太陽自然療法(ヘリオセラピー) さまざまな疾患への医学的効果

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

日光浴・太陽療法 疾患への医学的効果

概説

総死亡率の低下

最近、3つの前向き研究で、日光への曝露と日光回避が総死亡率に及ぼす影響が調査された。スカンジナビアの2つの研究では、個人の暴露データを用いて、日光暴露と死亡率の間に有意な負の関係があることが示された。

Ultraviolet Exposure and Mortality Among Women in Sweden - PubMed
Moderate sun exposure may protect against cause-specific mortality.
Avoidance of Sun Exposure Is a Risk Factor for All-Cause Mortality: Results From the Melanoma in Southern Sweden Cohort - PubMed
The results of this study provide observational evidence that avoiding sun exposure is a risk factor for all-cause mortality. Following sun exposure advice that

個人の曝露データを使用しているため、住宅の周囲の曝露データを使用しても、太陽光の有益な効果を示す証拠は見出されていない。

豊富な観察研究では、日光曝露と大腸がん、乳がん、前立腺がん、非ホジキンリンパ腫、多発性硬化症、高血圧、糖尿病のリスクとの間に負の関係があることが示されている。 多くの研究で結果は既知の危険因子で補正されているが、食事や生活習慣の因子との交絡を完全に排除することはできない。さらに、逆の因果関係も排除できない。しかしながら動物実験やヒトでの実験では、因果関係を支持している。

疾患への有益な効果

日光浴の有益な効果としては、皮膚疾患(乾癬や湿疹など)の予防と治療、ビタミンDの光合成(骨や筋肉の健康に重要)、季節性情動障害の予防と治療などが確立されている。ここ数十年の間に、日光と疾患との間に新たな好ましい関連性が発見されてきている。

The Consequences for Human Health of Stratospheric Ozone Depletion in Association With Other Environmental Factors - PubMed
Due to the implementation of the Montreal Protocol, which has limited, and is now probably reversing, the depletion of the stratospheric ozone layer, only modes

高緯度地域

高緯度地域(北緯50度以上のヨーロッパ)に住む人々では、皮膚がん(特にメラノーマ)のリスクは、主に断続的な暴露(日焼けを伴う)によって引き起こされるが、より規則的な暴露のパターンでは比較的低いリスクをもたらすことが判明した。

北西ヨーロッパでは、屋外での職業に就いている人の方が屋内での職業に就いている人よりも皮膚がんのリスクは低い。紫外線への定期的な暴露は、皮膚がんの発生源となる表皮の基底層および上皮層のDNA損傷をほぼ完全に消失させる(46-48)。

Solar-simulated Skin Adaptation and Its Effect on Subsequent UV-induced Epidermal DNA Damage - PubMed
Repeated skin exposure to ultraviolet radiation leads to increased tolerance for erythema. Whether this tolerance is accompanied by a significant protection aga

https://ec.europa.eu/health/scientific_committees/scheer/docs/sunbeds_co249c_en.pdf

The deceptive nature of UVA-tanning versus the modest protective effects of UVB-tanning on human skin
The relationship between human skin pigmentation and protection from ultraviolet (UV) radiation is an important element underlying differences in skin carcinoge

様々な太陽の効果

このことは、定期的に紫外線を浴びることによる「リスクを低下させる」効果を説明するものであり、余分なビタミンDの光合成やその他の(太陽)光の効果がこの現象にも寄与していると考えられる。

現在の太陽のアドバイスを、比較的中程度の定期的な露出の促進に変更することで、大腸がん、乳がん、前立腺がん、非ホジキンリンパ腫、高血圧、糖尿病の発生率を減少させることができるかもしれない。これらは皮膚がんよりもはるかに高い死亡率を持つ病気である。

過度の日光浴と日焼けは避けるべきであることは明らかであり、休暇中の日光浴には十分な節度が必要だ。しかし、特に高緯度地域では、日常生活の中での継続的な節度が健康に寄与するとは考えにくい。日光は多すぎても少なすぎても、健康を害する可能性がある。

ビタミンDと関連する疾患

自己免疫疾患(多発性硬化症、喘息、1型糖尿病)、心血管疾患(高血圧、心筋梗塞)、いくつかの癌(膀胱癌、乳癌、子宮頸癌、結腸癌、子宮内膜癌、食道癌、胃癌、肺癌、卵巣癌、膵臓癌、直腸癌、腎癌、外陰癌)、その他の疾患のリスクおよび/または死亡率は、居住地の緯度(紫外線量の減少)に応じて増加する。

一般的に、これらの疾患のリスクが高まるのは、UVB照射が不足しているためにビタミンDが欠乏しているためと考えられている。96

増え続ける分子データは、細胞増殖、分化、アポトーシス、血管新生、免疫応答、炎症応答におけるビタミンDの関与を実証している。

他にも、心血管疾患、糖尿病、癌、多発性硬化症、アレルギー、喘息、感染症、筋力低下、うつ病などにおけるビタミンDの役割を説明する分子メカニズムがあるかもしれない。99,100。 -107

皮膚疾患

乾癬

乾癬は、ケラチノサイトの過剰増殖を特徴とする炎症性皮膚疾患であり、一般人口に1〜2%の有病率を有することが知られている。しかし、現在では、乾癬のクリアランスにナローバンドUVBや単色UVBが使用されることが多くなっている。

ナローバンドUVBは広帯域UVBよりも乾癬のクリアランスが速く、より長い寛解期間をもたらす74,77。UVB光療法は乾癬の標準的な治療法であるにもかかわらず、その有効性の根底にあるメカニズムは不完全に理解されている。

UVB光照射は、DNA光生成物の誘導を介して細胞増殖を一時的に抑制すると考えられている。そのため、光線療法の治療効果は主にその抗増殖作用に関係していると推測されている73,82 。

また、UVB光線療法は皮膚免疫機能を阻害することで乾癬に有効である74 。 -85 乾癬患者におけるUVB曝露の有益な効果は、局所的なビタミンD誘導体も有効であることから、少なくとも部分的にはビタミンDの誘導によって説明できるかもしれない76,83-85

白斑

白斑の原因は、免疫系とメラノサイトの両方における遺伝的影響が組み合わさったものと考えられており、両方ともメラノサイトの破壊を引き起こしている。

白斑に対する光線療法は、多くの患者で夏季に太陽に曝された病変が毛包性の色素沈着を示す傾向があることが観察されたことから開始された。

白斑患者に対する光線療法の作用機序は完全には解明されていない。白斑患者における光線療法の作用機序は完全には解明されていない。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は慢性炎症性皮膚疾患である。90 ナローバンドUVBおよびUVA-1は、アトピー性皮膚炎やその他のT細胞媒介性炎症性皮膚疾患に最も頻繁に適用される治療法である。

紫外線はTリンパ球に直接的な光毒性効果を誘導する。それにより、炎症性の浸潤が徐々に減少し、患者の皮膚が改善する。

限局性強皮症

UVA-1光療法は、モルフォアとしても知られる限局性強皮症の治療に使用される。

UVA-1光療法は、ランゲルハンス細胞および肥満細胞の数を減少させる可能性がある。

痛みの緩和

日光浴や日焼けベッドは、線維筋痛症の患者の痛みを軽減する可能性があるようである。

皮膚バリア機能へのUV効果

30,93,94 このような改善は、UVA曝露後には現れない表皮過形成によるものではなく、また、以前に考えられていたように角質層中の脂質の増加によるものでもない。

最適濃度は75-87.5 nmol/

Zittermanらはプロスペクティブコホート研究のメタメタアナリシスを実施し、循環25(OH)Dが増加すると死亡率リスクが非線形に減少し、最適濃度は75-87.5 nmol/であることを明らかにした。

ビタミンDの補給が癌、心血管疾患、死亡率を予防するかどうかのエビデンスは矛盾している112-114 。

がん

ビタミンDはいくつかのタイプの癌の生存率の増加と関連している115,116 。

太陽の光とビタミンD:がんとのつながり

日光曝露とがんのリスク低下との関連性に関する最初の研究の一つは、1916年に報告されたであり、彼は、高緯度に住むことががんによる死亡リスクの増加と関連していることを発見した。

ホフマンは、1908年と1912年のがん死亡率を比較し、赤道からの距離が長くなるにつれてがん死亡率が増加することを観察した。

1937年にPellerとStephenson75は、太陽紫外線への曝露量が増加したことが報告されている米国海軍職員の癌の発生率を、年齢をマッチさせた対照者と比較して分析し、皮膚癌の発生率が海軍職員では8倍高かったのに対し、その他の癌による死亡者の総数は民間人に比べて60%も少なかったことを報告している。

これらの最初の観察結果を受けて、米国やカナダだけでなく、世界中で多くの疫学研究が行われた。Grant79は、男女ともに紫外線照射と癌による早死には劇的な逆相関があることを報告している。米国では、卵巣がん80、乳がん81、消化器系がん79,82、前立腺がん83,84について、太陽紫外線照射とがんリスクおよび死亡率との逆相関が報告されている。

オーストラリア、中国、日本、スペインなど100カ国以上のがん罹患率を報告した研究のメタ分析では、膀胱がん、乳がん、子宮頸がん、結腸がん、子宮内膜がん、食道がん、胃がん、肺がん、卵巣がん、膵臓がん、直腸がん、腎がん、外陰がん、ホジキンリンパ腫および非ホジキンリンパ腫を含む15種類のがんに 対して、太陽紫外線(UVB)曝露と逆の関係があることが明らかになった85。

Boscoe and Schymura86 は、多くの悪性腫瘍のがん発生率と死亡率の相対リスクは、太陽紫外線(UVB)曝露と強く関連していることを発見した。

Giovannucciら(87)は、男性を対象としたプロスペクティブ研究で、ビタミンDの状態とがん発生率の予測因子との関連性を調べ、逆相関があることを示した。

ビタミンD以外の経路による効果

悪性腫瘍の進行および腺癌の増殖の減少はビタミンDに起因するものではなく、これらの効果は紫外線曝露によってのみ観察され、ビタミンDの栄養補給によっては観察されなかった。

UV Exposure Inhibits Intestinal Tumor Growth and Progression to Malignancy in Intestine-Specific Apc Mutant Mice Kept on Low Vitamin D Diet - PubMed
Mortality from colorectal cancer increases with latitude and decreases with ambient UV radiation. We investigated whether moderate UV dosages could inhibit inte
前立腺がん

Luscombeら(88)は、屋外で働いていた男性は、屋内で働いていた男性に比べて、前立腺がんを発症するまでに3年間の期間があったと報告している。

リンパ腫

また、リンパ腫を発症した成人は、10代の頃に日光を多く浴びると死亡リスクが低下することも報告されている89 。

サブタイプは、主にB細胞リンパ腫、特にびまん性大細胞および濾胞性リンパ腫のリスクの低下を発見し、T細胞リンパ腫のリスクの低下は有意ではなかった。

Personal Sun Exposure and Risk of Non Hodgkin Lymphoma: A Pooled Analysis From the Interlymph Consortium - PubMed
In 2004-2007 4 independent case-control studies reported evidence that sun exposure might protect against NHL; a fifth, in women only, found increased risks of
乳がん

(Knight)ら90 は、乳がんを発症したカナダの女性に、10代から若年期の間にどれだけ日光を浴びたかを尋ね、年齢、民族、居住地をマッチさせた女性と比較した。彼女は、10歳から19歳までに最も多くの日光浴をした女性は、屋外での活動の最も高い四分位と最も低い四分位を比較すると、乳がん発症のリスクを60%以上減少させると結論付けた。また、最も多く日光を浴びた40歳以上の女性は、日光を浴びなかった人とリスクが変わらなかったため、その効果は失われた。

Sunlight and Vitamin D: A global perspective for health
Vitamin D is the sunshine vitamin that has been produced on this earth for more than 500 million years. During exposure to sunlight 7-dehydrocholesterol in the
大腸がん、乳がん、前立腺がん、非ホジキンリンパ腫

観察研究 太陽放射とがん(皮膚がんを除く)の発生率および死亡率との間の逆相関が記述されている。大腸がん、乳がん、前立腺がん、および非ホジキンリンパ腫については、ケースコントロール研究およびプロスペクティブ研究が実施された。

これらの対象者に関する26件の症例対照研究と19件のプロスペクティブ研究のシステマティックレビューでは、慢性的(断続的ではない)な太陽光照射と大腸がん、乳がん、前立腺がん、非ホジキンリンパ腫との間に逆相関があることが明らかになった。この関連性は一貫しており、説得力のあるものであった。

Is Prevention of Cancer by Sun Exposure More Than Just the Effect of Vitamin D? A Systematic Review of Epidemiological Studies - PubMed
The number of studies reporting on the association between sunlight exposure, vitamin D and cancer risk is steadily increasing. We reviewed all published case-c

皮膚がん・メラノーマ

Regular sun exposure benefits health
Since it was discovered that UV radiation was the main environmental cause of skin cancer, primary prevention programs have been started. These progra…

皮膚の紫外線への露出が変わっただけでなく、日中の明るい光や、夕方から夜にかけての人工的な光への目の露出も変わってきている(8)。中でも皮膚がんの誘発が最も重要と考えられている。

皮膚がんは、遺伝的な感受性と環境曝露(主に紫外線)との相互作用によって引き起こされる(9)。赤毛/金髪の人、目の色が明るい人、火傷しやすい人、日焼けしにくい人では、リスクが高くなることが示されている。

メラノーマの「断続的日光曝露仮説」

現在の観察研究では、最も侵攻性の高い皮膚癌の一種であるメラノーマの「断続的日光曝露仮説」(intermittent sun exposure hypothesis)が支持されている。

“断続的 “な日光暴露は、日光浴、屋外でのレクリエーション、日当たりの良い気候での休日など日光を多く浴びる特定の活動に関連しており、中程度から強程度の日光曝露がメラノーマと間に正の相関があることが認められた。しかしながら、「慢性的」または「より継続的」な曝露は、一般に「職業的」曝露と同義であり、総日光曝露(「断続的」+「慢性」の合計)は、一般に弱いか、無効か、または否定的な関連を示した。

オランダで実施された症例対照研究では、日当たりの良い国での日光浴や休暇などの余暇活動が、屋内労働者のメラノーマのリスクを増加させたが、屋外労働者では増加させなかった。

Effect of intermittent exposure to sunlight on melanoma risk among indoor workers and sun-sensitive individuals.
Intermittent exposure to sunlight is considered to be an important risk factor for melanoma, but the associations reported in most case-control studies are surp

いくつかのタイプのメラノーマの発生は紫外線曝露に一定の依存性を示しているが、職業的曝露に関するデータが不十分であるため、現時点ではメラノーマは職業的紫外線曝露によって誘発される腫瘍としては考慮されていない。

Skin Cancer, Melanoma, and Exposure to Ultraviolet Light

メラノーマは断続的日光曝露と日焼けとの間に正の関係があるが、一般的にはより規則的なパターンの日光曝露とは逆の関係がある。

Meta-analysis of Risk Factors for Cutaneous Melanoma: III. Family History, Actinic Damage and Phenotypic Factors - PubMed
A systematic meta-analysis of observational studies of melanoma and family history, actinic damage and phenotypic factors was conducted as part of a comprehensi
Sun exposure and skin cancer, and the puzzle of cutaneous melanoma: A perspective on Fears et al. Mathematical models of age and ultraviolet effects on the incidence of skin cancer among whites in the United States. American Journal of Epidemiology 1977; 105: 420–427
Sunlight has been known as an important cause of skin cancer since around the turn of the 20th Century. A 1977 landmark paper of US scientists Fears, …

この逆相関は緯度に依存しているようであった。南ヨーロッパでは慢性的な(より規則的な)職業的曝露はメラノーマのリスクを高めるが、北西ヨーロッパ(北緯50度以上)では相対的に低いリスクと関連している(4)。

Sun Exposure and Melanoma Risk at Different Latitudes: A Pooled Analysis of 5700 Cases and 7216 Controls - PubMed
Melanoma risk at different body sites is associated with different amounts and patterns of sun exposure. Recreational sun exposure and sunburn are strong predic

基底細胞がん・扁平上皮がん

最近、特にヨーロッパでは、基底細胞がん(BCC)や扁平上皮がん(SCC)のリスクについても、曝露のパターンと緯度が重要であることが明らかになってきた。慢性的および断続的な曝露はいずれも南ヨーロッパではリスクを増加させるが、北部ではより継続的な曝露パターンがBCCおよびSCCのリスクを比較的低くする。

皮膚がん、特にメラノーマの発生率は、数十年前から上昇し続けている。メラノーマの発生率は、1940年代末までに生まれた世代で着実に上昇しており、その後、オーストラリア、ニュージーランド、米国、カナダ、ノルウェーの最近生まれた集団では、発生率が安定化または低下している。

WHO死亡率データベースの分析によると、メラノーマの死亡率は1875年からピーク年までの間、歴代で増加している(ピーク年は、北米では1937-1943年、北欧では1941-1942年、英国とアイルランドでは1945-1953年、西欧では1948年に生まれた対象者であった。

ピーク年以降は、メラノーマの生涯死亡リスクは歴代で徐々に減少した。今後、時間の経過とともに、メラノーマによる死亡は若年層では確実に少なくなり、高齢層に集中していくと予想されている。

中枢神経系

多発性硬化症

Beckklundらは、動物モデルの実験において多発性硬化症の抑制へのビタミンDの補給は紫外線よりも効率的ではないことを示した。

UV Radiation Suppresses Experimental Autoimmune Encephalomyelitis Independent of Vitamin D Production - PubMed
Although the exact cause of multiple sclerosis (MS) is unknown, a number of genetic and environmental factors are thought to influence MS susceptibility. One po

Lukasらは多施設共同症例対照研究において、最初の脱髄イベントの発生時に測定された血清25(OH)Dレベルの上昇とともに多発性硬化症のリスクが減少し、また質問票またはアクチン損傷の程度によって推定された紫外線曝露量の増加とともにリスクが減少することを明らかにした。中枢神経系の脱髄の発症には、日光曝露とビタミンDの状態が独立した役割を果たしている可能性を示唆している。

Sun Exposure and Vitamin D Are Independent Risk Factors for CNS Demyelination - PubMed
Sun exposure and vitamin D status may have independent roles in the risk of CNS demyelination. Both will need to be evaluated in clinical trials for multiple sc

スウェーデンで行われた集団ベースの症例対照研究では、紫外線曝露がビタミンD以外の経路を介して多発性硬化症の発症を予防する効果を発揮する可能性が示唆されている。

Sunlight Is Associated With Decreased Multiple Sclerosis Risk: No Interaction With Human Leukocyte antigen-DRB1*15 - PubMed
UVR and vitamin D seem to affect MS risk in adults independently of HLA-DRB1*15 status. UVR exposure may also exert a protective effect against developing MS vi

多発性硬化症の有病率は緯度勾配に沿っており、紫外線の全世界的な分布とは逆の関係にある。日光曝露と白人の 多発性硬化症 との関連性に関する症例対照研究、プロスペクティブ研究、双子研究では、リスクや死亡率が減少していることがわかった。

http://cancer-research-frontiers.org/wp-content/uploads/2016/04/CRF-2016-2-156.pdf

周囲の日射量は、西ヨーロッパの成人集団における冠動脈性心疾患の死亡率の有病率とよく相関しており、南部では死亡率が低くなっていることがわかった。

 

多発性硬化症の実験的自己免疫性脳脊髄炎モデルの研究では、ビタミンDの治療は、ビタミンDの毒性と高カルシウム血症を引き起こす用量を使用して、病気の誘導と進行の適度な抑制につながることが実証された。

しかし、血清25-ヒドロキシビタミンDのわずかな増加のみを引き起こす慢性的な尿細血管下UV線量は、副作用のないビタミンDよりも大きな疾患抑制をもたらした。

UV Radiation Suppresses Experimental Autoimmune Encephalomyelitis Independent of Vitamin D Production - PubMed
Although the exact cause of multiple sclerosis (MS) is unknown, a number of genetic and environmental factors are thought to influence MS susceptibility. One po

認知症

中国北東部の高齢者の認知機能に対する日光曝露の影響
Effect of sun exposure on cognitive function among elderly individuals in Northeast China
Previous findings on the relationship between serum 25-hydroxyvitamin D level and cognitive impairment have been inconsistent. One reason is that serum 25(OH)D

本研究では、60歳までに日光を浴びる時間が最も長く、日光を遮る行動が最も少なく、午前と午後に屋外で過ごすことが多かった参加者は、認知機能(MMSE)が高い可能性が高いことを明らかにした。中程度と低い日光の曝露患者の間では認知機能に差が見られなかった。

多くの大規模横断研究で、血清25(OH)D濃度の低さと認知機能障害との関連が観察されている 。ビタミンDの状態の低さが認知機能障害につながると思われがちであるが、認知機能障害は、個人の屋外活動の低下、つまり日光への曝露が原因で、実際には血清ビタミンD濃度を低下させる可能性がある。

太陽光の照射角度

太陽天頂角、太陽光に皮膚が曝露されている時間、皮膚が曝露されている面積などのいくつかの要因が、皮膚におけるビタミンD合成に影響を与える可能性がある。

太陽天頂角は緯度、時間帯、季節によって変化する。今回の研究では、正午頃(11:00-13:00)に屋外で活動したと回答した人の割合は、3つの日光暴露群で同程度であった。

今回の調査では、正午(11:00-13:00)頃の屋外活動を報告した人の割合は、3つの太陽曝露グループ間で同等であった。一方、日射量の少ないグループでは、早朝(6:00~8:00)と午後(16:00~18:00)に屋外での活動が多く、この時間帯は皮膚でのビタミンDの合成量が非常に少なくなっている。

中程度の日光曝露ではリスクを低下させない

日光曝露量の多いグループの1日平均屋外活動時間は、季節に関係なく、他の2つのグループの参加者よりもはるかに長かった。しかし、冬を除く3つの季節では、中日曝露群と低日曝露群の差は小さかった。

このことから、低日射量群と比較して、中日射量群では日射時間に基づくビタミンD合成に優位性がないと結論づけられる。これは、中・低日射量群で認知機能に差がないことを説明していると考えられる。

すべての潜在的交絡因子を調整した場合、認知機能に対する日光曝露の保護効果の傾向はより明らかであり、傾向に対するPは0.0014であったが、中程度の日光曝露群の参加者は依然として認知機能低下のリスクが統計的に有意に低いことは示されなかった。

同様の結果は、屋内での排他的な作業と比較しても観察され、屋外での作業が最大の場合はパーキンソン病のリスクが減少したが、屋外での作業が中程度の場合は減少しなかった。

結論

結論として、筆者らの知る限りでは、個人の日焼け行動を評価することで、日焼けが認知に及ぼす影響を調査した中国での初の研究である。

その結果、長期的に高い日光暴露を受けた参加者の方が認知機能が優れていることが示された。仮説として、ビタミンDが保護的な役割を果たしていることが示唆される。

免疫調節

紫外線照射によって誘導されるビタミンD以外のメディエーターは、紫外線を介した免疫調節にとってより重要であり、免疫病理学的疾患(乾癬、多発性硬化症、喘息)、非免疫病理学的疾患(癌)、感染症の予防や進行に関与している可能性がある。

The Mechanisms and Consequences of Ultraviolet-Induced Immunosuppression in the Skin and Eye - PubMed
Ultraviolet radiation (UVR) of the skin results in immune suppression to antigens encountered shortly after the exposure. The pathways leading to the downregula
Modulation of the Immune System by UV Radiation: More Than Just the Effects of Vitamin D? - PubMed
Humans obtain most of their vitamin D through the exposure of skin to sunlight. The immunoregulatory properties of vitamin D have been demonstrated in studies s
Ultraviolet Radiation and Autoimmune Disease: Insights From Epidemiological Research - PubMed
This review examines the epidemiological evidence that suggests ultraviolet radiation (UVR) may play a protective role in three autoimmune diseases: multiple sc

生活習慣病

高血圧

血圧(血圧)のレベルは緯度によって異なり、赤道付近では高血圧が少ない。周囲温度と季節性(日の出から日の入りまでの時間数によって反映される)は、独立した血圧の予測因子であるように思われる。妊娠高血圧と子癇前症も同様に季節性を示す。

真正糖尿病

真性糖尿病、特に真性糖尿病1型の罹患率は緯度経度に沿っている。システマティックレビューでは、真性糖尿病2型の発生率を減少させるためにレクリエーションでの日光曝露の役割を支持する中程度の証拠が報告されている。

Shining the Light on Sunshine: A Systematic Review of the Influence of Sun Exposure on Type 2 Diabetes Mellitus-Related Outcomes - PubMed
Prospective observational studies uniformly link vitamin D deficiency with the incidence of type 2 diabetes mellitus (T2DM), yet trials supplementing participan

実験研究 マウス乳がん細胞株の異種移植片を用いた実験では、紫外線照射による腫瘍の増殖抑制が認められた。生理的紫外線量はマウスの原発性腸管腫瘍の負荷を減少させることができる。この減少は、ビタミンD状態の増加に一部起因していると考えられる。

Vitamin D Receptor-Dependent Inhibition of Mammary Tumor Growth by EB1089 and Ultraviolet Radiation in Vivo - PubMed
1,25-Dihydroxyvitamin D(3) (1,25D), the biologically active form of vitamin D(3), exerts antiproliferative and proapoptotic effects in multiple transformed cell

肥満抑制

肥満のマウスモデルでは、UVは有意に体重増加、耐糖能、インスリン抵抗性、空腹時インスリンの血清レベル、およびグルコースを抑制した。 これらの効果はビタミンDとは独立しており、一酸化窒素(一酸化窒素)によって再現することができた。

Ultraviolet Radiation Suppresses Obesity and Symptoms of Metabolic Syndrome Independently of Vitamin D in Mice Fed a High-Fat Diet - PubMed
The role of vitamin D in curtailing the development of obesity and comorbidities such as the metabolic syndrome (MetS) and type 2 diabetes has received much att

日光が癌(皮膚癌とその他の癌の両方)に及ぼす影響についての無作為化比較試験は、実現不可能であり倫理にも反すると考えられているため、実施されていない。

しかし、日光照射が血圧や糖尿病に及ぼす影響に関するヒト実験や、多発性硬化症の進行に関する臨床研究が行われている。

白人を対象とした生理的線量の紫外線Aの照射に関するすべての研究では、ビタミンDとは無関係に、血圧の有意な低下が報告されている。

概日リズムの乱れ

観察研究や動物実験により、概日リズムの乱れと発がんやメタボリックシンドロームとの間の説得力のある関連性が確立されている。上述した生物学的効果は、同時に作用し、場合によってはお互いの効果を再強化することさえある(8,42)。

国際がん研究機関(IARC)は、概日混乱を伴う交替勤務を2007年に「おそらくヒトに発がん性がある」と分類した。

https://monographs.iarc.fr/wp-content/uploads/2018/06/mono98.pdf

昼間は概日リズムを強化し、その位相に影響を与えるために3000ルクス以上の光強度(たとえば、直射日光または間接日光)が必要である。

夜間は100ルクス以下の光源(ベッドサイドランプの光に匹敵)概日リズムの乱れにつながる可能性がある。遺伝的関連研究は概日リズムとのリスクの関係をサポートしている。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4109003/
タイトルとURLをコピーしました