クリス・マーテンソン金融危機・インフレ

クラッシュコース | 第10章: 量的緩和
Crash Course Chapter 10: Quantitative Easing

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ


Chris Martenson0:06

量的緩和(QE)についての本章へようこそ。2014年の今、先進国は歴史上最大の金融実験の真っ最中です。これは非常に重要なことです。

というのも、多くの経済用語を取り除くと、お金とは実のところ社会契約なのです。私たちはお金に価値があることに同意していますが、そうでなければ、私たちの相互の合意以上の実質的なものには裏打ちされていないのです。

このような背景を考えると、お金の印刷は洗練された金融慣行というよりも、社会実験のようなものだと考えるべきでしょう。なぜなら、国家の貨幣システムが崩壊すると、社会全体が影響を受け、商業が大きく妨げられ、棚が片付けられ、キャリアが台無しになり、未来がひどく損なわれるからです。

では、量的緩和やQEとはいったい何なのでしょうか?まあ、お金を刷ることです、簡単なことです。しかし、今日、私たちは実際にはそれほど多くの現物現金を印刷していません。ですから、お金を印刷すると言っても、大きな100ドル札の束を想像しないでください。代わりに、デジタルの1と0,主に電子元帳に表示されるたくさんの0を想像してください。

QEについては、FRBの章で簡単に説明しましたが、ここでもう少し詳しく説明します。繰り返しますが、FRBがお金を作り出す方法は、お金が存在するという会計処理を行うだけです。

ある日、あなたが目を覚まして銀行口座を確認したら、10億ドル入っていたとします。調べてみると、昨夜FRBがそのお金を預けたことがわかりました。このお金は、あなたにとって非常にリアルで、あなたの経済状況を完全に変えるでしょう。

6万6千313年間、現在の最低賃金である時給7ドル25セントで働き、1セント残らず節約して得たお金と同じように使うことができるのです。では、FRBはその10億ドルをどこで手に入れたのでしょうか。

それだけの金を稼ぐために何をしたのでしょうか?

この引用文がその物語を語っています。最後の行を強調しましょう。ここが重要なところです。最後の行に注目しましょう。連邦準備制度が、小切手を切ると、お金を生み出していることになります。この例では、連邦準備制度がお金を作り出し、それをあなたに送りました。

キーボードで、いくつかのキーをクリックすると、 2013年末には、このプロセスが毎月850億ドル使われていました。ただ、そのお金はあなたの口座には入りません。あなたが非常に大きな金融機関でない限り、そうです。FRBは国債や住宅ローン担保証券(MBS)を購入することで、この資金を作り出します。

その仕組みを説明するのはとても簡単で、FRBが400億ドルの国債を買いたいとします。まず、FRBは市場、つまりこのゲームに参加している大手銀行に対して、400億ドルの国債を購入したいことと、その価格帯を発表します。その後、様々な銀行が特定の債券を特定の価格で提供します。

そしてFRBはその中から実際に購入するものを選び、購入します。これらの債券は、今やFRBの帳簿上の資産となっています。したがって、FRBのバランスシートを見ると、ここ数年で飛躍的に増加していることが分かるはずです。実際、そのとおりになっています。

FRBのバランスシートは現在4兆ドル近くあり、この4兆ドルという数字が示すドルはすべて、文字通りマウスクリックで印刷され、無から存在するものです。今が異常な時代であることを明確にするために、FRBのバランスシートは2008年の経済危機の前には8800億ドルしかなかったことを指摘しておきましょう。

つまり、ギリシャでは 2008 年までの国の全歴史を通じて、あらゆる経済取引は、銀行が分数準備銀行を通じて貸し出しに使用できる、累積 8800 億ドルの流通ベースマネーを注入する必要がありました。しかし2008年以降、連邦準備制度によってさらに3兆ドルが作られ、システムに注入されました。

新しく作られたお金はどこに行ったのでしょうか?何をしたのでしょうか?どうなったのでしょうか? ベースマネーと呼ばれる、金融システムの流通貨幣の 図表を見れば、それを発見することができます。そう、まさにその通りなのです。この3兆ドルは、金融界の様々な場所や隙間に入り込んでいます。

しかし、その大部分、約2兆3千億ドルは、超過準備と呼ばれる形で、FRBに預けられています。銀行は預金から融資を行う際に、いくらかの資金を準備します。

必要以上に蓄えている場合、そのお金は超過準備金と呼ばれます。このグラフから、FRBは金融システムに資金を投入していますが、その資金の大半は新規融資という形でメインストリートに提供されていないことがわかります。

そのかわり、その資金はラウンドトリップされ,0.25%の利息を得るためにFRBに戻されています。しかし、それでもまだ7000億ドルから8000億ドルの余剰準備金が残っています。余剰準備金の形で保管されていません、株式、債券、不動産を買い上げるために外に出ています。

主に、FRBが無から刷ったお金を使って大銀行が3種類の資産クラスを大量に買い上げるためです。このS&P500とFRBの印刷の関係を示すチャートが物語るとおり、アメリカの株式市場は下落して大きく下落すると予測するのは安全でしょう。

もしFRBが突然お金の印刷を止めたとしたら。株式市場は今、この人工的な刺激策に夢中になっています。

では、このお金の印刷はいつまで続けられるのでしょうか?ある時点で止める必要があるのではないでしょうか?つまり、今すぐ大量に刷るとドルの価値を壊してしまうからです。

これに対する答えはイエスです。しかし、言うのはやるよりずっと簡単です。大きな、しかしあまり理解されていない懸念は、この刷りたてのお金がいったん作られ、金融界に放出されると、その回収が非常に困難になることです。

量的緩和を見ると、お金が連邦政府の正面玄関から出ていくときはとてもうまくいくのですが、その逆はあまりうまくいきそうにありません。実際、株式市場や債券市場を暴落させ、FRBとワシントンDCの指導者の双方に様々な困難をもたらさない限り、不可能かもしれないのです。

その理由はこうです。FRBが何か、例えば国債を大量に買っているとき、その資産クラスの価格は、FRBが無から人為的に作り出しました、あるいは印刷した需要によって、市場で上昇するのです。これは単なる経済学のイロハです。FRBは資産購入を事前に発表しているので、資産を購入する側は非常に有利です。

その理由はこうです。FRBが国債を大量に購入する計画を発表すると、銀行が殺到して最初に国債を購入します。これはフロントランニングと呼ばれ、その後、銀行は同じ国債をFRBに売るのですが、買ったときよりも高い値段で売れるので、大きな利益を得ることができます。

かなり甘い取引でしょう?アメリカ政府は国債の強い市場を享受し、取引の一部として超低金利を手に入れることができます。銀行はリスクなしで大儲けし、FRBは印刷したばかりのお金を大量にシステムに流し、さらに金利を引き下げるのです。

7:24

さらに金利を下げ、債券市場、株式市場、住宅価格を押し上げる。これこそまさにWin-Win-Winの状況です。まあ、あなたがお金を受け取っている一人である限りは、そうでしょうね。このシナリオでは、誰もがFRBを愛しています。

そして、魔法の小切手帳が、これらの人気のある結果を可能にしているのです。少なくとも、このシステムから簡単に利益を吸い上げられる権力者は皆そうです。しかし、今度はこのプロセスを逆にしてみましょう。FRBが世界中に無料のお金を溢れさせるのをやめる時期が来たと判断し、代わりに通貨供給量を減らそうとするとどうなるでしょうか。

お金の流れをドアの外からドアの中に戻そうとすると、FRBは銀行に利益をもたらして、銀行から国債を買っていたのですが、 FRBは銀行から国債を買い、銀行に利益をもたらしていました。しかし、FRBが同じ資産を銀行に売り戻した場合、その逆が起こります。

つまり、銀行は値上がりするどころか値下がりしている国債を買うことになります。FRBは銀行にお金を要求し、その見返りに市場に溢れた債券を渡すことになります。溢れた市場の価格は、下降方向しかありません。同時に、アメリカ政府はまだたくさんの新しい債券を市場に売り出すでしょう。

ただ、今はFRBがそれを買っていないだけです。これは何を意味するのでしょうか。つまり、政府の新発債とFRBが売っている新発債が、減っていくお金の供給を奪い合うことになります。数学的には、これは金利が上昇することも意味します。

そして金利が上がれば、債券市場だけでなく株式や住宅価格も損失を被ることになります。つまり 2008年の危機以来、FRBが懸命に作り上げたものすべてが、おそらく数カ月という非常に短い期間で元に戻ってしまうのです。FRBが2013年の大半を、毎月850億ドルの資産買い入れを減らすかどうか、あるいは縮小するかどうか、うろうろしていたことを不思議に思っている人は多いでしょう。

これは、FRBが株式市場や債券市場、住宅市場にインフレをもたらすために費やした長年の苦労が水の泡になることを恐れていることが主な理由です。しかし、もしFRBが量的緩和の取り組みを簡単に元に戻せないとしたら、私たちが直面するリスクは何でしょうか。

ここで歴史が明らかにすることがあります。しばらくの間は印刷で済ませることができます。しかし、それが追いついたとき、それは復讐のために行われます。理由はそれほど難しくはない。真の繁栄を印刷することはできません。

本当の豊かさは、印刷されたお金からは生まれません。本物の豊かさは、本物の価値を生み出す行動をする本物の人間からしか生まれない。もし繁栄を印刷することが可能なら、すべての中央銀行は、都市に配るのに十分な新しいお金を作るだけでいいはずです。

そうすれば貧困は永遠になくなりますが、もちろんそれはうまくいきません。貨幣は本当の富ではありません。それは単に富に対する請求権に過ぎない。富に対する新しい請求権を好きなだけ印刷することができますが、本物の量は、それが同じままであれば、印刷されたすべてのお金に関連して縮小していくことになります。これがインフレです。

量的緩和や過去数年間の中央銀行の悪ふざけは、普通のことではありません。普通ではありませんし、これまで試されたこともありません。

何が経済的にうまくいき、何がうまくいかないかについて私たちが知っていることすべてから、巨大で異常な逸脱を示唆しているのです。

これは異常な実験なのです。私たちは、自己満足と希望以外に、もっと多くの富の戦略を必要としているのです。

今回はそうではないかもしれないが、もしそうでないなら、そしてほとんどそうでないなら、FRB が通貨供給量を指数関数的に増やしていること、そして FRB と他のほとんどの世界の中央銀行が直面している、通貨印刷を止める、あるいは減速させようとする大きな課題、破壊的な世界的インフレ期の可能性が非常に現実であることを、私たちははっきりと理解する必要があ るでしょう。

それでは、次の章ではインフレについてお話しします。ご清聴ありがとうございました。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました