COVID-19パンデミックの現在の進化は、人間の介入に対するより合理的なアプローチを必要とする

バンデン・ボッシュ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Current evolution of the Covid-19 pandemic requires a more rational approach to human intervention

 

世界的なCOVID-19危機の現在のダイナミクスを分析し、ますます制御不能に陥っているパンデミックに対して、より合理的、抜本的、協調的な介入を行うことを緊急に訴えます。

Geert Vanden Bossche, PhD, DVM, ウイルス学者、独立研究者、GAVI、Bill&Melinda Gates Foundation、GSK、Novartis、Solvay、DZIFの元ワクチン専門家。
www.geertvandenbossche.org


Geert Vanden Bossche

皆さん、こんにちは。今日は、皆さんから寄せられたいくつかの質問にお答えしたいと思います。また、パンデミックに関する現在の状況を少し振り返るとともに、次のステップとして何をすべきかについても考えてみたいと思います。

まず最初に、私がよく受ける質問として、「ワクチンを接種した人はウイルスを感染させることができるのか」というものがあります。

この質問に対する私の答えは、「はい、間違いなくワクチンを接種した人は、特に分散感染したときにウイルスを感染させる可能性があります」です。ワクチンを接種すると、感染力が弱まることは明らかです。

つまり、わずかな量のウイルスしか排出されませんが、彼らはいわば無症候性排出者として認定されます。ワクチンは感染を防ぐものではなく、病気を防ぐものですから、感染から病気の束を守ることになります。

では、これらの人々はどのくらいの期間、糞をすることができるのでしょうか?わかりませんが、無症候性キャリアーは、ワクチンを接種し、変異株に感染し、ウイルスを共有すると、数日間だけ閉じてしまうことがわかっています。ワクチン接種を受けた人がどのくらいの期間、ウイルスを排出しているのかを調査した研究を私は知りません。

2つ目の質問ですが、ワクチンの効果はあっても、大量接種には適していないというのはなぜですか?では。これは、短期的に個人ベースで見るのか、長期的に集団レベルで見るのか、というように、物事をどのように見るかによります。

現在のワクチンは重症の病気を防ぐことができますし、たとえ変異株や感染力の強い変異株があったとしても、ほとんどのワクチンは重症の病気を防ぐことができます。つまり、これらのワクチンは有効であり、重篤な疾患に対する保護という点では、変異株に対してもかなりの程度有効であると言えます。

一方で、より長期的な視点、つまり集団レベルで見た場合、ウイルスは生き残るために常に集団に適応しようとすることは明らかです。つまり、ワクチンを接種すると、特に大規模なワクチン接種キャンペーンを行うと、ますます多くの人にワクチンを接種することになります。そのため、最終的には人口のかなりの部分がワクチン接種を受けた人で構成されることになります。ワクチン接種を受けた人、つまりウイルスに対して免疫圧力をかけた人は、基本的にワクチンによってウイルスのタンパク質に対する抗体が作られることがわかっています。

この免疫圧力は必ずしも十分ではありません。というのも、ワクチンを接種した人が、例えば2回目の接種を待っているときに血清交換をしていると、ワクチンが遅れたり、2回目の接種が遅れたり、あるいはワクチンを接種した人が様々な副次的な感染性の変異株に遭遇したりするのです。

さらに、ワクチンを接種していない人、つまり人口の約80%が無症状のまま感染していることもあります。つまり、これらの人々は病気を発症することはありませんが、そのうちのある一定の人々、つまりかなりの数の人々が抗体を作りますが、その抗体は短時間しか生きられず、最適ではありません。

つまり、大量のワクチン接種を進めた場合、ワクチン接種を受けた集団では、感染の原因となる過剰なタンパク質に対して超最適な免疫圧力をかけている人が相当数いることになります。その集団の中で、ウイルスは、最適ではない免疫圧力を克服できる変異株を選択し始めます。

最適ではない免疫圧力を克服できる変異株を選択することで、ウイルスはこのような条件下で何度も拡散することができます。そうすることで、最終的には、集団内の相当数の人々に蔓延しているこれらの過酷な条件に適応することになるのです。そしてこれは、実際には、このウイルスが進化的に優位に立ち、より高い複製能力を持つようになるということを意味しています。このようにして、最終的には、ウイルスは少しでも多くのこれらの変種が優勢になり、最終的にはワクチンにさえ抵抗するようになるのです。

もう1つ重要なことは、もしそうなったら、例えば別のワクチンを作ればいい、と言うことができるかもしれませんが、その間に問題があります。というのも、抗体はウイルスに結合しても中和することはできませんが、ウイルスに対する親和性は天然の抗体よりも高いからです。そのため、自然免疫の自然抗体を抑制することができますが、これは、特にコロナウイルスの特異的な変異株に対する免疫反応を弱めるため、好ましい状態ではなく、非常に好ましい状態でもありません。

 7:41

ウイルスがワクチンに抵抗することは不可能だと言う人がいます。なぜならば、ウイルスに加えられたすべての免疫反応に抵抗するか、克服する必要があるからです。なぜなら、コロナウイルスは、細胞溶解性や細胞性の免疫反応が起こる前でも、簡単に感染することがわかっているからです。つまり、ウイルスが上気道の上皮細胞に侵入すると、非常に短い期間で複製を開始し、それを共有し、拡散し、感染するということです。そしてこれは、細胞溶解反応、例えば細胞溶解T細胞がワクチンなどへの抵抗性に関してトップに立つ前の話です。

私の知る限り、現在のワクチンは、すべてのワクチン接種者にウイルスを殺すことができるウイルス特異的な細胞溶解反応を誘導します。つまり、私が言いたいのは、大量のワクチンを接種することで、ある程度、多くのワクチン接種者が免疫力の低下した状態になり、その状態を、多くの、あるいは多くの人が最適ではない免疫反応を起こしている無症候性感染者と一緒にしてしまうと、結局、多くの人が免疫力の低下した状態になってしまうということです。免疫不全者、つまりあなたが免疫不全者であれば、例えば遺伝子の欠陥によって免疫不全に陥る可能性があり、実際に免疫逃避性変異株を発症しやすいことは非常によく理解されています。

このことが一般的に認められているのであれば、最適な免疫反応が得られないためにある種の免疫不全に陥っている人々が、免疫逃避変異株の開発を促進しない、あるいは好まないと考える理由は、もちろんありません。唯一の違いは、ワクチンを介した抗体が及ぼす免疫圧力が非常に選択的であるということでしょう。感染性の原因となるsタンパク質に対して選択的に作用するのです。

もう一つの疑問は、感染予防対策と組み合わせることで、ワクチンの成功率を高めることができるかということです。あるいは、ワクチンを更新した場合はどうでしょうか?何度も説明していますが、私の理解では、感染予防対策は、それ自体が成功している場合、特にその対策が成功している場合は、成功していると言えます。

11:56

私の理解では、感染予防対策はそれ自体が、免疫逃避のための変異株の開発と伝播につながる可能性があります。なぜ私がこのようなことを言うのかというと、集団予防接種の前にもそのようなことがありました。10月、11月に突然、多くの変異株が集団に見られ、流通しました。

これらの変異株に見られた変異は、基本的にすべて、感受性細胞のAC2受容体に結合する役割を持つSタンパク質の静脈に収束しました。つまり、通常、無症候性キャリアは、感染したとき、あるいは曝露されたときに、最適ではない免疫反応を起こすのです。そのような状態で、抗体価が上昇している間にウイルスに感染すると、免疫反応が抑制されてしまうのです。

驚くべきことに、この逃亡した変異株は、何ヶ月も経ってから見られたのです。なぜなら、当初は感染率がかなり低かったからです。10月、11月になると、集団の感染率は上昇し始めました。

このことは、なぜこの突然変異株が出現したのか、あるいは出現しなかったのかを説明することができます。症状のある感染者で、短命の抗体反応を持ち、ある程度抗体反応に抵抗があり、最適ではない抗体反応を持ち、免疫が抑制されている人が、ウイルスに接触する頻度や可能性が、感染率の上昇により増加したため、突然変異が発生したのです。そのため、私たちが行っていたこととはまったく逆のことを行う免疫逃避型の変異株が選択されたのかもしれません。

私たちは感染を防ごうとしていたのに、それらの免疫逃避変異株はより高いレベルの感染力を示していたのです。ですから、大量のワクチン接種と感染予防対策を組み合わせることで、この現象を回避し、新たな高感染性変異株の発生を抑制するために、より良い対策を講じることができるとは思えません。

