Long-COVID/後遺症慢性疲労・ME/CFS

COVID-19と慢性疲労症候群:最悪の事態はこれから?

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

COVID-19 and chronic fatigue syndrome: Is the worst yet to come?

2021年1月

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33401106/

PeterWostyn

要旨

COVID-19患者では、筋痛性脳脊髄炎・慢性疲労症候群に類似した長期的な後遺症が懸念されている。このような「Post-COVID-19疲労症候群」のメカニズムを明らかにすることは、本症候群の予防・早期治療法の開発に不可欠である。

本論文では、慢性疲労症候群、特発性頭蓋内高血圧症、COVID-19患者の知見と、グリンパティック系や鼻脳脊髄液流出経路に関する知見を統合することで、Post-COVID-19疲労症候群の病態生理を理解するための一貫した概念的枠組みを提供する。

この仮説では、この症候群は嗅覚ニューロンの損傷により、篩板(Cribriform plate)を介した脳脊髄液の流出が減少し、さらにグリンパティック系のうっ血とそれに伴う中枢神経系への毒性の蓄積が原因であると考えられる。私はさらに、Post-COVID-19疲労症候群の患者は、脳からのグリンパティック系の輸送と老廃物の除去を回復することによって、脳脊髄液ドレナージ(排出)の恩恵を受ける可能性があると仮定している。

明らかに、このポストウイルス性症候群の存在についてのさらなる証拠を提供し、それに対するグリンパティック系-リンパ系の相対的な寄与についてのさらなる洞察を提供するためには、さらなる研究が必要である。また、他の機序も関与している可能性がある。もし確認されれば、グリンパティック系-リンパ系は、Post-COVID-19疲労症候群と闘う上での標的となり得る。さらに、この分野のさらなる研究が進めば、慢性疲労症候群の理解に新たな知見をもたらす可能性もある。

キーワード

慢性疲労症候群COVID-19リンパ系特発性頭蓋内高血圧症リンパ系Post-COVID-19疲労症候群

序論

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)によるコロナウイルス感染症2019(COVID-19)の発生は、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態である[1]。COVID-19患者の最も一般的な症状は、発熱、咳、息切れ、および筋肉痛・疲労である[1]。COVID-19患者の33~80%において、無嗅覚(嗅覚の喪失)および味覚障害(味覚の変化)が報告されている[2]。

SARS-CoV-2は、主に密接な接触、呼吸器飛沫、菌床、および汚染された表面を介してヒトからヒトへと感染する[1]。重要なことに 2003年初頭に東南アジアから出現したSARSコロナウイルス感染後、慢性疲労、変動性非特異的筋痛、抑うつ、および睡眠障害を特徴とする慢性ポストウイルス症候群が報告されている[3]。SARSのこれらの長期的な副作用は、慢性疲労症候群(CFS)や線維筋痛症症候群の患者が経験したものと類似している[3]。また、新たな報告では、COVID-19患者では継続的な症状負担が大きいことが示されている[4]。最近の研究では、COVID-19で入院から回復した被験者の症状負担は、初期の追跡調査では概ね改善していたが、53%が持続的な息切れ、34%が持続的な咳、69%が持続的な疲労を報告していたことが明らかになった[4]。

Perrinら[5]は最近、SARSの発生後に起こったように、COVID-19に罹患した患者の一部は、持続的な疲労、びまん性筋痛、抑うつ症状、非回復性睡眠など、筋痛性脳脊髄炎(ME)/CFSの症状に似た長期的な副作用によって特徴づけられる重篤な「Post-COVID-19症候群」を発症する可能性があると提案している。著者らは、このレターの中で、Post-COVID-19症候群の可能性のある患者を記述した症例報告を紹介している[5]。既存のME/CFS症例に加えて、これらのPost-COVID-19症候群の可能性のある症例は、すでに圧迫されている医療システム[5]にさらなる負担を強いることを考えれば、長期的なME/CFS様の後遺症を防ぐためには、Post-COVID-19症候群の基礎となるメカニズムを明らかにすることが極めて重要である。

本論文では、Post-COVID-19疲労症候群は、嗅覚ニューロンの損傷が原因で、脳脊髄液(脳脊髄液)の流出に対する抵抗力が高まり、さらに中枢神経系(CNS)内の毒性蓄積を伴うグリンパティック系のうっ血につながる可能性があることを提案する。

議論

グリンパティック系

最近の研究では、くも膜下脳脊髄液の大部分が脳実質を通って再循環し、アミロイドβ(アミロイドβ)を含む間質性溶質の脳からのクリアランスを促進し、末梢リンパ系に接続されている「グリンパティック系」という脳全体の血管周囲チャネルのネットワークが発見されている[6]。脳脊髄液は、間質液(脳間質液)と交換するために大動脈周囲チャネルに沿って脳に入り、その間質液は末梢静脈経路に沿って脳から排出される [6]。

間質液(脳間質液)は末梢路を通って脳から排出されると、頭頸部のリンパ管に移動し、脳脊髄液のタンパク質と代謝物はさらに一般循環に運ばれる [7]。くも膜下腔から、脳脊髄液は動脈の脈動性、呼吸、ゆっくりとした血管運動、および脳脊髄液の圧力勾配の組み合わせによってヴィルチョー-ロビン腔へと誘導される [7], [8]。

緻密で複雑な脳実質への脳脊髄液のその後の輸送は、脳血管系を覆うアストロサイトエンドフィートで高度に分極化された方法で発現しているアクアポリン-4(AQP4)水チャネルによって促進される[7]。

この脳全体の経路は、末梢リンパ系と機能的に類似しており、水チャネルAQP4を介したアストログリアの水輸送に依存していることから、「グリンパティック系」と呼ばれている[9]。グリンパティック系は、アミロイドβ[6]を含む潜在的な神経毒性タンパク質のクリアランスに重要な役割を果たしていることから、グリンパティック系経路の機能不全がアルツハイマー病の発症にも関与している可能性がある[10]。

グリンパティック系後のクリアランス経路

歴史的に、くも膜下脳脊髄液の流出、およびこのコンパートメントに流出する脳間質液は、硬膜静脈洞に突出するクモ膜顆粒を介して行われると考えられてきた [11], [12]。しかし、脳脊髄液はリンパ管に沿っても排出される [11], [12], [13]。ウサギやヒツジのようないくつかの種では、リンパ管が脳脊髄液の総流出の約30~50%を担っていることが示されている[12]。頸部リンパ節への脳脊髄液のリンパドレナージは、硬膜リンパ管や頭蓋神経に沿って行われるだけでなく、篩板や鼻リンパ管を介して行われる[11], [12]。2015年には、2つの独立した研究により、マウスの脳における硬膜関連リンパ管の存在が報告された [14], [15]。これらの研究は、新たに同定された髄膜リンパ管と、以前に発見されたグリンパティック系との関連性をさらに示唆した。硬膜リンパ管は、隣接するくも膜下腔からの脳脊髄液や脳内の脳間質液をグリンパティック系を介して吸収することが明らかになった[14]。これらの大静脈が合流して硬膜洞を形成するため、直接、またはこれらの構造に関連した嚢胞性脳脊髄液コンパートメントを介して間接的に、間質性溶質の末梢性ドレナージがこれらの溶質に副鼻腔関連リンパ系へのアクセスを提供しているようである[16]。興味深いことに、Absintaら[17]は、ヒトおよび非ヒト霊長類の髄膜には、磁気共鳴画像法(MRI)で非侵襲的に可視化できるリンパ管が存在することを発見した。彼らのデータは、硬膜内にリンパ管が存在することを明確かつ一貫して証明している [17]。髄膜にはリンパ管が存在するが [14], [15]、ヒトおよび他の哺乳類では、十字板を介して髄液が排出されることを示唆する証拠がある [11], [13], [18]。篩板は、頭蓋腔と鼻腔を隔てる篩状骨の骨板である [13]。嗅神経に続くくも膜下腔の延長は、篩板を横切り、嗅神経と並んで鼻下粘膜に突出している [11]。鼻下粘膜内には濃密なリンパネットワークがあり、この脳脊髄液および溶質は深部頸部リンパ節に排出される [11], [13]。

SARS-CoV-2は、篩板を介した脳脊髄液の流出に対する抵抗力を高める可能性がある。
アノスミア(嗅覚脱失)は、SARS-CoV-2感染の最も一般的な症状の1つであり、最も一般的な神経学的症状である[19]、[20]。嗅覚機能障害は、軽度から中等度のCOVID-19患者の85.6%で報告された[21]。11.8%の症例で他の症状の前に出現した[21]。COVID-19感染における無臭症の正確な病態生理はまだ確立されていない。臭気の検出の最初の段階は、主に嗅覚ニューロンを中心とした仮成層化した嗅覚上皮で行われ、その周囲にはustentacular細胞として知られる支持細胞が存在する [20]。嗅覚ニューロンは、臭気を感知するために環境と直接接触する繊毛を持っている[20]。最近の知見は、嗅上皮の支持細胞の損傷がCOVID-19における無臭症のもっともらしいメカニズムである可能性を示唆している[22]。Brycheら[20]は、ゴールデンシリアハムスターの嗅覚系に対するSARS-CoV-2感染の影響を探った。著者らは、SARS-CoV-2の経鼻投与2日後には早くも嗅覚上皮の大規模な損傷が観察され、その結果、臭気検出に必要な繊毛が大幅に失われていた。これらの損傷は、嗅覚ニューロンではなく、多くのustentacular細胞の感染と関連していた [20]。ustentacular細胞が死滅したからといって、必ずしも嗅覚受容体ニューロンが死滅するわけではないようである[22]。嗅覚細胞の死滅と再生は、嗅覚ニューロンの死滅と再生よりもはるかに早い。したがって、嗅細胞の急速な補充は、ほとんどのCOVID-19患者で臨床的に観察されている嗅覚の急速な回復と一致している[22]。しかしながら、大多数のCOVID-19患者は1~3週間以内に嗅覚を回復するが、一部のCOVID-19患者は数ヵ月以上にわたって無感覚または低感覚のままであるという報告がある[22]。最も可能性の高い説明は、これらの症例では、感覚上皮のより広い領域が影響を受けており、おそらく、より多くの嗅覚受容体ニューロンの死を含む上皮のより深い破壊が起こっているということである[22]。

上述したように、脳脊髄液は篩板を通ってリンパ管に流入し、この空間は嗅神経線維のすぐ近くにあり、その間にある[22]。SARS-CoV-2感染は、ウイルスが鼻腔に分岐するリンパ内皮細胞に感染することから、リンパ管の閉塞を引き起こす可能性が示唆されている[23], [24]。私はさらに、SARS-CoV-2感染によって引き起こされる嗅覚ニューロンの数の減少が、篩板を介した脳脊髄液流出に対する抵抗力を増加させるのではないかと仮説を立てた。実際、Norwoodら[13]は、化学的嗅覚ニューロンのアブレーションがマウスの篩板を介した脳脊髄液排出に及ぼす慢性的な影響を調査した。著者らは、嗅覚ニューロンを切除することで、篩板を通る流体の低抵抗経路が除去され、篩板を通る脳脊髄液ドレナージが障害されることを発見した[13]。Mollanjiら[25]は以前に、羊の場合にはクリブリフォームプレートを外科的に閉塞することで脳脊髄液流出が急性的に遮断されると、安静時頭蓋内圧(ICP)が上昇することを実証しており、嗅覚経路が脳脊髄液排出の主要な部位であるという概念を支持している。Norwoodら[13]の研究では、ICPは正常に維持された。興味深いことに、CFS患者のかなりの割合が、 病理的にICPが上昇していない特発性頭蓋内 高血圧症(IIH)の一種である可能性があることを示す 証拠が増えてきている [26], [27], [28]。IIHは、頭痛と視覚障害を特徴とする原因不明の ICP上昇状態であり、乳頭腫はICP上昇の特徴である [28]。私は、CFSと同様に、Post-COVID-19疲労症候群もIIHの一形態ではないかと仮説を立てている。この見解については、以下の節で詳述する。

CFS患者のかなりの割合がIIHの一種である可能性があ るという支持的な証拠

Higginsら[26], [27], [28]は、頭痛を主訴とするCFS患者の脳脊髄液圧の測定値と、脳脊髄液ドレナージ に対する臨床反応から、CFSとIIHが関連しているのでは ないかとの仮説を立てている。実際、彼らの研究では、CFSと診断された患者に おいて頭痛が顕著な症状である場合、CFS患者のかなり の割合が、頭蓋内高血圧や乳頭浮腫を伴わないIIHの変種である可能性が示唆されており、IIH患者と同様に脳脊髄液ドレナージ に反応することが示されている。Higginsら[27]は、頭痛が主な症状であるCFSと 診断された20名の患者を対象に、腰椎穿刺で脳脊髄液圧を測定した。5人の患者で脳脊髄液圧が20cmH2Oを超えていたが、そのうち4人 はIIHの基準を満たしていた。後者の4人の患者は、IIHとして再分類され、それに応じた治療が行われた。平均脳脊髄液圧は19cmH2Oで、これは正常値の上限に近い値であった[27]。すなわち、脳脊髄液圧が20cmH2Oを超える患者5人全員と、脳脊髄液圧が12~20cmH2Oの患者12人であった[27]。この改善は通常、術中または術後すぐに起こり、数分から数週間持続した。一般的に頭痛の軽減、覚醒度の上昇、疲労感の軽減という形をとっていた [27]。著者らは、平均脳脊髄液圧が本症候群全体よりもはるかに低 い不完全なIIHが、CFSとして現れる可能性があること を示唆している [26], [27], [28]。

これらのCFS患者では、脳脊髄液ドレナージ後に改善が見ら れたことから、少なくとも症状の一部に神経学的な根拠が あることが示唆されている。しかし、なぜ脳脊髄液圧が正常範囲内にあるCFS患者に 脳脊髄液圧の低下が有益であるのかという疑問が残る。脳脊髄液休薬は、脳脊髄液圧を下げるだけでなく、 脳脊髄液のターンオーバーも促進することから、脳脊髄液ドレナージは、グ リマ系の流体力学に好影響を与える可能性があり、 これは、脳脊髄液休薬がCFS患者のサブグループに おいて有益である理由の別の説明になりうると考えている [29]。後述するように、この後者の見解 [29] は、CFS患者のかなりの割合がIIHの変種 [30]であり、IIHは脳の「グリム浮腫」の症状と考えら れることが確認された最近の知見によって裏付けられている [31]。

最近の文献によると、CFS患者の大部分がIIHを有し ており、それがCFSの症状の多くを説明している可能性が あるとの見解を強く支持している。実際、Bragéeら[30]は、カナダのコンセンサス基準で定義 された重度のME/CFS患者を紹介された専門医 院で実施したレトロスペクティブな横断的研究を発表 している。ME/CFS患者272名が招待され、迅速なインフォームド コンセントを得た229名が参加した。205名の参加者に脳のMRIを実施した。IHは、脳のMRIで測定された両側の視神経鞘径(ONSD)/眼球横径(ETD)の商によって間接的に評価された。視神経鞘に沿った過剰な脳脊髄液の画像証拠は、IIHの重要な徴候の1つである。ONSD/ETD比は、体格関連の変動を排除するため、ONSDよりもIHのより適切な予測因子と考えられている[30]。ONSD/ETD比の正常値は0.19±0.02であり,0.25を超える値は重度の症状を伴うIHと関連している[30]。Bragéeら[30]は、ME/CFS研究集団において、171人の参加者(83%)がONSD/ETD比>0.22であったことを明らかにした。ONSD/ETD比が0.22を超えているのは、健常者の5%である [30]。65人の参加者(32%)がONSD/ETD比>0.25であった。著者らは、ME/CFS患者の83%がIHの可能性がある徴候を持っており、その中にはIIHのより重度の状態を示す値を持っていた32%も含まれていると結論づけている[30]。

IIH(およびおそらくCFSの大部分)は、グリンパティック系のうっ血と関連しているという支持的な証拠

Nicholsonら[31]は、非常に最近の最先端のレビューで、ヒトの脳の硬膜を覆うグリンパティック系とリンパ管の両方の新しい発見を詳細に説明し、それらをIIHの病態生理学の現在の理解と結びつけた。著者らは、IIHは以下の病理学的三要素に要約できると結論づけた:

  • 静脈脳脊髄液流出経路の制限
  • 代償リンパ系脳脊髄液流出経路のオーバーフロー
  • グリンパティック系のうっ血

である。

著者らがさらに指摘しているように、ICPは、脳脊髄液を再吸収するためのリンパ系の効率や横洞狭窄の重症度に応じて、異なる患者の間で大きく変動する可能性がある。ある程度の脳脊髄液流出障害を有するが、徴候や症状がまだIIHの基準を満たしていない患者には、不顕性のIIHが存在する可能性がある[31]。

したがって、乳頭浮腫を伴わない(すなわち、正常または正常に近いICPを伴う)IIHは、慢性片頭痛または孤立性耳鳴りを有する患者では、おそらく過小診断されていると思われる[31]。したがって、乳頭浮腫およびICPの上昇は、おそらくこの疾患の最も重篤な病期と考えられ、

一方、正常なICPを伴う(乳頭浮腫を伴わない)頭痛および脈動性耳鳴りは、IIHの良性の病期と考えられる[31]。このことは、慢性頭痛または乳頭腫やICPの上昇を伴わない孤立性の脈動性耳鳴りを有する患者にIIHの放射線学的徴候が頻繁に見られる理由を説明しているかもしれない[31]。上述したように、頭蓋神経の鞘に沿った過剰な脳脊髄液の画像証拠はIIHの重要な徴候の1つである[31]。最も典型的には、これは視神経鞘に沿って見られる。この過剰な脳脊髄液は、リンパ系脳脊髄液流出経路の閉塞に関係しているようである [31]。

COVID-19患者における耳鳴りおよび頭痛の存在

COVID-19患者における耳鳴りと頭痛の存在に関しては、最近の研究が特に興味深い。Violaら[32]は、185人のCOVID-19患者を対象に、オンライン質問票を用いて耳鳴りの有病率を調査した。43人の患者(23.2%)が耳鳴りを報告した。3/43人(7.0%)は耳鳴りを脈動性と表現した。Caronnaら[33]は、COVID-19患者の74.6%(97/130)に頭痛があったことを明らかにした。頭痛のあった全患者のうち、24.7%(24/97)の患者が片頭痛様の特徴を伴う激しい痛みを有していた。6週間後の追跡調査では,頭痛を認めた74例中37.8%に頭痛が継続していた。頭痛が持続する頭痛患者の21.4%において、頭痛はCOVID-19の前駆症状であった(p=0.010)。

興味深いことに、頭痛のある患者では、より多くの無呼吸/老眼がみられた(54.6% vs. 18.2%;p < 0.0001)。著者らは、片頭痛様の特徴は、病態生理学的には炎症による三叉神経血管系の活性化、またはSARS-CoV-2の直接的な関与を反映しているのではないかと仮説を立てているが、この仮説は併存する無感覚によって支持されている[33]。ここでは、頭痛と無感覚との関連について別の説明を提示する。

私は、COVID-19患者のサブセットにおける頭痛は、嗅覚ニューロンの死の割合が増加したために、篩板からの脳脊髄液の流出が減少した結果である可能性があり、COVID-19のこれらの症例はIIHの変種である可能性があることを提案する。この見解は、Caronnaら[33]が述べたように、頭痛を伴うCOVID-19患者におけるアノスミア(嗅覚脱失)の存在によって支持されうる。

Post-COVID-19疲労症候群の基礎となる可能性のある病態生理学的機序の仮説

鼻腔内では、COVID-19で無呼吸を併発し、残存している場合は、嗅上皮のより深刻な破壊を示している可能性があり、その結果、より多くの嗅覚受容体ニューロンが死滅している [22]。このような嗅覚受容体ニューロンの大規模な喪失は、鼻リンパドレナージがヒトにおける脳脊髄液流出に重要な役割を果たしていることを前提とすれば、クリブリフォームプレートを介した鼻粘膜への脳脊髄液ドレナージの減少をもたらす可能性がある。後者についてはまだ議論の余地がある。

最近の研究では、Melinら[34]は、多相長期MRIを用いてヒトの鼻粘膜への髄腔内ガドブトロールの流出を調べた。篩板付近の脳脊髄液空間では脳脊髄液トレーサーが強く濃縮されていたにもかかわらず、鼻粘膜では、上、内側、下の鼻甲介、または鼻中隔で測定されたように、脳脊髄液トレーサーの有意な濃縮は認められなかった。したがって、著者らは、ヒト鼻粘膜への脳脊髄液ドレナージの重要性を疑問視している[34]。

de Leonら[18]は、ダイナミックポジトロン断層撮影法を用いてヒトの脳脊髄液クリアランスを測定し、上鼻孔に有意なレベルの脳脊髄液トレーサーを検出した。著者らは、ヒトの鼻甲骨は脳脊髄液クリアランスシステムの一部であると結論づけた。彼らの結果は、解剖学的にはヒトの死後の研究であるJohnstonら[35]による観察と一致しており、篩板を介した脳脊髄液排出経路を示していた。Johnstonら[35]は、鼻リンパ管への脳脊髄液吸収はヒトを含むすべての哺乳類の特徴的な特徴であると結論づけ、IIHなどの脳脊髄液系のいくつかの障害は、リンパ系の脳脊髄液吸収欠損に直接的または間接的に関連しているのではないかと推測した。

本論文では、Post-COVID-19疲労症候群は、嗅覚ニューロンの損傷により、篩板を介した脳脊髄液の流出が減少し、さらにグリンパティック系のうっ血を引き起こし、中枢神経系に毒性が蓄積することが原因ではないかと提案している。この観点から、CFSと同様に、Post-COVID-19疲労症候群は、グリンパティック系における脳脊髄液の過剰に起因するIIHの一形態である可能性がある。少なくともCOVID-19患者のサブグループがIIHの変種であ る可能性があるという見解は、非常に最近の研究 [36]によって支持されている。

Silvaら[36]は、COVID-19患者の連続したシリーズにおいて、SARS-CoV-2感染時の頭痛の特徴と脳脊髄液プロファイルを記述した。著者らは、髄膜炎または髄膜脳炎の臨床的または検査的証拠を提示した患者を除外した。この横断的研究では、脳脊髄液分析に供されたCOVID-19患者56人のうち13人に重度の持続性頭痛が認められた。11人の患者(84.6%)では、脳脊髄液開存圧は20cmH2O以上、そのうち6人(46.1%)では25cmH2O以上であった[36]。25cmH2Oより高い脳脊髄液開存圧は上昇していると考えられ、20cmH2Oから 25cmH2Oまでの脳脊髄液開存圧は不明確であった[36]。著者らは、COVID-19患者のかなりの割合で、髄膜炎や脳炎を伴わない 頭痛が頭蓋内高血圧と関連していると結論づけている [36]。

CFSの治療への影響

上記の研究結果は、IIHとCFS患者の大部分が、疾患の重症度にわた り、同じ疾患の症状を呈しているという見解を支持している。このことは、中枢神経系が、このようなCFS患者 の病態形成に重要な役割を果たしている可能性を示唆 しており、ほとんどのCFS患者は、器質的、神経学的な基盤に基づ いて疾患を発症している可能性がある。

このことは、IIHに対する治療法が、CFSにも適している可能性を示唆している。この点に関して、Higginsら [37] は、頭痛のためにICPの調査対象となった、 長く衰弱したCFS歴を持つ49歳の女性を報告している。腰椎穿刺で20cmH2Oの開口圧を示した。乳頭腫はなかった。さらなる調査では、横洞の前端部に狭窄がみられ、IIHにみられる典型的なものであり、圧力勾配を伴うものであった。両横洞のステント留置により、圧迫性頭痛、疲労、集中力、疼痛などの症状が人生を変えるほど寛解したが、2年間の追跡調査では退縮は認められなかった [37]。

我々は以前、腰部腹膜シャントなどの脳脊髄液流用は、グ リンパ輸送と脳からの老廃物除去を回復させることで、このサブグ ループのCFS患者にも有益であると考えていた [29]。この特定の治療法に適したCFS患者を特定するために、 頭痛や脈動性耳鳴りを訴え、ONSD/ETD比が 0.22を超えるCFS患者のみを対象とすべきである。

このようなCFS患者のサブセットは、ICPが正常で、乳頭腫を伴わないIIHの良性ステージを表している可能性があり、IIH患者と同様に脳脊髄液離脱に反応する。このことは、脳脊髄液シャント装置を用いたCFSの将来の有望な治療法への扉を開く可能性がある。

Post-COVID-19疲労症候群の治療への示唆

もし、寛解したCOVID-19患者のサブグループがME/CFSに似た長期的な後遺症を経験する可能性が高いのであれば、COVID-19の急性期終了時の早期介入と支持療法は、これらの長期的な後遺症を予防する上で特に重要であるかもしれない[5]。

本論文では、Post-COVID-19の疲労症候群は、嗅覚ニューロンの損傷が原因で、篩板を介した脳脊髄液の流出が減少し、さらに中枢神経系内での毒性蓄積を伴うグリンパティック系のうっ血を引き起こす可能性があることを提案する。

もしこの仮説が確認されれば、臨床の現場で注目すべき意味合いを持つことになる。そうであるならば、グリンパティック系-リンパドレナージ療法は、Post-COVID-19の疲労症候群の早期治療ステップとして推奨されるべきである。

例えば、いくつかの研究で重要な原理の証明がなされている[38]ため、オステオパシーのマニピュレーション医学はリンパドレナージを促進するための実用的な選択肢となり得る。ME/CFSは、伝統的な骨パシーの概念に基づくPerrinテクニックを用いて治療することで、より健康的な神経リンパの流れを回復させることができると主張されてきた。

Perrinテクニックは、ME/CFSが中枢神経系の リンパドレナージの障害であり、5つの身体的徴候をもたらすという仮説に基づ いた手動診断と治療のシステムである[39]。さらに、Post-COVID-19疲労症候群の患者も、CFS患者と同様に脳脊髄液ドレナージの恩恵を受けられるのではないかと推測している[26], [27], [28]。

theperrintechnique.com/about/

結論

COVID-19患者では、ME/CFSに類似した長期的な後遺症が懸念されている。このような「Post-COVID-19疲労症候群」の発症機序を明らかにすることは、本症候群の予防・早期治療法の開発に不可欠である。本論文では、CFS、IIH、COVID-19患者における知見と、グリンパティック系や十字板脳脊髄液流出経路に関する知見を統合することで、Post-COVID-19疲労症候群の病態生理を理解するための一貫した概念的枠組みを提供する。

この仮説によれば、この症候群は、嗅覚ニューロンの損傷に より、篩板を介した脳脊髄液の流出が減少し、さらにグリンパティック系のうっ血を引き起こし、中枢神経系への毒性の蓄積を 引き起こしている可能性がある。私はさらに、Post-COVID-19疲労症候群の患者は、グリンパティック系の輸送と脳からの老廃物の除去を回復させることにより、脳脊髄液ドレナージの恩恵を受けることができるのではないかと推測している。

明らかに、このポストウイルス性症候群の存在についてのさらなる証拠を提供するために、また、この症候群に対するグリンパティック系-リンパ系の相対的な寄与についてのさらなる洞察を提供するために、さらなる研究が必要である。

また、他の機序も関与している可能性がある。もし確認されれば、グリンパティック系-リンパ系は、Post-COVID-19疲労症候群と闘う上での標的となり得る。さらに、この分野でのさらなる研究は、CFSの理解に新たな洞察 を与える可能性がある。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました