COVID-19 治療/専門家の提案する各予防・治療プロトコル

この記事は約5分で読めます。
Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

専門家のCOVID-19治療・予防プロトコルの提案

サイトのご利用には利用規約と免責事項への同意が必要です。

MedCram 温熱療法・サウナ

SARS-Cov2は宿主の免疫システムを巧妙に抑制して回避する、そのため初期症状は多くの人が軽症、しかし実際にはウイルスは増殖して体内に広がりダメージを与えていく。

ダメージが蓄積した結果、一部の患者が突如として重症化することになる。

感染後5日から12日までの軽症症状、このコロナウイルス特有の免疫システムが低下する期間、現状われわれはなにもせず放置している。

ここの免疫機構を高めれば重症化する20%を低下させ、病院のキャパオーバーを抑制し社会の崩壊を最小限に抑えることができるのではないだろうか?

温水療法

免疫が抑制されている軽症時に温冷療法などで自然免疫を意図的に増強させる。

Coronavirus Pandemic Update 46: Can Hot/Cold Therapy Boost Immunity? More on Hydroxychloroquine

興味深いことに、フィンランドでは北欧諸国の中で100万人あたりの最小の死者数と数を維持し続けている。

Coronavirus Pandemic Update 50: Dip in Daily New Deaths; Research on Natural Killer Cells & COVID-19

ビタミンAとDの高用量摂取は、ACE2受容体発現が増加しウイルスの攻撃による重症化を高め悪化させる可能性がある。

高用量のビタミンCとプロポリスを摂取しないこと

ビタミンCとプロポリスは、インターフェロンを増加させる免疫系に作用する。2003年に流行したSARSでは、過剰なインターフェロン産生を引き起こし、コロナウイルスを悪化させた。

プロトコル

これらの懸念を反映させた以下のプロトコルを提案する。

滞留性のある亜鉛ロゼンジ

入荷待ちの場合は、亜鉛(硫酸亜鉛、グルコン酸塩、または酢酸亜鉛)を水に溶かして喉に用いる

1~2mg 4~8mg/日

銅と亜鉛は抗ウイルス作用をなくさないためにマグネシウムが含まれていないものを選択 一日2回喉へ適用

ビタミンA

3000IU/日を食事から、βカロチンではなくレチノールが望ましい。

ビタミンD

3000IU/日まで できれば食事からまたはサプリメント。

ビタミンC

150mg/日 食品に通常含まれる量。

ビタミンCは、サイトカインを複雑に調節制御し、インターフェロンを減少させるまたは増強する両方の可能性がある。

Vitamin C and Immune Function
Vitamin C is an essential micronutrient for humans, with pleiotropic functions related to its ability to donate electrons. It is a potent antioxidant and a cofa...
亜鉛

15mg(Lメチオニン硫酸塩亜鉛) 一日1~2回

生にんにく 1片

みじん切りにして15分放置 蜂蜜おおさじ1(マヌカハニーがベスト、次に生はちみつ、ついで自産の蜂蜜)と混ぜて摂取。

Nordic NaturalsのDHA PRO

1000mg(DHAが強化されたオメガ3)

Nアセチル・システイン

Nアセチルシステイン600mg/日 NACは予防よりも肺疾患の回復に役立つ可能性がある。

 

亜鉛の補給は一般的な風邪の症状の持続時間と重症度を大幅に減らすことができるが、副作用には味覚不良や吐き気を伴うことがある。

Zinc for the Common Cold - PubMed
Zinc administered within 24 hours of onset of symptoms reduces the duration of common cold symptoms in healthy people but some caution is needed due to the hete...

ゼフゼレンコ博士

1.年齢に関係なく息切れのある患者を治療する。

2.軽度の症状のみ伴う高リスクグループの患者を治療

3.症状はあるが若年で健康な低リスク患者は治療しない。※1、2に該当した場合を除く

外来治療レジメン

1.ヒドロキシクロロキン 200mg 1日2回 5日間

2.アジスロマイシン 500mg 1日1回 5日間

3.硫酸亜鉛 220mg 1日1回 5日間

 

私の治療計画は、中国と韓国から入手可能なデータとフランスから出版された最近の研究を組み合わせている。 このレジメンで、ニューヨークの350人とその他の地域の150人の患者を治療した。

これまで医療チームから提供された情報からは、死亡、入院、挿管はゼロであり、10%の一時的な吐き気や下痢患者を除けば副作用は耳にしていない。

Correspondence from Dr Vladimir Zelenko on Treatment of COVID-19 in New York

内科医 Leo Galland MD

ACE-2の機能回復
  • 定期的な有酸素運動
  • クルクミン
  • レスベラトロール
  • ロスマリン酸
  • 朝鮮人参
mTOR調節剤

レスベラトロール

ケルセチン

3CLプロテアーゼ

エルダーベリーエキス

ハーブセチン(亜麻の実の種子)

自然免疫

必要量のタンパク質

過剰なビタミンD、Aは避ける
メラトニン

 

Doctor offers coronavirus protection advice
Internist and author of medical books, Leo Galland M.D., has authored this information on what he recommends at coronavirus protection options.

オーソモレキュラー 推奨栄養素

ビタミンC 3g~/日 (分けて服用)

ビタミンD3 2,000IU/日[R]
(開始5,000IU→2週間後2,000IU)

マグネシウム 400mg/日
(クエン酸マグネシウム、リンゴ酸マグネシウム、マグネシウムキレート、または塩化マグネシウム)

亜鉛 20mg/日

セレン 100μg/日

オーソモレキュラー医学会|記事ページ
一般社団法人日本オーソモレキュラー医学会のホームページです。日本オーソモレキュラー医学会(国際オーソモレキュラー医学会日本支部)は、オーソモレキュラー医学普及のため。啓蒙活動を行っています。

ちょっと長いけど、亜鉛、ビタミンC、D、ヒドロキシクロロキン(ケルセチン)のCOVID-19に対する有効性の可能性について、中立的な立場でEBM、機序の解説を加えて詳しく説明している。

COVID-19 Insights: Quercetin as Zinc Ionophore and COVID-19 Outpatient Management
コロナウイルスへの栄養療法

システマティックレビュー

Potential interventions for novel coronavirus in China: A systematic review
An outbreak of a novel coronavirus (COVID‐19 or 2019‐CoV) infection has posed significant threats to international health and the economy. In the absence of tre...
タイトルとURLをコピーしました