2つ目の質問は、ワクチンを更新できるかということですが、これは個人的には役に立たないと思います。というのも、今日、ワクチンを接種した人に、半年後、1年後に同じ時期の新しいワクチンを接種しなければならないとしたら、まず最初に起こることは、抗体が最初のワクチン接種時の記憶に戻ってしまうことです。そして、この記憶は、抗体に関する限り、もちろん、最初のワクチンによって開始された、あるいは誘発された抗体で構成され、そのSタンパク質は、変異株のものと異なっていた、あるいは異なっています。ですから、1年後のようにワクチンを注射した場合、Sタンパク質は変異型のものとは異なります。

 16:05

なぜなら、コロナウイルスCOVIDの複製サイクルは約10時間で、新しいワクチンが完成するまで待つことはないからです。つまり、マッチングはさらに悪くなり、ミスマッチとなり、ある意味では免疫逃避をさらに促進することになります。

もう一つの疑問は、なぜ国によって波が違うのかということです。パンデミックが終息するまでに何回の波があるのか、最初の質問である「なぜ国によって波が違うのか」については、もちろん、国によって人口構成や社会的経済的地位が大きく異なります。

もちろん、国が違えば、人口構成も社会的経済的地位も大きく異なります。つまり、人口に関しても、ウイルスに関しても、国によって異なる変異株が流通しています。このように、ウイルスの面では、人間の介入によるさまざまな影響があります。例えば、感染予防対策や封じ込め対策などです。それらの戦略や実施方法は、国によって少しずつ異なるかもしれません。

このように、パンデミックにおける感染症の動態を形成し、調整する要因は数多くあります。だからこそ、この曲線は非常に異なったものになっているのです。

しかし、私が非常に重要だと思う別の要因があります。それは、大量のワクチン接種の時点を区別することが非常に重要だと個人的に考えています。あるいは、大量のワクチン接種を開始するのか、その大量の因子のワクチン接種を実施するのでしょうか。

例えば、ピーク時に大量のワクチン接種キャンペーンを開始した場合、感染力がそれほど高くないときに大量のワクチン接種キャンペーンを実施すれば、最適なワクチン接種キャンペーンのスピードに応じて、感染圧力を強く減少させ、ピークを下げることができるのは当然のことだと思います。これは非常に迅速に行うことができます。

その例をお見せしましょう。大規模な予防接種キャンペーンを迅速に実施することで、感染率を非常に迅速かつ劇的に低下させることができることを、すぐにお見せします。しかし、ピークとピークの間には、ある種の移行期間または静止期間があり、それが実際に1つの集団から別の集団への移行を区切っていることがわかります。第1の波は、国によっては脆弱な人々、特にスラム街や貧民街に住んでいる人々です。

例えば、ブラジルでは、主に高齢者で、生来の免疫システムが弱いことが原因と考えられます。そして、しばらくして、ある種の静穏期の後、ウイルスは第一波で守られた人々を攻撃することになるのです。ですから、ピーク時ではなく、この移行期に大規模な予防接種キャンペーンを実施した場合、その効果は全く異なるものになる可能性があるのです。

私がこのようなことを言っているのは、次のような理由からです。

21:02

この移行期にワクチンを接種すると、彼らは主にビニール・シェイダーとしての役割を果たすことになります。そのため、感染力のピークを減少させる効果は、もちろん、それほど顕著ではありません。しかし、その時点で、第一波で守られた人口の一部に感染が始まり、第一波の結果、まだ短命の抗体を持っている可能性があります。

もし、無症候性のシェダー(ワクチン接種を受けた人)がたくさんいれば、最初に保護されていて短命の抗体を持っている人たちが、抗体を持っているこの短い期間に感染する可能性は、ワクチン接種を受けた無症候性のシェダーがたくさんいるので、ますます高くなります。

これらの人々は、もちろん、シェディングによって、ショートリーフの抗体価を持つ人がその期間中に感染する可能性を高めることになります。ここで私が言いたいのは、機能していない最適ではない抗体が、第一波の時にこれらの人々を守る役割を果たした自然抗体を抑制する可能性があるということです。

もし、そのような抗体があれば、その保護を失うことになります。例えば、高齢者にワクチンを接種すると、第1波で守られた人々の感受性が高まる可能性があります。静止期にワクチンを接種すると、感染力が高まり、実際、感染力が加速される可能性があります。

例えば、ここに示しているのは、これを見てほしいと思います。これはイギリスとチリの比較ですが、昨年の12月の同じ時期にワクチン接種を開始しています。ここにある黄色のゾーンは、大量のワクチン接種が実際に行われた時の鐘を示しています。始まったばかりではありません。

もちろん、数週間後です。この時点は、人口の中の感染負荷や感染率が高いピークと一致していることがわかります。これは劇的な効果がありました。劇的な効果があり、感染は非常に急速かつ劇的に減少しました。

一方、新羅では、昨年12月に最高のワクチン接種が実施されましたが、これは比較的ウイルスがパンデミックしていた時期に開始されたもので、全く逆の傾向を示しています。ワクチン接種が進むにつれ、患者数が増加し、私の知る限り、この傾向はまだ続いています。

もちろん、予防接種が十分に行われていないからだと言う人もいるかもしれませんが、例えばチリでは予防接種率が上昇していますが、それでもイギリスとは全く逆の傾向が見られます。

私の国であるベルギーの例ですが、今年の1月と1月にワクチン接種を開始しています。ワクチン接種が実施された後、あるいは実施され始めた後、プラトー状態になっていましたが、ワクチン接種の増加に伴い、他の条件はすべて同じで、すべての感染予防対策や封じ込め対策などが行われているため、突然、患者の増加が見られるようになりました。つまり、この地域では、予防接種も重要な役割を果たしているようなのです。

26:34

つまり、ここでもワクチン接種が若年層の感染率の上昇につながっているようです。つまり、最悪のケースは、この原則に従って、感染力の高い株が存在する不穏な時期にワクチンを接種する場合です。

例えば、イギリスのように、突然、ピークが来て、そのピークは明らかにイギリスの変異株によるもので、その変異株はより感染力が強く、より大量に拡散し始めたという状況です。

もしそうなったら、もちろん突然ピークが来て、ある程度はワクチンの効果がなくなるかもしれません。しかし、最悪のケースは、通常、この静穏期に大規模なワクチン接種キャンペーンを開始することだと思います。感染力の高い変異株が存在する場合、感染力の高い変異株のために、それまで保護されていた人でも、最初の感染の結果、ショートリーフ抗体や最適ではない抗体が残っている可能性が当然高くなります。さらに、ワクチンを接種した人の中には、無症候性のシェダーとなっている人がたくさんいるとしたら、特に感染力の強い株が流通しているという事実を考慮すると、抗体が少なく、変異株のタンパク質も少ないということになります。

このような状況では、ワクチンを接種しても、まったく逆の効果しかないと思います。その結果、患者数の増加につながるかもしれません。

実際のところ、今日、波はまったく予測できないように思われます。疫学者は、もはや妥当な予測を立てることができず、株式市場の為替レートのように、波や曲線を見ているのです。つまり、もはや予測はできず、曲線やその形はあらゆるところに存在するのです。

これは非常に大きな問題だと思います。というのも、このパンデミックはある程度、制御不能に陥っていることを示しているからです。パンデミックが終わるまでに何回くらい波が来るのか、というのがもう一つの質問でしましたが、今後はどうなるのでしょうか。

私が非常に心配しているのは、これらのプラットフォームは、例えばイスラエルのような国でも、もちろんゼロには達していませんが、許容できるプラットフォームは1つだけで、それはレベルゼロに位置するプラットフォームです。つまり、まだ感染が続いているということです。たとえ感染率が低くても、ワクチン接種を受けている人や無症状で感染している人が増えている中で、さらなる感染を確保するには十分な感染率です。

曝露されている、あるいはDotaで言うところの最適以下の免疫を持つ集団全体では、ワクチンを接種された人々が無症状で感染しており、ワクチン接種者が2回目の接種を待っていたり、抗体を獲得していたり、あるいはSタンパク質がワクチンに含まれていたものとはかなり異なるウイルスに遭遇したりしています。そうなると、これは本当に状況や免疫状態に左右されることになります。

 31:23

このプラトーは、免疫逃避変異株の繁殖地となるのです。例えばベルギーのように、感染率が上昇したときに急増するだけでなく、もしこれが本当に変異株の温床になってしまったら、突然、ウイルスがワクチンに対して耐性を持つようになることに気づくか、あるいは目にすることになるでしょう。また、国の特定の集団の中で、おじさんの中で感染性変異株が繁殖しているという事実から、すぐに結果が出ることもあります。そして、これらの変異株が耐性を持つようになると、突然、大きなピークを見ることになります。

イスラエルやイギリスのような国では、このようなことが起こると思います。つまり、活動をゼロにするようなプラットフォームがなければ、感染者などの人々がワクチン接種を受けるようになったとしても、彼らはこのような免疫逃避型の変異株の温床となってしまうのです。そして、突然、急な傾斜が現れます。なぜなら、あなたが耐性を持つようになると、変異株はワクチンに対して耐性を持つようになるからです。

このようなことは今までになかったので、ありえない、ありえないと言われます。私はいつも、火山を見つめる男のことを考えていますが、以前に噴火したことがないので、噴火することはないでしょうと。

なぜなら、人類の歴史上、今回のようにパンデミックに大規模に介入し、世界的な感染予防策と大規模なワクチン接種を併用するような状況に直面したことはないからです。ですから、過去に発生したパンデミックでさえも、例えばアウトブレイクで見られたものとは比較できません。また、1918年のパンデミックもそうでした。ご存知のように、医薬品でも非医薬品でも、人間の介入は一切ありませんでした。

私が考える最悪の事態は、子供たちにワクチンを打ち始めることです。というのも、変異株が増えれば増えるほど、現行のワクチンや現行のワクチンリストが、変異株に含まれるタンパク質とよく適合するようになってしまうからです。そうなれば、子どもたちにワクチンを接種しても、しばらくは抗体が機能し、重篤な病気を防ぐことができるかもしれません。

しかし、私が指摘しているように、これらのものは進化しています。静的なものではありません。ダイナミックなのです。抗体の機能が低下したり、機能しなくなったりしても、sタンパク質に結合して自然抗体を抑制することができます。自然抗体は、若者や健康な子供たちがCOVIDから身を守るための主要な武器となります。SARS-CoV-2だけでなく、基本的にすべてのコロナウイルスから身を守ることができます。

そこで、もう一つの質問ですが、もし批判が多いのであれば、代替戦略として何を提案しますか?免疫逃避の科学的根拠は何ですか?では、免疫逃避が存在するという科学的根拠は何ですか?あるいは?

そして、ここで言いたいのは、まあ、免疫逃避の変種が選択されて、集団に適応できるという科学的根拠は何か、ということだと思います。だからまあ、私が言えるのは、まず、呼吸の条件に条件が満たされているということです

36:13

なぜなら、私が指摘したように、人々にワクチンを接種すればするほど、いくつかの異なる理由で免疫力が最適でない状況が発生するからです。ワクチンを接種していない自然感染者や無症候性感染者についても、同様に免疫力が最適でない状況に直面しています。そして、この無症候性の人々の中で、ワクチンを接種した人もしていない人もいます。

もちろん、免疫が最適化されていない状況はたくさんあります。なぜなら、このパンデミックの間、現在流通している株や感染力の高い変異株のために、比較的高い感染力にさらされているからです。さらに、感染の前段階で、すでにウイルスを排出している人たちも加えることができます。

その他の証拠としては、自然免疫、特に自然抗体の重要性を裏付けるものとして、間接的ではありますが、例えば、第1波の時に守られていた人が、第2波になると突然弱くなるということが説明できません。適応免疫では説明できないと思いますが、唯一の説明は、自然免疫が抑制されているということです。そして、そのメカニズムの可能性を表現し、説明しました。

これは適応免疫によるものではありません。その上で、コロナウイルスや普通の風邪のウイルスが、例えばCOVIDに対して人々に短い保護を与えることができることを知っています。

これにはいくつかの証拠があります。私は、これがT細胞免疫によるものだとは思いません。また、例えば、NK細胞が感染の非常に早い段階でウイルスを排除するのに重要な役割を果たしていることも分かっています。これも明らかに自然免疫の働きによるものでしょう。

このように、ウイルスの保護と排除に自然免疫が重要な役割を果たしていると考えられる理由はいくつもあります。そして、それが抑制されると、当然ながら人々はより感染しやすくなります。

では、別の戦略としてどのようなものを提案されますか?まず第一に、すでに述べたように、若い人にワクチンを接種するのは大きな間違いだと思います。特に、感染力の強い変異株が増え続け、増殖し続けている現状を考えると、現在のワクチンを接種した若い人を十分に保護することはできないでしょう。いつまで守られるかはわかりません。

しかし、保護されなくなれば、自然の抗体も抑制され、増え続ける感染性の高い変異株に対する免疫防御ができなくなってしまいます。ですから、2つ目に必要なことは、ワクチンを接種した人を守るための準備をすることです。For Yeah、例えば、抗体が十分に機能しなくなるような場合です。ですから、これらの人々を保護することを予測して戦略を立てる必要があるのです。また、重要なこととして、人々がいつ感染したのかを知ることもできます。

41:00

循環するウイルスに感染した人々は、生きたウイルスを自由に与えられていれば、再曝露の際に強力な免疫反応を起こし、変異株と戦うことができる、あるいは変異株に対して効果的であることがわかっています。その逆はありません。つまり、例えば、ワクチンを接種した後、再び生きたウイルスにさらされた場合、想起される記憶は、変異株から身を守るのに十分ではないということです。このことはよく実証されています。私たちがウェブサイトに掲載している研究でもそうです。

もし、人々がウイルスに感染したとき、これらの人々が本当に賄賂をもらって記憶B細胞を発達させたのかどうかを検証できる何らかの方法論を確立できれば、興味深いことです。

これと同じように、例えば、若い人たちに、現在のワクチンではなく、弱毒化したコロナウイルスの生ワクチンを接種することを検討すべきだと思います。弱毒性の生ワクチンは、これまで最も成功したワクチンです。ポリオの撲滅については、現在ではIPv不活化ポリオに移行していますね。しかし、ポリオウイルスの根絶に近づいたという点では、OPV(経口ポリオワクチン)のおかげであり、これは弱毒性生ワクチンでした。

これらのワクチン、つまり生ワクチンは、あらゆる免疫反応を刺激し、おそらくより優れたB細胞記憶反応を誘発し、ウイルスに不気味にさらされたことを思い出したときに、感染力の高い変異株にも対応できる免疫反応を引き出すことができるのは事実です。これは、私たちが実際に検討すべきことだと思います。

もちろん、先ほど説明したように、現在のワクチンをすでに接種している人にとっては、この方法は解決策にはなりません。ワクチンのタンパク質でプライミングされた後、生きたウイルスに再チャレンジしたからといって、その逆の方法でも同じように記憶を思い出すことができるわけではありません。

もし、若い人たちにコロナウイルスのワクチンを接種することができたら、どうすればいいのでしょうか。しかし、少なくとも、これらの人々はDフィクスチャの高い変異株に対処できる可能性が高いので、人口中の感染性変異株を希釈し始めることができると思います。なぜなら、若い人口は、これらの変異株に対しても非常に強い免疫反応を起こすので、それらに対処して排除することができるからです。

45:25

集団が重要になればなるほど、デザインされた感染性変異株を希釈することができ、もちろん以前にワクチンを接種した人も守ることができます。ワクチンですべての人を守りたいと思いませんのであれば、唯一の解決策はNK細胞ワクチンだと思います。だからこそ、もっともっと検討すべきだと思います。確かに私の専門分野ではありません。

しかし、例えばイベルメクチンやウイルス対策薬、特にイベルメクチンについては、正直なところ、非常に有望であると認めざるを得ないと思います。唯一の疑問は、これを予防的に使用できるのかということです。抵抗性を誘発する可能性はどうなのか、という疑問も出てきますが、ぜひ検討すべきだと思います。また、外来治療に関しては、このような治療は、もはや予防的な設定ではないので、ぜひ検討すべきだと思っています。

この外来治療については、マカロー教授がJournal of American medicineかAmerican Journal of Medicineに発表したいくつかの重要な論文があると思います。

この論文では、COVID-19のわずかな初期症状のある人を早期に治療することで、入院する人の数を減らすことができたという、実に素晴らしい成功例を報告しています。最後になりましたが、私は健康も重要だと思います。健康を増進するためのあらゆる手段、あらゆることが自然免疫系にプラスの影響を与えることは間違いなく、COVID-19に取り組むために考慮すべきことの一部であると言えます。人々はいつも、科学的根拠は何かと質問します。

もちろん、文献には明確な解決策は載っていません。パズルのピースを組み合わせて、科学のピースを組み合わせて、意味があるかどうかを見極めることが必要なのです。そして、もちろん必要なのは、基準を定めることです。

例えば、免疫逃避のための変異株が選択されて集団を支配し始めた場合、その可能性はどの程度なのか、あるいはどのようにして検出できるのか、といったことを示す基準を定義し始めることが絶対に重要だと思います。

私たちの基準は何でしょうか?その基準にはコンセンサスがあるのでしょうか?抵抗性を検出するための基準は何ですか?例えば、2回のワクチン接種を受けてもなお重篤な疾患を発症している人々の大規模なコホートがあれば、それは非常に簡単なことかもしれません。突然変異がどのようにして特定の領域に収束するのかを調べる必要があるのでしょうか。ワクチンを接種すると、例えば接種率が上昇し、接種率が上昇したにもかかわらず、いまだに発症しているような曲線がどのように形成されるのかを調べますか?

49:57

例えば、感染者の数が増加しています。そうしないと、ある人は「感染者数が増えているじゃないか」と言うかもしれません。

でもそれは、十分な数の人々にワクチンを接種していないからです。そうでなければ、ある人は「感染者が増えたが、それは十分な数のワクチンを接種していないからだ」と言うでしょうし、他の人は「つまり、ワクチンを接種しても効果が減るということだ」と言うでしょう。つまり、大量のワクチンを接種することで、本当に効果があるのか、他の人が「いや、感染者が増えているから効果がない」と言うのか、ということです。ですから、私たちはその基準を定義しなければなりません。

私の結論は、根本的な問題を解決しなければならない、この問題の根源を探らなければならないということです。

私の知る限り、今のところ根本的な解決策はありませんが、非常に複雑な対策が混在しています。そしてもちろん、国境の閉鎖や渡航制限なども行われます。そして私が見ているのは、これらの対策に、特に若者や活力のある人々が、基本的には努力を惜しまずに応じるようになっているということです。そのため、コンプライアンスがますます困難になっており、これは考慮しなければならない重要な要素です。

このような複雑な状況にもかかわらず、これらの対策が意味をなさないと言っているわけではありませんが、例えば、若者がこれらの対策を怠り始めると、特に問題になります。しかし、一方で、これらの対策では目標を達成できていません。基本的な目標は、例えば彼の集団予防接種で彼女の免疫を獲得することでした。

ですから、このように感染力の高い変異株が増えているのに、大量のワクチン接種で集団免疫を獲得できると信じている人がまだいるのかどうか、私にはわかりません。どうしてそんなことが可能なのか、私には理解できません。また、これらの感染性変異株をどうやって排除するかについても答えは出ていませんが、先ほど言ったように、このプラトーがゼロになることはないでしょう。つまり、変異株の繁殖地なのです。そして、それらを取り除くのではなく、さらに多くの変異株を生み出す可能性が高いのです。ですから、どのようにしてそれを回避するかが問題なのです。2日経っても誰も答えてくれないんですね。

そうそう、さっきも言ったけど、どうやってプラットフォームをこのプラトーに表示させるの?すみません,0点ですか?つまり、これらはすべて答えのない質問なのです。そして、それらについての見解が得られないのは良くないことです。

今回のパンデミックを管理し、ウイルスを管理・制御し、ワクチン接種の成功を管理するための基準は、入院率だったのです。疫学的な観点からすると、これは全く意味をなさないことですが、入院率が管理・制御の基準となってきました。

54:25

そこで、この問題を根本的に解決するにはどうすればいいのか、本当の意味での解決策がないのは、このウイルスの病原性や、ウイルスと免疫系の相互作用の個体群動態との関係について、十分に理解していないからだと思います。

私がウェブサイトに掲載したいくつかの質問に答えることができない限り、基本的な委員会の質問のリストがありますが、科学者はこれらの質問に答える必要があることに同意すると思います。非常に重要な基本的な質問に対する答えがない限り、つまり、現在のワクチンを使った大規模なワクチン接種キャンペーンは、すべての感染予防対策と並んで、実際には1つの大きな実験であるとしか言いようがないと思います。

これは良いことではありません。だからこそ、私は保健当局や国際的な保健当局に、少なくとも議論ができるような科学的な議論の場を開いてほしいと懇願してきました。なぜなら、一般の人は科学的なバックグラウンドを持っていないかもしれないからです。しかし、これらの人々は考える脳を持ち、良い感覚を持っています。そして、何が一貫しているか、何が矛盾しているか、何が論争の的になるかならないかについて、優れた常識を持っていると思うのです。

繰り返しになりますが、もしある人が、もしある当局が大量のワクチン接種を主張し、大量のワクチン接種によって免疫逃避変異株、つまり最終的にはワクチンに完全に抵抗し、機能的な自然抗体を損なう変異株が育つという考えを否定するのであれば、どのような科学的基準がこの現象の発生を示唆するのか、あるいは排除するのかについて、私たちは本当に合意すべきです。そうでなければ、私たちは常に堂々巡りをしていることになります。

私は、現在の進化と、より多くの感染性変異株が支配的になるという懸念を考慮して、さらに一歩進んで、各国の保健当局にタスクフォースを立ち上げ、3つの異なることを中心にしたテストを行うことを、誰もが求めていると思います。

まず第一に、これらの脅威を根絶すること、本当にこの、感染性変異株を根絶する必要があります。第二に、重要な問題に集中する必要があります。それは、弱い立場にある人々をどのように保護するかということです。そして、病院に運ばれて人工呼吸器や機械式人工呼吸器などをつけられることのないように、早期の段階でどのように治療するかということです。

そして、このタスクフォースにとって3つ目の重要なことは、自然免疫をいかにして促進するかということです。つまり、人々の自然免疫反応を促進するにはどうしたらよいかということです。なぜなら、自然免疫は全体像を把握する上で非常に重要な役割を果たしているからです。また、自然免疫が重要であることを示す証拠も増えています。また、健康や生活習慣、健康的な食事など、さまざまな側面が非常に重要であるという証拠も増えています。そして

58:53

人々の関心は、そのような重要な側面にはあまり向けられていません。ですから、個人的にはこの取り組みに協力したいと思っています。例えば、どのようにしてNK細胞ワクチンを設計することができるかについての洞察を共有したいと思っています。

もちろん、ファクトチェッカーは、私が関わってきた技術に注目してもらうために、このような騒動を起こしていると言うでしょう。しかし、私はファクトチェッカーがどのように機能するかを学びました。なぜなら、例えば特許を取得して、「この人はビジネスのために出てきたんだ」と言われても、その通りだからです。

彼はこれで大きなビジネスをしようとしています。また、例えば今回のように、別の特許がファイルされている場合。そうすると、彼らは「それは何の価値もない」と言うでしょう。

これを見る価値はありません。だから私は、ファクトチェッカーというのは、実は人を辱めたり非難したりすることで生計を立てているのだと学びました。ですから、私は彼のことは気にせず、助けを求めていますし、他の人たちがそれぞれの専門分野で助けを求めてくれることを願っています。なぜなら、政治家は科学者の後ろに隠れ、科学者はベッドの後ろに隠れ、誰が指令の後ろに隠れているのか分からないという印象を持っているからです。

政治家は科学者の後ろに隠れ、科学者は誰の後ろに隠れ、誰が委任状の後ろに隠れているか分からないという印象があります。隠れていたり、黙っていたり、エゴを追求したり、国が国益を追求したり、差別的な政策を追求したりする余裕は、もうありません。

私たちは、このCOVID危機に立ち向かうために、非常に重要な戦略を回復するしかないと思います。そのひとつが、本当に根絶することだと思います。薬であれワクチンであれ、私は気にしませんが、この問題を根絶する必要があります。そうしないと、これを根絶することはできませんし、社会はあらゆる面で完全に不可能になってしまいます。

そして2つ目に必要なのは、本当に連帯感であり、撲滅と連帯感が消火と反感の代わりになることを私は心から願っています。

以上、結論を述べ終わります。ご清聴に感謝いたします。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました