COVID-19 免疫パスポートが悪いアイデイアである10の理由

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

免疫パスポートが悪いアイデイアである10の理由

Ten reasons why immunity passports are a bad idea
Restricting movement on the basis of biology threatens freedom, fairness and public health.
「免疫パスポート」が抱える10の問題点
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染して免疫を得た人については外出や移動などの制限を解除するという「免疫パスポート」の考えが各国で持ち上がっています。しかし、この考えに対し、実践的・倫理的な面で合計10の問題点があると専門家が指摘しています。

仕事や住宅、ローンを組めるかどうかは、血液検査に合格するかどうかにかかっている世界を想像してみてほしい。特定の抗体を欠いていると、家に閉じこもり、社会から締め出されてしまう。

それは以前にも起こりた。19世紀のほとんどの期間、ルイジアナ州ニューオーリンズでは、黄熱病に対する免疫力が、黄熱病を生き延びた「順応者」と、黄熱病に罹患していない「未順応者」に分かれていた1。

免疫がないことで、誰が結婚でき、どこで働けるかが決まり、奴隷として強制連行された人々にとっては、その価値がいくらになるかが決まっいた。推定免疫は、政治的・経済的な権力を裕福なエリートの手に集中させ、白人至上主義を正当化するために武器にされた。

似たようなものが、政府がCOVID-19パンデミックの経済的大惨事を逆転させるための努力で「免責パスポート」を導入するならば、私たちのディストピア的な未来になるかもしれない。

そのような証明書は、病気の原因となるコロナウイルスであるSARS-CoV-2に対する抗体が回復し、陽性と判定された人に発行されるだろうという考えである。当局は、免疫を持っていると推定される人に制限を解除し、それらを仕事に復帰することができる。このアイデアには多くの欠陥があり、どこから説明を始めればいいのかわからないほどだ。

4月24日、世界保健機関(WHO)は、その正確性が保証されていないため、免疫パスポートの発行に注意を促した。それは次のように述べている。”COVID-19から回復して抗体を持っている人が二次感染から守られているという証拠は現在のところない」(go.nature.com/3cutjqz参照)としている。それにもかかわらず、米国やドイツ、英国などではこのアイデアが浮かんでいる。

私たちは、生物学的根拠に基づいて個人の自由を制限するような文書は、人権を制限し、差別を強め、公衆衛生を守るどころか脅かすものになる危険性があると考えている。ここでは、免疫パスポートが機能しない、できない、許されるべきではない10の理由を紹介する。

10の理由

4つの巨大な実用上の問題と、6つの倫理的な異議が、1つの非常に悪いアイデアに結びついている。

1. COVID-19免疫は謎に包まれている

最近のデータによると、回復した患者の大多数がSARS-CoV-2に対する抗体を産生していることが示唆されている。しかし、科学者たちは、誰もが将来の防御を保証するのに十分な抗体を産生しているかどうか、安全なレベルとは何か、免疫がどのくらいの期間持続するのかを知らない。

重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)の原因となるウイルスなど、密接に関連したウイルスに対する免疫反応に基づく現在の推定値では、回復した人は1年から2年間は再感染から保護されると考えられている。

しかし、SARS-CoV-2の免疫が風邪の免疫を模倣したものであれば、再感染からの保護期間はもっと短くなる可能性がある。

2. 血清学的検査は信頼性が低い

血液中のSARS-CoV-2抗体を測定する検査は、ウイルスの有病率や広がりを評価するための貴重なツールとなる。しかし、検査の質や有効性には大きなばらつきがある。このため、WHOと元米国食品医薬品局(FDA)のスコット・ゴットリーブ委員は、個人の健康状態や免疫状態の評価に検査を使用することに注意を促している

利用可能ないくつかの検査は十分に正確であり、少なくとも99%の特異度と感度を持つことが検証されている。しかし、予備的なデータによると、大多数は信頼性が低いことが示唆されている。

特異性が低いということは、SARS-CoV-2に特異的な抗体以外の抗体を測定していることを意味する。これは、偽陽性を引き起こし、人々は彼らがそうではないときに免疫があると思うように導いている。感度が低いとは、効果的に測定するためには高濃度のSARS-CoV-2抗体を持っている必要があることを意味する。このため、抗体の少ない人には偽陰性が生じ、免疫のある人は免疫がないと誤って表示されてしまうことになる。

3. 必要とされる検査の量は現実的ではない

国家的な免疫認証プログラムのためには、数千万から数億の血清学的検査が必要である。例えば、ドイツの人口は約8,400万人であるから、すべての住民のCOVID-19免疫状態を2回以上検証するためには、少なくとも1億6,800万人の血清学的検査が必要である。

なぜなら、検査で陰性であった人が後に感染し、免疫の認定を受けるために再検査が必要になる可能性があるからである。免疫力を維持するためには、最低でも年に1回の繰り返し検査が必要である。6月から、ドイツ政府はスイスのロシュ・ファーマシューティカルズ社から毎月500万件の血清学的検査を受けることになる。これにより、毎月検査を受けることができるのはドイツの人口の6%に過ぎない。

仮に免疫パスポートが医療従事者に限定されたとしても、必要とされる検査の数はまだ現実的ではないかもしれない。例えば米国では、1600万件以上の検査が必要となる。本稿執筆時点で、米国疾病対策予防センターと米国の公的医療機関は、SARS-CoV-2の診断検査を1,200万件以上実施している(米国の総人口の3%;go.nature.com/2wemdd2を参照)。検査率の高い韓国でさえ、5月20日までには人口の1.5%しか検査できなかった(go.nature.com/2aztfvp参照)。

4. 回復者が少なすぎて経済を復活させることはできない。

COVID-19から回復したことが知られている人の割合は、集団によって大きく異なる。ドイツと米国のホットスポットからの報告によると、いくつかの場所では14%から30%の回復率を示している。例えばニューヨーク州では、食料品店などの公共の場所で3000人を無作為に検査したところ、14.9%の人がCOVID-19に対する抗体を持っいた(go.nature.com/2waaku9参照)。

しかし、これらは例外のようだ。WHOは4月の記者会見で、世界人口の2~3%しかウイルスから回復していないと推定した。

病気の有病率が低いということは、信頼性の低い検査は言うまでもなく、検査能力が限られていることと相まって、自由に働けると認定されるのは、どの人口のごく一部に過ぎないということを意味している。

例えば、現在の米国で確認されている症例数に基づくと、認定されるのは人口の0.43%に過ぎない。そのような割合は、経済にとっても安全にとっても取るに足らないものである。カフェは、ごく一部のスタッフが免疫があると認定されただけでは、リスクなく営業し、顧客にサービスを提供することはできない。店は、ごく一部の顧客しか入店を許可されなければ、利益を上げることができない。

5. モニタリングはプライバシーを侵食する。

免疫パスポートの目的は、移動をコントロールすることである。したがって、免疫認証のための戦略には、本人確認と監視のためのシステムが含まれていなければならない。紙の文書は偽造に弱い可能性がある。

スマートフォンのアプリに統合された電子文書の方が、不正行為への耐性が高く、接触者の追跡、再検査、免疫状態の更新に効果的である。

しかし、電子文書にはプライバシーに対するより深刻なリスクがある。中国の一部の省では、スマートフォンのQRコードで、個人のCOVID-19の健康状態に基づいて公共の場所への入場を制御している。これらのアプリはCOVID-19以上の情報を報告しており、位置情報、旅行履歴、誰と接触したか、体温から最近風邪をひいたかどうかまでの健康情報を含む。

台湾はまた、警察署に直接リンクされているアラートシステムとスマートフォンのアプリを使用している。イギリス、アメリカ、他の多くの国では、様々なアプリのオプションをテストしている。それでも、COVID-19の時にアプリが後退するという保証はない。中国は、そのQRコード追跡システムの要素が、パンデミックが終わった後も残っている可能性が高いと発表している。

6. 疎外されたグループは、より多くの監視に直面するだろう。

監視の強化に伴い、取り締まりも強化され、プロファイリングのリスクが高まり、人種、性的、宗教的、その他のマイノリティーグループへの潜在的な危害が発生する可能性がある。パンデミックの間、中国は、アフリカのすべての国民にウイルスの検査を強制することによって、住民を人種的にプロファイリングしたと非難されている。世界の他の地域では、アジアの人々が人種的偏見の急増に直面している。

このパンデミックの前には、米国のストップアンドフリスク法は、すでに有色人種の人々に不釣り合いな影響を与えいた。2019年には、ニューヨーク市で制止・捜索された人の88%がアフリカ系アメリカ人かラテンアメリカ人だった(go.nature.com/2jntjym)。そして、パンデミックの間、警察の取り締まりはマイノリティグループの人々を標的にし続けている。ニューヨーク州ブルックリンでは、3月中旬から5月初旬までの間に、物理的遠距離法違反で逮捕された40人のうち35人が黒人だった6。

これらの数字は非常に憂慮すべきものであるが、COVID-19の免疫のための監視や取り締まりが下心のために利用されるとすれば、なおさらである。例えば、米国、ブラジル、イランなどの国々では、COVID-19の拡散を最小限に抑えるために刑務所から出所し、デジタルブレスレットを使って監視する「デジタル監禁」がすでに増加している。

有色人種の人々が近隣地域によって人種的に隔離され、不釣り合いに投獄されている米国では、デジタルインカレが特定のコミュニティの大部分を監視するために使用される可能性がある。デジタル監視が移民のステータスにリンクされている場合、そのリスクはさらに高くなるだろう。

7. 不公平なアクセス

検査が不足しているため、多くの人がアクセスできない。これまでの経験から、富裕層や権力者は、貧困層や脆弱層よりも検査を受ける可能性が高いことが示唆されている。階層化された医療制度では、このような不公平感はさらに顕著に感じられる。例えば、プロスポーツチームやテクノロジーの幹部、映画の有名人が検査を受けていた3月上旬、米国の数十の州では1日に20件以下の検査を実施しいた(https://covidtracking.com/data)。

最も緊急に仕事に復帰しなければならない人たち、つまり家計を支え、食卓を確保しなければならない人たちは、抗体検査を受けるのに苦労する可能性が高い。学校に復帰する前の子供たちの検査は、退職した高齢者や、身体的、精神的、認知的な問題を抱えている人たちの検査と同様に、優先順位は低いかもしれない。

8. 社会的階層化

COVID-19の状態に基づいて人々を分類することは、「持っている人」と「持っていない人」、つまり免疫特権者と免疫不全者を分けるための新たな尺度を生み出すことになる。このような表示は、無料で普遍的に入手可能なワクチンがない場合には特に問題となる。ワクチンが利用可能になれば、人々は選択して免疫認証を得ることができる。ワクチンがなければ、層別化は運、お金、個人的な状況に左右されることになる。COVID-19の生存者に仕事、コンサート、美術館、博物館、宗教的なサービス、レストラン、政治的な投票所、さらには医療センターさえも制限することは、人口の大多数に害を与え、その権利を奪うことになるだろう。

子供はどのようにしてコロナウイルスを広めるのか?科学的にはまだ明らかになっていない。
社会的・経済的な不公平が増幅されることになる。例えば、病気になるリスクのある労働者を避けたいと考える雇用主は、病気にかかったことのある現在の従業員を優遇し、「免疫が確認された」従業員を優先的に雇用することになるかもしれない。

免疫パスポートは、国家間の対立を助長する可能性もある。免疫パスポートプログラムを実施できない、または実施する気がない国の個人は、免疫パスポートを規定している国への渡航を禁止される可能性がある。すでにHIVの人々は、ロシア、エジプト、シンガポールなど、性的少数者やジェンダー少数者の権利を侵害する法律がある国では、入国、生活、就労の制限を受けている。

9. 差別の新たな形態

SARS-CoV-2の免疫認証のためのプラットフォームは、メンタルヘルス記録や遺伝子検査の結果など、他の形態の個人の健康データを含むように容易に拡大されうる。今日の免疫のパスポートが、明日の包括的な生物学的パスポートになる可能性がある。

これらは、雇用者、保険会社、警察官などが自分たちの利益のために個人の健康情報にアクセスすることができれば、差別のための新たなリスクを導入することになるだろう。このような懸念は、例えば臨床医、研究者、保険会社、雇用者、法執行官などからの需要が高まる中で、誰が遺伝情報にアクセスできるようにすべきかという議論の中で、過去数年にわたっ て図録化されてきた7。

10. 公衆衛生への脅威

免責パスポートは、逆のインセンティブを生み出す可能性がある。ある種の社会的・経済的自由へのアクセスがCOVID-19から回復した人々にのみ与えられるならば、免疫パスポートは、健康で免疫を持たない人々が故意に感染を求め、自分自身や他の人々を危険にさらしてしまうというインセンティブを与える可能性がある8。

経済的苦難は、免疫パスポートが小切手を受け取るための唯一の方法であるならば、インセンティブを増幅させる可能性がある。個人は、贈収賄、個人間の移動、または偽造によって、不正に文書を入手する可能性がある。

免疫を主張する人々がウイルスを拡散し続ける可能性があるため、これらはさらなる健康上の脅威を生み出す可能性がある。第二次世界大戦中にイギリスで食糧配給が行われ、強固な地下交換システムが出現したときのように、危機は悪質な取引を助長する傾向がある。

次のステップ

リバタリアニズムに根ざした倫理観を用いた個人に焦点を当てた戦略は、公衆衛生の使命に反している。これらの戦略は、国際的な協力関係に資金を提供したり、効果的な公衆衛生対策を実践したり、所得格差を是正したりするなど、すべての人に利益をもたらす行動から注意を逸らすことになる。

北米(およびその他の地域)では、構造的な不平等のために、有色人種の人々が白人よりもはるかに高い割合でCOVID-19によって死亡しており、ウイルスは先住国の領土に住む人々に不釣り合いに影響を与えている。

成功の鍵は、連帯感と、私たちは皆一緒だという真の感謝の気持ちにかかっている。個人の自主性を前提とした倫理観は、公衆衛生上の危機の際には全く不適切であり、全体的な目的は共通の利益を促進することでなければならない。

私たちは、免責パスポートの代わりに、政府と企業が利用可能な時間と才能とお金を2つのことに投資すべきであると主張する。

第一に、シンガポールやニュージーランドからガーンジーやハノイまで、パンデミックの被害を制限するためには、テスト、追跡、隔離という、試行錯誤された真の方法が有効である。健康状態、個人データ、位置情報は匿名化されなければならない。個人が自分の動きについて安全な選択をできるようにするアプリを優先すべきである。

第二に、SARS-CoV-2ワクチンの開発、生産、世界的な配布である。ワクチンへの普遍的でタイムリーな無料アクセスが可能になれば、特定の活動への参加にワクチン認証を求めることは倫理的に許されるかもしれない。しかし、ワクチンへのアクセスが何らかの形で制限されている場合、他のワクチンの摂取に関する文献が証明しているように、私たちが強調している不公平感のいくつかがまだ適用される可能性がある。

自由、公平性、公衆衛生への脅威は、生物学的データに基づいて社会を分離するように設計されたプラットフォームに固有のものだ。すべての政策と実践は、社会正義へのコミットメントによって導かれなければならない。

タイトルとURLをコピーしました