プロパガンダ・全体主義政策・公衆衛生(感染症)

コビッド政策の戦術はベトナム戦争から借用したものだった

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Covid Policy Tactics Were Borrowed from the Vietnam War

brownstone.org/articles/covid-policy-tactics-were-borrowed-from-the-vietnam-war/

by マーク・オシンスキー April 22, 2022

ベトナム戦争は大きな痛みをもたらした。平均年齢23歳のアメリカ人5万8220人が、100万人以上のベトナム人兵士と民間人と共に犠牲になった。毎晩のテレビニュースは、空からの爆撃、爆発する大砲、激しい銃撃戦、そしてドラム缶の音が響く厳かなサウンドトラックに、犠牲者の名前とその出身地がスクロール表示される。多くの生存者が心身に傷を負い、生涯にわたって苦しめられた。家庭内では、戦争を強く支持する人たちと、強く反対する人たちの間に、深い溝ができた。この2つの派閥は互いに深く憎み合い、部族を象徴するような衣服を身に着けていた。

コロナウイルスの対応は、ベトナム戦争に似ている。

そもそも、戦争開始の正当性、ロックダウンの正当性が疑問視されたのも同様である。北ベトナムがアメリカの小型船に発砲したと根拠もなく主張し、海上で北ベトナムを挑発した後、LBJは議会を説得してトンキン決議を通過させ、議会の干渉なしに戦争を遂行する広範な権限を与えたのである。1965年、赤におびえる大多数のアメリカ人は、その後も続く急激な兵力拡大を支持した。

ロックダウンは、表向きは、大衆が病院を襲うのを防ぐための2週間の大統領令による緊急事態に過ぎなかった。恐怖に駆られたアメリカ人の多くは、この作戦を素朴に支持していた。しかし、多くの州知事が連邦政府の宣言を受けて行ったロックダウンは、様々な形で1年以上続いた。最初の数週間でさえ、ほとんどすべての病院が過剰な収容能力を持ち、支払能力を維持するために何十億もの連邦政府の援助が必要だったにもかかわらず、である。ニューヨークやニュージャージーのように、最も長く、最も厳しくロックダウンした州は、最も多くの死者を出した。LBJと同様、ロックダウンの知事たちはコロナの恐怖を利用して、ロックダウンだけでなくマスク、検査、「ワクチン」(LMTV)の要件など、多くの恣意的で違憲な命令を一方的に押し付けた。

さらに、ベトナム戦争でもコロナマニアでも、介入開始後にその任務が変更された。当初、アメリカは南ベトナムの騒乱を鎮めるために数人の「顧問」を派遣した。その後、アメリカの関与は、ベトナムがドミノ倒しのように、アメリカを征服しかねない多国籍共産主義帝国に転落するのを防ぐための探求へと急速に発展していった。しかし、このような非合理的な、比喩的なシナリオは実現しなかった。小さなベトナムは、カリフォルニアから8000マイルも離れていた。ペンシルバニアのディアハンターの従兄弟たちや、その他大勢の人々は、ムジャハディーンよりよほど武装していたのだ。それに、共産圏は深く分裂していた。1980年代後半には、ほとんどの共産主義国家がマルクス主義を放棄していた。

ロックダウンは当初、「カーブを平らにする」ための方法として世間に売られた。カーブが平らになった後、ゴールポストを動かすことに同意するかどうかを国民が議論することもなく、政府とメディアのスローガン担当者は、この作戦を「蔓延を食い止める」、そして「ウイルスを粉砕する」と変幻自在に言い直した。しかし、ベトコン兵士が密かに襲撃を繰り返し、ジャングルや村、あるいはトンネルに姿を消したように、ウイルスをどうやって根絶やしにするのだろうか?

このように非現実的で強化された目的を追求した結果、ベトナム戦争もロックダウンも、政府が最初に提示した期間よりはるかに長く続くことになった。ベトナム戦争は4年間エスカレートし、政治家が国内外での面目を保とうとしたため、さらに4年間、弱体化した形で継続された。同様に、コロナの介入は当初は広範囲で深かったが、規制の解除は遅々として進まず、難航した。ナムと同様、コロナの変更のペースが遅いのは、全体的な事業の愚かさを考慮し、面目を保とうとする政治的努力の反映であった。

同様に、戦争とロックダウンの両方には、政府政策の顔であり推進者である怪しげな専門家がいた。マクナマラやウェストモアランドは、ファウチ、クオモ、その他のロックダウン知事と同じように、ベトナム時代の対応者であった。これらの人物はいずれも、過大評価された資格と、一見権威ある図表を駆使したプレゼンテーションに基づいて、かなりの称賛と敬意をもって名声を得た時期があったが、それぞれが明らかに間違っており、当然ながら信用を失っているのである。

ベトナム戦争でもロックダウン事件でも、政府高官は自分たちの目的を達成するために偽の統計を使い、誤解を招いた。ベトナムでは、敵の死者数を大幅に増やし、軍の進歩を誇張した。コビッドの死亡モデルや推定値も、パニックを引き起こすために、当初はひどく誇張されていた。その後間もなく、連邦政府のCARES法が病院側にコービッド関連死と誤解させるような報告をさせたため、コービッドの死亡者数自体が大幅に誇張され、また診断のためのPCR検査が非常に不正確であったため、コービッドの死亡者数は大きく減少した。さらに、ロックダウンを支持するメディアは、感染者の1%未満しか死亡していないにもかかわらず、「症例数が急増した」と憂慮する報道をした。ベトナム時代には、メディアは厳しい質問を投げかけ、政府の嘘を暴いた。それとは対照的に、パンデミックのメディアは民主党の宣伝部門であった。

ベトナムでもパンデミックでも、政府は敵を排除するために、誤って人間の隔離に頼った。ベトナムでは、農民村がベトコンゲリラの避難場所となっていたため、米軍はそれらの村を取り壊し、元住民を鉄条網で囲まれたその場しのぎの「戦略的村落」に閉じ込めた。ある伝統的な村を焼き払った後、軍の将校が「救うためには破壊しなければならなかった」と説明したのは有名な話である。

同様に、コロナウイルスのロックダウンは、表向きは人々を互いから守るために隔離した。そうすることで、州政府の行動は、表向きは救うために設計された社会を深く傷つけてしまったのである。

どちらの状況でも、専門家は、提示された課題のより大きな文脈を無視し、その結果、膨大で不必要な巻き添え被害を引き起こしたことは決定的である。どちらの状況でも、政府は介入の限界とコストを認識することができなかった。

特に、米国の戦略家は、ベトナムの反乱を、強化された火力によって対抗すべき軍事的問題と見なした。南ベトナム政府に対する反乱は、政府の腐敗と南北ベトナムの統一という2つの願望によって引き起こされたものであり、共産主義への傾倒によるものではないことを戦略家は理解しなかった。

同様に、コロナウイルスは、消毒、ロックダウン、マスク、果てしない検査、そして後にワクチンによって一掃されるべき、世界的に致死的な微生物の敵として描かれた。ロックダウンの提唱者は、ほとんどの人は感染しないこと、健康な免疫システムがほとんどの人を守ってくれることを無視した。さらに、自然免疫はウイルスに自然にさらされることで発達する。ウイルスが変異して弱くなれば、その害は少なくなる。ウイルスは、ベトナムの反乱と同じように、もっと謙虚に、もっと攻撃的になるべきだったのである。

最も重要なことは、ロックダウンの支持者がコロナウイルスの人口統計学的なリスクプロファイルを無視したことだ。ウイルスで死亡した少数派のほぼ全員が自己隔離できたか、あるいはすでにこの世のものではないにもかかわらず、全員がロックダウンさせられてしまったのである。これは、非常に不釣り合いな、破壊的な対応であった。ちょうど、ベトナムに送られた若者たちが死んで障害者になったように、コロナウイルスに反応して若者を封じ込めることによって、意思決定者は不当かつ邪悪に、すでに長く生きている人々から、最も重要な命を失うべき若い世代に負担を転嫁した。

ロックダウンの人たちは、「一人の命を救うだけなら」すべての介入に価値があると主張したが、それは1961年のJFKの就任式で共産主義に反対するために「どんな代価も払い、どんな負担も負う」と約束したことと似ている。高邁な理念を口にするのは簡単だ。しかし、このような非現実的な誓いを並行する状況で果たそうとすることで、多くの人が犠牲になっているのだ。

アメリカ人が遠い小国への共産主義者の進出にゼロトレランス(非寛容)で南ベトナムの共産主義化を阻止しようとしたように、コロナマニアが老齢期の自然死にゼロトレランス(同時に老人の保護も怠った)することは不適切であったと言える。コロナマニアが始まるまで、毎日7,452人のアメリカ人と146,400人の他の人間が死んでいることに気づく人はほとんどいなかった。感染者のうち、99.9%以上が非老人、非病人であり、生き残る。

同様に、ベトナムは表向きはまだ共産主義だが、筋金入りの共産主義はそこでは持続不可能だった。ベトナムは今、資本主義的な輸出型経済のように動いている。皮肉なことに、ベトナム時代の徴兵制を逃れるためにあらゆる手を尽くした結果、ヒップなアメリカ人はベトナムで休暇を過ごすようになった。コロナウイルスも、LMTVがなければ、その役目を終えていたかもしれない。

ベトナムとロックダウンは、短期的には経済的な勝ち組と負け組を生み出した。ベトナムに武器や消費財を輸出し、インフラを提供することで財を成したアメリカ企業もある。同様に、ロックダウンは経済の全分野と中小企業を荒廃させ、4500万人の雇用を奪ったが、報道機関や個人、すなわち報道機関、インターネット販売業者、弁護士、コビッド検査キットやワクチンの製造業者、不機嫌で不誠実で日和見的な政治家や政府からの施しを受ける人々はロックダウンで大儲けしている。多くの州政府もまた、印刷されたコビッド・ドルによって救済された。

戦争中もロックダウン中も、裕福な人々は、手探りで生活している人々が経験する苦しみから隔離されてきた。裕福な人々は、自分たちの息子がベトナムに送られないように、糸を引いたり、大学の学費を払ったりしていた。ロックダウンの間、収入が保証され、銀行にお金がある人たちは、家賃を払うことや食べ物を買うことを心配することはなかった。

戦争中もコロニアル時代も、政府はブレイクスルー技術的解決策を実施し、それを偽って宣伝した。ベトナム戦争では、大規模な高高度爆撃によって北ベトコンが和平を求めるようになるはずだった。コロナマニアの時代には、mRNAワクチンを技術的な驚異として宣伝した。どちらの戦略も明らかに失敗しただけでなく、予測可能でありながら無視された負の遺産を残した。空爆は侵略者を追い払うことはできず、ベトコンへの物資の流れを止めることさえできなかった。それどころか、原爆投下は敵国を団結させ、その気にさせた。同様に、ヴァクシスは「感染を食い止める」ことに失敗し、すでに何万人もの死者と重傷者が出ており、免疫機能の破壊など、今後もさらに増える可能性がある。

ベトナム戦争でもロックダウン事件でも、政府は思い切った介入の長期的な影響について考慮することを怠った。ベトナムでは、大量の死傷者が出ただけでなく、多くの孤児や残留孤児、枯葉剤による病気や障害、根強く残る地雷、退役軍人の誹謗中傷、不安定なカンボジアとそれに伴う200万人のカンボジア人の大虐殺などの戦争遺産が残された。多くの米兵がPTSDやヘロイン中毒になって帰ってきた。

同様に、うつ病、不安神経症、薬物使用、大量の失業、路上犯罪を引き起こし、ロックダウンは何十万人もの早死を引き起こした。また、何億人もの人々から、かけがえのない、コミュニティを築くための人生経験を奪うことになる。例えば、コロナマニアの経済的、社会的混乱を考えると、生まれてくる子供の数は50万人減少すると推定されている。これはおそらく、最終的な数のほんの一部に過ぎないだろう。

さらに、ベトナム戦争でもロックダウンでも、政府は大量の紙幣を印刷し、経済を混乱させるインフレを引き起こし、個人と家族に何十年にもわたってストレスを与えることになる。

ベトナムとコロナウイルスの対応には、党派的な政治が色濃く反映されていた。民主党がベトナムでの軍事行動をエスカレートさせたのは、共和党が民主党を「共産主義に甘い」と疎外するのを恐れたからである。同様に、多くの共和党員は、「おばあちゃん殺し “の烙印を押されるのを恐れて、ロックダウンに関して選挙に有利な民主党に立ち向かおうとしなかった。民主党がトランプを弱体化させるために経済を混乱させようとしたり、メディアがセンセーショナルな報道で恐怖心を煽ったりしなければ、理性が勝り、もっと慎重な戦略が適用されたかもしれないのである。ベトナムは、民主党の誤算の連続のように感じられる。コロナの過剰反応は、民主党の政治的陰謀のように感じられる。

いずれにせよ、ベトナムで疲弊し暴動が頻発した1968年に、LBJは再選を目指さないことを選択した。苦悩する1968年のアメリカは、彼に代わって、深い欠陥があり、嘲笑的なニックネームを持つ元副大統領を選び、彼のハンドラーは彼を戦争終結のための秘密計画を持つ癒し手として売り出した。彼はその後、在任中に失脚した。

パンデミックの時代にも、大統領の歴史は繰り返されるかもしれない。ニクソンは戦争終結のための「秘策」を持たず、死傷者が増えるにつれ、より激しくなくとも、戦争は長引いた。寝ぼけたジョー・バイデンもまた、秘密計画について嘘をつき、漠然とコビッドの「名誉ある平和」のようなものを求めていた。バイデンの一連のウイルスに対する「戦争」は、ニクソンの周りにそうであったように、別途ソースを得た不正直さによるスキャンダルが彼の周りに迫ってくるにつれて、拍子抜けするほど長引いた。

勇敢に戦いながらも、ベトナム人の感情の流れに逆らい、アメリカは徐々に軍を撤退させた。1975年、サイゴンはベトコンと北ベトナムの手に落ち、多くのアメリカ人若者の犠牲が無意味になった。しかし、1973年1月の平和協定のような閉会式もなく、コロナマニアも表舞台から姿を消した。しかし、1973年1月の和平合意のような閉会式はなかった。達成感を味わえないまま、街で踊る人はいなかった。

いずれ、コロナウイルスへの対応は、ベトナム戦争と同様、巨大で、政治主導で、パニックに陥り、世代を超えて不公平で、深く破壊的な過剰反応であり、防いだというよりはるかに多くの被害をもたらしたというコンセンサスが生まれるだろう。ベトナムとコロナウイルスに関しては、積極的かつ愚直な介入をするよりも、軽くあしらう方がはるかに良かったということがよくある。もっと少なくても、もっと多くできたはずだ。

そして多くのアメリカ人は、聖金曜日のペテロのように、コロナの狂気を熱狂的に支持した群衆の一員であったことを繰り返し、偽って否定するようになるのだろう。

著者

マーク・オシンスキー(Mark Oshinskie)

マーク・オシンスキーは、弁護士、スポーツ選手、芸術家、農業従事者、支援者である。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました