グローバルリサーチジョセフ・マコーラワクチン 生殖への影響

コビッドワクチン、男性・女性両方の生殖能力に影響 -Joseph Mercola
COVID Jabs Impact Both Male and Female Fertility

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.globalresearch.ca/covid-jabs-impact-both-male-female-fertility/5787740

Joseph Mercola 博士著
グローバルリサーチ 2022年7月25日
マコーラ

「」

COVIDの最初の注射は2020年12月に実施されたが、医師や科学者が生殖への影響の可能性について警告を発するまで、それほど時間はかからなかった。

最近のある調査によると、月経周期が規則正しい女性の42%がワクチン接種後にいつもより大量に出血したと回答し、性別を考慮したホルモン治療を受けている人の39%が破綻出血を報告し、長時間作用型避妊薬を使っている女性の71%、閉経後女性の66%も同様であったという。

他の最近の研究では、ファイザー社のコビッドワクチンが、約3ヶ月間、男性の精液濃度と運動数を低下させることが判明している。

COVID注射の展開後、流産、胎児死亡、死産も増加した。2021年11月、ブリティッシュ・コロンビア州(BC州)ノースバンクーバーのライオンズゲート病院では、24時間の間に13人の死産があり、母親は全員コビッドワクチンを受けていた

現在、ドイツ、英国、台湾、ハンガリー、スウェーデンなど、多くの国で出生率の急激な低下が報告されている。コビッドワクチン装着率が最も高い5カ国では、出生率が平均15.2%低下したのに対し、コビッドワクチン装着率が最も低い5カ国では、平均4.66%の低下にとどまっている

2020年12月に最初のCOVID注射が展開されたが、医師や科学者が生殖への影響の可能性を警告し始めるまで、それほど時間はかからなかった。

その中で、トキシコロジー・サポート・サービスLLCの毒性学・分子生物学部長であるジャンシ・チャン・リンゼイ博士は 2021年4月に米国疾病対策予防センターの予防接種実施諮問委員会(ACIP)にパブリックコメント1を提出し、生殖機能に悪影響を与える可能性が高いことを強調した。

以前 2021年にリンジーにインタビューしたことがある。その記事は新しい情報で更新されていないが、インタビュー(上)は、彼女が以下で話す情報の良い入門書だ。多くの点で、彼女は私たちが現在観察していることを予言していた。

彼女は、コビッド注射が精子、卵子、胎盤にあるシンシチンと生殖に関する遺伝子と交差反応を起こし、生殖の成果を損なう可能性があることを示す確かな証拠があると強調した。「我々は世代を越えて不妊化している可能性がある」と警告した。

また、リンゼイは、その頃すでに注射を受けた女性の月経不順や膣内出血が著しく多く報告されており、これも無視できない安全性のシグナルであると指摘した。

COVID-ワクチンを受けた女性の10人に4人が月経不順を訴える

月経不順の初期の報告は、偶然の産物ではなかったことがわかった。より最近の調査では、確かに、多くの女性が注射後に月経不順を経験することが確認されている。2022年7月中旬にNBCニュースが報じたように:2

「金曜日にScience Advances誌に掲載された分析結果3では、定期的な月経サイクルのある人の42%がワクチン接種後に普段より出血量が多くなったと回答している。一方、44%が変化なし、約14%が生理が軽くなったと回答している。

月経のない人、例えば閉経後の人、ある種の長期避妊薬を使用している人などでは、コビッド注射後に破瓜や予期せぬ出血を経験する人が多いことが示唆された。」。

その他のカテゴリーで異常な破綻性出血を報告した人は、性別適合ホルモン治療を受けている人の39%、長時間作用型避妊薬を使っている女性の71%、閉経後女性の66%であった。4

高齢の女性、ホルモン避妊をしている女性、以前に妊娠したことのある女性、子宮内膜症、子宮筋腫、多嚢胞性卵巣症候群の診断を受けている女性は、注射後に通常より重い出血を経験する可能性が高かった。

月経不順は無意味なのか?

COVID試験では、女性参加者に月経について尋ねず、生殖への影響に関するデータも収集していないことは注目に値する。しかし、このような明らかなデータ収集の欠如にもかかわらず、公式のシナリオは、すべてがうまくいっている-注射は安全で生殖機能に影響を与えない-というものである。

どうしてそんなことがわかるのだろうか?それが、このような主張をひどくしている。さらに悪いことに、これらの調査結果を報じるメディアは、妊娠後の月経不順は「正常」であり、生殖能力に影響がある兆候ではないと主張し続けている。例えば、Science誌は次のように書いている5

「問題を明確にすることが重要だ。インペリアル・カレッジ・ロンドンの生殖免疫学者であるビクトリア・マレは言う、『知っておくことは重要だ。ワクチンを接種して、翌日、ある人たちのように本当に恐ろしい思いをしたとしよう』。

もし、発熱や筋肉痛などの影響がすぐに消えるということを知らされていなかったら、『本当に心配になるだろう』と彼女は言った。月経不順の可能性を明らかにし、それが健康上のリスクでないことを確認することは、COVID-19ワクチンが生殖能力を損なうという広範な誤解を解くことにもつながると、マーレや他の人々は述べている。」

繰り返しになるが、注射が生殖機能に影響を与えるかどうかは、研究されていないという単純な理由から、誰にもわからない。研究されていないということは、データがないということであり、知識がないということだ。それはとてもシンプルなことだ。そのような主張は、純粋な推測に基づいており、推測は科学ではない。

また、女性の月経周期は変動することがあるが、歴史的に見ても、突然の変化を取るに足らないことと一蹴されることはない。それどころか、突然の月経異常は、以下のような兆候の可能性があるとされている。

  • 子宮がん・子宮頸がん
  • 出血性疾患
  • ホルモンバランスに影響を与える甲状腺機能障害および/または下垂体障害
  • 感染症・疾病
  • 更年期障害

月経周期の長さも影響する

2022年4月1日付の学術誌「Obstetrics and Gynecology」に掲載された研究9でも、コビッドワクチンと月経周期の長さの変化に関連があることが判明している。その変化は、2回目の投与後に注射前より1日程度短くなるという小さなもので、大きな懸念はないと判断された。それでも、私の考えでは、この変化は何かが起きていることを示している。問題は、何が起こっているかということだ。

感染症は卵巣の機能を抑制する

女性のコビッド患者やコビッドワクチン患者に見られる月経不順は、スパイクタンパク質に対する免疫反応に起因するのではないか、と指摘する研究者もいる。

2021年1月にさかのぼるが、Reproductive BioMedicine Onlineに掲載された中国の研究10によると、COVID-19と診断された生殖年齢女性のうち、ワクチン未接種の28%に周期の長さの変化、19%に周期の延長、25%に月経血量の変化が見られたとのことだ。

研究者らは、感染時に卵巣機能が一時的に抑制されることにより、「これらの患者の月経の変化は、一過性の性ホルモン変化の結果である可能性がある」と仮定した。

不妊治療の専門家であるナタリー・クロフォード博士は、女性のCOVID-19患者に見られる月経不順は、細胞性免疫反応と関連している可能性を示唆しており、COVID注射はSARS-CoV-2のスパイクタンパク質を作るよう体に指示し、それに免疫システムが反応するので、ワクチンの効果は自然感染と同様であるかもしれないとしている。112021年のBMJの社説で、上記のScienceが引用したMaleは同様の見解を示している12

「月経の変化は、mRNAワクチンとアデノウイルスベクターのCOVID-19ワクチンの両方で報告されており、関連があるとすれば、特定のワクチン成分ではなく、ワクチン接種に対する免疫反応の結果である可能性が高いことが示唆される。ヒトパピローマウイルス(HPV)に対するワクチン接種も月経の変化と関連している。

免疫刺激と月経の変化を結びつける生物学的に妥当なメカニズムには、月経周期を駆動するホルモンに対する免疫学的影響、あるいは子宮内膜の免疫細胞による影響(この組織は周期的に構築と破壊に関与している)が含まれる。COVID-19ワクチンと月経変化の関連性を探る研究も、そのメカニズムの解明に役立つと思われる。」

しかし、だからといって月経不順が重要でないとは言えない。結局のところ、私たちは人工的なウイルスを扱っているようであり、スパイクタンパク質の生産をプログラムする注射のmRNAは、その上に遺伝子操作されているのである。

自然感染で生理不順になる女性の割合に比べ、コビッドワクチン後に生理不順を訴える女性の割合が多いのは、このためだろうか。

また、COVID-19の症例とCOVID-19後のワクチンで報告された血液凝固障害と、正常な血液凝固を阻害する慢性疾患であるVon Willebrand病13の類似性を調べることも価値があるかもしれない。

流産、胎児死亡、死産が急増している。

安全性のシグナルは月経不順だけではない。COVID注射の展開後、流産や胎児死亡、死産も増えている。2021年11月、ブリティッシュ・コロンビア州(BC州)ノースバンクーバーのライオンズゲート病院では、24時間の間に13人の死産という驚くべき事態が発生したが、その母親たちは全員、コビッドワクチンを打っていた14

通常の月では、病院で死産した赤ちゃんは1人かもしれないので、24時間に13人の死産は極めて異例といえる。スコットランドでは、乳幼児の死亡率も異常に上昇している。2021年9月中に、少なくとも21人の生後4週間未満の赤ちゃんが死亡し、その割合は出生1,000人あたり4.9人となった。歴史的に見ると、スコットランドの新生児の平均死亡率は、出生1,000人あたり約2人である。15

しかし、コビッドワクチン導入後に死産が増加したにもかかわらず、死産とSARS-CoV-2感染を関連付ける研究が行われ、妊婦に予防接種が奨励されている。16

つまり、基本的に、感染そのものが死産を引き起こすことが判明しているのに(そして、ウイルスのスパイクタンパク質が問題の大部分を引き起こしていることが分かっているのに)、注射によって生成されるスパイクタンパク質が何らかの形で妊娠を保護する影響を及ぼすと信じさせようとしているのである。

科学者たちが、注射後の月経不順は、ウイルスと注射の両方に反応して生じる免疫反応によるものだろうと言っていることを考えると、この推論はさらに破綻している。もしそれが本当なら、なぜコビッド注射もウイルスと同じかそれ以上に死産を引き起こすことが可能ではかなろうか?

妊娠中の女性に対するコビッドワクチンを支持するデータはない。

保健当局は妊婦がCOVID-19注射を受けることに固執しているが、その安全性はデータで裏付けられていない。米国が妊婦に注射を受けることを推奨する根拠として広く利用されていたThe New England Journal of Medicine(NEJM)に掲載されたCDC主催の研究17は 2021年10月に訂正され、訂正内容は以下の通りである18

「表脚注 」では、二重ダガー脚注に以下の内容を追記する必要があった。

この報告書の時点では、最終月経の初日から30日以内または第1期中にワクチン接種を受けた1224人のうち905人について20週までの追跡調査がまだ可能ではなかったため、自然流産のリスク推定値を算出するための分母はなかった。さらに、どのようなリスク推定であっても、自然流産の妊娠週数固有のリスクを考慮する必要がある。」

コビッドワクチン、男性の生殖能力にも影響

他の最近の研究19,20では、ファイザー社のコビッドワクチンも男性の「精液濃度と運動回数を一時的に低下させる」ことが判明している。著者らが指摘するように21

「COVID-19予防接種の開発は、注目すべき科学的成果だ。しかしながら、男性の生殖能力に悪影響を及ぼす可能性が指摘されている。

216のサンプルを提供した3つの精子バンクから37のSD[精液提供者]がそのレトロスペクティブな縦断的多施設コホート研究に含まれた。BNT162b2のワクチン接種は2回行われ、ワクチン接種完了は2回目の接種から7日後であった。

本試験は4つの段階を経て実施された。T0 – ワクチン接種前のベースライン・コントロール、T1、T2、T3 – 短期、中間、長期の評価、である。それぞれ、ワクチン接種完了後15-45日、75-125日、145日以上経過したドナーの精液を1-3検体ずつ採取し …

繰り返し測定した結果、T2において精子濃度はT0と比較して-15.4%減少し(CI -25.5%-3.9%, p = 0.01)、総運動数は22.1%減少(CI -35% – -6.6%, p = 0.007)していることがわかった。

同様に、最初の精液サンプルのみ、およびドナーごとのサンプル平均の分析では、T0と比較してT2において濃度および総運動精子数(TMC)が減少した-最初のサンプル評価では中央値でそれぞれ1200万/mlおよび3120万の運動精子が減少した。..サンプル平均検査では中央値が9.5×106および2730万の運動精子が減少した。..。T3評価では、全体的に回復しており、運動精子数は減少していなかった。

SDに焦点を当てたこの縦断的研究は、ワクチン接種後3ヶ月の選択的な一時的精子濃度およびTMCの悪化を示し、その後回復することが多様な統計解析によって検証された。」

女性の月経の問題と同様に、著者は男性のこれらの副作用を、コビッド注射に対する「全身性免疫反応」のせいにしている。しかし、男性の生殖能力は3ヶ月ほどで回復するというが、それでもこれはとてつもない問題であろう。

mRNA注射は、最初のシリーズでは3カ月間隔で推奨され、その後はさまざまな間隔でブースターが推奨されていることを覚えておいてほしい。COVID注射を受けるたびに男性の精子を3カ月間破壊すれば、その年のかなりの期間、父親となる確率が著しく低下することになる。

大規模な過疎化が進行中

偶発的か意図的かは別として、今、出生数の急激な低下と、成人における超過死亡の急激な増加が起きていることは事実である。その結果、世界の人口が減少する。

それは現時点では避けられないようで、このトレンドのタイミングは、この実験的なCOVID遺伝子導入注射のリリースと対応している。例えば、ドイツは最近 2022年の第1四半期に出生率が10%低下したというデータを発表している22

germany first quarter births by year 2011 - 2022

スウェーデンの出生率グラフもほぼ同じである23,24

live births sweden jan - april 2019 - 2022

他の国でも、コビッドに対する集団予防接種キャンペーン開始から9カ月が経過し、予想外の出生率低下が起きている。2022年1月から4月にかけて、スイスの出生率は予想より15%低く、イギリスは10%、台湾は23%低下した25,26,27

コビッドワクチン装着率が最も高い5カ国では、出生率が平均15.2%低下したのに対し、コビッドワクチン装着率が最も低い5カ国では、平均4.66%の低下にとどまった。

2022年7月5日の『カウンターシグナル』の記事で、マイク・キャンベルは、ハンガリーのドゥロー・ドーラ議員が国会演説で表明した懸念を伝えている28

「今年1月、ここ数十年起きていないことが起きた。出生率が前年同期比で20%も低下したのである。さらに心配なのは、出生率も低下していることだ。これは2011年以来、見られなかったことだ

KRTK経済研究所の研究者は、この急激な減少は、ハンガリーでCOVIDの集団予防接種が始まってからわずか9ヶ月後のことだと指摘している。」

さらに調べたところ、コビッドワクチンの普及率が高い5カ国では、出生率が平均15.2%低下したのに対し、普及率が低い5カ国では、平均4.66%しか低下していないことがわかったのである。

米国でも生児出生数の減少の兆しが見えている。ノースダコタ州の暫定データでは 2021年の対応月と比較して 2022年2月は10%減、3月は13%減、4月は11%減となっている29。以下は、TwitterのBirth Gauge30が多数の国の2021年と2022年の出生数データを比較しているグラフである。

クリックすると拡大する。

自分の健康は自分で守る

現時点では、流産、月経不順、不妊症や死産の可能性などのリスクについて、これらの安全シグナルはすべて明白であるにもかかわらず、女性たちは警告を受けていないのである。産婦人科医の専門家であるジェームズ・ソープ博士は 2022年4月にエポックタイムズ紙に次のように語っている:31

「私は、妊婦、ママ、胎児の合併症、子供、子孫、胎児死亡、流産、ママの中の胎児の死亡など、多くの、多くの、多くの合併症を見てきました。.. 私がこの2年間に見たものは、前例のないものです。」

残念なことに、医師は世界的に箝口令を敷かれている。医師は医師免許を失う危険を冒して、患者にコビッド注射をしないように指導している。このため、患者さんは非常に危険な状況に置かれている。ほとんどの人は、医師が真実を話してくれることを信じている。医師が自分のキャリアを守るためだけに嘘をついたり、命を救う情報を隠したりするとは誰も思っていないだろう。つまり、私たちはさまざまな意味で前例のない時代にいる。

つまり、自分で調べて、できる限りリスクを把握するしかないのだ。メディアは、有害事象は危険な兆候ではないと主張するが、世の中には膨大なデータがある。そんなときは、自分で考えてみるしかない。

2022年7月15日現在、米国のワクチン有害事象報告システム(VAERS)には、コビッドワクチン後の有害事象報告が1,350,947件、うち死亡が29,635件記録されていますが32、このシステムから数千件の報告が削除されている証拠もある。その詳細については、「VAERSから削除された数千の死亡と有害反応」を参照してほしい。

コビッドワクチンから発信される安全性のシグナルは、医学史上のどのようなものよりも優れている。胎児への害を含め、これほど多くの傷害と死亡に関連した医薬品やワクチンはない。

この時点で、我々はある種の過疎化現象を見ているようだ。問題は、そのリスクを受け入れることができるかどうかである。一時的にでも生殖能力を危険にさらす覚悟はあるか?赤ちゃんの命を危険にさらす覚悟があるか?自分の命を危険に晒してもいいのか?もしそうでないなら、答えは簡単だ。そして、すでに1回、2回(あるいは3回)受けているのなら、次は絶対に受けないでほしい。

補足資料

1 SoundCloud Dr. Janci Chunn Lindsay CDC ACIP Public Comment April 23, 2021

2 NBC News July 15, 2022

3, 5 Science July 15, 2022

4 Yahoo News July 17, 2022

6 Cleveland Clinic Abnormal Menstruation

7 NIH Menstrual Irregularities

8 Menopause Now June 18, 2020

9 Obstetrics and Gynecology April 1, 2022: 139(4):481-489

10 Reproductive BioMedicine 2021 Jan; 42(1): 260–267

11 The Defender April 28, 2021

12 BMJ 2021;374:n2211

13 Mayo Clinic Von Willebrand Disease

14 The Phaser November 18, 2021

15 BBC News November 19, 2021

16 WDSU November 24, 2021

17 N Engl J Med 2021; 384:2273-2282

18 N Engl J Med 2021; 385:1536, Correction October 14, 2021

19, 21 Andrology June 17, 2022 DOI: 10.111/andr.13209

20 Expose June 26, 2022

22 Expose News July 18, 2022

23, 25, 28 The Counter Signal July 5, 2022

24 Twitter Havard Skjaervik June 27, 2022

26, 29 Igor Chudov Substack June 25, 2022

27 SWPRS June 2022

30 Twitter Birth Gauge June 3, 2022

31 Epoch Times April 27, 2022

32 OpenVAERS data as of July 15, 2022

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました