤があります。新規薬剤、モノクローナル抗体。いろいろあります。重要なのは、これらの…年長者やリスクの高い人々が、治療薬をすぐに入手できることです。

Theo Schetters

その通りです。

Robert Malone

もし、彼らが症状を発症したら。大統領と同じようにトニー・ファウチと同じように同じ基準が、リスクの高い人たちにも適用されるべきなのです。しかし、同様に、私たちはこの「すべてが同じ鉄槌に値する」ようなことを続けるべきではありません。

Marlies Dekkers

ひとつのサイズですべてを間に合わせようとする、、

Robert Malone

例えばパクスロビドですが、最近のScience誌の論説では、パックスロビドのメカニズムであるメインプロテアーゼに対するプロテアーゼ阻害戦略は、ウイルスの進化的逃避に非常に敏感であると明確に概説されています。

Theo Schetters

薬物逃避、

Robert Malone

そして、私たちはそのことを観察しています。そして、それはプロテアーゼ阻害剤で既知のリスクでした。HIVプロテアーゼ阻害剤では既知のリスクです。私たちはこの科学のすべてを知っているのです。私は、NIHのACTIV委員会と呼ばれる委員会に所属していました。

当時、この単剤療法は、ウイルスの進化的な逃避を引き起こすものであることが明確に認識されていました。 あなたはウイルス学者として、このことをご存知でしょう。つまり、単剤で使ってはいけないということではありません。

Theo Schetters

いいえ、でも組み合わせればいいんです。

Robert Malone

併用すべきですし、最も必要とする人に選択的に使うべきでしょう。製造元のファイザーは、パックスロビドの臨床試験を、通常のリスクを持つ人々には効果がなかったため、中止しました。平均的なリスクの人々には効果がなかったのです。そうですか?つまり、誰かが感染するたびにやみくもにこの薬を使うのではなく、賢く使うべきだという証拠がいくつもあるのです。

Theo Schetters

はい。ワクチンでやらなければならないような。

Robert Malone

まさにそうです。

Marlies Dekkers

わかりました。お二人とも、本当にありがとうございました。私にとって、とても学びの多い会話だったと思います。そうですね。そして、お時間をいただき、オランダまでお越しいただき、ありがとうございました。

Robert Malone

どういたしまして。そして、このような機会をいただき、皆さんから学ぶことができ、ありがとうございます。そして、皆さんの勇気と仕事を知ることができ、とても感謝しています。学会の反発、企業メディアの反発、検閲、プロパガンダ、中傷、ガス燈など、私たちの多くが経験してきたことに、私は確かに共感しています。そのことに感謝します。私はあなたを尊敬します。

Theo Schetters

ありがとうございます、ロバート。それはお互いに同じです。あなたは私たちの多くにインスピレーションを与えてくれる存在です。

Theo Schetters

はい、確かに。

Marlies Dekkers

お二人ともありがとうございます。

Theo Schetters

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました