世紀の犯罪

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

コロナウイルス医療の誤報・偽情報・検閲早期治療・在宅治療一般記事-IVM
CRIME OF THE CENTURY (ft. Pierre Kory & Bret Weinstein)
日本語字幕(7分32秒)
オリジナル
YouTube CENSORED the Senate! | "Crime of the Century"

免責事項

このビデオマッシュアップは、アメリカにおける検閲の状況に関する歴史的・教育的目的のためのものです。

医学的なアドバイスとして受け取らないでください。

「私たちアメリカ人は、COVIDの危機に早くから対処してきました。必要のない多くの人が死にました。」

「実は1年前に話題になっていた解決策があります。」

「今、病院では10万人の患者が亡くなっています。私は肺の専門家です。私はICUの専門家です。誰も想像できないほど多くのCOVID患者をケアしてきました。この危機を解決する方法が我々にはあります。イベルメクチンという薬があります。奇跡的なインパクトを持つことが証明されています」

「イベルメクチンは世界で最も一般的な薬の一つであり、ノーベル賞を受賞しています。イベルメクチンはこのウイルスの感染を消し去ります。これは私の意見ではなく、データに基づいているのです。」

「治験責任医師がアルゼンチンで行ったイベルメクチンの試験では、1200人の医療従事者のうち、ハイリスクの788人にイベルメクチンが投与されました。残りの407人は服用しませんでした。服用しなかったグループでは58%がCOVIDに感染しました。しかし、服用したグループでは788人でCOVIDに感染した人は誰一人としていなかったのです。」

「ペルーの8つの地域では、各州にイベルメクチンの配布が開始され、パンデミック前のレベルに近づく急激な減少が見られたため、イベルメクチンの配備を決定しました。」

「メキシコではイベルメクチンの導入を決定し、メキシコ全土で死亡者や入院者が急激に減少しました。」

「パラグアイのアルト・パラナと呼ばれる州では、住民にイベルメクチンの配布を開始し、1ヵ月半後には病院での患者がほとんどいなくなりました。」

「インドを見てみると、その危機的状況の中で、ようやくイベルメクチンを治療に取り入れました。このカーブは現在、急激に減少しています。」

「パナマも同じです。スロバキアとチェコでも患者数と死亡者数が激減しました。

ジンバブエではイベルメクチンを使って、COVIDを文字通り根絶しました。」

「アフリカが大きな問題を抱えるだろうという予測は、実際には現れませんでした。
証拠は、アフリカの人々は抗寄生虫作用のあるイベルメクチンを服用していることを示していました。それがCOVIDからの保護につながったと考えられます。」

「COVIDは、スペイン、イタリア、イギリス、アメリカ、日本の独立した委員会で、利害関係者や利益を得ようとする者はいません。私たちは皆、科学的にはこれを組織的に展開しなければならないと言っています。」

「1987年に初めて開発されて以来、37億回の投与が行われました。サハラ以南のアフリカの60%以上の人々が年間に摂取しています。その安全性は他に類を見ないものです。」

「文字通り、パンデミックは終わったと思っていました。そして、何が起こったのか…」

「その医師がイベルメクチンについて話しているのをYouTubeで見た記憶がありますが、しかし、もう見ることはありません。」

「YouTubeの検閲を通過しなかった。」

「議会でのこのテーマの証言はYouTubeによって削除されてしまったのです。仮にあなたがおかしな人であったとしても、なぜ一般の人がそれを見ることができないのでしょうか?あなたはおかしな人とは正反対で、私たち全員にとって重要な問題について証言しており、これは非常に有名な証言となるはずでした。」

「あなたはイベルメクチンについて話すことを許されていません、それは彼らのコミュニティガイドラインにあります。許されないないのです。」

「絶対的に狂っている。」

「今現在、私たちのFacebookページは何も投稿できないほど閉鎖されています。文字通り、この薬を知らないために人々が死んでいるのです。」

「イベルメクチンについて言及するたびに、私たちはFacebookの牢獄に入れられています。このようなことが起きていることが信じられません。」

「早期発見を訴える勇気ある医療従事者の声を、なぜこれほどまでに封じ込めようとするのでしょうか。まったくもって支離滅裂です!」

「COVIDクリティカルケアのTwitterアカウントが停止されました。」

クリスティ・ライジンガー、MD
内科医、医師

「ショックを受けています。私が公開したイベルメクチンに関するビデオは、YouTubeメディアによって削除されました。」

「メディアの事務所は全てシーンとしています。」

「『ふざけんな、一体どうなってんだ』これの丁寧な言い方はありませんか?」

「イベルメクチンが世の中に出回ることを望まない人たちがいるのです。」

ジャンヌ・レンザー

調査報道ジャーナリスト

「FDAは公共の利益を守ることになっています。残念ながら、彼らの行動は産業界に取り込まれていることを示しています。」

「彼らがイベルメクチンに目を向けたくない理由に心当たりのある方は手を挙げてください。」

「儲かることが唯一の説明となっているようです。イベルメクチンの治療費は…」

「ごくわずかです」

「3〜12ドル?」

「そうです。」

「新薬のレムデシビルの場合は、1回の治療はまだ3,000ドルですよね。」

「3000ドルです。」

「なるほど。」

「NIH、FDA、CDCが、この病気を治療するための再利用薬を検討するタスクフォースの設置を知らないため、私は非情に困惑しています。これまで、レムデシビルやワクチンのモノクローナル抗体のような、新しい、あるいは高価な薬剤を使ってきました。」

「イベルメクチンへの主張には、何か異様な雰囲気が漂っています。それは、イベルメクチンがひどい薬だということではなく、イベルメクチンの大量の証拠が強くないと主張です。」

「それは彼らの主張です。」

「私はこれはデタラメだと思います。仮にそれが事実であったとしても、緊急使用許可は、緊急事態であるがゆえに、ワクチンが満たさなければならない基準を非常に低くすることを可能にします。」

「合格ラインは少しハードルが低かったようです。ワクチンというだけで、世界中で大量に使用され、流通することが可能になったのです。」

「もしダブルスタンダードになるのであれば、それは逆であるべきです。なぜならイベルメクチンで患者に害を与えるリスクは非常に低く、一方で長期的なレベルではワクチンで何が起こるかわかりません。」

「ただ、皆さんに理解してもらえるように、この点についてははっきりさせておきたいと思います。私は反ワクチン派ではありません。実際のところ、私はワクチンが私たちの医療ツールキットの中で最も素晴らしいツールの一つであることを非常に支持しています。あなたはアンチワクチンの人ではありませんよね?」

「まさか、全く違います。」

「私がお願いしたいのは、NIHに、私たちがまとめた、ワクチンの劇的な影響を示すデータを検証してもらう…」

「検閲」

この病気の死亡率と罹患率を見ると、他に類を見ないほど数え切れないほどの死者が出ていて、その死に方は恐ろしいものです。このような安全で低コストの薬剤を見れば、それを試すべきだというのは悩むような問題ではないように思えます。

「2021年6月11日、YouTubeはPierre Kory博士とBret Weinstein博士が出演するDarkHorseポッドキャストのエピソードを削除した。」

「同日、YouTubeはロン・ジョンソン上院議員がイベルメクチンを含むCOVID-19の代替治療法について議論したため、動画のアップロードを禁止した。」

「もし、それが効果的であると証明されるならば。それこそが夢のようなソリューションではないでしょうか。なぜ私たちはイベルメクチンを追求しなかったのでしょうか?」

「なぜこのような薬に目を向けなかったのでしょうか?すでにジェネリックとしてあり、安価で、大量生産が可能です。繰り返しになりますが、全く理解できません。」

「もしこれを世に出し、認識してもらえれば、多くの人々を助けることができます。」

「医療機関は安価なジェネリック医薬品の再利用を模索しなかったことで私たちを失望させました。」

「私たちアメリカ人は、この話自体が狂気じみているだけではなく、実際には全く別の病気について何かを語っていることを認識しなければなりません。それは何が真実であるかについての思想に対する権威主義的な支配と関係しており、それがここでは医学的な文脈で現れています。それは本当に恐ろしいものです。」

「まさにナチスドイツだ。」

「残念ながら、これはFacebookやその他のソーシャルメディアの巨人に見られるパターンです。」

「YOUTUBEは米国上院をキャンセルする

Covid-19患者の早期治療に関する医師の証言を検閲

ロン・ジョンソン上院議員(R-WI)による」

検閲は私たち全員を恐怖に陥れる。

「この歴史と物語が正確に語られるようになったとき…とても不愉快なことになるでしょう。」