COVID-19 パンデミック/ポジティブな影響

この記事は約5分で読めます。
Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

コロナウイルス パンデミックの良い影響

サイトのご利用には利用規約と免責事項への同意が必要です。

パンデミックのポジティブな影響

小児の入院数の減少

小児感染症の医師であり、カリフォルニア州サンディエゴにあるレイディチルドレンズホスピタルの感染管理担当メディカルディレクターであるアリスポン氏は、呼吸器疾患による小児の入院が急激に減少したと語った。

暴力、強盗犯罪の減少

COVID-19が世界のほとんどの地域で経済活動を停止し、人々が家の近くに留まっているため、暴力や強盗などの路上犯罪は大幅に減少しているが、家庭内暴力は増加している。

大気汚染の減少

NASAの人工衛星は、世界の主要都市で大気汚染が20~30%減少したことを記録している。

スタンフォード大学の環境経済学者であるマーシャル・バークは、ブログの投稿で、中国で2ヶ月間大気の質を改善するだけで、5歳未満の子供4000人と70歳以上の成人73,000人の命が救われるかもしれないと予測した。(より保守的な計算では、約50,000人の命が救われると推定されている)。

米国のベースラインの汚染レベルは低いが、バーク氏は、汚染を20~30%減少させても、健康に大きな利益をもたらす可能性が高いと述べている。”パンデミックは環境衛生を改善するためには最悪の方法です」と彼は強調した。

交通事故の減少

高速道路事故-傷害や致死は、3月19日以降、半分に低下したことがわかった。

「交通事故の減少は他に類を見ないものである」 と、推定では毎日4000万ドルの公共の節約をもたらしている、と報告した。

性感染症の低下

皮膚科医であり、リスボン大学医学部の招待講師でもあるミゲル・ドゥアルテ・ボタス・アルパルハオ氏は、ロックダウン中は性感染症の発生率が下がると予想している。

健康意識の高まり

この危機は、人々に優先順位の問題を引き起こしている。「自分の命と愛する人の命を守るために、どれだけのことを犠牲にしてもいいのか」「人々は今、健康が欠けているときには何も本当に重要ではないことをより多くの認識しており、この意識の高まりは、より健康的な習慣に向けての原動力になるかもしれない。我々は見守っていかなければならないだろう」と彼は述べた。

Attention Required! | Cloudflare

一夜にして生まれた新しい社会規範

今まで成し遂げられなかった感染症の啓蒙活動

私が最も驚いたのは、何年にもわたって季節性インフルエンザの蔓延を防ぐための公共サービスのアナウンスや啓蒙活動が、社会の行動にほとんど影響を与えなかったことです。しかし、公的な命令によって強制的に課された閉鎖や制限が行われる前でさえ、COVID-19は記録的な速さで国民の注意と行動を喚起しました。激しいニュース報道と「バイラル」なソーシャルメディアの投稿が、他の病気の発生ではできなかったことを成し遂げたのは間違いありません。

COVID-19が人類にもたらした危機と悲劇を超えて、私は最終的にはポジティブな結果が現れ、それが持続することを楽観視しています。

第一に、人々が適切な手指衛生を維持するだけで、伝染病を防ぎ、世界中の命を救うことができる。

遠隔医療の推進

第二に、人々を自宅で隔離することは、テレヘルスシステムの拡大を恒久的に推進し、既存の規制や技術的な障壁を克服するのに役立つかもしれません。

より深刻な感染症の予防

第三に、この対応の様々な側面での失敗や誤りは、今後の感染症発生をより効果的に管理するための貴重な教訓となるだろう。

COVID-19 and changing social norms : Nursing Management
An abstract is unavailable. This article is available as a PDF only.

遠隔診療の拡大

A Pandemic Benefit: The Expansion of Telemedicine
Medical practice over the internet can result in faster diagnoses and treatments, increase the efficiency of care and reduce patient stress.

「遠隔医療は、患者の診察や診察に代わるものではない。」しかし、患者の中には、特に高齢者の患者の中には、家から出られない人もいる。

私は彼らと話をして、コンピュータで彼らの問題を見て、例えば足の感染症のスナップショットを撮って、それを直接カルテに入力することができる。

血液検査が必要な場合は、検査技師を自宅まで来させることができる。「 レントゲンでも、画像をデジタルで操作できる携帯用の機械があれば、自宅でできるそうだ」

医学校では、病歴を知ることで必要な情報の90%が得られ、残りの10%は身体検査から得られると教えられている。

「患者と十分に長く話をすれば、患者は何が悪いのかを教えてくれるだろう」

そして、患者はよりリラックスして、自分の家にいても焦ることが少なくなる。

彼は、テレヘルスによって、医師は患者の生活状況を評価し、患者の健康問題に有益または問題になっているものを判断できるかもしれないと付け加えた。

例えば、夜間に何度も起きてしまう人の自宅の寝室とトイレの間に事故を起こすかもしれない障害物があるのか?といったいことや、身体不自由な患者のトイレはどれくらい安全なのか?といったことだ。

遠隔医療はまた、優れたヘルスケアから何マイルも離れた農村部に住む患者に簡単に医療アクセスを提供することができる。

多くの一般的な健康問題やフォローアップケアのために、診察室での診察は必要ないかもしれない。患者は、正看護師や医師の助手がテレビに映っている間に診察を受けることができる。

ブロードバンド接続が十分でない地域でも、地域の遠隔医療インターネットカフェを設立することで、患者は数千マイル離れた場所にいる適切な専門家に接続できるようになるだろう。

慢性的な健康状態にある何百万人もの患者にとって、遠隔医療の貴重な資産は、体に装着したセンサーを使用することで、患者の健康状態の深刻な変化を遠隔でモニターすることができるということである。

また、慢性神経疾患の専門家グループが最近JAMA Neurology誌で述べているように、「遠隔モニタリングのオプションは、患者にとって最も重要な問題に対する信頼性の高い洞察を提供することで、臨床医がビデオ会議を通じて患者にオーダーメイドのカウンセリングを提供する際に力を発揮するだろう」としている。

例えば、肝臓にダメージを与えるC型肝炎ウイルスに感染した患者を対象とした研究では、テレビ会議を通じて提供された治療に対する反応は、対面で治療を受ける患者と同等かそれ以上に良好であったと、慢性肝疾患を研究している研究者が報告している。

しかし、「患者さんを見て、身体的に診るための代用はない」と強調しています。そうでなければ、多くのことを見逃してしまう」と強調した。彼が例として挙げたのは、乳房のしこり、心雑音、腹部の腫瘤などである。

タイトルとURLをコピーしました